最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 日本の哲学。 | トップページ | 財界二世学院。 »

2020年4月30日 (木)

インド哲学~中国を越えようという野心。

さて、世の中の全員が必ずしも「ローマの休日」の登場人物たちのような哲学者であるわけではない。
テレビのオンエアのような「常識的真実」がなければ、インターネットにおける「究極的真実」はおカネにはならない。
常識的真実が、コンベンショナルと呼ばれるのならば、究極的真実はアルティメットと呼ばれる。
これは「インド哲学」であり、テレビのオンエアとインターネットという二元論にニケーア公会議において立脚することにし、橋下徹や、ホリエモンのような「テレビ人間」がいなければ、私のような「インターネット人間」は生きていけないこととなった。
橋下徹やホリエモンのような「テレビ人間」は、私のような「インターネット人間」よりもハンサムであった。
一方で、インターネットのようなアルティメットには、お上「ニルヴァーナ」が存在し、「大人の事情」が公然と語られていた。
テレビとインターネットの「共存」のあり方はニケーア公会議で「二元論」として確立したし、ネットビジネスはここで生まれている。
テレビで見るプロ野球も、その勝敗はインターネットに委ねられていたし、「インド哲学」に球団創設の時から立脚することにしたのが横浜DeNAベイスターズだった。
酒井法子 リアル

テレビと新聞の異同について伸べよ、という司法試験の問題が平成7年に出題されたが、「電波の有限性」「ケーブルテレビ時代になってからは、その影響力の違い」が「正解」として模索された。
しかし、実際はニケーア公会議の「二元論」に触れてほしかったのであり、テレビにおける「常識」と、インターネットにおける「究極」がその正解として指摘することが可能である。
新聞はいまだ「常識」の側にある。
しかし、インターネットの世界ではすでに私が「究極」(非常識ではありません)の立場に立脚し、繁栄を謳歌している。
インド哲学は、「インターネット」を推進力に「中国を越えようという野心」を持ち始めたのだ。
酒井法子 おじいちゃんis watching TV

ニケーア公会議って、アタナシウス派を正統とし、アリウス派を異端とした会議だろう、と思うだろうが、テレビに出ている「イエス」と、インターネット上の「イエス」の二元論を認めるものであり、影響力を誇る「常識」と、富や繁栄を誇る「究極」の共存を決めたものだ。
アタナシウス派でなければテレビに出られなくなり、キリスト教史を彩る音楽作品がテレビから消えた。
いきものがかり じょいふる

平成7年の司法試験によって日本国の「インド化計画」は明らかにされた。
中国を越えようという野心を「テレビとインターネット」「表と裏」に見出だしたのだ。
日本印度化計画 筋肉少女帯

私の「キリスト教史」「中国哲学史」「日本史」の完成を受けて、日本インド化計画はひとまず完結し、日本人にロングバケーションが与えられた。

ヒンドゥー教は、インドの核クラブ入りのために「アメリカに対して心を開く」ものであるが、アメリカ合衆国は、「インドの制御はほぼ困難」と見ている。
いずれにせよ、テレビとインターネット、表と裏の二元論に気がつかなければ、ヒンドゥー教というものを理解することはできない。
「きれいな息」
これをヒンドゥー教は語っているが、心がけた方がいい。
中国が「天気」を掌握し(天)日本国や韓国がJ-POPやKーPOPを握り(命)、
欧米諸国は「キリスト教」という「真理」を掌握した。
それでは、インドはどのような哲学を持っているのだろうか?
ニャーナ・ヴァイセシカの教えによると、「お父さん、面白い!」ということから、息子や女たちの「体」に影響を与えた。
「お父さんの方がお母さんより面白い」というのが「ゴータマ」の最後に至った境地であり、全国の「お父さん」が教えを乞うてきた。
そもそも、「お父さんが酒井法子を聞いているから、私はこんな顔になった」ということが面白かったし、試しに息子や娘たちが自分で「酒井法子」を聞いてみると、親からの自立心が芽生えた。
赤い月を見た日に、娘が友達を連れて遊びにきた。
向こうも「照れくさかった」し、私は今を生きていた。
時が経つのは早い。
私は経典の完成を急いだ(ゴータマ)。
瀬能あづさ 何かが道をやってくる

ニャーナ・ヴァイセシカのおかげで、「お父さん」は、両親との関係も再構築し、とにかく太った。
一方で、息子や娘たちは、体がスレンダーになってきた。
「知恵に満ちたお父さん」
それは、子供たちに囲まれてはいたが、「下降する命」でもあった。
「顔が酒井法子になる」
そのように語ったのは日本国であり、中国もインドも、日本国の同意がなければ「世界経済」のメンバーたり得ない。
そのような意味では、日本国は「世界経済を支える力をいまだに維持している」と言える。
しかし、「美男美女ばかりの芸能界」をアジアで構築したのはインドであり、「お父さん、オタクなんだ?」というヴェーダやウパニシャッド哲学は、息子や娘たちへの自立心を促した。
「伝説からの教え」(カルマ)とは、下降する命と上昇する命の間には必ず「哲学」があるということであり、インドでは「独身男性が娘を育てることは禁忌」とされている。
そのため、代理母をインド人にした日本人夫婦が離婚した後に、父親が「娘を引き取りたい」と言っても、インド政府は査証の発給を拒否している。
酒井法子 そうかも いいかも

苦には原因がある。
「美しい女の体」
人間は普通に生き、老い、病み、死ぬだけならばそこには大した苦痛はない。
しかし、「女性芸能人のように美しい娘」を生み出すために、ニャーナ・ヴァイセシカは存在し、ヴェーダやウパニシャッド哲学はあった。
私は、一人の息子に三人の娘という「美」を生み出すために哲学は存在し、現在、老境にある。
老人力とは、子供たちの美しさに奉仕するものである。
若い頃、酒井法子に散々「お世話」になった私が、50前に老境を感じざるを得ない。
酒井法子 あなたにホームシック

ジャヤラーシ・バッタにせよ、アクランカ・バッタにせよ、「仏陀に劣る宗教家」はみんな「バッタもん」と呼ばれた。
しかし、アクランカは、8000の家庭に「酒井法子のような顔」をもたらし、インドの南部で「ジャイナ教」を形成した。
1959年や1989年、1995年に世界が「ジャイナ教」に興味を持ったにとどまり、現在では「2020年に日本が」ジャイナ教に興味を持った。
酒井法子 雨粒は優しくて

インドは、世界で唯一、「中国を越える」という野心を持った国だ。
国内だけで「宗教が自己完結している」のは明らかではないか?
つまり、シク教は、「天気をコントロールすることが可能」とするものであり、ヴェーダやウパニシャッド哲学から派生したものだろう。
「女が描く男」は涼しい。
しかし、女の顔の美しさ、体の美しさを生み出すという仏陀の「伝説」から見ればバッタもんかも知れない。
酒井法子 100%の雨が降る

 

 

« 日本の哲学。 | トップページ | 財界二世学院。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の哲学。 | トップページ | 財界二世学院。 »