最近のトラックバック

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 病気。 | トップページ | 企業の社会的責任(女の失恋の研究)。 »

2021年9月 7日 (火)

連立政権。

自民党と公明党の連立政権は、私の父と母が「夫婦である」ことから成り立っている。
実際にカップルがいなければ「政党の絆」は生まれない。
立憲民主党との「大連立」を組むためには、立憲民主党の男性と私の妹が結婚するしかない。
なぜ、大連立なのか?
それは、住宅や教育、年金、医療、交通、農業に至るまで、私が次々に政策を明らかにし、それを私の職場のメンバーが「私がやった」と過去形にしたがっていることが理由である。
今後も次々に「過去形」を量産する力量が私にはあり、私の環境を快適にしたり、家族を幸せにするために「大連立」というものはある。
エリザベス女王は、マーガレット・サッチャーを演じることで、英国王室を「簡単に近づくと鉄パイプとチェーンソー」の世界にしたが、日本国の皇室には「国家三種試験」レベルで接近してくる連中がいる。
一国の君主も舐められたものである。
日本国の天皇の周りも「鉄パイプとチェーンソー」の世界にしなければならない。
god save the queen

議院内閣制は当然、このようなことを想定しており、男女は「自由に愛し合うために」英国王室を支持した。
不平等や貧困が、王室(皇室)の敵なのであり、日経平均株価7千円、非正規雇用3割などという平成天皇は必ずしも褒められたものではない。
経済政策は至ってシンプルだ。
「彼女さえいれば令和天皇が言っていることが本当かどうか分かる」というもので、それが「どの女にも通用する話」ならば言葉=お金となって拡散する。
「天皇になりたいです!」「一生勉強します!」と50歳にもなって言ううつけもいるが、議院内閣制というものを考えると「当然、首相になれる力量」がなければならない。
文字が読める「貧しき人」のために君主制は存在し、栄華に驕る「薬を飲む富める人」は、文字が読めず恩恵に被れない、
そのような「パレートの移動」が常に君主の発言にはともなった。
ロックミーアマデウス

まあ、いずれにせよ「政党」というものは「家族だから対立する」ものである。
「連立」というものが、鍵を握るファミリーの「結婚」にともなって起きるものであることは指摘しておきたい。
色っぽい女

 日経平均株価というものは「嫉妬」を背景に動いている。
あの女にそれだけの金額を払うのならば許す、というようなものである。
それならば、坂道シリーズのような女に「マーケット」に入ってきてもらうのは当然である。
しかも、「どのようなプレイか?」まで提示できれば一気に株価は跳ね上がる。
それが、日本国の豊かさにつながるのだ。
主権(女の顔)にせよ、覇権(女の胸)にせよ、周囲の男たちの嫉妬を誘う。
これが、株価を上げる秘訣である。
土曜の夜にレインボー

君主の発言が読めない人が「祈る」とされ、まあ、天皇のすべてを知っているわけではないとしてお守りを買う。
祈らず、ひたすら人生を楽しむ強者はいてもいい。
周囲の羨望を1人で引き受け、「その金額なら許す」というような株価の釣り上げを行うのだ。
インフルエンサー

反町隆史と松嶋菜々子が結婚をした時に、世論はどっちらけになった。
ところが、私のような「変なオタクみたいな喧嘩の強い奴」がいい女をモノにした時には世論は喝采を浴びせた。
男が「口説き文句ひとつ」でいい女をモノにするのがいちばん株価に良い影響を与える。
また、可愛い娘が3人でき、「親父は毒にも薬にもならん奴だが、娘は可愛いな」と言われた時も世論はその経済効果を感じた。
案外、そのような凡庸な男が「スペック高い」と昔、言われていたのだ。
女に恵まれるにはどうしたらいいんですか?
「覇権国家に通じ、天皇機関説(主権)を信じていたことかな?」
胸が大きな美女に恵まれるにはね。
女の子というものは、本来、どこか障害をもって生まれたため、ラムジー法であのような体になったのだ。
主権(女の顔)と、覇権(女の胸)がなければならないだろう。
私は「主権論争」のみならず「覇権論争」まで引き起こした。
I'm lucky girl

