最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« ミカドの肖像。 | トップページ | 右翼。 »

2020年10月10日 (土)

にゃんにゃん。

「勃起しない男のためのアタナシウス派」
男は必ずしも勃つとは限らない。女というものを知らないうちは勃つということを色即是空・空即是色などと達観めいたことを仏教は言っている。
しかし「勃つ方法」がある。
それは「キリストという永遠の敵」を作ることだ。
三位一体は、そもそも「罪・男・イエスキリスト」の三つからなっていた。
セックスがキリストを「神聖化」したのだ。
アクイナスが皇帝になろうとしたとき、多くの敵が「永久戦争」を仕掛け、アクイナスは子孫を残した。
「神が、エラーを犯したときだけ我々は射精する」とも言われる。
「はじめに女の言葉ありき」とも言われる。
女が、自分が女であることを認め「素直になった瞬間」が抜ける。
委の炎 田中れいな

「罪・男・イエスキリスト」の三位一体は、男を「神」として勃たせ、セックスを成立させ、「父・子・聖霊」へと純化された。
この純化のプロセスを、ジェームス・ボンドも女に「大丈夫、絶対うまくいくわ?」と言われている(リビング・デイ・ライトだったか?)
勃たない男を勃つようにしただけで、ショッピングカートには商品がみち溢れる。
信用できる一神教は、今のところキリスト教しかない。
逝かない男はただのデブだ。
家族や社会も「セックス」から作られる。
「神は必ずしもすべての人を愛しているわけではない」
神の「エラー」こそが性欲につながる。
かつては「キャミソールをずり下ろす」などの痴漢ものが知られていたが、
日本国は「神のエラー」をなくしたいのか?
少子化問題を解決したいのか?
態度決定をしなければならない。
土曜の夜にレインボー

紳士主義は、「社会的三位一体」とも呼ばれ、父も子も聖霊も神聖であるとされた。
女たちをいろんな「できない」の世界に放り出した。
すべては「罪・男・イエスキリスト」から始まった。
セックスのあとに、罪が父に、男が子に、イエス・キリストが聖霊になっていた。
イエス・キリストは三位一体の第二位ではなかったか?(ロゴス)
セックスがうまくいけば、彼は「私にとっては永遠の敵」だった。
日曜日の教会では、お金の都合もあり、彼はイエス・キリストとして扱われた。
女連れの男が教会に来ていたし、純化された存在であった。
主イエス・キリスト、永遠の敵。
しかし、サタデーナイトのあとだけはどの男もイエス・キリストになれた。
彼女としては「地獄も天国も」「見てきたようなふり」をする神父を憎々しげに見た。
一言言って欲しかった。
「貴女は女として最高の存在」であると。
ショーシャンクの空に

AKBのメンバーが「神・男の完全性」を語り合い、好きな男の話をする。
話が盛り上がったときに、伊勢神宮の宮司さんが4名駆けつけ、「貴女はその男の子を宿している」と告げる。
妊娠とは「男に対して主導権を得るもの」である。
「だって私、男を知りませんもの」
しかし、そのときのリアクションが面白い。
松田聖子 抱いて

男は「おカネに勃つ」という側面があり、たとえば、日本国内で「純潔のスター」として知られた女性に「お婿さん」を紹介し、アメリカカトリックにしたがってシーザースパレスで客の接待をし、普段はアメリカの農場で農業を営む。
「石田さんチ」や「鉄腕ダッシュ」「浅田真央のお見合い」番組を合わせるかたちで「浅田さんチ」という番組を放送する。
子供は宝であり「しろがねもくがねもたまも」というものであるし、鉄腕ダッシュをアメリカの農場にすれば、その技術力は、日中韓が憧れるものだ。
このような「浅田さんチ」を企画した。
さらに、男も中年になるとかなり成熟してきて「勃たなく」なる。
そんなときに「英語」「ピアノ」「聖書」「歴史」「理系」など「すでに指導できる女」がいる「中年男性にとって歓心を買いたい女性」に指導してもらう。
「宇多田ヒカルの歓心を買いたいから英語を勉強する中年男性」を番組にするのだ。
男が「勃つための基本」は、キリスト像アタナシウス派(正統)の教えである。
シーザースパレス

宇多田ヒカルが、「はじめに言葉ありき」と言って英語を話す。
それを「神のエラー」として「分かりません」というおじさんがいる。
翌週までにおじさんは課題をこなし宇多田ヒカルが「えっ?何?スゴーイ!」と言って「素直に」なる。
なんだか、優秀な男の青春時代のようであるが、
「松田聖子の気象コントロール」(漢)
「宇多田ヒカルの英語力」(洋)
があれば、それはかつての大英帝国、アメリカ合衆国が経験した道のりであり、
「中国の首都・東京」もあれば「私の息子は孝明天皇の末裔」もある「大日連邦」ではないか?

