最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月28日 (月)

戦場へのメリークリスマス。

戦争とは、基本的に「なんでもあり」の世界である。
しかし、「本国の金融がうまくいっている」あるいは「反戦運動が起きた」という二つが
「戦場へのメリークリスマス」(いい知らせ)となる。
フルメタルジャケット クリスマス

周辺事態法(日本国への直接の脅威となる事態を想定したもの)や、海賊対処法(日本国民を守るべき自衛隊が他国民を守ることを想定したもの)など「ルール」らしきものはあるが、すべて「したがわなければ本国で反戦運動が起きる」ため、ホームシックになった兵士はあえて「ルール違反」を犯す可能性すらある。
また、「本国の金融がうまくいっている」のならば「武器のクオリティ」が変わってくる。
留学してみれば「戦場へのメリークリスマス」の意味が分かるようになるとも言われる。
戦時中になると「贅沢や無駄遣い」が本国で批判されるため、本国に残された国民にとっても「反戦運動」というのは時に魅力的に映ることがある。
反戦運動とは「墨家思想」として世界に知られることになった。
中国の戦国時代に墨子が考えたものであり、「戦場へのメリークリスマス」のひとつは「中国発祥」となった。
本国に残された「兵士の奥さん」の素行調査を「後方支援」と呼ぶが、日本国は「米兵の奥さんの素行調査も引き受ける」(集団的自衛権の行使)を一部認めている。
日本国内の話である以上、「一部」となるのは当然のことである。
戦場のメリークリスマス

ここで、「戦場へのメリークリスマス」として「本国における金融」と「反戦運動」の二つが、「贅沢に女が踊る」という意味では「同じではないか?」と韓非子は考えるに至った。
韓非子が「戦場へのメリークリスマス」の体系をまとめあげたのだ。
ここで「世界の戦争理論は中国産」ということをアメリカもヨーロッパも認めるに至った。
さて、我が国は「戦争」を経験して、「芸能界」を構築するに至った。
そこでは「歌って踊るのは下層階級の仕事である」として「部落民や在日が芸能人をやるのは当たり前」という文化を形成した。
さて、「韓」非子と名乗る以上、中国でも日本でも「最下層」の集団が朝鮮人であり、それでいて、「軍の研究は芸能の研究」と位置付けられたのだ。
儒学者と女の「シックスナイン」などがセールスにかけられた。
韓非子は、「芸能人という、割りに合わない仕事をやるのは朝鮮人しかいないよ」と語っている。
「天」だけが芸能界の価値を高める方法を知っている、とし、哲人政治(天皇親政)を実現させたのだ。
ここで「天」と「法」は直結した。
ドラマや音楽作品には「法」があるとした。
「天」と「法」を探求した政治家の人生を「道」と呼び、そのまま、芸能界は「戦場へのメリークリスマス」であり続けた。
しかし、韓非子が「中国の古典である」とは必ずしも言い切れない。
日中戦争で一敗地にまみれた中国が「二世紀ぶりに」アジア地域に戻ってくる上で「理論武装してきた」という見方が正しいように思われる。
たとえば「竹内結子」という「ゴースト」をみんなが追いかけ、メディアが様々なことを報じる。
それならば「政界も」「スポーツ界も」ゴーストになる可能性が韓非子によって提示された。
メディアが「版権」を握り、実物は「うつけ」でもいいという芸能界の政治学に対して、「天皇」だけは「本当に偉い」とされ、どの女性たちも天皇に会いたがった。
ナントの勅令によると「名誉と富は同時には手に入らない」とされたが、天皇は「各省庁」を掌握していたため、彼らに富をもたらすこともできた。
「芸能界・スポーツ界・政界」で、「会いたい人ナンバーワン」に挙げられた天皇陛下であるが、「ゴースト」としての自分のキャリアに「富」という出口を与えてくれるからである。
さて、韓非子の「戦争論」つまり、「ゴーストとしての自分」を背景に、金融をし、さらには「いじめるのは気の毒」という発言(反戦運動)を待っているのは実は仏教徒ではないだろうか?
韓非子の戦争論には「太った哲学者が、痩せて白衣を着て、彼(彼女)らを統帥すればいい」という指摘もあった。
なぜならば「社会が彼らを受け入れるのは極めて困難」と考えられたからだ。
木村拓哉が隣のマンションに引っ越してきて、平穏に暮らせる人がいるであろうか?
しかし、「戦争論」「韓非子」を熟知し、彼らを応援する側、つまり「金融」を助けてやれる力量を持った哲学者が、習近平ではなかったのか?
習近平も私も、適当に太ってはいるが、あの程度に痩せれば医者になれると考えたら気が楽だ。
習近平は、天才軍師であるし、令和天皇もそうだ。
中国は、日本国の政治家・アスリート・芸能人を「ゴースト」にして何がしたかったのだろう?
日本国に「天」を作りたかったのだ。
つまり、気象を中国に頼らず、自分達でコントロールできるようになる、あるいは「松田聖子の歌う男」とは「オカマである」ということを認めさせ、日本国の芸能界の完成を急いだのだ。
「チャイナの首都トーキョー」とまで構想するほど我々とは考えが全く異なるのが中国だった。
「食べるのが大事」
中国の人工爆発はもはや後戻りはできなかったし、「チャイナの首都トーキョー」とすら構想していた。
松田聖子 赤いスイートピー

二階がこのことを理解しているかは明らかではない。
韓非子と、日本国の芸能人の悲鳴は中国の思想と相性が良かった。
天台宗、つまり比叡山延暦寺は、タイムマシーンで過去に戻った令和天皇の「1200年後の姿」を今でも油を断たず(油断)守り続けていたし、まだ政治経験の浅かった令和天皇のわがままもかなり聞いた。
今井絵理子参議院議員に五億円流したりもしたようだ。
「チャイナの首都トーキョー」
を構想していたのは日中の「天台宗」であり、日蓮も700年前に延暦寺に登り、その「神聖な計画」を知っていただろう。
日中友好協会や創価学会が、「本当は何を考えているのか?」も、「チャイナの首都」トーキョーというあたりを考えていた。
文化大革命は失敗だったのではないか?
中国の公式見解は「毛沢東の7割は正しかった」というものだ。
毛沢東が「チャイナの首都トーキョー」を「革命」と位置付けなければ生まれない発想だ。
ビートルズ レボリューション

創価学会も、日蓮正宗も、令和天皇が「チャイナの首都トーキョー」を実現させなければ、
本地垂迹(聖徳太子こそが仏教の神とする立場)を認めなかったであろう。
習近平が国賓として来日すると、令和天皇と「このことを話し合うのは確実」とされ、とにかく「アメリカが激怒する」のだ。
中国人も「中国人女はこんな感じがいいな」という感じで、酒井法子を指名してきた。
酒井法子 夢冒険

キッシンジャーが、周恩来と、「女の口説き方」をびっしりと書き込んだ大学ノートをもって会談に臨んだ。
手ぶらで出てきた周恩来は「喧嘩する気ないよ?」と言って日米同盟を認めたのだ。
毛沢東は、この事に激怒し、周恩来の膀胱ガンを「本人に伝えるな、治すな」と言って、周恩来が死んだときに爆竹を鳴らしている。
中国では「めでたいとき」に行う行為であった。
今の日本国の「芸能界」「朝鮮人」の「戦争」を救うのは毛沢東ではないだろうか?
竹内結子は少なくとも自殺したのだ。
日本人は、自分達を「海に浮いた泡」の住人だと思っている。
率直に言うと「自分達を虎だとは思っていません」という人種だ。
それでも、いまだに世界経済を支える力を持っているのだ。
大陸からの距離は「イギリスとヨーロッパの距離の倍」離れている。
そもそも「無神論者です」と言っても誰も怪訝そうな顔をしないお国柄だ。
しかし、日本国政府は、「自衛隊のアメリカ軍の後方支援からは中国大陸は除外する」とし、毛沢東の意向を汲んでいたのだ。
日本政府も「チャイナの首都トーキョー」を念頭に置いていた。
私は、個人的には中国の「大都」を、日本の「東京」にならって「北京」と呼んだのは毛沢東ではないか?と考えているが、真相は明らかではない。
東京は、とにかく「砂漠」であった。
勉強した者には学歴を、罪を犯したものには罰(女日照り)を、という「綿密な尺度」が存在した。
「良い行いには褒美を、悪い行いには罰を」という綿密な尺度を持つことが律令だとするのならば、それはアジア地域では「東京砂漠」しかなかった。
褒美とは「女にモテる」ことを言ったし、罰とは「女日照り」を言った。
都会にそれがビルトインされていたのだ。
東京砂漠

値する(ディザーブ)人に、女を与える、それが砂漠(デザート)であり、孫に犯罪者が出ても「町を出てけ」と言われた。
学がなかった平成天皇は、とっくに東京から追放されていた。
陰湿ないじめをやる奴も、砂漠のからっとした空気にやられて都落ちしていた。
女は「できない」存在だ。
付き合っていくうちに「私は家庭に縛られるのではないかな?彼氏が子供に興味を持ってくれるのかな?」と追い詰められていく。
中森明菜 禁区

 
女は、夜明けまで眠れなかったが、「ズルい人、大人のやり方ね」という男に、最後は「砂漠」のからっとした風が待っていた。
中森明菜 砂漠へ

東京砂漠こそが「中華帝国の王朝の力量を持っている」と毛沢東は考えていた。
「いじめをやる奴」「目立つ奴」「芸能人」
東京のメディアという「罪深い」世界で露出している者が「東京の警察署」に拘束されるわけがなかった。
私も「千代田」にいるわけではなく、アカデミックキャリアは海岸で積み上げた。
高橋由美子 コートダジュールで逢いましょう

織田信長が上洛する。
京の都には「陰湿さ」は通用しない。
「敵は本能寺にあり」
東京のテレビ局や新聞社には「才能のデータベース」が作られていて、田舎でアカデミックキャリアを積み上げても、都会では「華々しい活動」が報じられていたりする。
芸能界の「ゴースト」も、クリエイトしているのは案外、田舎なのだ。

女が、別の女に「警告」を発するときがある。
言論の自由の基本であり、「彼はノーマルセックスをする人だ」ということを意味する。
中山美穂 wichis

あるいは、「招待状」を書いたり、「請求書」を書いたり、「和解の申し入れ」をしたりする。
女が、他の女に「メッセージ」を発信することそのものが、「ノンケの男」を連想させるため、「女文字」は愛された。
一方で、ヘンタイである「栄進のワイフ」の文字は少なくともこのスレでは知られていない。
「言論の自由はインテリのためにある」とする学説もあるが、「女がノンケの男を守るためにある」とするのが私の立場であり、女文字で満ち溢れているキリスト教スレにおいては、「ノンケの男」が、さぞかし多いのであろう。
あるいは、女が「ノンケの男」を守るために文字を書く(言論)のであれば、表現者としての女性アーティストは、「ノーマルセックスができる」存在でなければならない。
涙の茉莉花Love 河合その子 