そのような意味においては「変なオタクみたいな喧嘩の強い奴」ですら魅力的に映ったのだろう。
そこには「オタクが、美女という名の障害者を連れて歩いて、楽しいことをしている」という周囲の男たちの嫉妬しかなく、これが日経平均株価を引き上げた。
つまり、経済政策としては「女にいくら払ったか?」「企業の業績を上げる」ではなく、「お前、あの女にこれだけの金を払え」というモデルづくりが有効であるのだ(モデル理論)。
鈴木亜美や、新垣結衣が懐いている男(令和天皇)も力があるが、吉澤ひとみが懐いている石破茂も力がある。
モデル理論とはフランクフルト学派が考えたものであるが、全人類の平等という気持ちを経済政策に利用したネオマルクス主義であり、現在の経済政策の主流である。
「お前、それならあの女にこれだけの金を払え」というものだ。
モデル理論とは「文脈が自由なサイエンス」と呼ばれ、可愛いなと思ったら声をかければいいものとされている。
なにしろ「話術」が傑出しているのだ。
大切

主権(女の顔)は、お仏壇から、覇権(女の胸)は、英語の論文から、これらを知っている「冴えない男」は、女には不自由しなかった。
しょせん女なんだなと思うことはあっても、周囲の男たちの嫉妬はそうは思ってはいなかった。
シャボン玉

いちばん偏差値が高い男に「女のルール」を教える法学部と、男が女を愛する方法を教える経済学部は明らかに異なっていたし、「女のルール」を覚えてしまえば、経済学も身についた。
ましてや文学部というものは法学部>経済学部>文学部という関係にあった。
女の性欲を喚起させるのが文学部である。
デートは「2点」か「3点」しかない。
三度重ねて16点になるか27点になるか?
20点を越えなければ「そういう話」にはならない。
上手な恋の飲み方

性欲の発信源は「触りたい」というところにある。
男が「ド変態」であり、女が美女という「モデル」が一番有効だ。
しかも、「モデル理論」は文字が読めなくて、テレビばかり見ている人にも伝わる。
「どんなセックスしているんですか?」
これは、女が「占い」に興味あることから、女たちに伝わった。
星座占いで瞳を閉じて

連立政権も、男女の発信力次第である。

「安楽死~医者を殺人罪から自由にする方法」
彼の人生のキャリアにもはや何も付け足したくない彼女がいる場合(消極的安楽死)。
彼があまりにもみじめな存在であり、孤独で、もはや彼女にとって魅力を失った場合(積極的安楽死)。
消極的安楽死は「愛し合いたければ自由で対等であれ」ということを背景にし、積極的安楽死は「女の神への失望」が背景にある。
上皇后美智子は、私に対して「身ぐるみ剝いだら死ぬかと思った」と言っていたが、周囲の女たちは一向に私に失望することはなかった。
冬の微粒子

「愛」の問題と「神への失望」の問題から1997年にオレゴン州では「女性パートナーの考え次第で」男を殺していいことになった。
2016年にはカナダも同様に「愛」と「神」を守ることにした(安楽死の容認)。
「愛」にせよ「神」にせよ、女日照りがはなはだしく、何を言っても傷つき、方法論上の修復が効かず、国や組織での居場所を失い、たった一人の女だけに生き死にを委ねた場合に、「愛」と「神」が問題になる。
特に、あまりにもみじめな男には「奇跡」をちらつかせると食いつくため、しっかりと、方法論上の間違いのない文章を提供する必要がある。
東京大学なんてものは「間違った講義」を行い、わざわざ私のブログの読者を増やしてくれている。
「生き方に人気のない人」
そのように「愛」「神」を要約することも可能だ。
ふたつにひとつ

