最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

スタンフォード哲学

2018年6月25日 (月)

クオリア。

サンドペーパーで指をこする、スカンクの臭いを嗅ぐ、紫外線にさらされる、激怒する、これらの「痛み」を経験するたびに女が「綺麗になる」ことをクオリアと呼ぶ。
「涙の数だけ綺麗になれる」ということを指している。
ホンキをだして 酒井法子。

男でも「面構え」で「見てきたもの」を判断することがあるだろう。
しかし、苦労だけなら自慢にはならない。常に「トルコ石」を眺めている男の面構えが違うのだ。
常に仕事がうまくいっていないと人間はへこたれるものだ。
トルコ石だけを眺めている、つまり方法論上の間違いを犯さないで生きている男は面構えが違う。
ユーチューブでも顔を晒す自信のない男ってのは実際に存在するのだ。
「迷っていない」「常にトルコ石を眺めている」男だけがユーチューブに出てくる。
面構えがいいのか、自信があるのか分からないが、どの男も似たり寄ったりの顔をしているのに「有名になる男の顔」というものは存在する、
すべて「見てきたものが違う」「迷いがない」「常にトルコ石を見ている」からその男の顔は有名になるのだ。
Be my baby Complex.

「見てきたものが違う」「方法論上の迷いがない」「常にトルコ石を見ている」男を女は「遠くを見ているよう」と表現した。
「ご尊顔を拝見したい」などというのは男の自信の問題だったのだ。
それならば、なぜ女の場合は「自信」ではなく「流した涙の数だけ」綺麗になれるのだろうか?
「温室育ち」だと女の顔は整ってこないものなのだ。
カリタスの女は金持ちで処女であるが決して美しくはない。
要するに人生経験がないと「人と接するのが苦手」ということから「女の顔」もできているのだろう。
わがままな流れ星。

男の自信は「先生」からもたらされるが、女の自信は「経験」「社交性」からもたらされる。
男には「読書歴」があり、女には「経験」がある、これを美男美女のサークルという。
アイドルと話したいのならば男には「最高の先生」が必要であり、おのずと「面構え」というものはできる。
美男美女のサークルには「クオリア」があるのだ。
男の中には「怒られて伸びる人」はいないだろう。
しかし、女は読書をしたり論文を書いたりするわけではない。
「経験」が「社交性」につながり美しくなる。
「人前に出ると綺麗になれる」
このことをクオリアと呼んでいるのだ。
ribbon Be my diamond.

男は勃起しなくなるとなぜか見た目が悪くなる。
これも「いい先生、指導者を見失った」からであり、自信を失ったからである。
自分にはその資格があるという自信が必要なのであり、誰も負け犬の顔など見たくはない
「先生に恵まれた男」という勃つ男の彼女になるというのも綺麗になる一つの方法だ。
本田圭佑。

中国では、二つのラジオチャンネルを用いて、各人民の人体をコントロールしたり、空の上にみんなが見れるビジョンを映し出したりしている。
中国人はそのため「顔の見た目」などほとんど気にしない。
「人民」と「国民」の違いはこのあたりにあるのだろう。
「天」とも「スピリチュアルカルチャー」とも言われる空に映し出される映像は、人体をコントロールするものであり、外国では「大気汚染」とか「PM2・5」などと誤解されて報じられているものだ。
どの人民も社交性を持って、いい先生を持って「いい顔」をするというクオリアが中国ではこのように考えられ、外国で誤った報道がなされている。
「天」は哲学に満ちていなければならない。
「いい先生」を国が管理しているのだ。
同じ空気にかぶれ、同じ先生に教わる中国人は顔も溌剌としていた。
石原慎太郎は尖閣問題で「空のスクリーン」に登場して日本国で維新が54議席取ったこともあった。
全人民の「熱気」に関わるものがスピリチュアルカルチャーだったが、日本では神社仏閣が「雰囲気」を「和」の形で表現している。
日本には日本の熱気がある。
Please tell me Mr.朱 河合その子。

しかし、このような「国民監視社会」でどのようにセックスをするのか?という問題は考えなければならなかった。
「ネオブロック」というものをかけて家の中のプライバシーを守ったのだ。
いずれにせよ「中国は民度が低い」などとは誰も思っていない。
中国哲学は「夢」しか語っておらず、下ネタまで含めると日本の神道の方が上かもしれないが、「空に映し出す映像」を日本人が見たがってはならないし、日本には日本の文化があることをより充実させていかなければならない。
青空片思い SKE48.



【つづく】

2018年6月24日 (日)

価値。

価値という言葉は、正確な翻訳をするのであれば「お◯んこ」という意味であり、人々全員の心を掴む、あるいは仲間づくりの研究で役に立つ、さらにはフェミニズムの研究で深めていく言葉である。
価値の前では男が非常に弱くなってしまったり、そのために男性社会では語らないようにしたりするものが「価値」(お◯んこ」である。
価値論はフランス道徳哲学に遅れをとり、道徳哲学においては「話題にする人、しない人」などの多数派工作が研究された。
しかし、哲学はあくまでも「女たちを感じさせる」ことを探求する学問であり、価値というものとは常に向き合っている。
みんなでワイワイやるのが好きな女も、いずれは「価値」に目覚めていくものだ。
つまりは、セックスと真剣に向き合ったことのない女が「みんなでワイワイ」やるものであり、本当にセックスをするようになったら「まっすぐ」に価値について考えるのだ。
愛の炎 田中れいな。

セックスは健康にいいのか悪いのか?ナイフよりも切れ味がいいのか悪いのか?盗みとどう関わるのか?いい男悪い男を見抜くのは価値論なのか?
「いい、ややいい、非常にいい」「悪い、やや悪い、非常に悪い」という3段階評価も価値論から生まれている。
快楽はいいものだと女が考えているのであれば、あなたは彼女に歓迎されるであろうし、彼女と話すことができる、つまり価値は「切れ味のいいナイフ」となる。
セックスなんてろくなものではないと女が考えているのであれば、あなたは彼女に歓迎されないだろう。
社交的な女はセックスに対して極めて前向きな考えを持っている。
真っ赤に日焼けする女は特にそうだろう。
気の合う女と気が合わない女はすべて価値論に由来するものだ。
「でも」「もし」という具合にセックスに前向きな表現をする女もいる。
答えはアデュー 河合その子。

お姉さんがトルコ風呂出身の男は、周囲が激しく「セックスから遠ざけよう」という行動をとる。
自分たちがセックスに近づくためである。
マンガを読んでは「セックスに近い男」に怒りを感じていたのだろう。
それが童貞坊やの「仲間づくり」であったし、アクィナスはセックスの「外に外に」と追い出されるような過酷ないじめを受けた。
知識とは素晴らしいものだとアクィナスが考えたのは、自分がセックスに近づいたことを感じた時であり、自分が周囲の女たちにチヤホヤされた時である。
アクィナスは、金と女のために誰よりも速く走ったし、しかし、それでも世界にはNFLがあって上には上が常にいた。
「あの踊り子の心を射止めたい」そう思った時に、アクィナスは自分の周りにセックスがなくなったのを感じた。
周囲が「アクィナスをセックスから遠ざけようとする」作戦はまるで成功したかのようだった。
セックスから遠ざけられたアクィナスは錯誤に陥った。
結果として錯誤に陥ったのか、モテ期に彼女を作らなかったから行為(セックス)に見放されたのかは分からないが、法律書を図書館から盗んだりした。
「知識を得るのは楽しい」
法律家というものは彼女を作って勉強する(結果無価値論)か、ただひたすらストイックに勉強する(行為無価値論)かの二つの立場しかない。
今でも「女々しい言い訳」は聞かないという行為無価値論が判例である。
映画「寅さん」においても「お前は、勉強して、適当に偉くなって死んでくんだ」と言われる女に見放された司法試験受験生がいたが、行為無価値論は司法試験の伝統だったのだ。
アクィナスも生粋の行為無価値者であったが、後の世には結果無価値論を残している。
師匠に言われたからではない。
歳をとって悟るのだ。
自分が気分のいい生き方をすることを「目的的行為論」と呼ぶが、儒学(仁)の答えは、「生き方は行為無価値論、言っていることは結果無価値論」となっていた。
「目的的行為論が不作為を生み出した」とはこのことを言っているのだろう。
「女々しい」連中ばかりと接触しているうちに、人間の「生ぬるさ」を知る。
これがアクィナスの人生だった。
高卒のまま生きていく自信など到底なかったアクィナスであるが、世の中には中卒もいれば高卒もいることを知る。
Jokeにもならない恋 三浦理恵子。

「文字をわかりやすく書く」「問題を解決してみせる」というアクィナスの才能はここから生まれたし、周囲が「セックスから遠ざけてやろう」という行動をとらなければ「知識を得ることは楽しい」という発想も生まれない。
徳川幕府や水戸学派が頑なに守ろうとしたのは「知識を得るのは楽しい」という発想であったし、明治時代になっても「神道の教義は儒学」と言われるように「知識を得るのは楽しい」というのが神道の教えとなった。
アクィナスは二度ほど人を殴り殺しているが、タイムマシーンで彼らを生かしている。
知識を得るのは楽しい、それだけが神道の教義であり「天皇を敬え」「政府にしたがえ」という以外にはアクィナスが結果無価値論の立場から「女の子たちと話しながら勉強しなさいよ」という学問体系を書き上げたのだ。
歳をとっても行為無価値論の立場に立つ学者がいるとすれば、それは儒学の立場から若者向けに書いているのであろうが、「知識を得ることは楽しい」と考えている若者に対して不親切である。
読んだことが女の子たちにまったく通じないほどつまらないからだ。
山口厚が「急進的すぎる結果無価値論者」だとされるが、果たして彼の教科書が口説き文句に満ちているかどうかは疑わしい。
平野シューレは得てして結果無価値論の意味を知らない。
「どうせ嫌われるのならば金だけもらって帰ろうか」と言われる弁護士がいまだいるほど法律学が立ち遅れている。
試験の受かり方を熟知していないと受からないし、25歳を越えたらかなりの試練が待っている。
「弁護士が書く本は面白い」と言われるような時代ではまだない。
橋下徹や丸山和也ほど政治(女心の定義)を知らない政治家はいない。
そもそも「政治」というものが「女心の定義」だということも知らないんじゃないかな?
しかし、ジャービス・トンプソンは行為無価値論を存続させた。
R・D・ロスも行為無価値論の存続を認めたのだ。
「読んだことを女性に話してもまるで通じない」
そのような行為無価値論に「人気」を見出すとすれば「硬い文章を書いたら大人たちが本当に動いてくれた」というような職人芸を生み出すことにある。
女優さんまでもが「そっか、役所とはこうやって話すのか」と言ってアクィナスを尊敬した。
「金になる職人芸」
それが弁護士や司法書士、行政書士の仕事だった。
アクィナスは、行為無価値論にどっぷり浸かった時期があった。
証人とは事前に打ち合わせをしてもいい、ワープロ打ちしてしまってもいい(陳述書)などはその時に学んだ。
心象で判断する年金の世界で陳述書は生かされた。
実務はいまだに行為無価値論を頑なに守っている。
このことから「お役所」というものは生まれ、一方でアクィナスの結果無価値論の立場に立脚する論文が歓迎されたりもしている。
固い「業界用語」と柔らかい「結果無価値論」を巧みに使いこなしてみよう。
これが企業と付き合う秘訣であるし、金になるから行為無価値論は存続を決めたのだ。
AKB48 teacher teacher.

