最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 宮内庁~悪だくみの座。 | トップページ | 天皇と首相の対立~解決法は神道にあり。 »

2020年3月 5日 (木)

運輸の研究~宮島運輸の事例。

インターネット時代になり、多くの情報が、少なくとも研究者や社長さんには手に入るようになった。
しかし、県境を越える時に「やっぱり人間はローカルな生き物だよな」と感じることがある。
これが「運輸」を理解する上での基本認識となる。
運送屋の兄ちゃんが動くだけで「二人の女」が彼を取り巻く。
この「二人の女」をどれほど遠く離れたところに作るかが「運輸」の哲学となる。
二人の女は「本社との距離を縮める」役割を果たす。
ヨーロッパはアメリカ大陸を発見し、原住民の「二人の女」がヨーロッパ本国との距離を一気に縮めている。
現在では「スマートフォン」がその役割を加速させている。
ヨーロッパによるアメリカ大陸発見は、「運輸とは何か?」を理解するうえで格好の素材となる。
浅香唯 恋愛ヤンチャ娘

マイケル・マクルーハンによって「もし世界が百人の村だったら」などが考えられたが、「運輸」からそのようなヒントを得たとされている。
要するに「国境や県境をなくしてみた」のである。
「やっぱり人間はローカルな生き物だよな」
トラックを運転しているとそのような境地になるのだ。
数週間から数か月の旅をしなければ「もし世界が百人の村だったら」という発想は生まれなかっただろう。
当然、トラックを運転していると「尊敬できない地域」は当然ある。
しかし、「二人の女」のことを考えると必ずしもそうではないことが分かる。
男一人に女二人が作り出す世界を「社会空間」と呼ぶ。
浅香唯 コンプレックスBANZAI

ローカルな男が各地の女の電話番号を聞いて、「尊敬できない地域」を無くす営みからIMF(国際通貨基金)というものは作られた。
とにかく「トラックの運転手」は給料だけはよかったため、いろんな地域の「二人の女」の電話番号をスマートフォンに登録していた。
電話で話して、「その話ならば社長さん(政府)に話しておく」というだけでも所得再分配がなされることもある。
世界の距離が縮まると、とにかく「世界が弱くなる」ことだけは分かった。
グローバル化してそれでもなお世界が弱くならないためには「時差」だけが頼りだとも言われる。
社長さん(政府)が無関心な連中がいたときはまだ世界は強さを持っていた。
国内経済が「外交」の影響を受けやすくなったのも「運輸」の発展があったからである。
姫トラが「世界の弱体化」に乗り出してきた。
これが「トラック野郎」が描きたかったものである。
トラック野郎(長い)

羽田や成田が興味がない国が日本国に何も影響を与えないのと同じように、地元の運輸会社が興味のない地域が、ローカルなコミュニティに影響を与えることはない。
同じ「日本語」を話す「女二人」をトラックの運転手が相手にしているのだから、たとえ「ローカルテレビ局」を見ている女たちでも、「関税を下げることにはメリットしかない」という共通認識が広まり、なまりや方言だけが「関税」として残された。
「時差」「言語の違い」これが関税と呼ばれるものである。