「愛されない」「神に失望した」そのような状態では女の側も「死を覚悟」する。
それで、男の寿命と女の寿命は決まってくるのだ。
「愛」と「神」がなければそもそも女は「食べない」とされている。
また、「これ以上、キャリアに何も加えられない」「惨めな」男は「とらわれ」という「自分の健康状態に異常に過敏になる」状態になる。
愛に奇跡は必要ない、神に奇跡は必要という観点から、惨めな男が「天皇になりたい」と言って愛の側から殺されることもある。
「愛の有神論」という観点から、日本国でも「安楽死」は事実上明文化されており、死んでも事件性が認められることはほとんどない。
ホスピスに入るということは「神にならなくていい」「周囲の女性たちを愛してほしい」という上達(信仰)のない世界になる。
失敗を重ね、老いさらばえるとはそのようなものだ。
発言が、パートナーを怒らせてきたのだからもはやそのパートナーの手を離れて、間違った方法論も捨て、信仰の世界ではなく愛の世界で「居場所」を見つける。
子供たちからの送金が止まれば死を意味する。
「間違っていた親」への送金が止まるのは早い。
信仰を失った人間が死を覚悟するのも早い。
パートナーにとって都合の悪い死をなくそう(二重効果論)。
競争の中に信仰(神)がある。
しかし、子供たちが競争に耐えられないのならば、ホスピスにメッセージが届く。
信仰を失った人はモルヒネで痛みを誤魔化しているが、子供たちが「間違っている親」を老害とみなせば、たちまち親には死がもたらされる。
我が国の警察は、ゲシュタポの伝統を引き継いでおり、
「競争に耐えられない者は死んでもいい」と考えている。
あくまでも敗戦国であり、「間違った年寄り」を多く見てきたからである。
「覇権」(女性の胸)と、愛が生まれた日というギリシャ神話はそこにはなく、「間違った人間は死ね」という発想がある。
このあたりを、「福祉」の側がフォローしていく余地は十分にある。

「不作為の神と愛」
女の子たちは「青年令和」に対して「私たちは思春期に経験したことなのにね」と思っていた。 
青年令和の焦りは「東京大学(カトリック)がろくな講義を行っていない」ことから来るものだった。 
精神科への通院歴や、夜中に歌を歌ったりしていた。 
「東大に入った伝説なのにね」
女子たちは噂していた。 
青年令和が「神」(上達)を信じていることが分かった。
「三年は様子見ね」「そのうち東大すら改革するようになるわ?」
三年過ぎた頃には

たしかに東京大学は「女の子の救済」もやってなかったしね。
青年令和が「神を信じている」のならば今は遠くから見ているしかないんじゃない?
「神」と「愛」は、命の問題でもあったし、「恋の問題」でもあった。
「女の子の救済の研究をしているあいつ」をどの女も愛した。
S君 

だいたい、ルターの焦燥がなくなった頃に、今の妻とお見合いをした。
「大きな夢を見ている人は恋なんて興味ないというの?」
これがヨハネの福音書の意味であり、和紙君も理解しているものである。
秘密のガーデン

 
メシア信仰なんだよ。
1990年代の東京大学はひどかったね。
失われた20年とも言われた。
カルヴァン派、ツヴィングリ派は充実していたのにアカデミズムがまったく動かない。
「論理とは女を論ずることであり仕事である」
そんなことも知らずに高尚な「論理学」の講義をぶちあげるものもいた。
この教科書でいいのか?
誰よりも東大の知的弱者を憎んだ(ルサンチマン)。
自分で書き直すようになった頃には50歳になっていたし、妻も子供たちもいた。
女たちは「パーティーは終わったんだな」と思った。
パーティー・イズ・オーバー

