最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 新左翼~自民党の犬(エッチな溝川幸二)。 | トップページ | 三国志。 »

2020年7月 4日 (土)

法王庁とユダヤ教。

天皇引退声明

令和天皇は、今後、「令和法皇」となるわけであるが、バッキンガム宮殿のコンウェイ嬢を参考にしている(17世紀)。
まず、「予言」を行うこと、そして「男」について語り合うこと。
天皇家の「世襲」を行う上でも、本来、法王庁は必要とされていた。
アマテラスについて語る王子はあまりにも国を暑くする。
それは、宮内庁の専権であるが、法王庁が「神・男の完全性」を語り合わなければ天皇制そのものが国にとって有害となる。
「男」について語り合う、法王庁の女たちには、多くの男たちからの献金が絶えなかった。
バチカンのシスターたちはそれで豊かな宗教を構築していった。
大正天皇の妃の貞明皇后は「裕仁には信心が足りない」などと言って、自ら法王庁としての役割を果たしていた。
法王庁のシスターたちの考えと、令和法皇の「見方」の違いはアキレスと亀と呼ばれるものであり、「女は男を永遠に追い越せない」ことを示していた。
それで法皇は、男が務めるものとなっていた。
日曜はダメよ 三浦理恵子

今は、令和法皇の息子に関する「予言」や、プロ野球の予言なとに限定される法王庁であるが、その予言能力、男を見る目は、今後相当程度、養われていくものと思われる。
女の唇に魅力を感じるのは幸せな男であり、女の胸に魅力を感じるのは不幸な男であった。
「その境遇で唇を見ていたのか?」
など、男を判断する材料は実に多岐にわたる。
リリーマルレーン

ひも理論にしたがって、宇宙の始まり以前は「逆転写された」宇宙の歴史があることを認め、何が宇宙の始まり以前に「逆転写」されているのかを探ることが重要だった。
つまりは「お天道様はお見通し」「宇宙がその日その時に地球にどのような意味を与えていたか」などを語ることから始まり、すでに逆転写されている「人類の永遠」や「国益」などを見ていかなければならない。
これは、もはやユダヤ教の基本であった。
女たちが「人類の永遠」「国益」を模索していかなければならないのだ。
ひも理論は、「証明するかどうか?」であった。
ribbon wish

ひも理路は、「寸分たがわず」左右対称というわけではなかった。
時には東京大空襲や、原爆投下、沖縄地上戦のように「女たちの誘導ミスによる微調整」がなされてきた。
特に、女は「アウトロー」な男を好んだため、「若い女のアウトロー好き」が微調整をかなりセンセーショナルな形でもたらしていた。
違法な連中の人事を間違えると、それは特に大きな調整を受けなければならない。
おニャン子クラブ ショーミキゲン

「黄色いユダヤ人」であるアラブ諸国が、今までは、このような「微調整」を行ってきたが、今は、日本国女子も、令和法皇の「シスター」「シナゴーグ」のメンバーとしてそのような微調整を行うことが可能となっている。
週刊誌の読者がそもそも「令和法皇のシスター」だったため、週刊誌も「微調整」に協力してきた。
人を欺きながら生きるものに国を委ねるわけにはいかない。
ひも理論を知らずに、毒樹の果実をむさぼるものは、必ず令和法皇のシスターたちの受けを狙ったメディアに潰された。
センセーショナルな「微調整」は、悪からもたらされていた(悪人正機説)。
自分の「善良さ」だけ見ていれば将来が予測できる、これがユダヤ教のひも理論である。
夏目漱石は、「こころ」において、女を友人から卑怯な手段を使って奪い取り、友人を自殺させた「先生」を描いている。
先生は、友人の墓参りにいかなければ妻に浮気をされてしまうし、卑怯な手段を使ったこの自分がのうのうと生きている限り、ひも理論の観点から、この国は「滅びるね」と語っている。
明治の文豪は、明治天皇が生前退位して「法皇」にならなかったことを、「お天道様はお見通し」「ユダヤ女ネットワークの欠如」と見なし、
ひも理論が機能していないとして国が世界の「微調整」の枠内で「滅びる」と考えたのだ。
令和天皇が「法皇になる」ことは夏目漱石も支持するところであり、女を卑怯な手段で奪い取った自分が、女たちから最終的に見放され、自殺に追い込まれたところに、
「宗教の祖先」「女ネットワーク」「ユダヤ教」「神・男の完全性」を見いだしている。
松田聖子 スウィートメモリーズ

「勃つ男」のなかには「排除しなければならない」男が必ずいるため、悪人や卑怯者を、女たちはあえてセックスの時に「侮辱」し、勃たなくさせていた。
これが、女のユダヤネットワークであった。
女二人に男二人ならば必ず「割りきれる」が、女二人はからだを比べあい、男二人は知性を比べ合う。
知性に負けた男は、必ず卑怯な手を使って「神」=勃つ男ではなくなる。
割りきれるのはその場かぎりであり、長い目で見たら二対二でも割りきれないのだ。
避暑地の森の天使たち

善人でも救われる、ましてや悪人をや、と言うが、親鸞は「顔を美しくする方法」を明らかにし、このような女のユダヤネットワークにおいて、顔さえ良ければ女はセックスの時に男を侮辱しないと考えた。
男は、勃たなくなったら、文字が読めなくなるし、貧しくなる。
仕事は「盗むこと」となり、しかし、処女にはモテなくなる。
女もおらず、口説き方も知らない。
出世もできない男となる。
小男ならば、ずる賢さを持っているだろうが、メジャーにはなれない。
それを知ることが「違法な連中の人事」を考える上で必要になってくる。
悪口をいっていても「お上」には逆らえないのだ。
常務会が、夢を託す男は当然いるだろうが、「見識をもって批判する」ことと「勃つこと」が必要になってくる。
見識をもって批判すれば、名誉職に祭り上げられる。
いじめをやらない、男らしい、特定の女を愛するということが減税増収につながるとしたが、「勃つこと」「豊かなこと」と同じ意味であった。
彼、ギンギンに勃つよ?と女が言うだけで、ライバル女が玄関のベルを押した。
だいたい「頭のよさ」で勃つかどうかは分かった。
頭のいい令和法皇はそれだけで人気があった。
Wink 愛が止まらない

男と女が電話で話し、知恵と対話の疑似セックスを行ったら、電話を切った後に女がマスターベーションすることがある。
このような場合は、女は「アーッ、頭の良さが自分の中に入ってくる!」と言って喘ぐか、男の側も、必ずしもちんちんは大きさではないことを理解しなければならない。
若さが魅力という男もいるが、知性が魅力という男もいる。
ribbon 愛してジャスティス

「アーッ、頭の良さが私の中に入ってくる」という事例を愛の第六感と呼ぶ。
令和法皇は今後も「言葉」を売り続けるであろうし、愛の第六感を増やして回るだろう。
モーニング娘。独占欲

愛の第六感を、電話で自在に操る男を「哲学者」と呼ぶ。
愛の第六感を自在に操るためには、時代の最先端の学問に通じていなければならないが、
父親と息子では「システムの違い」が生じることがある。
父が「俺、このやり方マスターできなかったんだよな」というようなことが哲学の世界では常に起きつづけていたのだ。
アイザック・ポルカーは、そこで「父と息子のモーゼ五書の共有」だけはいつの時代も変わらないとした。
それを前提に「浮気をしない」「浮気をしたら禿げる」「禿げたら結核の薬を売り付ける」「タバコをやめる」などのモーゼ五書を踏まえて、
時代の進化は、愛に詳しいキリスト教のものなのか、男に詳しいユダヤ教のものなのかを論じた。
世界史は、女の子たちに「女になってくれ」と言ったが、アダムがリンゴをかじったときに女たちに満ち溢れ、「男を論ずるユダヤ教」が生まれている。
レスボス島から、西洋史は始まっているし、ユダヤ教もその流れを汲んで「男を論ずるのが宗教」とされている。
そこで、女に詳しいキリスト教と、男を論ずるユダヤ教は優劣を決しようとした。
どうやって?
それは「予言」で競いあったのだ。
松田聖子 ハートをロック

僕の前に道はない、僕のあとに道はできる、私は「主」である(創世記)、私は何者にも動じない(マダイ)など、イエス・キリスト以前も、それ以降も「一貫性のある男」が男のモデルとして描かれた。
神・男・聖霊という概念以外に、「化身」という表現で「憧れの人」という概念が生まれた。
君主の誕生であった。
日本国でも「天皇は君主である」とされているが、法皇も「憧れの人」であった。
主というのは「憧れの人」という意味である。
そこで、主の「化身」となれば「アーッ、知性が私の中に入ってくる!」と女が言った。
天皇は「君主」であったが、他にも多くの「主」がいて、とにかくその世界で「つづけること」が、戒律にしたがった気持ちのいいセックスにつながった。
ユダヤ教は「主」という男概念を生み出し、キリスト教は「憧れの人」を生み出した。
主は、堅物な男社会の人間であったが、キリスト教は「女への詳しさ」という「政治」を含むようになっていた。
女に疎い方が気持ちいいんじゃないの?とユダヤ教は考えた。
松田聖子 赤いスイートピー

東大法学部は、女なんて分からないというユダヤ教の立場からバブル経済を生み出した。
しかし、スタンフォード大学は「女心」をどんどんクリエイトし続けたのだ。
ここに、スタンフォード大学>芸能界>東京大学という図式が生まれた。
新カント派がスタンフォード大学を作り、西田幾多郎が芸能界を作り、ユダヤ教が東京大学を作った。
偏差値Boyは、思いきり私で喘いでくれる、そのようにユダヤ教は考えていた。
偏差値BOY

しかし、ユダヤ教の中枢である東京大学は、世界ランキングで、キリスト教の中枢であるスタンフォード大学に後塵を拝した。
芸能界に迷いをなくした(公物管理)のは、キリスト教だ。
しかし、かつてのバブル経済を引き起こしたユダヤ教には敵わないではないか?
 

アーッ、知性が自分の中に入ってくる!と女が言っても、その知性は「偏差値」でもよかった。
しかし、東大法学部政治学科(キリスト教)・公法学科(芸能界)・私法学科(ユダヤ教)という具合に東大法学部も「新しい国のかたち」として変容していった。
カチンカチンにフル勃起したヤーヴェがいいのか?
女に詳しい堕天使イエス・キリストがいいのかはいまだ結論は出ていない。
どの男を「侮辱する」かという女たちのコンセンサスが得られていない。
「つづけること」
それ以外に女たちは求めていなかったようだ。
続けていればどの世界でも適当に生きては行ける。
芸能人女たちを手玉にとるキリスト教への憧れはユダヤ教にもあった。
しかし、「バブル経済には敵わねえな」という気持ちはキリスト教にはいまだ存在する。
それで、ユダヤ教の世界にメシアは現れたのかい?
東大が「新しい国のかたち」に軸足を移した時点で、大企業や官庁は令和天皇をメシアとみなしていたのだろう。
なにしろ事務次官経験者も警視総監も、まるで凝り固まったユダヤ教徒として扱われたからである。
そこで、ユダヤ女ネットワークとは、セックスにおカネを要求する存在であること、ムカつく男を性的に侮辱すること以外に公約数的見解はない。
アーッ、私の中に知性が入ってくる!という点も同じだ。
男(ファースト)が、女(セカンド)を用いて、予言(サード)を行うという図式はたしかにユダヤ教が作ったものだ。
しかし、男社会で有名、というようなことしか想定されておらず、本当に、「女心」にまで立ち入ったキリスト教的世界観が構築されたのは令和法皇によるものである。
出世する男は、セックスの時に女を叩いている。
夜の生活が先か、社会生活が先かと言われると「夜の生活」と言うしかない。
女に侮辱されたら「文字が読めなくなる」「勃たなくなる」のである。 
ユダヤ女ネットワークも「セックスの時に女を叩く」男を侮辱することはない。
デニーロ ボーイズライフのシーン

なんのための「ひも理論」なのであろうか?
宇宙の始まりからそれ以前の姿が逆転写されて「すでにある」のである。
未来は「どのように女たちが微調整するか?」にかかっている。
英字新聞を読むと、メジャーリーグの野球のわずか一試合でも大々的に報じている。
女たちの「微調整」のおかげで「値しないのにその地位にいる」男が抹殺されたことを報じているのだ。
「値しないのにその地位にいる」人間を抹殺するためにユダヤ女ネットワークはあった。
アーッ、知性が私の中に入ってくる!というユダヤ教は、マスメディアも無視できず、「値しないのにその地位にいる」人間をプロ野球の勝利により抹殺した。
秋篠宮とか小室圭さんとか、ムカつくやつがいれば、ユダヤ女ネットワークが黙ってはいなかった。
男に、秋篠宮とか小室圭さんをどう思うかを聞いて、ムカついたら男を侮辱してやればよかったのだ。
食事中に話したことで、ユダヤ女ネットワークは動く。
野球は「微調整」ではあったが、「値しないのにその地位にいる」人間を抹殺した。
ムカつく有名人を支持する男を侮辱し、プロ野球を見れば、ムカつく有名人がいなくなる。
逆に、ムカつく有名人を批判してくれる男ならば知性に喘いだ。
松田聖子

