最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« にゃんにゃん。 | トップページ | 人生ゲーム。 »

2020年10月22日 (木)

右翼。

サルトルは「恋」「アイドルの神」を敵視していた。
なぜなら、女を「肉の塊」と呼ぶヘンタイだったからだ。
しかし、少なくとも「ひとつにまとまらない人間社会」で戦った。
自分なりの「小さなグループ」も作った。
ヘーゲルの「メンズノンノ」も、マルクスの「女学」もあまり読んでいない。
町の空気に触れ、「家族の愚かさ」を知った。
彼女は「夢精ならするの?」と言って泣いた。
これは芥川賞作品のモチーフにもなっている。
中学・高校ではすでに「恋愛ベースボール」が始まっていた。
何も知らない中学校の女子たちを犯しまくって、「ルールも権威もない」時期を楽しんだが、やがて、女の子たちはサルトルに心を閉ざし始めた。
「中二の頃の記憶がいちばん恥ずかしい」
自分が、まだ「社会や国家」というものを知らなかった時代だ。
女の子たちは、野菜が食べられるようになる年頃だ。
そろそろ、女の子たちは「生理」を連想させるトマトも受け入れ始めるだろう。
サルトルは「総統」という肩書きを考えた。
小さなグループが、独裁者を生み出す物語だった。
瀬能あづさ ふたつにひとつ

青年期は「鬱」だった。
女たちを多くの男に譲った。
「あいつは欲があるのかないのか分からない」と言われた。
小さなグループが「女をどんどん奪われていく」のを見た。
党員11名に外国からの3通の手紙しかなかったグループが、「女の供給源」であれば「総統」になれることを知った。
サルトルは、「小さなグループ」「女の供給源」を「ナチス」と呼んだ。
サルトルにとっては「肉の塊」でも高値で売れた。
実存主義とは「女をどれだけ大量に他の男に譲ったか?」を競い会うものだった。
サルトルは「モテた」という意味では哲学者だった。
しかし、カトリック女を嫁にし、「小さなグループ」が「大量に女を売った」という意味においては右翼だった。
右翼の街宣車がうるさいか?
女を売っている「小さなグループ」だ。
女よりも勉強が好き。
そんな奴は、YouTubeで女たちを集めて、「高値で売りさばく」しかない。
朝鮮人だろうが中国人だろうが「日本語が分かる女」は全部売った。
性欲がなければ動画は作れなかった。
しかし、それよりも「イエス・キリスト」の言葉の方が美しかった。
人々が「総統」「天皇」と自分のことを呼び始めた。
「君主の真似」をする若者もいた。
「天皇をどう思うか?」
どの大人たちも「妻を与えられたことがある」ため、「姓・氏名を賜った」と語り、多くは語らなかった。
必要に駆られて、いつしか「恋」「アイドルたちの神」「財政」「金融」などを一手に担うようになっていた。
女たちをセールスにかける「小さなグループ」は、「上海クラブ」とも呼ばれた。
上海倶楽部 松田聖子

大学生にもなって、「CoCoだのmiwaだの」を聴く男は、彼らにとっての「ミラクル」は、「小さなグループ」が「女を売りさばく」以外にどこに向かうというのだろうか?
「11名のグループ」には、カミュもボーボワールもマルセルもメルロポンティもいた。
miwa ミラクル

「実存主義」というものは「存在」と関わるものであり、「社会に放り出された男」が、自分のサークルを見つけ、膨張していくためには「女たちと共に」あるしかないことを知るものだ。
そうなると「父」という壁にぶち当たる。
本来、「父」が、全世界の女たちを支配していたからだ。
父との「女の奪い合い」を「贖罪」と呼ぶ。
小さなグループに属し、女たちを売りさばいたら、父親にカネを流すしかない。
父親は、「もらったカネ」を少なく申告してくる(デノミ)。
若さのなせる技であり、女たちを「父より多く」売りさばいて、父に送金しても、父は「そろそろデノミでもやるか」と言って息子への劣勢を跳ね返そうとする。
父の世代の「女」よりも、息子の世代の「女」の方が高く売れる。
CoCoは、「聴くだけで」いいものだった。
夏空のDreamer CoCo

カミュは、女の子が茶色い風景から、緑色の野菜を食べ、真面目になろうと決め、トマトを食べ、生理を受け入れ、男と向き合おうと決めたというような「女の子の気持ち」を「鉄・自動車・通信」と絡めて経済効果につなげようとしたが、フッサールはメジャースポーツをやった。
もっとも、メジャースポーツと言っても「娘の気持ち」を最大限に利用したものであったため、「ナチズムの司令塔」としては優劣がつけがたいものがある。
「女の子のハートをつかむ」という意味においては、メジャースポーツも、「鉄・自動車・通信」のような産業も変わらなかった。
サルトルは、父と「女の奪い合い」をやる宿命にある大学生を「煽れ、煽れ」と言った。
これが、実存主義芸術であった。
miwa ヒカリへ

世界の女を支配する「父」に、もっと若い世代の女を「小さなグループ」で売りさばき、父に送金することを「贖罪」と呼ぶ。
贖罪とは、「悪意に満ちた秩序」とも呼ばれる。
知恵を得る「喜び」と、女と関係をもつ「喜び」の二つがあった。
ビッグマネーと手厚い看護は「贖罪」の賜物であった。
女を売りさばいて、父に送金する、それ以外に哲学の世界に「仕事」はなかったし、資金調達して「精密機械を作ろう」と考えたとしても、ファイナンス部門は、誰もが「実存主義者」であった。
フォークナーや、カフカが「小さなサークル」に加わった。
「才能のある若者に」夢を語らせてやれ。
あるのは「父との激突」だけだった。
父がいるかどうかは「体」を見れば分かった。
「何かに取り組め」
そのうち「カネの必要性」に気がつく。
その時に「売れる」のは「女たち」しかない。
直接的に「哲学」までやらなくても「何かに取り組んでいれば」カネの必要性に気がつく。
CoCo 夢だけ見てる

女を売りさばく力量をのちに身に付けるためには、「実存主義芸術」を演じる女はとりわけ「美しく」なければならなかった。
身近なところで妥協させてはならないという辺りに苦労した。
マルセルも、メルロポンティも「バカバカしさ」を演出するのに苦労したと語っている。
なんで野球なんかに命かけてるんだろう?
そのような「バカバカしさ」は、「女の子の心と向き合う」時にもあった。
「キャリア続行不能」となるときはカネが切れたときだ。
司法試験受験生の「25歳越え」は、カネとのギリギリの勝負だ。
40歳まで、となると「裕福な家庭だ」と考えるしかないが、実存主義がやってほしいのは「アルバイト」ではなく、「小さなサークル」で大量に女を売りさばくことであった。
これはYouTuberとしてカネをもうける秘訣と何ら変わらない。
チャンネル登録なんて見てはいない。
大量の女を売りさばく、というのは「もののたとえ」であり、実際は「女たちとの距離が遠い」ほどカネになる。
私は、文章も映像も音楽もやるが、支持者に女たちがいる、ことを明らかにして、「彼女たちとの距離が遠い」ことだけ示せば、十分にカネになる。
この作品と同じ時間を共有した、その女たちとの距離が遠い、それは番組へのFAXやツイート、コメントを公表することからもたらされる。
このことをもって「売りさばく」と言っているのであり、私の女性支持者は、狭い世界で恐縮だが、少なくとも他の男性皇族よりも抜きん出ていた。
これこそが「実存主義」と「おカネ」の関係であり、そもそも「法律学に没頭していた」頃からそれは顕著であった。
立憲民主党は、「令和天皇の叔母」であり、令和天皇の悪口を言って、若い女性ファンを増やし、「父」におカネを送金する、
このことから、自ずから「若い世代の結婚」というものは実現する。
一方で、日本維新の会は「令和天皇の父」として、
令和天皇から送金を受け、コリジョンルールによって「嫌いなクソババア」を、若い世代の女たちとぶつけ、生命を奪う。
社民党は、福島瑞穂党首だけとなってしまったが、「日本ナショナリズム」を論じ、「一人一殺」を行う。
自民党は、令和天皇を崇拝し、菅義偉親衛隊をもち、天皇から賜った「姓」を論じる野田聖子とともに令和天皇の親衛隊として、資金力を謳歌し、公明党は、令和天皇の母としてヘンタイの居場所として、性倒錯芸能人を資金に変える。
共産党は、令和天皇の妻として純潔女への祈りを大事にする、あるいはヘンタイをなくし財政や金融の円滑化を行う。
令和天皇本人としての自民党と、叔母としての立憲民主党、さらには父としての日本維新の会は、ともに「結婚相談所」であり、しかし、おカネも違えば、カラーも違う。
なんで、「肌の色が同じ」「日本語を話す」のに政党は分かれるのだろうか?
「身内だからだよ」
父としての日本維新の会が、世界の「イエス・キリストの父」であるイランとどのような関係であるかは明らかではない。
しかし、中東地域の「地図」をイエスキリストに合わせて作っていかなければ、「楽に働き、結婚し、子育てができる」社会にはならない。
しかも、おカネは「テレビの視聴率」が生み出してくれるのだ。
父として(日本維新の会)、母として(公明党)、叔母として(立憲民主党)、あるいは妻として(共産党)、女友達として(社民党)「論理が異なるのは」当然である。
しかも、各人が「若い女性ファン」と「おカネ」を必要としており、テレビでは「ドラマ」がそれを明快にえぐりだそうとしていた。
本来、人物像を明快にえぐりだせば、自民党一強とはならず、どの政党にも支持が集まり、国民に富が行きわたるはずである。
しかし、日本人の民度をもってしても「我よし」「自民党一強」となってしまっている。
そもそも、中国の叔母である台湾と立憲民主党の関係も明らかではない。
身内の「他者の論理」に文壇はあまりにも鈍い。
「永田町の論理だけでいい」
なぜ、日本国の家庭にそのように言わしめないのだろうか?
善悪二原論というものは確かにある。
しかし、「夢が叶わない」程度の悪人しかいないではないか?
テレビにおいては、「女たちにモテる方法」「カネをもうける方法」をしっかりと教えなければならない。
人生を通じて「国会を横断する」ことはあってもいいのだ。
プラトンの弟子、と呼んだ方がアレキサンダー大王の先生と呼ぶよりアリストテレスは価値があると考えた。
令和天皇の「姉」「弟」「妹」「従兄弟」と呼んだ方が資金が集まると思うのであれば政党を作ればいい。
しかし、あくまでも「テレビ番組における人間らしさ」を我々は見ている。
とにかく、「家庭内でも夢がぶつかり合っていた」のだ。
学校や会社に男女はいたが、みんな「永田町の論理」を抱えていた。
バカげている、人生すべてがバカげている、そんなときに人々はテレビをつけた。
えぐるんだよ。
人生には意味があるということを。
父の論理、母の論理、女友達の論理、妻の論理、叔母の論理、男の論理などを。
自民党支持率35%だ?
自分の論理しか時代は知らないのか?
年金未納者には「各人の論理」が家庭内にあった。
「弟であった」「妹であった」などだ。
それを、オンエアで共感できるものとして描けば、全額納付扱いになる。
政党は「結婚相談所」でもあり「年金事務所」でもあった。
若い世代の女たちを奪い合っている以上、ファミリーに「政策の合致」などない。
もっとも、どの家庭も「同族企業」であった。
「右寄り」が「男寄り」であり、「左翼」が「女」であることは、「永田町の論理」で明らかではないか?
サルトルは、「若い女をセールスにかけて、ファイナンスをし、父に送金し、コリジョンルールで嫌いなクソババアを殺す」とした。
しかし、クソババアにも「家庭」「永田町の論理」があったため、ワンサイドゲームにはならなかった。
「政治コミュニティで死人のでない世界」
これをもって「王国」と見なすしかない。
世界はすでに、イエス・キリストを中心に「メイクドラマ」が始まってんぞ?
どうするんだ永田町?
世界規模のカネは欲しくないのか?
miwaが「DAITAN!」において、実存主義の「真の意図」を明らかにしたね。
「不敗神話」には必ず「古典への回帰」がともない、「人類に貢献した」哲学者がいる。
貴方はいつも「哲学」の話をなさいますが、政治コミュニティは大騒ぎですよ?
いったい誰の真似をして、そのようなことをおっしゃっているのでしょう?
「法の支配」って知っているだろうか?
万人の万人に対する闘争の世界に「ルール」を見いだしたカントが私の先生だ、
安室奈美恵のキーワードだろ?
「ルール」ってのはよ。
平成の時代に「ルール」を訴えた歌姫に、「法の支配」を見せつけたのがカントなのだ。
「一個人が影響力を高める方法」(民事訴訟法)
「芸能界で生き残っていく方法」(行政法)
「フェアプレーで勝つ方法」(刑事訴訟法)
の権威だ。
安室奈美恵を研究すればするほど「ルール」を明らかにしたくなるだろ。
他人を裁くのにも、自分を裁くのにも「ルール」は用いるが、純潔女にも主婦層にもモテたカントを知らずに人を裁いたらどんな鉄砲が場内にぶちこまれるか分からないよ。
miwa DAITAN!

