最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« イデオロギーの時代へ。 | トップページ | 新カント派が街にやってきた。 »

2019年12月24日 (火)

処女~その高貴さ。

イデオロギーに関してはすでに述べたが、1960年代の東京は「セックスと革命の嵐」に襲われた。
その中でひときわ輝いたのが「吉永小百合」である。
「処女~その高貴さ」
これを語るうえで、吉永小百合や伊豆の踊子は避けては通れないものだ。
周囲が「生娘」がいるために、言動を慎み、生娘に「簡単にセックスすることはできるけど、生娘のままいてもらった方が都合がいい」と考えたのだ。
それは、サークルに「刑法」が必要だったからである。
処女のことを「実践理性」と言うが、構成要件とは「実践理性の定言命令」と呼ばれる。
処女とはきわめてノスタルジックな概念であった。
しかし、処女たちが語る「男らしさ」つまり「処女神学」とは常に「童貞」を意味していたため、少年雑誌の読者に処女を取り込んでいくためには主人公は常に童貞であらなければならなかった。
少年雑誌のセールスが「処女神学」の動向を示していたし、そのまま日経平均株価となった。
少年ジャンプや少年マガジンを読んでいる男は、「自分の周りの女たちは全員処女」という発想が抜けきらなかった。
「性行為非公然性」(アクラシア)というものが出来上がった。
それで、世の中をうまくわたっていけるかは困難な問題だ。
しかし、イデオロギーの確立と同時に、国家は「日経平均株価を上げる」ために、少年雑誌をガンガン売り始めた。
しかも、その内容が「面白かった」のである。
「はじめの一歩」は30年以上にわたって若さと童貞を維持し続けた。
政治的弱者を生み出しかねないのが少年雑誌のセールスであったが、それでも国は豊かにはなる。
CoCo メロディー

優生学は「人間は鈍い方が生きていきやすい」としていたし、女は少年雑誌を読む男の鈍さに「常識を知らない」と感じた。
なぜ、処女神学は童貞男をヒーローにしたのだろうか?
中森明菜 十戒

少年雑誌や処女神学も「男が勃たなくなる」ことは「タブー」としていた。
恋の話で盛り上がれるうちは処女神学は強い支持を受けたりもしたのだ。
酒井法子 天使の館

イデオロギーが確立した時代に、少年雑誌の山に囲まれた男は「エリートではあっても政治家には向いていない」と周囲から奇妙なメッセージが送られてくるのを聞いた。
そうだ、なぜならば「国の豊かさにはつながる少年雑誌」ではあったが、読者は「大衆」と呼ばれたからである。
常識を壊していく「知的トレーニング」が必要であったが、それでも彼は「メシア」であり続けるだろう。
なぜならば「エリート」だからである。
処女神学が「エリート」を生み出していたが、「踊り子と学生さんじゃね、世の中にはどうにもならないことがあるんだ」とおばさんは語った。
あくまでも「おとぎ話」の世界で出会った二人に過ぎないということを物語っている。
「甘美なるもの」ともいわれたし、「幸福の関心と道徳」とも言われた問題だった。
伊豆の踊子

なお、吉永小百合の映画作品の「お相手役」として定番だった浜田光夫が、「事件」を起こした後に、復帰したが、「もはや世論は浜田を受け入れることはなかった」と語られている。
これは、浜田光夫の「童貞性」を世論が認めなかったことを意味するものと思われる。
これが「処女神学」と呼ばれるものだ。

そもそも、処女たちは、君主トマス・アクイナスが、即位するプロセスで自分をいじめた者たちの物語をペテロの葬列として描いたことから、「いろんな男たちの論理」を知り、「シスター」と呼ばれる集団を形成したことにその起源を見出すことができる。
シスターが「いろんな男たちの論理」を知らなければ、スポーツではなく、戦場で人を殺すという戦争が起きかねない。
「平和」というものは「スポーツビジネスにめっぽう強い」者が唱えるものであり、自分がいじめられたくないから権力者が唱えるものではない。
カントはあくまでも「刑法」を作るために処女というものに注目したが、処女たちは「いろんな男たち」を語り合いたがったし、どの男に初体験を許すのかについて関心を抱いていたのだ。
そもそも、1970年のミシェル・フーコーの「生まれながらの男女」が生まれる以前は、「おじ」にいじめれることで男の子はちんちんがデカくなったことから、秘宝館のようなものも「おじさん」崇拝であったし、ペニスエンビーの沿革も「心ないおじ」に求めることが可能だ。
祖先崇拝というものは、叔父とチンポ、おばあちゃんに愛された女の子、という構図が理解できなければそもそも生まれないものだ。
真夏のフェミニスト ribbon

「処女の発見」はそのまま、男の子の「童貞の発見」へとつながった。
そこで、ダビッドソニアン(恋派)と、ウィリアムジアン(愛派)の区別が男の子に生まれた。
酒井法子 恋と愛のニュアンス

恋派(ダビッドソニアン)の憧れがハーレー・ダビッドソン(バイク)である。
恋派とは仏教・マルクス主義を背景にした存在である。
あの夏のバイク 国生さゆり

簡単に女を口説き、簡単にセックスすることができる仏教徒・マルクス主義者には、ハーレーダビッドソンジャパンが「高いバイク」を売りつけることにした。
「女はそんなに安くはないのよ?」
ハーレーに乗る男はどの道「人の心」(心理学)に興味を持ち、そして語らなければならなかった。
たとえ低学歴であってもである。
職場の「人の心の評論家」であればハーレーに乗れたし、たとえ鉄筋屋の兄ちゃんであっても、それさえやっていればハーレーに乗れたので、それなりの読書をするモチベーションにはなった。
給料日になるとポケットに30万円ねじ込んでゲーセンに行く鉄筋屋だったため、愛派の私とは文化が異なったが、その勤労意欲や、「人の心を語る力量」にはそれなりに敬意を払っていた。
ウィリアムジアンは、ウィリアムズの車に乗りたがる大卒(愛派)のことを言ったが、生活費の中での車にかかる費用の割合はそんなに高くはない。
いずれにせよ「文化」が違うのだ。
ピーナツが好きなダビッドソニアンと、柿の種が好きなウィリアムジアンの区別をするために「柿ピー」というお菓子が売られている。
男の「値踏み」をするのには都合がいいのだ。
rebecca cheap hippies

ウィリアムズは「柿の種が好きなブルジョア男」を見抜く眼力は処女にはないよね?と語った。
いい車にいい生活、しかし、人の心に鈍い、そんな人物像がブルジョアには見られた。
私の魅力に気付かない鈍感な人

柿ピー占いは「お育ちに過ぎない」つまり「サラダ」と呼ばれ、のちに化ける可能性を考慮しないものだとも言われている。
しかし、処女たちには「時間切れ」というものがあり、お育ちを見るしか人を見極める方法がない、とされている。
「口に入れるものを見るのが一番正直だ」とされたのだ。
柿ピー占いひとつとっても「楽しき処女の世界」と言われ、男選びを女たちが語り合う論壇(宗教)は、処女が発展させることとなった。

