最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« サンタクロース。 | トップページ | 経済ベースボール。 »

2019年10月 1日 (火)

ハロウィン。

【インターネットのクォリティが上がると税収が上がる】

グロスというのは「怒りや嫉妬など」の清算がまだできていない「課税前」の状態を言う。
ネットというのは「怒りや嫉妬など」をインターネットで清算することをいい、グロスの対象になったスターたちへの節税効果を与えるものだ。
「炎上商法」というのがあるが、わざわざ、人々の怒りや嫉妬を買って「貧しく」なっている。
WTOルールというのがあって、外国まで「怒りや嫉妬」が波及しないようにはなっている。
あなたの手元にある外国製の製品はすべてWTOルールにしたがって輸入されているのだ。
カネで女を買うたびに税金はかけられる。
インターネット(ネット)の普及率はきわめて高く、貧しき者に「豊かさを」約束するものだ。
怒りや嫉妬をネットで書くだけでもおカネは得ることができる。
世の中は「マクロからミクロへ」という大歓声だけではなく、「グロスからネットへ」という罵声もあるのだ。
ソトの守備

女たちは「常にグロスに敏感」だったし、それが家庭内の愛(ベースライン)を高めることを知っていた。
「グロス」(怒りや嫉妬の対象になる人)を罵倒するだけで、そもそも「グロス」には誰もがなりたくないし、給料に関わることであるから、「炎上商法」というものも、結局、「ゲームとしてはエラー」と記録されるものだ。
「ネットが炎上したから体調が悪くなった」という芸能人もいる。
つまりは、「女の子と話すだけのお金がなくなった」のである。
「5対3」で芸能人の方が上、とされていたものが、「炎上商法」によって「6対2」になる。
このスコアの出し方をすると、通常のプロ野球ではありえないことであるが、グレーな世の中では平気でやるやつが出てくる。
その時の「怒りや嫉妬」をグロスと呼ぶのだ。
リチャード・フリーマンは「炎上商法の研究は15~20年ぐらいしか歴史がない」とし、人々の声援だけでなく、罵声の研究を行った。
GG佐藤 落球

人間社会は、プロ野球ほどフェアなものではないのだ。
「炎上商法」をやって有名になれればいいという人もいる。
それを、いかに「プロスポーツにおけるエラー」としてカウントするかが、グロスとネットという議論である。
人間社会をいかにフェアなゲームにするか?
これはデュープロセスとも呼ばれ、刑事訴訟法の領域である。
卑怯者ほど警察を恐れていた。
「エラーをして有名になろうというプロ野球選手はいない」「しかし、世の中には炎上商法というものがまかり通っている」
プロ野球ではいやおうなしにエラーでなくても凡退であってもグロスとネットは完璧に成立している。
世の中の「グロス」(怒りや嫉妬)に正確に反応するのは主婦層の役割であったし、ネットがこの15~20年の間に世の中の人生ゲームを「よりフェアなものに」近づけていた。
皇族のような人事訴訟においては、グロスとネットはまったく確立していない。
しかし、芸能界のような行政訴訟においてはかなりネットが果たす役割は大きい。
民間人の民事訴訟においては、民間人が「いかに影響力を増すか」という趣旨に鑑み、ネットへの影響をうかがおうとするに過ぎない。
クラリスの心を盗んだなどの刑事訴訟は「完璧なメジャースポーツ」の研究となっている。
「恋の神さま」とは刑事訴訟法学者のことだろう(日本にはいないだろうが)。
「世の中は白黒ではなく灰色の世界なんだ」
そのように大学のOBは語った。
しかし、刑事訴訟法はそうは考えていなかった。
カリオストロの城 銭形

グロスは、青色申告や白色申告、源泉徴収だけで税金を取られるのではない。
ネットで見た上で「貧しくなっている」のである。
なぜ「貧しいのか」まで本来はネットに書かなければならないが、哲学の完成度はまだあまい。
ネット(インターネット)に哲学を書き、読者を「読んだだけで豊かにする」のが、ネットの存在意義であり、私の役割である。
ネットもまだ「フェアな人生ゲーム」を知らないのだ。
芸能人に「炎上商法おいしいっすよ」とあざ笑われるほど、芸能界(行政訴訟)にこだわりすぎなのが現状である。
「なぜ、手元にお金がないのか?」
そこまで、ネットで書いてこそ、人生ゲームは成立するし、お金持ちになれる。
「エラーをした、凡退したから罵声を浴びた(グロス)」というのは確実に給料にひびく。
しかし、人生ゲームで「エラーをした、凡退をした」からといって適当に誤魔化せるうちは「ネット」の役割はあまいといわざるを得ない。
すべては「家庭内に愛を」と主張する主婦層の意識の高さにかかっている。
「税金ってどうやって取られるの?」
それは「手元にお金がなければどこかで取られているんだろう」と言うしかない。
「大きすぎる夢」「やたら怒る」「嫉妬の対象になる」いろんな意味で「貧しくなる理由」はある。
グロスは「荒っぽい人間」である。
それを教え導くのが「ネット」の役割だ。
給料や所得はすでに自分でも理解しているだろうが、「なぜ少ないのか?」はネットの質の問題である。
テレビ局へのくだらないクレームがどれほど国民の所得を下げているだろうか。
人生経験や含蓄を語って、テレビ局の電話対応の人を泣かせるぐらいでなければ、国民の所得は上がらないのだ。
「福祉が専門?」それはあなただよ、奥さん。
人生の苦味や現実を語ってテレビ局に電話するのならば間違いなく「福祉が専門」であり、国民を豊かにするものだ。

人間は「共感」する生き物だ。
その人に共感できればおのずと豊かになる。
「エラー、凡退」をしない人は「面白い人」とグレーな世の中では呼ばれる。
「面白い人」は医学に精通していなければならない。
なぜなら、「人間の体」がいちばん「フェアなゲーム」をやっているからである。
フェアなゲームをやっている「自分の体」に対して誠実でない医者は、おカネからも遠ざかる。
奥さんが自分に忠実なのを楯にとって「わざと難しいこと」を言っているのが日本の医学の現状だ。
私が、自分の健康を英語の医学書を読んでよくしていく作業に、ときにはみんなで大爆笑することもあった。
一生治らないはずの「骨盤の脱臼」がガクンと治った時は特にそうだった。
長続きしない愛は「セックスする」「個性に注目する」ことから生まれる。
インディゴブルーラブ モーニング娘。

DNAは、人が他者に共感できるように作られている。
誰が、DNAをもっとも正確に理解したかが問われているのだ。
「自分をもっと深く掘れ」「しかも、学術書を読んで深く掘れ」
ネットといっても、英語では哲学の世界もあれば医学書もあるのだ。
エロビデオを見て「女が嫌がっているじゃないか」と考える政治的弱者がいる。そのことに悩む女がいる。
CoCo メロディ

男の子は「マクロからミクロへ」という道を歩んで大人になるし、女の子は「ミクロからマクロへ」という道を歩んで大人になる。
そのようなことを正確に理解している文学者ならば「グロス」(人々の怒りや嫉妬を買う存在)になるわけがないではないか。
法学部も経済学部も文学部も、たどり着く答えは「豊かになる」ということなのだ。

いつか何者かになれると考えていた女子高生と、凡人だと悟った主婦ではマクロとミクロの違いがあり、主婦でなければ「豊かさ」が約束されない。
働く女は確かに給料という「カタチ」になるものは手に入る。
しかし、家庭にはいる女は「真実」「福祉が専門」というかたちで豊かになれるのではないだろうか。
誰もが天涯孤独というわけではなかった。
「他者への共感」
これがもっとも必要だった。
本当は「医者」でなければ「同じところが痛む」友人ではなかっただろう。
酒井法子 オールライト

エリザベス女王(私の妻・清子)は1603年に死んだ。
このショックを、令和天皇だけが知っていた。
1603年を永遠に歴史に刻もうと思って、日々、執筆活動をしていたのだ。
ハロウィンとは、1603年のエリザベスの死を、令和天皇とともに歴史に刻むために行われるものだ。
2000年前のスコットランドで始まったものであろうと、イエスキリストとイギリスをつなぐという意味では同じだろう。
大事なのは「いつか何者かになれる」と考えている女の子が、「福祉が専門」の主婦に「いたずらするぞ」といってお菓子をもらうことなのだ。
わざわざ「グロス」(人を怒らせること)を言って「ネット」の発展を促した。
すべて「豊かさ」のためである。
AKB48 ハロウィンナイト

いつ「グロスからネットへ」と女の子は成長するのだろうか?
「福祉が専門」になったらである。
つまりは、「自分は凡人」ということに気がついたらだろう。
「老いや病ほどフェアなゲームはない」ということに気がつく機会もあれば分かる。
デビッド・ルイスは「ルイージアン」として、ルイスキャロルをリスペクトし、文学の奥義は「マクロからミクロへ」「グロスからネットへ」と展開する女の子の人生にあるとし、自分は凡人だと気がついた女が、抜群のタイミングでプロポーズを受け、凡人としていろんな本を読むこと書くことこそが「ネット」であるとした。
情報弱者であってはならないし、iPhoneは6Sから7への進化以上に時代は進まないことを悟っていなければならなかった。
iPhone7は「X」と呼ばれ、それ以降は「いかに進化しているふり」をするかが問われた。
実は、iPhone7以降、どの人間もどの宗教も「進化しているふり」をしていたのだ。
「AAA」(トリプルA)の発行体も、かつてはアメリカ財務省や世界銀行に限られていたが、今では「正しい神を信じ、恋に詳しい」発行体ならばどこでもいいようになった。
JTBが「あのときはあなたに救われたよ」というのであれば、トリプルAを出してもいい。
土曜日に営業している銀行だろうか?それは、「友人」に聞くしかない。
しかも、「信用」するしかない。
常に「面白いことをしよう」というコンテク派(天台宗)も「かわいい娘がいるおっさん」がいちばん面白いとしている。
「どんな禅を組んだらこんな娘が生まれるの?」
よっぽど美女を想像して禅を組んだんだろう。
妻も、夫に感謝したぐらいだ。
つまり「かわいい娘」がいるお父さんがいちばん「友人」にふさわしいと考えられたのだ。
「マクロからミクロへ」「グロスからネットへ」を理解する能力はそのような「お父さん」にしかないとされた。
芦田愛菜

女が男に罵声を浴びせていい瞬間も株と為替は「赤」になっている。
そうでなければ、「ネット」として正解とはいえないのだ。
日経平均株価チャート

ライプニッツは、ヨーロッパの哲学者の偉大さを認め、初めてその「本当の力」を英語にした人物だ。
神聖ローマ帝国の音楽作品や哲学はライプニッツのおかげで、日本国に「J-POP」というかたちで受け継がれている。
本当は二時間喧嘩していたんです。
恋はring ring ring 国生さゆり

ライプニッツは、神聖ローマ帝国の「すべての経験」を英語圏に学習させた。
これは私が日本語圏に引き継ぐまでは日本国には知られていないことが多い.
キッシンジャーが、周恩来と「日本を暴れ馬にしてはならない」として、日米同盟を認めさせた条件として「ライプニッツを学習させないこと」が挙げられていた。
若くして命を落とした場合の「逸失利益」としてライプニッツ式は常に「女の子に優しい」数式となっている。
いつかぶつかりあう男の子と女の子の関係をよく理解したものとされている。
私のヴァンサンカン 加藤登紀子

男女は「声援」を送りあうだけの「マクロとミクロ」だけではない。罵声を浴びせあう「グロスとネット」の関係でもあるのだ。
このことは「プリンセスオブウェールズ」がいちばん詳しいとされた。
株と為替が赤になって「よし、女に電話できる」と思うか、「女に電話で罵倒される」とドキドキするかは人それぞれだろう。
「ルイージアン」「キャロル」を知らなければ「罵倒される」だろうね。
文学なんだよ。
円安株安の頃は喧嘩ばかりだったカップルも、ライプニッツが日本に紹介されてからはそうではなくなっていた。
ヨーロッパの偉大さを英語でまとめたのがライプニッツで、その後、キルケゴールによって「本当に読むべき哲学者」が再編されたものの、基本的には私が日本語にした。
ビートルズよりもかなり遅れたけどね。
ビートルズが教えてくれた 吉田拓郎

