最近のトラックバック

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 【緊急】台風防衛隊結成のお知らせ・第三戦。 | トップページ | 政権構想。 »

2021年9月19日 (日)

ソフトとハード。

国会には「会期制」があり、自民党総裁選には任期切れと選挙がある。
国会には参議院通常選挙と、衆議院総選挙がある。
すべての「期限」は、お金の発信源である。
女から「貝殻」をもらってセックスさせてくれるという約束をしても「附款」(条件・期限)つきであり、試験に落ちたのに、あるいは女が歳をとってしまってからではお金の意味がない。
世界は大雑把に「2100年1月1日に海戦をしよう」という期限を切っている。
これが「ソフトオプション」と呼ばれるものであり、女が自分の都合で「附款」をつけている。
一方、ハードというものは「犯罪行為を行わない」ことからおのずと「女が集まってくる」ものであり、いわば「女の事情」(ソフト)に対して、強く賢く気持ちいい、存在であれば最後の審判は恐るるに足らない(詩篇第1章)。
秋の貝殻

女の子は「噂・予言」が真実だと分かった時に処女をあげるとされる。
男が立証責任を負うのであり、最後まで女たちを離さなかった者が勝つ。
我々、皇室も「無期限」であってはならない。
創価学会や統一教会のように、国政選挙のみならず地方選挙、各自治体の首長選挙まで、常に、勝敗を明らかにしなければならない。
そうでなければ、宮内庁が「単なる犯罪者集団」になるだけである。
セーラー服を脱がさないで

条件・期限(附款)は、神学(男らしさを語り合う論断)であり、神学Bが神学Aとぶつかり合う。
敗れた神学は、禿げた貧しい病人になり、犯罪を犯す。
人々は「勝者ヨハネ」を、「今朝もしっかり髭を剃っていたよ」と語り合った。
衆議院の首相の解散権は、敵を自在に腐らせることができた。
敵が髭を剃らなくなった時を見計らって解散権を抜いた。
集中している奴には打つ手はないけどな。
ボクシングでは、終盤になって「乱れる」奴は仕留めればいいが、世の中では「犯罪者」と呼ばれる。
女子たちも、このあたりになったら「噂・予言」を始める。
このように「ソフト」というものは附款であり「If Then」からなるものである。
一方で「ハード」というものは「女子たちを離さない」「犯罪を犯さない」ものであり、失敗したらモデルチェンジするしかない。
バージョンアップが一番誇らしい。
期限を区切るという事は、「他者の方が我々よりも出来る」ということを証明するためにある。
犯罪行為をいきなり仕掛けてきたのでは「出来る」という証明にはならない。
ヒトラーはバルバロッサ作戦を必要としていたかもしれないし、昭和天皇は真珠湾攻撃を必要としていたかもしれない。
しかし、今は選挙がある。
すべてが「フェアである」とは言わないが、戦争をなくすのには都合がいい。
ニーチェは、この「期限を区切った神学のぶつかり合い」の中に、怒り、恐怖、怯え、敵対心、嫉妬、愛情のうつり変わりを目の当たりにし、これらの「弱者」を憎んだ(ルサンチマン)。
ニーチェは常に「神学における勝者」であったからだ。
ハートをロック

我々は、「腐った組織」をなくすためにつねに「期限を区切らなければ」ならない。
それを「人を蹴落としている」などというのは「組織論」を知らないとしか言えない。
健康的であるのが「期限・条件」(附款)なのであり、負ける神学も生まれざるを得ない。
女を抱いたあとに「また権力から遠ざかった」と考える者もいる。
No more 恋愛ごっこ

ニーチェは、勝者として常に敗者から攻撃されたため、弱者を憎んだのだ(ルサンチマン)。
公職選挙法がなければルサンチマンは戦争につながる。
そのため、ルサンチマンは「魔女の風」と呼ばれた。
ソフトは常に附款を設定し、ハードは女子たちの支持を得て犯罪を犯さないようにするということによりバージョンアップにつなげなければならない。
フルモデルチェンジがうまくいくとは限らないし、ルサンチマンを抱かれている。
解散権を持った者たちが腐ろうとしている。
みんな皇位継承問題に言葉を濁し、天皇のカネにタカろうとしている。
Witches

我々は、周囲の女子たちが「ショック」を起こした翌年(中学受験)や、性概念が定着した時期(高校受験)などに、常に「期限」が切られていて、将来の見通しを「知らなかった」という言い訳は出来ないようになっている。
中には「愛子さまを女帝にしてブレーンになりたい」というものもいるだろうが、「それでは期限が切れないよ?」と指摘された。
特に、現在の永田町のように「政治学」も満足に書けない連中が「ブレーンに?」となると男たちは「女帝?また禁煙か」と肩をすくめるだけである。
少なくとも「雅子さま」は、自分のフェティシズムを周囲に押し付けるだけで終わった。
日本国は、「いい撤退」を模索し、名古屋大学や東北大学などの序列を構築した世界に例を見ない国である。
カネがない、周囲の女たちに「1人上手のネタ」も与えない男たちに撤退を促した。
しかし、名門大学がある都会は「砂漠化」し、学ばない男には彼女すら出来なかった。
片思いの終わりに

1991年に「人を殴ってまで東大に入った奴がいる」とアメリカで話題にはした。
しかし、その「恐ろしさ」を、「強く賢く気持ちいい」ものに変えればいいことも分かってきた。
女たちの心がすでに離れていった者の前で襟を正さない者もおり、高齢者ほど「期限」(附款)の話に「あるある」と納得しやすいものである。
「あのたるんだのは期限・条件の問題か?」ということになるのだ。
気がついたら「従姉妹」しか女がいなくて、
とことんやったらマルクス主義者か。と思われかねないため、司法試験を断念したりもした。
カネのない男を軽んじたマリアに罪はなかったものと思われる。
過酷すぎる人生からは女が逃げていくものだ。
ボエティウスは、「家族というものをよく知っているのならばQアノンを与えよう」と計画した。
現在、世界で数百万のアカウントがTwitterに存在する。
「神、神、全能の神」
主婦層は彼の歌に涙した。
あらゆる世代のあらゆる環境に人は置かれる可能性がある。
しかし、出来るだけ「感度よく」生きれば適当に豊かにはなるものと考えられている。
ヨハネのように「自分を遠巻きに見ていた女たちがいた」に過ぎないことを周囲が「女が離れていった」と勘違いしたことを証明する者もいる。
三年過ぎた頃には