精液まみれの「価値」(お◯んこ)はアクィナスにとっては実績でありお金を意味した。
多数派工作の秘訣は精液まみれの「価値」にあったし、その写真をインターネットで見るまではアクィナスは「仲間づくり」ということそのものを知らなかった。
「お金は何のために使うの?」
そんな基本すら学習できないのだ。
金持ちと貧乏人はここから生まれている。
精液まみれの「価値」を毎日、見ている男は貧しいだろう。
なんら文学を書けないのだからね。
なんだこれは 岡本太郎。

食べ物や飲み物の存在理由が精液まみれの「価値」にはあったし、その「ありがたみ」が分からなければ金持ちになる理由もない。
親父に認めてもらうことを「最高善」と呼ぶのであれば、精液まみれの価値とは少し距離を置いたほうがいい。
毎日、そのような「価値」を眺めるよりは、多くの男女たちが残した芸術作品と親しんだほうがいい。
その「喜びと痛み」のすべてを詩にするのに2000年かかったのだ。
イエスキリストから始まり、だいたいすべての論点が出揃ったかな?とロールズが言うまで2000年かかった。
今は「残された論点はない」とも言われている。

ハードコアが露骨になって伝説になる女が30名ぐらいいた。私の唇はプラスティックになった。
プラスティックの唇 篠田麻里子。

「なんで気持ちいいふりをしたの?」
「やあねえ、食べ物、飲み物、お金のためよ」
しかも、世の中全体の豊かさのために気持ちいいふりをしたのだ。
そうやって精液まみれの価値は、閉じた唇として日常に帰って行った。
男によく考えてもらいたいの。
「なんだこれは!」ってね。
女がなぜ「哀しい方の嘘」をつくのかも、社会全体の豊かさのためだろう。
哀しい方の嘘 ribbon.

孤独な男はお金を持っている。
なぜなら音楽作品をよく聴くから。
毎日、セックスしまくったら一週間で一文無しになるとも言われる。
キシュロムは、「男が金持ちになる可能性」を「なんだこれは!」の中に見出していた。
人生ゲームとして成立しているかどうかはまだ明らかではないが、就職するということは「セックスサークルに属する」ということであり、決して「巨万の富」が約束されるわけではない。
精液まみれの「価値」を「面白いな」と思って芸術に変えていけるかどうかは文芸も含めて人それぞれだろう。
カントは「落とせない女などいない」という学問を発達させたが、貧困層で毎日見ていたとしたらそのような学問は生まれないのだ。
「価値ニヒリズム」は女たちの支持は得ていない。
どんなババアの「価値」でもありがたみを持って接する男の方が好感度が高い。
さて、ここで「彼女と過ごしながら法律を勉強する結果無価値論」よりも、よりストイックに法律を勉強する行為無価値論が「よりお金持ちを生み出す」可能性があることが指摘できる。
人生の若い時期に行為無価値論と共に歩むことは、のちに金持ちになれる才能を育む。
岡本太郎は「なんだこれは!」から変な作品を大量に作って金持ちになっただろう。
rebecca trouble of love.

ネット上における「人気の秘訣」は、「価値」ついて語るか「利益」なって語るかしかない。
「利益」というのは「医学情報」のことであるという割り切りも必要だ。
価値(お◯んこ)について、芸術や哲学に昇華して語る人に健康相談に乗ってもらいたいのが人間というものだ。
恋話を知らない医者の言うことなど聞きたくない。
「そんなのがドロドロ離婚裁判?」と言うような弁護士の話も聞きたくない。
マウスを利用すれば精子が出ない人でも子供が作れる。
しかし「いじめ」というものは容赦なく襲ってくるだろう。
マウスで作った子というのは「お姉さんがトルコ風呂出身」というのと同じようないじめを招くことになった。
まるで「価値」と「利益」が一つになったように「いじめる口実」が生じたし、いじめることそのものに人気があった。
「運転、タバコ、排泄」の三つを健康的に行うための医学情報は人気がある。
100ドルも「1万ドルの1%のチャンス」も金額は同じだが、医学はひたすら100ドルを与え続ける仕事なのだ。
その世界に「ナース」がいれば8000億円産業は成立する。
しかし、治ってくれないのならばどんな美人ナースがいても病院にいるメリットはない。
この100年から50年前よりも、現代の病院ははるかに「入院するメリット」が生まれた。
しかし、ギャンブル性の高いものを100ドルという現金で返してくれる知識は必ずしも十分ではない。
「価値」(恋話)にかなり精通している医者でなければ信用してはならない。
踏ん反り返っていて恋の話もできない「カリスマ」なんてあてにならないのだ。
いちばん人々にわかりやすい「情報格差」は恋話にある。
それを理解しない医者はいないか腕が悪いかのどちらかだろう。
AKB48 teacher teacher.

「大人」は恋愛遍歴で存在感を高めているのだ。
それを、凌駕するほどの知識がなければ医者や弁護士として信用はされないだろう。
女の子たちとよく話した方がいい。
それも修行なのだ。
ハゲたのならば「しくじり先生」だ。
若い医者はそれができないから「薬事法の裏付けのある臨床医療」つまり「高価な薬」を処方できるようにしたのだろう。
どんな医学書を読んでいる医者なのか知りたければ「あっちの方はどうなんですか?」と女の話を聞いてみるしかない。
果たして「オテロー」を知っているかどうかを聞いてみればいい。
恋話で相手を引きつけて体を治す、これが医学なのだ。
体重をコントロールする方法を知っているというのも医者の力量だね。
「いい痩せ方はありませんか?」と聞いて「ウォークマンやiPodを聞くこと」というような楽しい方法を知っているならば情報が違う医者だ。
大勢の患者を診るのはいいことだが、みんなリアクションが違う。
「公約数的見解」を自分なりにまとめておく必要がある。
肝臓が悪くても太りたい人はいる。
適当に気分の良くなる方法を探るしかないのが治療というものだ。
数珠を首にぶら下げて気分がいいのならば、それを肝臓の治療として否定する必要もあるまい。
血を流してどうしょうもないなという患者を治療するだけが医者ではない。患者を惹きつけて治療するのが内科医であり精神科医だ。
「陽性反応」などといっても10年以上たって「緩やかに回復」などと言っているほど人生は長くはない。
情報が必要な人ならば、より良質なコンテンツを与える必要がある。
スポーツや映画、ドラマなどいろんな情報はあるだろうが「価値」と「利益」の2つからお金を集めて作っている世界だ。
医療というのは民法上の「準委任契約」であり、この人と契約を結ぼうと考えて治療してもらうものだ。
「ムカつくからガンと診断してやった」などという医者がいる現実を「準委任契約」という観点からもう一度考えてみる必要がある。
月光花。

人々が「個人的関心事」としている女性の人体に詳しいのも医者の強みであろう。

2018年6月22日 (金)

時間。

現代の「時間」に関する研究は、「運命と学習、そして詩」しか問題にしていない。
パリにはパリの「運命と学習、詩」があるし、西海岸も同様だ。
時間旅行 松田聖子。

その街では将来何があるのかの日程が組まれている。
男たちの約束である、それは必ず果たされなければならない。
街に酔っ払いがいようが、お昼ご飯はみんなが食べる。
男たちはそんな街でプロポーズをしたりセックスをしたりしている。
惑星のように軌道を回っている街が回転を止めることは可能だろうか?
答えは「世界全体が凍りついたら回転を止めることは可能だ」ということだ。
すべてのメンバーが凍りつくような出来事が起きればみんなが回転を止める。
どのゾーンが「凍りついた」世界の静止状態を壊すかによってまた全世界は回転を始める。
すべては「運命と学習、そして詩」の問題なのだ。
テキストに恵まれるかどうかで「運命と学習」は変わってくることも詩になっている。
スピッツ タイムトラベル。

運命と学習、そして詩が時間の持つ意味だと言っただろう。
先生を選ばなければ運命と学習は変わらないし、「半端ないって」という詩も生まれない。
さらには「世界が凍りつく」ということもない。
先生が普通ではないからみんなが凍りつくような人物は生まれるのだ。
30年生きれば2度は世界が凍りつくようなことを人間はやっているとされる。
しかし、それすら「理想の私」でしか過ぎない。
逆に言えば30年生きて「二度」しか世界の中心になるチャンスはないことになる。
60億人の「運命と学習、そして詩」とはそのようなものだ。
大迫半端ないって。

女でも「処女である」ことをセールスにかけていたら30年に2度は世界を凍りつかせるだろう。
「運命と学習、そして詩」とはそのようなものだった。
なぜならば「女にもお金が必要」だったからだ。
多くの男性たちの祝福やテレビに出ること、このことを指して「Bダッシュ」と呼んでいるのだ。
女は「アディショナルタイム」で「もう一度同じことをしてやろう」と思うだろう。
それが「次の30年」となる。
男だって「やり方」は全く変えずに60歳を迎えるだろう。
90歳を迎える人もいる。
周囲に祝福されること、テレビに出ることをみんなが夢見ている以上、「運命と学習、そして詩」は時間とともに成立するのだ。
「あいつは先生が違う」ということがことの発端だった。
渡辺美奈代 Too adult.

人との出会いが「30年にニ度世界のセンターになる」ことを可能にしていた。
かつて「先生選び」で後悔しているということも必要だった。
「もう時間は戻らないんだな」と思い知った時に最高の先生と出会うのだ。
嫌な記憶、ネガティブな記憶などなくしてしまえという思いが「いい先生選び」への人を誘導していた。
誰も不愉快な思いはしたくないのだ。
「先生を間違えた!」と思った時には怒りをあらわにした。
ドアの内側にあるものと外側にあるものは明確に区別できたし、外側にあるものが魅力的だと思ったら「先生を間違えた!」と激怒した。
この怒り方を「時間と空間の子宮」と呼び、相手を怒らせることを勝負の世界では重視している。
重要なのは「ドアの外の連中が大勢いる中で」先生の違いを見せつけると相手が激怒するということであり、2人きりならば「私にも教えてください」ということになるということだ。
みんなテレビに出たいだけなんだよ。
日本対コロンビア。

男はマスターベーションした記憶など覚えていない。
女の快楽がなければ「時間を遡る」ことはできないのだ。
タイムトラベルがもし可能であるとするのならば「女たちの記憶の回路」を使うしかない。
100年分のGLORY 渡辺満里奈。

しかし、世界の女たちの記憶の回路を用いて2024年にタイムマシーンを作ることは可能だとされているが、1984年まで戻って「二台のタイムマシーンが激突しないか?」が心配されている。
宇宙船のようなもので地球の反対方向に飛んでいけば激突はないとゲーデルは言ったが、アインシュタインは「地球の周りを高速で回転する必要がある」とした。
いずれにせよ「女たちの記憶の回路」をすべてつなげなければタイムマシーンは作れない。
アクィナスが「記憶の回路を保有することに成功した」ことがタイムマシーンの可能性を一気に加速させたのであり、早ければ2024年には完成するというのが理論哲学の世界の動向だ。
しかし、女たちが好んで自分の「快楽の記憶」の回路を提供するだろうか?
それはスポーツビジネスの発展を待つしかないし、多額のお金が必要となる。
未来にタイムトラベルするのと「眠る」のはどう違うのだろうか?
2001年のドラえもんといい、アクィナスといい、日本は科学技術を作り出すことでは世界では超一流だ。
しかし、「いつ、どの時代に遡るのか?」のチャンスは「人類ではテレビに出るよりも難しい」とされる。
過去の医療過誤を正したい、と言っても、地球の周りをグルグル回ることができる人間は、戻ってくるチャンスまでは保証されていない。
それほど人類というのは人が多すぎる。
しかも、女たちの「記憶の回路」は忘れたいことと化していることも多く、金額もどうなるか分からないし、どの国が作るのか?も明らかではない。
児童殺傷事件はすでに多く起きている。
今を生きている人間は、将来の幸せを約束されているのだろうか?
「できるのかできないのか?」と言われるのならば、ワールドカップよりも世界の女たちの心をつかまなければ「できない」と言ってもいい。
悔いを残さない人間などいない。
歳をとった自分と若い自分がともに歩いていて「若い自分」を憎まない人などいない。
キャロルのような善良さが必要だし、人間の選別は極めて困難だ。
緑のポインセチア 河合その子。

