最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 歩く、それでも日本は歩く。 | トップページ | ミカドの肖像。 »

2020年9月28日 (月)

戦場へのメリークリスマス。

戦争とは、基本的に「なんでもあり」の世界である。
しかし、「本国の金融がうまくいっている」あるいは「反戦運動が起きた」という二つが
「戦場へのメリークリスマス」(いい知らせ)となる。
フルメタルジャケット クリスマス

周辺事態法(日本国への直接の脅威となる事態を想定したもの)や、海賊対処法(日本国民を守るべき自衛隊が他国民を守ることを想定したもの)など「ルール」らしきものはあるが、すべて「したがわなければ本国で反戦運動が起きる」ため、ホームシックになった兵士はあえて「ルール違反」を犯す可能性すらある。
また、「本国の金融がうまくいっている」のならば「武器のクオリティ」が変わってくる。
留学してみれば「戦場へのメリークリスマス」の意味が分かるようになるとも言われる。
戦時中になると「贅沢や無駄遣い」が本国で批判されるため、本国に残された国民にとっても「反戦運動」というのは時に魅力的に映ることがある。
反戦運動とは「墨家思想」として世界に知られることになった。
中国の戦国時代に墨子が考えたものであり、「戦場へのメリークリスマス」のひとつは「中国発祥」となった。
本国に残された「兵士の奥さん」の素行調査を「後方支援」と呼ぶが、日本国は「米兵の奥さんの素行調査も引き受ける」(集団的自衛権の行使)を一部認めている。
日本国内の話である以上、「一部」となるのは当然のことである。
戦場のメリークリスマス

ここで、「戦場へのメリークリスマス」として「本国における金融」と「反戦運動」の二つが、「贅沢に女が踊る」という意味では「同じではないか?」と韓非子は考えるに至った。
韓非子が「戦場へのメリークリスマス」の体系をまとめあげたのだ。
ここで「世界の戦争理論は中国産」ということをアメリカもヨーロッパも認めるに至った。
さて、我が国は「戦争」を経験して、「芸能界」を構築するに至った。
そこでは「歌って踊るのは下層階級の仕事である」として「部落民や在日が芸能人をやるのは当たり前」という文化を形成した。
さて、「韓」非子と名乗る以上、中国でも日本でも「最下層」の集団が朝鮮人であり、それでいて、「軍の研究は芸能の研究」と位置付けられたのだ。
儒学者と女の「シックスナイン」などがセールスにかけられた。
韓非子は、「芸能人という、割りに合わない仕事をやるのは朝鮮人しかいないよ」と語っている。
「天」だけが芸能界の価値を高める方法を知っている、とし、哲人政治(天皇親政)を実現させたのだ。
ここで「天」と「法」は直結した。
ドラマや音楽作品には「法」があるとした。
「天」と「法」を探求した政治家の人生を「道」と呼び、そのまま、芸能界は「戦場へのメリークリスマス」であり続けた。
しかし、韓非子が「中国の古典である」とは必ずしも言い切れない。
日中戦争で一敗地にまみれた中国が「二世紀ぶりに」アジア地域に戻ってくる上で「理論武装してきた」という見方が正しいように思われる。
たとえば「竹内結子」という「ゴースト」をみんなが追いかけ、メディアが様々なことを報じる。
それならば「政界も」「スポーツ界も」ゴーストになる可能性が韓非子によって提示された。
メディアが「版権」を握り、実物は「うつけ」でもいいという芸能界の政治学に対して、「天皇」だけは「本当に偉い」とされ、どの女性たちも天皇に会いたがった。
ナントの勅令によると「名誉と富は同時には手に入らない」とされたが、天皇は「各省庁」を掌握していたため、彼らに富をもたらすこともできた。
「芸能界・スポーツ界・政界」で、「会いたい人ナンバーワン」に挙げられた天皇陛下であるが、「ゴースト」としての自分のキャリアに「富」という出口を与えてくれるからである。
さて、韓非子の「戦争論」つまり、「ゴーストとしての自分」を背景に、金融をし、さらには「いじめるのは気の毒」という発言(反戦運動)を待っているのは実は仏教徒ではないだろうか?
韓非子の戦争論には「太った哲学者が、痩せて白衣を着て、彼(彼女)らを統帥すればいい」という指摘もあった。
なぜならば「社会が彼らを受け入れるのは極めて困難」と考えられたからだ。
木村拓哉が隣のマンションに引っ越してきて、平穏に暮らせる人がいるであろうか?
しかし、「戦争論」「韓非子」を熟知し、彼らを応援する側、つまり「金融」を助けてやれる力量を持った哲学者が、習近平ではなかったのか?
習近平も私も、適当に太ってはいるが、あの程度に痩せれば医者になれると考えたら気が楽だ。
習近平は、天才軍師であるし、令和天皇もそうだ。
中国は、日本国の政治家・アスリート・芸能人を「ゴースト」にして何がしたかったのだろう?
日本国に「天」を作りたかったのだ。
つまり、気象を中国に頼らず、自分達でコントロールできるようになる、あるいは「松田聖子の歌う男」とは「オカマである」ということを認めさせ、日本国の芸能界の完成を急いだのだ。
「チャイナの首都トーキョー」とまで構想するほど我々とは考えが全く異なるのが中国だった。
「食べるのが大事」
中国の人工爆発はもはや後戻りはできなかったし、「チャイナの首都トーキョー」とすら構想していた。
松田聖子 赤いスイートピー