私は、薬ブローカーみたいな医者にかかったことがあるが、今ではわりと自由に活動している。
薬剤師さんは「黄色人種という違い」を薬に対して指摘していたが、お風呂、木魚などの仏教の文化は今となっては「スマホビジネス」に用いている。
周囲は、イエスキリストを中心に陣形を組んでいるのだから、過酷な人生に一度入ったら、周囲に助けを求めてはならない。
それなりの本は用意してあるはずだ。
旧友ももはや「階級を下げるのならいじめる」としか思っていない。
国民の声にもっと耳を傾けて?などとは誰も思ってはいない。
適当に英字新聞で論点を拾って、予算の調達の方法を研究し、官僚に報告すれば「格好の補佐役」を官僚が務めてくれるはずだ。
報復などという言葉は安易に用いてはならない。
周囲は「いじめへの罪悪感」をなくして突進してくるだろう。
いじめられることはむしろ「借金」に近い。
病気を診たりしてやらないと周囲とは和解できない。
そのため、学部に関わらず、読めるものなら医学書ぐらいスマホに入れておいた方がいい。
殺人事件のニュースを見て、視聴者は「私の代わりに殺してくれた」としか思っていない。
しかし、「金をくれる人」だけは特別なのだ。
「情報は仕事になる」ということを証明し、FBIに衝撃を与えたのは私であった。
ナチスのゲシュタポの頃から研究は進んでいたが、「職業」としたのだ。
昔は、本当にエンコード(解読)が必要だった「情報」であるが、音楽作品で「サイン」を送り合っていることを証明したのも私だ。
昔は、日露戦争の悲惨さをロシア側が報じ、「よっぽど優勢だったんだろう」と疑ったが、そうではなく本当に悲惨だった。
今や、お茶の間にまで浸透した、私の「戦術」であるが、これが「仕事になる」ことは各球団がもはや適応している。
理論はいろいろある。
「視聴者に孫を約束する」
「女性に負けさせる」
「女は男を追い越せないという気持ちを利用する」(アキレスと亀)
いちばん好きと言って

みんな「私にもできる」と思っているが、国土強靭化とはこのことだ。
いざという時、「考えた人」をみんなが振り向くからだ。
プロ野球で通じるものが「選挙に通じないわけがない」ではないか?
これが「期限・条件」(附款)と、周囲の犯罪につながったようだ。
「選挙介入されたらひとたまりもない」
そう考えて、Qアノンは「極右」の位置まで押しやられた。
「暗号」は、0か1しかなく、「一定程度有効」というノンゼロは存在しなかった。
そのための人々のイラつきは、かなり募ったようだ。
人々は、東京オリンピックを見たあとに「IKEA」に行っている。
あんなことができるならば「あれも買える、これも買える」と怒りを募らせていたようだ。
「期限・条件」(附款)と、離れていく女の問題も含めて、「情報構造」を平らにしていく努力が必要だ。
つまり、「日本学術会議など必要ない」と言われるのを恐れて、アカデミズムが動いたようだ。
適応までは行っていない。
また、ラカトスは、MSRPという科学者グループを作り「見えないものこそが科学だ」とした。
これは「男の立場」(ハード)であり、女たちは「神秘主義思想」(ソフト)でこれに応じた。
イギリスのMI5がラカトスを信じたため、もはや「見えないものこそが科学」という発想は通説であると思われた。
さらに、Google社も「2015年だけ」彼を信じた。
(32ページの論文)
ラカトスは「食べ物飲み物?」「期限・条件を設けないと周囲が腐る?」という指摘に「俺はイケメンだ」と的外れな答えをしてしまった。
大きすぎる空と、「目に見えない科学」が女たちの神秘主義思想と結び付いたら、我々も「慎重に」議論していかなければならない。
女心というものはそういうものであるからである。
しかし、女たちの間にも「食べ物飲み物?」と言われて、神秘主義思想は「女子高生たちの世界に逃げた」とされている。
(20分の動画)
ガリレオ

そういう男子いるよ?と女子高生は答えた。
しかも、カッコよければソフト(神秘主義思想)と「目に見えないものこそが科学」というハードは、難攻不落な要塞になってしまう。
とにかくこの議論は、ワクチンの問題も含めて「乙女の祈り」となってしまったため、「触ったらやけどする」問題となった。
ソフト(附款)とハード(犯罪行為は行わない・女子たちの支持を離さない)という問題は、ジョージ・オーウェルの「1984」とともに拡散し、私も、人生経験を待たなければならなかった。
しかも、「コンピューター」の登場で、ラカトスは「タッタ」とインドで崇拝されている。
また、女子高生たちは「恋愛三部作のような単純さ」を嫌ったようだ。
「神に頼りたい」
そんな気持ちが、女子高生たちを魅了したのだ。
しかし、男たちが「目的」を持ち始めて「タバコ」を吸うようになると「献金の額が下がる」と言い出すおばさんから「洗礼」を与えられるため、そのへんは「人生経験」と割り切る他はない。
高校では「神の計算」を教わるため、それが「乙女の祈り」と結びつくと厄介だ。
日本国では1984年に「我々は老子の側にいる」と宣言され、「見えないものこそが科学」というハードと完全に結び付いた。
日本学術会議は、このことと深く関わっている。
アウグスティヌスは、「オーガズムの謎と関係がある」としていたし、禅は「あの天皇のことは考えたくない」としていた。
しかし、論理を語るという東大の講義で、私が「理」とは「女」であり、論理というのは「仕事」であるとさせていただき、つまり、仕事とは女を語るものであると「論理を語る」の意味を指摘したら、
女子たちも「計算に疲れた」「その方がいいかも知れない」と言い始めた。
一方で、ハード面であるが、ラカトスはハンガリーの学者であり、ナチスやソビエトを「計算で煙に巻く」必要があったのだ。
ワクチンとは「ハンガリーのお家の事情」「国の存続」と関わっていた。
いわば、精神医学や心理学が「ワールド2」ならば、目に見えないものこそが科学という発想は「ワールド3」だった。
ソフト(女の事情)も、ハード面のお家の事情を考えると、なんだか怪しくなってくる。
イギリスで「欲しい称号」をすべて手にしたラカトスであったが、ニュートンやコペルニクスまでご丁寧に「日本に紹介」してくれたのだからはた迷惑だ。
ラカトスに「それでも男か!」と罵声が飛んだが、イケメンだったのは事実らしい。
映画 独裁者

ラカトスは「証明と間違い」において「イケメンが計算で証明するのはカッコいいだろ」と主張していた。
ニュートンからアインシュタインまで、すべてを「計算」としてしまったのだ。
ものづくりの側としては「3と4と5が分かれば直角が分かる」と言って「建物すら作れる」と語っていた。
古くは、ロマン主義文学の「エロ」が、言語の「現代語化」を行っていたが、ラカトスは写真にせよビデオにせよインターネットにせよ、ハードの側が「コア」まで握ることにした(ハードコア)。
これは「写真集やDVD」を意味した。
ラカトスは、私に「お前だってYouTubeを多用しているだろ」と皮肉を言った。
「計算」が、エロと結び付いたら、もはやラカトスの勝利かと思われた。
計算に「フリーライド」しているのは私なのか?それともラカトスが想定していなかったような「独自の迫力」を加えているのかは議論の余地がある。
しかし、ラカトスは「街行く人たちがみんなお前を振り返った(レインボー経験)」ことがあるはずだとした。
ソフトが「条件・期限」(附款)をつけるものであるのならば、ハードは「犯罪を犯さない、女たちを離さない」ものであった。
ところが、今は「ソフト」は女子高生のイケメン支持と、ハードはYouTubeに論点が変わってしまった。
土曜の夜にレインボー

