最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 天皇と首相の対立~解決法は神道にあり。 | トップページ | 統一。 »

2020年3月15日 (日)

私の顔。

穏やかな表情・顔とは「常に芸術」である。

お父さんに守られ、女の子ならばお母さんに守られ、生きている。
親が死んだときに自分の表情が険しくなるのが分かった。
自然に、異性が自分から遠のいていった。
親が死んで、資金繰りも悪くなると、表情が険しくなる。
険しい表情は、「豊かさ」がなければ穏やかにはならない。
「哲学を知っている」「女心を知っている」
これは、表情が穏やかになるための秘訣であり、金銭的豊かさは、どんな顔でも「モテる顔」にするために必要なものだ。
私の顔 タンポポ

優しい顔をしていれば「ハンサム」「モテる」ということをどこまで人々は知っているのだろうか?
険しい表情をしている「イケメン」などいないのだ。
父親に守られ、金銭的に豊かであれば、それは表情に現れる。
女の子は男の子に「優しさ」しか求めていなかった。
私は知恵の輪

「哲学が分かると何が変わるのか?」
その答えは「表情が穏やかになり」「金銭的に豊かになり」「モテるようになる」というところにある。
ヘーゲルは、カントの純粋理性批判(黒革の手帖)を読んだ結果、女を口説くのがうまくなり、金銭的に豊かになり、それが「顔に出る」とした人物だ。
マルクス主義者は「ヤングヘーゲリアン」が多く、おカネを持っていて「女の子に優しい」という特徴を持っている。
親がブルジョアで、自分もおカネに困らず、それでいて、勉強よりも「異性」が好きというタイプが左翼に進むタイプであった。
ヘーゲルにも「左派」と「右派」が存在し、穏やかな表情をしていても、左翼の素質を持ったタイプと右翼の素質を持ったタイプがある。
財務官僚などは、生まれた時から財務省にいたような顔をしていて幸せそうだ。
これはヘーゲル右派と言っていい。
一方、女のケツばかり追いかけていて、ろくに勉強もしない日大のイケメンなどはヘーゲル左派と言っていい。
ギリシャ彫刻はなぜ芸術なのだろうか?
この「穏やかな表情」を巧みに表現したからである。
酒井法子 オールライト

「家族構成を知らなければ医学も哲学も分からない」(ユング)。
親を長生きさせるだけの医学の知識があり、それでいて哲学に造詣が深く女の子たちのモテる、このような「男」を宗教家と呼ぶ。
誰もが宗教家になれるほどみんなが「心臓が強い」わけではない。
方法論上の迷いがなく(絶対)、それでいて、資金面での裏付けを得られるほどの、哲学への造詣がなければならず、おのずと「医学書」も読めなければならない。
医学書は「哲学書よりは簡単」とも言われる。
そうだ、「顔」への崇拝、「御真影」への崇拝こそが宗教なのだ。
刑法の構成要件とは「実践理性の定言命令」と言われる。
実践理性とは「処女」のことであり、純粋理性とは「男を知っている女」という意味である。
さらには、「仮言命令」とは和姦のことであり、「定言命令」とは「レイプ・痴漢」という意味である。
刑法の構成要件とは「処女レイプ・痴漢」のこと、つまりは「貧乏セックス」のことを言っていたのだ。
おカネが「プライスレス」であるセックスのことであり、このプライスレスに触れると「犯罪」と呼ばれる。
ルパンはクラリスの心は盗んではいない。
手を出さなかったではないか?
セックスから愛に変わるのならば看護師にでもなればいい。
仮言命令つまり「和姦」の世界は、「相手が何を想像してあえいでいるのか?」に興味を持つことにその本質があり、仮言命令つまり「胸」「大きなおちんちん」「破滅」の三要素からなる世界とは異なるものだ。
処女を「破滅」させるのは値段がつかず、構成要件に該当する。
カリオストロの城 銭形のセリフ

どの男も、一人で生きていけるほど心臓は強くはない。
「親に守られている」「金銭的豊かさがある」「女を口説くのがうまい」などから、「処女レイプ・痴漢」(実践理性の定言命令・構成要件)に触れるとこれらがすべてぶっ飛んでしまうことから、市民としてふるまわなければ「イケメン」とは呼ばれない。
「非犯罪化」のための金額が今は一万七千円ですか?(日経平均株価)処女も安くなったものだ。
株価が下がって犯罪が増えるか減るかは犯罪白書を読まなければ分からないが、株価が安くなって、処女レイプ・痴漢が横行すると、アノミー状態になりやすい。
処女は高いに越したことはない。
日経平均株価は、女の値段と連動し、企業の業績と連動する「国の豊かさ」を示す指標である。
インフレになると、女が感じなくなるため、せっせと貢物をしなければならないため物価が上がる。
インフレ・失業率の増加・利上げを恐れると日経平均株価は上がらない。
利上げになると「ローンが返せない?」だろうか。
女の口説き方を論文にまとめて上司に提出するしかない。
クビにしたい上司がいる時に「利上げ」が起きる。
職場の女を独占しようなどという上司がいればの話だが。
そんな時は「論文」を提出するしかない。
「俺の方がモテるぞ」という意思表示が重要だ。
「いいお顔なさって」
我々は哲学からもたらされる「宗教」を必要としている。
ヘーゲルもシラーも、「顔の美しさ」とは「女が決める」ものではなく、より「男が決める」という側面が強いことを指摘した。
豊かで、母親がいて、より優しい顔立ちをした女の子などは、「男が美しさを決めている」という事実が存在したのだ。
このことに反発した女たちが「イケメン評論」をし始めるのも明らかだった。
妖しいニュアンス 松田聖子

東京大学の合格者を判断する側は、願書の写真の「面構え」まで見ていた。
父親がいる、受験戦士、そして精悍な顔立ち、それはその後、磔を経験するイエスキリストにふさわしい顔かどうかを見ているようだった。
当然、点数と面構えを突き合わせて「メシア」かどうかを判断していたわけであるが、「勉強」が「真似事」なのかどうかはそれで分かった。
面構えのいい男を「芸術で」いかに柔らかくしていくかが問われた。
女たちは、権力者である男たちの間を行ったり来たりするクレオパトラ(アジ)であった。
男と一緒にスポーツをやり、笑い、セックスを拒絶する、これが女たちの青春だった。
モーニングムーン チャゲ&飛鳥

19世紀の革命騒動(共産党宣言)は、ヘーゲル右派とヘーゲル左派の激突だったし、学歴社会か身分制社会かの激突でもあった。
ヘーゲル右派は「メシア」「イエスキリスト」になる宿命であると位置づけられ、ヘーゲル左派はこれに反発するように女たちの支持を集めて回った。
学歴のない左派は「身分」を言い訳にした。
そして、その「身分」の解消を政治的エネルギーとして用いたのだ。
しかし、ヘーゲル左派の、虚無感と、ハートの弱さ、地球の重力にあらがうだけの基礎体力のなさが共産党宣言の失敗という形で露呈した。
革命騒動は失敗したものの、東京の巨大ビルを見ればわかる。
女たちの支持を訴えかけた身分制社会が、どのような芸術作品を残したかは明らかであった。
彼女のいる男の前に立ちはだかって「返さない」などという「大恋愛」をする上級者もいたのだ。
保守的な男女はこれだけでも「死ぬんじゃないか」と思うような話だ。
どんな経験豊富な女も、この「大恋愛」の話の前には「殺されちゃうよ」と言った。
ゴシック建築の大豪邸はそれで建ったのだ。
サン・ピエトロ大聖堂はヴァシリカ式の建築であるが、大恋愛を表現したミケランジェロの「ピエタ」を担保に入れて建てられている。
瀬能あづさ I miss you

 

7f634fefa5d7490ea26dd62ed196ff45 ピエタ ミケランジェロ

 
イエスキリストは大恋愛の末、聖母マリアに抱かれるように死んでいる。
ハイドンやモーツァルトのような「パレスティナ音楽」も本当にやりたかったのは「大恋愛の結果、母に抱かれて死んだイエスキリストを描く」ことだったのだろう。
詩にせよ音楽にせよ「大恋愛」を描きたかったし、オペラにおいてはワーグナーがほとんど描き切っている。
死ぬのは男であり、イエスキリストであった。
最後に女だけが歌を歌った。
瀬能あづさ 秋

父親は人生経験を通じて仲間が多いだろうが、息子はそうではない。
男友達と言っても「女を通じて」つながっているという側面があり、女をうまく供給してくれない男ならば、容赦なくいじめの対象にした。
「カネ、女」
これをつるんでいる男友達にもたらさなければ、男友達も「理解力不足」を責めるだろう。
「俺たちは女を通じてつながっている」
これを明確に意思表示しなければならない。
「おどけがなぜ通用しなくなるのか?」(太宰治・人間失格)
それはひとえに「カネ、女」を理解しないからである。
瀬能あづさ ふたつにひとつ

時に「国難」と立ち向かいながらも、財務省や日銀などの「王道」をバックにして「正論」を書く。
しかも、「女心」を明らかにする。
これが「男友達」を増やす秘訣であり、男友達の多さはそのまま「財産」を意味した。
どんな女性アイドルにも野心を持たずに、周囲の男友達に「与える」という気前の良さは「純潔の妻に恵まれる」という幸運からももたらされる。
男同士をつなぐ「女」は、「笑顔、言葉、生き方」を比べながら男同士の友情をつないでいる。
父親は、すでにこのことが完成されており、息子としてこれらをうまく理解しなければならない。
「俺、一夫多妻制だから」このような発言をする男が破産をするのを目の当たりにした。
男同士のつながりには必ず「笑顔、言葉、生き方」を比べる女がいる。
女と話をするのは節税効果があるし、男友達という「財産」を作る効果もある。
「自由意志」「意思の自由」とは「身動きが取れない」というところにその本質がある。
瀬能あづさ 永遠に友達