あるいは「落ち着かない椅子の座り方」をする人は「私を軽く見ている」などという見方も処女には必要になってくる。
時には「別の世界に夢を持っている人」という見方も可能ではある。
どっかりと腰を下ろして今の周囲の人たちへの愛情を示す必要があるのは事実であろう。
「自分が買った車か、親が買った車か?」という判断はウィリアムジアンの立場から「椅子への座り方」で研究が進んだ。
将来の可能性は「椅子」で見るしかないと処女たちは語り合った。
目の前の女を愛するためには「椅子にも演技させる必要がある」とされる。
女たちはみんなが「私は生涯骨をうずめるのに完璧な存在」と考えていることも知らないといけない。
あるいは、間抜けな自分の表情を写真で公表できる男は「魅力をいろんな方法で高めていく力量を持っている」とされ、「表に出れない顔」とさほど区別はつかなかったが、とにかくすっぴんで写真に写れる男は才能を感じさせた。
あるいは、すっぴんの写真を公表できる男は「性欲がある」とされ、勃つかどうかが判断できた。
変な「アニメキャラ」などを表に使う男は勃たない可能性がある。
「自撮り」を取りたがる女も同様に性欲があった。
Little glee monster 愛しさにリボンをかけて

男の「才能と性欲」はきわめて処女たちにとって大事な問題だった。

「育ちの良さ」「私への愛着」「才能と性欲」が、柿ピー、椅子、写真からわかるようになっただけでも、処女たちは大盛り上がりだった。

カントは、クリスチャン・ウルフの「レイプ学」から哲学の世界に入っている。
そもそも、現在のカリーニングラード(当時のケーニヒスブルク)で育ったカントは、バルチック艦隊の資金の裏付けを得た人物であるが、日本は日本で、レイプ学に関しては負けてはいなかった。
公衆浴場でシャンプーしている途中の女を犯したり、娘に目隠しをして男とセックスさせ、目隠しを取ったら相手の男が実の父親だと気が付くなど、ウルフの「資金集めの方法」は、「お前、それでもクリスチャンか?」といわれるようなものであった。
いずれにせよ、カントに「おカネの」勘定を教えたのがウルフだった。
伊藤博文は、東プロイセンのこのような「資金集め」をみて「プロイセンを見習いたい」と考えたエッチなおじさんだった。
カントは「イデオロギーの発見」以前の人物であるが、性欲の起源を「悟り」(自殺)に見出している。
こんなことをしたら家庭が崩壊してしまう、そのような「映像」をたくさん作り、人々に提供したのだ。
出演した男や女に多額の金を払えば、家庭は崩壊をとどまるのだから性欲というものはうまく成立した。
あるいは、女に騎乗位で、ちんちんをこするだけで「君、スタイルいいね。うまいうまい。今すぐうちの店で使えるから」といって二人きりの話し合いを撮影し、突然、「挿入」し、女が「私は歴史よ?撮影しているんでしょう?」などとビクンと反応する場面などを研究した。
これが「プロイセン」の国の生い立ちであり、世界で同様の「国の生い立ち」をもっているのは中国だけだろうとされている。
カントほど「処女と非処女」の扱いを明確に区別した男はいない。
金集めに使える女を「純粋」と呼び、秩序の維持のために大事にしなければならない女を「実践」と呼んだ。
挿入が破滅につながる「悟り」(自殺)に性欲の起源を見出し、そのような映像を作っては多額の金銭を支払い、それを視聴者に提供するというウルフの研究を引きついで、カントはその後、「デカすぎるイチモツ」(超越論的)の研究へと移った。
男女混浴の温泉で、女に「デカすぎるイチモツ」を見せて、「いじめられるとこうなるよ」と人生について語り合った。
そのあと、女がマスターベーションするのが分かった。
デカすぎるイチモツに「男の人生」が詰まっている以上、女は話をするだけでマスターベーションした。
そもそも、男女混浴の風呂とは、男の人生を語り合う場所であり、女がマスターベーションするための場所であった。
挿入が破滅につながる「悟り」(自殺)の次は、デカすぎるイチモツに「女の」性欲の起源を見出している。
デカすぎるイチモツから、パイズリをし、胸に射精をしただけでなぜ女が快感の声を上げるのかという問題から「子供が産みたいという感情が性欲の起源」ということは分かったが、なかなかカントの時代には「イデオロギー」までは到達しなかった。
胸に射精をすれば女が感じるというのは重要な論点だった。
「顔ではない、胸なのだ」
これが女の「自意識」というものだと知った。
貧乳レズビアンに「胸に射精をされるのは好きですか?」と問いかける必要がある。
「悟り」(破滅・自殺)型の映像を見たり、デカすぎるイチモツ型の映像を見たり、胸への射精(自我)型の映像を見たりしたら、女は感じるのではないかと考えた。
いずれにせよ、数学者カントに「哲学」を教えたのは、クリスチャン・ウルフであった。
カントは、メジャースポーツに「哲学」を用いることにした。
私も「カントはもっと紳士だっただろう」と考えて、女の子たちにかなり紳士的な「感じる話」をしてきたが、カントもマルクスに負けず劣らず「お下劣」だったのだ。
マルクスを研究した後に、「カント再評価」をしなければ、その「真の意図」を理解することは困難であろう。
超越論的とは「大きすぎるもの、小さすぎるもの」という意味であるが、これを「勃起」と同義であると考えるに至るのにはある程度の哲学の経験値が必要だ。
「見て、聞いて、触って、想像して」射精をするのならば、その「想像」という部分をいじろうとカントは考えたようだ。
高橋由美子 レイニーデイ×3

カントはあくまでも数学者であった。
メジャースポーツのルールを作り(裁断的)、そこでカネ集めの方法を探す(裁量的)な憲法観を持っていた。
観客の男たちは、かつてはそのスポーツを自ら楽しみ、誰よりも「自分をいじめた」選手を見に来ていた。
女たちは、男たちが自分をいじめてちんちんをデカくする場所に集まったのだ。
キャンパスライフにも、同じような「偏差値」「いじめ」が存在し、キャンパスライフを楽しむこともメジャースポーツだった。
片思いの終わりに 亀井絵里

東京大学の「ジャパニーズサバイバル」はいまだに世界的評価が高く、その入学試験のし烈さから、キャンパスで遊んでいても、日本語で試験をやり、日本語で授業をやっていても、世界ランキングは22位とされる。
あくまでも「スポーツ」の観点からのアプローチであり、学者の講義の内容をグローバルスタンダードで見たものではない。
法学も医学も「妻の貞節」さを最大限に活用し「意味不明」な世界観が構築されている。
悟り(自殺・破滅)にこそ性欲の起源があるとしたカントは、「私、売れないからだなんです」という人妻をレイプすることにその沿革を見出すことが可能だ。
プロイセンはキリスト教社会ではきわめて個性的な輝きを見せている。
マルクスほどシンプルに「支配と従属」に性欲の起源が見いだせたわけではないが、「皇帝カント」なりの思索のあとは垣間見える。
だが、「経済学の誕生」とまでは言い切れないために「哲学」と呼ばれているのかもしれない。
他にも、キャミソールを下ろして胸を晒すなど、洋服も「心理学ではなく物理学に頼らなければならない」ことを女たちに教えた「悟り」の可能性もカントは示した。
マルクスの「イデオロギー」に造詣が深かった明治天皇は「王政復古の大号令」を出すに至ったが、カントに造詣が深かった伊藤博文は「先生」と呼ばれ、カフェーの、女主人が「伊藤先生に抱かれれば箔が付くから」と言って、生娘を差し出す有様であった。
カントは「女の子の初体験と悟りの関係」にもその関心を寄せたのだ。
挿入が「悟り」(破滅・自殺)であるというところにカントの真骨頂があり、たとえば、保険の営業レディーに、「カネを払わせるのならばからだを売れ」というような「必然」もかつては横行した。
初体験にせよ、営業レディーにせよ「撮影しなければ意味がない」という側面がある。
女の胸を見ることに「自我」を感じ、男の「デカすぎるイチモツ」に超越論的なものを感じ、最後に「悟り」(破滅・自殺)を感じる、このような「ポルノの方程式」を明確にしたカントは、あきらかに「皇帝」であったし、ネジのぶっ飛んだ男として仲間が多かった。
渡辺美奈代 ちょっとフォーリンラブ