大卒なんて、世間では「ブルジョア」と呼ばれているだぜ?
その世界の頂点を極めたのが「永田町」だろ?
その世界で「人気」を誇るのならば「イエス・キリスト以来の人類の歴史」を知っている「先生」に教わったとしか思えないよ。
みんな「小説」を書く力量のある人生経験はある。
しかも「男として」「母として」「父として」「妻として」「女友達として」「男友達として」
「言いたいこと」はあったのだ。
これを「政党」のスタンスに落とし込むというのは大変な裁きだね。
女にモテなければ「銃弾」がぶちこまれるから誰も言えないんだよ。
たいそうな「一件記録」の山がなければ、どの政治家にもできないことだ。
みんな「好き勝手に」生きたいし、実際に好き勝手に生きている。
その中に、どんな「ルール」を見出だしたんだ?
「裁きだよ」「純潔女や主婦層の支持を背景にしたカント」を師としたことだよ。
安室奈美恵に「カント」を紹介したかったんだ。
みんな「自伝」を書きたがっている。
しかし、「ブルジョア」が、各自の立ち位置にしたがって「政策」をすでに練り上げていたのだ。
同じ民族なのに、なぜ「政党」が出来たんだ?
「身内だからだよ」
ブルジョアなんて、夏休みが終わらなくて、高校時代の恋から「新しい幻」(ニューヒロイセ)を探しているだけなんだ。
夏休みは終わらない

どの政治家も「紳士」であったし、勉強したし、社会に適応していた。
そんな中に銃弾をぶちこんだ奴の目を潰した医者もいた。
「テレビの中の私のヒロイン・ヒーロー」を侮辱したら、秋篠宮だろうが美智子だろうが「命」が問われる。
私の「政党は家族である」という理論を理解しないで、何者かになろうと思ったのならば、「1960年代に日本国が見た風景」を知らないのだろう。
新左翼から「国会を防衛しよう」と考えたから政党というものはできたのだ。
人混みも若さも、すべてが「政党」からもたらされたものだ。
「狂った犬」は、少なくともイエス・キリストではなかった。
我々はある「街」でしかゲームができなかった。
手順を踏んで上っていくか?狂った犬になるか?しか目的を達成する方法はなかった。
どの政党も、「令和天皇」(世の中の男)の身内であったが、「小さなサークル」で、若い女たちを売っていた。
ブルジョア・ホワイトカラーにできる「資金集め」なんてこのぐらいしかなかった。
「九条・平和」と頑なになる男もいた。
令和天皇の「妻の論理」(共産党)、「女友達の論理」(社民党)を男が振り回すのだから、端から見たら「悪い忠誠心」に見えたが、それもパートナーへの愛情から来るものだった。
支持政党の「階層化」が、社会の階層化にはつながるが、それは各人の「視野の広さ」にかかっている。
女へのちょっとした恋心から、各政党に接近する男がいてもいいが、それでも、社会の階層化は、あくまでも人生経験などから作られるものであった。
嫌いなクソババア、本当に殺したいクソババアは「どの男も一人だけ」というのを「シシュフォスの神話」と呼ぶ。
そのために、我々は各政党を支持するのである。
各政党は「令和天皇とどのような関係にあるのか?」を示していた。
なにしろ「令和天皇とどのような関係にあるのか?」で、仲間作りと政策作りが決まったからだ。
古くは民主党政権というものがあり、平成天皇は「時代を謳歌する叔母」の前に、布団を頭から被って毎日眠らざるを得なかった。

基本的には、「予算」というものは「男」が公布しなければ何がどう使われているのかが明らかにはならない、という意味においては、女政党である「公明党」(母)、「立憲民主党」(叔母)、社民党(女友達)、共産党(妻)は、単独で政権を担うことは困難である。

しかし、自民党が立憲民主党と連立を組むのは「台湾問題を中国が解決するほど困難」であるし、
自民党と社民党(女友達)の関係も、「共産党(妻)がいるから」難しいなど、「野合」というものは「情け」の世界であり、ほとんどあり得ない。
各政党が「若い女性ファン」を持っており、シシュフォスの神話、つまり「嫌いなクソババアは一人だけ」という思惑にさらされていた。
国会対策委員長は「女とは何かを語れ」「祈れ」と言われている。 
公明党(母)や、立憲民主党(叔母)には言えないことが、共産党(妻)、社民党(女友達)には言える。
さらには、れいわ新撰組(男友達)には赤裸々に語れる。
日本維新の会(父)にはほぼ言えない、など、憲法改正は、非常に難しい課題となっている。
「若い女性ファンを売って父に送金する、さらには嫌いなクソババアを殺す」というだけの「政治」でも、身内のやることは案外難しいのだ。
嫌いなクソババアが死んでも、次から次へと現れる。
これを「エンドレスサイクル」と呼び、政治が常に必要とされた。
宗教非抑圧論(皇族がどのような宗教を作ってもいい)という仕組みのもとで、私は、高度統治行為として「女とは何か?」を語らせてもらった。
しかし、「嫌いなクソババアを殺す」というのは各政党の役割だろう。
しかし、「政党マップ」は、各自がスマートフォンに電話番号を登録していたし、
令和天皇の「女心談義」を語ることで、国会対策委員長として、各自が振る舞っていた。
宗教非抑圧論がなければ、政治が機能しないし、他人の家を乗っとる人食いが横行する。
人食いをやめさせるために「政治」というものはあった。
麒麟はいつか来る。多数派形成に成功したあとに。嫌いなクソババアが「屋敷を乗っとる」という世の仕組みを理解し、日本維新の会(父)と善後策を練っても、自民党(イエス・キリスト)は、すでに、若い女性ファンを支持基盤とし、父と同じマーケットにいた。
そこで、父と「共通の敵」である嫌いなクソババアを語り合っても、父は、子の「若い女性ファン」を憎み、嫌いなクソババアと結託することもあった。
そこで、社民党(女友達)を通じて文学を書き、れいわ新撰組(男友達)にカネを送り、日本維新の会(父)に送金できるようになれば、屋敷は、乗っ取られずにすむ。
そのために「憲法改正」とは、「女心を明らかにする」営みであり、私は、ミカドとしてそれを行わせていただいた。
生きるに値する人生とは何か?
酒・タバコ、女、そして仕事、さらには仲間と語らうことであった。
それはつまり「家庭の防衛」であり、嫌いなクソババアをなくす営みである。
織田信長は、ガトリング銃とキャノンによって戦国時代を終わらせた。
嫌いなクソババアが、「政治」によって生み出される「屍」によって「女の限界」を見せ始めた。
ミカドが「女心」を語れば、嫌いなクソババアは「女の限界」を知るようになる。
若者にとって「神は死んだ」としか言いようのないものであったが、ミカドがいなければ、どんな有名人でも最後には「グループホーム」で独り暮らしをする羽目になった。
嫌いなクソババアは常に「一人だけ」というシシュフォスの神話を理解することと、秀吉も家康も、織田信長の「ガトリング銃とキャノン」の恩恵を受けただけ、という側面は指摘していい。
それでも、現代においても「屋敷を乗っ取られる」有名人はいたし、嫌いなクソババアは確実にいた。
法治国家である以上、「嫌い」程度で済むかも知れないが、昔は本当に屋敷を失っていた。
「永田町の論理だけでいい」
これを人々が、テレビを見て、家族で団らんできるようになったら、各政党は、「存在意義を失うのではないか?」とも言われる。
大企業や予言の共和党と、恋や愛し合うことの民主党という具合に二大政党制になるか、ナチズムとなるかは明らかではない。
しかし、共産党(妻)は、必ず「他人の家」に野心を持っていたし、反共ムーブメントとも言えるのがナチズムだった。
なお、日本国の判例によると「不動産登記」は、「印鑑証明、委任状、登記済み権利書」があれば移転できるが、登記は事実を反映しておらず「おカネを出した人が所有者である」としている。
さすがは先進国だ。
彼氏は、彼の家庭内では国会対策委員長だった。
家を守るのは「長男」(子なるイエス)という側面があり、家を守りきっただけで、会社で出世したし、女にもモテた。
この「国会対策委員長を務めたことのある」彼の魅力を「現象学」と呼んだ。
つまり、「天皇にも詳しい」「国会にも詳しい」のちの社長や首相のような男であった。
恋とは「仲間が多い、何かやってくれそう」な男の子にするものである以上、現象学と「恋」が結び付くのは必然であった。
Melody 運命95