三年過ぎた頃には、つまり28歳でFBIが動き始めた頃には、芸能界に「称賛の歌声」が満ち溢れていた。
ヨハネの福音書の結論であった。
To Be

東大の教科書がいけないとは言わない。
しかし、
憲法・金儲けの方法一覧表。
民法・恋愛の生成過程を探求する学問。
刑法・女子高生や主婦層の支持を得る方法。
行政法・芸能界のルール。
民事訴訟法・民間人が影響力をつける方法。
刑事訴訟法・フェアプレーの探求。
破産法・女の取り巻きを知性もなく作ったものの末路。
刑事学・理想の男選び。
独占禁止法・ひとつの企業で永田町や芸能界を牛耳ることへの制約。
などという理解がきわめてあまく、芸能界の方が東大より上、という辛酸をなめた。
国家一種試験は、一次試験の結果もでないうちに官庁訪問を始める。
「細けえことは言うなよ。カネ払うから採用しろ」という世界なのだ。
ハローワークに行く前に、人気をつけて「大学」に職を斡旋してもらうのが正解だろう。
ヨハネの福音書の主役は「善きサマリア人」である。
1960年代に、吉永小百合作品で描かれた浜田光夫だと言っていい。
一人の女に自分の命を委ね、そこには「神と愛」が両立している。
愛し合うためには自由で対等でなければならない、
それでいて「神」(上達)を信じなければならない。
そのような男には、吉永も「簡単には体を許さない」という構図が出来上がった。
川端康成は、学者を目指している東大生(キリスト教徒)と、美女の踊子(仏教徒)を描き、
子供が熱を出したと言っては「木魚」を乱打し、熱を下げ(感染症の治療)、 伊豆の温泉に浸かった(神経痛の治療)。
伊豆の踊子

マタイ16:24 永遠の命(映像)から、有名人の病気を見破りなさい。
病気を診るのがテレビであり、明らかにしたら貧しきものに施しなさい。
新約聖書とは「映像の世紀」なのである。
トマスは、「敵を愛せ。戦うのは楽しい」と語った。
私は、自由にYouTubeを貼れるが、ルターの焦燥とは、いかほどのものであったであろうか?
あと五分

カントは、「結婚」という制度を考えたが、幸福の関心(セックス)と、キリスト教的多数派・仏教的多数派(道徳)は、始源において一致すべきもの(女の胸・覇権・愛が生まれた日)とした。
ソクラテスが女の胸というものを考えていたが、イエス・キリストと仏陀は、異なる方向に走り始めたのだ。
医者の家庭に多いね。
「夫は神さま」「妻は純潔」
そこに愛と神が存在し、カルト宗教を憎み、時に、妻は「家庭の問題」を抱え込みきれずに女の「先生」を作るという。
女の「先生」は、自分の家庭を「医者の家庭よりも上」と妻に説明し、上納金を得るという。
フランスの「エル」という雑誌はその事の専門誌だった。
カフェテラスで独り言

自由で対等でなければ「愛」とは言えない。
上達を信じている男でなければ「神」とは言えない。
ルター派は、YouTubeを駆使して、「汝の敵を愛せ」と言って「敵の右腕と左腕」をもいでいった。
愛を捨て、「奇跡」に賭ける男に、毒物を与えさせたのだ。
一人を殺すか?五人を殺すか?という世界に必要とされ、敵は両腕を失った。
愛を取り戻せ

「許し」というものは「相手の自尊心を満たす」ものである。
彼女と付き合っていても、男は口づけを重ねるごとに多数派工作を行わなければならず、
100回重ねても100回許せるものとしなければならない。
このあたりが「医者の定義」であり、患者さん(神に作られた作品)を医学書を読んで治さなければならない。
医学者にしたがえば、患者さんは治ってしまう。
パートナーと口づけを重ねるごとに信仰心は増していくのだ。
100回のkiss

彼には、才能があったため、私は「東京を舞い踊る少女」となって彼が医者として大成するのを待った。
医学書を読んでいく作業は、なぜか笑いに満ちていた。
人工肛門をつけている男が「アナルセックスが原因」などと特定していったからだ。
そのような作業は「大胆な罪」とも呼ばれたが、東京を舞い踊る少女はそれを応援した。
Shine more

将来を嘱望された若者は、時にアイドルと相思相愛になることが多い。
もちろん、アイドルを利用して自分たちの病気も治してもらおうという周囲の思惑もあったであろうが、若者に対して政府は常にオープンであった。
ナビが壊れた王子様

