最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« マルクス主義~税収200兆円という革命。 | トップページ | ハイエク~定額給付金第二弾。 »

2020年8月 7日 (金)

石原慎太郎の研究。

さて、「石原慎太郎の研究」と題したが、以後、「ニーチェ」と呼ばせてもらう。

ニーチェは「高校生金融の永遠のために」(キリスト教)奉仕するための教育を受けたが、令和天皇が「49歳の誕生日を」迎えるまで、世界と和解することはなかった。
その原点は「右翼であること」(カマを掘られたこと)つまり「悲劇の誕生」にあり、先生に恋し、令和天皇とのはるか遠い距離を感じ(自己疎外)、それでいて、「先生に裏切られて怒り狂った」(自己欺瞞)、若き日の怒りの日々を思い出す(自己批判)という世界であった。
右翼の世界にはとにかく「自己」という用語が多い。
ニーチェには「夜明け」つまり「太陽の季節」という小説があり、その後、「ゲイサイエンス」つまり「性倒錯」という論文があり、「ツァラトゥストラはかく語り」という本があり、さらに「善悪の彼岸」という本があり、最後に「仲間とは何か?」という本がある。
令和天皇は、着実にキャリアを積み重ねていったが、ニーチェは「22万文字読んだら踊るしかねえな」と語っている。
ニーチェの原点は「昭和天皇にカマを掘られる」(悲劇の誕生)ことにあったが、それ以降「恋した」先生に裏切られる(自己欺瞞)ことが彼のキャリアであり、ひたすら「天皇」を目指して絶望感に駆られ(自己疎外)、自らの生い立ちに怒りを感じる(自己批判)ものであった。
彼に必要なのは「自分の実績を点数にする」ことであり、みずからの「記録」を残すことであった。
今でもプロ野球の世界は、どんな「指導者」がいるか明らかではないため「記録」だけを丹念に残している。
モーニング娘。シャボン玉

医学の世界の「点数」もニーチェが作ったものである。
まるめ(包括払い)という介護保険制度とは全く異なるものが医者にはあった。
カントの「高校生金融」「女子高生の祈り」を信じるよりは、カマを掘られた男の「権力への意思」の方が強いと信じていた。
「自己欺瞞」「自己疎外」「自己批判」の三つから生まれる「怒り」を「アゴン」と呼んだ。
「青年の国を作る」
その石原慎太郎(ニーチェ)の言葉は「政府の手によって」国民に伝わった。
石原の言葉は「ゾロアスター」の言葉であったからである。
「青銅の蛇」という言葉もニーチェが考えたものだ。
令和天皇が王子の頃、ニーチェは「息子を天皇にするために」兄であるワーグナーと絶縁した。
ワーグナーは、平成から令和へと改元がなされる前日に命を絶った。
ニーチェにとって息子は、「カエサルでありナポレオンであり、ゲーテでありドストエフスキー」であった(超人)。
ワーグナーは「そういえば」などを作り、令和天皇を「息子へ」と望んでいたようだ。
ニーチェはワーグナーを殺した令和天皇のことを超人と呼んだのだ。
松浦亜弥 そういえば

ニーチェは「悲劇を知らぬもの」(ノンケ)を、「メシア」と見做し、女子高生たちに「彼は、エロビデオを見て女がセックスを嫌がっているじゃないかと考えやしないか、そのことに悩む女の子がいる」とし、これを端的に「アゴンの会」の資金源と見做した。
かつての、横浜ベイスターズは、CoCoが「応援する側」にまわり、私が「歌われる側」に回ることで運気が上がった。
CoCo メロディー

ワーグナーは、令和天皇を「養子に」するために多くの音楽作品を作り、ニーチェと大喧嘩している。
とにかく「歌のモデル」にするだけで、「男」が「領土を拡大」させていくのが分かった。
松浦亜弥 ナビが壊れた王子様

 男の子や男に「女子高生のように大人からカネを流せ」などというつもりはない。
「歌のモデルにするだけで領土を拡大させる」現象が観測されたのだ。
モーニング娘。セクシーボーイ

ただでさえ夢がぶつかり合っていて、境界線が確定しているのに、「アイドル」が歌のモデルにすると、「境界線画定」が有利に働くのだ。
タンポポ 王子様と雪の夜

妖怪みたいな男がうようよいる世界で、「アイドル」が境界線を確定してしまうのである。
モデルになった男は、その境界線の「実効支配へ」という行動原理をとった。 
平成の時代に、「令和」はすでに想定されていたし、秋篠宮や皇太子は「念頭にない」と判断されていた。
浜崎あゆみ To Be

繰り返しになるが、男子高校生や男に「おカネを送れ」とは言わない。
「アイドルが境界線を定めてくれ」というニーズがあるのだ。

ニーチェ(石原慎太郎)を深く理解する「アゴンの会」は今後も「歌のモデル」になり続けるであろうし、他の男よりも「広い縄張り」を持ち続けるであろう。
酒井法子 秘密のガーデン

「サクヤ会」「巫女会」「エンジェルチャペル」のアジア地域における覇権はこの曲で決まっていた。
アジアの純真

ニーチェとワーグナーの喧嘩がなければ令和天皇はいなかった。

小乗仏教の国を日本国が領土とすることはアメリカ合衆国が容認していない。
しかし、日本国はいまだ「世界経済を支える力を持っている」のである。
それも「サクヤ会」「巫女会」「エンジェルチャペル」があるからである。
ニーチェはあえて「アゴンの会」はプロ野球などのメジャースポーツの世界における予言とは何の関係もない、としている。
しかし、その「男」がどのような境界線を確定するかは「だいたい予測ができる」としている。
なにか「ふんわりとした感覚」で「ここまで進攻していいよ?」と言われるからである。
このような「境界線の確定」をアイドルが行うと、ときに「妥協の余地はない」として暴力沙汰が起きたため、ニーチェは「それはそのようなつもりはなかった」と言い訳めいたことを言っている。
しかし、当然、そのようなことは想定しなければならない。
案外、世の中は「やるかやらないか」に過ぎないという側面があり、アイドルによる「境界線の確定」の有効性はアゴンの会としても理解しているところである。
「青年の国を作るため」
石原慎太郎が想定していたのはこのような「若者の境界線画定」の問題なのだ。
今後、石原および「アゴンの会」のメンバーの境界線画定を歌った曲が量産されるであろうが、それはもはや「善悪の彼岸」にあるものであり、「ゲーテがヒトラーを生み出した」のと同じ意味を持つ。
それも「低きものを高みに引き上げる」女子高生の予言能力と言えばそれまでであるが。
酒井法子 エアメール

「アイドルの存在意義」ってそれしかないんじゃないか?とも言われている。

 

【宗教体験】
それは「深い経験」であるが「手順と苦労」のすえになされる経験である。
手順と苦労も経ずに、エレベーターを上ってスカイツリーからの風景を見ることは可能である。
令和天皇批判・安倍政権批判をするだけでも「深い経験」は可能である。
しかし、時の権力者はみな「手順と苦労」を経ている。
手順と苦労を経ないで深い経験をしようとするものは「プロレスかよ」と周囲に思われるだけである。
「大言壮語」(小林よしのり)というように「手順と苦労を経ないで深い経験をしようとするもの」は批判されてきた。
出雲大社や宮内庁が「プロレス体質」を脱却するまでに1000年以上かかるであろうし、天皇を輩出することもないだろう。
スカイツリー