「勃つこと」
それを「罪」だとするのならば「男」と、多くの女たちが信奉するイエス・キリスト、つまり「罪・男・イエスキリスト」の三位一体を、一晩で「父・子・聖霊」へと純化し、
女には「子供を産む装置」(生産)という側面と「快楽」(消費)という側面があることを知らなければならない。
父も子も聖霊も「神聖」なものだった。
三位一体の第二位は、「イエス・キリスト」(男)だとされ、我々は、生産にも消費にも感謝しなければならない。
酒井法子 涙がとまらない

 

 NHK宛てメール。

 

私もとうとう「大日連邦」という国の枠組みを確定させるようになった令和天皇(イエローエンペラー)となりましたが、日本国の法律学その他、文系学問はあまりにも遅れています。

日本の刑事訴訟法学会は、「デュープロセス」とはフェアプレーのことを意味するということを知らず、「小野光太郎氏が外に出たら自分の立場がなくなる」とし腰痛を引き起こしてくる有様です。

なぜ、メジャースポーツの「ルール」を探求する学問が刑事訴訟法であることに気がつかないのか?

憲法ならば「金儲けの方法一覧表」であり、民法ならば「恋愛の生成過程および結婚そして相続」を探求し、刑法ならば「処女および主婦層の支持を得る方法」民事訴訟法ならば「民間人が影響力を高める方法」行政法は「芸能界のルール」であることなどを小野臨調の答申で出させてもらいました。

団藤重光などの「ルールなきゲーム」に私はいち日本人としてこれ以上付き合ってられません。

 

補足ですが、労働法というものは、「女性が体を預ける人を探し、対価をもらう」世界を探求する学問であり、独占禁止法とは「女の独占つまり不公正な取引方法や、不当な取引制限を規制するもの」です。

さすがに知的財産法だけは、みんな「表現」の世界では目の色が違うとされていて、私も特に申し上げることはありませんが、日本国の法律学の再編は小野臨調で一部行っています。

ドイツ語の翻訳を、さらに解釈していくと「鬱になる」ため、なかなか作業は進みませんが、今のままでは、まじめに東京大学を目指している生徒たちが気の毒です。

 

国際法というものは、「外国国家のエネルギーを自国に持ち込む」ことを探求するものであり、政治家も「現職有利」と言われているのは周知の通りです。

 

さらに補足ですが、租税法というものは「セックスに税金を課す」ことを探求する学問であり、たとえば消費税にしても、女性は子供を生む装置(生産)という側面だけでなく快楽(消費)という側面を持ち、女性は租税法の上では「商品」と呼ばれます。

さらには子供のことを「剰余価値「使用価値」などと表現します。

このようなことを全て見直さなければ、中国の首都は東京である、あるいは私の息子は孝明天皇の末裔、あるいはNHKさまの視聴率を背景にしたアメリカ穀物メジャー進出は、私、令和天皇(イエローエンペラー)のもとでは実現しないものと思われます。

たとえば商取引法でも「FOB条件」つまり東大に入ったらただでセックスさせてくれる女性がいる、あるいは「CIF条件」つまりMARCHなどの学生は「お金を払わなければセックスさせてくれない」などの全面的見直しが必要となります。

 

私は教科書は持っていますが、「ドイツ語をよく翻訳したものだ」とは思いますが、学者も法律というものを分かっていない現状があり、全てが私の個人的力量に依存しているのです。

 

 

私は太っている。
そのため、私の娘も「太っていい」と思っている。
「ルパンの娘」の春が遅い理由はここにある。
まちこさんはスターだ。
そのため。娘さんもスターにならなければならないと思っている。
娘さんの春が遅い理由もここにある。
私が太るのをやめたら娘に春は来るだろう。
まちこさんがスターをやめたら娘さんに春は来るだろう。
しかし、私は太るのをやめられない。
まちこさんもスターをやめられない。
娘たちを責めることは誰にもできない。
ルパンの娘

