最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 高次の法。 | トップページ | 歩く、それでも日本は歩く。 »

2020年9月18日 (金)

量子論とひも理論。

さて、阿弥陀如来信仰(処女の祈りに依存した宗教)というものは確かにある。
しかし、栄進のような「ミジンコのような命」を愛する量子論のなんと強いことか?
とにかく、鉄道や自動車、飛行機、さらにはスマートフォンなど、多くの「モノ」の開発に量子論は用いられている。
そこでは「処女の祈り」など全く意味のないもののようであった。
しかし、パソコンを見てほしい。
必ず、「ベクトル」があって作られているものだ。
つまり、X軸に「男の研究」があり、二重の基準などの研究によってそれは調整され、Y軸に「女の研究」があり、キリスト教の研究などによってそれはコントロールされている。
紅白歌合戦で赤組と白組が歌うことによって、ベクトル(資金集め)は決まり、「この金額でこんなもんが手にはいるんすか?」というようなことが起きている。
宗教が「男性崇拝」を基本としている以上、男の研究と女の研究によって資金を集める「モノづくり大国」には、もはや「驚異的」という表現以外に見当たらない。
ベクトルのコントロールと言っても、作家である私などは「絶対値」で「女の研究」「男の研究」を見ているのであって、栄進のように「女は肉の塊」という男もいることから、ベクトルのコントロールと、絶対値のコントロールは異なるものだ。
さらに、ベクトルだけでなく、
ちんちんと胸を行列にして、「マッチングの可能性」などを探求したりもする。
貧乳女の方が「お父さん以外の男に裸を見せるのは初めて」(セカンドラブ)というものがあり、美人でも案外狙い目だったりする。
中森明菜 セカンドラブ

さらに、「数列」というものもあり、「女の唇」「女の胸」の写真一覧表をズラリと並べてみることもある。
女の研究「Y軸」ばかりが伸びすぎたが、男社会で企業というものが成り立ってきた以上、男の研究(X軸)は、「当たり前のもの」と考えられてきた。
しかし、ここで「松田聖子の歌う男はオカマのヨハネ」というX軸の伸ばし方を明らかにしたのだ。
これが、現代の量子論である。
松田聖子 夏の扉

まあ、新幹線を作ると言っても「おカネとの相談」なのだ。
カネさえ動けば技術はついてくる。
一神教の財務省と、二重の基準の立場にたつ日本銀行では「財務と金融では哲学が違う」「人々の癒され方が違う」と言うしかない。

栄進のような朝鮮人は、実は日本国内では「モテる」のである。
しかし、女二人の奪い合いになる。
「宗教の違い」
これがモテるための秘訣であり、「南無妙法蓮華経」がそれを担っている。
Wink 愛が止まらない

マイノリティとして、「戦う民主制」の立場をとり、「女が近づく足音」がしたら、日本国のマジョリティ(多数派)との戦いは抜き差しならぬものとなった。
在日に言いたいのは「地方参政権が欲しければ、戦う民主制に関する論文を書いてくれないか?」ということなのだ。
「人間革命」には日本政府は不合格の烙印を押している。
 聖なる海とサンシャイン