ここで、「若者」と、その分野への適性について語りたい。
女性ピアニストならば「おじ」がいないことが挙げられる。
上原彩子でも、マルタ・アルゲリッチでも同じである。
ボクサーならば、「両親から自立しないと痩せられない」「両親がいないと眠れない」という具合に、世界への道は案外遠い。
勉強ならば「優秀な人に愛される(父・兄・先生など)」「兄弟の数が多いほどいい」「薬の量は少ないほどいい」「カネがあり健康である」つまりは「肝臓が元気」などの要素が指摘できる。
まあ、映画を見たり音楽を聴いたりして、「スランプ」を乗り越える「うまく成立したゲーム」が偏差値の世界なのである。
一方、「野球」は常に「胸の不快感」と向き合うスポーツであるため、「赤ん坊の頃、ギャンギャン泣いた」「手のかかる子だった」という親の証言を聞いてドラフトにかける。
心臓の脈というのは手首で触ると「ドッ、ドッ、ドドット」という五拍から成り立っている。
四拍目のの「ドッ」(Tウェーブ・QRSTUと脈は呼ばれる)が強いと「野球、サッカー、ラクロス、ホッケー」のどれかの選手だと分かる。
心配はいらない。
チキンハートでもやっていけるスポーツはあるからである。
ミスラブ探偵
いずれにせよ、「音楽、スポーツ。将棋」は「10年1万時間」という子供たちの時間で「指導者の腕比べ」がなされるものだ。
大人にとっても巨大ビジネスなのである。
「強心臓のスポーツに向いている男」を本来「Bタイプ」と呼ぶ。
酒井法子に「Bタイプが好き」という音楽作品もあった。
あとの「人生の酸いも甘いも」となると俳優になるしかないんじゃないだろうか。
歌手はもっと簡単で「BGMを聴く習慣」があればいいとされる。
しかし、「感受性の求められる仕事」は幻覚などの後遺症は強いとされる。
田中れいな 愛の炎

さて、日本国において21世紀に「民主党政権」というものがあった。
そもそもの原動力は「東京都白川区竹野町」に「原発を作る」という計画があったことから、古くは1980年代から馬場さん、太田さん、武田さんという三名が「レファレンダム委員会」というものを作り、公職追放つまり「近づく女を排除する」活動を行っていたことにある。
聖なる海とサンシャイン

それが、いよいよ21世紀になって「原発が東京にできる」となったら、日本中に大ブーイングが引き起こされたのだ。
小泉進次郎は「太鼓は鳴らされるは足は踏まれるわ」と当時の選挙活動を振り返っている。
この時に、日本政府は「原発に反対する勢力」を拉致し、北朝鮮のせいにしている。
小沢一郎が動いた。
小沢は、「仁義」ということを重んじるヤクザこそが最高の政治家であるとし、今の枝野だの玉木だのというヤクザを政治家にしている。
「仁義」がある以上、「ウケるから」というだけの理由でヤクザ社会の頂点にある小沢の批判は一切許さなかった。
そのような意味においては、財務金融の専門家である私・令和天皇の方がよほど民主的であり、自身を揶揄する連中を容認してきた。
しかし、「東京に原発を」「拉致」の二つが民主党政権を作ったのだ。
ポスト安倍に「石原慎太郎を」というのならば、もう一つエピソードを紹介したい。
「海を見たら裕次郎を思い出してください」という言葉があるが、日本国には「攻玉社」という中学高校がある。
これは「農業政策」であり、農家の次男坊三男坊を集めて、「メジャーリーグ進出」を行っていた昔で言う「海兵隊」なのだ。
アメリカ軍には日本人は軍曹までしか出世できない。
しかし、メジャーリーグとなるとどこまでも行ける。
アメリカのメジャーリーグにどこまで攻玉社が食い込んでいるのかの実態は公表されていない。
しかし、このことを知らないで「人間魚雷回転」などと言っているわだつみ会のメンバーがいるとするのならば「戦争を知らない」というほかはない。
メジャーリーグのベンチに「受け入れられる」キャラクターが重視され、大谷翔平や筒香とは一線を画する。
日本国の農業政策を理解する上でも「攻玉社」の存在は指摘しなければならない。
「日中韓の農業の全米並み」を目指しているからである。
日中韓FTAを締結することは優先順位は高いが、「対等であること、おカネになること、認め合うこと」が必要となってくる。
ところが、「対等」「認め合う」という要素は、「攻玉社という名の国策」が日中韓の農業を指導している以上、困難ではなかろうか?

フロイトの「夢判断」というのは、女の子たちに昨日見た夢を語らせ、ホワイトボードに「叶わぬ欲望」「法律・ルール」「罪」「少女時代の終わり」そして「外国」という五つの要素にストーリーを当てはめていく。
たとえば、私は「大学時代に戻りボクシングをやり、若い連中をのしていく、しかし、体重と年齢の違いに気がつく」という夢を見るが、「大学時代に戻る」というのが叶わぬ欲望であり、若い連中をのしていくだけの法則(法律・ルール)を身に着けたことを意味し、しかし、太った・歳をとったという「罪」を夢から見出すことが可能である。
スターダストメモリー 小泉今日子

そもそも、マルクスは「支配と従属こそが性欲の起源」であるとしていたが、レーニンは私のように「女」とはどのようなものかを鮮やかに描いた。
トロツキーは、マルクス・レーニン主義を背景に「ノンケだけの楽園」の税収効果を「クリスマス」などを通じて世界におすそ分けした。
しかし、スターリンの「粗暴な側面」とはクリミアで「オカマになった」というところにある。
人間は、悪いことがひとつあったら「いいことを三つ」欲しがる生き物である。
性生活・食生活・趣味などであろう。
しかし、性生活がうまくいかなかったスターリンは「いじめ」までをも「いいこと」に含めてしまうのだ。
これが「国民をいじめ、政治家を先生と呼ぶ」官僚機構の誕生の秘密であり、IKKOさんのように「どんだけ~!」(太いの?)という発言をテレビですると、「やめとけ、財務省が怒るで?」という突込みが可能になる。
これが、スターリンの「物象化論」であり、「ただひたすら文化的な」ものであった。
スターリンが第二次世界大戦で「リトルコーナー」から人の往来を絶やさず、ヒトラーの孤立を待ったのはさすがとしか言いようがない。
この「スターリンの相対主義」は、長いこと通説的地位を占めた。
IKKOさん

 
その後、フルシチョフが「豚追い」(女のケツを追っかけること)を告白するまでには物象化論は確立していた。
フルシチョフにも「流れ」はあったであろうが、その後、ブレジネフの時代には「両方を巧みに使い分けよう」という発想が芽生えたものと思われる。
尾崎豊 シェリー

