最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月29日 (月)

新左翼~自民党の犬(エッチな溝川幸二)。

さて、予算の「3%」が成功につながればいいとしたが、産業(男らしさを語る宗教・女心を定義する政治)というものは、資本主義(男主義)および帝国主義(膨張する宿命にある国)および、社会主義(国の財政が潤沢にある国)および共産主義(いじめのない理想郷)とどのように関わるのかは説明が必要だ。
少なくとも「イデオロギー」を電話で語り、最後まで聞けた女性は今のところいない。
イデオロギーについて 小野光太郎講演

マルキュースは、イデオロギーをなぜ「音楽」に用いないのかを不思議がった。
女が全員「イク」のならば、誰か歌ってもいいのではないか?
しかし、廣松渉にせよ清水幾太郎にせよ、若者に「簡単に教える」ことを憎んでいた。
イデオロギーをより簡単に若者に教えたのは令和天皇であった。
しかし、芸術の基本は「男による女の支配と従属」にあったし、実際に芸術に昇華した作品もあった。
Be my baby Complex

性欲のあり方と、「女心」にはズレがある。
女の経験をかなり歪めてしまうのが「男と女の性欲」だったのだ。
このことから「性欲ベース」でスイングしても(ヒュポダイム)、ボールがバットにうまく乗らないことも分かった。
恋愛とはもっとロマンディックなもの(パラダイム)だったのだ。
Majestic baby Complex

性欲どおりにヒュポダイムとして音楽作品を聴くことはあっても、女性アーティストは、「女心」をパラダイムとして表現していた。
紅白歌合戦では、パラダイム(紅組)とヒュポダイム(白組)が戦うが、最近は「性欲」が、「女心」に連戦連勝だ。
紅組が勝てばインフレ経済(女が感じない)であるが、白組が勝つのならばデフレ経済(女が激しく喘ぐ)である。
ここに、資金の裏付けをうまく合わせなければならない。
感じないのならば、いろんなものを買ってやったり、言葉を考えたりする必要があるが、今は、令和天皇の治世であり、言葉は潤沢にある。
株価も適当に安定しているが、バブル経済ではない。
女も、男が欲しいから、あまりわがままを言わないのだろう。
ヒュポダイム圧力と、パラダイム圧力をうまく使い分けることが可能となっている。
レーニンは「女心」をたくさん考え、パラダイム圧力を生み出したが、男女の性欲を背景とするヒュポダイム圧力は、相当、破廉恥な女を大量生産し、彼女たちは「無人島に行きたい」と言い始めた。
産業革命(宗教・政治革命)を経た資本主義(男主義)と、帝国主義(膨張する国家)、さらには社会主義(国の財政が潤沢にある国)、いじめのない理想郷(共産主義)の図式が全く想定していない「財政が潤沢にある世界政府」が見えてきたのだ。
レーニンは、パラダイム圧力とヒュポダイム圧力を自在に使い分けるトロツキーを後継者に望んだが、スターリンは「ゲイカルチャー」という粗暴な側面から支持を広げていった。
バラダイムともヒュポダイムともつかぬ「相対主義」が、かなりコンセプトに迷いながら広まった。
しかし、日本国はその「理論の不安定さ」に少子化が予測された。
尾崎豊 シェリー

竹原ピストルも、相対主義の立場からかなり不安定なかたちで人気を誇った。
スターリンが、ヒトラーとの戦争で彼のマンションの「リトルコーナー」で集中し、人を離さなかったのはさすがというしかない。
ヒトラーの孤立を待ったスターリンであったが、英米の動き次第ではスターリンはこれほどまでに不安定だったのだ。
竹原ピストル

つまりは「4Kだの8Kだの」と令和天皇が結びついたら、当然、「世界政府」は見えるわけであるが、アメリカ合衆国が「アリューシャン列島、朝鮮半島、台湾、満州」までは容認できても「南部仏印」つまりベトナム・ラオスまで行くのならば天皇の退位を意味することも歴史の教訓として覚えて置かなければならない。
おそらく「小乗」(一部の人しか車に乗れない)の国に、日本車が走るようならば、世界のハンドルを日本に渡さざるを得ないというアメリカ合衆国の考えがあるものと思われる。
このような、シンプルな経済政策も、女たちの「性の経験の多様性」を生み出し、政界は「戦う民主主義」(多党制)を生み出し、芸能界も党派に別れた。
経済学者がシンプルに考えた道州制も、公物管理(芸能界管理)によって「実現しない」のだ。
男は青年期に「男女の支配と従属」(性欲・ヒュポダイム)にばかり満ちていて、恋愛論(バラダイム)には疎い時期がある。
このような「ユダヤ系の若者」には、モーゼ五書を読むまで城に帰ってくるな、と言うしかない。
街をさまよったりして、孤独なレースが続くのだ。
ミスチル

「競争」+いじめが存在するのならばカトリックであるし、このユダヤ系の若者に「いじめのない楽園」を提供するのならば共産主義である。
国の財政の豊かさにかなり依存したものとなる。
国の財政に依存する社会主義国家ならば、エリート主義の立場に立たざるを得ない。
「教育の独裁」というかたちで三位一体を否定し、いじめを否定したロシア正教会は、このようにしてキリスト教が指導する社会主義国家をソビエトに構築した。
テレビを見て、パラダイムに詳しくなるのならば、それは君主制の否定ではあるが、インターネットの世界にカリスマ(君主)はいないものの、ソビエトという国はユダヤ人をうまく体制に組み込んでいった。
ロシアの民族運動は必ず「反ユダヤ」という色彩を持つ。
「競争」+いじめというカトリックが、指導者を作り、ロシア正教会に反旗を翻すのである。
体制選択は「国家財政の問題」と言うしかない。
財政が潤沢になれば帝国主義(膨張する国家)に移行してしまうのだ。
いじめをなくせば財政は豊かになるが、エリート主義の立場からテレビを面白くする必要があり、「いじめがなければ指導者は育たない」宿命にあった。
共産主義は、世界史においては「失敗」したのである。
いじめがなければ、いじめられる側は「いじめをやる側の論理」を学ぼうとしない。
「いじめられる側に原因がある」と言うが、目的を持っているという「原因」はあるだろう。
しかし、なんの目的も持てない「いじめる側」には、「病気持ちである」などの理由があり、医学や人類学は常にカトリックがリードしてきた。
いじめられる側(魂)は、いじめる側(肉)から学んでいたのだ。
いじめっ子が。「お兄さんよりも醜い」のならば癲癇である。
デパゲンなどの薬を隠れて飲んでいる。
CoCo 夢だけ見てる

そのような世界で「いじめをなくすのが税理士の仕事」と言っても無理じゃないかな?という感想しかない。
しかも、中学高校時代に、「いじめる側」「目的を持てない側」に 「キス」が流行したのだ。
それは、「全人類の平等」を志向した動きであった。
渚の・・・・ うしろゆびさされ組

いじめをなくそうと考えたマルクスと、女心に詳しいフロイトはここで合流した。
目的を持つ人間が、女心に詳しくて、モテるのならば、「いじめっ子・病気持ち」のキスの流行に立ち向かえることを知ったのだ。
持てるものと、持たざるものの区別が生まれ、ポストモダニズムの時代となった。
「面白いことをやった奴が神」
これがポストモダニズムであったが、持てるものの行動原理を、持たざるものは理解できなかった。
「面白い」
これがエリートだったのだ。
シドニー・フックは、自由民主党が財政出動し「箱物・公園・森林」などを
作ったことから「自由民主党の犬」として、「そのコンテンツを充実させる」のが新左翼であるとしている。
人間は、猿から進化したものではない。
動物の肉を食わなければ恋もできない。
そして、植物による失恋ソングの版権など、芸術を愛することを基本とし、日本人の中にも「国家一種試験を受けるから美術館めぐりをした」というような新左翼を生み出した。
マルキュースは、「普段は、森の裁判をやっているカップルでも、一線を超えるときは支配と従属の関係になる」ということをヒュポダイム(性欲メカニズム)と、パラダイム(恋バナ)として区別したが、フックは「太陽は膨張していない、地球は永遠」として「箱物・公園・森林」を豊かなものにしようとした。
ribbon wish

新左翼の若者たちは、天皇の話を好み、肉を食い、自らを「恋する天皇」と位置づけていた。
まず、大学に入ることは基本中の基本であった。
そして、「アカデミズムの向こう側」を見るために熱心に講義も聴いた。
フックの成功体験は常に「環境問題」にあったし、シドニーという名前はオーストラリアの都市にもなっている。
シドニー・フックの、経済閣僚抜擢は、「無駄な箱物」をなくしてくれるからであったし、その原点が、環境問題にあったのだ。
ヒュポダイム(性欲)は、笑いの起源であったし、労働も「支配と従属」から成り立っていた。
しかし、環境問題を恋愛論の一部として組み込んだのはシドニーであった。
ribbon さよなら

1930年代に、ナチズムとスターリニズムが台頭してきたが、アメリカ資本主義は、イギリスとともに「国家社会主義か共産主義か」という2つの選択肢を抹殺した。
ナチズムも「ドイツの限界を踏まえてアメリカを知る」というものであったが、アメリカ資本主義はシドニー・フックがいてこそ成り立ったのであり、環境問題で打ち勝ったシドニーの力に負うものが大きい。
当たり前のようにアメリカ合衆国が強かったわけではない。
「アドニスのために泣くアメリカ人」が背景にあった。
私も「日本国の限界を踏まえてアメリカを知る」という立場であり、国家社会主義の立場だ。
いじめをなくせば税収が上がり、潤沢な国家財政で「さらにいじめをなくす」という好循環を夢見た共産主義は、シドニーの「環境問題」の前に抹殺された。
共産主義は、新左翼であるシドニーおよびアメリカ資本主義に敗北したのだ。
フルメタルジャケット ミッキーマウス

ウォルト・ディズニーは、ミニーマウスをミッキーマウスに対して従属的に描き、これは「ディズニーファンの女性たちはウォルトにとって、美の探求のパートナー」であることを意味した。
私もスマホの契約で、ディズニー作品が見放題となっているが、日本国の神道は、J-POPに続き、ディズニー作品も吸収しようとしている。
ミニーマウスは、アマテラスであったし、ヒュポダイム圧力(性欲)と、パラダイム(恋愛論)に満ち溢れていた。
アメリカ資本主義は、ディズニー作品を「経済政策」として用い、それがそのまま「日本語」に翻訳されている。
西側諸国には「ムーンリバー」が流れ、東側には何もなかった。
「これが繁栄だ」
星に願いを

アメリカ合衆国は、都市部に住宅地が広がり、田舎は軍事要塞となった。
二人のカップルがいるとすると「男は男に嫉妬し、女は女に嫉妬する」のだ。
神田沙也加 堂本光一

あくまでも、女から見た「男性崇拝」が「神は死んだ」「おお父よ!」という息子の言葉であり、ジョージ・サンタヤーナは、「姉がいたこと」からパラダイム(恋愛論)に興味が持てた、と説明している。
Madonna Oh father

 

 

 

 

 

 

なお、私は本日をもって「立憲民主党のオーナー」になることになりました。
寄付をよろしくお願いいたします。
立憲民主党寄付

2020年6月27日 (土)

公園。

公園とは、「市民が計算するためにある」とされる。
1920年代から作られ始め、1940年代から1950年代にかけて、「政権を支える計算をした人」が、我が物顔で公園を利用した。
子供を「公園デビュー」させるのも親と政権の都合があり、簡単ではない。
バスケをやる、サッカーをやる、野球をやる、すべて「市民が計算するため」のものであるし、時の政権を支えている親の子供が「エースで四番」を務めた。
最初に、公園に自分の家を建てたのはビートルズのメンバーたちだとされる。
そういう意味では、なぜ、松田聖子や中森明菜は中曽根政権に「公園」を自分の家として要求しなかったのか、明らかではない。
テキサス州のブッシュ一族は公園に居を構え、レンジャースのみならず、全米のビルボードを支える存在であり、常に「評論家」だった。
高橋由美子 大宮公園


第二次世界大戦は、コンピューター時代の到来をもたらし、「政権の支え方」が複雑化したし、計算能力も高まった。
初期の「コンピューター時代」とは、電話のことを言った。
さらに「ラジオ」もこれに加わった。
ラジオと電話があれば「電話リクエスト」が成立し、歌の評論が可能となった。
バスルームでキャッチホン 高橋由美子


 
「ラジオと電話の電リク」が成立した時に、時の政権は安定感を増し、背景には常に「公園」があった。
地権者が国や県に土地をレンタルし、そこにラジオと電話が関わってくるという形で「誰もが時の政権を支える」仕組みが出来上がった。
アナログが「0と1」を1024桁並べる記憶力を持ったらようやくインターネット時代が見えた。
ユーチューバーの誕生だった。
ユーチューバーは常に「計算をし、時の政権を支え、公園を借りて家にする」ことを考えていた。
日本国のジェンダー差別は、先進国の中でも広く知られている。
これを解消するのも「経済政策」=公園行政次第である。
日本国の「女性ポテンシャル」は、末恐ろしいものがあり、政治経済の発展と、農地の3分の1を占める耕作放棄地および公園のあり方が今後の日本国の発展の鍵を握っている。


アベノミクス三本の矢のひとつ「構造改革」


さて、権力に近づいた者が「公園」に出ることが許されるが、もし、公園を「自宅兼宗教施設」とするのならば、当然、教会を作らなければならず、そこで「どのように権力に近づいたのか?」を人々に語らなければならない。
女たちが「この男は偉い」と判断したから、権力に近づけたのだ。
だったら「パーク系」の教会というものを当然女たちも望んでいるはずだ。
すでに社会での「セレクション」を終えたから「パーク系」の教会を持てるようになったのだ。
政権をどのように守ったのか?
女たちは知りたがったし、学生さんたちも知りたがった。
しかも、牧師(権力者)は、たとえ多忙であろうと、ヘビースモーカーであろうと、自宅兼宗教施設の教会であったため、コンデショニングの心配も必要なかった。
公園を利用した「パーク系」の教会は世界初の試みであったし、牧師に外れはない。
いろんな「城跡」は残されているが、パーク系の教会は「エスタブリッシュメント」と呼ばれる男のやるところであり、バカ一代というのがエスタブリッシュメントの現状だ。
どの神社仏閣も「後継者不足」には悩まされている。
國學院大學や皇學館大学に任せてはいられないのが「パーク系」教会の土地の権利というものだ。
高橋由美子 ETUDE


マリー・ウォルストンクラフトや、ハンナ・アーレント、シモンデ・ボーボワールは、「パーク系」教会がなければ哲学者にはなれなかったとされるほど、一流の牧師が育つ仕組みであり、1967年には哲学の世界においてはこのような「教会の作り方」が主流になっている。
松田聖子 ブルージュの鐘


女性たちにおカネを、それはひとえに「心の豊かさ」「ある意味、男が創造した女心」に頼っている。
案外、「女心」というものは男がクリエイトしているのだ。
それが精緻化されれば女たちはおカネを手にできたし、構造改革とはそのような歴史だった。
「私たち」をどう思うのか?
女たちは、明らかに「女心」を男に聞きに来ていた。
ルソーは子どもたちを公園で遊ばせた。
いつしか、それは大人たちの遊び場となることも分かっていた。
男らしさは女が決める、それはひとり上手の都合があったが、女心は男が定義するもの(政治)というフォーラムを確立したのはデカルトであった。
デカルトは「プリンセスエリザベス」(ボヘミアの女王)と文通し、腕を磨いたが、私は、いろんなアイドルとの電話で腕を磨いた。
知恵と対話は疑似セックスであった。
それで、令和天皇は即位できたのだ。
ribbon さよなら


デューイは、自由民主党に「いいから、とにかく箱物を作れ」と発破をかけた。
アメリカ合衆国がのちに「どうにかする」のが目に見えていたからだ。
いまだ、喘がないでマルクスの「イデオロギー」を最後まで聞いた女はいなかった。
自民党と共産党だけは「兄弟」みたいなものだった。
プリンセスエリザベス(ボヘミアの女王)は、ジェームズ一世の娘であり、チャールズ一世の妹である。
日本でいうと、ジェームズ一世は伊東四朗であり、チャールズ一世は木村拓哉である。
鈴木亜美 Love the island


フリードリッリ5世(デカルト・織田信長)は、ボヘミアの女王と文通(今でいう電話)をして腕を磨いたが、おかげで30年戦争に打ち勝った。
女たちが男の序列を決める、ということはデカルト以外知らなかった。
信長にとっては駒が、令和天皇にとっては鈴木亜美がその役割を果たした。
信長も令和天皇も正室がいることは忘れてはならない。
デカルトは、ボヘミアの女王が「髪が短い」ことを見て、「だから貴女はヘルス止まりなんだよ」と言って側近を笑わせたことからボヘミアの女王に付きまとわれている。
デカルトはボヘミアの女王が「3人目の男と別れた」といったのを聞いて、貴女には「絶対」がないから出会いと別れを繰り返すわけですね?とも言った。
絶対とはのちにカントがもたらすものであった。
いじめをやめろ!というのが税理士の仕事であるとしたトマス神学(カトリック)が税制を作ったことや、セックスに税金を課してコスト意識を国民に感じさせないこと(デカルト税制)、そして、キリスト教アタナシウス派(正統)として、女たちの「フラレた理由」に版権を見出し、世界の哲学者に「これ以上に何を研究しろと言うんですか?」と言わせたカント(印税)なども、日本国には令和天皇が持ち込んでいる。
正統派アイドルは聖子ちゃんでも明菜ちゃんでもなく、キョンキョンであった。
小泉今日子 あなたに会えてよかった