ケネディは暗殺されて得をしたと思う、というような教訓しか与えないプロジェクトが「タイムマシーン」の開発なのだ。
女たちが「あいつは殺したほうがいい奴だ」と考えるような人間が暗殺されていたのかもしれない。
祝福されたい、テレビに出たいという人間の気持ちがタイムマシーンを作らせるが、「人々(特に女たち)の総意」というものは民主主義や憲法改正をはるかにしのぐ。
残酷なようだが「人類滅亡の芽」は幼い頃に摘まれているのかも知れない。
コックピットの映像。

コックピットの映像2。

誤解してはならないのは、勝負事において人は「今まで勝ってきた歴史がなければ勝てない」ということだ。
それはまさに「予定説」の敗北であり、「今まで勝ってきた」「勝ち方を知っている」者が勝つようになっている。
全世界の視聴者を巻き込んで、「選ばれた行動」であるタイムトラベルを行うのであれば、自己都合で過去を変えることはできない。
膨大な論文が必要となる。
「多くの野心が激突する勝負事には介入できない」ということは世界の総意であるはずだ。
「予定説」は敗北したのだ。
タイムトラベルは「世界の女たちが見ている」ものだ。
ドラえもん タイムマシーン。

「蓄積のある人間を壊してはならない」
それが世界の女たちの総意だった。
走って走って、その結果つかむものまでは介入できない。
このことを「予定説の敗北」と呼ぶ。
生まれる100年前に、すでに自分の人生は決まっていたとするのが予定説であるが、人間はマリオネットではない。
とにかく「男女に人気のある」物事にしかタイムトラベルを用いることはできないのだ。
タイムトラベルは「グローバル化」が必要だ。
「悔やんでも悔やみきれない」ものがあるから人々は学習するのだろう。
人々の「運命と学習、そして詩」にまでは介入しようとは思っていない。
人間が学ぶことをやめてはならない。
「予定説をぶっ壊して!」女たちはそう言った。
予定説は私たちから一体いくらのお金を分取れば気が済むの?
松田聖子 スター。

そこで、一部の権力者だけが得をする「不完全予定説」というものも生まれたが、権力者は女たちにとにかくモテたから成り立つものだった。
「勉強ができるのならば応援するわよ」
とにかくタイムマシーンによって世の中から「学問」をなくしてはならなかった。
予定説は人々から金をぶん取るし、譲れないものがあるから人間は言葉を紡ぎ出すということを忘れてはならなかった。
「テレビの枠」は相変わらず分刻みで限られていた。
もう一度、「法」(男らしさを語り合う論壇)に戻ろう。
人生で何度「神は死んだ」と思ったであろうか?
その経験がなければ権力者になどなれるわけがないではないか?


世界の女たちが譲れないものを跳ね返すことにしかタイムマシーンは使えないよ。
「私を女にして?」
そのような力量のある「お上」であるのならば、よりシンプルに「日の丸のために」タイムマシーンは使えたが、日の丸の力量が不足していたらタイムマシーンは「あってないようなもの」であり、みんながその存在を忘れるものなのだ。
チャンスはお金があるからモノにできるのだ。
それならば、タイムマシーンよりも「神道が今まで言ってきたこと」の方がよりお金になるんじゃないかな。
漫画家が徹夜して鬱になりながら書き上げた作品はとにかく人気があったからね。
マンガが面白ければ、人間は修練を否定しないものだ。
人生で一度は「漫画家になろう」とみんな思ったことがあったのだ。




【つづく】

2018年6月21日 (木)

国学。

儒学は、「お父さんが羊を盗んだ」(お風呂で娘にエッチなことをした)ということから、「髪の短い女」と「勉強のできる男兄弟」を研究する学問であった(仁)が、本居宣長は「髪の長い日本人女」を量産することを選択し、儒学と決別しようとした。
これを「国学」と呼ぶ。
寿司やラーメン、カレーだけで生きていこうという学問ではなく、日本の「髪の長い美女」を生み出す学問だったのだ。
古事記(712年)、日本書紀(720年)、万葉集(8世紀後半)で、「髪の長い女はすでに描かれていたであろう」とし、平田篤胤は、「仁」にこだわる将軍家よりも「髪の長い女」を愛する天皇を「お上」と仰ごうとしたのだ。
契沖は徳川光圀に雇われて和歌を研究し、アマテラスとは髪が長かったのだろうとしていた。
朱子学は17世紀に相変わらず「偏差値BOY」を歌っていた。
偏差値BOY うしろゆびさされ組。

儒学の世界では、お風呂というものが、家庭内でかなり開放的に「いつでも入れる」という文化があったため「環境」という観点からも男兄弟は勉強ができるようになったのだろう。
儒学が憲法判断を仰いでも「環境」という問題はクリアーできるだろうが、国学はもっと研究が必要だ。
賀茂真淵は万葉集から「50音」というものを考えた。
50音だけでなく「髪の長い女たちの失恋」「他の女とのぶつかり合う空間」を利用して18世紀に日本語を整えていった。
CoCo 優しさに帰れない。

本居宣長は、日本語というものを考えた賀茂真淵(1730〜1801)を「師匠」として選んでいる。
古文と現代文は「賀茂真淵」を境に区別されることとなった。
山崎闇斎(1610〜1682)は、あくまでも古文の世界の人物であることから、髪の長い女と髪の短い女の共存という日本の伝統を「神聖な時代」と呼んでいた。
新井白石も「髪の長い女に差別される男の子」(仁)を皇統であると考えていた。
中国のように「髪の短い女ばかり」という世界ではなく「共存という神聖な時代」があったとしたのだ。
「より強烈な天皇を」
それが新井白石の考えだった。
自宅のお風呂を息子に好きなように入らせるという考えに抵抗感を持つ主婦は多いだろう。
「環境権」という名称を「つかうかはともかく」「明確ではない」などと判例では語られている。
最大の争点は、主婦たちが預かる「お風呂」の問題だったのだ。
漢心(からごころ)という言葉は、国学の定義によると「髪が短い女からはエネルギーがもらえない」という中国への批判が込められていた。
真心(まごころ)の方が髪の長い女兄妹がいて家庭内が落ち着いているとしたのだ。
中国人の「闘争心」を家庭内から排除しようとしたのが国学だった。
しかも、そのイデオロギーを「現代文」に載せることにした。
本居宣長の「プロジェクト」とは、賀茂真淵が考えた50音・日本語に「髪の長い女たちの国にする」という教えを混ぜ込むことだった。
百人一首に髪の短い「姫」など1人もいない。
古事記伝の奥義はここにあった。
時雨殿。

本居宣長は、女を「ナオビ」と「マガツヒ」の2種類に分けた。
しかし、髪の長い女が与えてくれる力(ナオビノミタマ)と、玉くしげ(髪飾り)、クズバナ(髪にさす花)などの表現で髪の長い女を讃えた。
本居宣長の「プロジェクト」は「いじめのない世の中を作る」というところにあった。
水戸学派も、「髪の長い女」と「頭のいい男」の共存を望んでいた。
「玉ぐし料」とは髪の長い女のために納めるものだ、
頭のいい男が髪の長い女のために玉ぐし料を納めるという慣習は1930年代に丸山真男や西郷信綱などが資金集めとして考えたものだ。
ナオビとマガツヒは共存しているのだ。
「仁」のある男のお金目当てという意味では国学も儒学とは切っても切れない縁があった。
「髪の長い女」によるファシズムは1930年代に確実に存在したし、西田幾多郎は「処女・非処女論争」を煽った。
私の16歳 小泉今日子。

2018年6月20日 (水)

錯誤。

上司は部下を叱りたがっている。
自分が気分がいいと、仕事もはかどるからだ。
その分、部下は最悪な1日を過ごすことになる。
脳の中のドーパミンやセロトニンがなくなると、脳にエネルギーがなくなる。
部下の方が若いため、女の子たちに取り囲まれていて立ち直りも早いだろう。
Jokeにもならない恋 三浦理恵子。

上司や年寄りに怒られない秘訣は「仲間を増やすこと」である。
しかし、機会いじりでも植物観察でも「知識」がなければ仲間は増えないだろう。
多くの「男たち」が知っていることを共有しなければならない。
もし、女の子たちにモテて「いつでも復活可能」ならば話は別であるが。
仲間がいなくて上司に怒られ、頭が働かない、この「錯誤」の状態に陥ることは好ましくない結果を生む。
日大アメフト部反則タックル。

年寄りでも孤立すると、悪徳セールスにあって錯誤に陥ることが知られている。
丸いものが四角であろうと黒いものが白であろうと錯誤に陥るのが孤立というものだ。
弁護士に連絡して「私の記憶も証拠ですから」と言わせることができる者にはなんら錯誤はない。
子供が「書くこと」を拒んだのならば孤立を疑わなければならない。
脳のエネルギーがないのであれば、無理を強いることになるからだ。
この、プリチャードの「錯誤」の議論は1930年に知られるようになった。
死にたくない年寄りが、若者を叱って気分を良くして生きているのははた迷惑だったのだ。
怒られる側は「仲間」を集め始めた。
年寄りに怒られる者が、自分に近づいてくるのが分かるだろう。
男でも女でも、自分を全否定されるのならば、「文章を書くために」仲間が必要なのだ。
孤立してバカをやらかさないためには「仲間が必要」なのだ。
自分の両親が、財産を散財しそうなほど孤立しているのであれば頻繁に連絡を取ろう。
国の勉強は「錯誤」とともに始まった。
「若者は孤立してはならない」
クラスの共通の話題についていかなければならない。
仲間の多い生徒はなぜか先生に怒られないものだ。
授業についていけないというのは案外そのようなことから起きている。
「いつものメンバー」が錯誤を引き起こしあっている。
「分かりません」ということそのものが錯誤だ。
目の前の教科書に書いてあることも読めない、これが「いつものメンバー」によって引き起こされる「他人の全否定」なのである。
錯誤を引き起こさないためには「異性にモテること」以外にない。
授業中に音楽を聴くのも仕方がないではないか?
自分を全否定されてどのみち読み書きができないのだから。
それが「クラスメート」といういつものメンバーの現状なのだ。
モーニング娘。 Sexy boy そよ風に寄り添って。

鉄拳制裁を受けた者がいい結果を残すなどとは思わない方がいい。
部長が叱ってくれて伸びる社員がいるとは思わない方がいい。
大量失点をして「マウンドに晒し者」にされるピッチャーがいる時代ではもはやない。
人を伸ばすためなのだ。
真剣勝負の世界では、常に観客の罵声が浴びせられる。
その度に選手は新世代の薬を飲んでいるのだ。
ミスターパーフェクトほど罵声に弱い。
怒鳴る方も相手がパーフェクトなほど気分がいい。
「いつものメンバー」ならば確実に「錯誤」は生じる。
いつものメンバーではないのならば関わるのはやめよう。
「あの人と話したいね」と言われるためには錯誤を犯してはならない。
常に異性と話して、自分なりの音楽作品を身につけていなければならない。
仲間たちは、上司に怒られてエネルギーを失っている者にも容赦なく「動け!」というかもしれない。
いつものメンバーには「役割分担」がある。
監督といえども世界レベルの学問を知っているわけではない。
「ボールに触っていない選手」がいるのであれば代えるしかないだろう。
DAPUMP USA.