二階がこのことを理解しているかは明らかではない。
韓非子と、日本国の芸能人の悲鳴は中国の思想と相性が良かった。
天台宗、つまり比叡山延暦寺は、タイムマシーンで過去に戻った令和天皇の「1200年後の姿」を今でも油を断たず(油断)守り続けていたし、まだ政治経験の浅かった令和天皇のわがままもかなり聞いた。
今井絵理子参議院議員に五億円流したりもしたようだ。
「チャイナの首都トーキョー」
を構想していたのは日中の「天台宗」であり、日蓮も700年前に延暦寺に登り、その「神聖な計画」を知っていただろう。
日中友好協会や創価学会が、「本当は何を考えているのか?」も、「チャイナの首都」トーキョーというあたりを考えていた。
文化大革命は失敗だったのではないか?
中国の公式見解は「毛沢東の7割は正しかった」というものだ。
毛沢東が「チャイナの首都トーキョー」を「革命」と位置付けなければ生まれない発想だ。
ビートルズ レボリューション

創価学会も、日蓮正宗も、令和天皇が「チャイナの首都トーキョー」を実現させなければ、
本地垂迹(聖徳太子こそが仏教の神とする立場)を認めなかったであろう。
習近平が国賓として来日すると、令和天皇と「このことを話し合うのは確実」とされ、とにかく「アメリカが激怒する」のだ。
中国人も「中国人女はこんな感じがいいな」という感じで、酒井法子を指名してきた。
酒井法子 夢冒険