ボヘミアの女王は、男が出世する方法をデカルトに教えたし、税金で公園を運営し、それを「減税増収政策」でお返しするほど「場数を踏んだ」哲学者を生み出した。
さらに「パーク系」の教会を作るために公園を運営するようにデューイは自由民主党に教えた。
ボヘミアの女王に通用する話は、どの女も聞きたがる、この図式が欲しかったのだ。


 
【環境】
人間というものは、「遺伝以外はすべて環境によって」作られるものだ。
まず第一に「多くの人間たちの夢のぶつかり合い」に晒される。
次に「試験などのセレクション」に晒される。
その過程で「親からの助け」を得て、人によっては心理学まで教わる。
環境保全というものは、親からの助けを得られない人が、癒やしを求めて訪れる森林のようなものであろうが、親に連れられて行くのが基本であろう。
「公園」と同様に1920年代に森林の整備は始まった。
「遺伝以外はすべて環境のせい」と言うのならば、できるだけ自然に触れさせて人間社会の競争から離れさせようという「親の願い」があった。
それならば、安息日は「自然と触れさせよう」という親の願いも、案外、子供の「医学的な問題」に帰するという側面があり、人間社会の競争から離れされようという発想は、「気軽に相談できる医者」の助けを得たほうが早いということも指摘できる。
「適応」するためには「情報」が必要なのだ。
競争から離れるために訪れた森林の教会で、健康に関する教えを受けたほうがいい。
瀬能あづさ 永遠に友達


雨が降る限り「主治医」は必要だ。
マラリア蚊にさされるだけでも「持病」は生まれざるを得ない。
「病は気から」ではないが、病は「マラリア蚊から」という側面があり、ドクトルジバゴは、ロシアの各地をマラリア撲滅をして回った。
人が多い、しかもセレクションがあるだけでも統合失調症患者は生まれる。
それならば、まずはマラリアを治すという「勝負強さ」を与えることから始めなければならない。
日曜日ぐらい自然と触れさせて休養させようという親の願いも、子は「月曜からのことが気になって休んだ気がしない」ものだ。
それならば、教会で「マラリアこそが万病のもと」ということを踏まえて健康の相談に乗ったほうがいい。
「蚊にさされたことがない」という人はいないのだ。
rebecca moon


お育ちのいい息子ほど、親に連れられて。休日に森林浴に来る。
しかし、遺伝による血の51%は、マラリア蚊によって汚染されているではないか?
このことを話しのきっかけにして、遺伝と人々のぶつかり合いと「人間が選ばれる条件」を教会で語った方がいい。
神社の人材供給源はなぜ、國學院大學と皇學館大学に限られるのだろうか?
メンデルによると、人々の夢がぶつかり合い、試験などのセレクションを経て、ときに親の助けを得たり、心理学を教わるという「遺伝以外の要素」においても、親が「ひたすら上を」目指さない限り、子供の伸びも限定的になるとした。
このことが明らかになったのは21世紀のことであり、日本国に心理学が紹介されたのが令和天皇によるものであることや、そのことが「子供たち」にどのような影響を与えるかの研究が進んでから、「パーク系」教会の「世襲は可能」という回答を得た。
父と息子の「戦い」(神は死んだ)の世界では、権力に近い親が日曜日に「息子に休養を」と言って森林浴に誘っても、父親は「動植物への造詣の深さ」によって息子を完膚なきまでに叩き潰そうとするだろう。
「自然は人間社会にとってあまりにも残酷だった」のである。
公園や森林をただ人間社会に与えるわけにはいかなかった。
1970年代には「人の道を説く教会」が、森林や公園と「ワンセット」とされるようになっていた。
息子が25歳を過ぎたあたりから、どの父親も「植物」に興味を持つようになっていた。
植物に詳しいのならばハーブにも詳しい。
息子はハーブでラリった頭で、父の「植物の講義」を聞いた。
教会における「救い」のない公園や森林はあまりにも危険すぎる。
生きている証 エレファントカシマシ


このことに気がついたウォルト・ディズニーは、シエラクラブと呼ばれる森林公園を「ディズニーランド」にすることを連邦最高裁に認めさせている。
「ハーブ園」は別料金でおカネを取る公園もあったが、いつ「神は死んだ」に気がつくかの問題であった。
ディズニーランドへ


ウォルト・ディズニーは、同じ論法でシエラクラブだけでなく、ミネラルキングバレーもディズニーランドにしてしまった。
アメリカ合衆国においては、しかし、「シエラクラブのトラウマ」から、木は規則正しく立っていなければならない、とされ、子どもたちに「街路樹」というものを見せることにした。
全米の国立公園が震え上がったシエラクラブの事件は、セコイア国立公園が、「街路樹を全米に広めよう」として沈静化させた。
植物とはどういうものかを人々に誘導的手法で教えたのだ。
事件の本質はウォルト・ディズニーという人物を知る一部のものだけが理解していた。
街路樹 尾崎豊


尾崎豊は「街路樹」において、それは恋人たちでも同じであるとし、このあたりに「コロナウィルス騒動」の本質も見え隠れしている。
ウォルト・ディズニーコーポレーションのロバート・アイガー社長は、「ウォルト・ディズニーの正体が日本でバレるのは確実」と見て、ディズニーランドの休館を早々に宣言している。
連邦最高裁の衝撃も強く、「それでも自然の森林は必要だ」としたのはダグラス判事、ブレナン判事、ブラックマン判事の3名にとどまった。
ウォルト・ディズニーとは何者か?
答えはシエラクラブ事件を知らなければ、ディズニーを理解したことにはならないのだ。
ファインバーグ判事は「自然はあくまでも法にしたがい、しかも仲間づくりに活かされなければならない」とし、法という観点からは、父と息子の対立、母と娘のライバル関係、さらには恋人たちの間でハーブを盛ってしまうのは「当然」としながら、道徳(仲間づくり)の観点からは「そんなことをしたら孤立するよ?そもそも孤立しているのだろう」と見解を述べた。


通常のインテリならば「植物・ハーブ」が脳裏をよぎるが、1970年代に、動物のフンにとうとう主婦層は気がついた。
年寄りが「家も犬も仕事も」愛するのは一見微笑ましいが、ユダヤ系の若者からしてみたらたまったものではない。
おじいちゃんis watching TV


しかし、ジョン・パスモアにせよ大出俊にせよ、ディズニーの野郎をこれで抹殺できる、と考え「動物愛護」の方向に世論を誘導した。
左翼や仏教界が、「ディズニーの野郎」の抹殺に同調した。
これらのことは「動物のフンで2週間寝込めばヒマラヤでは死ぬから」と言って登山家になれば、あるいは、冒険家になれば常識になる、とし、ディズニーの友達を標榜する右翼・山王が「ディープエコロジー」を考えた。
野口健 CM


ディープエコロジーは、そのまま「外国の奥深く」に入っていく「ディーブカントリー」となり、そのまま、ディズニー=登山家・山王・右翼=外交官と思想が結びついた。
ディズニーが、都市と農村の間の「調整区域」を高級住宅地にしてきたのではないか?
アメリカ合衆国の富裕層は、ディズニーの人生さえ理解しておけば、高級住宅地に住めた。
それはそのまま、右翼・外交官へと仕事がつながったのだ。
理解するかどうかだ。
コロナウィルスを「未知のウィルス」と煽るトランプ大統領は、自らの「ゴルフ場造成理論」を隠したかった。
ディズニーとさえ言ってくれれば高級住宅地に住める、それは「家族」というものをよく理解することであった。
どのみち、インテリにしか分からない。
アメリカ右翼は、調整区域の「宅地並み課税」を行い、これを煽った。
女たちよ、「動物のフン」すらタブーだぞ?
コロナウィルス騒動は、そのまま「アメリカ合衆国政治史」でもあった。
チャーリー・チャップリンの物真似をした芸人に「チャーリー! I need you!」と言ったり、巨木を切るなと言って木に立てこもる男を「I need you!」と言ったり、アメリカ人は常に「自分の家はどこから来たのか?」を理解している。
ディズニー系(右翼)か、そうでないか(左翼)である。
ウォルト・ディズニーが、アメリカに「身分・階級」をもたらしていたのだ。
家庭のない人が、そもそも左翼となっていた。
家庭があればディズニー作品に心躍らせ、いい家に住んでいる。
アメリカ合衆国政治史なのだ。
日本でも「他の候補者の縄張りを選挙カーで荒らす」という行為はよく見られるが、アメリカには「カウンティ」と呼ばれる政治基盤が存在する。
地元の新聞でも「カウンティ」単位で話題を提供している。
恋はいつでも真剣勝負。
工藤静香 琥珀のカクテル


調整区域の高級住宅地化は、「どの家族を選ぶか?」という困難な問題と直面する。
そんな時に必要なのが「天皇」という「比較の対象」である。
つんくが「松浦(亜弥)も最初はこんな感じだったしな」と語っていたのが印象的だ。
令和天皇もこんな感じだったしな、この口癖が「人選び」に用いられるようになった。
これが「統計学」である。
令和天皇は、コースレコードを持つ「ゴースト」だったし、その割にはノロかった。
サンプルスペースを開けて余裕を持って人を見なければならないが、高級住宅地にはそれなりの「品格」が求められた。
高級住宅地を国の予算で分け与える以上、役所からの「お茶のみ女性」(ティーテスティングレディ)の訪問を受けるのは当然としても、サンプルスペースだけはかなり余裕を持たなければならない。
最終的には「3%の男の子が」令和天皇に似ていれば仕事はうまく行ったと言っていい。
「いじめをやる奴」
これは、令和ファミリーにとって最も憎むべきものだった。
それ以外はかなり広いサンプルスペースを持つことが可能になった。
人をいじめる奴を排除し、サンプルスペースを広く持てば「武術を操る大男」は自然と生まれた。
国益につながらなければ国の予算は割けない。
いじめが好きな奴は自己都合で国を売る。
母の純潔を信じ、妻の純潔を信じる、それがのちに「武術を操る大男」を大成させるであろう。
この政策は、単なる「土地のバラマキ」ではない。
令和天皇による「明確な人生観の表現」が予算によってなされるものだ。
令和天皇を憎む者はウォルト・ディズニーを憎むものだ。
ウォルト・ディズニーと「笑顔、言葉、生き方」を比べることが可能なのは令和天皇だけだからである。
瀬能あづさ ふたつにひとつ


ウォルト・ディズニーコーポレーションは、留学の全日程を終え、ロサンゼルスのディズニーランドで日本人同士でつるんで遊んでいる連中を憎々しげに眺めていた。
さっさとホテルに帰った「武術を操る大男」だけをアメリカイルミナティのメンバーとして認めた。
留学の「積分」をディズニーランドでやったのに、「何もない」連中が大勢いたのだ。
積分を終えたら、「彼の発言」をウォルト・ディズニーコーポレーションは丹念に読んでロサンゼルスドジャースをワールドシリーズ制覇(2017年)に導いたら天皇即位を認めた。
ヘボンはローマ字を考え、ドモルガンは、「最強のコンテンツを乗せることができる」言語に育て上げた。
ドモルガンの法則にしたがわなければ、日本の政界でも勝てなくなっている。
賀茂馬渕が、現代文を作り、本居宣長が日本の政治を作った。
しかし、本居宣長の言語に「ドモルガンの法則」を効かせる才能だけは令和天皇だけのものだった。
植物や動物は決して「毒物」という負の側面だけでは語れないものがある。
たとえば、「ハムスターの肝臓」のように、「媚薬」として用いることが可能な動物がいるのだ。
ラットの肝臓は、「千年の媚薬」と呼ばれている。
千年の媚薬 三浦理恵子


麒麟がくる、においても「戦場で命を落とさない万能薬」として売る年寄りがいた。
つまり「敵に寝返る」として徳川家康に用いられた。
午前中に大使館に電話すると「午後2時に電話をくれ」とやんわりと拒絶される。
これも「女はいないよ?媚薬もないよ?」と言って、業務時間中でも電話を断るために言っている。
「女、毒物、無言電話」
23発殴られてペルソナノングラータ(歓迎されない者)にならないための最大限の悪態が「午後2時に電話をくれ」だった。
好きと言える気持ち ribbon


私は、小保方晴子さんに「媚薬」を盛られた。
おそらく「ラットの肝臓」であろう。
盛ったあとに、「ドカン」と派手に椅子を蹴って立ち去ると、もはや「惚れてしまう」のである。
ツンデレというのも「媚薬」と離れられないものだ。
小保方晴子さんが、何度も何度も派手に椅子を蹴るものだから「何でかな?」と思ったが、周回遅れでその正体を暴いた。
「恋」とは、自然ではなく「研究室」で作られるものだ。
つまり、食べ物やおカネも研究室で作られる。
私は「鳥のレバー」で新垣結衣にも恋したことがある。
メイドカフェ


群れのボスとにらんだら、ラットの肝臓を盛って、自分が生き残るという意味では、国家統治もフランクフルト学派などが作った。
研究室は「ポジディブな薬」を作り、自然はかなりネガティブな薬を作っている。
麒麟がくるで、薬草に詳しい駒が、「万病に効く」薬を作るおじいさんにどのようなメモを渡されたかは、のちのドラマの伏線となっている。
モーニング娘。レバニラ炒め


1975年以降、ローリング・ストーンズもビートルズも「恋は研究室が生み出すもの」とし、音楽作品を作った。
自然や環境といった「ハーブ系」ではなく、動物の肝臓系が「恋」を生み出すとし、松田聖子は「青い鳥」つまり「焼き鳥のレバー」を「ブルーヘブン」と歌い衝撃を与えた。
仲間が多い、なにかやってくれそう、そんな男子には「期待感」はあるだろうが、「恋」と呼ぶためには「動物の肝臓」が必要だった。
天国のキッス 松田聖子


 
焼き鳥のレバーばかり食べていられないのが人間だ。
失恋ソングの定番は「植物」であろう。
バターが動物系油脂ならばマーガリンは植物系油脂である。
食べ物を間違えただけで、男の心は離れていく。
すみれ色の涙 岩崎宏美


カントは、女が失恋した言い訳の版権を「植物」に求めることを「絶対的魂」と呼んだ。
版権の無限性、さらにはおカネの裏付けが、「植物の多様性」から得られたのだ。
杏里 オリビアを聴きながら


私は特別な女、とするキリスト教アリウス派は、肉食系であり、女は皆同じ、とするキリスト教アタナシウス派は、草食系であった。
動物をとるか植物をとるか?と言われたらキリスト教の世界は「植物」と答えた。
人間は「猿から進化したものではない」とし、少なくとも動物は人間に「恋」をもたらしてくれるものであったことから、版権(おカネ)争いで動物は植物に敗れた。
神は自分に似せて人間を作った、だからアドニスのために泣ける。
アドニスの失恋のために泣くのがおカネだとするのならば、キリスト教は植物を選択せざるを得なかった。
キリスト教アタナシウス派が正統とされた。
CoCo ひまわり


勉強する子には「恋」などいらないのよ?
全米の主婦層が「植物」を支持した。
このことから「ネイチャー」という英単語が「勉強」と訳されるはずが「自然」と訳された。
雑誌「ネイチャー」が「勉強」のことしか語っていないのが不思議だった。
SPEED Wake me up


私が、高校時代にオレゴン州でキャンプをしたときに、「星空がきれいだ。ヨコハマではこんな空は見れない」とホストファミリーに言ったらキョトンとしていた。
空の星を崇めてはならない、という聖書の真の意図は明らかではないが、逆に、アメリカ空軍に入隊して日本の上空を飛んだブラザーが「日本の紅葉はきれいだ」と言っていたのをこちらがキョトンとするようなものだったのだろう。
星空は「おカネ」にならないという旧約聖書の教えだろうか?
何かが道をやってくる CoCo


これだけの議論が出揃って、ようやくデューイは、自由民主党に「そのうちなんとかするから国定公園でも国立公園でも作れ」と発破をかけた。
国定公園とは、地権者がいて県が運営主体となるものであり、国立公園とは、国が運営主体となるものである。
自然保護・環境保全とは、常に「女の失恋」に寄り添うものだ。
それだったら「失恋ソングの美しさ」と「自然の美しさ」は区別がつかない。
風立ちぬ 松田聖子


木の枝を、ジーッと見つめるおじいさんもいるが、「アドニスのために泣く」行為は若者には理解困難だろう。
アメリカ合衆国が建国の資金を「アドニス」に求めていたのだから、日本も一部を参考にしなければならない。
日本の年寄りとアドニスを知らないのならば、環境・自然と言ってもかなり「謎の多い」政治活動となってしまう。
かなり「メジャー」に近い政治が環境・自然であるし、実際に人生においては「メジャー」な年寄りはいるのだ。
私がアメリカで「星空がきれいですね」といった元となった曲。
新田恵利 大人になんてなりたくない


