最近のトラックバック

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月

2021年12月21日 (火)

法科に行ってくれ。

このたび、私は江頭憲治郎の「商取引法」を全面書き換えしようと考えました。
これは、渋沢栄一が「法科に行ってくれ」と言った理由でありまして、 たとえば「国内売買」を高校時代の恋愛と説明し、国際売買を「大学での恋愛」とさせていただき、大学ごとに東京大学ならばFOB条件(無料)でセックスさせるとか、FランならばCIF条件として金を取ったりします。
そこからキャンパスライフは「信用取引」で成り立つわけですが、訪問販売(新しい異性の参入)の規制を行います。
リースに関しては「音楽作品の本当の意味が理解できるようになるための期間」とさせていただきました。
仲立人としては、友人に異性を紹介することとさせていただきました。
やがて、問屋として広く異性を売買するようになります。
さらには、運送営業として「旅先や故郷にいる女たち」も問題になります。
倉庫営業としては「いい思い出」を、電気通信事業としては「忘れたいこと」を、さらには「保険」をかけながら生きるようになります。
最後に、信託とは「人の流れを生み出す学問」です。
大雑把にはこのように説明できますが、「東大でのキャンパスライフってどんなもの?」ということを示すのが渋沢栄一が「法科に行ってくれ」といった意味であります。

「問屋」
今見ている風景はすでに決まっていたものとして、余裕のある者が判断していけばいい。
この「余裕」こそが「問屋」の基本であり、宮内庁も本来は「問屋」である。
天皇に求められるのは、通常の庶民とは異なる「余裕」であり、そこに女性たちが集まり、皇室に関心のある者たちに異性を与える。
味噌の問屋とか、いろんな問屋があるが、どの世界にもその筋で「余裕のある者」は必要とされている。
時に、世論や常識に反するような行動をとることもあるが、それも「余裕」のうちであろう。
余裕がなくなったら女をばら撒く力を失う。
つまり、資金ショートを起こす。
これが問屋なのである。
大学四年生にもなると、どのサークルや運動部にも問屋を営む「先輩」がいていい。
もっとも、「世界」を相手にする宿命にあるのがスポーツの世界であるため、そのような「余裕」が持てるかは明らかではないが。
しかし、J-POPは少なくともいまだに世界経済を支える力を持っている。
修羅場になって「すがるような眼差しで」周囲から見られたことがあるのならば問屋になる才能は十分にある。
フルシチョフの時代に、ソビエトと中国が軍事衝突の危機に瀕し、キッシンジャーをすがるような眼差しでソビエトの外交官は見た。
これが「問屋」の原理であり、女にモテて取り巻きの多い人のことを言う。
女たちの欲望や、男たちの欲望を満たし続けるのが、「アメリカ合衆国に精通していること」であり「余裕」であった。
統治とは「問屋」が行うものであり、背景には女たちの支持と資金力がなければならない。
もし、修羅場に参加できなかったことがあるのならば「なぜ?」を丹念に調べ上げ、問屋への道を磨こう。
実像が広く知られていない「問屋」がいるとするのならば、間違いなく「暴力」を用いている。
平成天皇もそうであったし、その系譜に連なる者たちが天皇にならなくてよかったと思っている。
まあ、言ってみれば「問いに答える人」を問屋というわけであり、若い頃は大学入試問題に答えることから始まり、大人になったら「人生の問い」に答えなければならない。
本来、問屋は「心の相談室」から生まれた。
酒(葡萄酒)を与えよう、味噌を与えようなどというものだ。
つまりは、宗教を覚えなければ、モノを売ることはできないのだ。
あるいは、国のお金をあげようという問屋さんに私もお世話になっている(プロ)。
かなり連帯感の必要な営みであり、孤独な研究者の方が捗りがいいが、精神科医療は連帯感のおかげで立ち遅れている。
関係者が連帯しているから立ち遅れているだけであり、やる気がないわけでは決してない。
そこに、「孤高の研究者」がどんどん議論を先に進めていくことが、「問屋」として可能になる。
和紙にせよ世界王にせよ「神の庇護のもと」に駆け込もうとしている。
それをみんなで押しとどめているという現状が、精神科医療の立ち遅れにつながっている。
神の庇護のもとにあるのならば「孤高の研究者」として1人で進まなければならない。
ここに「問屋」の存在意義がある。
福祉の現場は「少数の有名人」の扱いのためだけに連帯している。
この連帯を「ビジネスの世界」に持ち込んだら、あっという間に優良企業に化ける。
福祉の現場の女たちが、オースティンや宮崎のホームランを目の当たりにすれば「自分たちの力に気がつく」とも言われる。
どの患者も「神の庇護のもとに」駆け込もうとしている。
それが「心の相談室」であり、アイドルのセールスにより安い品ぞろえを実現する「ストア」でもある。

さて、倉庫営業が「いい思い出」を扱う仕事で、電気通信事業が「忘れたいこと」を扱う仕事だとさせていただいたが、
「保険」からまず入りたい。
保険とは「セックスと健康」を預かる仕事である。
社会全体から、「自分の体は今どうなっているんだ?」という情報を集めるのである。
掛け金とか生命保険とか言っても「あばたと死の温床」となるだけである。
「自分の体は今どうなっているんだ?」という情報をひたすら社会から集めるのが「保険」という仕事である。
国民皆保険(ユニバーサルアクセス)は実現したが、自分の体が今どうなっているのか?
どの病院に行けばいいのか(たらいまわし)という相談をするのが保険であり、体調を崩したらまず保険会社に言うのが本来あるべき姿である。
事故の通報を受けて約款を見ておカネを払わない理由を探すだけならば働き甲斐がない。
もちろん、物損などの損害保険というのはあるが、あくまでも「オーディエンスが注目する出来事」にはおカネを払おうかなという趣旨である。
社会の「不健康な」側面にはおカネを払って、よく研究する必要がある。
生命保険と損害保険を合わせて「ユニバーサルアクセス」と呼ぶことが可能だ。
交通事故に遭ってみれば分かるが、足がびっこを引くようになるか激やせするかのどちらかだ。
そのようなことを避ける研究もユニバーサルアクセスの一環なのだ。
韓国、台湾、タイ、メキシコなどは「保険を含めたユニバーサルアクセス」を達成しているが、日本は実は「国民皆保険」と言っても、ユニバーサルアクセスは保険業界においては「世界に認められていない」のである。
保険業界においては、金持ちほど「健康相談パッケージ」が手厚いとされている。
これがないから年寄りは月に25日も病院に行くのだ。
日本国の「偏差値崇拝」「医者崇拝」は異常と言っていい。
免許を取ったら勉強をしなくなる医者が多いのは不幸なことだ。
「夫は妻が殺し」「妻は子供たちのカネがなくなり次第死ぬ」という死の概念も理解しないまま宗教界が「死」を語っている。
医療費を安くすればいいというものではない。
似たような危険集団を作り、情報を共有することが必要である。
インターネットでは行われていることが、保険会社が「専門知識を与える」ということは行われていない。
医学部コンプレックスなんぞなくすことだ。

「倉庫営業」
基本的に、これは「スッキリ」コレクションのようなものであり、「人生最高の一言」をカントの次に書き加えていく作業である(構造主義)。
この倉庫営業は日本国もさすがにキャバクラなどがあり、世界に認められている。
言論の自由とはインテリのためのものとも言われ、なかなか「市況」でも「換金性の高い言葉」は作れないようだ。
「アンタ有名だよ?」と女性に言われるようになるころには国家一種も見えてくるのだろうか。
空からエネルギーをもらい、内から仲間意識が湧き出てくるという天台宗の教えが倉庫営業に近いのだろうか。

「電気通信事業」
これは、子供の頃さんざんやらされた「計算」というものをコンピューターに任せるというものであり、ようするに「嫌なことを忘れる」という仕事である。
1940年代から1950年代にかけて、「数学というものを子供たちの嫌な思い出にしてやろう」というムーブメントが起きた。
まあ、口説き(倉庫)、計算させ(電気通信)、健康に配慮してもらう(保険)というなんとも贅沢な世界を渋沢栄一は残したものだ。
計算には「論理」「波」「宇宙」の三つが乗るかたちになる。
ただやみくもに計算を解こうと思わずに、この三つを思い起こす必要がある。
この大事な時期に海に行けとは言わないが、動画ぐらい見てもいいだろう。
さらに、「0から9まで」10個の金属がかみ合わさるのだ。
答案にはひたすら「論理」「波」「宇宙」を書いていかなければならない。
ネットで簡単に解くものではない。
重低音、浅い水辺が好きな人はいてもいいが、我々は通常「忘れたい」ものである。
コンピューターが計算してくれるのならば。
チューリングマシーンができるまでは、「論理」「波」「宇宙」を利用して答案を書いていた。
デジタル化されて、「論理」「波」「宇宙」を利用しなくても答案が書けるようになったら、ただひたすら「数学はつまらない」と言われるようになった。
ニュートン物理学ってのは「マンチェスターマシンだろ?」「つまらないんだよ」と言われるようになった。
本来、ニュートンは「倉庫事業」として口説き文句を考えていたが、それが今日のかたちになったのは、コンピューターのせいだ。
もちろん、人のイメージは「いかにコンピューター処理を経るか?」だとされているが、それならば、計算など忘れた方がいいと言われている。
一方、カントの口説き文句は、ドイツの倉庫事業としてではなく、道教、仏教、ヒンドゥー教、儒学という形で極東アジア地域に広まったものだ。
「どんどん倉庫に放り込め」というのが日本国の文学史でもあった。
人間は孤立した時に空を見上げる。
そんな時に、「女の子でも口説こうかな?」と思うものだ。
日本国で、文学が大流行したが、よりによってカントの出身地のバルチックの艦隊まで撃破してしまった。
現在でも、日本国の法学者はこの時のトラウマを引きずっている。
筆頭科目の英語と第二外国語のドイツ語では「読解力が違う」のに、ドイツ語にこだわっている。
カントは、労働者階級の小中学校に身を置き、そこには「官僚になりたい」という子供たちばかりで、やがて「宗教的に破綻している」ことに気がついた。
恐怖を感じることもあった。
「女の子を口説こう」
そのようにして少年カントは育っていった。
周囲の子たちが「罪を集め始めた」ため、カントはケーニヒスベルク大学に進学した。
カントがなぜ「叔父がスポンサー」だったのかは謎だったが、叔父の塾の先生を務めたからだとされている。
ここで、子供たちの前で教科書を読んでも意味がないことを知った。
教科書は読みたい奴が読め、自分は「恋の話」をしようと決めた。
日本国の「倉庫事業」はここから始まったし、私のブログはそもそもそれで成り立っている。
「教室」というのはよくできた空間で、先生が「恋の話」をしたら、男の子はフル勃起し、女の子は濡れ濡れになった。
その作業を教育に織り交ぜながら教えた。
本来「心ない」はずの叔父の金払いが良かったことがカントのキャリアを支えた。
カントは難解な哲学書を書いたのではない。
「塾の子供たちに話す」ことから哲学のキャリアを始めたのだ。
16世紀を使い果たすのに「6000年」かかったと言われたが、カントの講義のおかげで「地球が回り始めた」とも言われる。
何もかもが当たり前で淡々と時間が進んでいるわけではない。
10のマイナス5乗がビッグバンが起きた時だとされているが、それでも、哲学者の偉大さ、倉庫事業のすばらしさは忘れてはならない。
プラトンが音楽作品を作り、アリストテレスが「女」を作り、トマス・アクィナスが「王になる方法」を考え、カントが子供たちに教えたいことを考えた。
カントは、叔父から支援を受けるために必死に「恋バナ」を考えた。
どんな人が東大に受かるのか?
「人気のある人だ」
どんな人が出世するのか?
「人気のある人だ」
しかし、人間には「真心の源」としての肝臓があった。
エリート意識を持つと肝臓を悪くし、真心を失う。
どのみち肝臓と向き合いながら紆余曲折の人生を生きていかざるを得なかった。
さて、何をやっても面白くないシッダールダが最後にたどり着いた境地が、「コンピューター処理された女性を、犯して人間以下の扱いをする」(Q.E.D)というものであった。
そのため、コンピューターは飛躍的に発展したのだ。
美魔女の写真を見てもらいたい。
明らかに「コンピューター処理された」女性であった。
このあたりを女が狙えるかどうかであろう。
なお、今日、女性に「コンピューター処理ってどうやるの?」と聞かれた。
基本的に「赤い髪で太っている」の逆を張ればいいとされている。
太っているのならば髪を黒に、もはやモデル体型ではないので、モデルの髪形は禁物だ。
ライクアヴァージン

また、「お薬手帖」はパーコードシステムで医学情報を集めるのと同じ意味を持ち、「コンピューター処理」だと言える。
私も、白髪を染める、お薬手帖を持つことは心掛けたい。
あと、良かれ悪しかれ「芸能人」ならば、医者も「助けてやれば大金星」とは考えるそうだ。
ビートたけしのように「分かりやすい症状」を示す必要があり、「分かりません」となることもある。
芸能人でも性格がいい人は美しいね。
いろんな医者からいろんな薬をもらってコレクションしていると、少なくとも「医者は混乱する」とされ、「コンピューター処理」にネガティブに作用する。
また、お薬手帖は、医者が「俺が決める」「俺がやった」と言うのに有効であり、このことは自分の身を守ることにつながる。
そうでなければ薬が倍々ゲームになる。
薬の「OD」や、相互作用の検証も「コンピューター処理」である。
暗い部屋で、パソコンやテレビだけをつけながら音楽を聴くのはやめよう。
音楽というのは案外刺激が強く、暗がりの光で顔が黒くなる。
これも「コンピューター処理」と言えるであろう。
国境を超えた「オンラインチャット」も好ましくない。
あとは「食べ物に混入している毒物」で相当老け顔になるね。
まあ、細かいことを言ったらキリがない。
要するに「太った体に赤い髪」がいけない、特定の医者に「業績」(おカネ)を与える意思表示をしないのがいけない。
眠らないのがいけない(暗がりのパソコン、国境を超えたオンラインチャット)などは明らかだ。
あと、インターネット上で「なんら生産的ではない雑談」を延々としている人はHIVなんだなということが分かる。
HIV陽性が出ると「笑顔がうまく作れなくなる」とされ、これも「コンピューター処理」と言える。
また、その人の過去ログを再掲示する(バックプロジェクション)と、骨密度の低下などいろいろなことが分かる。
「昔の方がすごかった」となると骨密度が低下しているのだ。
また、いつものメンバーと昼間にネットで話していると音楽を聴きたくなり夜中でなければ健康にはいい。
しかし、他の教団からの侵略などで「広さ」を変えたくないとみんな考えている。
広さが変わるといろんな人が撤収してしまうようだ。
平成の時代に「国連平和維持軍」が編成できなかったことは忘れてはならない。
「1人の指導者」を絞り切れないとそうなる。
試験(質問責め・尋問)というものが「女を奪う行為」であることから、「女子たちに人気のある人」が東大に受かるのも当然である。
質問返し禁止というのも案外あざとい。
数学の問題は「宇宙」「波」「論理」によって解くとさせていただいたが、出題者に「女を献上する」覚悟は持ってほしい。
龍樹の「中論」は「欲しがるな、そうすればお前はハイウェイスターだ」という教えだが、その境地になるためにはモテなければならない。
ハイウェイスター

龍樹はまた「エルサレムを尊敬しろ」とも言っている。
モテ方は、キリスト教頼みか?
海でも、かつて日本国は「領海三カイリ」あとは公海自由の原則を主張していた。
目で見える範囲のことを「ペリメーター」と呼ぶが、国際社会は日本国の主張するペリメータールールを「排他的経済水域200カイリ」などという議論で封じ込めてきた。
ようするに「目で見る」という営みそのものが「コンピューター処理」されているのだ。
自分で鏡を見て「これでいい」と思ったら、それよりも「30度」暗くしてみよう。
自分の美意識と世の中の美意識はそれほど異なるものだ。
「赤い髪」「茶髪」時には「緑色」などの髪の色はあるが、男性の目は女性の目より「30度」暗いのだ。
女の好みと男の好みの違い。
バスルームでダイアリー

視覚的には「禿げ」というのは「脳が死んでいる」と女が判断する。
カツラや植毛は極めて「コンピューター処理」されたイメージづくりに有効だ。
だいたい「靴下を履いていない」女性は糖尿病であるが、素足にミュールを履いて結構きれいな人もいる。
「緑内障ではない」ことは見た目で判断できる。
男の方が女よりも「明度が30度低い」とさせていただいたが、確かに私のスマホは画面の明るさが30度低い設定になっている。
女性はこれを全開にしているのだろうか?
それならば「イケメン」というのは「オカマ」と同じ意味ではなかろうか?
恋が愛にならない理由もここにある。
恋と愛

音にも「明度」ってあるらしいです。
松田聖子

中森明菜

「明菜の方が30度低い」
女子たちの支持を得たいから「聖子ちゃんが好き」だっただけなのだろうか?
アニキの支持を得たいか(中森明菜)、女子たちの支持を得たいか(松田聖子)つまり、メイクさんはオカマでもいい、ということになる。
「ネコになるためにはカネが必要」
妄想ガールフレンド

カリタス女学院という金持ち子女が通う女子大の女が「ブサイク」だった。
おそらく「カネを必要としていない」「そもそも結婚階級ではない」のかもしれない。
貧しい女が「男を二人転がして」カネを得る、さらには父親からカネを得る、
祖父母からカネを得るなどして「ネコ」になるのだろうが、松田聖子は「豊かな農家」「豊かな食生活」から形成されており(マルクス主義労農派)その道は険しい。
地獄の沙汰も金次第。
女友達にカネを握らせなければ女は「ネコ」になれないのだ。
30度論争は、マルクス主義労農派(豊かな農家)と講座派(工業)の二元論を経て第三次産業に流れ込むものと思われる。

男女が「コンピューター処理」されていると、異性の「マスターベーション免疫」が刺激され、異性のズリネタにされる。
これはつまり「利益」と呼ばれ、見た目が55%、声が38%、話の内容が7%の意味を持つとされている。
もっとも、「電話」においては「声の好印象」は話の内容よりも大事であるが、話の内容で女を口説けなければ意味がない。
鏡を見る習慣をつけて声を良くしていかなければならない。
鍛えられた肉体、ハンサムな顔から「声」は作られる(バリントシンドローム)。
あるいは女性ならば「美しい胸」「ペニバンで同性を犯したことがないこと」などから「女らしい声」は作られる。
オナペットというのは「コンピューター処理された女性」を人間以下の扱いをするというところに秘密がある。
オナペット

いろんな病気が治ってしまうのだからオナペット大賞に選ばれるというのは誇りに思っていいことである。
どこまで狙えるかは女子の「確信犯的知性」に委ねられている。
まあ、オナペットというのは「お風呂に入る雰囲気」を常に意識しなければならない。
シャワーシーン 

「割賦販売について」
基本的には国際関係論(どの国の学問で自分は育つのか?)と深く関わり、その強さを証明したり、失敗したり、あるいは「常勝思考」になったりしながら、女と付き合うことを言う。
背景にはルネッサンス(出世しても殺されない社会)があり、日本国にとって、それはアメリカ合衆国によるガス革命以降のことであったであろうか?
多くの国があるが、誰もが高度な教育を受けることができるとは限らない。
ドイツ語の「病的言語」のような翻訳を真面目に読んでいる人もいるのだ。
実際は「天皇」という存在に対して、二つの流派に解釈論争は分かれ、時に体系化するものもあり、その下にまた二つの流派ができると言うように、天皇という存在は「案外庶民からは遠い」存在であった。
「外国語学習の深さ」が異なったのだ。
「神の秘密」が誰にでも理解できるものではなかったから、その地位は想像以上に盤石なものがあった。
読んで、女に話して、笑顔を確認して、だんだん仲間を増やしていく。
これが割賦販売法であり、キャンパスでは常にこのことと向き合って過ごすことになる。
片思いの終わりに

「ローン提携販売」
これは、天皇の言っていることをパリの社交界に紹介する営みを言う。
実際は天皇の失脚を狙って始めたことであっても、いつしか意味が理解できるようになっていた。
実際は、多くの企業に親戚や友人を送り込んでいた天皇が、その肉声を各企業や政財官界に知られるようになる仕組みをローン提携販売と呼ぶ。
パリが聞こえる

