最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月31日 (火)

ルーマン~社会学。

我々は「社会」を語るうえで「宗教」から始めなければならない。
宗教とは「男らしさを語り合う論壇」という意味であるが、信心深い人には論を待たない問題であろう。
しかし、「信心深さはなにももたらさない」ということを知る必要があり、信じるということから何かがもたらされるためには「他の男のおちんちんに寛大にならなければならない」という側面がある。
「女二人に男一人」という構図を作り出すのが宗教であり、それは「名目経済」とも呼ばれる。
宗教の拡大局面には「名目経済の伸び」がともなうことになる。
教祖の言っている「議論」を他の女たちに話す、そのときに、かくも冷血でかくも嘘つきな女たちが素直になる、ここに宗教の存在意義があるのだ。
Jokeにもおならない恋 三浦理恵子

名目経済の伸びを目指すのが宗教であり、「女二人に男一人」という図式において、男が「話す話題」を提供するのが宗教である。
宗教と「信仰者」は異なるものだ。
宗教というのは「女二人に男一人」で笑って男が話をする話題を提供するものであり、信仰者のようなストイシズムを要求するものではない。
ダークハイムもジンメルもウェーバーもそのように考えていた。
宗教には何ら「ミステリアス」な側面はない。
時事問題などを笑って、男が「女二人」に話すことから拡散していく。
人類学でも心理学でも生物学でも「宗教」たりうる。
今回私は「コロナウィルスは食べ物や飲み物に毒が混ざっているという問題」ということを語らせていただいたが、これも「宗教」である。
「女一人に男一人」ならばすでに「出来てしまう」ため、宗教が拡大していくためには「男性崇拝が宗教」であることも踏まえて「女二人に男一人」という名目経済を成立させなければ、教義(雑談)は拡散しない。
若さを無駄にしている「若い男」に正確な知識を教えることが重要であり、「問題の少ない世の中」が成立した時に「いい神だったね」と人々は語り合うのだ。
工藤静香 ミステリアス

さて、宗教が拡散していく上では「いじめ」が存在することを認め、それでも「ハートの強さ」が男には試され(男は度胸)、それでいて、どの男女も「神によって作られた作品」であることが必要である。
その男女の人体もが神によって作られた作品でなければ「医学法則」にしたがってみんなが動くことはないだろう。
どの「話題」が今、もっとも生産的なのかを考えなければならない。
女たちの間の「噂」になり、「アイツが言っていた」となると信者の男も嬉しいであろうし、仮説が証明されたときに信者は「帰依しよう」と考えるものだ。
「男二人に男一人が呼び出される」なんてものはバカげている。
「女二人に男一人」という名目経済で宗教というものは広まっていくのだ。
「男らしさ」を語り合うのは「女たちの特権」であり、その背景には「女のマスターベーション」があるものと思われる。
メディアの「悪意」にさらされている「コロナウィルスは食べ物飲み物の問題」という考え(未知のウィルス説)は、名目経済を膨張させる。
「専門家会議」というクローズドシステム(閉鎖的なグループ)に対して、かなり大胆で攻撃的なのが宗教家である。
クローズドシステムよりも「学問に満ちている」のが宗教家なのだ。
教義(人類学・心理学・生物学・雑談)を女二人に語ったら「恋が実った」というのも重要な意味を持つ。
まあ、宗教家というのは、話のネタを周囲の男に提供し、女二人に話をさせ、さらに他の男のおちんちんに寛大になる、そんな仕事だろう。
メディアによる「悪意」すら静観し、それでも最終的には「証明される」ということも重要だ。
ホリダーリンも「立証責任は男にある」としている。
工藤静香 嵐の素顔

メディアは「鉄の法律」と呼ばれていた。
それに「宗教が勝つ」ことが必要だった。
複雑に計算されつくされた「男の話題」であったが、信者の男は「教祖の受け売り」を語っていればいいだけだし、あとは「証明」を待つだけだ。
一難去ってまた一難という世の中であるが、そのたびに社会の「序列」は流動的なものになる。
しかし、戦いを経験するうちに「コロナウィルス騒動よりはイージーな相手」というようなこともキャリアの中で分かるようにはなるだろう。
こわいのは「メディアの悪意がなくなる」ことであり、そうなったら宗教や名目経済は「拡大局面ではなくなる」ことを意味する。
しかし、拡大局面ではなくなった宗教であっても、国際試合や戦争などの「オペレーション」が可能になるというメリットはある。
メディアが軍門に下った時には、今度は女たちが「絶好調男を邪魔してやれ」と言って「縁結びの神様」になることになる。
結局、宗教というものは「男女が愛し合う」ためにあるものであり、経済効果のあるものなのだ。
基本的に「両陣営」がなければ成立しないものであり、常に「証明」を争う必要がある。
なぜなら「私は女だった」から。
ribbon あのコによろしく

男の子が勉強したり信心に励んだりするのを「邪魔」するために環境問題を持ち出すのは「宗教が確立してから」でしょう?
みんなが迷っている時代に沖縄のサンゴだのジュゴンだと言われるのはあまりにも論点が危なすぎる。
「環境って言われると何もできないんだよね」
それが女たちの武器でもあった。
「環境権」というものは宗教の確立を待ってから議論しようというのが憲法学会の主流だ。
なによりも「最高のセックス」がなされなければ環境権を論じるのは問題が多い。
宗教界には「中立的なオーディエンス」もいる。
コロナウィルスの「オーバーシュート」が先か、宗教団体の「フレーミングアップ」が先かは明らかではないが、どうなるかは今後を見てみるしかない。
最後には「十字架のように交差する」「イエスかノーか」の結論を導き出す力量が求められる。
一難去ってまた一難というたびに「十字架のように交差する」「イエスかノーか」を君主がメディアと争っていたのでは体力が持たないだろうが、それでも君主(神道祭祀の総覧者)なのだ。
ボクサーやプロ野球選手が「十字を切りたくなるような」憧れのファイターであればいい。
「憧れのファイター」にはやがて「組織」というものができるだろう。
適当にごまかさないことだ。
有事の際には「メッセージを明確にし」「組織を動員する」のだ。
それ以外に、「両陣営」「メディアの悪意」と戦う方法はないからである。
それでいながら「証明」をする必要がある。
工藤静香 証拠をみせて

最後に、いかなる教団も組織も「死をどう思うか?」と聞かれるだろう。
しかし、それは教団の完成を意味する。
「2024年以降、タイムマシーンが完成し、死の概念が不明確になる」
これが令和神道の答えなのだ。

参議院選挙に勝った創価学会は「大いなる愛、大いなる太陽」などという具合に「女にもわかりやすい暗号化」を宗教に与えた。
また、全米進出を決めた内田裕也は「シェゲナベイベー」というような「暗号化」を自分の存在に与えた。
令和神道にはまだこのような「暗号化」は存在しない。
強いて言うならば「ぶりぶりざえもん」だろうか?
どんな「戦い」をし、どのように「偉い」人なのかが分からい人たちのためにこのようなことを行うのだ。
これは「勝負に強い」教祖に強烈な人気をもたらす。
このような「暗号化」は宗教界では「革命」と呼ばれた。
ぶりぶりざえもんセリフ

このような「暗号化」は、神秘的なものであるが、有事の時には「常に人々に理論を提供する」力を持っていなければならず、「何やってたんだよ!」と言われるのならば、教団は後退局面にあることを意味する。
ユダヤ教はキリスト教の側に常に「何やってたんだよ!」と言い続けている。
「メディアとは異なる論理で動く」
これを「法」と呼んだだろう。
女たちの胸や尻に感じる男の気持ちを「原罪」と呼んだ。
それがなければ「仲間」はできないのだ。
射精するときの快感(やる気)がなければ男同士がつるむメリットがない。
「暗号化」されると、人々の期待感が高まる。
専門家会議にすら打ち勝った男だからだろう。
「彼には強さが約束されている。彼を恐れるものに祝福を」
神聖さと世俗さ、平時と有事が宗教家には存在し、「神聖かつ平時」だけが宗教家であるのならばそれは反則である。
「世俗さと有事」がなければ宗教家ではない。
「争うなと一言言っていただければ」などというあまいものではない。
「世俗さと有事」を見失い「神聖さと平時」だけを生きたいと願う宗教家だから「何もできない」のだ。
むしろ「有事」でなければ人々の心はコントロールできないだろう。
メソポタミアやエジプトからは宗教家の「神聖さ」しか学べない。
「世俗さ」と「有事に強い」ことは伝わってこない。
松田聖子 赤いスイートピー

記者のように「元気な男たち」が人々とコミュニケーションをとって、裏付けを得ていくだろうが、最後には「宴のあと」のような小説になるだけだ。
しかし、「人類の未体験ゾーン」を見せてくれた宗教家には「神聖さ」が残るだろう。
アブラハムはイサクをとらえて「仲間を作れ」と言った。
今後も、令和天皇が「有事」に体や地位を張るとは容易には考えられない。
イサクをとらえて「仲間を作れ」と言えばいいだけだからだ。
勝負に弱い「選民思想」など存在しない。
結局、「男は勃てばいい」という側面が指摘できる。
「大きすぎる女心」を理解すれば「大きすぎるおちんちん」も作られる。
未知の領域に怯えて勃たなくなることはよくあるだろう。
結局、「神」というのは自分以外の人間も「主」に作られた作品だと信じていて、自分の健康に関する問題に当てはまるものは、他人にも言えることだと信じている男のことを言うのだろう。
「女の病気」のことは「肋骨の問題」という割り切りもあるのだろう。
哲学は常に「女心」を探求し続けてきたが、宗教は「人類学、心理学、生物学」つまり「医学」を問題にし続けてきた。
治らなかったものが治っていく、これが信仰心なのかもしれない。
かつて精神医学の世界は「目的を持たない人が健常者である」としていたが、今は「外で異性と話をする人が健常者である」としている。
つまり、「女心」(哲学)に詳しいというのは心理学という宗教的側面を持つこととなり、哲学と宗教は「メンタルの健康さ」という意味において「同じ意味である」ということが可能だ。
SPEED Steady

宗教というものが、自分の体に起きる現象と同じことが他者に起きるという「人類学、心理学、生物学」つまり「医学」を背景にしているとなると、今の日本の医学部は、医師国家試験に合格したら乱交パーティーをやって、「医学部無神論」というものを作り出している。
「私は無宗教です」
このように語るのが20世紀の日本国の常識だったではないか?
国体概念である「天皇と国民はひとつ」というものは、医学を通じてしか実現せず、あるいは「女の子たちとの話し方」を発信し続けるしかない。
ヨハネによる福音書8:1-11において、イエスキリストは、自分が書いた「新たな法」が読めるかどうかを人々に聞いた。
「読めちゃうんだよな。同じ国の言葉だから」
「でも新しいんだよな」
「治っちゃうんだよな」
でも「新しいと敵が多いんだよな」とも付け加えた。
新しいものを守らなければならないため、人々はおカネを払った。
「治ったからね」
腰痛に関しては私は「賢い」という論文で語らせてもらったが、東大医学部無神論が「この程度」ということの裏付けを取るのに有意義だった。
そのうえで、コロナウィルスについて語らせてもらったのだ。
歩いている人の医学という論文も公表させていただいた。
医学は、「読める」「新しい」「治る」という三つの要素からカネ儲けにはなるが、日経平均株価は下がる。
メンタル・空気・風景・日経平均株価を上昇させるのは常に「女心」(哲学)だった。
AKB48 teacher teacher

「神は自分に似せて人間を作った」
それならば、宗教=医学と言っても間違いではない。
しかし、肋骨=女心=哲学も、メンタルの健康を維持するという意味においては宗教=医学である。
仏教は「一切皆苦」としてかなり成功した宗教であったが、ブッダはともかく、のちの世の論客は「寝るのが苦しければ起き、起きるのが苦しければ寝る、腹が減るのが苦しければ食べ、食べるのが苦しければ食べない」などと能書きを語り、いざ、自分が病気になったら宗教界から引退してしまっていた。
なぜ、「自分にしか読めない文字」があるのならば「誰にでも読める文字」に変えなかったのだろうか?
かつてはギリシャ語がもっとも「不老長寿」に近かった。
その後ヘブライ語が主流となり、現在では英語である。
実際に、「食べることのできる植物」などに詳しくなる千日回峰行などはともかく、俗世で修行僧(信仰者)のような生活を送っていたら、仲間もおらず、自分の人体の研究から、世の中の全員に言える健康情報も発信できないし、そもそも、「人間にとって気持ちいいこと」によって人々を誘導することもできない。
政治(女心の定義・哲学)と言えばカネにならないものが、宗教(医学・長生き)と言えばカネになるとも言われる。
若さを無駄にしていると感じる「学を志す」男と、女のケツばかり追いかける男、実績を積み上げる男と、「見た目」ばかり気にする男、それは「善と悪」の関係である。
若さを無駄にする時期に「修行僧」でなければならない時期はあるが、それが生涯にわたると人が離れていくだけだろう。
のちの人生は「ブラインドスポット」(分からないこと)を調べて生きればいいだけの蓄積がイエスキリスト(堕天使・ルシファー)には存在したし、「女のケツばかり追いかけた青春時代・見た目ばかり気にしていた青春時代」つまり「悪」に属する男は決してイエスキリストにはなれなかった、
ミスターチルドレン

女の子たちは、思春期に「夜中に大声で歌う」「譲れない夜があった」などの経験はしていたが、イエスキリストの青春時代は、これらの女の子たちの経験への理解力を持つことにつながり「必要十分条件」と呼ばれた。
女子校の校門の前にあやしい男がいる。「どちらさま?」(先生)「東京帝国大学法科の学生です」「おやまあ、よろしくお願いします」
これが女たちの「イエスノー」であった。
この女たちのイエスノーの問題はヨハネの黙示録やタルムードに由来するものだ。
「外国語ができるのは当たり前」「人体の法も法律である」
このようなことから、東京帝国大学法科の人間は「イエスキリスト」となる才能が見込まれた。
中学の同窓会に出席したらいじめられるのが東大法学部の学生であるが、そもそもオックスフォード大学も「全国の中学校運営主体」が作ったものだ。
酒井法子 100%の雨が降る

東大に入っても研究を続ける者はいたが、「女心の研究」が政治学であり、「医学の研究」が宗教学である、ことなどに気がつかないものは、いつまでたっても司法試験に合格せず、要するに「英語に通じている者」が「三冠王」などと呼ばれて「頭の仕組みが違う」と噂された。
大学に入って「女の子と話をしない」というのはアカデミックキャリアにとっては致命傷とみなされた。
英語から「日本人の女の子や人間にアプローチする」という発想はなかなか想定できないものだ。
私も、自動車の「スピードの秘密」(SPEED SECRET)という本を読んで、マリオカートを攻略した時にその「発想」が初めて分かった。
コミュニケーションというものは、相手にも体・健康状態がある以上、常に「宗教的」「医学的」なものにならざるを得ない。
そうでなければ相手に影響力を与えることはできないのである。
「団結」というものはそのようなコミュニケーションの繰り返しからなされるものだ。
しかし、組織化された「教団」には常に周囲の悪意が向けられるため、「病気が治った」などの真理におカネを払い、教団を守っていかなければならない。
日本国のサラリーマンは、給料の12%を社会保障費として差し引かれているため、シナゴーグのような十分の一献金はそもそも想定されていない。
それでも、東大医学部のようなクローズドサークルにも見えない領域が、宗教家には見えることがある。
なにしろ、「日本語の」医学書を読むのが日本の医者であり、英語の本を読むのが宗教家だからである。
君主とメディアの「両陣営の対立」から、神道と他の教団の「両陣営の対立」など、常に「対立」が存在するから、教団はおカネで潤うことになる。
健康さという「歓喜三昧」を味わったというのならばそれは認めるしかないし、他人がどうこう言うものでもないだろう。
本当に「病気が治った」のならば「女二人に男一人」という図式で、一人の男が言いふらすしかない。
芸術作品を見たり聞いたりすることは、「愛」につながり、人々を救い、そして人々を救う団結(教団)にはおカネが集まる。
「真実を見失うのはおカネを払わなかったあなただけ」
ribbon サイレントサマー

私の上記の論文「賢い」でも述べたが、飲み物を「右手で」飲む習慣を忘れないことや、「尿道や腸の強さ」「食べる時はたくさん食べ、規則正しい食生活を」などが「腰痛を治す」ということをどのクローズドサークルが知っているであろうか。
おしっこをするときは大量にガーと出すなどの習慣を身につけるだけで腰痛が治ってしまうのだ。
しかし、それでも、そのような治療法は「教団」だけで共有されるものであり、必ず、メディアや他の教団によって「もみ消されて」しまうだろう。
どこで誰がセックスしているかは知らないが(全知ではない)、それでも医学に関して己の経験談を他人に話し、影響力を高める人は「全能の神」と呼ばれた。
中世を経て、芸能界というものが生まれたら、「外で異性と話すと病気が癒える」ことから「哲学」(女心の探求)が花開いた。
「宗教は病気を癒す」「医者に見放されたら頼るものである」
これはあながち間違いではない。
日本の医者はたとえ東大医学部卒であってもクローズドサークルのメンバーであり、医師国家試験に合格したら乱交パーティーをやって無神論者になっている。
そのため、「有神論」「英語の書物を読むことができる教祖」に頼るのも間違いではないのだ。
まあ、とにかく「教祖」の「必要十分条件」だけ見ておけば間違いないだろう。
参議院決算委員会においても「地方の医療規模の縮小」が語られているが、どの委員も大臣もマスクをしながら、「神道の勝利」を確信していたようだ。
私の医学(歩いている人の医学賢い)によって、「神道でどうにかなるものならばどうにかしてほしい」というのはもはや政府の意向となっている。
中国においては、儒学というものが「学校」と直結し、気温を下げる効果が認められる宗教となり、仏教が「美男美女を生み出す」宗教となっている。