太陽崇拝は、人それぞれだろうが、奥の深い世界だ。
SPEED  


 


 


 


 


なお、私は本日をもって「立憲民主党のオーナー」になることになりました。
寄付をよろしくお願いいたします。
立憲民主党寄付

2020年6月26日 (金)

コロナウィルス騒動と世界の指導者たち。

キリスト教総論は以下の通りです。
キリスト教総論

アメリカイルミナティが、日本を「アフェクティブセンター」(壮大な実験場)と見做して、考えたものだ。
カトリック(実力制・いじめの容認)の立場に立つブラジルのボルソナーロ大統領は、コロナウイルスを「ちょっとした風邪」と発言し、警察や病院が「真実」を大統領に伝えないようにしている。
今の令和天皇がカトリックの立場に立つのと同じという以前に、ブラジルは「アメリカに次ぐ世界第2位」のコロナウィルス騒動が起きている。
アメリカ合衆国においては、ローメーカーに対する不満(令和天皇みたいにファッショナブルな口説き方を教えて?)から、地方政府や零細企業のバランスシートが悪化し始めた。
トランプ大統領は、令和天皇を「君主としてのライバル」と見做して、「ちょっとした風邪」と発言したブラジルのボルソナーロ大統領の方が「大人」という側面がある。
FRBは、もし「GDPという統計のとり方をするのならば、アメリカ人の3分の2は口からクソを吐いている」と考え、令和天皇のような存在を「迷惑」と考えている。
令和天皇の「食べ物飲み物が問題」という発言に対し、ボルソナーロ大統領が同調し、警察や病院を敵に回し、トランプは「未知のウィルス」という立場に立っている。
「時間が証明する」と言ってもそもそも世界の指導者には「時間がない」人もいるのだ。
雨のコニーアイランド 松田聖子

安倍政権も東京都知事も、ブラジルのボルソナーロ大統領のような「権力闘争」を経た形跡はなく、ナイトクラブなどの「夜の仕事」に対し、1メートルから2メートルのソーシャルディスタンスを求め、フェイスガードやマスクを使用することをガイドラインとして作成した。
「みんなが知っていること」をまるで、「天皇よりも権力がある」と言わんばかりに政府やメディアが突っ走るかたちとなった。
専門家会議は「すでに誰にも責任はない」という姿勢を取り始め、「感染症というものがどういうものか分かった」という発言も出た。
将来を見通すのならば「総選挙」しかない。
大相撲や甲子園を中止にしてしまった「権力者たちの宴のあと」は、何らかの形で示されなければならない。
アメリカ市民は、「未知のウィルス」の話でなく、「令和天皇のような口説き文句」を聞きたがっていた。
しかし、黒人のジョージ・フロイドが警察によって窒息死させられた事件において、「アメリカ大統領の味方をする」警察に対して反感が生じた。
トランプ大統領は「警察によるチョークホールドはやめさせよう」などという癒着のような発言をし、自身が「何のために四年前に激しい選挙戦をやったのか?」を見失っていた。
トランプ大統領はカトリックの立場ではなかった。
ボルトン元国防長官は、このタイミングで「レストラン友達のトランプはウクライナのことしか興味がなかった」という本をリリースし、「レストランでの世界の話題」にイエローなど出てこなかったことを明らかにした。
この本は「バイデン候補を後押しするのに十分」とされている。
クオモニューヨーク州知事は、民主党の力を背景に、リベラル(毛並みのいい王子の下で自由に遊びたい)と考える黒人層、つまり「どのみち俺らは夢を見れない」という思想を背景に、トランプと癒着する警察改革の方針を打ち出している。
アメリカ合衆国においても、「大統領選」というかたちでコロナウィルス騒動の出口を作らざるを得ず、日米の「政権の都合」をより、なんらかの幕引きがなされるものと考えられている。
今夜もニュースホリック 酒井法子

イスラエルが、7月1日に「ヨルダン川西岸」を併合しようとしている。
アメリカによるガス革命以降、もはや日本国はOPECを恐れてはおらず、令和天皇も「イスラエルとは何か?」を語ってきた。
日本国における「イスラエル人気」は、国内向けには「パレスチナ難民支援のため」と報じられたが、140億円は実際はイスラエルによるヨルダン川西岸の併合のために用いられる。
アラブ首長国連邦などの湾岸諸国の反発は強く、それでも日本国は「イスラエルの側」についた。
原油安と、日本のキャンパスの楽しさが連動していることなどを明らかにしたのが令和天皇だった。
ミスターチルドレン

中国においては、精肉市場や魚市場が、「コロナウィルスの原因となっている」ということが明らかにされた。
警察もようやく「高級食材の問題」ということに気がついたのだ。
現時点では、コロナウィルスは、令和天皇の発言どおりに動き始めている。
中国が動けば日本も動く。
少なくとも、中国の警察には「真相を解明しよう」という意図が見える。

日本国では、「ガリガリ君」の「一本あたり」が出た場合、少なくともスティックを「水で洗い、ラップで包んで」店に持ってくるように、としている。
政権の思惑とは裏腹に、日本国の食品業界や警察はようやく「コロナウィルスの真相」と向き合おうとしている。

一方で、宜野湾の普天間基地を名護市の辺野古に移設しようという計画が、「コロナウィルスの感染者が出た」という理由で停止されるなど、日本国内ではいまだ「真相」ではなく「未知のウィルス」が必要とされているという現状がある。

普天間基地移設のための「障害物」としてコロナウィルスは用いられたし、一方で、イランに次ぐ世界第2位の国民監視システムを持っている中国の技術を日本国は「ISO」として採用しようとしている。
日本国はもはや治安の維持にしか興味がない。
日本国に国民監視システムが導入されるということが、コロナウィルスの目的となっている。

 

なお、私は本日をもって「立憲民主党のオーナー」になることになりました。
寄付をよろしくお願いいたします。
立憲民主党寄付

2020年6月22日 (月)

ロングとショート。

株式投資をやっていて、必ず直面するのがロングとショートの問題である。
ロングというのは中国の名家に由来するものであり、たとえば、室町幕府の将軍が「官職を授ける」とか、野党の政党が「シャドーキャビネット」(影の内閣)を作るとか、選挙候補者がメダルを配るなどという行為がロングと呼ばれる。
一方で、ショートとは「日銀総裁の発言」「令和天皇の発言」など、周囲を興奮させる効果を持つものを言う。
時々刻々と情報とにらめっこするのが投資だと思うのならば、それはショートに限定された取引であり、そのうち権力を得るであろう人物から官職を賜るなどのロングと併用しながら人間というものは出世していくものだ。
儲かる投資はいい投資と言うのならば、人生そのものを己に投資していくためには、テレビなどでショートの情報を得ることも必要であるが、
天皇から叙勲を受けたり、野党のシャドーキャビネットに名を連ねることも必要となる。
市場価格が上がると利益が得られるのをロングと呼び、市場価格が下がると利益が得られるのをショートと呼ぶのが通常であろうが、株式投資から「人生」を学ばなければ意味がないのだ。
シャドーキャビネットは、執筆活動がうまく行けば行くほど、実際に各省庁で影響力を高めていくため、みんなが「神を信じて」いた。
中国特有の「王朝変遷」のやり方であった。
墨子は、シャドーキャビネット(名家)に、「お前ら、女を愛せるか?」「恋という議論、愛という議論は好きか?」と発破をかけた。
結局、好き嫌いで人間模様が変わったため、「いつもの喫茶店」で閣議は行われたし、「男は十人」いれば神学は成り立った。
あとは、女たちの「どうぶつの森」計画や、出入りする男の話し合いで物事は解決した。
中国の言い伝えでは、「男が8人では国が傾く」「10人でなければだめだった」とされ、女だけの社会の「貧しさ」が知られていた。
女だけの社会の貧しさを信長は「是非に及ばず」と言っている。
芸能界でも「昨日の今日なのに」と表現されている。
昨日の今日なのに 酒井法子


節税効果のある「男5人組」が2つ必要なため、今の安倍政権においても、菅官房長官と麻生財務大臣が「政権2つの鍵」と呼ばれ、私がどれほど政権に貢献しても「カフェー安倍」には入れない。
このことを熟知していた三島由紀夫は、作家としてセールスを伸ばし、しかし、市ヶ谷駐屯地で自決したときに、佐藤首相に「狂ってる」と言われ、激怒させている。
しかし、中曽根防衛庁長官は三島に対して「政治を教えてくれた人」という趣旨のコメントが残されている(美に殉じた人)。
昭和天皇は、尾道市のステーキハウスをこよなく愛したが、中曽根康弘は焼き鳥屋を好んだようだ。
内閣改造は「店舗改造」を意味したし、お世話になるメンバーも変わる。
たとえ天皇といえども、「政治家名」を持つためには、親孝行をし、充分なお小遣いを貰わなければ入閣(入店)は許されなかった。
二十歳のバレンタイン 酒井法子


忘れてはいませんか?
酒井法子は「ユダヤ教」だといった意味を。
「メシアの否定」「原罪の肯定」その他もろもろ、日本の歴代政権は飲食店ビジネスから始まっているのだ。
閣内不一致が起きたときは、テレビをつけて「野球賭博」を行った。
全員がひとつになることが分かった。
ロングというのはこのような「政権構想」の練り方であったし、ショートというのは「感動する表現選択」をすることだった。
「芸能界が国をつくる」という意味でもあり、かなり銀行と癒着しながら、飲食店ビジネスをやり、芸能人を生み出していった。 
論文が「おカネとの対価性を持っていること」が必要であった。
このような政界の歴史を「憲政史」と呼ぶのであり、ジャニーズ事務所なるものが今のところ「憲政史上最長」の内閣となっている。
私の祖母の小野(遊佐)道子(香淳皇后)が、このような政界の近代化を行ったものと考えられている。
私の母方の祖母・田辺元(はじめ)が、中曽根康弘と結婚している。
そのようなご縁から、「政界の真実」を知る機会に恵まれたのだ。
遊佐は、西田幾多郎というペンネームを持っていたし、大日本帝国憲法のもとでの「政界」がおそらく皆さんが想像する今の永田町であろうが、大日本帝国憲法はいまだ死文化はしていないものの、日本国憲法のもとでは、このような政界が作られた。
遊佐道子は、松田聖子や酒井法子のプロデューサーでもあった。
しかし、松田聖子は、前妻の子であり、「遊佐系統の顔」が嫌いだったと言われている。
SPEED Deep blue & truth


滝を一分間見ていると「石」が動いているように見える。
これはショートだ。
ナイアガラの滝


ビールを飲むとセックスが気持ちよくなる、これもショートだ。
スケルツォを聞いても、女を口説くのにちょうどいい、これもショートだ。
スケルツォ 


つまり、ショートとは「その日のうちに消費されてしまうもの」であり、「トゥモロー・イズ・アナザー・デイ」(ラミレス監督)というように、プロ野球の勝敗もその日のうちに消費されている。
つまりは、負けた試合でも、球場の外で落ち込んでいると「どう?真剣勝負は」と言って寄ってくるのならば消費可能である。
「下半身の使い方のうまい政治家」でなければならない。
松任谷由実 ノーサイド


 
私も、論文をどんどん書いて、消費を急かした部分があり、周囲は私の論文を「その日限りではなくロングで扱おう」と考えていたようだ。
どの政権も「株価連動内閣」である。
作家は「ショートショート」で書き、周囲はもっと余裕を持って私を見ていた。
ショートショートで株価をにらみながら腕を磨くのはいい修行だ。
ショートショートを経験していない作家ならば、政権を支える力量はない。
女を美しく描く、これが作家の力量であり、学のない男は「もう、アイドルファンには戻れない」「アニメにはあんなグロいものはついていない」などと語った。
学問の問題なのだ。
「女はマンガである」「そして原罪をともなうものである」
にんじゃりばんばん


「違うこと」「天皇を知っていること」「重いこと」「性欲を刺激すること」
このあたりに作家の力量があり、「天皇とさえ言ってくれれば」(三島由紀夫)などが知られている。
株価を背負うキーパーソンが天皇だった。
日本人女だけが「r」と「l」の違いに気づくのが早いとされ、欧米では「ショートの典型」とされ、「その日のうちに鞘に収めたいかどうかだろう」と語られている。
また、天皇に関しては「カネで結ばれた男友達」を「十人以上知っている」という特徴があり、源氏物語を書いて、資金力とし、男たちが群がってきた昭和天皇を知ってほしいと三島は考えていた。
重いこととは「スポーツの技術論を語れる」というところに表現されている。
語学力や国際関係論(どの国家に影響を受けて育つのか?)という問題である。
これらの才能があるのならば「どうか文学をやってください」と言われるだろう。
男の「射精の原理」もいうものはあんがい複雑だった。
思慮に欠けるものには子供がいない。
三島由紀夫 インタビュー


天皇といえばロングの中のロングである。
聖子ちゃんだの明菜ちゃんだのを完璧にマスターしなければ天皇にはなれない。
しかも、苦労して女に辿り着いた男は「椰子の実」と呼ばれる精子を出す。
椰子の実


精子というものがそのようなものである以上、挿入というものは「信念の発露」という側面がある。 本能の発露とは言い切れないのだ。
女に辿り着く「椰子の実」は、ロングではあるが出世は早い。


 

なお、私は本日をもって「立憲民主党のオーナー」になることになりました。
寄付をよろしくお願いいたします。
立憲民主党寄付

2020年6月20日 (土)

人事・労務。

人事とは従業員の健康を気遣う仕事であり、労務とは「ルールにしたがったチェス」を約束するものだ。
いずれにせよ「鉄・自動車・通信」に詳しい男は健康であるし、周囲には女性職員がいることを保障することも人事の一環である。
また、労務の場合は「賃金をもらう以上耐えて当然である」と考えたのではたちまち「荒廃した職場」となるだろう。
男女がどのように「交流」するかを考えるのが人事と労務の「ツボ」である。
ピンクのモーツァルト

従業員は各自が「組織の内蔵」であり、それが癌であってはならない。
早すぎる死というのは人事(周囲に女が大勢いる)ことと、労務(ルールが確立している)ことから防げるものだ。
人事と労務に、「いじめをやめさせる」税理士と、女をうまく利益(快楽につなげる)「会計士」が絡むことで、企業というものは成り立っている。
男同士ならば「同意」するだけで相手におカネを与えてしまうが、女が間に入ればそうではない。
マスターベーションは「ローコスト・ローベネフィット」であるが、セックスは「ハイコスト・ハイベネフィット」である。
問題は、経営者がこの仕組みにどれほど予算を削くかにある。
目的は「男が作家になること」にあり、「せいぜい健康的にやろう」というのが組織のあり方なのだ。
国同士の「首脳会談」などはこの文壇の仕組みを話し合うために行われる。
組織の何がいけなかったのかを熟知し、組織を批判し続けた私は、
「文学作品」の高評価によって名誉職に蹴り上げられている。
税務・会計・人事・労務が「機能していない」というのであれば、そもそも「神を信じる」理由はあるわけである。
コストとは「いじめ」であり「ベネフィット」とは、女性から得られる快楽である。
結局、文字というのは「最悪の人生」において「全人類の平等」を目指して書かれるものだ。
組織の何がいけなかったのかを文学にしてほしい、これが税務・会計・人事・労務の目的である。
このような、税務=いじめをなくす仕事、会計=女性を紹介する仕事、人事=職場に女性を配置し、男性の健康を守る仕事、労務=恋愛のルールを決める仕事、ということは、人事を経た男性が「小説を書く」ことを前提にしており、「本が売れない時代」には見失われていた仕組みである。
さらに、結婚前の「女の団結・いじめ」は、税理士も手が出せないことが多く、小説の「総売上高」から、税金を差し引いた「純利益」を踏まえると、
PER=ひと株あたりの純利益は、その企業の女性社員の「女流作家としてのクォリティー」を示している。
男は社会人としては「小説家であることが前提」であり、女は社会人としては「事実上の看護師であることが前提」となる。
労務を間違えると、男をめぐって二人の女が大喧嘩し、世界を敵に回す。
禁煙パイポ

政府の幹部はこんなことを考えているのか?というこの文壇の仕組みを
「ひらかれた政府」
と呼び、会社などの民間企業と同様に駒場や本郷の書店を豊かなものにしていくのだ。
あるいは、テレビのドラマであったり、音楽作品に強い影響を与える。
「誰にお中元を送ったらいいのか?」
「現在の最新テクノロジー」
「企業秘密」
「予言」
などに満ちているのならば、本が売れないはずはない。
今の本郷の総合図書館に見るべき本があるであろうか?
ビッグデータと呼ばれる本郷の総合図書館で読んだことを、女性たちに話して、それで、税務・会計・人事・労務につながるのであれば意味のあるものだ。
本郷を経験したから「公道最速」「柔道黒帯」などにつながるのならば、本を手にとってみればいい。
人事が「文壇」「小説」を想定していないと、なかなかGDPも伸びない。
中卒と東大卒の区別すらつかない。
少なくとも、私が学生の頃は「ボクシングの支配者」などの本は東大にはなかった。
検見川にはゴルフ場もあったが「どうやって?」までは情報がなかった。
ゴルフ