割賦販売法において、外国語への理解力からその地位の安定性を語らせていただいたが、ローン提携販売は、天皇信者ならばローンを組んでもらえることから、ローンと提携する形で天皇の肉声が拡散していくことを言う。
「天皇を中心とする神の国」とも言われた。

「前払式特定取引」
これは、多くの出来事に直面し、「アイツならばどうする?」と考えることをいい、その論壇をも含むものとなっている。
天皇はこの前払式特定取引においてこそ、各企業や政財官界に影響力を持った。
「天皇ならばどうする?」という発想は、その思考形態を真似するものであり、必ずしも「天皇本人」ではないため「前払」と表現するようだ。
このおかげで「寿命が伸びた」「痛みが軽減された」などの効果があるため、各企業や政財官界、さらには子供たちの間で採用されている。

「無店舗販売取引」
これは基本的には「ゲレンデの恋」のように住所を知らないもの同士が付き合うことを言う。
訪問や通信の規制がなされているところである。
ディアボーイ

「荷為替信用状」
これは、他者へのアドバイスや雑談をしていて「それ、誰が言った?」と言われるほど心に響くことを言う。
これも「天皇制」を支えている。
恋の対象になったり、女2人の奪い合いになったりするため、案外、重要性を持っている。
人格的統治者である「天皇」は、誰もが務まるものではないのだ。
愛が止まらない

「代理商および特約店」
代理商というのは、企業のためにひたすら「見解」「論文」を出し続ける者のことを言い、特約店というのは「それを多くの企業にばら撒いていいのか?」という問題意識から生じている。
ブログを書いていると、皆、代理商であるが、企業によっては「版権の問題がある」として特約店への道を模索し始める。
学生ならば皆、代理商(ブログのライター)から始めて、特約店(就職)へという道を進むのが正解だ。

「コンパニー(会社法)」
さて、企業や社会人は「グレーの世界」と言われるが、最終的には「音楽作品」のセールスとオリンピックという形で、いろんな意味で「白黒のつく」世界が出口となっている。
仏陀は、牢屋に閉じ込められた王に対して「草(女性アイドル・妖精)が友達になってくれるだろう」 と語っている。
雑草という名の草はない(昭和天皇)とも言われている。
官僚制というものは、時に「サドカイ派」の温床となったが、 金持ち(パリサイ派)が国のありかたを決めるという民主主義よりも優れた側面があった。
官僚というものは「音楽を愛した」し、それでいながら、日本国は「君主制」を採用している。
君主の「音楽作品へのこだわり」は、サドカイ派(オカマ・官僚)とパリサイ派(ノンケ・民間人)の双方から支持を得た。
音楽作品を解釈する力を持たない者はそもそも君主にはなれない。
どんな仕事をしていても「音楽作品」の解釈能力を競わない男たちはいない。
妖精物語

パリサイ派(ノンケ・民間人・政治家)は「西方の人」と呼ばれ、ビザンツ帝国は、サドカイ派が「帝国を割った」のである。
東方教会(正教会)は、三位一体を否定し、イエスのカリスマ性を否定し、いじめを否定した。
昔から、ナチズムとスターリニズムが喧嘩していたようなものだ。
西ローマ帝国と東ローマ帝国は、紅白歌合戦の紅組と白組のようなものだった。
まあ、どちらにせよ「いじめっ子」が水(庶民)になってくれれば好ましい体制であった。
職場の同僚とカラオケに行って「歌の解釈」ができるものがいたら、なんだか豊かな気分になる。
特に「上司にしたい人」と呼ばれる。
金融というのはこのような「コンパニー(カンパニー・会社)」によって支えられているが、最終的には「来年のオリーブの木の果実」(出生率)を上げなければならない。
特に、正常な婚姻関係にある男女の間の子(特殊出生率)を上げるのが目的だ。
オカマはカラオケに行っても「音楽の意味」を語れずに「今日はダメだな」とか言い出す。
タイトルだけみて「検面調書」を読み上げ、オーディエンスに歌に聞き入らせなければならない。
アーティストは案外、検察官の言うとおりに供述するものだ。
検面調書はカネであり出世である。
忘年会で上司が歌った歌の解説を年賀状に書こう。
国語などで「長文読解」などがあるが、読むためのコツは「今まで読んできたものを引き続き読む」ことが理解力の秘訣である。
いちからやり直したのでは何も分からない。
その文化に染まっていなければならない。
医学書も哲学書も同じである。
そのため、私は常に「女心の話」をするように心がけている。
アリストテレスは、おカネとは「交換できて、貯められて、女が買える、さらに金額が数えられる」ものとしている。
私は従来、おカネとは「金額が数えられ、女が買え、どの女にも通用する」もの、と述べてきたが、アリストテレスは「女が貯められる」という観点を指摘してきた。
おカネが「金本位」(男本位)なのか「銀本位」(処女本位)なのかは議論の余地があるが、女が感じなくなればお金は紙くず(インフレ)ということは指摘していい。
社会全体の女が感じなくなるなんてことはちょっとわからないとし、また、女たちの羞恥心にも配慮し、
「特定の女からもらった貝殻だよ」「国がそれを金と交換するか原油決済に使うかの政治判断を行ってくれているだけ」という立場もある。
しかし、それならば「印刷機が回る限り」お金が発行できるとも言われている。
まあ、「政府の個性」に頼りすぎる危うさはあるが、大国の興亡とは、所詮「歴史上の人物」に依存したものではないかという割り切りもある。
イエスキリストは「殺しちゃダメー!」と言われるため、社会契約論に立脚したものという考え方も成り立つ。
また、効率的な給料の支払い(人々を動かすこと)と、効率的なおカネの使用(人を殺さないこと)などが指摘され、この効率性を噛ませたものが株式市場や債券市場であり、「単純に女の値段では決まらない」という指摘もある。
適切に人を動かすことと、人を殺さないことという要素がなければ、印刷機がひたすら回り続けるだけだとされたのだ。
そこに「女子高生の祈りの威力」も加わり、金融というものはかなり難しいものとなっている。
印刷機の「無限」と、女子高生の祈りの「無限」が絡み、人を適切に動かす、人を殺さないように、通貨は発行しなければならない。
女を買うためのおカネ、貯めるためのおカネ、であっても、人を適切に動かす、人を殺さない、さらに「印刷機の無限性」「女子高生の祈りの無限性」が絡み、さらに「歴史上の人物を殺さない(イエスキリスト)」「特定の女でも貝殻は男性に渡すことができる」ということを踏まえて、我々はお店で「金額の発見」を行う。
多数派だったころの俺などというノスタルジーも金額に絡んでくる。
かなり「人生経験」を積まないと金融は分からないのだ。
「19歳まで処女でいた方がいい」「祈れば印刷機の無限性にタカれる」などという「伝説」もある。
トラディション

「値段の発見」は案外柔軟性のあるものであり、「人を適切に動かす」「人を殺さない」あたりしか考えなくても、企業(カンパニー)としては一向に困らないとされている。
特定の人の資産を不公平な形で膨らませる金融政策が嫌われるのであり、大雑把に言うと「女子高生の教育への配慮」がもっとも重要であろうか。
感じなくなったらおしまいだ。
「こんな作業、会社にとってどんな役に立つんすか?」と思ってはならない。
「適切に動けば」「言うことを聞けば」いいのだ。
あとは国全体の金融に飲み込まれている。
あとは「男性崇拝」(宗教)にもカネは集まるが、メンバー全員の一体感を求める「聖母マリア」がいなければ男性崇拝集団も分裂するだけだ。
エリザベス女王は、アメリカのリーマンショックを「サドカイ派の存在を知らない」と予測していたとされている。
オカマがワーワー叫び始めてクレジットクライシスは起きるだろうとしていたのだ。
まあ、天皇陛下の言うことを聞きたくないのならば、一生生活保護は覚悟してもらいたい。
フロイド・メイウェザー

テモテ1 6:10 お金は諸悪の根源である。
これは、「芸能界の誕生」「ミクロ経済の誕生」を意味している。
印刷機の無限、処女の祈りの無限、だけでなく「芸能人」という厄介な存在が生み出された。
カントは「女の子の口説き方」を考えたが、新カント派は「だったら女性芸能人を口説いてやるよ」と考えた。
福祉の誕生であり、「プロ」の誕生であった。
プロが生まれたら、「モテる方が賭けに勝ちやすい」ことからカジノが誕生している。
パチンカスはこのようにして生まれた。
エンロンは「言うことを聞く相手」を間違えて倒産している。
誰の言うことを聞いていいか分からないという問題を解決してくれるのが銀行でもある。
松田聖子財閥、小泉今日子財閥が生まれてもおかしくはない。
インサイダー取引とは「ビブ」(バックトゥザフューチャー)のように、「自分だけ正解を持っていて公表しない」ことを言う。
インサイダー取引をなくし、政治家の肉声を公表するだけでもいい経済効果はある。
もう一度言うが、2008年のリーマンショックは、これらの情報への理解力すら持たなかった「オカマ」(サドカイ派)が大騒ぎしたために起きたのだ。
さらに、「社会のカルト化・モザイク化」も、これに悪影響を与えた。
まあ、このようなおカネの仕組み(政治とカネ)を見ていると、「恋の話が得意なおじさん」が出世していくことが分かる。
ガストロンジャー

このたび、伊勢神宮さまの理論を作らせていただきました。
「お金の仕組み」を明らかにさせていただき、お金の印刷機は無限に回せますし、女子高生の祈りも無限性を持っています。
この二つの無限性を考えると、お金を刷りすぎると女子高生の教育上良くないとか、所詮、お金とは女を買うためにあるものであることから、女が感じなくなったらただの紙屑だとか、人を適切に動かす、あるいは人を殺してはならない、という観点がお金には必要なのかな?などとさせていただき、「政治とカネ」とは、「恋の話に詳しいおじさん」がいちばん偉くなるのかなと考えさせていただきました。
このたび、これらの研究を踏まえて、「アマテラス」=処女の女子高生とさせていただいた方が、いちばん、財界の方々も喜ぶのかなと思いました。
さらには「天皇陛下のために働く」あたりでしょうか?
延暦寺さまは「宇宙や大自然のエネルギーを集めれば元気が出る」「恋の話が得意なおじさんが出世する」あたりがこの「資金」に絡む方法なのかな?とさせていただきました。
ときめき

 
また、山王カルト(日吉大社・日枝神社)は、女の子を口説く達人である天皇陛下のご長寿をお祈りする場所である。
また、金光教も、私の祖先の小野光右衛門と、川手文治郎が「二年間」女の口説き方を話し合ったとされている(金光教ホームページ参照)。

「紅白歌合戦の楽しみ方」
女性ボーカルがどのように「男根崇拝」をしているかをノートにまとめる。
「写真を撮りたいの」「大切な思い出」「好き」
take a picture

 
男性ボーカルがどのように「女の失われた男根」を歌っているかをノートにとる。
「濡れてないかと気にかかる」「有楽町で会いましょう」
有楽町で逢いましょう

ラカンはひたすら「シンボリック」(女性ボーカル)と「イマジナリー」(男性ボーカル)を歌わせた。
紅白で誰かノートを取っておいてくれる?

男根崇拝。
「車はどこに進む」「明かりを灯して」「せめて君に届くように」
明け星

 
「出会いは胸騒ぎ」「エキゾチックジャパン」「見つめ合うレーザービーム」「素敵なことを探している」「花びら震わせている」
二億四千万の瞳

「夕焼けが飲み込んでしまいそう」「うちまで帰ろう、1人で帰ろう」「君がいなくなったら気だるい」「最後に猫になった」

「どっから飛んできたんだ、流れ弾」「動画投稿中」「ターゲットになりませんように」
流れ弾

ソシュールは、「新しい表現が次々と生まれる」シンボルに対して、「これが法律なんだよね」と言った。
同じ鬱になるのでも、法律書よりはよほどマシだった。
ウォークマンやiPodの各人の「多様性」まではついていけない。
しかし、自分のMP3を職場に持ち込んで、
ひたすら「シンボル」(女性ボーカルが歌うちんちん)、「イマジナリー」(男性ボーカルが歌う、女の仮想ちんちん)について一日中、文字に起こし、上司に「これは素晴らしい」と言われることがあるのが仕事なのである。
会社法の次は「仕事」について語らせてもらった。
今年の紅白歌合戦を見てもらえれば分かると思うが、今は、聖子ちゃんや明菜ちゃん、さらにはribbonやCoCoの時代とは異なる。
ソシュール言語学の時代であると言える。
どの国のどの時代にもある「はじめに言葉ありき」である、ソシュール言語学であるが、男性のシンボルをどのように表現するかは、女性たちの記憶として「楽しかった」とされている。
しかし、なぜ令和のこの時代に「言語の再編」がなされているのかは明らかではない。
まあ、紅白歌合戦で、紅組の「シンボル」をノートに取るか白組の「イマジナリー」をノートに取るなどしたら、ブログでは人気が出るだろう。
曲目はすでに公表されている。
あるいは、意味不明な言葉が流行する時代に「独裁体制」を作り上げる時期に「ミラーステージ」という言語統一運動が起きるとされている(毛沢東など)。
息子に「大きくなったね、お父さんのようだ」と言って、平成の何もなかった時代を正当化する動きでもあった。
音楽作品の制作サイドは「やることはもうないよ。ちんちんでも歌うか」ということからソシュール言語学の時代に入っているが、それも「J-POPの総括」を権力者が行ったからである。
やることがなくなったら「おちんちん」と叫ぶしかないことは子供でも分かる。
それを音楽作品の制作サイドはやり始め、それと足並みをそろえるように権力の階段を上っていったのが私であった。
他人を人間として扱わないとなかなか起きない現象が起きたのだ。

「なぜあなたが時計をチラッと見るたび、3・2・1」「泣きそうな気分になるの?」
赤いスイートピー

昔からあったかなぁ。 

さて、会社法においては「国全体のおカネの流れ(印刷機の無限性・女子高生の祈りの無限性)の中で、「誰の言うことを聞いて動くか?」という観点が会社においては極めて重要なわけであるが、在日朝鮮人のように「天皇陛下の言うことが聞けない」「各省庁の言うことが聞けない」連中はいるわけであり、端的に言うと「ベッドの上で美しいセックスができない」あたりが「差別」の温床となっている。
朝鮮学校は日本国の大学への「接続」を行っていなかったりして、「恋の話が得意なおじさん」の言うことが聞けない、読めないなどの怒りはあるだろう。
部落民は、「家に下水がない連中」と定義できるが、お風呂に入る習慣がなければ人は脳腫瘍になる。
脳腫瘍になったら「21センチから27センチの文字列」以外読めなくなる。
いずれにせよ、天皇陛下や政治家の「恋の話」と接する機会はない。
このことが、彼らの「会社」を、国全体のおカネの流れから疎外している。
沖縄の人は「エスニック」であり、第二次世界大戦において、日本軍の食糧確保のために島民に自決を命じていたりして「天皇の言うことが聞けない」などの問題は残された。
「ベッドの上でセックスしない連中」を、国内のサドカイ派が排撃したりして、問題は極めて難しい。
国内医学部は少なくとも「差別された存在」の入学は許していないし、法学部は「合格のためのハードルを上げる」という対処法を取っている。
日本国には、天皇を頂点とする「カネの流れ」があり、そこから排除されると、多くの不満がたまる。
サドカイ派同士の対立もそれを根の深いものとしている。

いじめというものは「立場の強いものが弱いものに怒り、弱いものの周辺から異性を遠ざける」ものです。
さいわい、私は女には困っておらず、
それでも、シロッコさんの「女王の地位の守り方」を理解したところです。
上司というものは「女よこせ、カネよこせ」という案外不合理な理由から怒ります。
怒った後に「理由を考える」ものです。
最悪の選択肢は「仕事をやめてしまう」ことです。
私は「社会性」を持って対処しましたが、スレをシロッコさんから委ねられているからであり、本来、「出世の天井は低い」のです。
いちばんいいのは、「上司に怒鳴り返し、地方に飛ばされる」ことです。
上司がいなくなった後にその地位に呼び戻されます。
「よく話し合いましょう」これも出世しないタイプだ。
社会人の皆さんへ。
世の中モテてなんぼですよ。
リゲイン

 
社会生活を考えるうえで「無意識」というものを考えなければなりません。
我々は「無意識」つまり「眠っているときの夢」をどれほどいいものにするのか、を考えながら「女の取引」を行っています。
眠りをいいものにするために、上司は部下に怒ります。
「無意識」と「女の取引」を考えなければ「カネの流れの全体像」は分からないのです。
「聖者は出世しない」「少しぐらいはモテてもいいから」
人生ってそんなもんだろ。
Will you marry me

通常、社長がグラついた時に、部下がどのような行動をとったかを内通(琴さんのように)するものを、中間管理職に置き、組織全体の一体感を訴えた女性(美魔女さん)を幹部に抜擢します(聖母マリア学)。
私の、「アメリカの行政学」をマスターし、さらに、他の記事を読んで「女子たちへのモテ方」を学べば、案外、会社というのは楽しい場所となります。
さてさて、松田聖子の10万BOXが届いた方々は、彼女を生涯の友として出世に用いましょう。
「人はどんな時に写真を撮るか?」
「大人たちが悔いを残した時である」
セックスに近い男女は笑顔を見せる(大人たちの悔い)。
ヌードにも大人たちの悔いが残されている。
そんな時に「写真を撮る」のである。
駅員も失恋した女に「大人としての悔い」を残している。
続・赤いスイートピー

 「子供だったから写真を破った」「大人としての悔いを残したいからまたテープで繋げた」
写真大好き日本人。
蒼いフォトグラフ

上司が部下に怒るというのは「女を奪う行為」である。
「質問責め」(インタビュー)というのも女を奪う行為である。
ヒーローインタビューというのは、ゲームで女にモテた男が「おカネをばらまく」行為である。
そのへんは「お約束」というものだ。
カタチから入ろう、出世の道。
ロックミーアマデウス

おカネ(女)の用意ができていない人は、尋問を受ける前に目がショボショボしてくる。
目薬は社会人の必需品かもしれないね。

「サーチエンジンがどのようにセックスにつながるか?」
Google

ENIACや、UNIX「の時代は「電話番号を聞いて口説く」のが基本であった。
Web2.0の今日においては「女に関する情報は、広告のリンクを踏みまくらないと見つからない」とされ、これがGoogleの資金源になっている。
「女はおカネ」ということを広告が学習したのだ。
UNIXの時代は「電話番号を聞いて口説くのがうまければ」女と会えたのに、今は「課金の山」となっている。
このあたりは、「口説き文句をセールスにかけて」から、広告のリンクを踏めという具合に少し面倒になっている。
それでも、女性のホームページやメールアドレスを探知できるにとどまり、所詮は、私のように「女性の心をつかむYouTube動画と解説」を送るしかないとされている。
まあ、男の性欲を利用するのならばGoogleは有料化の時代となっているのだ。

「アメリカ合衆国建国」
そもそも、Google社が、アメリカ合衆国建国の意味をよく理解していた。
ネットで「ビクトリア女王」(ヴァージニア)を探そう。
「初めてなの」と言われたら嫁にしよう。
トマス・ジェファーソンは「母が父より先に死に、健康を害した」のである。
父が何かの仕掛けをしていたのだろう。
父が亡くなり、健康が回復することが分かった。
「失うものが多すぎる」
アメリカ合衆国にとって、アジアの「母」とは韓国であったし、「父」とは中国であった。
日本国は、職場の上司である。
もし、日本国の内閣総理大臣が「アメリカ崇拝のメッカ・靖国神社」に公式参拝したら?
「母の死を意味する」(失うものが多すぎる)。
父は「大人の対応」という名の制裁を与えてくる。
内閣総理大臣の中には「彼はアメリカ合衆国を知らなさすぎる」という危ういものが多かった。
ネットで「ビクトリア女王」を探すのは「もし母が父よりも先に死んだら?」という問題を解決するためであった。
なぜ、彼女が必要なのか?
母が父よりも先に死んだときに地獄を見ないためであった。
当然、嫁が「義父」(父)に関係を迫られるのを覚悟していた。
まあ、ご老体になっていただければいいだろうが。
ネットに広告が必要な理由もここにあったし、YouTubeもかなり永続性を持ったものだった。
「なぜ、若い男は女を探すのか?」
母が父よりも先に死ぬことがあるからである。
性欲だけでは必ずしも説明がつかない「欲求」であったし、父に殺されるという恐怖感があった。
なぜ、日曜日にダウンタウンの教会に行くのか?
可愛いあの子と会えるかもしれないからだ。
「父の息子殺し」は聖書の常識であったし、そのために男は女を必要とした。
プロポーズ

