最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 法律学と宗教。 | トップページ | マルクス主義~税収200兆円という革命。 »

2020年7月20日 (月)

日限地蔵尊(ひぎりじぞうそん)。

王子が「天皇」になるまで、これほど多様な「男」たちを見た。

ぺテロの葬列(長いので読まない方がいいです)

男の多様性を知り、女のシンプルさを語る、これが宗教の基本なのだ。
韓国大統領も「皇帝」と呼ばれているし、アメリカ大統領は「宗教の王」と呼ばれている。
日限山(横浜市港南区)には、このようなメンバーが揃っていたし、それぞれの「男たち」が、自分を投影することができるキャラクターを持っていた。
「彼は善人だ、彼は悪人だ」と誰が言えるであろうか?
「気持ち良ければ善人」ということをなぜ悟らない?
女たちは「男」に出来事を語り(結果無価値論)、男たちは話を聞いた(行為無価値論)。
女たちを「優しく」する学問が刑法学であった。
女たちから話を聞いたら小説にして、これらの男たちにカネをやるしか「治める方法」はない。
これが国家統治である。
「味気ない言葉を救う」「優しさを育てる」
これが分かれば司法試験は合格だ。
hiro confession

この「ハムラビ法典」の「永遠の意味」を知ることを「刑法学」と呼ぶ。
すべての政治家は刑法学者であった。
男に「カネと女」を与え、カネと女の話をし、女からは「長話」を聞くのだ。
具体的(従姉妹や妹)では、今後の対人関係に悪影響を与えるので抽象的(クラスメート)のような距離感が必要だった。
出来事だけを語った曲。沈黙はセックスOKという意味である。
ホワイトラビットからのメッセージ 渡辺満里奈

男は、カネをもらったら「テレビに出る」だろう。
周囲に「魅力」をふりまいて、女によってはマスターベーションをするかもしれない。
「素敵なナイフ」
男のちんちんはそう呼ばれるし、小説を書く君主も、このような経験値がやがて「メジャースポーツにおける予言」につながることを知る。
女子高生の中には「君主の小説が好き」という子もいたからだ。
ギザギザハートの子守唄 チェッカーズ

保護司は、みんな「ハムラビ法典」にしたがって小説を書いていた。
政府が「小説」「芸能界」を「省庁横断」と判断する理由も、保護司や君主が「神」と見なされていて、女たちを「優しくし」時には「芸能人生命を支えた」からである。
恋愛ヤンチャ娘 浅香唯

日本国は、もはや「治安」にしか興味がない。
男たちがカネに満ちており、女たちが優しい、それをバックアップする人がいる国を福祉国家と呼び、男たちはカネを欲しがり、女たちは話を聞いて欲しがった。
中国では、ハムラビ法典は、「律令」と呼ばれた。
「カネで科挙に受かるのが当たり前」
それがアジアの伝統であった。
しかし、東京大学は、「アリストテレスの偏差値」を選択した。
「いるのはゲイやオカマやレズビアンばかり」
これが「官僚養成所」の実態だった。
体を売るか(華族)、殴るか(士族)しなければ東大には受からない。
ちんちんは気持ちいい、男の知性と指も気持ちいい。
しかし、「浮気」をしたら悪夢をみる。
友達と恋人の境界線は「ちんちんを挿入したかどうか?」にある。
グッバイフレンズ 三浦理恵子

男たちは「背の高さ、足の速さ」などを競いあっても「浮気」をして悪夢をみた。
ナチスの限界をここにみるのだ。
地蔵に刻印されたメンバーたちは、「恋ばな」に詳しく、バニララテをおごってくれる程度のカネがあり、横浜DeNAベイスターズを応援していた。
女の子たちは「おばあちゃん一系」の局部を持ち、「いい男選び」について考えた。
令和執行部は、日本カトリック中央協議会、世界統一平和家庭連合、株式会社DeNA(エンジェルチャペル)に不老長寿を祈られている。
あとは、日限地蔵尊の、施設を巨大化し、御朱印ガールを多く呼び込み、予言を可能にさせるだけであった。
男たちの「パーソナルディテール」は、私が明らかにした通りである。
魯迅と、モーツァルトってどのように関わっているのだろうか?
「旦那さま」とひざまづいたかつての友人たちと、どのように令和天皇は「和解」すべきなのだろうか?
日限地蔵尊は、魯迅とモーツァルトが作った。
目的は、日限山(ひぎりやま)出身です、という連中の「世界を広げる」ことにあった。
「地盤」というものはこうやって作るんだよ?ということを政治家志望の若者に示すことだ。
悪いことがひとつあったら「いいことを三つ」欲しがるのが人間だ。
恋が好きな女の子は「男」をいいことに含めるし、愛が好きな女子高生は「おカネ」をいいことに含める。
その他のいいこと二つが何かは人それぞれだろうが、「おいしいもの」そして「趣味」が持てることを意味する。
趣味は「友情」や「知識」と関わる。
いずれにせよ、女子高生の「いいこと」の最初が「おカネ」ならば、「おいしいもの」「趣味」が保障される、
いいことの最初が「男」であっても「おカネ」にはなるだろうが、実践理性の定言命令(処女たちの祈りに基づく予言)のない国では、女子高生が、コンビニでサービスしてくれることもない。
自由民主党は、令和天皇の指導のもとでの「共和党」と同格になる素質は持っているが、かなり君主に依存したかたちで、リベラルを取り入れて政権をとっている。
なぜ、ロールズは、「おいしいもの」「趣味」を「最小化」すれば「男が育つ」としたのかは、株や為替と関わる問題だ。
男が育てば「円高」になるし、おいしいものや趣味が充実する。
未来の思い出に 貴島サリオ

そこで、日限地蔵尊としては、横浜DeNAベイスターズなどの「エンジェルチャペル」と結び付いて、ぺテロの葬列の「男性崇拝」「おカネ」を
女たちに保障しなけれはならないし、
一方で、男たちは「仕事」が好きになるために、令和天皇を理解しなければならないし、「おカネ」「女」「趣味」に恵まれなければならない。
仕事が辛いから、女運に恵まれないから「カネを払って趣味を持つ」という側面がある。
令和天皇の金融工学を理解すれば、「仕事」「カネ」「女」「趣味」と人生の好循環が回り始めるが、性倒錯を引き起こしたら、株価を下げる方向に動きやすい。
いじめっ子には、「何が幸せなのか?」からアプローチしなければならず、カマを掘られるのか痛いなどの原因から「いじめ」をやっている。
これが「三位一体」「父・子・聖霊」の正体であり、父は必ず「性的にフラストレーションを」引き起こしている。
特に、両刀遣いの男や、免疫抑制剤を飲んでいる女は子供がおらず、「子供に伝えたいこと」があるから読書のモチベーションがあるのが人間であるが、これらの男女は「仕事がつまらない」のである。
ヤクルトスワローズや、読売ジャイアンツが「勝利」を必要としているのも、東京が「性の暗部」を抱えているからである。
「人生の好循環」から、横浜DeNAベイスターズを応援するのならば、適当に強い球団にはなるだろうが、性倒錯の「生活がかかった趣味」にどこまで対抗できるかは明らかではない。
趣味の世界は、必ずこのような「ヘンタイ」が切り開いてきたため、性倒錯を憎むわけにはいかないが、ケツや腟が痛いからという理由で経済の制御を困難にしている。
松浦亜弥 Love train