「表現」したうちに入らない文章を書く女は「髪が短い」と思われるが、
「表現」している部類の女はノーマルセックスができるのだろう。
いずれにせよ「女文字の研究」を分析哲学と呼ぶのであり、そのまま「言論の自由」と直結させた方がいい。
言論の自由を研究してみると、女性は「文字の勉強」をすると下痢をする。
そのため、文字で表現する女は「食べても飲んでも太らない」タイプだが、意味不明の文章を書く女は「太りやすい」体質だ。
ribbon ゆるせない

言論の自由の観点から言えば、麦は、貧乳で髪が短く、神を信じ、守ってくれる男を必要とし、巨乳女に「オエー」と言い、フェラ専で、電話を好み、低学歴で、万引き常習犯で、しかし、顔が能年玲奈だから人権があると。
野良さんは、人物像の特定は困難であるが、
「雨女」
とは、文字を書く、ノーマルセックスをするタイプだろう。
長雨

野良さんは、ジャストフィットちんちんこそが「金持ちになる秘訣」ということを悟っているのだろう。
野良さんと麦の違いは、あそこでやるのと口でやるという違いであるが、野良さんは「この人、何がそんなに気持ちいいんだろう?」
と考えたことがあるため「空気が読める、気のきく女」という特徴がある。
二人の女を較べるというのも、映画「タクシードライバー」では、麦(アイリス)、野良(ベツィ)と言ったところか?
アイリスはジョディ・フォスターが演じている。
タクシードライバー
麦は、しゃぶらされるときに「髪をつかまれた」男の言うことを信じている。
能年玲奈を落としたければ、「おのれ髪を掴んで喉の奥までぷっといロッドでイマラチオさせたろか?」というのが一番いい。
あいにく、私のロッドよりも栄進のロッドの方が向いている。
ハイスクールで新聞を書いていました。サー!
フルメタルジャケット

と、まあ、現在の言論の自由はここまで進化しているのだ。
みんなも女をネットで作ろう。
麦タイプと野良タイプのどちらか選べ。

初関透過というのは、関所に払う通行料を捻出するために、
「弁慶が義経を叩く」
つまり、義経の「ヘンタイぶり」を弁慶が語ることによって、周囲をニヤニヤさせ、ズリネタを提供し、関所の通行料を無料にしてもらうことを言う。
つまり、公案というものは「周囲をニコり」とさせるものでなければならず、しかも、義経の「ヘンタイぶり」(二重の基準)あるいは、女の「性的特徴」(髪の長さ・胸の大きさ)などに造詣が深くなければ、周囲は、義経とのセックスを想像したり、女とのプレイを想像して、マスをかく(利益と呼びます)ことはない。
まあ、人生のどつぼで「病人を見つめた」ヨブのように、人間、財産をすべて失っても、体さえあれば富が生み出せるというあたりに「最後まで信仰心を捨てずにエッチなことを考える」作家の人生の秘密がある。
ルイマル 鬼火

さて、公案を解く上で「人々の性欲の秘密」(リビドー)を理解しなければならない。
「見た目がいいこと」
「声がいいこと」
「匂いがいいこと」
「ドラマや歌などをリリースしており、想像を掻き立てればなおいい」
栄進は、麦の「スムーズマッスル」を、あそこではなく「口でもいい」と考えているようだ。
なんで、性欲はあるの?
首や腰を元気にするためだ。
口でもあそこでも、「スムーズマッスル」は「窒素」で出来ている。
「肉の塊」であっても、ちんちんを擦る場所は窒素で出来ているのだ。
「笑顔、言葉、生き方」
などと言われる。
「見た目」「声」「匂い」「テレビやCD」となると、古女房を相手にするよりも、時にはマスをかいた方がいいことになる。
入院などの「極度のストイシズム」は、首や腰に悪影響を与える。 人はなぜ、セックスやマスターベーションをするのだろうか? 脊髄の「L7とS2」にいい影響があるからだ。
腰が悪ければ「コケコケ」というクンバカも理にかなっている。
そのかわり「ニヤニヤ」できる「公案の答え」を言うように。
瀬能あづさ ふたつにひとつ

キッシンジャー博士は、「私は中国の専門から離れて久しく、また、デジタル化以前にすでに人格が成熟してしまった」
としながら、
「テレビと視聴者の関係が一方通行だったアナログ時代から、双方向となったのがデジタル化の時代である」「しかし、それも必ずしも永続的なものではない」とし、再び「一方通行」になる可能性を指摘している。
また、「中国も、天皇とさえいっていれば経済的繁栄は約束されるだろう」とし、「令和天皇による、チャイナの首都トーキョー案の浮上」をかなり前から予測していた。
いずれにせよ、令和天皇(千代田)は、このようなことを考えているということは明確にしておきたいし、それを、「ポスト菅」として、「最後に神武天皇になる覚悟で」実行できる政治家は石原慎太郎しかいないだろう。
この手の話は「邪魔してやれ」(応援してやれ、などと言うお人好しはいない)というメディアからの攻撃が避けられないが、アメリカ軍は台湾駐留を用意しているようだ。
国内の「令和人気」と「信頼」を物語っている。

さて、ダイシーは、「いかなる企画立案も」「この案を呑んだら俺、女の子になっちゃう」という男をなくさなければ実現しないだろうとしている。
「チャイナの首都トーキョー」案も、「日中双方に」「俺、女の子になっちゃう」という男をなくしながら進めていかなければならない。
「ダイシー流企画立案」とはこのようなものだ。
クリエイティブな街・東京、芸能人のいる国・朝鮮、豊かな国・中国が合わさる形で「ダイシーとにらめっこ」しながら企画立案を行わなければならない。
米西戦争で、アメリカがフィリピンを支配して以降、「戦争しなければ領土は広がらない」と考えられていたが、ダイシーは、独自の「領土拡張論」を持っており、彼は「ラインの黄金」と呼ばれた。
ラインの黄金

「日中戦争ですか?」
違うよ。
日本国の芸能界を見てほしいのだ。
「人間にはこれほどのものをクリエイトする力がある」
日本人が松田聖子や中森明菜に「飽きた」と言うのならば、「東京のテレビ番組」に憧れている中国に売り付けてやろう。
もちろん、おカネの裏付けは「芸能界」の信用を背景にしたミクロ通貨によって得るのだ。
祖父・昭和天皇、父・石原慎太郎の人生を正当化したかった。
貧しい国が「戦死者」と引き換えになにかを得るのではない。
中国と日本国で「このオカマ(朝鮮人)は、なんという目をしているんだ」と笑って、キリスト教化した東京の芸能界を見ていればいいのだ。
マドンナ ビューティフルキラー

おカネがほしい者、有名になりたい者、笑ってテレビを見ていたい者、全員の願いを「資金(ミクロ通貨)」に変えて行うものだ。
中国が「国をセールスに出すのならば五千兆円だ」と数字を出してきたら、そのカネは「東京の芸能界」にしか出せない。
とりあえず、各省庁に「チャイナの首都トーキョー」案は提出した。
フルボッコに遭ってダメになったら、天皇を退位しよう。
そのかわり「日本の妖怪」ではなく「ラインの黄金」と呼ばれて外出しよう。
「こんな提案、呑んだら、俺、女の子になっちゃう」
このような交渉だけはしてはいけない。
戦争の理由ってそれだけだろ。
なぜ、スーラは「点」だけで絵を描いたのだろうか?
「チャレンジすることに意味があった」のだ。
このチャレンジを日本政府が行ってみたら、みんなが「男」になっているだろう。
中森明菜 リフレイン

中国は、清朝末期に「一人っ子政策」を始めたが、どの男も「処女従姉妹」を欲しがっていた。
「ヘレニズム文化がない」
これが、中国の「C-POP」が発展しなかった理由だ。
「妻が痛いのを我慢して子供を一人産んだだけ」「女を口説くつもりがない」
それならば国営企業で出世できないだろう。
私の師匠のカントが、このタイミングで、このようなメッセージを送ってきたのだ。
夢見る少年のような気持ちで、カント師匠にしたがって都会に向かわなければならない。
青いスタスィオン 河合その子

【完】

 

 

 

2020年9月25日 (金)

歩く、それでも日本は歩く。

「歩く」ということをテーマに医学書を読んでみると、項目としては「老化」ということになるが、私は今日、ロサンゼルスドジャースのユニフォームを着て歩いていたが、「心の若さに体がついていかずに」体が悲鳴を上げているようであった。
中年風の服装をしたおじさんにどうしても追いつかない。
「心の若さに体がついていかない」
ボクサーならば誰でも経験することであるが、これが早世につながってきた歴史がある。
ラグビー日本代表は「そもそもユニフォームが違う」という側面がある。
また、年寄りは「歩きながら話すと転倒することがある」あるいは「滑りやすい道の上ではめまいがする」などが指摘できる。
縮んだ脳も、服装次第では回復するほどの柔軟性を持っており、あるいは「酸素の取り入れ方が年相応なのではないか?」なども考えられる。
デューク更家さんには彼なりの原体験や、医学書の読み方があるであろうが、私は全く異なるアプローチを行う才能に恵まれた。
冬の微粒子 CoCo


あるいは、身体能力の基本は、「視野を止めたり急激に動かしたりする」こと(スリップクラッチ)にあることから、「白人の学問」(カント、マルクス、ヘーゲルなど)を行うと、身体能力の制約を受けたりする。
このへんは、体の自由が効かなくなったら「白人のせいだ」と自覚する必要がある。
プリンス・ナジーム・ハメド


また、年寄りで、転倒して頭部を縫うような経験は、柔道でいう「受け身」が取れなくなったことを意味し、柔道は日本国の国技として、白人の影響により「スリップクラッチ」(急激な動作を行う能力)を失うことを防いできた。
すべて「白人の影響だ」として、部屋に日の丸を飾る日本国民が出てくるような「国家の中枢としての自信」が求められる。
そうでなければ、本来、「右腕の防御本能を失う」パーキンソン病にすべての「スリップクラッチの消耗」が含まれてしまいかねない。
君が代


めまい、そして「視線の送り先がおかしい」ことから、バランス感覚を失って人は「歩きづらく」なる。
このあたりの「バランス感覚」を「老化と年相応の服装」に解決法を見出したいところである。
歳を重ねるというのも「バランス感覚との勝負」であるからだ。
「普段着のことを褒めてくれた」
インディゴブルーラブ モーニング娘。


