最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 哲学最前線。未来へ。 | トップページ | 運輸の研究~宮島運輸の事例。 »

2020年2月26日 (水)

宮内庁~悪だくみの座。

宮内庁には、三笠宮系・伏見の宮系というふたつの「女の派閥」が存在する。
女の派閥は、この二つに分かれ、毎晩電話で、おばさんたちが「長話」をしているのだ。
その長話はもはや「悪だくみの座」であり、男たちをも圧倒する力を持っていた。
「悪だくみの座に加わらなかったその人」(詩篇1:1)とは、マザーファックをしなかった男という意味であり、「その人は何をしても栄える」とされている。
「悪だくみの座」で話し合われたことを、娘や息子に「エンターテイメント」として提供し、優秀な男を見て「ああ、つまらん」「人生こんなにつまらなかったかな」(お母さんはつまらない)という男女がいるのだ。
そもそも、プラトンは「理想の男」「神・男の完全性を語ると爽快感がある」ということを語った人物である。
しかし、三笠宮系・伏見の宮系の「悪だくみの座」は、ひとえに「貧しさ」からきているのだ。
「悪だくみの座」はたいてい、パートなどの「職場の同僚」との間で組まれている。
同じ「勉強」を共有していないと電話で二時間も三時間も話す「メリット」がない。
長電話で「神の心」を探求し、神の心をどのあたりに落ち着かせるかを話し合ったのは事実である。
マリオネットの涙 松田聖子

三笠宮系・伏見の宮系という二つのラインで「令和天皇」「神」の心が話し合われた。
しかし、それはあくまでも「デレ」(女から見た男の心)であり、令和天皇の「デディクト」とは常にズレが存在した。
「デディクト」には研究の裏付けがあったが、女たちは「デレ」の方が上であると考えていたようだ。
デレとデディクトのどちらが上か?
この認識の違いだけで「悪だくみの座に加わらなかったその人」は「何をしても栄える」とされている。

「神の心」と言っても、おカネや芸能界、恋愛論つまり立法・行政・司法にまで話は及んだ。
「令和天皇の心」は立法(おカネ)・芸能界(行政)・恋愛論(司法)が「ひとつ」でなければならなかったし、令和天皇が国家統治を行う上で、三笠宮系・伏見の宮系の二つの方向から出てくる「神の心」は、おばさんたちが「夫そっちのけで」絞り込んだ話であり、政治的エネルギーになった。
音楽作品(法律)と国を愛したものに主権がある。
西野カナ ダーリン

君主制にせよ共和制にせよ、常に「デレ」と「デディクト」という男女の関係を理解しなければならない。
デディクトに民の支持がないのが君主制であり、デディクトに民の支持があるのが共和制である。
君主制は農業を重視したものであり、共和制は財界を重視したものだ。
アジア地域においては、人間が気温をコントロールしているため、君主制が向いているとされている。
なぜ、貿易というものは必要なのだろうか?
金や銀が採掘される国においては、経済がダメージを受けやすい。
そこで、金や銀そのものを外国国家に「売る」必要がある。
このことから、貿易を守るために常備軍というものも必要になってくる。
さらに、金貨や銀貨に君主の刻印を押すことから、「君主の信用」を通貨に流し込むのだ。
ベトナム戦争以前は、アメリカ合衆国の女性たちは自らの「性の経験」に沈黙していた。
しかし、歌謡曲の誕生で、「金本位制はもはや維持できない」とされるようになっている。
君主や大統領が「そのような話についていけない」ことが想定されたからだ。
瀬能あづさ I miss you

円が、ドルやポンドに勝つというのも大変なことだ。
「理想の男」「神概念」を確立した人物としては、ダンテを挙げることができる。
ダンテの祖先で、十字軍遠征に行ったおじいちゃんがモデルだとされているが、大学で都会(アレキサンドリア)に出て、故郷に彼女を残していく男の物語だ。
都会で勉強し、故郷の彼女も元の姿ではいられない。
それでも、「男の勉強」と「女の勉強」が再び故郷で再開し、地元の地域振興に貢献するという趣旨の話である(神曲)。
「4つのカンツォーニ」が現在残されている。
青いスタスィオン 河合その子

ダンテの神曲は1312年の神聖ローマ帝国のアイデンティティとなっている。
1290年代にはサンタマリアのドミニコ修道会、サンタクルスのフランシスコ修道会が作られ、研究が進んだ。
現在の日本国でも「東京大学」などがそのような「都会の大学」の役割を果たしており、故郷に彼女を残してくる男の存在が指摘されている。
合格することそのものが男にとっては「9次元」とも呼ばれた。
カンツォーニにおいては、「男がどれほど勉強しても、女が故郷でからだを許してしまえば終わりである」という思想が歌われている。
高井麻巳子 約束

ダンテは、「馬車馬のように働く人間」を最初に描き、次に「星空」を描いた。最後に「哲学へのお誘い」を描いている。
東大法学部でいくら勉強しても「納得できない」ことがある。
バカにされることもあった。
そんな時に、星空を見て、哲学の道へと足を踏み入れる、それはもはや「国の限界を知り、アメリカ合衆国の門を叩く」という意味では国家社会主義と言われた。
日本国の学問で鬱を経験したのならば、英語の哲学書を読むのも楽しいだろう。
ダナ・ジェンティル(紀宮)は、このようなシステムの中から「お相手選び」というものを行っている。
ダナは「男の弱さを責める」存在であった。
「ローマのラストエンペラー」と呼ばれたフリードリッヒ二世は、まるで令和天皇が「日本のラストエンペラーである」と表現していいほど、「キリスト教を完成させた」存在であった。
日本国においては、それは神道であろう。
ダンテは、世界の最高峰の学者の「目や耳」から得たものを、自らのものとして消化していく力量を皇帝に求めた。
アメリカ合衆国の学問を完全に消化したのならば、令和天皇は「まるでアダムのよう」であった。
タイムマシーンができて「死の概念の混乱」が起きるまでは「光だけが帰る場所」だったのよ?
作詞:香淳皇后
酒井法子 リアル

なぜ、今、「企業の社会的責任」(CSR)を問題にするのだろうか?
それは「失恋ソングが売れなくなった」からである。
「女たちの失恋と痛みを共にするつもりはない」
そのような消費者の声が、企業の社会的責任を問題にするようになった。
芸能界で失恋ソングがセールスを伸ばしているうちはまだ、資金の循環も力を維持し続けたが、それがなくなれば「企業」のありかたを問わざるを得ない。
「男らしさ」「白組の勝利」は確かに円高の効果はもたらす。
しかし、気温が下がる。
気象コントロールという神道の立場からは、「暖かい冬」を提供するために円安にしなければならないこともある。
ヒットソングが自由に生み出せる状況にはない、という現在においては、神道はかなり古典に回帰しながら存続していくしかないだろう。
complex

なんだかんだ言って、三笠宮系・伏見の宮系のおばちゃんたちは「円」を守るために「機能した」のである。
むやみに争いごとをあおる王子たちを「ことごとく排除した」のだ。
「合法」「非合法」双方の側面を見ることが許されていたため、「非合法」の側面には特に批判的にみられていた。
マキャベリは、ダンテのあとを受けて、「非合法」に何ができるか?たしかに出世はできるとしながらも、「王子の器」を見られているとしている。
「男らしさとおカネ」がなければ意味がない、「悪い男も法(男)なり」しかし、おカネがなければ戦争ができない、とし、「王子の収監」すら見張るネットワークを持っていた。
国を守る、さらには「男たちの支持を得る」ことが王子には必要であるとし、「好ましい女性観」が案外みられているとしている。
暴力的に扱われた女は、時には「少年の友達」であり続けた。
王子に「アマテラス」を与えたのは1958年のレオ・シュトラウスであった。
マキャベリズムは、「少年」にJ-POPを教えることを意味したし、「男に暴力を振るわれた女たちの国」にすることをも意味した。
マンスフィールドは1996年に「日本のこのような危険な行為はやめろ」と言って、ほとんどの90年代アイドルを根絶やしにしてしまった。
フランス王国は「王子が聴く音楽をコントロールしてやろう」と考えた。
マンスフィールドが恐れた通り、平成天皇は生前退位したし、「令和の次」を見据えることができるほどの音楽作品はもはやない。
「王子とアマテラスのベッドイン」はもうなくなるのだろうか?
マキャベリは常に「ハンニバル攻略法」を念頭に置いていたし、「明るい空気」を人々が歓迎することを理解していた。
「王子って誰?」
マキャベリならば「フローレンスのメディチ家の人間だ」と答えるだろう。
非合法的な行為に耐え、正確に自らの「女性観」を語る人物だ。
「千手観音」
観音とは「聖徳太子の化身」のことである。
「僕、そのことをすでに知っていたよ?」
これが平成の王子だった。
しかし、マンスフィールドは「平成の王子の崩壊」を予想していた。
「女を顧みないと真実を見失う」
令和天皇は「見失っていたよ」とにが笑いするしかなかった。
ribbon サイレントサマー

 

日銀、財務省宛てメール。 こんにちは。
神奈川県に住んでいる小野光太郎です。
日本国の「円」に関しては、宮内庁に三笠宮系・伏見宮系の二つの流派があり、お互いにおばちゃんたちが「女性ならでは」の神概念を二つ出してきます。
そこでは「非合法な行い」をするものが排除され、令和天皇を支えています。
そこで「君主の安定感を見て、失業率にだけ注意しながら円をいくらでも刷っていい」のが日本銀行さまでありまして、しかし、日経平均株価は「利上げ・失業率の増加・インフレ」を恐れて一方的には上がりません。
今回のように「いっそうの量的緩和」を行うと日経平均株価は失業率の増加やインフレを恐れて下がります。
日本国の富を示す日経平均株価が下がるという現象は「利上げ・失業率の増加・インフレ」の恐れがある限りどうしても起きてしまいます。
しかし、諸外国に「それでも円が欲しい」という需要を喚起する必要があり、円のニーズを維持していくのはやはり君主である令和天皇の役割であると考えられます。
日経平均株価は、「日本国の女性たちの魅力」をも意味し、それなりにコントロールは可能です。
医学に関する情報を流し、外食産業のセールスを伸ばすというコントロールの方法もあります。
株や為替の値動き、そして外食産業のセールスなどを私はこのように見ています。
以上。
田中有紀美 ねえダーリン

 

良い生活とは「勃起」とは関係なく訪れるものである。
ある意味すそれはストイシズムであり、時には「女性専用クリニック」(精神病院)に男でも入院して、気分がよくなるのを待つしかないこともある。
人生の満足度は、人間にはほとんど違いがないものだ。
それでも「天皇」と呼ばれる男はいる。
背景にあるのはストイシズムしかない。
いじめられた男が、女をいじめる(セックスする)、これがアリストテレスが想定していた倫理学である。
友人が得る利益は自分にとっても利益になる。
そのようにして、ストイシズムは自らの「派閥」をもたらす。
派閥の領袖にとっての「女性」は、いろいろと性的関係抜きに面倒を見てくれるが、派閥のメンバーはわりと自由奔放に振舞った。
令和天皇の言っていることは、アメリカ合衆国ではアリソン・クラウスの音楽から得られる満足度に似ている。
アリソン・クラウス

アリソン・クラウスに興味が持てないという男が、セックスという快楽を求めている。
勃起の前でのストイシズムと、「五回死にかけた」という本人の証言は違うものだ。
痛みと喜びは同時に訪れるものであり、本人の証言では何ら「証明」はなされない。
日本銀行や財務省が「調査」をして「衝撃」を受けるような人生が君主には存在する。
誰も、札束の風呂に女とともに浸からせようなどとは考えていない。
アリソン・クラウスだけの人生、それだけでも日本銀行や財務省は富を約束するのだ。
特に「統治者」には学ぶ責任というものもあり、そのストイシズムだけではなく、財務・金融に関する「見識」にも耳を傾けた。
男女の共存する社会において、アリソン・クラウスという偶像崇拝が入り交じり、ストイシズムとともに君主制というものが生まれたのだ。

さて、平清盛が、現在の東京大学のように、動物学(パンダ)・植物学(花のバイヤー)、鉱物学(宝石のバイヤー)などを作ったが、織田信長は税制改正大綱と政府の仕組みを作った。
一方、足利義満は、ドラマ「スカーレット」のような「没頭によるモノづくりの美学」を作り上げている。
その多くはイタリアの影響を受けたものと思われる。
歪んだ信楽焼に高値がつくようになったのも足利義満がいたからこそであった。
「いい仕事してますね」
これも足利義満を理解しなければ言えないことである。
しかし、「没頭」という作業に大勢の女性たちの声援がなければそもそも高値はつかない。
それはもはや「男性崇拝」であり、多くの女たちが関わった「仕事」であった。
室町時代の美学はそれで成り立っていたし、最後に「発見に関する教科書」を芸術家は書かなければならなかった(花伝書)。
花伝書にしたがって大量生産できるようになったとしても、骨董品は「男性崇拝と多くの女性たちの声援」を背景に高値で取引され、そのような品に囲まれた生活は健康的なものとなった。
スカーレット 第一週

いじめられ、社会に怒りを感じ、そのうえで粘土をこねた男はちんちんがデカかったし、あるいみ「男性器崇拝」ともいえるものが骨董品だ。
決して「現代的」なものではない、しかし、「メンタルな豊かさ」をもたらすものであろう。
「男性アイドル」が絵をかいたり、陶芸家になったりするのは普通のことなのだ。
プロテスタンティズムが、男性アイドルを生み出し、骨董品を生み出している。
私のへたくそな文章も、あるいみそのような「骨董品」なのかもしれない。

コロナウィルスに関する私の見解はすでに動画で説明した。
コロナウィスルに関する私の見解

 

私の「ワンマンルール」(一人の統治者による支配)へのリアクションは、それへの拒絶(=支持)とリベラリズムに区別される。
人々は共和主義においては「統治者の発言にリアクションをする」という発想を取り、リベラリズムはその統治者に対して「より人間らしい」リアクションを取る立場である。
いずれにせよ、統治者というものは「J-POPへの洞察力」から生み出されるものであり、統治者と性的関係を持ちたいと考える女(リベラル)は、コロナウィルスの噂にもマスクをしないで通り過ぎた。
イタリアルネッサンスにおいては、もはや「権力闘争において死人が出ない」世界となっており、権力者に近づいても「死とは無縁」となり、濃姫のように信長と結婚したいというリベラルな女を生み出した。
今の日本国においては、かなり共和主義的に「反天皇=天皇制支持」という動きがみられ、同調行動や「根も葉もない噂」(流言飛語)に満ち溢れている。
「天皇は心のライバル=反天皇=天皇制支持」は共和制と呼ばれ、財界への影響力を行使しやすい。
一方、「天皇への無関心」(君主制)は、農業を基盤にしやすい。
共和制というものは、議院内閣制とどのように共存するのか?君主が首相と喧嘩しないのかが問題となる。
しかし、安倍晋三も河村たかしも「天皇は心のライバル」という立場を取り、天皇制支持を表明している。
現在進行形で、令和天皇の「ワンマンルール」の街の風景を見させてもらったが、女性たちの価値を上げれば株価が上がると言っても、女性たちはマスクで顔を覆ってしまった。
まるで「彼氏が天皇を倒すことを願っている」ようでもあった。
しかし、コロナウィルスの正体が明らかになっていくにつれ、円は高くなっていくだろう。
「私の彼氏は天皇のライバル」これが共和制であり、民の支持のある君主制である。
天皇制には「君主制か共和制かの二つの選択肢しかない」とされる。
円をいくら刷っても外国国家が円に重大な関心を寄せる共和制ならば財界は大喜びだろう。
しかし、農業に回帰していくときもあるのだ。
今の日本に「天皇と直接関係を持とう」というリベラル層はいないのではないかというぐらい、「彼氏が天皇のライバル」という共和制が主流になっている。
なかには、「マスクが売れたから、トイレットペーパーがなくなるなんてありえない」と語るリベラルな有識者もいる。
「戦うリベラル」とは、天皇がどのような発言をしたにせよ常に正論を口にするもののことを言うのだろう。
いつか財界は、「なぜ日経平均株価が下落しても円が買われ続けるのか?」という問題に答えを出さなければならない。
その時に「ワンマンルール」の確立と、「天皇は心のライバル」(反天皇=天皇制支持)という問題が根がの問題となってくるだろう。
令和も二年生を迎えたが、日本国君主制は新たな段階に入ろうとしている。
アメリカ合衆国は「すべてはかつてのローマが見た風景」と位置付けているが、案外、現在の日本国の現状から回想しているようにも見える。「彼氏がジュリーのライバル」
ジュリーがライバル 石野真子

失業率の増加と権力者の腐敗(肉声が聞こえてこない)という二つが「暗殺」の原因となっている。
しかし、今や「失業率の増加の仕組み」も国民が学習している。
失業とは社会人にとっては重傷を負うことを意味する。
すべては「J-POPがやったこと」であるが、それでも、日本国は「ローマがかつて見た風景」を経験している。
「なぜ、円は買われ続けるのか?」
この問題の答えを財界や有識者が「答えなければならない」というのがコロナウィルス騒動を収束させる秘訣である。
我々はもはや「書物や動画」と接することができる「歴史段階」にあるのだ。
日本経済入門

私は中森明菜の禁区で「哲学とJ-POP」の関係に気がついた。
人々を感化する必要があったのだ。
女は彼氏と付き合っていくうちに「できない」という問題と直面し、「彼氏が子供に興味を持ってくれるかな?」「家庭に縛られるのかな?」という問いかけにぶち当たる。
夜明けまで考えることがある。
中森明菜 禁区

同様の議論はBoAも歌っている。
彼女からの「愛の言葉」も永遠のものではないため、メモにも残さないし、彼女もメールにはしていない。
「勉強から目を背けない方がいい」
このようなメッセージが必要だった。
平清盛にせよ、足利義満にせよ、織田信長にせよ、「勉強から自由ではない」と語る必要があるのだ。
「男の方が神に祝福されている」
このことも、明確にしなければならなかったため、きわめて巧みに表現した。
「若さをどのように乗り越えたのか?」
これも表現した。
BoA Is this love

まあ、植物学・鉱物学・動物学と言ったとしても、あるいは「モノづくり」と言ったとしても「織田信長の税制」がなければ花開くことはなかっただろう。
中世は織田信長が終わらせたのだ。

女は「パートナーがいても知恵や知識を生み出すために異なる男性の声を聞きたがっている」というキューリー夫人の見解を紹介した時は男たちに衝撃を与えた。
「一夫多妻制なんてありえない、破産につながる」ということを示したのだ。
中森明菜 デザイアー

男にも、「女と同様に眠れぬ夜がある」ということを示した。
1999年に、SPEEDがこの心理を表現し「女心は出尽くした」と言われている。
SPEED Deep Blue & Truth

眠れぬ男女は狂っているのではない。愛の渦中にいるのだ、ということを明らかにした。
「この信楽焼、歪んでるしガラクタやん」と言った少女も、いずれそのような世界を知ることになる。

円高をもたらす人物として、このように足利義満も挙げることができるが、基本的には「誰がリングの上で戦ったかではなく、どのようにその周囲でうまく立ちまわるか」が問われる。
常にその地位を脅かされている天皇制がなければ、そもそも「失業率を見ながら円をいくらでも刷っていい」ということにはならないし、「肉声のない王子」に君主になるチャンスが与えられることもない。
リングの周辺には多くの「予言」が満ち溢れ、勝敗はいつかは決しなければならない。
平成の時代には、ノストラダムスの大予言の時に私・小野光太郎が、そして「日本海の伝説」であった北朝鮮による拉致問題の時には安倍晋三がデビューしている。
天皇制批判はじっくりと時間をかけて行われる(スロースピーチ)。
しかし、リングの周辺で「野蛮な」動きをしたものは失脚を余儀なくされる。
あくまでも文明国の一員でなければならない。
のちのち「モデル小説」になる物語である以上、それは当然のことであろう。
「事件」が起きるたびに、君主が声明を発信し、周囲が「様々な予言」を行う。
それで、「女を買うおカネ」が手に入るのだから、周囲だってプロ意識をもって仕事をするだろう。
君主に存在感があってこその娘たちである(神と天使)とも呼ばれる。
多くの「予言者」が娘たちに近づいてくるのだ。
予言に成功したものはなにしろ大金を手にしている。
コロナウィルス騒動で、誰が「大金」を手にし、君主の娘に近づいてくるのだろうか?
それ以外にも、多くの「チャンス」が毎年毎年、メディアによって提起されるのだ。
「予言」というものもあくまでも学問にもとづいていなければならない。
天皇制は「宗教的側面」をもっており、「男らしさ」が常に問題とされる世界だからである。
あなたに天使が見える時 酒井法子

「自分で考えない、仲間を求める、お金目当て」の番組制作側が煽り行為をかましてきても、冷静に学問にしたがって判断していかなければならない。
政府高官となる条件は「世論の影響を受けにくい」というところにある。
世論とアカデミズムの情報ギャップを理解していくのが学問でもある。
「野蛮」というものは「宗教」とはもっとも縁遠いものだ。
モンターニュは「予言」を的中させて「残りの人生を旅をして過ごそう」と決めている。
君主に奉仕した経験から、のちの人生をそのように過ごすのも当然と考えたのだろう。
いずれにせよ「冷静な予言者」の存在も円高に貢献するものだ。

さて、円高の話をさせていただいたからには、中国の「法家」について触れなければならない。
「豊かな国に強い軍事力」を標榜したのが法家だからである。
法家は「信長にはどのようなお相手がふさわしいか?」というような研究をした連中である。
韓非子にせよ、司馬遷にせよ「処女と結婚しなければ歴史学が分からないだろう」と考えていたようだ。
のちに帰蝶と駒の「大喧嘩」「本能寺の変」につながる争いとなっている。
rebecca love passion

結局、信長のもとにはいろんな才能が集まってきたし、秀吉にせよ光秀にせよ「ジャンセニズム」(結婚するまで男は童貞・少年雑誌のモデル)を標榜していた。
しかし、処女の「ツーステップ」よりも、非処女の「スリーステップ」の方がフィギュアスケートも美しいだろう。
とにかく、濃姫の「舞い」は美しかった。
駒=御ツマキの主張は「富国強兵」と言われ、「偉大な政治家の妻は処女がいい」というものであった。
中国では「烈女伝だけを読んで育った女」と呼ばれた。
政治家としてのプロフェッショナルキャリアはそこからスタートした方がいい。
いずれ、正室のすべてが許せるような境地にはなるだろうが、スターティングポイントの定め方を間違えないことが大事だった。
当然、信長の前で「土岐頼純の話をしてはならないのはもはや形而上学」であったであろうが、それでも信長には富国強兵のために「欠けていたもの」があったのだ。
「あの女、頭おかしい」「病気だ」「知恵遅れだ」そのような女ほど貞淑な妻に化けるのだ。
「法」は当然「医」を含み、頭のおかしい病人女を治療して貞淑な妻に化けさせる学問でもあった。
知恵遅れの女は脳腫瘍があるため「熱いお風呂」に入れて治せばいい。
貧乳女も「男が愛せない」女が多いが、「胸に精子をぶっかける」と言えば案外従順に従ってくるものだ。
富国強兵とはこのような学問であった。
男が「精子が出ない」のならばどうしょうもないが、ちんちんを太陽にあてるしかない。
ヌーディストビーチは前立腺ガンの危険があるが、子孫が残せないよりはマシだろう。
東大法学部に入った「士」には当然処女が寄ってくる(当)。
東大女子をもてあそんだら「学内に居場所がなくなる」ため、サークルでは「東大女子お断り」という伝統があるものが多い。
東大法学部で適当に遊んでいるのならば(数)、いろんなことは分かるだろうが(説)、アイドルに興味ない、詩心のない男となり「王子」にはなれない。
信長は「士」でありエリートであったが、恋愛論に詳しく(説)、それは菊丸への理解力ではあったが、秀吉や光秀への寛大さにはつながっていない。
信長の信任の厚かった菊丸の正体は読者の皆さんの解釈に委ねたい。
濃姫を正室とした信長には「富国強兵は無理」という側面があった。
しかし、「モノづくり」をおこなう「スカーレット」にせよ、濃姫を正室とした信長の「麒麟がくる」にせよ、オンエアし続ける限り「円高」が続くであろうし、日銀がいくら円を刷っても諸外国は「円を欲しがる」のである。
信長はどのように「本能寺の変」という罠に落ちたのだろうか?
それは「士」ではあっても「博士」ではなかった、というところにある。
秦の始皇帝と自分をもし比べるのならば、当然、「中央銀行がいくら円を刷っても外国国家が円を買ってくれる」というパートナー選び(富国強兵)は議論しなければならない。
濃姫 舞い

形而上学(名前を出してはならない過去の男)がいる限り、歴史学者には向いていない。
外国国家と戦う上で、自国の歴史を語る力量は当然必要になる。
諸葛亮も王安石もそのような力量に恵まれている。
自国の歴史の詳細を詰めていくことを「国家主義」と呼び、戦争をするためには国家主義の立場に立たざるを得ない。
「日本国は海に浮いた泡」と和辻哲郎も西田幾多郎も考えていた。
「我々の国は歴史のない国」
大正時代まではそのような認識が哲学者に共有されていたのだ。
今回、私は「織田信長とは何者か?」を語らせていただき、一部には「フリー素材である」という意見もあったが、それもあくまでも東京オリンピックを見据えた「国家主義」に立脚したものである。
フランスルネッサンスは、デカルトと同時代に生まれたジーン・ボーディンによってもたらされた。
歴史学とカトリックがここで結びついたのだ。
ベッドで彼女に背を向けてエジプトの歴史について読んでいた「男」もいずれ、カトリックの意味が分かるようになり家庭に戻っていった。
「歴史家のキャリアのスタートはカトリックにある」
しかも、自民族の歴史を鮮やかに描く者は「博士」「司令塔」であった。
自らの国の歴史観を持たない指導者はいない。
私は大雑把に、平清盛(女性の鬱に担税力を見出した人物)、足利義満(モノづくりに意味を見出した人物)、織田信長(セックスに税金を課した人物)と語らせてもらったが、当然、「史観にもとづくもの」である。
しかし、「不利な資料は出てこない」ではないか?
なぜならば、歴史上の人物の力量を最大限に評価し、世界史に位置付けたからである。
「奢る平氏も久しからず」「応仁の乱」「本能寺の変」などがあったが、このような「歴史学者」は「当」(処女と結婚する)という基本を踏まえなければならず、カトリック連合会もそのような認識を持っている。
カトリック崇拝には、信長も「悪魔を追いかけるような怒り」を持っていた。
御ツマキ(処女・フェラ専)がなぜ「本能寺の変の遠因になった」のかはカトリックと深い関りがあるものと思われる。
円高~スカーレットと麒麟がくる

円高というものは「政府の人気」を示している。
内閣支持率を見る方法も当然あるだろうが、よりマーケットの「本音」を見るのならば、政府の人気は「円高」で見なければならない。
「国家統治に責任を負う者」が政官要覧に掲載されているが、彼(彼女)たちの人気を円高が示しているのだ。
今回私は、大河ドラマ「麒麟がくる」と、朝の連続テレビ小説「スカーレット」に「政府の人気」を連動させた。
円を、失業率を見ながら大量に刷って、日経平均株価は下落したが、それも失業率の増加を恐れてのことであり、政府の人気(円高)は全く動じることはない。
つまり、「政府は何でもできる」という状態が続いているのだ。
円が暴落したら国民は「変化」を覚悟しなければならない。
しかし、そのような時にも必要なのは「仲間」であり、なんら自分の環境は変わらないのだ。
政府の人気だけが変動し続ける。
人間は自分ひとりで生きているわけではない。
政府のおかげでディナーが楽しめる、このような時に円高になるのだ。
食前句を一番えらいおばあさんが述べ、みんなで「仲間」の交友関係を深める、このような時に「変化に強い」メンバーシップが生まれる。
円は高くなる時ばかりではない。
時には政府が人気を失い円安になることもある。
そんな時に、「円高の時に構築した仲間」が役に立つのだ。
小泉政権は「円安基調とアジア経済の発展」が景気を支えたが、円安となると「政府の人気はなかった」と表現してもいい。
これが新自由主義だったのだ。
各自が自分たちの「仲間」だけを頼りにしていた。
まるで人々は「祈り」を忘れたかのようでもあった。
権力の源は「政府の人気」「円高」にある。
トップダウンとボトムアップのぶつかり合いもどのようにトップダウンが押し切るかは円高を見なければならない。
円高になると、海外旅行が安くなる。
政府も「砂漠やジャングル」まで見渡すことができる。
円安になると「仲間の団結」は強まるため、円高だけが必ずしも好ましいわけではないが、円を自由に刷って、それでもなお「円に人気」があるのならばそれは悪いことではない。
ディナーで朝の連続テレビ小説「スカーレット」や、大河ドラマ「麒麟がくる」の話題ができるうちは、「政府・お上は何を考えているのか?」を仲間が共有することができ、円高になる。
しかし、「政府・お上が何を考えているかわからない」となると円安になり、仲間内だけのコミュニティーに身を委ねなければならない。

基本的に、私のブログは「有神論」の立場から書かれている。
エラスムスが「女性の悔い改め(失恋)」という夢がぶつかり合った隙間を利用して「文法さえあればあらゆる言語ができる」としたときに、ロレンソ・パーラが「司法試験」というものを考えたのだ。
ファン・ルイス・バイブは「ストイックに勉強してアイドル歌謡曲さえ聞いていれば人気のある男になれる」ということを提示し、「バイブル」と呼ばれるものは「自らの人気につながる読書である」とバイブは考えている。
もっとも、「六法全書がバイブル」という人もいるだろうが、ストイシズムと「J-POP」さえあれば「有神論」に立脚することができ、バイブルにせよ法律雑誌にせよ、楽しいと思えるのであれば、それは自分の人気につながるものだ。
「大乱世」の時にみんなが頼るのは「神」であり、それは天皇がいつも見ている「神」にみんながついてくる時がたまにあるということである。
医学部に行くと「無神論者」になりやすい。
法学部に行くと「有神論者」になりやすい。
そこで、私も、法学部の人間として有神論に立脚しながら、さまざまな言論活動を行っているわけである。
この愛がバイブル 三浦理恵子

 
イエスキリストは、父と子・聖霊という三位一体の第二格(ロゴス)として「神性を増していった」とされている。
神性を増した背景には、プラトンが描く「理想の男」があったし、のちの哲学者の議論の蓄積があった。
私が東大文一に合格した時に、二人の女が私をめぐって争っていた。
男たちはこれをどのように見ていたであろうか。
「英語ができる男」
これが私の将来性を示していたし、女二人の片方は深津絵里だった。
この同窓会の原体験が「男が仕事をする理由」であったし、「円高」の縮図である。
私が最終的に目指したのは「全米進出」であったし、深津絵里が美しければ美しいほど、私の読者は増えた。
深津絵里CM

「男のコになりたい」このような気持ちが「女二人」にはあったし、哲学という「人工的な芸術」(ファインアート)を学ぶ私に、実際に近づいてきてセックスするのならば「リベラルアーツ」であろうが、もはや年輪を重ね、私の中学時代の同窓会には職業だけが残された。
同様に、私の高校にも職業意識が芽生えていたであろう。
「女二人が奪い合った」
それを周囲の男たちが目の当たりにしていた。
それでもなお、私は「肉声」を発信し続けている。
そのようにして、当時の仲間たちは「仕事」を覚え、家族を養い、それでいて、美しかった日々を原体験として持っているのだ。
円高になる理由は、私の「全米進出」にあったし、「女二人が奪い合った」ことと、私が今でも肉声を発信し続けていることにある。
100%の雨が降る 酒井法子

「男一人に女二人」つまり「名目経済」に引っ張られるように、新築住宅着工件数は伸びる。
100%の雨が降るという作品が、アルバム「ホワイトガール」(酒井法子)に収録されたときに、同窓会一同の「原体験」が作られ、職業意識が芽生えた。
「日本国に東京大学がある限り、日本国は安泰だな」
周辺国は苦笑いするしかなかった。
東大法学部の「神」概念とはそのようなものであったし、私のように中年になっても文字を書くという才能に恵まれていれば、みんなが読んだし、円高になった。
つまり「政府に人気があった」のである。
ドイツの美学は、そのまま東京大学(東京帝国大学)に引き込まれ、「女二人が奪い合う男」を生み出した。
わざわざ「入るのが難しく、卒業するのは簡単」な大学を各都市に作ったのだ。
その時の名目経済の動向を政府は見ていた。
円高は、記憶に頼るものでもなく想像するものでもない。
「第六感」に頼ったものだ。
この「100%の雨が降る」という作品は、私の祖母・遊佐道子が仕掛けたものであるが、「詩の戦争」と呼ばれた。
周囲の「二人の女性」と言い、詩といい「実に鮮やかに」描かれているのだ。
これだけで「円の人気」は高まるのだ。
この「詩の戦争」は、周囲の男たちに「いじめが通じなかったか」という落胆をもたらすが、それは私の東大合格のみならず、令和天皇のご即位にも言えることである。
本来ならば、即位の礼と大嘗祭を控えた昨年のうちに「円は107円になる」という予測が立っていたが、私の腰痛が悪化し、周囲は「いじめが通じたのではないか?」という思いを持つに至り、円は安くなっている。
「いじめが通じなかったことを高らかに謳いあげる」
これが円高の秘訣でもある。
秋篠宮を天皇にしてブレーンとしてふるまいたい、そんな愚か者がいるのだとすると、円は安くなり、人々はかなり細分化された「仲間」同士でつるむしかなくなるだろう。
ゴールデンボンバー 令和

肉声のない君主に人気のない政府、これが円安につながるが、人々には孤立だけが待っている。
「潰し切ったと思った」
この時の食事が決しておいしくはなかったのが印象に残るだろう。
英語の論文を読んで、それを文章にしているのが令和天皇だ。
「外からは」潰しようがないので、家庭にまで入り込んで潰そうと考えた連中もいるが、決して国益につながる連中ではない。
「クラスメート」それは「抽象的」な存在であり、従姉妹ほど具体的な存在ではない。
抽象的なもののために身を粉にする経験談がなければ、国民に等しく富をもたらす「方法」が分からないのだ。
この国は身分制社会ではなく学歴社会だった。
渡辺満里奈 裸のクレヨン

ルネッサンスは、もはや王位継承で処刑のない時代、をもたらした。
しかし、このことに「キリスト教の危機」を感じる者たちもいた。
そこで、アグリッパのように、かなり人間の内面まで掘り下げて「王位継承」を行おうとみなされたものもいた。
人生のあちらこちらにある「頭痛の種」を持ち込んで、解決法をラテン語から翻訳させたのだ。
時代で言えば源頼朝といってもいいかもしれない。
源頼朝の政治手法は「芸術作品を用いて予言をする」というところにあり、平清盛のような税制(女性の鬱に担税力を見出す)というものを参考にしながらも、あくまでも「芸術作品による予言」を自らの権力基盤としていた。
自分の健康状態をよくするための予言もあったし(医学)、戦(現在で言うメジャースポーツ)の勝敗への予言もあった。
プラトンのように「理想の男」を描く詩人と、さらにはエルメス(美女)を用いたという点では、あくまでも源頼朝は古典派であり、現代詩のようなダイナミックさはない。
私の「史観・歴史観」は、「日本国こそが世界最先端の知識を有した国である」というところから作られており、不利な資料が出てこないのもこのあたりに理由がありそうだ。
源頼朝の時代には新約聖書はまだなかっただろうが、旧約聖書の「詩篇」(王の歌)を量産し、予言を行っていたのだろう。
詩篇(ゴスペル)を歌ったのは女性ボーカル(エルメス・美女)だと思われる。
好きになってもくれない おニャン子クラブ

私は2017年に横浜DeNAベイスターズを日本シリーズに導いており、翌年のサッカーワールドカップにおいては日本代表の決勝トーナメント進出を決めているが、すべて「源頼朝的手法」あるいは、ほんらい応神天皇を祀っている「八幡ネットワーク」的手法を学んだことを意味する。
コリント第一3:16「あなた自身が神の寺院なのです」
これは、世論の支持と共感さえあれば「戦」の勝敗を自在にコントロールできることを表現している。
私は2017年にすでにこのことを実践しており、しかし、なにも学ばない、己を知らない犬である弟が歯向かってきた(源義経・故人)。
ゴスペルを美女が歌うだけでなく、それによっていろんな「戦」の戦況を予言することまでをも女王陛下と共有しなければ、源頼朝の存在は「魔術師」(マジシャン)とは呼ばれることはなかったのである。
政治の世界に「ゴスペル(音楽作品)と予言」が入ってきたのは源頼朝以降である。
松田聖子 チェリーブラッサム

トマソ・カンパネラがイタリア南部に君臨したが、彼がいなくなった後に「シチリア女は危険なものよ?」と言われるようになっている。
令和天皇がいなくなったら「日本女は危険なもの」になるのであろうか?
カンパネラが常に肉声を発信し続けているうちは、為替も強かったし、政府に人気があった。
つまり、「政府は何でもできた」し「人々は仲間を作った」のである。
しかし、カンパネラがいなくなって為替が弱くなると、マフィアの抗争が起きた。
円安というのは暴対法上も最悪の状態であると言っていい。
円高の時は「正社員」だったのに、円安になると「暴力団員」と呼ばれるようになる。
円が高いか安いかは右翼か左翼かの違いもあり、円高の時に右翼だった連中が、円安になって居場所を失い、「暴力団員」「マフィア」となるのだ。
仕事もなんだかゴロツキみたいな仕事をやらされるようになる。
円安になると、外国人観光客が大勢やってきて「これはうちの国にはない。コンテナにしてでも持って帰りたい」と言って輸出が伸びるが、港湾を仕切るのはヤクザばかりだ。
円安になってヤクザが増え、日本人女が危険なものとなるよりも、内需拡大が小泉政権の国際約束だった。
内需拡大とは「立派な君主を育てる」という意味でもある。
「この製品は自分の国にはない」と考えるのは外国人旅行客であり、円安とアジア経済の発展が小泉政権を支えたが、ヤクザも増えた。
発砲事件などがあると困るのでブッシュは小泉に内需拡大を迫ったのだ。
ゴッドファーザー

君主がいないと「予言」がなされずに、国としてはつまらないものにもなりかねない。
宗教も弱くなるし、誰も太陽を拝もうとはしない。
宗教ビジネスも円高を歓迎しているのだ。
行き過ぎた規制緩和と、仲間内の殻に閉じこもること、そして正社員が「暴力団員」と呼ばれるようになること、そして港湾ヤクザが暗躍すること、これが竹中平蔵が行ったことだ。
アジアからの観光客を生命線とみなし、そのような国際社会の状況があるのならば有効性は見られるだろうが、「大陸を目指すしかない」というビジネス最前線がないのならば円高・内需拡大の方が好ましい。
日本人女が魅力を高めると、国内消費が高まり、円高になる。
君主の話も浸透する。
乱交パーティーは無神論による侵略である。
男も女も「セックス」を崇拝しなくなるのが一番困るわけであるし、それが円安につながる。
マキャベリズムにしたがって「J-POPをこよなく愛する王子」がほかの男たちの「ライバル」とならなければ無神論・円安・暴力への回帰だけが待っている。
トマソ・カンパネラも収監されたときに「音楽作品だけを聞いて論文を読む」ことから、自らの影響力を高めている。
ribbon virgin snow

女性ボーカルがゴスペルを歌うだけで天気が良くなる。
ちんちんを太陽にあてるだけで無精子症が治る。
人々が太陽を拝む国というのは「職業が保障されており」「暴力がない」「仲間が大勢いる」ことを意味する。
相手国の都合もあり、簡単に「円高」に誘導することは困難であるが、円高は「君主のスポーツ」であり「政府に人気を持たせる」「政府が何でもできる」状態を作り出す。
トマソ・カンパネラは「政治」(女心を語ること)「倫理」(いじめられ、彼女をいじめること)、「宗教」(男らしさを語り合う論壇)の分離を行っている。
政治や倫理を知らなくても宗教の世界は成り立ったし(メシア信仰)、一方で、宗教家でなくても政治(女心を語ること)はできた。
しかし、宗教という「男らしさ」を抜きに、男性社会は語れないものだ。
フェアプレーを望まぬ男が円高をもたらすなどとは誰も思っていない。
まずは「宗教家」となることだ。
そこからおのずと「いじめられる」ようになり(倫理)、彼女をいじめる(セックスする)ようになる。
その後に「政治」(女心を語る)の力量をつけていけばいいだけだからだ。
このようなシステムは「神の発明」であり、乱交パーティーを経験した医学部の人間にはない法学部の文化だった。
医学部の人間は「適当さ」を学ぶことになり、アメリカの医学書を読む能力はなかった。
マキャベリズム的ヒーローは、精神科医よりも「政治」(女心を語ること)に詳しかったし、法学部出身だった。
このシステムは「メシアの専制主義」とも呼ばれ、多くの論敵がいた。
カトリックの世界からは「歴史家が国には必要」であると主張され、プロテスタントの世界からは「女性ボーカルが政治家には必要」と主張された。
いずれにせよ、男の子がキャリアの最初を「宗教家」として始める以上、偏差値というものは問題になったのだ。
偏差値から逃げるのならば、スポーツをやればいいだろうが、学問体系は偏差値を基盤に作られている。
偏差値BOY

カンパネラの自信は「宗教家として生きたこと」と、倫理を経験したこと(いじめられ、彼女をいじめたことがあること)、そして政治(女心を語ること)を身に着けたことに由来する。
イタリア南部からカンパネラが消えた時(没した時)に、イタリア南部は秩序が乱れ、貧しく、イタリアの通貨を自由に受け取ることのできない地域となっている。
まあ、円高の背景には「男の自信」がなければならず、しかも、「多くの論敵にさらされる」必要があるということだろう。
徳川家康は、朝日姫にせよ築山殿にせよ、正室が結婚するまで処女だったため、「投降主義者」として歴史の総括をする立場にあった。
背景には当然、カトリックがあったのだ。
水戸学派のような歴史家たちはことごとく家康に倣って処女を嫁にしていた。
プロテスタントの立場から見ると、カトリックが「処女をセールスにするカルヴァン主義」に気がつくのは明らかであるとされ、カルヴァン主義の解釈論も試みられた。
しかし、いざ、カルヴァン主義の立場からアイドルグループを作ってみると、「男に興味が持てない」貧乳女たちばかりが集まってきた。
あるいは「神の短い女」(セックスできないからだの女)などがいた。
恋するフォーチュンクッキー AKB48

カルヴァン主義のアイドルと言えば、すくなくとも、自分を「男と対等」だと考えているし、とにかく「自分に女心があるのかすらわからない」という御ツマキのような存在であり、「恋」という感情を「胸の違和感」と受け止めやすい。
「カルヴァン主義の処女の世界はいじめで成り立っているの」
いじめられた女が「肉声」を残し、語り継がれる言葉となっていく。
しかし、テンダーハート(心の優しさ)が失われ、顔がむくんでいくのが自分でもわかった。
そのような人から先に「総選挙卒業」が宣言されていた。
カルヴァン主義の世界には「顔のむくみは優しさを失った人に起きる」ということを指摘してくれる医者や看護師が必要だった。
御ツマキは看護師としてそのようにして影響力を高めた。
「女房衆」と言っても、信長にとってはAKBグループや坂道シリーズと同じぐらい重要な資金源であり、御ツマキはその中のリーダーだった。
徳川家康は「なぜ男でも女でも、優しさを失うと顔がむくむのか?」というカルヴァン主義の総括を行った。
「顔さえむくまなければ現役続行していたのに」というAKBのメンバーは多い。
美しさが自慢で人気投票が上位に来た時に、顔がむくみ始める。
そんな時に、イライラして、眉間にしわを寄せているとますます顔がむくむ。
「富と階級が美しさで決まる」
そんなカルヴァン派に「顔のむくみ」という悪夢が襲い掛かったのだ。
徳川家康はそのことを総括している。
顔をむくませながら江戸時代を勉強するというのも奇妙な話であるが、徳川家康とはそのような人物であった。
明智光秀がもし天海ならば、天海=御ツマキルートからそのような報告書が上がってきただろう。
酒井法子 オールライト

「喧嘩と家事は江戸の花」
顔がむくまない男女がエリートだった。
「読み書きそろばん」をやると顔がむくむ、しかし、人生はそれからである。
識字率を上げ、父や母・兄弟と仲良く暮らしていくためには「顔がむくむのは致命傷」とみなされた。
「男女は対等」
そのように考える女は顔がむくんでいた。
愛し合いたければ対等である。
しかし、カルヴァン派の総選挙一位の女が仮に「卒業」しても、他のど庶民の男と対等でいられるであろうか?
対等でなければならない、しかし、むしろ自分が「劣化」していることを女は知るのだ。
そこで、カルヴァン主義はどん詰まりの状態に陥った。
マルクスが「対等なんて嘘だ。性欲の基本は支配と従属にある」と「革命騒動」を引き起こした時に、「結婚」という制度を考えたカント派は大混乱に陥っている。
「勉強する上で対等」だと考えるのならば、歴史上の人物も「女性に分かるように」(ワラント)政治を語っていたはずだ。
それを教えないで偏差値を出すのならば、メソジスト系(男女が同数共存する)の大学に多くの女子生徒が恩恵を受け続けるだろう。
山口県の護国神社と心愛教会の妥協点など見えるはずはないのだ(自衛官合祀事件)。
教育学の世界は、カルヴァン派の女とメソジスト系の女の対立には沈黙した。
ただし、「顔写真」の提出はもはや義務であった。

さて、私は本稿を「政府の人気を高めるため」「円高に誘導するため」「国民が仲間とディナーを楽しめるため」に書いている。
その上では「処女」にこだわらず「恋愛と結婚は違うスポーツ」という立場に触れなければならない。
アルゼンチンやメキシコ、チリでは「いい男だね。処刑するのはもったいない」というリベラルな女たちを確実に必要としたほど、大統領選挙は熾烈なものとなっていた。
日本国でも、レベッカを見ながら「民族の永遠」を確信した大人たちは大勢いたのだ。
レベッカ フレンズ

なぜなら、「ルネッサンスがまだ訪れていない」と考えられたからである。
左翼の方が「ヒューマニズム(人文主義)」に敏感だった。
王位継承で処刑のない世界を左翼は自らの権力闘争に見出していた。
アルベルディも、モラも、ラスタリアも「本当にキリスト教の意味が分かるまで」という留保付きでリベラルを受け入れたに過ぎない。
そもそも、リベラルという思想が1808年にナポレオンがスペイン・ポルトガル遠征をおこなったときにできた思想であり、自由民主党のリベラル思想にせよ「この国にナポレオンが来るぞ」と言っているに等しい。
あとは「神道」の成熟を冷静に待った。
英国の議院内閣制は「英国国教会」に自信をのぞかせたが、日本国の自由民主党は「神道」にさほど自信があったわけではない。
昭和の末期に急激な円高が起きたが、「次の天皇はルパン三世らしい、いや、アムロレイらしい」という憶測をもとに引き起こされたものであり、バブル経済はあっという間に崩壊している。
令和の時代には日本国の神社が「パワフルチャーチ」になるものと考えられている。
高橋由美子 おみくじ

ザヴィーニーが「世界の法律の多様性」を指摘したのであり、ポナパルティズムに立脚していた。
ケイヴァースは「アメリカ合衆国の正義が世界の正義」としている。
ハーバード大学やスタンフォード大学で学ぶのならば当然、ケイヴァースの立場に理解を示していることを意味する。
それでも「リベラル先行、ポナパルティズム先行、そしてアメリカ合衆国へ」という道を歩まなければならないのが世界の宗教家であった。
アメリカ合衆国はもはや「大統領選挙」など慣れたもので、「四年に一度ポナパルトがくる」と言っては、そもそもリベラル国家なのである。
しかし、日本の君主制が「どれほどリベラル層に命を救われてきたのか?」を忘れてはならない。
南米の「ラテンの乗り」が知られているが、「ポナパルト待望論」が背景にはあり、アメリカ合衆国へのアクセスは死活問題である。
アメリカ合衆国のどの高校にも「ヒスパニック専門のクラス」が設けられている。
むしろ、カトリックの側が「ポナパルトなんていらない」と考えていた節がある。
ナポレオンは神聖ローマ帝国を滅ぼしたが、自分を必要としている地を求めていた。
神聖ローマ帝国を滅ぼしたナポレオンは、ヴェネズエラでもニューグラナダ(現在のコロンビア)でもチリでも英雄だった。
「オックスフォードかい?知っていたらバカな真似はしなかったぜ」
また、ポナパルティズムが最終的に目指すのは、国の「カトリック化」であるとも言われ、四年に一度、大統領選挙がなければアメリカ合衆国たりともカトリック化すると言われる。
また、バイデンのような「中道」の立場の人は「官僚に多くの業績を譲ってきた歴史がある」ことから初めて名乗れる立場であり、誰もが中道の立場に立てるわけではない。
ヴェネズエラのヴァリネラのような「ポナパルト待望論」に立脚するものは常にリベラル(性に奔放)だった。
主君に「織田信長公」などと書いてさえいれば、自分は常に自由でいられたからだろう。
「義理の兄弟ならば結婚できるだろう」(漫画みゆき)と言っても意味のない理由は「カトリックマイトレーヤ」にある。
義理の父親が怖すぎて、女兄弟の部屋を勝手に開けてはならないというルールのことをカトリックマイトレーヤという。
人口五万人の島だったイギリスが発展した秘密はカトリックマイトレーヤの存在にあった。
トマス・モアの「ユートピア」とは「女部屋」のことを言った。
女部屋にはウンガロなどもあったし、男兄弟は家庭の中に「政治カン」を養う土壌が出来上がった。
英語を学ぶということはカトリックマイトレーヤを学ぶということでもあったし、高校時代にアメリカに留学した私がこれを身に着けたのならば、弟もそれを当然のように受け入れていた。
男兄弟の部屋にはJ-POPが流れ、女兄妹はそれを笑ってみていた。
世界中の微笑みを集めてもかなわない Melody

ピコデラミランドラは「女心」を従姉妹のジオフランセスコから学んだ。
英国という「ユートピアアイランド」で、弁護士になりたければ勝手になればいい。
男部屋で流れるJ-POPが、いずれいい金融になるだろう。
エラスムスは「英語」を作るときに「カトリックマイトレーヤ」だけは死守したし、それはトマス・モアの力によるものだ。
UKビルボードもこの文化を煽った。
シェークスピアの「リチャード三世」の「計画」も、カトリックマイトレーヤを構築し、音楽作品のセールスを伸ばすことにあったとされる。
「男らしい」(宗教)、「女心に詳しい」(政治)そして、いじめられ、彼女をいじめる(倫理)の三つが英国王室で完成した。
英国王室の紋章にある「飼いならされたライオン」は、世界のオックスフォードへの留学生を示していた。
カトリックマイトレーヤは本来、新約聖書に書かれていたものであるが、アメリカに留学すると、隣の部屋にホストファミリーが女の子を招いたりして、おのずと「学習」させられた。
そのあたりは「大人たちの見識」に頼る部分が大きく、J-POPのセールスにもかかわるものだった。
少子化で「女兄妹がいない」「従姉妹がいない」となると、もはや「J-POPが売れる理由がない」と考えられている。
J-POPは「壁にとまったハエ」とも呼ばれているのだ。
トマス・モアも、トマソ・カンパネラと同様に「政治犯収容所」に入れられているが、カトリックマイトレーヤを作り、音楽作品を売りまっ食った人物が政治犯収容所に入れられているというのは興味深い。
「ロンドン塔」とは、そのような沿革を持ち、著名な人物が収監されていた。
王位継承で処刑はもはやない、しかし、政治犯収容所だけは依然として必要とされたのだ。 とにかく「女部屋」を表現したかったのだ。 Melody 少し自惚れて

 

 

 

« 哲学最前線。未来へ。 | トップページ | 運輸の研究~宮島運輸の事例。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 哲学最前線。未来へ。 | トップページ | 運輸の研究~宮島運輸の事例。 »