世界は「イスラエル」「イエス・キリスト」を中心に作らなければならない。
そうでなければ、世界の「領土問題」はなくならない。
世界が「ファミリー化」したときに「核兵器禁止条約」が作られた。
本来、日本国がこの条約の強烈な推進派だった。
日本の政党の「世界標準化」を待つつもりだろうか?
令和天皇の「シオニズム」に、政府が待ったをかけたのだろうか?
世界をイエス・キリスト中心に構築するのは間違いなくシオニズムであったし、永田町に関する、私の見解もそうである。
いずれにせよ、世界の女たちの恋人であるイエス・キリストを中心に物事を組み立てたらいけないんですか?という思いが令和天皇にはあった。
私の言う「シオニズム」と、屋敷を守る「長男」(国会対策委員長)は、プルタークの「英雄伝」で描かれた。
男が「女」(アマテラス)とは何か?を明らかにすることは、「娘という稀少資源」のエネルギーを高めるという側面、さらには「ミクロ通貨」という目に見えない通貨の「換金性」を高める、さらには「長男による屋敷の防衛」に用いられた。
子どもができたときの喜びは、女よりも男の方が大きい。
それは、「娘」の存在を背景に「他人を助ける」(打線をつなぐ)ことを覚えたり、ミクロ通貨を日本円に変えて仕事にしたり、息子が、屋敷を防衛してくれたりするからであると思われる。
プルタークの「英雄伝」は、サルトルの愛人のボーボワールによって書かれたものであったし、
「他人を助ける」「カネをもうける」「屋敷を守る」というのがキリスト教であるのならば、それは「繁栄の神学」とも言えるものだった。
CoCo ファーストスノウ

ボーボワールは、音楽シーンに「曖昧なセックス」を歌うように呼び掛けたし、いずれにせよ「セックス崇拝」が背景にあったことは事実である。
しかも、「女とは生まれるものではなく、なるものだ」ということを踏まえ、女をかなり「大人びた」ものとして描いた。
「神・男の完全性を語り合うと爽快感がある」という松田聖子スタイルの神学とは異なる、「セックス崇拝」「大人びた女」というモデルが提示された。
「普通の女の経験とはちょっと違うかな?」「ホモの男の方が女らしい」なとも言われる温情となったのも、「女心」を、「プルタークが定義した」からである。
愛の炎 田中れいな

男らしさは「ホメーロス」が詩にし、「女心」はプルタークが詩にした。
ホメーロスの松田聖子、プルタークの中森明菜という時代もあった。
オカマは、「女心」をプルタークから学んだ。
社会で働く女よりも、家庭に入る女の方が野心があるとされた。
それは、「他人の家を盗む」ことを「他人の家の長男と戦争状態になる」つまり「ホメーロスとプルタークが踊り狂う」ということが背景にあった。
イスラム教、キリスト教、ユダヤ教、ヒンドゥー教、仏教、それぞれの女たちは、「ホメーロスとプルタークは別格」(上流階級)とし、繁栄の神学は「キリスト教の枠におさまらないのではないか?」としていた。
少なくとも日本国の神道は、繁栄の神学を採用していた。
娘のおかげで「人を助ける」ことを知り、女心を語り「カネを稼ぐ」ことを知り、息子のおかげで「屋敷を守る」という構図は、もはや中産階級の各教団の憧れの的だったのだ。
上流階級のお坊ちゃんは、「怒りを歌え」と教えられた。
「何で怒らなければいけないの?」とキョトンとしていた時代もあった。
しかし、「嫌いなクソババア」は容赦なく近づいてきた。
ババアには、法律も判例も通用しなかった。
嫌いなクソババアに、「食」を抑えられることもあった。
ババアは、「人を殺すってこんなに簡単なのよ」と高笑いした。
コロナウィルスの誕生だった。
屋敷の「国会対策委員長」をやれば、女の子たちは「誰にキスをしたらいいのか?」を悟る。
さらに、屋敷の国会対策委員長は、「俺の顔はカッコいいぜ」と言って思考力が上がる。
「どこの資産家のご子息様かしら?」
そうこうしているうちに、おのずから世界が広くなった。
「俺がかつて歩んだ道」を後輩たちが歩んでいるのも見えた。
つまりは「学んだ」ということだ。
屋敷の国会対策委員長は、大人社会でも「青年部のリーダー」と目された。
すかいらーくグループの「国会議事堂」というレストランで食事をするカネも、親がふんだんにくれた。
なにしろ家の「屋敷」のみならず、男として「ミカド」のいうことを理解し、いずれは「娘」「ミクロ通貨」「息子」という「金持ち三点セット」を手にするものと考えられたからである。
「繁栄の神学」はすでにそれを保障していた。
渚のかぎかっこ

大学の勉強の苦痛は、女の失恋の痛みに似ていた。
そのため「悲しい音楽作品」も理解できた。
いつしか、周囲の女の子たちが、自分のことを「シティハンター」と呼ぶのが聞こえた。
そうなったら、「党の中央委員の末席」に名を連ねることができる。
よくある話でね、令和天皇の生い立ちも、哲学の世界は「すでに知っていた」と回答してきた。
東大?
そんな狭い島国の話ではない。
自分語りが後輩たちの指針になる人物も珍しいが。
とにかく「子」「国会対策委員長」が、嫌いなクソババアから家屋敷を守っていることを親も理解したのだ。
このような、希望に燃えた若き日々のことを「メロディ」と呼んだ。
Melody you are only my love

加速度と雰囲気で「出世」するのは分かった。
法律雑誌を買っていた私を、妻は「六法全書」と揶揄したが、女が知らなくていい世界だ。
カントがのちに、
憲法・金儲けの方法一覧表。
民法・男女の恋愛の生成過程を明らかにするもの。
刑法・処女と主婦の支持を得る学問。
民事訴訟法・民間人が影響力をつける方法。
刑事訴訟法・フェアプレー、恋愛野球のルール。
行政法・芸能界のルール。
労働法・売春法。
独占禁止法・女をセールスにかけるナチズム。
租税法・カネが消えてなくならないための学問。
などを明らかにしたが、まあ、若いうちは「東大の論理」でも学べ。
スタンフォードの論理とは違うけどな。
「男の人生も悪くないな」
そう思ったときには嫁が見つかる。
嫁は、青年期のエピソードが印象的な人だった、と語った。
とにかく「世界のプロジェクト」に参加していたのだ。
女の経験でもなければ、下層階級の経験でもなかった。
「娘」「ミクロ通貨」「息子」の三点セットさえ揃えば、スポーツビジネスにも参加できた。
「やる気があるのならば、陣形を整えてやるだけでいい」妻はそう思ったようだ。
自宅の屋敷の国会対策委員長時代を思い出すのは「自己批判」と呼ばれる行為であったが、「時には昔の話を」という境地なのだろう。
時には昔の話を

「私が間違った方向に走り出しても、彼ならば正してくれそう」
それが自己批判にはあった。
女の胸は「私とは何か?」というものであり、乳ガンとは「社会の病気」であった。
社会は「男が狩りをする場所」であり、いろんなものがあるが、男がしっかりと「狩り」をしてくれば、女は乳ガンにはならなかった。
女のみの病気とは必ずしも言えないものであった。
このような「実存主義」は、1920年代のフランスの黒人の間で大流行した。
「男の人気の起源」
とも呼ばれ、松田聖子はこのような「男」のことを歌っていた。
松田聖子は「オカマ」をモデルにした、「黒人」をモデルにしたなど、色々な説はあるが、聖子ちゃんの人気が高まる「男」でなければならない。
憎しみ 映画

1931年に、フランスがマルチニク要塞を基盤とし、アフリカに多くの植民地を作ったのも「このような生き方がカッコいい」と判断されたからだ。
アフリカには「屋敷の息子」が案外多く、フランスにつくかイギリスにつくかが問題となったが、フランスは「カリブの海賊」と呼ばれるグループを中心にカリブ海にも進出した。
パイレーツ・オブ・ザ・カリビアン

「屋敷を盗まれる?差別にでも遭ったのか?」
という常識人もいた。
しかし、「これが世の中なんだよね」という人の多いことに驚いた。
日本人は、我が家に「国会対策委員長」がいる、いまだ「人の家を盗もうとするおばさんがいる」という意味において、実存主義的であったし、黒人の友達であった。
実存主義の講義が始まったのは1987年のことである。
フロリダ国際大学においてセザールが行った。
日本国のマンションも造成している。 
セザール CM

1980年に建築基準法が改正されたが、既存不適格というルールがあり、「それ以前に作られた住宅は適用除外とする」とされた。
「公団とマンションの違い」
それは、1987年に世界に広まった「実存主義」の存在にあった。
「屋敷の防衛を果たした長男」に親が与えるのがマンションだとされたのだ。
松浦亜弥 The last night

1980年代の音楽シーンは、ホメーロスとプルタークが作ったし、それはそのまま、バブル経済と混ざり合うかたちでマンションを作っていった。
「屋敷を守った長男」(国会対策委員長)というのは、それ以前は、ほとんど研究が進んでおらず、「旧家が乗っ取られる」のは当たり前だったものと思われる。
第二次世界大戦の時に、ジョージ・オーウェルは、「ナショナリズムを利用した暴力装置」の到来を予言し、「1984」を書いているが、一方で、ナショナリズムとは別に、「屋敷を守る長男」の存在も予言している。
どうだ?こんなカッコいい生き方があるか?
これが「父と子、聖霊」なのだ。
繁栄の神学は胸を張った。
日本国でも「黒いオルフェ」などは「都市計画の象徴」とされ、1960年代に流行していた。
しかし、黒いオルフェは、「ギリシャ神話」にしたがったものであり、「カッコいい男がいた」という神話にしたがったものだとされる。
実存主義によるマンション造成と、ギリシャ神話による公団造成は明確に区別しなければならない。
黒いオルフェ

若い、美しい、金持ち、色が白い。
すべてを祝福した奇跡的兵器が、令和天皇であり、「私の息子は孝明天皇の末裔、中国の首都を東京に」というナショナリズムと、若き「家の息子」による実存主義は、「区別がつかない」とされた。
1980年代以前の音楽シーンはなんだったの?
人々は「シュールレアリズム」と呼んだ。
なにしろ「女心・理想の男」を歌っていないではないか?とされたのだ。
戦後は、渋谷も畑だったらしいね。
そんなもの「神話」を使うしかないだろ。
いつの時代にも英雄というものはいたのだ。
「カネ目当て、自分で考えない、仲間を求めるプロレタリアート」の渦中にエリートが紛れ込むしかない。
「父」の時代は遅れていたのか?
1993年あたりに「旧家の解体」を目撃するまでは、学問ものんきに構えていたのだ。
マイケル・ジャクソンが、「USA for Africa」と言ってアフリカをナメくさっていたため、アフリカは「実存主義」を公表した。
マイケルはかなり打ちひしがれているようだった。
USA fir Afruca We are the world

1906年のピカソの「アヴィニョンの娘たち」に黒人社会は強く影響されたとされる。
「頭おかしい」
これが芸術か?
俺でも書ける、と言って(誰でもピカソ)トレカデロ美術館に多くの絵画が集まった。
イカれてると言ったって、音楽を作ってみればわかると美術館は答えた。
ハートに募金を