重力に逆らえないから転ぶ、というのであれば「恋」というものをニュートンは重力に逆らうものとしていた。
80代になっても90代になっても「重力レジスタンストレーニング」は続けなければならないし、有効性をみせる。
しかし、私のように40代であるのならば、「白人の研究をし過ぎてスリップクラッチを消耗させた」という解釈をするしかない。


アリは「前後の動き」を自在に用い、フレージャーは「左右の動き」を自在に用いた。
しかし、「前後の動き」は、「めまいがして行うことができない」と言われ始めた。
腰痛トレーニングでも、ハルク・ホーガンは「左右の動き」を主流としたし、「前後の腰痛トレーニングは実戦には向いていない」ことをアリから学んだ。
白人社会から「レッスン」を受ける黒人ボクサーである以上、スリップクラッチの消耗を「前後」か「左右」の運動で防がなければならなかった。
ちなみに、スリップクラッチとは「下半身の問題」であるということをここに指摘しておきたい。
また、「前後」の動作で「太ももを鍛える」ことを推奨する看護師もいたが、アメリカでは「左右の動き」によって「太ももを鍛える」ことを推奨している。
アリ対バービック、ハイライト


また、洋服の話に戻るようであるが、下着(自分で満足するもの)あるいは「ふんどし」なども「白人からの影響」と戦うために履くものであるとされている。
「飛び降りて、見られるのが恥ずかしかった」という理由から下着が広まったが、実際は「飛び降りるだけのバランス感覚(スリップクラッチ)がなかった」のではないだろうか?
もっとも、「バランス感覚」と言っても「両手でとるもの」であるということは言えるであろう。
歩く場合も「目指す地点に向かって」「バランスを取りながら」歩いていることを忘れてはならない。
大洋デパート火災


年齢相応の服装をして歩いているおじさんに追い付かなかった私であるが、「右肩にカバンをぶら下げていることも忘れていた」のだ。
こうなると、「白人からの影響」はまるで「麻薬」のような存在であるという扱いも可能となってくる。
なにしろ、「議論で連戦連勝」「女性たちにモテモテ」なのだ。
もう一度、アリやフレージャーの心境に立ち返ってみる必要がある。
ここでようやく、デューク更家が「モンローウォーク」という名の「歩くバランス」に気がついたことと、私が「同じことを言っていた」ことに気がつく。
デューク更家


また、視界に常に「両腕」という名の「バランスの道具」が入るようにしなければならない。
「白人からの影響」というものは、このような基本から教えなければ分からないのだ。
他人を「自分の縄張り」から追い払うためには常に「バランス感覚」を磨いておかなければならない。
腕に棒のようなものをつけている乙武。
乙武


しかし、「自分の腕が見たい」という人は、よほど鍛えた人か、いい洋服、時計をしている人ではないだろうか?
これらのことは「起き上がるときの仕草」ですべて分かるとされている。
両腕のバランス、しかし、私の腰痛の原因を見抜けなかった羽生。
羽生結弦


また、歩いているときの「リズム」は、年齢や歩く速さを問わず「110BPM」だとされるため、その「リズム」を聴く習慣を身に着けるのもいいだろう。
110BPM


ソニーが、イヤホン付き音楽再生機を「ウォークマン」と呼んでいる以上、「110BPM」のリズムの音楽作品は必須となるが、業界では「レッスン用」に110BPMを用い、本番用に120BPMを使っているようだ。
Just the way you are


Wild heart 


数息観の呼吸のリズム。


公案というものがあるが、たとえば「手を打って右が鳴ったのか左が鳴ったのか」という問いがある。
人体というものは、タバコを右手で吸って、左手で吸ってみれば分かるように、「左から右への循環」があるのが分かる。
右手で吸ったタバコは、「そのまま抜けていく」のに対し、左手で吸ったタバコは、「体が吸収する」のだ。
そこで、高校・大学時代の「恋」で真剣に祈る(他力)か、真剣ではないが祈る(自力)の違いが指摘できれば、まあ、娘の持参金ぐらいは捻出できる論文は書けるのではないかな?と。
これが、おそらく「公案」の意味だろう。
おみくじ 高橋由美子


「みんながいるから」「胸に愛を抱いて」「歩いてる」
人が多いというのは「笑い」「笑顔」の基本ではある。
モーニング娘。歩いてる


「笑顔」と「歩く」ことの因果関係は明らかではないが、「愛」「楽しさ」は表現されている。
手を握って歩きたい 後藤真希

 


 

2020年9月18日 (金)

量子論とひも理論。

さて、阿弥陀如来信仰(処女の祈りに依存した宗教)というものは確かにある。
しかし、栄進のような「ミジンコのような命」を愛する量子論のなんと強いことか?
とにかく、鉄道や自動車、飛行機、さらにはスマートフォンなど、多くの「モノ」の開発に量子論は用いられている。
そこでは「処女の祈り」など全く意味のないもののようであった。
しかし、パソコンを見てほしい。
必ず、「ベクトル」があって作られているものだ。
つまり、X軸に「男の研究」があり、二重の基準などの研究によってそれは調整され、Y軸に「女の研究」があり、キリスト教の研究などによってそれはコントロールされている。
紅白歌合戦で赤組と白組が歌うことによって、ベクトル(資金集め)は決まり、「この金額でこんなもんが手にはいるんすか?」というようなことが起きている。
宗教が「男性崇拝」を基本としている以上、男の研究と女の研究によって資金を集める「モノづくり大国」には、もはや「驚異的」という表現以外に見当たらない。
ベクトルのコントロールと言っても、作家である私などは「絶対値」で「女の研究」「男の研究」を見ているのであって、栄進のように「女は肉の塊」という男もいることから、ベクトルのコントロールと、絶対値のコントロールは異なるものだ。
さらに、ベクトルだけでなく、
ちんちんと胸を行列にして、「マッチングの可能性」などを探求したりもする。
貧乳女の方が「お父さん以外の男に裸を見せるのは初めて」(セカンドラブ)というものがあり、美人でも案外狙い目だったりする。
中森明菜 セカンドラブ

さらに、「数列」というものもあり、「女の唇」「女の胸」の写真一覧表をズラリと並べてみることもある。
女の研究「Y軸」ばかりが伸びすぎたが、男社会で企業というものが成り立ってきた以上、男の研究(X軸)は、「当たり前のもの」と考えられてきた。
しかし、ここで「松田聖子の歌う男はオカマのヨハネ」というX軸の伸ばし方を明らかにしたのだ。
これが、現代の量子論である。
松田聖子 夏の扉

まあ、新幹線を作ると言っても「おカネとの相談」なのだ。
カネさえ動けば技術はついてくる。
一神教の財務省と、二重の基準の立場にたつ日本銀行では「財務と金融では哲学が違う」「人々の癒され方が違う」と言うしかない。

栄進のような朝鮮人は、実は日本国内では「モテる」のである。
しかし、女二人の奪い合いになる。
「宗教の違い」
これがモテるための秘訣であり、「南無妙法蓮華経」がそれを担っている。
Wink 愛が止まらない

マイノリティとして、「戦う民主制」の立場をとり、「女が近づく足音」がしたら、日本国のマジョリティ(多数派)との戦いは抜き差しならぬものとなった。
在日に言いたいのは「地方参政権が欲しければ、戦う民主制に関する論文を書いてくれないか?」ということなのだ。
「人間革命」には日本政府は不合格の烙印を押している。
 聖なる海とサンシャイン

「女は肉の塊」というのであれば、少なくとも「自治政府」を与えるわけにはいかないが、ケベックのフランス人のように、「自らのアイデンティティー」を守ろうとした姿勢は高く評価できる。
人間革命に足りないものは「セックス描写」である。
しかし、栄進はそれを語ったではないか?
セックスは、女にとってはおカネであり、それがしゃぶるだけの一万二千円か、本番までいく二万四千円かは重大関心事であった。
しかし、栄進は「一万二千円だ」と答えたのだ。
日本人にとって「ハングル語はおカネにならない」ことを表現している。
ヘルスとパチスロが「最高に気持ちいいもの」としている。
それならば「ヘルスとパチスロ」という在日政策を日本政府は握ることになる。
さて、それでも日本国の多数派は、在日への「女が近づく足音」に罵声を浴びせる必要があるであろうか?
彼らは、性倒錯であり病人なのだ。
確かに「有名芸能人」として罵声の対象にはなるかもしれない。
しかし、「92%」のノンケに頭が上がらない存在であることはすでに述べた。
とにかく、公明党は、「性倒錯」「芸能人」という批判の対象にならざるを得ない。
在日朝鮮人(特別永住者)は、一般永住者と異なり、子や孫にまで自動的に永住権を与えるものだ。
しかし、親が「日本国の多様性を子供に教えたくない」として朝鮮学校に通わせたことが差別の原因となった。
「君らの論理を俺に押し付けないでくれる?」
これも南無妙法蓮華経にはまとわりついた。
金日成を信じているときの彼らは純粋だった。
「もはや朝鮮は日本の植民地ではないから帰ってくれる?」
日本政府は「まだ植民地である」という立場をとっていることを証明していた。
あな、おもしろや、
在日が「戦う民主制」を採用すると、つまり「地方参政権」と交換に朝鮮半島が日本の領土となるのだ。
私は、すでに「日本政府の自由放任主義」は明らかにした。
在日を「自由に」動かしてさえいれば、朝鮮半島は再び日本の領土となる。
家を借りるときに、男が「体で返す」と言わないように、最初から家の値段の半分は差し入れさせる(伝貰金・でんせんきん)という慣習法、祖先を祀る財団からの「女の排除」なども「性倒錯」を理解しなければ分からない。
朝鮮統治の「予行演習」を二階派は繰り返していた。
朝鮮半島が日本のものに?
日本政府は「多少の不平等」には下駄を履かせた。
北朝鮮はすでに「横田めぐみさん」を担保としてきたし、韓国は「韓流ドラマの女優」を差し出してきた。
女は常に「担保」であった。
あとは、男同士で「友情」(所有・カネと女の話)ができるようになればいい。
あとは、「この問題に日本人が無関心になる」のを待つのだ。
やはりあと80年ほど見ておかなければならない。