さて、電通はGoogleの広告から女を探知できるようにして、出会いの場を作っていると言ったが、ネットで処女なんて見つかるわけがない、と考えてはならない。
「選ばれるのを待っている」処女は確実にいるのだ。
しかし、彼が送ってくるYouTubeとその解説を丹念に読み、「お相手選び」を行っている。
男は、妻に求めるもの(裁断的判断)と、女友達に求めるもの(裁量的判断)は明らかに異なる。
裁断的判断に耐えられるような条件を作って「選ばれるのを待っている」のである。
男を「あしながおじさん」と呼んでいた。
男は、性欲だけでなく「母が父よりも先に死ぬ可能性がある」から彼女を必要としている。
Google社や電通は「アメリカ合衆国憲法」の研究から会社が始まっている。
「母が父より先に死ぬ可能性がある」「父親による息子殺し」この二つから「自由の女神」というものは作られている。
「男はなんのために勉強するのか?」が明確になったのだ。
小学校では「ホメーロスの詩」しか学ばず、それでいて、大学で「何をすべきか?」が明確だった。
トマス・ジェファーソンは「自由の女神のためにいくら払うつもりだ?何を勉強するつもりだ?」と言ってアメリカ合衆国のアイデンティティを明確にしたうえで「独立宣言」の起草へと突っ走った。
「母が父より先に死ぬ可能性がある」「父親による息子殺し」
そのため「男の子は性欲の都合だけでなく人生のために彼女を必要としている」
これをGoogle社や電通が理解していたのだ。
「自由の国アメリカ」
それは自由の女神の意味を理解することから始まる。
「父なる神と、子なるイエス、そして聖霊」
アメリカのイエスはやたら「父」にこだわった。
すべては自由の女神のセールスのためであり、Google社や電通のアイデンティティでもあった。
男たちは「大学は女の口説き方を学ぶ場所」という割り切りがあり、YouTubeの解釈論争に明け暮れた。
タクシードライバー 曲

アメリカの黒人層は「自由になるためにはブラックミュージックしかねえな」と考えた。
今だに、日本国の音楽シーンにブラックミュージックは影響を与えているとされている。

さて、「自由の女神」(ビクトリア女王)を売るアメリカの企業とは異なる話が中国にはある。
大河ドラマ「青天を衝け」において、日本国が「領海3カイリ、あとは公海自由の原則」を主張していたことに目をつけ、中華民国は、日本国の大陸棚に仕掛けをして「関東大震災」を引き起こしてきたのだ。
そのあとに「募金」を送ってきている。
これに対して、渋沢栄一は儒学を研究したうえで「中国に水害を」引き起こしラジオで募金を募っている。
国際関係とは得てしてそのようなものだ。
我々は毎日、天気予報で「中国国営企業の考え」を見ていることになるし、天皇が「四方拝」を行うことは、「中国にしたがう」ことを意味した。
おかえりモネでも「天気の話」はやったが、中国の女性ネットワーク「チェカ」と日本国の女性ネットワーク「KCIA」のどちらが強いのかという問題となる。
今後とも研究していきたい。

中国語とは「17世紀に作られた言語」であり、正確には1668年にヤコブ・ゴールによって作られ、「中華帝国」というものが形成されてきた。
シャーマン(巫)などの文字が多く、さらに音楽のことを「楽」と呼ぶ。
音楽を楽しんで人を惑わすのならば日本ではなかったか?
そうである。
中国は、ベトナム戦争の時に「日本のもの」となっているのである。
日中平和友好条約などがこの時締結されているが、潜在的には「日本のもの」となった。
シンガポールのリークァンユが「中国・韓国・日本」などの地図を区分し、お互いに悪口を言わせた(シンガポール金融)。
しかし、「面白いものが勝つ」という意味では、中国は「日本のもの」なのである。
「天気をコントロールしている」という噂を流した私は、「面白過ぎんぜミスター朱」と呼ばれた。
ラッセルは、パリサイ派とサドカイ派の「統一の職人」と言われた。
実際に、サドカイ派は、恋の対象ではあったが、「災害に弱い」という特徴があり、「世界が終わってしまえばいいのに」という嵐(スサノオ)が、パリサイ派の手によって引き起こされ、アマテラスとスサノオは「大国主」と「ヤマトタケル」を日本国に遣わした。
大国主はパリサイ派であり、ヤマトタケルはサドカイ派であった。
日本国は「災害の多い年」というのは、「オカマがワーワー叫んだ年」であるとされ、言論の自由のあり方も自ずから整理されていった。
嵐の素顔

災害で死にたくないオカマは黙っておけ、とラッセルは言った。
なにしろ「ハザードマップ」を見てみても、オカマには「思い当たる節」が
あったため、ラッセルはそのようなイエスキリストの救い方をしたのだ。
「愛」を語らぬ者は「流れ弾」に当たる。
それは5ちゃんねる掲示板でも同じだった。
狭い殻に閉じこもり、そこにしか居場所がないため暴力まで用いた。
「嵐が来るぞ!」
という災害情報に怯えていた。
流れ弾

オカマがワーワー叫ぶと災害が起き、流れ弾がオカマにあたる、それが「ラッセル」が作り出した国づくりであり、日本国では、パリサイ派とサドカイ派は「大国主とヤマトタケル」と表現される。
大国主とは夏目漱石のことであり、ヤマトタケルとは和辻哲郎のことであるとされているが、夏目漱石は、本気で戦ったら「滅びるね」と語っている(こころ)。
核兵器はオカマのケツと女の膣に電気を走らせるものだ。
そこで、ラッセルとアインシュタインは、「核兵器廃絶」を唱え始めた。
お食事時に「料理担当」が電気にやられれば、街全体が火に包まれる。
あくまでも、パリサイ派(大国主)を不当に扱ってはならないという立場からの主張であった。
また、オカマは、元カノの鉢合わせし、お互い2人づつであっても、「豊かになった」元カノと金持ち彼氏に「不思議顔」をした。
FUJITSU

「祈り」というものは1903年から1908年の間に形作られたものであるとされている。
イエスは笑わらなかったし祈らなかった。
カネはあったし、オカマではなかったからだ。
出雲大社の大国主に祈るのもそれなりに意味はありそうだが、本人が大国主ならば祈らないだろう。
階級社会ではなかった。
宅地建物取引業者が「それだけ見抜ければ」いいことであった。
いじめられて苦しんだら「スサノオ」(嵐)にお出ましいただければよかっただけだった。
ラッセルの「戦い」はそのまま第一次世界大戦に発展していった。
オーストリアハンガリー帝国が滅亡した。
男が男を崇拝する「神」とはこのような「災害」によって生まれたが、パリサイ派(大国主)も、サドカイ派(ヤマトタケル)をうまく導くために「神」を必要とした。
「災害の多い一年でした」
平成天皇は生き恥を晒し続けた。
平成の皇后は「信者にできる人」を探して生きていた。
さて、会社法の立場からは、サドカイ派(ヤマトタケル)つまり「オカマ」は反共労務管理の対象にせざるを得ない。
なぜなら、会社は「暴力の場」ではなかったからである。
「しかし、子供に罪はあるのかい?」
原罪から生まれた赤ん坊が「ギャンギャン泣きわめく」あたりに「星」が存在するのだろう。
手のかからなかった子には父親は手を出さないらしいね。
ラッセルは、このようなサドカイ派・ヤマトタケル・オカマの話を「赤い本」で出版し、ロマンティックな口説き文句の話を「青い本」で出版した。
夏の短編

だいたい「神道」というものもまとまってきていて、世の中のおカネの流れは「二つの無限性」から成り立っている。
「おカネの印刷機の無限性」「処女=アマテラスの祈りの無限性」である。
ところが、処女におカネを大量に流し込むと、処女が性に興味をなくしてしまう。
このあたりに、「印刷機」の限界があるのかなと。
さらに、おカネは「人を動かす」ためにあり、さらに場合によっては「人を殺せてしまう」このあたりでも制約がかかる。
おカネとは「金額が数えられ、女が買え、すべての女に通用する」もの、さらに「貯めることができる」ものである。
しかし、女が感じなくなれば紙屑である。
人を動かすためにあると言ったが、「誰の言うことを聞いて動くか?」が大事であり、国全体のおカネの流れと指揮系統の動きを理解しなければならない。
アマテラスの「祈り」の無限性と、そこに馬の首を放り込んだ「嵐の神」スサノオが、パリサイ派の大国主と、サドカイ派のヤマトタケルを国に遣わし、
それでも、ヤマトタケルがワーワー叫べば、スサノオがヤマトタケル(オカマ)を災害で痛い目に合わせる。
なお、明治天皇というのは私の祖先の小野光右衛門です。

新年の神道体系所感 小野光太郎 世の中の治安は案外「心理学」に依存している。
天皇・内閣総理大臣から現場のスタッフまで一本のラインで指揮系統がつながっている。
春から冬まであっという間という現場のスタッフが上層部をクビにしたい場合は「金利を上げる」しかないことがある。
さらに「KCIA」の奥様方の「待ち時間」を利益にするためにも金利は上げる必要がある。
「KCIA」には「タイピスト部門」(女性たち)と「ファイリング部門」(男たち)が必要である。
株価が上がると「インフレ」「利上げ」「失業率の増加」の三つの危険性がある。
しかし、「KCIA」は雇用をしっかりやっていくし、女性ネットワークが株価を決めさらに、おカネに酔って感じなくなることは防がなければならない。
女性たちが感じなくなり、おカネが紙屑になることをインフレと呼ぶ。
物価はインフレとは直接的には関わっていない。
店は「音楽作品をセールスにかけ」安い品ぞろえを実現するものだ。
このあたりの「値段の発見」はインフレとは直接は関わっていない。
女性たちが感じなくなればおカネが紙屑になることをインフレという。
基本的に、君主=天皇が信用できる人ならば円はいくらでも刷っていい。
その発言に女たちが濡れ濡れになり、インフレになることはないし、
発行したおカネで君主が殺されなければいいのだ。
誰でもできるものではない。
アマテラスの寝床に馬の首を放り込んだスサノオのおかげで、アマテラスは岩陰に隠れてしまったわけであるが、「女心を歌う」「面白いことをやる」ことで、アマテラスは出てきてくれる。
「アナオモシロや」
これは、政治(女心を語ること)だけでなく、大国主のカネ集めや、ヤマトタケル(ジャニーズ)によって「愛の対象」にされることをも含むであろう。
金利とは「時間への愛情」のことである。
一日中ボケッとしているヤマトタケルと、毎日が充実している大国主のどちらが「時間への愛情」を持っているかは明らかではないが、
人々の信仰心への対価が金利であると言っていい。
金利を上げるというのは「日本人男の人気を高める」ものであり、円高になる。
外国に日本人男が行っても人気が高まるため、外国の商品を物色しやすい(輸入)。
しかし、日本国にいる外国人男の人気は低下するため、輸出産業は打撃を受ける。

なお、脱サラして「喫茶店」でも営みたいという人もいるだろうが、
基本的に、「時間が十分にあること」「男女の出会いの場であること」「女は男を追い越せないということを理解していること」の三つの要件を満たせば、手形が無料で使いたい放題である。
国のおカネの流れのどこに喫茶店を位置づけるか?
それはつまり「女将さん」が銀行との交渉係になることを意味し、女(女将さん)は男(銀行マン)を追い越せない、さらには「男女の出会いはすべて銀行のもの」とする必要がある。
なお、「法人登記がなされていない」という指摘が銀行からなされたら、
「看板を出していること、ブログを書いていることなど、社会に認知されていることが登記である」という必要がある。
君住む街

閑話休題:横浜のみねおかクリニックの小沢道雄って医者は無能な人間だな。死ななければ治らないだろう。

まあ、会社法というと「おカネの印刷機の無限性」と「女子高生の祈りの無限性」の二つの無限性と「誰の言うことを聞いて動くべきか」という議論であったが、
会社法の次は手形法である。
「脱サラしてやりたい仕事」「時間があること」「男女の出会いの場であること」「女は男を追い越せない、つまり、女将さんが銀行マンに業績を与えること」などの要素が揃ったら、成立すつものなのである。
創造説と言うと「愛の伝道者」にしたがうことを意味し、権利行為説というのは「恋の伝道者」にしたがうことを意味する。
創造説は主婦層の支持を背景にし、権利行為説は女子高生の支持を背景とするものだ。
恋と愛のニュアンス

閑話休題:みねおかクリニックの小沢道雄を誰か殺してくれねえかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石原伸晃に1票を。
自民党に寄付をお願いいたします。

2021年12月18日 (土)

イメージ。

「人のイメージの研究」
今や、テレビも地上波デジタル時代である。
映像はすべて「デジタル化」「コンピューター処理」を経ている。
つまり、人間の「おシャレ」「イメージ」も「コンピューター処理」を経ている必要がある。
私は「知性」はコンピューター処理を経ているが、何しろどこにでもジャージでうろつくものだから見た目というかイメージがあまりよろしくない。
そこで、アディダスさまとスポンサー契約を結び、「コンピューター処理を経た見た目」を心掛けたいと思っている。
I want you back

1900年代に「イエスキリストみたいな服装」をというアヴァンギャルドは研究が進められていた。
しかし、21世紀に入って「ファッション」というものは明らかに変わった。
ピーコすら「通用しないのではないか?」というコンピューター処理が進んだのだ。
「コンピューター処理」というと「データの蓄積」は当然想定しなければならない。
シベリウスの作曲や、マイクロソフトのワードなどが「コンピューター処理」された音楽作品や文章を生み出すようになったとされている。
デジタルゲームやデジタルシネマを楽しむ人は皆、「ファッション」にうるさくなっていた。
デジタルというと「0」と「1」の世界であるが、「データの蓄積」や「計算」が可能である。
この、デジタル処理を経たファッションというものは「階級の証」とも言われている。
シベリウス もみの木

デジタル・コンピューター処理は、今や都市計画にも用いられているため、「密度が違う」とされ、アナログ人間とデジタル人間の「イメージの違いは明らか」とされている。
通常、「ファッション」にこだわるのはオカマ(サドカイ派)であるが、何かが足りないノンケ(パリサイ派)が、「ファッションの秘密」に気がつくことを馬子にも衣裳と呼ぶ。
Bタイプが好き

しかし、デジタル・コンピューター処理された「ファッション」は、解釈芸術ではないとピーコならば反論するであろう。
スーパーマリオカートリッジに「RUN」を押して作り出したファッションをしかし、カリフォルニアのMOMA美術館は支持したのだ。
そこには、イタリアの職人の姿はもはやなかった。
「安い」「密度が濃い」「イメージがいい」ファッションはこのように「If」と「Then」から作られたのだ。
プログラミングを各ファッションブランドが競い合った。
ノレナイティーンエイジ

イメージングソフトウェアを「RUN」させただけで、豊富な選択肢が示されるため、まだ作っていなくても「サンプル」をプリントアウトできた。
これが、adidasなのである。
女が男を愛する気持ち「イエスキリスト崇拝」をプログラミングで利用したのは事実である。
そのような意味では「おかんが買った服」とコンセプトは同じである。
ファッションの世界が、コンピューター処理のおかげで「急にやる気をなくした」のは事実である。
しかし、営利目的の企業である以上、向き合わなければならなかった。
液晶モニターでイメージングソフトウェアを起動させる、そこにはイタリアの職人はおらず、カリフォルニアのシリコンバレーの技術者がいただけだった。
コンピューター処理を経たファッションを身に着ければ「お目当ての女すら落とせる」と言われている。
運命95

コンピューター処理が、ムービングイメージ(着こなして動く映像)まで映し出した時は衝撃だった。
人間は、「アナログ的生き物」である。
しかし、発言がコンピューターのように正確で、ファッションがコンピューター処理されている、さらには、都市計画はすでにデジタルである、ということから、このようなファッションがモテたのだ。
8ビットサブピクセルから、256種類の「女の色」を生み出し、ここに「男性崇拝」「イエスキリスト」をかけたら、1600万種類もの「色」が生み出された。
男性崇拝がファッションに与えた影響はそれほど大きかった。
大男の服はいくらでも作れる。
それよりも、思い切り小柄な女性にも似合うファッション・イメージを作れるかがファッションブランドというものであった。
あなたはデブでもいい人だから

LCD液晶モニターがあれば、いくらでも「試作品」を示すことができたため、ファッションブランドと取引先のやり取りも円滑に進んだ。
液晶モニターをフルに活用しないブランドはないと言っていい。
「動きのポテンシャル」まで考えなければファッションではなかった。
前かがみになるとパンツが見えるとか、制服だっていろいろ計算している。
時には「体操選手並み」を要求するファッションもある。
時には、アスリートに感謝されて、その機能性を讃える行動をとる人もいる。
adidasも、靴を掲げてトラックを回ったアスリートがいた。
また、コンピューター処理された洋服には「BGM]「音楽作品」が必要とも言われる。
It’s a fight

前かがみになるとパンツが見える制服にせよ、プラジャーが透けて見えるシャツにせよ、すべては「ファッションとは男性崇拝である」として色彩の多様性を生み出した「市民ケーン」に負うところが大きい。
また、色彩を依頼に応じてフォトショップで変えられるようになったのも、「二都物語」という小説に支えられていたから実現できた。
気がついたら、シリコンバレーのファッションの方が、「ブランド物」よりも「インプットとアウトプット」の量が増えていたとされている。
それでも「男性崇拝」「イエスキリスト」の名を借りなければコンピューター処理が支持されることはなかったであろう。
顧客と対話しながら作品を作ったという小説は「カラマーゾフの兄弟」が初めてであるとされている。
adidasとしてはこのことを忘れてはならない。
また、LCD液晶モニターには、オリンピックから障害者(パラリンピック)まで「すべてのシチュエーション」を、データとして示さなければならない.
我々は、旅行するときに、場合によっては滝の下の岩に立つこともあるのだ。
それらをすべて網羅しているのはオリンピックとパラリンピック以外にない。
さて、このような「いいイメージはコンピューター処理されていることからもたらされる」ということからファッションの議論は、始まるわけであるが、今後は、「なぜ人々は同調行動をとらないのか?」というベルクソンの研究などを始めなければならない。
100%の雨が降る

ベルクソンは、メルロポンティのような「お嬢さま」の研究や、ドゥルーズのような「女の子にちんちんがないことをどのように表現すべきか?」などを探求し、それは、いわば「スカート」というあたりで落ち着いている。
なんてったってアイドル

本来、ベルクソンは数学者としてデビューしている。
しかし、「心のエネルギー」という論文でアパレル業界にデビューしているのだ。
寸法を測ったり、人体の可能性を探求したり、モテたりする「哲学の世界」へと入っていった。
ナチスのスネアドラムと制服に我慢がならなかったし、男性崇拝と仲間という論文でノーベル文学賞をもらっている。
フランスがナチスに占領された時に、ユダヤ人だったベルクソンは「カトリックに改宗した」という噂を流している。
まるで、「その服カッコいい!」と叫んだ日本人デザイナーのようだ。
「男の人を喜ばせて何がいけないんですか?」というユダヤクエスチョンは常に持っていたし、それは洋服にも反映された。
ヒトラーの逆鱗に触れるのは当然だとも言えた。
20世紀の始まりは、このような「洋服の多様性」(ベルクソニズム)と、「女の子を口説く屋敷のお坊ちゃん」(現象学)の二つの流派から始まった。「時間と譲れない夜」という論文でカントを攻撃したりもした。
カントとは「結婚」という制度を考えた人物である。
ナチス 行進

ベルクソンは、カントを批判し「女の子の譲れない夜」の問題を解決しなければ処女(純粋理性)も生まれないではないか、とし、スカートを利用してうまく導く必要があるとしている。
あとはジャニーズでも聴くしかないと考えたのだろう。
永遠に友達

「女の子」に気がつくかどうかなんだよな、国家ってのは、とも語った。
日本国は「源氏物語」で先進国入りを決めた。
時間と譲れない夜において、ベルクソンは「女の子は群れる生き物」と定義した。
「苦しみとは何か?」そして、「青年の苦しみとは何か?」まで明らかにしたのだ。
ミスチル