キッシンジャーが、周恩来と、「女の口説き方」をびっしりと書き込んだ大学ノートをもって会談に臨んだ。
手ぶらで出てきた周恩来は「喧嘩する気ないよ?」と言って日米同盟を認めたのだ。
毛沢東は、この事に激怒し、周恩来の膀胱ガンを「本人に伝えるな、治すな」と言って、周恩来が死んだときに爆竹を鳴らしている。
中国では「めでたいとき」に行う行為であった。
今の日本国の「芸能界」「朝鮮人」の「戦争」を救うのは毛沢東ではないだろうか?
竹内結子は少なくとも自殺したのだ。
日本人は、自分達を「海に浮いた泡」の住人だと思っている。
率直に言うと「自分達を虎だとは思っていません」という人種だ。
それでも、いまだに世界経済を支える力を持っているのだ。
大陸からの距離は「イギリスとヨーロッパの距離の倍」離れている。
そもそも「無神論者です」と言っても誰も怪訝そうな顔をしないお国柄だ。
しかし、日本国政府は、「自衛隊のアメリカ軍の後方支援からは中国大陸は除外する」とし、毛沢東の意向を汲んでいたのだ。
日本政府も「チャイナの首都トーキョー」を念頭に置いていた。
私は、個人的には中国の「大都」を、日本の「東京」にならって「北京」と呼んだのは毛沢東ではないか?と考えているが、真相は明らかではない。
東京は、とにかく「砂漠」であった。
勉強した者には学歴を、罪を犯したものには罰(女日照り)を、という「綿密な尺度」が存在した。
「良い行いには褒美を、悪い行いには罰を」という綿密な尺度を持つことが律令だとするのならば、それはアジア地域では「東京砂漠」しかなかった。
褒美とは「女にモテる」ことを言ったし、罰とは「女日照り」を言った。
都会にそれがビルトインされていたのだ。
東京砂漠

値する(ディザーブ)人に、女を与える、それが砂漠(デザート)であり、孫に犯罪者が出ても「町を出てけ」と言われた。
学がなかった平成天皇は、とっくに東京から追放されていた。
陰湿ないじめをやる奴も、砂漠のからっとした空気にやられて都落ちしていた。
女は「できない」存在だ。
付き合っていくうちに「私は家庭に縛られるのではないかな?彼氏が子供に興味を持ってくれるのかな?」と追い詰められていく。
中森明菜 禁区

 
女は、夜明けまで眠れなかったが、「ズルい人、大人のやり方ね」という男に、最後は「砂漠」のからっとした風が待っていた。
中森明菜 砂漠へ

東京砂漠こそが「中華帝国の王朝の力量を持っている」と毛沢東は考えていた。
「いじめをやる奴」「目立つ奴」「芸能人」
東京のメディアという「罪深い」世界で露出している者が「東京の警察署」に拘束されるわけがなかった。
私も「千代田」にいるわけではなく、アカデミックキャリアは海岸で積み上げた。
高橋由美子 コートダジュールで逢いましょう

織田信長が上洛する。
京の都には「陰湿さ」は通用しない。
「敵は本能寺にあり」
東京のテレビ局や新聞社には「才能のデータベース」が作られていて、田舎でアカデミックキャリアを積み上げても、都会では「華々しい活動」が報じられていたりする。
芸能界の「ゴースト」も、クリエイトしているのは案外、田舎なのだ。

女が、別の女に「警告」を発するときがある。
言論の自由の基本であり、「彼はノーマルセックスをする人だ」ということを意味する。
中山美穂 wichis

あるいは、「招待状」を書いたり、「請求書」を書いたり、「和解の申し入れ」をしたりする。
女が、他の女に「メッセージ」を発信することそのものが、「ノンケの男」を連想させるため、「女文字」は愛された。
一方で、ヘンタイである「栄進のワイフ」の文字は少なくともこのスレでは知られていない。
「言論の自由はインテリのためにある」とする学説もあるが、「女がノンケの男を守るためにある」とするのが私の立場であり、女文字で満ち溢れているキリスト教スレにおいては、「ノンケの男」が、さぞかし多いのであろう。
あるいは、女が「ノンケの男」を守るために文字を書く(言論)のであれば、表現者としての女性アーティストは、「ノーマルセックスができる」存在でなければならない。
涙の茉莉花Love 河合その子 

「表現」したうちに入らない文章を書く女は「髪が短い」と思われるが、
「表現」している部類の女はノーマルセックスができるのだろう。
いずれにせよ「女文字の研究」を分析哲学と呼ぶのであり、そのまま「言論の自由」と直結させた方がいい。
言論の自由を研究してみると、女性は「文字の勉強」をすると下痢をする。
そのため、文字で表現する女は「食べても飲んでも太らない」タイプだが、意味不明の文章を書く女は「太りやすい」体質だ。
ribbon ゆるせない