さて、栄進が勃たなくなったという話をしたことから、「政府」というものを語りたい。
基本的に、オートバイに乗るときはヘルメットをして欲しい、ライフセーバーのいない海では泳がないでもらいたい、などのように、あるいは、覚醒剤のような薬物をやらないでもらいたいなど、基本的に「友達をなくすと勃たなくなる」という基本を踏まえて、男には「男友達を」、女には「女友達を」というのが「性欲の秘密」であることから「無茶苦茶な行為を行わせない」「やった場合は起訴する」というのが「社会保障」というものとなることを理解する必要がある。
日本国の社会保障制度は在日には「準用」というかたちをとっているが、薬物事犯や、その他の犯罪において、「勃たなくなる・孤立する」ことが多いことから、
あくまでも「女たちのニーズ」に応えるかたちで「起訴」している。
仏教上は「ワルって涼しいぜ」というように、台風撃退に貢献する「ワル」であるが、「社会的に孤立すると勃たなくなる」ことから「訴追猶予裁量主義」を検察が握っている。
キムタクの「Hero」も、「アンタ、あっちの方はもうだめなんじゃない?」と言って「パターナリズム」の観点から作り直す可能性も残されている。
要するに「人気があれば勃つじゃん?」という問題であるが、在日のように、日本国内で「孤立」していたら勃たない。
そこで「芸能界」「メディア」というものを利用することにした。
キリスト教で言う「サルベーション」とは、孤立していた男が多数派工作に成功する物語であるが、とにかく「孤立していた時期」にもサルのマスターベーションを行う必要がある。
サルベーションなき孤立は検察に任せた方がいい。
本来、検察官とは「性欲の救済者」だった。
このあたりから「Hero」も作り直す必要がある。
キムタク Hero

14歳未満は起訴しない、16歳未満は「逆送」がなければ起訴しない。
すべては「性欲のため」に「法」治国家は存在する。
男は「勃って」なんぼ、女は「抱いて」と言ってなんぼ、これが法を理解するためには必要な発想となってくる。
松田聖子 抱いて

サルのマスターベーションをする男は、いつか多数派になる(サルベーション)。
このような観点から、今度は久利生検事には「子供たち」に目を向けてもらいたい。
大学生でも可。
久利生検事に「勃たなくなった子供を扱ってもらいたい」と言ったが、なにしろ「孤立」→「サルのマスターベーション」→「多数派へ」というのが「東大合格」である以上、たとえば「松田聖子を聞き直して」事件が解けたなどという「少年法新時代」「J-POP新時代」を、キムタクの「Hero」が作る可能性がある。
セクシャルドライブ(性欲)で私に敵わなかった男たちが大勢いたから、私は東大法学部に受かっている。
栄進が「潰したい」というのならばドラマでやって欲しい。
まあ、たとえば「お父さんが嫌いになる」「痩せる」ことを「約束」と言い、しかも、「自分の部屋がある」ことからサルのマスターベーションができる。
このような「受験サイボーグ」に敵わない男の子をクローズアップし、少年法で「しばらく施設でマスかいてこい」という物語とか。
天使のウィンク 松田聖子

あるいは、「約束」を守って「お父さんが嫌いになる」「痩せる」男の子が、お父さんにももはや「制御不能」になって「うまく飛べない」と言いながら東大に入るのが普通であるのに、「いい子でいすぎる」「勃起しない」男の子に、少年法で「しばらく施設でマスかいてこい」とか。
松田聖子でいろいろな「少年法」が解けるのだ。
あとは版権の問題もあり、各自で考えてもらいたい。
時間の国のアリス 松田聖子

デブのいい子「約束」を守らず「うまく飛べる」男の子を電車で探し、松たか子が「キミ、私に興味ある?令和天皇になるのには30年早いかな」と言って補導する。
「親元から引き離すしかない子」のために「施設」は存在する。
「水着になってデートしようね?」
渚のバルコニー 松田聖子

「約束」を守らないデブで「うまく飛べる」いい子は性欲がないため、「施設」に入れる。
本来、灘高は、そのような沿革を持つ「施設」であった。
「プル・パイル・プル」
施設には「自由にマスをかきにいく」だけで、実際はこんなに厳しくはない。
フルメタルジャケット プル・パイル・プル

 
何をやっても面白くない、という王子が「今のままでは組織の頂点に立てない」と言って「出家」する(アヒンサー)。
私はようやく厚生労働省改革、法務省改革に乗り出した。
「おかえり」と言ってください。
アヒンサーから「おかえり」
風の物語 おニャン子クラブ

アヒンサー。「コケコケコケコケ」
「おかえり」と言っても、私のように東大文一に受かってFOB条件で無料で女に乗れるものもあれば、CIF条件のように「おカネを払わなければならない」ものもある。
商取引法の入り口が「おかえり」なのだ。
松田聖子 制服

私もFOB条件は得たものの、親父からの送金(荷為替信用状)で苦労したり、無料で得た女たちをデリヘルやちょんの間に用いる倉庫営業はやっていない。
宮本顕治や、西周のように「守るべき家庭がない」連中にとっては、楽しいキャンパスライフだったであろう。
商取引法の読み方は間違えてはならない。
東大に入ったら、すでにビジネスは始まっているのだ。
80年代、90年代アイドルをFOB条件で得たので、「電気通信事業」で売り払っている。
このへんの、YouTuberの法律論は、教科書はあるが、日本国ではなかなか実践している人はいないと思う。
メシア信仰に関してであるが、「処女の従姉妹がいたこと」というのが、極めて重要であるとプロタゴラスは指摘している。
私にも「広末涼子似の」女の子がいた。
あくまでも「ノンケの男づくり」の学問であり、栄進のように「中学の時にすでに狩りまくった」という男をなくす研究である。
学校にも「従姉妹の存在」は知られていないため、少なくとも日本の教育現場では「子だくさん」「無関心な母親」以外に「従姉妹がいること」が、子供が「東大に入る条件」となることは分かっておらず、「どの子が伸びるかは分からない」という悲鳴が上がっている。
しかし、教育学は、着実に進化していたのだ。
メシア信仰の一ページにこの事を記したい。
広末涼子 ヨリミチ

 この、「処女の従姉妹」こそが「エルメス」あるいは、「ヘレニズム」と呼ばれ、ギリシャ哲学の核心部分となっている。
「真実、そして神について」
それは、ヘレニズムなくして語れないものだった。
「季節ごとに会える程度の距離感」も重視された。
私の東大受験の時は、さすがに従姉妹の松田聖子は「大物・年長者」過ぎたが、酒井法子やribbonの松野、さらには藤田朋子などが、私の「ハートのてこ入れ」に家を訪れている。
一族にとって、私の東大受験は一大イベントであり、岡本綾子(プロゴルファー)なども家に来たが、私の目は藤田朋子に釘付けだった。
このメシア信仰は「MM」(21世紀)と呼ばれ、胸を女性が隠す習慣が「20世紀」をもたらしたのならば、21世紀は、「従姉妹」によって作られた。
とにかく、私は「音楽作品」を愛した。
私の息子の「従姉妹」に、秋篠宮佳子ちゃんがいるのならば、息子の将来はかなり明るいものとなるであろう。
藤田朋子

「裁いてはいけない、あなたが裁かれないためです」
という聖書の言葉も「ヘレニズム」「従姉妹」の存在を指摘したものであり、「あの男はどこから鉄砲が飛んでくるか分からない」という意味だ。
「処女の従姉妹がいる」
これは、日常で話題になることはほとんどなく、むしろ、友人と話題にしたのがバレたら親に怒られそうだ。
ヘレニズム、それは決して話題にしてはならない禁断の恋のことを言った。
ヘレニズム、あるいは「MM」が、男が「40日間水を断つ」理由となっていて、「精神病の温床となっている」という指摘もなされた。
ヘレニズム文化は、J-POPの背景に存在するが、「女はもっと近くにいる」と批判され「病人続出」という現象も見られた。
一人一人の「個性」を見る上での参考にしようという扱いは、それでも可能である。
「裁いてはいけない男」というのは「神なのではないか?」とも言われている。
マルクスは「従姉妹と結婚しちゃえばいいのに」と言ったが、音楽シーンは、「なぜCDが売れるのか?」を学習した。
神に「女」を差し出したのがマルクスであり、キリスト教の世界はマルクスの無神論を否定し、音楽作品を売り続けた。

芸能界が、財務省や日銀、さらには総務省と密接に結び付いており、たとえば「通貨」というものが「人々の信用に支えられたソフトオプション」であることを踏まえると、庶民の恋愛(マクロ経済)に支えられた現在の「円」に対して、芸能界の恋愛(ミクロ経済)は、テレビでは「7局24時間」という夢がつまったものとなっている。
この「日本国の芸能界の信用」を背景に「ミクロ通貨」というものが発行できるのではないか?
この、「ミクロ通貨」が、事実上、「毎月の定額給付金」として機能する可能性がある。
そこで、芸能界のボスキャラに近い栄進の「真似をする」ことが芸能界の定番となり、さらに、「おカネに困っていないのならば、男は勃つ限り、失恋する理由はない」とされ、びっくりドンキーでステーキを食った。
男は「失恋しなければ」言葉を覚えない。
プライベートで失恋をしたことのある男が、「栄進の真似」をよく覚えて、芸能界に入ってきた。
鬱の女性たちは「100億年後の地球」など想像している暇はないはずだ。
今を充実させれば地球は永遠とも言われた。
SMAPに失恋ソングなどない。
SMAP オレンジ

 
ミクロ通貨は、「円」の発券をする日銀や、国債を発行する財務省と異なり、「芸能界の信用」を背景にしていたため「未来の昇天」(死)を否定した。
女たちは「鬱が癒される」としていたし、100万曲は暗記していた。
さらには、「生きる、生きるんだ」という男たちと接するのが芸能界だった。
ミクロ通貨というものは、「100億年後の地球」からの圧縮を受けた、死を否定する通貨であった。
ちなみに、「ミクロ通貨」の発行体は、日本国の総務省である。
ミクロ通貨が、令和天皇の手によって実現したときに、栄進は、菅内閣総理大臣が、令和天皇の前に屈服するという「カノッサの屈辱」を目の当たりにした。
芸能界を熟知する栄進こそが「カノッサの屈辱とはどのようなものだったか?」に詳しかった。
肉を食わなければ恋ができない、輸血を受ければ恋ができない、「愛でなく恋」をキャリアの推進力にする栄進だけが、なぜ、マイケル・ジャクソンが「スリラー」のブレイクの後にも、「輸血拒否」を人々に説いて回り、変装して戸別訪問までしたのかを よく理解していた。
「命短し恋せよ乙女」
恋のエネルギーと、それが「死」とぶつかり合う原理を利用してミクロ通貨というものは作られるのだ。
酒井法子 トライアゲイン

「永遠の命」を信じますか?
これがミクロ通貨の発信源だった。
ブルーレイにせよDVDにせよ、記憶媒体に保存すれば
「男たちは永遠」
だったし、女たちに快楽や恋をばらまくのに十分すぎた。
ミクロ通貨は「肉を食うため」「恋をするため」にあるものだ。