仲間の源と男性崇拝へ、という著書も明らかにしている。
まあ、洋服(アパレル)をやるのならばこのような基本を押さえておかなければならない。
お前の国には可愛い「女の子」がいるんだってな、というのを「サイケ国家」(先進国)と呼んだ。
ここでようやくベルクソンは「カントに心を開いた」とされている。
「女心の誕生」であった。
カントもドゥオーキンも「女子高生」しか見ていなかった。
小中学生にまで目が行き渡らなかったのだ。
今ではもちろん「スカートの丈」まで先生は測定して「お前は女の子なんだ」と教えているが、何もかもが当たり前ではなかった。
サヨナラ失恋ピエロくん

さらにベルクソンは「おばあちゃんが”女”でなければ女の子は女になれないのではないか?」とも指摘している。
「男性崇拝」(宗教)というものは「女たちを作ることが先」であり、その後に国家が取り組むべき問題だと考えられている。
女が男に「触らないで」と言えるのは遠い夜明けのように思えた。
YADA

また、「結婚」という制度もこれらのことから視野に入るようになり、すべてが、今でいう「セブンティーン」「ポップティーン」「ランズキ」などからもたらされている。
女の子がセックスを嫌がっている、という「嘘」もプロパガンダにかけた。
ソビエト連邦がヒトラーとどのように戦ったかは、「為替」という論文で私も述べたが、フランスのレジスタンスも同様に「戦っていた」のである。
女の扱いが分かってないのよ(フランス人女性記者)。
塩村あやか都議会議員の事件の時の発言。
ニュース映像

「結婚しきれない女がいる」
こんなことはナチスとの戦いで知り尽くしていた。
先生たちは、「スカートの丈を短くする女子生徒」を内心笑ってみていた。
およしになってねteacher

アパレル業界は、「おばあちゃんが孫娘の洋服のためにいくらでもカネを払う」と見通していた。
付録付きの雑誌なんて無料に近かった。
「クリエイター進化論」というものもアパレル業界で流行した。
とにかく中学高校生は制服を着なさい、GHQの指導であろうか?
その真の意味を理解している人は少ない。
クリエイター進化論というものは、フランスのナチスへのレジスタンス運動とミラノの富が結びついて生まれたものだ。
しかし、今ではスタンフォード大学だけが全体像を握っている。
動物は絶滅を繰り返しながら存続しているが、人間は「クリエイターが存続させるもの」という立場である。
哲学さえ明らかにすれば、洋服に詳しい家族や親せきなどに「アパレル事業」を任せることができる。
ベルクソンは、全米史上初めて「ブロードウェイに渋滞を引き起こした」講演会を行っている。
ナチスへのレジスタンス運動の当事者として、狂気と神秘という二つの源から「女」が生まれるとし、カリスマ的人気を誇った。
「男社会に、女は狂気から生まれた」
このように考えたベルクソンは、「愛そのものが狂気を含んでいる」とまで考えるに至った。
まあ、サルトルやメルロポンティは、ベルクソンを尊敬していたし、ハイデガーは、「結婚に向けた女たちの団結」に心を病む男に「街並み」を与えた。
「それでも神を信じられますか?」
ベルクソンはヒトラーに向かって公然と問いかけた。
ユダヤ虐殺への復讐のセリフだった。
我々は、「勝負服」というものを持っている。
しかし、それは新しくおろす服では決してなく、きれいな空、美しい夕日などを見た時に着ていた服を「勝負服」と格上げしている。
きれいな空、美しい夕日があれば、「イベントに対処できる」ことから勝負服というものは生まれている。
しかも、「勝負」となると、大学入試や、会社の面接などがあるだろうが基本的には「女を口説く」ということを意味する。
このように「勝負に強い」服は、各人の記憶から作られるため、それぞれの人の「こだわり」生まれている。
女二人の奪い合いになった時に着ていた服などを、男は「勝負服」と認定しやすい。
愛が止まらない

そうである。
会社の面接には女が同席するため、13時の約束をお昼時に訪問するのは「世の中を知らない」と言われても仕方がない。
「勝負」とは「女を口説く」ことなのである。
この「男の序列は女が決める」という「CP条項」を知らずに、社会で不当な扱いを受ける硬派な男もいる。
その「勝負」において、女の面接官に「女は狂気と神秘から生まれる」というベルクソンの話をしないのならば、アパレル業界としては「勝負に弱い」服しか作れない。
しっかりと哲学を確立しなければならない。
成人式を迎える頃には「男の表情」が変わってくる。
すべては「コンピューター処理」された見た目と、女二人の奪い合いから成り立っている。
官庁訪問などをする前に、きれいな空と美しい夕日でも見た方が勝負服ができやすい。
イメージというものは「コンピューター処理された」ものというだけではなく、女たちにモテる人、ということからも出来上がるのだ。
試験や面接に臨むのに「記憶」を利用しない人はいない。
いちばんいい記憶を勝負服に込めるのである。
真夏のフェミニスト

国家一種試験も、一次試験の結果も出ないうちに官庁訪問は始まるが、「大学入試の再現」である一般教養と、デタラメを教えている「専門」の試験よりも「官庁の女」を口説いた方がいい。
バカ正直にアホな問題を解く必要もあるまい。
私の「皇国日枝」の話を説いて回るだけでも、「面接」は合格するだろう。
大事なのは「異性と話す」(期待可能性論)ことである。
他にも「男」はいるのだから、「男の序列は女が決める」というCP条項を使わない採用試験などないのだ。ラッセルは、ベルクソンを尊敬していたが、「一回限りの命は記憶をうまく利用したものが勝つ」とし、ファッションの重要性を指摘している。
私は、姉から借りた服が案外モテた記憶があるが、まあ、モテた記憶が重要であり、勝負服となるのだ。
アメリカ合衆国は、ベルクソンのブロードウェイでの講演会を聞いたり、「リメンバー・パールハーバー」と言って、「女は神秘と狂気から生まれた」ということと、ファッションを結び付けようとした。
勝負服がなければ、リンカーンもフォードズシアターで暗殺されることもなかっただろう。
スーパースター

今がすべてという「神は妬まない」というのがセックスだとすると、ファッションは「続いていく昨日今日明日」という妬む神のもとに成り立っていた。
セックスには神は妬まないし、音楽作品にも神は妬まない。
しかし、続いていく昨日今日明日には「上達」(信仰心)というものがあったため神は妬んだのである。
スーパースターはエアジョーダンなどのファッションから生まれている。
また、ファッションをビシッと決めると、人間は完成されるとされ、朝の電車で下痢すらしないとされている。
朝の電車でストッパを用いるようであれば、ファッションから見直さなければならない。
男性ファッションに関しては、女性たちも「議論するまでもない男性崇拝」としており、無神論者ですら、ファッションに無頓着な人はいなかった。
本当の無神論者ならば、デタラメな服装をしてもいいはずであるのに、みんな「イエスキリストの真似」をしていた。
イエスキリストのファッションとなると、みんなが真似をしてしまうため、実際の肖像には「布一枚」として描くほかはなかった。
信頼性のある素材は「布」としか言いようがなかったのだ。
さて、これらのファッション(アパレル業界)に関する議論を踏まえた上で、ようやく「おカネ」の問題が生じるのだ。
女一人に男二人(実質経済)の世界はおカネの勝負であり、女二人に男一人(名目経済)の世界は「美」の世界である。
世の中の男女の連鎖がおのずと「美とはおカネがかかるもの」という仕組みを構築していた。
それでも、「コンピューター処理を経ていること」「ちんちんがないことへの配慮」「男性崇拝」などの基本は踏まえなければならず、その上で、美=おカネということが成立することを理解する必要がある。
資本主義は「二元論」つまり、「善と悪」「0と1」「ノンケとオカマ」「保守とリベラル」「右翼と左翼」の近似から富が生み出されているが、女の子の「男の子になりたい」という気持ちを利用するのがアパレル業界である。
男のコになりたい

女性の服に機能性の制約が多くてはならない。
女性が畳の上で胡坐をかけないのは常識であろうが、トイレの事情なども踏まえて「男の子になりたい」というニーズをフルに用いる必要がある。
トイレと畳、男女の「近似」は見果てぬ夢であったが、それでも「女って楽しい」と言ってもらう必要がある。
太陽はすでにある、しかし、「男はペガサスではない」このあたりを巧みに男女の近似に利用しなければならない。
時には男と女は喧嘩することもある。
男がペガサスではないからだ。
それでも「太陽はすでにある」のである。
雨や風を吹かせる太陽のもとでは女は男に守ってもらわなければならない。
ペガサスの朝

さらには「巨根とカネのどちらを選ぶのか?」という問題ではパリサイ派とサドカイ派は大喧嘩をした。
サドカイ派は「タカ派」と呼ばれたが、戦争になったらカネの問題や戦術の問題から常にパリサイ派(ハト派)を振り返る宿命にあった。
無原罪の状態ならば皆、パリサイ派であったが、罪を重ねるごとにサドカイ派が生まれた。
しかし、ちんちんの痛みやケツの痛みなどがサドカイ派には存在し、女の子たちは巨根を奪い合ったりした。
しかし、恋が愛にはならないことも知っていた。
おみくじ

暴力的でちんちんのデカいサドカイ派は群れのボスになりやすかった。
しかし、いざ「カネや戦術の問題」となるとパリサイ派にしたがわざるを得ない。
「高校を出てからいいことがない」というサドカイ派も多い。
祖母が、父に「子のカマを掘るな」と命ずることがある。
すべては「面構え」を見て判断している。
美少年というのはエリートになる条件であった。
パリサイ派とサドカイ派の「二元論」の近似はジョン・レノンが試みたことがある。
イマジン

黒光りする巨根に女の子は恋をしがちであったし、サドカイ派は若い頃は人気がある。
しかし、いつしか女の子は気がつくのだ。
「おカネがない」
まあ、パリサイ派のノンケの男を生み出すことを「十二縁起」(苦の十二の連鎖)とも言う。
母親が苦労するらしいね。
そこで「もっこりしやすいズボン」なども教育に用いられる(体操着)。
パリサイ派が資金力が充実し、サドカイ派が戦争を煽るだけでも「帝国」というものはできる。
そこで、本当に平和を目指すのであれば、オカマのちんちんの痛みやケツの痛みをなくしていく医者でなければならなかった。
帝国は陽が沈まない。
我々は、日の出を拝める先進国に身を置いているのだ。
Queen of venus

トマス神学とは、パリサイ派のノンケで恐るべき影響力を持つ男の物語(カトリック)であった。
健康をみんなが気遣い、時には死を願ったため、イエスキリストと呼ばれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石原伸晃に1票を。
自民党に寄付をお願いいたします。

2021年12月13日 (月)

リース。

昭和天皇は、アメリカ合衆国に「沖縄」を明け渡した。
「信託でもリースでもいい」(天皇メッセージ)
さて、信託とは「人の流れを生み出す学問」であり、たとえば、台風が来た時に男たちを神社に集めて台風を撃退するなどは信託である。
では、「リース」とは何だろうか?
世の中には保守とリベラルがいて、右翼と左翼がいる。
左翼が「芸術」を生み出し、その奔放さからセールスを伸ばす。
右翼が左翼の「論理」を理解することができるまでの「時間」を利用するのが「リース」である。
たとえば、鈴木亜美が私に惚れていて、たまたまタクシーを一緒に乗ったのだが、私には「妻と子供たち」がいたため、正直タクシーに乗っている間「青ざめて」いた。
家庭を壊されたのではたまらない。
駅でタクシーの運転手に「この女性をここで降ろしてください」と言って降ろした。
歌では「彼女」と歌われているが、男性崇拝を歌うのが音楽作品だとすると、この曲の「リースの期間」は極めて長い。
右翼が左翼の論理を理解する時間が長いのだ。
秋色協奏曲

リースに関しては今後研究を深めていきたいが、昔、ribbonの佐藤愛子に結婚を迫られ、断ったら思い切り蹴飛ばされた。
男が女にビンタされて殴り返さない時とはどのような時か?
これも案外「リースの期間」は長いと思う。
この映像では「本当に思い切り殴れ」と言って撮影したそうだ。
大人って大変だな。
サイレントサマー

リースに関しては、権力を持っている側である右翼が、政治活動を続けていくうちに「左翼的経験をせざるを得ない」という「近似」の原理が利用されている。
左翼は通常、自己疎外(自分と社会が遠くかけ離れている)を経験しており、それを、リースによって解消しようというものである。
女と寝て「また権力から遠ざかった」と感じる男のポエムが、右翼にも共有されることから、きわめて好ましい仕組みであった。
「友達と恋人の境界線はセックスしたかどうか」
この曲も案外「リースの期間」は長いんじゃないかな。
グッバイフレンズ

ブルジョワ(大卒)・プチブル(高卒)・プロレタリアート(中卒)という構図のもとで、ブルジョワとプチブルとプロレタリアートの「和解」の試みがリースでもあり、若い連中の対立を解消する必要があった。
チープヒッピー

エンゲルスは「家族の起源」「セックスと国家」においてこのような「若者の対立」と「リースの原理」を明らかにしている。
女一人に男二人(実質経済・モード)において、階級闘争は抜き差しならぬものがあったが、リースが存在するからこそ、実質経済における「男二人のおカネの競争」が和解の兆しを見せ始めた。
それは、そのまま、ブルーカラーとホワイトカラーの賃金の調整であるベーシックインカムへとつながる議論となっている。
ふたつにひとつ

ブルジョワもプチブルもプロレタリアートも「デキる」ことを競い合っていた。
桑田佳祐は「無理だ」という爆風スランプの曲の「リースの長さ」に着眼し、ラジオ番組で「この詩、難しいんだよな」と発言している。
無理だ

エデンの園には、果実のなる木(男が労働を行い果実を輸出するもの)と果実のならない木(ちんちん)があった。
エヴァは、果実のならない木に触れたら死ぬと聞いていたが、アダムが、労働を行い、果実のならない木に触れるように口説いたのだ。
エヴァは「高校時代のセックス」を行い、リベラルの立場に立った(楽園の追放)。
しかし、これは左翼の立場に立つことを意味し、右翼による「歩み寄り」(リース)を待つことを意味した。
松田聖子は右翼の立場から、アダムとエヴァの楽園の追放に加担している。
制服

マルクス主義は、ブルジョワと結婚したいという右翼に対して、プロレタリア独裁を主張し、高校時代の恋愛を推進した。
それは男女の「性欲」(セクシャルドライブ)の観点からも支持が集まりやすく、それでも、東京大学は夢のまた夢となることも分かっていた。
リースは「東大生もいつか分かってくれると思う」という観点から作られた制度である。
昔は、ブルジョワの家庭には「お手伝いさん」(女中)がいて、上流階級とは何か?を提示していたが、リースのおかげでそのようなものはなくなっている。
やがて、「女だって働きたい」(エデンの園の果実のなる木を作りたい)という運動が起きるようになった。
富岡製糸場の頃は「生き血をすすられる」と言われていたものが、1960年代には国を挙げたムーブメントとなっていた。
女は「遊びと仕事の区別がつかない方がいい」とも言われ、背景には「KCIA」「KGB」などの「スパイ行為」が女の仕事として成り立ったなどがあったものと思われる。中国共産党の生い立ちにおいて「長征」というものが知られているが、農村地帯に、女ネットワークを作る旅であった。
書物では「仲間同士手と手を取り合い沼地で眠った」「終わった後に屈強な男たちが出来上がっていた」などと、長征を美化するような記述があるが、ようするに、スターリンの「ダッカ」「チェカ」を広める旅であった。
若い男女の恋愛に対して寛大であり、しかも、職業保障もある。
仕事は遊びとほとんど区別がつかない、あたりが中国共産党が支持を集めた理由だろう。
明るい放課後の過ごし方

しかし、1992年の鄧小平の南巡講話ののち、都市部から「リースの波」が押し寄せてきて、中国経済は発展した。
都市部と農村部の命の値段は「20対1」という判例が中国でも知られている。
パリサイ派(ノンケの男)とサドカイ派(オカマ)の対立は、ヒトラーとスターリンの戦いであり、「どちらが資本主義(資金力)を味方につけるか?」という争いであったのに対し、保守とリベラル、右翼と左翼という構図は「リース」という「資本主義の原理そのもの」を生み出した。
宇宙のエネルギーを集める「0」(善)と、疲れている人間であることを意味する「1」(悪)さらには、保守とリベラル、右翼と左翼という二元論が資本主義の富を生み出していた。
二元論がどのように近似していくのか?これを理解する必要がある。
マルクスは、いじめのない楽園を目指したが、従姉妹との結婚は「心ない叔父」をなくすためであり、自由恋愛は若い層の支持を得るためであり、女性たちには「遊びと変わらない」仕事を与えた。
それでも、「二元論の近似」が生み出す富には敗北した。
二元論が富を生み出すのが明らかになったため、個と公などの試みもなされた。
しかし、個と公を厳密に区別すると「女とは何か?」を見失うとされ、この試みはのちに宗教界に荒らされることになった。
「女の子もセックスをしたい、しかし、女の子が嫌がると思い込む男の子がいて悩む」(恋の悩み)。
メロディー

さて、リースに関しては「右翼が左翼に近似していく過程」「保守がリベラルを理解できるようになる過程」を利用して、資本主義の富を生み出すものであるとしたが、基本的に「子育て」という「子供のセックスを扱う仕事」は女性のものとなった。
このことは、家庭に入る女性の方が働く女性よりも野心がある、とされるようになり、脱構築つまり、「外国にまで主婦層が、私たちの息子」というものを持つようになった。
たとえば、1993年に体操の世界に「トカチェフ」という技が生まれたが、「脱構築の申し子」としていまだ用いられている。
トカチェフ

女たちの仕事としては「処女快楽」を男に与え、「戦術快楽」を覚えることにあった。
国家の軍隊や自衛隊も「処女快楽」「戦術快楽」には逆らわずに、普通に「KGB」「KCIA」を主婦層の組織として追認した。
女ネットワークのみならず、「リベラル」「左翼」というものを文化として提示し、「保守」「右翼」という富裕層が自分たちに歩み寄ってくるのを待った。
ガチガチの右翼のアイドル好きは、「哲学的に倒錯している」「仏陀」とも呼ばれた。
黒人、ヒスパニック、アメリカ原住民、東南アジアなどに公然と「子供へのネグレクト」が浸透し、子供のセックスと向き合うのが親の仕事という観点が忘れ去られ、「外国に息子を持つ主婦層」という脱構築は先進国の特権となった。
日本人に「ヨン様」が流行したのをメディアは誇りに思っていた。
「こども庁」としては、外国に純潔「ヨン様」を作るのと、子供のセックスと向き合う主婦層を作り出すのが仕事となった。
冬のソナタ

そもそも、リースの議論は「対等な男にしか体を触らせない女」つまり、対等であるからこそ「誰の子を産むかを選べる」という「堕胎の容認」からその歴史は始まっている。
YADA

堕胎禁止国であるスペインに船から堕胎薬を投げ込んだ活動家もいた。
「黒人女は触られて当然なのだろうか?」
これが「リース」の議論つまり「リベラル」と「保守」の「貧しい側」に黒人を追い込んでいたのだ。
堕胎罪というのが刑法にあるが、妊娠22週目までは認められていることが知られている(胎児概念)。
しかし、運用としては「わりと胎児が大きくなっても」堕胎を認めている日本国の現状がある。
対等な男でなければ「女の体を触れない」「誰の子を産むかは女が決める」(堕胎の容認)というのはロー対ウェイドで明確になり「ギャルソンアメリカ」と呼ばれた。
恋のチャプターAtoZ

ユダヤ金融資本のもとにあるマドンナは「ギャルソンアメリカ」を 「降ろしたいんですけど」どころか「産みたいの」と言って煽った。
パパドントプリーチ

フレデリック・ダグラスは「女の体と堕胎および奴隷制」に関する一連の考えを「ヴァージニア州からの手紙」においてまとめた。
「神の意志」とキリスト教のありかたを模索していたのだ。
抱いて

「できちゃった」と言われて脂汗を流す男が日本にもいるが、日本国が「罪から自由である」ということを端的に表現している。
黒人という名の野獣を「対等な市民へ」さらには、「全米の富」につなげるためには、ロー対ウェイドというものは、アメリカが「西へ」と進んだのと同じようなマニフェストデスティニーであった。
ソビエト連邦のフルシチョフが「到底太刀打ちできない」国家であるアメリカ合衆国内部においてはこのような議論がなされていた。
ロー対ウェイド以降、「ちびくろサンボ」「ハックルベリーの冒険」などの作品が消えていった。
実際には、「ロー」と呼ばれる黒人の少女は、堕胎はしておらず、子供を出産し里子に出しているが、文字も読めなかった女の子がテキサスでみんなの前で演説するようにまでなっていた。
「教会の帝国」が出来上がるのが分かったし、中国がこの問題で躓くのが見えた。
自由州と奴隷州の対立は南北戦争に発展したが、最終的には、国全体が豊かになったし、奴隷州のリー将軍はいまだに銅像が建てられている。
「堕胎」の意味が分かるまで時間がかかるという意味においては「生命の誕生」を歌った曲も「リースの期間は長い」と考えた方がいい。
アメリカ個人主義と「友達」というものはすべて「対等な男しか体に触れない」「堕胎の容認」というロー対ウェイドから始まっている。
これはアメリカキリスト教であり、「リース」というものは、人生を知り尽くした大人が子供たちに「贈り物」をするために用いられた。
理解するために十年以上かかる音楽作品を利用したのだ。
結局、リースのおかげで「大人たちに仲間ができる」ため、私が提示した音楽作品に限らず、「大人にしか分からないリースの期間の長い曲」を、どんどん明らかにする必要がある。
白人と黒人の対立は、アメリカ資本主義において独自の発展を遂げ、それはスターリンやフルシチョフには到底太刀打ちのできないものであった。
日本国もアメリカに倣い「ばいばいどくおぶざべい」などと歌われた。
ばいばいどくおぶざべい

移民の問題は「女性」「堕胎」の問題と常にかかわっていた。
イギリスがEUを離脱すると言ったのも移民の問題が原因であった。
日本国においても「フィリピン人女」なんてのは「自由に触れる女」としか見られていない。
しかし、それは少なくとも「キリスト教」ではなかったし、フィリピンにはカトリックが根付いている。
アメリカ資本主義は、黒人の存在によって成立した。
それでも、貧困黒人層への警察の差別は根強く、国全体を見通したホワイトハウスは、時に、地方警察による黒人差別や殺害に「嘆きのメッセージ」を送り続けている。

さて、夫婦の「すれ違い」などがよく聞く話となっているが、基本的に、男が「仲間の話」をしなくなった時、あるいは女が「女ネットワーク」の話をしなくなった時にすれ違いは生じる。
カップルの人気とも言われ、浮気をしてはダメであるし、かといって二人の殻に閉じこもっていてもよくない。
男には男友達を、女には女友達が必要とされている。
これも「リース」の研究の一環である。
通学列車

「努力、未来、ビューティフルスター」
これらは、男は男友達を、女は女友達を持つことを意味し、セックスをいかに気持ち良くするかをメタエシックスと呼ぶ。
琴さんが教育制度への疑念を提示されていましたが、私は「子供の世界も序列があっていい」(カースト)と考えています。
それは、「子供たちの性欲」を作る営みであるからです。
男女に性欲を、さらに「仲間を」これが日本国の国力ではないでしょうか?
そうだ We're Alive

ソクラテスが「少年に胸をつけ」アリストテレスが「女に出産の役割を与えた」というギリシャ神話から、我々は、「性欲」を学校教育で身に着け、社会に出てからは仲間を作り、そして、一組のカップルとしてそれを昇華するという仕組みが出来上がった。
春ミルキーウェイ

「神の意志」「全能の神」とは、このような「男女が愛し合い」「愛が永続し」「仲間が増え」そして、子供たちに伝わっていくというようなものであった。
さて、リースに関しては、日本国も「在日特権」という形でおこなっている。
朝鮮人は、日露戦争で日本国が勝利したことから日本国に渡ってくるようになったが、関東大震災で「漢方薬」を井戸に投入しているのが目撃され、日本軍に虐殺されている。
あるいは、終戦後、日本国を励ますために民族学校設立運動を起こしたが、在日は「国籍一斉剥奪」という扱いを受けている。
これらの100万人の在日朝鮮人に「恩恵を与え、歴史を整理し、日本人と在日朝鮮人の近似を図る」こともリースとなっている。
「二元論」となると目を輝かすのがリースの世界である。
日本国は、人種差別撤廃条約締結においても、「文明批評を封じてはならない」と留保をつけている。
これもつまりは、在日朝鮮人からリースによる「富」を生み出してやろうという趣旨から成り立っている。
ブラジル系移民は「特殊な政治的背景を持った」特別永住者ではないが、それでも、日本人と外国人という「二元論」を見たらお金の匂いに目を輝かす人はいるわけであり、まあ、ポルトガル語ができる人などあまりいないであろうが、色んな意味で「移民」というものは「リース」つまり二元論の近似から富を生み出すという発想から向き合わなければならない問題だ。
金融ビッグバンというものが「フェア・フリー・グローバル」というものから成り立っており、常に「リース」というものを日本国の金融は意識してきた。
Valenti

アブラハム・リンカーンは、4億ドルを黒人に支払ったが、それでも「アメリカは豊かになった」のである。
このあたりはリンカーンをスーパースターとする以外にない才能であろう。
スーパースター

日本国は、在日朝鮮人に対して、少なくとも「二度」間違いを犯した。
関東大震災の時、そして、サンフランシスコ平和条約における国籍一斉はく奪の時である。
私も、「人々から誤解を受けながら」生きてきたし、先生であるアリストテレスはその富があったから「21世紀が見れた」とされている。
在日ブラジル人に対しては、大きな「間違い」はさほど犯していない。
多文化共生などを模索している段階である。
間違いを犯した時には、少なくとも、「処女」を与えるわけにはいかないため、おカネを渡すしかない。
アメリカのキリスト教・ユダヤ教の白人に対して、1969年には「5億ドル」の要求を黒人層は行っている(キング牧師・マルコムXなど)。
私が、力を蓄えていた段階の頃は、電話口で平気で弟や叔父が怒鳴ってきた。
これが「富につながる」のである。
誤解されてきた者たちが強いのだ。
「秋篠宮が天皇になる」「私の息子が天皇になる」
すべての「誤解」が私に有利に働いた。
誤解がなければ「済みませんでした」という富は手に入らない。
単なるエリートには私ほどの集金力はない。
人生のすべてを出し切る(効率性)人に対して、怠け者はなす術はないものだ。
あさやけリバーサイド

誤解されてきても「集中」しなければ、誤解した側は「アファーマティブアクション」は取れない。
黒人は素晴らしい集中力を見せたし、在日朝鮮人もよくやったと思う。
部屋の電気を真っ暗にし、兄弟身を寄せ合って「差別」と戦っている朝鮮人を私は子供の頃見たことがある。
私は、人生で「二度」限界説を打ち破っている。
50歳になるが、「人間ってのは案外怠け者だな」という感想しかない。
黒人は、「第二次世界大戦における日本人差別」にすべてを学んだとされている。
ゾロアスター教の二元論も「ペルシャ人差別」がなければ成り立たなかっただろうし、日本人は「ゾロアスター教に近い」という説もあながちデタラメではない。
第二次世界大戦中における「日本人差別」に関する展覧会を日系上院議員が「必ずしも過去のものになっていない」として行ったことがある。
リースはすべて日本国が発祥であるという意思表示であったであろうし、政治家は「政治家の卵」として優遇されて生きるのではなく「誤解されて生きた」方がキャリアが成熟しやすいということを示している。
政治献金とは「処女」を贈る行為である。
「申し訳なかった」という人々の気持ちがなければ集まらない。
なぜ日系アメリカ人は「アメリカに対して番狂わせを」起こせたのか。
それは「本国の異常な強さ」に負うところが大きい。
これが、黒人層の「番狂わせ」にまで波及している。
黒人層は、アルジェリアが新聞紙で「アメリカの黒人の活躍ぶり」を書き立てたため、フランスのドゴールが悲鳴を上げている。
令和天皇の即位の礼を、国民は「一生に一度のこと」として祝ってくれた。
私への誤解は「二度とない」という意味でもあった。
アファーマティブアクションは、「リースの原理」でもあり、オイラーの法則とも言われる。
誤解されてきた真面目な努力家は「もはや秋篠宮や浩宮ではない」ことを意味した。
このような「オイラーの法則」がそのまま、民族の歴史となり、家の歴史となるという覚悟が必要である。
子々孫々まで伝わる伝説であるからである。
女の子たちの間では「お父さん元気?」という形で案外、伝説というものは伝わっていくものだ。
私も、琴さんの文章に対し「本能にはついていけない」と発言させていただいたが、これは必ずしも女性を従属的に描いたセクシストとは見做されていない。
本当に女性を従属的に描くポルノグラフィーは、確実に株価を下げる効果がある。
プレイボーイ、ハスラー、ディープスロートなどの雑誌は、女たちに「早く嫁に行け」と急かしていたし、「早く結婚しないのか?」と発言した都議会議員は、これらの雑誌に毒されたものと見做された。
塩村あやか

ポルノを市況に貼り付けたら本当に株価が下がりますので、これを明らかにしたのが「フェミニズム第三の波」である。
第一の波は「ブルジョワと結婚したい」というものであり、第二の波は「私たちも働きたい」というものであったが、第三の波はかなり攻撃的に出てきた。
ポルノは、女を「人間以下」に描いていた。
「早く結婚しないのか?」と言った、都議会議員は「口説き文句ひとつ知らない男」であろうと外国メディアが話題にした。
「それならばどうやって政治資金を得ているの?」
ばっちりキスしましょ

まあ、しかしポルノというものが全米三大テレビ局の三倍の富を得ているのは事実であり、たとえば、セレブを「人間以下に扱いたい」などの欲求は誰しもが持っている。
口説き文句を考えてセールスにかけると、オリンピックにも勝てる力を持っている女性を、
「最終的には人間以下に扱う」
ここに、女性たちの力と限界があり、男性の「射精の仕組み」の難しさがあった。
「ゲームならルール決めましょう」
松田聖子はそのようにしてバブルを支えている。
ピンクのモーツァルト

男たちの「ファンタジー」は女たちも共有していたが、社会ではそれでいながら、どの女も「処女」のようであった。
テッド・バンディは、ポルノのペーパーバックをポケットに入れて女たちを犯しまくった。
しかし、「ポルノとレイプの関係は政治家が大げさに語っているだけ」と全米は考えている。
「口説かないと世界が狭くなる」「貧しくなる」と男たちは考えていたのだ。
ポルノの視聴者が「真似」する分には女たちには機外は加えられないだろう、という、女たちの予測可能性もある程度立った。
「どの男もポルノの真似をするだろう」と考えられたのだ。
レイプを行った男はみんな「ポルノのせい」と語ったが、アメリカ高等教育は「口説き方」を教えていた。
リースの原理はこの「男女の二元論」を究極のものとして扱っていた。
女が「嫌い」と言ったら「話を聞かせて?」という意味であり、「沈黙」は、すでに「ポルノのことで頭がいっぱい」「セックスOK」ということを意味した。
哀しい方の嘘

まあ、このようなことを女性たちに語っても「イエスキリスト」を崇拝できる女性たちは素晴らしい。
男女の二元論を理解しない政治家は、決してパワフルではないし、権威もなかった。
なかには「口説き文句の達人」を「裸にしてやるわ」という強い女もいた。
酒井法子作詞。
サイレンスフォーラブ

レイプは「女を口説くこと」「女心の定義」(政治)の終わりを意味していたため、まあ、政治の終わりぐらい見ておいた方がいいとも言われ、政治の終わりが分かれば、むしろ政治に興味を持てるとされている。
女は「眠っているときの夢」では何者にもなれる。
「男になって自分を犯す夢を見る」とも言われる。
このことを「主人・奴隷論争」という。
ヘーゲルが始めた議論である。
恥ずかしい夢

メタ君の言った通り、「男にとって女ってなんだ?女にとって男ってなんだ?」という問題は、リースの原理であり、二元論でありながら、主人・奴隷論争を経て「弁証論」と呼ばれるようになった。
ヘーゲルってあのヘーゲルですよ。
カントは「女を口説くこと」「結婚すること」と単純に考えていたし、マルクスは「結婚とは搾取である」としていた。
しかし、この二人の間には「ヘーゲルがいた」のである。
主人・奴隷論争がなければマルクスには本来「出番はなかった」のである。
共産党は少なくとも「セックスの快楽の側面(消費)」に税金をかけろと言っている。
しかし、セックスに税金を課すのならばデカルトがすでに行っていたことである。
我々が愛し合う限り、GDPがマイナス成長でも、税収は上がる。
消費税とは「国家の支出に、都市の拡大に用いられる支出が占める割合」のことを意味しており、そこでようやく「快楽という側面」に税金は課けられるわけだ。
つまり、日本国の消費税は現在、「とっくに20%を超えていて」店で取られるおカネは、全部、店員のお小遣いということになる。
まあ、アルバイト代まで客が払っているのだから共産党が廃止というのも無理はない。
フェミニズム第三の波は、「女たちが株価を上げる」ことを志向したため、「夢だけ見てていいのだろうか?」と何とも手厳しい評価をマルクス主義は受けている。
だいたい、ナシュバーンの問題提起があった1960年代に、日本国は「アメリカにつく」という姿勢を明らかにした。
しかし、ベトナム反戦運動は容赦なく襲い掛かった。
「我が国は中国に天気を握られています」
アメリカにとって日米同盟というものの難しさを感じさせた。
夢だけ見てる

ヘーゲルの「弁証論」「男女論」「主人・奴隷論争」つまり、女は眠っている間に自分を犯す夢を見るという論争は、我々は眠っているだけではいけないという議論に発展した。
渚の眠り姫

そこで、我々はようやく「快楽よりも仲間が多い方がいい」(道徳哲学)ということに気がついたのだ。
アメリカ合衆国憲法修正第一条には「ヘイトスピーチをやめろ」とかいてある。
これは「オイラーの法則」つまり、二元論に立脚することから富を生み出すことを意味した。
今でも、トウモロコシ市場(シカゴコーン)の取引をするのであれば、日本国のソフトコアを「どんなに男が偉くても、女の乳房にゃかなわない」と記して売りつけるのが基本である。
真っ赤な嘘

さて、ポルノと言っても「カメラは女しか追っていない」のである。
男たちにエネルギーを奪われ、神聖さを奪われたのは、自分たちが神聖だからである。
女たちが宗教(男性崇拝)と向き合う上でこのことは理解しておかなければならない。
どの男も「好きなAV女優」を持っていた。
それは決して恋愛関係でも友情でもなく、「今カノとのセックスの参考にさせてもらった」ことが背景にある。
オヤジにカマを掘られてケツが痛い、マザーファックして精子が出ない少年が非行に走る原因はいろいろある。
学校の保健室としてはこれらには当然、対応できなければならない。
ケツが痛ければ痔の研究をする保健師がいてもいいし、ちんちんを太陽にあてれば精子が出るようになることも理解する必要がある。
非行に走る少年は最終的にはフェラチオとパイズリしかやらなくなる。
父親に犯された娘も、処女非処女論争から疎外されて非行に走る。
高橋愛を追うカメラ

自分が「上達」しないことへのストレスの捌け口として男はセックスをする。
負け犬に「ナイスバディ!」と言われても女は「フン」と言うだけだ。
ポルノというのは負け犬のためにある。
「女を口説くこと」(政治)の上達(政治力)があればポルノは見ないだろう。

私が若い頃は、「上達」(信仰心)を信じられなくなったスポットに「立ちんぼ」がいた。
新大久保とか新橋であろうか?
今でも東京に立ちんぼがいるならば、信仰心を失ったスポットだと考えていい。
信仰心を失った男女は「同じ目」をしていた。
バッドガール

 
オラ、もうどうなってもいいんだ。
そんな男が、女の芸術の才能にお金を払った。
私も、心を病んだ時に、そのような心境でコンサートホールを回っていた。
少年マガジンや、少年ジャンプなどの「強いマンガ」に支えられた男は女のマッサージやダンスには金は払わないだろう。
私は、これらのマンガを読みながらCoCoのコンサートを見に行った。
夏空のドリーマー

信仰心を失った疲れ果てた男の周りには処女は決して寄り付かなかった。
「結婚などやめてしまえ」というマルクス主義の足音が聞こえてきた。
胡散臭い「先生」を一通り見た後に、「東大」の再評価を行い、法律雑誌を読み耽った。
このことが、現在の「スタンフォード大学」への理解力につながっている。
売春防止法というものがあるが、女の「エスコートタイム」つまり仕事をしている女に「いくらですか?」ということを禁止している。
信仰心を失って「同じ目」をしている男女がカネのやり取りをする分には問題はない。
さて、どうやったら株価(女の値段)は上がるのだろうか?
信仰心が高まると男は女を買わなくなる。
女たちは「買い叩き」せざるを得ないのか?それとも「希少資源」として高く売れるのか?
平成には「信仰心を失い」日経平均株価は7000円台だった。
信仰心の高い現在は28000円台である。
このあたりは、「人々の心は計算通りには動かない」(量子論)として今後の課題になるのだろう。
ひとりぼっち

閑話休題:元神奈川県の青山会の医者・内藤圭之を誰か殺してくんねえかな。

 

 

 

 

 

石原伸晃に1票を。
自民党に寄付をお願いいたします。

2021年12月12日 (日)

皇国日枝について。

「死にたくない年寄りの皆さんへ」
人間というものは「今後の予定」を立てないと「気」が乗らないものです。
そこで、歳をとったら「宗教に頼らない年寄りはいない」ということと、それならば、「自分を教祖にした宗教を作ればいい」ということから、私財を投げ打てる方は、私の父を中心とした「皇国日枝」という宗教団体の教会をご自宅に作っていただけないでしょうか?
教義は「美空ひばりを愛せること」以外に特にありません。
各自で信者を導いてください。
「皇国日枝」という教会は、たとえば、サッカーワールドカップで、ベルギーは、日本戦のその後の旅行の日程まで組んでいたことから2点ビハインドを跳ね返せたなどが理論の基盤にあります。
「皇国日枝」については、まちこさんの分派行動にも該当しますが、私の父はまちこさんの叔父にあたります。是非、各自で教会を作ってみてください。
皇国日枝に関しては一応、NHKを中心に私の父をさらに中心に展開していきたいと考えています。
興味がおありの方はNHKさまに電話してみてください。
NHK 0570066066

一橋慶喜公のように「人生の苦しみ」をみんなの前で吐露するのもいいだろう。
さらに、教祖さまには「女子高生の付き人」が必要となる。
このあたりは、NHKの人脈次第だろう。
また、「死の直前に流して欲しい音楽」を信者の皆さんの前で何度も考えるのもいい。
信者の皆さんにはもてなしをしよう。
音楽作品の吟味をしながら「一回きりの人生だ。輪廻転生はしない」(解脱)という誓いの言葉を年寄りは述べよう。
信者さまは「年寄りの巻き添えを食って死ぬ人がなくす」ことと「医学的アドバイス」を年寄りにするのが仕事となる。
メシは無料だ。
若頭が「人生は裁くものではない。音楽とともに解脱を!」と叫ぶ。
ご家族さまはこのような「秘跡」には参加しない方がいいかもしれないね。
本来、「ICU」とは「集中治療室」という意味ではなくこのような「秘跡」を意味した。
お年寄りの生まれ変わりの赤ん坊の写真などを用意しておくのもいいだろう。
なお、「ICU」の「招集権」は、お年寄りが握るものと思われる。
おカネとの相談だ。
「もう、六週間生きられないんじゃないかな?」あたりが判断基準となる。
生存したらいったん解散しよう。
この、「皇国日枝」は、アメリカではテキサス、バージニア、メリーランドに広まり、「年寄りの寿命を15年伸ばした」とされている。
ご家族さまは「ICU」は外で待機する(みやこもり)のが常識だろう。
オランダ、ベルギー、ルクセンブルクにおいて、このような「皇国日枝」が合憲とされている。
しかし、すべての国が信教の自由を認めているわけではない。
日本国では「NHK」が推進するしかない。
「ご家族さま」は、年寄りが「食べる、飲む」をやめたら「音楽」を流そう。
音楽を仲間と共有する、これが「皇国日枝」のエネルギーである。
「疲れを取るだけの目的」でICUを活用するという贅沢な人がいてもいい。
「お酒を飲む人」に本来、ICUは有効であるとされ、飲まない人ならばなおさら有効だ。

また、「根性」というものが「父」「母」さらには祖先からもたらされるものであるため、そのような「自分史」をICレコーダーに吹き込んでNHKに「奉納」するのもいいだろう。
自分一人ではなかなか「根性」というものはつくものではない。
また、他人の「根性」と向き合う人は、しっかりと手洗いなどをして、その人だけの「根性」が自分に悪影響を与えないようにする必要がある。
「根性なんて持つものではない」という人もいるのだ。
いっぽんどっこの唄

根性のあるやつに限って「太っている」ものだ。
NHKとしても、よそ様の「根性」をお預かりする上では「感染」しないように気を付ける必要がある。
また、結婚というものが「ふたつの根性のぶつかり合い」であることから、サラダや果物でそれらを「和解」させる必要がある。
あなたにサラダ

誘導尋問というものは「自分の先生に疑いを持たせるような周囲の発言」を言うが、根性と誘導尋問はうまくバランスを取らなければならない。
「心ない叔父」「地元の主婦層」などには気を付けなければならない。
なお、刑事訴訟においては、検察側から被告人への誘導尋問は認められていない。
弁護士との信頼関係が断ち切られるような尋問ならば「誘導尋問です」「認めます」というやり取りが行われる。
一方、被告人側から検察への誘導尋問というものは一向にかまわないとされている。
刑事訴訟というのは「フェアプレーの研究」であり、たとえば、大学入試の場合は出題者を「検察」とし、受験生を被告人とする。
「どんな先生に教わってもいいよ?」という意味である。

「年表」
皇国日枝に関しては「中年世代」も忘れてはならない。
「彼ら」と言われ過ぎて、昔のことがよく思い出せないのだ。
「激動の年」「劇場型政治」そんなものばかりで「年表」がない。
いまさら日本史の教科書を開くこともなければ、戦国時代か明治維新の話しか「歴史」が聞こえてこない。
「これからも何かあるんだろうな?」と思うのであれば、テレビも「年表」はもっとふんだんに活用した方がいい。
記憶がなければ中年世代というのは「簡単に勃たなくなる」から。
「子供の読み書き計算など親に教えてもらえ」
と思うのが大学生だろうが、なにしろ中年世代には「分からない」のである。
年表を見ないこと、「激動」「劇場」がどれほど前頭葉にダメージを与えているかは、東大入試国語の「漢字テストのあまりの簡単さ」で判断できる。
自分が人生のどこにいるかが分からないと、夜中に無呼吸症候群になる。
寝る前に日本史の教科書の年表を読む(見る)といいだろう。
居眠り運転もたいていそのような「中年」がしでかすものだ。
笑って床に転んでも、一分から二分意識が明確ではなく、顔や首が衰えていく。
「年表」
これがなければ「自分は歳をとった」という感覚がもてないのだ。
2000人に1人は「夢遊病患者」が昼間に町を歩いているとされる。
さらに「目の反応が鈍り近くのものが見えづらくなる」のが中年世代だ。
文字を読むときに眼鏡を変える人を見たら「激動の時代」「劇場型政治」に慣れ親しんだ人だと思うしかない。
薬局に行くと「ピンホールアパラタス」と呼ばれる「目の検査をする紙」が貼ってある。
あれで「異常」がだんだん出てくるのもそのせいである。
まあ、感動の再生産で満足しきった中年は「記憶を失い」「目を悪くし」「眠れずに」そのうち直腸が悲鳴を上げて血の混じった下痢をするようになる。
また、年表を見失うと、まるで「コイン」のようなできものがお肌に出るようになる。
ガン、心臓病、脳卒中の原因も「年表」を見失うことにある。 さて、年寄りに「人生の苦しみを語らせる」ということが「ICU」の研究であったが、周囲は「辛気臭い空気が嫌い」と考えるとされている。 医者というのは「死んでいく人間の文化的水準が下がっていくのを見るのがつらい」という仕事である。 文化的水準が下がったら「ご家族さま」の助けを得なければ、医者も聞こえよがしに「奇跡だね」などと言って、死を促す。 「カネか神」しか女を集める「道具」はない。 死んだ遺体の「爪の長さ」を見れば分かるが「爪を整える女性がいなくなったから死んだ」という側面が指摘できる。

 

 

 

 

 

石原伸晃に1票を。
自民党に寄付をお願いいたします。

2021年12月 8日 (水)

世界新秩序~為替。

皆さんは、「クレジットカード」というものをお持ちだろうが、「為替」=送金機能というのは 銀行の専権である。
送金してくれる人がいればクレジットカードで何でも買える。
さらに、「外国為替」というものは、その国の「男の値段」を取引している。
送金にせよ、外国為替にせよ「イエスキリスト」「男」「女」の研究抜きには語れない。
イエスキリストは「男の病気を癒し」「女たちの心を語る」ものだ。
今や、竹中平蔵の「タクシー総量規制緩和」のおかげで、バブルが来ても タクシーが来なくなることはない。
そうである。
イエスキリストが最終的に目指したのは「株高・土地高・円高」(トリプル高)のバブル経済であった。
送金(為替)にせよ、外国為替にせよ、イエスキリストは「男たちに仕事を示さなければならない」 ものであり、医学で男たちを癒し、哲学で女たちを癒す必要がある。
医学・哲学はつまり「仕事」であり、まあ、仕事さえ覚えれば「為替」の学問は マスターしたことになる。
ゴッドファーザー

まちこさんが医者になるという話は周知であろうが、まちこさんは「イエスに癒される」 としている。
イエスは「男の病気を癒し」「女たちの心を語る」ものである。
その役割においてのみ「愛し・愛される」資格を持つ。
おカネ目的で「宗教」をやっているわけでは必ずしもない。
サラリーマンの「職業モデル」としての役割を今後、果たしていかなければならないし、 「イエスまでの人生」であってはならない。
なお、有名人はおカネを持っている、というのもいろいろ「コツ」がある。
為替においては「送金機能」と「イエスキリスト」「男」「女」が関わっているが、モテる男は、「口座番号を知っている身内」に健康相談をする必要がある。
「病気を診る」というのは「患者の周りの女性ファンを奪い取る行為」であるため、身内の医者に健康相談を持ち掛け、「女を譲り」かわりに「送金」(為替)を受けた方がいい。
電話相談でも「女のやり取り」はできる。
ナントの勅令というものがあり「名誉と富は同時には手に入らない」とされているが、名誉を得たのならば、堂々と身内の医者に「健康相談」を持ち掛け、女を譲り、口座番号を知っている人ならばおカネをもらおう。
これが「為替」の基本である。
医者が「分からない」と言った時にイライラしたことがある人もいるだろう。
深刻な悩みに「分からない」と言われ、女と診療報酬だけを奪われたらたまらない。
そこで必要なのが「世間話程度の相談」である。
女性ファンを多く得たら、身内の金持ちに「相談事」をしてみよう。
これが「有名人はおカネを持っている」という意味であり、為替(送金機能)である。
クレジットカードさえあれば何でも買えてしまうのだ。
Suicaとか、Pasmoは、為替ではなくチャージが必要であるが、 為替(銀行の専権)は有名人にとっては必須のアイテムとなる。
キャッチワードが切り出せない

相談事は「コンパクトに」「飴玉ひとつを百万円で買ってもらう感覚で」これを理解する必要もある。
同意することは「女を譲る」ことを意味する。
相手に同意したのならば、為替を利用しよう。
少なくとも男社会においては。為替(送金機能)を利用しない社会など存在しえない。
相談に乗ってもらって「相談料」を払うのではまだキリスト教ではない。
相談に乗ってもらって「為替」(送金機能・銀行の専権)を利用しておカネをもらうのだ。
これが芸能界に浸透しなければならない。
お悩み解決とおカネの問題の解決の一挙両得なのだ。
目の前にいる女(意識)と、モテモテ感(無意識)は異なるものだ。
為替というものは「無意識」に立ち入らないと理解できない。
ここに「神」というものも存在しうることになる。
「若い女の子はいてくれるだけでいい」
これが本来、「神」を全面的に押し出す宗教団体というものである。
神は「恋」に詳しくなければならず、女の子に居場所を作ってあげる必要がある。
信者様全体の「無意識」の取引に用いられるからである。
人は「起きているときこそ無意識(モテモテ感)に支えられている」とも言われる。
「心ない叔父」に借金を申し込んでも怒鳴られるだけだろうが、両親が支えてくれる。
「オレオレ詐欺」のような巧妙な手口ではなく「相談」を持ち掛けるのが世界新秩序の趣旨である。
オレオレ詐欺は「実の息子」が電話している。
しかし、300万ならばオレオレ詐欺であり、500万ならば「オヤジ」なのである。
為替とは英語で「秩序」という意味でもある。
100%の恋人

我々はセックスするわけでもないのになぜ「モテモテ感」(無意識)を必要としているのであろうか?
それは「睡眠」のためであり、いい睡眠が取れれば起きているときも快適であるからだ。
まあ、そんなことを言ったら「我々は通常、ファッション雑誌で社会との関係を決めている」ことから、床屋や美容院、ファッション雑誌が「無意識」をコントロールしていることにもなる。
「夢」はフィクションであり、性欲をつかさどるものだ。
また、女でも通常は「夢では男」と言う人が多く、どのみち「女の取引」=為替と言って差し支えないのだ。
「神が必要な理由」
それは「モテモテ感」(無意識)を理解しなければ分からないものである。
日本人は「先生などにはしたがいたくない」という文化を持っている。
しかし、アメリカ人は「英雄は別格」と考えている。
日本国の、神道・キリスト教徒・仏教徒に「いい眠り」をもたらすために¥¥私は生きているのかもしれない。
「女を口説くのがうまいから英雄なんだろう」
それならば、女たちは「眠っているときに」男の序列を考えているのだろう。
男のコになりたい

女は必ずしも「無意識」(モテモテ感)では生きていない。
「男を見ている」とされている。
男たちはなぜ私とセックスしたがるのか?
「ガラクタたちが教えてくれる」(シャボンのため息・宮前真樹作詞)。
夢でイモムシが足元にたくさんあるよりも、バナナの夢が見たい。
知性を欲するとパンの夢を見る、彼氏が思い通りに育っていくとりんごの夢を見る、英雄を見るとバナナの夢を見る。
イモムシが足元にたくさんあるよりもよほどいいのが女にとっての「男」という意味である。
シャボンのため息

眠る前にバイブルを読みます。
世界中の女たちに愛されているイエスキリストの話を読むのだ。
男性の価値(円)を高くするためには、待ち時間(金利)を上げなければならない。
株価が高ければ、失業率の増加・インフレ・金利の上昇がともなう。
女が高ければ待ち時間も高い。
部下は春から冬まであっという間であっても、上司はちんたら働いているため、上司はクビになるだろう。
クビにしたい上司がいる場合は金利を上げたほうがいいし、かと言って逆三角形のように上層部の意向ばかりがまかり通る組織であれば金利を上げるのは困難である。
組織形態の健全化・ピラミッド構築のためにも金利政策というものは重要になってくる。
イモムシたちがバナナとなって膣に入ってくる、英雄というものは気持ちのいいものだ。
天皇は目的とすれば権威がつき、手段とすれば値段がつく。
しかし、決して「目的」であってはならない。
天皇までの人生、イエスまでの人生は、天皇をカルト宗教化してしまうため、
たとえ学習院大学が天皇というものを「目的」「儀礼的なもの」とし、教えるものが存在しないと悲鳴を上げたとしても、
東京大学としては、「手段」「天皇からの人生」として教えることに自信を持っており、天皇には「政治的権能がある」としている。
天皇が「目的」となってしまうと、女の子たちはイモムシが足元にたくさんある夢を見るだろう。
それは「大学の特性」「時代背景」と言うしかない。
権力闘争の頂点である天皇ってマジで偉いっすよ?(開かれた皇室)などというものは平成の時代には存在しなかった。
女たちの夢にバナナが出てきて薔薇の花に包まれる、そのようなものは、学習院大学は想定しておらず、教えることもなかった。
しかし、東京大学は「天皇からの人生」を志向していたのだ。
女たちの夢が違うのだ(手段目的論)。
ベルサイユの薔薇

さて、為替(銀行における送金機能)とクレジットカードおよび「女子たちの支持」で生きているのがホワイトカラーであるのならば、ヤマト運輸の運転手(ブルーカラー)の方が偉いという人も出てくるだろう。
そこで、ホワイトカラーとブルーカラーの「所得の均衡」を図る議論が「ベーシックインカム」である。
端的に言うと「女へのアクセスを保障する」「音楽作品でそれを応援する」と言うものであり、
このベーシックインカムとは新・新過失論(危惧感説)と呼ばれたものである。
多少、言葉を間違えていても、無口であっても、労働者ならば「女を与え、音楽でそれを応援しよう」と言うものである。
「すでに好きにやっているのでほっといてくれ」と言うのならばベーシックインカムはすでに達成されていることになる(藤木英雄)。
ビンボナンボマンボ

 
藤木英雄自身は、ブルーカラーが嫌いだったと言われているが、まあ、為替とクレジットカードと女たちというホワイトカラーの方が人気があるのは当然だ。
しかし、ブルーカラーには筋肉質なものもおり、どっちもどっちであろう。
渚のピテカントロプス

アイドルが、ブルーカラーを応援しているのならば送金しようかな?という為替の問題にはなってしまうだろう。
時代のどこにお金が必要で、どこに「いい女」が着目するかが政治であり、クリエイターである。
オオケンも、「アイドル」にこれを歌わせればよかったのだろう。
精神科医療は立ち遅れている。
まあ、芸能人が「ホワイトカラー」であるのは事実であり、為替・クレジットカード・女性たちで成り立っているのは事実だ。
オオケン

HIVというのは「人をいじめる人」を製薬会社が「陽性」としているのだ。
あいにく私は人をいじめないのでね。
しかし、ケツが痛いだけで人間というのは性格が変わる。
オカマとかにHIVが多いのはこのためだ。
HIVというのは「差別され」食べ物に毒物を混ぜられたら「エイズ発症」と呼ばれる。
潜伏期間なんてものは存在しない。
「差別」が原因なのだ。
HIVとは、あくまでも「いじめ撲滅」のために製薬会社が決めているものであり、「陽性」認定を外すためにはわいろを渡さなければならない。
あるいは選挙に当選するしかない。
あくまでも「いじめ撲滅」が目的であり、オカマにそのような「いじめっ子」が多いということだ。
私はオカマではないよ。
「陽性」認定を外すのは簡単なんだ。
賄賂を使えばね。
しかし、「性格」をあらためないと意味がない。
オカマというのは「ハンター」であり、「女心に興味ない」「哲学に向いてない」ようするに「おカネがない」ということなんだよ。
痔というのは「便座が鮮血で染まった時のトラウマ」が原因でじわじわと出血してくるものだ。
「鮮血で染まった時のトラウマ」が原因だと理解し、ケツの出血を止めなければならない。
貧困母子家庭というのはあまりにも厄介なものだ。
どうしても「マザーファック」をやってしまい、なにしろセックスが「女の、子供の気持ちが味わいたい」から行うものであることから「自分の気持ち」を味わったトラウマで精子が出なくなる。
中学に進学して周囲が「精子」を話題にする頃には、「精子が出ねえぞゴルァ」と言って女を犯しまくる。
男のカマも掘りまくる。
貧困母子家庭というのはそのようなものだ。
境遇は理解するほかはない。
ちんちん痛い奴は性格が悪い。
精神科医の中には、カリスマ性を維持するためにちんちんを見ない医者が多い。
内科医に「梅毒」を告白してペニシリンを飲んだ方がいい。
ちんちん割れるぞ。
はずかしければ、ビタミンドリンクでもいい。
ケツとかちんちんとか、「性格悪い奴」にはそれなりの理由がある。
母子家庭の金融は「彼本来の性格ではない」「病気を治した上で」この曲を活用すべきだろう。
一気

マルクスは、ホワイトカラーとブルーカラーの対立においては「ブルーカラーの側」に立ったし、ノンケとオカマの対立(パリサイ派とサドカイ派の対立)においては、オカマ=サドカイ派の側に立った。
それはつまり「社会の病理面」を「世論に抗するかたちで」えぐりたかったからであろう。
聖母マリアは、パリサイ派とサドカイ派そしてイエスの対立においても「組織の一体性」を求めている。
聖母マリアの真の意図は「病んだ法律学」(パリサイ派)も「梅毒で痔のオカマ」(サドカイ派)も、「イエス様なら治せるはず」というあたりにあったのだろう。
善きサマリア人が真っ先にイエスのもとに駆け寄っている。
「健康で文化的な最低限度の生活」というものは、パリサイ派のようなうつ病と サドカイ派のような「梅毒と痔」さらに時代は下り、ホワイトカラーとブルーカラーの 対立を解消することにあり、 そのために「為替」(送金・クレジットカード・相談・音楽作品)というものはあった。
イエスがもたらすものが「世界新秩序」と呼ばれるものである。
ペテロは、イエスに「パリサイ派について」「サドカイ派について」「ブルーカラーについて」 の三つの問いかけを行い、 イエスに「眠れ!後世のために」と言った。
その問いはわたしが解いたとおりだ。
端的に、聖母マリアの祈りのように「国は分裂してはならない」という思いがあったのだ。
しかし、世界には国連加盟国だけでも165ヵ国は存在する。
言語は「文法」さえ作れば、女たちが勝手に作り出すものだ。
「どの言語が最もいい女にアクセスできるのか?」
あるいは「治安のいい国」あたりが為替の根拠であり、円高の秘密である。
うつ病を治すためには「外科的内科的原因」を除去するしかない。
あるいは、病的言語で勉強するディスチミアという鬱を治すしかない。
痔を治すためには「痛みがほとんどないのに便座が鮮血で染まった時のトラウマ」をなくすしかない。
あるいはちんちんが痛いのならばペニシリンやビタミンドリンクを飲むしかない。
ブルーカラーについては「歌のモデルにするしかない」ということが指摘でき、ペテロの三度の問いかけに答えたら「日本国の統合の象徴」となることになる(キングオブキングス)。
だいたいこのような派閥に人間社会は別れるわけであるが、それでも聖母は「国、組織の一体性」を求め続けたのだ。
聖母たちのララバイ

まあ、マルクス自身はこのようなことを明らかにした後に、「天皇制の発展的解消」「プロレタリア独裁」を志向している。
最大多数の最大幸福とは、パリサイ派、サドカイ派、ホワイトカラー、ブルーカラーをまとめ切ったイエスキリストの真似をしながら生きる功利主義からもたらされたし、背景には為替(銀行の専権である送金)があった。
パリサイ派、サドカイ派、ホワイトカラー、ブルーカラーのすべてが「女にアクセスできる」ということが必要であった。
パリサイ派は「聖子ちゃん」であり、サドカイ派は「明菜ちゃん」だとも言える。
ハートをロック

給料とは「仕事の複雑性」からもたらされる(マルクス)という立場もあれば、「人気のある職業」「女たちのオーディエンスが多い職業」が儲かるという立場もある。
おそらく「為替」を用いればどちらの立場も正しいと言える。
しかし、聖子ちゃんと明菜ちゃんの「両方の言語」を使いこなさなければならない。
明菜ちゃんは官僚であり、聖子ちゃんは永田町であるともいえる。
女の子の間では、聖子ちゃん派50%、明菜ちゃん派32%とされており、聖子ちゃんが当確を出してから集計をやめたが、男の世界では「聖子ちゃん派は実に92%にも上り、明菜ちゃん派は8%」であるとされる。
何かが足りないBタイプとは、知能の低い「聖子ちゃん派」のような気がしてならない。
私もそうであるが。
Bタイプが好き

フェラーリというのは、明菜ちゃん派、Aタイプだろう。

余談ではあるが、「血液型」というものは「スロートカルチャー」と呼ばれるもので、「のどの腫れ」の治療法に個性があることを意味している。
A型ならば「キスをする」「自分の唇を何度もあわせてみる」
B型ならば「胸を揉む」
AB型ならその両方。
O型なら「ちんちんをしゃぶる」
ゲンタマイシンというのは「買った」緑茶です。
コンビニとか自販機の。
家で入れる緑茶が有効であるかは明らかではありません。

アラフェスに宿題。
パリサイ派のアドルフ・ヒトラーは、サドカイ派のスターリンに敗北している。
スターリンはクレムリン宮殿の「リトルコーナー」と呼ばれる場所で、 「ヒトラーの孤立を待った」とされている。
聖子ちゃん派が優勢を占める先進国・日本において、明菜ちゃん派の スターリンは「世界全体を見渡すとサドカイ派の方が多数である」 と見通していた。
東南アジアとは「デイケア」であり、中央アジアとは「老人のデイサービス」である。
また、中東とは「家族」である。
スターリンはなぜ、ヒトラーに勝ったのかを後で語ってくれ。
ヒントその1:どんな「暴力自慢」に対しても、日本国においては「ヒトラーはスターリンに敗北したんだよ?」と言っていいこと。
ヒントその2:スターリンは「価値相対主義」の立場に立って「尾崎豊」「竹原ピストル」などの音楽作品を拡散させたこと。
ヒントその3:国家社会主義とは「日本国の限界を知り、アメリカから学ぶ」と定義されること。
全米一位の論文「なぜスターリンはヒトラーに勝ったのか?」
これを感じてくれ。
なお、世界史においては「ナチズムとスターリニズムの戦い」は アメリカ・イギリス資本主義が介入したため結論は出ていない。
予習。スターリンについて。
ケープフィアー