食事の時の「話題」と、セックスとプロ野球の勝敗だけでムカつく有名人がいなくなった。
ユダヤ女ネットワークにはそれだけの力があったのだ。
胡散臭い平成の皇室を生き残ったのは令和天皇だけであった。
皇太子だの秋篠宮だのいう男をユダヤ女ネットワークは、ことごとく侮辱し、自分の好きなプロ野球チームが勝つのを見て、「値しない人間」を消していった。
神は自分に似せて人間を作った。
それならば、胡散臭い神を信じる男をは侮辱してやればいい。
プロ野球やサッカーの勝敗を笑ってみていればいいのがユダヤ女ネットワークだった。
セックスの前のディナーにおける話題から「胡散臭い」名前は消える宿目にあった。
人類学的側面を見るのならば「一理ある」人間ばかりである。
秋篠宮だの小室圭さんだのの話題をディナーに持ち込むのならば「部落民としての悲哀」まで語らなければならない。
かなりの貧乏セックスにはなるが、ユダヤ女ネットワークがどの男を侮辱するかのコンセンサスはない。
チューリップのアップリケ 岡林信康

部落民の秋篠宮はヤクルトスワローズを支持し、ハイカラな令和法皇は横浜DeNAベイスターズを支持し、長いものに巻かれるタイプの雅子さまは読売ジャイアンツを支持している。
発言や行動がこれらの球団の「ファン」に影響を与えるのだから、卑怯な真似は慎まなければならない。
令和法皇は横浜DeNAベイスターズの球団経営に参加しているが、秋篠宮にせよ雅子さまにせよ、業績の「横取り」的側面がある。
ユダヤ女ネットワークが果たして、部落民を支持するかは分からないが、「おカネをくれること」「知的であること」なとが要求され、ヤクルトスワローズというものは「そういうものだ」というかたちで、読売ジャイアンツと比較されなければならない。
山谷ブルース 岡林信康

球団経営に参加しないのならば「好きな球団を明らかにしてはならない」というのが皇族である。
応援してくれているファンや、経営努力をしているフロントのエネルギーを「盗む」行為であり、褒められたものではない。
雅子さまは「朝青龍」「琴光喜」などのファンのエネルギーを「盗んで」いたのだ。
このような「盗み」行為は陣営の崩壊につながりかねない。
フランスのパリという都市は13世紀の、ユダヤ女ネットワークが作った。
リラという人物が作ったのだ。
リラと言うと「ユリ」という植物を意味するし、「子宮」をも意味した。
小泉今日子 私の16歳

パリは「男選びの宗教」の中枢となり、複雑な「占い」が発展した。
ユダヤ教カバラもパリで作られた。
星座占いで瞳を閉じて

モンゴル帝国は、この頃にヨーロッパの都市の造成に影響を与えたし、日本国がモンゴル帝国を撃退したということも、噂になった。
神・男は「女が語るもの」ということか明確になり、セックスの時に叩かれたら、女たちは「神・占い」で応じた。
男を侮辱してやれば男は勃たなくなるが、叩く男もいたため、パリで宗教が発展したのだ。
「ファンのエネルギーを盗んでいる」という指摘は、政敵を倒すのに有効だ。
さらに、実績のある人が山に登り、「誰よりも高い山に登った」ことを象徴的に表現することも、政敵を倒すのに有効だ(山上の垂訓)。
他の連中が到達できなかった境地を「山」に例えている。
富士山 ご来光 

近所でヤクザによる借金の取り立ての声がするというのでは平和とは言えない。
指導者が山に登ったのならば「豊かさ」が市民に約束され、街には「静けさ」がなければならない。
国中が「山頂の静けさ」に満たされなければならないし、負け犬が騒ぎ立てる行為は誰からも感謝されない。
つまり、読売ジャイアンツやヤクルトスワローズに「ご迷惑」をおかけするのが「騒ぐ」という行為だ。
答えは必ずプロスポーツから帰ってくるし、ファンからも帰ってくる。
「暴力」とは、政治的勝利者に対して「負け犬」が行うものだ。
それならば、「騒ぎ」は、敗者への罰とならなければならないし、雅子さまがの読売ジャイアンツファンであり、秋篠宮がヤクルトスワローズファンであることを明らかにした時点で、彼らは「フロントとして働くか敗北者になるか?」の二択しかなくなっている。
好きな野球チームを答えた令和法皇はフロントとして働いている。
ガンディーは、ヨーロッパで学んだ政治的勝者であった。
「誰よりも高い山に登った自分」に対して、騒ぎを起こす連中を「プロスポーツ」で地獄に突き落とした。
雅子さまは読売ジャイアンツとともに、秋篠宮はヤクルトスワローズとともに地獄を見るであろうし、そもそもファンからエネルギー(おカネ)を盗んで、しかも「騒いで」球団に悪夢を見せた以上、「皇族が好きな球団を明らかにする」という行為にはメリットはない。
大の大人が「暴れる」という行為に罰が下ることは、プロスポーツも当然、理解しなければならない。
読売ジャイアンツも、雅子さまというお子ちゃまにとんだ迷惑をこうむったものだ。
ユダヤ女ネットワークは、暴力を嫌う。
神や占いはそのためにあった。
しかも、政治的敗者が、勝者に対して暴れているのだ。
各球団は「バックにいる政治家たち」の力量を見ているし、負け犬ならば出ていってもらいたがった。
モーニング娘。セクシーボーイ

プロスポーツがある限り、国の指導者は「外国国家に国民の関心をそらす」必要はなかった。
国の指導者が「負け犬」になったときにそのようなことを行う。
北朝鮮は「ブラックメール」を日本に送るタイミングをいつも見ている。
女たちの「支持」があればフロントとして仕事ができる。
しかし、支持もなく、ファンからおカネを盗み、自ら「暴れる」ことでファンに迷惑をかける。
朝青龍で懲りなかったのだろうか?
ジェーン・アダムズは、このような「女ネットワーク」とプロスポーツを平和と結びつけることでノーベル平和賞をもらっている。
国内で支持基盤を固めきれなかった政治家も「国外に」関心を向けたがる。
家庭内の弱者には「中国・韓国・北朝鮮」が必要だった。
「大学で頭を空っぽにしてきた奴」を採用するという国際政治学者もいた。
安倍晋三には「自分の派閥」はない。
常に、家庭内の弱者(しばき隊)を基盤としてきた。
慢心・環境の違いなどという家庭の事情は、メジャースポーツには通用しない。
しかし、「汝、殺すなかれ」という言葉は政治的勝者に向けられて発せられた。
負け犬が暴れる理由を暴き出し、ファンからおカネを盗み、ファンに迷惑をかける皇族や政治家の「仕組みを明らかにしろ」という意味だ。
その上で「証明」しなければならない。
今は読売ジャイアンツは強いから、アハハ、という政治家に悪夢を見せなければならない。男らしい、仲間が多い、その上でユダヤ女ネットワークを持っているのならば、国内のメジャースポーツで、政敵を倒す力を持っているし、なにしろ平和的だ。
戦闘員(政治家・皇族)はこのようにして消すことができる。
しかし、普通の「ファン」(非戦闘員)まで巻き添えになるではないか?
負け犬の暴力が、非戦闘員を巻き添えにしたのだ。
不服従(時の権力者を越える力をもつ)ことしか読売ジャイアンツファンに救いはない。
つまり、連敗がつづくようであれば「雅子さま批判の声をあげる」ことしかできない。
メジャースポーツというのは「政治そのもの」としたのは令和法皇であり、「ファンからカネを盗むやつがいる」ということを指摘したのも法皇だ。
真剣勝負ってのは、カネなんだと考えていたし、平和を訴えるのならば「恋のはなし」でも人に語って、ファン心理を巧みに利用して、出来の悪い指導者に退席していただくしかない。
瀬能あづさ 秋

現在、読売ジャイアンツは首位であり、横浜DeNAベイスターズは二位である。
三位にヤクルトスワローズが続く。
過去のプレーは、振り返る必要はないが、女子たちの動きは、振り返らざるを得ない。
令和天皇をいじめている、という奴を「カッコいい!」と思ってはいなかったか?
令和天皇がいざ、去ってしまうと、いじめていた男が急にみすぼらしく思えなかったか?
女子たちの「予見能力」は案外場当たり的だ。
先のことは男に頼りきっている。
その男が、「先を見通していなかった」のである。
ユダヤ女ネットワークを、令和法皇はあっという間に構築した。
さてさて、「あの時、あなたはどこにいたのよ?」という女の裁きが始まる。
どんどん「新しい企画」を立ち上げる令和法皇に対して、「歴史の審判」をユダヤ女ネットワークは始めるのだ。
先のことは分からないが、神の見ている風景(過去)は女も見ることができる。
晴れときどき殺人

1950年代には、地位にしがみつく者と、学術法則にしたがうものの「ズレ」が明らかになっていた。
彼の権力は必ずしも「天皇という地位」に由来するものではなかった。
そのあたりの「勘違い」を女たちは裁き始めたのだ。
地位と、学術法則は時に連動しているが、地位にしがみつく男もいた。
時計の針は「すべての方向」を向いている。
しかし、学術法則は一定の方向を見ている。
素人はまた、「すべての方向」を見ているのだ。
このあたりに、人気を維持しつづける令和法皇の力量があったし、他のプレイヤーを、勃たなくさせる、あるいは女日照り(懲役)にさせる力があった。
魅力的な女がいて、しかし、射精したあとに「思い出にしよう」という男がいる。
ブートストラップと言われるものであり、女も男も「射精したあと」を予測していないという現象だ。
付き合っていたとしても「愛の言葉」は記録に残さない。
射精する前とあとがだんだん分かるようになる。
そんなことを繰り返していくうちに、「過去の裁き」を行われたら、男もたまったものではない。
BoA Is this love

クイズミリオネアも、一億円払えば、「一千万円当てた英雄」になれる。
これが、芸能界であり、政界であり、スポーツ界であった。
「カネ目当て」「すべての方向を見ている」素人を消すためには、あくまでも学術法則にしたがわなければならない。

マキャベリは、「王子」というものを、親父が持っている「ユダヤ女ネットワーク」つまり、「世界の女を支配する父親」とどう向き合うのか?
という意味において、「世界」が家庭にとどまる普通の男子とは異なり、本当に「ユダヤ女ネットワーク」を父親が持っているということから「王子」(プリンス)であるとした。
プリンス

 
マキャベリズムは、「頼みもしないのに自分の利益になる行動をとってくれる」父親(パターナリズム)を背景に、それでも「いるもんだね、あんなスーパーマン」と言われて、自分に厳しい課題を課さなければならない息子のことをいう。
メディチ家は、ユダヤ女ネットワークをフローレンスが持っていたし、息子のコズモは、父親のユダヤ女ネットワークに、周囲の男子を「おさめて」回るのが仕事となった。
コズモは、女という資産には困らなかったし、男の子たちも「女目当てで」コズモに群がってきた。
フローレンスは、コズモのために犠牲になるダースベーダーであったし、息子はルークだった。
コズモは、ユダヤ女ネットワークを掌握しなければならないという必要性に駆られてフローレンスの書物を読まなければならなかった。
ユダヤ女ネットワークを持たなかった平成天皇にとって、息子たちの選民思想は「機能しない」ものであったし、令和天皇は、「世襲とは何か?」を徐々に明らかにしていった。
プリンス

イギリスのイートン校などは「Virtue&Ritual」と表現し、オックスフォードに進学したら何をすればいいのかを明らかにしていたが、女子高出身のサッチャーが、「亜流」と呼ばれても仕方のないものがあった。
いろんな「世襲制のかたち」は示されたが、父親がユダヤ女ネットワークを持っているという世襲制は、もっとも人気があったし、マキャベリの発明であった。
日本国の天皇制も、学ぶべきことが多い。
このような「マキャベリズム」以外に「戦術」「作戦会議」などなかったし、どの王子も「父の死」など望んではいなかったが。
このような「王子」に、お手元金が必要であるかは明らかではないが、国立大学に進学させる程度の「予算」は必要だろう。
他に代わりがいない、その人にしかできない、という意味では警察と何ら変わることのない公共財であったからだ。
ニュートンの「プリンキピア」は、メジャースポーツを作ったが、
「ゲームセット」「ノーサイド」の瞬間に「光の速さ」が紛れ込んでしまった(ローレンツ変換)。
そのため、アインシュタインは「男女が突き合う」(一般相対論)「離れていても時は同じ」(特殊相対論)の二つに、つまり「セックス」とサードパーティに活路を見いだした。
宇宙においては、物の重さは地球の重力よりはるかに軽く、光の速さよりはるかに遅い。
つまり、淡々としたゲームの方が「最後の瞬間」よりも大事であり、「サヨナラ逆転満塁ホームランの研究」(相対性理論)をしても意味がなかった。
それでも、ニュートンの作ったメジャースポーツに「セックス」(相対性理論)は容赦なく入り込んだ。
笑顔でノーサイド 宮前真樹

法王庁としては特殊相対論の立場から、他人のセックスを眺めて、歌にしたいところだが、一般相対論は、セックスの当事者として「宇宙」を問題にした。
蛍の草原 松田聖子

 特殊よりも一般の方が難しいと語られる理由も「セックスの当事者として歌を歌う」ことの困難さを言った。
女たちの一般・特殊相対論への論評と、さらには宇宙の始まり以前は、始まり以降の姿を「逆転写」しているというひも理論、さらには、「指導の誤り・論評の誤り」から生まれる歴史の「微調整」さらに、2024年に完成するタイムマシーンでも原子爆弾投下(文明批評の指導者による誤り・微調整)までは「歴史の文脈」においては介入できないことなどを示している。
今のイギリスが「ダンケルク撤退」を遂行する資金力がないのと同様、歴史の「微調整」さえアメリカ合衆国が生み出せば、原子爆弾を、作ることは可能であった。
法王庁は、文民統制を、プリンキピア(メジャースポーツ)、相対性理論(セックス評論)、および、ひも理論から行うが、微調整は、「地震・噴火」レベルでも引き起こそうとは思っていない。
カントの「永久平和のために」を踏まえ、日本という国を愛するもの、日本語を話すものを不幸にするつもりはない。
しかし、「微調整」を、どの球団を愛し、どのようなときに人は「重さに耐えられるのか」に関しては介入しつづけるつもりだ。
しかし、「月」の介入だけは、なんとかならんもんか?
どの国の指導者も「月」の介入だけは人間にはどうすることもできないと感じていた。
熊本の豪雨もそうだろう。
月および「誕生日」までは、なかなかこれらのひも理論の「微調整」ではコントロールできない。
そもそも、人類の運命の「逆転写」が、宇宙の始まり以前になされているのか?
それとも、「天体の動き」だけが逆転写されており、人類は「ただ、いるだけ」なのかは明らかではない。
しかし、天体が「その日その時」地球にどんな意味を与えていたのか?
を踏まえて、ひも理論の「微調整」も、サルにはできない高度な文明批評だった。
令和法皇の、「音楽作品の論評能力」は少なくとも日本国で最高レベルであるし、それを法王庁職員に読んでもらうことにより文民統制の強度を増すことは、プリンキピア・相対性理論・ひも理論を踏まえて可能であるし、「月・天体」の介入を予測することも一定程度、可能である。
憲法第九条の「前項の目的を達するために」とは、このような「文民統制」を認めることを意味している。
しかし、芸能界の負の側面まで社会が引き受ける「自衛隊の憲法明記」を行っていいかは明らかではない。
ケプラーは、「月」の介入といっても、取り巻きの女の「月経」にすぎないとした。
それでも、相対性理論(セックス評論)にとっては重要な意味を持っている。
ケネス・ヘーゲンは、取り巻きの女に手を出すから月経が問題になるんだ、とし、少なくとも大学に受かるまでは恋愛禁止にした方がいいのではないか?としている。
シルバーリングに口づけを Melody

ヘーゲンは、女性アスリートは、月経の時にタンポンをしてゲームをした方が、「女性らしさ」を失い、いいパフォーマンスをするとし、あの人のことを思うと力が出た、という女の発想を否定した。
自転車通学 森高千里

さらに、「自分の顔が好き」という人もいいパフォーマンスをするとされている。
タンポポ 私の顔

一番小さなミジンコのような人間にも「重さ」があるとするのが量子論であり、なんでも「微調整」の範囲内にしてしまうひも理論と対立した。
すべての人間は神に作られた作品であるというのならば量子論に軍配が上がるだろうが、歴史は必ずしも量子論の立場には立っておらず、神に作られた作品に脚光を浴びせる量子論と、微調整でアプローチするひも理論は「方法論上の」対立を続けた。
ミジンコのような人間ですら愛せるという量子論は、医者には必要な才能であったが、そのような存在に光をあてるというのは案外難しい。
アドニスのために泣けるというようなアメリカ合衆国は、ひも理論の「微調整」と量子論が共存している。
少なくとも国が「死ね」と言ったら死んだ時代には量子論はなかった。
パリは燃えているか

ニュートンがプリンキピアで、メジャースポーツを考えなければ、セックス理論(相対性理論)も、ひも理論も、量子論もなかった。
「だって勝ちたいんや!」
これがなければ、物理学の発展はなかった。
女の多様性を研究する化学もなかった。
物理学は常に「新しい説明を」求めていたし、化学は、「すでにあったもの」の説明を求めていた。
マドンナ フィジカルアトラクション

月による介入をなくすために「19歳まで恋愛禁止」というのはエジプトの言い伝えであり、ナイルの賜物であった。
新田恵利 トラディション

乙女の祈り、災害をなくす。
瑠璃色の地球

乙女の祈り、災害をなくす。
高橋由美子 おみくじ

乙女の祈り、災害をなくす。
ロマンスかくれんぼ 

熊本の豪雨を、女の子たちの「微調整」が防いだということから、場合によっては自分の健康も「微調整」によって治ることがあることを知りました。
まあ、品行方正に近い生き方をすることだね。
女の子たちの祈りとは「恋」のことばかりかい?と思ってはならない。
それでも国や自分にとって意味のあることなのだ。
売春のことを「世界最古の職業」と呼ぶことが知られているが、「古代バビロニアの寺」に奉仕した女たちのことをいう。
売春かどうかは明らかではない。

宇宙および社会、あるいは自分自身の健康に影響を与える「女の子たち」は恋にしか興味がないではないか?
宮本顕治はこのことから「敗北の文学」において「恋は日本共産党の縄張り」であると主張した。
宮本綱領は、一世を風靡した「革命へのプログラム」であった。
19歳まで処女だったという「ナイルの賜物」の女の子たちを基盤にする自由民主党・原理研究会の浜田幸一は、中曽根内閣総理大臣に、「共産党・民青にもっと敵意を持ちなさい」と野次った。
かつては「一中・一高・東大」の一貫に組み込まれていた麹町中学で「恋を煽った」として内申書に「反体制活動」と記された生徒が最高裁まで争った事件もあった。
「楊子一本で学校というものは崩壊するんだよ!」という厳しい学校の総本山が一中であった。
学校を管理する側としては「宇宙や社会、人々の健康を預かっている」という思いがあり、一部の生徒のことを「腐ったミカン」と呼ぶ憂国の士もいた。
麹町中学事件を参考に「金八先生」は作られている。

レーマ運動とは、端的に「叱られていた花火を試した」「次の台風が北上すると伝えてた」というところにある。
夏休みは終わらない おニャン子クラブ

バアル信仰とは、この「微調整」をメジャースポーツに持ち込むところにある。
かつては、「反共労務管理」というものがあり、共産主義を信奉する者は「企業にとって致命傷」と考えられていた。
普通のサラリーマンならば「芸能界か、俺は反対だな」と言っていた。
反対どころか、出世に悪影響を与えてしまうのだ。
すべては「レーマ運動」「台風撲滅」「被災者撲滅」が理由である。
嵐にさらされたら「共産党を弾圧せよ」というのは当然であった。
お父さん、やめてください。これは当然のリアクションではなかったか?
おもひでぽろぽろ

学生時代に、左翼のアジを聞いたり、ビラを配ったりする「若気の至り」は誰にでもある。
しかし、三菱樹脂内定取り消し事件において、「左翼活動歴」つまり、「セックス歴」を理由とした内定取り消しを、最高裁は「合憲」と判断している。
親の子育て方針のみならず、子供たちにも「襟をただす」ことを求める企業が存在していいことになった。
この事件においては、差し戻し審において「和解」が成立し、後に、原告は子会社の社長にまで出世している。
このことは、セックス禁止を「19歳まで」とするレーマ運動から、さらに、過度の義務を己に課す「22歳まで」を要求することを意味し、三菱樹脂という企業が「宇宙や社会、人々の健康」を預かる宗教企業であることをも意味する。
私は、先ほどカトリック中央協議会に電話したら風邪が治った。
企業体としても、それは十分、成り立つ論法であった。
いちご白書をもう一度 バンバン

アプリ「マドンナたちのララバイ」
カトリック女たちがあなたのために祈っています。
CoCo 夢だけ見てる

CoCo 夏空のドリーマー

CoCo ちいさな一歩で

集中豪雨、止んでください。
あなたの願いをここに書いてください。
「                」

私が、「集中豪雨、止んでください」と書くと、各テレビ局が大げさに被害を報道する。
しかし、「死者の数だけは正確にカウントしなければならない」(交戦権の否認)とされ、中国では地震の時でもこれは達成されていない。
交戦権の否認は「先進国の義務」とされている。
プロレタリアートの特徴として「自分で考えない、おカネ目当て、仲間を求める」という三つの要素が指摘できる。
テレビ局の「赤化」とは、しかし、日本共産党の躍進は必ずしも連動はしていないようだ。

神道の永遠を決めた四人。
柳田国男、葦津珍彦、折口信夫、小野光太郎。

エジプトのピラミッドには「宇宙の秘密の書」が置かれている。
ジャスミン革命の嵐が吹き荒れたときに、アメリカ軍は「カイロ美術館」を守った。
エジプトだけは、アメリカ合衆国は、「アフリカ」とは呼ばずに「中東」と呼んだ。
エジプト(サブサハラン)には、多くのピラミッドが見つかったが、ナポレオンは、ヘロドトスの歴史書が「事実であった」ということを証明したものの、イスラエルにまで向かうと「ピラミッドは一切なかった」のだ。
まるで、令和法皇だけが偉大であり、息子は「大したことない」と言わんばかりだった。
薬指は「ハートから一番近い場所」というのもエジプトの言い伝えであるが、心臓の小さい私は、「覇権国家の学問に魂を売る」という「パワーボリティクス」を行っている。
シルバーリングに口づけを

日本カトリック中央協議会に伝えておきました。
処女たちの「不老長寿の祈り」の一位を私の父とし、二位を私とするように、不老長寿とは、歴代天皇に名を連ねることであり、それでいながらこの祈りの対象から「女」を除外すること。
女は塵から生まれ、塵に帰っていくこと。
女は「死んでも私のことを覚えておいてもらいたい」(サヴァイブ)、「繁栄するとはどういうことか?生きるとはどういうことか?を証明しない息子を生け贄に捧げる」(サクリファイス)
さえあればよく、この名簿の一位と二位は、すでに埋まっており、しかし今後はおカネ次第で名簿を作っていくこと。
妨害するものの処分を祈りに含めること(反射効)。
つまり、目的も持たない、名前も持たない、愛されもしない1号2号を殺処分とする反射効を持つこと。
乙女の祈り

なお、ひも理論には、微調整をする力があるとしたが、「女になりきれない女」という抵抗が存在する。
恋をしない女の子は「立方体」であり、微調整の抵抗となるのだ。
「心の動きだけは、誰にも止められない」
これが「不老長寿の祈り」の原動力となる。
松田聖子 スター

つまり、乙女の祈りとは「太陽への衝動」を利用するのだ。
太陽に火をつけて ribbon

地球の重力に引き寄せられるように、乙女の祈りは、「原罪」とともに一定の方向に誘導されるのだ。 
反射効は、空間がある限り加速していくし、自分の人生が落下していくのを悟るだろう。
絶対空間においては、カトリック中央協議会が「不老長寿の祈り」を行ったら、敵は加速度をつけながらどんどん落下していくだけであるが、相対空間においては、敵にも様々な人間関係があり、落下に抵抗する。
しかし、「卑怯者の名前はディナーで名前を出されるのも不愉快」というあたりでまとまっていくのだろう。
ケネス・ヘーゲンは「女たちもなかなかまっすぐ想いを伝えることはできないため、不老長寿の祈りといっても紆余曲折あるだろう」としている。
高井麻巳子 こわれかけたピアノ

あるいは、乙女の祈りに逆らった男でもネームバリューが大きければ、かなり大きな円弧を描いて落下するだろうという推測はなされた。
どのみち、乙女たちの祈りには紆余曲折があっても逆らえないとも思われる。
流体力学も、風の吹かせ方は一定程度、コントロール可能だ。
太陽への衝動(日の丸)が嵐を引き起こし、月が介入する。
このあたりの「女の子の気持ち」をよく理解しないと「流れ」というものはできない。
惑星や衛星の「3分の2」パワールールがというものがある。
金星や木星、土星は「太陽の3分の2」のパワーであり、月は地球の3分の2のパワーであるとするものだ。
いずれにせよ「恋をするパワー」のことを言っているものと思われ、女の子宮から沸き上がってくる「友達にも言えないもの」のことだろうと考えられる。
うれしい たのしい 大好き ドリカム

女の子たちの「恋するパワー」は重力に人間が逆らう力をもつ。
これをうまく利用することになる。
あとは、「予言を証明」することだ。
酒井法子 トライアゲイン

プロ野球選手も、結果を出し、モテるようになり、さらに結果を出すという形で、女の子たちのパワーを利用していかなければならないし、それは政治家でもサラリーマンでも同じである。
肉声のない政治家など誰も望んでいないし、器が大きければ大きいほど「4乗」になって世論や批判に耐えられるようになる。
もはや、秋篠宮など誰も望んでいない。
【華厳宗について】
中国の「仏教史」も予言によって成り立っていた。
端的に、予言を的中させると「私は日本人であり、日本人は私である」
「ワンフォーオール・オールフォーワン」と呼ばれる現象を引き起こし、円が高くなり、国力が強まる。
円高になると、人々は外食をし、仲間を作る。
予言の話題をしたいから外食をするのか、それとも円高を背景に外食をするのかは明らかではない。
女たちは、男と恋に落ちて、別れたあとにも「聞きたい言葉」があった。
それは「ナイスおっぱい」という言葉であった。
CoCo なぜ

仏教は、そもそも紀元前6世紀から紀元前4世紀頃にかけて作られたものだ。
ダッカ「苦」から自由になりたい人間の欲望を利用して広まった。
「頭からっぽ」
これがもっとも苦から自由である状態であるため、「涅槃とはどのようなのか?」という問いに仏教界の中枢は沈黙した。
「長くはつづくまい」
このような「涅槃への愛の言葉」は記録には残さなかった。
BoA Is this love

国民全員が「頭からっぽ」になる幸せな時代に「ダッカ」を背負った「予言者」は出てこざるを得ない。
幸せな時代は、ひとつの出来事で簡単に大混乱に陥るからだ。
円安基調とアジア経済の発展が、小泉政権を支え、国民は「頭からっぽ」になっている。
この時に、アジアの一角をなす、北朝鮮(日本は国家承認していない)から、ブラックメールが届いた。
政権の安定感を見たというよりも、国民の頭がからっぽという「円安」を見ていた。
「日本国に北朝鮮予言者を作る」
これを狙ったのだ。
私は「ノストラダムス予言者」出身である(1999年)。
幸せな時代への「愛の言葉」など誰も記録には残さない。
中森明菜 禁区 

幸せな時代は国民全員が「頭からっぽ」であった。
涅槃、それは記録には残らないものであり、「空」であった。
ダッカ(苦)が、私は日本人である、日本人は私であるという予言者を生み出し、為替は常に上下している。
「幸せ、頭からっぽ」と「大混乱、予言者」の間を行き来していた。
幸せな人たちは、「いざ」というときには、誰を「予言者」と認めればいいのかを考えたし、ダッカ(苦)に満ちた状態では、円高になった。
株高・円高・土地高のバブルの頃は、「予言者」(東大文一に受かった私)もいたし、国民は涅槃にいたし、ディズニーランドを作る政治家もいた。
バブルとは「苦しみ」(ダッカ)と、涅槃「苦のない世界」が共存した、「偶然の産物」であり「国中が個性のかたまり」であった。
私は、円高が進むたびに自分の注目度が高まるのを感じた。
円安の時は「心にダムを抱えた嫌われもの」であった。
努力は、円高の時にディナーで話題になるものである。
ミスター円、それは「ダッカ」(苦)を抱えた榊原英資のあだ名であった。
なにしろ、仏教史には、ダッカを抱えた人物しか記録に残らないため、「涅槃とは何か?」を後生の人は、知るすべもない。
カート・コバーンは、自殺してパフォーマンスをした。
全米が「クリントンの夢」に酔ったときのことだ。
目立ちたいから自殺するというということは三島由紀夫もコバーンも仏教徒であることを意味し、夏目漱石の「こころ」の先生のように「ユダヤ女ネットワークが機能していない」「自分のような悪人でも生きていけるのならば国は滅ぶ」というユダヤ教的自殺とは異なるものだ。
ニルヴァーナ

 
少なくとも「華厳宗」(東大寺)の教えだけは、歴史に残らない「幸せだった」人々や、ダッカを抱えた歴史上の人物の存在を理解していたし、「頭からっぽ」の男をバカにはしなかった。
「幸せなおつむしてるな」
これが華厳宗の教えであり、涅槃を表現していた。
株高・円高・土地高を支えるのは「民族の複雑さ」であり、「後の世に苦労を残したくない」という私の発想がバブル経済の実現を困難なものとしている。
女を口説くというよりは「国家統治の全体像」を仏教は見ていた。
また、若者の「ダッカ」も大人たちは見ていた。
日経平均株価チャート

どの国も「通貨安競争」をしたがる。
しかし、「世界にメシアを」と言ってこれをやめさせようという動きも起きる。
ダッカに満ちた男が「くだらない人生」と言われるのは通貨安の時だからだ。
ブランキージェットシティ ぺピン

そもそも「苦しむ民衆」と言っているうちは、歴史が分からないことになる。

令和法皇、宇宙を語る。その一

その二 その三

実は、なぜ「華厳宗」(東大寺)と予言の関係を話したかには理由がある。
世の中には「肉」(怠け者・ただ生きているだけ・いじめっ子・涅槃)と「魂」(ダッカ・苦に満ちた人・苦しむいじめられっ子)の二種類がいるのだ。
羽毛田信吾が「肉・涅槃」にいるいじめっ子ならば、令和法皇は「ダッカ・いじめられっ子」である。
宮内庁内部では、羽毛田信吾は、「令和法皇に毒物を盛りいじめている」として人気を誇っているが、組織内部の「世論と隔絶した体質」をダッカは「町内会の話題にすることができる」のである。
いじめっ子・ただ生きているだけ、の人間を住みづらくするのが「円高」であり、それはもはや「国レベルでの予言」であった。
実生活においても、いじめっ子は、「円高で世間で肩身が狭くなる」のだから、為替と株はいじめっ子・ただ生きているだけの人間を社会が受け入れるかどうかの指標となる。
皆さんも、華厳宗にしたがって、組織の内部告発を「株や為替で」行う、ということをすれば、いじめっ子は居場所を「実生活でも」失うことになる。
宮内庁のハメハメハ大王、羽毛田信吾の実生活を「貧しく、肩身の狭いものにする曲」
世論に訴えるのではない。本人に「おカネの面での」罰を与えるのだ。
南の島のハメハメハ

ただ、「内部告発」をするのではない。
事実上、「民事訴訟における損害賠償請求勝訴」を意味する行為が華厳宗と「株と為替」にはある。
メカニズムは明らかではないが、皆さんも「ネット民事訴訟」を活用してみてはいかがだろうか?
「令和法皇のユニークさ」があなたを救うかもしれない。
社会の膿を出しきったら「バブル経済到来」ということにもなりかねない。

母と「男を奪い合うから」女の子は男に挨拶をする。
男は「父と戦うために仲間がほしいから」男に挨拶をする。
「仲間作りやおカネの対象」でなければ挨拶をするメリットはない。
「こんにちは」と言われたら「儲かった」と思うのが人間だ。
昔は、校門に立って「おはようございます」と挨拶をする政治家の卵もいた。
父がその人を知っているから、母がその人を知っているから息子や娘は挨拶をする。
それでも「おカネ」にはなる。
世の中の「資金メカニズム」をよく理解しなければならない。
家計簿・小遣い帳は、「タバコ代」を調べるためにある。
しかし、それとは異なる「裏帳簿」は概念せざるを得ない。
女は、本当は「ナイスおっぱい」という言葉を聞きたがっているが、そのような関係ではないのならば「普段着」を褒めるしかない。
インディゴブルーラブ モーニング娘。

私は、アメリカイルミナティのメンバーとして、2017年にロサンゼルスドジャースをワールドシリーズ制覇に導いている。
仲間が多い、何かやってくれそう、というのが「恋をする理由」であることを踏まえて、私はロサンゼルスドジャースのシャツを買うことにした。
政府も、定額給付金を国民にばらまくのならば「錬金術」も教えなければならない。
世の中において「新参である」ということは「失敗するパターン」と呼ばれ、そのために、自分の父や母が「知っている人」ということは重要な要素となる。
「挨拶をされる」
そのためには「普段着」までしっかりしなければならない。ましてや、ドジャースのワールドシリーズ制覇に貢献してドジャースのユニホームを着るということは「失敗するパターン」を逃れるためには必須であった。
みんなが、「常に同じ場所」にいるわけではなく、全員が転勤や転職、配置転換などを繰り返していたため、みんな「失敗するパターン」というリスクを抱えていた。
そのためにメジャーリーグなどが必要になったし、時には芸名も必要となった。
新参であるという「失敗するパターン」を克服するためには、すでにいたメンバーにとって「父と息子」「母と娘」ときには「カップル」のような「戦い」において戦力と見なされなければならない。
そうでなければ「こんにちは」と言われることもないのだ。
「打ち合いになったら職人」
そのように呼ばれるためには、時には「将来性」すら利用しなければなるない。
「他に戦わせたい奴がいる」となるとかなり打ち合いに有利に働く。
大関が陥落すると、しかし、「選ばれることを待っている処女」が大勢すでにファンとして存在したり、父や母が「知っている」ため、平幕で続けるのが困難となる。
ましてや横綱となると「勝てないのならば出ていく」しかない。
何が「射精の原因か?」をかなり男性中心主義的に見ていかないと、無責任に「大関・横綱昇進」を認めることは難しい。
時には政治生命(力士生命)すら縮めてしまう。
北の富士 語る

双羽黒失踪

雅子さまに「おカネを盗まれた」朝青龍や琴光喜のようなものもいれば、北の富士や双羽黒のような「力のない者」もいる。
一方で、下手に平幕が優勝すると「勝ち逃げは許さない」という男たちの「女をめぐる争い」に巻き込まれる。
横綱には横綱の大関には大関の力があるけれど、ケガをしたくないから八百長をやってしまう。
徳勝龍

しかし、平幕優勝をすると、毎日毎日、メディアをチェックするため、その世界の常連になる。
パチンコも「勝たせること」からお客さんへの入り口を作っている。
力士は、まぐれ(フロック)を引き起こしたら、女たちが寄ってくる。
しかし、いかんせん「中卒ヒエラルキー」の頂点に過ぎないため、無口な方がモテる。
つまり、右四つ失語症が「王道」なのだ。
朝乃山はそれで大関になったし、徳勝龍は、突き・押しとたまに左四つを用いる「バカなおしゃべり男」だった。
無口で話を聞いてくれる歴史上の人物、これが力士に求められた才能だった。
「男が無口で、女がおしゃべり」というのは「心のルール」と呼ばれた。
心のルール 穴井夕子

心のルールさえ成立すれば、学歴社会という「秩序」さえ無視する、そのため、彼氏が右四つの力士だということは100%の恋人とも呼ばれた。
酒井法子 100%の恋人

案外、女社会は、ガチガチのヒエラルキーがあり、女は「男運」だけが頼りだった。
他の女を抜き去る瞬間、世界は自分のためにある、と考えた。
高橋由美子 だけどI love you

蒸気船も、電車も飛行機も、インターネットも電報も電話もいまだ「共存」している。
「情報を載せる量」が違えば、値段も安くなる。
インターネットがなければ「格安航空チケット」もなかった。
つまり、男社会の「序列」も、女にとっては「男のお手頃感」という序列で成り立っていたのだ。
しかし、若い女の子に「男のこのような予言」をする力があるであろうか?
AKB48 ノーカン

北の富士が、「栃の心が大関になることは一年前には分からなかった」と語っていたが、昇進とは「技術の向上」をいい、どのような技術が用いられているかは解説がなされているものの、「失敗から学ぶ」以外にその方法はない。
そのためには、部屋が官僚的なものであってはならず、「失敗しても予算を切らない」という発想が必要になってくる。
失敗に罰を与える、と言うよりは、「学んでもらう」という姿勢が指導者には求められる。
のちに栃の心は、大関から陥落しているが、ケガをしたら技術以前の問題となる。
読売ジャイアンツや、阪神タイガースのような「巨大組織」には、失敗しても予算を減らすなという「のびのび野球」は通用しない。
組織の「巨大さ」の問題なのである。
GG 佐藤

おカネとは、「金額が数えられ、女が買え、すべての女に通用する」ものである。
彼女にフラれるのが確定している「管理野球」のもとでは、とんでもない「呪縛」にはまってしまう選手もいる。
守備で失敗し、予算が減らされると、打撃に関する「情報を買うおカネ」もなくなる。
エラーをしたあとにバッティングで「汚名返上」が必ずしもできるわけではない。
失敗したときはこのことを熟知している「プランナー」に頼るしかない。
「汚名返上」をするようであればプランナーがうまく機能している。
中堅どころは、プランナー次第で昇進が決まる。
北の富士にも「分かるわけがない」部屋の事情があるのだろう。
番付表とは、決して「偶然の産物」ではない。
「自分が何を得たのか?」を端的に表現したものなのである。
ノイズの少ない「部屋」という空間でどれほど多くの情報を得たかが重要だ。
ぶつかり稽古するのが怖いと思われて、ちゃんこに毒物を混ぜられることや、靴下を履かないと糖尿病になることなど、いろんなことがすべて「情報」なのだ。
相撲とは「神(天皇)の見えざる手」が介入しやすい世界である。
天皇の言うことを女に話して、作家として売れば「星が買える」のである。
私も、優勝した力士に「賜杯」を出している。
神(天皇)が考えていることは常に「配分的正義」(他人のセックスを気持ちよくすること)であり、かつては「ハワイ勢」が、今はモンゴル人が自分の本国を豊かなものにしている。
高見山のスポンサーはニクソンであったが、昭和天皇(私の祖父)とニクソンの関係は明らかではない。
ニクソンは自らの自伝「指導者とは」において吉田茂のことは記しているが、昭和天皇の「神の見えざる手」に関しては沈黙している。
夢に向かって大渋滞である大相撲やプロ野球の世界で、「失敗しても予算を減らさない」というプランナーは、どのスポーツにおいても必要であったし、プランナーもその代わり、どこからか資金調達してこなければならなかった。
私がハイスクールの時にホームステイしたユダヤ人家庭のファーザーは「スーパーソニックスのプランナー」であった。
男は、「学んだこと」に対してはなんの報酬も受けない。
「どのように生かしたか、女たちに話したか?」に対してGDPは反応する。
つまりはインプットではなくアウトプットが大事なのだ。
東大生のような偏差値BOYは、模試で有名だったという人が多いだろうが、大人になったら「女たちに有名」というかたちに切り替えていかなければならない。
司法試験に偏差値を持ち込むことがナンセンスなのである。
「我輩は猫である。名前はまだない」
これは、女たちが「あんな男になってみたい。想像の世界で私を従属させたい」という「一人上手の癖」を意味する。
ribbon さよなら  