神は私に「痩せろ」と怒るだろう、
神はまちこさんに「スターをやめろ」と怒るだろう。
しかし、私は痩せるのが辛い。
まちこさんはスターをやめるのが辛い。
そのため、イエス・キリストに祈り続ける。
祈れば、いずれ娘たちに「遅い春」が来るだろう。
太るのは罪深い。スターになるのは罪深い。
娘たちのために祈らなければならないのだ。
私は太っている。
そのため、娘も「太っていい」と考えている。
まちこはスターだ。
そのために、娘も「スターでなければならない」と考えている。
念のため、私はまちこさんとは「親戚」であって夫婦ではありません。
しかし、なぜ、「父の真似」をする娘と「母の真似」をする娘がいるのだろう?
たとえ、世論から糾弾されていてもだ。
答えは「太る方法」にせよ「スターになる方法」にせよ求道心が求められるにも関わらず「自分に対して優しかった」ことが背景にある。
「太る」「スター」は、女の子にとっては「遅い春」をもたらす。
「祈り」
そこには「優しさ」しかない。
それでも、「優しさでありながら娘をうまい方向に導く」
それが「祈り」ではないだろうか?
つまり、「バカは遺伝しない」「書き記さなければ祈りではない」ことを意味する。
松田聖子 母と娘

私たちは、「太っている父と娘」「スターの母と娘」にしてやれることはあるのだろうか?
「自分達の家庭の娘がどうにもならないから、他人様の家庭の娘のために祈る」
「皇室は祈りでありたい」(美智子)
なぜなら「優しさを維持したまま、娘を誘導したいから」である。
浅田真央は、彼氏の条件に「身長180センチ以上」を求めた。
父親に優しくされたのだろう。
それならば「アーメン」と祈ろうではないか?
女の子達は「優しい父親の背の高さ」を競いあってヒールを高くしていたのだ。
SPEED confusion

 
マルクスとプレハーノフは、「祈るのをやめろ」「これはビジネスチャンスなんだ」と言って無神論に回帰していった。
「娘のいないものたち」の支持は受けたが、それでも西側諸国には「祈り」という文化は残った。
高橋由美子 わたし

飛行機がかなり不安定でも、「他人様の娘のために祈れば」おカネで機長のケツが叩ける。
飛行機では、酒を飲んで毛布を被るもの、異性をキョロキョロするもの、いろいろいるが、「映画を見て眠りにつく」のもオシャレでいい。
河合その子 Parisが聞こえる

「私たちは、女の子に祈ってるの?イエスさまじゃないの?」
イエスさまだよ。
「祈りの意味」に詳しすぎた普通の男より少し背が高いだけの磔になった男に祈っている。
男に祈らないと、場合によっては吐き気をもよおす女もいるからね。
昔は、都市計画や芸能界づくりに「飛行場」は、欠かせなかったのだ。
他人様の家庭の娘たちのため、さらにはイエスさまのために祈れる場所が飛行機だったからだ。
今でも「飛行機に乗るのが仕事」というビジネスマンは多い。
痴女誕生。
みんな「祈ろうぜ」
学術映像

母と娘のデュエットソング

自然法においては、「攻撃に等しい大きさの反撃を」正当防衛としている。
「性的いたづら」は、ヒスネリーの原因にはなるが、「痴女誕生」「お前は病気なんだ」には「母」が関わっているものと思われる。
アマゾネス。
ラブパッション 

女の子のリアクションは「こんなに男って簡単なんだ?」「女にはなんでもできるんだ?」というものであり、タルコフスキー監督は「そのような女の末路」を描いた。
「はじめに(女の)言葉ありき」
これを、アマゾネス女への「祈り」は、はるかに凌駕し、家を燃やした。
タルコフスキー サクリファイス

ビートたけしは「何がママだ、何がお母さんだ、マザー!」とドラマで描いている。
「わたしは特別な女」(キリスト教アリウス派)は、アマゾネス女やマルクス主義と結び付き、さらには松田聖子とも結び付いたため、「そんな男おらへん」(明石家さんま)という無神論と同義とされ、異端とされた。
アマゾネス女が語る「理想の男」は、あまりにも特別だったため、カルト的信者は集めたが、芸能界の女子に根強い人気が残ったのであり、実際は「恋に恋する髪の短い女」を基盤とする「自分の指」と結び付いていたのだ。
あるいは、男でも「自分の指」程度しかケツに入れたことのない人が松田聖子を支持していた。
マルクスが「これはビジネスチャンスなんだ」と語った背景にはアマゾネス女がいたし、そのような女が描く「理想の男」が、あまりにも面白かったからマルクス主義は生まれた。
レイプされた女は「神に失望」していたが、それとは異なる「無神論」が松田聖子によって歌われ、アリウス派は「異端」とされたもののカルトと位置付けられている。
マリオネットの涙