それにしても、令和天皇ってのはいけすかねえな。処女と結婚しなければ歴史学が語れないだとよ。
これがナショナルセンターである連合の総意でもあった。
トラックを運転して女と寝る、そんな人生の幸せを理解している人とは思えなかった。
学歴社会に怒りを感じてパチンコにものめりこんだ。
女にカネを貢ぎ、パチンコでカネをする、それがトラックの運転手の人生であった。
しかし、「世界の弱体化」「世界の距離を縮めた」「尊敬できない地域を無くした」「国家統治をよりシンプルにした」などの効果が「運輸」からもたらされた。
給料は良かった。女にも困らなかった。
それでも、いろんな地域の「女二人」が、社長さん(政府)に、所得再分配を求めてくるのだ。
人間はローカルな生き物だ。
しかし、県境を越えるたびに、周辺地域の「尊敬できない地域」に「人間」を見つけた。
資本主義とは「男らしさ」「宗教」を推進力にして成り立っている。
「俺の給料だけじゃ所得再分配なんてできねえな」
そんな時は、社長さん(政府)を頼るしかない。
神社とは「天皇を尊敬しろ」「政府にしたがえ」という二つの教えを柱とするものだ。
天皇が尊敬できない人でも、おカネをくれる政府にはしたがうかもしれない。
商売繁盛の秘訣とは「政府のおカネが頼り」という神棚を基本にしている。
人種・性別・階級の異なる「女二人」がいろんな地域で寄ってきたが、要するに「自分と世界がかけ離れている」からトラックの運転手という「金持ち」に寄ってきていたのだ。
小沢一郎もトラックで日本中まわって、そのような女たちを目の当たりにしたが、効率性を求めるのならば「立憲民主党」だよな。
政党・新聞・圧力団体・ロビー団体・集票マシンを使って、政府のカネを引き出すしかない。
いろんな所得再分配のメカニズムはあるだろうが、「運輸」による所得再分配は、今は国土交通省が握っているのだ。
運輸はとにかく「社会主義的」なのだ。
トラックの運転手の給料を上げて、所得再分配をするという原始的な発想から、今はかなり精密な方法が確立している。
性欲がなければ務まらないし、体が資本でもある。
しかし、エリート主義に怒りを感じてパチンコをやるときもあれば、正直言って、酒が飲みたいときもある。
これが「宮島運輸とは何か?」という論文である。
浅香唯 ピンクの結晶

「運輸」を取り巻く世界で、運転手をはじめ、会社の従業員、社長さん、株主さん、そしてお客さんの「みんなが気分がいい」状態とはどのようなものだろうか。
「きれいな空気ときれいな水」
これは国防に絶対に必要なものだ。
さらには「口説いてもいい年頃の女」と、そうではない小学生の女の子が運輸の世界で共存している。
小学生の女の子に「きれいな空気ときれいな水」を提供すると考えるとシンプルでいい。
このあたりに、「けたたましいエンジン音」の目的を見出すしかないのだ。
運輸は「社会と関わる仕事」である。
痛みよりも喜びを多くする仕事であるためには、運輸とは「小学生の女の子にきれいな水ときれいな空気を提供する仕事」と位置付けた方がいい。
南アルプスの天然水CM

可愛らしい女の子を見た後には、なぜかセックスも気持ちよくなるものだ。
そのため、運輸の目的とは何かという一定の答えのようなものが導き出される。
すべての家庭の芝生がきれいに刈られているとは限らないから、夏にはみんなが防虫スプレーを必要とする。
すべての家庭に「可愛らしい小学生の女の子」がいるとは限らないから、みんなが運輸におカネを払う。
「きれいな空気ときれいな水」「可愛らしい小学生の女の子」以外に、社会は何も「公約数的な喜び」は見出していない。
喧嘩の絶えない世界で唯一みんなが「一歩譲る」のもこの要素だけだろう。
運輸の世界は「譲ることを知らない大人」ばかりなのだ。
運輸はそのために「アイドリングストップ」「交通弱者優先」を営業の一環としている。
ニクソンはこのようなことを熟知していた「運輸族」であった。
法の支配=処女による支配が確認されたのだ。
中年のおじさんは警察を恐れたし、それはひとえにニュース報道と接しているからではなく、「運輸族を敵に回したくない」からであった。
運輸は集団行動である。
各自が家で何をやろうが構わないが、運輸の世界に持ち込んでほしくないものもある。
そのカギとなるのが「小学生の女の子」「きれいな空気にきれいな水」だろう。
「市民が誰とも相談することのできないこと」もこのあたりにある。
周囲は「女の子は早いねえ」というぐらい無関心であったし、要するに「市民が誰とも相談できないこと」だったのだ。
「男らしいお父さん」「女らしいお母さん」
この二つが必要であったが、この二つをそろえるのも大変だった。
しかし、集団行動である「運輸」こそがこの二つの要素をもたらしてくれるのだ。
重荷を共有し(バードンシェアリング)、小学生の女の子を守る(リソースプーリング)という役割がここで明確になった。
運輸が「きれいな空気ときれいな水」「小学生の女の子」さえ大事にしてくれたら、神の見えざる手(天皇の見えざる手)はなんら運輸には文句はないし、巧みに経済政策を打ち出すことが可能となる。
南アルプスの天然水CM

いろんな地域に「二人の女」がいるのがトラックの運転手であるが、女社会には「同じ人を好きになるのはダメ」という掟があっただろう。
恋と友情のどちらかを選ぶなんて無理、という発想である。
そこで、「友達でも何でもない」「女二人」を選ぶわけであるが、女ネットワークを通じて「気がついたら二人とも知り合い?」ということになっている。
女二人は「からだを比べる」のならば吐き気がするだろうが、何しろ遠距離なものだから、スマートフォンで「心を比べてほしい」と考えていた。
女と電話で話すのもトラックの運転手の仕事だったし、しかも、女社会の話を聞く分には「いい節税対策」になった。
そこで、「女と話すための腕磨き」を始めざるを得ないし、ここに「神の見えざる手」(天皇の見えざる手)が介入する余地が残された。
勉強しないから運転がうまいんじゃないか?とも思うが、適当に天皇が言っていることを真似していればよかったのだ。
簡単に「考え方」を理解して、あとは自分なりの「心の風景」を作り出せば、なによりも男にとっては「勃つ」ことが大事だった。
女は、男と話して「肉体が蒸発する」ような感覚を味わえればよかったし、肉体が蒸発したら「じゃ、ね」と言って電話を切った。
うまく成立した電話は必ずテレビでオンエアされる。
女が「肉体が蒸発する感覚」を味わいたいというのはテレビを見ているときも同じだったからである。
モーゼの教えに「エッチな話ひとつできない男なんて」というのがあり、司法試験を受けるのならば、夜は「女との電話」を行わないと法律というものを見失う。
より、女の本音に迫った話をしないと「ああ、スッとした。じゃ、ね」とはならないのだ。
Jokeにもならない恋 三浦理恵子

女はからだが蒸発するような爽快感を味わったら「今日は約束なんていらない。電話のベルが黙った夜が好きよ」と言って、その日の夜の日経平均先物は上がり続ける。
まさに、「運輸」と株価の関係は、トラックの運転手の「話術」にかかっているのだ。
女はそのような夜には映画を見るであろうし、いろんな意味で、芸術作品のセールスが変わってくる。
「いつも、あなたの声が聞こえる」
蒸発した肉体に、そのような現象を引き起こす女もいる。
河合その子 緑の少女

「運輸」に関する会社はそのような「男女の関係」をうまく構築したから継続企業になるのであり、継続企業であることを証明したのならば、政府は所得再分配に用いることが可能となる。

神の見えざる手と運輸の関係は以上に述べたとおりであり、あとは本ブログの各項目に話を委ねたい。
なお、現代においては「食べる」「寝る」「セックスする」などがいろんな意味で「技巧に走りすぎている」とされ、食べるはもちろんのこと、寝るも「枕」「布団」「ベッド」などが技巧に走りすぎている。
セックスするというものも、女性雑誌で「作法」が紹介されるなど、同様の現象がみられる。
ましてや、私の商売である「神の見えざる手」(女心の探求)も、かなり技巧に走りすぎているきらいがあるのは否めない。
「女も男も同じよ?」と割り切る女性もいるのだ。
かと言って、かなり厳密に「女心の定義」(政治)を行うのも、創造的な営みであり、女性にとっては「彼氏との電話の可能性」を高めてもらう分には文句はないわけである。
なにしろ「体が軽くなる」のだ。
まるで「体が蒸発したよう」な感覚、さらには「彼氏の声が聞こえる」という感覚など、かなり贅沢な研究であり、いっそのこと「リクライニング式のベッドで横になってテレビを見る」ということさえやっていれば、そもそも、いやなことも忘れるし、体が軽くなるという意味では、彼氏との電話とテレビや映画のどちらがいいのかは明らかではない。
安倍なつみ ひとりぼっち

