最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 戦場へのメリークリスマス。 | トップページ | にゃんにゃん。 »

2020年10月 2日 (金)

ミカドの肖像。

ジャヤラーシは、インドの南部で「ライオンの研究」を行った。
「なぜライオンは交尾が好きなのだろうか?」
メスの「子供の気持ち」をオスは味わいたがっていた。
有名芸能人女性が「自慢の息子」の話をすると案外幻滅する。
「その息子の気持ちを味わうのか?」と思うからである。
せめて、「大山ねずの命」の教えのように「孝明天皇の末裔よ?」と言ってはもらえないだろうか?
孝明天皇は、いまだ「ライオン」と呼ばれているし、女性芸能人の人気を支える力がある。
らいおんハート

仏教は、「孝明天皇」=ライオンの登場で「大山ねずの命」(ジャイナ教)を生み出したし、それはひとえに「ミカドの肖像」のなせる技であった。
竹田恒泰氏も、大山ねずの命の研究に特化していれば、講師どまりではなかったであろう。
「ミカドの肖像」「ミナミの帝王」は、やがてインドの北部にまで影響力を持った。
仏陀とは異なる「権力闘争」を経たアクランカ(孝明天皇)は、その、短命なキャリアと、悲劇的な死という側面とは裏腹に、ジャヤラーシの手によって「気持ちいいセックス」に用いられたのだ。

ナーランダ大学がイスラム教徒に破壊され、アメリカが、ジャヤラーシを「復刻」したのは1940年のことだった。
エホバの証人も、「1943年にイエスさまが降臨された」と語っている。
アメリカの「ジャヤラーシ発掘」に世界の宗教が飛び付いた格好となった。
「私の息子は孝明天皇の末裔よ?」
男は、女を抱き、その熱く短い命と共に果てた。
三島由紀夫の「天皇とさえ言ってくれれば」「夭逝」という発言も、常に「孝明天皇」を意識していたのであり、45歳の時に市ヶ谷駐屯地に向かった。
しかし、「大日本楯の会」も、「私の息子は三島由紀夫の末裔よ?」という宗教として発展しきれなかった。
「孝明天皇」
これほど巨大な壁は日本の宗教界にはなかった。
火のような熱さ、水のような静けさ、土のような安定感、空気のような透明感、これを三島由紀夫はクリアーできなかった。
孝明天皇だけが永遠なのであり、多くの芸能人女性に「幸せ」を約束していた。
ミカドの肖像の条件とはなんだろうか?
「高貴であったこと」
「官僚たちを統括したこと」
「短命であったこと」
男たちは、セックスで「高貴さ」「官僚たちの統括」「そして短い時間で果てること」を経験した。
それは、たとえ孝明天皇の意に反するかたちであっても、セックスそのものであった。
「高貴さ」「夭逝」「官僚たちの統括」
セックスの気持ちよさを求めたため、「ジャイナの子供たち」は、兵役に服することを求められた。
親の都合もここまで来るとカルト的だ。
ジャイナ 歌

「子育てにまで介入するのはどうかと思うね」
世界がジャイナ教(大山ねずの命)に批判を浴びせた。
しかし、蓋を開けてみれば、筋骨隆々の「好青年」に育っていた。
このあたりの「証明」がなされているのだ。
子供たちは、案外、「夭逝」にとらわれずに、むしろグローバルに活動を始めたため、世界は「ジャイナの子供たち」への心配を払拭させられ、むしろ、「これはパトスだね」と語り合った。
パトスとは「死にたくないから面白いことをやる」という意味だ。
さて、私の息子は「孝明天皇の末裔」といった方が主婦の魅力が高まると言ったが、
一方で、「チャイナの首都をトーキョーに」とも言っている。
ここに「日本ナショナリズム」というものが生まれる余地がある。
愛国心というものは「国の個性」にこだわる概念であるが、ナショナリズムは「国内の人々を無料奉仕で動かす」概念である。
「チャイナの首都トーキョー」なんて嫌だ、という連中は、「私の息子は孝明天皇の末裔」という主婦層の支持を得て、無料奉仕で動くだろう。
無料奉仕ってなんだろう?
赤字国債の圧縮だろうか?
タダほど高いものはない。
このあたりに、日本国の発展の秘密がありそうだ。
ナショナリズムというものは「起源を同じくし」「内政・外交問題を処理することができる」ことから生じるものだ。
「私の息子は孝明天皇の末裔」という奥さまと、中国人は「妥協の余地がない」だろうか?
「天皇」とさえ言っておけば「継体」(天皇)などは普通に「中国の皇帝」であっただろう。
しかし、いくら「ナショナリズムのためならば人々は無料奉仕で動く」と言っても、案外「仲間は少ない」ものだ。
「英雄は一人」「死者多数」とも言われる。
今回、私は「チャイナの首都トーキョー」案と、「私の息子は孝明天皇の末裔」という主婦層を構想したが、ナショナリズムに触れるものは「英雄は一人」「死者多数」ということを常に意識しておかなければならない。
あまりにも「俺を殺したいやつは多いんだろうな」という人が触れるのがナショナリズムなのだ。
小泉郵政解散

一言で言うと「国を世界の人気者にし、そのアイデンティティを決め、みんなが暮らしやすく、お金にも困らない」という国のあり方を求めるのがナショナリズムだ。
中国側は、「酒井法子ならば妥協しよう」と言ってきたが、韓国は容赦なく「主権」(我が国の女はみんなこんな感じ)という論争に、「モデルチェンジ」を繰り返してきた。
日本国の「東京を中国の首都に」という日中双方の思惑に、韓国は「世界で人気のある女」(主権)に関しては常に「主権論争」を挑んできていたのだ。
少女時代 Gee

ジョージ・オーウェルは、第二次世界大戦終戦時に「1984」において「ナショナリズムに触れて人を殺す奴が出てくる」としたが、村上春樹は「1Q84」において、「それって麻原彰晃だよね」とした。
「ネイション」というのが「暴力装置」だとするのならば、それに巧みにアクセスする人には「理論・人望」さえあれば誰でもなれた。
新聞5紙のすべてが「ナショナリズム」の奪い合いをやっていた。
「我が国は世界で大人気の国」
これを「仲間を失わないように」しながら推進していった。
タバコすら満足に吸えない国にはなった。
「英雄一人」「死者多数」
これは、大坂なおみでも大谷翔平でも考えは同じだった。
大衆は、大坂なおみや大谷翔平の「殺意」に気がついていない。
一部の「エリート」と「マス」(大衆)は、ネイションというものが「暴力装置である」ことに気がついているかどうか?という違いがある。
そのような意味での栄進はエリートだろう。
「孝明天皇」という国の個性、「令和天皇」という「女心を教えてくれる」人など、いろいろな「ナショナリズムという名の殺意」との触れ方はあるが、「愛ってどんなかたち?」ということを教えてくれるリチャード三世のような古典的時代は、令和天皇はすでに通り越していた。
後藤真希 愛ってどんな

バイデンも、トランプも「殺したい奴」がいるから戦っている。
「アメリカ大統領」という暴力装置にはそれ以外に「触れる理由がない」のだ。
しかし、リチャード三世のように「女心」を教えてくれる人、という段階を通り越してから、「内政や外交」を語っている。
「愛ってどんなかたち?」を知らない政治家はいない。
主婦層に「私の息子は孝明天皇の末裔よ?」と言わせたり、「女優・竹内結子の自殺」から、「中国の首都は東京砂漠へ」という毛沢東の真の意図に気がついた令和天皇であったが、企画立案の背景には常に「主婦層の支持」(純粋理性批判)と「処女たちの支持」(実践理性批判)があった。
カント師匠も、自分の理論の「実験場」とさえなってくれれば、必ずしも「アメリカファースト」ではなかったし、カント師匠の方がトランプよりも偉いのかな?と思うこともよくあった。
女にモテる方法(古典的ナショナリズム)を知らなければ、内政や外交で主婦層や処女たちの支持が得られる「企画立案」は行えない。
「芸能界ってどんなところ?」「戦争ってなに?」「主婦でもモテたい」
そのような気持ちを巧みにナショナリズムにねじ込んでいくのだ。
「一人の英雄」「多くの死者」
このような図式が、毎日、新聞紙上に踊っていても、それでも、主婦層や処女たちは「だって、知りたいもの」と言って、「暴力装置」の存在を認めていた。
いや、ナショナルという「暴力装置」「大衆への反逆」を明らかにしたのは私が初めてかもしれない。
「一人の英雄」は、私たちが愛し合うために必要、あるいは国が豊かになるために必要、ということを知っていたのはアドルノや、アデナウアー、吉田茂などだった。
吉田学校というものは「ナショナリズムへの触り方」を学ぶところだったのだ。
吉田学校のなかで、「テレビ」を初めて用いたのが池田勇人だった。
所得倍増論だ。
「インターネット時代に、大衆への反逆を書いたのは令和天皇」だった。
所得がどうなるかは明らかではない。
しかし、「ご家族の意見優先」という精神科医療の常識を説明した。
私たちが愛し合うためには、理論とお金が必要なの。
殺しあいたい人は「理論とお金」を頂戴?
そうでなければ「大衆」は、メディアから目を背けるだけ。
これが、女たちの本音であった。
さて、「チャイナの首都トーキョー」と言わせてもらったが、中国内部の「殺しあい」(中国ナショナリズム)に我々は果たして手を突っ込むことはできるであろうか?

柴又帝釈天は、日蓮宗の寺であるが、「妹がいる人は与えることを知っている」ということを教えとし、「寅さん」をセールスにかけた。
母グマ(熊)の研究から、お兄さんがいる母グマが、「お兄さんグマ」から多くのものを与えられているという研究がなされた。
私は、常に「エリート街道」を歩んだが、妹も「女の道」としてのエリート街道を歩んでいる。
実は、栄進の妹を私はよく存じており、栄進というスターのもとで、「多くのものを与えられた」ことも理解している。
鈴木亜美

 
一方で、兄から多くのものを与えられた妹は「子育てに興味を持たない」
とされ、寅さんの妹・さくらが子育てをしていたことそのものが、「奮闘努力の甲斐もなく」ということなのだ。
栄進の妹も、私の妹も「子育て」はしていない。
寅さん

栄進とは何者か?
それを理解する上で、母という指南役と、妹という「なんら性的関係にない女」の存在は理解しておかなければならない。
榊原郁恵

SMAPとは、誰によって作られたのか?
そして、何をエネルギーにしていたのか?
榊原郁恵によって作られ、鈴木亜美をエネルギーにしていた。
この構図は、今後、男性アイドルユニットが「与えることを知る」ためには理解しておかなければならないことである。
シャア・アズナブルにとってのアルテイシア、木村拓哉にとっての鈴木亜美、さらには私にとっての倉木麻衣が、ジオン公国をつくりあげた。
柴又帝釈天は、本来、映画「寅さん」の舞台であったが、日蓮宗としてはSMAPをクリエイトし、エネルギーを与えた教えであった。
栄進は「義務教育」さえ終えれば、母を指南役とし、妹を思いやるだけで、スターダムが約束されていた。
「腹へった、女にモテたい」
あとは、栄進は「映画」を見るだけで「他者への共感」の能力を磨けばいいだけだった。
貧乳女はなぜ「神」を語るのだろうか?
「彼氏に手料理を用意して待っていても、胸のイメージがなければ帰ってこない」ことが背景にある。
「神・男の完全性を語ると爽快感がある」
それは、男も同じである。
しかし、胸の大きな女のところには必ず男は「夜10時までに」帰ってくる。
だが、貧乳の女は「神様の助け」がなければ、手料理を彼氏(夫)に食べさせることはできない。
鬱を晴らすために覚えた「料理」を食べてもらいたい。
これが「神の起源」だと考えられる。
仏の世界に「神」はいないが、聖徳太子が「神」とされた時代はあった。
キスから胸で、「神の問題」は解決してしまうが、尺八だけの男か、しっかり本番もやる男なのか?は「神の議論の本題」となってしまう。
栄進は、麦が「能年玲奈ならば」貧乳でもいいとしたが、
かといって、ノンケの男も「本番」目当てなので能年玲奈ならば都合はいい。
しかし、貧乳女は「お父さん以外の男に裸を見せるセカンドラブ」に臆病であり、
ましてや、男は「不幸なときは揉みたい」生き物だ(マザー・テレサ談)。
病めるときも健やかなるときも貧乳女を受け入れられるというわけではない。
女は「性欲よりも食欲だ」と言って、夫が家に帰ってくるのを食事を用意して待った。
「神」
それは貧乳女のためにある言葉だった。
「神・男の完全性」だけが男を家庭の食事に帰ってこさせてくれたのだ。
医学的には「巨乳か貧乳」しかないが、女には「何カップ」というのがある。
90%、80%、70%、60%、50%という具合に男は見ているが、病めるときも健やかなるときも男の人生にはあり、生涯の伴侶を選ぶと言っても、結局、「女は女ネットワークを作り、男は仕事をする」というライフワークバランスがうまくいっていれば「勃つ限り別れない」という開き直りも必要となる。
あなたよりも愛していたい
神概念。
「私が食えと言ったら食え、糞しろと言ったら糞しろ」
ショーシャンクの空に ハドレー主任 