三つ子の魂、百まで、と言われるが、のどの痛みを感じたときに、それは顕著になる。
「ママ、ママ」と言っていた子供が血液型「A型」となり、「ママ、ママ」と言えば風邪が治る。
「お○ぱい」をずっとしゃぶっていた者は「B型」となる。
両方を兼ね備えた「あまったれ」が「AB型」となる。
問題は、「覚醒剤をやらないと風邪が治らない」「O型」である。
これは「おしゃぶりがわりにお父さんのちんちんをしゃぶっていた」からなるものだ。
栄進が、いくらヘンタイでも「覚醒剤事犯」を引き起こさないのは「父親の良心」と言うしかない。
山口達也は「O型」か。
テレビで「ヤニ、ヤニ」と言っていた城島茂も「O型」だ。
タバコを吸って「やめられない」のはみんなしゃぶってるのか?
こういう見方をすると、血液型というものは「親子の証明」に用いるよりも「兄弟であることの証明」に用いられるものと考えられる。
さらには「性格の分析」あるいは、次男であるのならば「己を知らぬ犬」であることなど、「異なる血液型の血液を混ぜると固まる」以外の研究が可能となる。

ヒンズースクワットってスゲーな。
腰痛が治らなくて、痩せ方もわからなかったのに、
「太ももを鍛えただけで」
脂肪を太ももが吸引してくれるわ、腰の筋力強化になるわ。
ヒンズースクワットってヒンズー教の教義かね。
タバコを吸う時と、パソコンに向かう時を区別し、ヒンズースクワットをやるだけで、マジで人生変わるんですけど。
レッグプレス

 
中道(これ以上、業績が欲しくない)の立場にたたないと、ヒンズースクワットの意味も分からないかもしれん。
そもそも、イスラム教というものが、俗世に揉まれる→体を鍛える→神学を学ぶ→俗世に戻る、という過程を経る。
ヒンズー教というものは「神学とはアメリカで学ぶもの」とし、さらに、「息をきれいにする」「いじめられる」ことを必須の条件としている。
ガンディーとか、タゴールが理論化したんだろう。
人生に満足したら「ヒンズースクワット」をやっていろんなものを癒すのだろう。 子は宝とはよく言ったもので、本来、DVや児童虐待をする男には「子供ができない」ようになっている。 「権威の前でボロを出さず、一部のものだけが怖さを知っている」男をDV男と呼ぶ。 つまりは、マザーファッカーで精子がでない男のことであるが、有名人であることが多く、女が別の男との間にできた子を「あなたの子です」と言って出てきたときに、「DV夫」は完成する。 川上良子がガサ入れで出てきたらこれはほぼ「確実」と見られる。 生物学上の実親子概念と、民法上の実親子概念は異なるものだ。 坊城俊成などが「DV男」として知られている。 子供の頃は、「すべての女を独占したがる男」だったため、「ボジャー」と呼んでみんなで泣かしていたが、これが、「DV夫」の起源である。

 

 

 

 

 

 

 

2020年9月 9日 (水)

高次の法。

トランプとオバマ、共和党の大統領と民主党の大統領はどちらが「オシャレ」だった?
今夜もニュースホリック 酒井法子

無意識(性倒錯)と、意識(ノンケ)の違いがここにある。
ノンケ(意識)の側は、「女心に詳しい・金持ちになる・気が弱いけど素敵な人」であろうが、性倒錯(無意識)の側は、「職場の初日のいじめ」がひどく、しかも「攻撃的」である。
日本国は、悪貨が良貨を駆逐するがごとく「着の身着のまま、なめた言葉遣い」のノンケの男を排除する文化を構築した(集合無意識)。
かなり、社会が「女性的」になっているのだ。
Rambling man

この20年で「ピーコのファッションチェック」などの存在が明かになり、グループの輪の中をかなり暴力的に占拠する連中が、「世の中そんなもんだろ」というコンセンサスを作ることに成功した。
「お約束」を守らない者は「空手にて帰る」という具合に、「禅」に精通した「武闘派」でなければ、身の安全は確保できなかった。
キムタクの「Hero」は、このような検察官を描いている。
「集合無意識にノーと言いたければ司法試験に受かるしかない」
ほんの小さなこと(集合無意識)に気がつけば、無理な勉強をする必要はないのに。
「目覚めた人」の発言にアクセスするのは案外たやすい。
しかし、「まとっているのは布一枚?」
「悟りってそんなもんだろ」
意識と無意識は大喧嘩になった。
しかし、たとえば「自動車事故」を起こした時に、ブッダや、イエス・キリスト、聖徳太子の「人脈」「人望」がモノを言うことが分かってきた。
入院したときなどに「みんなが駆けつける」ことも分かったのだ。
「面倒なことをすべて忘れたい」
それだけの理由で入院するスターは案外、多いのだ。
このような「ボロをまとっても心は錦」という「性倒錯」(無意識)とノンケ(意識)の関係に関する議論を「高次の法」という。
女にとって「どっちが気持ちいい?」という問いかけも可能だ。
おふろどんと CM

さて、布一枚をまとったブッダや、イエス・キリスト、聖徳太子の話をしたが、「女にやたら詳しい」男の「消費論」が出たのだ。
マルクスにとってはヘーゲル(新左翼)、レーニンにとってはスターリン(ネオリベラル)、そして、法然にとっては「日蓮」が、教祖たる男の、「消費論」を担った。
ヘーゲルもスターリンも日蓮も「性倒錯」だった。
女たちにモテモテで、誰も逆らえなかった法然だったが、女たちは「日蓮さま!法然のカマを掘って?」と祈り始めた。
マルクスもヘーゲルが、レーニンもスターリンがいなければ自分の人気が永続しないことを悟った。
法然は日蓮にカマを掘られ「ファッション、パッション、アニメーション」とあえいだのだ。
globe joy to the love

 マルクスにはヘーゲルが、レーニンにはスターリンが、法然には日蓮がいた。
「誰もいなかった」ブッダやイエス・キリストは、「反証」が成立しなかったから末法(忘れ去られる)ことになったり磔にされたりしたのではないかとされた。
日蓮は、精子が出なかったため、男たちを狩りまくったが、やがて、人々は「法然のカマ掘り」にも飽きて、精液って青いよな、と我に返った。
法然は今でも「碧いうさぎ」と呼ばれてモテる男の代表格に祭り上げられている。
碧いうさぎ 酒井法子

田舎の連中は「都会人の人気の秘訣」を聞いて、それはモスクワやベルリン、京都などの「都会」の話でしょ?
と言って「都会の怖さ」を知った。
ローカル局と、全国ネットの「意味の違い」がここに生じ、NHKしか、「日本全土をひとつのライセンスで」覆ったテレビ局はない。
つまり、民放各局は、スターリニズムや中共と決別したのだ。
レーニンの死後、ジノビエフとカーメネフが、レーニンの遺書をみんなの前で読み上げた。
「スターリンには粗暴な側面がある」
ジノビエフとカーメネフは「同志レーニンは正気を失っていたのだろう」とし、レーニンの妻・クリプツカヤを激怒させた。
ジノビエフもカーメネフも、「スターリンよりもトロツキーを恐れていた」からとされているが、実際は、「レーニンの永遠を祈っていた」のである。
ゴルバチョフも知らない未来。
相対性理論 恋は百年戦争

なお、エリツィンの前で「ゴルバチョフの名前を出してはいけない」とされていたが、妻の「昔の男」だったものと思われる。
このあたりから、精神病と政治の関係、あるいは「テレビ」の影響から「政治家の小者化」が進んでいる。
テレビのない時代にはスターリンは「ジャイアント」と呼ばれていたし、日蓮に忠誠を尽くす黄色い布をまとった僧たちが大勢いた。
マドンナ ボーダーライン

スターリンと刑務所の関係。
映画ケープフィアー・OP

スレの「祭り」が引き起こされることがある。
人が「よく話す」時が「恐怖を感じているとき」だ(ヤスパース)。
笑うというのは、性欲に根差したものであり、「死がある」から、「子孫を残すから」みんな笑う。
「笑っているものが勝っている」という心理は働くだろうが、基本的に「死があるから」「性欲があるから」人は笑う。
イエス・キリストは「祈らない」「笑わない」ことが知られている。
もっとも、セックスは「子孫を残す」(生産)ためだけではなく、「快楽のため」(消費)にもなされるものだ。
消費税というものも「嫁(商品)になんか買って帰る」という読み方が、資本論を読む上での正解だ。
快楽セックス税(消費税)廃止というのは、案外奥の深いテーマだね。
話は変わるが、オカマ・両刀遣いはマスターベーションで何を想像しているであろうが?
ノンケならば「女の顔の表情」「膣エンビー」などがあり、女のマスターベーションの動画ですら抜けるが、オカマ・両刀遣いはそうではない。
そもそも「クスコ」というものに興味のある男ならば「気が弱いけど素敵な人」でありノンケである。
「穴はみな同じ」と考えているのがオカマ・両刀遣いなのだ。
オカマ・両刀遣いは「ゲッサム、ゲッサム」と言って容赦なく人を殺せるが、資金集めは「気が弱いけど素敵な人」に依存している。
フルメタルジャケット ゲッサム

「神は自分に似せて人間を作った。だからアドニスのために泣ける」と言われるが、ハンナ・アーレントは、エルサレムのアイヒマン(人間の条件)において、アイヒマンとはゲッサムのような男だった、と語っている。
なお、現在の米軍には「Don't ask, don't tell」というルールがあり、オカマ・両刀遣い(ゲッサム男)を軍から排除することにしている。
日本国の警察も同様だ。
栄進がなぜ、自衛官ができるのかは明らかではない。
モハメド・アリは、アルジェリア救国戦線に、その活躍が書き立てられ、「アメリカ合衆国での黒人のメジャースポーツでの活躍」に、フランスのド・ゴールが悲鳴をあげた。
そのような黒人社会にも「赤紙」が送られてきたのだ。
恋も冷めやらぬうちに女を捨てた男は、アメリカ連邦政府に「女が通報」し、ノーブルレッドの徴兵令状が届いたのだ。
ノーブルレッドの瞬間 国生さゆり

そのような仕打ちをアメリカ市民たる女に行った以上、ユダヤ人だろうが、黒人だろうが、オカマだろうが、海兵隊の訓練所で「等しく価値がない」と言われても仕方のないものだった。
モハメド・アリが「良心的兵役拒否」を行い、「ベトコンを殺す理由がない」と言っても、当時のアメリカ合衆国は、「オカマ・両刀遣いの攻撃性」を学習しておらず、アリは、王者を剥奪され、3年間活動を禁止された。
アメリカ世論が「アリは譲れねえんだよな」どいうのは日本で言う朝鮮人差別のようなものだった。
フルメタルジャケット 等しく価値がない