ライナッヒは、脳のエネルギーが空っぽなのに無理に自分を動かそうとしている人は「見た目や匂いで分かる」としている。
ライナッヒは、「人々はファッションで戦う」としており、ファッショナブルな連中が増えるほど学校やチームは強いとしている。
錯誤は孤立から生まれるとしたプリチャードに対して「ファッション」が孤立の原因なのではないか?としたのだ。
仲間が多ければ年寄りから怒られないというのも十分に成り立つ考えであるが、「背広を着ていない」などの理由も考えられるとした。
見るからに独身の男は年寄りにも上司にも怒られるのだ。
これも「ファッションに無頓着でもモテる」という自信があるならばクリアーできる問題ではある。
悲しいくらい彼女に一途だというよりも仲間が多い方がいいんじゃないか?
ツープラスツーでも、相手国は「どちらかを凹ませてやろう」と考えている。
「仲間が多い」「女たちにモテる」というのはその理由をなくす、つまり「錯誤」をなくすものだ。
日米同盟はサプライズを望んでいないとされるが、案外「叱り飛ばす」ということをサプライズと呼んでいるのかもしれない。
服装でもなんでも「叱り飛ばす」口実はなんでもある。
お互いが「一途」であるとサプライズが生じる。
あさやけリバーサイド CoCo.

女の子たちと机を並べていると、「そこには勝負事のすべてがある」ことを知る。
自分の方が賢ければ、一番かわいい子を落とせることを知るのだ。
ここに「大人のスポーツビジネス」が誕生する理由がある。
イケメン、ハンサムなんてものはタカが知れている。
女の子たちに「大人の学問」(カテゴリー)の話をして、エネルギーをもらう、これが成績が良くなるための基本だ。
クラス編成でいやな男が同じクラスになっても気にしない方がいい。
女子たちが「男の序列」を決めているのだ。
勉強に一途な男を昔は「ガリ勉」と呼んだ。
しかし、「女の子たちのエネルギー」を知っているものはそのようなことは言われなかったのだ。
何事にも「あそび」は必要なのだ。
どんな男の子たちがいるの?
「知っている男と知らない男だよ」
松浦亜弥 Love train.

女子を愛せること、話ができること、複雑な人間模様を理解すること、一緒に喫茶店に行くこと、国の教えを知っていること、いろんな活動をしていること、情熱があること。
これらをまとめて「Love train」と呼ぶ。
男子だって「痛い」時はあるだろう?
つまり「女心を知る」ことができるのだ。
男子が「好きな女の子」を口説けたのならば、大人の世界のスポーツビジネスは大成功だ。
高校生の「Love train」に関して、カントはセックスまでは想定していなかった。
「頭がいいのならば当然、文学・哲学は知ってるよね」と女子たちは考えていたのだ。
カテゴリー(大人の学問・口説き文句)を知ることは、先生や上司から怒られる可能性をなくすし、怒られても立ち直りは早いため、錯誤とは対極にある概念がカテゴリーだった。
落ち込んでもイヤホンを聞いて気持ちを立て直すのだ。
男らしさを語り合う論壇(法律)の世界においても、女の嘘を見抜ける男がモテた(法律要件分類説・判例)。
さよならの逆説 工藤静香。

弁護士の仕事は、政治家と同じであり、女心の定義(政治)を女たちに話して回ることで、女たちの支持を得て、他の「先生」に怒鳴られないという特権を得ることなのである。
この法律要件分類説は、生徒や学生の頃から磨かなければ身につかないものであり、「大人になる程まっすぐ恋する」とも言われる。
立証責任は男が負うという観点から、利益衡量説・規範説などが生まれたが、みんながみんな「大人」というわけではない。
生徒や学生の時分から「男らしさを語られる対象」である男としては「女の嘘」を知らなければならないとされる。
愛の炎 田中れいな。

みんなでワイワイやるという規範説もあるが、声を上げてはしゃぐだけの男女たちの間に身をおいても「先生」にはなれるが、「自分が叱られても立ち直れるような音楽作品」を持つことは難しい。
モーツァルトは、オテロー(アクィナス)の妻のナンシーをクイーン・オブ・ザ・ナイト(夜の女たちの女王)にしている。
結果としては法律要件分類説を通説と考えていたのだろう。
松田聖子 ピンクのモーツァルト。

女からエネルギーをもらうのは男であることから、カテゴリー(大人の学問・口説き文句)に詳しい奴にはいい女を、何も知らない奴には女を与えないなどの利益衡量説もある。
いずれにせよ「男に怒鳴られて立ち直れない、立ち直るための音楽作品に恵まれていない」のが女である以上、女は錯誤を起こしやすく、立証責任はないというのが正解なのだ。
ある意味、アクィナスに「女の分け前」が来るのには時間が必要だった。
哀しい方の嘘 ribbon.

故意について。
上司や年寄りに叱られると、人は錯誤に陥る。
問題はその後である。
アクィナスと一体化してお金のために動くか?それとも女を求めて悔いの残る射精をするのか?
女から与えられるエネルギーがなければブックレビューも書けない。
犯罪者の特徴を研究する学者はクレッチマーとか色々いたが、「女にエネルギーを与えられていない」ということから故意というものは生じる。
脳にドーパミンとかセロトニンが必要だから、金を欲しがったり女を欲しがったりするのだ。
自分が音楽作品のヒーローになれるのであれば、そもそも故意というものが生じない。
AKB48 teacher teacher.

犯罪者をなくすのもアクィナス次第である。
金と女を欲しがるのは「心の状態が錯誤に陥っている」からである。
錯誤に陥れば「金と女」に導かれるように行動するだろう。
まず、身だしなみをしっかりと整えることだろう。
アクィナス自伝になんらエネルギーをもらえなかったのであれば、犯罪者は天皇陛下を困らせ、ご迷惑をおかけすることになる。
国内に犯罪者が多ければ、自衛隊なり国防軍が「アクィナスのための戦い」を行うことを困難にする。
そもそも、アクィナス自伝に影響されて頭が良くなったという男子がいないのであれば、世界の多くのことに困惑させられるだろう。
Twice wake me up.

女たちに祝福された男が、今度は「テレビに出たい」と思うと錯誤に陥る。
自分の仕事が本当に人々の快楽につながっているのか、テレビに歓迎されるのか?が分からないとそれは錯誤だ。
方法論上の迷いがあることが錯誤の原因であり、自分の仕事がテレビに出ることにつながらないと悟った時に「故意」というものは生じる。
テレビに出るために周到な計画を練っていたとしても、本来の仕事がまったく得るものがないのならば、それも故意である。
方向性を間違えた人間はこれほどまでに弱いのだ。
1987年にブラットマンは、テレビに出るためには「孤独を知らなければならない」としている。
みんなでワイワイやるという規範説ではなく、女の嘘を知る、女は自分に対して「まっすぐ恋する」という法律要件分類説に立脚している男をテレビに出すことにしたのだ。
特定の彼女がいることもテレビに出る上では必要だった。
「女」について語れない奴は業界の誰も歓迎していない。
このあたりからも、方法論上の間違いが指摘できるし、男が「飴ちゃん」目当てに故意を持つ理由がある。
メデイア論の一側面としては犯罪というものはある。
CoCo 優しさに帰れない。

過失というのは、本来、キャンパスライフを楽しむ若者について語られていたものであり「先生の教え方が悪い」ということに由来するものだ。
試験の成績が悪いというのも過失であり、先生というものは「自信」を試される。
東大に入れなかったやつは「やるかやらないかだよな」と言うが、このことを過失と呼んでいる。
それは環境問題に由来するものでもある。
先生に全否定されたり、お風呂に入れなかったり、異性と話さなかったりすると、それらのことを「教えない先生」がいるのならば過失の問題だ。
男女共学で、女の子と話す機会が日常にあれば過失の問題は「教える先生」の問題であり、成績が伸びないのも先生の責任である。
環境問題が整理されたために、過失の問題は憲法に還元されていき、「言葉を間違えたおかげで彼女にフラれた」という旧過失論は、先生が口説き文句を教えてくれなかったから彼女にフラれたという新過失論に取って代わられた。
さらには、「これは最高の口説き文句だ」と思うような論文集を企業に提出するのを怠けたなどという新・新過失論も生まれた。
男には金と女が必要なのである。
先生の教え方が悪いと企業への貢献もできない。
AKB48 teacher teacher.

企業における純粋惹起説、学校における修正惹起説、教団における混合惹起説など、過失と共犯の議論は密接に関わっており、社長が辞任すべきことなのか、校長には関係ないことなのか、教団が解散命令を出されるのかは、すべて「男女の関係が円滑に行ったか?」という問題である。
男女の関係性が組織内部でどのようなものなのであったか、というものにはあんがい人間というものは意志の自由がないものだ。
「この状態ならば東大合格者はどのくらい出るか?」も一定程度、予測可能だ。
哲学に造詣の深い高校生ならば、成績はかなりいいだろう。
先生のいうことへの理解力は、哲学にどれほど詳しいかにかかっており、企業では「社長が批判の対象」であり、学校では「生徒が批判の対象」であり、教団においては「教祖と信者双方が批判の対象」だとも言われる。
いずれにせよ「業務上」と言われるのであれば純粋惹起説にしたがうし、そうでないのならば修正惹起説にしたがうものだ。
純粋惹起説ならば「頂点の人を引きずり下ろすことはない」ということは指摘していい。
ただの過失犯が「大人に迷惑をかける」のである。
重大な過失とは混合惹起説と関わっているのだろう。
重大な過失とは教団の論理であるが「大人であっても先生に迷惑をかける」ということは指摘できる。
「大きなポカ」も子供なのか大人なのかによって「先生の教え方が悪い」のかどうかということは考えてもいいだろう。
松浦亜弥 気がつけばあなた。



【つづく】

錯誤。

上司は部下を叱りたがっている。
自分が気分がいいと、仕事もはかどるからだ。
その分、部下は最悪な1日を過ごすことになる。
脳の中のドーパミンやセロトニンがなくなると、脳にエネルギーがなくなる。
部下の方が若いため、女の子たちに取り囲まれていて立ち直りも早いだろう。
Jokeにもならない恋 三浦理恵子。

上司や年寄りに怒られない秘訣は「仲間を増やすこと」である。
しかし、機会いじりでも植物観察でも「知識」がなければ仲間は増えないだろう。
多くの「男たち」が知っていることを共有しなければならない。
もし、女の子たちにモテて「いつでも復活可能」ならば話は別であるが。
仲間がいなくて上司に怒られ、頭が働かない、この「錯誤」の状態に陥ることは好ましくない結果を生む。
日大アメフト部反則タックル。

