最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 日限地蔵尊(ひぎりじぞうそん)。 | トップページ | 石原慎太郎の研究。 »

2020年8月 2日 (日)

マルクス主義~税収200兆円という革命。

話はカントから始めざるを得ない。

処女たちに「予言能力がある」とし資金を大量に流し込んだからである。
そこから、恩恵は主婦層にまで波及し、そこで「実質経済」(女の豊かさ)は飛躍的に向上した。
マルクスはこれを目の当たりにし、「いじめのないノンケの楽園」を目指し始めた。
ソビエトは「官僚」という名の性倒錯指導層を残した社会主義国家であったが、共産主義とは「いじめのないノンケの楽園」のことを言った。
これが「税収200兆円時代」「子供たちが虐げられない社会」のことでもあった。
セックスの対価としておカネを払わないと、女がノイローゼになって子供が虐げられる。
ぼくをぶたないで 高橋由美子

生産手段(主婦層)の共有とはつまり「音楽作品で女たちの支持を取り付けることで、税収を増やす」という意味であった。
私の母の「階級闘争」とは「マザーファッカーの禁止」「妹ファックの禁止」「オカマの禁止」などに満ちたものであった。
オノヨーコとして世界では知られている。
ビートルズ イマジン

マルクスの「資本論」を読んでいると、延々と「支配と従属」に関して記されている。
これが人間の「性欲の起源」だったからだ。
学校や会社で「支配と従属」を経験しないものは性欲がない。
さらには、都会と田舎という関係の「支配と従属」を経験しないものも性欲がない。
若い頃のマルクスはイケメンであった。
しかし、カントが流した富の恩恵を受け「マザーファッカーの禁止」「妹ファックの禁止」「オカマの禁止」などを経験し、「芸能界」(中道)に憧れるノンケ(左翼)というものを作っていった。
「芸能界には美男美女がいる」
これを強烈にアピールし、家庭内の「身近な存在」をあえてブサイクに描くことで、これらの目的と税収効果を狙ったのだ。
「美男美女を生み出す鎌倉仏教・禅」と左翼が結びつくのは必然であったし、エンジェルチャペルのようなキリスト教カトリック女が「貧乳を見られたくないから処女」という性倒錯右翼であることともつながった。
フォイエルバッハが「メッセージだけ送れば市場にいい影響があるから」とマルクスを諭した。
今の日本国もそうであるが、子供たちがOECD最下位に位置付けられるほど貧しいのだ。
そこで「たとえ実現しなくともメッセージだけは送ろう」とマルクスは考えた。
夢だけ見てる CoCo

マルクスの「芸能界主義」(観念論哲学)と「唯物論」(女主義)はここに成立した。
「都会には美男美女がいるのよ?」「学校や家庭には何もないのよ?」
これは中国では「上海倶楽部」と呼ばれた。
上海倶楽部 松田聖子

しかし、芸能人女は処女(予言能力を持つ)という立場の週刊新潮に対して、文春砲は容赦なく襲い掛かった。
交換価値(セックスによりおカネを払うこと)は「優しくすればいい」という基本があった。
子供(利用価値)を作るのにもおカネが必要だったのだ。
発展途上国の女の子が「掛け算を覚えるより先にレイプを経験する」という無神論にある限り、「アフリカはとにかく暑い」ものだった。
文化の問題であり、「理想の男を語り合うフォーラム」が形成されにくい地域であったからである。
マドンナもマイケルも「アフリカのアメリカ合衆国編入」を構想した。
マドンナは「バージンツアーがあるから」と言ってレコーディングには参加していない。
We are the world

制服組は本当に「労働」というものを行っていたが「肉体労働者」と呼ばれたり「ブルー」と呼ばれたりした。
背広組は、一日中「女とは何か?」(政治)「男とは何か?」(宗教)を語っていた。
政教分離が一体となって産業を支えていた。
ここに、「マザーファックの禁止」「妹ファックの禁止」「オカマの禁止」を越えた「レイプの禁止」という発想が生まれた。
「予言」「恋」とは異なる「下からの革命」が進行したのだ。
「レイプの禁止」「女嫌いの排除」だけでも「神」は生まれた。
しかし、「神などいない」という「常識」も求められた。
なにしろ、イギリスの二倍「大陸から離れた」日本国の「革命」を目指していたのがマルクスだったからだ。
午前中に女性労働者は「眠って」いた。
午後になってやる気を出して「男について」語り始めた。
仕事が終わったら「剰余価値」(子供たち)のことを考え始めた。
もっと気楽に働こうよ?
ママ大丈夫?

「朝起きるのがちょっぴり苦手です。お昼を食べて目が覚めるの」(渡辺満里奈)
新会員番号の唄 おニャン子クラブ

ランチというものが労働においてどれほど重要な意味を持つかを理解しないといけない。
午前中、ちょっと頑張ったら「先に上がっていいよ?」と言われるのだ。
それ以外は、女は「眠って」いた。
「八時間働いて楽に暮らせる社会」(日本共産党)
そりゃそうだ。ノンケだけの楽園を作るだけで税収が200兆円になるからだ。
マルクスほど「カントを崇拝した」人物はいなかった。
あとは「カントのために」マザーファッカーをなくし、妹ファックをなくし、オカマをなくし、レイプをなくす「下からの革命」を実践するのみであった。
「史的唯物論」とは、「処女たちの祈りこそが歴史を作ってきた」という意味であり、マドンナがモデルであった。
マテリアルガール マドンナ

カントの富さえ「下から支えれば」いじめのないノンケの楽園ができると考えたのだ。
これをフォイエルバッハは「メッセージだけでも有効」であるとした。
産業(女とは何か?男とは何か?を語り合うこと)を経たうえで、「適者生存」がなされるのであれば、そこには楽園ができるだろうと考えられた。
天使の館 酒井法子