「恋」をしたあとに、男女のマクロとミクロ、グロスとネットがすれ違うんだぜ?
男の子は、成長し、「マクロからミクロへ」(勝負事に強くなる・おカネを持てる)、「ネットからグロスへ」(目立たなかったのに目立つようになる)。
女の子は、成長し、「ミクロからマクロへ」(平凡な女だったと悟る)、「グロスからネットへ」(批判されていた側から批判する側に回る)。
瀬戸朝香 マイホームタウン

「恋の行方」とは「マクロとミクロ」「グロスとネット」を想定しないと理解できないし、「僕だって本気」というのもあながちデタラメではないのだろう。
丸腰だと罵倒されるのが分かっているからね。
このことはケプラーによって「勉強静摩擦」と呼ばれ、知らないと「女で痛い目にあう」ことになった。
意味もなく罵倒してくるんだよ。
「グロスからネットへ」という女の動きは、そのまま「女ネットワーク」の構築につながった。
ケプラーは「体重が半分ならば動きは倍ではないか?」とし、女ネットワーク構築の速度は「男の倍に過ぎない」とし、過大評価を戒めたが、それにしても男はのろいものだ。
距離(ディスタント)=dが、加速度に時間の二乗をかける(at^2)のと等しいとするほど、体重と女の速度はもっと絶望的な差になるという指摘も行っている。
星座占いで瞳を閉じて おニャン子クラブ

マクロとミクロの交差、グロスとネットの交差が分からなければ、物理学の世界は「そもそも計算しようとは思わなかった」のである。
とにかく、大学を出たあとに「ぶつかり合う」んだよ。
少なくとも「神はこの計画を知っていた」し、信仰というものがおのずと「上達」であると位置づけられる理由でもあった。
ちょこまか動いて誰からでも情報を聞き出すんだから恋というものは恐ろしいものだ。
「生まれ変わったらもう一度一緒になろうね」
何度生まれ変わっても、誰と一緒になろうと、たどる道は同じだよ。
ライプニッツは「せめて文学だけは記そう」と誓ったのだ。

「北朝鮮がミサイル実験した」(NHKにより発信されたグロス)、「日本と韓国は世界一位と二位を誇る迎撃ミサイル技術を持っている」(正確なネット)。
「中国の軍事予算は日本の三倍」(NHKにより発信されたグロス)、「習近平は台湾を手にしたら中国歴代皇帝に名を連ねることができる。それ以外に目的はない。しかし、中国にとって台湾は”おばさん”であり、お金があれば近づいてきて、メリットがなければ去っていく存在だ。バックには日本やアメリカのような”男”がいる。それ以外に中国には目的はない」(正確なネット)。
NHKはあえて「グロス」を放送している。
以下に正確な「ネット」をNHKに電話するかが試されている。
豊かさは「ネット」が約束するだろう。

習近平より令和天皇の方が「鄧小平に似ている」と言われて、大失恋を味わった習近平であるが、その後の行動は「新毛沢東主義」に立脚することだった。
恋愛と結婚は違うスポーツ、というものを確立した毛沢東であるが、習近平はその人望に自分を重ね合わせることにしたのだ。
香港や台湾とは「一国二制度」というものを維持しようとしている。
習近平は、「鄧小平ほどユニークではない」とアメリカに酷評されたまま、米中国交正常化40周年を迎え、中華人民共和国建国70周年を迎えた。
中国では、スマートフォンに「顔や経歴などをつけて」政府に知られることになっているが、それは「女」というものを政治コミュニティーに引き出すものだ(個ではなく公)。
しかし、香港や台湾をこのシステムに組み込むことはできない。
そのため、「青春時代の恋」を描いた毛沢東に、自らの立ち位置を定めたのだ。
「正しい神を信じ、恋に詳しい」男を令和天皇は標榜しているが、習近平は、その境地を「毛沢東へ」と求めた。
チャイニーズカトリックが何を言うか分からないし、香港とも不透明なゲームをやっているが、習近平の答えは「毛沢東」にあったし、令和天皇に味わわされた屈辱もそこにしかなかった。
恋と愛のニュアンス 酒井法子

 

« サンタクロース。 | トップページ | 経済ベースボール。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サンタクロース。 | トップページ | 経済ベースボール。 »