 

定言命令は、自我と超越論的と悟りの三つから成り立っている。
カントは、「エロビデオの可能性」を探求した後に、「義務を守るとは何か?」「キリスト教とは何か?」を語った。
あくまでも「三大ネットワークをしのぐ富を生み出す」方法を探求した後に、「楽しいキャンパスライフ」を提供しようとしたのだ。
「気持ちいいことしたい?」というのを「最高善」と呼ぶが、それは決して「女の側」から言うものではなかった。
若い女が客引きをやって、中年のおばさんが出てくるような世界であるのが現実だった。
瀬能あづさ 愛になりたい

定言命令と仮言命令は、レイプか和姦かの違いの区別を行うために考えられた概念である。
キャンパスでは当然、仮言命令に従って、彼女にカネを払わなければならなかったが、定言命令を知っているかどうかが男の知性というものであり、定言命令を二人で映像で楽しんだ後に、仮言命令に入っていくという方法が穏当かと思われた。
おカネが必要である学生ならば、当然、定言命令は理解しておかなければならない。
ハンディカムと仲間がいればいいだけだったからだ。
カントは、それぞれの女の「育ち」「家庭のルール」から人間らしさを抉り出そうとしたのであり、三つとか五つとか言って女を買っても「面白くない」ことを明らかにした。
自我と超越論的、そして悟りの三つがなければ面白くないと考えたのだ。
おのずと「守らなければならないルール」「市民としての自覚」が芽生えるということから、性行為非公然性(アクラシア)にキリスト教というものを見出していった。
教義が先なのか、エロさが先なのかは明らかではないのがカントのキリスト教であった。
旧約聖書に従って「禿げない方法」「禿げを笑いに変える方法」を私も明らかにしたが、イスラエルの北にあるレバノンでは、公然と「キリスト教ファイナンス」および「教義」が実践され、イスラエルの「陛下」の支持基盤となった。

カントの「自我」(女の胸)、と「超越論的」(デカすぎるイチモツ)、そして「悟り」(破滅)は文明化の象徴として世界に広まった。
我が国が「世界人権宣言」や「国際刑事裁判所」に加盟したことからこのような文化が広まったものと考えられている。
台湾や中国にもすでに広まったが、「朝鮮半島の人間はカントを受け入れていない」ということも考えなければならず、日本国が「文明化」を導く可能性も捨てきれない。
ルター派が「あの女性芸能人が脱ぐ・脱がない」を散々問題にしたことも背景にある。
芸能界がなければ文明化はそもそもない。
道教のサウンドで歌う仏教徒の美男美女が、ヒンドゥー教のきれいな息を吐き、儒学によって人格をぶった切り、削り、磨くことから、アジア地域にカントを受け入れる土壌が出来上がった。
桜蔭女学院の皆さん、先ほど撮影させていただいたセクシャルポーズから、下山さんが「分身」を水鉄砲にしました。
下山さん、最終学歴は?「中卒です」
下山さんは大変立派なイチモツの持ち主です。
それでは、桜蔭女学院の東大を目指している女子高生の胸に、下山さんの分身をぶっかけてみましょう。
「キャー」
カントは、クマやオオカミがいる世の中で「勉強に意味を与える」ということを母に教わった。
母親から、教科書を渡され、読み、要約を答え、母親に正解を聞くということから始まり、勉強こそが自分をクマやオオカミから身を守るだろうと考えたのは日本の神道と共通しているとされる。
やがて、クマやオオカミから身を守る手段は「レイプ学」へと変わっていった。
驚くべきことに、カントの「レイプ学」は、プロイセンだけでなく、多くの国々の「カトリック化」をもたらしたという事実である。
ミスロンリー CoCo

カントは大学に入り、叔父からの経済的支援を頼りに、彼女もでき、ビリヤードの賭けなどで小遣いをためたりしていたが、だんだん「レイプ学」こそが、彼の社会的地位を高めることが明らかになった。
父が亡くなると、カントの「レイプ学」は、強烈な検閲の対象になっている。
カントは学位を取らずに大学を去った。
クリスチャン・ウルフとの出会いは、あくまでも「カネと生活のため」ではあったが、学位を持たないカントが、プロイセン建国に関与することになったのは驚異的だ。
池に石を一つ投げるのならば波紋は普通に拡散されていくが、二つ投げるのならば、ノイズにかき消されて「真理」が分からなくなる。
真理が分からないのならば「官庁」が必要になってくる。
真理が明確であり、「石はもはや一つ」と確定するのならば民営化した方が儲かる。
どの省庁も、「石は一つ」という領域を見つけるたびに独立行政法人を作っていった。
「自我」とは女の胸、「超越論的」とはデカすぎるイチモツ、「悟り」とは破滅、この真理をもって宮内庁が独立行政法人を持つことも可能である。
「レイプマン」の版権を今後、この独立行政法人が握ることになるからである。
カントはあくまでも数学者だった。
月に通信基地を設けるアルテミス計画を夢見ていた。
しかし、現実にはメジャースポーツと「レイプ学」を車の両輪として勝敗を楽しんでいた。
デカいちんちんと女の胸が破滅を迎えるという名曲も生まれた。
荒井由実 ノーサイド

どの国も必ずしもワールドカップで優勝できるわけではないし、オリンピックで金メダルを取れるわけではない。
デカいちんちんと女の胸が破滅を迎えることを資金源にしながら「行けるところまで行く」しかない。
哲学とカネさえあれば適当に強くはなるものなのだ。
どの哲学者も「月」を夢見ていた。
ニュートン以降の「タケコプター」の誕生のためである。
しかし、毎日毎日、スポーツで「感動の再生産」を繰り返しながら「ファイナンスの腕」を磨いた結果、「月」が見えるようになるだけだった。
優しくすれば解ける恋のパズルというデカルト的なものでもなく、イケメンならばいいというヘーゲルのようなものでもない。
カントもまた「歳をとったエッチなおじさん」となっていた。
私は知恵の輪

マルクスの「イデオロギー」が理解できないのならば、カントがなぜ「世界史」に名を残したのかが理解できないだろう。
哲学というものは段階を踏んで理解していくものであるが、私も現在のカントに関する理解はこのような「レイプ学」にあったのだろうという境地に達している。
私の境地は世界最先端の境地だということも補足しておきたい。

カントは、「犯罪を犯したら処女がセックスさせてくれなくなるよ」という実践理性の定言命令とは別のアプローチから、純粋理性批判によって「俺が作ったレイプ動画面白いだろ」と言って、経験豊富な女を男たちの統合に用いた。
純粋理性批判が拡散すると、処女が増えるという効果も見込まれ、処女と非処女は共存する形で「統治」に関与した。
さらに、レイプ動画から、「女の失恋ソング」を生み出すということも行った。
「悔い改めよ」とは、女たちが失恋して、そのぶつかり合った夢の隙間を利用して言語を生み出す営みのことを言った。
飲むことと吸うことを同時にできない男女は「明るい曲しか聞かない」「言葉が不自由である」という指摘が可能であり、言葉の豊かさは「女の失恋ソングが好き」というところからもたらされる。
カントは、純粋理性批判によって「男たちの共通項を見つけた」とし、その統治能力に胸を張った。
さらに、失恋ソングを「処女」に歌わせたのだ。
とにかく、ここまで何もかもが機能した哲学者はいなかった。
切ない童話 こんぺいとう

