最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 新カント派が街にやってきた。 | トップページ | コロナウィルス(新型肺炎)について。 »

2020年2月 1日 (土)

大河ドラマ~麒麟がくる、と私の歴史観。

比叡山延暦寺というものが、延喜式によって朝廷から排除された後に、「日枝神社」(ヒエとは比叡山からくる)を通じて、神道形式で「朝廷へのライセンス」を出し続けたことも理解しなければならない。
日枝神社というのは神社の中でも特権的地位を有し、本来、鳥居のクロスバーの「三角形」のようなものも、日枝神社以外用いてはならなかったのだ。
高野山とは異なり、比叡山延暦寺は「権力と結びつかなければ存続できない」つまらない宗教だということも知る必要がある。
当時の「民の信仰心」は、「教団が台風を撃退してくれる」という根強い問題があった。
水墨画や、今でいうホラー映画、あるいは「国会答弁を列挙したような儒学」が人々に伝えると気温が下がることから、台風が撃退できたのだ。
今でいう「既存の宗教団体」とは、江戸時代の貝原益軒以前の宗教団体を言い、臨済宗などは「美女を瞑想して禅を組むと美男美女が生まれる」として支持を集めたが、儒学は「台風が撃退できる」という根強い支持を集めている。
臨済宗が北朝の立場で、美男美女が多い方がいいという理にかなったものであったが、台風が撃退できるという儒学は南朝の立場で、「有事に強い」つまり、明治天皇も南朝正統説の立場に立っている。
なお、ゴダイゴのガンダーラが西遊記で使われたが、中国の古典によると、西遊記というのは「清朝の日本国攻略法」に関する文献である。
外国国家攻略において、「自民族の歴史をさかのぼる」というのは基本でもある。
ゴダイゴ ガンダーラ

織田信長の研究で、「安土城は孔子に頭を垂れるように作られている」というのが気になった。
儒学は、「お父さんが羊を盗んだ」(父が娘にお風呂でエッチなことをした)ことから生まれた男兄弟「舜」の人生を救済を探求する学問なのだ。
父が羊を盗むのは中国では死罪を意味した。
しかし、息子はこのことをもみ消したのだ。
「父は子のために隠し、子は父のために隠す」
孔子は息子を無罪としている。
しかし、女兄弟は舜に「家で起きていること何にも知らない」といって「人生の宿題」を与える。
信長はお市の方に「人生の宿題」を与えられていたのだ。
つまり「女心の探求」である。
また、吉田神道が「岩戸神話」という思想を持っており、冬の太陽や日食を「元に戻す力を持つものは万物をつかさどる」としており、「アナオモシロや」ということをやれば沈みかけた国が元に戻ることは神道を背景にしている。
面白いことをやろう、これが神道なのだ。
信長は自分が「舜」であることには重く口を閉ざしている。
しかし、儒学の立場・南朝の立場に立っていることは「明らか」であろうと思われる。
これが足利家と相いれない思想であることも分かっている。
比叡山も「禅」を教義の一つとしている仏教である。
宇宙の下の大地という思想を核心部分とする天台宗が、信長の儒学とどのように相いれなかったのか、などは一考の余地がある。
フレッツ光 CM

なんだかんだ言って、日本人はテレビに「アメリカに住んでいるような感覚」を求めている。
そこで、麒麟がくるの時代背景は世界史レベルでは「宗教改革」の時代にあたる。
つまり「アイドルの誕生」である。
「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」というものは、「いじめられた女性アイドル」(プロテスタンティズムの倫理)と、「男磨きをした人」(資本主義の精神)が、有名女と有名男同士身近に接する機会が多いことを意味し、
「有名女が納得した話」を書物に残せば影響力を増すという仕組みをマックス・ウェーバーは指摘している。
当時の織田信長は「外国の情報に通じていた」という側面があり、女たちにモテたのは当然だ。
島国は暗い空気に包まれやすく、外国の影響を受けやすい。
病気になった有名女も有名男も最後には「医者や看護師」の言うがままになって、マックス・ウェーバーも56歳で「崩御」している。
斎藤道三が織田信秀に戦で勝ったと言っても、ドイツのベルサイユ体制のように「カネで世界を買う」「撤退してもらう」という指摘も可能だ。
「アイドルが納得した話」を古文書に残してセールスを見たのも事実だろう。
最後に医者や看護師に任せる人生ならば、「止血剤」というのは「油」に沿革を持つ。
やはり、「アメリカに住んでいるような感覚」を鉄板とするのならば、ヨーロッパの宗教改革、プロテスタントの登場、アイドルの誕生について語らなければならない。
細川ガラシャもそうだろう。

駒=光秀の妹(御ツマキというそうだ)

男は「自分より賢い男を見つけた」時に戦争宣言をする。
指導者レベルでもそれは同じだ。

お父さんが娘にお風呂でエッチなことをする(羊を盗む)ことは、あっという間に多感な年頃の同級生の話題になり、舜(男兄弟)はとにかく「いじめられた」のである。
デカルトにとって妹とはプリンセスエリザベスであったし、「父は子のために隠し、子は父のために隠す」ということを踏まえると、兄としては「なんで妹はお金に不自由しないのだろう?」という思いがあった。
「家で起きていること何にも知らない」
これが妹の資金力の源泉であった。
兄としてはおカネの都合もあり、なぜ父が自分につらく当たるのか?おカネを儲けるとはどのようなことかをよく学習するのだ。
いじめられた人間に、逆に反撃されると、本来いじめていた側の人間は指がふるえる。
まるで「矢が自分に当たらない」ことを信長は悟っていたようでもあった。
プリンセスエリザベスの資金力は父から由来するものだ。
しかし、父は自分にカネをくれないではないか?
そこから、「哲学」に目覚めた。
女心を周囲のアイドルに語って、論文(古文書)にするだけでおカネには困らなかった。
恋人たちは「信じている」
しかし、社会は「知っている」のである。
自分は「信じる」という狭い世界ではなく「知っている」という広い世界を志向したかった。
お市の方は、信長に家庭内では資金力で優っていた。
しかし、父がいなくなると、兄の資金力に依存することになった。
帰蝶は、信長の「知っている」という心の風景を愛した。
普通は「信じている」カップルならば、別れたら「友達より遠い人」になるはずだ。
しかし、「知っている」カップルは「別れても好きな人」となる。
友達より遠い人 三浦理恵子

キリスト教においては「自殺は禁止」とされている。
つまり、たとえカップルであっても「信じる」のではなく「知って」おいてもらいたかったのだ。
「天網恢恢疎にして漏らさず」
妹は決して自分の恋愛事情は兄には語らなかった。
それは自分の資金力を守るためでもあった。
しかし、父が死んだときにデカルトはプリンセスエリザベスと「文通」を始めている。
そうなったらもはや「兄妹は他人の始まり」であった。
お市の方の命運もここで尽きたのだろうか。
安土城は「孔子に頭を垂れるように作られている」としたが、儒学の世界では登場人物の女性は髪は短いのだ。
未成熟な膣に挿入を受けた女の子は、自分が男の子とどのように異なるのかが分からずに、髪が短い。
しかし、兄に比べて「資金力に恵まれている」のである。
しかし、お市の方は、「美男美女の多い北朝こそが正統」とし、儒学を否定し、兄に「仕返し」するために髪を伸ばしている。
約束のポニーテール 三浦理恵子

20世紀のポーランドのワルシャワ学派が「ワイドショーネタの評論を行いヒロインをあぶりだしていく」という手法を考えた。
ワイドショーネタの「角度」を、戦という一本の線に乗せていくという発想だ。
渡辺美奈代 カメオのコンパクト

しかし、ワルシャワスクールも、デカルトの「曲線同士が交差する角度」の研究に影響されたに過ぎない。
「曲線」というのは「女のからだ」を意味し、織田信長は、妹や光秀の妹の交差する「角度」をうまく「戦」という一つの目的に乗せるのが抜群にうまかった。
今回の「麒麟がくる」という大河ドラマそのものが、信長的手法つまり、ヒロインたちが「交差する角度」を東京オリンピックという目的に乗せてやれという発想から構想が練られている。
女たちがうまく空気の中で泳がなければ、「戦」は成立しない。
今回、私は「駒=光秀の妹」と言わせてもらったが、NHK側は「オリジナルキャラクターである」としている。
しかし、視聴者の考え次第では「女たちがうまく東京オリンピックに向けて交差する」のだ。
この「信長的手法」「デカルト的手法」を制作者サイドも視聴者に求めているのではないだろうか。
いわば、「東京オリンピック版信長の野望」をNHKは放送しようとしている。

デカルトという人物についておさらいをしておきたい。
織田信長と同時代に生き、ヨーロッパの中世を終わらせた人物だ。
イエスキリストはなぜ処刑されたのか?
ヨーロッパ中世は「アウグスティヌス以降、デカルト以前」を言う。
アウグスティヌスは「男女のまぐわい」を神聖化させた人物である。
それ以降、「エッチネタ」で影響力を誇っては偉大な政治家はローマ帝国において処刑されてきた。
ところが「トマス・アクィナス」が神学大全において「自分をいじめる身内の人物相関図」を書き上げたことから、「もはや王位継承に処刑はない」という時代となり、ハイミドルエイジと呼ばれた。
そうだ、もはや「エッチネタ」「女ネタ」を語っても処刑されることはなくなったのだ。
ところが、デカルトは「だったらヒロインたちをうまく角度を合わせて同一線上に乗せてみよう」と考え、30年戦争においてはウェストファリア体制(現在のヨーロッパ国民国家)が生まれている。
この時に、グロティウスが「女たちの個性(性の経験)に合わせて国を分けよう」と提案し、「国際法の父」と呼ばれている。
あるいは、ジョン・ロックは「女は略奪愛をした方が変態プレイをされずに済む」(神の子・信教の自由)というものを明らかにしている。
愛が止まらない Wink

あるいは、プーフェンドルフは「戦ったら思い出話をして、おカネのやり取りをして領土の交換をしよう」とし、戦争の終わらせ方を明らかにしている。
渡辺満里奈 秋服のボートに乗れば

グロティウス・カント・ロック・プーフェンドルフの四名が憲法を作ったのだ。
麒麟がくるが終わるころには改憲論争も「意味が分かってくる」ということにもなりかねない。

デカルトは、曲線の交差する角度を「戦」にどのように活用すべきかを探求したが、曲線(女のからだ)という観点しか持っておらず、いわば「女の一生」を資金源とみなしていた。
男女のぶつかり合いこそがアウフヘーベンにつながると考えたのはのちのヘーゲルであったし、男女が共存していなければなんら「法則」のようなものは見つからないとしたのはヒュームだった。
デカルト(織田信長)は、1970年のミシェル・フーコーの「クリニックの誕生」以前の人物であることは理解しておかなければならない。
ミシェル・フーコーが「あなたは生まれた時から男の子・女の子」を決めたのであり、それ以前は、「女とは生まれるものではなく、なるものだ」という性概念の不明確さが存在し、恋愛というものが「男は話を聞くことを覚え、女は優しくなることを覚える」というものであることや、キリスト教社会においては、女としていきたいと考えた者が「私をあなたの快楽のため、あなたのお世話をするために用いてください」という「告白」を経なければ教会が「女」と認定することはなかったのだ。
hiro confession

また、英国王室の王子が、日本の女性アイドルの「好きな数字」を聞いて「初めて騎乗位を経験させられた男は何人目の男か?」「忘れられない男は何人目の男か?」をタブロイド紙に書き立てて笑っていたため、日英同盟を組む時に日本政府は英国に「黒魔術をやめろ」と主張している。
もっとも、英国王室の「黒魔術」も、デカルトの代数学の影響を受けたものであり、曲線(女のからだ)にスポットライトを浴びせ、戦争を有利に進めるために行っていたものであった。
中国の兵法書においても、今の夫が何人目の男であるかで「天地人」という戦術が練られており、通常は「9人目までの男」が想定されている。
恋愛とは「男は話を聞くことを覚え、女は優しくなることを覚える」ためにするものであったが、優しくなった女は、からだが曲線になりそもそも男の逆三角形とは異なるものになる。
1970年生まれ以前の、男女はミシェル・フーコーの「クリニックの誕生」以前の性概念を持っており、現在では「50歳以上」の男女である。
自分が「おじ」からいじめられていたのならば「男の子」になることを選択したであろうし、おばあちゃんに守ってもらっていたのならば「女の子」になることを選択したであろう。
織田信長の時代には、このような「おおらかな」性概念が存在し、農作業で男手が必要な地域では気温が低く、豪雪地帯になったし、「女」という希少資源の有効活用を「戦」で必要とした地域はわりと暖かくなった。
台風撃退のためには「水墨画」「ホラー映画」「国会答弁」が気温を下げるために都合がいいというのが儒学の認識であったが、逆に「気温を上げる」ことも可能であり、たとえば「桃色吐息」などの女の息は気温を上げる効果があるものと思われる。
クリスマスイブがもし寒ければ、桃色吐息を人々に聞かせ、ホワイトクリスマスを演出することも理論上は可能である。
桃色吐息 高橋真梨子

「私をあなたの快楽のため、あなたのお世話をするために用いてください」という「告白」はキリスト教社会では「女」になるための条件であったが、農業至上主義のもとではどうしても男手が必要であり、「女」という曲線は、本来生まれたときはみな「少年」であったものが、やがて周囲の「男」たちのいやらしいまなざしに晒された。
しかも、お母さんとの関係がライバル関係になってしまい、お母さんが嫌いになる年頃がなければ「うまく飛べない」存在である。
デカルトは、男らしい父・女らしい母のもとで育った「少年」が、学校の異性に関心を向かわせるのが「男の子」であり、父と母の「渦中」に入っていくのが「女の子」であると考えていたようだ。
そんな「男の子」と「女の子」のファーストキスというものも考えられた。
デカルト(織田信長)は、このようにして「女の子」「女」というものの経済効果を広く知らしめたのである。
松田聖子 時間の国のアリス

デカルトは、有名男だからこそ農業に回帰していったとし、学問のやりすぎで病んだ心を農業で癒した。
小学生の女の子は「初体験を許すのならば憧れの芸能人に」と考えていたが、おもひでぽろぽろにおいて「私」がその場所は農家にある、ということを悟ったのは「27歳の時」だとしている。
織田信長は当然、ヨーロッパの医学にも通じていたわけであるが、妹や光秀の妹など「自分がイケメンピエロの役を演じられる」女たちがいれば当然、自分も映えると考えていたし、「女たちに体をペタペタ触られていれば自分の健康状態のどこが悪いのか?」が分かるとし、周囲の女たちの指摘を医学の参考にしていた。
モテなければ病んでも「女たちの指摘」は得られないし、信長の妻・帰蝶にせよ、御ツマキにせよ「信長の健康にどれほど貢献するか?」を競い合った。
「一段の気よし」
看護師とも薬剤師ともつかぬ御ツマキのことを信長がこう語ったのも当然であろう。
信長は、帰蝶にとっても御ツマキにとっても「憧れの有名男」だった。
おもひでぽろぽろ

ガリレオは「それでも私は他の女に心が動いている」と語り、ローマ法王を激怒させているが、壊れていく妻が怖くて他の女と浮気する男は多い。
帰蝶が壊れていけば、自分の健康チェックは誰がやるのだろうか?
御ツマキは「看護師だか薬剤師」なのだ。
女は男の顔色をうかがうのが得意だ。
その才能は男には全くない。
それどころか、男の「健康状態」も女の意見を聞いた方がよっぽど参考になる。
指摘があり次第、ヨーロッパの「文献」を読めばいいだけだからだ。
女は塵から生まれ、塵に帰っていく。
まるで自分の命など惜しくはないようだった。
しかし、そのような「男よりも軽い命」「肋骨」がなければ信長とて長生きはできなかっただろう。
「イタイイタイ」と言えば女たちが健康状態を気遣ってくれる。
そのような女たちと、自分の西洋医学さえあれば、自分の寿命はまるで「麒麟」のようではないか?
おニャン子クラブ 雲の上はいつも

日枝神社とは「天皇陛下の長寿をお祈りする場所」である。
しかし、その背景には「天皇陛下の健康状態を見て我がふりを治せ」という意味合いが強い。
天皇がいちばん医学に詳しい、そのような認識があった。
「不老長寿」
それはそのまま「自分が天皇である」ことを意味した。
信長が自らを「天皇」と名乗り始めたのだ。
信長は、タイムマシーンで平安時代に戻って、当時推定700歳だった令和天皇のいる比叡山延暦寺を焼き払った。
ホーム(家庭)に戻る前に、男は必ずいろんな女の心配をする(コリジョンルール)。
少なくとも「2人の女」の存在は意識している。
浮気をしたらたちまち「ピンポン」の連打が始まるのだ。
御ツマキは、望月東庵から、「デカルトの内省」について聞かされていた。
内省というのは本来は「マスターベーション」という意味であるが、射精というものは「完璧な知識」とも呼ばれ、精子の量が多い男ほど「将来性がある」としたのだ。
歳をとって精子の量が少なくなる男もいるだろうし、そもそも、「男女のまぐわい」というものが、女は「男をコミュニティーから離さないため」男は「女の子供の気持ちを味わいたいため」に行うものであることから、マザーファッカーは「自分の気持ち」を味わったトラウマから精子が出なくなる。
髪の短い御ツマキは、ショートヘアの女全員に言えることであるが、「男女のまぐわい」の時に極端に痛がる。
そのことから「フェラ専」として「側室」ではなく「女房衆」と呼ばれても仕方のない部分があった。
しかし、東庵先生が言っていたことを思い出し、「射精は男にとって完璧な知識」である、精子の量は男の将来性を示しているということをいろんな男のものをしゃぶっては思い出していた。
いわば、「射精」は生命の連続性ともかかわるものであり、御ツマキがなぜ「本能寺の変の遠因となった」のかはこのデカルトを理解しなければわからないだろう。
織田信成

男女のまぐわいは「本能の発露」とも「いまがすべて」とも「神は妬まない」とも呼ばれる。
「いまがすべて」の瞬間であるからこそ、みんながアウグスティヌス以降、「やったかやらなかったか」を問題にしたのだ。
デカルト(織田信長)は、男社会中心主義というよりは、男女同数が共存するメソジストの立場だった。
青山学院や関西学院などがメソジスト系の大学であるが、女子は多少成績が悪くても「キャンパスには必要」とされ、東京大学のように「女子は2割」という実力主義とは異なる立場だった。
「成績が悪くても入学させてくれた」
この恩義を感じるメソジスト系の女が、自衛官の夫が殉死し、山口県隊友会が夫を勝手に護国神社に祀ったことを訴えたこともある(自衛官合祀事件)。
それは、豊国大明神(豊臣秀吉)や東照大権現(徳川家康)と言った神道の側と織田信長が相いれない思想の持ち主であることをも意味した。
CoCo お願いHold me tight

メソジスト系の文化は「楽市楽座」と呼ばれる文化を作り上げた。
「女を歓迎する文化」
これがデカルトの「戦」での資金力を支えた。
メソジスト系の文化が、男たちの「精子の量」を増やすことも確認された。
いわば、女を増やしたおかげで「男たちのポテンシャル」まで高まったのだ。
ここまで「政治」をうまく機能させた人物は当時は織田信長しかいなかった。
キリスト教が信長に強烈な力をもたらしたことはみんな理解した。
しかし、「あなたの生い立ちは漢にあるのではなかったのか?」という発想が神道の世界で議論になった。
アジア地域は人間が100%温度を決めていた。
キリスト教が台風や大雪の心配などしているものか?
民の中にはそのように考えるものもいた。
しかし、「男たちのポテンシャル」が高まった背景には「夢に女が出てくる機会が多い」というキリスト教と神道・儒学の間の致命的な違いがあった。
信長だって安土城を「孔子に頭を垂れるように」作ったはずだった。
自身の生い立ちも「父が羊を盗んだ」(父親が娘にお風呂でエッチなことをした)ということから、お市の方のおかげで同級生からいじめられ、女を遠ざけられて生きてきたはずだった。
儒者がキリスト教に改宗するとは「自分に厳しくのちの世代にあまりにもあまい」ものであったため、法事などで長々とお経を唱え、「仏陀への忠誠心」を涵養させていた仏教の側からも「忍耐強さが人間には必要」という指摘があった。
キリスト教徒は、ここで神道と仏教の双方を敵に回すことになった。
「豊か」「ハイカラ」
それは認める。
しかし、日本国には台風も大雪もある。
人間には忍耐強さが必要な時もある。
おカネに酔った女の子が「北欧ショートボブ」にする現象も確認されると、儒学の世界はもはや「それは容認できない」と考え始めた。
日枝神社(日吉大社)の山王祭は、令和天皇(オオヤマクイ)とその妃(タマヨリヒメ)の神輿の「ご結婚の儀」を行った後に、京都の軍事的要衝に神輿を置いてくるという祭りであったが、京都の猛者たちがそれを食い止めようと神輿にぶちかましをかましていた。
その時に、京都の猛者たちを次々とぶっ飛ばし、神輿を置いてくることに貢献した「西の横綱」が秀吉である。
山王祭とは相撲の起源であり、秀吉はその世界で知られた横綱であった。
しかし、秀吉には信長の「いじめられた青春時代」(仁)への忠誠心があった(義)。
仁義という言葉の起源も信長と秀吉の関係から由来するものであり、背景には儒学・神道があった。
相撲はのちに刀狩りにつながっているし、仁義はバテレン追放令につながっている。
デカルト(織田信長)は、儒学・神道の世界に「太陽信仰」を持ち込んだ。
そもそも、弓削道鏡が平安時代にプトレマイオスのテトラビブロスを称徳天皇に紹介し、「太陽帝国カルト」を日本国のアイデンティティにしていたが(日の丸)、織田信長は「マザーファッカーで精子が出ない男や、精子の量が少なくなった男はちんちんを太陽にあてれば精子が出るようになる」とし、神道の太陽信仰とキリスト教の妥協の道を探ったのだ。
君が代

織田信長を支持する女たちは、「私を快楽のため、あなたのお世話をするために用いてください」という「告白」をしていたが、男性器崇拝も背景にあり、「私は感じる、だから私なのです」(我思うゆえに我あり)と言って、男たちを逆に煽った。
従来、プラトンにせよホメーロスにせよ「理想の男」ばかり描いていたが、ヨーロッパ中世が終わりを告げた理由は「女が女心を歌うようになった」「詩が面白くなった」ことも背景にある。
政治の世界がエンターテイメント性を高めた、これが織田信長がもたらした近世であった。
1980年代の聖子ちゃんだの明菜ちゃんだの言うような時代になると、日本国は「もはや成熟経済」「日本の銀行の信用を疑うものはいない」などと言われるようになったが、織田信長の「女が女心を歌うようになった」という世界に心理学が入り込んできて、どんどん発展したに過ぎない。
瀬能あづさ I Love You

京都の金貸し(現在の京都銀行)が神道の世界の総本山であるが、京都の金貸しはここで織田信長の上洛を許すこととなった。
「女たちは胸を隠せ。我々はもはや20世紀を見ている」
京都の金貸しは織田信長をこのように評した。
「これだけの影響力を持っている私達でもまだ”肋骨"なのかしら?」
英国は早々に、19歳まで初体験を待てば、シルバーリングをあげるよ、と「髪の長い女」にメッセージを送った。
マルクスが英国で成し遂げた「エンクロージャー」(羊の囲い込み運動)のことである。
ポストモダニズムを経験するということは「歴史を見失う」ということにもなりかねないものである。
シルバーリングに口づけを Melody

のちに「分析哲学」(女の嘘)や「批判哲学」(独身女の心)などの研究が発展するたびに、歴史の発展段階は確実に上がり続けたが、「コギトエルゴスム」(我思うゆえに我あり)の意味を理解しなければ「なぜ歴史は発展するのか?」が分からないのだ。
田中れいな 愛の炎

他にも、アルキメデスなどは、女が「告白」を経たうえで「女」になっているにも関わらず「男の子になりたい」などという挑戦をしたため、歴史の発展段階は「我々はどこまで行くのだろう?」と考えたが、1999年に「女心は出尽くした」と言われるようになっている。
「ゼロ年代一人勝ち」の東浩紀はこの時に時代の寵児になっている。
酒井法子 男のコになりたい

織田信長の時代に「流行歌」を歌っていたらおかしいじゃないかと思うだろうが、室内音楽は「ハイドンカルテット」(ハイドン・ベートーベン・バルトーク・ストラビンスキー)とその83人の弟子が完成させたものであり、バロック音楽の登場とともに、政治コミュニティーは「最後の審判」「戦」「その時歴史が動いた」を恐れなくなっていた。
あとは「女心」をどこまで探求するかが問われ、哲学者がその力量を競い合った。
日本で「レコード」として収録された最初の流行歌は松井須磨子の「カチューシャの唄」だとされているが、それ以前にどのように人々に「流行歌」が伝わっていたかは明らかではない。
道三の「おもしろや」のように人々に伝わっていたのか、あるいは駒が歌ったように伝わっていたのかも明らかではない。
松田聖子 ピンクのモーツァルト

和歌の「三十一音」は、アジア地域唯一の文化として日本が持っていたものであるが、その「抑揚」は、すべての国民が共有していたと考えてもいいだろう。
いずれにせよ、デカルトは女たちの「我思うゆえに我あり」というものを、明確に「詩」にしたし、「いろんな人を疑うことはできても、最後に自分だけは疑うことはできない」「自分に嘘はつけない」「自分の気持ちに嘘をつくのは上手ではない」などという「女心」は詩にしていたようだ。
江戸時代に契沖が「五十音」というものを考えたのであり、契沖以前を「古文」と呼び、それ以降を「現代文」と呼ぶ。
しかし、人々に「現代文」がより噛み砕いた分かりやすいものになったのは「浪漫主義文学」によるものである。
浪漫主義文学のような「エロ小説」がなければ人々は「文字」「現代文」を学ぼうとは思わなかった。
そこで、織田信長の時代とは果たしてどのようなものだったのかが「分からなく」なるのだ。
織田信長はデカルトであると私が言う背景にはこのような「江戸時代の国学」の研究が背景にある。
あるいはそもそも、「戦国時代」というものが、ヨーロッパの「薔薇戦争」を参考にしたものであるという指摘も可能である。
王位継承でもはや処刑が行われなくなった、とされるルネッサンス時代に、人々が「身分」「階級」を争ったのだ。
比叡山延暦寺は日枝神社を通じて「ライセンス」を出していた。
日本国の存在が世界に知られるようになったのは、蒙古襲来の時である。
大正天皇の大嘗祭は「19か国の要人が列席するチンギスハーン以来のアジアのビッグイベント」とされている。
今の「東京オリンピック」などというものが当たり前のようにアジア地域で行われるような現状はかつてはなかったのだ。
松田聖子 スウィートメモリーズ

「偏差値」というものはアリストテレスが考えたものだ。
しかし、社会科・日本史はかなり精密に「偏差値」を出すことが可能だ。
つまり「カウンターエグザンプル」(反証例)を突破した極めて巧妙で知的なゲームだったのだ。
そのカラクリも、契沖以前に「何かの仕組みがあるのだろう」としか私にはわからない。

デカルトは、「男の精子の量は将来性を示す」とする一方、射精の時の男の表情から快楽の度合いを読み取り、男の「やる気」を見るとした。
望月東庵先生も、当然、看護師だか薬剤師だかの御ツマキにこのことは教えていたであろう。
御ツマキは、髪が短く、男女のまぐわいのできない体であったが、しゃぶりながらも「仕事」として男の将来性とやる気を見る習性を身に付けるのは当然であった。
神というものがもしあるとするのなら、精子の量が多い限り、あるいは射精の快感に男が恍惚の表情を浮かべる限り神が自分に似せて作った「男」は、神から遠かった。
それでも、そのような男を女は「神様」だと思っているのだから、女が男に怒る理由は「90通り以上ある」とも言われる。
男に将来性がある限り、やる気がある限り、女とはよく喧嘩もしたし、「女心」というものは複雑性を増していった。
いろんな男の「精子の量と表情」を見ることができた御ツマキは、「天使」とも呼ばれた。
「白衣の天使」と看護師は現在、呼ばれているが、この「看護師の役割の可能性」を論文にしたのはナイチンゲールだった。
ジョン・レノンはイマジンにおいて「日本人女と薬」のことを歌っている。
薬とはバイアグラやシアリス、レバチオ、アドルシカのことだろう。
とにかくレノンはオノ・ヨーコをナイチンゲールだと思っていたし、その先駆けともいえる存在が御ツマキだった。
ビートルズ イマジン

現在は、保健師助産師看護師法というものができ、看護師に守秘義務がかけられたため、「白衣の天使」による「サービス」は、看護師の女にとってほとんどメリットのないものとなっている。
キリスト教においては「神は自分に似せて人間を作った」とされているが、日本国においてはイザナギとイザナミ、あるいはスサノオとアマテラスが大国主あるいはヤマトタケルを「遣わした」とされ、つまりはアマテラス・神武天皇の子孫が日本人だとされている。
神が「作った」のか「子孫」なのかはえらい違いだ。
キリスト教における「神」は、射精しないことになるからだ。
キリスト教の「神」は、日々の善行をも見ていることになる。
神は妬まない・今がすべてとされるのが日本の神であり、妬む神・日常性までも学問の対象にしたのがキリスト教だ。
ランディ・バースは、奥さんの出産に立ち会うために帰国している。
日本人のメンタリティは「したがいたくない」という特徴が世界で知られていることを我々はほとんど自覚していない。
なぜならば、日常までは学問の対象にしていないからだ。
「間違いを犯すことのない神」ならばお市の方が、信長への仕返しという意味だけでなく、「娘たちとライバル」だったから髪を伸ばした、などという「心理学」を発展させることは可能だ。
日常に研究対象を見いだすのがキリスト教であり、その背景には「神が人間を作った」という発想があった。
赤い靴のバレリーナ 松田聖子

モーツァルトは、デカルトが「女心を詩にする」という発想を作ってから、魔笛において「フリーメイソン入会の儀式」を描いている。
マックス・ウェーバーが書いたように、東大法学部の一部の者は心を病んで、病院送りになり、「赤坂のクラブ」のようなサロンに入れられる。
そこにはアイドルもいれば、オリンピック金メダリストもいる。
有名政治家も普通にいるのだ。
現在の日本では「創価学会員ばかり」という現状があるが、仏教が「美」を追求した以上、アイドルにはそのような者が多いだろう。
しかし、統一教会などのキリスト教徒も確実にいる。
このような社交クラブ(精神病院)を、モーツァルトは「フリーメイソン」と呼んで、そこで影響力を高める東大生を「カリスマ」と呼び、カリスマ的支配の根拠を見出している。
テレビでのパフォーマンスによる支配を「合法的支配」と呼び、国家と関与する側面を「主権」「伝統的支配」と呼んでいる。
いずれにせよ、フリーメイソン入会とは「心を病む」ことから始まるのであり、門脇麦や川口春奈も、フリーメイソンへの入会の儀式はすでに終えているかもしれない。
モーツァルト 魔笛 夜の女王

デカルトは、「精子の量は男の将来性を示す」「射精の時の快感の感度はやる気を示す」という二つを明らかにしたが、この「将来性」「やる気」はコントロール可能であることを知った。
「二人の女性アイドルの奪い合いになる」ことだった。
女一人に男二人を「実質経済」と呼び、女二人に男一人を「名目経済」と呼ぶ。
尾張では女の数が多く、「名目経済が実質経済を引っ張っていく」というものが楽市楽座の正体だった。
男は名目経済がなければ「将来性・やる気」が起きなかった。
その上で実質経済に強くなるのが男だったのだ。
織田信長は「神が自分に似せて作った人間」というキリスト教にしたがった政治を行った「孤独な牧師(ロンリーチャップリン)」であったが、我々はアマテラス・神武天皇の子孫という神道の世界に敵が多かった。
神のワックス(精液)ってあるのだろうか?
帰蝶と駒の「キャッキャウフフ」がすでに濃姫と御ツマキという「信長を取り巻く二人の女性アイドル」というものをすでに表現していたのだ。
ロンリーチャップリン

デカルトは、カトリック国にいた。
髪の短い女が「お父さんに盗まれた羊」なのか「おカネに酔っているだけ」なのかは、女の子社会でも問題になった。
そのため、駒のように医学に詳しいと、「あえて髪を伸ばす」という可能性は捨てきれない。
まだ、駒=御ツマキという説は捨てきれないのだ。
ましてや、望月東庵のように「おカネに困っている」家庭に身をおいていたのならば、「北欧ショートボブ」のようにおカネに酔っているからは髪が短いというのとは逆に、「貧しいから髪を伸ばす」という可能性もある。
ここで、髪が短い女でも「男を愛せる体なのかどうか?」は、必ずしも断定的には語れない。
カネに酔っている女は身持ちが固く、お父さんにお風呂でエッチなことをされた女はそもそも「痛がる」ものなのだ。
このことはユトレヒト大学で「原則」と呼ばれて研究がなされた。
「原則」
駒=御ツマキについては信長が「原則」としてユトレヒト大学と通じることで「女心」の基本として戦に利用された。
「尾張の方が明るくていいね」
これが周辺国が信長に屈服する理由である。
民の心が信長を歓迎しているのだから、もはや指導者にどうこうできる問題ではなかった。
酒井法子 ダイヤモンドブルー

オランダのユトレヒト大学が明らかにした「原則」はのちにフランスのソルボンヌ大学の研究テーマになったし、スウェーデンのクリスティーナ王妃が「女をなんだと思ってるの?」と世界の四方八方に喧嘩を売り始めたときには、徳川幕府も「オランダと中国以外と関わるのはやめよう」とし、鎖国をしている。
鎖国をしたのもすべてスウェーデンのクリスティーナ王妃が原因だった。

なお、余談であるが、天海というのは天台宗(比叡山延暦寺)の僧であり、家康が死んだあと、一旦、久能山に祀ったのを、「是非とも神道形式で」と言って日光東照宮に祀り治した人物だ。
昨年の台風でも「東京は何かの不思議な力で守られている」という発言を目にしたが、関東地方の「天気崇拝」を握ったことになる。
自らは仏教の僧であり、イケメンでありながら(北朝正統説)も、家康には「南朝」の立場を求めている。
秀吉を「豊国大明神」として神道の側に引き込んだ経緯は分からないが、関西エリアの「天気崇拝」は秀吉が任されている。
阿弥陀山というそうだが、どこを指しているのかは私は存じない。
Melody 青空をあげたい

プリンセスエリザベスは、ボヘミアの女王とも呼ばれていた。
信長が「高貴な方」(濃姫)との結婚がかかっている時に、信長との「兄と妹の」禁断の恋を映した「証拠」を用いて、信長を脅すお市の方(アイリーン・アドラー)である。
光秀はシャーロック・ホームズであった。
お市の方は、信長を「脅す材料」をもって弁護士のノートン(浅井長政)と結婚している。
信長は「職業保障」がなされている農家の家にありがちな「兄と妹の禁断の恋」を理由にお市の方に脅されていた。
光秀(ホームズ)はこの時に、信長を「陛下」と呼んでいる。
ボヘミアの醜聞は、NHKが版権に厳格な禁止権をかけているが、光秀と信長の出会い、そして信長とお市の方の関係、さらには浅井長政が出てくるために行っているのだろう。
ボヘミアの醜聞

濃姫は、江戸時代の「鎖国」の原因となったスウェーデンのクリスティーナ王妃と類似性の見られる「世界の四方八方に喧嘩を売った女」
であり、兄と妹との禁断の恋を歌った女は「ボヘミアン」と呼ばれた。
「女兄弟の部屋には男は入ってはならない」というルールを「カトリックマイトレーヤ」と呼び、プロテスタントのアイドルは公然と歌にした。
葛城ユキ ボヘミアン

アリストテレスは「暴力や乱暴行為をやってまで出世したがる者は、女を侍らせたいだけ」としていたが、織田信長はニコマコス倫理学に非常に忠実であり、女は、濃姫と、御ツマキとお市の方がいれば「将来性とやる気が維持できる」と考えていた。
髪の長い濃姫と、男に抱かれることのできない体である御ツマキ、そしてボヘミアンであるお市の方という三人の「個性」から学ぶものは多かった。
「私は女を侍らせたいから権力者になったのではない」
これを「ペガサス」と呼ぶ。
「貴女とは友達でいたい」
逆に、女を侍らせたいだけの暴力男は「ライオン」と呼ばれた。
ペガサスの朝

「女を侍らせたいだけの男」が権力者になったところでなにができる?
信長は濃姫と御ツマキとお市の方さえいれば、あとは「書物に親しんでいれば幸せ」という男だった。
常備軍はもちろん否定できない。
しかし、戦は自らの学問を試す「ゲーム」に過ぎなかったし、双六のような「ギャンブル性」など信長の戦にはほとんどなかった。
双六に弱い光秀はその辺りに信長に忠誠を尽くす理由があった。
信長は二人の女が「恋と友情のどちらを選ぶのかは難しい」という境地と「大喧嘩する」という「恋・友情・大喧嘩」の三つのパターンを見ていた。
「学問は無限でも、ちんちんはそのように作用するのか?」
頭を使うたびに濃姫や御ツマキが自分の「将来性・やる気」を感じてくれるのが嬉しかった。
帰蝶と駒は、友情で結ばれていたのであろうか?
フェラ専の看護師、それが果たして正室と「友情」を維持できるのだろうか?
このあたりの「女の心理」が、本能寺の変の遠因となるのだ。
三浦理恵子 Jokeにもならない恋

日食の時に「太陽の方が月より速い」ことが分かる。
これは「太陽が男で、月が女」であることを示している。
月は東へ日は西へ、とも言われ、「女は男についていくものだ」ということをも意味する。
木星の出ない夜はないが、木星は太陽より速い。
しかし、忍びの者は、お天道様の下を生きていないため、決してハンサムではなかった。
昼夜逆転した生活を送る者の「鼻がだんだんデカくなる」という病気が古くから芸能界で知られている。
首をグルグルまわしたら治ることは私も研究として公表している。
東へ西へ 本木雅弘

デカルト(織田信長)は、なぜ「精子の量」に男の将来性を見いだし、男の恍惚の表情に「やる気」を見いだしたのであろうか?
答えは「上達・病気が治る・救ってくれた」ことに信仰心があり、その到達点に「神」という概念ができるからである。
アマテラス・神武天皇の「子孫」ではない。
「神が自分に似せて人間を作った。だから我々はアドニスのために泣ける」
このあたりの議論で、神道や仏教とキリスト教は対立した。
しかし、美男美女という仏教・天気が安定しているという神道・上達する、病気が治るというキリスト教は、それぞれが三角形の角のようなものであり、人それぞれ個性はあるだろうが、誰もが信仰心というものは持っていた。
三角形の「どれに属するのか?」を明確にせずに都合よく使い分けるのが賢い生き方でもあった。
「美男美女・天気がいい・病気が治った、救ってくれた、上達した」などのすべてを信じない人がいるのだとすると、「志半ばで失意のもとにいる」人しか想定できない。
無神論というものはあってもいいが、神・男の完全性を語ってもなにも爽快感を感じないのならば、女の子達にとっても「面白くない」存在だろう。
松田聖子 赤いスイートピー

本人に自覚があるかどうかはともかく、神を信じている人は「話していて面白い」という人間の直感に根ざしたものだ。
川で鯉を釣ってみんなで大爆笑した、などのあたりに大学や国家試験合格の秘訣があるのだろう。
心臓の手術は、後遺症をなくすために、医療スタッフは手術の前に患者の前で神にお祈りする。
また、自分は完璧な人間だ、と思った時から微熱が続くようになり、医者にガンと宣告される。
ガンの患者は「組織のガン」とも呼ばれるし、痛風患者は「組織の痛い風」と呼ばれる。
痛風とは「色の白い女と関係を持った」トラウマによるものであるが、とにかく組織の対人関係も「痛い」ものとなる。
それらを理解し、治療する信仰心を疑うものはいないし、「話してて面白い男」というものはそれ自体がおカネとなる。
暴力は人間行動学的には「群れのボス」になる秘訣である。
しかし、「それで面白いのかい?」というのが大人の世界である。
カントは、「女性の胸」(自我)、「デカいちんちん」(超越論的)、そして「女の破滅」(悟り)の三要素を用いてエロ動画を作って「本当に売れた!」と言って会社で大爆笑した。
青年実業家は、最初はエロ動画作りから「起業」して架空の契約書を作り、利益に流し込むことからビジネスチャンスを伺う(マネーロンダリング)。
おカネさえ企業で回っていれば、景気や様々なチャンスと同時に打って出ることも可能だ。
女も「いやがっている」ようでいて、カントのやり方で痴漢行為をやられたら快感に酔った。
こんな動画を同世代の男の子が見たら「女が嫌がっているじゃないか?」と考えやしないか?
それが女の子の「恋の悩み」であることが多い。
「今は言えなくて、きっと傷つけて」
そんな青春時代も女の子にはある。
CoCo メロディー

そもそも「女の胸」を自我と呼んだのはカントではなくデカルトであった。
織田信長は、なぜ御ツマキが胸に精子をかけられてもあえぐのかを考えた。
「なぜ胸でも感じるのか?」
それで、女が「神」を感じる場所が、局部ではなく胸であることを悟ったのだ。
そこで、女の子たちに「勉強がどれほど難しくても、男の"絶対"はあなたの胸にあるよ?」と言って回った。
女たちが自分に本気になる方法は信長も熟知していたが、それでも彼はペガサスであり、決して多くの女を侍らせるライオンではなかった。
なぜならば、女を侍らせたら「キリがない」ぐらいモテたからである。
そもそも、モテること自体、権力から由来するものではなかった。
「胸で御ツマキが感じた?」
それは「自我」の発見であり、ポルノ界の新発見であった。
現在のアメリカでもポルノのセールスはテレビの三大ネットワークの富の3倍と言われている。
つまり、「自我」の発見は、法律を作るためのおカネを大量にもたらし、のちに議論がカントに引き継がれ、ポルノ=憲法とされ、憲法はいかなる法律においても「法源」と呼ばれた。
IR法を作るのにも四苦八苦しているお堅い役人にはない発想が政治家にはあるのだ。
デカルト(織田信長)は、太陽であり、昼間活動して夜はしっかり眠った。
しかし、ハリー・フランクフルトが、「木星を自らのバックにすると得るものが多い」とし、ハリーはいわば忍びの者の起源として夜中に活動した。
受験戦争が「四当五落」と言われた時代は、日本国も忍びの者が多かった。
菊丸はハリー・フランクフルトであり、批判哲学(独身女の女心)を探ることを「夜の活動」としていたのだ。
つまり、駒との関係も「恋心」というよりは「調査対象」だったのだ。
のちに「独身女は夜中に何を考えているのか?」という情報を信長に頻繁に報告している。
ribbon Virgin snow

シャウプ勧告で日本の税制が決められたが、自動車の重量税にせよ固定資産税にせよ、「男女のまぐわい」に税金を課すことにした。
しかし、プライバシーを政府が覗き見することはできないため、だいたい大雑把に男女のまぐわいに税金を課すことにしたのだ。
人々の「満足」に税金を課す分には人々はコスト意識をさほど感じない。
信長は、菊丸の報告を受けて「独身女の実態」を調査し、「矢銭」というものを考えた。
安倍なつみ ひとりぼっち

男女のまぐわいに税金を課す「税制」こそが、恋愛論の集大成であったし、信長は「矢銭」の構築のために、菊丸の力を必要とした。
「夜中に民は何をやっているのか?」
この調査能力は忍びの者にしかなかったし、矢銭を課すためには忍びの者の力が必要だった。
忍びの者は、矢銭から由来する存在であり、税制づくりに貢献したのだ。
マルクスは「女の体」を商品と呼び、女に払うカネを「交換価値」と呼び、子供のことを「剰余価値」と呼んでいる。
私も、妻のためになにか食べ物を買って帰るときに「女の体って商品だよな」とレジ袋を見ながら思うことがある。
いずれにせよ「年貢なのか矢銭なのか」は、神道・仏教・キリスト教の間の体制論争にまでつながりかねないものだ。
政府が「恋愛論」つまりパラダイムや、特に独身者の場合は恋愛論はデシプリンと呼ぶが、それに通じており、人々にさほどコスト意識を持たせずに税金を取る仕組みを構築すれば、「我々は税金さえ払っておけば神からも自由になれる」と言われた。
税収は所得の再分配に用いられ、そもそも「幸せ」から頂いた税金によって、幸せを他の人におすそわけするのが政府の仕事となった。
安土城の表参道を歩く者たちは、まるで天守閣に「頭を垂れるように」歩かされた。
天守閣は「孔子」を意味し、信長はまるで敦徨を知っている儒学者のようにキリスト教文化を謳歌した。
デカルトは、人間の脳を解剖したことがあった。
脳幹というのはトウモロコシのように硬く、呼吸・脈拍・瞳孔反応をつかさどっていたが、大脳だけはミミズのように柔らかく、他の動物には見当たらなかった。
おそらく、大脳が「神」を生み出したのだろうと考えた。
神というのは「面白いことをやった男」という意味であるが、望月東庵先生も「犬に打つ針などございません」と言って、「面白さ」を人間だけに見出している。
このあたりは博打打らしい側面がある。
おカネというのは「金額が数えられ、女が買え、すべての女に通用する」ものであるが、「面白い男」「神」におカネが集まってくる。
借金だらけの東庵先生と「神」の関係はのちの信長との関係をも示しているものと思われる。
「女をめぐって争う男たち」の心の機微も、「神」の計画としか言いようがない。
女友達を本気でモノにしようと思った男は「彼女ができそうなんだ」と切り出したりするものだ。
安倍なつみ 男友達

お市の方は、ボヘミアの女王であったが、兄に大きな失恋を経験させられたことから、「はじめに言葉ありき」つまり文法さえあれば、女たちは失恋(悔い改め)を理由に、女同士の夢がぶつかり合った隙間を利用して、簡単に「言語」というものが作れると信長に報告をよこした。
現在でも日本全土を一つのライセンスで覆っているテレビ局はNHKだけであり、民放各局は「系列の」テレビ局を地方に持っている。
各地方に「異なる言語」があれば、日本国はたとえば本能寺の変のような一つの大問題でも国中が大混乱に陥ることはない。
光秀は、お市の方が作った「地方の方言」「国ごとに異なる言語」の存在から、たとえば北朝鮮の拉致問題でも
日本人全員が同じリアクションをとることはもはやない、とみなしていた。
これはこのまま、徳川家の幕藩体制に引き継がれていくし、現在の地方自治の基盤になっている。
地方自治は、その権威はカント・デカルトに由来するという伝来説を採用しているものの、中央政府はお金は出すことは可能であるが、一つの事件・出来事で国中が同じリアクションを取ったら国が滅びるという発想を持っており、それを最初に企画したのがお市の方だったのだ。
関西弁は豊臣秀吉に、標準語は徳川家康に委ねる形で、神道というものは作られていった。
女たちが「言語」というものは作るが、お市の方にせよその信者にせよ「男に愛を囁かせる」という発想を持っており、「聖書なんて読まなくていい、男の囁く愛の言葉さえ聞いていればいい」というクェーカー教の立場だったとされる。
高橋愛 電話でね

それにしても、光秀にとって「信長学」は難しかった。
毎日が下痢との戦いだったのだ。
信長にせよお市の方にせよ「彼らの論理」がようやく分かった時に下痢が止まった。
どうしても信長に同意できないことがあった。
「女は処女がいい」
ということだった。
日本国も1980年代頃まで光秀の発想に縛られることになった。
すべて「本能寺の変」が原因だった。
なにしろオランダユトレヒト大学が「アイドルは処女」と言ってロンドンの株価を釣り上げていたのだ。
今でも「非処女に人権はない」という光秀信者は確実にいるのだ。
和蘭美人 小泉今日子

今年の紅白。
明智光秀も応援する「AKBグループ」「坂道シリーズ」の皆さんです。
本能寺の変は未だ健在。
光秀信者の方は、是非、一層の声援をお願いします。
AKB48 サステナブル

少なくとも、織田信長の統治下においては、「男女のまぐわい」から税金を取ると、庶民はさほど税というものに負担を感じず、これを各省庁が「所得再分配」として幸せのお裾分けを行うという「男社会の仕組み」を理解するだけの賢さが男には求められていた。
女たちはそれでもなお「女たちの噂話」を家庭に持ち帰る必要があった。
「年貢に頼らない政府」
これがヨーロッパ中世を終わらせたのだ。
固定資産税とは、「何のための家?」ということに由来し、カペー朝においては「領地は主君からのいただきもの」という発想があったとされるが、東京大学の税法はいまだ「シャウプ勧告」の真の意図を咀嚼しきれていない。
後期高齢者医療や身体障害者には、政府は積極的に「幸せのお裾分け」をしているが、芸能人などの「のれん」のある精神障害者には割と厳しいのが日本政府だ。
「農業でもやるんだな」
そのように政府は考えているようである。
あるいは、「のれんがあるのならば年8万円の工賃で出会いの場を与えてやろう」程度にしか考えていない。
「一般ピープルとは結婚しない?」
そんなバカな女性タレントもいる。
二人の女性アイドルの奪い合いになる男は精子の量も多く将来性があったし、射精の快感からやる気も出た。
それでもなぜ、貧しい男性芸能人の方がいいのだろうか?
デカルトは、「裏表を明確に使い分ける」貧しい芸能人の「のれん」に目をつけて、財務省から国債を引きだして芸能人に配ることにした。
「プロテスタントは、あまりにも不条理が多すぎる」
これは今の日本国においてもそうであった。
各省庁を横断するほどの「のれん」があっても暮らしぶりは至って地味だった。
相模原の障害者施設で、どんな有名人がひそかに「抹殺」されたであろうか?
植松被告の「いない方がいいと思った」という芸能人の存在に、光秀は「麒麟」がくると考えたのだろうか?
芸能人の病気の理由は「情報不足」にあった。
政府とは「幸せのお裾分けをするためにある」ということを東京大学も理解していない国だ。
光秀が「AKBグループ」「坂道シリーズ」に救いの手を差し伸べることはできるのだろうか?
「貧乳を見せたくないから処女」という女たちに、「それでも精子を胸にぶっかけられたら感じるかい?」と言ったのは信長だった。
その行動力にはただただ尊敬の念しかなかった。
ガーナのアントン・アモは、カカオの実から美味しいチョコレートができる、とし、やはり「農業」に「芸能人と一般ピープルの問題」の解決法を委ねることを提案している。
しかし、日本国には「チョコレート」のようなおいしい農業はなかった。
デカルトは「国のお仕事」を分かりやすく人々に教え、「知識とはどのように得るものなのか?」を明らかにしたという意味では間違いなく麒麟だった。
織田信長=麒麟と言っても差し支えないような力量が信長にはあったのだ。
男女のまぐわいは、あくまでも前戯から射精に至るまで「男中心」に行われるものだ。
男を勃たせる女たちにはニーズがあっても、いろんな想像や夢が膨らむ「抱かれたい男ナンバーワン」には世の中は「カネをやる理由がない」「貧しくて当然である」という考えが根強かった。
「公務員」とは本来「芸能人」のことを言ったし、駆け出しの司法試験受験生に「公務員の人権について述べよ」と言ってみたところで、出題者もその真の意図は理解していなかったであろう。
「官僚とは天皇を補佐する者という意味である」
それも、大雑把にデカルト=織田信長的政治システムを理解してくれてこそである。
イギリスも日本国も、「アイドルの発見」以降、「経験論」の世界を突っ走り始めた。
しかし、大陸合理論は、「せめて政府の仕組みぐらい理解しような」と島国の経験論を諫めた。
菊丸の正体が、歴史上のどの人物かはさておき、忍びの者という点ではほぼ争いはない。
信長は、「天下布武」のために税制改革を行なったが、男女のまぐわいだけではなく、「怒っている人」からも税金を取ることにした。
各世帯単位で暮らしていた連中の中に「信じていた人に裏切られた」人がいたら、税金を課し、小さな宗教団体(信者4~5人)を、政府が吸収することになるからだ。
現在でも、日本政府やあらゆる企業が「苦情相談」には力を入れている。
小さな宗教団体に「怒っている人」がいれば、壊れた宗教を政府が吸収し、しかも資金の裏づけまで得ることができた。
菊丸は、信長のこのような「矢銭」「税制改正大綱」に力を貸し、人々の調査をして回ったのだ。
世界史でいえばアントイン・レ・グランドという人物に該当する。
このようにして、女の子などは「19歳の誕生日には国に編入される」「好きだった男が東京進出を決める」などの理由から、急に綺麗になったり、彼氏ができたりしたのだ。
菊丸の「伝説」のようなものだろう。
新田恵利 トラディション

さらに、菊丸の尽力によって進められた信長の「矢銭」「税制改正大綱」にとっては、男女は「日本国デビューするのならばかならず1組のカップルでしてくれ」というカトリック的メッセージを送った。
すべての音楽作品が1組のカップルを祝福していたし、いろんなものが予測可能であり、それでいて国の税収が潤った。
信長が「女心」をサウンドに乗せるということを考えて以来、分析哲学(女の嘘)、批判哲学(独身女の心)などの発展は遂げたが、1組のカップルで国に来てくれたら、すべてのことが予測可能だと世界が考えたのは1999年のことだ。
「女はパートナーがいても知恵や力を生み出すために異なる男の声を聞きたがっている」
このことをSPEEDが歌ったときに、世界は達成感に包まれた。
SPEED Deep blue & truth

少子化対策として厚生労働省が「100万人保育拡充」をぶち上げたが、「女たちのここが分からなかった」という後悔だけを厚生労働省は学習している。
それでも21世紀になってからだ。
信長の考え方は、現代にも通用するものがあり、菊丸の調査能力は、日本国の「非訟」が職権証拠調べを採用していることから、今の日本にも「忍びの者」が存在することは案外知られていない。
光秀は「女は処女がいい」という持論以外は、「信長行政学」を完全に学習していた。
菊丸は、光秀目当てに寄ってきた「処女二人」を光秀と2対2ならば独り占めできたために、
「離れがたいお人ですね」
と語り、菊丸自身が信長の「矢銭」「税制改正大綱」と関与する重要人物でありながら、光秀をも支えた。
光秀はまるでオテローのようであり、菊丸は「光秀どのはご結婚なされています」というだけで「処女二人」を独占できたのだ。
本能寺の変は御ツマキ(駒)の物語を抜きには語れないが、そのあと光秀の命を助けたのが菊丸であり、光秀=天海という物語になる公算が高い。
避暑地の森の天使たち

光秀は、愛妻家であり、妻が「自分が初めての男」ならばよりパワフルな政治ができるという信念があったし、そもそも、「AKBグループ」「坂道シリーズ」などのアイドルも「株式買取請求権」によってファンが「落札」することもあった。
また、経済効果が抜群であることを知っていた。
しかし、菊丸は「処女との甘美なる経験」を楽しんでいた。
信長は光秀と菊丸を諭した。
「あのな、処女と言っても、男と同じ時期にマスターベーションを覚えている。初体験と言っても、これなら既に知っている、と思われるだけだ」
信長は「恋愛と結婚は違うスポーツ」という理論を支持していたが、光秀や菊丸には通用しなかった。
日向坂46 ソンナコトナイヨ

日本国における、本能寺の変の影響力は強く、光秀・菊丸陣営が「処女膜」というものが存在する、と主張し、日本の医学書に掲載されている。
世界では率直に言って「そのようなものは存在しない」と明言してもいい。
しかし、本能寺の変により、今でも「プチッ」(破瓜)を信じている男もいる。
恋は一人ではできない、と言うが、「四人いなければできない」(2対2)あるいは「六人」(3対3)ということを、「知らない」女を処女と呼ぶしかないだろう。
見ればわかるというものではなく「話せば分かる」というものであった。
男性アイドルユニットでも「5p6s」(五人の男に六人の女)が嵐であり、「5p35s」(五人の男に35人の女)がSMAPであり、「2p21s」(二人の男に21人の女)というシステムを組んだのがKinKi Kidsであった。
阿部真央 プレイボーイ

本能寺の変は、光秀と菊丸の「2p13s」と、信長陣営の「5p39s」の「戦争」だったと表現してもいい。
要するに「人気争い」だった。
男性アイドルユニットが、「女の子たちのクラスの話題になる」ためにはこのような「システム」が組まれていることが現在では明らかになっている。
複雑性もあるし、「研究者ならば簡単に仕掛けられる」という側面もある。
しかし、ジャニーズも「これで最後にしよう」という難しい側面が指摘されている。
女性アイドルグループの「システム」はいまだ明らかではないし、明らかになってはいけないものだ。
しかし、男性アイドルには取締役解任請求権がイベントにはなく、女性アイドルグループが行うコンサートが「株主総会」だとすると、男性アイドルユニットが行う興行は「社債権者集会」に過ぎないとされる。
つまり、「芸能界って難しいな」という感想しか残らなかった。
豊臣秀吉は、信長に「茶事」つまり「システムの組み方」を知らないと評されたが、「もう一度、信長が言っていたことを思い出そう」と考えた。
男性アイドルユニットの組み方、つまり「茶事」ではなく、国家統治の全体像を信長は語っていたはずだ、としたのだ。
「男女のまぐわい」に税金を課し、政府が「幸せのお裾分け」をすること、「信じていた人に裏切られた」などの怒りに税金を課し、家族を国家に編入していくこと、など多くの含蓄が信長にはあった。
これらを「大雑把に」理解した田中角栄(今太閤)は、日銀の会議でも主導権を得ていたではないか?
越後国は、ようやく「幸せのお裾分け」を得ることができるようになった。
ある意味、本能寺の変は「光秀と菊丸」「処女」「2p13sシステム」に頼った「実力よりも人気?」という世界であり、1980年代には市民レベルに至るまで、あるいは現在においても「AKBグループ」「坂道シリーズ」にまで影響を与えたが、そもそも「鉄砲」に用いられている「鉄」というものが、恋愛の世代を下げ、女の子が処女である時期を短くしていた。
あとは、現代においては「自動車」「通信」がどのように国民の恋愛につながるのかを掘り下げれば、日本国はまだまだ経済発展をする国である。
自動車の「免許制」や、あるいは「通信」の低年齢化など、通信によって「恋愛論」を広め、株価を上げるのか、それとも「医学談義」を広め、株価が下がっても構わないから、外食産業のセールスを伸ばすのかは、まだまだ「日本国経済もコントロール可能」という段階であろう。
「恋は一人ではできない」
このことから、男性アイドルユニットの作り方は分かったが、「何を伝えたいのか?」を明確にしなければ、たちまち「システムの完成」と「作品のクォリティ」のタイミングが合わない。
モーニング娘。ラブマシーン

ソロのアーティストや、芸能人も、常に「教祖夫妻」に寄り添うように「茶事」「システム」を組まざるを得ないが、池田大作のような堅物(光秀)が教祖ならば、相当、女関係は派手なものとなり、到底オンエアできないような実態もあっただろう。
「茶事」「システム」に頼らずにブレイクする方法は率直にいうと「ない」というのが世の中であるが、それでも、「今が旬の」男女に、大人たちはエネルギーを注いだ。
大人たちには、大人たちの事情があったし、自分の優先順位が下がっていくのを男女たちは感じるしかない。
「切なかった」
そのような返事を聞いたことがある。
人前で歌って踊るのも「擬似的な男女のまぐわい」であるが、あくまでもマスターベーションにとどまるものであり、リアルの「茶事」「茶道」「システム」が壊れたら、もはや元には戻らなかった。
「茶事」「茶道」「システム」にせよ、「堅物の教祖」にせよ、「やはり、社会は神の計画があったんじゃないかな?」ということを、アメリカ合衆国は理解し始めたのだ。
「知の伝達メカニズム」のことを「社会学」と言うが、ルーマンでも本当に理解しているかは明らかではない。
大金持ちになったから豪遊するというハートの持ち主では満足に教祖すら務まらない。
人物はこれから明らかになるであろうが、信長の家臣が「ナントの勅令」というものを出し、「名誉と富は同時には手にできない」とした。
つまり、御ツマキのような女房衆つまり「フリーメイソン」に不満が高まった。
男性アイドルユニットのセールスのかけ方は、「システム」を組んで、「クオリティの高い作品」をリリースすることにあったが、女房衆は、「処女」をセールスに出すしかなかったのだ。
体を売るしか「有名になる方法はない」というのが女の現状であったが、ナントの勅令は、女房衆に「名誉と富は同時には手にできない」としたため、「まるで私たちは売春婦だと言っているようだわ」という不満が高まった。
御ツマキ(駒)は、光秀にこのことから強烈なロビー活動を行っている。
ナントの勅令は、その後、廃止と復活を繰り返している。
昭和でもB&Bのようにドカンと笑いをとって札束を紙袋に入れる連中はいたが、残念ながら、現在は「ナントの勅令は復活」しているのだ。
つまり「名誉と富は同時には手にできない」という時代になっている。
本能寺の変は「処女性」と「名誉と富は同時に手にできる」という二つの影響を現代にまでもたらしたが、時にその影響力を見失うこともあった。
「恋愛と結婚は違うスポーツ」
と女たちが言うたびに、ナントの勅令が復活し、芸能人(フリーメイソン)は貧しくなっていたのだ。

徳川家康は、自身の生い立ちが、「人質」にとられるなどの「いじめ」を受けていたことから、「いじめる側」の心理に詳しかった。
書物を読んでも、「これは間違った書物だ」と思ったら途中で放り投げてしまう、これが「いじめる側」の心理であった。
なぜならば「間違った先生にしたがうと勃たなくなる」からである。
家康は、このことから「正しい指導者とは織田信長だろう」と考え、自ら書物を書いている。
読者を、見事に最後まで離さない、その力量は、信長の死を必要としていたであろうし、「本能寺の変」の意味について語らないと読者は最後までついてこない。
「処女」論争や、「名誉と富は同時には手に入らない」などの総括を行い、さらには「政府とは何か?」まで明らかにしたのだ。
「竹千代どの」
と言って、自分をいじめていた連中が、「読書を途中で放り出している」のを見て、「間違った先生の本を最後まで読むと勃たないんだろう」と考え、さらに、「いじめる側というのは、太い便さえ出れば満足」というおカマが多いことにも気がついていた。
秀吉の死後、「信長学」に詳しいのは自分だけだろうと考えていたし、それを「いじめる側」の人間をグイグイ引き付けていくような文章に仕上げる才能にも恵まれた。
AKB48 teacher teacher

徳川家康という人物を見る上で、「天海による御進講」は当然考えなければならない。
「信長公も、家康も南朝の系譜を引き継いでいる」
このことから、のちに林羅山などが儒学を深めることになる。
徳川家康の何が人気だったかというと、「待ち合わせの時間に彼氏がちゃんと来る」という「確実性」をもたらしたことにある。
統治機構や、経済政策は信長が完成させていたが、江戸幕府を開いてからは、「確実性」というものが広く支持を集めた。
「待ち合わせのテラスであくびをしていた彼氏を見てこの人だと決めた」
高橋由美子 Will you marry me?

「約束の時間」がなければ、授業も講義も練習もできない。
つまり、「自分は何者なのか?」が明らかにならないのだ。
ここから、江戸時代に「国学」という髪も長い女の作り方の研究も深まったし、「儒学」においては「朱子学」がアジア地域の「季節」を作り始めた。
「陽明学」は、心技体と呼ばれ、シーズン制のスポーツを生み出した。
アジア地域は、ヨーロッパと異なり「スカンジナビアシェルター」がない。
つまり、人間が100%気温を決めていたのだ。
このことを日本政府が忘れたのを見透かしてIPCCは地球温暖化を争点にしたし、中国は一帯一路という政策を練ってきた。
アジア地域の、台風はなぜか日本列島に沿うようにやってくる。
これも、中国の朱子学や、北朝鮮の主体思想によるものであり、昨年の台風15号や19号はちょっとした「爆風」だったではないか?
この「約束の時間」「確実性」が90%ぐらいなければ、いかなる「才能」も育たなかったし、恋というものが「仲間が多い、何かやってくれそう」な男に、女が抱くものであることから、「ロマンス」というものも江戸時代に育まれた文化である。
東京パフォーマンスドール 東京ロマンス

菊丸は、この「男女の恋愛の実態」を調査し、課税をする先駆けとなったし、信じている人に裏切られて怒っている人を見つけては課税し、その家庭を国家に編入していった。
そもそも、儒学というものが「お父さんが羊を盗んだ」という物語であり、光秀のように「処女」であることを問題にする年頃になると、娘が非行に走る事例が多い。
このことから、保護司がついたり、更生のために芸能人になったりすることになった。
「約束の時間」「確実性」をいかに90%に近づけるかが問われ、有名人に待ちぼうけをくわせて「儲かった気」になる連中もいることは指摘していい。
あくまでも「90%」であり、芸能界や東大生などがこの世から消滅することはなかった。
「恋の歌」のクリエイターや、キュレーター(評論家)が次々と生まれ、東京大学と芸能界は、巨大な車輪を回し始めた。
「12時間も働いたら頭痛になる」
それすら「恋の歌」が癒す効果があった。
週休二日と言っても「本当はもっと働きたい」と思っているサラリーマンは多い。
いずれにせよ「麒麟がくる」というテーマは、長生きができる世の中でもあり、「恋」ができる世の中でもあった。
光秀は、菊丸には直接女を流し、細川藤孝には「カネを流す」という「2p13s」システムを複数本構築していくことから、自らの発信力を高めている。
細川藤孝(幽斎)は、次男というものの人類学的側面を明らかにし、「次男がなぜ年金未納なのか?」
ということを明らかにすることにより、「次男の年金未納者」を救済するために登場するキャラクターである。
細川藤孝は、「勉強もしないで神を語ることは可能か?」「反省をしないで生きることは可能か?」を探求した。
次男として、「それでも人間は神によって作られている」と位置付けられ、「曖昧な医者」と呼ばれた。
兄は「あいつが神に作られたものでないのならば私は神を愛せないよ」と語っている。
光秀が藤孝に「身内だけの殻を破らなければ活路はないよ」とアドバイスをするほど藤孝は居場所を失っていた。
「親戚中が君に関しては沈黙するだろう」としたのだ。
藤孝はギャンブル性の高い「予言」を次々と外し、「凡人以下が凡人として生きるとは何か?」を体現していた。
「完全性の否定」つまり「無神論」とは藤孝のためにあったものだ。
「神は何かを読んでいるから予言ができるけどよ。一度挫折した人間はどうすればいいんだ?」
神以外の何かが俺を作ったんじゃないだろうな。
何か最高に気持ちのいいものがよ。
なんの実績もない人間が神から生まれるか?
今となっては母の子宮すら疑わしいね。
適当に兄の歌から俺は生まれたんじゃないだろうな。
歌の方が母よりも無限を感じさせるね。
神は無限ではないんだ。
歌も無限ではないけどな。
そのようにして、兄のような哲学の才能も叔父のような音楽の才能もない凡人として「無限とは何か?」を探求したのが藤孝だった。
しかし、細川藤孝に光が見えた。
兄の知り合いの女に「兄・三淵藤英が語った言葉」を話せばいいことがわかったのだ。
神学大全は無限だったが、自分は有限の存在として「曖昧な医者」として生きることにしたのだ。
意味がなくても毎日、勃起してしまう。
フランシスコ修道院の叔父がそんな時に声をかけてきた。
なぜ、兄をいじめるのにお前を呼んだと思う?
お前も兄になれるからだろう。
そんな、叔父と藤孝と兄は「肉体」とも呼ばれる関係になった。
「真理を手にしたものが生き残る」
しかも「絶対」というものがあるはずだ。
幸いにして藤孝はノンケだったし、尾崎豊など信じてはいなかった。
兄の言葉を「ファンタスム」と呼んで、さもすべてを知っていそうな「曖昧な医者」として生きることにしたのだ。
つまり「己を知らない犬」のことだった。
女たちにハッタリは通用しなかった。
「母の子宮が俺を大きく見せているんだろう」
そしてアンリ女王が藤孝を大きく見せていた。
すべての男女のまぐわいが「経験しなければわからない」ということ以外、兄には敵わなかった。
「神を否定するのならば法がお前を守ると思うな」
「父や母を誇りに思え、殺すな、大人として振る舞うな、盗むな、嘘をつくな」
これしか教会は彼には教えなかった。
神は土曜に崇拝するものではない。
土曜とは女が動物ではなくなった日だ。
日曜にまでいじめに必死になったのだから、仕事ではないな?
だったら報酬を望まないことだ。
譲れなかったか?
だったらなぜ言葉を覚えなかった?
多数派工作も兄に負けたな?
勉強の仕方が昔から違っただろ。
今となっては「負けた!負けた!」で済む男だぞ。
三淵藤英という男は。

光秀が本能寺の変を起こした理由については「女は処女がいい」「富と名誉は同時に手にできる」というものであり、「ナントの勅令の否定」に本質があった。
しかし、濃姫が本能寺の変とどのように関わっていたかは明らかではないが、「プロテスタントの世界に魔女狩りが横行した」のである。
論点整理は3日で終わった。
現在でも、女性芸能人の中には本能寺の変に批判的な人が多い。
信長が、土岐頼純の妻を、改めて正室に迎えたり、色々と「おやおや?」と思うような「魔女狩り」はすでに視聴者によって行われているが、本能寺の変はそれを一気に表面化させた。
3日天下の光秀を討てばいいというものではない。
「魔女狩りの鎮静化」を行わなければ、秀吉とて関白太政大臣にはなれなかったであろう。
光秀の「志」には今に至るまで信者は多い。
しかし、濃姫は「魔女狩り」を徹底的に打ち砕くために秀吉の支持を表明したし、御ツマキは、光秀の支持を表明した。
二人の女が争えば、たとえ「生活保護受給権」をめぐる争いでも最高裁までいく(朝日訴訟)。
rebecca Love passion

今でいう関西エリアのおばちゃん連中は、光秀の行動を「冷ややかに」見ていた。
光秀は「ビジネス」「芸能界」のあり方を念頭に本能寺の変を起こしたが、光秀が各方面に支持を訴えかけても快い返事は返ってこなかったのだ。
ある意味、日本経済への「いい影響」が「芸能人女性は処女」という発想にはあったであろうが、関西エリアのおばちゃんたちは、濃姫にはなんら「違法性」は感じていなかった。
濃姫 舞い

このままでは、魔女狩りのおかげで国が割れてしまう。
案の定、西国と東国は事実上、関ヶ原の戦いで国を割ることになった。
徳川家康には「ビジネスに詳しい」ものたちが味方したし、石田三成には「関西のおばちゃんたち」が味方した。
のちに、西田幾多郎も「芸能人や皇族の女子は処女」としている(トポロジー)。
経済効果が違うことが見込まれたのだ。
本能寺の変が起きた時に、「光秀公は何を言っておられるのか?」という反応が起きた。
「おねの悪口は一切許さん」と言っていた秀吉だけが誰よりも正確に論点を理解していたため、すべての戦国武将の間で「秀吉待望論」が起きたのだ。

私が、自らの歴史観を述べたのには理由がある。
「君主が公私ともに安定していれば、失業率を見ながら、日本銀行が円をいくらでも刷っていい」のだ。
失業率が上昇する兆候が見られれば、円を刷るのを止めたり、それでも、政権にブレーキがかからなければ、枝野の立憲民主党の出番がくる。
失業率の増加と権力の腐敗(虚像と実像の乖離)というのは、権力者にとっては恐怖でね。
「暗殺」
の二文字がチラつくのだ。
このへんは、私も勉強が必要であるし、「生かされている」という覚悟が必要になる。
今まで、信長をメインに語らせていただいたが、明智光秀という人物の重要性は論を待たない。
母である牧が、現在の「ローソン」と縁が深く、パスカルという「暗号」にも造詣が深かったのだ。
つまり、菊丸が「子供たちから柿を二つもらった」などの意味はすべて牧がその意味を考えている。
信長に母を殺された時の、光秀の無念は語るまでもないだろう。
ローソンは、「夜中まで勉強する受験生」(忍びの者)の味方であったし、国でいうとロシアに近かった。
ロシアのコンビニの発展ぶりは広く世界に知られている。
「戦があるのはここも同じですよ?」
牧は駒にそのように語った。
忍びの者が「税制改正大綱」を完成させるまでは、牧の戦は終わらなかったし、最後に信長に殺された時は、「信長は鬼じゃ!」と秀吉に言われている。
光秀は、そのような母を持ち、「真実を探して」「学問、その優美さ」という趣旨の書を著している。
インテリの母に褒めてもらいたかったであろうし、牧と駒の関係が微妙なものであることはすでに放送済みだ。
「私以外の女を愛するなんて」
光秀の父への思いがあったことは想像に難くない。
「駒の歌」
を聞いて、「うちの人だ」と思ったが、「ちょっと違います」と言っている。
光秀が、正室に煕子を選んだのも「母に紹介できる」女性であったからだ。
「牧の純潔」「光秀が母の純潔を信じていた」というのも本能寺の変の遠因となっている。
当然、駒=御ツマキにも影響を与えたからである。
駒は看護師としての仕事柄、男のちんちんをしゃぶることはあっても、決して体は許さなかった。
アウグスディヌスが、女にとって「彼氏が神様」と位置付けた時から、ヨーロッパ中世は「男磨き」が始まっている。
酒井法子 涙がとまらない

現在でも、アメリカでは「エクレア」が乳首や局部をピンク色にするとされているが、光秀の政治力の背景には「エニグマ」があったし、それは「紫」つまり「醤油」こそが女性の乳首や局部をピンク色にするというものであった。
「紫」は、第二次世界大戦でも日本軍が南方に持っていったし、しかし腐りやすかった。
エクレアにせよハーゲンダッツにせよカステラにせよ醤油にせよ、「エクレアシスメントX」という成分が含まれている。
信長は「税制改正大綱」つまり男女のまぐわいに税金を課し、他の人々に「幸せのお裾分けをする」という政治学を持っていたが、光秀に関しては「醤油顔の男か?」とシンプルに考えていた。
光秀は、京の街を歩いていて、「鉄砲の調査」と言いながら、女たちの乳首の色と醤油について調べていた。
のちに、光秀が語る「女の乳首の色」「猥談」は、信長の家臣の間でもバカ受けすることになる。
間違いなく信長の家臣の中では「最も偉い」と位置付けられるのだ。
秀吉が「魔女狩りの鎮静化」を行った本能寺の変以降、女たちの間に「男と女は対等である」という言説が語られた。
「結婚するまで男は童貞」(ジャンセニズム)という議論である。
秀吉は、千利休に「ジャンセニズムの証人」になってもらい、今でいう少年雑誌を売りさばいた。
すべて「秀吉が主人公」として描かれたのである。
タンポポ 王子様と雪の夜

高貴な身分にジャンセニズムというものは語り継がれていたが、それが大名まで波及したのだ。
「本能寺の変で魔女狩りをやらなければジャンセニズムはセールスを伸ばさなかっただろう」とされた。
千利休は、秀吉のジャンセニズム(結婚するまで童貞)という生き方と、そのセールスを支えたが、時代を謳歌しているとどうしても「利休さま、キスしよ?」という女がでてくる。
利休が切腹を命じられるのは必然とも言えた。
このジャンセニズムはのちに徳川将軍家や、平田篤胤を経て、今の皇室にまで影響をもたらしている。
「忍びの者」は、それらの秘密を探るという役割を果たし、存続を決めた。
実際に、「奥方様」などは、婿にジャンセニズムを要求することが多く、それは「結婚した」という理由だけで出世してしまう男のダークマター、ダークエネルギーの対価とも言えた。
タンポポ 恋をしちゃいました

たとえば、羽生結弦が、16歳の時、東日本大震災に遭遇し、スケート靴を履いたままリンクを逃げ出したこと。
その後、練習場を失い、仙台の同郷の荒川静香に「トロントの練習場」を紹介してもらったこと。
このご縁から「自らの技術を英語で作り上げる」環境ができたこと。
トロントでは、「日本語のテレビ番組を見るのが趣味で、ナイアガラの滝などの繁華街には行ったことがないこと」など、ジャンセニズムは、「神の計画」のように男の才能を伸ばす効果が観測された。
羽生は、いまだに「福島のアイドル」であるし、イベントでは「2万のスマートフォンが彼を狙う」こともあったが、つまりは「ジャンセニズムのセールス」が認められる。
このあたりも「利休の闇」のようなものがあるのだろう。
ジャンセニズムは、男を「どこまでも、どこまでいくんだろう」というぐらい伸ばす力があったし、令和天皇もそのような伸び方をした。
「源氏物語だね」
と周囲の人々は語っていた。
牧も、光秀にジャンセニズムを求めていたが、秀吉はもっとひどい。
中国の古典を読んでみると「死」という概念が日本とは異なることがわかる。
「妃」を裏切ったら2度と表舞台に出てこないことを「死」と呼んでいるのだ。
人間は二度死ぬ。
射精して死ぬ、死ぬとき死ぬ。
牧は、この点で秀吉を高く買っていたのであり、信長が殺した時に「信長は鬼じゃ!」と激怒している。
秀吉は、その後、利休の力を必要としたのだ。
利休は、「俺は一生、童貞で終わるのか?」と、歳をとった後に牧を恨み始めた。
秀吉はとっくに正室・側室をもうけていたが、利久には「ジャンセニズムのお目付け役」を命じていた。
学問が楽しいうちはそれでいい。
しかし、羽生結弦にはいずれ「体力の限界」が訪れるであろうし、学問の道を歩むものは「迷い」が生じることもある。
ライプニッツは、「絶対に迷わない学問体系の構築」を行ったが、イランや北朝鮮のように「アメリカから経済制裁」を受けたらそのような情報とは接することはできない。
日本国が核開発を行わない理由も、ジャンセニズムや将軍家・皇室のあり方と深く関わっている。
イエズス修道会や、ドミニコ修道会は、自ら厳しい学問を行い、情報を世界に発信しているが、その対価として「核クラブは6カ国だけ」という世界の常識を作り、ビッグマネーを得ている。
オックスフォード・ハーバード・スタンフォードなんてのはそれで成り立っているのだ。
信長は、「女は処女がいい」「富と名誉を同時に手にする」という立場を否定した。
いわば「恋愛と結婚は違うスポーツ」「芸能人になったのならば質素に暮らせ」という立場だったのだ。
あるいは「農業でもやるんだな」と考えたのだろうか?
「魔女狩り」の兆候を快く思っていなかったし、ましてやジャンセニズム(結婚するまで童貞)などというものはお市の方との関係もあり、光秀に時には暴力を振るう要因となっていた。
「迷いのない学問体系」がヨーロッパにあることは承知していたし、その蔵書が比叡山延暦寺に山積みになっていることも分かっていた。
「坊主やお堂などどうでもいい、童貞男に迷いのない人生を保障する舶来の書物を燃やせ」
光秀も秀吉も、この考えには同調しかねた。
「今後の自分の情報力は低下していくのだろう、信長公は歴史の発展段階をもはや信じていない」
ヨーロッパではまだ現在の地図の原型となるウェストファリア体制ができていなかった。
信長にも迷いがあったし、ましてやのちの利久などは迷ってばかりだったであろう。
結論は「ナポレオンが、英語を用いて、神聖ローマ帝国を滅ぼした」ということになるが、それも「今となっては」「神の見ている風景」としか言えなかった。
イギリスは「人口五万人の島」に過ぎなかったし、アメリカ合衆国などなかったのだから、延暦寺焼き討ちも、利休の切腹も「仕方がない」としか言えない。
時代の学問といっても「あらゆる男たちを勃たせる」ことしか政治の役割はなかった。
勃つためには「カネが必要、女性芸能人が必要、世界を敵に回さないことが必要」だとされ、それはすなわち「信仰心を持つことが必要」であることと同じ意味であった。
モーニング娘。ファインエモーション

二人の男が1人の女をめぐって争うだけでも、「世の中の学問」は発展する(実質経済)。
「愛」それは、「局部の閉じた唇に意味を与える」ものであった。
工藤静香 すべてはそれから

秀吉は、五奉行・五大老に「天の時」つまり「5人の女を知っていること」を求めている。
これをアメリカ合衆国は、「2P7」と呼んでいる。
つまり、一番心が安定している者たち、自分よりも賢い者たちを部下にする力量が秀吉にはあったのだ。
「天の時」のある男にカネを流せば、何倍にもなって返ってくる。
天正大判はこのようにして作られている。
孫氏の兵法によると、「1人の女」しか知らないものを「人」と呼び、「2人か4人の女を知っているもの」を「地」と呼び、「3人か5人の女を知っているもの」を「天」と呼んだ。
光秀が明智荘を野盗に襲われた時に「地の利は我らにある」といっているが、女関係がでたらめで、心がすさんだ野盗に対して、「落ち着け」と言ったようなものだ。
「天の時、地の利、人の和」これを孫氏の兵法は重視している。
人として 海援隊

アメリカ合衆国の理論では、「中学校では2人の男が2人の女にキスをし」(2A2)、「高校では2人の男が4人の女にキスをし」(2A4)、「2人の男が5人の女にキスをした」(2A5)時に、一気に、「子供が大人になる」「初体験をする」とされている。
渚のかぎかっこ うしろゆびさされ組

「天の時」「地の利」「人の和」以上の研究は私もしていないが、「そもそも精子が出ない」「子孫ができない」男である可能性も指摘される。
「俺は子孫ができないのかな?俺は動物なのかな?」と考えたら、たちまち心を病む。
つまり、中学時代に、笑いながら「カルピス」とか言っている男は「心を病んでいる」「成績が伸びない」のである。
遊郭で「キスは禁止」という伝統があるが、これは「浮気したら承知しないよ?」という意味であろう。
信長は、比叡山延暦寺の焼き討ちを行なったが、目的は「死海文書の焼却」にあった。
子供の頃は、いじめっ子は「オナニーするのに理由はない」と言ってはばからなかったが、「死海文書」には、「おカネがない、ただ生きているだけ、世界を敵に回す」男は「勃たなくなる」と記されていたのだ。
3人の男が集まれば、いじめは生じる(三位一体)。
いじめは「真理」であり、それが真理であるのならば、教義に取り込んでいくしかないと考えたのがトマス神学であったが、死海文書には、「いじめをやる側は、のちの人生で勃たなくなる」と記されていたのだ。
「勃たない」男は、なにをやるにも「めんどくせえ」というのが口癖になり、おカネの面でも、「いじめられていた側」に依存するようになる。
勃たない男は「癒し系」と呼ばれて、それなりに人気はあったが、女たちも「深い話」のできない男として扱った。
勃つ男(いじめられっ子)は、いろんな意味で「速さと太さ」が違った。
信長が「生駒氏との間に子供がいる」とされていても、信長の資産目当ての連中が「でっち上げた」可能性も否定できない。
信長は「勃たなくなった自分」の存在がバレてはならないために、「死海文書」をもみ消したのだ。
「いじめられっ子にいつしか人々はおカネの面で依存するようになる」
これが「オナニーするのに理由はない」という連中への答えであった。
うしろゆびさされ組

また、金正日と小泉純一郎の、「非対称な交渉」つまり、金正日の小泉いじめも、金正日が「勃たなくなる」という結論をもたらし、優位な立場を楽しんでいたものが、最終的には「おカネの面でいじめられっ子に依存してしまう」という結論をもたらし、北朝鮮は「二度と日本とは交渉したくない」と考えている。
なお、韓国から米軍が撤退すれば、「韓国・日本・台湾の核武装は必然」とされ、天皇家の「言論界における強度」が弱まる。
世界が認めない「核クラブ」にはオックスフォード・ハーバード・スタンフォードつまりイエズス修道会や、フランシスコ修道会が心を閉ざす。
日本国が核武装をしたら、「天を仰いでもそこには何もない」ということにもなりかねない。
勃たなくなった男は、もはや「芸術を愛する」理想主義者でもないし、「真剣勝負に強い」現実主義者でもない。
信長は、本能寺の変の時に、すでに「死に体」だったのだ。
片思いの終わりに 亀井絵里

光秀=天海が、比叡山延暦寺所蔵の「死海文書」といつ接したかは明らかではないが、「いじめられる側」にまわり、いじめる側の主君が「勃たなく」なり奥方様に裏切られるという、小沢一郎のような「壊し屋」をやったのは事実だ。
小沢は政党助成金を着服したが、光秀も似たような発想を持っていた。
まるで、「いじめられることに性的快感を感じる」マゾヒズムのようなものがあったのだろう。
とにかく、主君はことごとく亡き者になっていた。
このようなことを続けていると、「自分以外に女を愛せる男はいない」という「アダム」になれる気がした。
宇宙のビッグバンというものは「永遠の退屈」のことをいうが、ひも理論というものは「のちの世界が逆転写して宇宙の起源となっている」というものだ。
「死海文書」は、いじめ撲滅のみならず、人類の起源の逆転写まで記してあった。
「イエスキリストのようなマゾヒズム」にそのような解釈が存在したのだ。
孟子の教えの「第二の事例」がある。
第一の事例は「父が羊を盗んだ」という話であるが、
第二の事例は「死にそうな乞食に侮辱的に餌を与えたら受け取るかどうか?」という問題であった。
これは、部下に暴力を働いてもなお、上司に仕えるかどうか?という意味である。
「餌を受け取る」のならば「悪人」であり、「餌を受け取るぐらいならば死を選ぶ」のが善人だと孟子は説明した。
これは、死海文書の存在とも通じるものがあり、信長は「平気で餌を受け取る」光秀の存在に好奇心を持っていた。
中国では唐の時代まで「悪人が主流」であったとされるが、それ以降は善人ばかりになっている。
女の事情の存在は、帰蝶と駒の関係を語らせてもらったが、「男の事情」としては「悪人を部下に持つと勃たなくなる」ということが指摘できる。
孟子は「儒学の第二の事例」で死海文書のことを話していたのだ。
信長は、儒学者であり、安土城も自らを「孔子」として描いていたが、「孟子」に命を取られたという指摘は可能だ。

当時は、カントの「純粋理性批判」(黒革の手帖)が出版されておらず、世界の指導者がどのように女を口説いているか?という総集編のような本はなかったが、
濃姫は、土岐頼純を始め、多くの男の「言葉のコレクション」を所持していた。
そこで、信長に「弟があなたを殺したがっている」「お母さんが、息子たちを平等にマスターベーションのネタにしている」などと信長の家庭の「政局」をファンレターとして送ってきたのだ。
濃姫(帰蝶)の読みは、信長にとってまるで「母のよう」であった。
信長は、いくら努力しても「弟たちと同じ扱い」しか母から与えられないことを悟った。
濃姫の「母の気持ち」をのちにメルセデスを作る資金力となっている。
いろんな有名男に口説かれなければ、入手できない話ばかりだったのだ。
また、濃姫は信長に「男が海の上を歩くって噂をご存知?」と語り、「男が男女のまぐわいの途中で体位を変える」ことを女たちがこのように噂し合うことも教えた。
信長にとっては、もはや「処女」なんてものはつまらないものにしか思えなかった。
濃姫 舞い

濃姫の話や、純粋理性批判(黒革の手帖)さえあれば、あとはハンドルと車輪とレバーを作るだけでメルセデスはできる。
教会の教え(史実)に反することは私も言えない。
信長は、「名誉と富は同時には手に入らない」というナントの勅令を出させたが、「エンターテイメント全集・全15巻」などを読まずに「芸人殺しや!」という生い立ちの男たちを念頭に置いていたようだ。
「食い物」「逆らう」「性欲」「深刻な出来事の後」などに「笑い」が起きるが、それが「全15巻」ヨーロッパに存在することも知っていた。
月の出ない夜がある。
しかし、木星の出ない夜はない。
「ツキに見放される」ナイトゲームはあるが、
木星は必ずある。
しかし、土星(サタン)だけは、「子供たちの夢」から逃げることがある。
「男女のまぐわいにカネを払わない」ことから、回数制限がなされずに、女がノイローゼになることがある。
牧も、それで夫のことを「いなかったこと」にしているし、光秀の「いじめられやすいタイプ」は出来上がっている。
「侮辱的に餌を与えられても受け取る乞食」は、組織にどのような影響を与えるのか?
その幼児体験まで見なければ、採用というものは真剣勝負にならざるを得ない。
「サタンの仕業」
それは、光秀の「上司に対する」行いを言った。
ぼくをぶたないで 高橋由美子

現代に至るまで、「すべての家庭が改革を望んでいる」のである。
死の恐怖を克服する方法への答えもいまだ「ない」のである。
「メメントモリ」(死を忘れるな)と言うだけで一生、食うのには困らない。
それと同じで「麒麟がくる」と言っているだけで一生、食べていける。
濃姫も「サタンの仕業」「信長が勃たなくなる」ことまでは想定していなかった。
信長が、「女の口説き方」に興味を失えば、自分にも興味をなくすことを知っていたからだ。
光秀と信長の火が消えようとしている。
そんな状況で、「幼少期のトラウマ」を持たない秀吉がいた。
濃姫は、美女として「ここと今」(Here and Now)という禅を組むときの左右の足を胸に喩えたアルバムで、「信じさせてください」という曲を歌っている。
永作博美 信じさせてください

牧は、看護師という仕事が、「だんだん体の調子が良くなっていく」というキリスト教信仰であることを踏まえつつ、患者の男の信仰心を見ながら、トリアージ(治療する優先順位)を決めているとし、
たとえば、「やり逃げされた男の前に立ちはだかったことはあるか?」などと「女心」に詳しい者の優先順位をあげている、などのことを「フェラ専」「処女」の駒は知らないだろうということから、
「光秀の妹分」=御ツマキである駒とはライバル関係にあった。
義母と娘のライバル関係である。
「男を、返さない、と言ってドアの前に立ったことがあるか?」
そういうことに詳しい男の優先順位を上げるのが看護師の仕事だろうと牧は考えていたのだ。
瀬能あづさ I miss you

民の「男女のまぐわい」の実態、つまり恋愛論(パラダイム・独身者の場合はデシプリン)は、信長の税制改正大綱に生かされることになるが、
その鍵を握るのが駒であることは牧も「駒の歌」を聞いた時に理解した。
「男たちと多く接する機会のある仕事」である看護師であること、さらには、自分の優先順位をあげてもらいたいがためにパラダイムやデシプリンを饒舌に語る患者たちがいる以上、現在、織田家で何が進行しているのか?を踏まえると駒は牧にとっては脅威だったし、ヒロインといっても差し支えはないのだ。
患者たちは「治りたい」と願っていたし、神を信じていた。
しかし、信じるだけではダメだった。
看護師に「女心」「恋愛論」を語らなければ医者の優先順位は上がらなかったのだ。
「女が男の序列を決める」
これを踏まえると、少しぐらいエッチな患者さんの方が、看護師に好かれたし、医者の優先順位も上がった。
看護師こそが、信長の税制改正大綱(男女のまぐわいに税金を課す)というものに大きく貢献するはずだ。
忍びの者である菊丸とすらライバル関係になりかねないのが看護師である駒であり、さらには、のちに信長のちんちんをしゃぶる「女房衆」になる駒の「可能性」への嫉妬心から菊丸は駒にまとわりついた。
牧は、現役は「卒業」していたし、自分に論点見落としがないかを心配していた。
若い女への憎しみは年配の女性にはないが、「娘」となると話は違う。
「戦乱の京でもっと勉強しておいで」という思いと、ライバル意識が交錯しながら、駒を京に追い返している。
帰蝶と牧と駒の「キャッキャウフフ」のシーンはそれほど重要な意味をのちに持つことになるのだ。
身体障害者でも後期高齢者でも「口は達者」であった。
精神障害者よりも「優先度が高い」と政府レベルで判断されている。
「返さない、とドアの前に立ったことはありますか?」
患者が看護師にそのように話しかけるだけで、看護師は「大恋愛のクライマックスシーン」を理解している男だと判断した。
牧よりも、御ツマキの方がパラダイム・デシプリン(恋愛論)に詳しいと判断した時に、信長は、牧はもう殺してもいい、と判断したし、かと言ってジャンセニズム(結婚するまで童貞)ということをセールスにしていた秀吉や光秀の動揺は想像に難くない。
信長にとってジャンセニズムは、少年雑誌のセールスであり、自分にとってはどうでもいいものであった。
ナビが壊れた王子様 松浦亜弥

病気が治りたい者は、看護師に「女心」を語れ、これは「政治」の起源と呼ぶことが可能である。
一方、ジャンセニズムのように「男らしさを語り合う論壇」を宗教と呼ぶことが可能である。
「政教分離」
それはあくまでも「信長の立場」を言うのであり、統治者によっては政教一致になってもなんら問題はないのだ。
上司が部下に暴力やパワハラを行うと「勃たなくなる」(死海文書)、あるいは、誰かイエスキリストの傷を癒しておくれ(政治)、あるいは、結婚するまで童貞の男は画になる(宗教)、など、キリスト教がかなり、戦国時代の奥深いところまで入り込んでいたのが、「麒麟がくる」というドラマの背景にある。
税金というものは「男女のまぐわい」「信じていた人に裏切られたときの怒り」などに課すが、確定申告や源泉徴収で税金を納付しても「財務省に届かない」「消えてなくなる」ことがある。
うまく「納税者意識」を国民にメッセージとして伝える大河ドラマの視聴率こそが、国民の格好の「節税対策」になるし、大河ドラマを見ていたら「なんだ、手元にずいぶんおカネが残ったな」ということになる。
「コロナウィルスに感染しない」「節税対策」などのメリットが麒麟がくるを観ることにはある。
牧に対しては、「恋愛と言っても男は私を叩くからね」という若い女たちからの批判があった。
「恋は楽しい?」
どんどん鬱になるだけだわ。
強い男は好きだけど、出世する男ほど、男女のまぐわいの時に暴力を使うからね。
牧はこのような批判に対して、「ぶって、ぶって」という女がどれほど賢いかを知らない、と答えた。
「姫」という名前目的で結婚したというよりは、いい男選びの基本は「ぶって、ぶって」にあるとしたのだ。
もっとも、牧はすでにこのような色恋沙汰から「卒業」していたため、あんがい無責任な側面があることは知っておかなければならない。
食事を作っても、うんともすんとも言わない旦那・彼氏、何か聞いても「4通りの答えを」用意していない旦那・彼氏ならば、「死なないかな」と思うのが女であった。
牧は、信長の税制改正大綱に関与しようとしたし、自らの夫(光秀の父)を神格化しようとした。
駒の「大きな手」に強く影響され、あるいは、亡くなった人は二度と自分に危害をもたらさないということもあり、信長の税制改正大綱(矢銭)の完成を見て、リード社の「ゴルゴ13」と自分の夫と位置付けようとした。
ゴルゴ13ならば、秀吉も利休も「人生の迷いのない先生」とみなすであろうし、どの女も「自分の死んだ旦那はゴルゴ13のモデル」と言って争うであろう。
いずれにせよ、リード社は、牧の資産によって作られたし、信長は「ゴルゴ13と比べられること」を極端に嫌った。
牧は、いろんな国の言語を自在に操り、世界を旅している、さらに「一流のスナイパー」が自らの愛した夫であるという「神」概念を構築していった。
駒は「大きな手」と言って、牧のご機嫌をとったし、秀吉も光秀ものちの利休すらも、ゴルゴ13=アブラハム信仰にのめり込んでいった。
「すべての女たちが自分の夫で自分を慰めている」
このように主張する「税制改正大綱の功労者」を信長が見限ったのだ。
どの人間も「自己愛」を持っている。
どのキャラクターも「神に愛されている」作品だった。
ハートをロック 松田聖子

なお、孫氏の兵法に、「100里、兵を進めると70万世帯にお金が行き渡る」「1人の敵には2人で向き合え、どちらかが倒れたときのために背後に5人控えよ、さらに後ろに11人待機せよ」というのがある。
まるで、現在の選挙戦術みたいなことが書かれている。
「戦いがもつれたら、高くて狭い道を制するように」などと、信長や、光秀の父のような「高度な語学力」の有効性が指摘されている。

 

« 新カント派が街にやってきた。 | トップページ | コロナウィルス(新型肺炎)について。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新カント派が街にやってきた。 | トップページ | コロナウィルス(新型肺炎)について。 »