リズムって何のためにあると思う?
「人々に衝撃を与えるためだよ」
シュールレアリズムは、常にブラックミュージックの影響下にあった。
戦国時代の日本でよくあった話が、アフリカから国連に持ち込まれる(小和田恒)。
自分の家も「畑二枚」になったけどな。
実存主義というものは、それほどまでに、世界に知られるのに時間がかかった。
メルロポンティは、「嫌いなクソババアの論理」「屋敷の息子の論理」そして「人間らしさとその恐怖」という三部作をまとめきった。
そこにおいて、「ちんちんのおもむくまま」の「屋敷の息子の論理」の、世代こそ下ではあるが、「男の優越」を論じ、「女帝の脆さ」を指摘している。
「歴史」「女心」「勉強」のどれをとっても女帝の存在は「想定できない」とされていたのだ。
「女の子に屋敷は守れるのかい?」
そんな素朴な疑問が女の子に投げかけられた。
我々は常に、平時と有事を想定しているが、女が国会対策委員長をやるなどということは、男政党においては想定していない。
女政党で、男が国会対策委員長をやると「いいカモ」と見なされる。
そのようにして「内閣提出法案」は、ポンポンと通るようになっている。
「若い女性ファン」を高く売るのが政党であるのだ。
ソルボンヌで、若者に「国会対策委員長として振る舞う方法」を講義していたのだから、ソルボンヌが「世界の大学でも別格」とされる理由はある。
「娘に資金を集め」「女心を語りミクロ通貨を換金し」「息子に屋敷を守らせる」
この、繁栄の神学三原則は、本当にフランスの高等教育機関で広めたのはメルロポンティであった。
「嫌いなクソババア」は、学歴の意味を正確に理解し、母への共感があり、母を見方につけるのが上手かったから「主婦としての商売」が成り立っていたのだろう。
「屋敷の息子」が「音楽作品」という世論の支持を受けているものにアクセスすることの意味も知らなかっただろう。
単に、「ベルをならせばエサをやる合図」程度の教養しかなかっただろうとした。
試行錯誤で「屋敷の息子」にベルをならしていても、「機能しなくなった」ら敗北を悟ったであろう。
メルロポンティは、一世代年下の「男の子」にも敵わないのが「女帝」「菩薩」なんだと嘲笑った。
家庭の内情を探り、換金できるものはさっさとしてしまう。
しかし、屋敷の息子の「夢」はいくらなんだ?
そこで、嫌いなクソババアは、「分からない」と答えたのだ。
「今をときめく有名政治家と、若き日のキャリアは変わらない」ことは理解していた。
屋敷の息子には、「救急車で運ばれた」程度の情報しか入らなくても、どんなに他の主婦が、嫌いなクソババアを「先生」と呼ぼうが、「ちんちんがついている」というのはそれほどまでに強い意味を持った。
「犯される夢を見るか?犯す夢を見るか?」
さらには「どこで誰に言語を教わったか?」でこれほどまでに嫌いなクソババアは「弱い」ことをメルロポンティは見抜いていた。
しかし、下の世代の屋敷の息子は、毎月一回風邪を引いたり、嫌いなクソババアがどこでカネへのえげつなさを見せるかで「我が屋敷への領土的野心」を「いつ見抜くか?」が問われた。
「縁を切る」と屋敷の息子が発言したときには、ワンサイドゲームの始まりだった。
「夢」「ベルの鳴らし方」を間違えたらおしまいだった。
繁栄の神学三点セットが「ミカド」によって示されたら、もはや「国会対策委員長はナチズム化するのかな?」と言われた。
屋敷の息子への「差別的発言」によって、嫌いなクソババアとなったこともあり、「女」を送り込んでくることはなかった。
大事なことは「どこかから情報を得ること」であった。
パチンコにのめり込むような生活であるのならば、そもそも「国会対策委員長」などという大層な肩書きは捨てることだ。
学べば学ぶほど、嫌いなクソババアが弱っていく。
このゲームを楽しめないのならば、国会運営の醍醐味も味わえない。
逆に、嫌いなクソババアに媚を売り、遊び呆けているのならば、本当に「旧家の屋敷」は陥落するだろう。
ゲームの反証例が突破されているから、国会というものは成り立っていた。
幹事長はカネを集めていればいい。
しかし、国会対策委員長次第では、政権も崩壊しかねないのだ。
ソシュールは、どこで「危機感を強めた」か、どこで「強烈な意思を示した」か、などを、ニュースや、高校の文法書に書き込んだ。
放蕩息子には国会なんて「そもそも縁がない」ものだった。
フランスの「エル」なんてそんな話ばかりなんだよ。
カフェテラスの独り言 河合その子

しかし、国会対策委員長への楽観視は、メルロポンティは「朝鮮戦争で青ざめた」と語った。
アジアの「芸能界誕生」であった。
「有名芸能人のお宅」と言って豪邸をみんなが知っていても「住んでるのはクソババア」ということがほぼ確立したからだ。
メルロポンティが1961年に死んで、東京は「革命の嵐」に襲われた。
この時に「貴族は消滅した」とされている。
「細雪」などと呼ばれた。
細雪

細雪を見ればわかるが「石坂浩二が遊び人役をやった」のが印象的だ。
それだけで「旧家」というのは消滅するのだ。
1960年から1973年生まれを「ジェネレーションX」と呼ぶが、「真面目な国会対策委員長」が、天皇になった。
瀬能あづさ ジェネレーションX

今でも、ソルボンヌは「エル」にネタを提供し続けているが、世界ランキングは下がった。
東大生の「国会対策委員長ポテンシャル」には到底及ばないのだ。
そもそも、国会対策委員長とは、「若い女性ファン」を小さなグループが作り出し、その若さをセールスにかけることから成り立っている。
父の世代よりも、女たちは高く売れるために「出世の登竜門」と見なされていたのだ。
しかし、父や母が、「若い世代」に介入してくることがある(パワハラ)。
これを、大人の用語で「難しい問題」と呼ぶ。
愛の倫理社会

父と子のこのような関係は「善悪の彼岸」とも呼ばれた。
子は、父に送金すればいいだけであるが、時に、父に「若い女友達」を奪われた。
国会対策委員長で「善悪の彼岸」と向き合わないものはいなかった。
また、国会対策委員長の女友達の「母」が出てきたら、彼の「更迭」は時間の問題であり、弟にその地位をとって変わられるため、
母親は、息子がそもそも国会対策委員長という活動を行うことを「やってはいけない」ということもあり、
嫌いなクソババアと仲のいい「母親」が、屋敷の長男の活動を時に妨害してきた。
父親から聞かされる「仕事の話」に時折出てくる「難しい問題」とは、常に、「若い世代のファイナンスへの年配者の支配介入・優越的地位の利用」であり、善悪の彼岸を「人生経験」と割りきった上で活動をつづける必要がある。
もっとも、この問題と直面した藤原拓海は、レースではじめて負けた。
古くは、弟子入りした家の「女将さんと姦通した」(雲右衛門事件参照)のような話もあったが、本来、師匠の娘と屋敷を守るための国会対策委員長をしていたのであり、それでも、雲右衛門は、九州に逃れ、大阪で人気を博し、門弟に詫びて回るまでは本郷座での復帰は叶わなかった。
芸能界での「女性トラブル」というものも案外、「国会対策委員長」としてのこのような「善悪の彼岸」を指していることが多い。
我々は、社会人であり、どこかに「居場所」を見つけ、その居場所を提供してくれる「ファミリー」を守らなければならない。
マックス・ウェーバーも、「小さなサークル」が若い女性ファンをセールスに出すという実存主義を「戦う民主制」と呼び、政党政治へと発展させた。
マックス・ウェーバーは、あくまでも社会学の観点から「コイツに言えば話がまとまる」という研究をしていた。
我々は、仕事をする上では「誰に言えばいいのか?」には常に注意を払っている。
官僚が、法案を通すために「国会対策委員長」に群がるのは常識でもあった。 基本的には、「食い物が違う」奴に言えば話が通るとも言われる。 ribbon やっぱりribbonはやめられない

 嫌いなクソババアは、なぜか「私塾」を営んでいた。

「東大ってどんなとこ?」ということを探るためだ。

私塾から東大生を出さなければ、嫌いなクソババアは、私の屋敷に敬意を払わざるを得ない。

私塾から科挙の合格者(貝原益軒)を輩出して、昌平坂学問所は作られた。

屋敷の防衛をしていた人物は林羅山である。

貝原益軒以前の宗教を「既存の宗教」と呼ぶ。

主婦が私塾で科挙の合格者を出すと、江戸の町が制圧できるという構図ができたからだ。

https://youtu.be/7jgtmoq01wg


ヴィクトリア女王(エリー)の家を、JSミルは、足繁く訪れていた。

エリーの夫のテイラーは忍耐強く耐えたが、エリーの私塾から、オックスフォード大学の学生が出たため、エリーはバッキンガム入城を果たしている。

これが今の「ウィンザー朝」だと思われる。

大学がなければ「王朝の変遷」は起きない。

https://youtu.be/htMGeeLObNM


 テイラーはとうとう病気になり、それでエリーは夫が気の毒になったが、「私は女王として生きる」と決断するに至っている。

エリー(ヴィクトリア女王)は、JSミルのように、「論文がエロ本に見えるようになるまでに、若い頃は何をすべきか?」という観点から、研究と勉強を区別した。

JSミルは、エリーの友人のエルザに「若い女の子のサークルの支持を得るんだ」と教え、インターエデュに群がる女の子たちを増やした。

つまり、「勉強」を考えたエリーと、お金を用意したエルザという図式が出来上がったのだ。

さて、資金の裏付けのある子供がここでオックスフォードに入学し始めた。

エリーの娘のシェリーが、母の行いを恥じ、純潔を維持したことから、ウィンザー朝は永続的なものとなった。

シェリーがいなければ、いや、純潔の娘がいなければ、王朝はひとたまりもないことを悟った。

https://youtu.be/m8NtqRmQjC8


エリーの友人は、「彼女は体が違うもの」と言い、「ハンバーグ」と呼んだ。

ハンバーグという言葉は「ビクトリア女王の体」のことを意味した。

ウェストミンスター・レビューは、英国王室のことを「主婦層に支えられた牙城」と呼び、もはや議会とは別次元と説明するに至った。

フランスの「エル」が、あの屋敷の息子は、あのおばさんからの攻撃に勝った、負けた、などを報じていたが、これはタブロイド誌の起源であり、ダイアナの「パパラッチ」も、どのおばさんがダイアナに近づくか?

ウィリアムは防衛に成功するのか?