子供の貧困がOECD最下位の日本国は、「趣味の大国」ではあるが、経済のコントロールは案外、このような「島国根性」と向き合わなければならない。
我々は、「女子高生を利用した予言」という富を子供たちの世界に持ち込もうとしている。
いじめる側の多数派工作(売り豚・悪魔)と、いじめられる側の多数派工作(ノンケ・天使)が常に日経平均株価をコントロールしているが、「性倒錯」までは治しようがない。
現状を踏まえた上で、「フェティシズムの共通項」を探っていかなければならない。
それが「本物の聖母マリア」なのである。
物象化論の一部を構成しているものと思われる。
高橋由美子 ときめき

ジャービス・ペンデルトンは、それで金儲けをしていたのだ。
孤児の女の子たちと交流することによっておカネを送っていた。
ジャービスは、「本がどのように私を美化しようが、これは宗教であり、予言というビジネスなのだ」と語った。
予言というにとどまらず、ヘンタイとノンケの「共通項」が「美少女」にあったのだろう。
芦田愛菜

しかし、ノンケは「女の子の全体像」をみていても、ヘンタイは、「局部」しか見ていなかった。
「面食い」でノンケかどうかが分かった。
ブサイクは、ヘンタイにも愛されたため、ヘンタイにも当然、「言い分」はあったし、多数派工作における強みがあった。
「女の子として生まれ、男としていきることを宿命付けられた中居が背負ってきたもの」
近藤春奈

ヘンタイは、初体験のあと「僕はもうアイドルファンには戻れない」と言ったが、ノンケはそうは考えていなかった。
ヘンタイは、アイドルのことを「猫」と呼んだが、ノンケはそのような表現に違和感を感じた。
このような「共通項」を見つけることの困難さが指摘できる。
表現は、ヘンタイとノンケでは異なるが、「金額が数えられる、女が買える、すべての女に通用する」おカネの前では「同じ」だった。
「国士無双に聖母マリアが使える」と言ったらみんなが一丸となったのだ。
東京パフォーマンスドールの「秋色協奏曲」(TPD collection収録)
「恋のSexy moving」(Never Stop収録)
の二曲には、どんな官僚も興味を持った。

「表情でヌケるサディスティックな側面」をノンケは持っている。
ホモのモラレスと、ノンケのパッキャオの三部作が興味深い。
パッキャオ対モラレス

レナードとハーンズは、ノンケ同士で見つめあっていた。
 

男が、そもそも「ヘンタイ」「フェラ」ーリの可能性があるため、マッサージは「三千円」からである。
どこまでノンケが「This is YAKUZA. OK?」と言われて日経平均株価を押し上げるかの世界だ。
大阪地裁では、この売春の支払いの担保を「警察が引き受ける」とし、東京地裁のように「ヤクザに任せる」「踏み倒し可能」と判断が分かれた。
これは、セックスの値段の「裁量的判断」を、警察が引き受ける大阪と、民間に任せてもいいとする紳士の街・東京の違いである。
「あれほど贅の限りを尽くして、そりゃねえんじゃねえか?」という言葉は「民間警察・ヤクザ」が言ってはならないことである。
いじめをやる「ヘンタイ」は、売春婦たちにとっても「お得意さん」ではない。
女としても、本番で「突いて」くれる男の方を、口だけで淡白に済ませる男よりも、「奪い合う」のではないだろうか?
ウィンク 愛が止まらない

ヘンタイのことを業界では「三千円ポッキリ」と皮肉った。
まあ、ヘンタイにせよノンケにせよ、毎晩、男たちを鞘に治めるのが統治者の仕事だ。
ガン牌に使える曲に、「亜麻色の髪の乙女」島谷ひとみも加えたい。
なお、ヘンタイも、ヘルスでは1万2千円であり、ノンケの本番は2万4千円であることも指摘しておきたい。
女たちは「愛されてこその女」という側面と、「祈られてこその女」というもうひとつの側面を持つことになった。
挿入する以外にも「おカネを払う理由」がなければ、日経平均株価は「良くて2万4千円」となってしまう。
現在のように、株価が二万三千円近くになると、「あとは信仰と証明の世界」となる。
「恋のSexy moving」「秋色協奏曲」「亜麻色の髪の乙女」が本当にご利益があるんすよ、そのような境地にならないと株価は上がらない。
セックスは男にとって気持ちいいかもしれないが、それ以外の「いいこと」も、女子高生が叶えてくれることが証明されようとしている。
「成績の世界」がこのような「エンジェルチャペル」「サクヤ会」「巫女会」によって左右されるようになった。
松浦亜弥 From that sky

労働の世界が「灰色」だとしても楠田丘式のように「ルール」を決めようと努力はしている。
ファンデーションのある世界では必ずこのような、「エンジェルチャペル」「サクヤ会」「巫女会」は役に立つだろう。
Perfume ファンデーション

基本的に、女子高生は「セックスの対象」としての側面と「祈りの対象」としての側面がある。
日本国には「わだつみ会」という神道があり、天台は「空の下の陸」を意味する仏教であり、キリスト教が「天・空」を意味するものと思われる。
つまり、陸(仏教)・海(神道)・空(キリスト教)を統帥するのが天皇である。
仏教としてのサクヤ会・神道としての巫女会・キリスト教としてのエンジェルチャペルを統帥するのが天皇なのだ。
天皇・慰霊の旅

ちんこ(信仰)をぶちこまれた女子高生の局部は、その「子供の気持ち」をめぐって、女社会を陸・海・空に三分割した。
陸のソクラテス、海のアリストテレス、空のプラトンとも呼ばれた。
日本国は、仏教・神道・キリスト教がこのように共存したのだ。
スピッツ 空も飛べるはず

空のプラトンは、キリスト教の立場から、仏教と神道の関係を自在に描いた。
松田聖子 ロックンルージュ

プラトンは、キリスト教とは「ソクラテス・仏様」から見出だしたものに過ぎない、とも説明している。
松田聖子 蛍の草原

空のプラトンにとって、セックスは罪深いものに思えたが、陸のソクラテスや、海のアリストテレスの有り様が、よく観察できた。
中山美穂 天使の気持ち

愛とか友情とか、幸せ、快楽などを存分に「キリスト教が」描くことが可能となった。
中森明菜 ブルーミスティレイン

女子高生が、セックスして「これは私のおカネよ?」と言ったら、周囲は「もちろんだよ」と答えた。
しかし、権力の側は「祈り」について考えていた。
「挿入」って言う言葉の響きが人気があるのだ。
なんで、あぼーんされないんだろう。
皇室は、海から来た。
セックス崇拝を政治力として登場したのだ。
渚のハイカラ人魚 小泉今日子

しかし、祈り(美智子)は空から来る。
キルケゴールは、「空」に気がついていた論客を「読め」と言っただけだった。
これが「キリスト教」だったからだ。

勉強がつまらない、成績が伸びない、部活では全国に通用しない、おカネがない、趣味が楽しめない、
学校生活がうまく回らないと、「女の子とのセックス」しか逃げ道がなくなる。
それも内申書に書かれるため、中学三年の夏あたりがラストチャンスじゃないか?
そこでもやる気がでないのならば、人生は彼にとって厳しいものになるだろう。
女の子にとっても「初恋は実らない」のは理由がある。
斉藤由貴 卒業

「夢と音楽とカネ」だけで案外、やっていけるものだよ。
もっとも、「夢のぶつかり合い」で、負けて、夜の街に落ちていくものもいたけどね。
新田恵利 Only lonely boy

音楽とカネは動かないが、夢のぶつかり合いにおいては「女子高生たちが祈っている」というだけで強さが発揮できた。
「東大受験生を取り巻くメディア」もこの受験生活の回転だけは見ていかなければならない。
「上に行く奴なんだろうな」
このような「予言」も案外、簡単なのだ。
工藤静香 ミステリアス

小学校四年生から準備しているものの気持ちは分からないが、私の「一年八ヶ月」の東大受験生活は「人をいじめる必要のない」ものであった。
もっとも、「進路妨害」してくるものは容赦なく殴った(被害者二名)。
私は、アメリカ留学を経験しており、日本の土着民族はそのように見えた。
「夢とカネと音楽さえあれば大学受験生に恋などいらない」
社会はそのように「知っていて」も、カップルは何かを「信じていた」ようだ。
知ることと信じることの違いがここにあり、信じているものは「先生」も信じていたため、指導者としては、カップルに教えることには責任を持たなければならなかった。
信じることは危うい、下手すれば孤立と自殺につながる。
キリスト教(プラトンのメノ)は、自殺を禁じた。
孤立した人のために女子高生たちも祈ることにしたのだ。
「カップルは宗教の温床」とされ、「俺の理論」であっても女たちは電話だけで喘げることを知った。
社会人というのは「知っていることと信じていることが同じ」という意味であり、電話で話していても女は気持ちがよかった。
電話でね 高橋愛

カップルは孤立しやすい。
勉強や部活、おカネの面でうまくいかないから女を選んだというような「初恋」は実らないものだ。
セックスが愛に変わるのならば看護師になればいい。
瞳をとじて社会のことを考えるのであれば、いい「先生」を知っている男を選べばいい。
レベッカ 瞳をとじて

「サクヤ会」は、このようにして「実らぬ初恋」を抱えていた。
エンジェルチャペルとサクヤ会と巫女会のどれが「祈りが強烈」なのかは一概には言えないものがある。
サクヤ会の女も「祈り」を知っていたからである。
19歳になれば幸せになれる、それは「処女を守れ」という意味であるのかは明らかではない。
彼氏の「情報」が変わってくるのだ。
新田恵利 トラディション

エンジェルチャペルは、モバコインを資金源にしていたし、サクヤ会と巫子会は、dポイントを資金源にしていた。
サクヤ会は、「信じること」を知っていたし、巫女会は「知ること」を理解していた。
空軍・陸軍・海軍はこれで成り立っていた。
サクヤ会では「金持ちからおカネをもらって彼氏に貢ぐトリクルダウン」が起きたが、エンジェルチャペルや巫女会ではそれは起きない。
トリクルダウンが起きるかどうかは、女子高生の恋愛と「祈り」次第であった。
トラブル・オブ・ラブ

彼氏のいないエンジェルチャペルや巫子会の女の子は「知っていた」のだ。
令和天皇の教科書がなければ「心がもたない」ことを知っていた。
いろんな女の子がいるという意味では化学の一環であったが、
男子高校性は、「夢とカネと音楽」さえあればいいと割りきる硬派もいれば、「トリクルダウンが欲しい」という軟派もいた。
恋愛をしながら東大に果たして入れたかどうかは、私には分からないし、他の人の合格体験記を待ちたい。
朝日は「孫娘」であり、夕日は「おばあちゃん」である。
沈んでいく太陽をもとに戻す力を持ったもの「孫娘のハートを鷲掴みにするもの」「アマテラスに詳しいもの」は万物を司る。
これが神道である。
サンセットパーク

君、俺と相性がいいね(感度が最高だ)というものを「FA宣言」と呼ぶ。
FA宣言さえあれば、風俗嬢すら嫁にする連中もいる。
FA神学は、女の方から「したいの」と合図を送るほど仲のいい夫婦を作った。
ヨゼフとマリアだ。
のちに「この靴のサイズに合う女はいるか?」と大人たちが血眼になった予言者・ファラオのヨゼフならではの話だ。
酒井法子 おとぎ話のシンデレラ

「王様ゲーム」とはつまり、男たち、女たちの「FA神学」であった。
しかし、FA神学は仲のいいカップルは生み出せても、決して「周囲に友達の多い」カップルにはならなかった。
ヨゼフではないのならば、王様ゲームが始まったら退席するような節度が求められる。
ヨゼフの「FA宣言」の時に、多くの女たちが犠牲になり、ヨゼフは神通力を失っている。
仲間はおカネである、という道徳哲学の立場からもヨゼフは批判された。
観念論哲学は、「シンデレラ」を煽ったが、ドイツとフランスの違いだろう。
シンデレラハネムーン 岩崎宏美

7+5=12つまりサクヤ会と巫女会とエンジェルチャペルは、常にこの数式で表現される。
明るい放課後の過ごし方

ロウノミコとキケのいう区別が神道の女社会でなされている。
キケとは、「記録係」という意味をも持つが、ロウノミコ(巫女さん)との意味の違いは明らかであろう。
タイガー&ドラゴン

 
そこで、巫女みこナースにおいては、看護師とは「セックスが愛に変わる」という女がなる職業であることから、ロウノミコとキケを包含した「広義の巫女概念」が存在すると考えるしかない。
いずれにせよ、男は女子高生と性的関係を持ったら「うまく社会に返してあげる」必要がある。
巫女みこナース

 

B42659efae1f4ee0a8dc1e9e4360fca3

 

女子高生代表・阿弥陀如来。
アミダばばあの唄

南無阿弥陀仏とは「ああ!阿弥陀仏陀さま!」という意味である。
観音というものは、これらの企画を考えた「聖徳太子」のことであり、「僕、そのことをすでに知っていたよ?」という、「宮殿の南ウィング」で執務をとった人物であることから「観音とは撫でるものである」という信仰になっている。
ご本尊さまは阿弥陀である。
ブッダの弟子には「弥勒」と「菩薩」と「弥勒菩薩」がおり、弥勒は美男美女になる方法を知っておりインド・チベットに広まり、菩薩は「車に乗る方法」「助手席の女を口説く方法」を知っており、中国・日本に広まった。
弥勒菩薩は「南伝仏教」と呼ばれ、「一部の人しか車に乗れない」(小乗)という仏教を作っている。
日本国が「南部仏印進駐」を禁じ手とみなされたのも、このあたりに理由がありそうだ。
「ハンサムな自動車乗り」(弥勒菩薩)ならば、一部の人しか悟れないだろう。
頭文字D

大乗は、「産業革命で目覚めた」とされ、かつて法然が後鳥羽に弾圧された「馬力」が「東南アジアでは禁止」とされた。
「処女崇拝が仏教の本質だぞ?」
日本車を乗り回すイケメンは「南伝仏教の憧れ」であったし、日本国の「処女崇拝」が支配するのは明らかだった。
そのため、アメリカ合衆国は「ベトナムやラオス進出は退位を意味する」というメッセージを令和天皇に送ってきた。
なぜ「ご本尊さま」にお祈りするかを令和天皇が「悟るのは明らか」とされていたのだ。
「処女崇拝」は「ブッダフィールド」(日本国の領土)と呼ばれていたため、アメリカ合衆国が「歴史の教訓」として残した。
浄土宗(サクヤ会)は、後鳥羽に弾圧されるほど、天皇家と仲が悪かったが、浄土真宗(サクヤ会)は、天皇家と親しかった。
「車の運転席で真似をすることができる天皇がいるかいないか?」の解釈の違いが両者にはあった。

第二次世界大戦の南方での戦いにおいて、アメリカ軍は日本兵の亡骸をことごとく「ナムアミダブツ」と言って葬った。
日本国の悲願は「サクヤ会」が大東亜共栄圏に広まることであったし、メジャースポーツが背景にあった。
法然は、比叡山延暦寺で「常行三昧」を経験させられ、そのような境地に至ったが、令和天皇も「常行三昧」は経験した。
「一日六時間は音楽を聴いたね」
法然は笑って語った。
阿弥陀は「ステージから客席に頭を下げる」習慣があった。
社会経験においては、信者の方が「上」であることを示していた。
「頭さえ下げてくれれば」
これが日本国の伝統となる「お辞儀」であった。
「癒し効果から入った世界なのに恐ろしいな」
法然はそうも語っている。
決して、「大人たち」は処女に翻弄されてはならなかった。
「お辞儀さえしてくれれば」
鎮西学派の彰晃が、平成の時代にそのことに最も詳しかったとされる。
「メジャースポーツにめっぽう強い」
これが「サクヤ会」の力であり、巫女会もエンジェルチャペルも、カントの実践理性批判から学んだものであったが、サクヤ会だけは「仏陀から学んだ」と位置付けられている。
プレイバックパート2 山口百恵

普通ならば、昔、ヤンチャだった男の子は寺に入れられ「読んで覚えて、書いて覚えて」という般若心経を覚えさせられる。
しかし、私も「癒し効果」を求めて「曼荼羅」「垂加神道」を書いたが、常行三昧の結果、「予言」まで理解できるようになった。
サクヤ会のリーダーが「阿弥陀」であり、「予言」が見抜けるようになることを「シャングリラ」と呼んだ。
シャングリラの夏 河合その子

日本国の「侵略的意図」に気がついていたのが「カント」であり、日本国の神道である巫女会も、キリスト教であるエンジェルチャペルも、カントを知らなければ、仏教によるアジア地域の覇権は止められなかっただろう。
井上円了の「絶対世界」において「宗教」というものの定義がなされた。
清沢満之によって「東本願寺で」スポーツ賭博が行われている。
「新仏教」と呼ばれ、株価を上げる奈良仏教、音楽に感化される密教とも、美男美女になる鎌倉仏教とも異なる「メジャースポーツにおける予言」がなされるに至っている。
御神楽

ケルゼンは、私のブログの「音符でできた言葉」を「裁判所で作った」としている。
検察官が「いいか?俺の言うとおりゲロしろ」ということから始まり、大人社会のトラブルを「女子高生の支持の得られるもの」に変えていったのだ。
四月は風の旅人

大人社会のトラブルを女子高生にも分かるように「音符でできた言葉」に変えていく作業にこそ「祈り」が存在した。
サクヤ会にせよ巫女会にせよ、エンジェルチャペルにせよ、経典は「吉永小百合作品」であったし、男子でも医学部を目指すものはこれを見た。
あとは、音楽作品(CD)かな?
阿弥陀仏陀は「祈られる対象」ではあったが、ただのわがままなお嬢ちゃんであってはならなかった。
ケルゼンは「純粋神学法」において、女子高生の「心を豊かにすること」だけのために生涯をささげた。
イエス・キリストは、律法学者の法をどんどん「女子高生にも分かるもの」に書き換えていった。
それで「予言者」になったのだ。

女子高生パワーはカントが実践理性批判で語ったが、主婦層の気持ちが純粋理性批判に記されている。
「誰を歴史に残すのか?」を主婦層が決めるということと、「住宅ローンが返済不要であること」「マイカーローンが返済不要であること」を石原慎太郎と中曽根承太郎が背景に力をつけている。
主婦層が何よりも憎むのが「男女の支持をすでに失ったのにだらだらと続けること」(エンドのないこと)であり、「エンドの設定」は石原慎太郎はすでに「設定のし直し」を終えている。
中曽根承太郎も「エンドの設定」を「石原慎太郎と政治生命を共にする」というかたちで終えている。
私は安倍政権はすでに「エンドの設定の失敗を犯した」と判断し見限っている。
菅義偉はそもそも「エンド」という概念が主婦層の支持のために必要であるということも知らない。
政権を取るつもりのない政党は必要ない。
「エンドの設定を見失っている」からである。
販路改革を経ない老舗はそもそもないことも「エンドの設定」にある。
立憲民主党の枝野さんも安住さんも「エンドの設定」を明確にしていない。
どれほど「エンド」が主婦層に魅力があるかを理解していない。
私は次の総選挙で、自由民主党が「小泉進次郎を総裁に立て、エンドを設定しなおして」解散総選挙を打ってきても、「石原慎太郎と中曽根承太郎」が「女子高生パワー」「住宅ローン」「マイカーローン」「エンド」などの概念をめぐって最終的に政権を取ると考えている。
次の野党第一党のキャッチフレーズは「ジ・エンド」である。
代表は石原慎太郎で、副代表は中曽根承太郎である。
聖飢魔Ⅱ ロック・イン・ザ・キングダム

「人を悪者であるとだけ扱うのならば自分が損をすると思う」
いくら人気の世界でも、相手をディスるだけならば、自分の評価も下がる。
万年野党と呼ばれるものだ。
なぜ、相手に「女が近づく足音がした」ことを認めない?
そうでなければ「悪者である」と扱う理由がないではないか?
菅義偉や安倍晋三が、私の首を獲ればそれは「女が近づく足音」はするよ。
東京裁判史観はいまだに人気がある。
首を刎ねて「打ち取ったり」というのが人気があるのだから仕方がない。
菅や安倍が「女目当てで」私の首を刎ねようとしたことを率直に語らないと自分が損をする。
聖なる海とサンシャイン

相手を罵倒するとき、されたときに、この原理に気がつかないのならば相当鈍い。
女は男の「悪い噂」からその人のイメージを固める。
カントは、「菅や安倍のこのような心理」まで指摘してようやく相手をディスったことになるとしている。
相手を「悪者」としてではなく「人間らしく」扱うことだ。
それは国の指導者クラスでも変わらない。
そうやってようやく「ケプラーのように女に囲まれた男」は出来上がる。
浜崎あゆみ To Be

いつまでも「女が近づく足音」のトラウマに怯えて根に持っていると、他の女が「伝説」に気がつくだけだよ?
子供のように罵倒するのならば、相手に「女が近づく足音」がしたことをただ認めることを意味することを女たちは知っていた。
菅や安倍が、私の首を刎ねようとしたため、私はNHKに「総辞職しろ」と電話してしまったが、安倍政権に「何があったの?」と女たちが寄ってきただけだった。
喧嘩してようやく「アウトロー」が誕生した。
空爆しようが、マンションの柵にぶら下がった子供を守ろうが、とにかく「務め」であり、戦地で何があったのかは観光資源に過ぎない。
たしかに、日限山の連中とは大喧嘩したよ。
しかし、私に「女が近づく足音」が20年以上の長い期間にわたってあっただけであり、ペテロの葬列はそれで書いたのだ。
いじめがヒートアップした時に「皇位継承」という「エンドの設定」を私の周囲が私に対して行ったことを悟った。
天皇になってもいじめが治まらないことから、周囲が私の「首相就任」という「エンドの設定」を共有したことを悟った。
中曽根承太郎はそれを石原慎太郎に譲った。
ロッキー山脈に登ってみればわかる。
誰かが、あなたの「ノウハウ」を慕ってついてきているのだ。
女が近づく行為であることも理解しているのだろう。
ちいさな一歩で CoCo

女子高生パワーの説明で明らかであるが、処女は「返しきれないもの」を売ろうとしている。
「女帝」になりたいのだ。
亜麻色の髪の乙女 島谷ひとみ

「首を獲れ」はひどすぎるから反撃してしまったが、通常の罵倒ならば「女の声援を背景に」「エンドに到達する」ことも可能だ。
ここで「エンド」というものが「キャリアの終わり」という意味ではなく「最終地点・目的」と意味を変えていることを知ってもらいたい。
使い勝手のいい概念が「エンド」なのだ。
「東大までの人生」の方が楽だっただろう。
「東大からの人生」は今から思うと楽しかった。
「東大までの人生」は、同世代の酒井法子を呼んだが、「東大からの人生」は一回り以上下の松浦亜弥を呼んだ。
松浦亜弥 S君

アフガニスタンの農場では「名誉なこと」とされているが、死人が出るからだろう。
すべては「伝説」から始まっている。
女が近づく足音がして、みんなが罵倒し合っただけだ。
罵倒に耐えて「治めよう」と思ったのがトマス・アクィナスであり、「なんで女たちは彼のもとを離れていかないのだろう?」と考えたし、罵倒したスコトゥスは女日照りのまま死んでいる。
一方的に罵倒するスコトゥスが「王になる」と考えたオリオールは「女たちの動き」を把握していなかった。
とにかく、アクィナスは「治めよう」としたのだ。
モテモテの統治者とはこのようにして自然に生まれた。

ところで、なぜ「男たち」はメジャースポーツの勝敗にそれほどまでにこだわるのだろうか?
バイアグラやシアリス、レバチオ、アドルシカなどの「勃つための薬」が一錠1900円程度ならば、そのくらいの相場で「勃つために」勝敗にこだわっている。
いろんな「恋愛論」は哲学の世界にはあるが、あくまでも「ロマンティックラブ」の世界の話であり、医学の世界は「男が勃つ限りパートナーは別れない」という割り切りを行っている。
そのために「好きな野球チーム、サッカーチームに」勝ってもらわないと困るわけである。
「ああ、聞きたい!原監督の、参りました、の一言を!」
それだけで男は勃つのだ。
一錠1900円というのが保険適用外の場合の値段である。
彼女は「人生がかかった」男のためにジンやトニックを飲ませた。
負けたらビールを投げる観客の存在が知られている。
とにかく負けた試合のターニングポイントなどを振り返ると勃たないのだ。
セックス「週三回」ってのは常勝チームに近いだろう。
女は彼氏が勃起さえすれば「歯を抜く」ことすら決断できるかもしれなかった。
横浜スタジアムで阪神と戦うことの「難しい側面」って何だろう?
ホームなので途中で家族の話をし始めるもの、阪神ファンにカネを貸した横浜ファンの存在、などを考えたが、在日朝鮮人(アジアの虎)があんがい横浜に多いからという側面も指摘できる。
第三次世界大戦がはじまるとすれば「核のボタン」を押すことから始まるはずだ。
それならば「子供のいない、勃たない、狂人」が指導者になることがもっとも危険だ。
勃つ男は「勝って当たり前」という側面もある。
勝った喜びは「女」に向けられる。
「目的」を持つことは病気につながる。
しかし「到達点・エンド」を明確にすることは勃つことにつながる。
笑顔でノーサイド CoCo

メジャースポーツとはいつしか、男女の「欲望の神学」となっていた。
カントはこのようにして、メジャースポーツを構築したが、ヒュームは「福祉国家」を作り上げた。
「女から長話を聞いて、小説を書けば勃起するよ?」
ヒュームはそのように語った。
しかし、カントは「成績のいい奴しか、女の子を電話で喜ばせる力はないよ?」とし、メジャースポーツと福祉国家は同じ意味であるとした。
キルケゴールは、サッカー日本代表が勝ったときの渋谷のスクランブル交差点や、プロ野球チームが日本一になった時の川へのダイビングなどを「カントが喜ぶだろうな」と思いながら見ていた。
カントとヒュームのどちらが勝ったかは「スポーツに興味のない男」がいるかどうかであり、スポーツを見ないでも勃起する男がもしいるのならばヒュームが勝ったと言えばいい。
しかし、実際はカントが勝ったのかな?

高校生金融の全体像はこのようなものだ。
なお、立憲民主党と国民民主党の合流と「新党名」は、マイケル・ジャクソンの「恋」と、マドンナの「予言」の二つを包含するかたちで「共和民主党」とする予定である。
今回の「高校生金融」の規模と影響力は、皆さんも周知かもしれないが、「需要とは破壊的に創造するものである」(シュンペーター)とされ、
まるで「昔の日本にもともとあったもの」「アメリカにすでにあるもの」と考えてもらっても構わないが、世界レベルはなかなかそのようには動いていない。

ひも理論は、宇宙の始まりからそれ以前は、現在の宇宙の姿が逆転写されており、しかも、必ずしもそれは「左右対称」ではなく、女子高生の祈りによって「微調整」が可能であるとするものであるが、量子論は「ミジンコみたいに小さな命」をクローズアップしてスターにし、彼(彼女)の論理をみんなで語り合うという、主婦層を味方につけるものである。
国家レベルの戦争は「微調整」ではないため、女子高生の祈りにはさほど有効性はないかもしれない。
ミジンコみたいに小さな命(紀州のドンファンの妻や植松被告など)の論理を語り合うことを主婦層は好む。
植松被告は、芸能人=障害者を殺した。
相模原の障害者施設(実際は横須賀の「はまゆう」)において、オカマやレズビアンが「悪いことが一つあったらいいことが三つ必要」という観点から、シーツが汚れたなどの些細なことでも「食事、性生活、趣味」などから「いいことを三つ」見つけていくのが人間であるが、芸能人=障害者は「性生活で幸福が得られない」として「いじめ」を「いいことの一つ」に含めていたのだ。
「いじめ、盗み」など、植松被告がどんな目に遭ったかは想像に難くない。
このように、主婦層は常に「ミジンコみたいに小さな命」の論理を語り合っている。
女子高生の祈りの強烈なファイナンス力に比べると、主婦層の祈りは、量子論の世界も相変わらず「計算で誤魔化す」という側面があり、真理であるとは言い切れないが、それでも、ワイドショーネタは常に「外国国家」にぶつけなければならない。
外国国家も、お互いの「民度」をぶつけてきている。
障害者殺傷事件は、植松が死刑囚となったことから、風化の方向を見ているが、それでも、議論すれば「女が近づく足音」がして罵倒される。
どのような「スター」が、横須賀のはまゆうで惨殺されたかは明らかではないが、オカマやレズビアンとなるとジャニーズやAKBなどが殺された可能性が高い。
凄惨な死にざまを見て、戦争を恐れた司法当局が事件を闇に葬ったものと思われる。
小さな命をクローズアップして外国国家にぶつけるという方法は主婦層が好むものであり、エバレットの線形代数である。
相模原障碍者施設殺傷事件

阿弥陀如来崇拝に関しては、「セックス」という「パンパンアンアン」というノイズから自由であるから運気が上がるのではないかとされている。
セックスすると女の子は鬱になるし、いろんなしがらみができる。
そのため、音楽作品に関しては「レコーディング時の問題」と割り切ることも可能であるが、リスナーが必ずしもそのように割り切れるかは明らかでない。
たとえば、麻雀の「天下一武闘会」において、「処女芸術をガン牌に使う小野」が国士無双を連発しているところに、「アイドルをレイプした動画」を届けて果たして国士無双が維持できるであろうか?
東京パフォーマンスドールの「恋のSexy Moving」(Never Stop収録)「秋色協奏曲」(TPD Collection収録)、島谷ひとみの「亜麻色の髪の乙女」などがガン牌に使われている。
市井由理、穴井夕子、米光美保、島谷ひとみに依存した、永田町の「国士無双」がなされようとしている。
「音楽のホワイトノイズ」とも関わるものであり、私の研究生活にも関わるものだ。
カントは「判断力批判」において「国士無双」の問題と向き合い、女の子たちに、「ようするに知らないんですよ」と語った。
どんな恋愛ソングでも「意味を知らないで歌っていた」のだ。
「権威に頼ろう」という感受性は感じたが、恋愛論に関しては知らないで歌っていた。
この「アイドルの神通力」が人気があるというのだから、あるいは「出世に影響を与える」というのだから、CDもこのぐらいの値段が適正なのだろう。
おニャン子クラブも、CD収録時は「処女だった」とされている。
このあたりは、眼力とか情報力が問われるガン牌の世界だ。
おニャン子クラブ ファーストアルバム

 

B7e701381f6e48199ba042847244519c

システィナの聖母(マドンナ)は、とにかく絵画に向かって祈ると願いが叶うことから「芸術の終わり」と言われた。
マドンナ エンジェル

 
大天使ミカエル(マイケル)も、パートナーには処女性を求め、浮気したらぶち殺すタイプの保守派だったが、自身の成長と多数派工作を連動させ、「聖母(マドンナ)が人気を誇る共和党が許せない」として「恋」を強烈に推進した。
スリラーがヒットしても、マドンナを基盤とする共和党との戦いは続き、変装して「輸血すると恋ができない」と戸別訪問して回った。
民主党というものの基盤を明らかにしたのはマイケル・ジャクソンであった。
共和制・民主制・共産主義体制・ファシズム、すべてが「予言すら恋を利用しているはずだ」と主張した。
いわば「民主ファシズム」と言われるものが「恋」であり、徹底的に共和党(マドンナ)を批判した。
共和党の「マドンナ一人に男二人」という図式を嫌ったのであり、「マドンナと俺(マイケル)」というのがマイケルの立場だった。
マイケルはマドンナに男が近づくたびにこれを徹底的に糾弾し、都合よく「予言と恋」の民主ファシズムを楽しんでいた。
「マイケルの都合」から民主党というのはできていたし、当然、「黒人初の大統領オバマ」=マイケル・ジャクソンということは気がつかなければならない。
マイケル・ジャクソン ビートイット

マドンナが「ひも理論」(共和党)の立場であるのならば、マイケルは「量子論」(民主党)の立場であった。
「芸術の終わり」(共和党)を信じるのか?「宗教の誕生」(民主党)を信じるのか?という違いがあり、フランシスフクヤマは「歴史の終焉」を書いた。
しかし、9.11テロは起きたではないか?
ブッシュは「宗教の誕生」つまり「オバマ」に敗北した。
21世紀の世界史の「可能性」を切り開いたのが「オバマ」=マイケル・ジャクソンであった。
大天使ミカエルは「20世紀末」を克服した。
モーニング娘。21世紀

イギリスは、マドンナとマイケルの関係を「興味深い」と考え、「イギリスにも昔、そのような歴史があった」とし「ホイッグ党とトーリー党」というものを作っている。
マイケルはそのまま「ナポレオン」と呼ばれたのだ。
「予言がやたら的中するナポレオン」とは、大天使ミカエルのことであり、世紀末には必ず登場するのもだ。
世紀末を迎えるにあたって、19世紀末に登場した「セオドア(テディ)・ルーズベルト」を「テディベア」と呼んで「宗教の始まり」としていたアメリカ合衆国は「テディベア」に別れを告げ、マドンナとマイケルの時代へと向かった。
テディベアの頃 新田恵利

量子論は「もっとも小さな粒、ミジンコみたいな人間にも重さがある」とした民主党、マイケル・ジャクソンの立場であるが、たしかに「顕微鏡」ほど成功した研究はなかった。
しかし、マドンナや阿弥陀如来の成功(ひも理論)を前に、みんな「科学者」にはおなか一杯になってしまった。
手のひらを太陽に

そこで、民主党は「下からの革命」を志向したし、共和党は「上からの革命」を志向し、マイケルとマドンナは「膠着状態」になってキャリアを続けていた。
マドンナや阿弥陀如来は「資金集め」には都合が良かったが「予言が外れる」こともあった。
量子論の世界はブルーライトヨコハマを見ることでなんだか達成感に包まれた。
「マドンナや阿弥陀如来」は「証拠をみせる」という課題が残されたし、「顕微鏡」は「今後どこに向かおうとしているのか?」を示しきれない。
ブルーライトヨコハマ いしだあゆみ

あとは、この「サイエンスという名の男性社会」を、国家の政党としていかに組み込むかが課題となっている。
プロ野球やJリーグなどに目を向けない政治家はいないというぐらいの資金力があった。
人々の信仰心の前には、案の定、量子論は「計算」に逃げ始めた。
しかし、「今日の紙面は十分に埋まった」と各新聞社が考えたら、ナイトゲームでは「もうサプライズはいらないよ?」と量子論は突き放された。
いくら解説者が何かを言っても「運命的なもの」(微調整)の前にはなす術がなかった。
照明で照らされた「ヒルベルト空間」には確かに細かい技術論は存在した。
そのために、選手は絶え間ない努力を行ったが、「気持ちが切れた」だけでキャリアを無駄にすることもあった。
「マドンナや阿弥陀如来」と「マイケル・ジャクソンや恋」の世界は共存しながら、「ビーダッシュ」に翻弄され続けた。
渡辺美奈代 Too Adult

ラットの肝臓(肉)を食べれば「恋」をするとされ、小保方晴子さんは、これを「スタップ細胞」と呼んでいたようだ。
大河ドラマ「麒麟がくる」においても「ネズミの肝臓」は「なんにでも効く薬」として桶狭間の戦いにおいて駒は「家康」に母に恋をする薬として与えた。
「顕微鏡の世界」が最終的に、ウランやプルトニウムではなく「恋」に目を付けたという意味では、小保方さんは「顕微鏡の到達点」にはいただろう。
それでは、仏教の世界の「肉を食べるな」というのはどのようなものだろうか?
サクヤ会に、事実上の「恋愛禁止」を求めたのだ。
ヒルベルト空間には常に「スター選手」がいた。
私も中学時代に、横浜スタジアムの近くの吉野家で牛丼を二杯たいらげて球場に向かった。
「ディーアーナー」(DeNAベイスターズのチアガール)がどのようなルールを作ろうが勝手だが、「ミネラルウォーターとサラダでヘルシー」というのは恋愛禁止を意味する。
女はセックスが気持ちいいと、翌朝、「浮気をしないでね」と言って男にサラダを出した。
あなたにサラダ

住宅(建築物)とは「処女の産物」と言われ、マドンナや阿弥陀如来がもたらすものである。
しかも、「男の人気」に依存しているのが「ローンの返済不要」であり、男は現在では私のブログを読むしか「人気を維持する方法」はないものと思われる。
いろんな政党の長々とした文章を愛読したければ勝手にすればいいが、「ローンの返済不要も男の人気商売である」ということは理解しなければならない。
女性セブンを銀行に持参するというよりは、「スマホで本ブログを開く」のが正解だろう。
心配はいらない。
枝野だの玉木だのが「英雄になりたい」と考えるため、国民全員が私のブログを読んで高級住宅地に住むわけではない。
このあたりは、マイクロソフト社やグーグルの「秘密」ではないだろうか。
「男に人気があればローンを返す必要はない」
あとは「二人の女からの風」が男に吹いてくるように建物を作らないと、私のブログは「難しくて読めない」ものとなるだろう。
しかし、「二人の女からの風」もスマホで作れるようになっている。
「豪邸は男の人気」
素晴らしいことではないか。
デザインとは「楽しむものである」とされている。
そこで、女性を愛せるのはほぼ「男のみである」というところから、「男を英雄として」住宅というものは建てるものだと考えられている。
「地価が高い」というのはおのずと「災害に強い」と判断するしかない。
「英雄は強い」というのであれば、地価が高くても買うしかない。
ニューヨーク市庁は、建築の傑作だね。

 

Ccfa6533c7724272a9baa88a21e976fc

日本国は、アメリカ合衆国ほどのめちゃくちゃな災害は起きない方なので「コンクリート主義」は通常の住宅においてはとられていない。
雨のニューオリンズ 国生さゆり

建築物は「どの言語から作るか?」が問われたため、ヒトラーは絵の才能はあっても「語学の才能」がなかったものと考えられている。
たとえば、ゴシック建築は「ロックからのセックス排除」を行い、男の人気を高めて、建築物を作ることにした。
矢沢永吉メドレー ゴシック建築

イタリアの官僚や英国議会がゴシック建築を好んでいる。
オカマやレズビアンが多いのだろう。
東大に合格する人は「家がゴシック建築」という人が多い。
私も、すでに解体されているが、実家がギリシャ様式の建築であり、父の書斎で音楽を聴きながら勉強したら東大に合格した。
今思うと「広いマンション暮らし」などは非常に勉強にいい効果がありそうだ。
「部屋がセックスから遠いほど、東大は近い」とも言われる。
セックスが遠い部屋で「モナリザ」のような写真を飾ろう。

 

 

Ef8fa87fd82c4968abbc19031c03e17e マドンナ マスターピース

「セックスをどのように密室に封じ込めるか?」は常に建築学の課題であり続けた。
子供の「セックスとの距離感の調節」であんがい成績はコントロールできる。
また、「ご近所さん」に美しい娘がいることも必要となるだろう。
少年雑誌で「性概念」を確立したり、「ゴルゴ13の女性観が嫌い」と言って捨てたり、私の母は私とそのように向き合っていた。
まあ、女日照りで病気になったら「薬で微調整」するしかないだろう。
これが、「マドンナや阿弥陀如来」が生み出す富から作る建築学の一つの発想であり、常に「子育て」と関わることから少子化対策にはなるだろう。

今回、私の父が「一位」となり、私が「二位」となる、「女子高生たちの不老長寿の祈り」であるが、これは実際は、現在の「生活保護」ではないだろうか?
つまり、現在の「生活保護」とは本来「生命保護」とでも呼ぶべきものであり、有名になったらいきなり奈落の底に突き落とすのではなく「ライフプロテクションをかけましょうか?」というかたちで話を切り出した方がいい。
女子高生たちに不老長寿を祈ってもらうことを意味するからだ。
人間裁判と呼ばれた「朝日訴訟」の朝日茂氏が「吉田茂」であることは明らかではないか?
ライフプロテクション(生命保護)が、マドンナや阿弥陀如来のおかげで現実のものとなった以上、生活保護という制度そのものを見直さなければならない。
私は「香川真司と近藤真彦が生命保護について語り合っているのを見た」と言う方が、「生活保護」(ナマポ)よりもより現実に即している。
補助金と交付税の裏負担で運営しているから現在のかたちになるのであって、マドンナや阿弥陀如来が登場した以上、ライフプロテクションはその意味を変えていかなければならない。
どの芸能人も、生活保護から抜け出したいと考えている。
しかし、「生命保護」というと趣旨が異なる。
第二次世界大戦における、日本国は連合国側に従属する(サブジェクト・トゥ)を、「日本国は連合国側の女性たちに支持されている」というのが本来の意味であるのと同様、吉田茂は「ライフプロテクション」も大変な誤訳を犯していたのだ。

なお、ハイデガーは、右翼を「一回限りの命において、熱く魂を燃やす」と語っているが、これは「肉」(オカマ・レズビアン)が「魂」(ノンケ)を「燃やす」つまり「いじめる」ことを意味する。
今でいう「在特会」のようなものであるが、「生命保護批判」をする存在が「右翼」である。
「中道」とは「竜樹の中論」の信者を言い、生命保護を受けた人物のことだ。
公明党は、湾岸戦争の時に「中道の立場に立つことを明らかにした」とされている。
創価学会のご本尊さまが阿弥陀如来ではなく日蓮大聖人であることの真の意図は明らかではないが、「天皇陛下に山に来てほしい」という夢だけは持っていた。

「ライフプロテクション」(生命保護)を受けると、人間は、退屈するか大物狙いになるかのどちらかになりがちである。
そんな時に、「数の力」の中で一部の者が生き残るがなぜだろうか?
「小さな命を愛せる」
これが、自分が生き残るための条件であり、マイケルは「子供たち」を可愛がった。
小さな命を愛せなければ政治生命が絶たれるという意味においては、「ひも理論」(マドンナ・共和党)によって与えられた不老長寿も「量子論」(民主党・マイケル)の論理にしたがわなければならないことを意味する。
「庶民の感覚を失ったら人気を失う」
このことから、生命保護を受けた者たちは必死で庶民と接することになる。
「魂」(不老長寿)をいじめる右翼と、どのようにしたら「不老長寿」になれるのかが分からない左翼という図式が生まれた。
右翼はもはや「オカマ・レズビアン」なのでもう手遅れという側面があるが、左翼は「見てきたものが違う」「与えることを知る」などの要素が指摘できる。
なぜ、ライフプロテクションが与えらえたのか?
それは「見てきたものが違う」「与えることを知っている」人間に「ミジンコのような小さな命」を愛してもらいたかったからなのだ。
「おカネに満ちていて治安が良ければ不老長寿だろう」というのにとどまらない「女子高生の祈りの力」があることも知らないといけない。
マイケル・ジャクソン スムーズクリミナル

永遠の命(280億円の富)を手にした芸能人は「中道」と呼ばれ、彼らのキャリアの中でそれだけの富を生み出していたから「女子高生たちが不老長寿を祈った」のだ。
これを「人間」と呼ぶ。
それに対して「永遠の命」「不老長寿」をいじめる「肉」(オカマ ・レズビアン)が「右翼」と呼ばれ、「どのようにしたら永遠の命を手にできるのかが分からないノンケ」を左翼と呼ぶ。
これらの「右翼」「中道」「左翼」の関係は、中道が周囲を「うたかたの砂時計」と表現している。
瀬能あづさ 恋愛

量子論は「重力は女たちの太陽への衝動から生まれる」とし、木星の運命のもとにある女たちを皆殺しにすることで地球を救う「さよならジュピター」という映画もあった。
松任谷由実 守ってあげたい