ブレジネフは、「ヘンタイなど芸人にしてしまえ」と言って、基本的には「女」を語っていた。
しかし、「クローゼットとの向き合い方」「ヘンタイの惑星の恐怖」「性倒錯」などの研究を深めた。
マルクスが夢見た「税収効果200兆円」は、ブレジネフが完成させたのだ。
19世紀末に、マルクスの舎弟たちが「新左翼」と呼んでいたものが、ブレジネフの時代にはその富から「ネオリベラル」と呼ばれるようになっていた。
アメリカのバーモントの「コミューン」とはそのような「ある意味汚らしい」連中によって成り立っていた。
ハウスバーモントカレー

マルクスは「女」を語って「第一インターナショナル」を作ったが、共産党宣言は失敗した。
コミンテルン(第二インターナショナル)は「地方と都会の関係」に気がついていた。
「おかしい、なぜ男女の全体主義が機能しないんだ?」
それを明らかにしたのがスターリニズムだった。
マルクスは新左翼に、レーニンはスターリニズムに「芸能界でいじめられて」この問題に気がついたのだ。
プロレスを容認する民主主義と、「男女の圧力で押し切る」ナショナリズムなどを経て、国家社会主義とスターリニズムは「全体主義」を志向した。
産業革命(いい男談義・宗教、女談義・政治)から排除された連中が、新左翼を作り、革命を目指したという経緯もあった。
マルクス・レーニン主義は、単純に「ノンケの優等生」であり、IKKOさんのような存在が税収効果を阻害し、「財務省が怒る」程度の議論しか行っていなかった。
「オカマや両刀遣いが社会の底辺にいる」
このことと「階級闘争」がそのまま結びついてしまった。
国立大学は少なくともそのような連中に心を開いた。
階級闘争に敗れた者たちは「はた迷惑」な存在でしかなかった。
サルトルは、階級闘争の勝者であるオカマや両刀遣いを「右翼」と呼び、その他の「不老長寿を約束されたもの」を中道と呼び、普通の人を左翼と呼んだ。
それならば、市民としては「街宣車」を指差して笑っていいことになる。
1970年にミシェル・フーコーが「男の子と女の子」を生まれながらに明確にした(クリニックの誕生)。
セックスとは「産むため」(生産)ではなく「快楽のため」(消費)に行われるようになるとどうしてもこの問題と向き合わざるを得ない。
郷ひろみ 男の子女の子

レーニンの死後、ジノビエフとカーメネフは、レーニンの遺書を読み上げ「スターリンは粗暴な側面がある」としトロツキーを後継者にしていたことを「同志レーニンは正気を失っていた」とし、レーニンの妻・クリプツカヤを激怒させている。
それでも、スターリニズムはこのようなかなり強い基盤をもって体制がスタートしたのだ。

さて、話は前後するが、「夢」には「叶わぬ欲望」「ルール(今の方が詳しいのに)」「罪(歳をとった・太ったなど)」が反映されているとしたが、オーディン(応神天皇・ボディサットバ)は、これを「女の夢には三種類ある」とし「陸海空」を分けざるを得ないと考えていた。
貧乳女(空)・髪の短い女(海)・巨乳で髪の長い女(陸)の三つである。
陸の朝日新聞と、海空の読売新聞とも呼ばれた。
広島の原子爆弾はアメリカ陸軍が落としたものだ。
資金力や「ひも理論の微調整の力」が違ったのだろう。
日本でいうサクヤ会(陸)が、エンジェルチャペル(空)・巫女会(海)に勝ったことを意味する。
処女への祈りというよりも、「女たちの夢」を資金源にしたオーディンならば、サクヤ会・八幡ネットワークが「男をクリエイトする」のに都合がいい。
オーディンは、白馬の夢を女たちに見せ、軍の遠征の資金としていた。
また、オーディン(おじさん)というありふれた名前で呼ばれることで、いろんな「お父さん」に、妻とのまぐわいで「オーディン(おじさん)の気持ち」を味わわせた。
夢とセックスを手にしたという戦争の神(北欧の神話)であるが、どうやら20世紀の創作のようだ。
「フロイトに詳しすぎる」とされたのだ。
君の歌、僕の歌 CoCo

月と太陽も「陸海空の女たちがいなければ地球に落ちてくる」とし、ニュートンに詳しすぎるとされている。
月と太陽がなければ「地球に時間は存在しない」とし、人類以前の「地球」を想定せず、人類以前の宇宙も想定していなかった。
なぜ、私の文章はこれほどまでに洗練されているのだろうか?
人類の歴史とはそれほどまでに長いものだったからだ。
「平和とはおカネで買うものなのだ」
この記述も「カントに詳しすぎる」とされた。
いずれにせよ、「女の夢」「オーディン(おじさん)の気持ちを味わいたいから女とセックスるる」としたことから、戦争の神と呼ばれた。
オーディンは「男女に性欲があるから戦争ができる」とし、「つまりは死があるから、子孫を残したいから、性欲がある」とし、自分の「死んだときの姿」を木に首を吊った姿で描かせている。
性欲があるから人々は「笑う」のであり、「笑い」まで戦争に用いようとした。
志村けん コント

バルドゥールは、オーディンに「組織の頂点には情報など集まらない。おカネを払ってようやく断片的に聞こえてくるだけだ」と教えた。
インテリジェンスの始まりだった。
ロキは、オーディンに「あなたが戦争の神としての地位を維持できなくなれば、たちまち情報の渦に巻き込まれて庶民になるだろう」と教えた。
ラグナロックは「戦争で得た地域を食べ物で満たさなければ、それは神として失格を意味する」と教えた。
さらに、メイデン川で取れる「金」で「金額が数えられ、女が買え、すべての女に通用する」おカネというものを考え、すべての女に通用する口説き文句(絶対)もおカネであるとしたときに「ケインズに詳しすぎる」とされて、もはや神話ではねえな、と言われた。
また、オーディンは「他人にカネをやって損した気になってはならない」とした。
なぜならば「熱心な読者」を増やしただけだったからだ。
さらに「災害も戦争である」とし、「灯を絶やすな」と語っている。
「汝の住処はすなわち城なのである」とした。
新渡戸稲造は「武士道」においてこのことを語っていたようである。
「遊戯王」などというゲームの攻略法としても知られている。

仲のいい兄弟ほど人気のあるものはない。
しかも、兄弟の特徴として「同じ音楽作品を共有している」ということが指摘できる。
眞子ちゃん、佳子ちゃんにはこの曲を。
運命95 Melody

 
愛子ちゃんにはこの曲を。
少し自惚れて Melody

この二曲の特徴は「私がかつて聴いていた曲であること」「女の子が足を開く振付があること(御神楽)」という縁起のよさがある。
眞子ちゃん、佳子ちゃんは、お母さんが酒を飲まないため貧乳である。
愛子ちゃんは、お母さんが「保健室のアルコールまで飲んだ」ほどの酒豪であり巨乳である。
眞子ちゃん、佳子ちゃんは「巫女会」であり、祈れば願いが通じるし、愛子ちゃんは「男の夢を見る」ことから、男は資金調達が可能である(トリクルダウン)。
眞子ちゃんや佳子ちゃんは、ヘンタイのIKKOさんに同情的だったが、私の三人の娘や愛子ちゃんは「財務省が怒ってんぞ?」とIKKOさんに平気で突っ込みを入れた。
IKKOさんの「暴力的側面」を、サクヤ会は憎んでいたのだ。
眞子ちゃんや佳子ちゃんはIKKOさんの「暴力的側面」に興奮しやすい。
貧乳女は、男の強い腕、がなければ恋ができなかったのだ。
強引に連れていかなければならないのは貧乳女であった。
松田聖子 続・赤いスイートピー