年寄りでも孤立すると、悪徳セールスにあって錯誤に陥ることが知られている。
丸いものが四角であろうと黒いものが白であろうと錯誤に陥るのが孤立というものだ。
弁護士に連絡して「私の記憶も証拠ですから」と言わせることができる者にはなんら錯誤はない。
子供が「書くこと」を拒んだのならば孤立を疑わなければならない。
脳のエネルギーがないのであれば、無理を強いることになるからだ。
この、プリチャードの「錯誤」の議論は1930年に知られるようになった。
死にたくない年寄りが、若者を叱って気分を良くして生きているのははた迷惑だったのだ。
怒られる側は「仲間」を集め始めた。
年寄りに怒られる者が、自分に近づいてくるのが分かるだろう。
男でも女でも、自分を全否定されるのならば、「文章を書くために」仲間が必要なのだ。
孤立してバカをやらかさないためには「仲間が必要」なのだ。
自分の両親が、財産を散財しそうなほど孤立しているのであれば頻繁に連絡を取ろう。
国の勉強は「錯誤」とともに始まった。
「若者は孤立してはならない」
クラスの共通の話題についていかなければならない。
仲間の多い生徒はなぜか先生に怒られないものだ。
授業についていけないというのは案外そのようなことから起きている。
「いつものメンバー」が錯誤を引き起こしあっている。
「分かりません」ということそのものが錯誤だ。
目の前の教科書に書いてあることも読めない、これが「いつものメンバー」によって引き起こされる「他人の全否定」なのである。
錯誤を引き起こさないためには「異性にモテること」以外にない。
授業中に音楽を聴くのも仕方がないではないか?
自分を全否定されてどのみち読み書きができないのだから。
それが「クラスメート」といういつものメンバーの現状なのだ。
モーニング娘。 Sexy boy そよ風に寄り添って。

鉄拳制裁を受けた者がいい結果を残すなどとは思わない方がいい。
部長が叱ってくれて伸びる社員がいるとは思わない方がいい。
大量失点をして「マウンドに晒し者」にされるピッチャーがいる時代ではもはやない。
人を伸ばすためなのだ。
真剣勝負の世界では、常に観客の罵声が浴びせられる。
その度に選手は新世代の薬を飲んでいるのだ。
ミスターパーフェクトほど罵声に弱い。
怒鳴る方も相手がパーフェクトなほど気分がいい。
「いつものメンバー」ならば確実に「錯誤」は生じる。
いつものメンバーではないのならば関わるのはやめよう。
「あの人と話したいね」と言われるためには錯誤を犯してはならない。
常に異性と話して、自分なりの音楽作品を身につけていなければならない。
仲間たちは、上司に怒られてエネルギーを失っている者にも容赦なく「動け!」というかもしれない。
いつものメンバーには「役割分担」がある。
監督といえども世界レベルの学問を知っているわけではない。
「ボールに触っていない選手」がいるのであれば代えるしかないだろう。
DAPUMP USA.

ライナッヒは、脳のエネルギーが空っぽなのに無理に自分を動かそうとしている人は「見た目や匂いで分かる」としている。
ライナッヒは、「人々はファッションで戦う」としており、ファッショナブルな連中が増えるほど学校やチームは強いとしている。
錯誤は孤立から生まれるとしたプリチャードに対して「ファッション」が孤立の原因なのではないか?としたのだ。
仲間が多ければ年寄りから怒られないというのも十分に成り立つ考えであるが、「背広を着ていない」などの理由も考えられるとした。
見るからに独身の男は年寄りにも上司にも怒られるのだ。
これも「ファッションに無頓着でもモテる」という自信があるならばクリアーできる問題ではある。
悲しいくらい彼女に一途だというよりも仲間が多い方がいいんじゃないか?
ツープラスツーでも、相手国は「どちらかを凹ませてやろう」と考えている。
「仲間が多い」「女たちにモテる」というのはその理由をなくす、つまり「錯誤」をなくすものだ。
日米同盟はサプライズを望んでいないとされるが、案外「叱り飛ばす」ということをサプライズと呼んでいるのかもしれない。
服装でもなんでも「叱り飛ばす」口実はなんでもある。
お互いが「一途」であるとサプライズが生じる。
あさやけリバーサイド CoCo.

女の子たちと机を並べていると、「そこには勝負事のすべてがある」ことを知る。
自分の方が賢ければ、一番かわいい子を落とせることを知るのだ。
ここに「大人のスポーツビジネス」が誕生する理由がある。
イケメン、ハンサムなんてものはタカが知れている。
女の子たちに「大人の学問」(カテゴリー)の話をして、エネルギーをもらう、これが成績が良くなるための基本だ。
クラス編成でいやな男が同じクラスになっても気にしない方がいい。
女子たちが「男の序列」を決めているのだ。
勉強に一途な男を昔は「ガリ勉」と呼んだ。
しかし、「女の子たちのエネルギー」を知っているものはそのようなことは言われなかったのだ。
何事にも「あそび」は必要なのだ。
どんな男の子たちがいるの?
「知っている男と知らない男だよ」
松浦亜弥 Love train.

女子を愛せること、話ができること、複雑な人間模様を理解すること、一緒に喫茶店に行くこと、国の教えを知っていること、いろんな活動をしていること、情熱があること。
これらをまとめて「Love train」と呼ぶ。
男子だって「痛い」時はあるだろう?
つまり「女心を知る」ことができるのだ。
男子が「好きな女の子」を口説けたのならば、大人の世界のスポーツビジネスは大成功だ。
高校生の「Love train」に関して、カントはセックスまでは想定していなかった。
「頭がいいのならば当然、文学・哲学は知ってるよね」と女子たちは考えていたのだ。
カテゴリー(大人の学問・口説き文句)を知ることは、先生や上司から怒られる可能性をなくすし、怒られても立ち直りは早いため、錯誤とは対極にある概念がカテゴリーだった。
落ち込んでもイヤホンを聞いて気持ちを立て直すのだ。
男らしさを語り合う論壇(法律)の世界においても、女の嘘を見抜ける男がモテた(法律要件分類説・判例)。
さよならの逆説 工藤静香。

弁護士の仕事は、政治家と同じであり、女心の定義(政治)を女たちに話して回ることで、女たちの支持を得て、他の「先生」に怒鳴られないという特権を得ることなのである。
この法律要件分類説は、生徒や学生の頃から磨かなければ身につかないものであり、「大人になる程まっすぐ恋する」とも言われる。
立証責任は男が負うという観点から、利益衡量説・規範説などが生まれたが、みんながみんな「大人」というわけではない。
生徒や学生の時分から「男らしさを語られる対象」である男としては「女の嘘」を知らなければならないとされる。
愛の炎 田中れいな。

みんなでワイワイやるという規範説もあるが、声を上げてはしゃぐだけの男女たちの間に身をおいても「先生」にはなれるが、「自分が叱られても立ち直れるような音楽作品」を持つことは難しい。
モーツァルトは、オテロー(アクィナス)の妻のナンシーをクイーン・オブ・ザ・ナイト(夜の女たちの女王)にしている。
結果としては法律要件分類説を通説と考えていたのだろう。
松田聖子 ピンクのモーツァルト。

女からエネルギーをもらうのは男であることから、カテゴリー(大人の学問・口説き文句)に詳しい奴にはいい女を、何も知らない奴には女を与えないなどの利益衡量説もある。
いずれにせよ「男に怒鳴られて立ち直れない、立ち直るための音楽作品に恵まれていない」のが女である以上、女は錯誤を起こしやすく、立証責任はないというのが正解なのだ。
ある意味、アクィナスに「女の分け前」が来るのには時間が必要だった。
哀しい方の嘘 ribbon.

故意について。
上司や年寄りに叱られると、人は錯誤に陥る。
問題はその後である。
アクィナスと一体化してお金のために動くか?それとも女を求めて悔いの残る射精をするのか?
女から与えられるエネルギーがなければブックレビューも書けない。
犯罪者の特徴を研究する学者はクレッチマーとか色々いたが、「女にエネルギーを与えられていない」ということから故意というものは生じる。
脳にドーパミンとかセロトニンが必要だから、金を欲しがったり女を欲しがったりするのだ。
自分が音楽作品のヒーローになれるのであれば、そもそも故意というものが生じない。
AKB48 teacher teacher.

犯罪者をなくすのもアクィナス次第である。
金と女を欲しがるのは「心の状態が錯誤に陥っている」からである。
錯誤に陥れば「金と女」に導かれるように行動するだろう。
まず、身だしなみをしっかりと整えることだろう。
アクィナス自伝になんらエネルギーをもらえなかったのであれば、犯罪者は天皇陛下を困らせ、ご迷惑をおかけすることになる。
国内に犯罪者が多ければ、自衛隊なり国防軍が「アクィナスのための戦い」を行うことを困難にする。
そもそも、アクィナス自伝に影響されて頭が良くなったという男子がいないのであれば、世界の多くのことに困惑させられるだろう。
Twice wake me up.

女たちに祝福された男が、今度は「テレビに出たい」と思うと錯誤に陥る。
自分の仕事が本当に人々の快楽につながっているのか、テレビに歓迎されるのか?が分からないとそれは錯誤だ。
方法論上の迷いがあることが錯誤の原因であり、自分の仕事がテレビに出ることにつながらないと悟った時に「故意」というものは生じる。
テレビに出るために周到な計画を練っていたとしても、本来の仕事がまったく得るものがないのならば、それも故意である。
方向性を間違えた人間はこれほどまでに弱いのだ。
1987年にブラットマンは、テレビに出るためには「孤独を知らなければならない」としている。
みんなでワイワイやるという規範説ではなく、女の嘘を知る、女は自分に対して「まっすぐ恋する」という法律要件分類説に立脚している男をテレビに出すことにしたのだ。
特定の彼女がいることもテレビに出る上では必要だった。
「女」について語れない奴は業界の誰も歓迎していない。
このあたりからも、方法論上の間違いが指摘できるし、男が「飴ちゃん」目当てに故意を持つ理由がある。
メデイア論の一側面としては犯罪というものはある。
CoCo 優しさに帰れない。

過失というのは、本来、キャンパスライフを楽しむ若者について語られていたものであり「先生の教え方が悪い」ということに由来するものだ。
試験の成績が悪いというのも過失であり、先生というものは「自信」を試される。
東大に入れなかったやつは「やるかやらないかだよな」と言うが、このことを過失と呼んでいる。
それは環境問題に由来するものでもある。
先生に全否定されたり、お風呂に入れなかったり、異性と話さなかったりすると、それらのことを「教えない先生」がいるのならば過失の問題だ。
男女共学で、女の子と話す機会が日常にあれば過失の問題は「教える先生」の問題であり、成績が伸びないのも先生の責任である。
環境問題が整理されたために、過失の問題は憲法に還元されていき、「言葉を間違えたおかげで彼女にフラれた」という旧過失論は、先生が口説き文句を教えてくれなかったから彼女にフラれたという新過失論に取って代わられた。
さらには、「これは最高の口説き文句だ」と思うような論文集を企業に提出するのを怠けたなどという新・新過失論も生まれた。
男には金と女が必要なのである。
先生の教え方が悪いと企業への貢献もできない。
AKB48 teacher teacher.