「目に見えない何か」に祈るというのはマザーテレサが考えたものだ。
それはそれで成り立っているが、
女たちの本音は「言葉にして欲しい」というものでもあった。
恋のミスマッチ

ハードの部分で「国民に月200万円配る」ことは可能であった。
しかし、それは「日米以外の」どの国もが抱えているマルクス主義というトラウマだった。
電車は事故を起こすし、女の子たちの囲い込みで死者も出た(エンクロージャー)。
最終的には、一部屋に11名で暮らしたなどの結末が待っていたため、マルクス主義、つまり一律給付金だけは禁忌とされている。
女にとって「キス」というのは「若い男、背の高い男、金を持っている男」にするものだが、効果は「0か1」であった。
キスというものが「ソフト」ならば「金を払う」というのがハードである。
さて、ここで一旦おさらいしておきたい。
附款(ソフト)・犯罪行為を犯さない(ハード)
神秘主義思想(ソフト)・目に見えないものこそが科学(ハード)
女子高生たちの支持(ソフト)・YouTube(ハード)
キス(ソフト)・お金を払うこと(ハード)
このように論点は変化してきた。
しかし、リタイアしたあとに「悠々自適」というわけにはいかず、選挙などの「期限」を区切らなければ、年寄りの「周囲が腐っていく」「いずれは死に至る」という基本は忘れないで欲しい。
あとのソフトとハードの議論は「選挙のカネ目当てに行っている議論」に過ぎない。
女は「急ぎすぎたキス」をして「0回答」を得ることが多い。
結婚は家の問題とも言われ、名家は、「月は東へ陽は西へ」「白馬は馬にあらず」というような回答を女の家によこした。
少し自惚れて

子供たちがキスをしたことすら「カネを送る口実」にしてしまうのが名家であった。
「カネのかからなかった子」は、相続の時に得をするとされており、まあ、「跡目争い」のことであろうと思われる。
キスした跡は残さないで

子供たちがキスをした時に「相手の家庭に払うカネがある」ことを「天下」と呼び、逆に、金を貰うようになったら「斜陽」と呼ばれ、結婚を認めた。
このことを「変」と呼び、たとえば「本能寺の変」というものは、信長の息子がキスをしても「信長にはもはや相手の家に払うカネがない」ことを意味した。
「変」に対して、光秀が討ったなどという「説」が流されるのである。
本能寺の変が起きた時に、秀吉は娘を信長の息子の元に差し出し、資金力で光秀を上回った。
信長が「金額」に納得したのだ。
愛が止まらない

ここで、恋愛ゲーム(デシプリン)と、結婚(パラダイム)は、異なることが分かり、デシプリンはソフト、パラダイムはハードと定義することが可能だ。
親に払うカネないんだってよ?
家の「斜陽」と「天下」の変遷、プロポーズ。
プロポーズ

子供がキスした相手の良し悪しを判断することを「是非」と言う。
信長は「是非に及ばす」と資金力不足を認めた。
他にも「山と修道院は同じ」とか「天と地は常にともにある」とか「海と山は隣人」「耳を通り抜けた」「口からすでに吐いたもの」「卵には羽が生える」などの「お断りの言葉」が存在する。
小室圭さんにこれが言えない秋篠宮家は要するに「おカネがない」のである。
皇室の女子を口説き落とすのならば「おカネ目当て」どころか「おカネを払わなければならない」のである。
中国では「罪を人のせい」にするのは容易い。
そのため「無実の人を罰しやすい」とされる。
「オカマとはどういうものか?」を理解するしかない。
どれほど多くのオカマがいるかは竹林でも見に行くしかない。
これだけ多くの罪びとがいるのだ。
真犯人など捕まるわけがない。
世田谷一家殺人事件の真犯人ならば新宿二丁目のゲイバーに普通にいる。
バーというところは警察官立ち寄り所ではない。
女性がお酒を飲んで接待するところに警察官は出入りする。
警視総監になるものはこのことを知っており、巡査で終わるものはこのことを知らない。
しかし、オカマはそもそも私のブログを読んでいないため、警視総監になるのは案外難しい。
警視総監の地位が約束されたものを「ユエ」(雪兎さん)と呼ぶ。
「尊厳」(認め合うこと)を知っており、法律の留保(性倒錯)を持っている人でなければ警視総監にはなれない。
桜塚やっくんとか、前田健とか、案外「未解決事件の真犯人」は「私刑」という憂き目にあっているかもしれない。
公孫竜は少なくともそのようにして警察組織を掌握した。
白馬はなぜ馬ではなかったのか?
それは「警察組織を統括する者」であったからである。
「無限のゼロ」新宿は裁きが行われる場所でもある。
そのようにして天皇は白馬にまたがったのだ。
ナビが壊れた王子様

野球やサッカーなどでなぜ人々は「拍手」をするのか?という研究をしたのですが、「左右対称」であること、「目が痛い」こと、「異性を分けてくれる」こと、「今まで勉強してきたことが役に立った」こと、さらに「左右対称のどちらかが悪役でなければならない」ことなどが指摘できます。
このことから、石原伸晃は、偉大な父親や、兄の破滅を願う弟に「悪役」になってもらわなければなりません。
この曲がプロモーション動画となっています。
Tomorrow never knows

 
さて、政治の世界では「右翼と左翼」というものが知られている。
サルトルが考えたものだ。
右翼は「家庭の問題に詳しい」左翼は「芸術に詳しい」などの特徴がある。
この左右対称をうまく利用しなければならないし、「恋」というのは家庭にとっては「失点」になりかねない「目の痛い」ものなのだ。
「カネの話をしたかった」時に、人は「手をぬぐう仕草」をするし、左右対称を突破すれば拍手をするに至る。
なお、「拍手」というものは「自然発生」的なものではなく、「統制を受けた方が人々の健康にはいい」とされている。
独裁者

まあ、スタジアムやコンサートホールなどで行われるものであり、「政治の世界の当たり前」ではない。
喝采を受けている人が偉いというのはヒトラーが考えた。
また、拍手は「手に簡単な紙」を持っていた方が起こりやすいとされ、かつて松島みどり法務大臣が、「うちわを配った」として辞任している。
おそらく「拍手の研究」というものは「法務大臣としては相応しくない」と判断されたものと思われる。
かつては、三ケ月章法務大臣が、新訴訟物理論を提唱しており、これは「クジラの鳴き声を聞きながら夜を徹して話し合うと睡眠が必要ない」(事件の一回的解決)と主張するものであり、日本国では戦後、「クジラなんて食っちゃえよ」という反戦運動が広まった。
法務大臣はみんなナチスが好きなのか?
なお、私の読者の方の中には「身体中が痛い」「原因不明の熱を出した」という人もいるかもしれない。
「あなたは真実が知りたくありませんか?」と言われてギリシャ哲学(エーゲ海からの風)に吹かれると、お金持ちにはなれるが、世の中には「中卒」で生きている人も普通にいる。
身体中が痛い、原因不明の熱を出すようであれば、有難い読者様にも「少しエーゲ海の風から離れたらどうか?」と指摘させていただきたい。
故意(言葉が足りない)にせよ、過失(言葉を間違えた)にせよ「分かってもらおう」などとは思わずに休んだ方がいい。
(党三役の任期制)
魅せられて

また、故意にせよ過失にせよ、「痛い目に遭わせてやる」という中卒は世の中に普通にいることから、ロキソニンとお風呂だけで治ってしまうのならば、多少のパフォーマンスは落ちるが、休む必要がなくなるというメリットはある。
エーゲ海からの風は中卒に分かってもらおうなどと考えるものではない。
中卒は「セックス」とか「処女」「童貞」程度の言葉しか持っておらず、まあ、新垣結衣ちゃんに「処女もらってください」と告白されたというような話を一生、根に持っている。
哲学とか金融と言っても大学生でもピンと来ないのだ。
世の中の低学歴の自己愛が病気の原因と割り切った方がいい。
いちばんいいのは、ロキソニンを飲んで「埋めるなべらんめえ」というような熱い風呂に浸かって、薬の負の側面すら溶かしてしまうことだろう。
その程度で低学歴との向き合い方が収まるのならばやってみるしかない。
また、腰痛には仏教で「クンバカ」(マスターベーション・フェラチオ)などが知られているが、「勃つ男」には中卒は近寄らないものだ。
集団ストーカーの被害者となりやすい人は「凡人」「心臓が弱い」「低血圧」のどれかに当てはまる。
秋篠宮や徳仁親王は「凡人」であったし、平成天皇は「心臓が悪」かった。
私は低血圧であった。
中卒が「俺でも勝てる」という要素がなければ集団ストーカーはなされない。
「凡人」「心臓が弱い」「低血圧」のどれかに当てはまらないと「瞬間的に意識を失わせる」ことはできない。
低血圧の私は「ボクシングが好き」という特徴があり、しかも、哲学や金融をやるようになってから、集団ストーカーが熾烈化した。
基本的に「アイスクリームを食べる」「性欲がある」「新しい名前を与える」ことで治る。
低血圧の人は「食が細い」ため、たまには「満腹感」を味わった方がいい。

まあ、ツイートというものは「議論する理由」と「考え方」を明らかにしなければならない。
誰の言うことを聞いていいのか分からないという時に「父なる神」として「子なるイエス」に語りかけるものだ。
「聖霊との対話」は父の方が場数が違う。
子にタバコを吸わせないと言うのが最終目的である。
子というものは、女に「嘘」をつきながら生きているものである。
「お金あるって言ったじゃない?気持ちいいからいいわ」というのが「子のつく嘘」である。
嘘が愛されるうちはまだタバコを吸うのだろう。
I remember

基本的に、女の子は「親に裏切られた時以外に男に走る理由がない」とされている。
しかし、「仲間が大事か、恋が大事か?」という問題があり、期限などを切られて「仲間が腐った!」と思ったら「恋」を選択する。
このへんにも「父なる神」が介入する余地がある。
No more 恋愛ごっこ 

映画「タクシードライバー」において、トラビスは、スポーツを殺した。
選挙という期限が切られたべツィは、トラビスの元に近づいたのだ。
仲間が腐っていくのが分かったのだろう。
あるいは、トラビスを「父なる神」と判断したのだろうか?
タクシードライバー

 
すべての「生きている人」に悪意を与える。
悪意を与えようのない人はトラビスが殺した。
生きるって素晴らしいことだ。
女性は美しく、男はたくましい、そんな映画がタクシードライバーだった。
デニーロはやがて「働いている人こそが父なる神である」という境地に至り、ずっとバスの運転手をしている「父」こそが信頼に足る「神」なのではないか?という境地に至っている。
ニューヨークも「神」を模索していたのだ。
ブロンクス物語

ニューヨークでは「目の高さ」に健康的な食品を置いている。
ところが、トラビスは「下の方」しか見ていない。
やがて、パランタインを殺すために鍛え始める前の話である。
タクシードライバー

 
女は美しく、男はたくましく、それでいて「すべての生きている人に悪意を与える」「悪意を与えようのない人は殺す」そのようにしてニューヨークは「父なる神」を描こうとしてきた。
雇用とは「指図」のあるものだ。
指図がなければ請負である。
しかし、雇用・労働の中に神を見出そうとしてきた。
そのようにして「父なる神」と「子なるイエス」は、聖霊と対話してきたわけであるが、場数で父の方が上回るとされ、それはそのまま「お金」の違いとなる。
娘たちは、「父が嘘をついた」時に男に走った。
大学受験や選挙という「期限」が切られ、敗色濃厚な陣営は腐っていく。
仲間が腐ると、女の子は「恋」に走る。
それでも女の子は「セックスを嫌がっているように」見える(懐疑論)。
本当は、仲間に「集中しろ」と言ってくれる男子がいてほしかった。
17ビート

本当は、恋よりも「仲間」が大事だと分かっていた。
しかし、東大入試問題の「ヤマ」を張ってくれる男子、女子たちを離さない人望のある選対本部長のことを「軍師」と呼び、仲間が腐るのを必死で食い止めるのが仕事だ。
自ら「犯罪」に手を染めて「軍師です」という人もいる。
優しさに帰れない

 
東大入試は、全国の高校が注目するものであるから「偏差値」の世界でいい。
しかし、司法試験や国家一種試験にまで偏差値を持ち込んではならない。
父の「聖霊との対話」に対抗して、子の「聖霊との対話」を行わなければならない。
つまり、女の子にモテるということである。
片思いの終わりに

東大入試は「結果」を出さなければないが、選挙は「状況分析」だけで結果が変わってしまう(砂漠)。
砂漠とは「フェアなゲームが行われる場所」という意味である。
司法試験や国家一種試験で「短答式」ってのはある意味くだらない。
モテる奴は、あっさり受かるのかな?
サンドベージュ

シケ対に、女を紹介すればなんでも教えてくれるのであろうか?
それはそれでゲームは成り立っているし、東大の講義はそのまま試験に出る。
東大はもはや司法試験や国家一種試験で腐るようなやわな集団ではなかった。
父なる神が「ソフト」であるのならば「軍師」というものは「ハード」と位置づけたい。