言論の自由の観点から言えば、麦は、貧乳で髪が短く、神を信じ、守ってくれる男を必要とし、巨乳女に「オエー」と言い、フェラ専で、電話を好み、低学歴で、万引き常習犯で、しかし、顔が能年玲奈だから人権があると。
野良さんは、人物像の特定は困難であるが、
「雨女」
とは、文字を書く、ノーマルセックスをするタイプだろう。
長雨

野良さんは、ジャストフィットちんちんこそが「金持ちになる秘訣」ということを悟っているのだろう。
野良さんと麦の違いは、あそこでやるのと口でやるという違いであるが、野良さんは「この人、何がそんなに気持ちいいんだろう?」
と考えたことがあるため「空気が読める、気のきく女」という特徴がある。
二人の女を較べるというのも、映画「タクシードライバー」では、麦(アイリス)、野良(ベツィ)と言ったところか?
アイリスはジョディ・フォスターが演じている。
タクシードライバー
麦は、しゃぶらされるときに「髪をつかまれた」男の言うことを信じている。
能年玲奈を落としたければ、「おのれ髪を掴んで喉の奥までぷっといロッドでイマラチオさせたろか?」というのが一番いい。
あいにく、私のロッドよりも栄進のロッドの方が向いている。
ハイスクールで新聞を書いていました。サー!
フルメタルジャケット

と、まあ、現在の言論の自由はここまで進化しているのだ。
みんなも女をネットで作ろう。
麦タイプと野良タイプのどちらか選べ。

初関透過というのは、関所に払う通行料を捻出するために、
「弁慶が義経を叩く」
つまり、義経の「ヘンタイぶり」を弁慶が語ることによって、周囲をニヤニヤさせ、ズリネタを提供し、関所の通行料を無料にしてもらうことを言う。
つまり、公案というものは「周囲をニコり」とさせるものでなければならず、しかも、義経の「ヘンタイぶり」(二重の基準)あるいは、女の「性的特徴」(髪の長さ・胸の大きさ)などに造詣が深くなければ、周囲は、義経とのセックスを想像したり、女とのプレイを想像して、マスをかく(利益と呼びます)ことはない。
まあ、人生のどつぼで「病人を見つめた」ヨブのように、人間、財産をすべて失っても、体さえあれば富が生み出せるというあたりに「最後まで信仰心を捨てずにエッチなことを考える」作家の人生の秘密がある。
ルイマル 鬼火

さて、公案を解く上で「人々の性欲の秘密」(リビドー)を理解しなければならない。
「見た目がいいこと」
「声がいいこと」
「匂いがいいこと」
「ドラマや歌などをリリースしており、想像を掻き立てればなおいい」
栄進は、麦の「スムーズマッスル」を、あそこではなく「口でもいい」と考えているようだ。
なんで、性欲はあるの?
首や腰を元気にするためだ。
口でもあそこでも、「スムーズマッスル」は「窒素」で出来ている。
「肉の塊」であっても、ちんちんを擦る場所は窒素で出来ているのだ。
「笑顔、言葉、生き方」
などと言われる。
「見た目」「声」「匂い」「テレビやCD」となると、古女房を相手にするよりも、時にはマスをかいた方がいいことになる。
入院などの「極度のストイシズム」は、首や腰に悪影響を与える。 人はなぜ、セックスやマスターベーションをするのだろうか? 脊髄の「L7とS2」にいい影響があるからだ。
腰が悪ければ「コケコケ」というクンバカも理にかなっている。
そのかわり「ニヤニヤ」できる「公案の答え」を言うように。
瀬能あづさ ふたつにひとつ