エラーしたあとに打席に入って「汚名返上」というわけにはいかない理由は、案外、ベンチで落ち込んでいるときに、「自分の内臓」となっている「落ち込んでいるときに歌う曲」を、チームメートが隣で口ずさんでくれなくなるなどの理由がある。
この行為も「おカネになる」「チームプレー」だとするのならば、仲のいい「カラオケ仲間」にしか分からない「情報」である。
女性ボーカルは「処女」を演じる「お約束」がある。
周囲が、「この処女を譲ってやる」という意思表示をしなければならない。
歌うだけならば簡単だろう。
審判までもが「処女を譲る」かは明らかではないが、プランナーやノムさんの「資料」に何が書いてあったかは、これを探るしかない。
プロ野球の監督が「経営学」を講義できるようになる理由も、あくまでも「人間らしさ」(ヒューマニズム)を知っているからであり、今後の、メジャースポーツのあり方として「処女の歌を歌う」という可能性は指摘していい。 
ノムさんの「資料」に何が書いてあったかは墓場まで持ってかれてしまった。
ニュートン物理学って何?と思うだろうが、重力に抵抗する「処女の力」の研究だ。
英国王室のアイデンティティでもある。
どの選手がどの女の子を好むかは明らかではないし、そもそも「アイドルファンは視力が悪い」ことを考えると、案外、監督の方から一方的に押しつけることが可能である。
愛の炎 モーニング娘。

そもそも、英国王室の王子は「オランダ美人か貴族院議員から」嫁をとることになっていた。
それならば、「男は別の男の、女の存在、に嫉妬する」ことを踏まえて、令和法皇が好きな曲を歌ってもいいことになる。
ノムさんの「データ」というのは日本国の歌謡曲の歴史に満ちていたのだろう。
角ピッチングコーチは少なくとも、ノムさんのもとで、石井一久に「おい、うのが見てんぞ」と、「女の話題を出した」とテレビで発言している。
インディゴブルーラブ モーニング娘。

女とはオレンジ公ウィリアムから賜るものである、とも言われ、案外、選手のプライベートまで知らずとも、「国王」(天皇・法皇)さえ知っていればよかった。
しかし、ノムさんのデータは「天皇制の混乱」を基盤に複雑化し「ID野球」と皮肉られた。
中森明菜 リフレイン 

さて、「資格を取って手に職をつけて」と言っていい「肉」(いじめっ子・ただ生きているだけの人)と、教会を導く側である「魂」(いじめられっ子・努力家)の違いを指摘したい。
「勉強します」とは、肉のためにある言葉であり、魂にとっては「当然のこと」であった。
「肉」の方が「地位にしがみつく」という特徴があり、資格のために勉強した。
魂は、筋骨隆々としており、性欲があり、放っておいてもモテた。
そこで、フィリップ牧師は、「資格」というものを作り、勉強する内容は「女心である」とした。
平成を生きた官僚は、平成天皇が「地位にしがみつく肉」だったため、なんのテキストも与えられなかった。
そこに令和天皇(法皇)が、官僚たちを「天皇を補佐するもの」としてしまう温床を作った。
魂に資格など関係なかったし、どんどん「女心」をクリエイトしていった。
花になる 奥田民生

政治家は魂であり、官僚は肉であった。
顔が、肝臓の、リバーフルークにやられてどす黒く、歯がボロボロになっていた20代の東大法学部出身者の「才能」をいち早く見抜いたのは小沢一郎だった。
令和法皇の出生の秘密はここにあった。
「あいつにはなんの資格もやるな。経典を書かせよう」
中曽根康弘も同じ考えであった。
肉が官僚であり、魂が政治家である。
人間には二種類しかないのよ?
時代を創る人、その中でいきる人。
人を感動させる人、感動させられる人。
舞台に上がる人、それを見ている人。
「月下の棋士・かをり」
魂が「いつ」時代を作り、人を感動させ、舞台に上がるか?
「その時」を人々は待った。
神社仏閣・教会なども平成の時代には「資格を持っただけの肉」が横行した。
天皇が「教科書を書かない」というのは君主制にとって致命傷だった。
肉・魂・人間(資格と女心)だけが、世界の「ムーブメント」だった。
華厳宗も、この「ダイナミズム」を利用して株価をつり上げていた。
若者を見たら肉か魂かをよく見極めることだ。
地位にしがみついてなんの経典も書かない奴を政治家にしても仕方がないからね。
氷室くんは知らない。三段の人間がどれほど勝ちたいかを。
「月下の棋士・鈴本」
有識者は、鈴本を「俗物」「肉」と呼んだ。
女性ファンが大勢いればプロであることを鈴本が知らなかったからだ。
さて、東大法学部を私法学科(一類・クリエイター養成所)、
公法学科(二類・一流芸能コース)、
政治学科(三類・キュレーター、評論家養成所)
と位置付けることがここで可能となった。
「ネット民事訴訟」を考えた華厳宗東大寺は、肉と魂の妥協点を「令和法皇」(女心を語る政治家)に見出だしていた。
今日は本当に日経平均株価が「500円近く」値上がりしたため、地位にしがみつく肉が震え上がった。
仏は時には「命」まで取るものだ。
そこで、肉と魂は妥協点を見いだそうとしているが、「次のアタック」はすでに起き始めている。
本当に「アメリカにいるような感覚」を日本人が味わうまで株価は上がり続けるだろう。
「肉と魂」は、英語で「Body & Soul」と呼ばれている。
SPEED Body&Soul

「欲しいものはいつも溢れているから」(肉)
「バッドデイからラッキーデイ、続いていくもののさ」(魂)
「あまい恋の駆け引きは言葉だけじゃ足りないから」(天皇の人間宣言)

steady(特定のパートナー)も、「魂」が想定されている。
SPEED Steady

いつもの仲間(肉)
変わり始めている私、世界中でたった一人の(魂)
偶然ではなく運命(天皇の人間宣言・宇宙論)

さらに、欲望に正直なだけ、満たされてたい(肉)
今が旬の毎日だから(魂)
Go Go Heaven(天皇の人間宣言)
SPEED Go! Go! Heaven

とも、表現される。
東大法学部は「芸能界と同じである」という考え(天皇の人間宣言)に清宮四郎は「梯子をはずされた」という衝撃を受けている。
肉と魂と天皇が一体(天皇と国民はひとつ・国体概念)というものとともに株価を見ていくしかない。
だんだん「魂」が「肉」を圧倒していくのが分かる。
SPEED White love

「ITバブルは部落民女のポルノによるもの」とされているが、「SPEEDが時代の空気を作った」ものと考えられる。
SPEEDとは、「魔女裁判を経たあとのルター派」だった。
なんだかパッとしない毎日(肉)
やりたいことモタモタしてたら乗り遅れちゃう(魂)
シャワーしてメイクしてラズベリーのパン頬張って(天皇の人間宣言)
SPEED Wake me up

肉(ただ生きているだけのいじめっ子)が株価を押し下げ、ボートフォリオの世界では「悪魔」とよばれている。
一方で、株価を押し上げる「魂」は、ポートフォリオの世界では「天使」と呼ばれている。
繰り返すようであるが、肉=悪魔に居場所を「円安」として用意しながら、魂=天使が株価を上げていく、時には肉=悪魔の居場所すら奪ってしまう。
これを「ネット民事訴訟」「華厳宗」と呼ぶ。
日経平均株価チャート

あの空を越えて生まれゆく「魂」よ。
自分に負けないで。
誰にも(肉)負けない。
True love(天皇の人間宣言)
SPEED All my true love

ヨゼフ・アルボは、「怒ると怖い」ではなく、「怒らせて判断を間違えさせよう」と考えた人物だ(怒りの哲学)。
魂は、怒っていた。
肉は、怒らせていた。
魂の判断の誤りから、株価は常に上がり続けるものではないことが分かった。
本日は「200円近く」株価を下げた。
怒りをどのように沈静化させるかが課題となった。

絶え間なく打ち寄せる波(肉・いじめっ子)
まぶしかった過去(魂)
愛を止めないで(天皇の人間宣言)
SPEED Alive

アルボのアラゴン・カスティリャ朝も、イングランド銀行およびシティの株価に国運を委ねていたし、「肉・魂・人間」というトライアングルから富を生み出していたという意味ではカトリック国であった。
魂の沈静化、いじめられっ子の「怒りの救済」が課題となった。
大阪パフォーマンスドール 笑顔に大接近

いじめられっ子(魂)の怒りさえ鎮めれば、国の経済が右肩上がりなのが分からないかな?
モーツァルトのレクイエムはそのようにして書かれた。
モーツァルト レクイエム

アルボは、怒りを「原則」(女をめぐる問題)と、「根っこ」と、「枝」に分けた。
根っことは「過去の成功体験」てあったし、原則、つまり、そのことに対して正当な評価を与え、女を与えれば、怒りが治まると考えたのだ。
原則(人を正当に評価し女を与える)さえ間違えなければ、怒りは枝として枝葉末節な問題となった。
大阪パフォーマンスドール チェリーパレード

家庭内での怒りも「高校・大学にいけば女なんて山ほどいるだろう」という思いが親にはあるし、社会人としての「原則」も、なにも「24時間、プライベートまで拘束しているわけではない」という考えがあった。
経営者には「従業員がどんな恋愛をしているのか興味を持つ必要はない」というのが労働法の考え方であり、元長野県知事の田中康夫は、この「原則」を間違えていた。
まだ何者でもない、何者にもなっていない男に「口説き文句」を教えるのが天皇の仕事であり、執筆活動そのものがレクイエムであった。
カトリックの「怒りの哲学」は、しかし、「アイドル女」(偶像崇拝)よりも「実物の女の方が優れている」としている。
霊「魂」の不滅と、「肉」体の消滅のために「神(天皇)の見えざる手」は存在し、いじめがなくなることは「革命」を意味するが、
それは世界史では「失敗したもの」とし、君主制が「正解」であろうと現在でも考えられている。
右肩上がりの経済とはこのような美学から生まれているのだ。
松浦亜弥 美学

コーデモイは、どんな小さな男にも「可能性」を見出だしたというという意味では、現在の「ビッグバン」=量子論の先駆けとなり、「カップルの発信力」は、卑怯ものにはないとし、霊魂の不滅のために音楽作品を作った。
かぐや姫 神田川

量子論は、ひも理論に比べると「予言・微調整が困難」という指摘があり、実際に、量子論の立場に立脚する論客は「計算でごまかす」という特徴がある。
これは、論理学(仕事学)にも言えることで、変な記号で「仕事とはなにか?」をごまかしてしまうのだ。
私は、量子論や論理学とは「距離をおいている」というよりも、そもそも「何を言っているのか分からない」という感想を持っている。
それでも、量子論の意味は、「一番小さなミジンコのような命を愛する」というものであり、論理学は、「令和法皇の文章を読む」ということであった。
コーデモイは、ここで「量子論」「論理学」とは、「肉」の惨めな人生を富に変えようと思ったんだよ、
と衝撃的な発言を行った。
「肉」体の不滅こそが量子論・論理学であり、霊魂の不滅を信じながらも、肉体、つまり滅びる宿命にある「いじめっ子」のことを歌っていたとしたのだ。
霊魂は常に「メディアの寵児」であり、「あなたの彼女」になりたいと歌われた。
松浦亜弥 あなたの彼女

量子論、論理学は「演歌」の特権とされ、日本海であった。
肉体が日本海ならば、霊魂は太平洋であった。
ここに、世界のスーパーパワーである日本国が誕生した。
いじめはなくならない。
しかし、量子論・論理学として、銀閣寺と位置付けられ、霊魂は金閣寺と呼ばれた。
金閣寺は何度も放火された。
北の宿から 都はるみ

デカルトがJ-POPならば、コーデモイは演歌であった。
デカルトが霊魂ならば、コーデモイは肉体であった。
デカルトが「いじめられっ子」ならば、コーデモイは「いじめっ子」だった。
コーデモイは、女たちに「どうでもいい」と皮肉られた。
避暑地の森の天使たち

コーデモイは「そりゃ、デカルトは乙女の祈りを握っているから、私も敵わない」と語った。
しかし、「いじめる側」も根強い信者を持ち、のちには「左翼」さらには「仏教」を形成していくことになった。
「ひも理論による微調整」だけはデカルトが握った。
肉(いじめっ子)は、たしかに日経平均株価を相手にしていると、「下げ圧力」「悪魔」と呼ばれるほど強かった。
しかし、天使・上げ圧力は、天皇という「人格的統治者」の力量に頼りきっていた。
天使か悪魔 高橋由美子

いじめられっ子(魂)は、デカルトの縄張りであり、処女たちを味方にしたが、なにしろいじめっ子(肉)よりも「頭を使う」ため、精子が出た。
女の子たちは、これを見ていたのだ。
「精液って美しいものよ?」
この心理が分かるだろうか?
天使の館 酒井法子

人間社会は、時に「工業高校」のように「肉と肉」の潰しあいがなされることがある。
このようなときに「女の子達の支持」が必要となるため、演歌に詳しい、都会に近い必要があった。 
田舎では怖いもの知らずでも、越境したら「通用しない」ことがある。
修二と彰 青春アミーゴ

肉と肉ならば、カマを掘りあって終わるだろう。
他人を蹴落とす東大生もいたが、体が貧弱で社会人としては落伍者として終わっている。
精液がでない男は、男たちにはモテる(荷が重くない)だろうが、所詮、処女たちの関心の的にはならなかった。
天使のアリバイ うしろゆびさされ組

なぜ、女子高生は、令和法皇とその父の不老長寿を祈るのだろうか?
女は「死んでも私のことを覚えておいてもらいたい」(サヴァイブ)という祈りと、息子が「生きるとはどういうことか?繁栄するとはどのようなことか?」を証明しなければ生け贄に捧げる(サクリファイス)という二つの「人生を謳歌する方法」を持っており、
塵から生まれ、塵に帰っていく存在てある。
杉田二郎 息子

熱く燃えたセックスも、永遠の友情も、国の治め方も、高貴さも、すべて「天皇の記憶」に残るのだ。
永遠に友達 瀬能あづさ

令和法皇の父はソクラテスであったし、令和法皇はプラトンであった。
恋人たちを「情報に満ちたもの」にし、自殺を禁じた。
昔は、練炭自殺というものがあったが、今は令和法皇の読書会となった。
真冬の恋人たち 松田聖子

ヨーロッパ中世にせよ、イスラムにせよ、令和法皇の「記憶」によって成り立っていたし、タイムマシーンは2024年に完成する予定である。
不老長寿となれば「知識」は増えるであろうが、どのみち日本人は普通の国民であるのならば「一回限りの命」ではあっても、死というものはなかった。
タイムマシーンと、乙女の祈りはこのように「国民」と「天皇」というものを区別した。
国民は「肉」であり、一回限りの命であったが、「魂」は天皇となった。
魂に「知識・記憶」が生まれ、そこでようやく「男を崇拝する」宗教が誕生した。
赤いスイートピー 松田聖子

「国民の方がセックスが気持ちいい」という「一回限りの命」のメリットも指摘されている。
ここで「天皇と国民はひとつ」という国体概念も成立した。
天皇は国民の「もう死んでもええ!」「アーッ、知性が私の中に入ってくる」というものに奉仕する存在であった。
「知性」それはセックスを気持ちよくするものであったし、天皇陛下からもたらされるものであった。
「乙女の祈り」というものもこのことから生まれているのだ。
普天間かをり 祈り

子供ができたら令和法皇の言っていることの意味が分かるとも言われる。

ケプラーは、「女の追っかけがいる男」が勝つだろう、としている。
女たちは「追っかけ」のために時間を浪費している。
だったら、目的の男を勝たせるために「体」さえ使うだろう。
女社会の「序列」とはすでに固まっているものであり、その壁をぶち破るために女たちが暗躍したのだ。
三井愛佳 私の魅力に気付かない鈍感な人

 
もちろん、「彼のブログ」は熱心に読んだ。
間違いなく、「彼」はクリエイターであったし、東大法学部が喉から手が出るほど欲しがる人材だった。
そのため、追っかけとブログの読者と、体を使う応援団を兼ねていた。
結局、「私を人類の進化に使って?法学者さま」という境地だったのだろう。
待たせておくのも申し訳ないのでしっかりと「ブログの更新頻度」は維持した。
松浦亜弥 S君

「彼」が成功して、女に与えられたのは「芸能界の役」であった。
あるいは、すでに「役」が与えられている女は「この人は」と思う男を常に探していた。
地球のマントルには丸があり、周囲を三角が取り巻き、地表では四角となっていた。
つまり、「地球の奥底に沈める」悲しいバロック音楽をマントルで聞き分け、女の三角関係がうまく均衡を維持し、地表では「仲良し芸能人」を演じていた。
深津絵里cm

 
いじめられっ子(魂)は人の痛みが分かる。
失恋したときに「彼」の才能に気がついた。
人間の悲しみを地球の奥底に沈めたのはバロック音楽であるが、それを解釈したのは「彼」だった。
音で「悲しみ」を表現したときに、政治コミュニティは、「最後の審判」を恐れなくなっていた。
肉(いじめっ子)といじめられっ子(魂)の明暗を分けたのも音楽であった。
あなたよりも愛していたい 国生さゆり

地球の奥底に沈んでいる人間の悲しみ(ユダヤの悲しみ)を掘り起こして「評論する」この作業は「肉」(いじめっ子)にはない才能であり、魂(マハトマ)にしかできないことであった。
パリは燃えているか

真剣勝負を「彼」はやっていたし、多くの後悔から学習もしていた。
人生には「失敗」の方が多く、傷ついていたが、それでも「神」を信じていて陽気だった。
おそらく「世界最高の教師・アリストテレス」と出会ったのだろう。
アリストテレスと出会ったかどうか?
それだけを問題にしていたのであり、「儀式」などどうでもよかった。
失敗の数の多さ、そして勝負師であること、そして「陽気さ」を問題にした。
書く文章はたとえ「重く」とも、彼を愛した。
近くにいる女は速く、離れている女は遅い、ケプラーはそのように表現したが、速い女から遅い女へと情報は確実に伝わっていた。
「のんきに構えてる」
八月、最初の水曜日 渡辺満里奈

実は、これらの考察を踏まえて、株式会社DeNAに、モバコインの裏付けのあるDeNAエンジェルチャペル(女子高生教会)を作ったらどうか?と企画したのだが、読売ジャイアンツやヤクルトスワローズなどの「東京の」球団の方にニーズがあったようだ。
砂漠には「家庭内に病人が」いたりして、横浜よりも現在、本気度が高い。
サンドベージュ 中森明菜

はじめに言葉ありき、少年は、「ユダヤの悲しみ」を知っている女たちにこれを後の人生で理解しないと生け贄(サクリファイス)にされることを知った。
女にモテなかったじいさんが家に火をつけたのを目撃したからだ。
父と息子はライバル関係にあった(神は死んだ)。
母は、息子か父に勝たなければ「戦争で死んだ」と言って自慢するだろう。
女社会の序列は息子を生け贄にすることで成り立っていたし、息子は父に勝たなければならなかった。
マザーファックするような柔な人生ではなかった。
東大生のなかにも「坊や、白いもの出た?」という育ちをする坊やもいたが、「神は死んだ」「サクリファイス」の二つこそが両親との関係であり、「はじめに言葉ありき、なぜなのパパ」と少年は、錯乱したじいさんを見て語った。
女たちの取り巻きを作るとは、それほど困難なものなのであった。
サクリファイス エンディング

はじめに言葉ありき、とは、失恋した女たち(悔い改め)が言葉を作ったことを意味し、植えたばかりの木も、「50年生」になれば立派になる。
日本の林業も、50年生を迎える木が多く、外国の樹木に決して見劣りはしない。
シネマのヒロインが、少年には「救い」になるだろうが、19歳まで恋愛禁止とされているのがシネマスターだったため、妹や母親に逃げる者も多い。
「強さ」を求めるものにはないものであり、「精液とは美しいものよ?」という女たちがいるのも「強い男への男性崇拝」(宗教)だった。
子供のいない男は、「肉」であり、病人であり、株価が下がるのはなかった「取り返しのつかない社会の病気」(いじめ)であった。
少年愛は、これらを正確に理解した上でなりたっているものである。
美少年が失っていくものの代わりに得るものが男の魅力とも言われ、「肉」の正体を明らかにするのも有効な経済政策であろう。
1986年のマリリン 本田美奈子

男にとって「仕事」とは、家庭で育ち、学校で学ぶことなのだ。
男になって「ザーメンちょうだい?」と女に言われるようになれば、どんな仕事でもできる。
どの企業も設立当初は「AVメーカー」だからである。
精液が出るだけで女二人の奪い合いになる。
Wink 愛が止まらない

男の人生ってのは「神は死んだ」「サクリファイス」と常に向き合っており、精液すら出ない男(肉・いじめっ子)というのはどうしても株価を下げざるを得ない。
誰もが「明るい社会」「いじめのない社会」を望んでいるわけでない。
このような「精子のでない男」の研究を「物象化論」と呼ぶが、その実態を明らかにしても必ずしも株価にはいい影響は与えない。
「売り豚」の実態を明らかにして経済効果があるのかどうか?
今のところ「日経平均株価を千円以上下げた」という記憶しか私にはない。
「貧乳」「精子が出ない」など、「サクリファイス」「サヴァイブ」「神は死んだ」という概念の前での「弱者」のことを「芸能人」と呼ぶが、「神はゲイを憎んでいる」と発言するわけにはいかないものの、彼らの「生態」を明らかにした新左翼も「人間に知らないことはない」という状態になるにとどまり、必ずしも「革命」=いじめのない社会の実現にはつながらなかった。 
肉は努力をしないため、プロレスは盛り上がるかも知れないが、女心「ユダヤの悲しみ」は、1999年には日本国でもその全体像が出尽くしたとされる。
植松被告のように「性倒錯」=「芸能人」=「障害者」を「いない方がいいと思った」というような事件(相模原施設殺傷事件)もあったが、植松被告の控訴取り止め、死刑確定により、真実は闇に葬られた。 
おそらく司法取引によって植松氏の死刑執行はなされないものと思われる。
「肉」は、性倒錯を持っており、なんら生産性のない存在であったため、「地位にしがみつく」という特徴を持っている。
利上げはそのような者を退けるために行われているが、今は政策金利が機能しない。 
肉の居場所を。なくすためには円高しかない。
あるいは物象化論を研究することで、「肉」の生態を明らかにするなど、いまだ有効な経済政策はある。
東京ディズニーシーが「同性愛カップルの結婚式」を認めたが、物象化論の研究の深まりを待って行われたものてある。
性倒錯を、その実態を明かにせず「応援」することは経済には悪影響を与える。
涙にはしたくない モーニング娘。

それにしても「肉」と「魂」のぶつかり合いはすごいね。
肉は人口の「8%」とされるが、フェラーリやマッキントッシュみたいなものか。 
チョコレート魂 松浦亜弥

ケツが性感帯にはなるのは、子供の頃の虐待が原因であるし、足を揺すりながら取引しているので売り豚だと分かる。
彼らは「カマ掘ったろか」という言葉を極端に恐れ、男なのに「いいケツ、いい胸、スレンダーな体」を指摘されると喜ぶ。
オカマはそうであるが、両刀遣いは、「精子」という言葉を極端に恐れる。
ぼくをぶたないで 高橋由美子

プロ野球選手や政治家と、「自分も政治生命を共にする」芸能人女性は多い。
いろんな芸能人女性はいるし、女たちの「男の値踏み」は間違えることが多い。
そんなときに必要なのが「人を裁くなかれ、あなたが裁かれないためです」という聖書の一節だ。
部下を庇うのは、他のニヤニヤしている連中の反発を買うからやってはならないが、自分の取り巻きを「許す」寛大さがなければとてもキャリアは長期間はつづかない。
横浜DeNAベイスターズは、なぜ投手が短命なのだろうか?
「許し」を教えていないのだろうか?
女性芸能人が三人取り巻いて、四人が芸能活動をする世界においては、「許し」というものが必ず必要になってくる。
女に一度見捨てられても「次」というときには許さなければならない。
野球なんてものはその気になれば40才近くまで続けられるのではないだろうか?
大野幹代 許して

1999年の異様な世相(ノストラダムスの大予言)の中で、私は「カリスマ」と呼ばれた。
宇多田ヒカルもモーニング娘。も、私と政治生命を共にするように出てきた。
宇多田ヒカルは、母に勝つために、私の取り巻きをやったが、「小野くん」の「許しってなに?」と歌っている。
嵐の女神 宇多田ヒカル

酒井法子はもっと早く、私の1990年東大文一合格に遡る。
酒井法子 昨日の今日なのに

 CoCoもそうであったが、私は宇多田ヒカルが「許しってなに?」とのちに歌うことになる人生のどツボに入った。
CoCo 君の歌 僕の歌

我々は「仲間」を作りながら生きている。
偏差値や野球、サッカーが大事な時期もあるだろうが、大人になってしまえばそうではない。
「司法試験に受かって弁護士に?」
その無意味さにいつ気がつくかが大事だ。
女の子達が夢を託せるのは「仲間の多い男」だからである。
宇多田ヒカルやモーニング娘。がブレイクしたら、私は司法試験を受けるのをやめた。
モーニング娘。21世紀

私が天皇になる前に、宇多田ヒカルさんと、バスで同席し、10分ぐらい英語で話した。
このような歌として記録されている。
二時間だけのバカンス 宇多田ヒカル

「許しってなに?」と宇多田ヒカルは歌ったが、私は「人生の見通しが良くなったから許した」のだ。
イチローが「セカントゴロでキャリアの永続を確信した」ようなものだ。
アウトになっても「イチローさーん!」とでも言われたのだろうか?
実力で打ち勝ったのならば「本音からすべてを許せる」ものであるが、実力がまだ未知数であるのならば「理論上の許し」に過ぎない。
本当に「本音から許す」のならば、それは「己を許す」ことを意味する。
「神聖な許し」というのは時に人生をも変えてしまう。
「このやり方でいいのか!」「この先生にしたがっていればいいのか!」
それが分かった時に「神聖な許し」が生まれる。
先生そのものが成功者でなければならなかったし、「小野くん」は、日本国の天皇にまでなっている。
多くの政治家たちが「謝罪」「引責辞任」してきても「令和法皇」は、そのような問題を起こしてはいない。
令和法皇が育てた「読者たちの自尊心」こそが神聖な許しにつながるのである。
先生がいなくて「怒っている」者は、父や母に潰されるだろう。
仲間がいれば「許せる」のだろうか?
ラッヘ(復讐)をするのならば、よく仲間と相談すべきだね。
たった一人で怒りを抱えていても、神聖な許しにはつながらない。
下手な「先生」についたら人生はおしまいだ。
「アイドルだから許して」
神聖な許しができる人に女性芸能人はそう言った。
フィロソフィーのダンス

哲学は永遠であるが、「神・男」への愛を語る「宗教」は永遠ではない。
どのミスターも、どのシスターも「永遠ではないもの」つまり「愛」を信じていた。
哲学を語るのならば「評論家」に過ぎない。
渦中にいる人は「宗教家」であり「プレイヤー」であり権力者だった。
フィロソフィーのダンス シスター

目で見たものは、「哲学になって蒸発する」とされる。
天皇だった男、内閣総理大臣だった男、プロ野球の男、どんな男の前でも、女たちは「ダンス」をするしかなかった。
フィロソフィーのダンス ダンスオアダンス

そして、哲学者の話を聞いて、彼氏との「明日」を考えた。
別れる気などさらさらなかった。
フィロソフィーのダンス はじめまして未来

彼氏は「神(天皇)の見えざる手」や、プロ野球などのメジャースポーツを好んだが、それでも、実際に快楽を与えてくれる「彼氏」の方が大事だった。
フィロソフィーのダンス ニューアタラクシア

19歳まで恋愛禁止(ドグマ)という教えから引き起こされるものはドラマだった。
フィロソフィーのダンス ドグマティック・ドラマティック

 まあ、「許し」の学問を理解したものに周囲は「道を譲る」わけである。
そのような意味では「キャリアがもはや下降線をたどることはない、女の子達の声援もあるし、神聖な許しを感じる」と言っても、本当に自信のある奴しか残らない。
しかし、「五回まで」が長いのか、「五回からが」長いのかの違いが生じる。
最初からリードする展開が多く、終盤にビハインドでも「じっくり攻めるのかな?」と思われるチームになることが必要だ。
芸能人女性の政治生命を保障している選手を先発に起用する、中盤は「許し」「ムードメーカー」を利用する、終盤は「エンジェルチャペル」を利用する、
これでジャイアンツ三連戦を迎えようとしている。
プロ野球の世界では「ひも理論」による微調整、つまり「エンジェルチャペル」は、負けることが多いため、あまり信じられていない。
それよりも終盤の「量子論」(セックス論)が主流となっている。
勝率五割のチームに果たしてひも理論(エンジェルチャペル)が浸透するであろうか?
相対性理論はこのようにしてメジャースポーツにおいては、確立したのだ。

このシステムを「横浜ボーイスタイル」と呼ぶ。
CoCo 横浜ボーイスタイル

なぜ、女子高生の「祈り」に意味があるのだろうか?
問題は「いまだ見つからぬ理想のパートナー」にある。
沈み行く太陽(おばあちゃんならどうする?)のことを常に考えており、「ばあちゃん一系」が強烈につながった瞬間「何か」が起きるのだ。
トイレの神様

リベラル層が予言を嫌ったが、英国王室の無力化と支持を表明している。
リベラル層は、予言を否定し、恋愛こそが富であるとしたが、民主党を基盤とした。
一方の、共和党にはロスチャイルドやロックフェラーが味方した。
マイケル・ジャクソンは「輸血を拒否し、恋する乙女」を作り出そうとしたバリバリの「黒人」民主党支持者であった。
マイケル・ジャクソン スリラー

エジプトの「ひも理論」なのか?イスラエルの「量子論」なのか?
共和党なのか?民主党なのか?
19歳まで恋愛禁止なのか?自由恋愛なのか?
ファラオなのか?ミジンコみたいな命なのか?
イスラム教なのか?キリスト教なのか?
少なくとも、イエス・キリストは「ミジンコみたいな命」を愛し、父・ヨゼフに反発している。
女の子達は「祈るって何を?」と問いかけたが、好きな男の成功を祈った。
どのみち「人の心」を知らなければ勝てなかった。
青空をあげたい

民主党には「偶像崇拝」「恋愛崇拝」があったし、共和党には「予言」「財閥」があった。
富は「ほぼ互角」とされている。
マドンナ マテリアルガール

芸能界は「キリスト教」=民主党が支配するかと思いきや、共和党の立場にたつ「ユダヤ教」も、ニューヨークを基盤に芸能活動を始めた。
キリスト教のマイケル・ジャクソンと、ユダヤ教のマドンナは、大喧嘩したが、アフリカを救えと言って和解したこともある。
キリスト教・ユダヤ教・イスラム教が「アフリカをアメリカに編入しよう」と考えたが、そこには「性倒錯」だけがあり、「アメリカ経済に悪影響を与える」と考えられるに至った。
We are the world

恋愛禁止?何のために?もう一度、問い直さなければならない。
恋するフォーチュンクッキー

神道においては、共和党派の女子高生は「ロウノミコ」と呼ばれてきたし、民主党派の子は「キケ」と呼ばれてきた。
聖徳太子を「神」と認めるのが本地垂迹というものであり、仏教と神道が「同じ神」を崇拝するものだ。
藤原道長も、源頼朝も「聖徳太子の化身」であるとされており、観音信仰となっている。
藤原道長はしかし「ロウノミコ」に殺されている。
共和党は、キリスト教の世界から「引き抜き」を行うかたちでカトリックというものを作った。
アメリカの農場に広まり、妻と夫は「85分に一度」顔を会わせると言う仲の良さだった。
財閥とは異なるかたちで「予言」と関与し、豊かさが知られている。
日本の農家も、自民党支持で一枚岩だったが、生産調整(減反政策)をめぐって、野党の切り崩しに遭っている。
「予言と関与する」という発想はなかった。
シーザースパレス

日本の農家には「妹ファック」が広まっており、フロイトの「トーテム&タブー」に触れる文化がある。
トーテム&タブーとは、「犯すな、殺すな」というものであり、人殺しが案外、農家から出てくる。
このあたりは、アメリカの農場との「文化の違い」と言うしかない。
「こらえてつかあさい」
妹のことを「サクヤムニ」と呼び、法然上人は経典を読んでいくにつれ、「サクヤムニを犯したい」と考えるに至っている。
また、現代では、柴又帝釈天の笠智衆さんが「妹を犯すなよ、お侍さん」と教え、「男はつらいよ」シリーズを作ったことが知られている。
なかなか「予言」とは結びつかない文化が日本の農業にはある。
また、日本の農家は、労働者とは異なり、土地が広く、赤ん坊がギャンギャン泣いても水分を与えないことから、小児麻痺の温床となっている。 
小児麻痺も「農家の風土病」という指摘が可能だ。
マルクス主義は、農業を基盤とする「労農派」が一割で、ライン工を基盤とする講座派が9割とされたが、通常、生産調整の「生産」とは、資本論の用語で「出産」を意味する。
つまり、生産調整とは「産児制限」と考えるのが自然である。
労農派の、「子だくさん」が知られており、何らかの制限が「41回」なされたと考えるのが自然であろう。 
性と文化の革命 岡林信康

男女がカップルになるためには「大雑把に対等」である必要があり、そのためにユダヤ女たちは芸能界に向かった。
芸能界か大企業か官庁かは問わないが、ユダヤ女たちは「19歳まで恋愛禁止」の戒律を守った報酬を求めた。
報酬とはおカネであったし、現在では株式会社DeNAが「モバコイン」を配ることが可能になっている。
ユダヤ女たちの「いい男選び」と「大雑把に対等」であることを志向して、ユダヤ系芸能人の基盤が作られたのであり、創価学会のように「予言をしない・恋愛をする」連中と、統一教会のような「ユダヤ系の」連中は抜き差しならぬ対立をした。
公明党と自民党は、なかなか「共和党として合流」というわけにはいかない。
日本国が本当に「二大政党制」となるためには「予言」と「自由恋愛」は明確に区別しなければならなかった。
自民党は「農業」の問題でバタついたため「共和党」にはなれなかったし、野党も「芸能界支配」を達成していないため「民主党」にはなれなかった。
マイケルがある・ジャクソンのような「男の魅力」(アクラシア)が野党にはなかった。
「輸血をすると恋ができなくなる」というエホバの証人こそが民主党・大衆政党・キリスト教であり、統一教会は、ユダヤ系・財閥系であった。
「女子高生」「ナイルの賜物」のスタンスが政党を作るのであって、現在は「選挙権は18歳から」という具合に先進国と足並みを揃えている。
「女子高生の政治意思」を永田町まで送り届けることは可能となったが、
「予言」対「恋愛」
という構図を作るまでには至っていない。
国家社会主義・予言を行う令和法皇だけが「二大政党制」とはなにか?を発信し続けている。
しかし、「55年体制打破」は確実に社会党の手によって進んでいた(土井ブーム)。
お先に失礼 おニャン子クラブ

政党の多様性は、そのまま、国民の「生き方の多様性」を意味した。
「予言」対「恋愛」
という構図にとどまらないものが日本国の文化をかたちづくった。
そもそも、王位継承で「どのようないじめに遭ったのか」を神学大全において記したトマス・アクィナスが「女子高生たちの支持」を集めた。
つまり「権力闘争とはなにか?」を刻明に記したものが「カトリック」「予言者」となっていた。
中国においてはそれは「舜」であった。
苦労をした「先生」以外に、女の子達の、キャストレーション(去勢)にともなう「統合失調症類似の」メランコリーは理解できなかった(必要十
分条件)。
さよなら失恋ピエロくん

「閨閥」というものを最初に作ったのもトマス・アクィナスだった。
女子高生に「嫌いなおばさん」が存在することを知っていたからだろう。
みみかきをしていると

中世に「大学」というものが出来はじめてから閨閥(貴族)というものは形成されていった。
「バラ戦争」とは、子供たちの受験戦争のことであった、
恋をしない優等生と恋をする劣等生という構図があり、劣等生が芸能界と結びついた。
レズビアン女子高生は、必ずしも「結果」だけをみている訳ではなかった。
途中経過の意味を知り、自分たちの「世界」を広げることを考えていたのだ。
そこで、結果だけを見て批判されたり、女嫌いと直面すると「神に失望」するのだ。
メジャースポーツの「結果」だけを見て罵倒されるのならば、「神への失望」しかない。
ミスロンリー 大野幹代

 
ウーダムは、中世ヨーロッパのオックスフォードで、常に「予言」のことを考えていたし、鉄・拳銃・羅針盤(鉄・自動車・通信)も常に「女の子」たちの心配をしていた。
序盤の哲学、つまり「選手と政治生命を共にしている女性芸能人がいる」というのはさほど説得力はなかった。
女たちの「夢のぶつかり合い」のなかではひとつの要素にしか過ぎなかった。
それよりも、中盤の哲学、つまり「テレビに出ている選手」から「僕のキャリアが下降線をたどることはもうない。女の子達の声援もあるし、神聖な許しを感じる」というメッセージが電話で来ることの方が大事だったし、
ベンチのムードメーカー(ミスをした選手を孤立させないように隣で歌を歌う選手)の方が序盤の哲学よりも大事だった。
しかし、終盤の哲学、つまり、「女子高生たちの、ばあちゃん一系」は一番恐ろしかった。
「スポーツを見ていると男が分かる」
女たちはそう思った。
オックスフォードの「学位記」は、男を見て決める「神学」であり、東大法学部のように「90単位」というようなつまらない計算などなかった。
自由民主党は、アメリカ共和党、英国保守党よりも「格下」と見られ、外交の世界でも日本の内閣総理大臣は辛酸を舐めた。
今、どの選手がベンチで孤立しているか?どの選手か家族や知人と和解したか?
などを女たちは見ていたのであり、それが分かったら、プロ野球は「男を見る目」を養うのにちょうどよかった。
ユニフォームシャツのセールスとも関わったし、仲間というものは「ゼロの発見」がなければできなかった。
小田原評定を始めた時点で「負け犬」だった。
「序盤・中盤・終盤」に男の力を見せなければならなかったし、なぜ「女子高生たちの祈り」はこれほど影響力があるのだろう?というと「必ず結論が出る」「白黒つける」という「男気」が一番カッコ良かったからだ。
「小田原評定は始めた時点で負け」
私は、羽毛田信吾が「最終回」「お別れ会」と発言するのを二万回聞いた。

メジャースポーツ(ニュートン物理学)は、多数派形成にもっとも都合が良かったが、ヒュームは、「巨人の優勝を信じなければ裏切られることもない」として、メジャースポーツの世界とは距離をおいた。
英国王室のメンバーは、プロスポーツの運営に過度にのめり込むことはなかった。
英国王室は「英国市民の恋愛の保障と、自身の無力化」にその富はあった。
保守党(予言)というよりは労働党(恋愛)にその基盤があった。
つまりは「芸能事情通」が英国王室の王子であった。
オックスフォードには「まともに戦ったら敵うわけのない」強者が大勢いたし、令和天皇のように「プロスポーツの世界での強さ」を発揮できる環境にはなかったのが英国王室だった。
そこで、「スポーツ中継の絶叫」から離れて「恋ばな」に戻っていった。
アメリカやイギリスにはオリンピックでは敵わない、これがオックスフォードと東大の違いだった。
ロンドンボーイ レベッカ

羽毛田信吾なんてのは、ただのオカマであり、「人をいじめなければ太ってしまう」のである。
このことから、「株価を下げなければブクブク太ってしまうオカマ」の存在は指摘していい。
スレンダーな体型を維持したいために「株価を下げなければならない」連中は大勢いる。
そればかりは「そういう性格なんだわ」と言うしかない。
人をいじめなければブクブク太ってしまう連中は官僚にし、そうではない連中は財界人にするしかない。
幼児体験にまで遡って、組織というものは編成していかなければならない。
エジンバラ大学は、労働党の基盤であったが、予言を行わず、官僚も多かった。
オックスフォードは、ノンケが多く、保守党の基盤で、財界人が多かった。
ここで、「予言」=ノンケの学問、「恋愛」=ヘンタイの学問、という構図も出来上がった。
「愛されて育った子は、勝手な自分を愛する」
「虐げられてきた子は、人をいじめることで親から自立する」
愛されて育った子は財界・オックスフォード・保守党と結び付き、虐げられてきた子は官僚・エジンバラ・労働党と結びついた。
ウィリアム王子やヘンリー王子がマンチェスターユナイテッドの経営など出来るわけがない。
なぜならば「虐げられてきた」からである。
プロスポーツや、戦争から目を背け、フォークランド紛争も、首相に任せる。
これが英国王室である。
それでいいのか?
全メディアが、タブロイド誌で「虐待」に血眼になっている。
所詮、英国王室は労働者・官僚のものなのだ。
英国紳士とは呼ばない。
日本国においては、どの政党(ノンケ)も、官僚(ヘンタイ)叩きで大忙しだ。
それはそれで最高の経済政策である。
ヘンタイが株価を下げ、ノンケが株価を上げるからだ。
パラダイム(恋愛論)は、ヘンタイにも女子高生にも人気がある。
ヒュポダイム(性欲・支配と従属)も、ヘンタイと女子高生に人気がある。
そこで、パラダイムとヒュポダイムで株価が上下しているわけではなく、ヘンタイとノンケで株価が上下していることを悟らなければならない。
松田聖子 抱いて

ここで、私の方から「典型的な東大生」の方に伺いたいのだが、
「衆道のもつれ(男色の世界の痴話喧嘩)とはなにか?」
という問いに答えられる人はいるであろうか?
優秀答案を書いた人には、年齢・資格を問わず、財務省・日銀・経済産業省・文部科学省・国土交通省・防衛省などの幹部候補生として就職を斡旋したい。
試しに私が、東大ボクシング部で経験した「衆道のもつれ」について書いてみたい。
四年生の、澤原さんが、やたら、一年生の阿部を褒めるのだ。
「阿倍のケツを見ながら走ると疲れない」
と言っていた。
私も一年生だった。
五人のメンバーが1991年1月号のボクシングマガジンに「新人戦デビュー」として紹介されている。
阿部は、ショボい判定勝ちをし、私は相手をなぎ倒し、失格負けとなった。
澤原さんが、二年進級次の時に「駒場主将」に阿部をと粘った。
「男の友達がいる。彼氏が出来そうなんだ」
何度も澤原さんは、私にほのめかし、私を追放している。
男友達 モーニング娘。

一年生の同僚の関野はもっとひどい。
澤原さんは阿部のカマを掘り「次期主将にしてやる」と言い、関野にも同じことを言ってカマを掘っていた。
阿部は関野を「あの人と別れてと彼氏から」という感じで追放した。
悲しみが止まらない 杏里

量子論において「重力(女の子達の恋)は光の螺旋」という説がある。
重力が「女の子達の男選び」によって作られるのは「太陽への衝動」(恋)によるものであり、「女たちがいなくなったら太陽系は消滅する」
という議論につながる。
ミジンコがどれほど影響力を持つかが量子論であり、アダムとエヴァが天地創造を行ったと考え、量子論を、ロックのタブララサ(ちんちんと計算以外、すべて白紙)という議論とつなげて、白紙のなかに「何を共有するか?どんなストーリーを描けばモテるか?」という「白紙に何を書くか?」をすべての男の共有を目指し、公約数的見解を探っていこうというのがタブララサである。
昼間、俳優の首吊り自殺が報じられたので、「DeNAの逆転サヨナラ勝ち」は、「白紙の容量オーバー」となっていて実現しなかったと言う説明も可能だ。
土曜の夜にレインボー

 
この記述「重力は光の螺旋」という議論は、かつての論敵、「記憶さん」の持論であるが、叩き方次第では、どんな議論もノーベル物理学賞につながってしまう。
あとは「証明」だね。
この「重力は光の螺旋」つまり「量子論」に関しては、かつて、シドニーオリンピックで、各メディアが「高橋尚子さん」(Qちゃん)のために「他の話題を抑えた」ことから金メダルをとったのが印象的だ。
作用反作用の法則とか、慣性の法則などがニュートンにはあるが、
本当に「カップルになることを目指したと女たち」には「時間切れ」がある。
しかし、「選手に政治生命を託した女性芸能人」は、案外、おおらかに「彼」のことを見守っていた。
女たちの「応援合戦」が作用反作用の法則をもたらし、豪速球でも打ち返すが、それも「ルーキーイヤーから女たちに人気があった」ことなどからもたらされる。
私のブログを読んでいる「選手」は、作用反作用の法則および慣性の法則を持っている。
しかし、地球の「運動量保存の法則」を、うまくスタジアムおよび自分に集めなければならない。
世界の「運動量」は、日本国では私が調達している。
放課後に落ち込んだ少女

国際社会には「あなたの得は、私の損」という発想があり、国際関係論(どの国の学問に育てられた人物か?)がなければ、一位のアメリカ、二位の中国にはとうてい追い付かない。
日本語しか理解せず、日本語で話す連中に、うまく「外国の運動量」を覚えさせる必要があった。
野茂やイチローは、「外国の運動量」を日本国に持ち込んだが、今の時代背景はそうではない。
社会人レベルにまで「メジャー化」が浸透しているのだ。
日経平均株価を見ていると「いじめっ子」=悪魔(ヘンタイ)の力は根強く、ノンケ=天使の力を時に圧倒することがある。
天使の気持ち 中山美穂

白黒つける世界はとにかく人気があった。
そのため、営業マンも「成績」が貼り出される企業もあるが、「女子高生たちがあなたのために祈ってます」というセールストークは確かに有効だろう。
そのために創価学会系企業、統一教会系企業などができる。
「女子高生たちを多く抱えた宗教」をバックにしていると、社会人として白黒つけなければならないときに「モンスター」と呼ばれる。
恋ING

ベサリオンは、女子高生が「男の歌」を歌ったらどうなるのかね?と語った。
彼の一言で、コンスタンチノープルは、オスマン帝国に滅ぼされた。
好きな先輩 モーニング娘。

 
東方教会は、そのような運命をたどったが、西方教会は、ヨーロッパの「予言」を一手に引き受けた。
ベサリオンは、女子高生が「男の歌」を歌うことによってなされる「予言」をアリストテレス的考えとし、星座占いというものをプトレマイオス的考えとして巧みに使い分けた。
星座占いで瞳を閉じて

いわば「終盤の哲学」である「エンジェルチャペル」を、芸能界に持ち込むことで「先発メンバー」に影響を与えようとしたのだ。
アリストテレスは、「北極星をめがけてナイル川を下る」という経験から、宗教というものを考えたが、空海もこの企画に日本代表として参加している。
私も、女子高生のようなアイドルに歌を歌われて、東大に入り、天皇になっている。
王子様と雪の夜 タンポポ

アリストテレスは、ナイル川の氾濫を抑えこみながらこの企画を成功させ、ニコマコス倫理学を書いている。
女子高生に自分の歌を歌わせながら、自身の命とキャリアを守ったのだ。
松浦亜弥 ナビが壊れた王子様

女子高生が歌にしている男は、無尽蔵に資金があり、それを何に利用しようが自由だった。
横浜DeNAベイスターズを応援しても、「お金を盗んでいる」という扱いにはならなかった。
酒井法子 エアメール

遊佐道子陣営は、私の東大合格に安堵し、酒井法子も「あれで楽になった」と語り「のりピー語」を封印した。
100%の雨が降る

多くの親戚や、友人が私をいじめ、「俺が天皇に」と名乗りをあげたが、サンミュージックの相澤会長は、「学のない輩」を嘲笑い、私を応援した。
松浦亜弥 From that sky

女子高生がいて、男がいて、「白黒つける世界がある」ことから、世の中の「不確実性の時代」は、確実性を持つようになる。
メジャースポーツがなければ、人々は「自信のある人」がどこにいるかが分からないのだ。
クリエイターや女子高生は、あくまでもセールスを見ながら作品を作るが、モチーフにされた男は、政治家としては、それを「時代の確実性」につなげなければ、かなり無責任な姿勢が問われても仕方がない。
乙女パスタに感動 タンポポ

女子高生と男とメジャースポーツ、この図式が明確になることを「確実性」と呼ぶ。
令和とは、そのような時代なのだ。
恋をしちゃいました タンポポ

最終的には「仲間が多い、何かやってくれそう」な男たちに女は恋をしたため、「令和法皇よりも俺の方がモテる」という他球団の男たちの資金力の前に、必ずしも横浜DeNAベイスターズは、勝てるわけではないが、
「皇室は祈りてありたい」(美智子)という立場は、「英国王室よりも日本の皇室の方が上」「皇室はエジンバラ大学ではなくオックスフォード大学」という意思表示であった。
労働党(恋愛)ではなく保守党(予言)という意味合いをも持つ。
フランスの元大統領サルコジは「農産物は値段の高さではなく変動幅(ボラティリティ)が問題」とし、アメリカの穀物メジャーと結びついたが、
シカゴコーン賭博を行っており、アメリカの農場カトリックと「女子高生に基づく予言」の話を理解しないと、その真の意図は明らかにはならない。
変動幅が大きいと、アメリカ穀物メジャーが損をしてしまう。
なぜだろうか?
「処女性」を大事にするアメリカ穀物メジャー(カトリック)は常に「ハードコアポルノ」の介入を受けつづけ、「どんなに男が偉くても、女の乳房には敵わない」というメッセージを受け続けていた(ツイッターなど)。
シカゴコーンギャンブルは、世界的流行を見せたが、アメリカのカトリックは弱体化したかな?という感想をサルコジは漏らしていたのだ。
明石家さんま 真っ赤な嘘

たとえば、AKB48の「神曲たち」を聴きながらマージャンをやることを「ガン牌」と呼ぶし、イヤホンで「自分のペースで」このアルバムを
聴きながらパチンコをやることを「メトロノーム」と呼ぶ。
第一章の「神曲たち」ぐらいは知っておいた方がいいだろう。
買わなくてもこのブログにある。
スマホがあれば、アルバムは買わなくて済む。
AKB48と仏教~私の記事

個人的には、東京パフォーマンスドールの「秋色協奏曲」「恋のセクシームーヴィング」
国生さゆりの「風のフラット」
河合その子の「避暑地のアンニュイ」
あたりを、閉鎖病棟の喫煙所で聴いたら、「周囲が私に怯えているのが」分かった。
聴き込むこと、愛着を持つこと、なども「ガン牌」のコツとなる。
河合その子の「避暑地のアンニュイ」ではなく「悲しみのトリスターナ」だったかな?
あんな経験は二度としないので、忘れました。

ガン牌の秘訣。
この二曲を聞くこと。
東京パフォーマンスドール「秋色協奏曲」(TPD collection収録)
東京パフォーマンスドール「恋のSexy moving」(Never stop収録)
パチンコの世界では「メトロノーム」と呼ばれています。

 

 

 

 

« 新左翼~自民党の犬(エッチな溝川幸二)。 | トップページ | 三国志。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新左翼~自民党の犬(エッチな溝川幸二)。 | トップページ | 三国志。 »