それにしても、日本学術会議というところはどうしようもないね。
私の資金に研究費を依存しているという構造が、菅政権の「任命拒否」につながっていたが、今となっては私が「自殺するのを待っていた」と日本学術会議は語っている。
まったく機能していない。
上皇にせよ上皇后にせよ「私がこの人を育てた」と吹聴して回っているが、内情は「集団リンチからのサバイバル」に過ぎない。
今まで何十兆ものお金を私に依存してきたため、「死んでもらってなかったことにしよう」と宮内庁も考えている。
郵政民営化というものがあるが「公的資金の政策的縮小」というものであり、政策金融改革・財政投融資改革・郵政民営化の三つからなる。
小泉首相は「殺されてもいいんだ」「俺を殺したい奴はたくさんいるんだろうな」と語っていたが、いざ、私が「宮内庁廃止」を打ち出したら、「官房機密費が枯渇する」と言って、私を殺したい人たちがたくさん出てきた。
ようするに「やっていることは同じ」なわけである。
これらのことを私の母(中曽根康弘の娘)に話したら「中曽根康弘と同じ道を歩んでいる」と考えただけであった。
「命に別状はない」ことは母がいちばんよく知っていた。
権力者を殺したい奴なんて山ほどいる。
劣等感から「権力者が死に体になっていないのに」越えようとした奴は、権力者に死んでもらわないと自分が殺されてしまう。

中国の不動産・エヴァーグランデグループが問題を起こし、日本国の株価を下げたが、不動産というのは「処女」という意味であり、エバーグランデグループのような組織を日本国も持ちたいものだと考えた。
また、スマホ代値下げについては、ドコモだのauだのソフトバンクだの言ってみても始まらず「ボーダーフォン」(Vodafone)という企業体を概念しないとどうにもならない。

腰が痛い?脂肪肝と言われたのならば「空腹」というものを考えてみよう。
常に、テレビで自分のことがオンエアされている?
俺を殺す気か!
空腹のことを考えないと腰痛でのたうちまわる。
「喉の渇きを癒すために」
腰が痛い?脂肪肝と言われたのならば「空腹」というものを考えてみよう。
常に、テレビで自分のことがオンエアされている?
俺を殺す気か!
空腹のことを考えないと腰痛でのたうちまわる。
「喉の渇きを癒すために」
Burning heart

また、脂肪肝で「再起不能か?」と思われた人は
イースター(復活祭)島の映像を見よう。
メディアの寵児にとってイースター島は心の故郷になるだろう。
イースター島

イースター島には、適度な運動と、豊かな食事がある。
あらゆる「メディアの寵児」を治療できるため、
このような石像が建てられたのだ。
イエスキリストを癒したとした言いようがない。
イースター島

ナポレオンを癒したとしか思えない。
長編。 

脂肪肝になったらマホロバマインズに行こう。

また、ニーチェは「無敵の男はあなたをも強くする」と語っている。
トーマス・ハーンズ

また、医者としては「あなたは歳をとったんですよ?」ということを適切に伝えなければならない。
カネとは「金額が数えられ、女が買え、すべての女に通用する」ものである。
8万人の女性ファンがいる連中よりも、80万人の女性ファンがいる連中の方が戦に勝つ。
青天を衝けで、戊辰戦争が終わったね。
資金力は挑戦者の資格である。
メディアの寵児になって愛に満たされと、人間は「5年が限界」とされている。
脂肪肝や腰痛などが襲ってくるのだ。
そのため、ホテルは「イースター島の研究」を行って、セレブリティを「復活」させることにしている。
ナポレオンが考えたんじゃないかな。
また、脂肪肝や腰痛は「仲の良すぎる家族」が原因でADAM12という遺伝子が体を太らせる。
少しは、毎日の電話を控えようかな?などという「約束」をして、お金の問題は整理して、痩せる必要がある。
もちろん、私のブログは「魅力的なキャラ」を生み出すために書いているが、太る原因となっている。
また、脂肪肝やそれにともなう腰痛は「親から十分な栄養を与えられていれば起きない」ものであり、家族が仲良すぎてもいけないという外科的アプローチとは別に、「貧しくてもいけない」ということが指摘できる。
食生活が偏っているのならばサプリなどは必需品となる。
脂肪肝やそれにともなう腰痛(胆石)は、濃い尿が止まらなくなると肝臓移植が必要になる。
なぜなら癌であるからだ。
しかし、通常、濃い尿というのは「朝だけ」であろう。
そうなる前に、家族と適切な距離を保ち、それでいながら栄養を充実させ、イースター島の映像を見ながら休養するなどが必要だ。
まあ、恐れることはない。
「主食の米を食わない」「肉しか食わない」というような人が脂肪肝になっている。
アミノ酸は、体に均等に流れるが、食べる肉(おかず・肉)の量が偏っているのが良くない。
アミノ酸というのは文字通り「酸性」のものであるが、アルカリイオン飲料であるスポーツドリンクを「通常の人の4倍」飲んでいると、たちまち骨が「ターンオーバー」を起こす。
つまり、腰痛である。
脂肪肝と腰痛はここでつながるのだ。
アルカリ性の飲み物は、実は市販されていない!
実験

体内でアルカリ性に変わる飲み物ならば危険だ。
普通の人の4倍飲むと骨がターンオーバーしてしまう。
看護師は「お茶にしなさい」と言っていたが、カロリーではなくペーハーを見ていたのか?
乳製品が入っている飲み物は「ミルクアルカリ症候群」と呼ばれる依存症を引き起こし、骨がターンオーバーしてしまう。
ミルクアルカリがいけないのであって、「スポーツドリンク」はむしろ、骨のターンオーバーの救世主となり、特効薬となる。
これは、聖母マリア崇拝においては「女の涙」と呼ばれ、「ルルドの水」とも「千年の媚薬」とも言われている。
千年の媚薬

人の4倍ミルクを飲むレオン。
レオン

さて、日清カップヌードルを、段ボール一箱完食したのである。
医学者によると「ラーメンマグナム」と呼ばれる力が湧いてくるが、「手足の力を軽んじる」という「精神的ダルマ」状態になるとされている。
受験生の夜食にラーメンは定番であるが「そういう時期」でなければ試みるべきことではなかった。
ラーメンばかり食べていると、少なくともボクサーとしては「横の動き」が苦手になる。
また、他人に感化されやすくなるとされ、オタクの感性が身につくし、ラーメンマグナムの力により、教科書もスラスラ頭に入る。
ラーメン大好き小池さん

 ラーメンばかり食べていると、「鏡の自分の全身の姿」と「自分の実際のイメージ」が変わってくる。
まるで「手足のないダルマ、頭だけが機能している人間」であると考えやすい(ラーメンマグナム・精神的ダルマ)。
ラーメンをずっと食べていて、体重は「減った」のである。
しかし、「精神的ダルマ」になり「太った感」が半端ない。
ラーメンマグナムの力は、受験の時は歓迎されるであろうが、「平時」においては「社会にとって迷惑な存在」である。
つまりは「組織のガン」になる可能性がある。
ドーピング行為だ。