 
アリは、アルジェリア救国戦線(キリスト教)を捨て、ノンケだけの楽園を作るために「最初はカシアスXと名乗り、後にカシアス・クレイではなくモハメド・アリと名乗った」のだ。
彼のイスラム活動のバックにアメリカ財務省が絡んでいたであろうことは想像に難くない。
アリは、栄進みたいな存在を憎む、アメリカ合衆国の支持をどんどん広げていった。
ソニー・リストン戦では、アメリカ世論は「リストンの味方」であり、レフェリーの、ジョー・ウォルコットは、リストンがダウンしてから「40秒」経ってもアリの手を挙げることはなかった。
これは、アメリカ合衆国にとっても「変態撲滅」という静かな革命であった。
財務省が主導したものだ。
国務省との戦争でもあった。
今、日本の財務省は「外務省との戦争」の期が熟すのを待っている。
必要なのは「モハメド・アリの再評価」であった。
Complex Propaganda

アリを「カシアス・クレイ」と呼んだオカマをアリは、「What's my name!」(俺の名前を言ってみろ)と呼んでボコボコにするなどのサービス精神があった。
日本人が朝鮮人を「争点を明確にした上で」ボコボコにするような行為だった。
あくまでもスポーツの上でのことであり、両者ともに「二つの拳」を持っていた。
さて、アリが兵役拒否罪で起訴されたのは1967年のことであったが、「アリが捨てた女」としてシャロン・テートの名前が挙がった。
アリを戦争にいかせようとした女として、
そのヒステリーは「子供の頃、滑り台(ヘルタースケルター)の上で性的ないたずらをされていたからであろう」とされ、アリやビートルズへの信仰心もない交ぜになり「性倒錯憎し」という感情から1969年に「シャロン・テート殺人事件」が起きている。
「子供の頃、滑り台でいたずらされた記憶がヒステリーにつながる」これを歌ったのがヘルタースケルターである。
ビートルズ ヘルタースケルター

クラスの輪の中心を占拠している男は、オカマ・両刀遣いであり、女を「守ってあげる」代わりに、ペニスバンドを女につけさせて、男である自分を「犯させて」いる。
これをやらされた女は「シシィ」と呼ばれ「独特の低い声」をしているため「女性歌手」が多い。
在日=部落民ともいえ、自分が部落民かどうかはトイレが水洗便所かボットン便所かの違いだとされる。
日本軍の「部落民差別」も案外、「ゲッサム男」「声の低い女」の差別からもたらされている。
hiro delicious

女としては「男のやる気」=射精の時の快感(よがり方)で見て、「男の将来性」は、ザーメンの量の多さで見る。
これも、女の「恋が愛に変わらない理由」となっている。
結婚と恋愛が違うスポーツだとするならね。
恋と愛

高校時代に、彼女と乗った「真っ赤な自転車」は、どのようにしたら「ハーレーダビッドソン」に化けるのか?
真っ赤な自転車 おニャン子クラブ

 
その答えが「モハメド・アリの物語」に隠されている。
「ヘンタイにカマ掘られるぞ?」
子供たちの間でも、男の子でリストカットする子もいた。
予算行政説の立場では、行政(芸能界)は、オカマや両刀遣いの味方をしてしまった。
行政(芸能界)が人気の世界で、立法(宗教界・財界)がお金の世界である以上、予算法律説、つまり「アリの人生の物語」を人々が正確に理解するところに、真っ赤な自転車がハーレーダビッドソンに化ける秘密があった。
財津和夫 恋と愛の間

オーケー!ハードゲイです!と言えば誰も逆らえないタカ派に予算を任せるわけにはいかない。
「気が弱いけど素敵な人」に任せた方がいい。
天皇が予算を公布する。
それが今の日本国憲法の立場である。
エッチしたからって皇族になれるわけではない。
「人間ってどうしてもひとつにならないものだな」
ベルグソンは、そのように語り、ブロードウェイの講演会でこの地域に初めての「渋滞」を引き起こした。
人々は「変態の実態」を聞きに来たのであり、真っ赤な自転車をハーレーダビッドソンにし、カローラを「ロールスロイス」にする方法を聞きにきていたのである。
つまりは「気が弱いけど素敵な人」がなぜ「ニワトリ」に勝てたのか?を聞きにきていた。
この時に、アメリカの政界は「資金力は挑戦者の資格」と位置付け、「あいつはホモだ」という明白証明を政敵に対して行うことを禁じ、資金集めの方法を議論させようという「唱導証明」を解放した。
二重の基準というのは、栄進のような性倒錯をいかに、ノンケが「カネに変えるか?」という問題であり、公明党はハト派でも、創価学会には多くのヘンタイを抱え込んだ。
ゲイでもカネ儲けができる。
これが二重の基準の趣旨であり、「カネと名誉は同時には手に入らない」というナントの勅令を否定した。
紅白の「白組」はいつの間にか「勝てるようになった」のだ。
ローリングストーンズ スタートミーアップ

ストーンズを聞きながら、コークを決め、作家をやる。
それはまるで栄進のようであった。
女の子としても、「乳なんて肉の塊。クチビルゲの方が大事」と語る栄進のような男の存在があったため、「お楽しみは、まだ」と言っていた。
渡辺美奈代 Too Adult

栄進のような「虐げられた男」は、両刀遣いで左目が不自由であったが、その分、稲川会系暴力団の構成員をやるほど「耳が肥えていた」のだ。
それは「盲目のピアニスト」の才能にも似たものがあった。
松田聖子 上海倶楽部

栄進が、今の嫁さんと結婚したのも、背景には「なぜ?」があった。
つまり、「逆説」=孤立である。
しゃぶらせても「誰にも言わない」女だった。
顔ではなかった。
「穴」ならなんでもよかった。
工藤静香 さよならの逆説

栄進にも「悩み」はあった。
女という名の「穴」にも「オーナー」「教祖」がいたため、自分もそれに合わせなければならなかったということだった。
かつては「鹿野園」が「妻のメンター」だったため、「穴の教祖」に絶対服従していた。
しかし、おかしいぞ?最近。
座っていい椅子といけない椅子の区別はしていたため、しゃぶらせる女にはカネを払った(ヘルス通い)。
穴のオーナーの宿題が難しかったときは、特にそうだった。
鹿野園を糖質ですがが倒すことを望んですらいた。
要するに、サブちゃんが「新宿で処女たちの歓声を浴びながら街を闊歩する」ようなことを、栄進は「渋谷で」やりたかったのだ。
以前、晃や栄進と「ニーチェ」について語り合ったが、渋谷の処女たちは、「ただの肉の塊」ではなかった。
「歓声を浴びれば、親父を屈服させることができる」存在であった。
日蓮宗のご本尊さまを阿弥陀如来(女子高生代表)へ、という私の主張に栄進が異論を唱えたことは一度もない。
サー!二重の基準とはユングが言ったものです。サー!
フルメタルジャケット ユング

ちなみに、アメリカ合衆国は、「アリの問題提起」を受けたが、「小説を政府に売り付ける」ことを「福祉」と呼ぶことから、アメリカ合衆国は、オカマ(H)とノンケ(O)つまりH2Oの問題と直面し、「唯一神」を担保とすることが困難になり、膨れ上がる膨大な福祉予算(さぶなどの原稿料)に鑑み、金(玉)兌換制を廃止している(ニクソンショック)。
唯一神ではなく二重の基準に全米作家協会がしたがった以上、膨れ上がる福祉財源とベトナム戦争のため「金(玉)兌換制廃止」も仕方のないところだ。
おカネがないというよりも「哲学」の問題だった。
H2O 思い出がいっぱい

金兌換制を廃止したあと、アメリカ合衆国は、「原油のドル決済」を行い、事実上、「アラー」(唯一神)の「解釈の柔軟性」に、ドルの哲学を委ね、基軸通貨としての地位を維持している。
このへんは、イエスが十字架に架けられ、青銅の蛇をケツにぶちこまれ「サタンの性質」を身に付けた、というあたりに「ドルの信用力」の秘密がありそうだ。
デビルマン OP

ユングが言った「二重の基準」(デュアリティ)は、一神教を否定し、イスラムの連中に「女にムチャクチャ詳しいイエスは青銅の蛇をケツにぶちこまれた」と言わせた。
敬虔なクリスチャンには言えないことだったため、ドルは原油の決済マネーとなり、「金額が数えられ、女が買え、すべての女に通用する」おカネというものがあった(ケインズ)、あるいは「そのような男に貞淑を尽くさせるため(クレジット)」おカネというものはあったのだ(ハイエク)。
カマを掘られて「エコエコアザラク、エコエコザメラク」と言ったブッダとの「話し合いは終わりだよ」と言った絵画作品はそのまま「通貨」となった。
工藤静香 絵画

栄進は、「ただの肉の塊」としての扱いを処女としての「女子高生」には与えていなかった。
阿弥陀如来信仰に、共感し、親父に勝つためには処女たちの歓声が必要であると考えていたが、
処女たちに有名であれば、嫁さんの絵が売れるというかたちの「ベストカップル」と認知されたことは、少なくとも今まではなかった。
夫も妻も「社会から何かをもって帰ってくること」がベストカップルの条件だった。
ベストカップルの条件は「家庭内でみんなが好きなことをやっても明日がある」というところにある。
「ラスベガスでブラックジャックをやってもカネに困らない」こととも言われる。
私も、今回、「栄進と嫁」の研究をしたら、妻に外国国家から「エンプレススマイル」というダイヤモンドをプレゼントされるようなので「持ちつ持たれつ」という側面がある。
モハメド・アリは、「ゲッサム男」の撲滅のためにイスラム教に改宗したが、それは、財務省が主導したものであり、FRB(日本でいう日銀)は、早々に性倒錯とノンケの共存(二重の基準・デュアリティ)に舵を切っていた。
国務省(外務省)が、アメリカファースト(ジャパンファースト)を容認しなかったためであり、防衛省・厚生労働省などは、とっくに「唯一神」を認め、オカマ撲滅に動いた財務省を支持していた。
処女にモテるのは、私ではなく栄進だった。
それならば、私が「法然」であり、栄進が「日蓮」として共存していくしかない。
「全国ネット」はそれでなりたっているのだ。
デリダが「なぜ男は女の膣に挿入したがるか?」というと、「女の子供の気持ちが味わいたい」からだとした。
栄進は「タバコを吸う」のと「しゃぶる」のを同列に扱っていると思うが、「煙ならばなんでもいい」というノンケと、やたら銘柄にこだわる男の違いもそこにあるのだろう。
栄進は「パチスロ板」「タバコ板」に行って「そうなんでしょ?」という必要がある。
松田聖子 赤いスイートピー

一番上の子でなければ「酒の知識」を語ってはならない。
しゃぶったことがなければ「タバコの知識」を語ってはならない。
栄進の才能もこのあたりにあるのだろう。
中学から高校、あるいは東京大学、さらには財務省に進むごとに、いろんなものが「安く」なる。
わかばは「徳川家康が吸っていた」とされる。
このへんも「メシア信仰」の発見だ。