企業における純粋惹起説、学校における修正惹起説、教団における混合惹起説など、過失と共犯の議論は密接に関わっており、社長が辞任すべきことなのか、校長には関係ないことなのか、教団が解散命令を出されるのかは、すべて「男女の関係が円滑に行ったか?」という問題である。
男女の関係性が組織内部でどのようなものなのであったか、というものにはあんがい人間というものは意志の自由がないものだ。
「この状態ならば東大合格者はどのくらい出るか?」も一定程度、予測可能だ。
哲学に造詣の深い高校生ならば、成績はかなりいいだろう。
先生のいうことへの理解力は、哲学にどれほど詳しいかにかかっており、企業では「社長が批判の対象」であり、学校では「生徒が批判の対象」であり、教団においては「教祖と信者双方が批判の対象」だとも言われる。
いずれにせよ「業務上」と言われるのであれば純粋惹起説にしたがうし、そうでないのならば修正惹起説にしたがうものだ。
純粋惹起説ならば「頂点の人を引きずり下ろすことはない」ということは指摘していい。
ただの過失犯が「大人に迷惑をかける」のである。
重大な過失とは混合惹起説と関わっているのだろう。
重大な過失とは教団の論理であるが「大人であっても先生に迷惑をかける」ということは指摘できる。
「大きなポカ」も子供なのか大人なのかによって「先生の教え方が悪い」のかどうかということは考えてもいいだろう。
松浦亜弥 気がつけばあなた。



【つづく】

2018年6月17日 (日)

馴染みのトルコ風呂のスケ。

ニコマコス倫理学というものをご存知だろうか?
トルコ風呂には「髪の長い女たち」がたくさんいて、そこに行くことは「友情・勇気・名誉・治めること」などが求められ、このことが日経平均株価よりも高めの価格設定になっている一因だと思われる。
トルコ風呂の女にも「よく考えられていて・情熱に満ちていて・社交性があること」が求められる。
なぜ、アクィナスは「日経平均株価は3万円の値段がつくはずだ」と考えたのだろうか?
それは、トルコ風呂にまつわる「付加価値」を知らなかったからだろう。
お父さんにお風呂でエッチなことをされた女を「トルコ風呂出身」と言い換えることは、女の子の「嫌な記憶」を解消するものであり、「お姉さんがトルコ風呂出身」ということはアクィナスに上に述べた「付加価値」をもたらすものである。
大人になったらエリート君も人生を楽しもうではないか?
トルコ風呂には「付加価値」がまとわりついているのだ。
髪の長い女たちと髪の短い女たちは「トルコ風呂」を知ってようやく和解できたのだ。
気持ちいいことを知っている、健康であるということは名誉なことだ。
栄養を摂ることと、生殖能力があることは男にとって最も必要なものであり、「お父さんが羊を盗んだ」という男の子は体格にすぐれ、学業が抜きん出ているはずだ。
あとは「失った女の子」をトルコ風呂出身と言って回って付加価値を与えるのがニコマコス倫理学の教えであり、トルコとイスラエルは抜き差しならぬ対立をするに至った。
いじめられた男の子は「友情・富・力」を手にすることが分かる。
学んだということは「治める力がある」という意味だ。
治らなかったのならば「誰も学んでなどいない」とタカをくくっていればいいだけだ。
アリストテレスもイエスキリストも「本当に俺ほど学んだ奴はいなかったのかな?」と思いながらいじめられていた。
本を何千ページも読んだと言っても「治らなかった」のが読んでいない証拠であった。
幸せは技術の中にあり、その原点は「トルコ風呂」にあった。
高橋由美子 ときめき。

プラトンの詩は「処女・非処女論争」に味方していたので、その論壇から排除されたお姉さんが非行に走ったのが許せないだろうか?
アリストテレスもイエスキリストも「俺ほど学んだ奴はいなかったのだろう」と思っただけだった。
体格が良くても「トルコ風呂」さえ学べばもう喧嘩もやめた。
東京大学になど己の救いはなかった。
スタンフォード大学で勉強するまでは「トルコ風呂」の真実など分からなかった。
「これでは有効な経済政策が打てないではないか?」と東京大学で思い知った。
素人女が3万円で売れるなどという大変な勘違いを行なったのがアクィナスだった。
アクィナス、アリストテレス、イエスキリストの名誉回復がトルコ風呂にはあった。
両親の混乱を避けるために割礼すら許されなかったのがアクィナスだった。
何か高貴なもの、割礼を受けていないおちんちんを周囲の女たちはそう受け止めていた。
髪の短い女にとって「いつ処女を失ったか?」は明確ではなく、付き合う男全員に「初めてなの」と言っていた。
工藤静香 Fujitsu.

お姉さんは「目的は目の前の男」と答えるだろうし、アリストテレスは「物事が治った状態」と答えるだろう。
しかし、アクィナスは少なくとも阪神ファンと広島ファンを失意のどん底に落としたことがあるだろう?
そこで、アリストテレスは「より国全体が知的な状態を維持する」という方向に目的を変えていった。
自らのチームに流している情報をオープンにしてしまったのだ。
それならば「なぜ勝てないのか分からないんだ」というたびに自分の影響力が高まることを意味する。
「負けて愛される男」
それがアクィナスとなっていた。
アリストテレスはホモにならないために「夢」を語り続けていた。
女の子が夢を歌うのを好んだ時期がある。
夢だけ見てる CoCo.

勉強だけは俺を裏切らないよな。
勉強を中心に生活を組み立てたら環境問題なんて自然とクリアーできたよ。
アクィナスは一番いい先生を探して歩いていた。
東大入試、司法試験からやがて哲学へと先生は変わっていった。
スタンフォード哲学百科事典。

トルコ風呂の意味が分からない?
中国の「羊」の意味が分からない?
それは運が良かったな。

ショーペンハウエルは「音楽作品を聞いたら痩せる」という18世紀にヨーロッパが熱中した研究に対して「女が男を立てる作品が一番痩せやすい」という総括を行なっている。
ブラームスやマーラー、ワーグナーなどの音楽家や、トルストイやフロイトなどの哲学者を交えて研究した結論であった。
食事制限など一切なかった。
松田聖子 赤いスイートピー。

松田聖子の10万ボックスを聞き飽きた女性は多いだろう。
しかし、カントが「落とせない女などいない」という学問を完成させてからは、「男」という存在そのものがすでに変わっており、男を立てることを知らない女は「そもそも時代の男を知らない」と言われるようになった。
松田聖子 渚のバルコニー。

松田聖子が歌う「男」という存在が21世紀に入っても日本で進化を続けていた。
「女が男を立てる音楽作品を聞いたら痩せる」
それは時代とともに発展するダイエット法であり、なんども言うが食事制限は一切ない。
松田聖子 小麦色のマーメイド。

「男」はカントの登場で確実に変わった。
「海はセックスへの旅」と言うことも熟知していた。
ショーペンハウエルは「カントはプラトンと喧嘩したことは一度たりともない」と言うほど劇的に痩せた。
松田聖子 ロックンルージュ。

女は「男にすべてを委ねておけばいい」と考えるから痩せるのであろうとショーペンハウエルは考えていたし、男は「承認欲求が満たされるから」痩せるのだろうと考えていた。
松田聖子 天国のキッス。

結局「男を立てる女」モデルは「男の好みの女になれる」と言うことを意味した。
男は「人間の敵であるノイズから解放される」ことを意味した。
つまり「最高の男になれる」と言うことであった。
松田聖子 秘密の花園。

痩せようという意志から自由になることが必要であり、「もはや法則」とも言われた。
21世紀は「男が進化した」のだ。
いちばん落ち着くサウンドの公約数的な作品は歴史を経なければ生まれない。
松田聖子 ガラスの林檎。

そりゃ、ブラームスやマーラー、ワーグナーは天才だったよ。
しかし、「男」という存在を変えていくのは哲学者の仕事だった。
この難しい時代に「いちばん楽」という音楽作品がいちばん痩せた。
松田聖子 抱いて。





こんな体になれる。ギリシャ彫刻。


【つづく】

2018年6月15日 (金)

担保。

テッドは、一念発起して哲学(口説き文句)を学ぶことにした。
しかし、外の気温がー3度Cであった。
彼はこの寒さの中を哲学を学びに出かけるであろうか?
これが担保の問題である。
担保とは「セックスであり、女を口説く力量」のことであった。
「俺は将来、女に見放されるかもしれない」
これが「噂を背景にした予言」であり、「あいつ、本物のドンファンらしいね」という噂づくりはいい担保となった。
「誰も俺との約束を破ろうとはしないんだ」
担保とはお金を借りる側が提供するものではなく、貸す側が作り出す「幻」のことだ。
「セックスを将来にわたって約束しない」このことを担保と呼んでいるのであり、抵当権、質権、先取特権、留置権などは「約束を守らなくても好きにセックスが出来る」関係にある男同士が金を借りる時に相手に提供するものだ。
通有性(どの男にもその論理がまかり通ること)つまり、附従性、随伴性、不可分性、物上代位性が指摘できるが、ジョーンズはさっきボレタス・サンタナのリゾットを食べたらしい、ジョーンズは非常にモテる。だったらジョーンズは死ぬだろうということから、モテるジョーンズの「死」というものがあるために担保が通有性を持つ。
つまり、債権がなければジョーンズがどんなにモテても関わり合いはない(附従性)。
債権が誰に移ろうとジョーンズとはご縁を持ち続ける(随伴性)。
など、ジョーンズに貸したということの拘束力は債権に根強く残る。
ジョーンズにも死があるということを考えたからこのような発想に思い至ったのだ。
ー3度C ゆうゆ。

紀州のドンファンという本は私は読んでいないが、「口説き文句に関する膨大な本を書く」「実際に女たちに話して回る」ということは「債権債務関係」を自分にとって非常に有利にすることを意味する。
債権者も債務者も「女に見放されたくない」からである。
ジョーンズは「俺に借金の催促をしても、借金を踏み倒しても女にモテなくなるぞ」と言うようになる。
これが「女と話している男は金に困らない」と言った理由である。
金のやり取りをすると「ドンファンの口説き文句」そして「ドンファン本人」とのご縁がなくなることはないことを意味する。
これが通有性である。
一緒に飯を食っても、「こいつの話は他の女に話そう」と思うのであれば、相手はワリカンを求めてくるだろう。
スコットランドやエジンバラ大学は「息子がそのような境地になる」ことを嫌ったのだ。
上司も「いつもの話」をするのではなく、部下に「お金」を約束するような話をしたほうがいい。
女たちとよく話すことがどれほど「部下の模範」となるかを知らないといけない。
高橋由美子 晴れのち曇りのち晴れ。

疲れていると弱気になる、人は単純な生き物である。
勉強や学問が好きな男は「風呂で神経を癒す」ということを知っている。
男のこの習慣は女をも綺麗にする。
歯医者や美容院とも関わるのが「お風呂」であった。
男の「神経」からすべては始まる。
自分を全否定されないことや、女と楽しく話すこと。そして孤立しないことが大事だ。
こんなに大勢の男がいるのに、なぜこの男は生き残ったのか?そして「担保」になるような男になったのか?
その秘密は男の「神経」にあったし、お風呂にあった。
「脳は神経の束」ということを知っている男はどのくらいいるのだろうか?
また、「神経に影響を与える出来事」はしっかりと選ばなければならない。
頭のいい奴は、どのみちみんなが担保にするんだ。
なぜ、環境問題を理解しないんだ?
そもそもが、命の担保というものから担保というものは生まれているだろう。
信用のないものは金をばら撒き、ものをばら撒き、頭のいい奴に命を担保してもらう。
頭のいい奴は「国の学問をよく理解している」ものだ。
「男次第できれいになれるって本当?」
頭のいい男ならばね。
口説き文句を本にして、女たちに語って回って「ドンファン」と呼ばれるようになるのならば、ビジネスの世界でも債権債務関係は有利に作用する。
ミクロ経済学においても「1000円貸して?」とは自分よりもモテない奴を狙っている。
そもそも自分の方が「担保」があるからだ。
教科書に名前が乗る奴はとにかく金額が青天井なんだよ。
東大生や弁護士なんて「ステージの上の男女」に比べたらなんの担保も持たないことがわかる。
AKB48 teacher teacher.

