最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 平成天皇(上皇明仁)崩御。 | トップページ | 女の子のハルシネーション~田中有紀美の場合。 »

2020年6月 1日 (月)

「ジャパネットたかた」の研究。

基本的に「男性崇拝」「神・男の完全性を語ると爽快感がある」という基本を踏まえている。
掃除機・布団・包丁など「私の方がよりふさわしいパートナーになれるのに」という女性心理を利用したものだ。
SPEED 熱帯夜

また、「彼女のことなら初めから百も承知よ」という略奪愛(信教の自由)を背景にしているため、ジョン・ロックの研究を深める必要がある。
WINK 愛が止まらない

つまりは「私の方がうまくやれるのに」という理論を「セット理論」と呼ぶ。
セット理論こそがジャパネットたかたの哲学的な柱であると言ってもいい。
女性の局部の価値を最大化し、それでいて「男性崇拝」を推し進める、それは「円高・株高」土地高のトリプル高をテレビ東京が志向していることを意味する。
テレビというものも、二元論つまり「テレビとネットの情報格差を利用して儲ける」というインド哲学を背景に、独身女が、結婚のために用意するものだ。
安倍なつみ ひとりぼっち

このような「セット理論」を背景に、トリプル高を志向したテレビ東京およびジャパネットたかたであるが、株価は下がる日もある。
理論的には「インフレ・失業率の増加・利上げ」を恐れて株価は一方的には上がらないものであるが、「女の価値を高める」「男性崇拝」という最終的には「結婚」を目指したセット理論は、「その女はハニトラだぞ」ということや、「そんなに結婚したいのか?」という視聴者の笑い、さらには「男と言ってもいろいろある」という側面から、株価=女の価値というアプローチをしても株価は一方的には上がらない。
「愛という概念の難しさ」はすでに広く知られているが、セット理論は「すでに結婚したパートナー同士でも、ベッドの上ではいつも新鮮」というものを目指し始めた。
つまり、女の供給に常に「主婦層」を引き込み、株価を下げる効果もあった。
男は、離婚しないために「愛の言葉」を常に本から探していた。
「我々は株高・円高を支えている」
このようなジャパネットたかたならば、放映権料、さらに「政財官からのマネー」によって、商品の価格は低く抑え込まれているため、テレビの視聴者は「買わなければ損」という側面が指摘できる。
その辺は「詐欺まがい」の商法では「決してない」という正確な理解が必要となる。
太陽(男)と、月(女)の双方にメリットのあるものが、
ジャパネットたかたであった。
もちろん、「男性崇拝」を柱とするものである以上、男の側から「愛の言葉」を囁かなければならず、円がそれに応えきれないと、株価も下がってしまう。
その辺りは「作家冥利に尽きる」という他はない。
高橋愛 電話でね

「料理・家事・洗濯」
これで「思春期のメランコリー」を克服してきた歴史が女の子にはあった。
今でも鬱が晴れるわ?
あじさいが赤から紫に色を変えていくように「女の子は女になった」のである。
胸騒ぎのメランコリー 高井麻巳子

ジャパネットたかたは、このように「最小不幸社会」を志向して作られたものだ。
これが、もし菅直人が行ったものならば、「公約など口ばかり」「誰がやっても同じ」とは必ずしも言い切れないものがある。
女の価値=株価を上げる方法が分かったのならば、次には「男の値段」=円を上げなければならない。
このあたりは何度も言うが「作家冥利に尽きる」と言うしかない。
「神の見えざる手」「天皇の小説」がモノをいうのである。
通販の研究をしていると、「ギフト」について語らなければならない。
不愉快な人からの贈り物は「誰も覚えていない」のである。
つまり、人間社会は「ちょっと黙っててくれねえか?」と言ってギフトを使ってもあまり有効ではない。
それよりも、送り手が「自分のイデオロギー」を確立することの方が大事になってくる。
イデオロギーを固め、その資金で「ギフト」を用いる、それが王道であり、「なけなしのカネ」でものを送っても有効ではない。
この原理を「I say Yes」と呼ぶ。
Melody I say Yes!

「I say Yes」があるかぎり、お中元・お歳暮という慣習は国を明るくする方向を目指すのに都合がいい。
着払いで送り返されるような「暗い人物像」であってはならないのだ。
宗教の存在理由もこの辺りにある。
「この御恩は一生忘れません」と言ってまで「話を聞きたがる」のが、ギフトの効果である。
カントとか、マルクスとかの真実は、案外「誰も知らない」ものだ。
それを「女性にわかりやすく話す」(ワラント)という効果を知らないといけない。
企業も最初はどういう人か分からないため社債を出してくるが、その人物像を知るようになると株式に転換し始める。
「女性にもわかりやすく話す」ことの意味はここにある。
CoCo あなただから好きなの

人間社会に「横領や裏切り」があるのは当然である。
しかし、みんな「資金の出所」からの話を聞きたがっている。
中には「パートナーがいるから」と拒絶する人もいるが、必ずどこかに「チャンネル」を開いているはずだ。
情報ははっきり言って「集まらない」が、「発信」することはできるのがギフトの効果だ。
政治家でお中元・お歳暮の意味を知らない人はいない。
みんな「目覚めた人」からの話を聞きたがっており、眠っている人やうつ病患者からの話は聞かない。
モノをもらったらクダを巻く人の話を聞かなければならない。
そのために、「横領や裏切り」は当然、あるものとしても、「目覚めた人」の話だけは聞きにくる。
どのようにしたら「目覚めた人」になれるのか?
うつ病というものは「外科的内科的理由」が必ず存在する。
そうでなければ「裁判官の息子」としてディスチミアという「法学部特有の」うつ病になっているだけだ。
それならば、電話がかかってきたら「天気の話」ぐらいはしよう。
「天」とは、気温コントロールのことであり、「気」とは座禅による顔のコントロールのことである。
今、どの「神学」(男子トーク)がもっともホットなのかを語ればいいのだ。
カルサースが2000年に、「ギフト」の意味をまとめ切った。
うつ病には、必ず「外科的内科的理由がある」とするのならば、宗教家が「医者と同格」であるのは当然である。
「発信型」「贈り物をするタイプ」の宗教家は天皇である。
一方で、人々の「日常の愚痴」を聞いて回るタイプの宗教家もいるだろうが、お金と情報は集まるだろう。
天皇の唯一の信用できる友達はカントやマルクスなどの「歴史上の哲学者」であり、そうでなければ「発信」はできない。
親父からの「地盤・看板・カバン」だけが頼りだ。
自分で一から始めるわけにはいかない、という地方選挙区の論理は当然ある。
しかし、二世三世の政治家は「病気を癒す力がない」という違いはあるだろう。
それ以外に、むげにこのような世襲を否定するつもりはない。
通販のギフトには「知っていることを合わせる」という側面がある。
そのため、ある左翼活動家は、父親が医者であり「贈り物がたくさん届く」私にいろんなことを聞いてきた。
「天」ひたすら高く飛びたい人は、人から贈り物は受け取らないであろう。
しかし、古典を通じて、たとえばデカルトならば財務省と共通認識ができるし、キリスト教の全体像を理解すれば、もっと多くの人脈と共通認識ができる。
「私の知っていることと合わせたい」
それでも献金は集まるし、「知識」というものはそのようなものだった。
「スタンフォード大学は何を言っている?」
それだけは現段階では私の独壇場である。

さて、通販のつづきであるが、「知っていることを合わせたい」と言っても、要するに「気持ちよさ」を教えてもらいたい、という側面がある。
たとえば、不思議の国のアリスを真似して、女の子は母の元を離れ、猫に見送られて穴に落ちる。
ドアノブの前で大きくなったり小さくなったりし、なんやかんや騒ぎを起こして、めちゃくちゃに暴れ、最後にグッタリと「破滅」し、その後、海を泳いで、綺麗になり、ドアの鍵穴の向こうに再びお母さんを見つける、などというものから、
(長い)不思議の国のアリス

男女ともに、合体し、動きもせずにショパンのノクターンを聴く。
週末にどこに遊びに行くのかをひたすら議論し、「腰で」駆け引きをする、などがある。
1時間とにかく「動かなければ」女が悲鳴を上げて絶頂に達するとされる。
ショパン ノクターン  

他にも、例を挙げたらキリがないが、ご主人様がコップをこぼしたら、メイドカフェのメイドが、周囲に聞こえるように「大変申し訳ありません。ご主人様」などというプレイもある。
性欲の背景には「支配と従属」があり、お客は笑ってお会計を支払っていくとされる。
他にも、バーベキューをやった時に、食事を作っていた女が、最後にアイスクリームを食べる前に、「誰か、私のマスタードで汚れた顔を拭きなさいよ?」と言って、誰が「顔のマスタード」を拭くのか?をみんなで遠慮し合った結果、最後にパートナーが女の顔を拭き、みんなでアイスクリームを食べる、などが想定される。
顔のマスタードを拭かれるのも、女にとっては「従属」であった。
その場で「笑い」が起きるのも、食欲と性欲が満たされてこそである。
他にも、二つの提携農場で、豊作の時期が異なる場合に協力し合っていたものが、豊作の時期がズレたら、どちらかの農場が損をしてしまう、あるいは共倒れになるという状況で、「告白できない女心」を用いる、つまり「敵の出方論」を用いると、男たちが「分かった、協力する」と言ってくれることがある。
このように、いかに周囲に「笑い」(食欲・性欲)を満たしながら生きるのが「政治家」なのである。
こわれかけたピアノ 高井麻巳子

あるいは、スーパーマーケットで、カップルがはぐれてしまっても、「だいたいここにいるだろう」ということをお互いに知っていることも、「だって、今までここで出会ってきたから」という理由で分かることも性欲を満たすとされる。
これは「支配と従属」というマルクス主義的なものではなく、「相手が何を想像して喘いでいたかに興味があったから」ということから周囲が興奮するものだ。
ラブストーリーは突然に 小田和正

話が「通販」「ジャパネットたかた」からズレたように見えるだろうが、「なんのためのギフト?」ということを理解してもらいたかったのだ。
また、男女は「常に歯を磨いているわけではない」ことから、キスを嫌がることがある。
これもいいモチーフだ。
キッスは目にして

女が見る「夢」にしたがわずに「どうだ?うまくいっただろう」と男がいうのも、女の「体の小ささ」を表現した物語である。
これは「女は男を追い越せない」というアキレスと亀と呼ばれる問題でもある。
君住む街 クレア 

まあ、日常的に「気持ちの良いこと」を考えているのが政治家であり、そうでなければ、うつ病かディスチミアになってしまう。
「トランプ大統領ってこんなことを考えている人」ということは、同じアメリカ合衆国の学問をやっている人間として、「コイツには敵わねえな」ということを理解しないと、アメリカが分からない、中国が分からない、戦争だ!ということになりかねない。

 

 

 

 

【まだまだつづく】

 

なお、私は本日をもって「立憲民主党のオーナー」になることになりました。
寄付をよろしくお願いいたします。
立憲民主党寄付

 

« 平成天皇(上皇明仁)崩御。 | トップページ | 女の子のハルシネーション~田中有紀美の場合。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 平成天皇(上皇明仁)崩御。 | トップページ | 女の子のハルシネーション~田中有紀美の場合。 »