「デュアリズム」
たとえば、女とデートの約束をしたとする。
三度目のデートともなると、女の側から「処女なの」などと切り出してくる。
そこで、女は純粋に「ノーマルセックス」を想像し、男が遅れてきたら「プンスカ」怒ってしまう。
ところが、一定程度、男というものが分かっている女は「彼ってヘンタイなのかノンケなのか?」を想像し、二つの選択肢があって他に情報がないと、女は「動けない」のだ。
あなただけを愛していたい 国生さゆり

 
あるいは、ヘンタイとの「デートの会話」は面白くなく、「会話が盛り上がったとき」に、「この人はノンケね」と判断し、「快楽を与えてくれる存在」とみなすこともある。
そのへんの「女のメシア信仰」のために、女はひたすら「待つ」のである。
「ヘンタイの存在」が広く知られていなければ、女は「何年も」男を待つことはない。
高橋由美子 三年過ぎたころには

女は「電話で」逝かせてくれた男に関しては「サイズ、かたち、重さ」まで分かるとされている。
女を電話で逝かせるというのは、ノンケの証であった。
社会でどのような経験をした人なのかも電話で知ることができた。
「勃つ男で、ノーマルに挿入してくれる男性がよかった」
高橋愛 電話でね

女は、女の子の頃から、「女社会でいじめられて」女というかたちを作ってきた。
男も、男の子の頃から、「男社会でいじめられて」男というかたちを作っている。
「苦労してほしいの」「10万人の男たちの投資に挿入されたいの」
モテる男というのはそのようにしてできた。
セックスする時は、どの女も「いつも本気」だった。
ribbon 愛してジャスティス 

「社会の窓」と子供の頃、ズボンのチャックを表現された男の子も多い。
「10万人の投資を受けてからエッチしよ?」という意味だ。
マザコン坊やおかえり?とも言われた。
本来、「芸能界しかねえだろうな」という男は通常の恋愛ができないからテレビに出ている。
夏を待てない 国生さゆり

プラトンは、少なくとも「一神教」(気が弱くて素敵な人)を求めたし、松田聖子はその「経典」であった。
この「大蔵省の国策」は、日本国でも進行し、ベビーブームを支えた。
もっとも「1960年から1973年生まれ」(ジェネレーションX)は、保安処分は日本国は否定し、ちんちんを切ることはなかったものの、「1970年以前の生まれ」(今の50歳以上)には、「ふたなり」は普通にいた。
2歳ぐらいで「メンスの兆候」が見られれば「女の子」とし、3歳4歳5歳で「勃起の兆候」が見られれば「男の子」としていた。
私は、台湾出身の某女性歌手が「男性の特徴」をも有していることを確認している。
韓国の場合も、同様かもしれない。
1970年生まれ以降が「元気な男の子です」などというように「生まれながらに」性別は決まっていた。
在日の問題は、それほど根の深い問題だった。
鈴木亜美 Love the island

モハメド・アリの問題(ゲッサム男)から、アメリカ合衆国は、日本国の円とドルを連動させ、日本国を事実上、「一神教」の国にしようとした。
「ヘンタイなんて外務省の問題だろ?」
私も、精神病院ばかりに目が行って、在日を多く見たため、「日本国の多数派」は「気が弱くて素敵な人」であることを見失うところだった。
医学部は「被差別部落」の排除を行ったし、法学部は「排除はしないが成績のハードルをあげる」としたため、今の日本国の統治エリートまでもが問題の本質を見失っていた。
「政治的自由を朝鮮政府に委ねている」とは、韓国の「ドルペッグ制」のことであろうか?
韓国および北朝鮮の問題は、日本国の企業に電話したら「可愛らしい声」が返ってくるのに対し、宮内庁に電話したら「野太い女性の声」が返ってくるような困難な問題をはらんでいた。
「人権問題で足並みを揃えてくれ」
日本政府の主張を、アジア諸国は受け入れようとはしていない。
これが日米同盟だった。
アジア諸国は、日本国が「唯一の被爆国」であることに目をつけていた。
ウランやプルトニウムの威力を知っているのならば、「ミジンコみたいな命を愛してくれ」これが、文壇においても主流となった。
肉を食べ、ノンケ男を女二人が奪い合う(名目経済)で、アジア地域で独壇場となった。
さらには、中国の「舜」一神教に応じるように、松田聖子は「ヨハネ」を「理想の男」として歌い、今年の「台風取引(戦争)」においては「中国に勝ったのではないか?」とされている。
問題の本質はこのような「アジア地域の人権問題」にあったが、日本人は日蓮宗・創価学会を、「クラスで私を守ってくれそうなアウトロー」時には「ゴロツキ」「障害者」としか思っていなかった。
どんな「乱暴な男」も、「ナチスドイツはスターリンに負けたんだよ?」と言うしかなかった。
しかし、金日成は、「スターリンが育てた儒学者」というたちの悪さを持っていた。
創価学会は、中国共産党が「日本人に忘れてほしくないもの」を託されていた。
セックスから生まれる「マネー」を基本に経済を考えよう、とマルクスは考えていた。
ミシェル・フーコーは、「1970年」に「クリニックの誕生」を記し、在日ばかりが精神病院に集まることを予測した。
「二階俊博は我々のよき理解者?」
彼の口からこのようなことが語られたことはない。
創価学会を本当に理解したら、再び、朝鮮半島は日本の領土となるだろう。
二階は、「自衛隊の憲法明記」を主張し、「芸能人を日陰者ではなくそう」とはした。
しかし、人権問題を理解しなければ、芸能人はとても社会では生きていけないだろう。
体を鍛えていなければ、このような学問が理解できないとも言われた。
いじめられ、ぶん殴り、殴られ、反省し、論文と向き合わなければ、「デュアリズム」という今回のレポートは書けなかった。
それほど「普通にケンカせざるを得ない」のが在日問題の入り口だった。
余談であるが、首相の解散権について、藤波孝男官房長官は「いかなる制約もない」としている。
これは「総理大臣が何を言ってもいい」ということを意味し、普遍的妥当性(学問にさえ基づいていれば)必ず選挙には勝つだろうということを見越した見解であり、今でも政府見解である。
天皇が首相の仕事までしなければならない現状がある。
また、「大人の事情で言えない」という「セックス」という言葉も、「天皇が版権を持っているから」という側面がある。
あやまんJapan

栄進が好きな女のタイプは「上にお兄さんがいない女性」「巨乳」か?
女の「性欲の起源」は、「この男の子供が産みたいという感情」だとされているが、
精子の出ない巨根は、「巨乳で」「パイズリであえいでくれる」女を求めているのだろう。
治安維持法に書いておかなければならん。
巨乳パイズリAVは、「ゲッサム男」ホイホイだ。
「本番は痛いの」「Too Buku」
女もできればパイズリで済ませたかったのだろう。
フルメタルジャケット Too Buku

まあ、「中学時代に、何を想像して、マスターベーションをしたか?」というのが「性概念」に影響を与える。
「小学校三年は早すぎるんじゃないかな」(小泉首相答弁)とは、必ずしも言い切れないものがある。
小泉首相答弁

栄進。
お前、「腰痛」は大丈夫か?
オナニーばかりしているところを見ると「死の恐怖」を感じているように見えるが。
酒を飲むのならば肝硬変だろうし、海に住んでいるのならば「津波」に怯えているはずだ。
しかも「エルニーニョ」(神の子)つまり、松田聖子を認めていない。
おそらく、もはや栄進は「歩行困難」なのではないだろうか?
海には、アフラトキシンBという発ガン性物質があるが、肝臓にはいい。
頭は冴える。
行政に、「海には問題が多い」ことを説明し、(肝臓の問題)少し陸に引っ越したらどうだ?
今のままでは死ぬぞ?
文部科学省の、「ヘンタイ撲滅」つまり、財務省の悲願である「一神教」への移行を「海」に見出だすことができる。
松田聖子の、「一神教」である。
死にたくない人は、「癒し主 救い主スレ」の「まちこ」さんを崇拝してください。
ダンスはうまく踊れない 井上陽水

結局、数息観というのは、アスリートが身につける「鼻から吸って、口から吐く」あるいは「鼻のみの呼吸」ということのような気がするね。
イブプロフェン(エスタックイブなど)のような「エヴァ」の境地になる薬を少量飲んで一週間で身に付く。
この辺は、「創世記の退屈さ」と、「禅」が共通している。
さらに、永作博美の「Here and Now」の退屈さ、さらに、「松田聖子」の全アルバムを際立たせる方法で、呼吸法というものは身に付くのかなと思っている。
本来は「結核」の薬。
他人の業績を盗むものがかかる(中道に反する)のが結核だ。
イブプロフェンは案外ヤバイ。
悟れる。
ただし、1日1錠一週間。
エスタックイブ

 
数息観を身に付けたものを、龍樹は「ハイウェイスター」と呼んだ。
他人の業績をバクり放題になるからだ。
ハイウェイスター

シュコー。パン!
悟ってる(笑)。
戦闘機 コックピット

 
栄進は、幻聴の「口呼吸原因説」をどう思うよ?
口で呼吸して、「ギャルたちの声援」と勘違いしてないか?
緑の少女 河合その子

菅義偉官房長官が、自民党総裁選出9月14日(月齢26)。
月齢26というと「月夜の晩だけではない」「夜打ち朝駆け何でもあり」の新月を避けた安全運転であった。
そこで、特別国会で首相になると、当然、「月齢」が気になるわけであるが、解散してから「40日以内」の「好きな日曜日」を選んでいいことになる。
11月15日が「月齢29.3」という「最高の安全運転」ができるのだ。
女が「生理が始まる直前」であり、「もっとも優しい日」とも言える。
ニュームーンで逢いましょう Wink

おい。
女性陣。
「月を見ると優しい気持ちになる」(テトラビブロス)、「生理のときは女性ホルモンが不足し、優しさを失う」(医学書)、から「新月の時に生理が始まる」(糖質見解)でいいのか?
安全運転(11月15日投開票日)でいいのか?
それとも「戦」にするのか意見を述べてくれ。
松田聖子など聞きたくないというのが「一神教の否定」(生理の時に投開票日を設定する)台風シーズンでない限り、絶対に晴れる、と思われる。
11月15日投開票日(雨の可能性もある)というのならば創価学会もこの日を回避するためにカネを払うつもりはないだろう。
ハートのイアリング 松田聖子 

婦人部で論点をまとめておいて。
11月15日は、「松田聖子の日」(一神教)であり、新月・生理直前である。
栄進のような「男の顔」は、丸潰れだが、婦人部の力で押しきれるのか?
「女は月(仏)を見てはいけない」
というのは「政治を混乱させよう」という意味かね。
(全体主義の否定)

基本的に「笑顔」=セックスとの距離が、「可愛い」「似合う」ということだね。
そのためにも、栄進のような「ニワトリ」が先か、女の子の「卵」が先か、という議論は存在する。
そんなのムリ 高橋由美子

 
そこで、ピーコの「ファッションチェック」も、「自然に笑顔が作れる」服がいいと言うことになるが、
群れるときは「白系」(赤・オレンジ・黄色)、
単独行動の時は「黒系」(青・緑・紫)、
となるが、「認めあえる・楽しい」などが「群れる」ための条件となるため、胸の大きさや髪の長さを考えなければならない。
Melody いちばん好きと言って

しゃぶらされるだけ、パイズリさせられるだけの「行ってしまったバス」
行ってしまったバス CoCo

栄進。
最近は、政府も「芸能界」の意味が分かるようになっている。
日本銀行 0332791111
に、「もしもし、木村拓哉ですけど、おカネ貸してくれませんか?」と電話してみろ。
一万五千円とかのショボい話じゃないよ?

まちこさん、おはようございます。
しばらく仏教の「悟り」スレで修行させていただきました。
結論としては、まちこさんの「一神教」がいちばんメンタルにはいいのかなと。
ツァラツストラの「善悪の彼岸」「男二元論」「二重の基準」は、
ペルシャ人(朝鮮人)には通用しても、
どっぷり浸かるとメンタルに悪影響を与えます。

まちこさんの一神教を支持する官庁。
財務省・文部科学省・厚生労働省・防衛省。

栄進の「二重の基準」を支持する官庁。
日本銀行・外務省・総務省。

態度が明らかではない官庁。
経済産業省・国土交通省・法務省・環境省。

とにかく、仏教の修業をしてみて「だるさ」だけが残りました。
女性は「子供を産む装置」としての側面(生産・出産)だけでなく、「男に快楽を与えてくれる側面」(消費)を持ちます。
消費税値上げはさすがに国民の支持を得られないかもしれませんが、松田聖子や高橋由美子などの「消費」に私のメンタルも回帰していきました。
陸の仏教、海の神道、空のキリスト教は、うまく付き合っていかなければなりません。
竹林の七賢は、「一神教を否定したら一週間でめまいがする」としましたが、私は、二週間以上ねばって「とにかくだるい」のです。
まちこさんの「レジェンド」にはおカネの裏付けが必要です。
財務省 0335814111
に電話して、「もしもし、松田聖子ですが、私の口座に国債保護預りを入金していただけませんでしようか?」と電話してみた方がいいです。
国債保護預りというのは、財務省が国債を発行し、銀行も「その9割のキャッシング」を認めています。

スターリニズムは、少なくとも「相対主義」の立場から、「積極的に女であることを売り込む」中森明菜の立場に立った。
これが、マツコデラックスに代表される「旧相対主義」であった。
その方が「ヘンタイも助かる」からである。
中森明菜 十戒

しかし、日本国が先進国となって、「めったに見れない男がスター」(夏の星座)とするようになってからは、「松田聖子の歌う」「男」は、二重の基準(デュアリティー)の立場からも「オカマのヨハネ」だったのではないか?
つまり、松田聖子の「恋の対象」になるぐらいの「男」ならば、そもそも、何かが特別であり、それは栄進のような「ヘンタイ」であり、そうであるからこそ「恋の悩み」が生まれるのではないか?とされた。
(新相対主義)
十代でカマを掘られたことのある男の子は全体の8%である。
92%の男は、朝鮮半島を日本国の領土とするために、わずか「8%」の男に「神の座」を譲った。
松田聖子 青い珊瑚礁

栄進が語る「話」は、少なくとも高校生レベルであったが、それを「神」とすることが石原慎太郎の言う「青年の国」なのではないか?
少なくとも、池田大作は、新相対主義の立場であり、令和天皇の語る「絶対」に比べると「言っていることはまるで子供」であった。
雑誌「POTATO」が、実在する中居正広氏と、「アナログって感じ」という台詞の版権を争ったことがあるが、新相対主義の方が、「出版社もメディアもやりやすい」という側面がある。
気がついたら、「8%」のスターは、「92%」の男たちに「頭が上がらなく」なっていた。
そもそも「8%」の人間がブレーンやプロデューサーをやっていた「皇室特番」を見てもらえば、
新相対主義の恐ろしさがわかる。
「スター」という名の病気は、そもそもが病気の人間にひっ被せて、大人は大人としての仕事をしよう。
スターはどのみち日銀や財務省に生涯賃金を保障される、そのような背景があってようやく「スターリンや金日成の向こう側」が見え始めた。
松田聖子を聞いて「ノンケのエリート」に育ったのに、神の座をオカマのヨハネに渡さなければならないのか?
そうだ、これはもはや「芸能界の仕組み」(ビルトインスタビライザー)なのだ。
92%の男たちに「哲学の先生」になって欲しかったのだ。
松田聖子 ハートをロック

「8%」の男にはゆっくり休んでいてもらいたい。
「92%」の男たちが、「働いているふり」をしていろんなことを経験し、企画書を提出するから。
プロタゴラスは、「どうしてもなくならない性倒錯」に対して、このような「新相対主義」を構想した。
雑誌「POTATO」の事件でも、版権は出版社にあることが認められている。
もはや、スポーツ選手の発言や芸能人の発言、政治家の発言なども「メディアの考え次第」となったのだ。
「8%」の男たちは「周囲と認め合えなくなり孤立したら」メディアから「打たれ放題」になるだけだ。
多数派工作がうまく行っているうちは誰も叩かない。
「いない方がいいと思った」という障害者はこのようにして生まれたが、看護師は、喧嘩上等の禅のお坊さんがなればいいだろう。
このような「人間社会の効率化」をもたらしたのがSMAPであり、彼らの解散が世界に報じられ、研究が進んだのだ。

バラメーターは、「0」か「1」かを探求する学問だ。
0=空は、巨乳パイズリと尺八を求めるものであり、巨乳で髪の短い女に向いていた。
1=色は、神が長い女ならば良かった。
色は、あとは「胸」の問題となったが、色即是空・空即是色を間違えたら、女たちは容赦なく性的侮辱を与えてきたため、男にとっても自分が「0」なのか「1」なのかは常に考えておかなければならない。
自分が「無限のゼロ」(スーパースター)に向いているかは、しっかりと考えておかなければならない。
リア・ウィズ・ザ・ギア(適材適所ということだな)

リーマンをやって、家に帰って、テレビを見る。
いつものメンバーで、大爆笑したら、眠り、適当に覚えておく。
あとは自分が「0」0$なのか「1」10$なのかを考えなければならないが、みんな「2$から8$の間」なので、なかなかテレビ局にエントリーしようとは思わないだろう。
10dollar SMAP

まあ、たまたま10$の作品が作れたら、ローカル局では100$に、全国ネットでは10000$になる。
これが「0=空」の報酬なのだ。
SMAPなんてのは、それでいくらでオファーを出せばいいのか分からなくなっている。
だいたい58%から75%あたりを探ってオファーを出すが、うまくいかなければ、レコード会社も契約を打ちきり、「メンバーは日銀へ」行くしかなくなる。
現役時代は「倍々ゲーム」が続いているため、日銀や財務省には行かないほうがいい。
リーマンをやって、家で(四諦)爆笑し、会社でも「12名が」(12縁起・12使徒)爆笑するようであれば、「オンエアしたときにはみんなすでに知っている」ネタだとされる。
これを「独裁スイッチ」と呼ぶ。
みんな、リーマンを経験するのだ。
「神・男の完全性を語り合う」のが宗教だと悟ればいい。
スマスマ コント

「リアル」と「ネット」は、確かに区別しなければならないが、掲示板というものは「かしゆか、あーちゃん、のっち」と話す行為であり、メンタルの健康のためにいい影響を与える。
そのため、私の「モハメド・アリの物語」にせよ「一神教」の話にせよ、「プロデュース論」(新相対主義)の話にせよ「真理」と確定したら、拡散せざるを得ない。
みんな、仕事を終え、家に帰ってきて、インターネットをやることを趣味とするものたちは、「かしゆか、あーちゃん、のっち」と話して、気分よくなりたがっている。
それならば、栄進のような「ヘンタイネタ」を活かしたのは私の「二重の基準」の議論であるし、無職でありながら、サラリーマンの「アフターファイブ」の趣味として、「かしゆか、あーちゃん、のっち」を人々に提供することになる。
「譲れない夜が多すぎる」
それだからこそ、「真理」の拡散力が観測されたのだ。
SPEED All true my love

 
ネット時代は、宗教戦国時代だ。
サラリーマンたちの「厳しい目」が見張っているのだ。

ビールにつまみ、そして、ネットの向こうには「かしゆか、あーちゃん、のっち」がいる。
そのようなサラリーマンのアフターファイブに、話題を提供するのが、作家・宗教家の仕事である。
BGMに、YouTubeを流し、次の日の仕事に生かす、このような「宗教戦国時代」には、つまらぬ説教など必要なかった。
「教会法」というものは、各省庁や財界などにそのようにして広まるのだ。
どの歴史上の人物も「先見の明」を疑われたくはなかった。
私は、織田信長を「50年後の哲学者・デカルト」を知っていたものとして、NHKに提示したが、不利な資料はほとんど出てこなかった。
歴史上の人物の「美化」とは、このようにして行うのか?と思った。
法然と日蓮も、レーニンとスターリンの関係にしてしまえば「現代に活きる」し、現代の日蓮たる栄進も、毎日、昼間からヘンタイぶりを発揮していた。
昔は、松田聖子のラジオ番組に「柔らかい部分ってどこですか?気になって仕方がないのですが」というハガキを出した男も、今では、松田聖子の歌う男は、二重の基準の「オカマ・ヨハネ」であるということを譲れるようになっている。
1980年代に迎えた日本国の「成熟経済」は、2020年代には、新たな「成熟」を見せ始めたのだ。
ユダヤ人を虐殺したのはエルサレムのアイヒマンなんだよ。
アイヒマンってどういう人?栄進だ。
サラリーマンが「ノートパソコンを開く」という日常の風景に、さりげない「哲学的問いかけ」を混ぜ混むことが必要だった。
松田聖子 時間旅行

人間は、「バベルの塔」を作るという「仕事」をする生き物だ。
徳川家康は「260年間」この作業を行った。
どこで「神の逆鱗に」触れるかは分からないが、それが仕事なのだ。
江戸幕府に比べると、いまの日本国にその作業を邪魔する要素は見当たらない。
スウェーデンのベアトリクス女王が「髪が短くていけないのか?」と四方八方に喧嘩を売ったときに、日本国は「関わるのはやめよう」と言って鎖国をした。
キリスト教に「ヘンタイ男など必要ない」という「一神教」が、今日まで存在した。
しかし、在日朝鮮人を抱え込んだことから「新しい宗教のかたち」が見え始めたのだ。
三浦理恵子 約束のポニーテール

 

 

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »