最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« ロングとショート。 | トップページ | 公園。 »

2020年6月26日 (金)

コロナウィルス騒動と世界の指導者たち。

キリスト教総論は以下の通りです。
キリスト教総論

アメリカイルミナティが、日本を「アフェクティブセンター」(壮大な実験場)と見做して、考えたものだ。
カトリック(実力制・いじめの容認)の立場に立つブラジルのボルソナーロ大統領は、コロナウイルスを「ちょっとした風邪」と発言し、警察や病院が「真実」を大統領に伝えないようにしている。
今の令和天皇がカトリックの立場に立つのと同じという以前に、ブラジルは「アメリカに次ぐ世界第2位」のコロナウィルス騒動が起きている。
アメリカ合衆国においては、ローメーカーに対する不満(令和天皇みたいにファッショナブルな口説き方を教えて?)から、地方政府や零細企業のバランスシートが悪化し始めた。
トランプ大統領は、令和天皇を「君主としてのライバル」と見做して、「ちょっとした風邪」と発言したブラジルのボルソナーロ大統領の方が「大人」という側面がある。
FRBは、もし「GDPという統計のとり方をするのならば、アメリカ人の3分の2は口からクソを吐いている」と考え、令和天皇のような存在を「迷惑」と考えている。
令和天皇の「食べ物飲み物が問題」という発言に対し、ボルソナーロ大統領が同調し、警察や病院を敵に回し、トランプは「未知のウィルス」という立場に立っている。
「時間が証明する」と言ってもそもそも世界の指導者には「時間がない」人もいるのだ。
雨のコニーアイランド 松田聖子

安倍政権も東京都知事も、ブラジルのボルソナーロ大統領のような「権力闘争」を経た形跡はなく、ナイトクラブなどの「夜の仕事」に対し、1メートルから2メートルのソーシャルディスタンスを求め、フェイスガードやマスクを使用することをガイドラインとして作成した。
「みんなが知っていること」をまるで、「天皇よりも権力がある」と言わんばかりに政府やメディアが突っ走るかたちとなった。
専門家会議は「すでに誰にも責任はない」という姿勢を取り始め、「感染症というものがどういうものか分かった」という発言も出た。
将来を見通すのならば「総選挙」しかない。
大相撲や甲子園を中止にしてしまった「権力者たちの宴のあと」は、何らかの形で示されなければならない。
アメリカ市民は、「未知のウィルス」の話でなく、「令和天皇のような口説き文句」を聞きたがっていた。
しかし、黒人のジョージ・フロイドが警察によって窒息死させられた事件において、「アメリカ大統領の味方をする」警察に対して反感が生じた。
トランプ大統領は「警察によるチョークホールドはやめさせよう」などという癒着のような発言をし、自身が「何のために四年前に激しい選挙戦をやったのか?」を見失っていた。
トランプ大統領はカトリックの立場ではなかった。
ボルトン元国防長官は、このタイミングで「レストラン友達のトランプはウクライナのことしか興味がなかった」という本をリリースし、「レストランでの世界の話題」にイエローなど出てこなかったことを明らかにした。
この本は「バイデン候補を後押しするのに十分」とされている。
クオモニューヨーク州知事は、民主党の力を背景に、リベラル(毛並みのいい王子の下で自由に遊びたい)と考える黒人層、つまり「どのみち俺らは夢を見れない」という思想を背景に、トランプと癒着する警察改革の方針を打ち出している。
アメリカ合衆国においても、「大統領選」というかたちでコロナウィルス騒動の出口を作らざるを得ず、日米の「政権の都合」をより、なんらかの幕引きがなされるものと考えられている。
今夜もニュースホリック 酒井法子

イスラエルが、7月1日に「ヨルダン川西岸」を併合しようとしている。
アメリカによるガス革命以降、もはや日本国はOPECを恐れてはおらず、令和天皇も「イスラエルとは何か?」を語ってきた。
日本国における「イスラエル人気」は、国内向けには「パレスチナ難民支援のため」と報じられたが、140億円は実際はイスラエルによるヨルダン川西岸の併合のために用いられる。
アラブ首長国連邦などの湾岸諸国の反発は強く、それでも日本国は「イスラエルの側」についた。
原油安と、日本のキャンパスの楽しさが連動していることなどを明らかにしたのが令和天皇だった。
ミスターチルドレン

中国においては、精肉市場や魚市場が、「コロナウィルスの原因となっている」ということが明らかにされた。
警察もようやく「高級食材の問題」ということに気がついたのだ。
現時点では、コロナウィルスは、令和天皇の発言どおりに動き始めている。
中国が動けば日本も動く。
少なくとも、中国の警察には「真相を解明しよう」という意図が見える。

日本国では、「ガリガリ君」の「一本あたり」が出た場合、少なくともスティックを「水で洗い、ラップで包んで」店に持ってくるように、としている。
政権の思惑とは裏腹に、日本国の食品業界や警察はようやく「コロナウィルスの真相」と向き合おうとしている。

一方で、宜野湾の普天間基地を名護市の辺野古に移設しようという計画が、「コロナウィルスの感染者が出た」という理由で停止されるなど、日本国内ではいまだ「真相」ではなく「未知のウィルス」が必要とされているという現状がある。

普天間基地移設のための「障害物」としてコロナウィルスは用いられたし、一方で、イランに次ぐ世界第2位の国民監視システムを持っている中国の技術を日本国は「ISO」として採用しようとしている。
日本国はもはや治安の維持にしか興味がない。
日本国に国民監視システムが導入されるということが、コロナウィルスの目的となっている。

 

なお、私は本日をもって「立憲民主党のオーナー」になることになりました。
寄付をよろしくお願いいたします。
立憲民主党寄付

« ロングとショート。 | トップページ | 公園。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ロングとショート。 | トップページ | 公園。 »