最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 税法。 | トップページ | 人事・労務。 »

2020年6月18日 (木)

会計。

税務(税法)は、「男らしくあれ」「いじめをやらない」「特定の女を愛せ」というが、税務だけでは世の中は回らない。
税理士は「節税・減税」の秘密を理解しておけばいいが、公認会計士は、「今のパートナーが壊れていく」「新しい女が女心を語る」ことに会計の存在意義を見出した。
Wink 愛が止まらない


会計は「売上高」を示すが、陰湿な職場ならば「税法」によって費用(税金)が差し引かれ、純利益となる。
ひと株あたりの純利益をPERと呼び、一人の女がどれほどの「女流小説家」になったかを示す。
女性従業員の質の高さを示すのがPERである。
税理士も公認会計士も企業の中にはいるが、税理士は「いじめ撲滅」のためにおり、公認会計士は、「新しい女の紹介」のためにいる。
弁護士はそもそも「ローメーカー」として「君主のような口説き文句」を考えるのが仕事であり、別格であるが、企業内で「いじめ」に直面したら顧問税理士に相談し「純利益に悪影響を与える」としてやめさせなければならないし、女に困ったら公認会計士に相談しなければならない。
コンビニが高いか安いかはともかく、少なくとも女性従業員は「名札」をしており、客と深い中になることは禁止はされていない。
デート注意報 後藤真希


逆に、女連れで入ることが想定されていない、病院内の喫茶店は非常に安い。
「竿竹屋はなぜ潰れないのか?」
女を紹介してくれるからだろう。
竿竹屋のバックに防衛省がいるというのはほぼ確実であり、国防の観点から、「どのようなスポンサーを得ればいいのか?」さらには「仲間づくりをしたらいいのか?」を示している。
引っ越してきたばかりで、仲間のいない人間がまっさきに購入するのが「竿竹」であり、世の中、生きているだけで「生きていける」ことを日本国の住民票を持った人は知らなければならない。
サルのパン屋・ロバのパン屋は、関わっても「なんのメリットもない」が、竿竹屋は、本当に「地域で神を見失った人」にいい助け舟を与えてくれるだろう。
「法律事務所は敷居が高い」と思った人は竿竹屋という便利な存在があることを知らなければならない。
税理士・公認会計士の存在意義は「勉強さえできれば選ばれる」という環境を作るというところにある。
税理士は「いじめをなくしてくれる」し、公認会計士は「女を紹介してくれる」ものだ。
3人の男に「カネ・競争・時間」を与えれば必ず「いじめ」は生じるし、「4つだ」と言いながら仕事をするのが税理士だ。
芸能界は「都会には綺麗な女がいる」と思わせてマザーファックさせないためにあり、精子が出る男ならば、現実を見なければならない。
アニメだのアイドルだの言っていても、現実の女を愛せないのならば、税金は最終的には安くはならない。
これがカトリックである。


進化した心理学は、人間を健康にするために「どうぶつの森」を理想郷とするようになるだろう。
なぜならば「1999年に女心は出尽くした」とJ-POPの世界で語られ、しかも、「男の子の勉強を邪魔するために女の子は環境問題を持ち出していた」ことまで明らかになったからである。
本来、「私は動物なのかな?子孫を残せないのかな?」という気持ちがメンタルに悪影響を与えていたが、今は、みんな「どうぶつの森」に住みたがっている。
メンタルに良い影響があることは何でもやろうとどの女たちも考えていた。
人間社会には「令和天皇」という神がいた。
ひたすら「女」を描いた。
ハードコアでプラスティックになった女たちは、令和天皇の登場で、とうとう「どうぶつ」になったのだ。
ブラーが2000年に予告していたとも、ホークスが1990年に予告していたとも言われている。
プラスティックの唇


人間ならば「神」に借金を負っている。
しかし、「どうぶつ」はそうではない。
コロナウイルスをめぐって、水と空気、そして家族を令和天皇と永田町、霞ヶ関、東京都庁などが争った。
女たちの逃げ場は「どうぶつの森」にしかなかった。
「どうぶつ」は、「選ばれる」ために生きていた。
それだけは明確であった。
女たちも「選ばれる」ために生きていたのだ。
それを見抜いたブラーもホークスも「卓見である」としか言いようがなかった。
「適応することと、選ばれること」
ルールは極めてシンプルだった。
「若者の神社離れ」とも指摘された。
なにしろ、「天皇に借金をしたくなかった」のだ。
「セントラルモジュール」さえ確立していれば「どうぶつ」として生きていけた。
しかし、それが「大量化」すると、やはり「神」が生まれた。
新時代の「会計」は、「適応し、選ばれることを待っているどうぶつ」を「お会計」につなげることであり、OCRもAIも見ていなかった。
我々は急ぎすぎたのだろうか?
みんな「どうぶつの森」で休みたがった。
人間の心は令和天皇の手によって、確実に「進化」していた。
しかも、かなり人為的にそれは行われたのだ。
それと「生物学」がマッチしただけであり、決して人間は動物に戻ったわけではなかった。
どうぶつでんわ 中嶋美智代


より「シンブルにデザインされた」幸せになるためのシナリオが「どうぶつ」にはあった。
人間は、賢すぎる、快楽が落ちる、そのようにも考えられる。
人間が猿から進化したとは思わない方がいい、というグールドやルウォンティンからの警告はあった。
しかし、豊かな心が「居場所」を探していただけであった。
それで「仕事」ができるようになればいいではないか?とされている。
我々は「どうぶつの森」の結果論だけを見ているのだろうか?
アメリカ先端哲学が日本国でこのような反応を見せたことを、本当に予測できた人はいたのだろうか?
世界が日本国の「会計」「女を紹介する方法」に注目しているし、IFERSとも呼ばれる世界標準の最先端を走っている。


 


 


 


 


なお、私は本日をもって「立憲民主党のオーナー」になることになりました。
寄付をよろしくお願いいたします。
立憲民主党寄付

« 税法。 | トップページ | 人事・労務。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 税法。 | トップページ | 人事・労務。 »