人々はやりたいように生きればいい、という「目的的行為論」はカントのような自信がなければとれない立場だった。
レイプ動画は、男たちの勃起という名の芸術だったし、失恋ソングは女の「経験論的芸術」だった。
勃起という名の芸術は、勃起を利用した真剣勝負へとそのファイナンスの力量を発揮した。
失恋ソングも真剣勝負に利用できた。
やがてそれは「男たちの心の風景」を構築するに至り、それをやったものは「純粋代表」と呼ばれる権力を手にした。
問題は「ポルノで儲けたカネ」というのは案外汚いイメージがあるな、ということだけだっただろう。
しかし、女の失恋ほどの「ダーティーさ」はともなっていないという現実もあった。
男は失恋と言っても案外フェアなゲームをしているが、女はからだを使うのだ。
玄関のベルを押したりしてダーティな側面がある。
男は経験だけで生きていると乱暴な真似をするが、目的的行為論のもとでは「治者と被治者の自同性」がみられた。
どのみち考えていることや見ているものは同じだったからだ。
カネがモノを言うという意味では、被治者の方がカネを持っていたりする。

カントの構築した世界観はまさに完璧なバベルの塔に見えた。
しかし、フェダー・ガーブ誌は「男をみんなバークレアン(ノンケ)だと思っているのだろうか?」と批判した。
「ゲーテやシラー、フィヒテはそうでも、世の中の男たちは必ずしもノンケではない」としたのだ。
「純粋理性批判ではなく、純粋男原則である」ともした。
しかし、あくまでも商業誌だったため、議論らしい議論はこの程度のものだった。
カントは「私は言論の自由のもとで、試みをしたに過ぎない。フェダー・ガーブ誌こそ私の信者ではないか?」と反論している。
小野光太郎講義 カント~レイプマン

カントは純粋理性批判を改定しているが、「バークレアン(ノンケ)」以外の男の研究は人脈の問題などもあり、詰め切れなかった。
この辺りはのちに、マルクス主義の物象化論が強みを見せることになる。
カントは、日本国における私、小野光太郎のように日本人の9割を信者とする神道に似た、「難攻不落の要塞」を構築したに等しい。
そこで、各雑誌も「カントって社会人としてどうよ?」という議論に形を変えてしまった。
ネクタイの色まで話題になる「時の人」になった。
今夜もニュースホリック 酒井法子

カントは「メディアの噂話」と、自分の著作の両方を使って、論敵を「動けなく」させてしまった。
哲学者としては「カントが散歩する時間に合わせて近隣住民は時計を合わせた」「ヒュームがカントを殺した」などの噂みたいなものよりも「カントの面白さ」を知ってほしいところであるが、カントも社会人として生きていかなければならなかった。
また、カントのちんちんが反応するものとは必ずしも私は同じではない、という男は確実に存在したことは忘れてはならない。
なかには「皇帝らしからぬ女ったらし」などという議論もあった。
最後にはカント信者が「じゃかあしい!!カントがプロイセンに処女を増やしたんじゃ!!」と敵を批判する仲間も出てきてカントの人生は「ここまでか」感が出てきた。
「もうあいつはいじめられていた昔のアイツじゃない」と周囲は語り合い、カントは高貴で裕福な人生を堪能した。
哲学者としては「いじめられていた時期」が一番強かった。

カントは常に、表で表現する自分と、日常生活をより近いものにしようと考えていた。
もちろん、家庭内には「仕事とセックス」は持ち込めないわけであるが、それ以外は、できるだけ「表の自分」を日常生活から持ち込もうと考えたのだ。
とくに、ちんちんというアンテナが感じたことを話そうとしたことは「カントの演繹法」として知られている。
カントは、勃つ男は「常に三人の女を意識しながら歩いている」とし、妻と、世の中の二人の女からの奪い合いの対象になっているとした。
三浦理恵子 Jokeにもならない恋

 

ちんちんというアンテナが感じたことと言っても、それは、経験論ではなく、偉大な哲学者の書物を読んだ結果感じたものでなければならなかった。
政治家が、「カントの演繹法」に関して「発想が大学生と同じ」では困るし、女に侮辱されて勃たなくなることもあるだろう。
あるいは、政治コミュニティーにおいて「必要とされなくなる」可能性があった。
そもそも、カントは「レイプ学」を語って、恐れられた人物であったが、のちに「新カント派」は、女性芸能人たちにも恐れられる「強度」を理論に求めるようになった。
女性芸能人は特に「美しさ」を持っていたため、ちんちんというアンテナが、「男は賢い方がいい、女は美しい方がいい」という形而上学を理解しているかどうかに敏感だった。
女が、お母さんが嫌いになり「病的な美しさ」を表現するようになったら、男に「病的な賢さ」を要求するようにもなった。
私は、NBAでプレーしたことのある人と話をし、その人の「賢さ」には舌を巻いたが、「中学生も一番伸びる時期に、進路の問題と直面する」と語っていたことを冷静に考えると、中学から高校へと「一貫校」にしない方が、「性欲が高まる」ということを、その方はご存じがなかったことを知った。
だんだんと「都会」に自分が近づいていくことを感じないと、性欲がわかないことはコミンテルンの理解と同じものを私も持っている。
私も、いちばん勉強が伸びる時期に、中学三年・高校一年・留学・大検・予備校・東大と6年間にわたって「周囲の女子」がメンバーチェンジしていた。
女子が新鮮だと勉強もはかどる。

デカルトは「恋」について語ったが、「逸脱」の重要性を語っている。
日本国の刑法においては、「表面的に胸に触れるだけでは犯罪ではない」とされており(暴行概念の否定)、「胸に手を当ててよく考えてごらん」と女の子に言って、「人生相談に乗る」ことは、各都道府県の条例の問題とされている。
「周囲に羞恥心を与えた」ことを軽く処罰する(怒る程度)都道府県は多い。
しかし、デカルトの「逸脱」(恋の起源)を否定することは困難だと思われる。
たとえば、私が、読者の女性に「胸に手を当ててよく考えてごらん」と言って、「国に近づけるというのは人間にとって幸せなことなんだよ?」と語るなど、「女心」を語ったら、それは「恋」につながることである。
通学列車 モーニング娘。

令和天皇はそのようにして「男の信者」を増やしていった。
自分の信者の男に「恋」する女の子が多かったからだ。
令和天皇に憧れ、令和天皇の一般参賀も見に行ったが、「あの人」は遠いところにいる。
しかし、令和天皇の熱心な読者である彼氏が、「胸に手を当ててよく考えてごらん?」と言うのである。
その「考え」は、「女心」であり、「プロポーズを頂点とした全体主義」であり、また、「処女とジャニーズ」の世界でもあった。
つまり、レーニン主義もスターリニズムも活用したものであった。
優しさに帰れない CoCo

横浜スタジアムだけでなく、各球場の「横浜一家」は、芸能界に地政学的にきわめて近く、国にも近かった。
しかし、「恋」をする理由はあくまでも「逸脱」にあり、垂加神道に詳しいなどの理由が必要だった。
「神・男の完全性を議論するとそう快感がある」(神・男・聖霊)という記述から始まる垂加神道であるが、一見表面的な「女心」に関する議論も、「女の胸に男が手を当てて」話す、あるいは「女が自分で胸に手を当てて話す」ことから「恋」へと発展した。
赤いスイートピー 松田聖子

あるいは、「エロビデオを見て、女が嫌がっているじゃないか、と考える政治的弱者がいて、それに悩む女の子がいる」という記述もセールスを伸ばした。
いずれにせよ、女の子の胸に手を当てて、あるいは「手を当てさせて」語ると恋につながる。
CoCo メロディー

カントは、「レイプ動画」をプロデュースする方法を考えて、「王が男たちの支持を得る方法」を明らかにしたが、
デカルトも「女の子の胸を触り放題の王の信者」を作ることを考えていた。
つまりは「イエスキリストを処刑から守る」ことを考えたのであり、あくまでもキリスト教の文脈に位置付けられている。
あるいは「セックスとは女が男をコミュニティーから離さないためにやるものだ」ということを明確にし、それとは異なる「恋」というものの楽しさを男たちに教えた。
「離さない」
ribbon レディラブ

そもそも、デカルトが「我思うゆえに我あり」という形で、自我というものを「女の胸」としていたことを踏まえ、プラトンの音楽作品を振り返ってみると、キリストを処刑から救うためには「自分の信者の男に女の胸を触り放題にする」ことをデカルトは考えたのであり、カント以前の哲学者としては、「もはやヨーロッパ中世は終わり」と宣言するのに十分すぎるものであった。
あるいは、「セックスしているときの女は常に本気である」なども哲学もセールスを伸ばした。
ribbon 愛してジャスティス

いずれにせよ、ペテロが、イエスに三度問いかけ、三度目に断念し「眠れ、後世のために」と言ったときに、哲学の世界はすべてが動き出していた。
デカルトもカントもキリスト教の世界のエリート以外の何者でもなかった。
まあ、グルーニンとかをご存じの芸能人女性は「いつか白馬の王子さまが現れる」と信じているため、イエスキリストに心を寄せていれば願いが叶うというのは真理ではある。
しかし、それはヨハネの黙示録で示されているように「哲学者があなたを救済するだろう」という意味である。
好きなように振舞っていいから、という目的的行為論は、信者の男に「女性の胸を触らせる」ことを約束したデカルトと、レイプ動画の作り方を教えたカントにその起源がある。
「デカルト的考え」とは「難しく考える」という意味であり、「カント的考え」はもっとシンプルだった。
処刑されたのはイエスキリストであったが、その救済を考えたのは聖パウロであり、プラトンの音楽作品や、男女の共存とプロレスを考えたアリストテレス以降、王位継承でもはや処刑はないなとした聖トマス・アクィナス以降は、かなり、「安定的国家統治」を模索する方向に、デカルトもカントも向かった。
本当に「野蛮」だったのは「平成の日本国」ではなかったか?
誰もかれもが「すべてを見失っていた」のである。
そりゃ、「エッチな女」よりも「嫌がっている女」を犯したいなとはどの男も考えた。
しかし、嫌がると言っても「オーガズムが痛い」から嫌がるのならば最高の仕上がりだ。
「我思うゆえに我あり」
つまり、まっすぐに強烈なオーガズムと向き合えるようになる年齢というものが存在するとしたのだ。
愛の炎 田中れいな

高校生の「恋」に、垂加神道と「胸に手を当ててよく考えてごらん」という発想をもたらしたのは令和天皇であり、高校生程度で「アイツは危険」などと言われるのは神道信者以外に想定されていない。
ribbon バッドボーイフレンド

「アイツは危険」というのを「明白かつ現在の危険」とも言い、「音符でできた言葉」の言論のことを言った。
女にとっては「音符でできた言葉」でも、男同士で話すのなら「大音響」に近いほどうるさい。
そのために、言論の自由の制約を受けざるを得ない。
しかし、男女の「恋」が激しく燃え上がったのならば、かならず「セックス」は気持ちのいいものになるだろう。
沈黙はレイプにつながる。沈黙は「セックスOK」という意味である。
三対三で「割り切れる」のならば、女たちは「沈黙」する。
この瞬間、「時間が止まる」のだ。
いまだかつての名作を「誤解」しているのが日本のポルノ産業だ。
「胸」「大きなちんちん」「悟り」という三つを誤解している。
映像資料(学術)

沈黙さえ怖くない「恋人」になりたい。
タンポポ 恋のやじろべえ

本当に、「名作」を作りたい人はチャレンジしてもらいたい。
このへんは日本国の女たちの「ブッダへの忠誠心」と説明するしかない。
とにかく「伝説からの教え」(カルマ)にしたがうだけなのだ。

カントの立場から言うと「胸を先に晒した」ことは正解であるが、「悟り」(破滅)の瞬間と「大きすぎるおちんちん」の関係が明確ではない。
デカルト的に「胸に触ったのならば、女心を語り合った方がよかったのではないか」とされるのが電車の痴漢だ。
胸に触れて「女心を語る」のがデカルトなのだ。
カントの立場からならば、「おちんちんと悟り(破滅)の関係」が明らかではない。
女の「リアクション芸」のようなものを見る必要がある。
映像資料(学術)2

小野光太郎講義~デカルト

「胸」を公衆の面前に晒したこと、浮き輪で隠しながら「悟り」(破滅)を見せたこと、「大きすぎるおちんちん」との関係は明らかではないが、女が「これでいい」と考えたから感じたのだろう。
女にダメ出しされたら身も蓋もない。
このあたりで、「胸」「大きすぎるおちんちん」「破滅」は妥協せざるを得ない。
できれば、女の「表情」をもっとクローズアップしてもらいたかった。
重要な部分はクローズアップするという基本が存在する。
映像資料(学術)3

女たちは「夢で見たとおりに犯されたい」と考えており、夢の中では男に理想的な犯され方をしていた。
そのため、カントは「女たちの夢」にまで立ち入って、レイプ学の研究を深めた。
一歩間違えば、女が大声を出し、その場で現行犯逮捕されかねないからである。
「この人痴漢です」とか、大声を出されたら、男は哲学者としては失格を意味する。
夢の世界には「重力」がなかったが、そのため、男は、重力の制約を受けながらもいかに、女を宇宙遊泳させるかが問われた。
女は本来、みんなが「マグロ」であった。
男の指図がなければ動けないのだ。
ラカンの影響から「お父さんのエロビデオ」を見て学習する女の子はいたが、それでも、本来は「男の指図」がなければ動けないと考えた方がいい。
夢では「素敵な男の人と空を飛んだ」という夢を見ても、それをどのように「現実」にするかが問われた。
迷宮のアンドローラ 小泉今日子

天草四郎時貞は、16歳で「途中で体位を変える」ことを知っており「海の上を歩いた」と女たちが噂し合ったが、あくまでも「男が女に指図する」のがセックスというものであり、女が「リード」するものではない。
このあたりも、思春期の女の子の「恋の悩み」と言っていい。
マルクスのイデオロギーのように「何を口にすれば男が興奮するのか?」を考えた人物もいたが、女がシャワーを浴びた後に再び胸を隠させる男は案外少ない。
「胸」と「大きすぎるおちんちん」と「破滅」の三要素をうまく利用するためには、女が胸を晒した後に案外しらけたというのでは困るわけである。
松田聖子 蛍の草原

