最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 運輸の研究~宮島運輸の事例。 | トップページ | 私の顔。 »

2020年3月 9日 (月)

天皇と首相の対立~解決法は神道にあり。

私は安倍首相と対立し、コロナウィルス騒動に関する私の見解とは意に反する報道が流布している。
最初は、私を潰すつもりだったメディアが、「なんだ、あの疫学は本当か?」と言って、大相撲を無観客の状態にしたり、学校を休校にしてしまった安倍首相を潰す方向に動き始めている。
私は、そこで「気温が20度になればコロナウィルスは死滅する」という説を利用し、「うまくストーリーを組みながら、病気を治していく」という基本を踏まえ、「暖かい日が続いたね、病気が治ってよかったね」という結論を導くことにした。
つまり、「女性のため息は気温を上げる」というところに目をつけ、台風撃退が神道の歴史ということを応用した、「気温が20度以上の日が続けばコロナウィルスが死滅する」という作戦をとることにした。
天皇と首相が対立するというのが「前代未聞の国難」であり、どうか、最後は、みんなで笑って東京オリンピックを迎えましょう。
桃色吐息 高橋真梨子

なお、今回、六角理事長の発言で「四股が邪気を払う」というものがあったが、「暑苦しい男は気温を上げる」「周囲の女性が、男の子が欲しい、と考えると気温が下がる」ということも指摘でき、横綱の土俵入りがどちらの効果をもたらすかは明らかではない。
中卒階級社会の頂点が横綱である。
豊臣秀吉は、関西エリアの神道を支えている「横綱」でもあった。
横綱土俵入り

可愛らしい女の子は「その場を涼しくする」というのが基本であるが「周囲の女性が、女の子が欲しいな、と考えると気温が上がる」という指摘が可能である。
どのようにこれを表現するかは経験が必要であり、気象コントロール以外にも、「発言に注目が集まる」人物でないとなかなか気象コントロールそのものができない。
広瀬すず

あなたはデブでもいい人だから

日食や冬の太陽にように「沈みかけた太陽を元に戻す力を持つ者は万物をつかさどる」というのが岩戸神話でもある。

瀬戸朝香 一月の真夏日

« 運輸の研究~宮島運輸の事例。 | トップページ | 私の顔。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 運輸の研究~宮島運輸の事例。 | トップページ | 私の顔。 »