塩ホルモンも、五パック食べたが、「私は社会から必要とされていないのかな?」という気持ちになる。
子供や高齢者には塩ホルモンという食べ物はお勧めできない。
しかし、「私は社会から必要とされていないのかな?」という雰囲気は「飲み屋」にはうってつけである。
また、男と女は「寝ているときの呼吸法が異なる」ことから、隣で寝ているパートナーの呼吸を気にするほど愛してしまうと、息が詰まる。
ここに「塩ホルモン」が加わると、パートナーの「酒癖の悪さ」に悩まされることがある。
しかし、このような「冷え切った夫婦」「酒癖の悪さ」から、なぜか「タバコをやめられる」人もいる。
仲良し夫婦・酒飲まないというパートナーだとタバコがやめられない。
それでもタバコは悪なのであろうか?
赤いスイートピー

プロテスタントの問題点として「男たちが女性アイドルを愛するのをやめてしまう時がくる」ということを指摘したい。
小室圭さんも「人々が眞子さまを愛するのをやめてしまう」ということは指摘しなければならない。
皇室全体の「セールス」に言及できれば合格だ。
佳子さまにも影響を与えるからだ。
人間らしさ(ヒューマニズム)とは「お金」である。
お金目当てだから「愛してる」と言ったのだ。
小室圭さんは「地上波に出る」(通常、億単位のカネがかかる)ということのために、32ページにわたる論文を書き、「不合格」とされている。
しかしメディア論を理解したことから多くの人が復讐を恐れた。
判決の書き方は、歳を重ねればいくらでも上達する。
しかし、「メディア論」を理解したら、芸能界も「仲間」として受け入れざるを得ない。
この現象を「見張り塔の上で」と呼ぶ。
「自分に嘘をつかない」「正しく働く」「常に政権のために政策を練る」だけで「芸能人」になれるのだ。
国民に「ダイエット法」を紹介し、経過報告を克明に書き続けるのが国会議員だ。
日本国の国会は「議会」(コングレス)ではなく「国会」(ダイエット)である。
国民も「ギリシャ彫刻のような身体」にしか興味がない。
「ジムに行っている」は否定しないが、もっとユニークに!
小室圭さんは、実物は小太りのおじさんだ。
「いいダイエット法」を実践し、ライターをやるのならば才能はある。
ローマ3:28 信じるのみ。
パウロは「のみ」を削除している。
ダイエットの作家が、働きながら「あの人スターよ?」と言われることを嫌ったからだ。
東大生に、心あるキリスト教徒は「詩篇から読んでください」というだろう。
「あなたはすでにテレビで俳優やスポーツ選手をやっています」というメディア論を教えたいからだ。
「モテるならフリーターでもいいじゃないですか?」
それがプロテスタントであった。
私は、本当に「28歳」でメディア論と接したため、周囲は復讐を恐れ、敵がいなかったが、小室圭さんは実物は40歳だ。
復讐が恐れられるかどうかだけがモノを言う世界なのだ。
周囲の女たちから「アメリカ製の金」を掘れるようになれば、日本国芸能界や政界の重鎮だ。
東大では「痩せたソクラテスになれ」と教わる。
太った豚が痩せるだけで、国の指導者層になれるのだ。
女たちと「アメリカ製の口説き方」で話せるようになればいいのだ。
女たちが明るくなれば、自分もテレビで脚光を浴びるのがわかる。
本当に「ルターの言っていた宗教改革の意味」を知っているのか?
「社会の病理面だけを見て生きなければならない」「周囲を明るくさせなければならない」
女たちには「譲れない夜」があった。
男は「周囲を明るくする」だけでよかった。
エラスムスはこのような「精神病院と芸能界の共存」をともなう「文学の発展」に共鳴し、「ルターの国を作ろう」と考えたが、伊藤博文はそれを日本のものとした。
自由民権運動も「ルターの国」を目指し国会を作った。
女たちには「笑い」と「義務」と「可能」の三つしかなかった。
ローマ9:15-18において、「東大に入るってそのまま政治家や芸能人になることなんだよね」と語られ、「それ以外の生き方があっていいのか?」とパウロは議論している。
パウロこそが「女たちを明るく」させたかったのだ。
人々は「女らしい女」を必要としていた。
そのためには「周囲を明るくしてくれる男」「社会の病理面だけを見ている男」は必要とされた。
つまり「政界・芸能界」が存続を決めた。
しかし、テレビに出ると「一人の有名人を殺すか?」「溺れるのを笑ってみている5人組を殺すか?」という「正義の問題」と直面する。
芸能人男性には「周囲を明るくさせてもらう」政治家には「ダイエットの方法を教わる」
「誰がやっても同じよ!」という側面はあったが、
国民は美しくなり、明るくなった。
しかし、「女性アイドルが愛されなくなるときがくる」という問題は残った。
そこで提案されたのが「生活保護と年金」であった。
各企業も「人件費」などとは言うが、実際の「お給料」は、生活保護制度と年金制度から出している。
動物や植物を食べ、人間が人口を増やしていく「かけっこ」が始まった。
そうでありながら「国会」は「食べながら痩せるにはどうしたらいいか?」という宿題を出された。
芸能界は「周囲を明るくさせる人」を生み出したが、「地上波」は国の命運を握った(都市計画・記号論)。
リカードの「人口が二倍ならば繁栄は三倍」を柱に「戦争」は展開され、アメリカにはマンハッタンができたが、 大西洋の黒マグロを生物多様性条約のリストに入れようとか、絶滅危惧種は「地球の部品」とも言われ、国会の「食べながら痩せる方法」は、「戦争」と表現された。
さらには「周囲を明るくさせる人」は、本を書いたため、それは「天皇制」をめぐる争いとなった。
ウィルソン大統領は、「このままでいいのか?芸能界」と言って「14ヶ条の提案」を出している。
鳥は「卵を育てる巣を作ったオスの卵を産む」とされている。
それならば「ダイエットの方法」(国会)「周囲を明るくさせる方法」(芸能界)の本の印税に頼って「家」を買うしかない。 
生活保護制度や年金制度が「企業のお給料に化ける」からくりもここにある。
「スレンダーな人の方がいい」「明るい人の方がいい」
国会議員にせよ芸能人にせよ「印税」や献金が得られれば、企業の人も「痩せた明るい人」になるし、家が買える。
印税で家が買えるのならば、周囲は嫉妬し、より「明るい美男美女」になる。
この好循環が「積立方式」にはあり、現在の「子供たちが大勢いる人の方がいい」という賦課方式よりも現在は有効だ。
皇居