ノンケ男は、オカマや両刀遣いの男をひたすら「治めようと」したため、女たちは、その「平和主義的姿勢」をみて「ノンケ」だと判断し、ノーマルセックスを想像した。
ノンケ男は非常にモテたが、性倒錯男は、その「戦っている姿勢」がモテた(階級闘争)。
潤沢な税収があれば所得再分配はできるわけであるが、オカマや両刀遣いの「暴力」が税収効果を下げるため、「どんだけ~」というと財務省が怒るのだ。
ニワトリ(性倒錯男)から先に手を付けても仕方がないため、卵(税収)から先に手を付けることにした。
アドルノは「叶わぬ欲望」「ルール」「罪」を夢の三要素としたフロイトを受けて、ニワトリが「俺も含めて誰の言うことも聞くなよ」と歌う「夢」をオンエアした。
竹原ピストル

「どの女にも通用する口説き文句」(絶対)はおカネである。
つまり、私のブログは、どのスマートフォンでも読めるが「おカネ」である。
しかし、スターリニズムの相対主義はそのことを見失わせた。
「本が売れない」
本来、おカネでおカネを買うような出版業界からそのような悲鳴が上がった。
スターリンは「小説に描かれている男」という研究において、ひたすら「本が売れない」という問題と向き合っていた。
「気が弱いけど素敵な人って何だ?」
松田聖子 赤いスイートピー

オカマや両刀遣いたちが「明菜」にこだわるのも、「気が弱いけど素敵な人って何だ?」という問いかけに答えられないからである。
歴史的評価は、25対16で聖子は明菜に勝ったのだ。
ノーマルセックスの勝利であった。
「これで治安が維持できる」
日本政府は安堵のため息を漏らした。
政治コミュニティーは「常にソビエト連邦の歴史を忘れるな」と言われた。
階級闘争をする暴力的な男は「プロレタリアート」と呼ばれ「自分で考えない、おカネ目当て、仲間を求める」という特徴が指摘できた。
東京大学は階級闘争の場ではあったが、早稲田・慶応は平和的であった。
「気が弱いけど素敵な人」が教室の隅に移動することも分かった。
「性倒錯男」「貧乳・髪の短い女」がかなり暴力的に「みんなでワイワイ」やっていたのだ。

IKKOさんは、精子が出ないから思春期に暴れて「男も女も」掘り続けたが、もし人工授精して子供を作ったら、奥さんは、「オペラ座の歌手」みたいなケバケバのおばさんになるだろう。
IKKOさんは、「財務省の嫌われ者」「オペラ座の怪人」だったのだ。
オペラナイト

「いい結婚」「悪い結婚」から組織では派閥ができるが、「暴力的な夫」「子供がいない」などという悪い結婚も案外「性格」をともなうものであり、組織の派閥を見るうえで重要な指標となる。
精神障害者を大人しくさせたかったら、前頭葉の手術ではなく「ケツの手術」をした方がいい。
フルシチョフは、スターリンの死後、「シークレットスピーチ」というものを行った。
「俺はお前らがオックスフォードやソルボンヌ、ハーバードでキャンパスライフを楽しんでいた頃、豚を追っていた」と発言し、「ノンケの逆襲」を図ったのだ。
キリスト教総論で「ノンケの世界」は明らかにさせてもらった。
あるいは、「税収200兆円という革命」は、「古びた壁の向こう側」の話に過ぎなかったのだろうか?
CoCo Newsな未来

女の声援を受けている奴を殴ってはいけない(義経)。
弁慶の方が強かっただろうが、弁慶は義経の舎弟になっている。
このあたりは、おカネの都合というほかはない。
弁慶の方が好きじゃ

 
小学校の「おどけ」、中学高校の「セックス」から、大人になると「おカネ」という事情が生まれ、いくら「弁慶の方が好きじゃ」と言っても通らないものがあった。
義経は「ノンケの帝国(ナショナリズム)」の逆襲を行っていた。
「男らしい父」「女らしい母」「母の純潔」
このシンプルな構図から令和天皇はエリートとなっている。
弁慶の「混乱した地図」は、貧しさを生み出していた。
弁慶はいわば「官僚の息子」であり、マザーファッカーであり、父親にカマを掘られ、中卒として生きていた。
工場で働くか、グーグル社で働くかぐらいの「労働環境の違い」があった。
ノンケのエリートが友達にいれば、中年ぐらいでよくて霞が関には入れたが、なにしろ「統制」というものを知らなかったため、天皇陛下にご迷惑をおかけすることとなった。
「男らしい父」「女らしい母」「母の純潔」
このシンプルさがいちばん学問に都合が良かった。
あとは、看板講師に教わり、兄弟が多く、薬を飲まなければいいだけだった。
映画や音楽を聴いて気持ちを維持した。
「そんな人生は無産階級にはない」
これが階級闘争を生み出した。
階級闘争の象徴がミッドナイトカウボーイであったが、みんな「飽きた」と言ったため、ジェームソンは街を去った。
ミッドナイトカウボーイ

階級闘争は「ノンケの友達」の出世次第で霞が関には行けたが、マックス・ウェーバーは「ようするに戦う民主主義の構図なんだよ」と言った。
テレビでブレイクすれば霞が関にまかり通る存在になれる。
東大は「坊や」の行くところではなかった。
「階級闘争の結論」だったのだ。
「無駄がない、シンプルさ」を磨き上げた者だけが通ることができる門だった。
rebecca moon

「男らしさ」「女らしさ」「女の純潔」とは「宗教」「政治」であり、出生技術の向上のためにあった。
無産階級には子供はいなかった。
女子高生たちは「精液の美しさ」を知ったし、無産階級にとって、ケツの精液は「荷が重い」ものだった。
世の中の「難しい教科書」を読んだ後に「女子高生にも分かるように話す」ことが芸能界の支持を集める(ケインズ主義)。

さて、私は平成天皇(今の上皇)及び皇后(今の上皇后)の養子になったわけであるが、士師記のサムソンは「身内の死者と同じ数だけ宮殿に死人を出した」とされている。
アウグストゥスはカエサルの養子であったが、それ以降、ナポレオン法典に至るまで「養子」という制度はヨーロッパから姿を消している。
実は、「兄弟の数が多いほど東大に受かりやすい」ということと、コペルニクスつまり「自分の自画像を描いた人物」は密接にかかわっている。
私は少なくとも「自分は宇宙の中心ではない」ことを理解していたが、私の実の姉や弟は必ずしもそうではない。
私の実の姉や弟は50歳前後で故人となった。
実の姉や弟は私ほど学歴がなかったため「自分は宇宙の中心だ」「鏡を見ても光太郎とは変わらない」と考えていてようだ。
海の音を聞いていると、地球は宇宙の中心ではないことが分かる。
SPEED I remember

 
私の謙虚な学問への姿勢を見て、当時の皇太子(徳仁)や秋篠宮も「自分は宇宙の中心だ」と考えていた。
「鏡を見ても光太郎とは変わらない」とも考えたであろう。
コペルニクスはクラカウ大学で学位をとった形跡がなく、教会活動で学士に認定されている。
このようなコペルニクスの「凡庸な」経歴を見て、兄のゴッホは「自画像」を描いている。

 

 

3a544c08fe774131a1379721db65e14e

ゴッホ 沢尻エリカ

 

自分を「宇宙の中心ではない」と理解していた私と、「宇宙の中心である」「顔が大して変わらない」と考えていた、私の実の姉と弟、そして徳仁と文仁は、「いつ死んでもおかしくはなかった」のだ。
地動説は人を生かし、天動説は人を殺す。
世界は、地球・空気・火・水からできており、地球の周りには、月・水星・金星・太陽・火星・木星があり星があった。
プトレマイオスは「地球は宇宙の中心ではない」ことには気がついていた。
しかし、コペルニクス(テオ)が王室の養子になった時に、ゴッホは「天動説」を採用したのだ。
印象派ルノアールのように エレジーズ

印象派は「不可能などない」「最高に気持ちいいセックスとは何か?」を探求した。
しかし、「最高に気持ちいいセックス」も私が「ノクターン」「ラカン」「デリダ(子供の気持ちを味わいたいから男は女とセックスをする)」などを明らかにした。
「神社仏閣などが養子をとると、兄弟が”不可能などない””自分は宇宙の中心””顔が大して変わらない”という天動説の立場に立つ」ことが明らかになった。
バチカンは、教皇を事実上の「養子」として扱ったため、天動説の立場に立っている。
つまり、「兄弟を殺してから来い」と言われたきわめて特殊な職業なのだ。
ローマ法皇の兄弟たちが「印象派」を形成した。
徳仁も文仁も、「死ぬまで勘違いが治らない」だろう。
ナポレオン法典は「革命」を容認した。
養子をとるということはそれほど重要な意味を持ったからだ。
向井亜紀さんが「代理母」に子供を産むことを頼んだことがあるが「特別養子にすることは案外難しい」という嗅覚だけは忘れないでほしい。
代理母に兄弟がいるのならばそれは致命傷となりかねないのだ。
小野家に死人が二名出た以上、徳仁・文仁が「屍のように生きる。最終的に屍となる」のは明らかではないか?
それでも、周囲は彼らを踊らせ続けるだろう。
今回は、「音楽の共有」という発想を提示させていただいたが、それでも「踊り続ける」宿命にある。
SPEED Go Go Heaven

モーニング娘。の印象派ルノアールのように、も「御開帳」(御神楽)の一部を構成すると言っていい。

これもお神楽。「あまい恋の駆け引きは、言葉だけじゃ足りないから」というくだりを見てほしい。
SPEED Body&Soul

余談であるが、デビ夫人に「弟の自殺」について聞いてみたことがある。
「とにかく食べ過ぎだった」という大人の答えが返ってきた。
「天動説」「宇宙の中心」もそのように表現されたわけである。 

これもお神楽。女性チェロ奏者。
新倉瞳 愛の挨拶

意外と根が深い「御神楽」の影響力。
松浦亜弥 プリッツCM

あやまんJapan

神道というものが「沈みかけた太陽」「冬・日食」などを「アナオモシロヤ」ということをやって「太陽をもとに戻す」という岩戸神話を基盤にしていることから、このようなことを行うものと考えられている。
天皇家の次男である聖徳太子を「仏教の世界の神に」としたのが本地垂迹であり、観音信仰となっている。
千手観音から始まる曲。
ribbon サイレントサマー

クラスの輪のど真ん中は「性倒錯の暴力的支配」に満ちていた。
そこで、「ノンケ男」はクラスの隅に追いやられ「表情が変わるのが分かった」のである。
酒に逃げてきた女、などは髪が長く巨乳であった。
性倒錯女の暴力的側面から逃げたのだ。
ノンケの男女の幸せは「酒」にあった。
ふたり酒 川中美幸

私は酒は飲めないタイプであったが、酒そのものは嫌いではなかった。
性倒錯男女の暴力的側面から逃げたかったからだろう。
ブランデーをちびったりしていた程度ではあるが。
酒井法子 エアー~サラダデイズ

貧乳女でも酒を飲む人はいるが、寒くもないのに「寒い寒い」と言って「酒が足りない」ことを表現していた。
こういうのは「酒に逃げる」とは言わないだろう。
男が「群れのボス」になるためには「ラフ&タンブル」つまり「暴力」が必要になるが、それは「オカマ・両刀遣い」であることをも意味し、それが果たして、「知性」や「幸福」につながるものであるかは明らかではない。
いずれにせよ、酒に関しては「ノンケ」の「逃げるタイプ」と、性倒錯のひたすら飲むタイプがいるのは事実であろう。
どっちもアル中ではあるが。
モーニング娘。のリーダーだった中澤裕子は、「常に輪の中心にいた」「大酒飲み」というあたりからリーダーとしての素質があったものと思われる。
高橋愛は、巨乳であり、「輪の中心にいる」タイプではなかった。
「次期リーダー」と言われても、性倒錯女の暴力的側面にしり込みする側面を見せ、伸び悩んだ。
案外、「大人たち」も見る目がないものだ。
モーニング娘。21世紀

キムタクが中卒の検察官の役をやって有名なドラマ「HERO」において、キムタクは週刊誌に「着の身着のまま、ナメた言葉遣い」と報じられている。
衣料品業界は、間違いなく「オカマ、両刀遣い、そして女性」によって支えられている。
これらの存在は、まず「体へのフェティシズム」を持つことから、そのまま、「ファッション」へと関心が向けられている。
新田恵利 恋のミスマッチ

「全体主義の克服」は、「女性たちがファッションによって」行ったものと考えられている。
性的欲望は「服装、身だしなみ」におよび、ファッションの多様性が体制を決めた。
セックスとは「子孫を残す」(生産)という目的だけでなく「快楽のため」(消費)という側面を持つ。
女性に快楽を与えた男は、女性が「身だしなみのすべてのファッションチェック」を行ってくれる。
男は家庭から出てくる。
服装で「ヒステリーや神経質な女性がいる家庭か、心の弱い女性がいるのか、無関心な母がいる家庭なのか?」が分かった。
兄弟が多いと必ず「親が関心を持たない子供」というものは生まれざるを得ない。
だからこそ「もう勉強やめる」などというわがままも通用しない子供が出てくる。
「もう勉強やめる」と母親に言ってみたところで、また、「母に褒められたくなる」のが男の子というものだ。
家庭内の「細胞」として、男は洋服を着て表に出てくる。
complex Rambling man

「ヒステリー、神経質、心が弱い、無関心」という四つの要素しかないのが「おかんの買ってきた服」なのだ。
「母のヒステリー」から自由な男をそうではない男は憎んだ。
「無関心」というのも「マスターベーションが自由にできる」ということを意味し、悪くはないものだ。
動画 おかんの買ってきた服

