最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« アベノミクス三本の矢~構造改革。 | トップページ | 会計。 »

2020年6月 7日 (日)

税法。

減税・増収~財務省の夢 小野光太郎動画

基本的には「セックスに税金を課す」ことにより、大して国民にコスト意識を持たせずに税金を取り、各省庁に仕事として税収を分配する必要があるとしたが、「女と別れざるを得ない恐怖」「他の女に興味を移せるだけの充実感」「別れ話を切り出せるだけの寛大さ」など、「カップルには二人の敵の女がいる」「浮気をしたと騒ぐ女と、カップルを守るかどうか判断する女である」ということを理解し、この「窮屈さ」をはみ出たのならば「税金を払えばいい」と考えるしかない。
税金を払うと言っても「自然に手元から消えてなくなる」ものである。
しかし、瞳はダイアモンドを知らないのならば「財務官僚の共通認識」をいちから作っていくしかない。
「同じ女を愛せなかった」しかし「女たちにいじめられ」それでも「男らしかった」。
このあたりに減税増収の秘訣がある。
メッセージが大事なのだ。
松田聖子 瞳はダイアモンド

税法には「男らしさ」を深める側面と、「いじめ」を深める側面と、「女の趣味・選り好み」を深める側面がある。
おのずと「怒り」「処女」の研究などはあるわけであるが、経済政策と同様「マーケットへのメッセージ」が税収効果を上げる。
「男らしさ」「いじめ」「女の趣味・選り好み」が、法律(女の口説き方・経済)を発展させ、経済効果が税収を上げるのは当然であるが、女房子供を失ってすってんてん、という男は、最貧困層に身を落とすほど身ぐるみ税金をはがされて、「いじめ」に血眼になって再起不能になり、「男らしさ」すら失って再起不能になり、「女の趣味・選り好み」すらできなくなっていた。
「いじめをやめろ」「男らしくあれ」「女はみな同じ・今のパートナーを大事にしろ」これだけで豊かさを取り戻せるのだ。
女の取り巻きにカネをばらまいたら破産一直線である。
しかし、「いじめをやめろ」「男らしくあれ」「女はみな同じ・今のパートナーを大事にしろ」というメッセージだけで男は「フレッシュスタート」が切れる。
基本的には「ヨブ記」なんだよね。
人生のドツボで、周りの病人たちを見回すのだ。
派手な格好をした女・汗だくな女、いろんな女を見回して、「女の側にはメシア信仰などない」ということを知る必要がある。
本を読むのはいいが、その中の人間の喜怒哀楽への「かぶれがい」がなければ税金を取られるだけだ。
ルイマル 鬼火

小説を読むのは非常にいい節税効果がある。
怒りに満ちた人生は、たちまち自分をすってんてんにするであろうし、「ただ生きているだけ」のなんのかぶれがいのない人生も自分を貧しくする。
「男らしくあれ」「いじめをやめろ」「今のパートナーを大事にしろ」
小説はそのようなメッセージを残して、読者に「豊かさ」をもたらし「心」だけでなく経済的な豊かさをもたらす。
最後に「ほんのりとしたもの」が心に残り、お金が手元に届けられる。
これが「読書」である。
「男らしくあれ」「いじめをやめろ」「今のパートナーを大事にしろ」
ようするに「つまらない男は貧しい」とされ、財務省は国民に「個性」がなければ莫大な財政的損失を被ることになる。
そのような意味では「経済が上向きになれば税収は上がる」ということもあながち的外れではない。
怠け者が、寝て暮らして、体力を回復させることに税金を課すとも言われる。
「男らしくない」「人をいじめる」「女の選り好みが激しい」男が果たして聖書に出てきたであろうか?
世界最大のベストセラーは、「豊かさの秘密」「節税の秘密」を握っており、イエス・キリストは、世界で最高の「税理士」でありつづけた。
トマス・アクィナスは、「男らしくあれ」「いじめをやめろ」「今のパートナーを大事にしろ」という3つから税制を構築した。
ストア派でもあり、無類の「音楽好き」「読書好き」であった。
ストア派あるいはトマス・アクィナスに沿革を持つのが税制であり、戦国武将の起源である。
瞳はダイアモンドの別バージョン。