男友達は「女を通じて」つながっていたが、それでも「楽しみを共有し、能力を共有し、認め合うこと」という三つが必要とされた。
東大の臨床心理士は平気で「友達いる?」と、学生に聞いてくるが、こんな基本すら理解していない学生に無謀な質問をするものだと思う。
ニーチェは、カントのように「女心を掘り下げる営み」(哲学)から、「カネと女」を調達し、周囲の男たちに与えることを「父親との戦い」に用いることを示し、哲学の威力を見せつけた。
ヘーゲルは「哲学は顔を作る」としたが、ニーチェは「哲学は父親との戦いを有利にする」としたのだ。
新カント派は、「有名芸能人女」の神として君臨したが、いろんな男がそのような女目当てで寄ってきた。
「利益」それは「マスターベーション」でも回収できるものだ。
有名芸能人女の友達に「女心」を語れるのならば、プロテスタンティズムの倫理(アイドルと話し、セックスする)と資本主義の精神(男同士の絆)を強めることになる。
これはすなわち「政治家への道」であった。
彼女たちは病気なので「医学に詳しい」というのがどれほどこの世界で人望を高めるであろうか?
モーニング娘。I wish

男友達をつないでいるのは「女」であるということを踏まえて、女は「笑顔、言葉、生き方」を比べているのであって、異なる生き方をしている人に対して、「言っても仕方のない」ことがあることは理解している。
また、男同士で「お前にはわからない」などと失恋したような発言をするのも卑屈でよくない。
イタリアでは「痩せている」というのは長生きの秘訣だとされている。
男だって、どんな年齢でも「Food or Love」である。
愛されない人間の方が案外長生きする。
「国民に愛される存在」などというのは寿命を縮めるだけだろう。
ビスマルク=明治天皇=福沢諭吉=小野慎一郎が、「痩せたソクラテス」といった理由も、「医学に詳しいと有名芸能人女にモテる」ということが背景にある。
「国民に憎まれる」「憎まれっ子世に憚る」
これがなければ長生きはできないのだ。
愛情を維持しようとして生き急ぐのは一番好ましくない。
女心に理解を示せ、カネと女を周囲の男に与えろ、テレビで有名なだけの男では選挙には当選しない。
選挙やボランティアなどの「炊き出し」の意味を理解しなければならない。
テレビで国民に憎まれようが、草の根では支持基盤が盤石になる。
母親を亡くし、競争の日々で顔がむくんできたAKB女がいれば、「世の中に信用できる人などいない、血圧計などの機械だけを頼りに生きた方がいい」などとアドバイスをすれば、顔のむくみもなくなり顔色も白くなる。
そうなったらようやく「胸に精子をぶっかけてやろうか?」などという軽口も叩けるようになる。
恋するフォーチュンクッキー AKB48

病気というものは「強烈な敵を前にして、それでも生きたい、と思うから罹るものだ」とされる。
権力への意思が病気の原因であり、ゲーテとベートーベンとニーチェをマスターすれば「病気にはならない」とも言われる。
彼女への愛は長続きしないのに、なぜ妹への愛は長続きするのだろう?
「個性に注目する」「セックスをする」という二つが原因で、さらには「払うおカネがない」ことが原因で、「二か月ちょっと」で終わることがある。
モーニング娘。インディゴブルーラブ

「強烈な敵を前にして、それでも生きたい、と思うから病気になる」という権力への意思の問題と、さらに、ゲーテとベートーベンとニーチェをマスターすれば病気にはならないということから、ニーチェはプロスポーツとは関与しなかったが、マックス・ウェーバーは容赦なく「プロテスタンティズム(芸能界)」を「病気から自由になる方法」として活用した。
ニーチェは「体を売ってまで勉強したがる男の子がいる」として「ゲイは病気である」としていたが、現在ではこれは否定されている。
「夢を持つ」というのは「男らしい男」「女らしい女」になるためには必要であろうが、「権力への意思」は病気の原因なのだ。
モーニング娘。独占欲

ニーチェはこのような「権力への意思」が露骨に表現されるプロスポーツとは距離を置いた。
順位表まで出す世界だったからである。
しかし、ヒトラーは戦争を好んだだろう。
世界最高峰の芸術作品(ゲーテやベートーベン)に恵まれ、さらには、マックス・ウェーバー以降の芸能界にも恵まれたからだろう。
ランツベルク刑務所での人脈にも恵まれた。
「ツァラトゥストラはかく語り」を知っているだろうか?
ツァラトゥストラという、あらゆる怪物の中でもっとも冷血な怪物、誰よりも嘘つきな怪物、それはつまり「女」という意味であった。
哀しい方の嘘 ribbon

ツァラトゥストラは公然と「愛って何?クリエイションって何?メシアって何?スターって何?」と問いかけた。
愛とは「相手が何を想像してあえいでいるのかに興味を持つこと」であり、純粋理性の仮言命令(経験豊富な女との和姦)の時に問題になるものであるし、クリエイションとは「女の子が思春期におちんちんがないことを悟り鬱になる」ことであったし、メシアとは「女の子を口説くのがうまい」男であったし、スターとは「覇権国家との国際関係論を持っている男」のことであった。
ゲーテとベートーベンとニーチェを知らないのならばとてもではないが勝てる世界ではなかった。
後藤真希 愛ってどんな×××

共和制には常に「ソフィスト」「ステーツマン」「フィロソファー」の三名が存在する。
私は、ソフィストとしては「仲村トオル」であり、ステーツマンとしては「天皇」であり、フィロソファーとしては「小野光太郎」である。
ソフィストとしての教科書は「パルメニデス」であり、ステーツマンとしての教科書はティアテテスであるが、フィロソファー(哲学者)としての「小野光太郎」が機能しなければ、パルメニデスもティアテテスも意味がない。
芸名を持っている人間は日本国に大勢いるが、ソフィストとしての活動実態はフィロソファーもほとんど知らず、見ざる言わざる聞かざるの世界である。
ステーツマンとしての立場はフィロソファー(本人)に、責任感をもたらすが、ソフィスト・ステーツマン・フィロソファーの三部作が日本国で構築されていることは「芸能事情通」でなければ分からないだろう。
ここで、ソフィストとステーツマンとして「仲村トオル」と「令和天皇」を挙げさせてもらったが、他にも「明石家さんま」と「小沢一郎」をソフィストとステーツマンの二つの側面を持った「同一人物」であることを知らなければならないし、「ジャニー喜多川」と「安倍晋三」という「同一人物」を理解しなければならない。
ソフィストとしての側面にキャアキャア言っている「素人さん」と、女性芸能人が「結婚したくない」と考える背景には、このような「情報の違い」が存在する。
「素人さんとは結婚したくない」と考える女性芸能人も「東大生は別格」と考える理由は、ソフィストとステーツマン、フィロソファーの三つの側面が芸能界を取り巻くことを理解するからである。
私も、ステーツマンとしての「天皇」を名乗るよりも、ソフィストとしての「仲村トオル」を名乗った方がモテることが多い。
しかし、実態はフィロソファーとしての「小野光太郎」であり、この三名は「同一人物」なのである。
ソフィストとしての結婚と、ステーツマンとしての結婚は別物であるし、そんなことを言ったら、大竹しのぶと明石家さんまは「いまだ仲睦まじい」というかなり混乱した状態になる。
お互いに、ソフィスト・ステーツマン・フィロソファーの三つを使い分けていることを熟知した関係が共和制には存在するのだ。
フィロソファーとしての明石家さんま(小沢一郎)は、トラックで全国を巡る大酒飲みであり、テレビの話はしたがらない。
この三部作を知らない素人は相手にしないのだろう。
「キャラを売ってくれ」「怖い世界・・」という議論の背景には、私(小野光太郎)が、天皇(ステーツマン)としてのみならず、ソフィストとしての「キャラ」を買い取る可能性があることを意味する。
染谷将太も松本人志もすでに「実物は小野光太郎」だったりすることもあるのだ。
なんで「共和制」とは人間に「三つの顔」を持たせたのだろう。
哲学者として勉強一筋に生きる男に「人生の喜び」「活発的な側面」を与えたかったからである。
若さを無駄にせずに東大に入った人間に、「若さを無駄にするヤンキー」という側面を与えたりもする。
私も、「長ランと短ランのどちらが好きでしたか?」と聞かれて困ってしまうこともある。
私は、思春期に「仲村トオル」として知られていたが、生活ぶりは「まじめな受験生」だったのだ。
仲村トオル

「キャラを買って何が変わるの?」と思われる方もいるだろうが「名前とおちんちんが合致する」という側面以外にはメリットはない。
失恋した男などがキャラを買ったりするのだ。
なにしろ、芸能人は「常に賢い」存在だったからである。
ちんちんの大きさや美しさが「芸名」だけで変わってしまうし、女の子も彼氏のセックスの快感が変わってくる。
プラトンは、芸能界に関する「パルメニデス」に特に力を入れている。
働く喜び、そしてセックスする喜びを人々にもたらすからである。
あるいは「そろそろ休みが必要だよ?」というような人に芸名を売ったりした。
休んでいても、テレビでは活動的だったからだ。
学問一筋という人がいなければ国が亡びるだろ。
そのような人に青春を与える必要があるだろ。
それを理解する必要が芸能界にも政界にもあったのだ。
「国難」と呼ばれるときに「やっぱり出てくるのはこの人だよね」というのは当然考えられる。
なかには「処女性を取り戻したい」という女の子もいる。
いずれにせよ、芸能人が「国難」に立ち向かえるわけはない。
それができるのならば「政治家」であり、事件ごとに芸名が増えていくのだろう。
「のれん分け」も巨大な資金源となる。
これが「共和政」であり、「帝国」つまり「膨張する宿命にある国家の段階」の前段階に位置付けられる。

「詩」というものは、何かを証明するわけでもなく、人を説得するためのものでもない。
メロディが変われば「論法」も変わるが、それでも「三段論法ではない」ということは指摘していい。
つまり、人の心は「三段論法で成立しているわけではない」ことを意味する。
さいごに「ほんのりとしたエロさ」が残ればいいのだ。
人と議論するときにはこのことを心掛けた方がいい。
CoCo ファーストスノウ

しかし、これは「すべての仕事」に言えることなのではないだろうか。
たとえば「病気」だって、「強烈な敵と直面して、それでも生きたいと考えるから、罹るものだ」とすると、医者は「強烈な敵と戦うための味方」になるだけですべての病気が治せることになる。
強烈な敵と戦うための味方になる、あるいは、のんびり休ませてくれる、これだけのために「8千億円マーケット」つまり日本国の医療制度は存在するのだ。
まあ、ウォークマンやiPodを聴きながら、メロディごとの「論法の違い」を詩から感じるだけでも有意義ではなかろうか。
シングルで出すのならば「女心の真理」を明確に打ち出さなければならないが、アルバムの場合は「人の心は三段論法から成り立っているわけではない」「それでいてメロディごとに詩の論法を変える」という発想を基盤に、「ほんのりとしたエロさ」を残す曲作りも可能である。
穴井夕子 フェアリーデイズ

ミルは、「論文がエロ本に見えるようになる」という境地をもたらすために、このような「詩的三段論法」を考えたし、「最後にほんのりとしたエロさが残ればいい」という境地に至っていた。
「女心」とは男が作るものという意味でもあったのだ。
アルバムから「詩的三段論法」をメロディとともに発見する営みは、間違いなくウォークマンやiPodを自分の味方にするし、病気を癒すであろうし、ときには金融も理解できるようになる。
弁論部に入ろうが歌謡曲研究会に入ろうが、目指す境地はこのようなものなのだ。
人望は「論破」からは決してもたらされない。
最後に「ほんのりとしたエロさ」が残らないのならば人は離れていくだけだ。
議論した結果「女のからだ」だけが真実であることをも悟るだろう。
「朝まで生討論」と言っても、最後に「カネと女」が生じなければ、議論する意味もないし、最後にほんのりとしたエロさも残らない。
ribbon サイレントサマー

本ブログは今となってはどこから読んでも、私の「考え方」は理解してもらえると思うし、「男は賢い方がいい、女は美しい方がいい」ということも分かってもらえると思う。
さらには、「いじめの存在」は真理であるとし、いじめられた男がちんちんがデカくなり、彼女をいじめる(セックスする)という側面も指摘でき、さらにはいじめられた人間の肉声以外歴史に記録が残らないということも明らかにさせていただいた。
また、思春期に言葉の感覚が鈍った女の子に「真理」を教え込むアクティビズムの立場にも立脚している。
詩に関しては「コンピューター」(DTI)で音楽作品を適当に作っても、英語の詩を翻訳しても、「メロディが変わったら詩の論法の変わる」という迫力のつけ方は、依然、クリエイターの感性に大きく依存している。
愛の炎 田中れいな

コンピューターで出来上がったものに「OK」を出すのはクリエイターであるし、病気になったらその感性は鈍る。
「強烈な敵がいて、それでも生きていかなければならない、だから病気になる」ということを踏まえて、しっかりと「強烈な敵」との関係を定義していかなければならないし、それは年賀状の整理やお中元・お歳暮と関わるものだ。
所得再分配は、財務省と各省庁レベルのみならず、民間(新保守主義)の間でも行われることになる。
セックスに税金を課すという国家レベルの所得再分配だけでなく、コンピューター処理した芸術作品を受け止める側の「感性」を維持するためにも所得再分配というものは行われているのだ。
「面白そうだね、コンピューターに乗せてみよう」と考えれば音楽作品もできるし、一部上場企業の様々なデータがEDINETから勘定奉行で明らかにすることもできる。
しかし、それを受け止める「感性」だけは病気になったら壊滅的になってしまうのだ。
コンピューター処理した芸術作品を受け止める「感性」は企業の業績にも影響を与えるし、コンピューターは無尽蔵に「作品」をクリエイターに提示し続ける。
しかし、多くのノイズを、二つか一つのノイズに絞っていく作業だけは人間によって行われる。
病気というものはこの作業を大きく妨げてしまうのだ。
音楽作品の「詩的三段論法」はすでに語らせていただいたが、あとは「強烈な敵をなくす」あるいは「敵に勝てるだけのゲーテやベートーベンへの理解力を高める」などを行わないと日経平均株価も上がらないだろう。
「メロディとともに詩の論法は変わっている」のである。
亀井絵里 片思いの終わりに

Superflyは、300曲を用意する力量を持っている。
コンピュータ処理をしたら簡単に「300曲」作れるのだ。
しかし、「詩的三段論法」「メロディとともに詩の論法が変わる」など、受け止める側の「感性」によってノイズが二つか一つになるように絞り込んでわずか「一曲」をリリースしている。
今のレコード会社はこのような作業を行っているのだ。
Aメロ、Bメロなどそれぞれに「山場」を作り、最終的に詩的三段論法は完成する。
しかし、コンピューター処理ではこれはかなりランダムに行われており、「OK」を出すクリエイターの感性が最終的にものを言うのだ。
コンピューター処理でランダムに作品を作っても97.6%の作品は「お蔵入り」にせざるを得ないとされている。
「強烈な敵がいて、それでも生きていかなければならない、だから病気になる」ということとコンピューターはうまく付き合っていかなければならない。
「住んでいる家」ともかかわる問題となるからである。
NASAもUCLAも、関係者や学生を病気にすることを「致命傷」とみなしている。
コンピューター処理でランダムに示されたものを受け止める「感性」こそが大事だからである。

そもそも、なんで人間は「強烈な敵がいて、それでも生きていかなければならない」状態に陥るのであろうか?
それは「子孫を残すため」である。
創価学会の女性に「子供ができた時の達成感」を語ったら「子育ての方が大事」と激怒するだろうが、男にとっては「もはや強烈な敵がいない」ことから、「病気から自由になった」ことの喜びだけは胸に秘めておいた方がいい。
「願いは一つ」
それは「結婚」ではなく「妻の出産」だったのだ。
真冬の観覧車

なにしろ「病気」の話をすると「株価が下がる」という効果が認められるため、あえて「強烈な敵がいて、それでも生きていかなければならない」から病気になる、さらには「願いとは男にとっては妻の出産のことである」ということあたりに哲学的には答えを見出すしかない。
このような説明はまだ「ロマンティックラブ」の範疇に含まれるからである。
さらに、病気を「夢のある話」に昇華するとするのならば「天皇が医学情報を発信している」ことを理解し、天皇制支持を訴え、日枝神社(日吉大社)にお参りするなどの可能性は考えられる。
ロマンスかくれんぼ

若い地球理論というものは、「地球は永遠の退屈の中からできた」(創世記・ヤングアース理論)というものであり、「16世紀は6000年かかって終えた」とするものである。
旧約聖書はとにかく、わけのわからない男女が入り乱れ、ルターやカルヴァンなどによる宗教改革は、セックスしまくった男女たちが構築した「偶像崇拝」(アイドル・芸能人)の世界を作ろうというものであった。
そこには、セックスを神聖化したアウグスティヌスのカトリックとは異なり、「よく知っている人を知らないという」などという、冷血な怪物(ツァラトゥストラ)嘘つきな女を大量生産した。
よく知っている男を「知らない」というような女は要するに「セックスしたことがある」という意味であり、本来、女が使う技であった。
男がよく知っている女を「知らない」というのならばかなり女々しい存在であるというしかない。
工藤静香 Fujitsu

「6000年かかった」16世紀の宗教改革の時代に、アイドル(偶像)になりたくてセックスしまくった女に関する芸術作品はドンと大量に出てきた。
愛の言葉を囁くのがうまい人を選ぶクェーカー教や、大学進学で女子を優遇し、男女同数入学させるメソジストなどが出揃ってきた。
いろんな恋を経験したけど今度は少し違う、そう思わせるイエスキリストを新約聖書に登場させた。
「女づくりが先、男づくりはあと」という世界史を踏まえると、本当に「イエスキリストは実在しうる」とされたのは20世紀前半のことであった。
私も若い頃は「イエスキリストとは架空の人物」「人物像が明らかではない」と思っていた。
しかし、北半球の先進国には冬に「コロナウィルスから人類を救う予言者」はアカデミズムの水準や文明を見ると当然、「イエスキリストはいてもおかしくはない」状態だったのだ。
松浦亜弥 Love train

テネシー法は「ヒトラーは処刑はしない。刑務所に入れるだけである」としていたし、そうこうしているうちに「デタラメ女は東側にしかいない」という具合に体制が東西に分かれてしまった。
日本国は「西側」に属する体制選択を行い、「処女・高貴さ」を残存させることにした。
ドイツの限界を知り、アメリカ合衆国やイギリスに理論資源を求めた国家社会主義者であるヒトラーを参考に、「新聖書運動」というものは起きたし、それは西側においては、令和天皇の「日本国の限界を知り、アメリカ合衆国に理論資源を求める」という日本版国家社会主義へとつながった。
新聖書運動は「ケネディ暗殺」でクライマックスを迎えた。
自分にいちばん「お似合いの人」が生き残るとするのならば、その「お似合いの人」が多くの女たちの支持を得ることによりイエスキリストとなる。
「適者生存」(サバイバル・オブ・フィッテスト)というものがもしあるとするのならば、女たちのマスターベーションの存在を知らなければならない。
D9bd8caa5063420cbdbb3f6c77551824 普天間かをり 祈り

西郷隆盛像でマスターベーションができる。
もし、「何を話し、何を書いた人なのか」が分かるのならばね。
「友達、ローマの人、政府の人」
これが西郷隆盛である。
「新聖書運動」は日本国では20世紀前半に西郷隆盛像を作らせることとなった。
西南戦争というものは間違いなく、西郷隆盛の「磔」を意味したし、彼は儒学や浄土真宗セクトからみれば、「キリスト教徒」にしか見えなかった。
アーカンソー州は「北には新型インフルエンザや新型コロナウィルスがあってイエスキリストが生まれやすくていいな」と考えていた。
西南戦争とは、インフルエンザの問題を「食べ物飲み物の問題」として士族の支持を取り付けた西郷隆盛によるクーデターだった。
「芸能界・政界を西郷が支配しかねない」
そのような根の深い問題だった。
カネと女にしか興味のない世界に「西郷隆盛」(今の小野光太郎)が君臨しようとしていたのだ。
これは、プロテスタントの世界を再びカトリックが支配しようというムーブメントでもあった。
勉強だけの人生、苦痛に満ちた人生、風邪ばかり引いていた人生、無神論者だった人生にようやく「光」が見えた。
若い頃の人生経験が違った。
誰も真似しようなどとは考えてはいなかったのだ。
これが西郷隆盛だった。
酒井法子 風邪

アメリカ合衆国は必至で「エアロゾル」などと言って、メディアをかく乱させていた。
論文では「食べ物飲み物に混入している毒物」の存在を私に教えながら、世論には「未知のウィルス」と煽り続けたのだ。
これが「西南戦争」の「宴のあと」として記録に残ることはあるのだろうか?
安倍晋三は「歴史的公文書」に指定しているが、西郷隆盛と西南戦争および政界と芸能界の現状を明らかにしきれるのだろうか?
私は、多くの女性芸能人に通用し、恐れられた情報源だったからスタンフォード哲学百科事典を信じた。
そのような意味では、プロテスタントの世界は必要だった。
しかし、アウグスティヌスが作ったカトリックが、デタラメ女によってプロテスタントを生み出し、劣勢に立たされた後の「さらなる反撃」が西南戦争だったというほかはない。
枕営業をしてまで築き上げた芸名、カネとセックスの歴史をまとめて買収しようというのだから西郷隆盛もただものではなかった。

そもそも、勉強というものが女の子たちに認知されたのは最近のことであった。
それよりも先に「スポーツ」というものが女の子たちに認知されている。
女子たちが「その意味」を理解しなければその世界は発展しない。
すべては「所得再分配機能」のなせる業であり、成績のいい男子を金銭面で優遇することがその背景にあった。
東大法学部で教えていることは「法学教室」「ジュリスト」などの「わずか1500円の雑誌」に書いてあった。
ましてや、スタンフォード哲学百科事典は無料で読むことができる。
成績のいい男子からはおカネを取らない、それが所得再分配機能であり、私も大いにその恩恵にあずかった。
偏差値BOY うしろゆびさされ組

出版する側も「商業誌かそうでないか?」は明確に区別しており、「この雑誌を手に取るのならば伸びる、ただものではないエリート」というリリースする側の認識から破格の値段で売りさばいていた。
背景に「政府」がなければ成り立たないだろう。
政府の資金によって支えられた「媒体」を常に選んで読むという姿勢が求められ、それは税金(セックスに課するもの)から成り立っていたため、読んでいて「即戦力」であったし面白かった。
そもそも「部活と勉強の両立」から、このような「資金の出所」を探るカンは子供心に身につくものだ。
財務省に入省すれば「コーヒーが一杯50円である」ことから所得再分配と「部活と勉強の両立」さらには「政府による資金の裏付け」をいやおうなしに学習させられる。
私は中学高校と「部活」というものはやっていなかったが、レーガン大統領が主導したアユサインターナショナルで、年額200万円で留学させてもらったことや、その時の、扱いが手厚いものであったことから「部活と勉強の両立」は合格とみなされて東大に入っている。
やたらとおカネばかりかかった子供では国立大学には入れないだろう。
どこかで、「自分の可能性と政府の資金の連動」を経験してもらわなければ、予算というものが分からないし、財務の才能は見いだせない。
しかも、スタンフォード大学ともなると、芸能人女性にも「通用する」話題に満ちていた。
時には「国難」と呼ばれる問題を解決することもあった。
周囲に女性たちがいること(アプリオリ)、そして、自分で所得再分配と情報の意味を「感じる」こと、そして最終的には「指導者を疑わないこと」が必要になってくる。
自分を勝利に導くためには、この三段階が必要だと考えられる。
子供ならば最初はカネがかかってもいい。
中学・高校と進むたびに参考書が安くなっていくのは誰にでも分かるだろうが、その背景にある「政府」「予算」の意味が分かれば、案外、大したカネがかからずに親孝行ができるようになる。
教育学者であったルソーは、しかし、デカルトの「予算措置」と教育を結びつけるという発想を持っておらず、リードやクインなどが「可能性のある人間からはカネをとらない」というシステムを構築したものと考えられている。
結局、勉強と言っても「カネと女」の匂いに敏感な感性の持ち主が伸びていくものなのだ。
勉強の歌 森高千里

しかし、クインの「システム」には負の側面が指摘されている。
「東大ボクシング部が大学リーグの三部である」という問題だ。
今沢雄二氏が「バイクやマンションを買うために予算を使っていた」という最悪のファイナンシャリストだったのだ。
今でも今沢氏はファイナンシャリストをやっているが、「カネと女」の匂いで才能を伸ばすという発想はご存じないと思うし、財務官僚にもなっていない。
「女子供に予算が分かるか?」という批判がクインには浴びせられた。
そのため、予算は「男によって」公布されるという日本国の慣習が出来上がり、予算法律説に立脚するのならば「天皇の名で」予算は公布されているし、「女性天皇」を主張するものは、「カネと女の匂い」で才能を育てられた人間ではないことを知らなければならない。
さらには「天皇」というものは人格的統治者であるため、人格が練れていなければならないし、コロナウィルスのような「有事」には率先して矢面に立たなければならない。
「有事」に何をやっていたかが問われるのであり、それを時には歴史をさかのぼってまで「有事」の研究は行わなければならない。
私は、北朝鮮による拉致問題に関しては、後藤健二さんの事件の時に「女たちのネクロフィリア(死体愛好症)」という結論を導いて政権の危機を救ったが、東日本大震災の研究はまだあまい。
酒井法子 風のアンダンテ

このように「カネと女の匂い」に導かれて才能を伸ばしていくと、最後にはかなり暴力的な場面と遭遇しかねないという批判もクインには浴びせられた。
私は、プロレスラーと「秦の始皇帝」の地位をめぐって乱闘騒ぎになり、骨盤の脱臼やその後の腰痛を「自ら英語の医学書を読んで」治さなければならなくなった。
しかし、その力量はほとんど「整形外科医顔負け」の腕前をも身に着けていた。
今回のコロナウィルス騒動に関しては、私の「腰痛の治療の知識の正確さ」が立証されていたから、自信をもって「食べ物や飲み物の問題」という説を公表させてもらった。
自分の肉体を用いて「証明」しなければ情報源の正確さは分からない。
そもそも、有名アーティストや有名俳優の病気を治してきた実績があったり、東大医学部とはどのような水準なのか?を知ることができる環境に身を置いていたのだ。
自分の肉体のリアクションを見なければ、正確な情報源は分からないし、ましてや他人の「心」を知ることもできない。
哲学は主に「女心」をテーマにしてきたが、「女心」を語り、「石をパンに変え」(書物をおカネに変え)、さらには「予言」をするというのが哲学の歴史だった。
時には「予言」は多くの敵を作ったため、「強烈な敵がいて、それでも生きていかなければならない、から病気になる」ということを知ると、今シーズンは、読売ジャイアンツや阪神タイガースと戦うのはやめようかなという気にもなっている。
そもそも、病気になると「感性」が鈍るため、音楽作品への評価や、「カネと女の匂い」を見失いがちだ。
このあたりに「政治生命の限界」もおのずとみられるのだろう。
「定年制」などというあまっちょろいものではない。
「失脚」というものが天皇にも存在する。
コーンブリスは、医師国家試験に受かった男たちに乱交パーティーをさせて、「法学部の優位」「法学部有神論」を作り出した。
私の「有神論」はそもそも「伊豆の踊子」が原因である。
伊豆の踊子

コーンブリスは、特に腰痛など「8割が原因不明、運が良ければ治る」という病気を法学部に委ねている。
しかし、そのためには「部活と勉強の両立」「文武両道」が必要不可欠になってくる。
「腕に覚えがある」人でなければ医学を学ぶ才能はないのだ。
自分の肉体と「対話」するのがアスリートであるが、言語・情報源はしっかり絞らなければならない。
台風の話をするのならば「部活と勉強の両立」と言っても「勉強の方が大事」という時期に気温は下がるという指摘は可能だ。
冬のスポーツと言っても、「プロ野球よりも大事」なものは存在しないし、そのような時に気温は下がる。
なんだかんだ言って、みんな「野球が好き」なのである。
台風で「日本を困らせている」うちは中華帝国は通貨の信用力があった。
気温を下げるために「勉強の方が大事」であるとすることを「性善」と呼んだ。
ハンサムや美女でも勉強が苦手な男子女子を「仏性」と呼んだ。
勉強の方が大事だとする「性善」の人間がクリエイターとして美男美女(仏性)をプロデュースするという構図はあったが、性善と仏性のどちらに女子たちの人気が集まるかで気温は変わってくる。
性善(勉強の方が大事)という立場であると気温は下がり、仏性(美男美女の方がいい)という立場だと気温は上がる。
私は、NHKで「阿部サダヲ」を流したら気温が上がり、「カルロス・ゴーン」を流したら気温が下がったという経験は確かにある。
私が、「誰にでもわかるように簡単に」学問に関する情報を流したら気温は上がった。
これは決して「勉強の方が大事」(性善)ではなく、「美男美女の方がいい」(仏性)という判断が国民に広まったものとして、私が画面に出ると気温が上がるということを学習し、台風の時にいかさなければならない。
私が、このような「儒学」の研究を深めたら、中国の「通貨」の信用力は一気に低下している。
所詮は「日本国頼み」だったのが中国だったのだ。
朱子学というのは要するに「英・数・国・理・社」として日本国では確立している。
しかし、「君主の真似はできない」「美男美女がいい」などのいろいろな分析は可能であるが、私が画面に出ることは決して「性善」(勉強の方が大事)ということにはならず、仏性(美男美女の方がいい)という方向に国民の心は動き、「気温が上がる」のである。
北京大学は世界ランキングでも東京大学より上であるが、このような「儒学」を教えている大学の方が「文系・理系」の存在する東京大学よりもランキングが「上」なのだ。
東大ブランド、旧帝ブランドの復活を待たなければ「異常気象」は治まらないし、それは文部科学省なり各中学高校の問題である。
「スタンフォード大学は面白い」
それは私も実感したから研究を続けている。
しかし、東大ブランド、旧帝ブランドがなければ、今年も「性善」(勉強の方が大事)という思想が影を潜め、台風がやってくることになりかねない。
そんな国家の窮地に「私が画面に出ると気温が上がる」というデータが存在するのだ。
テレビには「仏性」(美男美女の方がいい)という思想しか存在しない。
竹原ピストル

「性善」の復活を待たなければ必ず台風はやってくる。
このあたりは「大学受験を頂点とする学校知を取り巻くメディアをどれほど増やすか」にかかっている。
東大に合格した程度では社会人として戦力にはならない(常知と真知)。
しかし、厳しい修練(克己)に女子たちが取り巻く必要がある。
また、東大合格者を敬う(敬)さらには、静かに勉強する(静)などの重要性を理解しなければならない。

 

なお、私は本日をもって「立憲民主党のオーナー」になることになりました。 寄付をよろしくお願いいたします。 立憲民主党寄付

« 天皇と首相の対立~解決法は神道にあり。 | トップページ | 統一。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 天皇と首相の対立~解決法は神道にあり。 | トップページ | 統一。 »