最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« コロナウィルス(新型肺炎)について。 | トップページ | 宮内庁~悪だくみの座。 »

2020年2月21日 (金)

哲学最前線。未来へ。

実際に、「日本史」というものは1950年ごろから中国のコンピューターによって作られ、1980年にジョン・シールによって完成されている。
日中戦争で「なす術もなかった」中国が、日本の本土に2発原子爆弾が落ちるのが見えたのだ。
日本軍の中国侵略には中国は「なす術がなかった」し、原子爆弾に救われたに過ぎない。
このことから、「今後は中国とチェスを指すのならば日本史を語ってくれ」というチェス盤が中国によって作られた。
ジョン・シールは、レインマンや、いまを生きる、イングリッシュペイシェントなどの映画作品を1980年代以降にヒットさせている。 すべて「チャイナマネー」によるものだった。
第二次世界大戦での、中国は「日本国からの侵略にはなんら勝敗はついていない」と考え、「日本史を語る」というチェス盤を用意したのだ。私も、1982年に「大化の改新」などと塾で教わったが、それもジョン・シールによって1980年に完成された「チェス」を教わったに過ぎない。
もちろん、語って欲しいのは「戦」だけではなく、唯物史観にもとづく「女性ヒロイン」の存在と役割、さらには「政治手法」など、掘り下げれば奥の深い世界だった。
かつて、安倍晋三と加藤紘一が「日中戦争の総括は必要か?」という議論を行い、安倍晋三は「総括は必要ない」としたが、その答えは「日本史を語るというチェスがすでに整ってきた」ことが背景にある。
中国は「洋と漢のどちらに影響を受けたか?」という日本の政界の問題に、「洋に影響されれば漢を顧みなければならない」とし、日本国の首脳に「アメリカ合衆国だけでなく中国も拝ませる」(四方拝)という政策をとった。
信長の野望や戦国無双などを流行させ、「チェスの観客者」を大量に生み出し、あとは「政治家とのチェス」を待った。
NHKも、「その時」を待ったのだ。
私は今回、「チェス」を指させていただいたが、すべて、ジョン・シールの想定していた範囲内で行われたに過ぎない。
「日中戦争に総括など必要ない」「まだ、続いている」という現状があるのだ。
信長の野望にせよ戦国無双にせよ「コンピューターで計算した」という側面が強く、さらには時代劇・戦国もののドラマが「チェスのオーディエンス」を増やした。
「人間を知ること、家族を知ること、政治を知ること、宗教を知ること」などの複雑さを持ち込んだのはあるいは私かも知れない。
「二度と帝国が築かれないように」
これが「日本史」の正体だった。
rebecca Queen of venus

足軽はゾンビーのようにあっさり死に、デカルトに詳しい、国家統治に詳しいものだけが生き残った。
信長の野望や戦国無双を楽しむゲーマーは、「デカルトが分かった気分」を楽しんだのだ。
現在、中国の「日本派」は権力から遠ざけられている状態であるが、「チェスを通じて国家統治をご教授願いたい」という中国側の意向があり、日本派の復権が待たれる。
ジョン・シールはあんがい直観に頼る形で、日本史を作り上げたが、ゾンビーとそうでないものは明確に区別したし、「いまだ終わらぬ日中戦争」の続きを、実在する日本の地政学を通じて、展開した。
「もし、日本国が本土決戦をやっていたら何が起きたのか?」
このような視点は常に重要であり、中国の三国志にも同じことが言えるであろう。
上司が部下に暴力を働くことから「勃たなくなる」ことはすでに指摘したが、そのようなものに起因するものは「乱」と呼ばれ(死海文書・孟子)、女二人が争ったことから起きたことを「変」「事変」と呼んだ。
群青日和 東京事変

ゾンビーは「いじめをやるとこうなるんだ」「ただ生きているだけだとこうなるんだ」ということを人々の直観に植え付けた。
信長の野望や戦国無双のような「コンピューター」を人間の脳に叩き込む必要があったのだ。
そして、アップル社のシリが「言葉を話す」のを待った。
1984年にはコールとフォエルバーの二名が「いじめはしかしどうしょうもねえな」と考え始め、ジョン・シールの企画に乗った。
「俺史観」に、二次著作権目当てのゲーオタが集まってきた。
コンピューターの世界は現在、5Gを踏まえ、「中国人かそれ以外か?」しか興味がない。
「ゲームはいくらでも作るから、意味を語ってくれよ」
中国の考えはこのようなものであったし、「敦煌」への信仰心のようなものが日本史・中国史の議論に紛れ込んだ。
柳条湖事件のあと、日本政府は「中国人の仕業」と言って石原莞爾は「アメリカこそが真理を握っている」とし(世界最終戦論)、女二人の奪い合いになったことから、もはや男女入り乱れての「アメリカンドリーム合戦」は不拡大方針を黙殺してしまった。
Jokeにもならない恋 三浦理恵子

のちに南部仏印進駐をした時に、アメリカのハーバード・スタンフォード、つまりドミニコ修道会、フランシスコ修道会は、まるで現在の核実験と同格に扱うように、日本国に情報を遮断し、満州国は悲鳴を上げている。
上海事変の時に、昭和天皇は「イギリス銀貨の問題」つまり、オックスフォードの方が東京帝国大学よりも人気がある、という報告を受けている。
その、落胆は想像に難くない。
上海倶楽部 松田聖子

「お前らなんでそんなに強くなったの?」
アジア初の近代帝国である日本国に、中国は「明治維新か戦国時代」以外に興味がなかったのである。
戦国時代は「チェスを指すため」、明治維新は「教えてもらうため」にあった。
1990年代に、ジョン・シールは「美濃」をやたらと強い国に仕立て上げた。
背景には、ヒラリー・クリントンがいたとされている。
髪が短くて、やたらと優秀な女の「謎」を持ち込んだのだ。
答えは「フェラ専」であることにあったが、貧しく髪は長いものの「駒」のことを指しているようだ。
「ちんぽちんぽ」「カチカチ」というと男は興奮するものよ?
ヒラリーはのちに語っている。
このことは「しゃぶった程度じゃ女は鳥のように自由」とされ、「キウィラブ」と呼ばれた。
Kiwi Love SPEED

これが噂に聞く「ペニスエンビー」か、それだけで男は興奮したのだ。
もはや、その「女の習性」はヴァーチャルでは作れないものだった。
本来、信長の野望にせよ、戦国無双にせよ、シミュレーションから始まったものであるが、コンピューターは天気の予報に役立つのみならず、作曲にも用いられ、詩はすでにアメリカで完成していた。
この詩の「意味」をキュレーター(評論家)として明確にし、女たちに話すことが必要になってくる。
牧にせよ、駒にせよ、患者からはそのような話ばかり聞かされていたし、帰蝶は「黒革の手帖」という指導者レベルの話を持っていたのだ。
日本のJ-POPから学ぶことは多い、中国の率直な感想だった。
女の子は、思春期になると「ちんちんがない」ことから鬱になり、気がついたら料理や美の探求、フィットネスなどを行い、「クルリ振り向けば」素敵な人が立っているものだ。
さよなら失恋ピエロくん

司法試験の答案に「私」」ではなく「筆者は」と書く強者もいるそうだ。
「教授よりも恋に詳しい」
そのようなことから「版権」というものは生まれ、その秘密は、目的を持っていても決して殺伐とせず、「女の子に対して優しかった」ということが「恋のパズルを解く方法」であることを理解しないと、なかなか自分の文章に「版権」は生まれない。
「優しくすればモテるのに」「女の子がセックスを嫌がっていると思わなければ簡単に解けるパズルなのに」
このような「純粋主観説」(完全に女心に立脚した立場)を知らないで教授も教えていた。
「主観」とは「女心」という意味であり、「客観」とは「男の心」という意味である。
男に必要なのは「純粋主観説」を理解することであり、それはそのまま「金融」と呼ばれた。
私は知恵の輪

セックスしすぎると、彼女がノイローゼになり、男に暴力をふるうことがある。
「彼女とうまくいっていない噂」
それほど男は絶倫なのだろうか?
一度だけ遊ばせて?
月に吠える

すべて「社会契約」なのだ。
恋愛に疎い君主ならば、日本国政府と社会契約を結ぼうという国民はいない。
ましてや、平成の時代には国連平和維持軍が作れなかったではないか?
「金融」を知っている者はブルジョアと言われている。
日本国の「社会契約」の強度はそれでも強かったし、その背景には芸能界があった。
暴動の起きない国としての日本国は芸能界が作り上げていたものであるし、中国や、ときにはアメリカが参考にした。
「恋に詳しい先生」への忠誠心が背景にあるし、聖徳太子が「2000年安泰」と呼ばれる教育制度を作ったことも背景にある。
teacher teacher AKB48

スタンフォード大学のような「カリフォルニアカルト」は、邪魔者は海に沈めることができる、とし、アカデミズムからこぼれた者たちを簡単に「消す」ことができることを指摘している。
邪魔者がいない男などいない。
そのため、スタンフォード大学の「ノイズのない空間」で高度な学問が発達した。
石原莞爾は「世界最終戦論」でこのことに気がついていた。
「カリフォルニアを獲れ」というが、あの地域は非常に難しい。
恋愛論でこぼれ落ちた者は、涙=塩水を欲しがって海に沈んでいたからだ。
「祈り」「看護師に話す恋バナ」が、邪魔者を消していた。
普天間かおり 祈り

「息子を海に沈めないでください」
退屈な「保護者会」でも出席しなければならなかったし、賄賂が横行した。
カリフォルニアの「ポップサイコロジー」(ポップな心理学)にはそれだけの力があった。
「妖精」たちが患者が話す「恋の話」を評価し、邪魔者を消していたのだ。
「滅ぼす」「討つ」の意味もポップサイコロジーを抜きには語れない。
妖精物語 三浦理恵子

怖いのは「どっちらけ」感であり、盛り上がったまま、看護師が席を立つ分には何ら問題はなかった。
「祈り」「病気を治したい」「医者の優先順位を上げたい」ために発達した「看護師の歓心を買う恋バナ」であったが、カリフォルニアでは、そのまま「邪魔者」が海に沈められるという意味を持ち、世界に配信されている。
ポップサイコロジーを看護師に語って、邪魔者を海の砂に書いて消すのが、現在の「哲学最前線」にある。
そもそも、「ブルジョア」というものが、女性の胸や尻などの「原罪」に由来するものであり、当たり前のようにいたわけではない。
看護師に「ポップサイコロジー」を語っては、自分の命の優先順位を上げてきた歴史がある。
砂に消えた涙

消えていった者たちを「物自体」と呼ぶことも可能である。
男が卑怯な手を使って勝つ、臆病風にさらされて反則を使って勝つ、そのような男は、人々に「健康的な生き方」を見失わせ、辰吉丈一郎がポーリー・アヤラに、負傷判定で勝っても、試合の発信力は極めて弱い。
女は、男の「体」を見ているが、男はあんがい「結果」しか見ていない。
「なんで止めんの?」しか覚えていないのだ。
辰吉丈一郎対ポーリー・アヤラ(6ラウンド負傷判定・長い)

「男が勇敢な形で負ける」これを見に来ている人が多い。
「神を信じる」それは病気を治すことにつながるが、たちまち酸素ボンベをさせられ、周囲は命の安全をアピールした。
酸素ボンベすら「試合の発信力」を高めるのに用いられるのだ。
深刻な出来事は深刻に扱う、これが「勇敢な男」への周囲の贈り物である。
フレイタス対アレクサンドロフ(1ラウンド)

まあ、「駒」=御ツマキにせよ、「恋の話ができない人はそもそも世界戦のリングに上げない」という発想は当然持っていたであろう。

リングに上がる前に「海に消えていった」男たちが多い。
しかし、あくまでも「宗教」である以上、「負けるのは禁じ手」とされているのが資本主義社会であり、場合によっては「次がない」人もいる。
「上達」が見込めない、これ以上続けても「発信力がない」のならば、試合は組まれないのだ。
看護師とよく話した方がいい。

 

Dd5e7ecdc3d04d30b20b58ac019ef790

 

なぜ、高橋愛は「頬に手を当てている」のであろうか?
普通の医者ならば「分からん」で済むだろうが、医学書を調べると「病気で口が乾き、翌日にはマスターベーションする」と書いてある。
どんな異性であれ、「一晩眠れば理想の存在に化ける」という指摘は可能だ。
では、「痩せた頬を鏡で見つけた」とは「新しい恋が始まった」という意味であろうことも容易に想像がつく。
ribbon Be my diamond

さて、医者にかかるのにはカネがかかる。
カネとは「金額が数えられ、女が買え、すべての女に通用する」ものである。
つまり、「女を譲ってまで自分の健康相談をしている」のである。
ここで、「分からん」「分からない」が問題となる。
当然、深刻な悩みを抱えた人は、医者の「分からん」「分からない」には激怒する。
さらには、「イライラしますか?」と言われて精神安定剤のカネを取られたら縁を切るしかない。
学習塾でも「分かりません」という子供たちからはおカネを取らなければならない。
しかし、医者の場合はそうではない。
「チークなんて十年早いわ」「彼氏との人生に迷いがないと足取りがさえる」
ダンシングカフェ

医者の「分からない」は、精神安定剤を含めて「女の二重取り」をやることになりかねない。
つまり、「その場で医学書を見る」習慣のない医者ならば縁を切った方がいい。
「女の二重取り」をしないように、日本の医者は「適当な答え」を返してきている。
医者と患者のような「非対称的」な世界に「分からない」など存在しない。
たまに「治る」ことがあるだけである。
人間は、目の前に他人がいれば興奮するものである。
ハッピーならば頬に手を当てる時もある。
マスターベーションのネタを「利益」と呼ぶ以上、そのような時は「おカネを取っていい」ことになる。
二人の男に二人の女が関与したら、人間はハッピーである。
複雑にイメージが固まり、翌日にはなんだかムラムラしてくるものだ。

医者の「分からない」「イライラしますか?」は、二重の否定と呼ばれ、ソクラテスの時代から「禁じ手」とされてきた。
つまり、日本の医者は、あんがい「デタラメ」な診断を行い、デタラメな薬の処方をしている。
患者が「医者と看護師」の前に、頬に手を当てることがあるだろうか?
常に、「女を二重取りされるのではないか?」と考えてブルっている。
「医学書を見ながら診断しているから不安になった?」
そんなことはない。
優秀な医者である。
「大好きすぎちゃいやですか?」
高橋愛 まじですか

マイナンバーというものがあるだろう。
税理士などが好んで収集するものだ。
「101回以上セックスした女」が「配偶者」として記録に残っている。
いろんな混乱は予想されるが、だいたいこのような情報しかコンピューターからはわからない。
ましてや、恋愛論の「解釈の力量」が想定されていない司法書士や税理士には「略奪愛?」などという間の抜けた質問しか返ってこない。
「2回や3回」あるいは「50回」のセックスなどは記録には残らないが、司法書士や税理士にそのようなことが分かるはずがない。
マイナンバーなど恐るるに足らず、という豪胆さが必要である。
コンピューターが、半導体を「脳の神経の仕組み」に似せて作られているのは事実である。
しかし、「イコール」しか想定しておらず、「片思い」「虚数」までは想定していないのだ。
つまり、「どれほどモテる男であるか」もコンピューター処理したマイナンバーからは明らかにはならない。
気象予報にはコンピューターはもはや欠かせない。
コンピューターも、キリスト教や仏教ではなく「神道」の範疇に含まれつつある。
CoCo EQUALロマンス

まあ、「101回セックスしたパートナーがいない」男ならば、適当に遊んだ後に「勃たなくなった」という判断も可能であるが、中には創価学会や宮内庁からの「fMRI」を受けていて「満足に遊べない」男もいる。
fMRIの存在も念頭に置いた結果、それでも「最近の配偶者がいない」のならば「勃たないんだろう」という判断は可能だ。
住基ネットが国民にどのように受け入れられるかを、総務省は「情報伝達メカニズム」として注目していたが、「101回」というものは国民の方が詳しかったのだ。
そこで、地方自治体が「横並びで」住基ネットを受け入れることになっている。
女たちにとって、税理士や司法書士と関わると「こいつバカじゃない?」と思うことが多いのも「101回の問題」を理解していない税理士や司法書士が多いからである。
あとは「勃つ男はいまだに政治的強さを持っている」ということをいかに見抜くかである。
しかし、それはコンピューターよりも「実際に調査」してみなければ分からないのだ。
男に前妻がいて「略奪愛?」などと税理士や司法書士に言われたら「メルロ・ポンティも知らねえのかよ」と悪態をついておけばいい。
「101回の問題」を明らかにしたのがメルロ・ポンティだからである。
あくまでも民法上の問題であり、憲法(資金力)が何を言うかは別の問題である。

日本国には「お財布」が二つある。
財務省と日銀である。
財務省は、人々の「セックス」に税金を課すことにより、人々にあまり負担意識を持たせないようにしながら、各省庁に「幸せのおすそ分け」の役割を与えている。
一方、日銀は、「君主に安定感さえあれば、失業率を見ながら円をいくらでも刷っていい」とされ、常に君主制と共に歩んでいる。
円をいくらでも刷ったらインフレになってしまうではないか?と思うだろうが、日経平均株価は「利上げ・失業率の増加・インフレ」の三つを恐れて、「一方的には上がらない」仕組みになっている。
日経平均株価は「その時代の女の魅力」を示しているという側面もあり、一方、医学談義などは外食産業の売り上げを支えている。
このようにして、私も日本経済のコントロールを行っているのだ。
「君主の安定感」
これは「fMRI」がなければ生まれないものであり、誰でも務まるというわけではない。
一方、「円高」というのは「日本人男の強さ」から生み出されるものである。
ブルームバーグに「あなたの奥さんにどうですか?」と言ってAKB48の歌をツイートすると、瞬間的には円高に振れるが、長い目で見ると円が安くなる(通貨安競争)。
アボガドじゃねーし

通貨安競争は「女」を売ればいいだけだから簡単であるが、円が「ドルやポンドに勝った」と言われるためには「男」が強くなければならない。

吐き気がするときは、睡眠が十分にとれていないことがある。
顔が赤ら顔になり、強心臓の人は、心臓発作を起こすことがあるので注意が必要だ。
いずれにせよ、恋をしたら「眠るときにも考える、スマートフォン・タブレット・テレビを寝室に持ち込む」ことから眠れなくなるのだ。
「考える、スマートフォン・タブレット・テレビ」眠るときはすべて禁止だ。
松田聖子 恋したら

デカルトは、男女の「セックス」に税金を課し、各省庁は「幸せのおすそ分け」を行ったが、一方、東京大学は「鉱物学や動物学に至るまで」幅広い予算の割り当てを行い、本来、人間には必要ないのではないかという学問分野にまで「幸せのおすそ分け」を行った。
「東京大学のおかげでパンダが見れる」
女性たちの「鬱」を癒す効果が見込まれたため、このあたりは「国の余裕を示した」と表現してもいい。
NHK ファミリーヒストリー パンダ(1時間以上ある動画です)

地層にせよ、鉱物にせよ、植物にせよ、動物にせよ、「おカネに余裕のあるタモリさん」のような人が好みそうな学問にまで東京大学の役割は及んだのだ。
東京大学はもちろん、明治時代に作られたものであるが、「幸せのおすそ分け」という発想を高等教育機関に見出したのは、日本では平清盛だと思われる。
つまり、日本の税制は、平清盛が「女性たちの鬱」というセックスの結果に着目したのに対し、織田信長は「セックスそのもの」に着目したことが指摘できる。
あるいは、思春期の女の子の「ちんちんがない」(去勢)にも鬱がともなうことから、平清盛の方が「より広く」担税力を見出しているが、「納税することに大して負担を感じない」のは信長の税制であったであろう。
「法学部と医学部は同格」と呼ばれるほど、学内におカネを持ってきてくれるのはこの二つの学部であったが、女性たちの鬱の救済という観点からは、夏目漱石の「三四郎」に描かれているような「意味の分からない研究」にも予算が割かれた。
「奢る平氏は久しからず」「本能寺の変」などは常に「税制」の問題であり続け、「国のお財布」に食い込むためには、このような「大所高所からの考え」を常に財務省や日銀と共有する必要がある。
鉱物学は「宝石」に化け、「金額が数えられ、女が買え、すべての女に通用する」のならば「おカネ」と同じ意味を持った。
植物の世界にも「花」には「宝石」と同じような意味を見出すことができる。
「いつもの花屋にも寄らず会いに行こう」
虹の少年 渡辺満里奈

「女が神に失望するのはレイプに遭った時と女嫌いの男に会った時だけ」
このことを巧みに理解したのが平清盛であり、織田信長であった。

駒は、今でいうケンジントンパレス(安土城)に住んでいた。
そこで、「神は気が弱い」という理論を打ち立てたのだ。
神が人類の頂点にあり、イエスキリストがその真ん中にあり、そして「人々は生まれる」(クリエイション)という仕組みの中で、「神は気が弱い」としたのだ。
赤いスイートピー

これは、「生まれた男たち」の勃起に神が一歩後退する様子を描いている。
女は、自分の裸を見て勃起した男の前に「神すら一歩後退している」としている。
「彼氏は気の弱い神のおかげでイエスキリストに近づける」のだ。
「財産を分かち合い、秘密を分かち合い、異性を分かち合う」人間、「美しさを持ち、気の強い、度胸のある」人間、結局、最後に「気の弱い神のような男」が財産や秘密や異性などのカギを握り、美しく啖呵のきれる女たちの割り振りを決めていた。
「種」はこの三種類であり、「生まれた人々」は財産、秘密、異性をめぐって団結したし、美しく気の強い女がその場を仕切ったが、「神」がキーパーソンとなった。
クリエイションは、人間、動物、植物、鉱物などに及んだが、花にせよ宝石にせよ「勃つ」ためにあったし、ペットは「気の弱い男に寄り添うため」にあった。
「駒」=御ツマキのつくった「世界観」は完璧だっただろうか?
ハートをロック 松田聖子

それで、織田信長が「神格化」できるのならば完璧だっただろう。
頂点には「財産、秘密、異性」に関する情報は上がってこなかったし、女たちも「啖呵」をきるほどの度胸はなかった。
織田信長の神格化を行ったのは「駒」=御ツマキであり、フェラ専でありながら、光秀の妹らしく聡明な部分があった。

人間が人を指差すとき、「政治的な左右の混乱が見られる」「のどが痛い、腹、みぞおちが痛い」などの理由が指摘できる。
「日本の元気はどうなりますか?」
高橋愛は右翼的立場からこのような仕草をしている。
高橋愛 まじですか

「駒」は右翼で、「帰蝶」は左翼だった。
もっとも、右翼・左翼という用語ができたのは第一次世界大戦後のサルトルによるものである。
信長は正室の濃姫からは左翼的発言を聞き、女房衆(側室)の御ツマキからは右翼的発言を聞いていた。
どちらも、かなりラディカルなアクティビズム(いきなり正論を押し付ける立場)に立脚する意見を述べている。
「ここにしか居場所がない」という意味では駒の方が信長への忠誠心は強かったかもしれない。
帰蝶は「見た目さえ良ければどこでも生きていける」と考えていた節がある。
信長は、光秀にせよ秀吉にせよ「駒」=御ツマキに近いジャンセニズムの立場に立つ男と見るたびに「おのれ貴様!」と指を差した。
信長と濃姫、御ツマキのトライアングルはここに出来上がったが、信長と秀吉、光秀のトライアングルは常に濃姫を敵に回していた。
秀吉も光秀も、ジャンセニズム(結婚するまで童貞)という少年雑誌のヒーローだったからだ。
信長の怒りっぽさはこのような「二つのトライアングル」から生まれている。
左翼の濃姫が「この日に限ってやるんだよな」というヒステリーを起こしたりしたのだ。
信長は、濃姫の影響を強く受け、「女は外に出ていくものだ」というリベラルな思想を持つようになっていた。
秀吉も光秀も、「ジャンセニズムに立脚しないとおカネを自由に発行できない」という信念があったし、信長がいなくなれば、秀吉も光秀も「やるかやられるか」という関係にあった。
「信長をめぐる二つのトライアングル」を明確にした方が、周囲も行動原理が計算しやすい、という側面があった。

信長は恋愛論に詳しい、そして私のわがままを聞いてくれる、これは帰蝶にせよ駒にせよ同じ考えであった。
「ちんぽ」だの「イエスキリストの肉体」だのというものは少女マンガには存在しない。
つまり、少女マンガには「男の過酷な修行」などまったく想定されていないのだ。
イエスキリストのような男を前にした女の子の鬱や、そのような男に「胸」を見せることを想像した自分、シチュエーションは夢が見せてくれる。
檸檬の年頃 

「倫理」というと「男同士のいじめ」を想定しているが、最終的には「女とのセックス」を結論としている。
男同士いじめあってちんちんをデカくし、女の子を「いじめる」つまり、いじめの研究が「倫理学」なのだ。
信長は「倫理学」の天才であったし、アレキサンダー大王の先生のアリストテレスの「ニコマコス倫理学」は当然理解していた。
女は「周囲の攻撃にさらされやすい」男性のパートナーとして、あるいは「母」として生きなければならない。
ここにも、財務省が「幸せのおすそ分け」をしなければならない。
立場の弱い「女」を政府が丸ごと抱え込むのは当然のように思われた。
どの政党が「立場の弱い女たち」を掌握するのかは問題であるが、少なくとも公明党は政府与党入りを決めている。
とにかく、創価学会員の女は「子育て論」にうるさい。
なにしろ、それを語ることによって「おしゃれな服装」ができるようになるからである。
人間社会には「いじめ」がある。
これを「子育て倫理」「エロティック倫理」の二つの方向のおカネから、自分の子供を有利な方向に導く必要がある。
毎日の「家事の反復」だけでは、なかなか子供が一流大学に合格することはなく、「頼るべき異性」が存在しなければならない。
織田信長は、「男女のまぐわい」に税金を課し、それを各省庁が「幸せのおすそ分け」をするという方向に導いたが、「立場の弱い女たち」さらには「鉱物学・植物学」などにまで予算をいきわたらせた(楽市楽座)。
「あそこのご主人、退屈すぎて奥さんいじめて」
これを「セックス」と考えないのならば、倫理学の結論である「エロティック倫理」が分からないことになる。
公明党は大阪選挙区から始まった。
子育てにおける「恐怖を知らないファイター」と関西のおばちゃんは呼ばれた。
国にあまえることを覚えるのが早かったのだ。
石田三成の伝統が関西を「公明党発祥の地」としていたものと思われる。
モーニング娘。ふるさと

「駒」=御ツマキのジャンセニズム、処女概念をビジネスに使おうという右翼的発想には、明智光秀=天海が徳川家康に教えたが、関西のおばちゃんたちはそれを冷ややかに見ていた。
関西のおばちゃんが少年雑誌を読むほど滑稽なものはない。
「国にあまえるのがうまいおばちゃんたち」
そもそも彼女たちは、妊娠した時にそのような学習をしたものと思われる。
さらに「うちの子をいじめないで」という活動も活発に行い、子供は一流大学に合格している。
さらには、いろんな芸能人が「奥様方のアイドル」になりたがったし、日本国においては、それは韓流ドラマの俳優や中国のアスリートにまでそれは及んだ。
「セックスされる対象としての女を救え」
このことが、日本国に豊かさをもたらすことも分かった。
しかし、「イデオロギー」(性欲の起源)の探求をしていた共産党は、「男らしい男」「女らしい女」という枠を超えて、物象化論という「ヘンタイ」の可能性を探求し始めていたため、公明党と共産党は相いれない関係に立つこととなった。
「女心に関する議論は1999年に出尽くした」「それでは面白くねえな」と考える男たちもいたが、なかなかその理論(物象化論)は高値で取引されることはなかった。

« コロナウィルス(新型肺炎)について。 | トップページ | 宮内庁~悪だくみの座。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナウィルス(新型肺炎)について。 | トップページ | 宮内庁~悪だくみの座。 »