目の前で消費する「タバコ」をねだるのと、ビジネスマンとして債権債務関係を有利にするのは論理が異なる。
モナリザは今でもルーブル美術館で「売春」をやっている。
女やオカマは「からだ」という担保を持っている。
有名女を笑わせて、自分の担保を確立することをウェイアウトと呼ぶ。
Cocco way out.

自分の担保を形成するために「身綺麗である」ということは必要なことだ。
銀行は、歯や髪型、服装を見て金を貸すかどうかを判断している。
個人レベルでその人が自分よりもモテるかどうかなんて把握していないからね。
人並みにセックスをして、朝は目覚まし時計で起きる、これをやらない人には金は貸さないだろう。
このあたりにも担保の秘密がありそうだ。
債権債務関係を有利にしても「訴状」だけは容赦なく送達されてくる。
「ミスワールドという愛人がいる」などと弁明しては生きていく借金の世界であるが、法律や高額納税者番付だけは容赦なく待っているのだ。
あくまでも「担保」は借金をするときの一側面に過ぎない。
共和党員は民主党員とは異なり、むやみに人に「金貸して?」とは言わない伝統がある。
ボストン大学ローレビュー(1996年)によると、殺人やレイプをなくすためにそもそも共和党が法律を作ったとされている。
「金にだらしがない」と世の奥様方が顔をしかめるのに十分であるのならば、容赦なく訴状を送れるようにしたのだ。
「お金貸して?」「お小遣いちょうだい?」というのは俺の方がお前よりもモテるというメッセージであり、そうでない親子関係においては「夫婦を混乱させない範囲内で」お金をもらっているに過ぎない。
この30年間で「むちゃくちゃカッコいい男による資金集め」が研究されてきた。
King&Prince シンデレラガール。

しかし、共和党は容赦なく「金にだらしない男」を攻撃した。
男や女が勉強すればするほど、「予測できないこと」はなくなっていき、税収が増える。
国の税収が落ち込んでいる時は、「国民がいろんな出来事にビックリしている」時期だと言える。
プライマリーバランス黒字化も「国民がビックリするような出来事をなくす」ための学問を充実させることから始めなければならない。
緊縮財政なんてバカげている。
そもそも「自分の女をつなぎとめておくため」にお金というものが必要なのだ。
勉強を人々がやめてしまうと国の税収は減り、「自分の女をつなぎとめるためのお金」は国からは出てこなくなる。
人々はいろんなことに驚きを感じ、寿命が縮み、孤立する。
ビックリすることが多いと犯罪も増えるし、しかし「世界に終わりが来る」というビジネスが儲かる。
「小さな政府」というのは人々が「世界に終わりが来る」と言いはじめるものであり、権力批判が高まるものだ。
しかし、「勉強しろ」と言ってもテキストがなければ小さな政府にならざるを得ない。
小さな政府はアナーキズムを生み出す。
格闘技が流行し、フィジカルトレーニングやエクササイズが重視される。
ボクシングブームは終わりかな?というのは大規模財政出動で判断するものだ。
瀬能あづさ 愛になりたい。

アナーキズムというものは「小さな政府」の時代に起きるものであり、「納得できるルールにしたがう」という意味だ。
AKBの「恋愛禁止」などのローカルルールも、「大きな政府」になると同時に有効性を失った。
小さな群れで群れる、それが小さな政府の時代だ。
人々の趣味が多様化するという効果は小さな政府にはあるが、チーマーとかの「マイルール」ができて、対立が激化する。
学校や親の言うことは聞けなくても、チーマーのルールにはしたがうんだろうなどと皮肉られるほど、仲間内にこもることになる。
みんなが勉強をやめてしまう時代、教科書に恵まれない時代は日本国にも確実に存在した。
コンビニの前にチンピラがたむろしていてガンを飛ばしてくるような時代だった。
教科書がなくなるだけでそのような時代は生まれたのだ。
それが小さな政府というものだ。
小さな政府とは国の政策であって、文化人のクォリティが生み出すものだ。
胡散臭い文化人が幅をきかせると、人々は勉強しなくなり、国の税収が減り、コンビニの前でチンピラがたむろするようになる。
「小さな政府でいいのか?」
それが「勉強をしたくない」という子供達に投げかけられる言葉なのだ。
日本国が「無政府状態」に陥ったことがあることは忘れないでもらいたい。
ノストラダムスの大予言はなぜ人々の心を捉えたのか?
そして、なぜ政府レベルで悲観論が出たのか?
それはひとえに文化人のクォリティの問題だったのだ。
しかし、「そんな時代こそが我々のユートピアだった」という人は確実にいる。
松浦亜弥 そう言えば。

【無能な男を君主にする、ということの意味をしっかりと理解しておいてほしい】
あれが君らのユートピアだったというのならばね。
尾崎豊 15の夜。




【つづく】

2018年6月14日 (木)

共犯。

囚人のジレンマというものがある。
ターニャとクリンクという二人の強盗の共犯者がヒベルニア・セービング・銀行を襲った、
警察官は、ターニャに「もし君が自白して、クリンクが黙っていたのならば君の起訴を取り下げてあげる。もし、クリンクが自白して君が黙っているのならば君は刑に服さなければならない。もし、クリンクも君も自白するのならば私は二つの証拠を得るので減刑を頼んでみよう。二人とも黙っているのであれば銃刀法違反で起訴する」
こわれかけたピアノ 高井麻巳子。

すべての音楽作品は「自白」(告白)の方を沈黙よりもやや有利に位置付けている。
しかし、グループは「一人の男に二人の女」という図式だけでは動いていない。
複雑に男たちが男らしさを演じ、女たちが取り巻いているのだ。
男たちに女たちは「惹かれ」ながらも自分と趣味や価値観の合う男を女は探している。
このような「男たち」「女たち」を理解しなければオウム真理教も理解できなかっただろう。
オウム真理教事件が起きた時に、司法試験で「共謀共同正犯について述べよ」という問題が出されたが、惹かれ合う男女たち、勝手な女たちに触れた受験生がいたであろうか?
バスルームでキャッチホン 高橋由美子。

ビルは青い帽子を持っていたが、赤い帽子を欲しがっている。
ローズ(女)は赤い帽子を持っていたが青い帽子を欲しがっている。
この時に、ビルとローズは帽子を交換すべきだろうか?
「帽子を交換する」ことから「セックス」に果たしてつながるのだろうか?
これも「男たち」「女たち」を預かる立場の者に求められる理解力だ。
なにしろ「男女の群れの学問」が成立したのも世界レベルでオウム真理教を後追いする形となったのだ。
酒井法子 すごすぎる。

男女の群れそのものが「世界でいいゲーム」を行なっていなければならない。
学校では「勉強する」「進路を決める」などがあるし、病院では「病気を治す」などのゲームがある。
すでに妻のいる男もいれば子供までいる男がいる。
子供が「キスもまだ」ならばその夫婦を妨げる男女はいない。
キスした跡は残さないで 国生さゆり。

推しメンのキスシーンに「担当の男女の秩序が乱れるんだよ!」と激怒する者もいる。
ここから「孫の顔が見れたとき」まで夫婦はかなり混乱した夫婦として生きなければならない。
混乱した夫婦とは「セックスする夫婦」という意味である。
「長男に何かあったら夫婦はおしまいだ」
お母さんは長男でも長女でも「性に厳しかった」のだ。
理由は「自分たちがかなり混乱した夫婦でいなければならない」からである。


子供達の一人でも真面目なのがいるだけで父や母は強くいられた。

純粋惹起説とは、男女に「数千億円」の報酬を約束する巨大ビジネスの世界の男女を意味するし、修正惹起説とは、「学校のようにあまり男女が共存するメリットがない」世界の男女を意味する。
混合惹起説とはオウム真理教のように「教祖が集めた男女たちが教祖のために」活動するものであり、混合惹起説は「因果的」つまり「各人が今日の仕事に反省する」ものではないという意味で因果的共犯論ではないとされている。
純粋惹起説とは大企業のこと、修正惹起説とは学校のこと、混合惹起説とは宗教団体のことということを明確にしないと、「男女の群れ」を適切な方向に導くことはできない。
純粋惹起説においては違法性(奥様方の批判)は社長次第であるし、修正惹起説では生徒次第であり、教団では「教祖と信者の双方」に違法性がある場合に刑法の問題となる。
学校に入るか、企業に入るか、教団に入らないと「夫婦間の混乱」は収まらないだろう。
独裁者しか「男女たち」の管理の方法を知らないという責任共犯論はすでに支持を失い、何の目的もなく集まった学校(不法共犯論)も支持を失った。

どのみち環境問題福祉軍事、などの憲法判断からは逃れられないのが共犯論なのである。


アルベルト・カミュは、これらの議論を踏まえて「人はなぜ頂点を目指したがるのか?」をシシファスの神話において語った。
冷戦時代に、共産主義の立場と反共の立場から多数派工作を行う新聞が大量に出されたのを見た。
「両陣営」において頂点を目指したがるものがいたのだ。
そのような世界で見られたのが「一部の暴徒」であり、暴動だった。
日大アメフト部悪質タックル。

みんなが頂点を目指している世界で、自分は朝、自分のちんちんを見た。
鏡も見た。
自分の行動次第で頂点の人を引きずり降ろせるのが共犯論だと知った。
「済まない、どうせ俺はこの程度なんだ」
修正惹起説(学校)においてはこのようなことがまかり通った。
まだ、社会人ではなかったことが指導者を窮地に追い込むことを可能にしていたのだ。
ルソーも「そうだ、お前は生徒であり学生なんだ」とその学習効果を高く評価していた。
社会人ならば「自己責任という名の宗教」があった。
「プライド」という言葉は「大人たちを困らせないでね」という意味だった。
「大人たちを困らせて歴史に残ってやろう」という子供達がいた。
指原莉乃。

修正惹起説には「頂点を引きずり下ろす」子供たちの世界絵図があった。
カミュが描いた世界を「結構面白いよ」という人もいた。
社会人という「純粋さ」はなかったけどね。
虐げられたことがある子供は「死んでもいい」と思った時に自分の力に目覚めた。
「女の胸」
ギリシャ哲学がここで威力を発揮した。
「禅というものは子供がやるものではないんだ、ひたすら子供達が我々に迷惑をかけないように禅を組むというメッセージを与える必要がある」
永作博美 Feel me.