彼女も「やれと言われたからやった」という側面はあるが、プロテスタントによる宗教改革は、ルターの焦燥とともに、彼の病気をよくするという側面をともなわなければ成功しなかったであろう。
「医者1人育てるのに5千万円かかる」と言うが、そんなものでは済まない奥の深い世界であった。
From that sky

 
うれしい楽しい男の仕事は、アイドルとともにあったが、一国の君主や医者を育てる目的でなければ、営業としても「割りに合わない」ものであった。
このようなアイドルや関係者がいたからこそ令和天皇は生まれた。
王子と親衛隊という構図が作れなかった時点で命運が尽きたメンバーもいた。
王子様と雪の夜

妻を大事にしようと思ったのも、アイドルと妻が私を奪い合ったからであった。
20代から30代にかけて起きたことであり、
50代になって「真似をしたい」と言っても「医者として育てられた結果と富」に憧れているだけであり、手遅れというものだ。
あなたの彼女

通常、人は「人を救う」ために寄付をするものだ。
それならば「人を救う人」にならなければ寄付を受けることはできない。
コロナ禍もそうであるが、今後なにか「事件」が起きるたびに何かメッセージを出さなければならない。
コロナ禍の次は「簡単ダイエット」などを医学書から明らかにしなければならないとされ、私の課題となっている。
今後、「簡単ダイエット」については自分の体重と睨めっこしながら明らかにしていきたい。

食べ物は、静脈を通じて肝臓に入る。
薬は、腸に到達する。
このズレがメタボの原因である。
ビタミンCを飲めばダイエット効果が期待できる。
また、愛がまだ「赤い」うちはあまり太らないが、慢性化すると極端に太る。
灰色になると痩せる。
人生の不幸せなど誰も望んでいないが、愛の慢性化と太るということは、仕方のない側面がある。
「常に愛されていたい」という人はブクブク太る。
このことから「ビタミンC」の重要性を指摘したい。
ノーブルレッドの瞬間

「ビタミンCと音楽作品」だけで案外痩せることが可能なのだ。
熱を出さずに痩せる方法は世界に「ビタミンC」しかないとされ、ビタミンバイブルという本の信者もいる。
ファーストキスはレモンの味?
それならば、異性とスマホで話をしながら「音楽評論」をすれば「スマホダイエット」となる。
ビタミンCに飽きたら、「日清カップヌードル」を食べよう。
栄養が偏っているわけではない。
ようするに「排泄機能」がおかしくなっているから太るのだ。
Kiss&cry

ビタミンCと、日清カップヌードルによるダイエットの経過報告は追って記したい。
しかし、それ以外は「フリーウォーター」と言われ「何を飲んでもいい」とされている。
決して空腹感はないし、医学上はそれが正解なのだ。

お風呂に入ることと靴下を履くことは忘れないようにしよう。
また、ビタミンB2は「コエンザイム」とも呼ばれ、メタボの予防に有効だ。
ラーメンが「お肌に悪い」と言われるのもビタミンB不足のことを意味し、ラーメンのボディに与える有効性を否定するものではない。
たばこは吸ってもいい。
しかし、ビタミンBは忘れないようにしよう。
まあ、いろいろと医学を研究してみてもキリがない。
細かいことは大塚製薬や日清食品に委ねた方がいい。
1980年代に日清食品が作り上げた「カップヌードル」は衝撃的であり、フランス、イタリア、イギリス、中国、アメリカなどが「味による反撃」を行った。
「味と栄養学の神話」が生まれたが、「ようするにお金持ちに見られたいわけだろ」という割り切りがモデルさんなどの間でなされた。
おカネがあるから「味と栄養学」は生まれたが、新古典派とも言われ、新派の立場が「カップヌードル」を支持するという現象が見られた。
ラーメン戦国時代とは、横浜で起きたものでも尾道で起きたものでもない。
世界で起きたのだ。
中には「ラーメン」と「共産主義」をごっちゃにして「完璧だけど納得いかない」という若者もいた。
松下幸之助は、ラーメンをアメリカに売り込み、アメリカ人に肩をぶつけながら歩いた(ソーシャルダンピング)。
やっぱりribbonはやめられない