フランクリン・ルーズベルトの日本国への宣戦布告。
「ゴッド・ヘルプ・ミー」
動画

小野光太郎君の証言(当時16):12月8日の午前中の授業でひどい下痢をしました。
アメリカ史の授業でした。
注)留学中であり、ビル・クリントン、ヒラリー・クリントン夫妻の家庭にホームステイしていました。
日本国の政治家の総意「アメリカ合衆国は率直な友人ではあるが、信用できる友人ではない」
現在のアメリカ軍には「Don't ask,don't tell」というルールがあり、同性愛者の軍からの排除を行っている。
フルメタルジャケット

1960年代に、日本国に「セックスと革命の嵐」が起き、 1968年に、自由民主党が統一地方選挙に勝利を収めたことで 体制選択を終えている。
イギリスとしては、ナチスの「ダーウィニズム」(進化論)が容認できなかった。
人間はサルから進化したものではない、だから肉を食べてもいい、という立場であり、ヤングアース理論に立脚していた。
最終的なヒント:日本国の永田町およびアメリカにおいては「資金力は挑戦者の資格」 と言われていること。
「聖母マリアを信じるか?」
フルメタルジャケット

ヒトラーと言えば「ユダヤ人虐殺」で知られているが、答えとしては「ドイツから遠く東の方で起きたこと」であるというしかなく、「ヒトラーは悪である」という必要があったアメリカ・イギリスの存在が大きい。
ヒトラーはあくまでも「パリサイ派」=ノンケであり、「世界の現状」「菜食主義」「日本と同盟を組んだこと」などが原因である。
まちこさんは、戦後、オーストラリアで余生を送ったヒトラー(ジョン・アンダーソン)と会ったことがあるそうだ。
いろんな意味で「まちこさんは別格」とされる理由がある。
医師に推薦したのもこのあたりが原因だ。
赤いスイートピー

「神」というのは結局、「信じると女子高生たちにモテるため、為替(銀行の送金)を受けやすい」あたりにある。
ヒトラーは「神を作る」こと以外に頭になかったんじゃないかな。
つまり、カネのことしか頭にないのだ。
アラフェスにはぜひ「スターリン」を自らと同視し、専門にしてもらいたい。
なぜなら、芸能界においてはヒトラーよりもスターリンの方が多数派であるからだ。
スターリニズムの「価値相対主義」はゲイカルチャーであるが、女子高生から主婦層まで広く浸透し、少なくとも20世紀のうちは東京大学法学部はスターリニズムへの批判能力を持たなかった。
尾崎豊、竹原ピストルなどだ。
竹原ピストル

そもそも中学高校というもの自体、ノンケとオカマの戦争であり、ナチズムとスターリニズムの戦争なのだ。
イギリス・アメリカ資本主義(親のカネ)が介入するかはともかく、みんな「逃げるように」学校を卒業している。
学校の教育現場に「現代版第二次世界大戦」ゲームを浸透させてもらいたいのだ。
モバコインもあるしね。
「気~スピリット」
人間というものは「空間」だけではなく「時間」というものも脳が計算に入れている。
そのため、今目の前に見えている風景だけではなく、「今後何をしたいのか?」まで考えないと(時間)、たちまち人間は「気力を失う」のである。
私は、ヒトラーの境地が理解できるようになって「気力」を瞬間的には失った。
しかし、それならば「世界の政治家の研究をしよう」ということにしたのだ。
おそらく「スターリン」も、アラフェスより先に、私が研究してしまうだろう。

スターリンの統治下は1922年から1952年であるが、それはアラフェスのような「恐怖による統治」であった。
彼の顔にはあばたがあった。
幼少期の病気が原因だ。
母は、熱心な正教会の信者だった。
マルクスとレーニンを学んだ時に、正教会の神を信じて為替を利用することをやめた。
1903年にボルシェビキに入っている。
これは「レーニンの兵隊」であった。
レーニンと言えば、私のように「女心」を語って支持を集めた人物である。
つまり、令和の次の30年は「アラフェスによる恐怖政治」が行われてもおかしくはない。
レーニンは、スターリンを「粗暴な男、しかし、自分への忠誠心は忘れない男」と考えていた。
1903年にマルトフにより「メンシェヴィキ」が作られた。
美魔女のような「聖母マリア」がいなかったために分裂したのだ。
皇帝の秘密警察(オクランカ)に常に監視される生活であった。
スターリンは「誘拐」によりカネを集め始めた。
1917年のケレンスキー内閣で、レーニンは「四月テーゼ」を公表し、女子たちの支持を集めた。
レーニンの後継者は「スターリンかトロツキーか」がだいたい明らかになっていた。
1918年に皇帝の「白軍」をレーニンが破った。
レーニンへの「女性たちの支持」「女性ネットワーク」は盤石なものがあった。
レーニンは「スターリンによる党内クーデター」を恐れ、トロツキーと組んだ。
「中国とスターリンの結びつきはここから始まった」
ロシアを蒋介石と日本のコンビがいじめたため、上海で中国人が殺された(上海事変)。
フレディ

しかし、上海事変の時に、レーニンは「満足なおカネも送れなかった」とされ、スターリンの「宿題」が上海事変となった。
農業への男の投入の重視、これがスターリンがとった作戦だった。
のちに北朝鮮にも影響を与えている。
1929年に公職追放されたトロツキーは、1940年にメキシコシティで殺した。
トロツキーに忠誠を尽くす「70万人」を公職追放した。
このことを「恐怖政治」と呼ぶのだ。
1941年から1949年までに300万人を国外追放にした。
「虐殺」という事実はなく、「公職追放」「国外追放」でも十分な「恐怖政治」であった。
なぜなら、「どのみち死ぬしかない」からである。
スターリンが「農業女性ネットワーク」に依存しすぎたことは「飢饉」に弱い体質を持っていた。
彼が「西部劇」を愛したことは、今のロシアの石油資源につながっている。
ポーランド分割の時の「カチンの森の大虐殺」も恐怖政治と呼ばれた。
1941年7月22日にヒトラーの「バルバロッサ作戦」が始まった。
「ダッカ」と呼ばれる農業女性ネットワークでスターリンはこれに応じた。
レーニンが構築した女性ネットワークはいつしか「スターリンの暴力」を愛するようになっていた。
ソビエトの、第二次世界大戦における戦死者は150万人と言われ、スターリンの恐怖政治によって出た犠牲者よりも少ない。
戦後、ハンガリー動乱において5万人の女性がレイプされた。
ノーベル賞の資料を調べてみると「二度、ノーベル平和賞候補に」スターリンが挙げられていた。
ドイツ、日本、ハンガリー、ルーマニアから「外国人部隊」を60万人集めたが二度と帰ってくることはなかった。
「レーニンが構築した女ネットワークがいつしかスターリンの暴力を愛するようになっていた」
毛沢東とスターリンと、北朝鮮は「農業」でつながっていた友人である。
しかし、医者である「ノンケ」のフルシチョフにのちに「スターリン批判」を浴びる宿命にあった。
「医者には逆らわない」
これはスターリンの限界であり、スターリンをコントロールするためには「医者」でなければならなかった。
フルシチョフは、スターリンの後を引き継いで、ソビエト連邦の最高指導者になったが、彼のデビューは「シークレットスピーチ」から始まる。
「私は君たちがハーバード、ソルボンヌ、オックスフォードでキャンパスライフを謳歌していた時に豚を追っていた」
という趣旨のスピーチだ。
実に謙虚ではないか?
しかし、その実像は、1917年にボルシェビキに加わり、レーニンやスターリンが構築した「農村女性ネットワーク」の間を、草の根から活動してきた「医者」であり、「ドクトルジバゴ」のモデルであった。
彼が地方で聞いた医療相談が、そのままモスクワにまで伝わった。
「腕のいい医者がいる」
それがそのまま東京に伝わる私と何ら変わりはない。
一億人の「歴史のない子供たち」が一斉にスタートを切ったロシアにおいて、党の序列を上がっていくためには「モスクワが注目する医者」である必要があった。
「医学においては田舎も都会もない」
それがスターリンの「ダッカ」に大ウケした現状がある。
1953年に「トルストイがフルシチョフに対して好意的」な小説を書いていたため、最高指導者になった。
トロツキーの「ホワイトクリスマス」も、スターリンの「ダッカ」も織り込み済みだった。
その上で、医者として「芸能界のモデルであり続けた」ことがフルシチョフを国の頂点に押し上げた。
王子様と雪の夜

全米メディアは、フルシチョフの「千里眼」のような医学の才能を封じ込めるのに必死であった。
ニクソンとフルシチョフ

しかし、1955年にユーゴスラヴィアのチトーを攻撃した時に、「医者である、というだけでは国際社会では通用しない」ことを悟った。
ユーゴスラヴィアが東側から抜ける?
それは、全米メディアの力が背景にあり、カネの力があった。
「医者よりも厳しい世界が芸能界なのか?」
私が、まちこさんを「医者に」推薦した理由もここにある。
フルシチョフやミコヤン、ブルガーニンの前で、チトーは王宮で「全米の富」をドレスアップして見せつけた。
それは、多くの男たちが一人の女に喝采を浴びせる「芸能界」「ミクロ経済」のなせる技であった。
愛の炎

フルシチョフは、ユーゴスラヴィアのチトーと会った後に、ミコヤンに「労働って何だろうな?」と語ったが、ミコヤンは無言だった。
アメリカ芸能界の前に言葉がなかった。
酒をしこたま飲んだ後に寝たが、翌日から、もはやフルシチョフは「医者」ではなくなっていた。
「デマゴーグ」「ワンフレーズポリティクス」を多用し始めたのだ。
「ドクトルジバゴ」は「ぺピン」と呼ばれ、過去の遺物となった。
ぺピン

モスクワで美男美女を集めろ。
ソビエト連邦にミクロ経済を。
このフルシチョフの変貌を見たカガノビッチが、「フルシチョフの豚追い時代の真実」を暴いて、「ぺピンとは何か?」をまとめた。
ようするに「フルシチョフは医者でなければいつでも抹殺できた」のがソビエトの政界であった。
さて、アメリカ芸能界にショックを受けた「ぺピン」フルシチョフであるが、彼の経歴はあまりにも輝かしかったため、振り返っておきたい。
スターリンの「ダッカ」を「チェカ」さらに「ゲペウ」へと改組し、それはひとえにドクトルジバゴ=ぺピンの力量がなければできなかったことであった。
モスクワのどの喫茶店でも、年寄りのおばさんたちが「ぺピン」フルシチョフの「医学談義」をやっていたため、トロツキーもスターリンも、このやんちゃなぺピンにはほとほと困り切っていた。
レーニンが死ぬ間際に、医者を呼べ、そうだフルシチョフを呼べ、と言ったことは、トロツキーやスターリンはのちに「我々はモスクワを離れていた」と言い訳するしかなかった。
フルシチョフは「あの頃は、暴走族すら、おばあちゃんに言われて信号を止まった」と懐かしげに語っていた。
いずれにせよ、「女ネットワークに医学情報をのせれば強烈な組織ができる」ことを明らかにしたことから、ゲペウは成り立ったし、ソビエト連邦とは何か?を語るうえで、レーニン、スターリン、トロツキー、フルシチョフの四名を理解しなければ、説明は困難であった。
スターリンとトロツキーのどちらにつくかも、「目がしっかりしている人は呼吸がしっかりしている」としてスターリンにつくことにした。
トロツキーについた「70万人」が追放されるのを眺めていた。
青いスタスィオン

スターリンの「恐怖政治」は苦々しく見ていたが「お前らと同じ側にいたよ」と若い頃を振り返った。
なぜなら、スターリンの恐怖政治にまるでスターリンよりも暴力的に加担したからだ。
オカマの目は半端ねえな(笑)。
ビューティフルキラー

さて、スターリンが死んだ後に「誰とでも話し、なんでも論文にしてカネを集めるおじさんがいる」と噂になった。
これがフルシチョフであった。
アメリカ合衆国と争いさえしなければ「憎めないおじさん」で済んだであろう。
「カネ集めの方法」は堂々と「プラウダ」に書いた。
フルシチョフのプラウダのおかげでどれだけソビエト連邦は豊かになったであろうか?
「スターリンはカネの後を追っただけだ、プラウダ紙の言うことにしたがっていただけだ」とも何とも恐ろしいことが語られている。
1956年にスエズ動乱が起きて、世界の覇権がイギリスからアメリカ合衆国に移った。
かつての「ぺピン」を愛する男は、クレムリン宮殿の前で「フルシチョフはバカだ!」と叫んで泣いた。
「フルシチョフはバカだ!」
この言葉に最も我に返ったのはフルシチョフ本人であった。
「スターリン批判」が始まった。
自分の歴史までスターリンとともに抹殺されかれなかったからである。
「あの時ジノビエフとトロツキーは、世界革命を志向し、スターリンはロシアファーストと言ったよね」
つまり、トロツキーが世界革命を目指し、スターリンが一国社会主義を目指していたというのは フルシチョフによる総括であった。
なぜなら、「ロシアファースト」が正解であったからである。
しかし、フルシチョフは「スターリンは金持ちを敵に回すことを避け、芸術家を敵にしただけだ」とし、自身がチトーに味わわされた屈辱をすべてスターリンのせいにした。
日本国では「ココム」(対共産圏輸出統制委員会)というものがあり、 なかなか、モスクワドールから話が聞けなかったが、 それでも、フルシチョフ以降、岡林信康は失踪したし、 山口百恵やピンクレディー、キャンディーズが猛威を振るった。
スターリンの悪いところは「飢饉」に弱かったことであるとも批判している。
スターリン批判をしているうちにフルシチョフにだんだん「夢」が見えてきた。
もっとも、「ダッカ」という女性ネットワークに農業を依存していた中国を切り捨てる行為であったため、中国に「わがまま」ぶりが嫌われた。
農民は官僚にアイドルを売らなければならない。
官僚は肥料から何から指導してやる知識を持っている。
それでも、、アメリカ芸能界を目の当たりにすると、スターリンへの怒りは収まらなかった。
農民の中の「農奴」が芸能界の温床であることも「知らなかった」とフルシチョフは言った。
ヒトラーはチャーチルに助けられただけだろうとも言った。
まあ、「ドクトルジバゴ」=ぺピンの正当化を始めた時点で、「終わった感」があった。
「いいものを破壊し、カネの面倒は俺が見た」とも言った。
宇宙を夢見たりもしたが、ブレジネフが電話を取り上げるまで「悪口」が止まらなかった。
どんな名医も晩年とはこのようなものなのだろう。
ライクアヴァージン

フルシチョフをあざ笑うがごとく、日本国ではアイドルが踊り続けた。
しかし、アメリカのマンスフィールドが今度は日本国のアイドルに怒ったという後日談もある。
Newsな未来

中国とソビエトが国境線近くで軍事衝突した。
アメリカが人工衛星で分析したところ、ソビエトの方が補給兵站から遠く、どうやらソビエトが仕掛けたらしいとされた。
キッシンジャーは、「今のままでは中国の側につかざるを得ない」と声明を出した。
まあ、フルシチョフの言動を考えると当然ではあるが。
明菜ちゃんだの聖子ちゃんだのを活用した私の宗教はこのような時代背景があった。
なお、現在の「プーチン」であるが、原油価格が40ドルまで下がった時に、「140ドルで維持できた権力が40ドルで維持することはできない」と言われた。
つまり、ロシアの大地に過去に何もなく、現在にはスターリンの「西部劇好き」があるという、歴史のギャップから石油というものは取れるため、プーチンとてスターリンの影響を免れることはできないわけだ。
恋は百年戦争

なお、松田聖子も最終的には「アメリカ芸能界進出」を行っているが、アメリカでは松田聖子は「キタロー」(西田幾多郎)として知られている。
このあたりはご本人も知らない「大人の事情」があったというしかない。
また、私はアメリカ留学中に「アメリカを公演して回っている内田裕也さん」の通訳を務めたこともある。
内田裕也さんの「音楽性」に関しては謎である。
また、私のアメリカ留学は、昭和天皇の国策であり、大島浩駐独大使が「アイドルをアメリカに売れば円が上がる」と言っていたことを昭和天皇が聞いており「おニャン子クラブをアメリカに売った」という企画に「華族子弟」として参加したに過ぎない。
大島・白鳥が靖国神社に合祀されたから靖国参拝をやめたという昭和天皇であるが、最終的には大島の言うとおりに行動している。
ハートに募金を

また、「プーチンは元KGB」というが、これは「昔のゲペウ」であり、農村女性ネットワークにおいては「女がタイピスト(出来事を語る)」のに対してそれを「男が記録にまとめる(ファイリング)」という男女の共存が必要であり、まあ、プーチンとしては「なんら暗い過去ではない」と言うことは可能であろう。

日本国の経済成長は1973年に終わり、中国は2011年に終わっている。
みんなその国に「罰」を与える方法を探している。
日本国ではオイルショックが起き、背景には「青銅の蛇」があるものと思われる。
中国は、ヨーロッパ各国が「ダライラマ」(パリサイ派)と会うことが「罰」となるそうだ。
パリサイ派(ノンケ)と、サドカイ派(オカマ)というものは常に頭に入れておいた方がいい。

「たかりと労働は区別がつかない」
たかりとは「金を持っている人に指図を受けて行動原理を変え、金をもらう」ことを言う。
元彼から「お前のダメなところ教えてやろうか」と電話がくることがある。
元カノは、彼氏の弱みを言いふらしているが、元彼は金が出来次第、それを潰して回る。
シャボン玉

モテる男に「指図をしたい」というのは当然であるが、
それでお金をもらうのを「ガスライティング」「ピアプレッシャー」「ネギング」「エモーショナルブラックメール」と言う。
北朝鮮が世界に人気があった頃は、日本国に「何か指図はありませんか?」というブラックメールが届いた。
まあ、モテる限り、人間は食っていけるのだろう。
公的空間でタバコを吸ってはならないという法律があるが、言うことを聞いても政府がお金をくれるわけではない。
政府は法律を作ることで政府にお金を集めている。
法律は女が作り、カネの使い道は男が決める(予算法律説)。
しかし、もし法律が「強要」にあたるのならば男性的判断・憲法判断が必要となってくる。

「賃金闘争」
従来、「オレオレ詐欺」と呼ばれてきた賃金闘争であるが、親に伝える賃金闘争の手段は三つ以上ある。
まず、ダーティーハンズの原則と言って、男性有名芸能人を二名ほど「友達だ」と親に紹介し、電話で本人確認をしてもらうことだ。
次に、非暴力不服従というものがある。
女性有名人二名を親に紹介し、電話で本人確認を取ってもらうことだ。
なぜ、非暴力不服従と呼ばれるかと言うと、「言うことを聞かない女たち」であるからである。
最後に、いろんな人生の行きがかりも「楽しかったな」という徳川慶喜の方法がある。
「楽しかったな」と渋沢栄一に語ったことは「のちの人生はおカネで何とかしてくれ」という意味であり、将軍の肉声が残るというのも何とも恐ろしいものである。
Be my diamond

女の場合は、失恋したら「お父さんの方がカネ持ってるぞ」と言ってメシウマである。
しかし、男の場合は、「カネを持ってる方が勝ち」という側面があり(実質経済)、「女の口説き方」をカネに変えない男には、「悪口しか言わない者」に対して言論の自由は沈黙している。
元彼

「女の口説き方」はカネになる言論でも、「空気感」でオカマだと分かる人もいるからな。
それで、株価は上がったり下がったりするわけだ。
株価の下がる要因を封じ込めていいのか?(必要性と相当性・比例原則)。
わずか日本国の男の「8%」に過ぎないオカマがうるさいと大変なことになる。
言論の自由が万能だとするのならば「アーリア人」(パリサイ派)の優越を認めてからにしてくれ。
いい年して「お年玉」を期待している男もいるのだ。
「神を信じられない」からオレオレ詐欺をやるのだろう。
タバコを吸うのも「フェラチオ気分」なため、人前でタバコを吸えない人も(男も)いる。
また、「噂のロデオボーイ」が好きな男もいる。
ロデオ