元少年野球選手で、ボクサーたった私一人で、これだけのものを書いた。
そうなると、当然、東大では「異なるソースが欲しい」ということになるだろう。

少なくとも「東大に入ったから、重さと速さを増した」と言えるほど、日本国の「人事」つまり「職場に女性たちがいて、健康な作家」というものが機能していなかったのだ。
とにかく、東大生はハンサムでスタイリッシュで、洗練されている、というようになるためには「人事」が機能していなければならない。
重さ、速さ、多様性、懐の広さ、など、学歴社会が本当に実現するためには人事から出てくる「小説」のセールスを見なければならない。
本郷の総合図書館を本当にビッグデータにしたければ、このような構造改革が必要になる。
税理士は「いじめをやめさせるのが仕事」
会計士は「女性を紹介するのが仕事」
人事は「職場に女性たちがいて、男の健康を維持し、小説を書く」のが仕事、労務は恋愛のゲームを決めるのが仕事、ということを明確にし、しかも、「減税+税収増」というかたちで「結果」を出さなければならない。
人事が「小説」「情報」を出すことが明確になったのはアメリカでも2011年のことだ。
このことを日本国で「マネージメント」と呼び、雅子さまからは何の「情報」も得られなかった。
どの企業の「人事」の本を読みたいかは、社会人、実業団が結果を出せばみんな知りたがる。
なぜならば「証拠(エビデンス)」を出したからである。
社会人、実業団のスポーツに「人事」の基本を見出したのもつい最近のことだ。
また、YouTubeなどのコンピューターが今は用いることが可能だ。
夫婦や恋人であったり、同じ職場の。女ならばTOPIX1600円程度で買える。
仕事の楽しみとはあくまでも「性欲」を帰結するものである。
男は、一晩に何人もの女を相手にできるわけではないから、TOPIXでおのずと「青天井」の物価も落ち着くところに落ち着いている。
仕事の楽しみをセックスに見いださないのならば「つづかない」であろうが、「あの上司、奥さんいるのに不倫して」と陰口を叩かれたら禿げてくる。
そのため、TOPIX1600円も、月の小遣い制の中では案外「高い」ものとなっている。
そのため、会社内部に「セックスの相手」を見出す株主利益最大化論が主流であるが、クライアント(お客さん)にまで手を出そうというステークホルダー論が登場した。
ステークホルダー論は、1984年に主張された「フリーマンの挑戦」であった。
デート注意報 後藤真希

女を職場に見出そうとした株主利益最大化論は、日本国でも通説であるが、企業の社会的責任の問題を解決するのであれば、クライアントに名前を名乗るステークホルダー論は、案外、有効性を見せるものと思われる。
渚のピテカントロプス 酒井法子

なにしろ資本(男)が、女を買うという構図に単純化させれば、ステークホルダー論は、マルクスが考えた革命に名を連ねるものであった。
マルクスは、殻に閉じこもって「はたしてこの企業は利益の最大化を望んでいるのか分からない」という株主利益最大化論を批判的に見ていたのであり、独身のクライアントの女性に関心を寄せるステークホルダー論は、フリーマンのみならずフリードマンも支持していた。
オープンな企業、ひらかれた政府を標榜していたのだ。
真冬のべらぼうなガス代も、集金のお姉ちゃんにやらせてもらったら一発でチャラになってしまう。
私の地元のプロパンガスの集金のお姉ちゃんも少なくとも「名前」を名乗っている。
女性社員が「魅力をふりまく」ことも、減税+税収増のための「いじめをやめろ」というのと同じように、セールス以上にお給料が出る秘密であるし、企業の利益につながる。
いじめをやめろというのが豊かさの秘密のひとつであるのならば、きれいなお姉ちゃんでマスをかけというのも、豊かさの秘密である。
バナナの涙 うしろゆびさされ組 

女たちの魅力を高める方法は色々あった。
トマス・アクィナスという「国王」を立てて、激しいいじめをやったこと、つまり、「夢、目的を持ったストイックな男」がいたこと。
さらには、ジョン・ロックが「女二人による男一人の奪い合い」(名目経済)というものを作ったことなどが挙げられる。
41日間にわたってスポーツ紙に取り上げられたアクィナスは、モーゼのようであったし、男らしさ(神学)を確立した。
女たちはアリストテレスによってすでに生み出されていたため、「女づくりが先、男づくりはあと」という世界史の基本は踏まえていた。
その後、ロックによって「女づくり」がなされたり、マルクスによって「男づくり」がなされたり、フロイトによって「女づくり」がなされたりした。
ちんちんがない(去勢・キャストレーション)の発見など、女の子の思春期の欝や、料理などの母の実践、美の探求がなされることなどが指摘された。
さよなら失恋ピエロくん

 
マルクスは、地主や実業家などの「男らしさ」および、君主の「神の見えざる手」を構築した。
神の見えざる手と君主を呼んだのはアダム・スミスであり、人口が2倍ならば繁栄は3倍と語ったのはリカードであった(比例原則)。
警察も「人口を守り、繁栄を守る」という意味では比例原則にしたがっている。
子供を女の局部で「割り算」し、女のからだそのものを局部で「割り算」した。
どう計算しても、子供は「富」の基本であった。
そこで、女が男に対して主導権を得る瞬間が「できちゃった」ということだと分かった。
抱いて 松田聖子

コロナウイルス騒動で、マスクやトイレットペーパーの買い占めをやってボロ儲けしようと思っても、女に払う金と、自分の性欲の限界から、おのずと「市場に出回るマスク」は出てこざるを得ない。
簡単に儲ける方法が分かっても、「神」=天皇にはなれない。
また、テレビが面白ければベーシックインカムが達成できるのではないか?
とも言われるが、インターネットとテレビの共存(二元論)がなくなれば、神=天皇はいなくなる。
そもそも、結婚とは、貧困層の女の子が「ブルジョワになりたい」と言ってするものである。
それならば、「人事」においてひたすら論文を書き、各省庁や大手ゼネコンなどの大企業、県や市の教育委員会に常に論文を送り続け、あいさつ回りを身内の女がするだけで、公園や森が「東大生のお城になる」ということが想定される。
人事において論文を書き続けることを「政財官に人脈を」持つと表現してもいい。 
私は、「教育と公園・森林の相性の良さ」に目をつけた。
子供たちは、2025年以降を想定していない日本国の財政のおかげで「努力をやめてしまった」ことから、経済政策や税務・会計の論点を整理した私に「公園や森林を」さらに議論を詰めていくのならば環境というものは「女の子が男の子の勉強の邪魔をするために持ち出す」ものであることから、「女の子とはどのようなものか?」を描いた私に「森林を」お城として譲ってくれることになった。
この計画が「環境よりも女性たちの支持を得られる」ことが分かったのが「あつまれどうぶつの森」の存在であった。

 

 

 なお、私は本日をもって「立憲民主党のオーナー」になることになりました。
寄付をよろしくお願いいたします。
立憲民主党寄付

2020年6月18日 (木)

会計。

税務(税法)は、「男らしくあれ」「いじめをやらない」「特定の女を愛せ」というが、税務だけでは世の中は回らない。
税理士は「節税・減税」の秘密を理解しておけばいいが、公認会計士は、「今のパートナーが壊れていく」「新しい女が女心を語る」ことに会計の存在意義を見出した。
Wink 愛が止まらない


会計は「売上高」を示すが、陰湿な職場ならば「税法」によって費用(税金)が差し引かれ、純利益となる。
ひと株あたりの純利益をPERと呼び、一人の女がどれほどの「女流小説家」になったかを示す。
女性従業員の質の高さを示すのがPERである。
税理士も公認会計士も企業の中にはいるが、税理士は「いじめ撲滅」のためにおり、公認会計士は、「新しい女の紹介」のためにいる。
弁護士はそもそも「ローメーカー」として「君主のような口説き文句」を考えるのが仕事であり、別格であるが、企業内で「いじめ」に直面したら顧問税理士に相談し「純利益に悪影響を与える」としてやめさせなければならないし、女に困ったら公認会計士に相談しなければならない。
コンビニが高いか安いかはともかく、少なくとも女性従業員は「名札」をしており、客と深い中になることは禁止はされていない。
デート注意報 後藤真希


逆に、女連れで入ることが想定されていない、病院内の喫茶店は非常に安い。
「竿竹屋はなぜ潰れないのか?」
女を紹介してくれるからだろう。
竿竹屋のバックに防衛省がいるというのはほぼ確実であり、国防の観点から、「どのようなスポンサーを得ればいいのか?」さらには「仲間づくりをしたらいいのか?」を示している。
引っ越してきたばかりで、仲間のいない人間がまっさきに購入するのが「竿竹」であり、世の中、生きているだけで「生きていける」ことを日本国の住民票を持った人は知らなければならない。
サルのパン屋・ロバのパン屋は、関わっても「なんのメリットもない」が、竿竹屋は、本当に「地域で神を見失った人」にいい助け舟を与えてくれるだろう。
「法律事務所は敷居が高い」と思った人は竿竹屋という便利な存在があることを知らなければならない。
税理士・公認会計士の存在意義は「勉強さえできれば選ばれる」という環境を作るというところにある。
税理士は「いじめをなくしてくれる」し、公認会計士は「女を紹介してくれる」ものだ。
3人の男に「カネ・競争・時間」を与えれば必ず「いじめ」は生じるし、「4つだ」と言いながら仕事をするのが税理士だ。
芸能界は「都会には綺麗な女がいる」と思わせてマザーファックさせないためにあり、精子が出る男ならば、現実を見なければならない。
アニメだのアイドルだの言っていても、現実の女を愛せないのならば、税金は最終的には安くはならない。
これがカトリックである。


進化した心理学は、人間を健康にするために「どうぶつの森」を理想郷とするようになるだろう。
なぜならば「1999年に女心は出尽くした」とJ-POPの世界で語られ、しかも、「男の子の勉強を邪魔するために女の子は環境問題を持ち出していた」ことまで明らかになったからである。
本来、「私は動物なのかな?子孫を残せないのかな?」という気持ちがメンタルに悪影響を与えていたが、今は、みんな「どうぶつの森」に住みたがっている。
メンタルに良い影響があることは何でもやろうとどの女たちも考えていた。
人間社会には「令和天皇」という神がいた。
ひたすら「女」を描いた。
ハードコアでプラスティックになった女たちは、令和天皇の登場で、とうとう「どうぶつ」になったのだ。
ブラーが2000年に予告していたとも、ホークスが1990年に予告していたとも言われている。
プラスティックの唇


人間ならば「神」に借金を負っている。
しかし、「どうぶつ」はそうではない。
コロナウイルスをめぐって、水と空気、そして家族を令和天皇と永田町、霞ヶ関、東京都庁などが争った。
女たちの逃げ場は「どうぶつの森」にしかなかった。
「どうぶつ」は、「選ばれる」ために生きていた。
それだけは明確であった。
女たちも「選ばれる」ために生きていたのだ。
それを見抜いたブラーもホークスも「卓見である」としか言いようがなかった。
「適応することと、選ばれること」
ルールは極めてシンプルだった。
「若者の神社離れ」とも指摘された。
なにしろ、「天皇に借金をしたくなかった」のだ。
「セントラルモジュール」さえ確立していれば「どうぶつ」として生きていけた。
しかし、それが「大量化」すると、やはり「神」が生まれた。
新時代の「会計」は、「適応し、選ばれることを待っているどうぶつ」を「お会計」につなげることであり、OCRもAIも見ていなかった。
我々は急ぎすぎたのだろうか?
みんな「どうぶつの森」で休みたがった。
人間の心は令和天皇の手によって、確実に「進化」していた。
しかも、かなり人為的にそれは行われたのだ。
それと「生物学」がマッチしただけであり、決して人間は動物に戻ったわけではなかった。
どうぶつでんわ 中嶋美智代


より「シンブルにデザインされた」幸せになるためのシナリオが「どうぶつ」にはあった。
人間は、賢すぎる、快楽が落ちる、そのようにも考えられる。
人間が猿から進化したとは思わない方がいい、というグールドやルウォンティンからの警告はあった。
しかし、豊かな心が「居場所」を探していただけであった。
それで「仕事」ができるようになればいいではないか?とされている。
我々は「どうぶつの森」の結果論だけを見ているのだろうか?
アメリカ先端哲学が日本国でこのような反応を見せたことを、本当に予測できた人はいたのだろうか?
世界が日本国の「会計」「女を紹介する方法」に注目しているし、IFERSとも呼ばれる世界標準の最先端を走っている。


 


 


 


 


なお、私は本日をもって「立憲民主党のオーナー」になることになりました。
寄付をよろしくお願いいたします。
立憲民主党寄付

2020年6月 7日 (日)

税法。

減税・増収~財務省の夢 小野光太郎動画

基本的には「セックスに税金を課す」ことにより、大して国民にコスト意識を持たせずに税金を取り、各省庁に仕事として税収を分配する必要があるとしたが、「女と別れざるを得ない恐怖」「他の女に興味を移せるだけの充実感」「別れ話を切り出せるだけの寛大さ」など、「カップルには二人の敵の女がいる」「浮気をしたと騒ぐ女と、カップルを守るかどうか判断する女である」ということを理解し、この「窮屈さ」をはみ出たのならば「税金を払えばいい」と考えるしかない。
税金を払うと言っても「自然に手元から消えてなくなる」ものである。
しかし、瞳はダイアモンドを知らないのならば「財務官僚の共通認識」をいちから作っていくしかない。
「同じ女を愛せなかった」しかし「女たちにいじめられ」それでも「男らしかった」。
このあたりに減税増収の秘訣がある。
メッセージが大事なのだ。
松田聖子 瞳はダイアモンド

税法には「男らしさ」を深める側面と、「いじめ」を深める側面と、「女の趣味・選り好み」を深める側面がある。
おのずと「怒り」「処女」の研究などはあるわけであるが、経済政策と同様「マーケットへのメッセージ」が税収効果を上げる。
「男らしさ」「いじめ」「女の趣味・選り好み」が、法律(女の口説き方・経済)を発展させ、経済効果が税収を上げるのは当然であるが、女房子供を失ってすってんてん、という男は、最貧困層に身を落とすほど身ぐるみ税金をはがされて、「いじめ」に血眼になって再起不能になり、「男らしさ」すら失って再起不能になり、「女の趣味・選り好み」すらできなくなっていた。
「いじめをやめろ」「男らしくあれ」「女はみな同じ・今のパートナーを大事にしろ」これだけで豊かさを取り戻せるのだ。
女の取り巻きにカネをばらまいたら破産一直線である。
しかし、「いじめをやめろ」「男らしくあれ」「女はみな同じ・今のパートナーを大事にしろ」というメッセージだけで男は「フレッシュスタート」が切れる。
基本的には「ヨブ記」なんだよね。
人生のドツボで、周りの病人たちを見回すのだ。
派手な格好をした女・汗だくな女、いろんな女を見回して、「女の側にはメシア信仰などない」ということを知る必要がある。
本を読むのはいいが、その中の人間の喜怒哀楽への「かぶれがい」がなければ税金を取られるだけだ。
ルイマル 鬼火

小説を読むのは非常にいい節税効果がある。
怒りに満ちた人生は、たちまち自分をすってんてんにするであろうし、「ただ生きているだけ」のなんのかぶれがいのない人生も自分を貧しくする。
「男らしくあれ」「いじめをやめろ」「今のパートナーを大事にしろ」
小説はそのようなメッセージを残して、読者に「豊かさ」をもたらし「心」だけでなく経済的な豊かさをもたらす。
最後に「ほんのりとしたもの」が心に残り、お金が手元に届けられる。
これが「読書」である。
「男らしくあれ」「いじめをやめろ」「今のパートナーを大事にしろ」
ようするに「つまらない男は貧しい」とされ、財務省は国民に「個性」がなければ莫大な財政的損失を被ることになる。
そのような意味では「経済が上向きになれば税収は上がる」ということもあながち的外れではない。
怠け者が、寝て暮らして、体力を回復させることに税金を課すとも言われる。
「男らしくない」「人をいじめる」「女の選り好みが激しい」男が果たして聖書に出てきたであろうか?
世界最大のベストセラーは、「豊かさの秘密」「節税の秘密」を握っており、イエス・キリストは、世界で最高の「税理士」でありつづけた。
トマス・アクィナスは、「男らしくあれ」「いじめをやめろ」「今のパートナーを大事にしろ」という3つから税制を構築した。
ストア派でもあり、無類の「音楽好き」「読書好き」であった。
ストア派あるいはトマス・アクィナスに沿革を持つのが税制であり、戦国武将の起源である。
瞳はダイアモンドの別バージョン。