「女は肉の塊」というのであれば、少なくとも「自治政府」を与えるわけにはいかないが、ケベックのフランス人のように、「自らのアイデンティティー」を守ろうとした姿勢は高く評価できる。
人間革命に足りないものは「セックス描写」である。
しかし、栄進はそれを語ったではないか?
セックスは、女にとってはおカネであり、それがしゃぶるだけの一万二千円か、本番までいく二万四千円かは重大関心事であった。
しかし、栄進は「一万二千円だ」と答えたのだ。
日本人にとって「ハングル語はおカネにならない」ことを表現している。
ヘルスとパチスロが「最高に気持ちいいもの」としている。
それならば「ヘルスとパチスロ」という在日政策を日本政府は握ることになる。
さて、それでも日本国の多数派は、在日への「女が近づく足音」に罵声を浴びせる必要があるであろうか?
彼らは、性倒錯であり病人なのだ。
確かに「有名芸能人」として罵声の対象にはなるかもしれない。
しかし、「92%」のノンケに頭が上がらない存在であることはすでに述べた。
とにかく、公明党は、「性倒錯」「芸能人」という批判の対象にならざるを得ない。
在日朝鮮人(特別永住者)は、一般永住者と異なり、子や孫にまで自動的に永住権を与えるものだ。
しかし、親が「日本国の多様性を子供に教えたくない」として朝鮮学校に通わせたことが差別の原因となった。
「君らの論理を俺に押し付けないでくれる?」
これも南無妙法蓮華経にはまとわりついた。
金日成を信じているときの彼らは純粋だった。
「もはや朝鮮は日本の植民地ではないから帰ってくれる?」
日本政府は「まだ植民地である」という立場をとっていることを証明していた。
あな、おもしろや、
在日が「戦う民主制」を採用すると、つまり「地方参政権」と交換に朝鮮半島が日本の領土となるのだ。
私は、すでに「日本政府の自由放任主義」は明らかにした。
在日を「自由に」動かしてさえいれば、朝鮮半島は再び日本の領土となる。
家を借りるときに、男が「体で返す」と言わないように、最初から家の値段の半分は差し入れさせる(伝貰金・でんせんきん)という慣習法、祖先を祀る財団からの「女の排除」なども「性倒錯」を理解しなければ分からない。
朝鮮統治の「予行演習」を二階派は繰り返していた。
朝鮮半島が日本のものに?
日本政府は「多少の不平等」には下駄を履かせた。
北朝鮮はすでに「横田めぐみさん」を担保としてきたし、韓国は「韓流ドラマの女優」を差し出してきた。
女は常に「担保」であった。
あとは、男同士で「友情」(所有・カネと女の話)ができるようになればいい。
あとは、「この問題に日本人が無関心になる」のを待つのだ。
やはりあと80年ほど見ておかなければならない。

さて、栄進が勃たなくなったという話をしたことから、「政府」というものを語りたい。
基本的に、オートバイに乗るときはヘルメットをして欲しい、ライフセーバーのいない海では泳がないでもらいたい、などのように、あるいは、覚醒剤のような薬物をやらないでもらいたいなど、基本的に「友達をなくすと勃たなくなる」という基本を踏まえて、男には「男友達を」、女には「女友達を」というのが「性欲の秘密」であることから「無茶苦茶な行為を行わせない」「やった場合は起訴する」というのが「社会保障」というものとなることを理解する必要がある。
日本国の社会保障制度は在日には「準用」というかたちをとっているが、薬物事犯や、その他の犯罪において、「勃たなくなる・孤立する」ことが多いことから、
あくまでも「女たちのニーズ」に応えるかたちで「起訴」している。
仏教上は「ワルって涼しいぜ」というように、台風撃退に貢献する「ワル」であるが、「社会的に孤立すると勃たなくなる」ことから「訴追猶予裁量主義」を検察が握っている。
キムタクの「Hero」も、「アンタ、あっちの方はもうだめなんじゃない?」と言って「パターナリズム」の観点から作り直す可能性も残されている。
要するに「人気があれば勃つじゃん?」という問題であるが、在日のように、日本国内で「孤立」していたら勃たない。
そこで「芸能界」「メディア」というものを利用することにした。
キリスト教で言う「サルベーション」とは、孤立していた男が多数派工作に成功する物語であるが、とにかく「孤立していた時期」にもサルのマスターベーションを行う必要がある。
サルベーションなき孤立は検察に任せた方がいい。
本来、検察官とは「性欲の救済者」だった。
このあたりから「Hero」も作り直す必要がある。
キムタク Hero

14歳未満は起訴しない、16歳未満は「逆送」がなければ起訴しない。
すべては「性欲のため」に「法」治国家は存在する。
男は「勃って」なんぼ、女は「抱いて」と言ってなんぼ、これが法を理解するためには必要な発想となってくる。
松田聖子 抱いて