ナチズムは、ダーウィンやリカードの「進化論」を支持したが、英国王室はナチズムを極端に嫌った。
「実力主義だと永続性が担保できない」「王子を里子に出さなければならなくなる」
「毛並みのいい君主のもとで明るく楽しく暮らしたいだけの人がいる」
「背景に学問(普遍的妥当性)がなければ、明るいとは言えない」
などの指摘があり、皇位の安定的継承に課題を残した。
人間は「水と家族」のためならばいくらでもカネを払う。
女系天皇にまつわる「家族の死人」(士師記)や、夫婦別姓(旦那とお父さんのどっちがいざとなったら私のことを思ってくれる?)などの争点に認識があまいと「処刑」される。
なんでも「処刑」とは「家族の問題」を用いて行う。
家庭内は、女を中心に計算がなされている。
「女子の部屋を開けてはならない」(カトリックマイトLーヤ)などの計算がある。
職業保障がなされていないとこれは顕著である。
妹が、電話を常に留守電にするようになって「ああ、社会人になったんだな」と思う。
広末CM

家庭内では「男が立証責任」を負うため、それが果たせないと「処刑」できる。
私は、東大法学部に入り、企業や省庁から引っ張りだこであったが、「司法試験受験」を宣言したため、司法試験をめぐって私の「処刑ごっこ」が展開された。
本人の考え次第という側面がある。
また、コンピューターの世界でも「附款」(期限・条件)をつけると「モテない方の陣営」は、崩壊する。
つまり「If then」で家族の問題が解けないと、本来、「女系天皇」「夫婦別姓」などの議論は、かなり「踏んではいけない」ようなネタとなる。
すべての人が家族の「改革の必要性」を抱えているから、コンピューターやスマホというものはブレイクした。
そこで「家族の話」に疎いと「弱い政治家」だと思われるだけである。
アルゴリズムというものは「心の隙間お埋めします」というように作られている。
一番下の娘が、急に食事の席を立った。
私は、女友達に「娘が性に芽生えた」と報告した。
上から2番目の娘が、食事が食べられない。
私は、「人生の最後の手段」を使うことはよくあることだと楽観視した。
一番上の娘は「妹2人」に破滅を祈られていて疲れているようだ。
それならば、手助けが必要だ。
家庭はあくまでも「娘たち」を中心に作らなければならない。
職業保障もしてはならない。
これがカトリックであり、息子には「女部屋からのいい風」(風水)を送らなければならない。
だいたいこんな感じで家族というものを見ている。
もちろん、「家族の話」の正確さは「仕事で敵を処刑する」ために競い合うものであり、たとえば一番下の娘が「赤が嫌い」と言ったら「生理が受け入れられないんだろうね。セックスの準備ができていない」などと「家庭には持ち込めない話」を仕事ではしている。
職場では、誰もが「家庭のために」働いている。
その職場やコンピューターで、「If then」が正確であればあるほど、敵を処刑する力を持つ。
「死刑廃止論」は、家族を崩壊させかねない議論だったのだ。
子供に振り回されるのは最悪な親であるが、子供たちの「If」にだけは常に耳を傾けなければならないし、職場で「then」を語る必要がある。
お父さんって「勃つんだな」と娘に思われるのがいちばん最悪なのだ。
1960年代から1970年代にかけて、このような「処刑の研究」が深まったため、「核兵器など必要ない」と考えられるようになった。
私は、一番下の娘には「赤って爽やかでいいじゃないか?」とは言わなかった。
物静かに「仕事のネタ」「処刑の研究」を磨いていた。
一番上の娘は、いつもカバンを胸にたすき掛けにしているため、「いちばん抑圧を受けていないんだな。胸が性感帯なんだよ」などという「then」の正確性を語ると、職場の人たちやネットの向こうの人たちは「話を聞く側」にまわる。
そこで「処刑」というものは日本国も政府が採用している。
昔は、「カミソリ後藤田」(後藤田正晴官房長官)なんてのもいたが、要するに「娘の心」を職場で語るのを得意としたわけだ。
カミソリのように切れれば影響力は増す。
だいたい1980年代にはこのような「出世の方法」は練られてきた。
団藤重光教授の「死刑廃止論」とは、オタク学講座みたいなものであり、家庭内では「家族の女心」を語ってはならないとされている。
「If then」は、家庭と仕事を明確に区別した上でなされるものであり、敵の処刑につながるものだ。
「Born to kill」ユング。
フルメタルジャケット

目的的行為論とは、君主を育てる学問のことを言うが、これを支持する大塚仁と、天皇制の否定(死刑廃止論)を支持する団藤重光は、明らかに立場が違う。
もっとも、天皇制の否定(死刑廃止論)とは、「オタク・ひきこもりのためにある」ものであった。
通常、人々は君主の発言に耳を傾けている。
それが「働く・学校へ行く」方向に向けばいちばんいいが、「ひきこもり」を支持する死刑廃止論・天皇制の否定などという議論もあるのだ。
まあ、団藤重光博士は皇室に対して影響力は持たない方がいい。
破壊論者と言ってもいい。
職場の女たちは、このような男に対してB'(ビーダッシュ)まで許すのは「常識」とされている。
Too adult

天皇制といえば「高貴さ」が問われるが、基本は「自分に恋した生娘を他の男に譲る」というところにある。
私は少なくとも新垣結衣ちゃんを他の男に譲っている。
「ノーブルレッド今は消えないで」
ノーブルレッドの瞬間

処女とセックスする漢を「シチズン」(市民)と呼び、要するに「天皇制を支持する男」という意味だ。
天皇陛下にご迷惑をおかけする者の「処刑」を認めている(死刑制度の存続)。
刑事法上も「死刑制度はいずれは廃止する宿命にある」ことを認めている。
市民は「おっさん、処女に告白されるのはガッキーが最後だよ?」と言った。
逃した魚の大きさを利用する男は「腐敗」と呼ばれた。
直観 

どんな口説き方をしたのか?を公表しないで「役職」だけを語ったのならば、失業率次第では暗殺が待っている。
私は、学生時代に矢口真里も「処女をもらってくれ」と家のベルを押してきたことがある。
のちに矢口の息子の写真を見たが、臨済宗の公案で「あなたのおじいさんとおばあさんが出会う前にあなたの顔は決まっていたと思いますか?」というのがある。
「逃した魚は大きい」「好きになれない」
処女アイドルを他の男に譲る、これが「高貴さ」の定義である。
以下に述べた「公案」の意味は「娘が初体験する頃に」これで良かったんだ、ということから分かるとされ、「娘の相手としては断じて許さん」というあたりにあるのだろう。
呼吸法(数息感)は、メンタルな病気を癒すが人生の問いかけがある。
CoCoの羽田恵理香も「処女をもらってください」と言って家のベルを押してきた。
東大文一とは恐ろしいところだ。
母が「白馬は馬にあらず」と言って追い返していたそうだ。
まあ、法然上人(東大からの人生)はブルーラビットと呼ばれ、このようにして影響力をつけた。
そもそも、法然上人(碧いうさぎ)に「処女を譲ってくれ」と言って渡すお金が「賄賂の起源」であるとされ、私もそれがなければ研究生活を送ることは許されなかっただろう。
(FOB条件)
碧いうさぎ

 
法然上人は、後鳥羽天皇に弾圧されたが、それは「収賄」の温床が嫌われたのであり、親鸞は「聖徳太子カルト」(天皇家の次男)を引き合いに出して、「高貴とは処女を他の男に譲ること」と定義した。
この定義ができないのならば、皇族は務まらないんじゃないかな?
それにしても、みんな「私」のヘッドハンティング合戦だよ。
「処女たちのセールス」を見ている大人もいるだろうが、変な「まどわし」めいたことをして「高貴である」と言うものもいる。
大人ならばセールスを見ないと。
カネの計算ができない私と同世代の者もいる。
出雲大社も、宮内庁も「私」を必要としている。
伊勢神宮もだろう。
他にもあるだろう。
なぜならば「高貴概念」の世界標準化を行なったからだ。
箸の上げ下げなど「病気」でなければいいのだ。
「落ち着かない」様子が嫌われるのであり、それ以外はマナー違反ではない。
この「私たちの組織に彼は属している」という誤魔化しのことも「腐敗」と呼ぶ。
どんな口説き方をしたのかを公表しないのも腐敗であるが、公表した上で「彼は私たちの組織に属している」と言って誤魔化すことをも腐敗と呼ぶ。
日本中の宗教が、現在、このプロセスにあり誤魔化しのスターが出雲大社だ。
個人的腐敗と組織的腐敗とはこのようなものであり、そう考えると警察組織の腐敗というものは、昔、私が有名になった時(1999年ホリフィールド対レノックス・ルイス戦)に、神奈川県警が「組織的腐敗」と言われており、私の争奪戦が警察レベルで行われていたことを意味する。
県が「三千万円プールした」というようなものも「私」の所属を誤魔化していたりして、県知事が現金で三千万円賠償責任を負うわけにはいかないとして、免除されている(判例)。
地元に「外部のカリスマ」が生まれると役所が迷惑するため、「こっちゃ来い」と国が手招きしてくる。
私は、音楽作品を語り、プロ野球を語ったから「上に」蹴り上げられたという側面と、処女たちが公の空間に数千億円の富をもたらしたから上に蹴り上げられたという側面がある。
県や警察組織が、「公金なのか分からない」カネを手にしたら東大生も官庁から引っ張りだこだ。
地方自治体や警察の「組織的腐敗」から地域の人材発掘は行われるのであり、俺が俺がという地方選挙区から出てくるものではない。
あいつなら知っている、という高校時代の同級生などが、案外、東大生を中央官庁に招き入れている。
もう一度繰り返そう。
「おカネとは、金額が数えられて、女が買えて、全ての女に通用する」ものだ。
略して「女はおカネ」「処女はもっと高い」「アイドルも高い」
これらを熟知している東大生ならば、大学三年次にスカウト合戦があるから。
ボロい校舎に幻滅する東大であるが、権威はいまだ健在だ。
収賄罪の保護法益は「職務の公正さと国民の信頼」となっているが、「また地方から有名人が出たんだな」と割り切れるのならば「職務の公正さ」(純粋性説)に絞っていい。
国民の理解力はもうそこまできている。
キーワードは「ポエム」「女」「処女を譲る」「男性らしい」あたりにある。
中森明菜のリフレインや松田聖子の制服の解釈レベルでも各都道府県及び警察は「組織的腐敗」が指摘される。
女2人に男2人は真理なのだ。
避暑地の森の天使たち

スタンフォード大学なりに「リフレイン」の解釈は出ている。
キーツは出世争いでライバルに勝ち、女をモノにした。
しかし、やがて若い男が「組織的腐敗」を引き起こすほどのスカウト合戦を引き起こして、「帳簿の改竄」をして警察に出頭する朝に優しく見つめた。
リフレイン

 
一般相対論(セックスの当事者)を歌うのは、特殊相対論(離れたところから他人のセックスを歌う)よりも難しい。
一般相対論の立場の名曲はこれしか見当たらない。
奇跡の肖像

「ポエム」「女」「処女を譲る」「男らしい」これだけで地方自治体に衝撃が走るのだ。
世界の「腐敗認知指数」という統計が出ているが、役所の職員が「贈り物を断った」などという統計ではない。
地方から突如として天才が現れる傾向と言ったほうがいい。
破天荒と言うね。
また、「高貴さ」を定義する別の方法として「恋愛と結婚は同じスポーツ」(少女マンガ)というものもある。
男が「処女を譲る」のとは異なる「女の側からの見方」となる。
私と今の妻の出会いもこのようなものであった。
少女マンガの通りに生きると「富と名声、権力が手に入る」とされ、「恋愛と結婚は同じスポーツ」という発想は、野党の側から批判されている。
組織的腐敗にせよ背景に金が飛び交っているため、その資金を利用して研究生活を送らなければならない。
それ以外に男の見方はない。
都会のウルフではなく、地方の才能のために帳簿を改竄しているのが企業というものだ。
帳簿の改竄は、親に株を配るなどして地方の才能も蓄財はしたけどな。
ボトムライン・男の値踏み。
ボトムライン

上皇や上皇后の「独占欲」が、私の周りの処女たちに「白馬は馬にあらず」と言って他の男に譲り、研究資金を捻出した。
ノーベル賞の数はもう数えていないし、上皇や上皇后、さらに妻から「痛い目」に遭わされている。
独占欲

 
YouTubeやTwitterの「収益」とは、このような「企業のボトムライン」を念頭に行うものであり、「彼は我々の組織のメンバーである」という県や警察、企業の思惑を狙って行うものだ。
女2人に男1人(名目経済)の世界に割り込んでいく「もう1人の男」
のことを「思いつき」と言う。
どんなバカをやっても「もう1人の男」は必要とされているからだ。
愛が止まらない

出雲大社にせよ、各教団にせよ「高貴」だのなんだの言い訳していたが、最終的には「思いつき」と言ってきた。
女2人に男2人を作るためには、名目経済(女2人に男1人)を作ればどんなバカでも寄ってくるのだ。
ノーカン

何が「はずれくじ」なのか?
暴力や能書きなどを言って、もともといた1人の男に金をせびり始めるからだ。
「イケメンいませんはずれくじ」というのはそういう意味だ。
「虚数の美」(ルートのついた片想い)も、四次元以降は「考える必要がない」とされるほどバカがまかり通るのだ。
ルートのついた片想い

これでは「名目経済が実質経済を引っ張るかどうか?」は明らかではなくなる。 女2人に男1人の世界は「真剣勝負」なのだ。 悲しみが止まらない

 

 

 

石原伸晃に1票を。
自民党に寄付をお願いいたします。

« 【緊急】台風防衛隊結成のお知らせ・第三戦。 | トップページ | 政権構想。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。