やがて、お互いの胸とおちんちんを知り尽くした仲になると、定言命令(レイプ学)ではなく、仮言命令(和姦)の研究が必要になってくる。
胸とおちんちんと破滅という方程式は仮言命令の世界にはないからだ。
仮言命令が研究できずに、別れたり男が浮気したりすることもある。
冷え切った関係には仮言命令の研究が必要である。
カントは「女には女友達を」「男には男友達を」作ることを道徳と呼んだ。
道徳こそが「冷え切った関係」を改善するからだ。
「あの女が友達」と思っただけでパートナーの女は新鮮になれた。
カントは「胸」「大きすぎるおちんちん」「破滅」の三要素を使って、エロビデオを評論することで、エロビデオの被写体の男女を「友達」にしてしまった。
少なくとも、エロビデオ評論家になったことから電話が鳴りやまなくなるのが現状なのだ。
「友達の友達はみな友達だ」
これは、すべて「法源」から由来するものであり、自分たちのセックスを気持ちよくさせるためであった。
いずれにせよ、パートナーが「何を想像して」感じているのかに興味を持つことを「愛」と呼び、これがすなわち「愛」の定義になる。
仮言命令の世界に入らないと、「愛」というものはよくわからないだろう。
ジュディオング 魅せられて

「胸」と「大きすぎるおちんちん」と「破滅」の三要素が極めて薄い。
社長がどのような人脈を持っているのか?女がどのような「女友達」をもっているのかを理解しないと、なかなか見ている側は「面白くない」のが仮言命令(いつものメンバーのセックス)であり、愛の世界だ。
社長と女性社員という設定はなかなか筋がいい。
映像資料(学術)4

エロビデオの世界は「何を想像して感じているのか?」(愛)までは持ち込めないことも理解しなければならない。
セールスを伸ばすためには「愛のないセックス」を探求せざるを得ないのだ。
一方、有名人カップルなどは、やはり「愛」の世界に属することになるだろう。
ここで、「愛」というものが「相手が何に感じているのか?」に興味を持つことであるとしたが、カントは「女には女友達を」「男には男友達を」を志向したが、
ヒュームは「全米の男たちがイレクト(勃起)している女のからだ」の方が気持ちがいいとし、プロテスタント(偶像崇拝)を肯定的にとらえた。
ヒュームの原則とは「男と女がいなければなんら世の中に法則らしきものは見つからない」というものであることから、「男の序列は女が決める」というところにその真実が存在する。
しかし、「全米の男たちがイレクト(勃起)している女のからだ」はどのように作ったらいいのだろうか?
「女には女友達を」「男には男友達を」と主張していたカントは、ヒュームの「セックスにプロテスタンティズムを持ち込む」という発想に、「敗北した」と言われるぐらい、アイドルとのセックスには夢がともなった。
しかし、「全米の男たちがイレクト(勃起)している女のからだ」はどのように作るの?
という観点から「新カント派」というものも生まれている。
ヒュームは結果しか述べておらず、「どのように?」を語っていない。
新カント派は、「歌って踊れる」まで事細かに詰めていったのだ。
真実の愛は、定言命令(レイプ)にではなく、仮言命令(胸もちんちんも飽きるほど見た関係)にあった。
Is this love BoA

モーニング娘。のメンバーのように「原発支持」を主張し、資金面のバックアップを得るという政治的才覚からデビューする女の子もいたが、反原発派のレイプは容赦なく襲い掛かった。
また、人間行動学的に考えれば、女は「25万人」の男とキスしなければ「群れのボス」にはなれないとされている。
私は、「鉄というものが恋愛の世代を下げる効果がある」とし、鉄鋼産業をAKB総選挙に持ち込むという才能に恵まれたが、これをやった時に、AKB総選挙は実施取りやめになっている。
「神推し」というのはこのレベルでなければならず、私の登場をもってAKB総選挙は終わったのだ。
芸能界が、「新カント派とは何か?」を知った時に、AKB総選挙でなくても、という認識が広まっている。
また、ヒュームは「女の長話を聞き、おカネを払う」ことから小説を書き、おカネを儲けるという手法を紹介している。
そうなると、芸能プロダクションは「男が経営するもの」となってしまい、女の子には「スポンサー」が必要になってくる。
「女の子を人間として認める」ことの必要性が指摘でき、カントのように「定言命令」(レイプ)や「仮言命令」(和姦)と言った「からだの売買」を抜きにプロテスタントが成立するのは事実であるが、果たして、「女の子を人間として認めた」のはカントなのかヒュームなのかは議論の余地がある。
いずれにせよ、女優や俳優という職業が「大勢のスタッフのエネルギーが集中する」ものであることから、カントの「セックス談義」はヒュームという好敵手の前に「新カント派」へと発展を遂げることになった。
また、西田幾多郎が「皇族や芸能人の女子は処女」と主張したことから、父親が、電通マンのように「スポンサーを見つけてくる」才能に恵まれなければならなくなった。
電話でね 高橋愛

一方で、芸能人のように「愛と誇り」「憎しみと侮辱」の両極端の世界に身を置いて、「いない方がいいと思った」という障害者殺傷事件のようなものも起きた。
障害者とは「芸能人」のことであり、平和・正義・環境つまり「有名人の悪口」(平和)、セックス(正義)、「男の邪魔をすること」(環境)のように、植松被告人と同じ行動原理を取る女性は市民の中の実は大多数ではないだろうか?
そこで、「有名人」=「政治家」が、「治める」とはどういうことだよ?という具合に、議論は複雑化してしまった。
カントの「セックス談義」もとんでもない発展を遂げたものである。
ヒュームの挑戦によって、芸能界というものはできたが、新カント派は必死で「治める」とは何か?も探求した。
ヒューム派ではなく、なぜ「新カント派」と呼ぶかと言うと「定言命令」(レイプ動画)の影響力があまりにも強かったからである。
「治める」とは何か?
その真実はカントにあったし、マルクスのイデオロギーとのちに双璧をなすものと考えられている。
「有名人女性とセックスして俺も有名になってやろう」という男が登場し、「ダークマター」(セックスしただけで有名になる男)の「ダークエネルギー」が発見された。
女の長話を、丹念に記憶し、記述する結果無価値論と、男の発言力の前にみんなが一瞬沈黙する行為無価値論が生まれた。
結果無価値論も、女の話の聞き方次第ではとんでもない情報が出てくるが、それを文章に残すのかどうか?男の「聞き方」だけを文章に残す行為無価値論の立場に立った方がいいのではないか?
という問題も生じ、時代を越えて生き残るのは行為無価値論であろうが、世相の記述は結果無価値論に立たなければならないとされた。
AKBレズビアンが、「男女の間の会話」を怠った結果、顔がむくんできたことから、ヒュームの原則(男と女が共存していなければなんら法則のようなものは見つからない)というものは真理であるとされたし、
それでいて、カントの「胸」「大きすぎるおちんちん」「破滅」の三要素も真理であると考えられた。
「愛の問題はどうなるんだ?」
仮言命令というものは、女が出産によりそもそも感度が悪くなることから、「恋の話が嫌いな女はいない」という前提のもとに、「口説き文句」をカントは純粋理性批判において記した。
男女の「神聖な意思」は、カントの「レイプ動画」に味方していた。
「治めること」「みんなが共感すること」はカントの「胸」「大きすぎるおちんちん」「破滅」の三要素にあったし、定言命令(レイプ動画)を見た後に、仮言命令(和姦)を楽しんだらいいという割り切りも必要だった。
カントは、レイプ動画を公表し、その公約数的見解として「胸」「大きすぎるおちんちん」「破滅」つまり、「自我」「超越論的」「悟り」の三つの要素を指摘した時に、とんでもなく興奮する動画が量産されるのを見た。
そこで、ヒュームは「女の子たちは、自分たちが嫌がっていると男が思ってしまうことに悩んでいる」と指摘したことで、「因果関係」(原因と結果)の議論が成立すると喜んだ。
中森明菜 十戒

気が付いたら女の子が芸能界で知られていたということをカントは「何でかな?」と思ったが、ヒュームの指摘によって「女の子はセックスが大好きになっている」ことが分かったのだ。
「男は賢い方がいい、女は美しい方がいい」という形而上学の結論からも、賢い男としては、このヒュームの指摘を理解しなければならなかった。
何よりもカントは、自分の動画に「女の子の側も喜んでくれていた」ということを知ったのだ。
カントの動画のことを「プロレゴメナ」と呼ぶが、プロレゴメナがなぜ、女性芸能人を作るのかはカントはヒュームの指摘がなければ理解できなかった。
「都合のいい女」として芸能界でも重宝がられた。
ビリヤードボールの「一突き」が、セカンドボールにまで影響を与え、いろんな女がセックスが好きになるのが分かった。
それが「プロレゴメナ」の「因果関係」(原因と結果)であり、女の側が「セックスしたいの」と言うようになっていた。
前田敦子

みんなを喜ばせようとして作ったプロレゴメナ(レイプ動画)によって、有名女性芸能人が生まれることを、「何でかな?」と思ったカントに対して、ヒュームは「女の子も喜んでいるんだよ」と指摘したが、これを「女性芸能人を生み出すために動画を作った」(客観的帰属論)というほど男は計算高くはなかった。
とにかく、目の前の仕事をこなすことだけを考えていた。
しかし、そのような「女性芸能人」が生まれることが共通認識になった時には、客観的帰属論も、動画を作っている男が理解するかもしれない。
「来年は忙しくなるぞ?」
と言っても、スタッフも案外思い付きで話している。
男は才能があれば目指すのは「国家統治」しかないが、女が「セックス」に目覚めれば、目指すのは芸能界しかない。
中森明菜 少女A

カントは、メジャースポーツの世界に介入するために動画を作っていた。
しかし、ヒュームが「女の子が喜んでいるぞ」と指摘したことから、「因果関係」という議論にまで発展したのだ。
なぜ、「女性芸能人」は誕生したのかな?という議論である。
「全米の男たちがイレクト(勃起)している女のからだ」を、女たちが文字通り「裸一貫」から作る方法が因果関係の議論であるが、主観説(女がセックスが好きになったことを理解する)、客観説(男たちが女を支持したから)という双方を取り入れた折衷説が穏当であろうが、女性芸能人を生み出すためにやったという客観的帰属論は、かなり明確な「証拠」が必要になってくるし、そのことを証明することはほとんど不可能である。
「女の子にもいろいろタイプがある」というアリウス派(異端)から、私も化学などの研究を始めたが、最終的には「因果関係というわりと単純な法則にしたがっている」というアタナシウス派(正統)の境地に至っている。
客観的帰属論を支持できるのかどうかは、経験則や論理則などの蓄積がなければ分からない。
カントが仕組んだ「エロビデオの作り方」は、あとは映像技術に委ねられた。ブルーレイと4Kテレビによって、ニュートンの想定していた「月」だけでなく、ケプラーが想定した「惑星」にまで、基地を作ることが可能になっており、2024年以降、タケコプターだけでなくどこでもドアなど、多くの「ドラえもんの道具」が作られていくものと考えられている。
カントは、エロビデオのセールスを伸ばして、メジャースポーツの勝敗を決めようと考えたが、その背景にある数学は「7+5=12」というものであり、競技の寸法を意味するものであるか、それとも「12回対戦すれば賢い方が7勝5敗する」ものであるかは明らかではない。
しかし、少なくとも「イエスを処刑して勝つ」という発想を数学によって糾弾した。
空中携挙などと、暗愚なことを言っていた者たちもいたのだ。
カントは、エロビデオのセールスを伸ばして、メジャースポーツの勝敗を決めようと考えたが、その背景にある数学は「7+5=12」というものであり、競技の寸法を意味するものであるか、それとも「12回対戦すれば賢い方が7勝5敗する」ものであるかは明らかではない。
しかし、少なくとも「イエスを処刑して勝つ」という発想を数学によって糾弾した。
空中携挙などと、暗愚なことを言っていた者たちもいたのだ。
少なくとも、カントには「王政(天皇制)への愛」があったし、それを知らない無知な輩を批判する言論を数学により展開したものと思われる。
スポーツが嫌いな者は天皇制を愛する資格がない。
また、競馬や競艇も「賢い者が7勝5敗」というルールを守っていた。
ギャンブル性を少なくする努力はどの世界でも行われており、エロビデオのセールスにしたがって「7勝5敗」という数字が残ることになる。
これが、「文化の全米並み」を意味し、負けても怒るなよ、これはゲームだ、ということを子供たちにも浸透させる必要があった。
ボクシングの世界では「無敗同士の対決」がしばしば行われるが、資金集めの方法で突出するタイソンストリートやデトロイトスタイルなどの存在が指摘できる。
顔が変形してしまうという競技の特殊性もあり、「究極なまでの人体実験」を行うのであれば、「生きるか死ぬか」というゲームにならざるを得ない。
もっとも、天皇が「生きるか死ぬか」ということに周囲が注目するのはゲームとは呼べず、「対戦相手も同じリスクを抱えていた」ということにゲームの本質が存在する。
「カネを持って来いよ」「これはゲームだ」
これが基本認識であり、本当にイエスキリストを愛したことを意味する。
カントは、「命はイエスからいただいたもの」「イエスが感じる映像に俺たち私たちも感じる」ということをメジャースポーツの世界に持ち込んだ。
もっとも、男のおちんちんにも「6種類」あるとし、勃つ、勃たない、ヤリチン、童貞、精子が出る、出ないなど、「6種類」にもいろいろ解釈の余地があり、「命はイエスからいただいたもの」という境地にはなかなかなれない現状もあった。
また、「男の序列は女が決める」という側面があり、イエスのような「大物」とそうではない「小物」がおり、「イエスが感じる映像に俺たちも感じる」という積極的なプロデュースを行うか、そうではない「消費者」の側に回るのかという違いは当然あるだろう。
いずれにせよ、「自分が感じた映像に周囲が感じない」男が「人間というものはな」という「迷い」を見せることが指摘できる。
「人間」を語るようになったら自分の世界もおのずとそこまでだということかもしれない。
「甲子園球場周辺のすべての仕事」を定款に書き込んだ阪神電鉄のような、伝統的球団もあるし、週末の話題を「日曜版」に書くことにした新聞社系の球団もある。
日曜はダメよ 三浦理恵子 カントは、女をセールスにかけることにした。
そもそも、名誉革命(1688年)の時に、オレンジ公ウィリアムが、ロンドンの「シティ」にオランダ美人を売りつけることに端を発した「女をセールスにかける」という発想が、女を「女である」と考える力(mv)から、「セックスの対象としての期待可能性を持たせる」だけで「mv^2」となることを明らかにしたのだ。
ロンドンの「相場」を考えたのはニュートンでもあったが、ニュートン物理学に「どのような新たな説明を与えるか?」を構造主義と呼んだ。
「相場」に、カントは「胸」「大きすぎるおちんちん」「破滅」の三要素からなるエロビデオを考え、「期待可能性」というものから「mv」を「mv^2」にしてしまったが、マルクスも「性欲の起源は支配と従属」ということを明らかにしたものの、カントほど露骨に「期待可能性」「(セックスできる可能性)、最高善(みんなが感じるエロ動画)を考えたわけではなかった。
モーニング娘。20

モーニング娘。20を見てほしい。
みんな、「服を着ている」(mv)であろう。
しかし、エロ動画の可能性を高める(mv^2)だけでも、女を見る周囲の目は変わってくる。
つまり「速さ」(v)を、哲学によって高めていく方向性をカントは模索したのだ。
現在は、「速さを高めた人物はノーベル物理学賞」という時代なのであろうか?
女が「男と空を飛ぶ夢を見る」ことから、重力というものを考慮し、現実社会で「女のエロさを理論化する」という発想が物理学の世界でとられた。
物理学は、「いくら出せるの?」ということから、技術的には発展する。
しかし、自動車だって、デザインだけが変わっただけで、配線は昔と何ら変わらない。
「いくら出せるの?」が変わっていくだけである。
若者は「恋」をする。
しかし、大人が「カネ」を持っている。
女の子も「若者に」恋をする。
大人の「カネ」は、スポーツであったり、勉強であったり、より複雑な形で、「恋」と絡んできた。
昔は、「おちんちん」たちが向かう方向が「ベストテン」「トップテン」などになって地上波でオンエアされていた。
徳仁親王は、あきらかに「焦りすぎ」ていた。
ハローグッバイ

自らを「大人の世界の大海原」に開放すれば必ず病気になる。
小学生には小学生の、中学生には中学生の、高校生には高校生の「水準」がなければ必ず病気になる。
U-18、U-21などを設定しないと病人が続出するだろう。
東京大学は、大学三年次で「就活」が始まり、講義で話したことを司法試験に出題した。
大学入試の知識を「国家公務員一種試験の教養試験」とも位置付けた。
女の「速度」(v)を速めればいいだけだなどとは、どの日本の物理学者も考えてはいない。
カムフラージュ

イケメンピエロとして、徳仁親王は利用され、芸能界においては「女の速度を速める」ために用いられた。
それでも、一部のグループによって行われたに過ぎない。
殺したいのは弟の文仁であっただろう。
しかし、みんな「同様に年齢を重ねていった」のである。
「イケメンピエロ式」の速度の高め方は、病人を続出させた。
サウスポー

「おちんちん」たち、の全員を敵にさせて強さを求めたのが芸能界だった。
カントは「4打数1安打でいいんだよ?」と発言している。
80勝したら日本一の球団だろう。
「4打数2安打」ならば、何かのメカニックが特別なのだろう。
「4打数3安打」ならば「慣性の法則」が働いたのだろう。
「4打数4安打」ならば、バッティングの世界に何らかの改革が起きるだろう。
アインシュタインは「E=mc^2」という式によって、「重さだけが自分を病気から自由にするだろう」としている。
私も、体重67キログラムを、87キログラムに「基準」を変えただけで、病気が治り、思考力が高まったことがある。
この時期に、「英語の達人」として有名になっている。
今でも続けているのだから、体重はすでに104キログラムである。
ナビが壊れた王子様

体重を増やしていかなければ思考力が低下するのであるから、「フォームの改造」はそれぞれの選手の課題とならざるを得ない。
限界が来たら適当に引退するのだろう。
私の「アカデミズム」からの引退は、靴下をはいていることから糖尿病を免れ、色の白い女とのセックスを避けていることから通風を免れている。
しかし、容赦なく「腰痛」は襲い掛かった。

さて、腰痛が私を襲ったと書きましたが、実は、私の父が、私よりよりひどい形で「からだの自由が効かなくなっていた」のです。
腰痛に関しては今まで研究を公表してきましたが、最後に「家族の文化」を問題にしなければなりません。
家族の文化とは「お風呂に入る」「お肉を食べる」の二つに表現されます。
しかし、私も、過酷な頭脳労働を行い、父もそれに連動して過酷な頭脳労働を行っていたのです。
そこで、私は、金銭面で父に依存しきっていたことから、「熱いお風呂に入る習慣を失う」「お肉を食べる習慣を失う」ということになりました。
父もそれは同じだったようです。
つまりは、「熱いお風呂」「お肉」の二つの「家族の文化」を失うことが「ALS」につながるのです。
父もまだかろうじて自分で歩けますが、私は50歳を前にして初期のALSになったことを意味します。
「熱いお風呂」「お肉を食べる」
この二つの「家族の文化」を取り戻せば、父もまた復活するでしょうし、私も同様に復活します。
本来ならば、東大病院に親子そろって入院すべきところですが、モルモットにされて命を失っては元も子もありません。
「熱いお風呂に入る」「お肉を食べる」という当たり前の「家族の文化」を取り戻せばいいのです。
ローリングストーンズ プロディガルサン

私が腰痛になったという話はさせていただきましたが、ALSという病気を調べてみると、
「お風呂」と「お肉」という家庭的な要素を失うとされていることが気になりました。家庭的と言いますと、当然、「性の営み」を含むわけですが、
私の過剰なまでのストイシズムから、「射精をしなかったこと」を「お風呂」「お肉」とアメリカの医学はほのめかしているのではないでしょうか。
つまり、宗教中立的なアメリカの医学は、仏教における「クンバカ」をこのように表現しているわけです。
俗に「腰が軽くなる」と世の男たちは言いますが、過剰なまでに「腰が重くなる」ことを「ALS」と表現している可能性があります。
このあたりは、ノーベル医学生理学賞の問題として、今後とも調査をしていきたいと思っています。

ALSの調査の続きですが、「お風呂とお肉(プロテイン)」そして「クンバカ」を日課にしていると、お風呂に入った時に、腰の左側(アッパーリム)に、心地よい痛みが来る。
それを、マッサージで「散らす」と、歩くのはだいぶ楽になるし、気分もよくなります。
私が最初にこれをやった時に、周囲は「ファーザーオブゴッド!」と称賛の声を惜しみませんでした。
なお、私の「ALS」の余談ですが、「熱いお風呂とお肉(プロテイン)」そして「クンバカ」という治療法を行ったら、腰から背中にかけて(アッパーリム)が痛くなりました。
これは、いわば「膠原病」に類似した症状であり、膠原病が英語で「コラーゲン」と呼ばれることから、サントリーの「セサミンEX」を飲んだらよくなりました。

また、ALSという病気は、病気の「段階」を想定してもかなりレベルが高く、心筋梗塞よりも上に位置付けられます。 クンバカなりセックスなりをやった後に背中が痛くなったら真っ先にコカ・コーラを飲まなければ、心筋梗塞で腹上死しかねません。 腰痛持ちが無理をしてセックスするからこのようなことになります。 コカ・コーラの重要性だけは理解しておきましょう。

« イデオロギーの時代へ。 | トップページ | 新カント派が街にやってきた。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イデオロギーの時代へ。 | トップページ | 新カント派が街にやってきた。 »