「朱子学」
さて、墨子の「戦争論」において、「いろんな人に悪口を言われる」「金融がうまくいかない」という「芸能人の事情」を明らかにしたが、中国においては「女は、男を食卓に連れ戻すために神・男の完全性を語り合う」と同時に、「その時は昔の男を思い出して冷たい息を吐いている」とした。
男は「女の話をしても冷たい息を吐かない」とされ、「今カノ」が、昔の女のことなど「意に介していない」ことを知らない男を「今カノが気の毒」といった歌もある。
工藤静香 Fujitsu

 
この「女の息」「男の息」の違いを正確に理解し、論語(春)・大学(夏)・孟子(秋)・中庸(冬)という「四季」を生み出すモテモテ男を中国では「皇帝」と呼び、日本国においては「天皇」と呼んで「悪口」「金融」はもはや聖域(菊タブー)と呼ばれた。
朱子は、「周王朝を滅亡から救おうとした学問である儒学に詳しいんだってね。何でも勉強してくれ」と言われ、あっという間に科挙に合格し、寺を与えられたが、「季節が生み出せる」という衝撃的な答えを王朝に返してきた。
南宋の時代のことであった。
大学(夏)において「女の話と言ってもいろいろある」とし、現在の日本国の大学を作ったが、中庸(冬)においては「男の話」に回帰していった。
論語(春)と孟子(秋)は、孔子と孟子の「男女をめぐる悩み」が記されていた。
コンセプトは簡単だった。
大学(夏)においては「男たちが多数派工作に成功し」、中庸(冬)においては「女たちが多数派工作に成功する」というものであり、
論語(春)と孟子(秋)においては「面倒な大人の議論とは関わるのはやめよう」とみんなが考えてくれればよかった。
これさえ分かれば、日本の音楽シーンも簡単に「天皇陛下に献上する」音楽作品が作れた。
ロマンスの神様 広瀬香美

日本の音楽シーンでは異色の「道教」にしたがった「なごり雪」は、「季節とともにどんどん美しくなっていく女」を念頭に置いていた。
なごり雪 イルカ

 
しかし、日本人の感性はそんなあまいものではなかった。
「わび」(朝の露)
「さび」(老いたものの貫禄)
「イキ」(若さ)
「キレ」(男女の別れ)
「幽玄」(神)
「もののあはれ」(盛者必衰)
など、複雑きわまりない「季節」を作り上げ、足利幕府は、繁栄する明国に朝貢した。
日本のエリートは、「将軍様さえ一言、争うなと言ってくだされば」と言ったが、
日本国までもが、思想戦国時代に突入していった。
中国大陸は、大雑把に「男女の多数派工作」さえ考えていれば強烈な「季節利権」をアジア地域で握ることができたが、日本国では「演歌の日本海」「歌謡曲の太平洋」などと分かれていった。
「山をぶち抜けば雪が降らない」(田中角栄)
田中の学歴の限界をここに見るのだ。
私には「9歳年下の」妹がいるが、虐められた時期(仁)に、「妹や姉」目当てに忠誠を尽くす者(義)がいるという物語が中国哲学ではなかったのか?
しかし、朱子は儒学の世界に明確な「革命」を引き起こしていた。
清朝は、「兄と妹などなくしてしまえ」と言って、一人っ子政策を行っている。
育児放棄する「妹」はいなくなったが、中国人民が「音楽に興味をなくした」とも言われる。
「名家」
中国の研究をしていると、墨子の「芸能人は常に戦争をしている」だの、朱子学の「季節を決めるアーティストの悪口禁止(菊タブー)」だの、やたら「日本国の芸能界」の話が出てくる。
中国にとって、日中戦争は、苦い記憶であり、アジア初の近代帝国である日本国に「なす術がなかった」のに、
「広島・長崎に原爆が落ちるのが見えた」だけであった。
「今だ過去のものとなっていない」日中戦争に対し、中国は「日本史」「中国史」を書き上げたのだ。
「月は東へ西へ」と歌っていたジャニーズですら「斎藤道三」になってしまう。
これが「名家」の基本的な発想であった。
本木雅弘 東へ西へ

平成天皇は暗愚だったか?
平成四年に、天皇明仁は「名家」に目をつけ、「万世一系」という「くにつくりのおはなし」を完成させた。
どの時代にも「モテモテの男・儒学者」はいたが、彼らを「天皇」「私の祖先」とし、最後に神武とアマテラスをつなげた。
この宗教は、1913年に「発明」された「神道」であったが、平成天皇は名家に立脚することを明らかにしたのだ。
学歴のない者、朝鮮人にも「身分」を語らせ、天皇本人は「韓国にゆかりを感じる」と発言するほどのしたたかさを見せた。
のちに「アマテラス」(女)とは何か?
つまり「政治」(女心の定義)の体系をまとめあげた令和天皇に退けられているが、「平成天皇は大河ドラマとともに磐石」であったのだ。
名家には「七人の侍」が論客としており、「天皇のために」としていた。
「家族とは何か?」を知り尽くし、歴史を書いたという意味では、トマス神学にも造詣が深かったものと考えられる。
平成天皇も、このようなブレーンの意見を聞きながら、後継者選びをやったと考えられ、
それでも「アマテラスとは何か?」を松田聖子や中森明菜を自在に用いて描いた令和天皇の前で、鼻じらむような表情をしていた。
日本テレビの24時間テレビで「テーマは家族」と言っても、もはや往年の切れ味を平成天皇は失っていた。
「天皇のために」と活動していた「七人の侍」が、平成天皇の「邪魔物に自殺を命じる」発想に愛想を尽かしていたからだ。
ブレーンを失ったあとには「いだてん」などの視聴率の低迷などがあり、「歴史は家族を知らなければ書けない」ということから、平成天皇は退位に追い込まれている。
家族の男は「この女は俺の担当」ということを明確に意思表示していた。
ハートのイアリングとも言われるルールで、これを見失ったら平成天皇は「すべての家庭の有り様を」見失った。
私は、姉の浅香唯を、弟は妹の倉木麻衣を「担当」としていた。
しかし、天皇家の養子となり、「皇太子と、秋篠宮の政治生命を奪うのならば二名の犠牲を出せ」というサムソンオピニオンにより、姉と弟は、故人となっている。
恵施という中国の高僧が、「戦争論」「季節」そして「時代劇」を仏教のものとさせてくれ、と言ってきた。
中国の思想そのものが「天皇のもとで」存在しようとしていた。
清朝は、中国は明治天皇のものではないよ?とし、一人っ子政策を採用した。
「季節利権」だけは中国に残されたが、恵施は、法華経を常に持ち歩き、江戸幕府の天海もそれに理解を示していた。
創価学会や日蓮正宗、日中友好協会を理解するためには、恵施の法華経、つまり「戦争論」「季節論」「時代劇つまり家族論」を理解していなければならず、アマテラス(女とは何か?)の研究からキャリアを始めた令和天皇は、平成天皇の「七人の侍」からみても「コイツしかいない」と思えるものであった。
南京大虐殺というものはなかったが、どの女をレイプすれば「担当」の面目が丸潰れになるか?という企画は軍事オペレーションである以上、企画されたであろう。
恵施が、中国の思想と「仏教」そして日本国の「神道」の和解のカギを握ったが、
公孫竜は、「白馬は馬にあらず」と言い、この繁栄は、日本と中国と朝鮮だけのものにしようとした。
「戦争論」「季節論」「家族論」さえあれば、「白馬のいちもつ」はアジア地域には必要のないものだと思われた。
恵施や、公孫竜は、モンゴル帝国襲来の時に、台風戦争もあったものの「日本・中国・朝鮮」プラス「インド」の軍事行動を引き起こし、日蓮は世界的有名人になった。
恵施・公孫竜・日蓮が組んだのであり、今でも「戦争論」「季節論」「家族論」「時代劇」「芸能界」などをアジアで取り仕切る「天皇」は、「ローマ法王よりも格上」とされている。

「ヘーゲルの弁証論~イケメンデート」
唇の位置が自分の唇より上にある男はみんなカッコいい。
それが「女の子」というものだ。
背筋を伸ばせ。
私は香淳皇后に怒られたことがある。
女の子としても、まるでヒールの高さを上げるがごとく、背筋がピンとした女の子が「可愛い」とされた。
「男の絶対はあなたの胸にあるよ」
イケメンはそのように女の子と話した。
胸のある女の子(大抵そうであろうが)は、自分の胸を褒めてくれた男に「神・男の完全性」を感じ、なんだかムラムラしてきた。
「どっか連れてってくださいよ?」
そう言われたら「赤い花と木」を見せればいい。
赤い花も木も「男」を意味していた。
喫茶店でも、公園でも、とにかく「哲学者」だったため「彼の方ばかり」見てしまった。
片思いの終わりに 亀井絵里

強い文章には、国や社会などを理解したおちんちんがあり、それを「ブラックホールで」呑み込むときは「私は歴史」と思ったので最高のよがりかたをした。
ネットで男の文章を読むだけで、イケメンとデートした気分になれた。
アウフヘーベン(止揚)とは、イケメンに「空に浮かぶ気持ちを味わわされる」ことを言った。
蛍の草原 松田聖子

大人に「勉強しろ」と言われたら、千円札を持って喫茶店に行こう。
アウフヘーベン以外に「他の男を見返す」手段はないのだ。
公案の答えを大人が認めるわけがない。
アウフヘーベン(女に話して空に浮かばせる)以外に、男が男を認める理由はない。
公案で悩むことは、「自我をなくせ」という反哲学に思えるだろう。
しかし、悩むことそのものが「女目当て」であったことを知るのだ。
「女心など分からないほうが気持ちがいい?」
だったら「解けない公案」とともに女に突撃しろ。
「分からない方が気持ちいい」
ど禅師に答えろ。
公案が分からない奴が、大量に「ドピュドピュ」逝くのが、「分かる奴」にとっては羨ましいんだ。
しかし、公案を解くための「傍証証拠」として、女の前では常に「哲学者」であろう。
己の内面に向かっても「公案」の答えはない。
自分以外の「神に作られた作品」(人間)を愛してほしいのだ。
自分の周りに人がいたら「円形に」自分の周りに知識はできる。
しかし、それが「層」にならないと公案は解けない。
しかし、忘れないでほしい。
「分からないから気持ちいい」ということだけは。
「知らないことを知らないとなす。これすなわち知るなり」
女は大量の精液に「熱い」と言った。
公案が分からなければ、人生は楽しい。
円が、女の数とともに「層」になっていくのならば、それなりの答えは出るだろう。
しかし、女が「熱い」と言わなくなるため、ソクラテスを理解しなければならない。
分かっている奴は、気持ちよくないので「分からなくなりたい」(空即是色)
しかし、なぜそこまで公案を解きたがるのだ?(色即是空)。

リラクゼーション動画。
「自己流の勉強」
その体験談が周囲にどれ程「リラクゼーション効果」をもたらすだろうか?
負け犬ではない。
かつての私はみんなの希望だった。
みんなにはこうなってほしくない

 
子供たちは決して「偏差値」の前で「誤魔化して」生きてはいない。
「自己流の勉強」
これが、リラクゼーション動画である。
上智 不合格

偏差値ダメ人間。
リラクゼーションのために見てほしい。
偏差値ダメ人間

リラクゼーションの研究。
「痛みへの共感」
韓国人ならば、「芸能人」としていきることが許される。
しかし「ヘンタイ」の烙印を押される。
中国人としての「豊かさ」を捨て、彼女を捨て、韓国人として生きる。
ごめん 愛してる

NSAIDと「ドラマ」は医学上、呼ばれ、ALBPと「風呂」は呼ばれる。
ドラマを見て、風呂に入れば腰痛知らず、これが日本国の国策である。
水風呂・プールは、ABLPと呼ばれる。
リラクゼーション効果はある。
井上尚弥などの格闘技はCLBPと呼ばれ、長期化した腰痛に効く。
しかし、毎週やる必要はあるまい。
とにかく「腰使い」を眺めていればいい。
井上尚弥 ドネア

妊婦さん向けに本来、研究された「リラクゼーション効果」のある動画です。
夕方の駅の改札。
忘れてはいませんか?人生の原点を。
夕方の駅の改札

去っていく人。
これにもリラクゼーション効果がある。
竹内まりや 元気を出して

この動画を見て欲しい。
男はなぜ女と性的関係を持ちたがるのか?
女の子供の気持ちを味わいたいからである。
その相手が「娘」だったらどうなるであろうか?
この学術映像によると「熱い」と言っている。
学術映像

 
三度生まれ変わらなければ悟れない、という奈良仏教はこのような「中国の古代律法」に沿革を持ち、
最終的には「積み木くずし」のようなものをもたらしている。
悟りとは何か?
それは、娘に「自分が死んだときの気持ちを言わせる」ものであり、娘は「熱い」と死後の世界を表現している。
銀河鉄道999 青い地球

貧乳女が作った食事を彼氏に食べさせるのが「神」概念である。
なぜ「あなたに会いたい」のかは「胸を否定された」からだ。
「男は女の胸を想像して彼氏のもとに帰ってくる」
貧乳女は「占い」を語ったり「神・男の完全性」を語り合ったりして、男を自分のもとに連れてこようとする。
「女が男を語ると雨が降る」
「雨男」とは一流政治家・芸能人のあだ名だった。
ようするに「神」概念に代わるものがあるとするのならば「女ネットワーク」を作ること、であり、男は「仕事」をし、「女ネットワーク」の噂話を聞きに彼女のもとに戻ってくる。
女ネットワークで話すネタも「男の話」であり、「雨」と関わる概念だ。
「雨がやんだ、貴方は来ない」
As for one day モーニング娘。

男は「上達」をもって「信仰心」とするが、女は「食事を食わせる」ことをもって信仰心という。
信じたところで「何も失うものがない」のが「神」であるが、娘ファックは、非行の温床となり、妹ファックは「職業の保障」が背景にあった。
「私が信じるものは聖書である。食べ物を保障しよう。食えといったら食え」
「雨が降らないとお百姓さんが困っちゃうんだよ?」
「教会」とは、「農家」が支持基盤であるのがアメリカカトリックである。
「男らしさ、胸、天気」を定義し(宗教)、男には「上達」を、女には「料理の腕前」を与えた。
プロテスタントのように「テレビで」なんでも行ってしまうのも、人々には「リラクゼーション効果」はあったであろう。
自分のことを歌っている音楽を聴くと、体調が良くなる(漢方医学)。
中国は、漢方医学によって、「プロテスタントは中国の医学と同じ」とした。
少なくとも「シアトル」には雨などなかった。
セクシーボーイ モーニング娘。 

「神・男の完全性を語り合うと爽快感がある」
これが「松田聖子」の核心部分を構成し、「雨は女の勝利」「台風は来ない」ことを示していた。
他の女の子は「彼氏に食事を食べさせる」=女の勝利に天気を誘導していた。
でも、もう彼氏は来ない。
もう二度と恋なんてしない。
神さま=彼氏の話なんてしない。
「晴れになれ」
失恋した女がいなければ、日本国に外食産業なんてできないでしょう?
Melody 青空をあげたい

季節は「女が男の話をすると冷たい息を吐く」「男が女の話をすると熱い息を吐く」という二つの原理を利用して「朱子」によって作られたものだ。
「夏は男たちの団結」によって作られ、「冬は女たちの団結」によって作られる。私は、「銀河鉄道999と死の概念」において「女たちの団結」をもたらし、松田聖子の「男概念」のもとに、台風の進路を変えたが、「こんなに女たちが団結したら、冬の大雪の恐れがある」とし、「女の3人か5人、多くて15人のグループ化」を進めたが、瞬間的には気温が上がっても、気温が上がったことそのものに「神・男概念」の話が女ネットワークに広まり、再び、気温は下がり始めた。
秋から冬にかけての「学習」を各省庁が行ったところである。 SPEED Snow kiss

 

 

« 戦場へのメリークリスマス。 | トップページ | にゃんにゃん。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 戦場へのメリークリスマス。 | トップページ | にゃんにゃん。 »