「親の愛情」などという子供じみたことを言ってはいけない。
「ヒステリー、神経質、心が弱い、無関心」のどれかなのだ。

東大生のファッションチェックをしてみよう

いずれにせよ、「息子は母の性的欲望の対象である」ことだけは認めざるを得ない。
母親がヒステリーだと、息子はカマを掘られているし、母親が無関心だと、息子は自由にマスターベーションをしている。
東大生はこのどちらかの流派に属し、「心が弱い母親」というのは最優秀層を生み出している。
「昼間から風呂に入れる」などのメリットがあるからである。
いずれにせよ「お母さん」というものを生み出したのは「結婚」という制度を考えたカントである。
マルクスは「女」を語ったが、ヘーゲルは「オカマはファッショナブルでイケメンである」としている。
ヘーゲルが「クラスに溶け込むためにはファッショナブルでなければならない」とし、それは端的に「髪型」に表現された。
オカマや両刀遣いの「階級闘争」をよく理解していたのはマルクスではなくヘーゲルであったし、「髪型さえ整えてくれれば」という思いが、クラスの輪の中心にはあった。
アクティブな女たちも、クラスの輪の中心のイケメンに群がったし、「母」という存在を踏まえ、カント、マルクス、ヘーゲルを経て、貧困や階級格差はなくなるものと考えられた。

親の愛情に飢え、自由にオナって育った大津くん

ジャズが流行った時に「安い、速い」という発想が生まれた(ユニクロなど)。
ジャズがなければ、このような発想はなかった。
雨のニューオリンズ 国生さゆり

結婚や家庭、母といったものは、プライベートにおける社会契約であったし、「卒業・夏休み」というのは公における社会契約であった。
家に帰ると母のヒステリーが待っている、それならば、卒業や夏休みは極めて重要な意味を持った。
「夏休みに大化けした」というような男の子は、母の「無関心・心の弱さ」を推進力にしている。
東大に入るために「兄弟が多い方がいい」というのはこのあたりに理由がある。
夏休みは終わらない おニャン子クラブ

床屋・美容院、衣料品業界などが発展したため、「マルクスではなくヘーゲルを」という声が根強かった。
女たちが「風景がいい方がいい」としてこれを支持したのだ。
カントが「結婚」というものを考え、貧困撲滅のために動いてから、80年経過していた。
「ヒステリー母ちゃん」が「息子に合う服を」と言って洋服屋で一山あてたりもした。
新左翼やネオリベラルは「着の身着のまま、ナメた言葉遣い」の男が「試験に強い」ことに呆然とすることもあったが、ジジェクは「オカマや両刀遣いが階級格差をファッションによってなくしたことはもはや秘密である」とし、一億総中流社会の実現の背景に何があったかに沈黙を促した。
仕立てのいい洋服屋や、床屋は「ヒステリー母ちゃん」によって運営されていたし、創価学会の基盤でもあった。
「息子のファッションにうるさいヒステリー母ちゃんによって運営される洋服屋や床屋の富」がかつて貧しかった創価学会を豊かなものにし、共産党がマルクスだとするのならば創価学会はヘーゲルだった。
女子高生代表である阿弥陀如来ではなくファッショナブルな日蓮聖人がご本尊である、これにこだわる日蓮宗には彼らなりの理由があった。
夫が床屋や洋服屋という「仕事」をしていれば、妻は「女ネットワーク」を作ることで対抗した。
「ラカン派のジジェクって池田大作のことかい?」
フォーエバーセンセイ

「女の子特有の鬱、青年の鬱」を晴らすのは美の探求だろ?創価学会(ヘーゲル)にも分があった。
セオドア(テディ)・ルーズベルトは、「ファッションの大国」(米帝)の確立を経て、スペインと戦争しようとしていた。
スポーツによる体のフィットネスや肉体美なども鬱を晴らす。
「クラスの輪に溶け込むためにはファッションに敏感になることが必要」
本来、オカマや両刀遣いがそのようなルールを作っていたが、ノンケでもそれさえ理解できればよかった(精液経済)。
ルーズベルトは当然、「女子高生に祈ってもらう」(キリスト教)という発想を持っていたが、そこに「ファッション」を持ち込んだのだ。
カリスマ美容師・カリスマ店員などは「ヒステリー母ちゃん」に腕を磨かされている。
ティファニーで朝食を

ヒステリー母ちゃんを発信源とし、女子高生を資金源に、中学・高校・大学という「男女が一体となった」帝国主義が確立した。
ルーズベルトは「ペドロ・ロメロ」というボクサーをファッションリーダーとした。
鍛え上げられたロメロの肉体美と、ヨーロッパファッションブランドが結びついたからアメリカはスペインとの戦争に勝ち、国家の存続を決めた。
男なき「女たちによる女の消費」(読モなど)も進んだ。
リゾナントブルー モーニング娘。

アルチュセールは「国家の命運など所詮若者が握っているものだ」としている。
時間的・空間的制約(自然的関連性)を若者は持っているが、それでも「反対尋問する資格」を与えるなどして(法的関連性・伝聞法則)うまく生かしていかなければならない。
我々が恐れているのは、若者の才能を見落とすことであり(類型的誤判の危険性)、体を鍛えている若者の才能だけは見落とすべきではないと考えられている。
ヘンリー・フォードは「Do It Yourself」というノートを作って世界にばらまいた。
令和天皇が言っていることを簡単にノートにしてもらいたかったからである。
体を鍛えて、ノートに書いてあることを女の子に話すだけで「若者の才能の見落とし」(法的関連性)はなくすことができる。
ヘミングウェイは、「陽はまた昇る」においてニック・アダムズにそのような生き方をさせている。
ribbon 出逢えてよかった

「若者の才能の見落とし」は常に文学者が抱えている問題だったのだ。
石原慎太郎の苦悩はここにあった。
始業のベルが鳴り、ボクシングのリズムもよくなる、そのようにヘミングウェイは描いた。
ファッショナブルな服装や髪形をするだけで革命って起こせるではないか?これがヘーゲルの考えであった。
ニック・アダムズのように「体を鍛えていて、女を口説くのがうまい」男が「ファッション」を身に着ければいい。
ヘミングウェイは「究極のエリート」を描いていた。
「抱かれたい男ナンバーワン」はこうやってできるとしたのだ。
マルクスが「女」を語り、新左翼が「オカマ」としてマルクス主義者をいじめることから始まり、アメリカ合衆国は「ノンケで女に詳しく、しかも鍛えられた肉体を持っている男」を構築したのだ。
オカマや両刀遣いの攻撃性とは異なる、アメリカ資本主義的男性像が作られていった。
少なくとも、アメリカ資本主義のもとで育った私は、オカマの橋本真也をぶん殴っている。
橋本は「アメリカ危ない!アメリカ危ない」と言っていた。
新左翼とアメリカ資本主義は、勝ったり負けたりの乱闘騒ぎを引き起こしたが、最終的には「どっちが女にモテるのか?」ということから、共産主義と資本主義の勝敗が見え始めた。
キッシンジャーが「分厚いノート」を持っていたのに対し、周恩来は手ぶらで現れた。
「女の口説き方」に関する情報交換に現れたキッシンジャーは拍子抜けし、周恩来は日本国をアメリカに明け渡した。
キッシンジャーと周恩来の会談は「アメリカ帝国主義対スターリニズムのオカマ」の殴り合いであったが、周恩来に「その気」がなかったのだ。
大学生=ブルジョア=ユダヤ人の解放はここで達成されることになった。
ミスターチルドレン

アメリカ資本主義は、オカマ=右翼とは異なる「ニューライトだよ」とサルトルは語った。
アメリカ連邦最高裁の、ギンズバーグ判事もグッドマン判事も「若者の才能の見落とし」(法的関連性)だけに注意を払っていたとされている。
日本国は朝鮮半島とは異なり、アメリカ高等教育を「洗脳」とは考えてはいなかった。
米韓関係はあくまでもリンチピンであり、日米関係はコーナーストーンであり続けた。
新左翼(ネオリベラル)は、米帝と、それを学習する土壌にある東京大学(日帝)を恐れていたのである。
Queen of venus

最後には、新左翼とニューライトの乱闘騒ぎになったが、オルフェウスとナルシウスの戦いであるとされた。
性倒錯男の攻撃性も、ノンケ肉体派の攻撃性も、スターリニズムとアメリカ資本主義の戦いであり、ノンケが「ファッション」を学習すれば解消される問題であった。
「オルフェウスは何を言っているんだ?誰か翻訳してくれ」
これがアメリカ資本主義の立場であり、「肉体へのフェティシズム、服装や髪形へのこだわり」を性倒錯(オルフェウス)は言っていたため、メンズノンノ、Men's EXなどを出版した。
新左翼は、「子供のころから時間が止まった男」(一次元男)という具合に、ゲイの研究を深め、「永遠の少年」などと呼ばれセールスを伸ばしたこともあった。
同級生の女の子が恋に破れようが結婚しようが「常に変わらない」男というモデルである。
松田聖子 時間の国のアリス

1980年代に、「心理学」が歌謡曲の中に入り込んできた(J-POP)。
ゲイ解放運動も起き、「振り向けばいつもそこにいる友達」として女たちにも重宝がられた。
「戦争と平和」のヘンリー・フォンダが知られている。
これも「スターリニズム」であろう。
瀬能あづさ 永遠に友達

一方、アメリカ資本主義(ニューライト)は、スターリニズムに対し、「処女全体主義がオカマを容認しないだろう」としている。
処女にフェラチオをさせるオカマはいるだろうが、とにかく、処女たちのセックス崇拝からすると、そのような性倒錯は「伊豆の踊子」で憎まれ役を演じ、東京帝国大学の「学生さん」(日帝)を賛美したのだ。
ベトナム戦争時に、伊豆の踊子(日帝)は強烈なキャンペーンをスターリニズムに対して行っている。
しかし、「台風が来る」という非常に不人気な戦争として終わっているのだ。
スターリニズムと台風、とんだ超大国が中国であった。
もっとも、指導部をプロレスで揶揄する「民主化運動」だけは弾圧されている。
性倒錯はプロレスを好むが、民主化運動だけは天安門事件、中国民主党事件、法輪功ムーブメントを経て鎮静化している。
もっとも、香港などではプロレスは根強い支持を誇っている。
日本国への「台風攻撃」は、ちょっとした爆風が吹くものであり、それに集中したいのだろう。
高橋英樹はゲーリー・クーパーを参考にしており、年老いた学生さんを演じる宇野重吉はジョン・ウェインを参考にしている。
伊豆の踊子

とにかく、第二次世界大戦の時から、各国が「戦争に負けちまえ」と考えるオカマ・両刀遣いがいたことから、現在に至るまで「株価なんて下がってしまえ」という男がいることまで理解している。
「この状態(株価)で戦争なんてできるわけがない」とニールセンは容赦なく報道した。
男が「ファースト」で、女が「セカンド」で、それを利用した「予言」がサードというシンプルなユダヤ教の予言の世界を提示すると、居場所を失う性倒錯が必ず敗北主義(戦争なんて負けちまえ)を持ち出す。
「権力闘争の殴り合いでは済まない」「国の敗北につながる」
これが性倒錯であった。
ブラックパンサー党などがゲイの撲滅のために動いたりしたが(ベトナム戦争時)、「平和につながっていいんじゃない?」などと「さぶ」を称賛する人もいた。
フルメタル・ジャケット

ヒッピー、男の長い髪は平和の象徴、という論陣も張られた。
伊豆の踊子(フォーディズム)つまり「経験したかしていないか」という議論だけは根強く残った。
ジョン・ウェインという「モテモテの哲学者」なのか、ゲーリー・クーパー(学生さん)かはともかく、戦争に負けたくないからフォーディズムを作ったのだ。
吉永小百合さんは「白黒から始まる」伊豆の踊子に「違和感を感じた」と証言しているが、これは「ベトナムと日本の違い」を表現したものであり、まさに国策であった。
伊豆や大島という「東京とのアクセスを必要としていた」地域で道普請を描いたりして、「東南アジア諸国のアメリカとのアクセスの必要性」を訴えた。
しかし、べ平連は日本でかなり大規模にできた。
日本国で「いいスピン」が起きなければアメリカはアジアに進駐することは困難であることをケネディは学習した。
女子高生にも分かるように「戦争への支持を訴える」という意味ではケインズ主義的であり、宮澤喜一が、川端康成とどのような関係にあるかは明らかではないが、宮澤は虎視眈々と自らの地位を固めていった(ニューライトの旗手)。
ブレトンウッズ協定で「アメリカシンパ」は明らかになっていたが、マーシャルプランを一気に動かし、アメリカの戦争に有利に世界を動かす手法も明らかになっていた。
令和天皇の即位にもマーシャルプランは用いられたものと思われる。
「結婚」という制度を考えたカントや、「女」を語ったマルクス、そして「夢」というものを語ったフロイトを背景に、「予言」というものはかなり切れ味を増したが、それにしても分からなかったのが「性倒錯」であった。
「ファッションに気をつけろ」とヘーゲルは言ったが、結婚前の女の団結を狙ったマルクス・フロイト主義(ユダヤ教)は、新左翼やネオリベラルの抵抗を受けた。
性倒錯の男は「吉永小百合に興味がない」「偶像崇拝に興味がない」と言った。
さて、マーシャルプランの存在が日本国でも認知されたことになるが、そこから「性倒錯の階級闘争」は新たな局面に入った。
まるで日本国のオカマや両刀遣いが「アメリカ合衆国」を敵に回したことを悟り、自滅に向かっているがごとくである。
東南アジアはいまだ「性倒錯国家」(ネオリベラル国家)であるがために「アメリカ合衆国へのアクセスが死活問題」とされている。
ケインズ主義(女子高生にも分かる話をすること)も、性倒錯男には分からないのだ。
東京大学の「横のものを縦にする」だけの学者などアメリカも必要としてはいなかった。
ケインズ主義を有効に使いこなせる人物を求めていたのだ。
ワーナーは、学校・教会・企業・住宅地などを総動員する力を持っている。
これらは皆、タイムズスクエアやスタジオアルタを発信源に動いている。
タイムズスクエア ライブ

アメリカの金融がマーシャルプランでどのように回転しているのかを知りたければタイムズスクエアのライブ映像はチェックしておこう。
一人の女の純潔に頼りすぎること(フォーディズム)の危険性はクレジットクライシスで学習済みである。
また、アメリカンイーグル(アメリカ軍)に「オカマはいない」ことはかなり大々的にアピールしている。
なにしろ「世界の警察官」とその「おカネの動き」を映し出しているからである。
ここの情報を世界に漏らしたマタイ・シェパード殺害事件も1998年にあったが、それ以降はかなりオープンになっている。
アメリカ合衆国の金融の動きが分かるスポットとして「ナイフにいちばん近い場所」と言われているため、どこまでライブ映像が本物かは明らかではない。
35兆円は「ここのメッセージで動かす」ということは明らかであるため、命の危険も当然あるだろう。
ヘミングウェイの「陽はまた昇る」にせよ、石原慎太郎の「太陽の季節」にせよ、最後にはこのことを明らかにしたものと考えられている。
スタジオアルタのホームページを見ると、なんだか「必死さ」をアピールしているが、案外、その正体は「Google社」なのではないか?
あれほど連絡のつかない会社が「お気軽にお問い合わせください」などと言っている。

さて、日本国は、アジア通貨危機(1997年)の時に、タイの外貨準備高が枯渇し、タイと同じ「ドルペッグ制」を採用している韓国にそれが波及したのを目の当たりにしたが、「新宮沢構想」により韓国を救い「世界で独りぼっちではなくなった」という経験をしている。
「世界で独りぼっちにならないためには韓国と仲良くすればいい」「そのうえでヨーロッパから学べばいい」ことが明らかになった。
問題は、従軍慰安婦や徴用工のように、「日本への怒りで夜も眠れない」人が韓国にいることである。
人生の健全性を持った人とは異なる論理が彼(彼女)らには存在し、個別的請求権は放棄していない。
つまり、その人生を日本国に広く知らしめる権利は放棄していないのだ。
人種差別撤廃条約においても日本国は「文明批評を封ずるものではない」という留保をつけている。
彼らには「仲間が必要」であり「女心」をおカネにする必要があり、そのうえで「よく眠ってもらう」必要がある。
しかし、徴用工として働いていた時に「カマを掘られた」のならば、果たして「女心」=カネに興味がもてるであろうか?
石原慎太郎はこのような人々を「三国人」と発言している。
中華人民共和国も、サンフランシスコ講和条約の当事国ではなく、中華民国がこの条約に署名しており、日中平和友好条約を踏まえ「サンフランシスコ枠組み論」という形で、彼らの「人生を日本国に広く知らしめる権利」(個別的請求権)を残した。
徴用工判決においては原告9名に「1000万円」の賠償を認めたが、なぜ「文学」「版権」という形で解消しないのだろうか?
「オカマ」であることが子供たちにバレたくないからであろう。
オカマであるのならば「女心」=カネにも興味を持てなくなっているため、韓国の裁判所が「1000万円」を提示したのも穏当であろう。
この「徴用工判決」に群がってきた3千人の韓国人は全員オカマである。
そうでなければ、電子書籍のようにデッドコピーが無尽蔵にあるデータを無料で送ればいいだけだ。
しかし、そのような文学に「興味が持てない」のであろう?
文学に興味が持てないのならば、本国で「万年平社員」であったことも想像に難くない。
「金持ち」「政財官界に人脈を持つ」人生に劣等感を感じて生きたのも「日本でカマを掘られた」からである。
「貧しい、夜眠れない、孤独」このような嫌われ者になったのも徴用工になったからであろう。
中国人はこのような「人生を日本国に広く知らしめる権利」(個別的請求権)は行使していない。
しかし、韓国人にはそのような人が3000人いるし、従軍慰安婦は20万人いる。
従軍慰安婦像には私もさすがに土下座させていただいた。
従軍慰安婦たちには「文学」=カネ、出世の機会などという問題はほとんど生じないからである。
しかし、徴用工たちの「カマを掘られたから貧しい、夜眠れない、孤独」という論点は、日本で版権にして、300億円(3千人分)に変える努力が必要だ。
オカマ=「肉」と呼ばれた人生を強制したことは気の毒に思うし、私もこのことを「個別的請求権」(人生を日本国に知らしめる権利)として認識し、あえて、石原慎太郎が「三国人」と切り捨てた問題をここに記しておきたい。
globe Joy to the love

徴用工判決に関しては、「オカマになって失ったもの」に対して「1000万円」とはずいぶん韓国の裁判所も柔らかいリアクションをしたものだと思うが、「出世の機会を失った、おカネを失った、眠れなくなった、仲間を失った」ということを、日本人に理解させれば「個別的請求権」(人生を日本国に広く知らしめる権利)は果たされる。
その「版権」はおのずと300億円を満たすであろう。
原告にチョヨンピルがいれば、問題は極めて簡単になるのだが。
釜山港に帰れ チョヨンピル

外交保護権はいわば著作権であり、個別的請求権は著作者人格権である。
私のこの記述に「同一性保持」「公表」「表記」の三つで見解があるのならば述べてもらって構わない。
外交当局に「議論するつもりがあるのかどうか?」の問題であり、たたき台となる論文は私がここに書かせていただいた。
「三国人」の問題はほとんどこれで斬れるはずである。
出世するためには「女を語り仲間を作る」必要がある。
それが「一人一千万円」で済むのであれば、世界史を語ったことにはならないし、「すべての時代のすべての経済を分析できる」と言われる日本国の名誉にもかかわるものだ。
日本の形

徴用工判決に、日本国の「25の企業」が震え上がった。
問題は、この論点を理解できる文学者がいなかったことから各企業が震え上がったということである。
また、アメリカ議会、アメリカ軍、赤十字、大学、企業を敵に回したら、日本国でビジネスができなくなるのだ。
あるいは、オカマは「韓国にとっても売国奴」であるため、賠償金額は1000万円で済んだものと思われる。
日韓双方の外交官も「オカマ」であることが多く、しかし、「階級闘争の勝者」であることから、外交レベルでの調整は難しいかもしれない。
ましてや、芸能界が解決することも困難であろう。
それが、民間人同士の対立につながってしまうのならば「文学者の責任」と言うしかない。
あるいは、徴用工問題の背景に「芸能界の大物」がいるとするのならば、本当に、チョヨンピルが怒っているという問題かもしれない。
韓国の芸能界の年寄りは1000万円で妥協するのだろうか。
それならば、韓国の福祉の問題と直結してしまう。
「類は友を呼ぶ」
もし、徴用工たちが韓国芸能界を形成してきたとするのならば、韓国の厚生労働の話でもある。
日韓の芸能界同士の対立が徴用工問題であるのならば、両国での解決法が模索されているはずである。
AKB48 teacher teacher

 

 

 

 

 

 

« マルクス主義~税収200兆円という革命。 | トップページ | ハイエク~定額給付金第二弾。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マルクス主義~税収200兆円という革命。 | トップページ | ハイエク~定額給付金第二弾。 »