読書や彼氏との電話など、テレビや映画があれば必要ないというのも健康という意味では真理であろうが、周囲から自分への愛情が離れていくのが怖いのならばやはり「お勉強」は必要であろう。
トラックのことが知りたければトラックの運転手や自動車メーカーに聞くしかない。
しかし、「運輸」会社の経営はそれだけで成り立っているわけではない。
さらに、「女心の定義」(政治)が技巧に走れば、メルセデスも技巧に走るということは歴史が物語っている。
効果としては「女性特有のセックスした後の体の痛みがなくなる」ということが政治(女心の定義)の側からもたらされ、富と健康がもたらされるのだ。
富がもたらされたらどうせ男は女のためにカネを使うのだろう。
カントはそのような世界を構築したのだ。
子供はなぜテレビが好きなのだろうか?
体が軽くなる、健康になるという一番いい方法であるし、それはジュースが好き、お菓子が好きであるのと何ら変わりはない。
食べ物に「自然」と書いてあるのならば、それは「自然」=「勉強」という意味であり、カントの考えた「女心の創造」と「商品の技巧」を連動させた商品であることを意味する。
どの組織も政治的に動いているが、おカネがないのならば「自然食」と縁のない生活を送っても何ら問題はない。
最近、テレビで見る野菜に関してはどのレポーターも「あまい」と表現するが、これは、カントが「女心というのは無尽蔵にクリエイトし、定義できる」という底なしの富と、野菜を連動させたものだ。
腹が満たされれば幸せ、勃てばいい、そのような割り切りが必要な人もいるだろうが、なにしろ、「産業」というものは「宗教」(男らしさを語り合う論壇)と「政治」(女心の定義)が、政教分離が一体となって支えているものだ。
トラックの運転手には「宗教」(男らしさ)が求められているし、政治力(女たちにモテること)も必要とされている。
最後には「倫理」つまり、いじめられ、そして彼女をいじめる(セックスする)ということから、「宗教」「政治」「倫理」が組織に持ち込まれる。
松田聖子 ハートをロック

最終的には哲学の世界は「女が気分がいい文化」を目指したし、「運輸」は、「きれいな空気ときれいな水」さらには「可愛らしい小学生の女の子」を大事にすることにその本質を見出している。

おカネとは「金額が数えられ、女が買え、どの女にも通用する」ものであるが、いい大学に入っていい会社に勤めればおカネは手に入る。
女は「技巧に走りすぎた女心」についてくるのか「おカネ」についてくるのかは明らかではない。
「大企業」
それは、男が政治(女心の定義)を見失いやすい存在である。
日本国に「パン」が入ってきたときに、日本国は「マルクスではなくカント」という選択を行ったとされている。
つまり、「女心」をバンバン開拓していき、富を生み出し、それを「食べ物」として高値で取引する体制だ。
それは、「大企業に勤めている男ではなく、女心に詳しい男を」志向したことを意味し、世界の指導者の口説き文句を集めた黒革の手帖(純粋理性批判)を基盤にすることを意味した。

そこで、そもそも「女心ってどこまで分かるの?」という問題が生じたが、「気分がいい」「神さまを信じられる」つまり「レイプと女嫌いがなければいい」というごく単純な原理であることをも知る必要がある。
小学生の時に、女の子は「おちんちんがない」ことに気がついて、「神さまを信じることができる子なのか?」という滑りやすい坂道を歩まされる。
小学校での「女子校」は禁忌とされ、クラスメートの男子を必要とした。
三浦理恵子 冬の微粒子