サルのマスターベーションをする男は、いつか多数派になる(サルベーション)。
このような観点から、今度は久利生検事には「子供たち」に目を向けてもらいたい。
大学生でも可。
久利生検事に「勃たなくなった子供を扱ってもらいたい」と言ったが、なにしろ「孤立」→「サルのマスターベーション」→「多数派へ」というのが「東大合格」である以上、たとえば「松田聖子を聞き直して」事件が解けたなどという「少年法新時代」「J-POP新時代」を、キムタクの「Hero」が作る可能性がある。
セクシャルドライブ(性欲)で私に敵わなかった男たちが大勢いたから、私は東大法学部に受かっている。
栄進が「潰したい」というのならばドラマでやって欲しい。
まあ、たとえば「お父さんが嫌いになる」「痩せる」ことを「約束」と言い、しかも、「自分の部屋がある」ことからサルのマスターベーションができる。
このような「受験サイボーグ」に敵わない男の子をクローズアップし、少年法で「しばらく施設でマスかいてこい」という物語とか。
天使のウィンク 松田聖子

あるいは、「約束」を守って「お父さんが嫌いになる」「痩せる」男の子が、お父さんにももはや「制御不能」になって「うまく飛べない」と言いながら東大に入るのが普通であるのに、「いい子でいすぎる」「勃起しない」男の子に、少年法で「しばらく施設でマスかいてこい」とか。
松田聖子でいろいろな「少年法」が解けるのだ。
あとは版権の問題もあり、各自で考えてもらいたい。
時間の国のアリス 松田聖子

デブのいい子「約束」を守らず「うまく飛べる」男の子を電車で探し、松たか子が「キミ、私に興味ある?令和天皇になるのには30年早いかな」と言って補導する。
「親元から引き離すしかない子」のために「施設」は存在する。
「水着になってデートしようね?」
渚のバルコニー 松田聖子

「約束」を守らないデブで「うまく飛べる」いい子は性欲がないため、「施設」に入れる。
本来、灘高は、そのような沿革を持つ「施設」であった。
「プル・パイル・プル」
施設には「自由にマスをかきにいく」だけで、実際はこんなに厳しくはない。
フルメタルジャケット プル・パイル・プル

 
何をやっても面白くない、という王子が「今のままでは組織の頂点に立てない」と言って「出家」する(アヒンサー)。
私はようやく厚生労働省改革、法務省改革に乗り出した。
「おかえり」と言ってください。
アヒンサーから「おかえり」
風の物語 おニャン子クラブ

アヒンサー。「コケコケコケコケ」
「おかえり」と言っても、私のように東大文一に受かってFOB条件で無料で女に乗れるものもあれば、CIF条件のように「おカネを払わなければならない」ものもある。
商取引法の入り口が「おかえり」なのだ。
松田聖子 制服

私もFOB条件は得たものの、親父からの送金(荷為替信用状)で苦労したり、無料で得た女たちをデリヘルやちょんの間に用いる倉庫営業はやっていない。
宮本顕治や、西周のように「守るべき家庭がない」連中にとっては、楽しいキャンパスライフだったであろう。
商取引法の読み方は間違えてはならない。
東大に入ったら、すでにビジネスは始まっているのだ。
80年代、90年代アイドルをFOB条件で得たので、「電気通信事業」で売り払っている。
このへんの、YouTuberの法律論は、教科書はあるが、日本国ではなかなか実践している人はいないと思う。
メシア信仰に関してであるが、「処女の従姉妹がいたこと」というのが、極めて重要であるとプロタゴラスは指摘している。
私にも「広末涼子似の」女の子がいた。
あくまでも「ノンケの男づくり」の学問であり、栄進のように「中学の時にすでに狩りまくった」という男をなくす研究である。
学校にも「従姉妹の存在」は知られていないため、少なくとも日本の教育現場では「子だくさん」「無関心な母親」以外に「従姉妹がいること」が、子供が「東大に入る条件」となることは分かっておらず、「どの子が伸びるかは分からない」という悲鳴が上がっている。
しかし、教育学は、着実に進化していたのだ。
メシア信仰の一ページにこの事を記したい。
広末涼子 ヨリミチ

 この、「処女の従姉妹」こそが「エルメス」あるいは、「ヘレニズム」と呼ばれ、ギリシャ哲学の核心部分となっている。
「真実、そして神について」
それは、ヘレニズムなくして語れないものだった。
「季節ごとに会える程度の距離感」も重視された。
私の東大受験の時は、さすがに従姉妹の松田聖子は「大物・年長者」過ぎたが、酒井法子やribbonの松野、さらには藤田朋子などが、私の「ハートのてこ入れ」に家を訪れている。
一族にとって、私の東大受験は一大イベントであり、岡本綾子(プロゴルファー)なども家に来たが、私の目は藤田朋子に釘付けだった。
このメシア信仰は「MM」(21世紀)と呼ばれ、胸を女性が隠す習慣が「20世紀」をもたらしたのならば、21世紀は、「従姉妹」によって作られた。
とにかく、私は「音楽作品」を愛した。
私の息子の「従姉妹」に、秋篠宮佳子ちゃんがいるのならば、息子の将来はかなり明るいものとなるであろう。
藤田朋子

「裁いてはいけない、あなたが裁かれないためです」
という聖書の言葉も「ヘレニズム」「従姉妹」の存在を指摘したものであり、「あの男はどこから鉄砲が飛んでくるか分からない」という意味だ。
「処女の従姉妹がいる」
これは、日常で話題になることはほとんどなく、むしろ、友人と話題にしたのがバレたら親に怒られそうだ。
ヘレニズム、それは決して話題にしてはならない禁断の恋のことを言った。
ヘレニズム、あるいは「MM」が、男が「40日間水を断つ」理由となっていて、「精神病の温床となっている」という指摘もなされた。
ヘレニズム文化は、J-POPの背景に存在するが、「女はもっと近くにいる」と批判され「病人続出」という現象も見られた。
一人一人の「個性」を見る上での参考にしようという扱いは、それでも可能である。
「裁いてはいけない男」というのは「神なのではないか?」とも言われている。
マルクスは「従姉妹と結婚しちゃえばいいのに」と言ったが、音楽シーンは、「なぜCDが売れるのか?」を学習した。
神に「女」を差し出したのがマルクスであり、キリスト教の世界はマルクスの無神論を否定し、音楽作品を売り続けた。

芸能界が、財務省や日銀、さらには総務省と密接に結び付いており、たとえば「通貨」というものが「人々の信用に支えられたソフトオプション」であることを踏まえると、庶民の恋愛(マクロ経済)に支えられた現在の「円」に対して、芸能界の恋愛(ミクロ経済)は、テレビでは「7局24時間」という夢がつまったものとなっている。
この「日本国の芸能界の信用」を背景に「ミクロ通貨」というものが発行できるのではないか?
この、「ミクロ通貨」が、事実上、「毎月の定額給付金」として機能する可能性がある。
そこで、芸能界のボスキャラに近い栄進の「真似をする」ことが芸能界の定番となり、さらに、「おカネに困っていないのならば、男は勃つ限り、失恋する理由はない」とされ、びっくりドンキーでステーキを食った。
男は「失恋しなければ」言葉を覚えない。
プライベートで失恋をしたことのある男が、「栄進の真似」をよく覚えて、芸能界に入ってきた。
鬱の女性たちは「100億年後の地球」など想像している暇はないはずだ。
今を充実させれば地球は永遠とも言われた。
SMAPに失恋ソングなどない。
SMAP オレンジ

 
ミクロ通貨は、「円」の発券をする日銀や、国債を発行する財務省と異なり、「芸能界の信用」を背景にしていたため「未来の昇天」(死)を否定した。
女たちは「鬱が癒される」としていたし、100万曲は暗記していた。
さらには、「生きる、生きるんだ」という男たちと接するのが芸能界だった。
ミクロ通貨というものは、「100億年後の地球」からの圧縮を受けた、死を否定する通貨であった。
ちなみに、「ミクロ通貨」の発行体は、日本国の総務省である。
ミクロ通貨が、令和天皇の手によって実現したときに、栄進は、菅内閣総理大臣が、令和天皇の前に屈服するという「カノッサの屈辱」を目の当たりにした。
芸能界を熟知する栄進こそが「カノッサの屈辱とはどのようなものだったか?」に詳しかった。
肉を食わなければ恋ができない、輸血を受ければ恋ができない、「愛でなく恋」をキャリアの推進力にする栄進だけが、なぜ、マイケル・ジャクソンが「スリラー」のブレイクの後にも、「輸血拒否」を人々に説いて回り、変装して戸別訪問までしたのかを よく理解していた。
「命短し恋せよ乙女」
恋のエネルギーと、それが「死」とぶつかり合う原理を利用してミクロ通貨というものは作られるのだ。
酒井法子 トライアゲイン

「永遠の命」を信じますか?
これがミクロ通貨の発信源だった。
ブルーレイにせよDVDにせよ、記憶媒体に保存すれば
「男たちは永遠」
だったし、女たちに快楽や恋をばらまくのに十分すぎた。
ミクロ通貨は「肉を食うため」「恋をするため」にあるものだ。

三つ子の魂、百まで、と言われるが、のどの痛みを感じたときに、それは顕著になる。
「ママ、ママ」と言っていた子供が血液型「A型」となり、「ママ、ママ」と言えば風邪が治る。
「お○ぱい」をずっとしゃぶっていた者は「B型」となる。
両方を兼ね備えた「あまったれ」が「AB型」となる。
問題は、「覚醒剤をやらないと風邪が治らない」「O型」である。
これは「おしゃぶりがわりにお父さんのちんちんをしゃぶっていた」からなるものだ。
栄進が、いくらヘンタイでも「覚醒剤事犯」を引き起こさないのは「父親の良心」と言うしかない。
山口達也は「O型」か。
テレビで「ヤニ、ヤニ」と言っていた城島茂も「O型」だ。
タバコを吸って「やめられない」のはみんなしゃぶってるのか?
こういう見方をすると、血液型というものは「親子の証明」に用いるよりも「兄弟であることの証明」に用いられるものと考えられる。
さらには「性格の分析」あるいは、次男であるのならば「己を知らぬ犬」であることなど、「異なる血液型の血液を混ぜると固まる」以外の研究が可能となる。

ヒンズースクワットってスゲーな。
腰痛が治らなくて、痩せ方もわからなかったのに、
「太ももを鍛えただけで」
脂肪を太ももが吸引してくれるわ、腰の筋力強化になるわ。
ヒンズースクワットってヒンズー教の教義かね。
タバコを吸う時と、パソコンに向かう時を区別し、ヒンズースクワットをやるだけで、マジで人生変わるんですけど。
レッグプレス

 
中道(これ以上、業績が欲しくない)の立場にたたないと、ヒンズースクワットの意味も分からないかもしれん。
そもそも、イスラム教というものが、俗世に揉まれる→体を鍛える→神学を学ぶ→俗世に戻る、という過程を経る。
ヒンズー教というものは「神学とはアメリカで学ぶもの」とし、さらに、「息をきれいにする」「いじめられる」ことを必須の条件としている。
ガンディーとか、タゴールが理論化したんだろう。
人生に満足したら「ヒンズースクワット」をやっていろんなものを癒すのだろう。 子は宝とはよく言ったもので、本来、DVや児童虐待をする男には「子供ができない」ようになっている。 「権威の前でボロを出さず、一部のものだけが怖さを知っている」男をDV男と呼ぶ。 つまりは、マザーファッカーで精子がでない男のことであるが、有名人であることが多く、女が別の男との間にできた子を「あなたの子です」と言って出てきたときに、「DV夫」は完成する。 川上良子がガサ入れで出てきたらこれはほぼ「確実」と見られる。 生物学上の実親子概念と、民法上の実親子概念は異なるものだ。 坊城俊成などが「DV男」として知られている。 子供の頃は、「すべての女を独占したがる男」だったため、「ボジャー」と呼んでみんなで泣かしていたが、これが、「DV夫」の起源である。

 

 

 

 

 

 

 

« 高次の法。 | トップページ | 歩く、それでも日本は歩く。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 高次の法。 | トップページ | 歩く、それでも日本は歩く。 »