女子高生たちが、「私たちって最強?」と言って天皇陛下を引きずり下ろすために体を売っている。
そういう情報も日経平均株価の下落で観測された。
アクィナスは「彼女たちにも分かる話をしなければならんな」と頭を抱えた。
修正惹起説は、女子高生と天皇までをも結びつけたのだ。
この時に「死にたがっていた子供が生きがいを見つけた」ことが分かった。
アクィナスは「子供たちを死から開放するのであれば多少の迷惑は甘受しよう」と考えた。
まるで「女子高生による悪質タックル」のようにも見えた。
いずれはそんなことは通用しない大人になるんだよ。
シンデレラたちへの伝言 高井麻巳子。

株価が下がって「あはは」と笑っていた女子高生にカミュは「修正惹起説って知っているか?」と言って悪質タックルの映像を見せた。
生きるってどういうことだろう?お勉強やスポーツが苦手だったかな?
「シシファスの神話」は2万3千円ならば「生きているって感じる、天皇に迷惑をかけてもいい」と言っているのかい?
修正惹起説は、子供達が巨大権力者を困らせることを認めた。
しかし、頂点を目指す争いの世界はすでに「シシファスの神話」を理解しており、「それは修正惹起説だよ」というだけで済むようになった。
運動部やAKBなど、修正惹起説が機能しやすい環境は「共産主義である」とも批判された。
東京大学では「純粋な社会人として大人に迷惑をかけない」純粋惹起説が教えられている。
日経平均株価チャート。

女の子たちはとにかく群れるよね。
アクィナスは考えていた。
女子高生の「集合無意識」を日経平均株価チャートで眺めることが可能になったのだ。
「抑圧」とか「学校」とかいろんなものを見なければならない。
そんなに先生はつまらないかね、と思って教科書づくりにも参加した。
スカートの短さ(トルソー)は権力批判を意味したため、それも街で観察した。
そんなに「女性差別を俺はやったのかな?」とアクィナスは考えたりもした。
女子高生たちの集合無意識と修正惹起説が株価を下げることは分かっているのだ。
そのメッセージは明確にしなければならない。
アクィナスには「2万3千円で"女"になるのか?」という気持ちよりも「彼女たちへの共感」が求められた。
「死にたい」「大人を困らせてやれ」という修正惹起説は女子高生の声をアクィナスにまで送り届けた。
ワラント(女にも分かる話)はアクィナスの得意技だったし、女たちのメッセージは株価を見れば手元に届いた。
アクィナスの書く文章は、女子高生たちをも巻き込んで、なにかの「法」に支配されていた。
POPにいこうよ 酒井法子。

もしかして、本当に「愛する人」ができたのかな?
アクィナスは自分の弟子たちの存在にも気がついた。
生理(セックスの準備)は止まるのが問題だ。
このことから、アクィナスの「新・所得倍増論」は長い長い旅を始めたのだ。

娘たちからのメッセージが「禅を組んでいる父親」に届けられた。
永作博美の「Here and Now」というアルバムである。

天使が胸に降りる時。

このままでもう少し。

逢いにきて。

恋と微笑みと花。

Without you.

エアメイル。

Drivin'

宗教団体としては総持寺(曹洞宗)の守備範囲だろう。
総持寺。

2018年6月13日 (水)

保証。

福祉や環境、軍事などの憲法の問題を語ったが、今度は現在の民法学が何を考えているかを語りたい。
それは「保証」である。
借りたお金は「セックスするために用いる」ことから、現在のインターネットのパーソナルデータの蓄積によって「借りたお金をどの女に払ったのか?」が分かるようになっている。
電話番号の保全や、インターネット検索、さらには電子マネーによる決済の記録などから「借りたお金をどの女に支払ったのか?」が分かるようになっている。
借金の保証人は「それらの情報のすべて」を目の当たりにすることになる。
このことから「保証人に迷惑をかけたくないから自殺する」という人が出てくるのだ。
「なるな保証人」というのであればこのような研究をもっと深めていかなければならないし、「金なら返せん」というのであれば借りたお金はしっかりと仕事に用いていたことが分かる。
保証人になると、仮にそれが有名人の保証人であれば「ジャーナリズムに情報を流す」ことで鬱憤を晴らすしかないことがある。
フェイスブックの「友達」の異性も、セックスしたのであればメールでのやり取りに変わる。
借金の保証人でもないのに「検索したらどの女に金を払ったのかが分かる」というほど男はお人好しではない。
保証とは「お金」の話だけにとどまらず「女」の問題がまとわりつくことを知らなければならない。
借金が返せなくて、保証人にぜんぶ背負わせたら、保証人は債務者の女全員に情報を流し、債務者の人生を破滅させることもできる。
「情誼的な理由で」保証人になったのに、債務者の「知りたくない側面」を知ることにもなる。
「いつしかフェイスブックの友達から消える」ということの意味も知らなければならない。
グッパイフレンズ 三浦理恵子。

女の債務者は彼女なりに「からだで払った」履歴はフェイスブックでは公表していない。
セックスというものが「お金」と関わるものであり、自分の足で立つことや、親密さ、友情、認め合うことなどと関わるものであり、保証人は債務者がお金を債権者に返してくれないとこのような難しい問題と向き合う羽目になる。
しかし、いったいどんな目的に金を使ったのか?を保証人に知らされないのならば、とうてい納得のいくものではない。
このような「データプロテクション」が求められる有名人はそもそも保証人に迷惑をかけるような借金はしないものだ。
杏里 悲しみが止まらない。

女性関係のみならず、生年月日や、金脈、住所、宗教、IPアドレスまで知られることになり、「性癖」まで保証人に知られることになる。
しかし、アメリカ合衆国も日本国も「パスワードの漏洩」だけは禁止している。
国が制度としてうまく作らないと、愛国心すら疑われるような制度になってしまうだろう。
保証人は、「男と女の関係」さえ分かれば、720MB CD-ROMに入りきれないほどの「愛の言葉」まで覗こうとは思っていない。
借りたお金を返すためには債務者に何らかの「劇的変化」が求められる。
それが期待できる時期にお金を貸すのであり、そのような時期の「男女の関係」は不明確なままだ。
1960年代から1980年代にかけて作られたワールドワイドウェブ(WWW)は、保証人になった時の「サプライズ」を一定程度、緩和させた。
ウェブ2.0も、保証人にぜんぶ借金を背負わせただけでは必ずしも身の破滅にはつながらない「予測可能性」をもたせた。
連帯保証と保証は「スピードの差に過ぎない」とも言われるが、「スピードの差はいらないのではないか?」とも言われるようになった。
一年以上、自殺の決意を持ち続けるのは困難、とした保険会社(自殺条項)も保証人をビックリさせないような努力を推進した。
「予測できる時代」そのものが民法学にとってはありがたかった。
インターネットをやっている男たちそのものが「ラジオ周波数特定チップ」(RFID)を身につけているようだった。
インターネットを一切やらない男の方が案外、自由に借金もできたのだ。
SPEED Deep blue & truth.

電子政府(e-ガバメント)は、総務省が自由に選挙結果をコントロールすることを可能としたし(シークレットバロット)、金と女にだらしない人間の投票行動だけを観察できるようにした。
すべては「アクィナスを守るため」という論法を用いれば総務省は世論の支持を得られたのだ。
国としてのルールはあった。
「勉強が好きな俺の顔」を愛せるかどうか?元有名人で貧しくても生きていく方法があるのかどうか?などの憲法判断を仰いだ上で、「借金大国」をうまく運営していかなければならない。
銀行と消費者金融が別々にブラックリストを共有できるようになった。
「消費者金融の件はなかったことにする」という奥さんもいる。
35歳までに人生が登り調子にならないのならば、どのみち保証人が必要な借金をしなければならない。
女たちはインターネット上で「データの匿名化」を行なった。
「偽名ばかり用いているとガンになるだろう?」という問題はつきまとった。
ブレインコンピューターを用いた上で顔を公表する(インターフェース)ことから、女たちは「自分を美しく見せる」という目的だけではなく、保証人つきの借金苦にまみれた男を守ろうとした。
アクィナスさえいれば豊かになるということは政府も信じていたのだ。
AKB48 teacher teacher.

「男がその国でどのように育つか?」という問題は組織内では女心の定義(政治)を行うことから、「漢か洋か」という議論になるが、お姉さんがトルコ風呂出身ということからアクィナスも英語で「女心の定義」を行いながら「漢そのもの」であった。
男同士で否定しあわないことや、有名女を笑わせることなどの憲法判断を仰いだ上で、どのように「漢」(かん・おとこ)であるかが問われる。
アクィナスは、科挙を受けるために敦煌に向かう男と同じ論理を持っていたのだ。
50近くになって「金の力で役職を買った」というのは科挙第2問そのものであり、科挙第2問は「役人になりたければいくら出せる?」と聞いていた。
女心の定義でクライマックスシリーズに勝ったことがある、お風呂をこよなく愛する、しかし「羊」(女の子)の意味を知っている、これだけで合格するのが中国の役人だった。
訛りが強い翻訳を女たちは「何言ってるか分からない」と言ってこよなく愛した。
「強い国のためにメロスは走る」とも言われる。
国の「性概念」を正当化する議論をメリアンダイアローグと呼ぶ。
「男を知り過ぎた女は英語を読まなければ分からないよ?」
これが日本国のメリアンダイアロークだった。
政治はメリアンダイアロークをしなければできないものであった。
日本国の多数派の女の支持を得る必要があるのだ。
最初にメリアンダイアロークをやったのはトゥキディディスだった。
ギリシャの歴史家だったが、今の日本もトゥキディディスにしたがっていれば間違いはないと考え、「英語による政治」を完全にゲームとして成立させた。
おっぱいを隠さないアフリカで「英語による政治」が成立するかは分からないのだ。
アルフィー メリーアン。

マキャベリが「英語の翻訳の匂いがプンプンする王子」を描いた(パワーポリティクス)。
時代は下り、ホッブスも「万人の万人に対する闘争」において「英語を読むしかないだろうな」としていた。
いずれにせよ「パワーシフト」を信じて実践しているアクィナスの話を聞いて、小説にし、マンガにし、音楽作品にすれば借金は返せると強烈に主張したのがモーゲンソーだった。
なにしろ覇権国家はアメリカ合衆国だけだったし、世界ランキング第2位のスタンフォード大学よりも「いい大学がある」なんて誰も思っていなかった。
日本国の王子の「パワーポリティクス」がアジアで奪い合いになるのは目に見えていた。
1928年にケロッグブリアン協定によって「アメリカでメジャースポーツを発展させる」という約束がなされた。
しかし、1980年代まで「英語でやる」ということは世界に知られることはなかった。
どの女も「アメリカは私のことをなんて言ってる?」と聞いてきたのだ。
「現在のユートピアよりも新しいユートピアを」とすべての銀行が判断するのは速かった。
Twice Wake me up.

モーゲンソーは「メジャースポーツをやってみれば分かるよ」と銀行マンに伝えた。
女たちはあんがい「敵を作らない擬似セックス」を楽しんでいた。
彼氏や夫に誠実であるためにはマスターベーションは都合が良かった。
保証の問題も、男が「劇的な変化」を遂げようとしている時だけお金というものは返せるものだということを踏まえて、「パワーポリティクスをやっているかどうか?」以外に判断材料はないのではなかろうか?
どの国も「生き残りたい」と思っている。
環境問題や、福祉国家軍事などの憲法は「言っていることそのものが怖く」ないか?
民法の側はそのように受け止めていた。
アジアの国の「関係」を決めるのには十分すぎる説得力があったのだ。
若干、余談であったが、パワーポリティクスを知らない男の保証人になってもいいことはないという説明にはなるだろう。

ケロッグブリアン協定は「メジャースポーツを発展させよう」という国際約束であったが、夏目漱石が大国主であるのならば野口英世(和辻哲郎)がヤマトタケルであった。
国家レベルの戦争が一万円札だとするのならば、メジャースポーツは千円札だとされる。

宗教団体としては出雲大社(大国主)と大本教(ヤマトタケル)が守備範囲だろう。
野口英世記念館。

大本教。

出雲大社。


【つづく】

より以前の記事一覧