最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 女の子のハルシネーション~田中有紀美の場合。 | トップページ | 税法。 »

2020年6月 5日 (金)

アベノミクス三本の矢~構造改革。

鉄・自動車・通信が国民の福祉(恋愛)にどのようにつながるのか?説明が必要。
安倍内閣三本の矢のひとつ(ニュートン)構造改革とはこのようなものだ。

鉄と日本経済の発展について 小野光太郎講演会

通信の可能性 鉄・自動車・通信について

自動車と君主制について

鉄とトマトジュース~女の子とは何か?

通信の可能性~スマホの未来

 

自動車に関してであるが、「信号・標識などにしたがいながら」作った言語のことを「法律」と呼ぶ、とされる。
正気を保たずして作った「言語」は法律たりえない。
鉄は恋愛の世代を下げ、若者たちは大人の作った「法律」にしたがって女の子たちを口説き、通信はそれをアシストする。
「法律は自動車からくる」
ということを踏まえ、口説き文句に「正気と正確さ」をもたらすのだ。
車の運転に「周囲の悪意」は付き物だろ?
煽り行為や幅寄せ、それはまるで人生だ。
中山美穂 Bad girl

君主は常に周囲からの「悪意」にさらされている。
君主の真似をすることをプラグマティズムと言うのならば、クワガタクワガタと言うか、もっと洗練された話をするかは「君主次第」となり、「人格的統治者とは疑わしいもの」とならざるを得ない。
SPEED I remember

私も、平成の時代には決して「有能な王子」ではなかったかもしれないが、「何がいけなかったのか?」を熟知していたから名誉職に祭り上げられた。
令和の時代に「国民に手をふるのが仕事」などとは誰も思っていない。
「俺でもできる」とも思ってはいないだろうが。
HLAハートも、オースティンも、哲学の研究で成功したら、
晩年はドライブしながら思索にふけった。
国道渋滞8キロ おニャン子クラブ

「裁判官は運転するな」と言われるが、法律学を網羅したら間違いなく記憶障害になり、運転が苦手になる。
晩年の楽しみにするしかない。
男たちが日々作り上げる「法律」「女の口説き方」を全部覚えるのはそれほど大変なことだ。
「教授とデート」
女子高生の間でそのように語られた。
とにかく、口説き文句が同世代の男の子とは格が違ったのだ。
「ベンツの彼」
このことに、藤原拓海は怒りを感じ、初めて勝負で負けた。
しかし、それも「年の功」ってものだろ。
愛の倫理社会 おニャン子クラブ

なぜ、年上の男の方が魅力的で女の子たちが興奮するのかの正体はすでに述べたとおりだ。
「それが、天皇制を支える男たちなんだよ」
頭文字Dの話は昭和の頃のことだろう。
私も、大学時代に、教習所で教官に「何のために車に乗りたいのかをはっきりさせなさい」とこっぴどく叱られた。
女の子を隣に乗せて、「法律づくり」「口説き文句づくり」をするメンバーとして受け入れることはできない、という教官の怒りを感じた。
そうだ。
女目当てでなければ、野郎どもは教官の言うことなど聞かないのだ。
藤原拓海も、何のために車に乗りたいのか?を知らなかったんじゃないかな?
サンフランシスコのスタンフォード大学で学んだ私は、娘をまるでフェラーリカリフォルニアに乗せて、ゆっくり晩年を過ごせと言われているようだ。
なんてったってアイドル 小泉今日子

若者たちに「法律」「女の口説き方」を教えつづけたハートやオースティンは、そのような晩年だったし、女と無縁で病的な絵画を書き続けたピカソも晩年に「娘」と記念撮影している。
人生は案外平等だ。
・自動車・通信がどのように国民の福祉(恋愛)につながるか?の説明が必要と言っても、そもそも「口説き文句の発信源」「法律」が自動車にあったのだ。
女子高生と自動車をマーケットに解き放ち、あとは好きにやれと言っていた自動車産業も、この「ローメーカー」「口説き文句の発信源」としての男性ドライバーの存在は明確にしてもいいだろう。
日産 イチロー

ガーナー対バーは、女は車で口説くものか?酒を飲んで口説くものか?を争ったが、過去の男が気になるのならば酒を飲めと言った。
水商売はそれで成り立っているのだ。
「タイヤを温める」「バーストしている」
タイヤに関する女の話はすべて「男性崇拝」なんだよ。
女が隣にいたならば「危険運転」なんてしないだろ。
それを犯罪というのだ。
とにかく「宮」という皇室の用語の意味は「スペシャルヴィークル」(特別な乗り物)という意味だ。
男たちに「口説き文句」を教えない「宮」などいないよ。
「富を生み出す言葉」(おことば・記号論・象徴行為)など「女の口説き方」しかないのだから当然だろ。
パースは1860年代のアメリカ合衆国において「芸能界が国を作る」(記号論)ということを明確にした人物だ。
当然、「おことば」も芸能界の音楽作品を怜悧に斬らなければならなかった。
女の「大恋愛・大失恋」も、I miss youしか想定できないことも知るのだ。
瀬能あづさ I miss you

自動車を運転している男は、恋愛の生成過程を探求する民法や、処女にモテるための学問である刑法を常に念頭に置き、ローメーカーとして「女の口説き方」を作っている。
恋愛の生成過程にせよ処女にモテる方法にせよ「一般法」としてすでに確立しているが、それに「何かを上書きする」ことを構造改革と呼ぶ。
常に念頭にあるのは一般法である。
その上で、助手席にいる女の「ハート」を奪わなければならない。
時にはレストランに入ったりする。
「車はお金を払って買うもの」とは必ずしも言い切れないものがある。
当然、お金は払うだろうが、「ローメーカー」として各自動車会社に論文を提出していれば多くのメリットがある。
自動車会社を「法律」「女の口説き文句」の教団の総本山にしなければならない。
「政治イズ道路、道路イズ政治」とも言われるように、自動車会社が法律、女の口説き方を集めて道路を作っている。
ロールスロイスは大卒のものだし、ハーレーダビッドソンは高卒のものだ。
道路を作るのはあくまでも自動車なのだ。
助手席というものはそれほど重要な意味を持つ。
「ツーシーターで夜明けの海に連れてって」
SPEED Lovely friendship

自動車の運転性の男が「君主の真似」をして話すのならば、「君主制は女たちが証明しつづけるだろう」とされる。
モテるようになった男は、暑い季節に「泥」に感染して熱中症になることがある。
こまめな水分補給だけではどうにもならない、「女社会の泥」を理解しないとモテることそのものが命に関わる。
私が王子だった頃に、熱中症患者を大量に出したことがある。
「スポーツドリンク」だけでなく「女社会の泥」をも理解する必要がある。
原因を理解しただけで治る病気がある(フォイエルバッハ)。
信者にできる人を探しているというニアサイド型の君主もいれば、ほとんどの男たちが尊敬するファーサイド型の君主もいる。
ファーサイドを使えない君主であれば、おのずと影響力も限られ、「なぜ貧しいのか?」を考え直さなければならない。
ニアサイド宗教というのは案外多いのだ。
ファーサイド型の君主は、自動車の運転席の男も発言を真似する。
そのため「自動車」というものは立法機関であるとされる。
平成の時代には「ハンドルを握っている人は君主だ」とは誰も思っていなかった。
君主制と、自動車産業は密接に関わっている。
ハンドルを握っている人が君主なのか?酔っ払っている人が君主なのかもガーナー対バーで争われた。
ニアサイド型の君主が存在するか、ファーサイド型の君主が存在するかで、風俗関連営業と自動車産業は明確に区別される。
思考力を7分の3落とさなければ女を口説けないのがニアサイド宗教である。
「飲まなければ本音は出ないからね」
「いろんな人いるからね」
ニアサイド型の君主がいた時代は、そんなことが語られていた。
「何のために運転したいのかよく考えなさい」
そのように語った教習所の教官は天皇制を批判していたのかもしれない。
君主制は「自動車」という立法機関を抑えなければ、鉄や通信までは到底到達しない。
「信号や標識を見ながら」ハンドルを握る男というのはそのようなものなのだ。
私は、教習所で「明日卒業式だから飲もう」と仲間に言われたが、その時にもクダを巻いてしまった。
そこには「天皇制」など存在しなかった。
「信者にできる人を探している」というニアサイド型の君主には自動車という立法機関を制することはできない。
国権の最高機関とは「自動車」に他ならなかった。
タイヤのケアは、運転している人にしかできない。
ケアレスミスすら拾われてしまうからだ。
おことばを述べる君主(天皇)もケアレスミスは常に狙われている。
交通事故のニュースすら天皇制批判であった。
「それを言うのならば乗らないことだね」
私の天皇制批判に友人はそう言って肩をすくめた。
アメリカ合衆国でフォードが自動車を発明して以来、「君主制」という概念はまとまってきた。
ファイヤーバードやサンダーバードの燃費に慣れたアメリカ人は「女を助手席に乗せなければおカネが割りに合わない」ことも知っていた。
松田聖子 ロックンルージュ

ハゲたタイヤを交換する、ケアレスミスをなくすなどの「君主としての義務」を果たさない男は、事故を起こしたら助手席の女に容赦なくしばかれた。
赤信号では止まれ。
「ここで行ったら死ぬよ?」
初心者の頃、友人にそう言われた。
チベット仏教は、世界の自動車産業や君主制のあり方を見て、
「助手席の女を美しくすれば車がバージョンアップできる」とし、サクヤパンディタという「王朝の祖先」という人物を生み出した。
このあたりは通信とも密接に関わる話である。
鉄・自動車・通信というものがどのように国民の福祉(恋愛)につながるか?の説明が必要としたが、この三つは三位一体として密接に関わっている。
インドやネパールは、密かに「世界の王朝」への覇権を狙っていたのだ。
「美しいものは触りたいというのはしょうがないよね」と日本の女たちも考えていた。
チベットと中国は、20世紀後半にはもはや「妥協点の見つからない」対立をするようになっていた。
世界の王朝(君主制)への野心をチベット仏教が見せたからである。
高級車にはちょっかい出してはならない。
それならば、運転手が君主であるのにとどまらず、助手席に乗っている女は女帝であった。
チベット仏教の「世界戦略」に共鳴した君主制国家=仏教国を「大乗」(偉大な乗り物)と呼ぶのであり、助手席の女の美しさ次第で、巨大モビリティ社会での存在感が変わることを支持したため、大乗の側から、そうでない仏教を差別的に「小乗」と呼んだのだ。
女の美しさが「階級社会」と結びついたために、「お辞儀をする」という文化が大乗の側に生まれた。
日本では「起立、気をつけ、礼」と言って天皇制の意味を子供たちに教えた。
そうは言っても、チベット仏教は「女の美しさが車のバージョンアップにつながる」ということを示したに過ぎず、「学びのゲートウェイ」「君主の力量磨き」は、終始アメリカ合衆国に圧倒されていた。
それでは、「自動車のデザイン」「アート」の側面はどのように成り立っているであろうか?
基本的には、「意識しているのは多くの男たち」であった。
フェラーリカリフォルニアの登場にざわめき立つのも「男たち」であった。
「アートとは何か?」をよりシンプルに表現することは可能であろうか?
「勃つんだよ。死の恐怖の前で勃つんだよ」
そのためにポルシェの流線型もアールヌーボーも作られていた。
アートは「多くの男たち」しか想定しておらず、それはクラシック音楽も自動車も同じであった。
チャイコフスキー交響曲第五番

地球はいかなる世界よりも天国に近い、ということを墓荒らしのシーンで描いたシェークスピアのハムレットは、もともと偉大な舞台作品だったわけではない。
1958年にモンロー・ブレッズレーによって「発見」されたものである。
そのような意味においては、私も多くの音楽作品を「発見」してきた。
いわば「作り手」は華厳宗のように「のちの時代の歴史の審判」を仰ぐつもりで作り、天台宗・真言宗によって「発見」されるのを待つようなものだった。
たとえば、私は大黒摩季を一生「発見」することはないだろうし、ホメーロスのイリアスが「理想の男」を描いている、ラファエロがシスティナの聖母を描いている、ベートーベンが第九を作ったなどの「発見」がなければ今のJ-POPもなかったのだ。
「真剣勝負に使える女心」
これがアートであった。
まるで、戦場でいかに兵士を殺すかから生まれたかの如く、アートというものは存在した。
インガーデンとハートマンが、そのような作品だけを「発見」していたのだ。
第二次世界大戦の前に「アートとは何か?」が確立した。
中森明菜 リフレイン

つまりは、自動車のデザインも、アートである以上、「石の色の表面が」聞こえる、さらには「アートの歴史」の一角をなす、つまり、「男たちを勃たせ」「真剣勝負に使える女心」であり、「死の恐怖」と関わったものであろう。
しかも、「勉強するに値する」ものでなければならなかった。
さらには、プラトン的(理想の男)、ロマン主義的背景がなければならない。
松田聖子が歌のモチーフにしなければ、自動車のデザインも発展しなかったことになる。
真っ赤なロードスター 松田聖子

日露戦争後のポーツマス条約を締結するにあたり、日本政府は「自動車の将来」を鮮やかに描き、朝鮮半島および台湾を手にした。
千島列島も手にした。
日露戦争の戦後処理は「自動車論争」であり、日本国が大乗仏教の側に立つのは「必然」とされた。
日本国はベトナムやラオスなどの「南部仏印」を目指してはならないのであって、今でも北方領土や朝鮮半島、台湾、満州までは領土的野心は容認されている。
アメリカやドイツ・フランスの自動車産業に夢を与えたことから日本国は覇道の道を歩んだのであり、今でも世界各国に夢を与える力をいまだに日本国は持っている。
アメリカ人の中には「日本車め」と言って日本の帝国主義に反発するものもいた。
日本車は日本国の天皇への支持を意味した。
ポーツマス条約のときに何を話したのかは、のちにペッパーが明らかにしている。
旅順陥落よりも重要な外交駆け引きであった。
ペッパー警部とは、石井菊次郎がモデルだったのだろうか?
モーニング娘。ペッパー警部

メルセデスなどのドイツ車や、ランボルギーニなどのイタリア車との「結びつき」は、第二次世界大戦後も根の深いものだった。
しかし、インターネット時代になってからは「日独伊三国同盟の解消」と「日米同盟」の確立が進んだ。
しかし、国連の「敵国条項」の削除にまでは至っていない。
ポルシェやフェラーリが好きなんだから仕方がないだろ。
山口百恵 プレイバックパート2

ドイツやイタリア、そして日本とアメリカを取り巻く、日本国の天皇と「カネと女」の話が自動車だったのだ。

 

 

なお、私は本日をもって「立憲民主党のオーナー」になることになりました。
寄付をよろしくお願いいたします。
立憲民主党寄付

 

« 女の子のハルシネーション~田中有紀美の場合。 | トップページ | 税法。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 女の子のハルシネーション~田中有紀美の場合。 | トップページ | 税法。 »