以上に述べたように、「社会学」というものはあくまでも「医学・宗教」の伝達メカニズムを探求するものであり、医学に奉仕するものに過ぎない。
「医学部です」というだけで体を許す女が大勢いるのだ。
それに「宗教」が勝ったら何が起きるであろうか?
これが「教団の誕生」の秘密である。
「専門家会議よりも優れた教祖がいる教団」
この人脈に連なりたいから人々は「祈る」のである。
信者たちは、「敵味方」を明確に区別し始める。
それは、「コロナウィルスへの勝利」から始まったものであっても、いざ、組織化されてしまえば「男女の問題」「芸名・政治家名の問題」がまとわりつくからである。
教祖としては「専門家会議に勝った」「人々の病気を治したい」という動機から始まったものであっても、「その対価としておカネが欲しい」と考えるのであれば「組織化・教団づくり」は避けては通れないし、末端の信者が「異性をめぐって」「知名度をめぐって」排他的になるのはもはや宿命であった。
医学の世界で勝たなければ、末端の信者は「負け犬カップル」になるだけだ。
そのため、教祖は日々切磋琢磨している。
逆に、教祖が医学の世界で「指導の誤り」が見え始めたら、末端信者たちが「パートナー」「知名度」を守るために「組織改革」を上層部に要求し始めるだろう。
新型コロナウィルスは「食べ物飲み物に毒物が混ざっているという問題」という議論を私は今回させていただいたが、この議論はおそらく最終的には勝利を収めるだろう。
しかも、事態はもはや「芸能界全体」に影響力を与えている。
志村けんさんは「コロナウィルスで亡くなった」という歴史的評価はもはや動かないのだ。
今後、教団はどのように「進化」を続けるのだろうか?
まあ、宮内庁の「オカルトサイエンス」は、今後も関与し続けるだろうが、教祖自身が「健康」になるのならば、今後も医学に自信を深め続けるだろう。
まあ、神道と言っても、「神祇カルト」「一の宮と二十二社」「総社」「八幡ネットワーク」というようにかなり分派的な動きも存在するし、教派神道もある。
君主とは時には微妙な関係になりつつも、神道は繁栄をつづけるだろう。
「分派的動き」というのは教団のセキュリティーにもかかわる問題なのだ。
いずれにせよ、聖書に記されている「証し」というのは「病気を癒す」ことにしか見いだせないのだ。
今まで、私が述べてきた「女心」というのは、「メンタルの健康」という意味においては「精神医学」=哲学と言ってもいいが、今後も私は「女心」について語りたいし、それでありながら「医学」の研究もさせてもらいたい。
さらに考えなければならないのが、「系列企業をもって所得再分配をすること」であろうが、企業の商品を購入することそのものが「信者になる」という側面があり、メメントモリ(死を忘れるな)ということを考えると、企業経営の財源は「死」を発信源にいくらでも出てくる。
まあ、どんな事件に対しても「ちんちんと計算」だけを用意して待っていることだろうね(タブララサ・白紙)。
酒井法子 ホワイトガール

あとは、「いざとなったら肉声を発信する」ということが重要であり、「肉声が聞こえてこない」と批判されるのであれば神道祭祀の総覧者にはなれないだろう。
国中がパニックになりかねなかった新型コロナウィルス騒動で「何もできなかった」教団があるのならば、「肉声が聞こえてこない」という罵声を浴びるのは当然である。

さて、「治らない病気が治った」ということの意味をもう一度よく考えなければならない。
医者がさじを投げたような病気が、本ブログを読んで身近な人に話したら「治る」のである。
自分にとって「必要な人」を治すのはカルネアデスと呼ばれている問題である。
「患者を診るたびにセックスしていたのではきりがないよ」
これを、フランシスコ・サンチェスは「医学部無神論」と呼んだ。
そこで、サンチェスは、デカルトが「セックスに税金を課す」としたことに対し、「無知に税金を課すのと同じ意味である」としている。
つまり、勉強や研究に方法論上の迷いがなく、成績が優秀ならば「税金が課されない」「気がついたら手元におカネがある」ということを意味した。
何十日もボーッとして、次の収入の日を待っているだけでは、「貧しくなるだけ」としたのだ。
読書でもして次の収入の日を待っていた方がよっぽど「手元におカネが残る」「おカネが税金として取られることがなくなる」のである。
税金というものは不思議なもので、家計簿や小遣い帳とは違う原理で「取られている」ものなのだ。
女友達は「担保」であり、パートナーは「債権」である。
つまり、友達は「物権法」の世界であり、セックスしたら「債権法」の世界となる。
デシプリンからパラダイムへ、つまり「プロポーズから結婚へ」というパラダイムシフトはそれはそれで議論の余地はあるが、友達から恋人へという「物権法から債権法の世界へ」というものも問題となる。
ガラスの上のブロークン ribbon

「知っている者からは税金は取らない」
私は「公園に落ちているスポーツ新聞で勉強する奴」と皮肉られていた。
「無知」から税金は取られる。セックスから税金は取られる。「怒り」から税金は取られる。
そう思って、本ブログを読んで、「病気の人」と話してみればいい。

コロナウィルスに関する「緊急事態宣言」において、他人の私有地を許可なく使用できる、とされているのが気になった。
イルミナティが私に「読め」と言ってきた論文が「チリの哲学」だったからだ。
芸能界のあり方に関する争いは、自衛隊の専権となっているし、アカデミズム改革のあり方をめぐって、チリでは1973年から1990年まで軍事独裁政権が続いたのだ。
専門家会議と私の「見解の違い」は周知だろうが、これは日本国の「東大ブランド」の威信を大きく損ね、アメリカイルミナティ(スタンフォード大学)の力はすでに政財官のみならず、立法・司法・行政の世界で一目置かれている。
今回、私は「西南戦争」という表現を使わせていただいたが、
東大医学部への失望感が自衛隊および芸能界に根強く、「令和天皇による軍事独裁政権」が確立しようとしているという見方も可能だ。
安倍さんを「止めるなら今」という側面はあるが、令和軍事独裁政権は、確立しようとしているのだ。
1767年にチリに「イエズス会」がやってきた。
この時に、チリに「芸能界」が誕生し、国づくりの基盤ができたものと考えられている。
1865年から1920年までは「君主制支持」(日本でいう菊タブー)が安定的に運用されていた。
1920年から1950年までは「専門家の育成・大学づくり」がすすんだ。
しかし1950年から1973年の時代の過渡期と、「アメリカイルミナティの確立」を見て、1973年から1990年まで「上からの教育改革・軍事独裁政権」という体制が敷かれている。
今の「学校休校」を「感染予防のため」とだけ考えてはならない。
「東大を頂点とする学校制度」が専門家会議によって「機能しなく」なったのだ。
1860年代から根付いていた「カトリック」「学歴社会」が、コロナウィルス騒動のような出来事で「青ざめる」のが分かった。
カトリックが青ざめたのは、どのチリ国民もが「アメリカのように」と考え始めたからである。
先日、私は床屋に行ったが、私より先に待っていた石破茂よりも「先に」カットしてもらえた。
「人間はどうしてもひとつにならないものだ」というベルグソンの理論を背景に、「芸能界とアカデミズム改革」の必要性に駆られて、学校は休校になり、自衛隊が展開しようとしている。
では、令和軍事独裁政権の統治下とはどのようなものだろうか?
不登校40万人と言われた「学校の勉強よりも令和天皇の本を読んでいた方が楽しい」という子供たちが「多数派」となることを意味する。
1990年にチリは大統領制へと移行している。
これは、今の「永田町が機能していない」という結論でもあった。
「芸能界が国をつくる」ことを熟知していた令和天皇が「政界」のあり方をも変えてしまったのだ。
「令和天皇という個性を失ったら大統領制にするか?」
これが今の日本国の現状なのだ。

「分かってたまるか!」
私もよく、人に「お前になんか分かってたまるか!」と言われることがある。
哲学というものは常に「人気のある話題」を探求するものであり、普通に生きている人にとっては「まるで滝の映像を見る」がごときものだ。
哲学つまり「人気商売」をやっていない人にとっては、哲学者に「分かってたまるか!」と捨て台詞を吐いてしまうのだ。
華厳の滝

そもそも、哲学というものがアメリカイルミナティ(スタンフォード大学)を発信源に研究が進んでいることから、子供がいる人はともかく、子供がいないマザーファッカーや、髪の短い女、免疫抑制剤を飲んでいる人は、みんな、令和天皇およびアメリカイルミナティに「分かってたまるか!」と考えていることを意味する。
人体の機能を完全な形では有しなかったことが理由であろう。
子供の恋愛に、自分達の経験を重ね合わせる両親などへの反発もあるのだろう。
窓から見てるPTA

哲学(女心・恋愛論)は、子供のいるカップルにとっては人気のあるものであっても、マザーファッカーのようなバツイチ・バツ2を繰り返しているような男にとっては「面白くもなんともない」ものだった。
今回のコロナウィルス騒動においても、「子供のいる家庭」は案外、のんびりしている。
就学している子供がいる、というだけで周囲からおカネが放り込まれるからである。
ローマ帝国の王室は滅びる宿命にある。 
どの家庭の女の子も、やがて「彼氏」を作っていくことになる。
それでも、子供のいる両親は「哲学を学ぶモチベーション」があったし、出世もした。
ribbon 正しいハートの行方

「気持ちのいいものが、そのまま仕事になり、生活になる」
このことから、緊急事態宣言に対しても国民は案外冷静だ。
「天皇と国民はひとつ」という国体概念に結構人気があったのだ。 
自衛隊は「日本国民の生命や安全を守るために存在する」のである。
しかし、マザーファッカーのように「気持ちのいいものが、必ずしも仕事や生活にはならない」存在には、自衛隊も「歓迎されていない」ことは理解している。
人間には「言葉」があるから「記憶」し、「学習」する。
今回の緊急事態宣言も「令和天皇の言葉と学習」をもたらすものである。
国民が「天皇を敬う、政府にしたがう」という意味では「神道形式で」のみ成立したものだ。 
それが「面白くない」のは、子供のいない家庭である。
周囲からおカネが放り込まれる環境にはないからであるとも言える。
「夫がマザコン」とか言うが、子供がいるのならばマザコンでも何でもない。
本当のマザコンは、母親と性的関係を持っていて精子が出ないものなのだ。
子育てと仕事を楽しめない、というのならば、国の「期待される人間像」に反するものである。
今回は、「女の子を口説く」というカントの学問すら「愛せない」男たちの存在を明らかにするとともに、内閣支持率や円高などを見守っていかなければならないだろう。

そもそも、マザーファッカーのように「哲学を愛せない」「女の口説き方を知らない」男たちが、俳優に向いており、「台本」を読んで、パフォーマンスをするものだ。
精神病院では、患者に「自分は子孫を残せないのかな?自分は動物なのかな?と思ったことはありますか?」と私は最初に聞くことにしているが、
つまりは、これが「芸能人である」ことを端的に表現している。
相模原の障害者施設で「いない方がいいと思った」という殺傷事件が起きたが、これはマザーファッカー(両刀遣い)の攻撃性を根拠にしており、人間の尊厳(認め合うこと)および人類学に根差した問題であった。
台本を読んだだけで「スター」と呼ばれ、本性はかなり攻撃的な側面があり、はた迷惑な精神病患者であった。
ロボトミー手術というものが「医学の側」から提示されたこともあった。
ニュース

女の子は思春期に、「おちんちんがない」という去勢(キャストレーション)を暴力的に経験し、メランコリー(鬱)になる。
茶色とともに生きようと決めた、緑とともに真面目になろうと決めた、赤とともに男と向き合おうと決めた。
赤から紫へ、アジサイが色を変えていくように「男から女へ」「美の探求」「母の実践」「体のフィットネス」と向き合うようになる。
異性に助けを求めるようになるのだ。
「女とは生まれるものではなく、なるものだ」
「女嫌いの男」「レイプ」に直面したら「神」を信じられなくなる。
高井麻巳子 胸騒ぎのメランコリー

「女嫌いの男」「レイプ」と直面したら、女は「神に失望」する。
しかし、「男に従属するもの」と名乗っても「失うものはない」とも言われる。
メランコリーを経験して「料理」「掃除」「洗濯」などを覚える。
女は男の「欲望と交換の対象」となり、また、エネルギーの発信源となる。
去勢(キャストレーション)を経験すると「言葉の感覚が鈍る」と言われ、そもそも「女言葉」が父親に犯されることを防ぐためにあるとされる。
メランコリーを改善するために、「芸能人」などのナルシシズムに憧れるのだ。
男よりも女の方が「芸能人」の名前に詳しい理由もここにある。
「伝言」と言ってもなかなか複雑な世界だ。
「数学がどんなに難しくても、男の絶対はあなたの胸にあるよ?」
「あなたは女として最高の存在」
母親は、「娘に嫌われたくない」と考えている。
しかし、思春期に「お母さんが嫌い」にならなければ痩せないし、「女らしさ」が身につかない。
高井麻巳子 シンデレラたちへの伝言

「どうやったらライブパフォーマンスは盛り上がるか?」
基本的には「歴史的瞬間」に立ち会えたことから、観客はマスターベーションをする。
日比谷の野外音楽堂でribbonは、上空にヘリコプターを飛ばした。
屋内では「カメラクルーによる撮影」などは基本となるだろう。
これが「クラシックモーメントである」ということはパフォーマンスをする側も「狙わなければ」ならない。
ribbon

「令和世界史の幕開けだ!」
どんな影響があるのかよく分からないけど「ライブパフォーマンス」とはこのように行う。
翌日は男は相変わらず満員電車へ。
緊急事態宣言

閉鎖された店舗、ほろ苦いチョコレート、その程度の影響しか自分にもたらさないのが「歴史」だろ?
地震・津波・噴火などよりはるかにマシな「政治ショー」だ。
バレンタインキッス 国生さゆり

さらには「男の声による演説」「女性アーティストには男たちの声援」がなければ抜けない。
少なくとも「大勢の男たちに愛され」なければ「抜け」る映像にはならない。
最初の「拍手」が効いたのかな?
カメラワークが効いたのかな?
「覗き見」を大勢の男たちが見る(プライベート)、オンエア(パブリック)つまり「個と公」の区別をしないと、「政策」は男だけのものとなる。
女だけが「プライベート」に興味を持たれている。
松田聖子 抱いて

頭の痛くなる音楽をコンビニのBGMで聞くことがあるが、CDを買って「プライベート」で聞くと名曲になったりもする。
自分の部屋という「プライベート空間」で聞いた音楽はライブパフォーマンスで見たくなる。
案外、パブリックフォーラムというものは「文化の発信源」となっている。
「スタジオアルタ」や渋谷の巨大スクリーンなど。
パワープレイはカネがかかるため、テレビ局や系列ラジオ局、ケーブルテレビ局を総動員して、アーティストの手元にはほとんどカネが残らないが、「パブリックな空間でいかに頭を痛くさせるか?」だけ理解していれば、狙いは絞ることが可能だ。
モーニング娘。ラブマシーン

自分が「差別している」場所で聞いたサウンドを部屋に持ち帰りたくなる。
「野郎ども」が動けば、自分の心も動く。
「野郎ども」を動かす「声の発信源」となることが大事であり、決して「公務は受け身のもの」ではなく、「動員力」がなければならない。
小池都知事のプライベートが見れる。
小池都知事は私の母なのだ。
トンタン茶房

プライベートとパブリック「個と公」を区別しないのならば、そもそも「女の出番はない」とされる。
クレアラシル 広末涼子

1995年に中山競馬場は、「一着になった馬ならば、足音を聞いているだけで楽しい」ということに気がついた。
中山競馬場 1995年

中国が「アメリカ国債」を買う理由は「アジア地域で中国に有利な行動をとってもらえる可能性がある」からである。
しかし、トランプ大統領のような「発信源」を誘導しようとしているのかどうかは明らかではない。
しかし、アメリカ国債ですらオバマ政権の時にデフォルトを起こしている。
なにが「中国に有利」かが分からないね。
トランプ大統領 コロナウィルスについて

「日本の野郎ども」が動くのならば、日本の女たちはトランプ大統領ですら自分を慰めた。
そんなときはトランプ大統領の言葉を本気で信じたのだ。
野郎どもを動員できる力を見ていたのだ。
しかも、演説は128BPMだったし、自信に満ちていた。
愛してジャスティス ribbon

女や両刀遣いの男は「野郎どもを動かす影響力」だけで抜いている。
歌詞よりも「影響力」ならば全米ビルボードになってしまうだろう。
全米ビルボード

1999年に「日本の未来はウォウウォウ」と歌ったモーニング娘。を私はコンビニで聞いたが、その足で近所のCDショップに向かっている。
パブリックの空間で聞いた「頭痛の種」を、プライベートの「刺激」にしようと思ったのだろう。
それ以前にもレンタルレコード屋でSPEEDの「Go Go Heaven」を聞いてファンクラブに入った。
大人たちに「このムーブメントには続編がある、資金力がある」という自信がなければこの「個と公」論で有名になってはならないが、案外、ブレイクするのは簡単だったりする。 
SPEED Go Go Heaven

不完全な男は女にとって常に「頭痛の種」だった。
これを、パブリック(公)で聞くことが重要であり、それを女たちがプライベート(個)に持ち帰る必要があった。
Bzは、常に「男の不完全性」を歌っていたし、女たちにパブリックでそれを聞かせ続けた。
マクタガートという哲学者がその理論的な柱となっている。
兵、走る Bz

アイドルオタクとは違う「イケメン」がギターの松本に影響されたのならば、女たちも動く。
野郎どもを動かすのが先であり、女たちはあとからついてくる。
ギターという「案外、頭を使う世界」がBzの周りを取り巻くのが分かった。
失恋を経験した男は、無神論者であったが、ギターによって「神・男・聖霊」という三位一体として「復活」したのである。
マクタガート(芥川龍之介)は、男たちに「負けてもいいよ」と言って勇敢さを求めたのだ。
「勉強の世界では負けてもいい」という発想はウルトラソウルと呼ばれた。
Bz ウルトラソウル

マクタガートの部屋を訪れた友人は、彼の「謙虚さ」だけが印象的だったと語っている。
彼はもはやホイッグ党の党首であり、国のリーダーだったからだ。
それでも、連続一位チャートインするために必要な「メンタリティ」だけは持ち続けていた。
スタンフォード大学は「論文は今後も改訂し続ける」とし、私の健康面での医学研究も含めて、私を謙虚にさせていた。
Bzの松本がギターならば、私は「英語」の世界の教祖的存在であり、その「ゲーム性」は完璧と言われた。
哲学は常に「女心」を問題にし続け、宗教は常に「男らしさ」を問題にしていた。
宗教の「男らしさ」って何?と思うだろうが、ルーマンは、その答えを「医学に通じていること」に求めている。
哲人政治と呼ばれるように、男同士は「カネと女」を通じてしか「つるむメリットがない」とされる。
そのため、政治の世界は「カネ、カネという世界」となっている。
他にも「芸名を与える、政治家名を与える」など様々な「やり方」はあるだろうが、 医学に通じているなどの力量がなければ、カネに代わる「与えるべきもの」を持たない男になる。
医者の不養生と言われるものがあるが、医者と言っても、医師国家試験に合格したら、乱交パーティーをやって「無神論者」になっている。
まるで「俺以外の神を信じるな」と言わんばかりであるが、晩年は、自分の健康状態を「研究する」という姿勢に欠け、他の医者に身を委ねている。
法学部有神論がこの時に「医者よりも優れた情報への嗅覚」を見せることがある。
そもそも、政治家になりたいというものが法学部に行くのであり、人にあげる「カネ」のない人は「医学の知識」を与える才能を持つことになる。

「政治と言えばカネにならないものが、宗教と言えばカネになる」
ここで、用語を整理しておきたい。
政治=女心を語ること。
哲学=女心と研究すること。
宗教=男らしさを語り合う論壇=医学。
倫理=いじめの研究とセックスの研究=気持ちのいいもの。
愛の倫理社会 おニャン子クラブ

 

なお、私は本日をもって「立憲民主党のオーナー」になることになりました。 寄付をよろしくお願いいたします。 立憲民主党寄付

2020年3月22日 (日)

統一。

世界においては、男が女を愛する(経済)あるいは、知識がどのように伝わっていくか(社会)、さらには、これらの経済と社会をまとめて「クリエイターによって作品が描かれる」(文化)、また、男が女を口説く(政治)などを、「世界共通の関心事」にすることが可能であるかが問われている。
それはもちろん、私もスタンフォード大学を参考にしているが、それでも、民度・理解力においては日本国民は傑出しており、もはや「東大・京大などには興味がない」という生徒も存在する。
「強烈な敵がいて、それでも生きていかなければならない時に、人は病気になる」
それでも、出産を終えた主婦には「芸名・政治家名」を与えてもさほどトラブルが生じないとか、周囲からの愛され方が変わったとか、周囲からの口説かれ方が変わったとか、いろんなメリットがあって「芸名・政治家名」は取引される。
すべては「男が女を愛する」(経済)あるいは、知識がどのように伝わっていくか(社会)、さらには「クリエイターによる作品の力」(文化)、また「男が女を口説く」(政治)、つまり「経済・社会・文化・政治」の四つをうまく押さえて、たとえ芸能人であったり政治家であったりしてもうまく「作品」をクリエイトする力量がなければ「のれん」も意味をなさないことを理解しなければならない。
女の子が「神」を信じるかどうかは「滑りやすい坂道」と呼ばれる。
「胸の発達」「親の愛情」さらには「女嫌いの男に出会わないこと」「レイプに遭わないこと」などの条件がそろわなければ「サンタクロースを信じなくなる」のである。
CoCo 冬の微粒子

日本国が「世界宗教のメインストリーム」になることは可能であろうか?
WTOやIMF、世界銀行は「もはや政治経済はクリエイターの力量次第」と位置づけ、「芸名・政治家名」の取引に力点を置き始めた。
メキシコやカナダからアメリカ合衆国に移民してきた人は、真っ先に「芸名」を欲しがった。
「男づくりが先、女づくりはあと」という移民政策の基本は「男性芸能人の芸名」を活用する以外になかったし、日本の芸能界も在日朝鮮人に活用されている。
これがいわゆる「ニューNAFTA」と呼ばれる政策である。
日本政府も「ニューNAFTA」に類似した移民政策をとっているため、日本国民の中には「芸能界が在日に乗っ取られた」などと大騒ぎするものもいる。
第二次世界大戦前の「ウェストファリア体制」が戦争を引き起こしたとし、国連やEU、WTO、WHO、ASEANなどが「芸名・政治家名の売買」に目を付けたし、「ポップカルチャーをクリエイトする力量」に自らの生きる場所を世界の人々が見出し始めた。
「神・男の完全性を議論すると爽快感がある」
松田聖子 赤いスイートピー

この「ニューNAFTA」は、数百万人レベルに影響を与える移民政策・貿易政策であった。
台湾の独立派(日本派)はすでに「ポップカルチャー」の研究を始めているし、その「クリエイト力」は東京の予算によって高められることになった。
イギリスの車・ジャガーは周辺国の富を引き出すことから作られている。
「政治・経済・社会」の真実は、各自の研究に委ねられたし、政治討論番組を見ても一向に「政治力」は身につかなかった。
なにしろ、政治とは「女を口説く力量」のことを言ったし、経済とは「男が女を愛すること」を言ったし、社会とは「知の伝達過程」を言ったからだ。
やれ「パーティー」だの「原発」だの「小沢さんよお」などと言っている人も東大にはいるが、とてもではないが国会議員にはなれない。
政治・経済・社会・文化などの真実を伝えるのは帝国主義段階を主導した国の役割であり、アジア地域では「日本国の責任」である。
中国はかたくなに「日本の方向に台風をカーブさせよう」とし、通貨の信用力を維持しているが、「それだけの国」という側面がある。
どの国の家庭も「家父長制」によって成り立っていたため、日本国からの「情報」だけでなく「おカネ」の裏付けも必要とした。
日本を学べば学ぶほど豊かになる仕組みが求められたのだ。
C-POPの立ち遅れを知っているだろうか?
おカネの裏付けと言っても「ポップカルチャーのクリエイト力」のことを意味する。
クリエイト力は「女子労働者の労働環境」に影響を与える。
フォーエバービューティフル

国際結婚はいかなる国においてもIMFAの管理下に置かれる。
少なくとも二年間は「どのような情報がパートナーに伝わったか」の様子見がなされるのだ。
そこで「政治・経済・文化・社会」の伝達がなされるが、日本国がそれをアジア地域ではリードしていかなければならない。
特に女は「故郷の歌」を外国国家でよく歌うだろう。
その伝達メカニズムをIMFAは見ているし、さらに女子労働者の労働環境の向上にまで目を配っている。
世界の、女子労働者の労働環境を向上させることが目的で、国際結婚はIMFAの管理下に置かれているし、「芸名・政治家名の売買」においてWTOや世界銀行の協力を得ている。

「芸名・政治家名の売買」をやると何が起きるか?
「トピックとテーマが新しくなるだけだよ」
男は賢い方がいい、女は美しい方がいいということを踏まえて、信じる「神」が変わっていき、いじめられ方、そして彼女を「いじめる」方法が変わってくるだけだ。
それでも「神」であり続けたのは池田大作ではなかった。
創価学会には「芸名・政治家名の売買」という発想はなかったのだ。
令和天皇が最初にアメリカ合衆国からそのことを学んだ。
男は賢い方がいい、女は美しい方がいい、と言っても、男の子が必ずしも「勉強」を愛するとは限らない。
どこかで「美男美女がいい」という具合にチベット仏教に軸足を移し、真夏の熱帯夜や台風を引き起こしかねない。
SPEED 熱帯夜

インターエデュのような「メディア」が学校知には必要であるし、東大ブランド・旧帝ブランドがなければ熱帯夜や台風は必ず来る。
「美男美女だけで本当にいいのか?」
日本銀行はそのような方向に走りかけている。
そこで、財務省が「勉強するためにはカネと女の子の匂いが必要」さらに「才能からはカネを取らない」という所得再分配をする役割を果たす必要がある。
ティムールのいたサマルカンドも今は砂漠であるし、チベットもゴビ砂漠がある。
「これが美男美女の残した残骸なのだ」
日銀にはそれなりの「男女の都合」に応じた仕事があるだろうが、財務省にも「勉強の方が大事」と考える儒学(気温を下げる役割)の立場に立ってもらう必要がある。
逆に「気温を下げる側」にまわった財務省が「コツ」さえつかんでくれれば、日本国にはどのような気候がもっともふさわしいのか?が明らかになる。
日本経済は、現在「膨張し続けている」という現状も理解しなければならない。
インド人を見てみればわかる。
美しさだけを求めたアジア人だ。
アメリカは「アポロ計画」で「人間の顔はもっと自由でいい」と訴えかけ、日本国の財務省もこれを支持している。
サクヤ・パンディタも美しい女であったが、チベットには暑さしか残らなかっただろう。
所得再分配機能を学習したのはインドや中国であったし、中国が「チベットで何をしたか?」など、「お上の言うこと」を正確に理解しなければ分からない。
セブンイヤーズインチベット

「美しい少年がいい」というゲルクパトラディションは、砂漠から人々を涼しい地域に追い詰めていったし、所得再分配機能を持った政府を必要とした。
もし、キリスト教が「タントラ教」(セックス崇拝教団)に過ぎなかったのならば、当然、「美男美女」を志向したであろうし、デジタル化時代を迎えて地球温暖化はとどまることを知らなかっただろう。
しかし、カントは「女を口説くのがうまいのがイエスキリスト」としたし、ヘーゲルは「カントを知れば表情が穏やかになる」としたし、ニーチェは「息子がカントを学べば父親の表情も穏やかになる」としている。
インドはタゴールが「キリスト教」から学び、ヒンドゥ教つまり「きれいな息」あたりで男女は妥協するしかないとした。
つまりは、所得再分配機能の重要性に気がついたのだ。
チベット仏教としても「何かに打ち込んでいる男」を僧と呼んだが、デタラメな先生の教えを学んでいる男の顔は決して「美しい」とは考えなかった。
さらに「父親をやっつけろ」(アポハーあるいはポア)と呼んで、「美しさ」はともかく、キリスト教よりも進んだ思想だとは世界は考えてはいなかった。
チベットで「チャイニーズカトリック女すら口説き落とす男」の物語が「シャングリラ」と呼ばれて経典となった。
シャングリラの夏 河合その子

チベット仏教は敗北したのか?
「美男美女ならば世界が受け入れている」
しかし、その「負の側面」がIPCCによって「地球温暖化」として主張された。
さて、我々はもはやWHOの「コロナウィルスのパンデミック」という主張を目の当たりにし、そのいい加減さを痛感したところだ。
そろそろIPCCすら「疑わしい」と見なければならない時期なのだろう。
マスターベーションは「言葉」を感じるのではなく「顔」を感じながら行うものだ。
バックでガンガン突かれたい、と言っても、「うなじ」に美を感じるのはホモセクシャルであるし、「顔・表情」に感じないのはある種の性倒錯であろう。

私有財産というものは「セックス」のことであり、所有というのは「友達」という意味である。
私有財産(セックス)の世界には、たとえば「大恋愛」のようなブラックマーケットもあるし、「彼女のいる男の前に立ちはだかって、返さないと言う」というようなかなりの限界事例を知っておくと、土地を買うことができるようになることなどを意味する。
瀬能あづさ I miss you

私有財産と言っても、独身男女の恋愛論は「デシプリン」と呼ぶし、既婚男女の場合は「なんか食うか?」ということを柱とする「パラダイム」と呼ばれる。
既婚男女の方が恋愛論に詳しいという意味においては、パラダイムの方がデシプリンよりも「格が上」ではあるが、もはや「いい思い出」となるか、今その真っただ中にいるかという違いもあり、デシプリンの方がより切実な問題となる独身男女もいる。
共通私有財産(みんなが理解できる恋愛論)、集合私有財産(みんなの支持を集めることができる恋愛論)、そして私的私有財産(大恋愛などの限界事例)などがあり、たとえば「男の子が、女の子ってセックスを嫌がっているのかな?とエロビデオを見て考えてしまうことがあり、そのことに悩む女の子がいる」などの話は共通私有財産と言ってもいい。
CoCo メロディー

「計画」という用語は共産主義の世界の用語であるが、共通私有財産つまり「みんなが理解できる恋愛論」を掘り下げることによってソビエトは「五か年計画」などを練っていた。
集合私有財産(みんなの支持を集めることができる恋愛論)は、共通私有財産ほど「みんなが理解できる」ものではないが、発想としてはかなり人気があった。
女友達二人が「同じ男を好きになる」というような話である。
大恋愛というような限界事例(私的私有財産)ほど特殊なものではなかったが人気はあった。
三浦理恵子 Jokeにもならない恋

私的私有財産(大恋愛・I miss you)は、処女・高貴さが争点となった西側諸国で語られてきたものである。
「街の景観を損ねるからビルが建てられない」「車は時速百キロを超えてはならない」などは私的私有財産が特殊なものであることから生じるものだ。
かつては共通私有財産(みんなが理解できる恋愛論)を深めた東ヨーロッパやソビエト連邦は勝利の美酒に酔ったこともあった。
アメリカ合衆国憲法修正第五条は「私的私有財産を公のために用いても何ら保障は行わない」「恋愛ゲームに損害賠償などない」ことを明らかにしている。
松田聖子 ピンクのモーツァルト

土地は「私有財産」である。
土地があれば女が出入りすることができ、担保となる。
恋愛論(歌謡曲・J-POP)こそが土地をもたらす。
土地がなければ「男同士の友情」をつなぐ「女」が介入してくれる場所はないため、土地は「所有」(友情)の基盤でもある。
経済学とは「希少資源の有効活用を探求する学問」であるが、資源とは「女」のことを言った。
これを理解しないと、歴史上の哲学者の言っていることが分からないし、経済学の入り口から間違いを犯すことになる。
恋愛論は「夢がぶつかり合って身動きが取れない」ことをも意味したし、特に「王位継承」をめぐっては、身内内部の「いじめ」の存在があり、どの人間も「テレビに出たい、おカネが欲しい」と考えていることを踏まえて、人物相関図を克明に記した(ペテロの葬列)。
いずれにせよ、「男同士の友情」(所有)を取り持つのは私有財産である「土地」であり、そこに出入りする「女」であった。
瀬能あづさ ふたつにひとつ

セックスは私有財産である。
しかし、セックスしすぎて「勉強」「研究」をおろそかにするのであれば、私有財産には恵まれなくなる。
「ヤクザも歳とったら哀れだね」
とはこのことを言う。
歳をとっても「二人の女が奪い合う」のならばヤクザではなく学者である。
愛が止まらない Wink

「占領」とは「誰もいない領土」に対して行うものである。
そこには少なくとも「女」はいない。
男同士の群れも、「女」がいなければ喧嘩が始まって霧散してしまう。
そのような「戦い」「戦争」を「いい戦いだったね」と語り合って、「領土を買い取る」ことを占領と呼ぶのだ。
従軍慰安婦がいなければ日本軍も戦争はできなかったし、その人数は「20万人」というのが正確なところだろう。
これほどの大規模な軍事オプションだったということは可能だ。
リリーマルレーン 加藤登紀子

コロナウィルス騒動も、現在は「未知のウィルス論」対「食べ物飲み物論」が対立している状態であるが、「善に上限はない」ということを踏まえると、どこかで、「食べ物飲み物論の勝利」と、論壇・フォーラムが確立している愛妻弁当・愛妻手料理のような「きりのない世界」にそのエネルギーを逃がす必要がある。
インスタグラムにコロナウィルス騒動のエネルギーを逃がすことは十分可能であり、そのような仕事を共にした仲間は「おカネ・異性」に恵まれるだろう。
このような争いに「二人の有名女性芸能人を絡ませる」のは「ラブパッション」と呼ばれる基本でもある。
rebecca ラブパッション

男女とともに「仕事をしなければいけない」というのは哲学者が自戒しなければならないことであり、「芸名・政治家名の売買」ができる腕前になったのならば、このような「コロナウィルス騒動の鎮静化」などの仕事をしなければならない。
「食べ物飲み物に毒が混ざっている?」そのような「前法的段階」に世界があったことには驚きの声が強く、誰が「メッセージ」を出すかという問題はまるで「サンフランシスコ講和条約に誰が署名をするか?」という問題に近い。
「自分たちは前法的段階にいた」などと誰が認めるであろうか?
そこには「人などいない」のだ。
空き地を「占領」すればいいだけだ。
中国・韓国・日本の領土的野心ともかかわる問題がコロナウィスル騒動であり、「ひとりの女」に権力を集中させると「クレジットクライシス」が起きるため、必ず「女二人」を出さなければならない。

女は「一人上手」の時に「男になりすましている」、しかも、彼女は「絶対」であったし、彼は何でもわがままを聞いてくれる「大人」だった。
出会いと別れを繰り返すのは「絶対」がないからであり、人生に迷いのない「口説き文句の確立」(絶対)があれば、一人上手に用いることができたため、別れることもなかった。
さらには、一人上手の時だけは「何でもわがままを聞いてくれる大人」だった。
人生に迷いのない男(絶対)を想像の世界で「何でもわがままを聞いてくれる大人」にしてしまい、しかも、その男に「なりすます」ことが一人上手の基本である。
ribbon さよなら

トーニャ(女性)は「一人上手」がしたい。
アーヴィング(男性)は、トーニャの胸に「精子をぶっかけたい」と思っている。
一人上手の「罪悪感」から、トーニャはやがてアーヴィングとセックスするようになる。
すべては「女が男になりきる」しかも「口説き文句にブレがない」(絶対)さらには、一人上手の時はどんな想像をしてもよかったけど、罪悪感がともない、「彼に胸に精子をぶっかけられた方がいいのかな?」と考え始める必要がある。
まず、「男」が気持ちいいこと、さらには「女友達には言えない一人上手をやった」こと、さらには、「絶対」には「感情的ブラックメール」が込められていることが必要だ。
感情的ブラックメールもたとえば、愛妻弁当・愛妻手料理をインスタグラムに乗せるなどの「真理」から導かれた行動をもたらさなければならない。
論文を読んで、真理へと人々を誘導することが「治める」ということであるのならば、「テーマ選び」以外に、その時々に人々を一定の方向に誘導する選択肢はない。
女たちは「気持ちいい一人上手」と、「うまくいく国家運営」を楽しむだけだったのだ。
女のパートナーの彼氏は「自分の快感の都合」があったため、国家統治の都合との両方をセックスに持ち込むことになった。
ジュディオング 魅せられて

人々を誘導するためにはあくまでも「学問」(絶対)にしたがわなければならないし、女たちの同調行動もそのことから起きるものと考えなければならない。
国民が誤った方向に走り始めた時には必ずこのことを指導者は行わなければならないのだ。
この政治手法は「インフォームドコンセント」と呼ばれ、年に何度もあるものではない。
国民統合の象徴たるゆえんは「有事」にあり、「平和の人」には君主は務まらないのだ。
「コロナウィルス騒動をしのいだ」という成功(性交)体験だけが、歴史的公文書に記されるだろう。
しかし、このような「誘導」は指導者の孤立感を高めるという側面も指摘され、私も、専門家会議すら相手にせずに「真理」を語ったところ、腰痛が悪化してしまった。
しかし、この「孤立感」を耐えた後には多くの仲間に恵まれるだろう。
このような「国民向けメッセージ」を送るためには必ず自分の「顔」「名前」を明らかにし、誘導がうまくいったときに有名になるというサブリミナル広告と呼ばれる手法を取らなければならない。
デジタル化時代に、オンエアされえている顔と実物が「まるで別人」というのではなかなか指導者は務まらない。
また、「正論だけど面白くない」というリアクションを引き起こしたり、専門家に敵を作ったりすることも覚悟しなければならないだろう。
サブリミナル広告の研究は1980年代に始まったものであり、今回の世界規模でのコロナウィルス騒動は、「日本が先進国」という扱いを受けることになるだろう。
CoCoのプロデューサーで私の友人のお母さんがいるのだが、「だからあなたも生き抜いて」という本を書いている。
本職は弁護士だと思われるが、私の母には「カラーコーディネーター」と名乗っていたようだ。
その、「信子さん」が、「人間の完全性とは何か?」と探求し、無秩序な状態(レゾンデートル)の世界に「神(天皇)の見えざる手」を作ろうと計画したのだ。
CoCoは1994年に解散しているが、「信子さん」の人生はその後、エネルギーを私のために費やすようになっている。
「人間の完全性とは何か?」「神(天皇)の見えざる手を日本国にもたらす」
それが今回、レゾンデートルな状態ではトイレットペーパーの買い占めや学校の休校、大相撲の無観客での開催などをもたらしたコロナウィルス騒動で「デビュー」を果たしたのだ。
夏空のドリーマー CoCo

マンスフィールドが、アイドル冬の時代をもたらし、さらにその残骸をも「1996年に潰し切った」状態になったが、「信子さん」にとっては「CoCoよりも魅力的なコンテンツ」が、私・小野光太郎となっており、私も決して「一人で強くなった」とは思ってはいない。
本来、「信子さん」は、日本国の財政危機を見越して「神(天皇)の見えざる手」を機能させようと考えていたようであるが、日本国の大規模財政(安倍政権)と、天皇(神)が共存するという状態になり、日本経済は「膨張を続けている」のである。
もちろん、弁護士でありCoCoのプロデューサーでもあり、作家でもある「信子さん」が私にエネルギーを注いだのは「CoCoを愛してくれたから」という側面もあったが、私の祖父・昭和天皇の存在や、私が東大文一に合格したなどの「最低限のライン」をクリアーしていたことにもあった。
また、「少年時代の美しさ」などを見ていたようだ。
ロシア革命は1905年の2月(フェブラリー)に起きているが、かつてトミーフェブラリーは「付き合うのならお金持ちの方がいいし」と発言している。
トミーフェブラリー I still love you boy

そもそも、信子さんの娘の瀬能あづささんの家庭教師を私は高校時代に行っていたのだが、あづささんとは付き合うことはなく、その後、東大法学部に進んだ。
23歳の時に、信子さんとあづささんが、孫娘を連れて家に遊びに来たが、23歳の私は、学問でやつれ果てていた。
面接は「合格」だった。
弁護士として、科学者・実業家・哲学者・労働者などを見てきたが、「人間の完全性とは何か?」を探求した信子さんは「こいつがストライキを起こせば国が止まる」という仕組みを構築することにあった。
「小さな目的は手段に過ぎない」
東大文一にそのような扱いを与えていた私のハートだけを見に来ていたようだ。
深津絵里も羽田恵里香も、私の家のインターホンを押してきたが、私の母が追い払ってしまった。
もっとも、「信子さん」が団藤重光や大塚仁を読んで育ったことから、私には「私生児・スメルジャコフ」というイメージ以外には「将来のことは想定できない」という感じだったらしいが、まあ、昔は「大人」の側も若かったのだ。
しかし、このスメルジャコフを「いかに男社会で長い期間生かすか?」だけは考えていたようだ。
サンミュージックにせよ尾木プロダクションにせよ「小野光太郎を皇族に」ということを悲願とするようになっていた。
酒井法子 風のアンダンテ

「おカネ」とは「仲間が多い」ということと深く関わる概念である。
人々の心をつかむのがうまいという力量はそのまま富と関わる。
そこで「美男美女」というものを巧みに用い、芸能界が日本国を作っているということを理解しなければならなかった。
政治とは「女心の定義」であるとしたのは私であったし、2013年の「垂加神道」の登場までは「女心は秘密」とされていた。
「政治が日本国にもたらされた」
それからまだ十年たっていない現状も理解しなければならない。
女の子が思春期におちんちんがないことに気がついて鬱になる(キャストレーション・去勢)ことから、美の探求・母の実践・体のフィットネスに目覚めることや、言葉の感覚が鈍ることが明らかになったのも「2013年以降」の話だった。
それから私の活動は始まり、コロナウィルス騒動で「国民の信頼」を勝ち取ることになった。
「ドクターのライセンスは持っているのですか?」
法学部出身の私にそのように問いかける看護師もいた。
「キャストレーション・去勢」がなければ、女の子は「クラスメートの男子」に助けを求めることもなかった。
うしろゆびさされ組 さよなら失恋ピエロくん

調べ物をする習慣のある人は、「目や耳が鋭くなり、指先が敏感になる」とされる。
また「音読をする習慣」は口の体温を上げ、シンバルのような耳鳴りがすることがある。
「楽器を聴く」「耳に心地いい音楽を聴く」ことの重要性は指摘していい。
境界線とおカネの関係について述べたい。
境界の「向こう側」におカネを流す場合、「どのような友達がいるのか?」「誰がリーダーなのか?」「どのような性的関係が存在するのか?」をよく理解しなければならない。
さらに、「誰が教祖なのか?」もよく理解しなければならない。
また、境界線をなくしていく方向を目指すのか?それとも境界線を維持しながらおカネを流しても「こちらの影響力が増していく」ことは理解しなければならない。
さらに、男から女に「おカネ」を流す場合は「どのような男女の関係を継続していくつもりなのか?」を明確にしなければならない。
地球の表面には「おカネ」「信用」で区別された領土が存在し、「男らしさを語り合う論壇」も異なります。
時には戦争状態になることもある領土同士でおカネを送り合っている。
「人間同士の快楽」におカネというものは影響を与えるのだ。
ときには「影響力など迷惑以外の何物でもない」と考える国境線もある。
「汗水たらして働く男」がどの境界線にも存在する。
それでも、「境界線を維持しながら影響力を持つ」のならば「連邦制」となる。
エリザベス女王はこのようにしてイギリス連邦を構築した。
「お金持ちの男ならば女同士が奪い合う」ことも当然の前提としなければならない。
そもそも、「おカネとは芸能界からくるものである」ということは理解する必要があり、それで芸名や政治家名を買うのならば、それは「世代の壁」を越える才能が必要になる。
つまり、「おじさん」以外にそのような「技」を持っている人はない。
国同士で送金し合うのは「海がなければ戦争が起きるだけ」と言われた。
なぜ、太平洋戦争は起きたのだろうか?
アメリカ合衆国と日本国は「おカネを送り合う関係」になかったことから、映画「ショーシャンクの空に」で「記憶のない海」と呼ばれた。
私のような東大法学部の人間は「勉強した証を認めてほしかった」程度の認識で送金してしまうのだ。
平成天皇の「慰霊の旅」もそのような趣旨のものである。
また、このような国際社会の「おカネの都合」から、日本国とて常に戦争の危険を抱えており、英語の看板が並んだり、「昔のこの写真はどこから撮ったものかわからない」というほど、街並みは常に変わり続けている。
技ありっ うしろゆびさされ組

そもそも、財務省にせよ日本銀行にせよ「偏差値エリート」がその役割を担っている。
そこで、彼女がいたり(占有)、友人がいたりする(所有)。
占有は「愛情」「ロマンティックラブ」に支えられたものであるし、所有はおカネの裏付けや女友達が介在したものだ。
この「占有と所有」の世界に、過剰におカネを流しすぎるのも好ましくないし、しかし、「そもそも貧しい」のもいいことではない。
特定の「所有と占有」を持ったものが「アメリカに詳しい」「芸能界に詳しい」だけで、彼の境遇は財務省や日本銀行から「祝福」される。
「強欲さ」をうまく回避しながら、この「祝福」は行われる。
自分の、「占有と所有」(権威)への祝福が足りないと思ったら、男は自分の土地を売ってまで他の男女におカネを送るだろう。
コロナウィルス騒動においては、私の「ライバル不在」が私の土地を増やしたし、私は妻や子供たち、友人たちへの「祝福」を財務省や日本銀行に求めた。
そもそも「境界線」と言っても「セックスする関係」がそれをおのずと決めている。
モロッコは19世紀に「フランスからの送金」で存続することにし、フランスの植民地になっている。
「植民地という表現は良くないね」
愛国主義や、自分の「占有と所有」の世界への愛着が「送金への反発」を招くこともあった。
歴史があって、人物像が見えるのが「占有と所有」の世界だった。
「いつ、誰が、何を、どのように」取るか?がアメリカの戦争論であるが、業績があるのならば自分のものだという意思表示をしなければ自分の「土地」にはならない。
「土地」(業績)に人気があればあるほど、送金機能は高まる。
業績(土地)が「哲学的な真理である」となると、それはもはやみんなの共有財産である。
また、植民地の側も「民族自決」を求めるようになる。
「未知のウィルス」のようなものに怯えているうちはなかなか民族自決とは言い切れない部分があり、宗主国のお世話にならなければならない。
また、宗主国となった側も、植民地からの「移民」の受け入れを覚悟しなければならないだろう。
映画「憎しみ」

「芸名」「政治家名」は取引されうる。
政治家は「女を口説くのがうまい」から政治家なのであり、それ以外の所得再分配などの答弁は官僚に委ねている。
一方、芸能界には「処女」がいる。
「芸能人女性の処女非処女論争」は避けては通れないものだ。
実物は「子供がいるサラリーマンの妻」などであることが多いが、デジタル化された映像に映る「女」は処女であるとされている。
俳優の「男らしさ」と女優の「処女性」がなければ芸能界は成立しない。
「男らしさ」というと「政治家」になってしまうし、「処女性」というと女優になってしまう。
そのため「俳優」は芸能人生命を伸ばすためには「政治家名」を持たなければならなくなる。
「女を口説く」
これが政治家の仕事なのだ。
おニャン子クラブ 愛の倫理社会

男性俳優は政治家名を持った方がいいし、女優は「男とセックスできない体」である方が向いている。
在日朝鮮人は国会議員にはなれないが、「帰化」するうえでもはや「動機、理由」などは法務省は聞かないことにしている。
女優は、「男とセックスできない体」つまり、実物は髪が短かったり、貧乳であったりする。
人々の記憶に残るのは「政治家」として、そして人々に愛されるのは「芸能人」としてという具合に使い分けた方がいいのだ。
お料理をしたり、プライベートを公表したり、ヨットに乗ったり、医学を語ったりするのは「芸名」の方がいいし、公共事業を行ったり、天文学や宇宙開発をやったり、おカネを稼ぐのは「政治家名」の方がいい。
芸能人女性は「純潔を想像の世界で破壊される」ということをセールスにかける。
「悪いことをするのならば相手にしないわよ?」というメッセージにもなる。
何度も言うが、政治家は「女を口説くのが仕事」であり、「口説き文句」を本にしなければならない。
また、「処女」を用いることをためらってはならない。
乃木坂46 I see

「無」からはなにももたらされない。
「男」がいれば「男は賢い方がいい、女は美しい方がいい」という形而上学が成立する。
男は「アダム」でない限り、自分以外にも「女好き」な男がほかにいることを意味する。
日本政府という「男集団」に人気がなくなれば円が安くなり、人々は変化にそなえ、円高の時に作った仲間同士でつるむしかなくなる。
「変化」って何が変化するのだろう?
近所の空き地に「家」が建つ程度(隣の塀に囲いができる)しか変化らしい変化はない。
政権が交代すれば町並みは確実に変わる。
「水」と「空気」の変化だけで近所に家が建ち、街並みが変わるのだ。
コロナウィルス騒動で街の「空気」「水」は明らかに変わった。
それでも、大した混乱がなければ「経済効果」しか見られないだろう。
「空気」「水」を操作することの意味を統治者は知らなければならない。
円は相変わらず高い。政府に人気がある。
今の日本国民は「仲間づくり」を楽しみ、「空気の変化」という経済効果の恩恵にあずかっている。
つまり「日本経済は膨張をし続けている」のである。
哲学者(フィロソファー・実物)であるソクラテスは、政治家(ステーツマン)としては「カリラス」と呼ばれていた。
エッチな実物も、カリラスと呼ばれるときだけは周囲は「紳士である」と考えていた。
さらには、芸名(ソフィスト)というものが考えられてからは、「恋多き男」「恋多き女」の可能性が提示された。
芸名(ソフィスト)が生まれ、「大恋愛の可能性」が深まってから、実物・哲学者はかなり大人しくなり(ストア派)、ソフィストに夢を託すようになっている。
政治家は紳士である。芸能人に色恋沙汰は尽きない。
それでいて実物はそれなりにハッピーに生きている。
実物がハッピーでないから「政治家名」「芸名」を持っているということも当然考えなければならない。
酒井法子 モンタージュ

芸名・政治家名に関しては、パフォーマンスをする側、守る側、さらには「そういう人じゃないのに!」と語る事情通、所属事務所や教団、下半身事情、さらにはそれに対する「許し」によって成り立っている。
しかし、すべての芸能人・政治家に言えることは「みんな忍耐強い」ということであろう。
「ノーと言える」
これが芸能人・政治家に共通してみられる「性格」ではないだろうか?
認める・譲歩する才能に恵まれ、その後、「ノーと言える」才能がなければなかなか芸能人や政治家は務まらない。
特に「恩人」に「ノーと言える」才能が必要となる。
認め・譲歩し、ノーと言う、これがなければ生活はたちまち破綻するだろう。
瀬能あづさ ノーと言えない

しかし、「ノーと言われる」男であっても、やがて「神を守ろう」というムーブメントに変わっていくのだ。
日本国はこのような「神学」をおそらく池田大作で学んだかもしれない。
さらには「天文学」が存在し、やがてそれは物理学・建築学に発展し、20世紀末には「終末論」も経験した。
現在は、コロナウィルスという「第二の終末論」を経験しているが、それも「主婦ならば楽に見ていられる」ものとなった。
どんな教団も「終末論」とは必ず向き合わなければならず、釈迦が入滅してから時間がたちすぎたなどという末法思想もかつて日本にはあった。
「令和の時代にタイムマシーンができるんだってね?」
このことの重要性を忘れてはいないだろうか。
「死の概念が混乱してくる」
このようなことは人類が今まで全く想定していないことだったのだ。
「知らない国でたくさん人が死んでも」
我々日本人には考えられない死生観がすでに世界には存在する。
酒井法子 今夜もニュースホリック

自分で取材して研究するのならば国の費用が必要だ。
しかし、そんな学問が日本国に存在するのならば、とっくにみんな知っているはずだ。
若い頃に、どんなふうに若さを無駄にし、どんなふうに芸能界を見ていたかが重要だ。
プリンセスエリザベスとの出会いや、さらには子孫を残すことも必要だった。
動物のように生きた弟の存在や、ちんちんは一つということから「病気から自由であること」も必要だ。
人間が「タイムマシーン」を手にしたら、イスラム諸国(日本人の子孫)は、「学問に興味を失った」のである。
令和天皇をいじめた「菩薩」を憎み、「動物」であることを憎むのがイスラム教であるが、アラーがどのように「偉大」だったのかは死をもって示す以外にない。
河合その子 ジョバンニの囁き

イスラム教が理解できなくても気にする必要はない。
「令和日本の到来」を予言しただけだから。
あとは我々は「知らない世界」を求めて生きていこうではないか。

サルトルの妻・ボーボワールは「セカンドセックス」(第二の性としての女)という著書で、「女心に詳しいのならばもっと傲慢に振舞ってもいいのよ?」とサルトルに語った。
女たちは、このような「世界の広さ」を「オーラがある」と語り合っていた。
それにしても学問に打ち込む人間の謙虚さを見よ。
まるで、自分の「オーラ」を知らないようだ。
それは、「その道」の険しさを知っているのならば謙虚にもなるだろうが、「女心」に詳しい、「医学」に詳しいとなると、ボーボワールとしては「もっと傲慢に振舞っていいのよ?」と言いたくもなったのだろう。
多くの哲学者にそのことを教えたのはボーボワールであり、哲学者たちは「ボーボワールの意見を聞いてもっと研究しようと思った」などと語り合った。
なぜ、アイツ、こんなことを言っても怒らないのかな?
周囲の女たちは、その哲学者の「世界の広さ」に憧れていた。
一方、哲学者たちは、自分が一度傲慢になったら、周囲が慌てふためいて縮こまってしまうことを悲しんだ。
ボーボワールは、ニーチェのような「真理を確立した哲学者」ではなかったが、「権力者の孤独」を探求した女性として歴史に名を残した。
セカンドラブとは「お父さん以外の男性に初めて裸を見せる」ことを意味したし、「あなたの隣に当たり前のようにいる」ことをも意味した。
権力者の孤独を、その生い立ちから見て、その存在を支えるカトリック女がいたのだ。
暴力から避けるように「自由」を求めたら自然とあなたの隣にいた。
一言いいたかった。「もっと傲慢に振舞ってもいいのよ?」
中森明菜 セカンドラブ

 

フランシスコ・ザビエルという名前が、「日本にキリスト教をもたらした人物」として知られているが、ザビエルは、ボーボワールの「セカンドセックス」を明治時代に日本に伝えた人物だ。
「女心に詳しいもの、医学に詳しいものはもっと傲慢になれ」
これはそのまま「政治家」の世界に浸透している。
その道の険しさを知っている者、世界の広さを知っている者は非常に謙虚だ。
その世界には「合格」などもなく、だんだん老いていく自分だけが存在した。
そんな哲学者に「もっと傲慢に振舞ってもいいのよ?」と語ったのだ。
ボーボワールは「明日また研究に打ち込めば謙虚になるしかないでしょう」ということを知ったうえでこのように語ったのだ。
「哲学者」
その仕事は自分を極限までに追い込むものだ。
そのような哲学者たちにボーボワールという女性作家の言葉が徐々に浸透していった。
ナチスがパリを占領した時に、ボーボワールは「傲慢な男たち」を目の当たりにした。
哲学者を励ますつもりで語っていたはずの「傲慢さ」が、哲学を知らない者たちによって実践されていたのだ。
そこで、ボーボワールは「よく分からない人になれ」と哲学者に「問いかけ」を変えてしまった。
「謙虚でありながら偉い」
そのことを「オーラ」と呼んだのだ。
「あなたには分からないでしょうけど、どの女もあなたに恋をしているのよ?」
ドストエフスキーは「一つの罪も、300の善行によって救われる」としたが、善行によっては多くの女たちは「恋」をしなかった。
善行ではないのだ。
謙虚に学ぶことだったのだ。
女の子が思春期に「おちんちん」がないことを悟り、統合失調症類似の症状を起こすだろう。
それを青年期に経験する男。
あるいは、女が「つらい夜」があるとするのならば、それを青年期に経験する男。
ここに、「メシア」という概念が存在する。
瀬能あづさ 永遠に友達

女の子の人生と、男の人生が重なることを「必要十分条件」と呼んだ。
卑屈な「メシア」に、「異なる眼差し」を女の子たちが向けていることにいつ気がつくのだろう?
女の子向けに作った音楽作品を男が愛せる、これが「必要十分条件」を満たしたメシアであった。
それは才能とも呼ばれた。
女の子は思春期に夜中に大声で歌ったこともあった。
つらい夜もあった。
なぜ、「男が?」
そのような思いがあった。
教祖誕生である。
瀬能あづさ クリスタルアイズ

なぜ、「哲学者」の思い通りに世界が動いた瞬間があったのだろうか?
それはあなたが「よく分からない人」だったからよ?
どの女もあなたに「恋」をしていたから、女たちが職場で仕事を競い合っただけ。
マルクスの「プロレタリア革命」の意味を哲学者が語った時に、女たちは「とうとうやったか」と熱狂の渦に巻き込まれた。
ボーボワールは「セードを燃やせ」と言って、卑屈な男が自信を取り戻すのを待った。
「朝から晩まで勉強しているのよ?」
必要なのは「自信」だけだった。
ボーボワールは「女の子の発展段階」にまでさかのぼって「メシア信仰」というものを哲学の世界にもたらした。
「女の子たちにとって”教祖”ってどんな存在だと思う?」
そのような問いかけを行った。
後藤真希 愛ってどんな×××

ハプスブルク家は、オットー・ノイラーが中心となって、「父親として本を出版する・原稿を書く」ことから始まり、「お父さんが書いた本」を娘たちが共有することから作られたサークルだった。
娘たちに近づいてくる男たちも、「お父さんの本」に詳しくなければならず、おのずと「高等官」のたまり場となっていた。
私の祖父である昭和天皇が「源氏物語」を書いていたが、娘たちは各自名門に嫁いでいる。
私の「叔母」たちである。
昭和天皇の四女~高橋朋子の画集

高橋朋子とは、芸名を「加茂さくら」と言い、夫の高橋正男は政治家名を「橋本龍太郎」と呼ぶ。
他にも、杉原杏子は、ペンネームを「林芙美子」と呼ぶ。
林芙美子の娘は長女を「酒井法子」と呼び、次女を「松野有里己」と呼ぶ。
昭和天皇の長女の佐紀子は「上皇后美智子」であるし、長男慎一郎は「三笠宮寛仁」と呼ばれた。
このような「芸名」「政治家名」はさておいて、高橋朋子の「作品」を楽しんでいただきたい。
昭和天皇は「小泉八雲」(ハーン)からこのような「閨閥」の作り方を教わったようだ。
昭和天皇の家の向かいには上野重治という人がいて「平山郁夫」というペンネームを持っていた。
画家・上野重治

1929年に昭和天皇(小野鐡之助)は、「源氏物語のセールスと政権の維持」の関係に気がつき始めていた。
ベルリンソサエティと名乗るサークルで源氏物語の読書会を行ったが、現在では東京女子大学が「丸山正男研究会」を開いている。
丸山正男というのは昭和天皇のペンネームである。
源氏物語というのは、女たちの「恋の悩み」を表現したものであり、「胸の大小」「髪の長い短い」「源氏の君は、女がセックスを嫌がっていると思っているのかな?という女の子の悩み」をテーマとしたものである。
CoCo メロディー

それでいながら、将来、「天皇」となる源氏の君への「告白」を「敵の出方論」に頼り、さらには男社会における「いじめ」を問題にしたものだ。
江戸時代の平田篤胤以来、女の子にそのような人気のあった「源氏の君」はいたが、本居宣長が「源氏物語」とその一連の物語を呼び、私のブログもその流れる沿うものである。
高井麻巳子 こわれかけたピアノ

あとは、女たちの「個性」をよく見ることだろう。
キリスト教の正統は、アタナシウス派であり「女はみな同じ」「ニャンニャン」ということになっているが、それはあくまでも宗教であり、化学の世界は「女の多様性」の探求を行っている。
適当に読んでおいたら「高等官」にはなれるだろう。
かくも冷血で、嘘つきな怪物(女)にこれほどの関心を寄せるのも「才能」だからである。
カルナップは、ハーバードに「これが学問なんだよ」ということを伝えている。
「今、見えている風景がすべてではない」と考えるのならば、その活路を突破するためには「女たち」を見なければならない。
1962年に、クーンが「科学ってのはそういうものだ」とし、「女たちが男の序列を決める」として以降、ハーバードにおいてもスタンフォードにおいても、そのようなことが教えられた。
化学の周期表の見方~女の多様性について

「僕には、おカネも、地位も、名誉もありませんが、夢だけはあります」
これを、ゲーデルは「不完全性定理」(不完全男)と呼び、その魅力を探求した。
見るべき点は「どのような学習システムを採用しているか?」であり、それが「本ブログ」であれば、夢はかなうだろう。
毎日職場に向かうこと、そして、続けること、それ以外には読書以外にない。
ゲーデルは「読書のあとに、女の子たちと話す」ことの必要性を「不完全性定理」(不完全男)に見出したのであり、どの高級官僚(高等官)も不完全男である。
誰もがキャリアの最初は「搾取」から始まる。
それを経験したくないものは「高貴な女性」「アイドル」との結婚を志向するようになる。
ツェルメロフランケナセット理論である。
そのために、「何を学ぶべきか?」がこのセット理論なのだ。
「高貴な女性」「アイドル」と結婚したい、そのためにはツェルメロフランケナセット理論を学ぶ必要がある。
どの男女も、「下半身事情」を暴露されて邪魔されるだろう。
この「下半身事情」が、第一の「不完全性定理」(不完全男)と呼ばれるものだ。
さらに、「結婚した後にだんだん生活が楽になっていく」というのが、第二の不完全性定理(不完全男)と呼ばれている。
チャーチチューリングとも言われ、「下半身事情」を教会に、おカネを払うことで贖わなければならないのだ。
二人の間の障害物は「教会」が純粋なものとしてくれるのだ。
高橋由美子 ETUDE

ヒルベルトは、女の胸の曲線はすべての罪を洗い流すとし、カントやデカルトが「自我」と呼んでいた「女の胸」をヒルベルト空間と呼んだ。
「嘘をつくことを覚えたら胸が大きくなる」
幼児体系だったアイドルも、「なるほど、発育途上だった」
中年以降の有識者以外そのことは見通せないだろう。
誰もが「パワフルチャーチ」を運営できるほどストイックではないのだ。
適当に遊んで、適当に「教会」の言うことを聞いて、適当に偉くなっていくものなのだ。
日本で初めての「神前結婚」は大正天皇によって行われている。
日本国内の「神聖な土地」はすべて神社仏閣によって所有され、「国民の罪深きセックス」を資金力にそれはなされたのだ。
羽田恵里香 夢からさめないで

特に「神道」は、女性の魅力を言論によってコントロールすることができる宗教であり、「いくら払えばいいの?」という「相場」まで日経平均株価で示している。
東京証券取引所を「神道形式で」運営できるようになったのは、神社・神道の大勝利であった。
平安神宮カレンダーでは必ずしも財界は動いていない。
バカげた「オルグ」「折伏」など行わない。
人々の「罪深いセックス」さえあれば、日本全土の「神聖な土地」を維持できるのだ。
これが、大正天皇=アインシュタイン=野口英世=和辻哲郎=小野達郎の力だった。
「アインシュタイン崇拝が日本国の神社を支えている」とも言える。
核開発を行ったのはアインシュタインであるが、日本国の核武装は、それらの理論資源を絶たれることになるため、必ずしも国益にはつながらない。
日本国の核武装は、令和天皇が「歴史上の哲学者との対話」をやめてしまうことを意味する。
高級官僚(高等官)の指南書もなくなる。
北朝鮮が核クラブに入ることは、そのため「ありえない」こととなっている。
高橋由美子 おみくじ

女とセックスしたいのならば大学ぐらい出た方がいいんじゃないか?
それは日本国が核武装していないからである。
高級官僚(高等官)の指南書も整備されている。
日本国がどれほど第二次世界大戦で「核兵器」を必要としたであろうか?
どれほど「アインシュタイン」の媚を売ったであろうか?
「古いお城」「神社仏閣」
しかし、今は「核兵器は欲しくない」のである。
令和天皇が「歴史上の哲学者との対話」を始めたからである。
エレファントカシマシ 東京ジェラシー

いずれにせよ、「罪深いセックス」と、それにともなう「純粋化」を宗教施設に求めたのはアリストテレスであったし、そのことを熟知していたのが大正天皇である。
菅直人は浮気した時に、妻に「お前は破滅した!」と罵倒されたが、「宗教施設の意味」を熟知していた妻のおかげで「お遍路」を行っている。
しかも、それをメディアに密着させ、メディアに「カネを払わせている」のである。
このことは「京都銀行」に伝わり、のちに首相になっている。
修道僧は「うやうやしくおカネを受け取るのが仕事」とも言われる。
「不倫二股」
報じれば報じるほど、政治力が高まる仕組みはすでに構築されており、それは「世の中を知っているかどうか?」にのちの人生はかかっている。
「浮気をしない男などいないのよ?」
みんな達観したかのようだ。
女たちの政治意識の高いものは「繰り返す単調なリズム」を菅直人と楽しんでいた。
「仏教は左翼のもの、神社は右翼のもの」「仏教は上皇のもの、神社は天皇のもの」
男も女も同じ数だけいるのよ?
左翼政権の誕生は目前だった。
菅直人 お遍路

ここで、神社には「デシプリン」(独身男女の恋愛論)を、仏閣には「パラダイム」(既婚男女の恋愛論)を当てはめるのは当然の成り行きである。
子孫を残すために人間は争い、思春期から、青年期を過ごす。
しかし、最後には「なんか食うか?」というパラダイムの境地になって「骨」が残されてきた歴史がある。
独身男女には彼らなりの「難しさ」があるし、既婚男女には「なんか食うか?」「なぜ勃たないの?」「浮気した」などの「難しさ」がある。
「夫が子供に興味を持ってくれるのかな?」「家庭に縛られるのかな?」「五分だけ待って」
これが、デシプリンからパラダイムへ(プロポーズ)という「パラダイムシフト」と呼ばれる問題である。
チェルシーホテルのコーヒーハウス

「浮気をしない男はいない」(銀座の母)、それならば「浮気」を自らのアイデンティティにできるのではないか?
「オバマは男だ」
簡単にそのようにキャッチフレーズにして、みんな「真実」に関しては沈黙していた。
アメリカの民主党政権はそのまま「不況の時の政党・雇用対策を得意とする政党」となっている。
「恋愛と結婚は違うスポーツ」といってデシプリンとパラダイムを明確に区別する女もいた。
実績のない指導者ならばなかなか「婚外セックス」には寛大にはなれないだろう。
まあ、左翼には「美しい女」がたくさんいたから成り立つ話なのだと思われる。
また、そもそも「実績のない者」はモテないだろう。
とにかく、不完全性定理(不完全男)も、指南書を見失うと大変なことになる。

「台風は来ません」
孔子は、後の世に「儒学」を残したが、目上のものを敬う、あるいは「母親が息子を生け贄に捧げる(サクリファイス)」という「母の心」と向き合い、「生きるとはどういうことか?繁栄するとはどのようなものか?」を示すことによって、母の「サクリファイス」を逃れようとした。
春秋・戦国時代に、高貴な女との間に「子孫」を残すことをめぐって争いが起きた。
寛大であること(仁)、おカネがあること(義)、儀式が行えること(礼)、知恵に満ちていること(智)、信頼されていること(信)の五つを重視し、これが伴わないと、誰も発言に注目せず、台風撃退はできないだろうと考えた。
「王家の娘、アイドルを抱き寄せるのが儀式」
それは、仁義礼智信が揃ったものにしかできないことだった。
男と女のララバイゲーム モーニング娘。

寛大であることは儒学および中華帝国を世界の宗教センターにし、外国国家の影響を受けにくくするものであったし、おカネに満ちていることは敦徨に通じ、ヨーロッパに詳しいことを意味した。
女を抱き寄せることはつまりモテることを意味したし、知恵がなければモテなかった。
そのようにしてはじめて「信用される」男になれたのだ。
「治めようとしている」男なのか、「むやみに争い事を引き起こそうとしている」男なのかは、夏(大学)になれば分かるとされ、論語・大学・孟子・中庸は、それぞれ春夏秋冬に位置付けられる。
そもそもこのような「四書」がなければ「季節」が生まれないのだ。
「治める側でなければ金持ちにはなれない」というのが論語の教えであり、それは「季節を生み出すこと」と、「台風を撃退すること」を柱とするものである。
13回目の季節 新田恵利

なぜ、「儒学」は帝王学なのだろうか?
儒学は寛大であること(仁)、おカネがあること(義)、儀式が行えること(礼)、知恵に満ちていること(智)、信頼されていること(信)の五つを重視ししている。
つまり、いろんな人が「いざ」というときに発言に注目する存在になることだ。
笑っている、歩いている、結婚した、手を振っている、子供が生まれた、周囲の人が死んだ、などが注目されるが、なによりも怖いのは「地震・雷・火事・おやじ」なのだ。
帝王は、すべてを見失ったら「地震」を引き起こして自分に注目してもらいたがるし、台風の時には雷がともなった雨が降ることもある。
火事は、誕生日の時に話題にされる。
平成天皇皇后

 
女性たちとは「哲学的会話」(女心に人気のある話)をすることが多いが、「雑談」に頭が切り替わるときもある。
平成天皇が「地震」を起こしたときは、プロスポーツが天皇制批判をおカネに変えた(がんばろう神戸)。
人々は、平成天皇への怒りを感じたが、好きなプロ野球チームは勝てた。
がんばろう神戸

また、悲しいニュースを見たあとに、彼氏ができたりもした。
プロスポーツの富を背景に、身分や階級を越えたバートナーが成立することもあった。
CoCo Newsな未来

儒学は、天皇が「災害」と向き合う上で、人々から注目してもらいたいからやった、という「受け身」のもの(公務は受け身のもの)と、特殊な情報を背景にアグレッシブに天皇が「取りにいく」ものがある。
昨年の台風19号では明白に令和天皇の「予告」のもとに台風撃退が敢行され、メディアが「被災」を報じた。
コロナウィルスの問題も、令和天皇が事態の収束に乗り出したところ、世界が「パンデミック」を報じた。
何がいけなかったのか?
天皇がやけを起こして地震を引き起こしても、野球チームは勝つし、カップルもできる。
しかし、アグレッシブに台風撃退を宣言したり、コロナウィルスの収束に乗り出したりしたら「日本経済は膨張し始めた」のだ。
子供たちにも大人たちにも「余裕」があった。
ある時から、アグレッシブさを失い、経済を弱体化させ、「公務は受け身のもの」と考え始めたカエサルをブルータスは、ナイフで刺した。
カエサル=イエスの末路はもはや信仰であるが、一挙手一投足に注目が集まった君主の末路だった。
エジプト王朝を滅ぼした男ですら晩年は「公務は受け身のもの」となるのだ。
かつてのアグレッシブさを人々は記憶していたのであり、晩年は「はた迷惑な」男となっていた。
長渕剛 勇次  

ステーツマン(政治家名)カエサルは、早々に限界を悟り、ブルータスに「刺された」ことにしたが、フィロソファー(実物)イエスは、その何十年もあとにヨハネが「喜びながら歩いていた」と噂される磔を経験した。
父・ヨゼフに命だけは救われたが、余生をイスラエル北部の家で過ごしている。
マリアを「アイドル」の祖先と位置付けるなど、カエサルにはない実像がイエスにはあり、芸名・政治家名・実物の区別はローマ共和制のもとですでに行われていたようだ。
五経というものは孔子が教え子のために書いた教科書だが、四書(論語・大学・孟子・中庸)というものは、
「春夏秋冬」を生み出す学問である。
アジア地域は「人間が100%気温を決めている」とされ、
「部活と勉強の両立」から「勉強の方が大事」となると気温が下がり、「美男美女の方が大事」となると気温は上がる。
端的に表現すると、
論語
大学
孟子
中庸
四書をキャリアの中で揃えて出したアーティストはなかなかいない。
これを踏まえて、「勉強の方が大事」=気温が下がる=台風が撃退できる、という図式を作らなければならない。
13世紀から14世紀頃に「愛が長続きしないのは真理」ということを踏まえて、男が女への「義務」を守るのは「もはや仕事」とされるようになった。
仕事ならば「お給料」は出るのだろうか?
フランスのパリでこの研究が深められた。
現在の日本でも「在学中の子供がいる場合」などは「家族割」などがあるが、学校をまだ卒業していない子供がいる夫婦の場合は「周囲からおカネが放り込まれる」という側面がある。
男が、女に一方的に譲歩する恐妻家でも、女を常に否定する亭主関白でも良くないし、疑い・否定し・譲歩するという優柔不断さも良くない。
とにかく「義務さえ守れば周囲からおカネが放り込まれて、20年間セックスレスでも幸せ」というのが「仕事」という意味だった。
岩崎宏美 シンデレラハネムーン

未婚の時に知った恋愛論(デシプリン)もあれば、子育てを通じて学ぶ恋愛論もある。
デシプリンを二つ合わせてパラダイム(既婚男女の恋愛論)と呼ぶのだろう。
パラダイムは、「豊かさ」に満ちており「なんか食うか?」という男の言葉に端的に表現される。
そもそも「子供がいる男」には、攻撃性がなく好感度が高い。
マザーファッカーで、精子のでない男は攻撃的で、しかも、いざとなったら逃げ出す男だ。
そのため「学校に在学中の子供がいる夫婦」のためならば、国家レベルでも「いくら払っても割りの合う」ものとなる。 女ならば「髪が長い」「免疫抑制剤を飲んでいない」ことから「子供の埋める体」になっており、デシプリン(未婚男女の恋愛論)の学習能力が高い。

 

 

なお、私は本日をもって「立憲民主党のオーナー」になることになりました。 寄付をよろしくお願いいたします。 立憲民主党寄付

2020年3月15日 (日)

私の顔。

穏やかな表情・顔とは「常に芸術」である。

お父さんに守られ、女の子ならばお母さんに守られ、生きている。
親が死んだときに自分の表情が険しくなるのが分かった。
自然に、異性が自分から遠のいていった。
親が死んで、資金繰りも悪くなると、表情が険しくなる。
険しい表情は、「豊かさ」がなければ穏やかにはならない。
「哲学を知っている」「女心を知っている」
これは、表情が穏やかになるための秘訣であり、金銭的豊かさは、どんな顔でも「モテる顔」にするために必要なものだ。
私の顔 タンポポ

優しい顔をしていれば「ハンサム」「モテる」ということをどこまで人々は知っているのだろうか?
険しい表情をしている「イケメン」などいないのだ。
父親に守られ、金銭的に豊かであれば、それは表情に現れる。
女の子は男の子に「優しさ」しか求めていなかった。
私は知恵の輪

「哲学が分かると何が変わるのか?」
その答えは「表情が穏やかになり」「金銭的に豊かになり」「モテるようになる」というところにある。
ヘーゲルは、カントの純粋理性批判(黒革の手帖)を読んだ結果、女を口説くのがうまくなり、金銭的に豊かになり、それが「顔に出る」とした人物だ。
マルクス主義者は「ヤングヘーゲリアン」が多く、おカネを持っていて「女の子に優しい」という特徴を持っている。
親がブルジョアで、自分もおカネに困らず、それでいて、勉強よりも「異性」が好きというタイプが左翼に進むタイプであった。
ヘーゲルにも「左派」と「右派」が存在し、穏やかな表情をしていても、左翼の素質を持ったタイプと右翼の素質を持ったタイプがある。
財務官僚などは、生まれた時から財務省にいたような顔をしていて幸せそうだ。
これはヘーゲル右派と言っていい。
一方、女のケツばかり追いかけていて、ろくに勉強もしない日大のイケメンなどはヘーゲル左派と言っていい。
ギリシャ彫刻はなぜ芸術なのだろうか?
この「穏やかな表情」を巧みに表現したからである。
酒井法子 オールライト

「家族構成を知らなければ医学も哲学も分からない」(ユング)。
親を長生きさせるだけの医学の知識があり、それでいて哲学に造詣が深く女の子たちのモテる、このような「男」を宗教家と呼ぶ。
誰もが宗教家になれるほどみんなが「心臓が強い」わけではない。
方法論上の迷いがなく(絶対)、それでいて、資金面での裏付けを得られるほどの、哲学への造詣がなければならず、おのずと「医学書」も読めなければならない。
医学書は「哲学書よりは簡単」とも言われる。
そうだ、「顔」への崇拝、「御真影」への崇拝こそが宗教なのだ。
刑法の構成要件とは「実践理性の定言命令」と言われる。
実践理性とは「処女」のことであり、純粋理性とは「男を知っている女」という意味である。
さらには、「仮言命令」とは和姦のことであり、「定言命令」とは「レイプ・痴漢」という意味である。
刑法の構成要件とは「処女レイプ・痴漢」のこと、つまりは「貧乏セックス」のことを言っていたのだ。
おカネが「プライスレス」であるセックスのことであり、このプライスレスに触れると「犯罪」と呼ばれる。
ルパンはクラリスの心は盗んではいない。
手を出さなかったではないか?
セックスから愛に変わるのならば看護師にでもなればいい。
仮言命令つまり「和姦」の世界は、「相手が何を想像してあえいでいるのか?」に興味を持つことにその本質があり、仮言命令つまり「胸」「大きなおちんちん」「破滅」の三要素からなる世界とは異なるものだ。
処女を「破滅」させるのは値段がつかず、構成要件に該当する。
カリオストロの城 銭形のセリフ

どの男も、一人で生きていけるほど心臓は強くはない。
「親に守られている」「金銭的豊かさがある」「女を口説くのがうまい」などから、「処女レイプ・痴漢」(実践理性の定言命令・構成要件)に触れるとこれらがすべてぶっ飛んでしまうことから、市民としてふるまわなければ「イケメン」とは呼ばれない。
「非犯罪化」のための金額が今は一万七千円ですか?(日経平均株価)処女も安くなったものだ。
株価が下がって犯罪が増えるか減るかは犯罪白書を読まなければ分からないが、株価が安くなって、処女レイプ・痴漢が横行すると、アノミー状態になりやすい。
処女は高いに越したことはない。
日経平均株価は、女の値段と連動し、企業の業績と連動する「国の豊かさ」を示す指標である。
インフレになると、女が感じなくなるため、せっせと貢物をしなければならないため物価が上がる。
インフレ・失業率の増加・利上げを恐れると日経平均株価は上がらない。
利上げになると「ローンが返せない?」だろうか。
女の口説き方を論文にまとめて上司に提出するしかない。
クビにしたい上司がいる時に「利上げ」が起きる。
職場の女を独占しようなどという上司がいればの話だが。
そんな時は「論文」を提出するしかない。
「俺の方がモテるぞ」という意思表示が重要だ。
「いいお顔なさって」
我々は哲学からもたらされる「宗教」を必要としている。
ヘーゲルもシラーも、「顔の美しさ」とは「女が決める」ものではなく、より「男が決める」という側面が強いことを指摘した。
豊かで、母親がいて、より優しい顔立ちをした女の子などは、「男が美しさを決めている」という事実が存在したのだ。
このことに反発した女たちが「イケメン評論」をし始めるのも明らかだった。
妖しいニュアンス 松田聖子

東京大学の合格者を判断する側は、願書の写真の「面構え」まで見ていた。
父親がいる、受験戦士、そして精悍な顔立ち、それはその後、磔を経験するイエスキリストにふさわしい顔かどうかを見ているようだった。
当然、点数と面構えを突き合わせて「メシア」かどうかを判断していたわけであるが、「勉強」が「真似事」なのかどうかはそれで分かった。
面構えのいい男を「芸術で」いかに柔らかくしていくかが問われた。
女たちは、権力者である男たちの間を行ったり来たりするクレオパトラ(アジ)であった。
男と一緒にスポーツをやり、笑い、セックスを拒絶する、これが女たちの青春だった。
モーニングムーン チャゲ&飛鳥

19世紀の革命騒動(共産党宣言)は、ヘーゲル右派とヘーゲル左派の激突だったし、学歴社会か身分制社会かの激突でもあった。
ヘーゲル右派は「メシア」「イエスキリスト」になる宿命であると位置づけられ、ヘーゲル左派はこれに反発するように女たちの支持を集めて回った。
学歴のない左派は「身分」を言い訳にした。
そして、その「身分」の解消を政治的エネルギーとして用いたのだ。
しかし、ヘーゲル左派の、虚無感と、ハートの弱さ、地球の重力にあらがうだけの基礎体力のなさが共産党宣言の失敗という形で露呈した。
革命騒動は失敗したものの、東京の巨大ビルを見ればわかる。
女たちの支持を訴えかけた身分制社会が、どのような芸術作品を残したかは明らかであった。
彼女のいる男の前に立ちはだかって「返さない」などという「大恋愛」をする上級者もいたのだ。
保守的な男女はこれだけでも「死ぬんじゃないか」と思うような話だ。
どんな経験豊富な女も、この「大恋愛」の話の前には「殺されちゃうよ」と言った。
ゴシック建築の大豪邸はそれで建ったのだ。
サン・ピエトロ大聖堂はヴァシリカ式の建築であるが、大恋愛を表現したミケランジェロの「ピエタ」を担保に入れて建てられている。
瀬能あづさ I miss you

 

7f634fefa5d7490ea26dd62ed196ff45 ピエタ ミケランジェロ

 
イエスキリストは大恋愛の末、聖母マリアに抱かれるように死んでいる。
ハイドンやモーツァルトのような「パレスティナ音楽」も本当にやりたかったのは「大恋愛の結果、母に抱かれて死んだイエスキリストを描く」ことだったのだろう。
詩にせよ音楽にせよ「大恋愛」を描きたかったし、オペラにおいてはワーグナーがほとんど描き切っている。
死ぬのは男であり、イエスキリストであった。
最後に女だけが歌を歌った。
瀬能あづさ 秋

父親は人生経験を通じて仲間が多いだろうが、息子はそうではない。
男友達と言っても「女を通じて」つながっているという側面があり、女をうまく供給してくれない男ならば、容赦なくいじめの対象にした。
「カネ、女」
これをつるんでいる男友達にもたらさなければ、男友達も「理解力不足」を責めるだろう。
「俺たちは女を通じてつながっている」
これを明確に意思表示しなければならない。
「おどけがなぜ通用しなくなるのか?」(太宰治・人間失格)
それはひとえに「カネ、女」を理解しないからである。
瀬能あづさ ふたつにひとつ

時に「国難」と立ち向かいながらも、財務省や日銀などの「王道」をバックにして「正論」を書く。
しかも、「女心」を明らかにする。
これが「男友達」を増やす秘訣であり、男友達の多さはそのまま「財産」を意味した。
どんな女性アイドルにも野心を持たずに、周囲の男友達に「与える」という気前の良さは「純潔の妻に恵まれる」という幸運からももたらされる。
男同士をつなぐ「女」は、「笑顔、言葉、生き方」を比べながら男同士の友情をつないでいる。
父親は、すでにこのことが完成されており、息子としてこれらをうまく理解しなければならない。
「俺、一夫多妻制だから」このような発言をする男が破産をするのを目の当たりにした。
男同士のつながりには必ず「笑顔、言葉、生き方」を比べる女がいる。
女と話をするのは節税効果があるし、男友達という「財産」を作る効果もある。
「自由意志」「意思の自由」とは「身動きが取れない」というところにその本質がある。
瀬能あづさ 永遠に友達

男友達は「女を通じて」つながっていたが、それでも「楽しみを共有し、能力を共有し、認め合うこと」という三つが必要とされた。
東大の臨床心理士は平気で「友達いる?」と、学生に聞いてくるが、こんな基本すら理解していない学生に無謀な質問をするものだと思う。
ニーチェは、カントのように「女心を掘り下げる営み」(哲学)から、「カネと女」を調達し、周囲の男たちに与えることを「父親との戦い」に用いることを示し、哲学の威力を見せつけた。
ヘーゲルは「哲学は顔を作る」としたが、ニーチェは「哲学は父親との戦いを有利にする」としたのだ。
新カント派は、「有名芸能人女」の神として君臨したが、いろんな男がそのような女目当てで寄ってきた。
「利益」それは「マスターベーション」でも回収できるものだ。
有名芸能人女の友達に「女心」を語れるのならば、プロテスタンティズムの倫理(アイドルと話し、セックスする)と資本主義の精神(男同士の絆)を強めることになる。
これはすなわち「政治家への道」であった。
彼女たちは病気なので「医学に詳しい」というのがどれほどこの世界で人望を高めるであろうか?
モーニング娘。I wish

男友達をつないでいるのは「女」であるということを踏まえて、女は「笑顔、言葉、生き方」を比べているのであって、異なる生き方をしている人に対して、「言っても仕方のない」ことがあることは理解している。
また、男同士で「お前にはわからない」などと失恋したような発言をするのも卑屈でよくない。
イタリアでは「痩せている」というのは長生きの秘訣だとされている。
男だって、どんな年齢でも「Food or Love」である。
愛されない人間の方が案外長生きする。
「国民に愛される存在」などというのは寿命を縮めるだけだろう。
ビスマルク=明治天皇=福沢諭吉=小野慎一郎が、「痩せたソクラテス」といった理由も、「医学に詳しいと有名芸能人女にモテる」ということが背景にある。
「国民に憎まれる」「憎まれっ子世に憚る」
これがなければ長生きはできないのだ。
愛情を維持しようとして生き急ぐのは一番好ましくない。
女心に理解を示せ、カネと女を周囲の男に与えろ、テレビで有名なだけの男では選挙には当選しない。
選挙やボランティアなどの「炊き出し」の意味を理解しなければならない。
テレビで国民に憎まれようが、草の根では支持基盤が盤石になる。
母親を亡くし、競争の日々で顔がむくんできたAKB女がいれば、「世の中に信用できる人などいない、血圧計などの機械だけを頼りに生きた方がいい」などとアドバイスをすれば、顔のむくみもなくなり顔色も白くなる。
そうなったらようやく「胸に精子をぶっかけてやろうか?」などという軽口も叩けるようになる。
恋するフォーチュンクッキー AKB48

病気というものは「強烈な敵を前にして、それでも生きたい、と思うから罹るものだ」とされる。
権力への意思が病気の原因であり、ゲーテとベートーベンとニーチェをマスターすれば「病気にはならない」とも言われる。
彼女への愛は長続きしないのに、なぜ妹への愛は長続きするのだろう?
「個性に注目する」「セックスをする」という二つが原因で、さらには「払うおカネがない」ことが原因で、「二か月ちょっと」で終わることがある。
モーニング娘。インディゴブルーラブ

「強烈な敵を前にして、それでも生きたい、と思うから病気になる」という権力への意思の問題と、さらに、ゲーテとベートーベンとニーチェをマスターすれば病気にはならないということから、ニーチェはプロスポーツとは関与しなかったが、マックス・ウェーバーは容赦なく「プロテスタンティズム(芸能界)」を「病気から自由になる方法」として活用した。
ニーチェは「体を売ってまで勉強したがる男の子がいる」として「ゲイは病気である」としていたが、現在ではこれは否定されている。
「夢を持つ」というのは「男らしい男」「女らしい女」になるためには必要であろうが、「権力への意思」は病気の原因なのだ。
モーニング娘。独占欲

ニーチェはこのような「権力への意思」が露骨に表現されるプロスポーツとは距離を置いた。
順位表まで出す世界だったからである。
しかし、ヒトラーは戦争を好んだだろう。
世界最高峰の芸術作品(ゲーテやベートーベン)に恵まれ、さらには、マックス・ウェーバー以降の芸能界にも恵まれたからだろう。
ランツベルク刑務所での人脈にも恵まれた。
「ツァラトゥストラはかく語り」を知っているだろうか?
ツァラトゥストラという、あらゆる怪物の中でもっとも冷血な怪物、誰よりも嘘つきな怪物、それはつまり「女」という意味であった。
哀しい方の嘘 ribbon

ツァラトゥストラは公然と「愛って何?クリエイションって何?メシアって何?スターって何?」と問いかけた。
愛とは「相手が何を想像してあえいでいるのかに興味を持つこと」であり、純粋理性の仮言命令(経験豊富な女との和姦)の時に問題になるものであるし、クリエイションとは「女の子が思春期におちんちんがないことを悟り鬱になる」ことであったし、メシアとは「女の子を口説くのがうまい」男であったし、スターとは「覇権国家との国際関係論を持っている男」のことであった。
ゲーテとベートーベンとニーチェを知らないのならばとてもではないが勝てる世界ではなかった。
後藤真希 愛ってどんな×××

共和制には常に「ソフィスト」「ステーツマン」「フィロソファー」の三名が存在する。
私は、ソフィストとしては「仲村トオル」であり、ステーツマンとしては「天皇」であり、フィロソファーとしては「小野光太郎」である。
ソフィストとしての教科書は「パルメニデス」であり、ステーツマンとしての教科書はティアテテスであるが、フィロソファー(哲学者)としての「小野光太郎」が機能しなければ、パルメニデスもティアテテスも意味がない。
芸名を持っている人間は日本国に大勢いるが、ソフィストとしての活動実態はフィロソファーもほとんど知らず、見ざる言わざる聞かざるの世界である。
ステーツマンとしての立場はフィロソファー(本人)に、責任感をもたらすが、ソフィスト・ステーツマン・フィロソファーの三部作が日本国で構築されていることは「芸能事情通」でなければ分からないだろう。
ここで、ソフィストとステーツマンとして「仲村トオル」と「令和天皇」を挙げさせてもらったが、他にも「明石家さんま」と「小沢一郎」をソフィストとステーツマンの二つの側面を持った「同一人物」であることを知らなければならないし、「ジャニー喜多川」と「安倍晋三」という「同一人物」を理解しなければならない。
ソフィストとしての側面にキャアキャア言っている「素人さん」と、女性芸能人が「結婚したくない」と考える背景には、このような「情報の違い」が存在する。
「素人さんとは結婚したくない」と考える女性芸能人も「東大生は別格」と考える理由は、ソフィストとステーツマン、フィロソファーの三つの側面が芸能界を取り巻くことを理解するからである。
私も、ステーツマンとしての「天皇」を名乗るよりも、ソフィストとしての「仲村トオル」を名乗った方がモテることが多い。
しかし、実態はフィロソファーとしての「小野光太郎」であり、この三名は「同一人物」なのである。
ソフィストとしての結婚と、ステーツマンとしての結婚は別物であるし、そんなことを言ったら、大竹しのぶと明石家さんまは「いまだ仲睦まじい」というかなり混乱した状態になる。
お互いに、ソフィスト・ステーツマン・フィロソファーの三つを使い分けていることを熟知した関係が共和制には存在するのだ。
フィロソファーとしての明石家さんま(小沢一郎)は、トラックで全国を巡る大酒飲みであり、テレビの話はしたがらない。
この三部作を知らない素人は相手にしないのだろう。
「キャラを売ってくれ」「怖い世界・・」という議論の背景には、私(小野光太郎)が、天皇(ステーツマン)としてのみならず、ソフィストとしての「キャラ」を買い取る可能性があることを意味する。
染谷将太も松本人志もすでに「実物は小野光太郎」だったりすることもあるのだ。
なんで「共和制」とは人間に「三つの顔」を持たせたのだろう。
哲学者として勉強一筋に生きる男に「人生の喜び」「活発的な側面」を与えたかったからである。
若さを無駄にせずに東大に入った人間に、「若さを無駄にするヤンキー」という側面を与えたりもする。
私も、「長ランと短ランのどちらが好きでしたか?」と聞かれて困ってしまうこともある。
私は、思春期に「仲村トオル」として知られていたが、生活ぶりは「まじめな受験生」だったのだ。
仲村トオル

「キャラを買って何が変わるの?」と思われる方もいるだろうが「名前とおちんちんが合致する」という側面以外にはメリットはない。
失恋した男などがキャラを買ったりするのだ。
なにしろ、芸能人は「常に賢い」存在だったからである。
ちんちんの大きさや美しさが「芸名」だけで変わってしまうし、女の子も彼氏のセックスの快感が変わってくる。
プラトンは、芸能界に関する「パルメニデス」に特に力を入れている。
働く喜び、そしてセックスする喜びを人々にもたらすからである。
あるいは「そろそろ休みが必要だよ?」というような人に芸名を売ったりした。
休んでいても、テレビでは活動的だったからだ。
学問一筋という人がいなければ国が亡びるだろ。
そのような人に青春を与える必要があるだろ。
それを理解する必要が芸能界にも政界にもあったのだ。
「国難」と呼ばれるときに「やっぱり出てくるのはこの人だよね」というのは当然考えられる。
なかには「処女性を取り戻したい」という女の子もいる。
いずれにせよ、芸能人が「国難」に立ち向かえるわけはない。
それができるのならば「政治家」であり、事件ごとに芸名が増えていくのだろう。
「のれん分け」も巨大な資金源となる。
これが「共和政」であり、「帝国」つまり「膨張する宿命にある国家の段階」の前段階に位置付けられる。

「詩」というものは、何かを証明するわけでもなく、人を説得するためのものでもない。
メロディが変われば「論法」も変わるが、それでも「三段論法ではない」ということは指摘していい。
つまり、人の心は「三段論法で成立しているわけではない」ことを意味する。
さいごに「ほんのりとしたエロさ」が残ればいいのだ。
人と議論するときにはこのことを心掛けた方がいい。
CoCo ファーストスノウ

しかし、これは「すべての仕事」に言えることなのではないだろうか。
たとえば「病気」だって、「強烈な敵と直面して、それでも生きたいと考えるから、罹るものだ」とすると、医者は「強烈な敵と戦うための味方」になるだけですべての病気が治せることになる。
強烈な敵と戦うための味方になる、あるいは、のんびり休ませてくれる、これだけのために「8千億円マーケット」つまり日本国の医療制度は存在するのだ。
まあ、ウォークマンやiPodを聴きながら、メロディごとの「論法の違い」を詩から感じるだけでも有意義ではなかろうか。
シングルで出すのならば「女心の真理」を明確に打ち出さなければならないが、アルバムの場合は「人の心は三段論法から成り立っているわけではない」「それでいてメロディごとに詩の論法を変える」という発想を基盤に、「ほんのりとしたエロさ」を残す曲作りも可能である。
穴井夕子 フェアリーデイズ

ミルは、「論文がエロ本に見えるようになる」という境地をもたらすために、このような「詩的三段論法」を考えたし、「最後にほんのりとしたエロさが残ればいい」という境地に至っていた。
「女心」とは男が作るものという意味でもあったのだ。
アルバムから「詩的三段論法」をメロディとともに発見する営みは、間違いなくウォークマンやiPodを自分の味方にするし、病気を癒すであろうし、ときには金融も理解できるようになる。
弁論部に入ろうが歌謡曲研究会に入ろうが、目指す境地はこのようなものなのだ。
人望は「論破」からは決してもたらされない。
最後に「ほんのりとしたエロさ」が残らないのならば人は離れていくだけだ。
議論した結果「女のからだ」だけが真実であることをも悟るだろう。
「朝まで生討論」と言っても、最後に「カネと女」が生じなければ、議論する意味もないし、最後にほんのりとしたエロさも残らない。
ribbon サイレントサマー

本ブログは今となってはどこから読んでも、私の「考え方」は理解してもらえると思うし、「男は賢い方がいい、女は美しい方がいい」ということも分かってもらえると思う。
さらには、「いじめの存在」は真理であるとし、いじめられた男がちんちんがデカくなり、彼女をいじめる(セックスする)という側面も指摘でき、さらにはいじめられた人間の肉声以外歴史に記録が残らないということも明らかにさせていただいた。
また、思春期に言葉の感覚が鈍った女の子に「真理」を教え込むアクティビズムの立場にも立脚している。
詩に関しては「コンピューター」(DTI)で音楽作品を適当に作っても、英語の詩を翻訳しても、「メロディが変わったら詩の論法の変わる」という迫力のつけ方は、依然、クリエイターの感性に大きく依存している。
愛の炎 田中れいな

コンピューターで出来上がったものに「OK」を出すのはクリエイターであるし、病気になったらその感性は鈍る。
「強烈な敵がいて、それでも生きていかなければならない、だから病気になる」ということを踏まえて、しっかりと「強烈な敵」との関係を定義していかなければならないし、それは年賀状の整理やお中元・お歳暮と関わるものだ。
所得再分配は、財務省と各省庁レベルのみならず、民間(新保守主義)の間でも行われることになる。
セックスに税金を課すという国家レベルの所得再分配だけでなく、コンピューター処理した芸術作品を受け止める側の「感性」を維持するためにも所得再分配というものは行われているのだ。
「面白そうだね、コンピューターに乗せてみよう」と考えれば音楽作品もできるし、一部上場企業の様々なデータがEDINETから勘定奉行で明らかにすることもできる。
しかし、それを受け止める「感性」だけは病気になったら壊滅的になってしまうのだ。
コンピューター処理した芸術作品を受け止める「感性」は企業の業績にも影響を与えるし、コンピューターは無尽蔵に「作品」をクリエイターに提示し続ける。
しかし、多くのノイズを、二つか一つのノイズに絞っていく作業だけは人間によって行われる。
病気というものはこの作業を大きく妨げてしまうのだ。
音楽作品の「詩的三段論法」はすでに語らせていただいたが、あとは「強烈な敵をなくす」あるいは「敵に勝てるだけのゲーテやベートーベンへの理解力を高める」などを行わないと日経平均株価も上がらないだろう。
「メロディとともに詩の論法は変わっている」のである。
亀井絵里 片思いの終わりに

Superflyは、300曲を用意する力量を持っている。
コンピュータ処理をしたら簡単に「300曲」作れるのだ。
しかし、「詩的三段論法」「メロディとともに詩の論法が変わる」など、受け止める側の「感性」によってノイズが二つか一つになるように絞り込んでわずか「一曲」をリリースしている。
今のレコード会社はこのような作業を行っているのだ。
Aメロ、Bメロなどそれぞれに「山場」を作り、最終的に詩的三段論法は完成する。
しかし、コンピューター処理ではこれはかなりランダムに行われており、「OK」を出すクリエイターの感性が最終的にものを言うのだ。
コンピューター処理でランダムに作品を作っても97.6%の作品は「お蔵入り」にせざるを得ないとされている。
「強烈な敵がいて、それでも生きていかなければならない、だから病気になる」ということとコンピューターはうまく付き合っていかなければならない。
「住んでいる家」ともかかわる問題となるからである。
NASAもUCLAも、関係者や学生を病気にすることを「致命傷」とみなしている。
コンピューター処理でランダムに示されたものを受け止める「感性」こそが大事だからである。

そもそも、なんで人間は「強烈な敵がいて、それでも生きていかなければならない」状態に陥るのであろうか?
それは「子孫を残すため」である。
創価学会の女性に「子供ができた時の達成感」を語ったら「子育ての方が大事」と激怒するだろうが、男にとっては「もはや強烈な敵がいない」ことから、「病気から自由になった」ことの喜びだけは胸に秘めておいた方がいい。
「願いは一つ」
それは「結婚」ではなく「妻の出産」だったのだ。
真冬の観覧車

なにしろ「病気」の話をすると「株価が下がる」という効果が認められるため、あえて「強烈な敵がいて、それでも生きていかなければならない」から病気になる、さらには「願いとは男にとっては妻の出産のことである」ということあたりに哲学的には答えを見出すしかない。
このような説明はまだ「ロマンティックラブ」の範疇に含まれるからである。
さらに、病気を「夢のある話」に昇華するとするのならば「天皇が医学情報を発信している」ことを理解し、天皇制支持を訴え、日枝神社(日吉大社)にお参りするなどの可能性は考えられる。
ロマンスかくれんぼ

若い地球理論というものは、「地球は永遠の退屈の中からできた」(創世記・ヤングアース理論)というものであり、「16世紀は6000年かかって終えた」とするものである。
旧約聖書はとにかく、わけのわからない男女が入り乱れ、ルターやカルヴァンなどによる宗教改革は、セックスしまくった男女たちが構築した「偶像崇拝」(アイドル・芸能人)の世界を作ろうというものであった。
そこには、セックスを神聖化したアウグスティヌスのカトリックとは異なり、「よく知っている人を知らないという」などという、冷血な怪物(ツァラトゥストラ)嘘つきな女を大量生産した。
よく知っている男を「知らない」というような女は要するに「セックスしたことがある」という意味であり、本来、女が使う技であった。
男がよく知っている女を「知らない」というのならばかなり女々しい存在であるというしかない。
工藤静香 Fujitsu

「6000年かかった」16世紀の宗教改革の時代に、アイドル(偶像)になりたくてセックスしまくった女に関する芸術作品はドンと大量に出てきた。
愛の言葉を囁くのがうまい人を選ぶクェーカー教や、大学進学で女子を優遇し、男女同数入学させるメソジストなどが出揃ってきた。
いろんな恋を経験したけど今度は少し違う、そう思わせるイエスキリストを新約聖書に登場させた。
「女づくりが先、男づくりはあと」という世界史を踏まえると、本当に「イエスキリストは実在しうる」とされたのは20世紀前半のことであった。
私も若い頃は「イエスキリストとは架空の人物」「人物像が明らかではない」と思っていた。
しかし、北半球の先進国には冬に「コロナウィルスから人類を救う予言者」はアカデミズムの水準や文明を見ると当然、「イエスキリストはいてもおかしくはない」状態だったのだ。
松浦亜弥 Love train

テネシー法は「ヒトラーは処刑はしない。刑務所に入れるだけである」としていたし、そうこうしているうちに「デタラメ女は東側にしかいない」という具合に体制が東西に分かれてしまった。
日本国は「西側」に属する体制選択を行い、「処女・高貴さ」を残存させることにした。
ドイツの限界を知り、アメリカ合衆国やイギリスに理論資源を求めた国家社会主義者であるヒトラーを参考に、「新聖書運動」というものは起きたし、それは西側においては、令和天皇の「日本国の限界を知り、アメリカ合衆国に理論資源を求める」という日本版国家社会主義へとつながった。
新聖書運動は「ケネディ暗殺」でクライマックスを迎えた。
自分にいちばん「お似合いの人」が生き残るとするのならば、その「お似合いの人」が多くの女たちの支持を得ることによりイエスキリストとなる。
「適者生存」(サバイバル・オブ・フィッテスト)というものがもしあるとするのならば、女たちのマスターベーションの存在を知らなければならない。
D9bd8caa5063420cbdbb3f6c77551824 普天間かをり 祈り

西郷隆盛像でマスターベーションができる。
もし、「何を話し、何を書いた人なのか」が分かるのならばね。
「友達、ローマの人、政府の人」
これが西郷隆盛である。
「新聖書運動」は日本国では20世紀前半に西郷隆盛像を作らせることとなった。
西南戦争というものは間違いなく、西郷隆盛の「磔」を意味したし、彼は儒学や浄土真宗セクトからみれば、「キリスト教徒」にしか見えなかった。
アーカンソー州は「北には新型インフルエンザや新型コロナウィルスがあってイエスキリストが生まれやすくていいな」と考えていた。
西南戦争とは、インフルエンザの問題を「食べ物飲み物の問題」として士族の支持を取り付けた西郷隆盛によるクーデターだった。
「芸能界・政界を西郷が支配しかねない」
そのような根の深い問題だった。
カネと女にしか興味のない世界に「西郷隆盛」(今の小野光太郎)が君臨しようとしていたのだ。
これは、プロテスタントの世界を再びカトリックが支配しようというムーブメントでもあった。
勉強だけの人生、苦痛に満ちた人生、風邪ばかり引いていた人生、無神論者だった人生にようやく「光」が見えた。
若い頃の人生経験が違った。
誰も真似しようなどとは考えてはいなかったのだ。
これが西郷隆盛だった。
酒井法子 風邪

アメリカ合衆国は必至で「エアロゾル」などと言って、メディアをかく乱させていた。
論文では「食べ物飲み物に混入している毒物」の存在を私に教えながら、世論には「未知のウィルス」と煽り続けたのだ。
これが「西南戦争」の「宴のあと」として記録に残ることはあるのだろうか?
安倍晋三は「歴史的公文書」に指定しているが、西郷隆盛と西南戦争および政界と芸能界の現状を明らかにしきれるのだろうか?
私は、多くの女性芸能人に通用し、恐れられた情報源だったからスタンフォード哲学百科事典を信じた。
そのような意味では、プロテスタントの世界は必要だった。
しかし、アウグスティヌスが作ったカトリックが、デタラメ女によってプロテスタントを生み出し、劣勢に立たされた後の「さらなる反撃」が西南戦争だったというほかはない。
枕営業をしてまで築き上げた芸名、カネとセックスの歴史をまとめて買収しようというのだから西郷隆盛もただものではなかった。

そもそも、勉強というものが女の子たちに認知されたのは最近のことであった。
それよりも先に「スポーツ」というものが女の子たちに認知されている。
女子たちが「その意味」を理解しなければその世界は発展しない。
すべては「所得再分配機能」のなせる業であり、成績のいい男子を金銭面で優遇することがその背景にあった。
東大法学部で教えていることは「法学教室」「ジュリスト」などの「わずか1500円の雑誌」に書いてあった。
ましてや、スタンフォード哲学百科事典は無料で読むことができる。
成績のいい男子からはおカネを取らない、それが所得再分配機能であり、私も大いにその恩恵にあずかった。
偏差値BOY うしろゆびさされ組

出版する側も「商業誌かそうでないか?」は明確に区別しており、「この雑誌を手に取るのならば伸びる、ただものではないエリート」というリリースする側の認識から破格の値段で売りさばいていた。
背景に「政府」がなければ成り立たないだろう。
政府の資金によって支えられた「媒体」を常に選んで読むという姿勢が求められ、それは税金(セックスに課するもの)から成り立っていたため、読んでいて「即戦力」であったし面白かった。
そもそも「部活と勉強の両立」から、このような「資金の出所」を探るカンは子供心に身につくものだ。
財務省に入省すれば「コーヒーが一杯50円である」ことから所得再分配と「部活と勉強の両立」さらには「政府による資金の裏付け」をいやおうなしに学習させられる。
私は中学高校と「部活」というものはやっていなかったが、レーガン大統領が主導したアユサインターナショナルで、年額200万円で留学させてもらったことや、その時の、扱いが手厚いものであったことから「部活と勉強の両立」は合格とみなされて東大に入っている。
やたらとおカネばかりかかった子供では国立大学には入れないだろう。
どこかで、「自分の可能性と政府の資金の連動」を経験してもらわなければ、予算というものが分からないし、財務の才能は見いだせない。
しかも、スタンフォード大学ともなると、芸能人女性にも「通用する」話題に満ちていた。
時には「国難」と呼ばれる問題を解決することもあった。
周囲に女性たちがいること(アプリオリ)、そして、自分で所得再分配と情報の意味を「感じる」こと、そして最終的には「指導者を疑わないこと」が必要になってくる。
自分を勝利に導くためには、この三段階が必要だと考えられる。
子供ならば最初はカネがかかってもいい。
中学・高校と進むたびに参考書が安くなっていくのは誰にでも分かるだろうが、その背景にある「政府」「予算」の意味が分かれば、案外、大したカネがかからずに親孝行ができるようになる。
教育学者であったルソーは、しかし、デカルトの「予算措置」と教育を結びつけるという発想を持っておらず、リードやクインなどが「可能性のある人間からはカネをとらない」というシステムを構築したものと考えられている。
結局、勉強と言っても「カネと女」の匂いに敏感な感性の持ち主が伸びていくものなのだ。
勉強の歌 森高千里

しかし、クインの「システム」には負の側面が指摘されている。
「東大ボクシング部が大学リーグの三部である」という問題だ。
今沢雄二氏が「バイクやマンションを買うために予算を使っていた」という最悪のファイナンシャリストだったのだ。
今でも今沢氏はファイナンシャリストをやっているが、「カネと女」の匂いで才能を伸ばすという発想はご存じないと思うし、財務官僚にもなっていない。
「女子供に予算が分かるか?」という批判がクインには浴びせられた。
そのため、予算は「男によって」公布されるという日本国の慣習が出来上がり、予算法律説に立脚するのならば「天皇の名で」予算は公布されているし、「女性天皇」を主張するものは、「カネと女の匂い」で才能を育てられた人間ではないことを知らなければならない。
さらには「天皇」というものは人格的統治者であるため、人格が練れていなければならないし、コロナウィルスのような「有事」には率先して矢面に立たなければならない。
「有事」に何をやっていたかが問われるのであり、それを時には歴史をさかのぼってまで「有事」の研究は行わなければならない。
私は、北朝鮮による拉致問題に関しては、後藤健二さんの事件の時に「女たちのネクロフィリア(死体愛好症)」という結論を導いて政権の危機を救ったが、東日本大震災の研究はまだあまい。
酒井法子 風のアンダンテ

このように「カネと女の匂い」に導かれて才能を伸ばしていくと、最後にはかなり暴力的な場面と遭遇しかねないという批判もクインには浴びせられた。
私は、プロレスラーと「秦の始皇帝」の地位をめぐって乱闘騒ぎになり、骨盤の脱臼やその後の腰痛を「自ら英語の医学書を読んで」治さなければならなくなった。
しかし、その力量はほとんど「整形外科医顔負け」の腕前をも身に着けていた。
今回のコロナウィルス騒動に関しては、私の「腰痛の治療の知識の正確さ」が立証されていたから、自信をもって「食べ物や飲み物の問題」という説を公表させてもらった。
自分の肉体を用いて「証明」しなければ情報源の正確さは分からない。
そもそも、有名アーティストや有名俳優の病気を治してきた実績があったり、東大医学部とはどのような水準なのか?を知ることができる環境に身を置いていたのだ。
自分の肉体のリアクションを見なければ、正確な情報源は分からないし、ましてや他人の「心」を知ることもできない。
哲学は主に「女心」をテーマにしてきたが、「女心」を語り、「石をパンに変え」(書物をおカネに変え)、さらには「予言」をするというのが哲学の歴史だった。
時には「予言」は多くの敵を作ったため、「強烈な敵がいて、それでも生きていかなければならない、から病気になる」ということを知ると、今シーズンは、読売ジャイアンツや阪神タイガースと戦うのはやめようかなという気にもなっている。
そもそも、病気になると「感性」が鈍るため、音楽作品への評価や、「カネと女の匂い」を見失いがちだ。
このあたりに「政治生命の限界」もおのずとみられるのだろう。
「定年制」などというあまっちょろいものではない。
「失脚」というものが天皇にも存在する。
コーンブリスは、医師国家試験に受かった男たちに乱交パーティーをさせて、「法学部の優位」「法学部有神論」を作り出した。
私の「有神論」はそもそも「伊豆の踊子」が原因である。
伊豆の踊子

コーンブリスは、特に腰痛など「8割が原因不明、運が良ければ治る」という病気を法学部に委ねている。
しかし、そのためには「部活と勉強の両立」「文武両道」が必要不可欠になってくる。
「腕に覚えがある」人でなければ医学を学ぶ才能はないのだ。
自分の肉体と「対話」するのがアスリートであるが、言語・情報源はしっかり絞らなければならない。
台風の話をするのならば「部活と勉強の両立」と言っても「勉強の方が大事」という時期に気温は下がるという指摘は可能だ。
冬のスポーツと言っても、「プロ野球よりも大事」なものは存在しないし、そのような時に気温は下がる。
なんだかんだ言って、みんな「野球が好き」なのである。
台風で「日本を困らせている」うちは中華帝国は通貨の信用力があった。
気温を下げるために「勉強の方が大事」であるとすることを「性善」と呼んだ。
ハンサムや美女でも勉強が苦手な男子女子を「仏性」と呼んだ。
勉強の方が大事だとする「性善」の人間がクリエイターとして美男美女(仏性)をプロデュースするという構図はあったが、性善と仏性のどちらに女子たちの人気が集まるかで気温は変わってくる。
性善(勉強の方が大事)という立場であると気温は下がり、仏性(美男美女の方がいい)という立場だと気温は上がる。
私は、NHKで「阿部サダヲ」を流したら気温が上がり、「カルロス・ゴーン」を流したら気温が下がったという経験は確かにある。
私が、「誰にでもわかるように簡単に」学問に関する情報を流したら気温は上がった。
これは決して「勉強の方が大事」(性善)ではなく、「美男美女の方がいい」(仏性)という判断が国民に広まったものとして、私が画面に出ると気温が上がるということを学習し、台風の時にいかさなければならない。
私が、このような「儒学」の研究を深めたら、中国の「通貨」の信用力は一気に低下している。
所詮は「日本国頼み」だったのが中国だったのだ。
朱子学というのは要するに「英・数・国・理・社」として日本国では確立している。
しかし、「君主の真似はできない」「美男美女がいい」などのいろいろな分析は可能であるが、私が画面に出ることは決して「性善」(勉強の方が大事)ということにはならず、仏性(美男美女の方がいい)という方向に国民の心は動き、「気温が上がる」のである。
北京大学は世界ランキングでも東京大学より上であるが、このような「儒学」を教えている大学の方が「文系・理系」の存在する東京大学よりもランキングが「上」なのだ。
東大ブランド、旧帝ブランドの復活を待たなければ「異常気象」は治まらないし、それは文部科学省なり各中学高校の問題である。
「スタンフォード大学は面白い」
それは私も実感したから研究を続けている。
しかし、東大ブランド、旧帝ブランドがなければ、今年も「性善」(勉強の方が大事)という思想が影を潜め、台風がやってくることになりかねない。
そんな国家の窮地に「私が画面に出ると気温が上がる」というデータが存在するのだ。
テレビには「仏性」(美男美女の方がいい)という思想しか存在しない。
竹原ピストル

「性善」の復活を待たなければ必ず台風はやってくる。
このあたりは「大学受験を頂点とする学校知を取り巻くメディアをどれほど増やすか」にかかっている。
東大に合格した程度では社会人として戦力にはならない(常知と真知)。
しかし、厳しい修練(克己)に女子たちが取り巻く必要がある。
また、東大合格者を敬う(敬)さらには、静かに勉強する(静)などの重要性を理解しなければならない。

 

なお、私は本日をもって「立憲民主党のオーナー」になることになりました。 寄付をよろしくお願いいたします。 立憲民主党寄付

2020年3月 9日 (月)

天皇と首相の対立~解決法は神道にあり。

私は安倍首相と対立し、コロナウィルス騒動に関する私の見解とは意に反する報道が流布している。
最初は、私を潰すつもりだったメディアが、「なんだ、あの疫学は本当か?」と言って、大相撲を無観客の状態にしたり、学校を休校にしてしまった安倍首相を潰す方向に動き始めている。
私は、そこで「気温が20度になればコロナウィルスは死滅する」という説を利用し、「うまくストーリーを組みながら、病気を治していく」という基本を踏まえ、「暖かい日が続いたね、病気が治ってよかったね」という結論を導くことにした。
つまり、「女性のため息は気温を上げる」というところに目をつけ、台風撃退が神道の歴史ということを応用した、「気温が20度以上の日が続けばコロナウィルスが死滅する」という作戦をとることにした。
天皇と首相が対立するというのが「前代未聞の国難」であり、どうか、最後は、みんなで笑って東京オリンピックを迎えましょう。
桃色吐息 高橋真梨子

なお、今回、六角理事長の発言で「四股が邪気を払う」というものがあったが、「暑苦しい男は気温を上げる」「周囲の女性が、男の子が欲しい、と考えると気温が下がる」ということも指摘でき、横綱の土俵入りがどちらの効果をもたらすかは明らかではない。
中卒階級社会の頂点が横綱である。
豊臣秀吉は、関西エリアの神道を支えている「横綱」でもあった。
横綱土俵入り

可愛らしい女の子は「その場を涼しくする」というのが基本であるが「周囲の女性が、女の子が欲しいな、と考えると気温が上がる」という指摘が可能である。
どのようにこれを表現するかは経験が必要であり、気象コントロール以外にも、「発言に注目が集まる」人物でないとなかなか気象コントロールそのものができない。
広瀬すず

あなたはデブでもいい人だから

日食や冬の太陽にように「沈みかけた太陽を元に戻す力を持つ者は万物をつかさどる」というのが岩戸神話でもある。

瀬戸朝香 一月の真夏日

2020年3月 5日 (木)

運輸の研究~宮島運輸の事例。

インターネット時代になり、多くの情報が、少なくとも研究者や社長さんには手に入るようになった。
しかし、県境を越える時に「やっぱり人間はローカルな生き物だよな」と感じることがある。
これが「運輸」を理解する上での基本認識となる。
運送屋の兄ちゃんが動くだけで「二人の女」が彼を取り巻く。
この「二人の女」をどれほど遠く離れたところに作るかが「運輸」の哲学となる。
二人の女は「本社との距離を縮める」役割を果たす。
ヨーロッパはアメリカ大陸を発見し、原住民の「二人の女」がヨーロッパ本国との距離を一気に縮めている。
現在では「スマートフォン」がその役割を加速させている。
ヨーロッパによるアメリカ大陸発見は、「運輸とは何か?」を理解するうえで格好の素材となる。
浅香唯 恋愛ヤンチャ娘

マイケル・マクルーハンによって「もし世界が百人の村だったら」などが考えられたが、「運輸」からそのようなヒントを得たとされている。
要するに「国境や県境をなくしてみた」のである。
「やっぱり人間はローカルな生き物だよな」
トラックを運転しているとそのような境地になるのだ。
数週間から数か月の旅をしなければ「もし世界が百人の村だったら」という発想は生まれなかっただろう。
当然、トラックを運転していると「尊敬できない地域」は当然ある。
しかし、「二人の女」のことを考えると必ずしもそうではないことが分かる。
男一人に女二人が作り出す世界を「社会空間」と呼ぶ。
浅香唯 コンプレックスBANZAI

ローカルな男が各地の女の電話番号を聞いて、「尊敬できない地域」を無くす営みからIMF(国際通貨基金)というものは作られた。
とにかく「トラックの運転手」は給料だけはよかったため、いろんな地域の「二人の女」の電話番号をスマートフォンに登録していた。
電話で話して、「その話ならば社長さん(政府)に話しておく」というだけでも所得再分配がなされることもある。
世界の距離が縮まると、とにかく「世界が弱くなる」ことだけは分かった。
グローバル化してそれでもなお世界が弱くならないためには「時差」だけが頼りだとも言われる。
社長さん(政府)が無関心な連中がいたときはまだ世界は強さを持っていた。
国内経済が「外交」の影響を受けやすくなったのも「運輸」の発展があったからである。
姫トラが「世界の弱体化」に乗り出してきた。
これが「トラック野郎」が描きたかったものである。
トラック野郎(長い)

羽田や成田が興味がない国が日本国に何も影響を与えないのと同じように、地元の運輸会社が興味のない地域が、ローカルなコミュニティに影響を与えることはない。
同じ「日本語」を話す「女二人」をトラックの運転手が相手にしているのだから、たとえ「ローカルテレビ局」を見ている女たちでも、「関税を下げることにはメリットしかない」という共通認識が広まり、なまりや方言だけが「関税」として残された。
「時差」「言語の違い」これが関税と呼ばれるものである。

それにしても、令和天皇ってのはいけすかねえな。処女と結婚しなければ歴史学が語れないだとよ。
これがナショナルセンターである連合の総意でもあった。
トラックを運転して女と寝る、そんな人生の幸せを理解している人とは思えなかった。
学歴社会に怒りを感じてパチンコにものめりこんだ。
女にカネを貢ぎ、パチンコでカネをする、それがトラックの運転手の人生であった。
しかし、「世界の弱体化」「世界の距離を縮めた」「尊敬できない地域を無くした」「国家統治をよりシンプルにした」などの効果が「運輸」からもたらされた。
給料は良かった。女にも困らなかった。
それでも、いろんな地域の「女二人」が、社長さん(政府)に、所得再分配を求めてくるのだ。
人間はローカルな生き物だ。
しかし、県境を越えるたびに、周辺地域の「尊敬できない地域」に「人間」を見つけた。
資本主義とは「男らしさ」「宗教」を推進力にして成り立っている。
「俺の給料だけじゃ所得再分配なんてできねえな」
そんな時は、社長さん(政府)を頼るしかない。
神社とは「天皇を尊敬しろ」「政府にしたがえ」という二つの教えを柱とするものだ。
天皇が尊敬できない人でも、おカネをくれる政府にはしたがうかもしれない。
商売繁盛の秘訣とは「政府のおカネが頼り」という神棚を基本にしている。
人種・性別・階級の異なる「女二人」がいろんな地域で寄ってきたが、要するに「自分と世界がかけ離れている」からトラックの運転手という「金持ち」に寄ってきていたのだ。
小沢一郎もトラックで日本中まわって、そのような女たちを目の当たりにしたが、効率性を求めるのならば「立憲民主党」だよな。
政党・新聞・圧力団体・ロビー団体・集票マシンを使って、政府のカネを引き出すしかない。
いろんな所得再分配のメカニズムはあるだろうが、「運輸」による所得再分配は、今は国土交通省が握っているのだ。
運輸はとにかく「社会主義的」なのだ。
トラックの運転手の給料を上げて、所得再分配をするという原始的な発想から、今はかなり精密な方法が確立している。
性欲がなければ務まらないし、体が資本でもある。
しかし、エリート主義に怒りを感じてパチンコをやるときもあれば、正直言って、酒が飲みたいときもある。
これが「宮島運輸とは何か?」という論文である。
浅香唯 ピンクの結晶

「運輸」を取り巻く世界で、運転手をはじめ、会社の従業員、社長さん、株主さん、そしてお客さんの「みんなが気分がいい」状態とはどのようなものだろうか。
「きれいな空気ときれいな水」
これは国防に絶対に必要なものだ。
さらには「口説いてもいい年頃の女」と、そうではない小学生の女の子が運輸の世界で共存している。
小学生の女の子に「きれいな空気ときれいな水」を提供すると考えるとシンプルでいい。
このあたりに、「けたたましいエンジン音」の目的を見出すしかないのだ。
運輸は「社会と関わる仕事」である。
痛みよりも喜びを多くする仕事であるためには、運輸とは「小学生の女の子にきれいな水ときれいな空気を提供する仕事」と位置付けた方がいい。
南アルプスの天然水CM

可愛らしい女の子を見た後には、なぜかセックスも気持ちよくなるものだ。
そのため、運輸の目的とは何かという一定の答えのようなものが導き出される。
すべての家庭の芝生がきれいに刈られているとは限らないから、夏にはみんなが防虫スプレーを必要とする。
すべての家庭に「可愛らしい小学生の女の子」がいるとは限らないから、みんなが運輸におカネを払う。
「きれいな空気ときれいな水」「可愛らしい小学生の女の子」以外に、社会は何も「公約数的な喜び」は見出していない。
喧嘩の絶えない世界で唯一みんなが「一歩譲る」のもこの要素だけだろう。
運輸の世界は「譲ることを知らない大人」ばかりなのだ。
運輸はそのために「アイドリングストップ」「交通弱者優先」を営業の一環としている。
ニクソンはこのようなことを熟知していた「運輸族」であった。
法の支配=処女による支配が確認されたのだ。
中年のおじさんは警察を恐れたし、それはひとえにニュース報道と接しているからではなく、「運輸族を敵に回したくない」からであった。
運輸は集団行動である。
各自が家で何をやろうが構わないが、運輸の世界に持ち込んでほしくないものもある。
そのカギとなるのが「小学生の女の子」「きれいな空気にきれいな水」だろう。
「市民が誰とも相談することのできないこと」もこのあたりにある。
周囲は「女の子は早いねえ」というぐらい無関心であったし、要するに「市民が誰とも相談できないこと」だったのだ。
「男らしいお父さん」「女らしいお母さん」
この二つが必要であったが、この二つをそろえるのも大変だった。
しかし、集団行動である「運輸」こそがこの二つの要素をもたらしてくれるのだ。
重荷を共有し(バードンシェアリング)、小学生の女の子を守る(リソースプーリング)という役割がここで明確になった。
運輸が「きれいな空気ときれいな水」「小学生の女の子」さえ大事にしてくれたら、神の見えざる手(天皇の見えざる手)はなんら運輸には文句はないし、巧みに経済政策を打ち出すことが可能となる。
南アルプスの天然水CM

いろんな地域に「二人の女」がいるのがトラックの運転手であるが、女社会には「同じ人を好きになるのはダメ」という掟があっただろう。
恋と友情のどちらかを選ぶなんて無理、という発想である。
そこで、「友達でも何でもない」「女二人」を選ぶわけであるが、女ネットワークを通じて「気がついたら二人とも知り合い?」ということになっている。
女二人は「からだを比べる」のならば吐き気がするだろうが、何しろ遠距離なものだから、スマートフォンで「心を比べてほしい」と考えていた。
女と電話で話すのもトラックの運転手の仕事だったし、しかも、女社会の話を聞く分には「いい節税対策」になった。
そこで、「女と話すための腕磨き」を始めざるを得ないし、ここに「神の見えざる手」(天皇の見えざる手)が介入する余地が残された。
勉強しないから運転がうまいんじゃないか?とも思うが、適当に天皇が言っていることを真似していればよかったのだ。
簡単に「考え方」を理解して、あとは自分なりの「心の風景」を作り出せば、なによりも男にとっては「勃つ」ことが大事だった。
女は、男と話して「肉体が蒸発する」ような感覚を味わえればよかったし、肉体が蒸発したら「じゃ、ね」と言って電話を切った。
うまく成立した電話は必ずテレビでオンエアされる。
女が「肉体が蒸発する感覚」を味わいたいというのはテレビを見ているときも同じだったからである。
モーゼの教えに「エッチな話ひとつできない男なんて」というのがあり、司法試験を受けるのならば、夜は「女との電話」を行わないと法律というものを見失う。
より、女の本音に迫った話をしないと「ああ、スッとした。じゃ、ね」とはならないのだ。
Jokeにもならない恋 三浦理恵子

女はからだが蒸発するような爽快感を味わったら「今日は約束なんていらない。電話のベルが黙った夜が好きよ」と言って、その日の夜の日経平均先物は上がり続ける。
まさに、「運輸」と株価の関係は、トラックの運転手の「話術」にかかっているのだ。
女はそのような夜には映画を見るであろうし、いろんな意味で、芸術作品のセールスが変わってくる。
「いつも、あなたの声が聞こえる」
蒸発した肉体に、そのような現象を引き起こす女もいる。
河合その子 緑の少女

「運輸」に関する会社はそのような「男女の関係」をうまく構築したから継続企業になるのであり、継続企業であることを証明したのならば、政府は所得再分配に用いることが可能となる。

神の見えざる手と運輸の関係は以上に述べたとおりであり、あとは本ブログの各項目に話を委ねたい。
なお、現代においては「食べる」「寝る」「セックスする」などがいろんな意味で「技巧に走りすぎている」とされ、食べるはもちろんのこと、寝るも「枕」「布団」「ベッド」などが技巧に走りすぎている。
セックスするというものも、女性雑誌で「作法」が紹介されるなど、同様の現象がみられる。
ましてや、私の商売である「神の見えざる手」(女心の探求)も、かなり技巧に走りすぎているきらいがあるのは否めない。
「女も男も同じよ?」と割り切る女性もいるのだ。
かと言って、かなり厳密に「女心の定義」(政治)を行うのも、創造的な営みであり、女性にとっては「彼氏との電話の可能性」を高めてもらう分には文句はないわけである。
なにしろ「体が軽くなる」のだ。
まるで「体が蒸発したよう」な感覚、さらには「彼氏の声が聞こえる」という感覚など、かなり贅沢な研究であり、いっそのこと「リクライニング式のベッドで横になってテレビを見る」ということさえやっていれば、そもそも、いやなことも忘れるし、体が軽くなるという意味では、彼氏との電話とテレビや映画のどちらがいいのかは明らかではない。
安倍なつみ ひとりぼっち

読書や彼氏との電話など、テレビや映画があれば必要ないというのも健康という意味では真理であろうが、周囲から自分への愛情が離れていくのが怖いのならばやはり「お勉強」は必要であろう。
トラックのことが知りたければトラックの運転手や自動車メーカーに聞くしかない。
しかし、「運輸」会社の経営はそれだけで成り立っているわけではない。
さらに、「女心の定義」(政治)が技巧に走れば、メルセデスも技巧に走るということは歴史が物語っている。
効果としては「女性特有のセックスした後の体の痛みがなくなる」ということが政治(女心の定義)の側からもたらされ、富と健康がもたらされるのだ。
富がもたらされたらどうせ男は女のためにカネを使うのだろう。
カントはそのような世界を構築したのだ。
子供はなぜテレビが好きなのだろうか?
体が軽くなる、健康になるという一番いい方法であるし、それはジュースが好き、お菓子が好きであるのと何ら変わりはない。
食べ物に「自然」と書いてあるのならば、それは「自然」=「勉強」という意味であり、カントの考えた「女心の創造」と「商品の技巧」を連動させた商品であることを意味する。
どの組織も政治的に動いているが、おカネがないのならば「自然食」と縁のない生活を送っても何ら問題はない。
最近、テレビで見る野菜に関してはどのレポーターも「あまい」と表現するが、これは、カントが「女心というのは無尽蔵にクリエイトし、定義できる」という底なしの富と、野菜を連動させたものだ。
腹が満たされれば幸せ、勃てばいい、そのような割り切りが必要な人もいるだろうが、なにしろ、「産業」というものは「宗教」(男らしさを語り合う論壇)と「政治」(女心の定義)が、政教分離が一体となって支えているものだ。
トラックの運転手には「宗教」(男らしさ)が求められているし、政治力(女たちにモテること)も必要とされている。
最後には「倫理」つまり、いじめられ、そして彼女をいじめる(セックスする)ということから、「宗教」「政治」「倫理」が組織に持ち込まれる。
松田聖子 ハートをロック

最終的には哲学の世界は「女が気分がいい文化」を目指したし、「運輸」は、「きれいな空気ときれいな水」さらには「可愛らしい小学生の女の子」を大事にすることにその本質を見出している。

おカネとは「金額が数えられ、女が買え、どの女にも通用する」ものであるが、いい大学に入っていい会社に勤めればおカネは手に入る。
女は「技巧に走りすぎた女心」についてくるのか「おカネ」についてくるのかは明らかではない。
「大企業」
それは、男が政治(女心の定義)を見失いやすい存在である。
日本国に「パン」が入ってきたときに、日本国は「マルクスではなくカント」という選択を行ったとされている。
つまり、「女心」をバンバン開拓していき、富を生み出し、それを「食べ物」として高値で取引する体制だ。
それは、「大企業に勤めている男ではなく、女心に詳しい男を」志向したことを意味し、世界の指導者の口説き文句を集めた黒革の手帖(純粋理性批判)を基盤にすることを意味した。

そこで、そもそも「女心ってどこまで分かるの?」という問題が生じたが、「気分がいい」「神さまを信じられる」つまり「レイプと女嫌いがなければいい」というごく単純な原理であることをも知る必要がある。
小学生の時に、女の子は「おちんちんがない」ことに気がついて、「神さまを信じることができる子なのか?」という滑りやすい坂道を歩まされる。
小学校での「女子校」は禁忌とされ、クラスメートの男子を必要とした。
三浦理恵子 冬の微粒子

このような「運輸」の仕組みは、アメリカでは「全米ライフル協会」へと発展し、どうしても壊すことのできない政治的宗教的牙城を構築している。

さて、運輸においては、いろんな地域の「二人の女」と電話で話すことにより、「所得再分配」を行い、「尊敬できない地域」を無くし、男女の健康にいい効果を与えてきたが、そもそも、「テレビを見て」「肉体労働をし」しかも「勃つ」のならば立派な「男」ではないかとされた。
結婚しているパートナーがいるのならば、そもそも食欲の方が性欲よりも優先順位が高いため、「なんか食うか?」と彼氏が言ってくれるだけでパラダイム(既婚者の恋愛論)は成立してしまう。
そこで、パラダイム(既婚者の恋愛論)も、「食べ物をどのように手に入れるか?」という学問であることになり、スマートフォンでの話相手の女から得る情報や、話す口説き文句なども「運輸のパラダイム」となっている。
松田聖子 抱いて

「ベッドの上で激しければいいんじゃない?」という女の側のニーズがこの世界にはあった。
しかし、女の側も、激しく突かれると認知がゆがむという側面があり、どのみち、緑茶を飲んだり、愛の言葉を聞きたがったりするものだ。
リクライニング式のベッドで横になってテレビを見ていれば、体の痛みは楽になるだろうが、彼氏からの電話だけで治るのならば簡単でいい。
女は「男からの電話でからだが蒸発しそうになる」のが最も健康だろうが、男は「出張先に女が二人いる」「パートナーもいる」つまり「女たちに囲まれている」のが健康である。
労働安全衛生法の観点からも「労働者である男が女たちに囲まれているのか」は常に配慮しなければならない。
「いい暮らし」とはこのような「運輸」の仕組みをよく理解し、国土交通省がおカネを流し込むことからもたらされる。
トラックの運転手は、スマートフォンで女と話すのも勉強するのも「仕事」となるし、所得再分配に有効性を見せる。
そのようになれば、「なりたい職業」において「トラックの運転手」のランキングも上がるだろう。
庸車運転手(デコトラの運転手)は、税金を自分で納付し、労働者概念の問題から、国民健康保険に加入しているが、「所得再分配の問題を報告する社長さん(政府)」が存在しないことからこのような扱いになっている。
「政府からのおカネ」がほしければ「組合に入ってほしい」という側面が強い。
借金まみれのトラックの運転手もいるだろうが、「運輸の研究」が立ち遅れているのならば、おカネがトラックの運転手の果たす役割に追い付かず、適当に「パチンコですった」などと言い訳をするしかない。
Wink 愛が止まらない

トラックの運転手が経済に与える影響をうまく説明しきれないと、トラックの運転手の「結婚適格」(結婚することができるかどうか?)という問題と直面せざるを得ない。
「女に困らない」「パートナーに困らない」「健康」でありながら、借金苦のおかげで結婚できないことがあるのだ。
各地域の女たちにどれほど健康を振りまいているのか?
さらには、「きれいな空気ときれいな水」「小学生の女の子」が大事にされるという運輸の「目的と効果」を前面に押し出さなければならない。
「女性関係」「借金の問題」から、トラックの運転手の「結婚」というのは重要な問題であり、運輸の「目的と効果」をよくよく理解しなければならない。
横断歩道を渡ろうとしている人がいたら、「業務用トラックならば止まってくれる人が多い」という噂づくりも大事な仕事だ。
だいたいこのように「トラックの運転手のお仕事」は成り立っているが、「一番うまくいっている運転手」に姫トラのお姉ちゃんも惚れるものだ。

 

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »