最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 会計。 | トップページ | ロングとショート。 »

2020年6月20日 (土)

人事・労務。

人事とは従業員の健康を気遣う仕事であり、労務とは「ルールにしたがったチェス」を約束するものだ。
いずれにせよ「鉄・自動車・通信」に詳しい男は健康であるし、周囲には女性職員がいることを保障することも人事の一環である。
また、労務の場合は「賃金をもらう以上耐えて当然である」と考えたのではたちまち「荒廃した職場」となるだろう。
男女がどのように「交流」するかを考えるのが人事と労務の「ツボ」である。
ピンクのモーツァルト

従業員は各自が「組織の内蔵」であり、それが癌であってはならない。
早すぎる死というのは人事(周囲に女が大勢いる)ことと、労務(ルールが確立している)ことから防げるものだ。
人事と労務に、「いじめをやめさせる」税理士と、女をうまく利益(快楽につなげる)「会計士」が絡むことで、企業というものは成り立っている。
男同士ならば「同意」するだけで相手におカネを与えてしまうが、女が間に入ればそうではない。
マスターベーションは「ローコスト・ローベネフィット」であるが、セックスは「ハイコスト・ハイベネフィット」である。
問題は、経営者がこの仕組みにどれほど予算を削くかにある。
目的は「男が作家になること」にあり、「せいぜい健康的にやろう」というのが組織のあり方なのだ。
国同士の「首脳会談」などはこの文壇の仕組みを話し合うために行われる。
組織の何がいけなかったのかを熟知し、組織を批判し続けた私は、
「文学作品」の高評価によって名誉職に蹴り上げられている。
税務・会計・人事・労務が「機能していない」というのであれば、そもそも「神を信じる」理由はあるわけである。
コストとは「いじめ」であり「ベネフィット」とは、女性から得られる快楽である。
結局、文字というのは「最悪の人生」において「全人類の平等」を目指して書かれるものだ。
組織の何がいけなかったのかを文学にしてほしい、これが税務・会計・人事・労務の目的である。
このような、税務=いじめをなくす仕事、会計=女性を紹介する仕事、人事=職場に女性を配置し、男性の健康を守る仕事、労務=恋愛のルールを決める仕事、ということは、人事を経た男性が「小説を書く」ことを前提にしており、「本が売れない時代」には見失われていた仕組みである。
さらに、結婚前の「女の団結・いじめ」は、税理士も手が出せないことが多く、小説の「総売上高」から、税金を差し引いた「純利益」を踏まえると、
PER=ひと株あたりの純利益は、その企業の女性社員の「女流作家としてのクォリティー」を示している。
男は社会人としては「小説家であることが前提」であり、女は社会人としては「事実上の看護師であることが前提」となる。
労務を間違えると、男をめぐって二人の女が大喧嘩し、世界を敵に回す。
禁煙パイポ

政府の幹部はこんなことを考えているのか?というこの文壇の仕組みを
「ひらかれた政府」
と呼び、会社などの民間企業と同様に駒場や本郷の書店を豊かなものにしていくのだ。
あるいは、テレビのドラマであったり、音楽作品に強い影響を与える。
「誰にお中元を送ったらいいのか?」
「現在の最新テクノロジー」
「企業秘密」
「予言」
などに満ちているのならば、本が売れないはずはない。
今の本郷の総合図書館に見るべき本があるであろうか?
ビッグデータと呼ばれる本郷の総合図書館で読んだことを、女性たちに話して、それで、税務・会計・人事・労務につながるのであれば意味のあるものだ。
本郷を経験したから「公道最速」「柔道黒帯」などにつながるのならば、本を手にとってみればいい。
人事が「文壇」「小説」を想定していないと、なかなかGDPも伸びない。
中卒と東大卒の区別すらつかない。
少なくとも、私が学生の頃は「ボクシングの支配者」などの本は東大にはなかった。
検見川にはゴルフ場もあったが「どうやって?」までは情報がなかった。
ゴルフ

元少年野球選手で、ボクサーたった私一人で、これだけのものを書いた。
そうなると、当然、東大では「異なるソースが欲しい」ということになるだろう。

少なくとも「東大に入ったから、重さと速さを増した」と言えるほど、日本国の「人事」つまり「職場に女性たちがいて、健康な作家」というものが機能していなかったのだ。
とにかく、東大生はハンサムでスタイリッシュで、洗練されている、というようになるためには「人事」が機能していなければならない。
重さ、速さ、多様性、懐の広さ、など、学歴社会が本当に実現するためには人事から出てくる「小説」のセールスを見なければならない。
本郷の総合図書館を本当にビッグデータにしたければ、このような構造改革が必要になる。
税理士は「いじめをやめさせるのが仕事」
会計士は「女性を紹介するのが仕事」
人事は「職場に女性たちがいて、男の健康を維持し、小説を書く」のが仕事、労務は恋愛のゲームを決めるのが仕事、ということを明確にし、しかも、「減税+税収増」というかたちで「結果」を出さなければならない。
人事が「小説」「情報」を出すことが明確になったのはアメリカでも2011年のことだ。
このことを日本国で「マネージメント」と呼び、雅子さまからは何の「情報」も得られなかった。
どの企業の「人事」の本を読みたいかは、社会人、実業団が結果を出せばみんな知りたがる。
なぜならば「証拠(エビデンス)」を出したからである。
社会人、実業団のスポーツに「人事」の基本を見出したのもつい最近のことだ。
また、YouTubeなどのコンピューターが今は用いることが可能だ。
夫婦や恋人であったり、同じ職場の。女ならばTOPIX1600円程度で買える。
仕事の楽しみとはあくまでも「性欲」を帰結するものである。
男は、一晩に何人もの女を相手にできるわけではないから、TOPIXでおのずと「青天井」の物価も落ち着くところに落ち着いている。
仕事の楽しみをセックスに見いださないのならば「つづかない」であろうが、「あの上司、奥さんいるのに不倫して」と陰口を叩かれたら禿げてくる。
そのため、TOPIX1600円も、月の小遣い制の中では案外「高い」ものとなっている。
そのため、会社内部に「セックスの相手」を見出す株主利益最大化論が主流であるが、クライアント(お客さん)にまで手を出そうというステークホルダー論が登場した。
ステークホルダー論は、1984年に主張された「フリーマンの挑戦」であった。
デート注意報 後藤真希

女を職場に見出そうとした株主利益最大化論は、日本国でも通説であるが、企業の社会的責任の問題を解決するのであれば、クライアントに名前を名乗るステークホルダー論は、案外、有効性を見せるものと思われる。
渚のピテカントロプス 酒井法子

なにしろ資本(男)が、女を買うという構図に単純化させれば、ステークホルダー論は、マルクスが考えた革命に名を連ねるものであった。
マルクスは、殻に閉じこもって「はたしてこの企業は利益の最大化を望んでいるのか分からない」という株主利益最大化論を批判的に見ていたのであり、独身のクライアントの女性に関心を寄せるステークホルダー論は、フリーマンのみならずフリードマンも支持していた。
オープンな企業、ひらかれた政府を標榜していたのだ。
真冬のべらぼうなガス代も、集金のお姉ちゃんにやらせてもらったら一発でチャラになってしまう。
私の地元のプロパンガスの集金のお姉ちゃんも少なくとも「名前」を名乗っている。
女性社員が「魅力をふりまく」ことも、減税+税収増のための「いじめをやめろ」というのと同じように、セールス以上にお給料が出る秘密であるし、企業の利益につながる。
いじめをやめろというのが豊かさの秘密のひとつであるのならば、きれいなお姉ちゃんでマスをかけというのも、豊かさの秘密である。
バナナの涙 うしろゆびさされ組 

女たちの魅力を高める方法は色々あった。
トマス・アクィナスという「国王」を立てて、激しいいじめをやったこと、つまり、「夢、目的を持ったストイックな男」がいたこと。
さらには、ジョン・ロックが「女二人による男一人の奪い合い」(名目経済)というものを作ったことなどが挙げられる。
41日間にわたってスポーツ紙に取り上げられたアクィナスは、モーゼのようであったし、男らしさ(神学)を確立した。
女たちはアリストテレスによってすでに生み出されていたため、「女づくりが先、男づくりはあと」という世界史の基本は踏まえていた。
その後、ロックによって「女づくり」がなされたり、マルクスによって「男づくり」がなされたり、フロイトによって「女づくり」がなされたりした。
ちんちんがない(去勢・キャストレーション)の発見など、女の子の思春期の欝や、料理などの母の実践、美の探求がなされることなどが指摘された。
さよなら失恋ピエロくん

 
マルクスは、地主や実業家などの「男らしさ」および、君主の「神の見えざる手」を構築した。
神の見えざる手と君主を呼んだのはアダム・スミスであり、人口が2倍ならば繁栄は3倍と語ったのはリカードであった(比例原則)。
警察も「人口を守り、繁栄を守る」という意味では比例原則にしたがっている。
子供を女の局部で「割り算」し、女のからだそのものを局部で「割り算」した。
どう計算しても、子供は「富」の基本であった。
そこで、女が男に対して主導権を得る瞬間が「できちゃった」ということだと分かった。
抱いて 松田聖子

コロナウイルス騒動で、マスクやトイレットペーパーの買い占めをやってボロ儲けしようと思っても、女に払う金と、自分の性欲の限界から、おのずと「市場に出回るマスク」は出てこざるを得ない。
簡単に儲ける方法が分かっても、「神」=天皇にはなれない。
また、テレビが面白ければベーシックインカムが達成できるのではないか?
とも言われるが、インターネットとテレビの共存(二元論)がなくなれば、神=天皇はいなくなる。
そもそも、結婚とは、貧困層の女の子が「ブルジョワになりたい」と言ってするものである。
それならば、「人事」においてひたすら論文を書き、各省庁や大手ゼネコンなどの大企業、県や市の教育委員会に常に論文を送り続け、あいさつ回りを身内の女がするだけで、公園や森が「東大生のお城になる」ということが想定される。
人事において論文を書き続けることを「政財官に人脈を」持つと表現してもいい。 
私は、「教育と公園・森林の相性の良さ」に目をつけた。
子供たちは、2025年以降を想定していない日本国の財政のおかげで「努力をやめてしまった」ことから、経済政策や税務・会計の論点を整理した私に「公園や森林を」さらに議論を詰めていくのならば環境というものは「女の子が男の子の勉強の邪魔をするために持ち出す」ものであることから、「女の子とはどのようなものか?」を描いた私に「森林を」お城として譲ってくれることになった。
この計画が「環境よりも女性たちの支持を得られる」ことが分かったのが「あつまれどうぶつの森」の存在であった。

 

 

 なお、私は本日をもって「立憲民主党のオーナー」になることになりました。
寄付をよろしくお願いいたします。
立憲民主党寄付

« 会計。 | トップページ | ロングとショート。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 会計。 | トップページ | ロングとショート。 »