を主に報じていたようだ。

英国王室への主婦層の支持は日本国皇室の比ではない。

将軍の名前を、一代から15代まで暗記しているようでは、「女というものをよく知らないわね」と思われても仕方がなかった。

「ポルノに飽きたら、女たちを歴史にお返ししてみないか?」とも言われた。

主婦層は、暴れん坊将軍の「大奥」として吉宗(貝原益軒)との逢引きを想像した。

これはこれで「歴史を現代に引っ張ってくる」という経済効果はあった。

徳川将軍は「中国の科挙に合格しなければならない」という意味においては、江戸幕府が中華帝国の広域国際法の下にいたのは事実のようだ。

東大に入ったら、「家屋敷がついてくる」というのは、(パブロフの)犬公方である林羅山が科挙に受かることの意味を証明していた。

主婦層たち(大奥)は、女ってのはいるだけでお金なのよね、ということを体現していた。

https://youtu.be/TRN_9qEBl08


東大入試は科挙に似ていた。

環境の急激な変化をともない、さらには過去の痛みに誇りを持つことを覚える。

これだけのために難易度の高い試験を行なったのだ。

とにかく、アメリカインディアンの常識であった「人喰い」つまり他人の屋敷を盗む行為が、「偏差値で勝負しよう」というフェアなゲームとして確立したのが、ニューニグロによるハーレムルネッサンスであり、林羅山にせよ貝原益軒にせよ、合格してしまえば、偏差値とはおさらばして「女の子を口説く」という研究に切り替えていった。

ニグロと「黒人」は必ずしも同義ではない。

ハーレム(大奥)を持ち、偏差値を標榜し、それでいて「他人の屋敷を盗む」人種をたとえばキング牧師などはニグロと表現したのであり、なぜ黒人が多いかは「いじめ」が背景にあったものと思われる。

結局、ニグロって何?誰がニグロ?と思うであろうが、「いるもんだね、あんな人種。天が二物も三物も与えちゃってさ」というような男をニグロと呼んだ。

黒人は、奴隷だった?

イデオロギー的には「ニグロ」と結びつきやすかったのだろう。


ニグロというものは「ハーレム」を形成し、「恋」を推進力にするが、それは大企業や農場を基盤とする共和党のような「持てる者」に対して、民主党の「持たざる者」という発想と結びついた。

女性の支持が根強いのは民主党であったし、アメリカでは「妻」が持たざる者であるとされた。

日本国においては立憲民主党や共産党がこれにあたる。

アメリカ大統領選挙においては「トランプこそが国王である」という立場と、もっと草の根から国王を発掘する時期なのではないか?というバイデンの立場が拮抗した。

インターネット時代はクリントン政権が「草の根から国王を」とし大規模規制緩和を行い、プリンストン大学の研究員であった竹中平蔵に影響を与えたが、日本国の皇室のあり方はアメリカ大統領選挙とは必ずしも無縁ではない。

アメリカは「若い国」になろうとしている。

このヤングアメリカにとって、日本は「古すぎる友人」なのだ。

1995年に民主党のクリントン政権は会議を開き、青年オバマこそが次世代リーダーに相応しいとして、共和党政権への移行はあったものの、早々にクリントンは後継指名を行っていた。

青年オバマを支えたのがバイデンであった。

林羅山と主婦層の戦いは、どれほど江戸時代の主婦層の「譲れない夜」を解消したであろうか?

貝原益軒はまるで「メシア」であったし、将軍吉宗になったら「暴れん坊」と呼ばれるのも当然である。

貝原益軒以降の「偏差値信仰」を新興宗教と呼んだし、パブロフの犬(犬公方・林羅山)を含めて、皇居は信仰のメッカとなった。

https://youtu.be/N-Hah4xXEdY


平成の時代の湾岸戦争においては、平成天皇は国連平和維持軍を作れずに「悔いの残る決断」を残している。

湾岸戦争の時に、本来ならば「事件があるたびに仲間を作らなければならない」天皇が、それができなかったのだ。

サッカーワールドカップ(2018)や、古くは伊勢神宮の式年遷宮(2013)など、令和天皇は着々と仲間づくりを行なっており、即位した後も結果はともあれコロナウィルス騒動でも仲間を増やした。

事件は「結果」ではなく「仲間作り」「お金」のためにある。

それがうまくいかない時は、「屋敷を乗っ取ってやれ」というおばさんが息子に挑戦してくる。

チャールズ皇太子は、仲間作りが下手だったから、ウィリアム王子の動向が注目された。

「事件」は人々の栄養である。

仲間を作ったものだけが、コーヒーとイギリストーストサンドを食べることができる。

最高の決断と学歴のために家屋敷は存在する。

林羅山のファミリーラインが、もはや「何も面白い話を新聞に提供しない」となったら主婦層は「貝原益軒の方が面白い」として徳川吉宗は誕生した。

貝原益軒も、科挙に合格していたし、もはや主婦層は林羅山への劣等感を克服していた。

このような争いは、荻生徂徠と伊藤仁斎の争いという形でのちに将軍家の争いとなったし、徂徠と仁斎の和解の印が不動明王だとされている。

日本においては、通事(翻訳家)を通さずに漢文訓読ではなく中国語で話したのは徂徠学派だけとされているが、それは林羅山や貝原益軒、伊藤仁斎に失礼であろう。

なにしろ、皇帝との面接試験(殿試)を経なければ科挙には合格しないため、当然、中国語は話せたものと思われる。

日本国には漢文訓読が伝わったし、私も東大文一の入試では漢文訓読をやった。

駒場では第二外国語として中国語を教わっている。

それでは、そろそろ「科挙って何?」という話に移りたい。

男は、「昔の女」の話をしても熱い息を吐くが、女は「昔の男」あるいは聖子ちゃんの歌う「理想の男」を語ると「今彼に殺される!」として冷たい息を吐くのだ。

この原理を利用して、夏には「男の団結」を、冬には「女の団結」を求めて日本国に四季折々をもたらす学問である。

秋の紅葉すら「当たり前」ではなかった。

春は論語、夏は大学、秋は孟子、冬は中庸というのが「四書」である。

それにともなう音楽作品を「五経」と呼んだ。

麒麟がくるの、明智光秀も「四書五経を2年で読破した」とストーリーで語っているが、本当に中国の科挙に受かった強者は林羅山が初めてだと思われる。

https://youtu.be/J2gxca01sEY


林羅山のファミリーラインに「指導の誤り」があるたびに富士山が大噴火を起こした。

羅山の志も、必ずしも子孫に正確に伝わるとは限らず、それでいて権力ばかりがあると、やけになって富士山が噴火する。

平成天皇はそこまで愚かではなかったが、東日本大震災は起きた。

権力者が「天変地異」という権力批判を口にすることそのものが、もはや権力を失ったことを意味する。

享保の改革はこのようにして行われた。

荻生徂徠と伊藤仁斎が寛政の改革と関わっているのは明らかではないか?

質素倹約などというものではない。

将軍家が、江戸の主婦層の支持を取り戻すために改革というものはなされたのだ。

四季折々さえ生み出せば、アジア地域で存在感を示せる。

これは、金日成の「主体思想」と同じであり、知っていてこその「将軍様」であった。

しかし、指導者層が「分からない」と言っては江戸に火を放ったりしたため、主婦層は「怒る自由」を行使した。

寛政の改革は松平定信によるものとされるが、徳川家斉と名乗る荻生徂徠が、伊藤仁斎と和解した時に天保の改革で伊藤仁斎は徳川家慶となったものと思われる。

しかし、「アメリカ合衆国」は、容赦なく日本国にも影響を与え始めた。

仏教のダルマを儒学が圧倒していくプロセスが江戸時代には見られたが、オックスフォードだの、ソルボンヌだのハーバードだのと向き合う必要性を感じた。

「病んだ意思」とは、女日照りのことであった。

主婦層は本能的に「病んだ意思の排除」を行っていた。

しかし、B.B.キングは「俺は女など知るか。神の声を聞いている」として人気を博した。

https://youtu.be/4fk2prKnYnI


B.B.キングは「主婦の予測すら当てにならない。結果だよ」とし、「政治とは結果責任」つまり主婦層の予測すら相手にしないことにした。

「女に分かるわけがないほど難しい世界がある」ことを「政治は結果責任」というスローガンが表現しており、背景にはB.B.キングの歌声があった。

はっきり言って「頭おかしい」ものだったが魅力的だった。

一方で、「女を寝取られた時は、引き金を引くけどな」とB.B.キングは笑った。

まるで、「俺についてこい」と言わんばかりの「政治は結果責任」であった。

それならば、取ってかわろうという主婦層もいないわけであるし、林羅山だって最初はそうだったはずだ。

危ない。

悪い女とは、ディズニー映画をほとんど見ていて、アメリカ合衆国の金融という権威を利用して男をコントロールする女であった。

B.B.キングの境地に至らなければ、政治家にはなれないだろう。

「ディズニー金融も、政治は結果責任も」巧みに利用しなければならない。

https://youtu.be/HKn4X9tWAqA


B.B.キングが「女の話など聞いてられるか」としたため、フランク・ザッパは、本職はバンジョーを弾くことであったにも関わらず、ジミ・ヘンドリクスの説得で、エレキギターを弾くことにした。

「女の体は皆同じ。それだったら、アメリカ金融を背景にした特別な女を作ってやろう」という発想があった。

これが、ズルい女と呼ばれるもので、貝原益軒の周りにいた主婦層は皆そうだった。

中国の道教の発展次第だった。

ジェリー・ガルシアならば、ザッパにバンジョーを弾かせ、その道を極めることを優先させたであろうが、ジミ・ヘンドリクスは、「アメリカ金融を背景にしたズルい女を生み出そう」という考えを持っていた。

ジミは優秀な経済学者であり、アーティストであった。

https://youtu.be/_PVjcIO4MT4


フランク・ザッパの才能をめぐる、ジミ・ヘンドリクスとジェリー・ガルシアの争いは、「結果無価値論」と「行為無価値論」の争いにも例えられ、ズルい女を生み出し、巨大な金融を背景にするのは結果無価値論であった。

いずれにせよ、アメリカ金融を引き込まない「塾」は大した力量はないし、主婦層とディズニー映画を共有するのは「基本」とされた。

まあ、江戸幕府は主婦層の支持によって支えられていた以上、ミカドが「ムーンリバー(星に願いを)の方が中国の道教よりもいい」と言えば脱亜入欧となるのは必然であり、明治天皇は「アメリカ合衆国、イギリス」のコンテンツに主婦層の支持を切り替えていったのだ。

それだけでなく、ドイツのマルクスのように「女は商品」というような強烈な法律インフラが整えられていった。

https://youtu.be/QEdPe1SxitI


さて、今度は「屋敷の息子の論理」へと話を移そう。

「なぜ東大に入るといいことがあるのだろう?」

それは、主婦層たちの攻撃に耐えることが容易だからである。

主婦層は、屋敷を攻略するために「東大入試」を熟知していなければならない。

屋敷はいずれ「暖簾分け」を経て、東大生に住宅を保障するだろう。

屋敷を守るのが容易い息子に、親は小遣いを惜しまないであろうし、そもそも東大に入ること自体、男同士の野心の激突に勝ったことを意味する。

しかし、世の中は必ずしも東大生だけでは成り立っていない。

東大生ではない男の子のために「現象学」=国会対策委員長という仕事はあった。

スマートフォンに、どのような「女友達」「男友達」が登録されており、女友達が多く、大学の講義なり、私のブログで「女の口説き方」を教えているかを、大学ノートにまとめ上げ、女友達に話し、ノートを企業に提出し、株を無償で有利発行してもらい、屋敷を守る。

男友達や父親に金を送れるようになれば、だいたい大学は「卒業」ということになる。

私も、自分のブログのどこに何を書いたかは、必ずしも全てを覚えているわけではない。

女友達が笑ったネタに二重丸をつけておこう。

大学の講義がつまらなくても、女の子は講義に集まってくるだろう。

電話番号の交換を躊躇ってはならない。

それが、性欲に満ちた若者の特権であり、企業が欲しがる情報なのだ。

私は特に「Harrison's Internal Medicine」という医学書もスマホに入れているが、チャレンジできる人はやってみると面白い。

他人の「ちょっとした癖」でも英語で検索をかけると企業の欲しがる情報が手に入る。

国家社会主義の立場からは「日本の高等教育はこの程度」ということを知るために講義には出たほうがいい。

「訳の分からないことを言って誤魔化している」のが分かればいいのだ。

このような「現象学」=国会対策委員長の役割は「将軍家」「天皇家」の息子の仕事だったという歴史学的側面(改革など)と、それをかなり高度に学習する「今を生きる若者の仕事である」という二つのアプローチが可能である。

林羅山よりも我々の方が頭がいい?

それは「音楽シーンが違う」以上、当然のことと考えなければならない。

五経よりも、ベートーベンなどが完成させた室内音楽の方が優れていたから中国は「200年の眠り」についたのだ。

父と子は、女性たちの支持をめぐって争っていた。

子は「聖霊」と向き合っており、私の場合は司法試験であったが、子が「嫌いなクソババア」の論理を明らかにした時に、父は自らの支持基盤が音を立てて崩れていくのを感じた。

「家庭に入る女ほど野心がある」

その意味を明らかにした時に、それは幅広い「皇室支持」へとつながったし、それは、かなり政治意識の高いお年寄りをも遥かに凌駕する見識であった。

ようするに「犬が猫を追いかける」ことを「聖霊と向き合う」と表現するが、猫は簡単にはつかまらなかったし、将軍家や皇室がなぜ「男系男児」にこだわるかも、「五代末裔の光格天皇」のバカバカしさを解けない政治家たちを嘲笑って欲しかったからである。

旧宮家の皇籍復帰論すら「意味がない」ものであった。

林羅山や貝原益軒などのような「男の完全性を議論すると爽快感がある」というよりも、主婦層たちの「男の子になりたい」という感情を利用したという意味においては、中国とプロイセンしか世界に例がない「主婦層に支えられた皇室」を令和天皇は作ることになった。

https://youtu.be/dRgjFqA7wxg


息子が国会対策委員長として身につけた「知恵」をエポケーと呼ぶ。

つまりは「女の口説き方」であり、エポケーは、好きなプロ野球球団を勝たせたり(フッサール)、人を笑顔にさせる(ハイデガー)

これは私の秘密であるが、女に話をして、女が髪をさわれば「話が面白かった」という意味である。

サルトルは、エポケーを「政党」を作るのに用いた。

メルロ=ポンティが「女性天皇」「女性将軍」を否定したのであり、なぜ「待望の男の子」なのかを説明した。

エポケーが「あまりにもウケる」のが分かれば、千人規模の集会をやっても「誇大妄想」とは必ずしも言い切れないものがある。

女を買うのにはお金がかかる。

ところが、エポケーを国会対策委員長として女友達に話していると、自然と「そういう話」になる。

この時に男は「日経平均株価」の査定を「エポケー」に与えられたことを意味する。

自信を持って「言葉を売る」必要がある。

女が「周囲にそのエポケーを話したところ、午前中の仕事を早く上がれた」というのも重要である。

ランチを食べながら、「男の序列の組み替え」を行うからである。

「料理は女がやるものである」

このことを、主婦層が「男系男児との戦い」で利用しないわけがなかった。

そこで、レストラン国会議事堂においては「食の安全」は絶対条件となった。

主婦層が「お焼き」を持ってきた時に、私は「焼きが回った」ということの意味を痛感した。

食べ物に毒物を混ぜるということは、中国の皇帝は古くから知っていたが、ヨーロッパの哲学がこのことを指摘したのはレヴィナスの「全体と無限」においてである。

エポケーも「食の安全」さえ確保すれば全体と無限につながるものだ。

ギルバート・ライルは、「人間の心は法則にしたがっているから人気がある」とした。

いかなる組織も医学・生物学からアプローチしたほうがいい。

それならば、神経中枢は国家の中枢であった。

人間の脳はソフトウェアであり、肉体はハードウェアである。

しかし、脳を法則で読み解いてみる作業は、脳を「濡れた」ものにする効果があり、気分がいい。

https://youtu.be/9SfqucHCsEY


そもそも、武漢の「屋敷、王宮」において、毒物の混入ルートに「コウモリのように」過敏になりすぎることを「コロナウィルス」と呼んだが、騒ぎは「豊かな国々」に一定の裏づけを持って伝わった。

アメリカやブラジルなどでも「屋敷の防衛」は行われていたのだ。

そもそも「屋敷のっとり」は、アメリカ合衆国において「共産党の禁止」という形で実現していたはずである。

しかし、トランプによる「第二次マッカーシズム」の嵐は吹き荒れたのだ。

エポケーをマスターすることは、女の裸を見て、声を聞いて、触って、想像して、「勃起し」射精するというより「シンプルな快楽」とは異なり、より高度な学習が必要であったが、一度この複雑な快楽を国会対策委員長を経験して覚えてしまえば、いかなる組織でも「実力制ならば組織の平均年齢は28歳」であるとされた。

しかし、「不幸な結婚」をしたものたちが、出世という対価を得て、性的フラストレーションを晴らしていたため、「結婚」という仕組みがある限り、高度な政治意思を「不幸な結婚」派が形成せざるを得ず、「二重行政を前提とするのならば組織の平均年齢は38歳」であるとされている。

国会対策委員長という若者の経験を知らない国ならば、そもそも「組織」というものを作るのが難しくなる。

さて、長々と「現象学」=国会対策委員長の話をしてきたが、「林羅山の方が貝原益軒より有名である」ことに気がついた。

つまり、「主婦たちが生み出した科挙の合格者というアダムのような男」よりも、「主婦たちと戦争した男」の方が「神・男の完全性」を女たちは感じたのだ。

崇拝の対象にならなければ幹事長も務まらないだろう。

それならば、国会対策委員長を務めるのが党で汗をかくという意味では必須の経歴となる。

林羅山は、労働組合の教祖的存在であった。

屋敷を守る息子として、社長の「宮殿」を守り、社長に忠誠を尽くす。

それをやってはじめて「団体交渉権」(経営者に椅子に座れと言える憲法で唯一の権利)が得られた。

組合に属したからという理由での差別(不当労働行為)は、社長に忠誠を尽くしてみれば、その発信源は「常務会」つまり「社長の悪口を言って団結している連中」によるものであることがわかる。

有望な若手は組合幹部を務めるが、組合幹部の仕事も「女友達を口説き」「男友達に金を与える」という意味では現象学であったし、国会対策委員長と同じ意味である。

ここで、世の中の「学生系国会対策委員長」と「政治家系国会対策委員長」と「労働者系国会対策委員長」は、労働組合を通じて結びつき、学生も政治家も「自分の大学ノート」を企業に買い取ってもらうことができるようになったし、天皇も「その模範となるテキスト」を書けるようになった。

起源は「源氏物語」であろうが、今はかなり進んだ哲学となっている。

https://youtu.be/l0KhetHAbiE


医学を知るもの、さらには「女心」を知るものはクリエイター(創造主)と言っても過言ではなく、「分からないから薬を用いている」という側面がある。

「話さえ聞いてくれたら、薬はいらない」(ごめんで済めば警察はいらない)とも言われた。

とにかく、家族が「金よこせ、女よこせ」ということと、世の中の「悪口」の二つを「二重に計算」することを過度に要求されたら「変な人」「病人」となっていたのだ。

いずれにせよ、これが本来、ニューヨークの国際連合が想定していたドゥームズデイであり、君主制であった。

天皇とは君主である。

それならば、「娘はお金」「息子は屋敷を守る」という「国民の富」を約束する立場にあり、「世の仕組みを教えて差し上げたのじゃが」という政所の意を忖度する必要がある。

https://youtu.be/i5IUASq3g4w


君主制は、「神聖な建築物」と呼ばれ、「聖書なんて読まなくていいの。愛の言葉を囁いて?」というクェーカー教を起源とするものである。

すべては「本来、発掘すべき大きなもの」である「女心」の探究から始まっている。

「大恋愛って何?」

「必ずまた電話するなんてセリフはいらない。返さないとドアの前に立つわ」

(瀬能あづさ「I miss you)

https://youtu.be/3qwwNoOdKAQ


また、ヨーロッパにおいては、中世の「大聖堂」の建築において、「屋敷の防衛をするためには君主制が必要」ということに気が付いていたとされている。

一月の「月」を凍りついた森から眺めるのが教会建築というものであるが、トランプとバイデンのどちらが勝ったかについては、「教会建築、大聖堂が乗っ取られちゃったよ」というエピソードの有無から、自ずとアメリカ合衆国大統領は誰か?という問題は一月には決まると考えられている。

また、性概念というものは、案外、相対的なものであるが、現象学=国会対策委員長の登場のおかげで「愛を囁く側、囁かれる側」がともに人気が出るようになり、男であること、女であることの人気は性概念を支えた。

https://youtu.be/davUwfe0YbU


「駒さま」と呼ばれるようになっても胃袋は満たされる。

しかし、もし足利義昭に息子がいたのならば、そうは簡単にはいかない。

科挙とは何か?東大入試とは何か?という問題と主婦層は向き合わなければならず、食事を作る、私塾を作るという主婦層にせよ、屋敷の防衛をする息子にせよ胃袋は満たされるのである。

この、屋敷の息子への「男性崇拝」は、新興宗教であり、貝原益軒(徳川吉宗・暴れん坊将軍)を起源とするものである。

偏差値Boyは、勉強から「学問」へと進み、女心を学び、女友達に話す。

大学ノートを企業の労働者系国会対策委員長(労働組合)に買い取ってもらい、労働組合の幹部(若手の有望株)は、社長に忠誠を尽くし、常務会の目の敵にされる。

しかし、お金にはなるため、男友達とお金を共有し、時には父にお金を送る(贖罪)

生んでくれと頼んだ覚えはないのに、とかつて言ったことがあったのならば、生きている喜びを贖罪によって表現しなければならない。

https://youtu.be/GMdngQR9ih4


すべての女性たちに「生きているって素晴らしいことだ」と思ってもらうのが新興宗教の役割である。

また、男の側としては「女たちが男の序列を決める」ということを踏まえて、それでも「ナンバーワンが死に体になっていないのに、ナンバーツーが出過ぎた真似をすると、ナンバーワンとナンバースリーがつるんで、ナンバーツーを屍にする」という猿山理論(大崎やめたら吉本潰れんで)をしっかりと理解し、社長に忠誠を尽くす。

これは「犬が猫を追いかけているだけ」とも表現されるし「肉が食べたいという意思」とも呼ばれた。

そもそも、このような「現象学」=国会対策委員長理論は、キリスト教圏とイスラム教圏が接する場所に、「ユダヤキャンパス」として広まったものであり、屋敷は「ローマ議会・イギリス議会と同じ」ゴシック建築であった。

議会と王室の異同とも呼ばれ、「猫を追いかけたい犬」「肉が食べたい男女」の本能に根ざしたものであった。

第一種低層住宅地域には、そのようなエリートがゴロゴロいた。

一種の住宅地の屋敷は、まさに政治フォーラムであったし、息子は「夜の街」に落ちていったら負け組、と教わった。

建築物は「見ているだけで楽しい」ものであったし、安らぎの場でもあった。

「親が簡単には離婚しない」という言い伝えもあった。

なぜならば「子供の気持ち」(男が女とセックスして味わうもの)が気持ち良かったからだ。

このような、現象学=国会対策委員長(学生系・労働者系・政治家系)は、哲学を完成させた。

男はなぜ女を口説くのかを明らかにしたのだ。

それでは「現象学・新興宗教の向こう側に何があるのか?」と言われると、やはりそこには「いじめ」があり、貧困層のヘンタイと向き合う学問であったり、「女を口説くなんて興味ねえな」という貧困の固定化があった。

それは「東大に入るお坊ちゃん」ではなかったが、主婦層としては女ネットワークを構築するのは当然のことと思われた。


さて、屋敷の息子だけが「国会対策委員長」ではない。

ミュンヘンとゲッティンゲンの関係というものがあり、日本でいう「実家と下宿」の関係がドイツにはあった。

下宿(ゲッティンゲン)に出た息子が「山手のお嬢さん」に恋することもあった。

ヤンキーならば、お嬢さんの親父さんの前で正座させられかねない。

https://youtu.be/WCamy9WVloI


ゲッティンゲンの息子や母親の「借金問題」って何を言っているんだ。

「大学ノート」を銀行に提出すればいいだけではないか?

女性皇族と結婚するときに提出する「大学ノート」をプロレゴメナと呼んだ。

エポケーと同じ意味ではあるが、屋敷の防衛ではなく、山手のお嬢さん目当てで作るものであることから区別される。

実は、屋敷を防衛するための危機的状況に、ミュンヘンの実家が置かれていないときには、ゲッティンゲンに息子は出て、トキワ荘のようなものが立ち並ぶ街で、スマホで女友達と話したりして、プロレゴメナと呼ばれる大学ノートを作っていた。

ゲッティンゲンの家まで「嫌いなクソババア」が様子を見に来た時は、「なんという強欲さだ」と頭に来たが、プロレゴメナが完成すれば、家の一つや二つ、あるいは「東大生を生み出すのは大変だよ?」という思いに変わる。

フランスにとってのゲッティンゲンである、ラインラントの「リングザベル」にナチスが進駐した時は、フランスの「知の防波堤」を制圧したため、ヒトラーは緊張したが、みんな実家に引き上げてしまい、しかし、のちにフランスは「プロレゴメナ」を国が失うことの重大さを痛感させられている。

山手のお嬢さんを狙う男たちが国を守っていたことが明らかになったのだ。

ゲッティンゲンがミュンヘンを守っている。

下宿が実家を守っている。

それでもなお、プロレゴメナを大学ノートに書いて山手のお嬢さんを狙うのも自由であるとなると、就職して結婚して、いずれはマイホームを、という発想のどこかにプロレゴメナという大学ノートを絡めていかなければならない。

あるいは、学生系国会対策委員長の大学ノートを買い取ってもいい。

いずれにせよ、銀行に行って、ローンに関する資料をもらってきて、どこかにプロレゴメナを挟まなければならない。

下宿から実家を守る、それが国防とも関わったため、日本国では「都会に下宿を」という風潮が高まった。

さらには、下宿の男は「山手のお嬢さん」すら狙い始めたのだ。

エッフェル塔は、プロレゴメナが国を守っていることを忘れるな、というメッセージをパリに送るために作られた。

https://youtu.be/LqdkjKR2l7E


借地権は「30年を初発として更新していく」ものである。

つまり、不動産に関する「理論が30年もたない」ことを踏まえているのだ。

私はこのたび、屋敷の息子の「国会対策委員長」理論と、それぞれ「政治家系」「学生系」「労働者系」さらには労働組合の関係、そして天皇制について語らせていただいたが、現在は、下宿が実家を守っているという理論や、下宿はときに国すら守るということを指摘させていただいた。

下宿の場合は、さらに都合がよく、山手のお嬢さんすら狙えることも明らかにした。

下宿した地域の、メジャースポーツ球団の労働組合に、プロレゴメナ(女の口説き方をまとめた大学ノート)を売りつけて、ゲームに勝つことを覚えたら、下宿は、実家を守ることになり、息子は「嫌いなクソババアも案外、盲目だった」と語った。

真剣勝負から生み出されるお金は、ひとつの屋敷など問題にしないぐらいの金額になった。

「女たちに、いいアドバイスをするのが仕事」

実家には「六本木で遊んでいた」などという噂になって伝わるため、ミュンヘンとゲッティンゲンの関係は成立したのだ。

山手のお嬢さんを落とすためには「危険、美しい、エレガント、仲間が多い、気持ちがいい」などの条件が必要になり、それを満たすのならば、世間知らずな山手のお嬢さんにとっても彼氏にする理由はあるのだ。

たいてい「痩せている女」が風通しがよく広い部屋に住んでいる。

気持ちがいい、と言っても「食事が美味しい」ことから始まり、「病気にならない、歳をとらない、疲れない」という三つを「食」に求め、さらには「寂しい思いをしないという要素から山手のお嬢さんは、彼氏を探している。

さて、民法上は「登記に関わらず、お金を払った人が屋敷の所有者である」としたが、屋敷の息子の「エポケー」にせよ、山手のお嬢さんと付き合うために書いた「プロレゴメナ」(女の口説き方をまとめた大学ノート)にせよ、企業に高く売れるのなら、ましてやプロ野球やJリーグの勝敗に影響を与えるのならば、息子こそが「エポケーやプロレゴメナ」によって「お金を払った人」になりかねない。

このようなことを考えていると、「まんまんちゃん」こそがすべての財産秩序の最上位に位置付けられることがわかる。

ポルノはこのことを男が見失うのに十分すぎる打撃を日本国の財産法に与えた。

イレクトしたイチモツが、いつ「トリガー条項を行使するか」が問題であったし、スマホでの修行の甲斐もあり、財産秩序の最上位の扱いに慣れていれば、財産には困らなかった。

https://youtu.be/7f6dX5AOCVQ


約束と命令、賭けと謝罪が、山手のお嬢さんの純潔を奪うときになされる。

「このプロレゴメナでいいのかしら?」

そんな思いから交わされたのだ。

問題は、下宿から実家を守り、山手のお嬢さんを狙っても「実家からの仕送りが少ない」ことにある。

それは、手元にいないものだから、いろんな「噂」となって実家に伝わっており、親が金を送るのをためらっていたのだろう。

まあ、どの地域であれ、プロレゴメナ(女の口説き方をまとめ上げた大学ノート)を、企業に売って、株式を無償で有利発行してもらう必要がある。

オードリー・ヘップバーンの「ローマの休日」は、登場人物のセリフは全て「詩」「ローマ法皇の愛の言葉」だったとされている。

日本中が「息子による屋敷の防衛」「山手のお嬢さんを口説く」ということを理解すれば、確実に税収効果は上がる。

ローマの休日は、アメリカ財務省によって作られたものであった。

https://youtu.be/YZqzEkRqm_I


エルビス・プレスリーは、アメリカ合衆国史上、初めて「ホワイトハウスを盗んだ」とされている。

プレスリーのセリフもすべて「詩」であった。

今の、ホワイトハウスは、プレスリーの末裔の私邸であり、このようにして、現在の皇居は、「土地ばかりがあり、邸宅は取り壊された」という現状がある。

アメリカ合衆国の「大統領制」に、プレスリーが与えた影響は強く、今の令和天皇も、プレスリー並みのロックスターではあるが、皇居には関心を示していない。  

https://youtu.be/7p4Kp0AYp_0


ここで、現象学は「屋敷の防衛」というポジティブな側面と、「山手のお嬢さんを狙う」というネガティヴな側面を持つことになった。

「セックスしてしまえば一発KOじゃない?」と思ってはならない。

周囲の祝福を受け、周囲にお金をばら撒いて「住まわせていただく」のを邸宅と呼ぶのだ。

そのような意味では、ホワイトハウスも皇居も今は「もぬけの殻」であると言っていい。

https://youtu.be/vGJTaP6anOU


STAP細胞は、誰の脳にもある。

「お金が欲しい」という屋敷の息子や、「山手の屋敷が欲しい」という下宿に出た男の子など、「お金、屋敷」という結論が先行し、学習は後からついてくる。

そのような意味では、STAP細胞は、ネズミの肝臓という「惚れ薬」と変わらなかったし、恋したら誰だってきれいになりたい、というような「脳の神経のつなぎ目にある細胞」と同じ意味を持った。

名古屋や横浜のような「ブルーのユニフォーム」を着た球団がある地域は、「山手」が存在し、特に名古屋では「プロレゴメナ」は高値で取引されている。

名古屋は「大ピット」と呼ばれたし、横浜は「小ピット」と呼ばれ、読売や広島などの統制の取れた観客とは異なり、てんでバラバラな「ブルーカップ」と呼ばれる高級住宅地を持っていた。

東京でも、ヤクルトファンには貧困がついて回り、「山手のお嬢さん」を狙う男は多かった。

F1でも、「ピット、ピット、応答願います」と言っても金と女の話をして快適に運転している現状もあった。

面倒で複雑な「カーナビ」のような情報を入れるよりもその方が速いことが分かったからだ。

ディナーでミートローフを食べるために、野球やF1で、「ピット」という概念は存在したし、横浜や名古屋でなければ「屋敷を盗む」と言ってもあまりピンと来なかったかもしれない。

いずれにせよ「ピッツバーグ大学」がこの研究の最先端であった。

また、織田信長は、お市の方が担当であり、弟は、お市の方よりも母に愛されたお犬の方担当であった。

お市の方が「兄は幸せよ?」という時には、自分が幸せであり、男兄弟と女兄弟では「大学ノート」を共有することはほとんどないが、男兄弟の大学ノートのセールスを女兄弟は見ている。

https://youtu.be/a6KwEkxopbI


「スピード感を持って」と首相が発言するのも「女の口説き方の大学ノート」による日経平均株価の高さが背景になければ言えないことであったし、バブル期の株高はアイルトン・セナのスピードを支えた。

「女心」というものが、財産秩序の頂点にあり、それをもとに各行政組織や、メジャースポーツが動いていることを理解しなければならない。

衣食住に満ち足りて、誰もこれ以上お金を欲しがらず、どの女も男に興味を持たず、つまりは国から「太った女」が消えた時に、国は斜陽に向かい、有効な経済政策を見出せなくなるが、日本国はまだまだ「資源の塊」である。

都市が農地に広がっていく過程で「調整区域」というものが設けられているが、ここが都市化をしたら、すべての国民が「広い家」に住み、風通しもよく、みんなが「スレンダーな体」になるであろうが、それはすなわち「政治フォーラム」「有効な経済のコントロール」を困難にするため、調整区域は国の「政治・経済」の調整区域でなければならない。

https://youtu.be/gUhBg_Bp72E


キッシンジャーは、アメリカ合衆国が衣食住に満たされた時に、「大学ノート」を持って中国に向かった。

周恩来は「日本に行け」と言って日米同盟を認めている。

この辺は、周恩来に「大学ノート」「屋敷の防衛」「山手のお嬢さん」「ピットクルー」などを踏まえた「アメリカンドリーム」への理解が足りなかったのかもしれない。

夢を語るよりも現実の影響力を語れ、とも言われ、とりあえず「アメリカンドリーム」を日本で実験することにしたのだろう。

「調整区域に屋敷を設ければいい」

それはそれで宅地並み課税は行われているが、あくまでも政治・経済フォーラムの成熟との兼ね合いを見ながら行うものだ。

ヨーロッパでは「女の口説き方をまとめあげた大学ノート」は、ヨーロッパサッカーの「スピード感」を生み出すのに用いられた。

走っては休む、走っては休むというサッカーというスポーツが、より「お金を反映しやすかった」のかもしれない。

イエスキリストは、父・ヨゼフにお金を送った時に「昇天」したとされる。

どの女と「2分で昇天」したかは分からないが、息子が父にお金を送ることそのものを「贖罪」と呼ぶ。

国土交通が、政治・経済と直結する理由はこのあたりにある。

いずれにせよ「身近な女が妹が従姉妹」であるのならば、「大学ノート」の有効性を試せる女はいない。

今では喫茶店も全面禁煙になったため、かなり政治フォーラムは限られていている。

「タバコ仲間」というかたちで普段は話せない関係の男女が話せるようになっていたという意味では、現在の「嫌煙ムーブメント」は残念ではあるが、今後は新たなフォーラムを開拓していかなければならない。

自宅に居ながらにしての「ゲーム」などが考えられる。

「屋敷を防衛する」「山手のお嬢さんを狙う」「ピットがスポーツや組織のスピード感を高める」などの現象学は、エポケーやプロレゴメナといった「女の口説き方を記した大学ノート」によってなされるが、男女の「接着剤」であり、男女の接着剤が強ければ強いほど、これらの行為から「野蛮さ」がなくなっていくことを感じた。

https://youtu.be/_d-HX5qZiWA


「世の仕組み」という野蛮さは人気があったが、「男女の接着剤」によって、それは日常の光景になろうとしている。

「屋敷」「山手のお嬢さん」あるいは、それにともなう「政治・経済フォーラム」は、組織のスピード感と関わり、組織は「スピードアップを恐れている」ことを踏まえ、インフレ・失業率の増加・利上げを慎重に見極めながら、「女が人生に満足してしまう」あるいは、「組織から排除される」「時間への愛着が部下の方が上司よりも強い」ことなどを複雑に考慮しながら、「男女の接着剤」=言葉を巧みにクリエイトしなければならない。

家庭があり、性生活に満足してしまい、時間への愛着が強い(充実している)部下は、逆に失業を恐れるし、日経平均株価という「男女の接着剤」は、必ずしも右肩上がりではない。

「過熱感」というものは確かに怖いものであるが、ここに一定の「絶対人生、歴史上の人物が考えてきたこと」は明らかになってきている。

https://youtu.be/7cZiDaua42U


まあ、地元から東大生がでたら「差し入れに美味しいものを送る」のは基本だろう。

その次に、レストランでの昼食会、そして将来予測、視野の狭いバカな東大生の方が案外おいしいも知れないが、どこで「開眼」するかは分からない。

すべて「神学」なのだ。 

あいにく、私が東大にいた頃は、明治大学の友人などは神宮に行っていたそうだが、「野球のスピード感を高める」ほど早熟かつ開明的な学生はいなかった。

ミュンヘン(横浜・実家)とゲッティンゲン(下宿)の関係は、下宿が実家を守るものではあったが、火のないところに煙は立たずとも言われ、学業で充実していればいるほど「吉原で芸者をあげていた」などという噂が実家に伝わる。

「裸足のライオンには両思いなど存在しない」とも言われ、特に私は「アイドルのような山手のお嬢さん」に恋をしていた(聖母マリア崇拝)

https://youtu.be/nxHlEhAsYTU


「赤線をどう思うか?」

それは、必要悪ではなく、東大生が「出入りしている」という噂のためにあり、本当に夜の街に落ちていく負け犬とは異なるものだった。

「ホワイトハウス」は、エルビス・プレスリーの手によって赤く染まったし、アメリカ民法の誕生と呼ばれた。

刑法に触れると「女日照り」となるため、刑事で裁いた事件を、民事で裁く「そもそも必要性がない」ものであることは理解しなければならない。

「屋敷」「女」すべてを得る「資格」を失うのが犯罪を犯すという行為であり、財産秩序の頂点が「女」であるということを踏まえる必要がある。

女が「心」を語り、男の射精の「炸裂音」を聞く、これで主婦の仕事も成り立っているのだ。

多数派工作に成功した後には「許しと祈り」があり、また、果たさなければならない「約束」がある。

いずれにせよ「屋敷と女」で英米法は経済のコントロールを行ってきた歴史がある。

ピアノは実に「エロい」ものだ。

ハンマーで弦をトントン叩けば、キレイに「泣く」からである。

今まで、「息子による屋敷の防衛」について語ってきたが、「娘の奏でるピアノ」も屋敷の防衛に意味があることを語りたい。

「おじ」がいる娘はピアニストとしての才能を大きく失うことを意味するが、「嫌いなクソババア」の旦那は確実にピアノの音色に尻尾を振ってくる。

これも「世の仕組み」というものだろう。

https://youtu.be/R8Gz1J6AXyk


お金目当ての結婚ならば、亭主関白であり、他人の屋敷に興味は持たないだろうが、なにしろ基本的に「大学ノート」を持たないのが「嫌いなクソババア」であるため、貧しさから嫌いなクソババアは、他人の屋敷に興味を持っていたことが明らかになる。

それならば、「自前で科挙の合格者、東大の合格者」を出すことは極めて難しい。

「娘のピアノの音色」が日本国の屋敷を守ることを明確にした。

「息子が東大生でもなく、娘が音大生でもない」

このような裕福なだけの連中にしつこくまとわりつくという何ら生産性のない「ゲーム」となったら、一気に「コモンロー」の世界は貧しくなる。

しかし、我々はあくまでも「宗教」を語っているのだ。

東大に落ちたイエスキリスト、音大に落ちた聖母マリアの話などしていない。

豊かでなければ宗教(男性崇拝)が成立しないのだ。

そこで、東大に落ちた「嫌いなクソババアの旦那」と、東大生の「プライドをかけた戦いであった」ことも林羅山という科挙の合格者と江戸の主婦層の戦いの実態であったことを知った。

貝原益軒という「江戸の主婦層が生み出した初めての科挙合格者」以前の宗教団体を「既存の宗教団体」というのであり、それ以降は新興宗教と呼ばれる所以である。

宗教とは男性崇拝のことである。

いずれにせよ、「女」は宗教がなければ「赤い立方体」であり、たとえ日本国が「イギリスの倍」大陸から離れており、無神論の温床となっていても、「スタイル」がその信仰心を物語っていた。

雑誌「エル」も、本来の意味は「赤い立方体」という意味であり、屋敷の息子の「エポケー」や、下宿に出た男の「プロレゴメナ」といった「女の口説き方をまとめた大学ノート」がなければ、女たちはスタイルを維持できなかった。

スタイルといっても「広い空間に風通しのいい部屋」からもたらされるものであるが、どの組織もスピードアップは怖かったものの、男女の接着剤(大学ノート・日経平均株価)は、間違いなく国に豊かさをもたらした。

また、「女の体」を見て、男が勃起している限り、いかなる男も「宗教」とは無縁ではなかった。

志半ばで挫折した男など、本当の無神論者を否定するつもりはないが、「勃たない」ことが無神論の背景にあり、財産秩序の頂点にある「女」を愛せないのならば、そもそも財産とも縁がないことを意味する。

実際に、無神論者は「わからないから計算で誤魔化す量子論」「仕事したくないから論理で誤魔化す論理学」などを探求しているようだ。

「男の大学ノート」が面白くなければ、女の体は「赤い立方体」のままであったし、女がセクシーだと男は勃起した。

勃起のことを「現象」というマニアックな表現をした人もいた。

チアガールは、その地域の「現象学」を思い切りアピールし、セクシーであった。

また、この「屋敷」「女」「組織のスピード」などを初めて明らかにしたお陰で10万人の女が「愛人です」と名乗り出た哲学者もいた。

屋敷なのはともあれ「考えていること、経験したことが面白い」と言って女性たちはセクシーになった、という指摘もあった。

2005101日に何やってた?」という問いかけがなされ、「令和天皇がそういう奴だということは分かってたよ」という表現もなされた。

https://youtu.be/ebShKgjBGKk


これらを理解した上で、人々は「汗臭い男だった」とウケることが分かったため口にし始めた。

10万人の愛人がいることを踏まえて、「足が臭い」「口が臭い」などと言ったのだ。

野球の「ダイヤモンド」って、ただの「四角」なのに、斜めにしたら興奮する、とも表現された。

結局、「なんでウケたんだろう」という研究まで始まったのだ。

「みんな、何かをやろうとしているんだ」という悲鳴も一部で上がった。 

「実話だからなあ、倍返しという表現あたりで妥協するか」とも言われた。

とにかく、「本当」が含まれている「笑い話」として広く深く、主婦層に浸透したのだ。

人々は「そういう人なのよ」「そのような心の風景をお持ちの方」と表現した。

あとは、「心の風景」が国の君主に相応しいのかが問われた。

首相だろうが天皇だろうが、それは同じだった。

まあ、ストーリーが面白くて、女が出てきて「勃つかどうか?」が君主の器である。

女が出てくるどころか、蜂が踊ってるぜ?とも言われた。

法律書で社会から心を閉ざした男が、哲学に転向して「心を開いた」からこのような物語になったのではないか?

多くの論評がなされた。

https://youtu.be/Mxy764BAV18


犬が猫を追っかける、男が女を追いかける、この図式を守りながら「現象学」「国会対策委員長」の物語は書かれたのだ。



« にゃんにゃん。 | トップページ | 人生ゲーム。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« にゃんにゃん。 | トップページ | 人生ゲーム。 »