今のパートナーを大事にしろ、と言うのはこれほどまでに窮屈なものだ。
そのため、財務省に届かずに「燃えてなくなった」税金は多い。
みんな、セッターにボールを返すためにレシーブする。
天皇がどのような発言をし、どのように女の口説き方を男たちに教えるかが大事だった。
なにしろ「自分以外の赤の他人にも自己愛がある」も言うことを知った者から豊かになっていったのだ。
「男らしくあれ」「いじめをやめろ」「今のパートナーを大事にしろ」というのはトマス神学であり、そのまま節税効果へとつながった。
1080年のアフリカのコンスタンティンでの公会議で税制の基本は決められ、「貴族」階級が登場することとなった。
今のパートナーを大事にし切れなかった男は「愛してた」と言って必死で「男らしさ」を維持しようとし、最貧困層に落ちるのを食い止めようとした。
これが「ブルジョワ」のボーダラインだった。
プロスポーツを見たら、「喜びとガッカリ」は遅く、「怒りと恐怖」は速いのが分かる。
喜びは「欲望」に変わり、ガッカリは「恐怖」に変わる。
小説においては、このような回転にいかに「人々の自己愛」を混ぜていくかが大事だった。
時代遅れの酒場 加藤登紀子

怒りと恐怖から「他の女」へと走るのは速く、その後の「喜びとガッカリ」は遅い。
喜びは欲望に変わり、ガッカリは恐怖に変わる。
どの男でも「浮気」をすることぐらいあるだろうが、「男らしくあれ」「いじめをやめろ」「今のパートナーを大事にしろ」という三つを守れて、財務省のファイルに「高額納税者」として記録される男は少ない。
みんなこの三原則のどれかを逸脱し、おカネが「燃えてなくなっている」のである。
税金の学問は、「愛・キリスト教」の学問であり、人生経験を糧に「仲間を作る」ことが節税効果として期待される。

「私はケインジアン」と発言し、大規模な財政出動を志向した宮澤喜一が「ケインズ研究会」で何を研究したのかはここに明らかになった。
人格が練れていて陽気なおっさんは豊かであり、営業の数字が伸びないと言って怒りっぽいおじさんは貧しい。
独身時代(ステージ1)に彼女との別れを経験し、既婚者になったら(ステージ2)「男らしい」「いじめをしない」「今のパートナーを大事にする」男が金持ちである。
二対一でいじめられたら「貧しい連中だな」「相当働かなければ割に合わないだろう」と楽観視するしかない。
税法には、アリストテレス、トマス・アクィナス以来の伝統がある。
独身時代(ステージ1)にこういう経験ぐらいしろとはストア派も言わないだろうが「原理」ぐらいは知っておかなければならない(原理研究会)。
ハートのイアリング 松田聖子

「愛・キリスト教に詳しい」それだけで税務署からのしつこい催促はなくなる。
「どうしたら今のパートナーを大事にできるんすか?」その答えを発信すれば十分に税収効果は期待できるからだ。
結婚生活が破綻したから「男らしくない」「いじめをやる」という側面が指摘できる。

また、「愛・キリスト教に詳しい」から金持ちであるというモデルとは別に、「経済政策」に詳しいから金持ちであるという側面も指摘できる。
実績があれば「娘や息子たちにも寛大である」とされ、経済が上向けば税収が上がるという主張はこれを背景にしている。
いずれにせよ、「キリスト教」「経済政策」こそが税収効果を上げるのであって、税務署からの催促は「このあたりの議論を詰めてくれ」という催促に過ぎなかった。

あるいは「男五人組」のメンバーになることも豊かさが約束される(ビッグファイブ)。
男同士は「カネと女」がなければつるむ理由がなく、それでいて「ビッグファイブ」を構築したのならば、結果論ではあるが節税効果がある。
ビッグファイブを作るのならば「女友達はもっと多い」ことは容易に想像がつく。
瀬能あづさ ふたつにひとつ

キリスト教=神道という名の宗教および、経済政策を理解した上での結果論がビッグファイブであった。

さらには、日本という「自分の国の哲学」および「中華思想」を学ぶというVIAと呼ばれる節税効果も存在する。
「税金やって50年」という発言(山中貞則)は、「政治をやって50年」という意味と同じですらある。
キリスト教が税法を作ったのだから、キリスト教を学ぶのが一番節税効果・税収効果がある。
しかし、「経済政策」「経済優先」モデルもあれば、日本や中国の思想を経由した節税効果・税収効果も存在するのだ。

株高を背景にいきがっていると、原油高を背景にいきがっていたプーチンの気持ちがわかるようになる。
原油価格というものは日本の大学の「キャンパス」がどれほど楽しいかにかかっていて、日本国の政治家としては、「若者に甘え、女性に甘える」という「甘えの構造」を理解しなければならない。
日本国は、神社のアマテラスを背景に「女とは何か?」を明らかにしなければならないし、キャンパスを楽しいものにしてプーチンの権力を削ぐ必要がある。
どのみち、日本国の領土拡大は、アリューシャン列島を買うことから始まり、そこからようやく台湾や朝鮮半島、満洲が見える。
「ベトナム、ラオスなどの南部仏印はダメ」ということさえ理解しておけば、今の令和天皇に「できないことはない」という状態だ。
税法について「男らしい」「いじめをやらない」「特定のパートナーを愛する」ということが節税効果をもたらすことを周知徹底すると「減税政策」および財務省の「税収増」につながることは指摘させていただいた。
しかし、「男らしい」「いじめをやらない」「特定のパートナーを愛する」と口では言えても、「スポーツ(勝負)に強い」「12球団1の強いスイングを生み出す」「165キロの速球を投げる投手を作る」などの結果に表現されるものだ。
基本から考えるのならば、私は、「男らしい」「いじめをやらない」「酒井法子だけをアイドルとして愛した」から、資金力が充実し、東大に受かっている。
酒井法子 秘密のガーデン

私の若かりし日のささやかな成功体験であった。
「勝負の土俵づくり」のことを「数学」といい、それは「偏差値」であってもいいし、打率であってもいい。
「男らしい」「いじめをやらない」「特定のパートナーを愛する」ことがこのような「結果」につながることを、「彼はお金に恵まれていた」「節税・減税効果の恩恵を受けていた」と説明するのが「税法」でもある。
イエス・キリストの真似をして生きる人は金持ちになる。
そのような教えがキリスト教であるが、その真の意図は、アベノミクス三本の矢の「金融緩和」(芸能界よ、焦るな)という政策で明らかにさせていただいた。
アベノミクスとて、金融ビッグバン(フェア・フリー・グローバル)の影響を受けざるを得ず、グローバル化としての側面であるキャスト教を受け入れざるを得ない。
愛・キリスト教に関してはすでにリンクを貼らせていただいた(再掲)。

「数学」には、「蹴落とし型」と「ゆとり型」の二つがある。
教室の三分の一が授業についてこれない「蹴落とし型」の現状から生まれたのが「ゆとり型」であった。
「蹴落とし型」の方が「ゆとり型」よりも、「勝負に負けてもいいプロデューサーになれる」「恋愛が経験できる」というメリットが実はあったのだ。
高橋由美子 負けてもいいよ

男の子は「お母さんの過去の男」を心ない叔父に聞かされるだけで潰されていくものだ。
しかし「男らしい」「いじめをやらない」「特定のパートナーだけを愛した」私は、両親の支持のもと、叔父二人に情報を巧みに伏せ、祖父母の支援のもとに東大文一に向かって突き進んだ。
rebecca when a woman loves a man

そこで、「蹴落とし型」の方が「ゆとり型」よりも優れているという側面は指摘していい。
蹴落とされても「愛」に詳しくなる。
蹴落とした方も、人生のチャンスが与えられる。
蹴落とされたものに「愛・キリスト教」を教えるのが税法であり、私の母校・横浜市立南高校は、昨年は8名の東大合格者を出したが、今年は東大から完全に「撤退」してしまった。
このことの背景に何があったかは知る由もないが、上位グループが「男らしくない」「いじめをやる」「特定の女を愛さない」などの「資金ショート」を起こしたものと推測される。
SPEED Another sweet field

あるいは、蹴落とされた側の方が「女の子の心理」に詳しかったということから、上位陣が夢が見れなかった可能性もある。

いずれにせよ「理論」さえあれば「蹴落とし型」には何の問題点もなく、一番危ういのは「自分は蹴落とす側なのか蹴落とされる側なのか?」が明確ではないというアイデンティティ問題が生じることだとされる。
蹴落とされる側の方が「女心に詳しい」「女子たちの支持を得ている」ということが問題なのだ。
現象学(女心に詳しく、東京進出が夢見れるという学問)と、道徳(多数派工作の学問)は明らかに異なる。
一部の上位陣だけが知っていればいいのが現象学である。
それが崩壊するとアイデンティティ問題と直面し、「男らしくない」「いじめをやる」「特定のパートナー(アイドルでも可)を愛さない」ということから資金ショートを起こす。
1980年代から2000年にかけて、アメリカ合衆国でこのような「国公立進学校の問題」が研究され、税金を投入して育てた子供たちから、大人が「情報」を得るようになっていった。
クラスのキーパーソン(ナンバーゼロ)が「蹴落とされる側」だったら東大も甲子園も夢を見ることは許されない。
税法において「アイデンティティ問題」が生じたら上位陣が資金ショートを起こす、このことを理解しなければ、円滑な「税収増」は財務省も望めない。
進学校は税収につながるから可愛い。
そのために、資金ショートを防ぐための予算を割くというスパイラルが起きていたのだ。
「偏差値」「打率」などといった数学はこのようなことを明らかにした。
税法とは、トマス神学つまり「男らしい」「いじめをやらない」「特定のパートナーを愛する」という基本を踏まえながら、資金ショートを起こさないという「目に見えないおカネ」を相手にするものだ。
通常、おカネがなければ世界は灰色だ。
しかし、教室や家が「灰色」になるのならば現象学から見直した方がいいとレヴィ=ストロースは指摘している。
2000年までに国公立進学校の「秘密」を大人たちは研究し終え、アウディは、2004年に「自動車に乗る君主を育てる」ために国公立進学校は存在するとした。
ほぼ無償の学費を背景に、「男らしい」「いじめをやらない」「特定のパートナー(アイドルでも可)を愛する」資金力の充実した大学生を「君主」とすることにしたのだ。
大航海時代は「鉄・拳銃・羅針盤」から生まれたが、今の日本経済は「鉄・自動車・通信」であった。
経済政策・財政政策を明確に打ち出した令和天皇はもはや「神学」「男性崇拝」の対象であったし、円高の象徴であった。
さらに、彼の語る「女性観」は株価を上げた。
「男らしくあれ」「いじめをやめろ」「特定のパートナーを愛せ」
そのような「豊かになる秘密」「税法」を語った令和天皇には「私の方がサーヤよりもふさわしい女なのに」という女が大勢いた。
国家レベルの「企画立案」を行う男は本人の意に反するものであってもそれほどモテたのだ。
SPEED 熱帯夜

生物多様性は1993年つまり平成初期に「72回」起きたとされ、男たちの「生き方」がバラバラになった。
その後の15年間でも「19回」起きたとされる。
つまり、令和天皇のように国家の企画立案を行う生き方、など誰も行ってはいなかった。
ノーベル賞を何度もとれるような生き方があると人々が悟ったときには、もはや令和天皇の真似ができる人はいなかった。
「男は勃つか勃たないかの二種類」という割り切りも女たちにはあった。
そこで、この生物多様性が「どのようにしたら男は金持ちになれるのか?」という問いかけだけに変わっていた。
「男らしい」「いじめをやらない」「特定のパートナーを愛する」
簡単に言うとそういうことだ。
あとは、別のレーンを走る令和天皇を横目でチラチラ見ながら走ればいいだけだろ。
A、AB、O、B、星座別で48人、デートだけでヘトヘトなので、SMSを活用した。
神のみぞ知るハートの行方 酒井法子

ノートンも、男は勃つか勃たないか?お金を持っているか?の判断の根拠をトマス神学に求めた。
ペテロの葬列は、令和天皇の身内の物語だ。
いわば48人の男が、令和天皇の生き方という「正解」にどのような反応をしたかを示したものである。
35歳までに子供を作り終え、55歳で定年を迎える。
そうすれば子供の成人を見届けられる、そのような生き方が「男」の常識だったのだが、1993年に生物多様性が引き起こされたのだ。
そのため「知識」は発展した。
令和天皇そのものが「破天荒が見つけ出した正解」だったのだ。
浜崎あゆみ To Be

トマス神学の原点は令和天皇にあったし、その核心部分の教えが「男らしくあれ」「いじめをやめろ」「特定のパートナーを愛せ」ということであり、中国の舜と、トマス・アクィナスは、歌のモデルという意味では舜に軍配が上がるが、それは芸能界の都合に過ぎず、金持ちになる方法という意味ではトマス・アクィナスの方が強かった。
タンポポ 王子様と雪の夜

女の嘘と、男のマスターベーションは、「批評する精神」と呼ばれ、教育の目的となった。
批評とは常に「女の嘘」を相手にするものであったし、精神とは「そのような世界に溶け込みたい」という男の都合を意味した。
女が、社会から多くのものを家庭内に持ち込んでくるが、男はマスターベーションすることによって「そのような世界に溶け込みたい」と考える。
結婚前の女の団結に、男も「批評する精神」を持って道徳(仲間づくり)なり、現象学(世界を広げること)なりにつなげていかなければならない。
CoCo 横浜BoyStyle

さて、そもそも「記憶」というものが「よりシンプルな対人関係があった方が覚えておきやすい」ことから、家族や数人の友人によって形成されてきた記憶が大学受験でモノを言う。
つまり、「クラス全員が送り出す東大受験生」などいないし「ベンチが送り出すバッター」もプロ野球においてはいない。
そのため、私のブログをスマートフォンで読みながら、一方で参考書を読む受験生は極めて優秀であろうが、指導者を間違えると、とてもではないが東大合格も甲子園出場も実現しない。
「天皇とは誰もが務まるものではない」
そのことは若者たちが証明している。
「楽しい青春時代を」
それは天皇の力量であり、自動車に乗る「運転手」(君主)に与える天皇の影響力と、税法はここで結びつくが、大学受験・司法試験受験が「知識」「記憶」を要求する以上、天皇の書くテキストが「楽しい」というのは、税法の基本である。
とにかく、「孤立し、怒り、病んだ」受験生は貧しいし、おカネがいくらあっても「蒸発して消えている」としか言いようがない。
「男らしい」「いじめをやらない」「特定のパートナーを愛する」というのは常に税法の基本であり、風景が灰色になったら「資金ショートを起こした」と考え、勉強・記憶という作業以外に「手を付けなければならないことがある」ことを意味する。
そもそも「忘れた、覚えていない」ということそのものに税収不足(おカネが蒸発すること)が存在し、「よく覚えているよ」というところに豊かさがある。
灰色の風景など覚えていても意味がない。
そのようなところに「時代の天皇の力量」が存在する。
仕事をする、試験を受ける時の記憶と、さらに、のちに論文を書くようになる時に必要になる記憶と、最後に「自伝」を書く時の記憶の三つがあるが、どのみち「記憶のない者」は貧しいのだ。
記憶こそが富であり、「灰色の時代」をなくしていくのが「最も注目された文学者」である天皇の器である。
世の中で「学歴」「専門的知識」がモノを言うのは事実である。
しかし、金融となると「人間らしさ」をよく覚えておいた方がいいという側面がある。
天皇だって「男」だろう。
カネと女を約束してくれる「おことば」「文学」以外、読んでも意味がない。
女の言葉は「そもそも期待されていないことができない」というような「ダメな側面」以外に覚えていない。
酒井法子が「ラモスって怪獣?」と言ったなど、何の富にもつながらないことを私も覚えている。
しかし、女の子にとっても「茶色、緑、赤」の三原色が揃わなければ、男たちの記憶に残るようなパフォーマンスはできない。
小泉今日子 なんてったってアイドル

税法がうまく機能して、世界が明るい金持ち男にもどのみち「貧乏男二人組」が登場してカネを吸い上げてしまうだろう。
そのような時に「男らしくあれ」「いじめをやるな」「特定のパートナーを愛せ」という三つを忘れたら、イエスキリストは一流の税理士とは言えない。
イエスキリストは、マタイ、マルコ、ヨハネ、ルカなどの「自伝」によく登場した「陽気な男」であった。
「なんであいつ、そんなにカネ持ってるのかな?」
その秘密はのちにトマス神学(カトリック)が明らかにしたのだ。
ESSと呼ばれる「宇宙人が持ってきた書物」(聖書)を本当に、体現したのはトマス・アクィナスであり、令和天皇も似たようなものだ。

税法と経済政策は似ていて、常に「美男美女」が金持ちだとされていることから、仏教が日本国では問題にならざるを得ない。
アブヒダルマが、「顔の美しさが世界の色を決め、税収効果を上げる」とした。
沖縄とアイヌ、そして在日朝鮮人以外、単一民族国家である日本国にも、インドの哲学は根深く入り込んでいた。
音楽作品(スートラ)をこよなく愛するものが美しくなり、子孫繁栄が約束された。
「都会には美人がいるな?」
そう思わなければ、精子の出ないマザーファッカーになってしまうだろう。
女の「美しさ」に対して、男の子は「賢さ」で対抗しようとする。
男の「賢さ」に対しては、周囲は「専門用語」「暗号」で対抗しようとする。
女の美しさはこのようにして、周囲にいい影響を与えていた。
美少女というものはクラスに一人はいたし、鉄・自動車・通信の議論は、最終的には仏教となった。
キリスト教は、日本国の金融を緩和させる(芸能界の緊張をほぐす)効果はあっても、「美男美女を生み出す教え」ではなかった。
キリスト教は「豊かさ」を約束したが、仏教もそれは同じであった。
のびのびと育てられた大男は、駆け引きを知らない分、キリスト教的な金持ちにはなった。
キリスト教の「安息日」がなければ、仏教も成立はしなかっただろうが、龍樹は早くから「エルサレムを尊敬しろ」と中論で語っていた。
日曜はダメよ 三浦理恵子

生・老・病・死をはじめとする「十二の苦の連鎖」(十二縁起)が存在する以上、苦のない世界(涅槃)とは何かに関しては仏教界は沈黙するしかない。
しかし、美少年が失っていくものの代わりに得るものが男の魅力だとも言われる。
私の小学生の時の卒業アルバムに周囲はため息を漏らした。
真言宗の婆さんも味なことをやるものだと思うね。
「私、疲れ果ててたのよ」というおばさんがいるとするのならば、パートナーの男の「男らしさ」「いじめ」「特定の女を愛する」のどれかが壊れていたと判断するしかない。

トマス神学が、税法の起源であるとするのならば、カトリックがもっとも豊かな教えであることになる。
カトリックの「七つの大罪」は「他の男の女」に抱く嫉妬を基盤に、「男らしさをもつこと」「いじめをやめること」「特定のパートナーを愛すること」を求め、隣人の妻を犯したら破産するであろうことを意味している。
リベラルの立場から破産者を大量に出したことをレベッカが歌っている。
実力主義の大統領制(カトリック)の方が、毛並みのいい王子による世襲(リベラリズム)よりも豊かであるとし、天皇制批判に用いられた。
肉声のない王子がこのような負の側面を税法にもたらしていたのだ。
rebecca trouble of love

君主が妃に宝石を買い与えることそのものが「他の男の嫉妬」を引き起こす。
しかし、それならば「君主の肉声」をよく研究して自分もパートナーに宝石を買い与えればいいだけである。
「肉声のない君主」がそもそも問題になるのである。
大統領制は天皇制よりも「豊かさ」で勝っている。
毛並みのいい王子のもとで自由に遊びたいというリベラリズム(英国王室)は、チベット仏教などと結びついて、自動車産業や税法と密接にかかわるが、「人格的統治者とは疑わしいもの」(西原博史)という指摘もある。
大嘗祭を自分のポケットマネーで行った令和天皇に周囲は、「一生に一度のこと」として祝ったが、天皇制に「次」があるかは明らかではない。
天皇の妃に嫉妬し、時には「怒り」を感じる人もいるだろう。
そのため、天皇は常に国民に「メッセージ」を語らなければならない。
どのようにしたら豊かになれるのか?を明らかにしなければならないのだ。
妃のいる天皇への嫉妬というものは実に「男らしい」感情である。
それならば「全人類平等主義」の観点から、天皇は自分の肉声を「国民全員に」周知徹底する機会があることになる。
平成の時代には神道=モーニング娘。の側も「天皇に肉声がない」ことを認めていた。
「他の男の女を奪うと貧しくなる」
それは実質経済とも呼ばれ、女一人に男二人という図式は「男を賢くさせる」という効果はあったが、経済の「伸び」となると、世界が灰色になるのならば嫉妬は「七つの大罪」の一つであり、貧しくなるということは理解しなければならない。
男同士の「競争」による効果を「実質経済の伸び」と呼んでいるのであって、天皇が常に肉声を発しなければ経済成長は見込めないのだ。
モーニング娘。インディゴブルーラブ

女たちは「神は存在するか?」「神・男の完全性に関する議論」以外に、議論の必要性を感じていない。
病気を治してくれる「神」、法律相談に乗ってくれる「神」、おカネで解決してくれる「神」以外に議論の必要性を感じていないのだ。
つんくはひたすら神道の立場から「神」論争をリードした。
ナビが壊れた王子様 松浦亜弥

令和天皇は「医学情報」に関しては出し惜しみは全くしなかった。
みずからの「腰痛の研究」もかなり深く明らかにしていたのだ。
「神・男の完全性」と言っても、お年寄りにまで通用する議論でなれば経済に悪影響を与えかねない。
自らが「神」の地位を望み、失意のもとにある人間を無神論者と呼ぶのならば、天皇は存在しても、身の程知らずの無神論者はいてもいい。
しかし、減税効果三原則からアプローチするならば、無神論者もまた「貧しい」し、褒められたものではない。
カネ、健康、パートナーを与えてくれる神を信じないのならば貧しい。
話していてもつまらない。
これが女の考えだった。
パラレルワールドに関して描きたければ版権が生まれるだけだ。
しかし、パラレルワールドと言っても「天皇が何を語り、何を人々に教えた人か?」を明らかにはできずにパロディで終わるだろう。
今、自分がいるワールドがもっとも豊かだからいるとしか言いようがない。

さらに、おカネが「金額が数えられる、女が買える、すべての女に通用する」ものである以上、女との待ち合わせ(約束)が税法において重要な役割を果たす。
主権(日本人女はだいたいこんな感じ)というものの強度を高めると税収は上がり、減税効果もあるという意味においては「通信」の果たす役割は強く、「約束」というものの研究は欠かせない。
高橋由美子 Will you marry me

女の美しさのみならず、「孤立した男との約束は果たさない」という道徳(多数派工作)的側面が約束にはある。
男の「仲間の多さ」と女の「美しさ」は似たような意味合いを持っているのだ。
国家レベルでの「約束」が納税である以上、しっかりと「税法」(豊かになる方法)や、美しくなる方法(仏教)、さらには「多数派工作の方法」を天皇が発信していかなければならない。
これらを踏まえて、どちらについた方が「セックスが約束されるか」を担保にしていく必要がある。
「男らしくない」「いじめをやる」「特定のパートナーを大事にしない」男ならば、そもそも「信用できない」ので貧しいのだ。
令和天皇は「ニュースのクリエイター」であるが、「文字がある、新聞のニュースがある、世の中が自然に流れていく」という決定論者は案外多いのだ。
セックスよりも寝ていた方が良かった?怠け者にとって「気持ちよさ」と約束はこのような意味を持つ。
ribbon 変な愛のカタチ

また、「約束」というものは「将来に対して行う」ものでもある。
「男らしい」「いじめをやらない」「特定のパートナーだけを愛する」男がAKBの取り巻きがいたのならば「将来を約束されている」としか言いようがない。
「国際社会で名誉ある地位を占めたいと思う」
これは、日本国の女性たちを大事にしようという憲法学の意思表示である。
簡単なんだよ。「男らしい」「いじめをやらない」「特定のパートナーを愛する」だけで「天皇」になれてしまうのだ。
その代わり「駆け引きをやる禿げた小男」はそのような存在にはなれない。
家庭(ゲマインシャフト)と契約を結ぶのは基本であるが、大学や会社と契約を結んだら、この三原則を踏まえて、女の取り巻きを増やし、自分の将来を「約束」されたものにしなければならない。
やはり「経済政策」こそが、将来を約束されたものにし、過去の記憶が鮮明であることも減税と税収増をもたらすのと同様に、将来が明るいことも同様の効果をもたらすものと考えられる。
将来が見通せない人物であるのならば、周囲も約束を守らない。
「時間だけは頑固者」
それは自分の将来と関わるものであるからだ。
初めてのハッピーバースデー カントリー娘。

AKBなどの「期待感」が異なるのが「将来を約束された男」である。
二人の男を比べるのは一人の女であるが、女の中にも「人をいじめる男は強い、守ってくれそう」と考えるお子ちゃまもいる。
渡辺麻友がそうだったが、どこかで「キャリアの限界」を迎えている。
女としても「いじめをやる男は貧しくなる」という認識を持つ必要がある。
トマス神学が「繁栄を約束する」というのはこのあたりに根拠がある。
グロチウスは、トマス神学がなければフランスはカトリック国として現在の領土を保持できなかったであろうと考えていた。
偶像崇拝に批判的なカトリックが、「戦場ではいじめをやらない」ことから強さを見せたのだ。
同期の桜

一方で、ドイツは「アイドルのセールスこそが戦争の強さである」「慣習こそが王である」とし、名プロデューサーがいてこそ戦争で強さを見せると考えていた。
女の子たちの間に「いじめ」が生じ、男同士の「いじめ」すら容認してしまったため、ドイツの「税法」が果たしてどのようなものなのかは分からないが、トマス神学のような「アブラハム宗教」を神聖ローマ帝国が持っていないはずはなく、
どのみち「男らしくあれ」「いじめをやめろ」「特定のパートナーを愛せ」という3原則は踏まえなければならない。
皇帝になるために「慣習」「売れた音楽作品」が必要であったに過ぎず、公法私法峻別論の立場から「芸能界は一般とは異なる」という割り切りがあったのだろう。
その代わりナントの勅令において「名誉と富は同時には手にできない」というメッセージが出された。
名誉を手にするのが女の子たちの鬱を解消するのであれば、おカネより大事なものとして「いじめ」「譲れない夜」は存在せざるを得ない。
SPEED All my true love 

安室奈美恵が、いじめの横行する芸能界で「愛」「ルール」を訴え続けたことが知られている。
金持ちになりたければ必要なのは「愛」「ルール」だったのであり、本質は繁栄の神学と何ら変わりはない。
安室奈美恵

安室奈美恵も引退をしたし、渡辺麻友も引退した。
これは「いじめをやる男は貧しい」ということから、彼氏が「男らしくない」「いじめをやる」「特定のパートナーを愛さない」というトマス神学への「コントラクトダメージ」(契約不履行)によるものだ。
おカネが割に合わなくなれば、引退するしかない。
おカネがなければプロとしては動けない、そのようなことから「健康のほうが大事」となって引退している。

 

 

 

なお、私は本日をもって「立憲民主党のオーナー」になることになりました。
寄付をよろしくお願いいたします。
立憲民主党寄付

 

2020年6月 5日 (金)

アベノミクス三本の矢~構造改革。

鉄・自動車・通信が国民の福祉(恋愛)にどのようにつながるのか?説明が必要。
安倍内閣三本の矢のひとつ(ニュートン)構造改革とはこのようなものだ。

鉄と日本経済の発展について 小野光太郎講演会

通信の可能性 鉄・自動車・通信について

自動車と君主制について

鉄とトマトジュース~女の子とは何か?

通信の可能性~スマホの未来

 

自動車に関してであるが、「信号・標識などにしたがいながら」作った言語のことを「法律」と呼ぶ、とされる。
正気を保たずして作った「言語」は法律たりえない。
鉄は恋愛の世代を下げ、若者たちは大人の作った「法律」にしたがって女の子たちを口説き、通信はそれをアシストする。
「法律は自動車からくる」
ということを踏まえ、口説き文句に「正気と正確さ」をもたらすのだ。
車の運転に「周囲の悪意」は付き物だろ?
煽り行為や幅寄せ、それはまるで人生だ。
中山美穂 Bad girl

君主は常に周囲からの「悪意」にさらされている。
君主の真似をすることをプラグマティズムと言うのならば、クワガタクワガタと言うか、もっと洗練された話をするかは「君主次第」となり、「人格的統治者とは疑わしいもの」とならざるを得ない。
SPEED I remember

私も、平成の時代には決して「有能な王子」ではなかったかもしれないが、「何がいけなかったのか?」を熟知していたから名誉職に祭り上げられた。
令和の時代に「国民に手をふるのが仕事」などとは誰も思っていない。
「俺でもできる」とも思ってはいないだろうが。
HLAハートも、オースティンも、哲学の研究で成功したら、
晩年はドライブしながら思索にふけった。
国道渋滞8キロ おニャン子クラブ

「裁判官は運転するな」と言われるが、法律学を網羅したら間違いなく記憶障害になり、運転が苦手になる。
晩年の楽しみにするしかない。
男たちが日々作り上げる「法律」「女の口説き方」を全部覚えるのはそれほど大変なことだ。
「教授とデート」
女子高生の間でそのように語られた。
とにかく、口説き文句が同世代の男の子とは格が違ったのだ。
「ベンツの彼」
このことに、藤原拓海は怒りを感じ、初めて勝負で負けた。
しかし、それも「年の功」ってものだろ。
愛の倫理社会 おニャン子クラブ

なぜ、年上の男の方が魅力的で女の子たちが興奮するのかの正体はすでに述べたとおりだ。
「それが、天皇制を支える男たちなんだよ」
頭文字Dの話は昭和の頃のことだろう。
私も、大学時代に、教習所で教官に「何のために車に乗りたいのかをはっきりさせなさい」とこっぴどく叱られた。
女の子を隣に乗せて、「法律づくり」「口説き文句づくり」をするメンバーとして受け入れることはできない、という教官の怒りを感じた。
そうだ。
女目当てでなければ、野郎どもは教官の言うことなど聞かないのだ。
藤原拓海も、何のために車に乗りたいのか?を知らなかったんじゃないかな?
サンフランシスコのスタンフォード大学で学んだ私は、娘をまるでフェラーリカリフォルニアに乗せて、ゆっくり晩年を過ごせと言われているようだ。
なんてったってアイドル 小泉今日子

若者たちに「法律」「女の口説き方」を教えつづけたハートやオースティンは、そのような晩年だったし、女と無縁で病的な絵画を書き続けたピカソも晩年に「娘」と記念撮影している。
人生は案外平等だ。
・自動車・通信がどのように国民の福祉(恋愛)につながるか?の説明が必要と言っても、そもそも「口説き文句の発信源」「法律」が自動車にあったのだ。
女子高生と自動車をマーケットに解き放ち、あとは好きにやれと言っていた自動車産業も、この「ローメーカー」「口説き文句の発信源」としての男性ドライバーの存在は明確にしてもいいだろう。
日産 イチロー

ガーナー対バーは、女は車で口説くものか?酒を飲んで口説くものか?を争ったが、過去の男が気になるのならば酒を飲めと言った。
水商売はそれで成り立っているのだ。
「タイヤを温める」「バーストしている」
タイヤに関する女の話はすべて「男性崇拝」なんだよ。
女が隣にいたならば「危険運転」なんてしないだろ。
それを犯罪というのだ。
とにかく「宮」という皇室の用語の意味は「スペシャルヴィークル」(特別な乗り物)という意味だ。
男たちに「口説き文句」を教えない「宮」などいないよ。
「富を生み出す言葉」(おことば・記号論・象徴行為)など「女の口説き方」しかないのだから当然だろ。
パースは1860年代のアメリカ合衆国において「芸能界が国を作る」(記号論)ということを明確にした人物だ。
当然、「おことば」も芸能界の音楽作品を怜悧に斬らなければならなかった。
女の「大恋愛・大失恋」も、I miss youしか想定できないことも知るのだ。
瀬能あづさ I miss you

自動車を運転している男は、恋愛の生成過程を探求する民法や、処女にモテるための学問である刑法を常に念頭に置き、ローメーカーとして「女の口説き方」を作っている。
恋愛の生成過程にせよ処女にモテる方法にせよ「一般法」としてすでに確立しているが、それに「何かを上書きする」ことを構造改革と呼ぶ。
常に念頭にあるのは一般法である。
その上で、助手席にいる女の「ハート」を奪わなければならない。
時にはレストランに入ったりする。
「車はお金を払って買うもの」とは必ずしも言い切れないものがある。
当然、お金は払うだろうが、「ローメーカー」として各自動車会社に論文を提出していれば多くのメリットがある。
自動車会社を「法律」「女の口説き文句」の教団の総本山にしなければならない。
「政治イズ道路、道路イズ政治」とも言われるように、自動車会社が法律、女の口説き方を集めて道路を作っている。
ロールスロイスは大卒のものだし、ハーレーダビッドソンは高卒のものだ。
道路を作るのはあくまでも自動車なのだ。
助手席というものはそれほど重要な意味を持つ。
「ツーシーターで夜明けの海に連れてって」
SPEED Lovely friendship