キッシンジャー博士は、「私は中国の専門から離れて久しく、また、デジタル化以前にすでに人格が成熟してしまった」
としながら、
「テレビと視聴者の関係が一方通行だったアナログ時代から、双方向となったのがデジタル化の時代である」「しかし、それも必ずしも永続的なものではない」とし、再び「一方通行」になる可能性を指摘している。
また、「中国も、天皇とさえいっていれば経済的繁栄は約束されるだろう」とし、「令和天皇による、チャイナの首都トーキョー案の浮上」をかなり前から予測していた。
いずれにせよ、令和天皇(千代田)は、このようなことを考えているということは明確にしておきたいし、それを、「ポスト菅」として、「最後に神武天皇になる覚悟で」実行できる政治家は石原慎太郎しかいないだろう。
この手の話は「邪魔してやれ」(応援してやれ、などと言うお人好しはいない)というメディアからの攻撃が避けられないが、アメリカ軍は台湾駐留を用意しているようだ。
国内の「令和人気」と「信頼」を物語っている。

さて、ダイシーは、「いかなる企画立案も」「この案を呑んだら俺、女の子になっちゃう」という男をなくさなければ実現しないだろうとしている。
「チャイナの首都トーキョー」案も、「日中双方に」「俺、女の子になっちゃう」という男をなくしながら進めていかなければならない。
「ダイシー流企画立案」とはこのようなものだ。
クリエイティブな街・東京、芸能人のいる国・朝鮮、豊かな国・中国が合わさる形で「ダイシーとにらめっこ」しながら企画立案を行わなければならない。
米西戦争で、アメリカがフィリピンを支配して以降、「戦争しなければ領土は広がらない」と考えられていたが、ダイシーは、独自の「領土拡張論」を持っており、彼は「ラインの黄金」と呼ばれた。
ラインの黄金

「日中戦争ですか?」
違うよ。
日本国の芸能界を見てほしいのだ。
「人間にはこれほどのものをクリエイトする力がある」
日本人が松田聖子や中森明菜に「飽きた」と言うのならば、「東京のテレビ番組」に憧れている中国に売り付けてやろう。
もちろん、おカネの裏付けは「芸能界」の信用を背景にしたミクロ通貨によって得るのだ。
祖父・昭和天皇、父・石原慎太郎の人生を正当化したかった。
貧しい国が「戦死者」と引き換えになにかを得るのではない。
中国と日本国で「このオカマ(朝鮮人)は、なんという目をしているんだ」と笑って、キリスト教化した東京の芸能界を見ていればいいのだ。
マドンナ ビューティフルキラー

おカネがほしい者、有名になりたい者、笑ってテレビを見ていたい者、全員の願いを「資金(ミクロ通貨)」に変えて行うものだ。
中国が「国をセールスに出すのならば五千兆円だ」と数字を出してきたら、そのカネは「東京の芸能界」にしか出せない。
とりあえず、各省庁に「チャイナの首都トーキョー」案は提出した。
フルボッコに遭ってダメになったら、天皇を退位しよう。
そのかわり「日本の妖怪」ではなく「ラインの黄金」と呼ばれて外出しよう。
「こんな提案、呑んだら、俺、女の子になっちゃう」
このような交渉だけはしてはいけない。
戦争の理由ってそれだけだろ。
なぜ、スーラは「点」だけで絵を描いたのだろうか?
「チャレンジすることに意味があった」のだ。
このチャレンジを日本政府が行ってみたら、みんなが「男」になっているだろう。
中森明菜 リフレイン

中国は、清朝末期に「一人っ子政策」を始めたが、どの男も「処女従姉妹」を欲しがっていた。
「ヘレニズム文化がない」
これが、中国の「C-POP」が発展しなかった理由だ。
「妻が痛いのを我慢して子供を一人産んだだけ」「女を口説くつもりがない」
それならば国営企業で出世できないだろう。
私の師匠のカントが、このタイミングで、このようなメッセージを送ってきたのだ。
夢見る少年のような気持ちで、カント師匠にしたがって都会に向かわなければならない。
青いスタスィオン 河合その子

【完】

 

 

 

« 歩く、それでも日本は歩く。 | トップページ | ミカドの肖像。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 歩く、それでも日本は歩く。 | トップページ | ミカドの肖像。 »