そもそも「肉」と「魂」を見分ける眼力があるから「人間」(不老長寿・永遠の命を持ったもの)となれるのである。
従来の「日本人の死生観」は世界でも特異な地位を占めてきたのだ。
「永遠の無」「地獄」「天国」などを想定して、死ぬ瞬間に「光」が見えて無に帰っていくというのは必ずしも世界の常識ではない。
これは、株価が下がれば国が「右傾化」し、株価が上がれば「左傾化」することをも意味する。
マドンナ・阿弥陀如来つまり「制服」というのはそれほどまで「世代間セックス禁止」という意味を持った。
「私、もう制服じゃない」
100%の雨が降る 酒井法子

カントは、実践理性批判において「処女」の果たす役割を理解し、純粋理性批判で「主婦層」の役割を理解するという「批判哲学」を構築し、永久平和のためにを書いたが、「カント以前」と「カント以降」はキリスト教というもののありかたは明らかに異なる。
「永遠の命とはその第一号である石原慎太郎がその真の意味を明らかにするだろう」
私は「第二号」としてその行方をかたずをのんで見守っているところだ。
日本国において「カント以降」とは何かが証明されようとしている。
「霞が関」(右翼)や「永田町」(左翼)の論理だけではダメである。
「人間」として、オカマ・レズビアン・ノンケの連中と交友関係を持たなければ永遠の命は得られない。
まあ、プロ野球で勝って「勃たなければ」党派というものは生まれないのだ。
私も「カント以前」の発言を今まで行ってきたが、それでも2017年に横浜DeNAベイスターズは日本シリーズに進出したし、ロサンゼルスドジャースはワールドシリーズを制覇している。
もしかしたら、スタンフォード哲学百科事典はいまだに「アリストテレスが」「一人で」書いているのかもしれない。
私もその忠実な弟子ではあるが。
「処女と主婦層とタイムマシーン」が出揃ってきたのである。
カントの「批判哲学」は、マイケル・ジャクソンも「永遠の命を信じますか?」というかたちでエホバの証人として語ってきたが、人々は「マイケルから直接聞くまで信じなかった」のである。
なんにも言わずにI love you モーニング娘。

「今までの日本人ってどこに行ったのでしょう?」
潰しても潰しても出てくる蟻にでもなったんでしょう(蟻地獄)。
「カントの一番弟子って誰でしょう?」
小野光太郎(令和天皇・中曽根承太郎)だと思うよ?
カントは「目的的行為論」を作った。
メシを食ってタバコを吸って勉強していれば幸せ、という理論だ。
しかし、団藤重光はかたくなに「3時間半の短答式試験」を行い、このような理論家を排除した。
ルイ16世とカントの関係は?
喫茶店を活用して閣議を行ったルイ16世と、風俗店で閣議を行ったカントの違いだ。
自由裁量のルイ16世と、羈束裁量のカントともいえる。
政治家というのは「クラスメート(羈束裁量)を全員、従姉妹(自由裁量)にしたがるもの」なのだ。
風俗店でエッチなことをしても、真剣な交際がしたければ喫茶店で再び会うだろ。
「警察官立ち寄り所」では真剣な交際はできない。
なぜルイ16世はギロチンで処刑されたのでしょうか?
「傲慢で国会を持たなかったからだ」
国会で力を発揮しろとカントは令和天皇に言うだろうね。
カフェテラスの独り言 河合その子

広島・長崎への原子爆弾投下の記念式典を控えているが、日本国政府は「無防守都市への無差別攻撃であるが、敗戦国としての立場上、損害賠償請求は放棄する宿命にある」としている。
しかし、日本国は、連合国側に「サブジェクト・トゥ」と言われたのであり、これは「従属する」という意味ではなく「連合国側の女性たちに支持されている」という意味なのである。
それを踏まえると「敗戦国としての立場上」というものも考え直さなければならなくなる。
アメリカ大統領は少なくとも、歴代11人の大統領が「ヒロシマ」から逃げ続けたし、オバマ=マイケル・ジャクソンが初めて記念式典に出席している。
アメリカ側は「おカネを請求されるのは明らか」と考えているし、北朝鮮の核が「日本のどこに落ちるか分からない」という状況には少なくともないはずである。
まあ、「女性たちの支持がある」というのは、処女(実践理性批判)であれ、主婦層(純粋理性批判)であれ、「男の集中力を高める」という側面があり、本ブログも、動画を聴きながら読まなければ「難しい」という人もいる。
動画を聞いて集中力を高めて、読み、そして読んだことを女性に話すというのが本ブログの趣旨である。
スマートフォンとは相性はいいだろう。
右翼は、口もアナルも局部も区別せず、女を見た目では判断しなかったし、それでいて、女が失恋した時の救済の言葉を述べていたため、女たちは「右翼的発言」に飛びついた。
肉(性倒錯)が生まれた時に、神は「言葉をバラバラにしよう」と考えた。
左翼(ノンケ)の世界で「大きすぎる女心」が一気に開かれたのだ。
土曜の夜にレインボー

カントは、「女二人に男一人」という名目経済を語った(行為無価値論)が、ヒュームは「女一人に男二人」(実質経済)を語った(結果無価値論)。
「他人の正義で裁かないで」という結果無価値論が勝ったのならばヒュームはカントに勝ったことになる。
風俗店に「ホストクラブ」が含まれるのならばね。
瀬能あづさ ふたつにひとつ

実質経済の伸びというものは「女が持っているカネ」に目をつけており、名目経済というのは「男が持っているカネ」に目をつけている。
「政治判断」(女心とはなにかを広める営み)が加わらなければ女にまではカネは行き渡らない。
女子高生たちは「肉まん」程度で満足するだろうが、スマホの家族割などを推進する必要がある。
女が持っているカネを増やそうとしたのはヒュームであり、カントをさらに発展させたものだった。
ヒュームは「プロ野球やJリーグという男社会」に「女」を噛ませるのがうまかったのだ。
おニャン子クラブ 好きになってもくれない

「定言命令」というのは「女子高生の予言」という意味と「レイプ」という意味の二つを持っている。
カントは少なくとも「男がカネに満たされること」を語っている(名目経済)。
女が「神に失望する」のは「レイプか女嫌い」に直面した時だけである。
そのことから「予言のできる女子高生」を愛してほしかったし、レイプをすることを「犯罪」「構成要件」と呼んだ。
CoCo ミスロンリー

女多数派社会はとにかく貧しくなったし、男が「神」でなければならなかった。
男が企画を練った「阿弥陀如来さま崇拝」であるが、ヒュームは「女多数派社会」という試みを行い、カントに敗北した。
カントとヒュームは「勝ったり負けたり」の好敵手であった。
カントは、「処女の用い方」において、「男はやり手の婆さんとは腕力が違う」と主張した。
やり手の婆さんならば「美人局」が関の山であるとしたのだ。
日本国の最高裁も行為無価値論を堅持し、カントを支持している。
前田雅英や山口厚?女たちはそんなにカネを持っているのかい?
実質経済(女たちがカネを持っていること)が伸びる結果無価値論の立場に立つならば、たしかに「平和的で強権的ではない社会」ができるだろう。
そのへんは「マドンナや阿弥陀如来信仰」の影響力を今後、見ていかなければならない。
なにもかもが「東京は世界のアフェクティブセンター(広大な実験場)」なのである。

 

 

 

« 法律学と宗教。 | トップページ | マルクス主義~税収200兆円という革命。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 法律学と宗教。 | トップページ | マルクス主義~税収200兆円という革命。 »