自動車の運転性の男が「君主の真似」をして話すのならば、「君主制は女たちが証明しつづけるだろう」とされる。
モテるようになった男は、暑い季節に「泥」に感染して熱中症になることがある。
こまめな水分補給だけではどうにもならない、「女社会の泥」を理解しないとモテることそのものが命に関わる。
私が王子だった頃に、熱中症患者を大量に出したことがある。
「スポーツドリンク」だけでなく「女社会の泥」をも理解する必要がある。
原因を理解しただけで治る病気がある(フォイエルバッハ)。
信者にできる人を探しているというニアサイド型の君主もいれば、ほとんどの男たちが尊敬するファーサイド型の君主もいる。
ファーサイドを使えない君主であれば、おのずと影響力も限られ、「なぜ貧しいのか?」を考え直さなければならない。
ニアサイド宗教というのは案外多いのだ。
ファーサイド型の君主は、自動車の運転席の男も発言を真似する。
そのため「自動車」というものは立法機関であるとされる。
平成の時代には「ハンドルを握っている人は君主だ」とは誰も思っていなかった。
君主制と、自動車産業は密接に関わっている。
ハンドルを握っている人が君主なのか?酔っ払っている人が君主なのかもガーナー対バーで争われた。
ニアサイド型の君主が存在するか、ファーサイド型の君主が存在するかで、風俗関連営業と自動車産業は明確に区別される。
思考力を7分の3落とさなければ女を口説けないのがニアサイド宗教である。
「飲まなければ本音は出ないからね」
「いろんな人いるからね」
ニアサイド型の君主がいた時代は、そんなことが語られていた。
「何のために運転したいのかよく考えなさい」
そのように語った教習所の教官は天皇制を批判していたのかもしれない。
君主制は「自動車」という立法機関を抑えなければ、鉄や通信までは到底到達しない。
「信号や標識を見ながら」ハンドルを握る男というのはそのようなものなのだ。
私は、教習所で「明日卒業式だから飲もう」と仲間に言われたが、その時にもクダを巻いてしまった。
そこには「天皇制」など存在しなかった。
「信者にできる人を探している」というニアサイド型の君主には自動車という立法機関を制することはできない。
国権の最高機関とは「自動車」に他ならなかった。
タイヤのケアは、運転している人にしかできない。
ケアレスミスすら拾われてしまうからだ。
おことばを述べる君主(天皇)もケアレスミスは常に狙われている。
交通事故のニュースすら天皇制批判であった。
「それを言うのならば乗らないことだね」
私の天皇制批判に友人はそう言って肩をすくめた。
アメリカ合衆国でフォードが自動車を発明して以来、「君主制」という概念はまとまってきた。
ファイヤーバードやサンダーバードの燃費に慣れたアメリカ人は「女を助手席に乗せなければおカネが割りに合わない」ことも知っていた。
松田聖子 ロックンルージュ

ハゲたタイヤを交換する、ケアレスミスをなくすなどの「君主としての義務」を果たさない男は、事故を起こしたら助手席の女に容赦なくしばかれた。
赤信号では止まれ。
「ここで行ったら死ぬよ?」
初心者の頃、友人にそう言われた。
チベット仏教は、世界の自動車産業や君主制のあり方を見て、
「助手席の女を美しくすれば車がバージョンアップできる」とし、サクヤパンディタという「王朝の祖先」という人物を生み出した。
このあたりは通信とも密接に関わる話である。
鉄・自動車・通信というものがどのように国民の福祉(恋愛)につながるか?の説明が必要としたが、この三つは三位一体として密接に関わっている。
インドやネパールは、密かに「世界の王朝」への覇権を狙っていたのだ。
「美しいものは触りたいというのはしょうがないよね」と日本の女たちも考えていた。
チベットと中国は、20世紀後半にはもはや「妥協点の見つからない」対立をするようになっていた。
世界の王朝(君主制)への野心をチベット仏教が見せたからである。
高級車にはちょっかい出してはならない。
それならば、運転手が君主であるのにとどまらず、助手席に乗っている女は女帝であった。
チベット仏教の「世界戦略」に共鳴した君主制国家=仏教国を「大乗」(偉大な乗り物)と呼ぶのであり、助手席の女の美しさ次第で、巨大モビリティ社会での存在感が変わることを支持したため、大乗の側から、そうでない仏教を差別的に「小乗」と呼んだのだ。
女の美しさが「階級社会」と結びついたために、「お辞儀をする」という文化が大乗の側に生まれた。
日本では「起立、気をつけ、礼」と言って天皇制の意味を子供たちに教えた。
そうは言っても、チベット仏教は「女の美しさが車のバージョンアップにつながる」ということを示したに過ぎず、「学びのゲートウェイ」「君主の力量磨き」は、終始アメリカ合衆国に圧倒されていた。
それでは、「自動車のデザイン」「アート」の側面はどのように成り立っているであろうか?
基本的には、「意識しているのは多くの男たち」であった。
フェラーリカリフォルニアの登場にざわめき立つのも「男たち」であった。
「アートとは何か?」をよりシンプルに表現することは可能であろうか?
「勃つんだよ。死の恐怖の前で勃つんだよ」
そのためにポルシェの流線型もアールヌーボーも作られていた。
アートは「多くの男たち」しか想定しておらず、それはクラシック音楽も自動車も同じであった。
チャイコフスキー交響曲第五番

地球はいかなる世界よりも天国に近い、ということを墓荒らしのシーンで描いたシェークスピアのハムレットは、もともと偉大な舞台作品だったわけではない。
1958年にモンロー・ブレッズレーによって「発見」されたものである。
そのような意味においては、私も多くの音楽作品を「発見」してきた。
いわば「作り手」は華厳宗のように「のちの時代の歴史の審判」を仰ぐつもりで作り、天台宗・真言宗によって「発見」されるのを待つようなものだった。
たとえば、私は大黒摩季を一生「発見」することはないだろうし、ホメーロスのイリアスが「理想の男」を描いている、ラファエロがシスティナの聖母を描いている、ベートーベンが第九を作ったなどの「発見」がなければ今のJ-POPもなかったのだ。
「真剣勝負に使える女心」
これがアートであった。
まるで、戦場でいかに兵士を殺すかから生まれたかの如く、アートというものは存在した。
インガーデンとハートマンが、そのような作品だけを「発見」していたのだ。
第二次世界大戦の前に「アートとは何か?」が確立した。
中森明菜 リフレイン

つまりは、自動車のデザインも、アートである以上、「石の色の表面が」聞こえる、さらには「アートの歴史」の一角をなす、つまり、「男たちを勃たせ」「真剣勝負に使える女心」であり、「死の恐怖」と関わったものであろう。
しかも、「勉強するに値する」ものでなければならなかった。
さらには、プラトン的(理想の男)、ロマン主義的背景がなければならない。
松田聖子が歌のモチーフにしなければ、自動車のデザインも発展しなかったことになる。
真っ赤なロードスター 松田聖子

日露戦争後のポーツマス条約を締結するにあたり、日本政府は「自動車の将来」を鮮やかに描き、朝鮮半島および台湾を手にした。
千島列島も手にした。
日露戦争の戦後処理は「自動車論争」であり、日本国が大乗仏教の側に立つのは「必然」とされた。
日本国はベトナムやラオスなどの「南部仏印」を目指してはならないのであって、今でも北方領土や朝鮮半島、台湾、満州までは領土的野心は容認されている。
アメリカやドイツ・フランスの自動車産業に夢を与えたことから日本国は覇道の道を歩んだのであり、今でも世界各国に夢を与える力をいまだに日本国は持っている。
アメリカ人の中には「日本車め」と言って日本の帝国主義に反発するものもいた。
日本車は日本国の天皇への支持を意味した。
ポーツマス条約のときに何を話したのかは、のちにペッパーが明らかにしている。
旅順陥落よりも重要な外交駆け引きであった。
ペッパー警部とは、石井菊次郎がモデルだったのだろうか?
モーニング娘。ペッパー警部

メルセデスなどのドイツ車や、ランボルギーニなどのイタリア車との「結びつき」は、第二次世界大戦後も根の深いものだった。
しかし、インターネット時代になってからは「日独伊三国同盟の解消」と「日米同盟」の確立が進んだ。
しかし、国連の「敵国条項」の削除にまでは至っていない。
ポルシェやフェラーリが好きなんだから仕方がないだろ。
山口百恵 プレイバックパート2

ドイツやイタリア、そして日本とアメリカを取り巻く、日本国の天皇と「カネと女」の話が自動車だったのだ。

 

 

なお、私は本日をもって「立憲民主党のオーナー」になることになりました。
寄付をよろしくお願いいたします。
立憲民主党寄付

 

2020年6月 3日 (水)

女の子のハルシネーション~田中有紀美の場合。

女の子は、茶色とともに育ち、緑とともに「真面目になろう」と決め(幻)、赤とともに「男」と向き合う(ハルシネーション)。
「緑のインク、もの思いつのるわ」
お呼びじゃないの うしろゆびさされ組

田中有紀美は、「緑と赤が同時に課題になった」「真面目になろうと思ったら男が来た」という「幻とハルシネーションが同時に来た」「早熟な」女の子がテーマである。
茶色をベースに「緑と赤がかなり混乱して混ざり合う」それは、愛染においてよく表現されている。
田中有紀美さんがもっとも嫌うのは「タバコ」である。
ふしだらな女の吸うものでもあり、混乱した男も吸う。
「真面目になった私」(緑)に、男(赤)が混ざってきたら出来るだけ世界を明るくしたかった。
赤には純粋であって欲しかった。
愛が長続きするように。
田中有紀美 愛染

赤と緑色、それは「真面目になろうと決めた女の子」が「男」に失望しないために作られたポインセチアの色だ。
トロツキーは、女の子が神に失望するのは「女が嫌いな男」と「レイプ」だけだとし、女の子の「男性崇拝」を推進した。
Melody You are only my love

茶色をベースに、緑色と赤が複雑に混ざり合い、女の子の「世界観」は決まる。
月は女であり、穏やかな気持ちにさせてくれる。
月の下でなければ、夜に男と会う気がしなかった。
東に月が出れば、男と逢引できた。
愛し合った後には月は西に沈み、満天の星空が広がった。
月が沈まない夜に、デートした時は、「思い出にならない夜」となってしまい、私は泣いた。
男の精子だけが、私に「100人からの誘いも断ってきた」証拠となった。
夜半の月 田中有紀美

女が神を信じるかどうかは、茶色をベースにした「緑と赤の問題」であり、赤は高貴なものでなければならなかった。
女の「世界観」を嫌う男がいたのならば、私は足元を救われて、転んでしまうでしょう。
冬の微粒子 CoCo

「仲間が多い、何かやってくれそう」な男の子に恋をした時は、本来、立方体に過ぎなかった私の身体が曲線を帯びてくるのが分かった。
国生さゆり ノーブルレッドの瞬間

田中有紀美の解釈にカトリック(CoCo)を用いさせてもらったが、女が「イエスさま」というだけで、茶色をベースにした「緑と赤の世界」の調和が取れてくるのだ。
この世界への侮辱だけはどの男にも許されなかったし、神さまを信じている女の支持をなくしていかなる男も政敵を倒すことはできなかった。
CoCo 何かが道をやってくる

真面目になった私は緑=幻であり、男と愛し合った私は赤=ハルシネーションであった。
そのために、失恋した女は「幻を愛した」と言い訳することもあった。
何度も言うが、女たちの支持をなくして、どの男の子も「勉強できる環境」が与えられるとは思わない方がいい。
また、政敵を倒せるとは思わない方がいい。
このような「露骨なJ-POP」を、マンスフィールドは「1996年に潰してしまった」のである。
平成に「次」など必要ない、それがアメリカ合衆国の考えであった。
Melody 運命95

この、「茶色をベースにした赤と緑色」の議論は、女の子が「男を語る時期」(宗教)の女心(政治)を意味し、フロイトでなければ分からない、深層心理であり、同じクラスの男の子には「分かるわけのない」ものである。
「優しくしてほしい」
それしか言いようのない気持ちが女の子にはある。
バナナの涙 うしろゆびさされ組

道徳とは「仲間を増やす」学問であるが、現象学とは「世界を広げる」学問である。
仲間が多いのと世界が広いのとはどのような関係にあるのかは、たとえば、現象学は「東京進出」「全米進出」が視野に入ると言う意味において、道徳とは異なるものだ。
女の子は「宗教から政治へ」という道のりをたどる。
つまり、「男を語り、やがて男を知るようになると、女心を語るようになる」というものだ。
しかし、現象学は、女の子の「宗教段階」における政治(女心)を語るものだ。
そこには「茶色をベースにした赤と緑色」しかなかった。
それでも、音楽作品はあったし、現象学、つまり「女の子の宗教と男の子の政治の相思相愛」は、男の子が部活で頭角を表す上でも、勉強ができるようになる上でも必要なことだった。
甲子園出場や、東大合格も、現象学、つまりクラスの女の子たちの同意が求められた。
青いスタスィオン 河合その子

現象学が分からないから、「壊し屋」にならざるを得ない男もいる。
現象学とは「独身男女の学問」であり、哲学の歴史でもあった。
若い女の子は「茶色をベースにした赤と緑色の世界から出てくる」
青というのは茶色の「補色」であった。
まさに「青春」を理解することでもあり、クラスメートの女の子たちの支持を集め、「クラスが送り出すバッター」となるための
学問だった。
「過去とはすべて弱みである」
それを踏まえた上で、女たちが「女の子」だった時代を理解する必要がある。
さよなら夏のリセ 河合その子

 
女の子は、茶色を基盤にし、緑とともに真面目になろうと決め、赤とともに男と向き合おうと決めるが、茶色の世界から、「男の子の方が自立するのが早い」ことに気がつき、「少なくとももっと心を開かなければならない」と女の子は考える。
「心を開けば何かが見えそう」
河合その子 緑の少女

国語の教科書を読んだら、最後に「主題について述べよ」と言われる。
主題とは「男社会の間を取り持っている女の子の気持ち」をいう。
都会に出ていくのはいつも男の子の方だった。
私も高校時代に留学をした。
三つのエンジンのついた飛行機で旅をし、メルセデスとワーゲンの違いにも先に気がつく。
酒井法子 エアメール 

周囲の男の子たちが自立していき、自分も心を開かなければならないと知った時に「緑」の世界が見えた。
心を開いたら「男たち」が大勢、自分の周りを取り巻いているのがわかった。
「男の子たちは、私の何を想像して抜いているのだろう?」
これを「既判力」という。
私は男の子たちに、そのような女の子だと思われている。
バナナの涙 うしろゆびさされ組

社交的な女の子は、茶色からすでに緑も加わっている。
このことが明らかになったのは21世紀のことだ。
文学少女というのは、周囲に心を開かず、茶色い世界のまま、茶色(補色は青)の表紙に憧れた。
渡辺満里奈 夏の短編

自動車=君主制に関しては、日本国がポーツマス条約で世界に雄弁にその意味を語ったが、鉄はそれほど遅れているのだ。
なぜ、茶色いペニー(1ペンス硬貨)は、記念コインとして潰して形を変えてもいいのだろう?
通貨変造罪では少なくともない。
女の子たちにとってより身近で、記念品になりやすいものだ。
男の子は、私の何を想像して「抜いて」いるのだろう?(既判力)
これを緑(幻)と呼ぶ。
女の子が「女」になる前の、自分でも分からない男の子の考え、それは「少年のようにもっと素直なら」という失恋ソングと同じである。
穴井夕子 フェアリーデイズ

 
男の子の気持ちが分からない、心を開いたけれど、周囲には大勢の男たちがいるだけ。
その「緑」の状態を、既判力といい幻と呼んだ。
杏里 オリビアを聴きながら

茶色い世界(女の子がまだ家庭と学校にしか居場所がない時期)の研究を、センスデータと呼ぶ。
鉄の研究をする上で、センスデータに基づく芸術作品を理解することは意味のあることだ。
火垂るの墓

統合失調症になった女性芸能人が「8歳の頃の私に戻った」と話すことはよく知られているが、それならば、新約聖書に「永遠の命」と記すのと同じぐらい、鉄の研究は、女性芸能人たちの支持を得やすいのではないか?
言葉の数が増えていく過程で、自分の譲れないものだけができ(エゴ)、そして好きなものができ(フェチ)、その上で「他人が感動できる話ができるようになる」というのが人間の発展段階だとするならば、茶色の世界(8歳の頃の私)は、譲れないものと好き嫌いしかなかった。
おもひでぽろぽろ

間接的には「表現者たち」の支持を得やすい研究が「鉄」であり、センスデータであった。

あるいは、茶色い世界で「動詞」を覚えるため、譲れないもの(エゴ)と好きなもの(フェチ)の世界から「やる」「やった」などのセックス崇拝は生まれているのではないか?とされた。
女の子の発展段階が、男たちや大人までをも巻き込んだタントラ教につながったとするのだ。
渡辺美奈代 Too Adult

茶色い三角形と緑の四角形とも呼ばれ、赤いきつねは通常女の子が食べるものではない。
女の子にとっては「トマト」が赤という色に強い影響を与えているとされている。
赤いきつねと緑のたぬき CM  

茶色と緑と赤が全部出揃ったら「白」になるとされ、雪が好きになり、転ぶことが怖くなり、神さまを信じられなくなることもあった。
これが、鉄と芸能界の関係だった。
工藤静香 ブリリアントホワイト

センスデータとは、本来、ペドフィリアと呼ばれていた性的嗜好に、あの少年たちは「女の子」であるという説明を与え、どのように「男の子と異なるのか?」を明らかにし、基本的には主権(日本人女はだいたいこんな感じ)というものに、女の子たちを巻き込んでいく研究だ。
ペドフィリアという用語への反発は極めて強く、昨日、私はこのことから株価を大幅に下げてしまった。
さすがに言葉は選ばなければならないだろう。
ホモも1970年代に「病気ではない」とDSMに書かれたが、ペドフィリアという用語を無くし、それでいて「彼女たちの論理」を明らかにすることを「センスデータ」と呼ぶ。
「世界が茶色い」「子供の頃描いたブルー(茶色の補色)だけの風景」
など、そもそも児童芸術コレクターが明らかにしたものだ。
「赤くて丸いトマトが食べられない」という文化を持ち、それほど「性的に未成熟」だった。
野菜シスターズ AKB48