今のパートナーを大事にしろ、と言うのはこれほどまでに窮屈なものだ。
そのため、財務省に届かずに「燃えてなくなった」税金は多い。
みんな、セッターにボールを返すためにレシーブする。
天皇がどのような発言をし、どのように女の口説き方を男たちに教えるかが大事だった。
なにしろ「自分以外の赤の他人にも自己愛がある」も言うことを知った者から豊かになっていったのだ。
「男らしくあれ」「いじめをやめろ」「今のパートナーを大事にしろ」というのはトマス神学であり、そのまま節税効果へとつながった。
1080年のアフリカのコンスタンティンでの公会議で税制の基本は決められ、「貴族」階級が登場することとなった。
今のパートナーを大事にし切れなかった男は「愛してた」と言って必死で「男らしさ」を維持しようとし、最貧困層に落ちるのを食い止めようとした。
これが「ブルジョワ」のボーダラインだった。
プロスポーツを見たら、「喜びとガッカリ」は遅く、「怒りと恐怖」は速いのが分かる。
喜びは「欲望」に変わり、ガッカリは「恐怖」に変わる。
小説においては、このような回転にいかに「人々の自己愛」を混ぜていくかが大事だった。
時代遅れの酒場 加藤登紀子

怒りと恐怖から「他の女」へと走るのは速く、その後の「喜びとガッカリ」は遅い。
喜びは欲望に変わり、ガッカリは恐怖に変わる。
どの男でも「浮気」をすることぐらいあるだろうが、「男らしくあれ」「いじめをやめろ」「今のパートナーを大事にしろ」という三つを守れて、財務省のファイルに「高額納税者」として記録される男は少ない。
みんなこの三原則のどれかを逸脱し、おカネが「燃えてなくなっている」のである。
税金の学問は、「愛・キリスト教」の学問であり、人生経験を糧に「仲間を作る」ことが節税効果として期待される。

「私はケインジアン」と発言し、大規模な財政出動を志向した宮澤喜一が「ケインズ研究会」で何を研究したのかはここに明らかになった。
人格が練れていて陽気なおっさんは豊かであり、営業の数字が伸びないと言って怒りっぽいおじさんは貧しい。
独身時代(ステージ1)に彼女との別れを経験し、既婚者になったら(ステージ2)「男らしい」「いじめをしない」「今のパートナーを大事にする」男が金持ちである。
二対一でいじめられたら「貧しい連中だな」「相当働かなければ割に合わないだろう」と楽観視するしかない。
税法には、アリストテレス、トマス・アクィナス以来の伝統がある。
独身時代(ステージ1)にこういう経験ぐらいしろとはストア派も言わないだろうが「原理」ぐらいは知っておかなければならない(原理研究会)。
ハートのイアリング 松田聖子

「愛・キリスト教に詳しい」それだけで税務署からのしつこい催促はなくなる。
「どうしたら今のパートナーを大事にできるんすか?」その答えを発信すれば十分に税収効果は期待できるからだ。
結婚生活が破綻したから「男らしくない」「いじめをやる」という側面が指摘できる。

また、「愛・キリスト教に詳しい」から金持ちであるというモデルとは別に、「経済政策」に詳しいから金持ちであるという側面も指摘できる。
実績があれば「娘や息子たちにも寛大である」とされ、経済が上向けば税収が上がるという主張はこれを背景にしている。
いずれにせよ、「キリスト教」「経済政策」こそが税収効果を上げるのであって、税務署からの催促は「このあたりの議論を詰めてくれ」という催促に過ぎなかった。

あるいは「男五人組」のメンバーになることも豊かさが約束される(ビッグファイブ)。
男同士は「カネと女」がなければつるむ理由がなく、それでいて「ビッグファイブ」を構築したのならば、結果論ではあるが節税効果がある。
ビッグファイブを作るのならば「女友達はもっと多い」ことは容易に想像がつく。
瀬能あづさ ふたつにひとつ

キリスト教=神道という名の宗教および、経済政策を理解した上での結果論がビッグファイブであった。

さらには、日本という「自分の国の哲学」および「中華思想」を学ぶというVIAと呼ばれる節税効果も存在する。
「税金やって50年」という発言(山中貞則)は、「政治をやって50年」という意味と同じですらある。
キリスト教が税法を作ったのだから、キリスト教を学ぶのが一番節税効果・税収効果がある。
しかし、「経済政策」「経済優先」モデルもあれば、日本や中国の思想を経由した節税効果・税収効果も存在するのだ。

株高を背景にいきがっていると、原油高を背景にいきがっていたプーチンの気持ちがわかるようになる。
原油価格というものは日本の大学の「キャンパス」がどれほど楽しいかにかかっていて、日本国の政治家としては、「若者に甘え、女性に甘える」という「甘えの構造」を理解しなければならない。
日本国は、神社のアマテラスを背景に「女とは何か?」を明らかにしなければならないし、キャンパスを楽しいものにしてプーチンの権力を削ぐ必要がある。
どのみち、日本国の領土拡大は、アリューシャン列島を買うことから始まり、そこからようやく台湾や朝鮮半島、満洲が見える。
「ベトナム、ラオスなどの南部仏印はダメ」ということさえ理解しておけば、今の令和天皇に「できないことはない」という状態だ。
税法について「男らしい」「いじめをやらない」「特定のパートナーを愛する」ということが節税効果をもたらすことを周知徹底すると「減税政策」および財務省の「税収増」につながることは指摘させていただいた。
しかし、「男らしい」「いじめをやらない」「特定のパートナーを愛する」と口では言えても、「スポーツ(勝負)に強い」「12球団1の強いスイングを生み出す」「165キロの速球を投げる投手を作る」などの結果に表現されるものだ。
基本から考えるのならば、私は、「男らしい」「いじめをやらない」「酒井法子だけをアイドルとして愛した」から、資金力が充実し、東大に受かっている。
酒井法子 秘密のガーデン

私の若かりし日のささやかな成功体験であった。
「勝負の土俵づくり」のことを「数学」といい、それは「偏差値」であってもいいし、打率であってもいい。
「男らしい」「いじめをやらない」「特定のパートナーを愛する」ことがこのような「結果」につながることを、「彼はお金に恵まれていた」「節税・減税効果の恩恵を受けていた」と説明するのが「税法」でもある。
イエス・キリストの真似をして生きる人は金持ちになる。
そのような教えがキリスト教であるが、その真の意図は、アベノミクス三本の矢の「金融緩和」(芸能界よ、焦るな)という政策で明らかにさせていただいた。
アベノミクスとて、金融ビッグバン(フェア・フリー・グローバル)の影響を受けざるを得ず、グローバル化としての側面であるキャスト教を受け入れざるを得ない。
愛・キリスト教に関してはすでにリンクを貼らせていただいた(再掲)。

「数学」には、「蹴落とし型」と「ゆとり型」の二つがある。
教室の三分の一が授業についてこれない「蹴落とし型」の現状から生まれたのが「ゆとり型」であった。
「蹴落とし型」の方が「ゆとり型」よりも、「勝負に負けてもいいプロデューサーになれる」「恋愛が経験できる」というメリットが実はあったのだ。
高橋由美子 負けてもいいよ

男の子は「お母さんの過去の男」を心ない叔父に聞かされるだけで潰されていくものだ。
しかし「男らしい」「いじめをやらない」「特定のパートナーだけを愛した」私は、両親の支持のもと、叔父二人に情報を巧みに伏せ、祖父母の支援のもとに東大文一に向かって突き進んだ。
rebecca when a woman loves a man

そこで、「蹴落とし型」の方が「ゆとり型」よりも優れているという側面は指摘していい。
蹴落とされても「愛」に詳しくなる。
蹴落とした方も、人生のチャンスが与えられる。
蹴落とされたものに「愛・キリスト教」を教えるのが税法であり、私の母校・横浜市立南高校は、昨年は8名の東大合格者を出したが、今年は東大から完全に「撤退」してしまった。
このことの背景に何があったかは知る由もないが、上位グループが「男らしくない」「いじめをやる」「特定の女を愛さない」などの「資金ショート」を起こしたものと推測される。
SPEED Another sweet field

あるいは、蹴落とされた側の方が「女の子の心理」に詳しかったということから、上位陣が夢が見れなかった可能性もある。

いずれにせよ「理論」さえあれば「蹴落とし型」には何の問題点もなく、一番危ういのは「自分は蹴落とす側なのか蹴落とされる側なのか?」が明確ではないというアイデンティティ問題が生じることだとされる。
蹴落とされる側の方が「女心に詳しい」「女子たちの支持を得ている」ということが問題なのだ。
現象学(女心に詳しく、東京進出が夢見れるという学問)と、道徳(多数派工作の学問)は明らかに異なる。
一部の上位陣だけが知っていればいいのが現象学である。
それが崩壊するとアイデンティティ問題と直面し、「男らしくない」「いじめをやる」「特定のパートナー(アイドルでも可)を愛さない」ということから資金ショートを起こす。
1980年代から2000年にかけて、アメリカ合衆国でこのような「国公立進学校の問題」が研究され、税金を投入して育てた子供たちから、大人が「情報」を得るようになっていった。
クラスのキーパーソン(ナンバーゼロ)が「蹴落とされる側」だったら東大も甲子園も夢を見ることは許されない。
税法において「アイデンティティ問題」が生じたら上位陣が資金ショートを起こす、このことを理解しなければ、円滑な「税収増」は財務省も望めない。
進学校は税収につながるから可愛い。
そのために、資金ショートを防ぐための予算を割くというスパイラルが起きていたのだ。
「偏差値」「打率」などといった数学はこのようなことを明らかにした。
税法とは、トマス神学つまり「男らしい」「いじめをやらない」「特定のパートナーを愛する」という基本を踏まえながら、資金ショートを起こさないという「目に見えないおカネ」を相手にするものだ。
通常、おカネがなければ世界は灰色だ。
しかし、教室や家が「灰色」になるのならば現象学から見直した方がいいとレヴィ=ストロースは指摘している。
2000年までに国公立進学校の「秘密」を大人たちは研究し終え、アウディは、2004年に「自動車に乗る君主を育てる」ために国公立進学校は存在するとした。
ほぼ無償の学費を背景に、「男らしい」「いじめをやらない」「特定のパートナー(アイドルでも可)を愛する」資金力の充実した大学生を「君主」とすることにしたのだ。
大航海時代は「鉄・拳銃・羅針盤」から生まれたが、今の日本経済は「鉄・自動車・通信」であった。
経済政策・財政政策を明確に打ち出した令和天皇はもはや「神学」「男性崇拝」の対象であったし、円高の象徴であった。
さらに、彼の語る「女性観」は株価を上げた。
「男らしくあれ」「いじめをやめろ」「特定のパートナーを愛せ」
そのような「豊かになる秘密」「税法」を語った令和天皇には「私の方がサーヤよりもふさわしい女なのに」という女が大勢いた。
国家レベルの「企画立案」を行う男は本人の意に反するものであってもそれほどモテたのだ。
SPEED 熱帯夜

生物多様性は1993年つまり平成初期に「72回」起きたとされ、男たちの「生き方」がバラバラになった。
その後の15年間でも「19回」起きたとされる。
つまり、令和天皇のように国家の企画立案を行う生き方、など誰も行ってはいなかった。
ノーベル賞を何度もとれるような生き方があると人々が悟ったときには、もはや令和天皇の真似ができる人はいなかった。
「男は勃つか勃たないかの二種類」という割り切りも女たちにはあった。
そこで、この生物多様性が「どのようにしたら男は金持ちになれるのか?」という問いかけだけに変わっていた。
「男らしい」「いじめをやらない」「特定のパートナーを愛する」
簡単に言うとそういうことだ。
あとは、別のレーンを走る令和天皇を横目でチラチラ見ながら走ればいいだけだろ。
A、AB、O、B、星座別で48人、デートだけでヘトヘトなので、SMSを活用した。
神のみぞ知るハートの行方 酒井法子

ノートンも、男は勃つか勃たないか?お金を持っているか?の判断の根拠をトマス神学に求めた。
ペテロの葬列は、令和天皇の身内の物語だ。
いわば48人の男が、令和天皇の生き方という「正解」にどのような反応をしたかを示したものである。
35歳までに子供を作り終え、55歳で定年を迎える。
そうすれば子供の成人を見届けられる、そのような生き方が「男」の常識だったのだが、1993年に生物多様性が引き起こされたのだ。
そのため「知識」は発展した。
令和天皇そのものが「破天荒が見つけ出した正解」だったのだ。
浜崎あゆみ To Be

トマス神学の原点は令和天皇にあったし、その核心部分の教えが「男らしくあれ」「いじめをやめろ」「特定のパートナーを愛せ」ということであり、中国の舜と、トマス・アクィナスは、歌のモデルという意味では舜に軍配が上がるが、それは芸能界の都合に過ぎず、金持ちになる方法という意味ではトマス・アクィナスの方が強かった。
タンポポ 王子様と雪の夜

女の嘘と、男のマスターベーションは、「批評する精神」と呼ばれ、教育の目的となった。
批評とは常に「女の嘘」を相手にするものであったし、精神とは「そのような世界に溶け込みたい」という男の都合を意味した。
女が、社会から多くのものを家庭内に持ち込んでくるが、男はマスターベーションすることによって「そのような世界に溶け込みたい」と考える。
結婚前の女の団結に、男も「批評する精神」を持って道徳(仲間づくり)なり、現象学(世界を広げること)なりにつなげていかなければならない。
CoCo 横浜BoyStyle

さて、そもそも「記憶」というものが「よりシンプルな対人関係があった方が覚えておきやすい」ことから、家族や数人の友人によって形成されてきた記憶が大学受験でモノを言う。
つまり、「クラス全員が送り出す東大受験生」などいないし「ベンチが送り出すバッター」もプロ野球においてはいない。
そのため、私のブログをスマートフォンで読みながら、一方で参考書を読む受験生は極めて優秀であろうが、指導者を間違えると、とてもではないが東大合格も甲子園出場も実現しない。
「天皇とは誰もが務まるものではない」
そのことは若者たちが証明している。
「楽しい青春時代を」
それは天皇の力量であり、自動車に乗る「運転手」(君主)に与える天皇の影響力と、税法はここで結びつくが、大学受験・司法試験受験が「知識」「記憶」を要求する以上、天皇の書くテキストが「楽しい」というのは、税法の基本である。
とにかく、「孤立し、怒り、病んだ」受験生は貧しいし、おカネがいくらあっても「蒸発して消えている」としか言いようがない。
「男らしい」「いじめをやらない」「特定のパートナーを愛する」というのは常に税法の基本であり、風景が灰色になったら「資金ショートを起こした」と考え、勉強・記憶という作業以外に「手を付けなければならないことがある」ことを意味する。
そもそも「忘れた、覚えていない」ということそのものに税収不足(おカネが蒸発すること)が存在し、「よく覚えているよ」というところに豊かさがある。
灰色の風景など覚えていても意味がない。
そのようなところに「時代の天皇の力量」が存在する。
仕事をする、試験を受ける時の記憶と、さらに、のちに論文を書くようになる時に必要になる記憶と、最後に「自伝」を書く時の記憶の三つがあるが、どのみち「記憶のない者」は貧しいのだ。
記憶こそが富であり、「灰色の時代」をなくしていくのが「最も注目された文学者」である天皇の器である。
世の中で「学歴」「専門的知識」がモノを言うのは事実である。
しかし、金融となると「人間らしさ」をよく覚えておいた方がいいという側面がある。
天皇だって「男」だろう。
カネと女を約束してくれる「おことば」「文学」以外、読んでも意味がない。
女の言葉は「そもそも期待されていないことができない」というような「ダメな側面」以外に覚えていない。
酒井法子が「ラモスって怪獣?」と言ったなど、何の富にもつながらないことを私も覚えている。
しかし、女の子にとっても「茶色、緑、赤」の三原色が揃わなければ、男たちの記憶に残るようなパフォーマンスはできない。
小泉今日子 なんてったってアイドル

税法がうまく機能して、世界が明るい金持ち男にもどのみち「貧乏男二人組」が登場してカネを吸い上げてしまうだろう。
そのような時に「男らしくあれ」「いじめをやるな」「特定のパートナーを愛せ」という三つを忘れたら、イエスキリストは一流の税理士とは言えない。
イエスキリストは、マタイ、マルコ、ヨハネ、ルカなどの「自伝」によく登場した「陽気な男」であった。
「なんであいつ、そんなにカネ持ってるのかな?」
その秘密はのちにトマス神学(カトリック)が明らかにしたのだ。
ESSと呼ばれる「宇宙人が持ってきた書物」(聖書)を本当に、体現したのはトマス・アクィナスであり、令和天皇も似たようなものだ。

税法と経済政策は似ていて、常に「美男美女」が金持ちだとされていることから、仏教が日本国では問題にならざるを得ない。
アブヒダルマが、「顔の美しさが世界の色を決め、税収効果を上げる」とした。
沖縄とアイヌ、そして在日朝鮮人以外、単一民族国家である日本国にも、インドの哲学は根深く入り込んでいた。
音楽作品(スートラ)をこよなく愛するものが美しくなり、子孫繁栄が約束された。
「都会には美人がいるな?」
そう思わなければ、精子の出ないマザーファッカーになってしまうだろう。
女の「美しさ」に対して、男の子は「賢さ」で対抗しようとする。
男の「賢さ」に対しては、周囲は「専門用語」「暗号」で対抗しようとする。
女の美しさはこのようにして、周囲にいい影響を与えていた。
美少女というものはクラスに一人はいたし、鉄・自動車・通信の議論は、最終的には仏教となった。
キリスト教は、日本国の金融を緩和させる(芸能界の緊張をほぐす)効果はあっても、「美男美女を生み出す教え」ではなかった。
キリスト教は「豊かさ」を約束したが、仏教もそれは同じであった。
のびのびと育てられた大男は、駆け引きを知らない分、キリスト教的な金持ちにはなった。
キリスト教の「安息日」がなければ、仏教も成立はしなかっただろうが、龍樹は早くから「エルサレムを尊敬しろ」と中論で語っていた。
日曜はダメよ 三浦理恵子

生・老・病・死をはじめとする「十二の苦の連鎖」(十二縁起)が存在する以上、苦のない世界(涅槃)とは何かに関しては仏教界は沈黙するしかない。
しかし、美少年が失っていくものの代わりに得るものが男の魅力だとも言われる。
私の小学生の時の卒業アルバムに周囲はため息を漏らした。
真言宗の婆さんも味なことをやるものだと思うね。
「私、疲れ果ててたのよ」というおばさんがいるとするのならば、パートナーの男の「男らしさ」「いじめ」「特定の女を愛する」のどれかが壊れていたと判断するしかない。

トマス神学が、税法の起源であるとするのならば、カトリックがもっとも豊かな教えであることになる。
カトリックの「七つの大罪」は「他の男の女」に抱く嫉妬を基盤に、「男らしさをもつこと」「いじめをやめること」「特定のパートナーを愛すること」を求め、隣人の妻を犯したら破産するであろうことを意味している。
リベラルの立場から破産者を大量に出したことをレベッカが歌っている。
実力主義の大統領制(カトリック)の方が、毛並みのいい王子による世襲(リベラリズム)よりも豊かであるとし、天皇制批判に用いられた。
肉声のない王子がこのような負の側面を税法にもたらしていたのだ。
rebecca trouble of love

君主が妃に宝石を買い与えることそのものが「他の男の嫉妬」を引き起こす。
しかし、それならば「君主の肉声」をよく研究して自分もパートナーに宝石を買い与えればいいだけである。
「肉声のない君主」がそもそも問題になるのである。
大統領制は天皇制よりも「豊かさ」で勝っている。
毛並みのいい王子のもとで自由に遊びたいというリベラリズム(英国王室)は、チベット仏教などと結びついて、自動車産業や税法と密接にかかわるが、「人格的統治者とは疑わしいもの」(西原博史)という指摘もある。
大嘗祭を自分のポケットマネーで行った令和天皇に周囲は、「一生に一度のこと」として祝ったが、天皇制に「次」があるかは明らかではない。
天皇の妃に嫉妬し、時には「怒り」を感じる人もいるだろう。
そのため、天皇は常に国民に「メッセージ」を語らなければならない。
どのようにしたら豊かになれるのか?を明らかにしなければならないのだ。
妃のいる天皇への嫉妬というものは実に「男らしい」感情である。
それならば「全人類平等主義」の観点から、天皇は自分の肉声を「国民全員に」周知徹底する機会があることになる。
平成の時代には神道=モーニング娘。の側も「天皇に肉声がない」ことを認めていた。
「他の男の女を奪うと貧しくなる」
それは実質経済とも呼ばれ、女一人に男二人という図式は「男を賢くさせる」という効果はあったが、経済の「伸び」となると、世界が灰色になるのならば嫉妬は「七つの大罪」の一つであり、貧しくなるということは理解しなければならない。
男同士の「競争」による効果を「実質経済の伸び」と呼んでいるのであって、天皇が常に肉声を発しなければ経済成長は見込めないのだ。
モーニング娘。インディゴブルーラブ

女たちは「神は存在するか?」「神・男の完全性に関する議論」以外に、議論の必要性を感じていない。
病気を治してくれる「神」、法律相談に乗ってくれる「神」、おカネで解決してくれる「神」以外に議論の必要性を感じていないのだ。
つんくはひたすら神道の立場から「神」論争をリードした。
ナビが壊れた王子様 松浦亜弥

令和天皇は「医学情報」に関しては出し惜しみは全くしなかった。
みずからの「腰痛の研究」もかなり深く明らかにしていたのだ。
「神・男の完全性」と言っても、お年寄りにまで通用する議論でなれば経済に悪影響を与えかねない。
自らが「神」の地位を望み、失意のもとにある人間を無神論者と呼ぶのならば、天皇は存在しても、身の程知らずの無神論者はいてもいい。
しかし、減税効果三原則からアプローチするならば、無神論者もまた「貧しい」し、褒められたものではない。
カネ、健康、パートナーを与えてくれる神を信じないのならば貧しい。
話していてもつまらない。
これが女の考えだった。
パラレルワールドに関して描きたければ版権が生まれるだけだ。
しかし、パラレルワールドと言っても「天皇が何を語り、何を人々に教えた人か?」を明らかにはできずにパロディで終わるだろう。
今、自分がいるワールドがもっとも豊かだからいるとしか言いようがない。

さらに、おカネが「金額が数えられる、女が買える、すべての女に通用する」ものである以上、女との待ち合わせ(約束)が税法において重要な役割を果たす。
主権(日本人女はだいたいこんな感じ)というものの強度を高めると税収は上がり、減税効果もあるという意味においては「通信」の果たす役割は強く、「約束」というものの研究は欠かせない。
高橋由美子 Will you marry me

女の美しさのみならず、「孤立した男との約束は果たさない」という道徳(多数派工作)的側面が約束にはある。
男の「仲間の多さ」と女の「美しさ」は似たような意味合いを持っているのだ。
国家レベルでの「約束」が納税である以上、しっかりと「税法」(豊かになる方法)や、美しくなる方法(仏教)、さらには「多数派工作の方法」を天皇が発信していかなければならない。
これらを踏まえて、どちらについた方が「セックスが約束されるか」を担保にしていく必要がある。
「男らしくない」「いじめをやる」「特定のパートナーを大事にしない」男ならば、そもそも「信用できない」ので貧しいのだ。
令和天皇は「ニュースのクリエイター」であるが、「文字がある、新聞のニュースがある、世の中が自然に流れていく」という決定論者は案外多いのだ。
セックスよりも寝ていた方が良かった?怠け者にとって「気持ちよさ」と約束はこのような意味を持つ。
ribbon 変な愛のカタチ

また、「約束」というものは「将来に対して行う」ものでもある。
「男らしい」「いじめをやらない」「特定のパートナーだけを愛する」男がAKBの取り巻きがいたのならば「将来を約束されている」としか言いようがない。
「国際社会で名誉ある地位を占めたいと思う」
これは、日本国の女性たちを大事にしようという憲法学の意思表示である。
簡単なんだよ。「男らしい」「いじめをやらない」「特定のパートナーを愛する」だけで「天皇」になれてしまうのだ。
その代わり「駆け引きをやる禿げた小男」はそのような存在にはなれない。
家庭(ゲマインシャフト)と契約を結ぶのは基本であるが、大学や会社と契約を結んだら、この三原則を踏まえて、女の取り巻きを増やし、自分の将来を「約束」されたものにしなければならない。
やはり「経済政策」こそが、将来を約束されたものにし、過去の記憶が鮮明であることも減税と税収増をもたらすのと同様に、将来が明るいことも同様の効果をもたらすものと考えられる。
将来が見通せない人物であるのならば、周囲も約束を守らない。
「時間だけは頑固者」
それは自分の将来と関わるものであるからだ。
初めてのハッピーバースデー カントリー娘。

AKBなどの「期待感」が異なるのが「将来を約束された男」である。
二人の男を比べるのは一人の女であるが、女の中にも「人をいじめる男は強い、守ってくれそう」と考えるお子ちゃまもいる。
渡辺麻友がそうだったが、どこかで「キャリアの限界」を迎えている。
女としても「いじめをやる男は貧しくなる」という認識を持つ必要がある。
トマス神学が「繁栄を約束する」というのはこのあたりに根拠がある。
グロチウスは、トマス神学がなければフランスはカトリック国として現在の領土を保持できなかったであろうと考えていた。
偶像崇拝に批判的なカトリックが、「戦場ではいじめをやらない」ことから強さを見せたのだ。
同期の桜

一方で、ドイツは「アイドルのセールスこそが戦争の強さである」「慣習こそが王である」とし、名プロデューサーがいてこそ戦争で強さを見せると考えていた。
女の子たちの間に「いじめ」が生じ、男同士の「いじめ」すら容認してしまったため、ドイツの「税法」が果たしてどのようなものなのかは分からないが、トマス神学のような「アブラハム宗教」を神聖ローマ帝国が持っていないはずはなく、
どのみち「男らしくあれ」「いじめをやめろ」「特定のパートナーを愛せ」という3原則は踏まえなければならない。
皇帝になるために「慣習」「売れた音楽作品」が必要であったに過ぎず、公法私法峻別論の立場から「芸能界は一般とは異なる」という割り切りがあったのだろう。
その代わりナントの勅令において「名誉と富は同時には手にできない」というメッセージが出された。
名誉を手にするのが女の子たちの鬱を解消するのであれば、おカネより大事なものとして「いじめ」「譲れない夜」は存在せざるを得ない。
SPEED All my true love 

安室奈美恵が、いじめの横行する芸能界で「愛」「ルール」を訴え続けたことが知られている。
金持ちになりたければ必要なのは「愛」「ルール」だったのであり、本質は繁栄の神学と何ら変わりはない。
安室奈美恵

安室奈美恵も引退をしたし、渡辺麻友も引退した。
これは「いじめをやる男は貧しい」ということから、彼氏が「男らしくない」「いじめをやる」「特定のパートナーを愛さない」というトマス神学への「コントラクトダメージ」(契約不履行)によるものだ。
おカネが割に合わなくなれば、引退するしかない。
おカネがなければプロとしては動けない、そのようなことから「健康のほうが大事」となって引退している。

 

 

 

なお、私は本日をもって「立憲民主党のオーナー」になることになりました。
寄付をよろしくお願いいたします。
立憲民主党寄付

 

« アベノミクス三本の矢~構造改革。 | トップページ | 会計。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アベノミクス三本の矢~構造改革。 | トップページ | 会計。 »