ゲッペルスなども「ミヒャエル」という英雄物語を書いていたが、「こんなもん絶対売れへんて」(明石家さんま)という
「常識」と直面していた。
松田聖子ファンの女は「63歳の女」とも呼ばれ、案外、「性に興味のない」女ではないか?とも言われた。
「そんな男おらへん」という明石家さんまこそが「女に下心」があったのであり、 ゲッペルスは「ビジネスチャンス」としてアマゾネス女を見ていた。
いずれにせよ、「おかあさん」と祈る男は、あくまでも「そのような教育」を受けていたのであり、「ハイ!マム!」とテレビで言う男も「お約束」「教育」を受けており、全米メディアの「検閲」の力を物語っていた。
アリウス派対マルクス主義はつまり、ナチスドイツとソビエトの戦いであった。
「勝敗なんてつかないだろうな?」として人道的配慮のもとアメリカとイギリスが「アマゾネス女」の存在を揉み消した。
扱いに困るアマゾネス女。人間国宝。
深田恭子

いつしか、深田恭子も松田聖子も「理想の彼」としか恋ができなくなっていた。
郷ひろみがもっともそれに近かったが、彼女の前でトイレすら行けなくなっていた。
郷ひろみは「レスボス島」でこのような女たちを大勢見てきたが、「アリストテレスの再来」かと思われた。 
ソクラテス(明石家さんま)から、アリストテレス(郷ひろみ)までをジャパンはすべて網羅した。
から騒ぎ 郷ひろみ

 
女たちは「ソクラテス」(明石家さんま)につくか、「アリストテレス」(郷ひろみ)につくかの判断が必要になったが、たのきんトリオは「全員、郷ひろみの真似」と考えていたようだ。
「要するに松田聖子を演じればいいのね?」
男には「ソクラテス」か「アリストテレス」の二種類がいる。
これも、少子化の時代に男たちを臆病にさせていた。
松田聖子は「本番」を望んでいたし、郷ひろみは「尺八」を望んでいた。
「恋と結婚は違うもの」
松田聖子は「私、行かない」と郷に告げた。
この頃から少子化問題の難しさが明らかになっていた。 
恋と愛

さて、松田聖子が「郷ひろみ」というモデルを生み出したが、深田恭子は、「東山紀之」を通じて、「郷ひろみの真似をするのがジャニーズだ」という伝統を確立した。
それだったら、「他人様の家庭の娘たちのために祈る」ということと「ジャニーズのライブはイエス・キリストのライブ」ということが結び付く。
キケローは、ジャニーズのために「詩」を提供したし、ブリダンは、「音楽や踊り」を「キリスト教ミサ」のために提供した。
新約聖書は、「ジャニーズ」=イエス・キリストが、アマゾネス女たちを熱狂させ、「人々に優しさ」をふりまく物語だった。
人々は「他人様の家の娘たち」のために祈ったし、それは、自分達の家庭の娘に「改革の必要性」を感じていたからである。
キケローにせよブリダンにせよ「娘を一人前の女にする」技を持っていた。
アマゾネス女との接し方を知らない男たちは「ジャニーズ」を批判したが、「ぶりっこ」「郷ひろみ」つまりレスボス島のアリストテレスを知らなかった。
学者であり、太っていた「令和天皇」をイケメンとして描くというのは少女マンガの世界ではすでに常識であったが、
ここに「聖書」を世界一のベストセラーにするという秘密があった。
センセイ君主

アマゾネス女が「クリエイトした男」の話をするだけで、ジャニーズを好きになり、料理を覚え、スタイルがよくなった「私」のもとに、彼氏(夫)が「食事を食べに家に帰ってくる」のだ。
令和天皇は「女子たちの憧れ」ではあったが「見た目は松潤の方がいい」という女子たちがクリエイトしたのが新約聖書だった。
いずれにせよ、面白いことをやろうと考えていた仏教(天台宗)も、キリスト教の側も、「見た目が松潤の令和天皇」を描き続けたし、それは「コンテク派」と呼ばれて芸能界の主流となった。
キスした跡はのこさないで

「仕事」にも誤魔化しは多いし、量子論(どんな小さな命にも重さがあるとする説)にも誤魔化しが多い。
それと同様に、「祈り」「神」の世界にも案外、誤魔化しが多い。
なにしろ「クリエイト」されたものだからである。
しかし、受付に女がいて、職場で仕事をする、あるいは祈る、「小さな命を救済する」という「三大誤魔化し」も、三人寄れば文殊の知恵とも呼ばれ、仕事として成立した。
相対性理論 恋は百年戦争

さて、私は太っている。
だから娘も「太っていい」と思っている。
まちこさんはスターだ。
だから、娘も「スターでなければならない」と思っている。
ここで忘れてはならないのが、女は常に「二人の男」を比べることができるということだ。
私の妻は、「二人の男を比べ」娘に「春」をもたらしてくれる私以外の男を想像するかもしれない。
まちこさんは、イエス・キリストと夫を比べ、娘に春をもたらしてくれる男を想像するだろう。
不安定な飛行機の機長さんは「比べられる」と「なにくそ」と思うかもしれない。
しかし、あくまでも「娘の育て方の別の方法」をめぐって祈っているのだ。
祈りに「娘」という希少資源を持ち込まないのならば経済学の知識が疑われる。
なぜ、浅田真央は「行き遅れ」になったのだろうか?
優しかったお父さんが好きで、理想の男性像にしていたからであろう。
美しい女性を見ると「お父さん」を褒めるしかなくなる。
これは、アマテラス崇拝であり、神武天皇崇拝である。
瀬能あづさ ふたつにひとつ

「祈り」
それは、全国のお父さん・お母さんから「おカネをいただく」行為だ。
私の娘は「痩せる方法」を考えるかもしれないし、まちこさんの娘は「スターになる方法」を知るかもしれない。
いかんせん「令和神道」にせよキリスト教にせよ「音楽作品」に満ち溢れていた。
全国の「娘をもつお父さん・お母さん」のおカネを必要としているのはキミではないのかい?
ミスチル

女の子の心理を歌った曲を多く分析してきた令和天皇であるが、「夢なんて叶わねえよ」と思ってはならない。
「勃つ」ことの意味がいずれ分かるようになる。
女たちが「勃つ」男を奪い合って、それで、日経平均株価ぐらいの儲けにはなる。
全国の「娘をもつお父さん・お母さん」からおカネをいただき、「勃つ」ようになるのが「祈り」である。
立て 立つんだ ジョー

芸能界の信用を背景にした「ミクロ通貨」とは、全国の「娘をもつお父さん・お母さん」が発信する仮想通貨であり、さらに「勃つ」男が生み出すものだ。
ミクロ通貨は、「解釈」次第では、マクロ通貨(円)との換金性を見せるため、ミクロからマクロへの「換金性」に注目しているのが、現在の「哲学最前線」である。
泣ける映画は、一度観れば飽きるが、アクション映画は何度観ても面白い。
そこで、私は、恋愛を「野球」にたとえたが、1998年の横浜ベイスターズの「マシンガン打線」の背景には、波留、石井、鈴木、ローズ、駒田などに「娘がいた」ことが理由であることが指摘できる。
当時のBGMにはSPEEDがあった。
「娘の心理」をSPEEDが歌い、選手たちは「つなぐ」ことを覚えた。
ランナーは常に「一塁三塁」にいたとされる。
娘のいない選手は「得点圏」でしか打とうとしない。
これも「ミクロ通貨」という「目に見えないおカネ」を想定しなければ、監督としては「バントのサイン」も出せない。
SPEED Snoe kiss

一塁にランナーとして出塁(逮捕される)すると、強烈なフラストレーションや欲望にさらされる。
アウトカウントが少ないほどそれは強い。
この「反時計回りに走る」男をどうにか止めなければならない。
訓練されていないぽっと出のルーキーならば、リードすらできないだろう。
セカンドに進めば、バッターに「ストレートか変化球か?」の合図ぐらいはキャッチャーのサインを盗んで送れるようになる。
得点圏に進めば、バッターに大して「ミクロ通貨」は必要ない。
しかし、ランナー一塁ならば「観衆の祈り」そして「娘の存在」が必要になってくる。
SPEEDの世代の娘が「マシンガン打線」を支えたが、「娘たちの心理」はもう出尽くしたのか?
1998年だけではなく、2017年にも横浜は日本シリーズに進出している。
「ソフトバンク相手に野球ができるのか?」と心配されたが、第六戦でサヨナラ負けをした。
この時は、梶谷や筒香、宮崎などの独身者が多かった。
「マシンガン打線という奇跡」は日本の球界から姿を消していたのだ。
「ランナー一塁の研究」はノムさんもやっていなかったであろう。
「フラストレーションや欲望」には「サプライズが必要」とされている。
ネクストのバッターが独身者ならば送りバントをしたいときもあるが、「サプライズ」とは、リビングのソファーにゆったりと腰かけていても起きるものではない。
世論の「牽制」(準抗告)を受ける前に片をつけるか、じっくり攻めるかは別として、とにかく「サプライズ」が必要なのだ。
それもすべて、「娘あってこそ」である。
SPEED White love