 
液体の「温度」によって生理かおしっこかを区別し始め、男と向き合う準備を始めるが、初潮を迎えてなおさら「トマト」が食べられなくなる。
トマトとどう向き合うかは女の子が「女」になるために極めて重要な意味をもつ。
野菜占い AKB48

緑の野菜までは「真面目になろう」と思ったら受け入れられたけど、トマトだけはダメだわ。
トルコ石は好きだけど、ルビーの指輪だけはどうもトラウマだ。
ジャスミンティーを飲んで「私らしく」一日を終えたけど、緑の少女は幻に過ぎない。
トマトジュースを飲んだとき、16歳で生理が来なくなった。
宝石が好きかどうかは「女になるための条件」だった。
ルビーの指輪 寺尾聡

椅子とテーブル(食卓)において、親が用意してくれたものの「何を受け入れるか」という問題であり、LGBTも「食べ物に我慢がならない」という現実の都合があった。
男でも「野菜ジュース」をガバガバ行けない「坊や」は寿命と関わる。
夜空を見上げて、星に運命的なものを感じても、「星は千年前の出来事には責任をとっていない」とも言われ、太陽や月ならばともかく、星までは平安時代の頃の話だ、と考えているとされる。
宝石を見たり、空を見たりして女の子は「女」になっていくのだ。
つまり、からだのフィットネスなどを行うことは、自然と「鬱の解消」のみならず、トマトジュースが飲めるようにしてくれるとされる。
河合その子 空を見上げて

また、トマトは「女野菜」(セカンドフード)とも呼ばれ、統計的に「長期間、摂取しない」ことがある。
特に、一人暮らしの場合などは、意識しないと食べない飲まないことになり、フィジカル面で不調が生じることもある。
「女が苦手な男」「女になることを拒絶した女」などは注意が必要だ。
「幸せが苦手な男だとバレる」
カフェフラミンゴ 安部恭弘

「脳は肉体である」とも言われ、トマトジュースを飲む習慣がないと、性概念が「肉体だけでなく脳に」悪影響を与える。
「哀しい名前の飲み物」(マリナブラデー)を、「好きな人が飲んでいたから」飲めるようになる。
人を愛するとはそのようなことなのかもしれない。
酒井法子 エアー~サラダデイズ

あとは「婆ちゃん言ってた」と言うしかないだろう。
女が好きな奴は、どのみち身体が頑丈になるようになっている。
野菜を取らないとだちかんぞ

青い檸檬が、自分の心を開かせてくれた。
緑色の野菜を食べようかと思った。
檸檬は黄色だと悟った。
檸檬の年頃 AKB48

やがて、生理を受け入れられるようになり、彼氏と二人乗りの自転車に乗った。
真っ赤な自転車 おニャン子クラブ 

食べ物にせよ、自転車にせよバイクにせよ「親が買ってくれたもの」だった。
芸能界さえ盛り上がっていれば、警備員として仕事ともつかぬことをやっていても、一万円札がたくさん手に入った。
センスデータは、女の子の「色」を食べ物からアプローチしたが、
言葉の数の問題ではないか?と批判された。
センスデータのような「食べ物」からのアプローチをするにせよ、言葉の数からのアプローチをするにせよ、女の子たちは、「色」と周囲の男の子を密接に結びつけていたし、「色」「誰々に似ている」という話題だけで盛り上がれた。
酒井法子 天使の館

ひたすら「楽しみたい」と考えた小学校時代があり、「ルールを守ろう」と考えた中学校時代があり、「権威に頼ろう」と考える時代もある。
それもすべて「男の子」が目的だった。
言葉を国語の授業で覚え、それと同時に家庭では食卓に食事が出てくる。
そのため「色」の議論に正解は見いだせない。
そのような女の子にも「ファーストキス」「初体験」は訪れる。

トランプの「ハートの6」あたりが透明の立方体と関わるイメージが「初体験」だろうか?
恋をしなければ、女の子は立方体であるし、「ハートの6」というごく平凡なカードに夢を見ていたんだな、と思うだけだからだ。
セーラー服を脱がさないで おニャン子クラブ

男の子は「女の子の夢」を見たら、起きている日常においてもまるで常に勃っているようであったし、女の子は「男の子の夢」を見たら、まるで自分に対して常に勃っているように感じた。
夢というものが、女の子を「女」にするという側面があり、眠れなくなった人間は「恋」をしなくなる。
ナオミの夢

 テレビの露出を増やすということは、男にとっても女にとっても、おちんちん崇拝を前提に「恋」をする条件であった。
そのため「7局24時間」をめぐって熾烈な戦いがなされる。
女たちの「ドロドロした」世界と接すると、通常の男は熱中症にかかりやすい。
おちんちんがないという「去勢」と、女の子の「色」の関係は明らかではないが、茶色の風景、つまり「白黒の夢」において、出てくる男の子が常に自分に対して勃っているため、白黒の夢のつづきを神社で見ると、
かなり「苦しい」ものとなるだろう。
ロマンスかくれんぼ

それが、緑や赤が加わった「カラーの夢」を見るようになると、もはや「楽しんで暮らしたい」だけでなく「ルール・権威」が加わるため、
女たちは「赤坂の高級クラブに出入りしている」「六本木で遊んでいた」などと「夢で見た男の噂」をするようになる。
本当に東京進出・全米進出をしたいのならば、それはもはや現象学であり、「楽しさ」だけでなく「ルール・権威」が必要になってくる。
ルールを守らない、発言が権威ではないのならば、「7局24時間」の限られた枠の世界では簡単に寝首を掻かれることになる。
眠りながら見る「夢」というものは、例えば現実生活の「いじめ」から逃れることができるし、多くのメリットがある。
しかし、女の「小さなからだ」で見た夢を男に押し付けるのはいいことではない。
私も、大学のボクシング部に復帰する夢をよく見たが、「年齢が違う、体重が違う、その他の体力面での強さが違う」などを痛感し、それでも「人生の失われた部分」を眠りによって補っているのだ。
そもそも「意識」というものが「異性に思われなければ」育たないものである。
勉強する上での「頭脳明晰」や、スポーツでの「優れた戦術」なども「異性に思われなければ」生まれないものだ。
人生のドツボで「神に愛されている」と周囲が言ってやらないと、思考力の上がらないものもいる。
思われている 中嶋美智代

 

 

 

なお、私は本日をもって「立憲民主党のオーナー」になることになりました。
寄付をよろしくお願いいたします。
立憲民主党寄付

 

2020年6月 1日 (月)

「ジャパネットたかた」の研究。

基本的に「男性崇拝」「神・男の完全性を語ると爽快感がある」という基本を踏まえている。
掃除機・布団・包丁など「私の方がよりふさわしいパートナーになれるのに」という女性心理を利用したものだ。
SPEED 熱帯夜

また、「彼女のことなら初めから百も承知よ」という略奪愛(信教の自由)を背景にしているため、ジョン・ロックの研究を深める必要がある。
WINK 愛が止まらない

つまりは「私の方がうまくやれるのに」という理論を「セット理論」と呼ぶ。
セット理論こそがジャパネットたかたの哲学的な柱であると言ってもいい。
女性の局部の価値を最大化し、それでいて「男性崇拝」を推し進める、それは「円高・株高」土地高のトリプル高をテレビ東京が志向していることを意味する。
テレビというものも、二元論つまり「テレビとネットの情報格差を利用して儲ける」というインド哲学を背景に、独身女が、結婚のために用意するものだ。
安倍なつみ ひとりぼっち

このような「セット理論」を背景に、トリプル高を志向したテレビ東京およびジャパネットたかたであるが、株価は下がる日もある。
理論的には「インフレ・失業率の増加・利上げ」を恐れて株価は一方的には上がらないものであるが、「女の価値を高める」「男性崇拝」という最終的には「結婚」を目指したセット理論は、「その女はハニトラだぞ」ということや、「そんなに結婚したいのか?」という視聴者の笑い、さらには「男と言ってもいろいろある」という側面から、株価=女の価値というアプローチをしても株価は一方的には上がらない。
「愛という概念の難しさ」はすでに広く知られているが、セット理論は「すでに結婚したパートナー同士でも、ベッドの上ではいつも新鮮」というものを目指し始めた。
つまり、女の供給に常に「主婦層」を引き込み、株価を下げる効果もあった。
男は、離婚しないために「愛の言葉」を常に本から探していた。
「我々は株高・円高を支えている」
このようなジャパネットたかたならば、放映権料、さらに「政財官からのマネー」によって、商品の価格は低く抑え込まれているため、テレビの視聴者は「買わなければ損」という側面が指摘できる。
その辺は「詐欺まがい」の商法では「決してない」という正確な理解が必要となる。
太陽(男)と、月(女)の双方にメリットのあるものが、
ジャパネットたかたであった。
もちろん、「男性崇拝」を柱とするものである以上、男の側から「愛の言葉」を囁かなければならず、円がそれに応えきれないと、株価も下がってしまう。
その辺りは「作家冥利に尽きる」という他はない。
高橋愛 電話でね

「料理・家事・洗濯」
これで「思春期のメランコリー」を克服してきた歴史が女の子にはあった。
今でも鬱が晴れるわ?
あじさいが赤から紫に色を変えていくように「女の子は女になった」のである。
胸騒ぎのメランコリー 高井麻巳子

ジャパネットたかたは、このように「最小不幸社会」を志向して作られたものだ。
これが、もし菅直人が行ったものならば、「公約など口ばかり」「誰がやっても同じ」とは必ずしも言い切れないものがある。
女の価値=株価を上げる方法が分かったのならば、次には「男の値段」=円を上げなければならない。
このあたりは何度も言うが「作家冥利に尽きる」と言うしかない。
「神の見えざる手」「天皇の小説」がモノをいうのである。
通販の研究をしていると、「ギフト」について語らなければならない。
不愉快な人からの贈り物は「誰も覚えていない」のである。
つまり、人間社会は「ちょっと黙っててくれねえか?」と言ってギフトを使ってもあまり有効ではない。
それよりも、送り手が「自分のイデオロギー」を確立することの方が大事になってくる。
イデオロギーを固め、その資金で「ギフト」を用いる、それが王道であり、「なけなしのカネ」でものを送っても有効ではない。
この原理を「I say Yes」と呼ぶ。
Melody I say Yes!

「I say Yes」があるかぎり、お中元・お歳暮という慣習は国を明るくする方向を目指すのに都合がいい。
着払いで送り返されるような「暗い人物像」であってはならないのだ。
宗教の存在理由もこの辺りにある。
「この御恩は一生忘れません」と言ってまで「話を聞きたがる」のが、ギフトの効果である。
カントとか、マルクスとかの真実は、案外「誰も知らない」ものだ。
それを「女性にわかりやすく話す」(ワラント)という効果を知らないといけない。
企業も最初はどういう人か分からないため社債を出してくるが、その人物像を知るようになると株式に転換し始める。
「女性にもわかりやすく話す」ことの意味はここにある。
CoCo あなただから好きなの

人間社会に「横領や裏切り」があるのは当然である。
しかし、みんな「資金の出所」からの話を聞きたがっている。
中には「パートナーがいるから」と拒絶する人もいるが、必ずどこかに「チャンネル」を開いているはずだ。
情報ははっきり言って「集まらない」が、「発信」することはできるのがギフトの効果だ。
政治家でお中元・お歳暮の意味を知らない人はいない。
みんな「目覚めた人」からの話を聞きたがっており、眠っている人やうつ病患者からの話は聞かない。
モノをもらったらクダを巻く人の話を聞かなければならない。
そのために、「横領や裏切り」は当然、あるものとしても、「目覚めた人」の話だけは聞きにくる。
どのようにしたら「目覚めた人」になれるのか?
うつ病というものは「外科的内科的理由」が必ず存在する。
そうでなければ「裁判官の息子」としてディスチミアという「法学部特有の」うつ病になっているだけだ。
それならば、電話がかかってきたら「天気の話」ぐらいはしよう。
「天」とは、気温コントロールのことであり、「気」とは座禅による顔のコントロールのことである。
今、どの「神学」(男子トーク)がもっともホットなのかを語ればいいのだ。
カルサースが2000年に、「ギフト」の意味をまとめ切った。
うつ病には、必ず「外科的内科的理由がある」とするのならば、宗教家が「医者と同格」であるのは当然である。
「発信型」「贈り物をするタイプ」の宗教家は天皇である。
一方で、人々の「日常の愚痴」を聞いて回るタイプの宗教家もいるだろうが、お金と情報は集まるだろう。
天皇の唯一の信用できる友達はカントやマルクスなどの「歴史上の哲学者」であり、そうでなければ「発信」はできない。
親父からの「地盤・看板・カバン」だけが頼りだ。
自分で一から始めるわけにはいかない、という地方選挙区の論理は当然ある。
しかし、二世三世の政治家は「病気を癒す力がない」という違いはあるだろう。
それ以外に、むげにこのような世襲を否定するつもりはない。
通販のギフトには「知っていることを合わせる」という側面がある。
そのため、ある左翼活動家は、父親が医者であり「贈り物がたくさん届く」私にいろんなことを聞いてきた。
「天」ひたすら高く飛びたい人は、人から贈り物は受け取らないであろう。
しかし、古典を通じて、たとえばデカルトならば財務省と共通認識ができるし、キリスト教の全体像を理解すれば、もっと多くの人脈と共通認識ができる。
「私の知っていることと合わせたい」
それでも献金は集まるし、「知識」というものはそのようなものだった。
「スタンフォード大学は何を言っている?」
それだけは現段階では私の独壇場である。

さて、通販のつづきであるが、「知っていることを合わせたい」と言っても、要するに「気持ちよさ」を教えてもらいたい、という側面がある。
たとえば、不思議の国のアリスを真似して、女の子は母の元を離れ、猫に見送られて穴に落ちる。
ドアノブの前で大きくなったり小さくなったりし、なんやかんや騒ぎを起こして、めちゃくちゃに暴れ、最後にグッタリと「破滅」し、その後、海を泳いで、綺麗になり、ドアの鍵穴の向こうに再びお母さんを見つける、などというものから、
(長い)不思議の国のアリス

男女ともに、合体し、動きもせずにショパンのノクターンを聴く。
週末にどこに遊びに行くのかをひたすら議論し、「腰で」駆け引きをする、などがある。
1時間とにかく「動かなければ」女が悲鳴を上げて絶頂に達するとされる。
ショパン ノクターン  

他にも、例を挙げたらキリがないが、ご主人様がコップをこぼしたら、メイドカフェのメイドが、周囲に聞こえるように「大変申し訳ありません。ご主人様」などというプレイもある。
性欲の背景には「支配と従属」があり、お客は笑ってお会計を支払っていくとされる。
他にも、バーベキューをやった時に、食事を作っていた女が、最後にアイスクリームを食べる前に、「誰か、私のマスタードで汚れた顔を拭きなさいよ?」と言って、誰が「顔のマスタード」を拭くのか?をみんなで遠慮し合った結果、最後にパートナーが女の顔を拭き、みんなでアイスクリームを食べる、などが想定される。
顔のマスタードを拭かれるのも、女にとっては「従属」であった。
その場で「笑い」が起きるのも、食欲と性欲が満たされてこそである。
他にも、二つの提携農場で、豊作の時期が異なる場合に協力し合っていたものが、豊作の時期がズレたら、どちらかの農場が損をしてしまう、あるいは共倒れになるという状況で、「告白できない女心」を用いる、つまり「敵の出方論」を用いると、男たちが「分かった、協力する」と言ってくれることがある。
このように、いかに周囲に「笑い」(食欲・性欲)を満たしながら生きるのが「政治家」なのである。
こわれかけたピアノ 高井麻巳子

あるいは、スーパーマーケットで、カップルがはぐれてしまっても、「だいたいここにいるだろう」ということをお互いに知っていることも、「だって、今までここで出会ってきたから」という理由で分かることも性欲を満たすとされる。
これは「支配と従属」というマルクス主義的なものではなく、「相手が何を想像して喘いでいたかに興味があったから」ということから周囲が興奮するものだ。
ラブストーリーは突然に 小田和正

話が「通販」「ジャパネットたかた」からズレたように見えるだろうが、「なんのためのギフト?」ということを理解してもらいたかったのだ。
また、男女は「常に歯を磨いているわけではない」ことから、キスを嫌がることがある。
これもいいモチーフだ。
キッスは目にして

女が見る「夢」にしたがわずに「どうだ?うまくいっただろう」と男がいうのも、女の「体の小ささ」を表現した物語である。
これは「女は男を追い越せない」というアキレスと亀と呼ばれる問題でもある。
君住む街 クレア 

まあ、日常的に「気持ちの良いこと」を考えているのが政治家であり、そうでなければ、うつ病かディスチミアになってしまう。
「トランプ大統領ってこんなことを考えている人」ということは、同じアメリカ合衆国の学問をやっている人間として、「コイツには敵わねえな」ということを理解しないと、アメリカが分からない、中国が分からない、戦争だ!ということになりかねない。

 

 

 

 

【まだまだつづく】

 

なお、私は本日をもって「立憲民主党のオーナー」になることになりました。
寄付をよろしくお願いいたします。
立憲民主党寄付

 

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »