最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« コロナウィルス騒動と世界の指導者たち。 | トップページ | 新左翼~自民党の犬(エッチな溝川幸二)。 »

2020年6月27日 (土)

公園。

公園とは、「市民が計算するためにある」とされる。
1920年代から作られ始め、1940年代から1950年代にかけて、「政権を支える計算をした人」が、我が物顔で公園を利用した。
子供を「公園デビュー」させるのも親と政権の都合があり、簡単ではない。
バスケをやる、サッカーをやる、野球をやる、すべて「市民が計算するため」のものであるし、時の政権を支えている親の子供が「エースで四番」を務めた。
最初に、公園に自分の家を建てたのはビートルズのメンバーたちだとされる。
そういう意味では、なぜ、松田聖子や中森明菜は中曽根政権に「公園」を自分の家として要求しなかったのか、明らかではない。
テキサス州のブッシュ一族は公園に居を構え、レンジャースのみならず、全米のビルボードを支える存在であり、常に「評論家」だった。
高橋由美子 大宮公園


第二次世界大戦は、コンピューター時代の到来をもたらし、「政権の支え方」が複雑化したし、計算能力も高まった。
初期の「コンピューター時代」とは、電話のことを言った。
さらに「ラジオ」もこれに加わった。
ラジオと電話があれば「電話リクエスト」が成立し、歌の評論が可能となった。
バスルームでキャッチホン 高橋由美子


 
「ラジオと電話の電リク」が成立した時に、時の政権は安定感を増し、背景には常に「公園」があった。
地権者が国や県に土地をレンタルし、そこにラジオと電話が関わってくるという形で「誰もが時の政権を支える」仕組みが出来上がった。
アナログが「0と1」を1024桁並べる記憶力を持ったらようやくインターネット時代が見えた。
ユーチューバーの誕生だった。
ユーチューバーは常に「計算をし、時の政権を支え、公園を借りて家にする」ことを考えていた。
日本国のジェンダー差別は、先進国の中でも広く知られている。
これを解消するのも「経済政策」=公園行政次第である。
日本国の「女性ポテンシャル」は、末恐ろしいものがあり、政治経済の発展と、農地の3分の1を占める耕作放棄地および公園のあり方が今後の日本国の発展の鍵を握っている。


アベノミクス三本の矢のひとつ「構造改革」


さて、権力に近づいた者が「公園」に出ることが許されるが、もし、公園を「自宅兼宗教施設」とするのならば、当然、教会を作らなければならず、そこで「どのように権力に近づいたのか?」を人々に語らなければならない。
女たちが「この男は偉い」と判断したから、権力に近づけたのだ。
だったら「パーク系」の教会というものを当然女たちも望んでいるはずだ。
すでに社会での「セレクション」を終えたから「パーク系」の教会を持てるようになったのだ。
政権をどのように守ったのか?
女たちは知りたがったし、学生さんたちも知りたがった。
しかも、牧師(権力者)は、たとえ多忙であろうと、ヘビースモーカーであろうと、自宅兼宗教施設の教会であったため、コンデショニングの心配も必要なかった。
公園を利用した「パーク系」の教会は世界初の試みであったし、牧師に外れはない。
いろんな「城跡」は残されているが、パーク系の教会は「エスタブリッシュメント」と呼ばれる男のやるところであり、バカ一代というのがエスタブリッシュメントの現状だ。
どの神社仏閣も「後継者不足」には悩まされている。
國學院大學や皇學館大学に任せてはいられないのが「パーク系」教会の土地の権利というものだ。
高橋由美子 ETUDE


マリー・ウォルストンクラフトや、ハンナ・アーレント、シモンデ・ボーボワールは、「パーク系」教会がなければ哲学者にはなれなかったとされるほど、一流の牧師が育つ仕組みであり、1967年には哲学の世界においてはこのような「教会の作り方」が主流になっている。
松田聖子 ブルージュの鐘


女性たちにおカネを、それはひとえに「心の豊かさ」「ある意味、男が創造した女心」に頼っている。
案外、「女心」というものは男がクリエイトしているのだ。
それが精緻化されれば女たちはおカネを手にできたし、構造改革とはそのような歴史だった。
「私たち」をどう思うのか?
女たちは、明らかに「女心」を男に聞きに来ていた。
ルソーは子どもたちを公園で遊ばせた。
いつしか、それは大人たちの遊び場となることも分かっていた。
男らしさは女が決める、それはひとり上手の都合があったが、女心は男が定義するもの(政治)というフォーラムを確立したのはデカルトであった。
デカルトは「プリンセスエリザベス」(ボヘミアの女王)と文通し、腕を磨いたが、私は、いろんなアイドルとの電話で腕を磨いた。
知恵と対話は疑似セックスであった。
それで、令和天皇は即位できたのだ。
ribbon さよなら


デューイは、自由民主党に「いいから、とにかく箱物を作れ」と発破をかけた。
アメリカ合衆国がのちに「どうにかする」のが目に見えていたからだ。
いまだ、喘がないでマルクスの「イデオロギー」を最後まで聞いた女はいなかった。
自民党と共産党だけは「兄弟」みたいなものだった。
プリンセスエリザベス(ボヘミアの女王)は、ジェームズ一世の娘であり、チャールズ一世の妹である。
日本でいうと、ジェームズ一世は伊東四朗であり、チャールズ一世は木村拓哉である。
鈴木亜美 Love the island


フリードリッリ5世(デカルト・織田信長)は、ボヘミアの女王と文通(今でいう電話)をして腕を磨いたが、おかげで30年戦争に打ち勝った。
女たちが男の序列を決める、ということはデカルト以外知らなかった。
信長にとっては駒が、令和天皇にとっては鈴木亜美がその役割を果たした。
信長も令和天皇も正室がいることは忘れてはならない。
デカルトは、ボヘミアの女王が「髪が短い」ことを見て、「だから貴女はヘルス止まりなんだよ」と言って側近を笑わせたことからボヘミアの女王に付きまとわれている。
デカルトはボヘミアの女王が「3人目の男と別れた」といったのを聞いて、貴女には「絶対」がないから出会いと別れを繰り返すわけですね?とも言った。
絶対とはのちにカントがもたらすものであった。
いじめをやめろ!というのが税理士の仕事であるとしたトマス神学(カトリック)が税制を作ったことや、セックスに税金を課してコスト意識を国民に感じさせないこと(デカルト税制)、そして、キリスト教アタナシウス派(正統)として、女たちの「フラレた理由」に版権を見出し、世界の哲学者に「これ以上に何を研究しろと言うんですか?」と言わせたカント(印税)なども、日本国には令和天皇が持ち込んでいる。
正統派アイドルは聖子ちゃんでも明菜ちゃんでもなく、キョンキョンであった。
小泉今日子 あなたに会えてよかった


ボヘミアの女王は、男が出世する方法をデカルトに教えたし、税金で公園を運営し、それを「減税増収政策」でお返しするほど「場数を踏んだ」哲学者を生み出した。
さらに「パーク系」の教会を作るために公園を運営するようにデューイは自由民主党に教えた。
ボヘミアの女王に通用する話は、どの女も聞きたがる、この図式が欲しかったのだ。


 
【環境】
人間というものは、「遺伝以外はすべて環境によって」作られるものだ。
まず第一に「多くの人間たちの夢のぶつかり合い」に晒される。
次に「試験などのセレクション」に晒される。
その過程で「親からの助け」を得て、人によっては心理学まで教わる。
環境保全というものは、親からの助けを得られない人が、癒やしを求めて訪れる森林のようなものであろうが、親に連れられて行くのが基本であろう。
「公園」と同様に1920年代に森林の整備は始まった。
「遺伝以外はすべて環境のせい」と言うのならば、できるだけ自然に触れさせて人間社会の競争から離れさせようという「親の願い」があった。
それならば、安息日は「自然と触れさせよう」という親の願いも、案外、子供の「医学的な問題」に帰するという側面があり、人間社会の競争から離れされようという発想は、「気軽に相談できる医者」の助けを得たほうが早いということも指摘できる。
「適応」するためには「情報」が必要なのだ。
競争から離れるために訪れた森林の教会で、健康に関する教えを受けたほうがいい。
瀬能あづさ 永遠に友達


雨が降る限り「主治医」は必要だ。
マラリア蚊にさされるだけでも「持病」は生まれざるを得ない。
「病は気から」ではないが、病は「マラリア蚊から」という側面があり、ドクトルジバゴは、ロシアの各地をマラリア撲滅をして回った。
人が多い、しかもセレクションがあるだけでも統合失調症患者は生まれる。
それならば、まずはマラリアを治すという「勝負強さ」を与えることから始めなければならない。
日曜日ぐらい自然と触れさせて休養させようという親の願いも、子は「月曜からのことが気になって休んだ気がしない」ものだ。
それならば、教会で「マラリアこそが万病のもと」ということを踏まえて健康の相談に乗ったほうがいい。
「蚊にさされたことがない」という人はいないのだ。
rebecca moon


お育ちのいい息子ほど、親に連れられて。休日に森林浴に来る。
しかし、遺伝による血の51%は、マラリア蚊によって汚染されているではないか?
このことを話しのきっかけにして、遺伝と人々のぶつかり合いと「人間が選ばれる条件」を教会で語った方がいい。
神社の人材供給源はなぜ、國學院大學と皇學館大学に限られるのだろうか?
メンデルによると、人々の夢がぶつかり合い、試験などのセレクションを経て、ときに親の助けを得たり、心理学を教わるという「遺伝以外の要素」においても、親が「ひたすら上を」目指さない限り、子供の伸びも限定的になるとした。
このことが明らかになったのは21世紀のことであり、日本国に心理学が紹介されたのが令和天皇によるものであることや、そのことが「子供たち」にどのような影響を与えるかの研究が進んでから、「パーク系」教会の「世襲は可能」という回答を得た。
父と息子の「戦い」(神は死んだ)の世界では、権力に近い親が日曜日に「息子に休養を」と言って森林浴に誘っても、父親は「動植物への造詣の深さ」によって息子を完膚なきまでに叩き潰そうとするだろう。
「自然は人間社会にとってあまりにも残酷だった」のである。
公園や森林をただ人間社会に与えるわけにはいかなかった。
1970年代には「人の道を説く教会」が、森林や公園と「ワンセット」とされるようになっていた。
息子が25歳を過ぎたあたりから、どの父親も「植物」に興味を持つようになっていた。
植物に詳しいのならばハーブにも詳しい。
息子はハーブでラリった頭で、父の「植物の講義」を聞いた。
教会における「救い」のない公園や森林はあまりにも危険すぎる。
生きている証 エレファントカシマシ


このことに気がついたウォルト・ディズニーは、シエラクラブと呼ばれる森林公園を「ディズニーランド」にすることを連邦最高裁に認めさせている。
「ハーブ園」は別料金でおカネを取る公園もあったが、いつ「神は死んだ」に気がつくかの問題であった。
ディズニーランドへ


ウォルト・ディズニーは、同じ論法でシエラクラブだけでなく、ミネラルキングバレーもディズニーランドにしてしまった。
アメリカ合衆国においては、しかし、「シエラクラブのトラウマ」から、木は規則正しく立っていなければならない、とされ、子どもたちに「街路樹」というものを見せることにした。
全米の国立公園が震え上がったシエラクラブの事件は、セコイア国立公園が、「街路樹を全米に広めよう」として沈静化させた。
植物とはどういうものかを人々に誘導的手法で教えたのだ。
事件の本質はウォルト・ディズニーという人物を知る一部のものだけが理解していた。
街路樹 尾崎豊


尾崎豊は「街路樹」において、それは恋人たちでも同じであるとし、このあたりに「コロナウィルス騒動」の本質も見え隠れしている。
ウォルト・ディズニーコーポレーションのロバート・アイガー社長は、「ウォルト・ディズニーの正体が日本でバレるのは確実」と見て、ディズニーランドの休館を早々に宣言している。
連邦最高裁の衝撃も強く、「それでも自然の森林は必要だ」としたのはダグラス判事、ブレナン判事、ブラックマン判事の3名にとどまった。
ウォルト・ディズニーとは何者か?
答えはシエラクラブ事件を知らなければ、ディズニーを理解したことにはならないのだ。
ファインバーグ判事は「自然はあくまでも法にしたがい、しかも仲間づくりに活かされなければならない」とし、法という観点からは、父と息子の対立、母と娘のライバル関係、さらには恋人たちの間でハーブを盛ってしまうのは「当然」としながら、道徳(仲間づくり)の観点からは「そんなことをしたら孤立するよ?そもそも孤立しているのだろう」と見解を述べた。


通常のインテリならば「植物・ハーブ」が脳裏をよぎるが、1970年代に、動物のフンにとうとう主婦層は気がついた。
年寄りが「家も犬も仕事も」愛するのは一見微笑ましいが、ユダヤ系の若者からしてみたらたまったものではない。
おじいちゃんis watching TV


しかし、ジョン・パスモアにせよ大出俊にせよ、ディズニーの野郎をこれで抹殺できる、と考え「動物愛護」の方向に世論を誘導した。
左翼や仏教界が、「ディズニーの野郎」の抹殺に同調した。
これらのことは「動物のフンで2週間寝込めばヒマラヤでは死ぬから」と言って登山家になれば、あるいは、冒険家になれば常識になる、とし、ディズニーの友達を標榜する右翼・山王が「ディープエコロジー」を考えた。
野口健 CM


ディープエコロジーは、そのまま「外国の奥深く」に入っていく「ディーブカントリー」となり、そのまま、ディズニー=登山家・山王・右翼=外交官と思想が結びついた。
ディズニーが、都市と農村の間の「調整区域」を高級住宅地にしてきたのではないか?
アメリカ合衆国の富裕層は、ディズニーの人生さえ理解しておけば、高級住宅地に住めた。
それはそのまま、右翼・外交官へと仕事がつながったのだ。
理解するかどうかだ。
コロナウィルスを「未知のウィルス」と煽るトランプ大統領は、自らの「ゴルフ場造成理論」を隠したかった。
ディズニーとさえ言ってくれれば高級住宅地に住める、それは「家族」というものをよく理解することであった。
どのみち、インテリにしか分からない。
アメリカ右翼は、調整区域の「宅地並み課税」を行い、これを煽った。
女たちよ、「動物のフン」すらタブーだぞ?
コロナウィルス騒動は、そのまま「アメリカ合衆国政治史」でもあった。
チャーリー・チャップリンの物真似をした芸人に「チャーリー! I need you!」と言ったり、巨木を切るなと言って木に立てこもる男を「I need you!」と言ったり、アメリカ人は常に「自分の家はどこから来たのか?」を理解している。
ディズニー系(右翼)か、そうでないか(左翼)である。
ウォルト・ディズニーが、アメリカに「身分・階級」をもたらしていたのだ。
家庭のない人が、そもそも左翼となっていた。
家庭があればディズニー作品に心躍らせ、いい家に住んでいる。
アメリカ合衆国政治史なのだ。
日本でも「他の候補者の縄張りを選挙カーで荒らす」という行為はよく見られるが、アメリカには「カウンティ」と呼ばれる政治基盤が存在する。
地元の新聞でも「カウンティ」単位で話題を提供している。
恋はいつでも真剣勝負。
工藤静香 琥珀のカクテル


調整区域の高級住宅地化は、「どの家族を選ぶか?」という困難な問題と直面する。
そんな時に必要なのが「天皇」という「比較の対象」である。
つんくが「松浦(亜弥)も最初はこんな感じだったしな」と語っていたのが印象的だ。
令和天皇もこんな感じだったしな、この口癖が「人選び」に用いられるようになった。
これが「統計学」である。
令和天皇は、コースレコードを持つ「ゴースト」だったし、その割にはノロかった。
サンプルスペースを開けて余裕を持って人を見なければならないが、高級住宅地にはそれなりの「品格」が求められた。
高級住宅地を国の予算で分け与える以上、役所からの「お茶のみ女性」(ティーテスティングレディ)の訪問を受けるのは当然としても、サンプルスペースだけはかなり余裕を持たなければならない。
最終的には「3%の男の子が」令和天皇に似ていれば仕事はうまく行ったと言っていい。
「いじめをやる奴」
これは、令和ファミリーにとって最も憎むべきものだった。
それ以外はかなり広いサンプルスペースを持つことが可能になった。
人をいじめる奴を排除し、サンプルスペースを広く持てば「武術を操る大男」は自然と生まれた。
国益につながらなければ国の予算は割けない。
いじめが好きな奴は自己都合で国を売る。
母の純潔を信じ、妻の純潔を信じる、それがのちに「武術を操る大男」を大成させるであろう。
この政策は、単なる「土地のバラマキ」ではない。
令和天皇による「明確な人生観の表現」が予算によってなされるものだ。
令和天皇を憎む者はウォルト・ディズニーを憎むものだ。
ウォルト・ディズニーと「笑顔、言葉、生き方」を比べることが可能なのは令和天皇だけだからである。
瀬能あづさ ふたつにひとつ


ウォルト・ディズニーコーポレーションは、留学の全日程を終え、ロサンゼルスのディズニーランドで日本人同士でつるんで遊んでいる連中を憎々しげに眺めていた。
さっさとホテルに帰った「武術を操る大男」だけをアメリカイルミナティのメンバーとして認めた。
留学の「積分」をディズニーランドでやったのに、「何もない」連中が大勢いたのだ。
積分を終えたら、「彼の発言」をウォルト・ディズニーコーポレーションは丹念に読んでロサンゼルスドジャースをワールドシリーズ制覇(2017年)に導いたら天皇即位を認めた。
ヘボンはローマ字を考え、ドモルガンは、「最強のコンテンツを乗せることができる」言語に育て上げた。
ドモルガンの法則にしたがわなければ、日本の政界でも勝てなくなっている。
賀茂馬渕が、現代文を作り、本居宣長が日本の政治を作った。
しかし、本居宣長の言語に「ドモルガンの法則」を効かせる才能だけは令和天皇だけのものだった。
植物や動物は決して「毒物」という負の側面だけでは語れないものがある。
たとえば、「ハムスターの肝臓」のように、「媚薬」として用いることが可能な動物がいるのだ。
ラットの肝臓は、「千年の媚薬」と呼ばれている。
千年の媚薬 三浦理恵子


麒麟がくる、においても「戦場で命を落とさない万能薬」として売る年寄りがいた。
つまり「敵に寝返る」として徳川家康に用いられた。
午前中に大使館に電話すると「午後2時に電話をくれ」とやんわりと拒絶される。
これも「女はいないよ?媚薬もないよ?」と言って、業務時間中でも電話を断るために言っている。
「女、毒物、無言電話」
23発殴られてペルソナノングラータ(歓迎されない者)にならないための最大限の悪態が「午後2時に電話をくれ」だった。
好きと言える気持ち ribbon


私は、小保方晴子さんに「媚薬」を盛られた。
おそらく「ラットの肝臓」であろう。
盛ったあとに、「ドカン」と派手に椅子を蹴って立ち去ると、もはや「惚れてしまう」のである。
ツンデレというのも「媚薬」と離れられないものだ。
小保方晴子さんが、何度も何度も派手に椅子を蹴るものだから「何でかな?」と思ったが、周回遅れでその正体を暴いた。
「恋」とは、自然ではなく「研究室」で作られるものだ。
つまり、食べ物やおカネも研究室で作られる。
私は「鳥のレバー」で新垣結衣にも恋したことがある。
メイドカフェ


群れのボスとにらんだら、ラットの肝臓を盛って、自分が生き残るという意味では、国家統治もフランクフルト学派などが作った。
研究室は「ポジディブな薬」を作り、自然はかなりネガティブな薬を作っている。
麒麟がくるで、薬草に詳しい駒が、「万病に効く」薬を作るおじいさんにどのようなメモを渡されたかは、のちのドラマの伏線となっている。
モーニング娘。レバニラ炒め


1975年以降、ローリング・ストーンズもビートルズも「恋は研究室が生み出すもの」とし、音楽作品を作った。
自然や環境といった「ハーブ系」ではなく、動物の肝臓系が「恋」を生み出すとし、松田聖子は「青い鳥」つまり「焼き鳥のレバー」を「ブルーヘブン」と歌い衝撃を与えた。
仲間が多い、なにかやってくれそう、そんな男子には「期待感」はあるだろうが、「恋」と呼ぶためには「動物の肝臓」が必要だった。
天国のキッス 松田聖子


 
焼き鳥のレバーばかり食べていられないのが人間だ。
失恋ソングの定番は「植物」であろう。
バターが動物系油脂ならばマーガリンは植物系油脂である。
食べ物を間違えただけで、男の心は離れていく。
すみれ色の涙 岩崎宏美


カントは、女が失恋した言い訳の版権を「植物」に求めることを「絶対的魂」と呼んだ。
版権の無限性、さらにはおカネの裏付けが、「植物の多様性」から得られたのだ。
杏里 オリビアを聴きながら


私は特別な女、とするキリスト教アリウス派は、肉食系であり、女は皆同じ、とするキリスト教アタナシウス派は、草食系であった。
動物をとるか植物をとるか?と言われたらキリスト教の世界は「植物」と答えた。
人間は「猿から進化したものではない」とし、少なくとも動物は人間に「恋」をもたらしてくれるものであったことから、版権(おカネ)争いで動物は植物に敗れた。
神は自分に似せて人間を作った、だからアドニスのために泣ける。
アドニスの失恋のために泣くのがおカネだとするのならば、キリスト教は植物を選択せざるを得なかった。
キリスト教アタナシウス派が正統とされた。
CoCo ひまわり


勉強する子には「恋」などいらないのよ?
全米の主婦層が「植物」を支持した。
このことから「ネイチャー」という英単語が「勉強」と訳されるはずが「自然」と訳された。
雑誌「ネイチャー」が「勉強」のことしか語っていないのが不思議だった。
SPEED Wake me up


私が、高校時代にオレゴン州でキャンプをしたときに、「星空がきれいだ。ヨコハマではこんな空は見れない」とホストファミリーに言ったらキョトンとしていた。
空の星を崇めてはならない、という聖書の真の意図は明らかではないが、逆に、アメリカ空軍に入隊して日本の上空を飛んだブラザーが「日本の紅葉はきれいだ」と言っていたのをこちらがキョトンとするようなものだったのだろう。
星空は「おカネ」にならないという旧約聖書の教えだろうか?
何かが道をやってくる CoCo


これだけの議論が出揃って、ようやくデューイは、自由民主党に「そのうちなんとかするから国定公園でも国立公園でも作れ」と発破をかけた。
国定公園とは、地権者がいて県が運営主体となるものであり、国立公園とは、国が運営主体となるものである。
自然保護・環境保全とは、常に「女の失恋」に寄り添うものだ。
それだったら「失恋ソングの美しさ」と「自然の美しさ」は区別がつかない。
風立ちぬ 松田聖子


木の枝を、ジーッと見つめるおじいさんもいるが、「アドニスのために泣く」行為は若者には理解困難だろう。
アメリカ合衆国が建国の資金を「アドニス」に求めていたのだから、日本も一部を参考にしなければならない。
日本の年寄りとアドニスを知らないのならば、環境・自然と言ってもかなり「謎の多い」政治活動となってしまう。
かなり「メジャー」に近い政治が環境・自然であるし、実際に人生においては「メジャー」な年寄りはいるのだ。
私がアメリカで「星空がきれいですね」といった元となった曲。
新田恵利 大人になんてなりたくない


太陽崇拝は、人それぞれだろうが、奥の深い世界だ。
SPEED  


 


 


 


 


なお、私は本日をもって「立憲民主党のオーナー」になることになりました。
寄付をよろしくお願いいたします。
立憲民主党寄付

« コロナウィルス騒動と世界の指導者たち。 | トップページ | 新左翼~自民党の犬(エッチな溝川幸二)。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナウィルス騒動と世界の指導者たち。 | トップページ | 新左翼~自民党の犬(エッチな溝川幸二)。 »