背広組と制服組の「賃金の水準の同一化」をベーシックインカムと呼ぶのであり、まあ、働かなくてもおカネがもらえるという意味と大して変わりはないが、それでも家の修理とかはしてもらわないとね。
マルクスは「カントほど偉大な先生を私は知らない」とし、今まで何も語らずに、「中流家庭」を気取っていたブルジョワを憎んだ。
これらのことは「人間の条件」とも言われ、ユダヤ金融資本を形成していった。
ヒュームが「メジャースポーツに処女たちの祈りを噛ませる」ことを考えたが、カントの実践理性批判を、ニュートンと出会わせただけとも言われている。

アルザスの領有権をめぐってフランスとドイツが喧嘩していたことが知られているが(最後の授業)、フランスのアルザス領有権は完全に「アルジェリア統治」に依存していた。
まるで、アメリカ合衆国が「We are the world」を作ってアフリカのアメリカ編入を試みたような話を、フランスはアルジェリアで行っており、その資金とカトリック思想を利用して、アルザスの統治を行っていたのだ。
「最後の授業」でも当然、「処女性とは何か?」が語られているはずである。
「この学校にいじめがある限り、この学校はドイツのものなのである」
いじめとは「カトリックのアイデンティティ」であり、共産主義が克服しようとしたものであったが、処女性から莫大な富が生まれ、ドイツには「芸能界」があり、ドイツで共産主義ムーブメントが起きるたびに、アルザスの「学校」は領有権の問題と教育の現場の現実と直面した。
これが、アルチュセールを生み出した「最後の授業」であった。
学校のいじめの実態が、アルジェリアの領有権と関わってしまうのだから、ドゴールも大変な思いをしたであろう。
Parisが聞こえる 河合その子

「いじめのない楽園か」
アルチュセールは、アルザスの学校でそれを夢見て、フランス共産党に入党した。
まるで、カトリック=マドンナ、フランス共産党=マイケル・ジャクソンという図式が出来上がり、どの国も二大政党制はこの仕組みで動いているようであった。
1978年に、フランス左翼は選挙で大敗した。
日本国もこの時期に、共産主義を見限ったとされている。
マルクスがどれほど「マザーファックをやめろ」「妹ファックをやめろ」「オカマをやめろ」「レイプをやめろ」と言っても、そんなものは絵空事であり、いじめられる側が「イデオロギー」を見限ったのだ。
「いじめさえなければ働かなくてもいいことは分かっていた」
それでも、「いじめ」=仕事の起源はなくなることはなく、労働とはもはや「精神史的文脈」と呼ばれた。
アメリカの民主党にせよ、英国労働党にせよ「処女たちの予言能力」をうまく活用しながら「恋」と向き合っていた。
しかし、共産主義は明らかに「処女性の否定」に動いたのだ。
マルクス・レーニン主義とは、「カントの遺産を尊敬しながら国家財政を潤沢なものにしていく」ものではなかったのか?
20世紀中頃には、「そんなものは絵空事だ」と考えられるに至り、共産主義とは「性倒錯の研究である」(物象化論)と説明された。
フロイトの「思春期の女の子の鬱」(去勢)や、ラカンの「セックスの作法」などの研究が進み、ヘーゲルは仏教の影響も受けながら、「美男美女の作り方」を明らかにしていた。
テレビでは「笑い」「失業」「片思い」などがクリエイトされ続けていた。
カントの遺産が「いじめ」によって崩壊していくのも観測された。
結局、一部の「腐ったミカン」のせいなんだよね。
マルクスは「メッセージさえ出せば市場にいい影響がある」としたが、100年間様子を見たところ、「腐ったミカン」に台無しにされただけだった。
学校の教育現場がそのまま「領土問題」になることになったアルザスロレーヌ地方であったが、「最後の授業」の伝説をモデルに、金八先生は作られた。
「教師はなぜ命がけなのか?」
それが日本国にも「国家教育権説」として紹介された。
日本国は、ようやく「カントの富」を手にした。
エンジェルチャペルやサクヤ会、巫女会などの女子高生サークルのおかげである。
しかし、カトリック対共産主義、処女性対いじめ撲滅という図式にしてはならない。
あくまでも「陸海空」の三面構造がなければ、つまり「神道」がなければ崩壊するのがカントの遺産なのである。
従来の民事訴訟においては、女子高生コミュニティーで「処女であること」を放棄・認諾すると、三面構造の中の「移動線」が残るとされてきたが、現在は「メリーゴーランド構成」(兼子理論)が通説となり、サクヤ会・巫女会・エンジェルチャペルの内部の移動が案外自由化されている。
春の森の回転木馬 中嶋美智代

関東地方は徳川家康が「東照大権現」となり、関西地方は豊臣秀吉が「豊国大明神」となり存続してきた神道であるが、三面構造を令和天皇は巧みに構築し、「100年限界説」を打ち破ろうとしている。
税収は早かれ遅かれ「プライマリーバランス黒字化」は達成するだろう。
最後の授業