このような「運輸」の仕組みは、アメリカでは「全米ライフル協会」へと発展し、どうしても壊すことのできない政治的宗教的牙城を構築している。

さて、運輸においては、いろんな地域の「二人の女」と電話で話すことにより、「所得再分配」を行い、「尊敬できない地域」を無くし、男女の健康にいい効果を与えてきたが、そもそも、「テレビを見て」「肉体労働をし」しかも「勃つ」のならば立派な「男」ではないかとされた。
結婚しているパートナーがいるのならば、そもそも食欲の方が性欲よりも優先順位が高いため、「なんか食うか?」と彼氏が言ってくれるだけでパラダイム(既婚者の恋愛論)は成立してしまう。
そこで、パラダイム(既婚者の恋愛論)も、「食べ物をどのように手に入れるか?」という学問であることになり、スマートフォンでの話相手の女から得る情報や、話す口説き文句なども「運輸のパラダイム」となっている。
松田聖子 抱いて

「ベッドの上で激しければいいんじゃない?」という女の側のニーズがこの世界にはあった。
しかし、女の側も、激しく突かれると認知がゆがむという側面があり、どのみち、緑茶を飲んだり、愛の言葉を聞きたがったりするものだ。
リクライニング式のベッドで横になってテレビを見ていれば、体の痛みは楽になるだろうが、彼氏からの電話だけで治るのならば簡単でいい。
女は「男からの電話でからだが蒸発しそうになる」のが最も健康だろうが、男は「出張先に女が二人いる」「パートナーもいる」つまり「女たちに囲まれている」のが健康である。
労働安全衛生法の観点からも「労働者である男が女たちに囲まれているのか」は常に配慮しなければならない。
「いい暮らし」とはこのような「運輸」の仕組みをよく理解し、国土交通省がおカネを流し込むことからもたらされる。
トラックの運転手は、スマートフォンで女と話すのも勉強するのも「仕事」となるし、所得再分配に有効性を見せる。
そのようになれば、「なりたい職業」において「トラックの運転手」のランキングも上がるだろう。
庸車運転手(デコトラの運転手)は、税金を自分で納付し、労働者概念の問題から、国民健康保険に加入しているが、「所得再分配の問題を報告する社長さん(政府)」が存在しないことからこのような扱いになっている。
「政府からのおカネ」がほしければ「組合に入ってほしい」という側面が強い。
借金まみれのトラックの運転手もいるだろうが、「運輸の研究」が立ち遅れているのならば、おカネがトラックの運転手の果たす役割に追い付かず、適当に「パチンコですった」などと言い訳をするしかない。
Wink 愛が止まらない

トラックの運転手が経済に与える影響をうまく説明しきれないと、トラックの運転手の「結婚適格」(結婚することができるかどうか?)という問題と直面せざるを得ない。
「女に困らない」「パートナーに困らない」「健康」でありながら、借金苦のおかげで結婚できないことがあるのだ。
各地域の女たちにどれほど健康を振りまいているのか?
さらには、「きれいな空気ときれいな水」「小学生の女の子」が大事にされるという運輸の「目的と効果」を前面に押し出さなければならない。
「女性関係」「借金の問題」から、トラックの運転手の「結婚」というのは重要な問題であり、運輸の「目的と効果」をよくよく理解しなければならない。
横断歩道を渡ろうとしている人がいたら、「業務用トラックならば止まってくれる人が多い」という噂づくりも大事な仕事だ。
だいたいこのように「トラックの運転手のお仕事」は成り立っているが、「一番うまくいっている運転手」に姫トラのお姉ちゃんも惚れるものだ。

 

« 宮内庁~悪だくみの座。 | トップページ | 天皇と首相の対立~解決法は神道にあり。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 宮内庁~悪だくみの座。 | トップページ | 天皇と首相の対立~解決法は神道にあり。 »