 

 吉本興業へのFAX

以前、「吉本猿山理論」などを語らせていただいたご縁で、電話番号を登録していました。

実は、韓国の「BTS」という企業が株式を上場したところ、時価総額が一兆円を超えたという報道を目にしました。

男性ユニットのイベントは「社債権者集会」にすぎないのに何でこんな値段になるのだろう?と思ったら「不動産取引」が背景にあったのです。

不動産とは「処女」のことです。

実は、BTSは、「ファンの処女」も取引し、ビジネスとしていたのです。

吉本興業さまも、このようなビジネスを行ってみてはいかがでしょうか?

なお、「処女・非処女の見分け方」は私も現在研究中ですが、「香水をつけていなければ処女」などが今のところ明らかになっています。

「不動産取引について」

ファンの処女を取引することを韓国のBTSが行っていますが、処女か非処女かを見分けるためには、

「香水をつけていない」という根拠、つまり「特定の男性にオーガズムの匂いを味わされていない」ということと、他にも「チョコレートボンボンが苦手」などの傍証証拠などから、後は本人の証言を得るしかないようです。

「処女・非処女の見分け方」

についてですが、

哲学的には「香水をつけていない」という答えとなり、

人間行動学的には「チョコレートボンボンが食べられない」という答えとなり、

医学的には「平気で高熱を出す」のが処女となります。

哲学・人間行動学・医学以外にこの議論は行っておらず、あとは本人の証言を待つしかないようです。

処女しか進学できない大学は確実に存在し(國學院大学など)進路やその他、結婚相手の相談など、不動産取引(処女取引)ビジネスの可能性はかなり巨大な富となりそうです。

処女と結婚したい男というのは確実におり、心を安定させて「パワフルチャーチ」というものを作るためには必要な発想となります。

今、流行りの「宗教家」はみんな処女と結婚しています。

 

吉本興業へのFAX

 

不動産取引(処女取引)の可能性について語らせていただいた小野光太郎です。

このたび、吉本興業所属の「だいたひかる」さんが不妊治療を行うことを明らかにしましたが、古くは姑が嫁に「骨盤といい腰のくびれといい、子供を産むのにうってつけだ」と語っていたように、要するに「太った女性は妊娠できない」というのが不妊治療の背景にあります。

痩せるためには「親から自立する」必要がありますが、親から自立するためには「だいたひかるリーダー」のもとで、女たちが仲間を作る必要があります。

だいたひかるさんは「乳がん」も患っていますが、これは「昨年、おばあちゃんが亡くなった」ことが原因です。

胸とは、女性にとって「私とは何か?」という問題ですが、そこに「心ない叔母」「嫌いな叔母」が入り込んできて「しこり」となるものです。

ここは、だいたひかるさんを柱として、「親から自立する不妊治療」「おばあさんを供養するガンの予防」など、女たちの団結のために、だいたひかるさんを「どの家庭にもあること」として「主婦層の支持」につなげた方がいいと思います。

「処女」と「主婦」は常に吉本興業の支持基盤なのです。

さて、「祈り」について語らせていただいたが、セントピーターズバーグというギャンブルがある。
25ドルのエントリー料をとって、コインの「表」が連続して出た回数「n回」だけ2の「n乗」ドルを支払うのだ。
一回だけ表が出たら2ドル、二回連続ならば4ドル、三回連続ならば8ドル、四回連続ならば16ドル、5回連続でようやく32ドルとなりエントリー料を越える。
この、セントピーターズバーグは、たいてい負けるが、「8万回以上やれば儲かる」とされ、「ギャンブルをやるのならば一生涯の友とすべきだ」とされた。
しかし、「女友達が多い」「祈った」人はなぜか「表をだし続ける」とされる。
宗教団体の教祖は「女にモテなければならない」というのはセントピーターズバーグからもたらされた発想である。
松浦亜弥 From that sky

問題は、セントピーターズバーグに「勝った日」は、焼き肉を食べに行き、女とセックスするため、
他の女の「片思い」を生じさせ、「8万回やれば勝てる」という数学および、「祈り」「女友達」の効果を減殺させているのではないか?ということなのだ。 
「NHK会長」「天皇」は、「妻しか女を知らないのではないか?」「人生賭博は、適当に勝って妥協するしかないのではないか?」「いちばん偉い人」に祈って自分達はおカネを払った方が人生トータルでは得なのではないか?ということだ。
まあ、NHK会長や天皇にならなくても、「楽をしたい」という生き方は確実にある。
一方で、「楽をして」NHK会長や天皇になりたいというのならば、セントピーターズバーグの「k回目」を「天覧試合」にするしかない。

「自立とはなにか?」
基本的に「女たちにも分かる話」をすることと「下ネタ」に強くなること、さらには「予言能力」を持つことだとされる。
私は、ある女に「泣こうが喚こうが助けてやらない」と「予言」されたが、その結果はともかく、その女なりの「ネットワーク」に自信があったのだろう。
「親からの自立」と言っても「就職」の話もなければ「おカネ」の話もない。
自立にとって最大の敵は「意味不明の本」の存在だったのだ。
「娘がいるから、女にも分かる話ができるようになるのではないか?」
だったら「娘のいる男」の本を読もう。
女としては「好きな本しか読まない」「難しい話しはしない」男が「難しい本を読み、女にも分かるように話す」というパートナーが不妊治療のあり方となる。
カップルも「文化・社会」と接していなければすぐに別れることになるため、男が「ただのバカ」ならば妊娠以前の問題となる。
「女にも分かるように話す」と言っても「女子高生」に理解できるかは明らかではない。
とにかく、私の娘は「それで妊娠できるのかい?」というぐらい太ってきた。
なにしろ、スタンフォード大学の話と日常に接しているのだ。
女子高生の娘としては、「ちょっとまだ早いかな?」という感想もある。
「泣こうが喚こうが助けてやらない」という女に対して、別の女は「彼はそんなやわな男ではない」という「予言」を行っていた。
女二人組で「自分達のネットワークの力」を語り合うのも不妊治療に有効だ。
だいたひかるの、「不妊治療」は、乳ガンの話はともかく、女社会の話として、格好の「男のズリネタ」だったのだ。
男が「難しい本を読み、女に分かるように話せるようになる」ことをマクノートンルールと言うが、マクノートンルールによって「許された」子供がいる学者がいるのならば、是非、子宝に恵まれたことを誇りに思ってもらいたい。
法学部で「虚言癖」のある女性に「果たして子供ができるのか?」は明らかではない。
本当に「男社会」に染まったら、ブクブク太って子供はできないだろう。
「女ネットワークの力」比べ程度に「仕事」の役割はとどめておいた方がいい。
「難しい話は天皇陛下に任せようよ?」
それならば伊勢神宮も日枝神社も「子宝に恵まれる」ご利益をもつ。
女たちは「自分たちの女ネットワークの力」に関する「予言」は10個ぐらい同時に行っている。
しかし、「色、匂い、誰々に似ている」だけでなく、「彼の言っていることの意味が分かる」程度の「文化・社会」との接点は求められるだろう。

「痩せる方法・自立」のつづき。
基本的に「時間と空間」はすべて「女性」にたとえられる。
広くて空気の風通しのいい部屋に住んでいる人はみんな「痩せている」のだ。
太っている人は「カロリー消費」目的ではなく、「広い空間においしい空気」を求めて散歩する習慣などが必要になる。
この「広い空間においしい空気」そして「女心を明らかにするニューエイジ」は、女性たちの「不妊治療」にそのまま直結する。
太っていて、引きこもりの人は「とりあえず窓を開けよう」。
部屋に「おいしい空気」を入れたら、「あの街には憧れのあの人がいる」という発想が必要になる。
これも「自立」であり「痩せる」ために必要になる。
不妊治療も腰痛の治療も「文化・社会に心を開く」ことから始まる。
22歳の私

むさ苦しい「男」との距離が近いと太る。
私の妻も「男の子」を産んでから太った。
「痩せている」というのは「ブルジョアの証」でもあった。
若さを無駄にする、そこから「男をクリエイトする」(宗教)さらに、「女心をクリエイトする」(政治)、その後、犬や猫などの動物をかわいがる、そして「文化・社会」に心を開く。
宗教・政治・愛犬などがいて、通常の女は「不妊治療」を必要としていないし、腰痛の治療も必要としていない。

「連帯」
連帯とは、ユダヤ(キャンパス)的発想であり、抑圧を伴うものだ。
街は、抑圧されたものたちに満ち溢れ、経済効果もある。
東海大学野球部の「連帯」責任にせよ、小坂大魔王の「育休」取得にせよ、
若者・サラリーマンが街に満ち溢れるかどうかの問題である。
東海大学は、ユダヤ(キャンパス)である。
しかし、「育休」(会社)は、キャンパスではない。
「ジューイッシュホリデーにも働けるのか?」
育休取得は「ノー」と言った。
夏は、男が街に溢れ、冬は女が街に溢れる。
連帯(ユダヤ・キャンパス)とはそういうものだ。
ジューイッシュホリデーには、家でゆっくり休める。
サラリーマンは「大学のキャンパス」にいるのだろうか?
平日は街にはサラリーマンがいる。
「連帯」とはそういうものだ。
他者を理解しようとすると太る。
私は、閉鎖病棟で20キロ太った。
育休を取得しても、妻のことは分かっているため太らない。
しかし、「連帯」というものは「他者を理解しようとするため」太るし、街を歩く必要がある。
痩せるために必要なことは、「仕事でミジンコのような小さな命を相手にする」ということだ。
だいたひかるの「どーでもいいですよ」というネタは不妊治療の必要性が大きい。
「ミジンコにも、興味がありますよ」「東海大学野球部」という具合に、芸風を変えていった方がいい、
ただし「ミジンコ」という指摘は忘れてはならない。
ミジンコのような命を愛すると、音楽作品を「かなり深いレベルで」解釈できるようになる。
女子たちはシャキール・オニールの7フィート2インチの背の高さと、 マイケル・ジョーダンの6フィート6インチの背の高さを、音楽の解釈の力量で想像した。
「夫が子供に興味を持ってくれるのかな?家庭に縛られるのではないかな?何もできない自分が怖かった」
安室奈美恵

人はなぜ、「音楽作品」を作り「野球などのメジャースポーツ」をやるのだろうか?
女たちが「選ばれるのを待っている」からである。
「プロポーズ」
その言葉はシンプルでもいい。
ヒーローインタビューではなく「プレー」が問題なのだ。
「女心」をエネルギーに充填して、打撃を行う。
選ばれるのを待っている女たちは「女心」を歌った。
シーッ 愛はお静かに

 芸能ニュースの「熱愛報道」などに「どうでもいい」と発言することは、芸能人を病院送りにするのに十分すぎた。
ランナーとして一塁に出塁したのならば、敵のフラストレーションと、数少ない「味方」の欲望にさらされる。
必要なのは、一塁ランナーに「サプライズが必要」ということであり、毎日、「ミジンコのような小さな命」を研究していなければ、打者かなり、胸がモヤモヤするであろうが、スポーツを観戦する理由も「痩せるため」という側面がある。
として野球をすることはできない。
「パンとサーカス」を大量に消費し、それでもなお「ギリシャ彫刻のような体」を市民に保障するのが政治だ。
恋愛野球はなぜ面白いのだろう?
どの女も「選ばれることを待って」いたし、本来、「資金力」こそが挑戦者の資格とされていたが、恋愛を「フェアプレー」の場に持ち出したら、観戦者の支払う金額は、各政治家の「日々の政治活動」はなんだったのか?と思うようなビッグマネーですべてをひっくり返した。
背景には、女たちの「痩せたい」「ギリシャ彫刻のような体になりたい」という「パンとサーカスの大量消費」が背景にあった。
恋愛を野球にたとえることは、女子たちの「痩せたい、食べたい」を背景にフェアプレーのもとに各メディアのすべての思惑をひっくり返した。

「応援してやろうという側か、邪魔してやろうという側か、どちらが出した情報が分からない」(高村正彦元外務大臣)。
政治家ならば「フェアプレー」「女子たちの食べたい、痩せたい」というマネーをたくみに利用しなければならない。
ミジンコのような小さな命を毎日見ているのは、官僚ではなく政治家だったからだ。
「今、何合目」という登山のたとえはあまり有効性を見せない。
みんなが知っているスポーツでなければ、共感度は低い。
「母の犠牲」「ヒットエンドラン」などは、少なくとも今のところは女子たちの「食べたい、痩せたい」という心理、および「選ばれることを待っている」女子たちの支持を集めている。
三浦理恵子 妖精物語

バートランド・ラッセルが、「メジャースポーツとセックス」を結びつけたのであり、 私は、女子たちの「食べたい、痩せたい」「選ばれるのを待っている」という心理をたくみに野球にたとえた。 イヴの卵

 

 

 

 

« ミカドの肖像。 | トップページ | 右翼。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ミカドの肖像。 | トップページ | 右翼。 »