ルールもないのに、都合がいいときだけ「さあゲームの始まりです」などというと孤立だけが待っている。
孤立するということは「金銭面で締め上げられる」という意味だ。
新入社員に対して「さあゲームの始まりです」という今までの社員がいたのならば、新入社員の勝利である。
初日ぐらい「卑怯者」の存在に耐えたらどうか?
やがて、卑怯者が孤立することが分かる。
「彼らの論理」は三日で分かる程度の仕事だ。
なかには「半年すれば慣れるから」などという卑怯者もいるが気にしない方がいい。
貧乏人の特徴が「搾取する」ことにあるのだ。
初日で「落とせなければ」「この程度」とばれるのはみんな分かっていた。
全国3万社の「法人税を払っている会社」ではありえないことが、法人税を払っていない「300万社」には存在する。
彼女や奥さんがすでにいて「ちんちんを売りつけるつもりのない」新入社員が来たらみんながこれをやってしまう。
法人税を払えるか払えないかはこれだけの問題なのだ。
新参を「騙せるうちは騙しておこう」とみんな考えた。
この問題をクリアーしたらようやく「株」(女性社員)の取引が始まる。
「どう?今のパートナーより魅力的でしょ?」
どの女性社員もそのようにメッセージを送り始めた。
女たちが「話をしてあげた対価」を求め始めるのだ。
小説を書けない社会人はいない。
税収が潤っているかどうかは本屋を見ればわかる。
ああ、「心ある」人はもういないんだな。これが平成のバブルの崩壊であった。
我々が日々、空気のように吸っている「哲学」の本が消えてなくなり、ヨースタイン・ゴルデルの「ソフィーの世界」などが流行した。
新入社員に「初日の社交儀礼」の存在を教えるものもいなかった。
東大に入って「新歓コンパ」をやったが、大学すでに慣れているのに「またやろう」などという二年生がいてどっちらけになったりもした。
初日の社交儀礼(搾取)を見物したければ新歓コンパに出てみればいい。
返さなければならない奨学金やローンがあるものは「人気取り」に一生懸命だ。
「初日の社交儀礼」をなくすためにセーフティネットというものはある。
ボーナスや、家族サービス、その他の福利厚生を「子育てに都合よく」利用しなければならない。
新入社員への搾取対策が周囲にいい影響をもたらすのだ。
新入社員や新入生には「ジュースが一万円で」売れる。
それをやらずに「一年生優先」で奢る連中がいるのならばまだ良心的だろう。
「やってはならないこと」に敏感であるし、リクルートメントを必要としているのだ。
東大ボクシング部では「あとで殴る」目的でこのような運用がなされていたが、殴り返すのに半年かからなかった。
一年たったら追い出された。
レベッカ ボトムライン

初日にこのような「搾取」の問題を指摘できる「細胞」は恐れられたし、どの職場でも生きていけた。
マルクスは「300万社」の会社にこのことを知ってもらいたかった。
理解するかどうかはいまだ「100分の1」という現状があるからである。
社長が率先して搾取をするのならば間違いなく倒産する。
人の心が離れていくからである。
ネット上では、私を罵倒するものが多ければ多いほど私は増長をつづけたし、敵は失業者となった。
私は天皇になっている。
私は「人を治めるって何だろう?」と試行錯誤と哲学の研究を進めたし、多くの論文を残した。
「さあ、ゲームの始まりです」と言って、私から「エネルギー」を奪い取ろうとした連中は失業するか病気になるか死んだ。
ベーシックインカムというものがもしあるのならば「新入社員への搾取」のポイントを押さえるだけでいい。
ハローワークでそのことを周知徹底させなければならない。
「300万社」が「初日の搾取」の問題に気がつくかどうかがベーシックインカムのカギを握っており、「細胞」はそのためだけに動いていた。
この「300万社」のスウィートショップで作られたものを、大企業が安く買い取り、高い値段で世界に販売している。
気がつくかどうかなんだよね。

親の人生や子供の今後の人生について何も知らされない「代理母」というのは案外、代理母に対する「ひどい搾取」だということを理解していない人も多い。
出産というものは「母としての聖域」であることから、日本国内では認められていない。

「学歴」というものは、自分と異性の「遠さ」からもたらされる。
知識というものも同様だ。
勉強するご褒美として「女が近づく気がする」というのは、おカネでキャリアをコントロールするのと同じ効果が認められた。
学歴社会の構築は「女嫌いの排除」「レイプの禁止」「マザーファッカーの禁止」「妹ファックの禁止」など、「下からの革命」に一定程度貢献するものだ。
マルクスが「入るのに難しく、出るのは簡単」な大学ヒエラルキーを作ったのである。
学歴のない者は「異性が近く、知識を得る土台のない」人間である。
本ブログの読者もおのずと「高学歴者」に限られてこざるを得ない。
口説かなくてもセックスさせてくれる女がいるのならば、読む理由がないからである。
税収200兆円という革命も、学歴社会がなければ成立しない。
学生こそが「革命」を論ずるのであり、その頃、蓄えた知識で一生生きていく宿命にある。

芸術は現在、「真剣勝負」にしか興味がない。
阿弥陀如来=マドンナ=処女の「予言」か、マイケル・ジャクソン=男の「恋」かのどちらかである。
「昨日好きなプロ野球チームが勝ったのはこの絵のおかげだよ」
と偉そうに批評しても、彼は「私の方が気持ちいい」ことを知っているのかしら?
芸術には、男は「勃つ喜び」は感じても、実物の女がいなければ意味がないのだ。
松田聖子 妖しいニュアンス

レディマクベスが処女だと言って、王がレディをカネで買って一晩で丸裸にされて追い出され、野球チームが負けた男たちは一晩、王の家の前で罵声を浴びせたが、徹夜した結果、「一人の女に頼っていた自分たちがみじめになる」というマクベスや、ハムレットの、「父の墓を荒らす男」が、地球がもっとも天国に近いということを示し、女子高生たちに不老長寿を願われることがもっとも幸せなんだよということを示した物語など、シェークスピアは常に「処女性」を問題にしてきた。
ワシントンDCナショナルギャラリーにはこのような芸術に満ち溢れていた。
私がいたオレゴンの田舎の高校では、適当にスポーツや勉強をやってバンキットに出て終わりであったが、権力の中枢とは何かをワシントンDCでは示していたのだ。
風のインビテーション

ホメーロスのイリアスは「理想の男」を描いていたが、歌うのは当然「女」となり、さらには「処女」となっていた。
この曲は本物の処女が歌っている。ガン牌に聞くんすよ。と言って、パチンコのメトロノームやマージャンに用いる「ガン牌の小野」もいた。
秋色協奏曲

「聖母マリアを信じるか?」
それは「セックスからの遠さ」を意味する問いかけであった。
ベートーベンの交響曲第七番は聖母マリアと真剣勝負の関係をモチーフにしており、ナポレオンよりも自分の方が皇帝にふさわしいと信じて疑わなかった。
これから、横浜DeNAベイスターズの試合の40分前からこの曲を流そうかな。
のだめカンタービレなどがこの曲を取り巻くドラマとして知られている。
ベートーベン 交響曲第七番

「10人目の選手」としてのベンチやフロント、ファンはこのようなことを考えており、神社・場外馬券売り場、レストラン、美術館など様々な場所からファンは球場に集まってきた。
バークレー音楽大学が演奏し、カリフォルニア大学バークレー校がこれをドジャースの勝利につなげた。
どの「処女芸術」もベートーベンの交響曲第七番に「ガン牌」「メトロノーム」でかなわなかったため「ガン牌の小野」も、「評論家の数が違うのかな?」と首をかしげていた。
ベートーベンがあればマドンナもマイケルもいらねえな、一党独裁はこのように成立しうるが、そのためには「証明」が必要であった。
瑞金から延安までの「布教活動」は今でも伝説になっているし、「長征」の物語は、「沼地を手と手を取り合って眠った」などと大げさに語られている。
毛沢東の出生の秘密が「ベートーベンの交響曲第七番」にあった。

5c1e0a28fab9403eb1695fcb233f7054 ラザロ ゴスペル

聖ラザロにお祈りしても「願いは叶う」とも言われ、「イエスの友達でも同じか」というリアクションが世界で引き起こされた。
大日如来はアリストテレスの友達であった。
真言宗の論理は理解できるものがある。
これも「ラザロは与えることを知っている人だったからな」と、ガン牌の小野は首をかしげた。
これならば、二大政党制でも一党独裁でもないではないか?
芸術が政党を決めるのであり、メジャースポーツに絡まない政治家はいない。
マドンナとマイケルのアメリカ二大政党制は、ベートーベンやラザロと言った芸術作品によって「これもメジャースポーツに有効だ、あれも有効だ」という論争になり、少なくとも宗教は多元化した。
「処女」の予言能力と「恋」という軸は維持しつつも資金力は多元化したのだ。
さらには「日本の銀閣寺みたいな木造二階建てに住んでいれば夢は叶うのではないか?」と世界で噂になるほど、日本人は世界で夢をかなえてきた。
木造二階建てを購入すると、「車がどんどんバージョンアップしていく」のである。
中国人は、成田空港から成田エキスプレスに乗って、「延々と続く二階建て住宅」を呆然と眺めていた。
メジャースポーツにおける「予言」は女子高生や主婦層にとっては「上からの革命」であったが、「子供の虐待の防止」は下からの革命である。
上からの革命は日本銀行を豊かにし、下からの革命は財務省を豊かにする。
しかし、ベートーベンの交響曲第七番を聞く子供、イエスの友達・ラザロ、二階建て木造建築などは「だったら革命でも何でもねえな」という反応を引き起こした。
また、周囲に誘われて気が進まないけどベートーベンの交響曲第五番を聞きに行ったら、むちゃくちゃ運気が上がったという人もいる。
カラヤンはそのようにサブマリン的に信者を増やしていったのだ。
ベートーベン 交響曲第五番

ハーバード大学はそのような「運がいいだけのイエスの友達(ラザロ)」ばかりだった。
イギリスは「もっとも運気が上がる」ユニオンジャックを国旗として提示したが、日本国の「日の丸」の方が運気が良かった。
国旗国歌法を作るのには時間はかかったが。
君が代

 

0e11e5f950364b21b7e1cf161fa54345 ゲルニカ 歌

誰かが、「ピカソのゲルニカを見ると運気が上がるんすよ」と言ったときに、メジャースポーツは「もうマドンナやマイケルの時代じゃねえな」と言い始めた。
まあ、「女から遠ざかって、処女に憧れた」というピカソの個人的な事情もあったであろうし、ラザロの場合は「運が良かったからイエスの友達になれた」ということもあっただろうが、芸術は運気を上げるとして、絵画の値段を一気に釣り上げた。
テレビが生み出すマネーもこれを理解しないとなかなかスポンサーはつかないだろう。
芸術はこのように「阿弥陀如来さま」=女子高生を取り巻きながら複雑に発展していった。

ルターは、阿弥陀如来に代表される「女子高生」の現状を赤裸々に語った。
「男性崇拝」を基本にしながら、「夢がぶつかり合っていて柔軟性に欠けること」や、「母とのライバル関係」「父親とクラスメートの男の子の比較の問題」などをSPEEDによって歌にしたのだ。
ノンケの女子(神の長い巨乳女・ソウル)と、レズビアン(貧乳女・神の短い女・ボディ)の存在を指摘し、ボディがソウルを「いじめている」ということも明らかにした。
SPEED Body&Soul

「行き交う人もまた罪人なり」
いつもの仲間も、令和天皇ほど賢くはなかった。
クラスの中心でみんなでワイワイやっている連中は「オカマ」「両刀遣い」「レズビアン」であり、それに気がついて「変わり始めている私」がいた。
SPEED Steady

「神」とは貧乳女が語るものであった。
その貧乳女(レズビアン)が、みずから「いじめ」をやるものだから、巨乳で髪の長い女は「いいも悪いも興味がな」かったのだ。
SPEED Go Go Heaven

「縁起物」の女子高生たちの「論理」を明らかにしたのがルターであった。
オカマや両刀遣いはSPEEDには興味がなかったが、多数派は実は「ノンケ」だったのだ。
SPEEDは一気にブレイクした。
女子高生であったSPEEDは、ファンとともに「運気が上がる」のを感じた。
女子高生サークルの間でも、巨乳で髪の長い女はいじめられるが、貧乳女の「神」や、髪の短い女からのいじめよりも「男運がいい」ことを知った。
SPEED Wake me up

SPEEDは、いわば「ジャックリーの乱」「ワットタイラーの乱」とも呼べるものであり、巨乳で髪の長い女たちが「ノンケ男の支持を受ける」かたちで進められたものだ。
ルターは、ノンケでSPEEDを支持するものは政治家に、性倒錯は官僚へと誘導した。
「仲間とは違うサイン」
それは、思春期の頃には多数派を演じていた「性倒錯」が、後退していくことを意味したし、SPEEDは、あくまでも、ノンケの男女を支持基盤とし、トロツキーの「下からの革命」「子供の虐待防止」「クリスマスのお祝い」とも結びついた。
SPEED White Love

女子高生の「男性崇拝」(宗教)をここまで強烈にアピールしたユニットはなかったし、大人たちは自分たちに「お辞儀」をする女子高生に「運気」が上がることを感じた。
ルター派のすべてがうまく回転し始めるのを感じた。
SPEED My graduation

ラザロ(イエスキリストの友人)にとって、青年ルターの「焦燥感」だけを見て、あまく見ていたという事実がある。
ルターと女子高生の「必要十分条件」(相思相愛)が成立したのが青年ルターの焦燥感なのであり、それに気がつかなかった者たちは「ルター」(令和天皇)よりも俺の方が頭がいい、と大変な勘違いを犯した。
SPEED Alive

性倒錯官僚機構に「ルター派」は決して浸透しなかったし、運気が上がるとお勧めすることはできない。
ルターは焦燥感を脱したら、ビッグマネーを手にした。
焦燥感だけを記憶していたラザロは、ルターのビッグマネーを手にしたいと考え、周囲にバカにされたが、ルターは「ラザロ騎士団」として生活保障をするだけの寛大さがあった。
SPEED All my true love

本来マイノリティの「性倒錯」「官僚機構」は平成の時代に「ノンケの撲滅」を試み、ノンケたちは株価の下落(日経平均株価7千円程度)に悲鳴を上げていた。
ところが「小野光太郎は焦燥感を乗り切った」のである。
SPEEDは、1999年に、小野光太郎の「ノストラダムスの大予言」を目の当たりにし、もうやることはないとし、解散を表明している。
ITバブルが到来した。
ところが、アメリカの通信産業の規制緩和の成功を目の当たりにしたプリンストン大学の研究員・竹中平蔵は、インターネットの世界を「恋」「民の力」に委ねた(新自由主義)。
そのキャッチフレーズは「政治家に任せても官僚に任せても駄目になるのならば、民に任せて駄目になろう」というものであり、令和天皇が到底容認できるものではなかった。
令和天皇は「神(天皇)の見えざる手」を行使し始めた。
どの政党も「官僚叩き」に大忙しであったが、令和天皇は「予算の獲得方法を指導する」というやり方で官僚機構と向き合った。
性倒錯を叩くノンケという図式は、大人社会ではウケるだろうが、それだけでは国家統治の全体像は見渡せないのだ。

ルターが哲学に与えた影響力は強く、とにかく「髪の長い巨乳女」の心理がいちばん「儲かる」ことを証明したため「グラビアアイドル」の定番も確立した。
なにしろ「心」が一番わかりやすかったし、セールスも伸びた。
官僚機構の研究は「ヘンタイの惑星の恐怖」などという物象化論という世界になり、主流はノンケであることも明らかになった。
物象化論は「官僚などの権力をいじめる方法」として研究が進んだのだ。
SPEED I remember

女たちに「精液とは美しいもの」という認識が広まり、青年実業家は常に「AV男優」として会社の資金集めを行い起業した。
カネと女が集まってこその会社であり、女が受付にいて、内部でAVを作ろうが、阿弥陀如来さまに祈ろうが、ビジネスとして成り立ったのだ。
起業したばかりの会社は「売春宿」と皮肉られたが、精神医学(錬金術)を知らなければそれ以外に「おカネになる理由」はなかった。
会社がうまくいけば献金して「罪の告白」をすればいいだけだろう。
「妻を犯した」などという平社員などカネにならない。
もっと多くの罪を犯した「政財界の大物」がカネになった。
牧師も「女は欲望と交換の対象である」という具合に、政財界の大物にうまく語りかけなければならない。
おのずと「口を割る」のが男というものだ。
「ツーシーターで彼女を夜明けの海に連れていくのも簡単だ」
SPEED Lovely friendship

神道の側は「天照大神」を前面に押し出し、巫女会を作ったし、キリスト教は「イエスキリスト」を前面に押し出し「エンジェルチャペル」を作った。
仏教は「サクヤ会」を作った。
エキュメニカルと呼ばれるものは「処女の支持基盤を持つ」というビジネスの方法であり、起業家はそもそも「学校」などの文部科学行政と癒着していなければならなかった。
AV男優出身という悪口も言われなかったし、「怖いバカ一代のオヤジ」と言われなくて済んだ。
いろんな「起業の形態」はあった。
発起設立と募集設立である。
発起設立は文教族がやることであり、募集設立は「街でのナンパ」から始まるものだ。
いずれにせよ、金融(精神医学)のドイツと、大企業のフランスは国を分けざるを得なかった。
エキュメニカル(女子高生パワーに頼る資金集め)が、ルターによって行われ、ドイツという国を作った。
フランスは「AV男優出身の起業家」が、カトリックに多額の献金を行うことから成り立っていた。
ドイツとフランスは常に戦争をしていたし、イタリアには職人が集まり、オランダには農場が広がり、ヨーロッパのかたちができてきた。
日本国は「韓国と仲良くし、その向こうにヨーロッパを見なければならない」国であり、アメリカ合衆国や中国とは本来仲が決していいものではない。
それは「お国柄」というものである。
「ヨーロッパを深めれば日本という国が分かる」「その入り口は韓国にある」ことを理解しなければならない。
韓国で躓いているうちは世界の指導者にはなれないのだ。
韓国に指導を仰いだ起業家は多い。
韓国の方が「ヨーロッパとは何か?」を理解するのが早かった。
「気象コントロールを学習する必要性に駆られていた」からであろう。
SPEED 熱帯夜

さて、カントの登場である。
「AVだけではメジャースポーツには勝てないよ?」
この一言が重く響いた。
エキュメニカルを基盤に女子高生に祈らないと勝てない世界が成立したのだ。
カントは「募集設立」つまり、街で女の子に声をかけてAVを撮影するという起業の方法を痛烈に批判した。
発起人組合というものを概念しながら引き受けられる債務を明らかにし法人というものを作っていくが、債権はAVや文教を基盤に明らかであった。
しかし、「新しい仕事を見つける」と債務が生まれざるを得ない。
引き受けられる、この仕事ならうまくいくと考えたら「法人格」を得て、利益を翌年まで持ち越せるようにし、子会社をどんどん作っていった。
オックスフォード大学が「ヨーロッパのすべてが分かった」とし、イギリスの「EUからの離脱」を考えたのだ。
今でも、ヨーロッパは「日本国の友人」であり、ビジネスの基本を教えてくれた恩師である。
日本国に「モーニング娘。」が誕生した。
神道である。
処女非処女論争をネットで行いながら、日本国の青年実業家に「募集設立したならば女の子をアイドルに」ということを教えた。
日本国にある外国製品はすべてWTOルールにしたがって輸入したものだ。
イタリアのブランド物もあれば、フランスの水もある。ドイツの車もある。韓国の家電製品もある。アメリカの車はない。
信用できる友人かどうかはWTOルールがそのまま示していた。
「永田町がビジネスを分かってくれない」
永田町の官僚化が進行していた。
官僚ってのは「性倒錯貧乏人がなるものなんだよ?」
田中れいな 愛の炎

ここで「官僚派」と「党人派」の違いを指摘しておきたい。
官僚派は、官庁同士の人材交流から「文教」とのつながりを持っており、発起設立に向いている。
党人派は、「女子高生の基盤」を持たず、「AV男優」から始める募集設立に向いている。
どちらにせよ、「官僚派と党人派のはざまで」女子高生をどのように扱うべきかを論じたのが「神道」である。
「犯される!」
このことから女子高生たちは団結し、巫女会を作ったのだ。
亀井絵里 片思いの終わりに

女が神に失望するときというのは「女嫌いの男に会った時」と「レイプに遭った時」だけだ。
そこで、レイプに直面すると「世界に終わりが来てしまえばいいのに」と考えてしまう女がいるのではた迷惑なのだ。
このことから、巫女会というものはできている。
そこで、そのような女の社会復帰のために「車」を用意した。
「私を助手席に乗せると、カローラもフェラーリに化けるわよ?」
このあたりは、インドチベット仏教の世界戦略を、神道も借用している。
「八百万の神」それは「車の部品の数」を言い、ナポレオンのキャリアの原動力は「量子論」であり、ミジンコみたいな人間、であり「恋」であった。
ナポレオンもマイケル・ジャクソンとなんの代わり映えもせず、純潔妻と予言をうまく使い分けただけであった。
モーニング娘。愛車ローンで

神道の、愛国心と関わった世界においては、どの男の子も「女を邪険に扱った記憶を持っていた」のである。
「個と公の明確な分離」「政策からの女の排除」が儀式において進行し、宮司さんは「ポリシーメイクは天皇の専権」と位置づけ、天皇の「女性観」をそのまま教義とした。
あくまでも、「どの神道系の男の子も女をキックダウン(邪険に扱った)したことのある愛国者である」ことからスタートしていた。
「それがカッコいいと思ったけど嫌われた」
このことから「天皇を師と仰ぐ」基盤が生まれた(八百万の神と愛国心の問題)。
晴れた日のマリーン 後藤真希

若き日の「愛国心という過ち」を、風流無譚事件において、16歳の少年が「中央公論社社長宅を襲撃し二名を殺害」した事件においては「昭和天皇の女性観ではこの少年の矯正は困難」とし、逆送および起訴を認めるという天皇家の屈辱が判決で下されている。
これを目の当たりにした西原博史教授は「人格的統治者とは疑わしきもの」と少年に慰めの言葉を送っている。
どの子供も「権威に頼りたい」と考える年頃はある。
野球もサッカーもできなければそれは「愛国心」へと向かわざるを得ない。
しかし、その子供の「矯正」も天皇の仕事となっていることを司法当局は認め、天皇とは「男がなるもの」「誰にでも務まるものではないもの」というハードルを設けた。
人間同士が同じ力で押し合うことの困難さを理解していなければ天皇は務まらない。
このあたりから、アベノミクス三本の矢の一つである構造改革も私は起案させてもらった。

女たちは、仲間に「男」が加わると、ボディ(レズビアン)を「子」とし、ソウル(ノンケ)を「父」とする習性を持っている。
セックスの時に痛がったり、貧乳をみせるのを嫌がったりする女の子を「子」とし「男」=聖霊の前に立たせるのだ。
これも女の自己防衛なのだろう。
「父と子と聖霊」を「男と勃起と女の癒し」としたのがフィリピンカトリックであるが、女社会では「勃起はみな同じ」という考えが根付いていた。
痛い・快楽はみな同じであったからである。
しかし、フェラチオしか求めない男もいる(オカマ)。
パートナーにするのならばそれは問題であるが、社会においては「勃起するかしないか」しか見えなかった。
名前も聞かずに「穴があったら入りたい」のがオカマである。
名前を聞いてきたのならば「ノンケ」だと分かる。
渚のピテカントロプス 酒井法子

レズビアン女が「しゃぶる分には痛くない」として「サイズ」を言いふらしたため、男の側も「アーッ!知性が私の中に入ってくる」という女の発想を見失っていた。

女が、「彼、子供過ぎんのよ」と語るだけで、口でしゃぶりに女が寄ってきた。
フェラチオとは「会話」である。
「子供と話したい」
女はそう思ったのだろう。
レインボーピンク

ここで「エンジェルチャペル」(貧乳)、「巫女会」(神が短い)、「サクヤ会」(髪が長く巨乳)という一応の区別は可能である。
セックスできる体に「するな」というつもりはさらさらない。
それでも「祈り」は通用するからね。
「神の短い女でも貧乳女でも、知性の前には、ちんちんを欲する」ものだ(10%の女性)。
足先から頭まで、なぜ高いヒールを履くのか(唇が自分よりも上にある男を女はカッコいいと思うこと)と、髪の長さの理解度までを満たすのが哲学であり本ブログの趣旨であるが、哲学を語れば女はエンジェルチャペルでも巫女会でも「落ちる」と考えられている。
SPEED Confusion

しかし、巫女会(神道)には、可愛らしいショートヘア女はいるが、仏教(サクヤ会)よりも難しい。
場合によっては、キリスト教(エンジェルチャペル)よりも難しいかもしれない。
どうしても痛がる女には、ヒスロン、プロベラ、ルトラールという薬を処方するしかない。
孫子の兵法においては「もつれた戦いにおいては高くて狭い道を制するように」とある。
戦をするうえで、将軍(天皇)は常に「巫女会」を念頭に置いている。
いちばん「高くて狭い」のがショートヘアの女だったからだ。
また、余談であるが、兵法の歴史の中でも「曹操ほど速くて広い」展開能力を持った将軍はいなかったとされている。
「女」を語るのも戦である。

B173433a50914d218c65b04b12d03377

さて、ここで、タージ・マハルについて触れておきたい。
ガンディーやタゴールが「ヒンズー教」というものを作ったが、国家元首となった自分が一番手を焼いたのが「ブラザー」(兄弟)の存在であった。
兄弟というと「音楽を共有する」「マンガを共有する」などの特徴があり、私のように「音楽作品」を仕事として扱うとなると、時には兄弟に教えられた音楽作品もあったりする。
逆に、私が、秋篠宮に教えた音楽作品もある。
秋篠宮が「オタク?」そりゃ運気が上がりそうだ。
兄弟は、音楽作品という「素材」を共有しているという意味のいては「資金力は同じ」と考えられた。
光太郎さんほどの学歴がないため、見たこと聞いたことすべてが運命。
それが秋篠宮家のアイデンティティである。
ベートーベンの交響曲第五番のオープニングからライブが始まった。
「目の前にあるものすべてが運命」「言葉数が少ない」「人気が先行し、あとは減点方式」
秋篠宮家の「資本・株式」(男・女)を自在に操ったのは光太郎であった。
Melody 運命95

同じ「兄弟」で同じ音楽作品を聴いていても、「キュレーターとしての才能」(学歴)の違いだけで、天皇になれるかなれないかが決まった。
兄弟というのは本来、このような「笑顔」で見守られるものであった。
眞子ちゃん、佳子ちゃんという「姪」もいた。
秋篠宮に足りないのは「周囲からの悪意」であった。
「ブラザー。売ってっくれよ。喧嘩」
アイドルグループ「Melody」は、シェークスピアの研究から作られており、作品を作るための資料はサザエさんと全く遜色のないものであった。
Melody 世界中の頬御笑みを集めてもかなわない

眞子ちゃん、佳子ちゃんが歌っても「運気が上がる」効果が明らかになったため、彼女たちは「本当は処女なのではないか?」と噂になった。
Melody 少し自惚れて

眞子ちゃん、佳子ちゃんの「ご利益」が有名になり、秋篠宮一家は「タージ・マハル」という居場所を見つけた。
Melody Oh Please

愛子さまも、お父さんが光太郎の「兄弟」だったため、この曲を歌った。
西田幾多郎が「皇族はみんな処女」と言ったが、もう「昔の愛ちゃん」はどこにもいないことを悟った。
雅子さんの方が案外「おおらか」であり、紀子さんが「モンスターペアレント」だったのかな?とみんなが噂し合った。
Melody 青空をあげたい

女の子たちに宿題です。
彼氏と別れても、女が「忘れないでね」と思うことはあるでしょうか?
忘れないでね 田中有紀美

「二度と思い出したくない」
そんな別れ方ばかりではないだろうか?
「カップルを取り巻く男友達や女友達が減った」りすると、カップルは「発信力」を失い、「すれ違い」が多くなる。
「愛」の真逆の感情が「憎しみ」である。
友情というものも「対等であること、楽しみの共有、認め合うこと」などが条件となってくる。
100%の雨が降る 酒井法子 

「女の方から別れを切り出せば傷つかない」とも言われ、さらには、ヒントとして「人間は不完全だから愛し合う」「絶対がないから出会いと別れを繰り返す」ことを指摘しておきたい。
「絶対」とは、すべての女に通用する口説き文句であり、おカネとは「金額が数えられる、女が買える、すべての女に通用する」というものであることから、絶対というものは「おカネ」でもありうる。
「よく覚えている」というのは節税効果をもたらし、「忘れないでね」というのも同様である。
仕事をしていておカネのある男は、知り合いの男女も多く、そこで「女から別れを切り出す」と金銭面で両者ともに破滅しなくて済む。
男から別れを切り出されたら、女はひたすら泣くしかない。
「仕事」対「女ネットワーク」の戦いがなされていたのだ。
男も女も「社会から何かを家庭内に持ち込む」ものである。
どちらも、引きこもっていてはいけないものだ。
斉藤由貴 情熱
「肉を食べなければ恋ができない」「対等でなければ男女は愛し合えない」などから、自分たちが「さま」と呼ばれている現状も娘たちに語り合ってもらいたい。
あなたよりも愛していたい 国生さゆり

ブルゾンちえみ キャリアウーマン 

民法学の世界においては「平井陣営」というのが知られており、「仕事の複雑性から給料の違いが生まれる」ことを率直に認め(裁量)、それを恋愛論に持ち込もうという発想もある。
真夏のフェミニスト ribbon

 
「恋」「女ネットワークの構築」と「おカネ」を連動させるものであり、強い論陣を張っているが、「おカネ目当てではない」という女も中にはいる。
しかし、ここにも「絶対」「口説き文句」=おカネという発想は入り込まざるを得ないのだ。
「仕事の複雑性」=「口説き文句を考えること」とすると、平井陣営に分があるだろうか?
SPEED Deep blue&Truth

大阪パフォーマンスドール Carnival 3:50から

松井須磨子 カチューシャの唄

カチューシャかわいや わかれのつらさ
せめて淡雪 とけぬ間と
神に願いを(ララ)かけましょうか
カチューシャかわいや わかれのつらさ
今宵ひと夜に 降る雪の
あすは野山の(ララ)路かくせ
カチューシャかわいや わかれのつらさ
せめて又逢う それまでは
同じ姿で(ララ)いてたもれ
カチューシャかわいや わかれのつらさ
つらいわかれの 涙のひまに
風は野を吹く(ララ)日はくれる
カチューシャかわいや わかれのつらさ
ひろい野原を とぼとぼと
独り出て行く(ララ)あすの旅

 

聞き取りづらいのであえて歌詞を全文記したが、「わかれのつらさ」と言っていることから、「男から別れを切り出した」ことが分かる。
さらに、「神に願いを」と言っていることから「靖国神社あるいは厚生省に報告した」ことが分かる。
「野山の路かくせ」と言っていることから「戦争で死んじまえ」と言っているのが分かる
今までの文脈から言うと、「仕事」を持っている男に振られた「女ネットワークの少ない女」が「厚生省に通報する」のが「赤紙」の仕組みであることが分かる。
「サクヤ会を大東亜共栄圏に広める」というのが第二次世界大戦の趣旨であるが、松井須磨子はおそらく「処女としての予言」に用いられたであろうし、「阿弥陀如来信仰」と結びつき、大日本帝国軍の「徴兵制」と深く関わり、その「強度」とも密接にかかわったものと考えられている。
「赤紙」は「ノーブルレッド」と呼ばれた。
ノーブルレッドの瞬間 国生さゆり

サクヤ会は明らかに南部仏印を見ていたし、巫女会は「中国朝鮮」を見ていた。
内閣総理大臣の靖国神社参拝は「中国韓国」を見据えたものであり、サクヤ会が「黙っては」いなかった。
中国韓国も、ベトナム・ラオスなどの国々や、南シナ海の問題を抱え、今だ存在する「巫女会」「サクヤ会」を刺激したくはなかったのだ。
小泉今日子 魔女

さて、同じ文脈で、男の「仕事」対「女ネットワーク」がパートナーには存在するが、男は「ひとつ」と言い女は「ふたつ」と言うということが指摘できる。
人口が二倍ならば「繁栄は三倍」(リカード)とも呼ばれ、女が「ふたつ」というところに「愛」の根拠を見出すことができる。
「CIAの起源」
サマーラバー大作戦

男が「何を想像して喘いでいるか?」に興味を持つのが「愛」ならば、男は「女を愛するほど弱くはない」とされ、それでいて、女は「男を愛していた」のである。
痛みが愛となっていたものと思われる。
ベットで情報を得ることを「デリカシー」と呼び、女は男から「情報」を引き出そうとした。
デリカシーがなくなった男はもはや「抜け殻」であった。
軽い気持ちのジュリア 酒井法子

女ネットワークに、巧妙に、男の「デリカシー」が混ざりこんだ。
女ネットワークの強度を増すために、女は「ふたつ」になる必要があったのだ。
禅というものは「ふたつ」から「ひとつ」へ、そして「ひとつですらない」という経過をたどるが、「女の愛」から「デリカシー」そして「女ネットワークへ」と男の「仕事」が拡散していく様を示している。
バスルームでキャッチホン 高橋由美子

 
「仕事」というものは精神史的文脈を持ち、他の男の「仕事」の方が面白いと、男は抜け殻となった。
「オックスフォードなんて入ると親が離婚するよ?」
そのように噂になったのが、「ふたつ」=女の愛と、「ひとつ」=デリカシー、さらには女ネットワーク(ひとつですらない)であった。
これはあくまでも「サクヤ会」(仏教)の論理であり、エンジェルチャペルや巫女会は「処女としての予言能力」を資金源にしていた。
男は、2万3千円の「日経平均株価」(セックス代)を言葉で支払っていたのであり、CIAと作家は密接に結びついた。
「女の話」が諜報と呼ばれ、「男の話」が文学と呼ばれた。
処女の予言能力をはるかにしのぐ「諜報・文学」ネットワークがサクヤ会にはあったのだ。 「諜報・文学ネットワーク」である日経平均株価と、「処女への祈り」(エンジェルチャペル・巫女会)に流れる富は、まさに双璧をなし、私も文学のみでは日経平均株価はなかなかコントロールしきれない部分がある。 「諜報・文学ネットワーク」はサクヤ会のものであろう。 それでも一日三兆円は動く。

 

 

« 日限地蔵尊(ひぎりじぞうそん)。 | トップページ | 石原慎太郎の研究。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日限地蔵尊(ひぎりじぞうそん)。 | トップページ | 石原慎太郎の研究。 »