なお、内科的には「ラーメンが真実」であっても、外科的には「塩ホルモン」がダイエットにはいい。
酒が飲める人は、両方はしごする豪胆なものもいるが、「塩ホルモンを食べた翌日の便が違う」というのはダイエットには都合がいい。
しかし、あくまでも「外科的最先端ボディの作り方」であり、カネがかかる。
内科よりも外科の方が「高い」のは仕方がないとして、内科は中川翔子さんに、外科は若槻千夏さんに委ねて、来年の夏に「外科対内科の頂上決戦」をやりたいと考えている。
日本中の女子たちを交えた戦いになるだろう。
なお、塩ホルモンに関してはまだ研究が足りない。
今後深めていきたい。
塩ホルモンに関しては、「一番上の子」に向いており、落ち着きがなかった子供が「大人になって急に立ち直る」きっかけとなるとされている。
非行に走って「立ち直りました」というのも案外、「飲んでいいよ?」という食生活の変化が背景にある。
その代わり「ホルモンは最高にうまい」などという「性格の変化」などが指摘されている。
もしかして「飲める人」が外科で「飲めない人」が内科?などという指摘も的外れではない。
私は「100万人のヒトゲノムを参考にした」アメリカの医学書を見て話しているが、中国は「300万人」を対象にしたヒトゲノム解析を終えようとしている。
全員が中国人ならば、一人っ子政策を背景にした「すべて外科?」というのが漢方医学になりかねないが、中国は「全世界の人」を見ているようだ。
アメリカ4Gと中国5Gはどこまで対立するのだろうか?
4Gの中川翔子と5Gの若槻千夏とでもいうべきか。
なお、塩ホルモンは「外科」というだけのことはあり、「かなり乱暴な経験」をした人に向いている。
翌日のお通じに注目だ。
洋楽の内科ならば、演歌(道教)の外科か。
ラーメンは即効性がある劇薬であるが、塩ホルモンは「気がついたら体が軽くなる」漢方薬だ。
塩ホルモンは「食のトリートメント」であり、抗うつ剤である。
内科が腎臓であるのならば、外科は骨である。
中川翔子さんにせよ、若槻千夏さんにせよ「最先端」である以上、「人魚」なのである。
泡になって消えてもいいと思うものである。
秋の貝殻

女二人が「どちらが勃つか?」を競い合うことは案外悲壮感がある。
しかし、「私の体を医学の進歩に使って?お医者様」という意味においてはどちらも人魚なのだ。
同じ科階級に二人の王者が育ったのだから一人は消えなければならない。しかし、名前が残る(トーマス・ハーンズ)。
女二人が体を比べ合う(名目経済)ことは、男二人がおカネを比べ合う(実質経済)ことにつながる。
二対二だけど割り切れないというやつだな。
男二人がおカネを比べ合うということは「頭の使い方を比べ合う」という意味である。
避暑地の森の天使たち

女二人に男二人がそろうことを「イデア」と呼ぶ。
プラトンはこのことから「どんな音楽作品でも作れる」と語った。
外科や内科だけではなく、経済や音楽作品のセールスにまで関わってしまうのだ。
悲しみがとまらない

女たちが男の序列を決めている(CP条項)。
そのため、男が金儲けをするためには「モテなければ」ならない。
おのずと「哲学者」にならなければならないことが分かる。
すべては女二人の体比べから始まるのだ。
外科・内科・哲学からこの国の経済政策を組み立てたら、私の今後の「決断」は一斉に女たちに拡散する。
二対二だけど割り切れない、これが政治なのだ。

 

 

 

 

石原伸晃に1票を。
自民党に寄付をお願いいたします。

« 病気。 | トップページ | 企業の社会的責任(女の失恋の研究)。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。