私が入院するたびに、「パリサイ派」が「女の取り分」をめぐって表舞台に出てきたため株価は上がった。
オカマの発言は「炎上」するほど信仰心がない。
言論の自由を与えても「炎上」→病院送りならば簡単だ。
しかし、どの企業も「株式を67%」もったら「100%まで買い進めなければならない」とされている。
スマップなどが流行し、平成の時代はまさに「オカマ100%」の時代であった。
令和はしかし挽回した。
パリサイ派(ナチズム)とサドカイ派(スターリニズム)はどこかで決着をつけなければならなかったが、資本主義は歴史上は「サドカイ派」に味方した。
第二次世界大戦でもし日本が勝っていたら?そんな研究もあったが、それは「パリサイ派の勝利」であり、ノンケの勝利であった。
神はゲイを憎んでいるというだけで葛藤を感じる人もいる。
アメリカ・イギリスは「世界の富」よりも「世界の支持」を選択した。
信仰心のないモブと呼ばれた。
医療同意年齢(16歳)より前に虐待されているのだからどうしょうもないだろう。
マザーファックさせるほど大切に育てた息子もどこかで見放した。
令和に入って株価が上がったが、サイレントマジョリティーが声を上げただけだ。
暴力的オカマの弾圧でもあった。
パリサイ派は女をめぐって、サドカイ派は「憎しみから」イエスを磔にした。
サドカイ派の敵意を「朝鮮」に逃がそうという国策もあった。
ヘイトがまかり通り、「解決などしない方がいい」と言われた。
イギリスではこの問題をめぐって、「オカマ批判」をしたものに罰金を、オカマ擁護をしたものに懲役刑を与えている。
警察にはオカマがいなかったため、警察批判も懲役刑だ。
人種への批判は「サドカイ派」の敵意を逃がすのに都合がいい。
アメリカにはジーザスクライスト教(白人至上主義教団)というものもある。
なぜ、「ケツの痛み」を治さないんだ?
なぜ、「ちんちんの痛み」を治さないんだ?
そのあたりは私もドクターとして少し研究してみようと考えている。
なぜ、このような議論をしたのかと言うと、ダーティーハンズの原則を用いると、「有名人男はみんなサドカイ派である」と言えるからである。
パリサイ派92%、サドカイ派8%という日本国の現状において、「8%というのは大量保有報告書を出すのに十分すぎる数字」であった。
国の豊かさを志向するイエスキリストには必ず「サドカイ派」が立ちふさがる。
パリサイ派のように「イエスキリストへの理解力」を持たず、学校気分で生きている貧乏人だった。
学園天国

うるさいが 選挙をやれば 少数派
(小野光太郎の一句)
これが「資金力は挑戦者の資格」と呼ばれた政治コミュニティーの結論であった。
山本太郎

 
「サドカイ派殲滅作戦」
アラフェスが、ケツが痛いときに「梅干しの種をケツに入れろ」を言っていたが、「種」ということは、梅干しそのものは「食べている」ことを意味する。
「酸っぱいもの」を食べることそのものが痔に有効なわけであり、種はさほど効果はない。
痔と言っても、「ケツ」ではなく「胃」からアプローチした方がいいことがあり、まあ、音楽が好きな人が多い。
そもそも、心臓がデカいものが痔になることも指摘されている。
心臓がデカいということは「手のかかる子」だったという指摘は可能であり、そのことへの報復から親に虐待されている。
胃に優しい食べ物を食べ、音楽を聴く。
ケツが腐っているのは抗生物質(ビタミンドリンクでも可)を飲むしかない。
薬コレクターは問題が多いが、ビタミン剤コレクターはむしろ推奨したい。
ロゼさんが「マロリーワイス症候群」であると言っていたが、これは、「フェラをガンガンやられてひざを痛める」ことから、食生活や音楽作品、ビタミン剤コレクターとしての活動に制約をきたすことを言う。
今は、通販が発達しているため、ほとんど想定できないことだ。
ロゼさんが「音楽作品」「YouTube」のリンクを全く踏んだ形跡がないのが印象的だ。
出血を目の当たりにしたことが「胃に悪影響を与えている」、これが痔の正体なのだ。
両刀遣いの男の間では「禿よりもデブの方がいい」と言われている。
痔の男は「太ってくる」ことが知られている。
まあ、酸っぱいものを食べて、音楽をよく聞いて、ビタミン剤コレクターをやるしか、「血を目の当たりにしたトラウマ」をなくす方法はない(血を避けることです)。
「食べ過ぎに注意」
神のみぞ知るハートの行方

肛門というものは必ずしも、三次元では成り立っていない。
左が「横」で、正面が「前」、右が「後ろ」と言われる。
まあ、最初に便座が鮮血で染まった時に「3日以内に」下剤を飲まないのならばオフィスでも不愉快な思いをするだろう。
「蜘蛛が怖い」「血が嫌い」というのがパリサイ派なのだ。
痔の手術と言っても「余計な腐った細胞を取り除く」だけなので「梅干しの種」でも突っ込んでおけばいい。
水分の摂り過ぎは便秘につながるので、痔にはよくはないだろう。
まあ、タバコをバカバカ吸って水分をたっぷりとって研究生活を送るというのはサドカイ派には無理であるということである。
なぜ、サドカイ派殲滅をやりたいかと言うと「いじめの温床」となっているからだ。
サドカイ派のケツの話は以上であるが、ちんちんの痛みに関しては「胃が危機的状況に陥る」ことから、「食べられない」ということになる。
性欲よりも食欲の方が大事であるため、性欲もなくなる。
ナルシシズムの歴史とも言われ、その人の歴史と向き合わなければならない。
「NHKに出演し、影響力に驚いた」
などのことが、胃の危機的状況につながる。
ちんちんの痛みに関しては「薬」が発展しており、医者に恥ずかしがらずに言う必要がある。
「食べられない」で判断できる名医もいる。
大切

女の子には「胃の危機的状況」を「蚊に刺されたから」と指導する。
手足口病と呼ばれている。
彼氏ができないなどの悩みも生まれる。
なにしろ「食欲の方が性欲よりも大事」であるため、「食べられない」というのは大問題だ。
ビタミンB12で食欲が改善することもあり、ビタミン剤コレクターとしてサドカイ派は、健康を維持する必要がある。
薬のコレクターは医者を混乱させるだけなのでやめた方がいい。
さて、言論の自由の続きであるが、「父親」(政府)が介入しないと「8%のオカマ」がデカい声を上げ始める。
まるで底辺高校のようだ。
学校というものは「常に女の子たちのセールスを考えている」とされ、言論の自由を認めると「女の子たちの価値が下がる」とされている。
東大合格者が出てくれれば女の子たちも高く売れる。
つまり、学校というものは、「競売」にかかっており、女の子たちの「入札」を考えている。
「オカマたちを黙らせていいのか?」
「ノンケの男が発信力を持てばいいのではないか?」
そもそも「サドカイ派の病気を治せばいいのではないか?」
とにかく、パリサイ派は、女をめぐってイエスと争ったが、サドカイ派は「一生ダメ人間」ということからイエスを憎んだのだ。
よりイエスに対して残酷だったのはサドカイ派であるとされ、「サディズム」として知られている。
そもそも「処女が好き」という男は伸びしろがなく、彼女の過去の男すべてに勝ってやろうというリベラルな男はパリサイ派であった。
カネが違う、知性が違う、このようなリベラルが自由民主党を支えているが、「伸びしろがない」「処女が好き」という「保守」は確実にいたのだ。
保守というのは案外サドカイ派によって形成されている。
保守論壇というと「つまらない」ことで知られている。
リベラルというのは、金持ちの象徴のように思われた。
妻に求めるもの(裁断的判断)と、女友達に求めるもの(裁量的判断)は異なるものだ。
しかし、女友達を妻にすることもあるだろう(リバタリアン)。
このあたりの「自分を持っている」人(リバタリアン)というのが日本国の富を支えている。
サンクチュアリ

皆さんは「ポートフォリオ」というものをご存じだろう。
悪魔というのは「サドカイ派」であり、天使というのは「パリサイ派」である。
悪魔は下方向に株価を引っ張り、天使は上方向に株価を引っ張る。
しかし、「言論次第」ということを忘れてはならない。
あるいは、悪魔も医学次第で天使になるのかもしれない。
アラフェスは少なくとも必死で病気を治そうとしている。
天使か悪魔

中学高校において、パリサイ派のいじめられっ子の親が「サドカイ派のいじめっ子」にカネを送っていいのかという問題がある。
非常に困難な問題であり、発言や行動が「学校の値段」を下げているのに、なぜ、カネを送らなければならないのか?と言われる。
いじめを見て見ぬふりをする教師もいる。
あるいは、サドカイ派の「家庭の事情」を熟知しているだけなのかもしれない。
サドカイ派の「大声」がクラスを包んだら、たちまち学級崩壊である。
「酸っぱいものを食べろ」「音楽を聞け」「ビタミン剤を飲ませろ」
月曜一限目に「先生」がやるべきことはあるだろう(道徳)。
親がカネをやったらキリがなくなる。
根本的な解決にはならない。
パリサイ派は「一度きりの人生」で満足する右翼であろうが、サドカイ派は「輪廻転生を信じる左翼」であった。
カントは教室で「恋の話」だけを行った。
ミルは「論文がエロ本に見えるように」書いた。
美魔女は「論文がエロ本に」みえていない(保守論壇)。
道徳とは「仲間が多い」という意味である。
それならば、サドカイ派のような「オカマでありながら声がデカい」男は成績は悪いだろうが、道徳ではいい評価を受ける。
しかし、「社会人」「おカネの世界」になったら通用するのだろうか。
道徳の時間に「酸っぱいもの」「音楽作品」「ビタミン剤」を持ち込むのが優秀な教師かもしれない。
「男にする」「女にする」のが教育なのである。
Wake me up

1995年に「新宿二丁目」のことをテレビでオンエアしてもいいことになった。
「いじめとは何かが分かった!」
ジマーマンという学者が1996年に論文として公表した。
パリサイ派とサドカイ派を、ここまで精密に分析したのはおそらく私が初めてであろう。
パリサイ派からサドカイ派に「いくら送ったらいいのか分からない」ということを「ジレンマ」と呼ぶ。
「酸っぱいもの」「音楽作品」「ビタミン剤」
この三つをいかに安くあげるかが重要であった。
日本国ではこの話は「クリントン政権が見た夢」として語り継がれている。
日本国においては、現在、私が書いているとおりである。
マイケル・ウォルツァーは、保守論壇を「うるさいな、それが政治?」と子供たちに誤解を与えていることを批判している。
まあ、ロッテ梅ラムネを食べながら、音楽作品を聴いて、ビタミン剤を飲む、そんな、「学校の一日の始まり」があってもいいし、恋の話しかしない塾の先生がいてもいい。
教科書を読もうと思ったら大して時間はかからない。

「いじめのない楽園」
それは「革命」を意味する、とクリントン政権も言われている。
処女たちの重大関心事である「恋」と関わり、「誰が推進したのか?」という男性崇拝が混乱する。
神奈川県や横浜市だけで推進するのならば「内戦」すら意味した。
そのため、文部科学省に報告しなければならない。
両刀遣いの中には、ノンケのエリートに「永久戦争」を宣言する者もいた。
金持ちによる統治(民主主義)が抑圧的な体制に思えた。
「3万人の自殺者」という形で「処分」せざるを得なかったのが現状であった。
「3万人の自殺者は二兆円の損失」とも言われている。
常にサドカイ派は「劣った暴君」に政権交代を迫っていたため、政治家が貧弱になっていった。
しまいには「金儲けってどうやるの?」ということを東京大学が見失った。
「仕事もできない者が暴力を使っている」
サドカイ派はこのように表現された。
通常は課長補佐どまりだ。
日本国には、容赦なくアメリカ合衆国の「MBA」が上陸していた。
アメリカ合衆国の「MBA」がなければとっくに暴動が起きて終わっていただろう。
「暴力革命をやっても自然革命は起きない」
クリントン政権の時に「MBA」が日本国に知られるようになった。
本来、マルクス主義は「サドカイ派による暴力革命」を目指していた。
そのあとの「自然革命は起きないではないか?」というところで思考停止していたのだ。
ところが、クリントン政権は、アメリカ合衆国の「いじめ撲滅」(サドカイ派殲滅作戦)を行い、「ブルジョワ国家」を構築した。
イジメ ダメ ゼッタイ

勉強というものはおカネである。
しかし、サドカイ派は「暴力という形でこれに応じてきたのだ。
暴力革命などナンセンスというのが私の立場であり、組織というものは医学的生物学的にアプローチした方がいいということから、公共事業として、ロッテ梅ラムネ、大塚製薬のネイチャーメイドを広めさせていただくことにした。
パリサイ派とサドカイ派の対立に頭を悩ませるのがイエスキリストであった。
そこで、本当に、ロッテ梅ラムネや大塚製薬のネイチャーメイド、さらには音楽作品が有効であるとするのならば、「キリスト教の終焉」「神道の確立」を意味する。
磔になるイエスがいないのならばキリスト教は終わる。
いじめっ子(ボディ)といじめられっ子(ソウル)がなければキリスト教ではない。
Body & soul

まあ、高校や大学と言った「ノンケ(パリサイ派)とオカマ(サドカイ派)の共存」した状態が、ユダヤ人だと言っていい。
サドカイ派の男は「高校を出てからいいことがない」と言うし、女の子も「クラスの輪の中心にいたオカマへの恋」をいい思い出にしている人もいる。
いつ、女たちにモテて、いつ「サドカイ派殲滅作戦」を展開するようになるかが問題であり、そのあたりが「メシア」と呼ばれるものであろう。
誰もが人生の一時期はユダヤ人なのだ。
パリサイ派(ノンケ)とサドカイ派(オカマ)の対立は、イエスによって「サドカイ派殲滅作戦」が展開されたが、学校のクラスの輪がそのまま社会になってしまったのがイスラム教である。
国そのものは極めて貧しい。
ナイジェリアのように、キリスト教とイスラム教が対立し、暴力的なイスラム教徒がボコハラームなんてものを作ってしまう国もある。
アフリカにおいては「兄弟愛」が知られている。
アラブのイスラム教が「青銅の蛇」を主張しているのは周知のとおりである。
かつて文明があった地域に今は何もない、そのような「歴史のねじれ」を利用して石油は取れるであろうが、決して前向きな発想ではない。
イスラム教が、「今は何もない地域」を作り出し、石油と結びつくのは必然であった。
ニクソンはなぜ「原油のドル決済」を行ったのであろうか?
それは、ヒトラーではなくスターリンを支持した方が世界の支持につながるという発想とまったく同じであった。
大塚製薬の「お問い合わせ窓口」に「小野光太郎さんの友人ですが、ビタミン剤一式ください」とメールフォームで送ってみてほしい。
あと、松田聖子の「10万BOX」も、性格を叩きなおすのに有効だ。
info-cic@sony.co.jp  宛てに、タイトル「ウォークマン担当の義江さん宛て」書面「小野光太郎さんの友人ですが、松田聖子の10万BOXをいただきたいのです」と言うと、無料でもらえる。
もちろん、セールスはオリコンにもカウントされるし、印税も関係者に入る。
まあ、「大人の事情」「サドカイ派殲滅作戦」だと思ってもらいたい。
コーヒールンバ

サドカイ派の存在意義としては、「国際条約の法源となる」ということが指摘できる。
ヒトラーとスターリンは少なくとも「ポーランド分割」を行ったし、日本国は、国連に届け出た条約のみならず、1000本の秘密協定が存在する。
オカマがいなければそのようなことをする「必要がない」とも言われる。
一部の人が得をする金融政策は好ましくないと述べたが、在日朝鮮人のオカマ、部落民のオカマが、金融政策についてこれず、「オミクロン株で」夜逃げしたとしても、首相はこのことを「新聞紙協定」によって、メディアで発言することができない。
「上流階級の噂話」が、常識になることは少なくとも地上波や国際社会は容認していない。
「少数派が生き残っていくためには何をしなければならないのか?」
このような現実を公にすることはできないのだ。
「男性は第二次性徴において逆三角形の体になり、女性は生理と向き合えるようになる」
このような「教育」が、マイノリティにおいてはなされていない。
「売れるものならば男の子でも売ろう」
イエスキリストが「ペルシャ人(イラン人)差別を行った」ことが知られている。
ちなみに、世界史の教師・武井正教氏は「理由が分からない部分である」と講義していた。
パリサイ派によるサドカイ派殲滅作戦を成功させたイエスにとって、「もはやサドカイ派が勝利した」ペルシャは差別と国際条約の対象でしかなかった。
マイノリティは、クラスの女の子たちの「処女」を奪いまくって「不良」と呼ばれて保護監行きか、高校に入ったら中退するしかない。
「名前も伝統もない」中学出身の人に多いね。
1866年にアメリカ合衆国は「成績やカネではないのだ」「みんな同じ大きさの領土を」という政策を取り、医学ではなく権力で「サドカイ派殲滅作戦」を展開した。
鎌倉殿の13人においては「徳政令」でこれは実現したのだろうか?(早い!)
「なぜ男がレベルダウンしなければならないんだ?」
このような考えは日本もアメリカ合衆国も持っていた。
いかなる時代のいかなる経済も分析できるのは日本とアメリカだけ、と言われている。
それほど、徳政令というのは大英断であった。
私は、西本願寺に「日本国はきれいな国」と電話したらガチャンと切られた。
在日朝鮮人や部落民を抱えているという意味である。
やがて、サドカイ派は「狭いサークルで女を回し合って仲間を作る」宿命にあった。
つまり、「貧しい」のである。
平成の時代の、桜木花道やルフィはサドカイ派であり、炭治郎はパリサイ派である。
平成の時代は、オウム真理教事件をきっかけに「暴力への回帰」をしていったのだ。
国の経済も「失われた20年」と言われた。
「一杯のかけそば」(涙のファシズム)、「皇室は祈り」「差別は悪」というきれいごとがこのようなことをもたらしていた。
「ブラック企業」「マイノリティ宗教」「沖縄」などの問題が平成の特徴であるが、このような連中が「大声」で喚き始めたのだ。
「東京大学に入るために男の子は何をしなければならないのか?」(東大までの人生)とも言われている。
私は、令和の時代においては「酸っぱいもの(ロッテ梅ラムネ)」「ビタミン剤(大塚製薬)」「音楽作品(松田聖子の10万BOX)」によって行おうと考えている。
昔のように「成績やカネではなく領土はみな同じ」ということができる状況にはない。
ローマ帝国においては、サドカイ派は「ルーマニア」という地域に追いやられた。
チャウシェスクは「スターリニズムの優等生」だったのだろうか。
さて、ここからが「正統派日本人」「正統派アメリカ人」の議論となる。
社会の階層は、サドカイ派に容赦なく「一生課長補佐」という待遇を与えた。
おカネの勝負なのだから当然でもある。
一日中「工賃」だけで作業したり、遊んだりする気には私はなれない。
組織的にサドカイ派を差別することを「反共労務管理」と言う。
反共労務管理(サドカイ派差別)は、おカネの裏付けのもとに人気を博した。
しかし、「なぜ差別がいけないのか?」を日本国は「朝鮮民主主義人民共和国建国」で学習した。
サドカイ派の連中は皆あっちに逃げていった。
「楽園」
そう見えただろう。
とことん追い詰めると国を割られてしまう。
「酸っぱいもの」「ビタミン剤」「音楽作品」などの解決法を模索した方がいい。
国を割られないように「マイノリティ」という認定を出し「近似」(リース)の道を模索するという、あくまでもおカネ目的の政策が練られた。
「近似」を権力で行ったのが「徳政令」であり、医学で行ったのが私である。
「差別は悪だ」と言ったところで、中学高校の「好きな女の子」の処女を奪いまくったオカマは許せるはずがなかった。
しかし、「それでも近似させろ」と政府が命令(法律を作る)することは可能である。
きわめて知的な営みであった。
貧しい連中に「酸っぱいもの」「ビタミン剤」「音楽作品」を無料で与えることは可能であった。
三ついいことがあればいいだろうが、それ以上は今後、私も研究していきたい。

」 閑話休題:出雲大社の千家国麿を誰か殺してくんねえかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

石原伸晃に1票を。
自民党に寄付をお願いいたします。

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »