最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« アメリカの行政学(最新版)。 | トップページ | 宮内庁廃止について。 »

2019年10月22日 (火)

キャッシュレス化の本当の意味。

株式会社ネットプロテクション宛てメール。

喜多慎一郎さん宛て。
喜多さん、これを見てください。
株と為替の値動き この株と為替の動きから、株価が「女の値段」であり為替(円高)が日本国の男の値段だということがわかります。
そこで、株価が下落気配の「赤」を示したら「女が電話を欲しがっている」ことを意味し、円高気配(為替も赤)ならば、この電話の相手は「男」であることを示しています。
このことを「男から女へ」(BtoC)と呼びます。
あるいは、為替が緑であり株が赤の時は「女同士で電話のやりとりをしている」というCtoCを意味します。
さらに、時間は短いですが、株価が緑で、為替が赤の時は「男同士の業務連絡」(BtoB)がなされています。
これらを正確に国民に理解してもらい「同調行動をとってもらう」ことが、「取引先との電話」において必要であり、キャッシュは株と為替の取引でどうにでもなります。
喜多さんが行っている仕事は、まさに国民レベルで株式市場・為替市場を利用したキャッシュレス化のビジネスであり、その仕事は「男が電話を欲しがっている時」「女が電話を欲しがっている時」の周知徹底にあります。
ようするに「NHKや民放各社を利用した広報活動」が仕事となります。
大事なのは「その議論への版権を持つ」ということであり、私は以下の版権を持っています。
取引先と商品のやり取りを行い、決済は株式市場・為替市場に委ねる、これが株式会社ネットプロテクションさまの仕事ではないでしょうか?
大事なのは「国民にBtoB、BtoC、CtoCの同調行動を取らせるということ」であり、そのことへの版権を握っておくことです。
現在は、私が「ビジネスのキャッシュレス化」「電話だけで済ませる」「株と為替に資金の裏付けを求める」という版権を握っていますが、是非、今後、私もビジネスパートナーに加えていただけませんでしょうか?
10月21日(月)

さて、BtoB、CtoC、BtoCの意味を明らかにさせていただきましたが、女性や男性にとって「利益」とは「異性の友達がいる」ということなのです。
このことから「わが社と契約を結ぶ」とは株式をお互いに発行し合うことであり、それを「電話」だけで負債の部を増やしていき、総資産としての資本の部に良い影響を与えていくことが「仕事」となります。
「決済とは異なる企業間で電話と株式、為替で行うものである」ということを理解する必要があり、CtoCである女性社員同士の噂話の交換や、BtoCの時間帯における異性間の「利益を与え合う時間帯」などを株と為替の値動きを見ながら行っていくのです。
時にはBtoBの時間帯に男同士で「女の口説き方」に関する情報交換を行っていく必要があります。
すべては「わが社と契約を結ぶ」「株式の持ち合い」と、利益とは異性の友達を持つことであるということを理解することから始まります。

「取引先を決める」ことそのものが、ヒュームの言う「リーガルマインド」、アダムスミスの言う「完全探求者」、シジウィックのいう「普遍的な見方」ができる連中、つまり「人としての柔らかさ」を判断しています。
「コイツならば株価に貢献できるな」というのは、全体主義を経験した上で、ナチズムへの批判能力をもてるようになっていることを意味します。
つまりは「文学者」なのです。
組織内部では、上司の悪口を言うことは人気があっても、取引先がそれに便乗して「切り崩し」を図ることは禁じ手とされており、特に、宗教団体は教祖の悪口を言うことは「組織防衛」の観点から「聞かなかったことにする」ようにしています。
他社に対して脆弱さを見せてはならない、そのような考えがあるのです。
職場の「ルールの学習」をする以前の、野合の段階であるのならば、みんな「トップの悪口は大好物」となりますが、トップが変わり組織がなくなれば人生は終わりと考える連中は、決して、他社に寛大ではありません。
取引先は決して「野合」であってはならず、トップが変わっても存続できるものでなければなりません。
自分の彼女を守るために、人は「教義」「教団」「マイルール」を押し通そうとします。
その時だけは「本性が見えた」とみんな思うのです。
「教義」「教団」「マイルール」が「リーガルマインド」「完全探求者」「普遍的な見方」でなければ取引先などないといってもいいでしょう。
スマートホンの契約の際に、なんだか客を見てニヤニヤしている社員はいなかっただろうか?
「教義」「教団」「マイルール」が、頑なであるのならば取引先はないし、料金のボッタクリもひどい。
これが「キャッシュレス化の敵」といってもかまいません。
わが国は、若者は全体主義的に動き、大人になったら寛大になるという文学を持っており、それに対して心を閉ざしたのでは、とてもではないですが、異なる企業の男性社員同士のBtoBは成立しません。
急進的な組織ほど、ボッタックリが横行しやすいのです。
営業の成績をグラフにして競い合っているうちはまだあまい。
「教義」「教団」「マイルール」が、彼女を守るためにあることを踏まえると、そうとう社長が柔らかくなければなりません。
「教義」「教団」「マイルール」の学習が難しすぎてはなりません。
社長がいろんな意味で「痛い」「苦しい」立場なのは分かります。
しかし、これはやりすぎだ。
社長とじゃんけん
いくらスマートホンが「いいもの」であっても、会社と客はかなり「対象的」なものに近づけなければならないし、このあたりの「説明義務」「適合義務」をどれほどなくしていくかが重要となります。
一度「失業」を経験してみるのも人間を練るのにはいいものです。
「正しい神」「恋への詳しさ」を証明する場は芸能界にしかないからです。
一度「就職」という名の「思考停止状態」から自由になる必要があります。
「無知のヴェール」を経験しない「信者」は必ず、企業にとってのみならず、取引先や顧客にまで害をもたらすのです。
誰もが「カラオケ」には行きますが、「恋への詳しさ」を深く語れる人こそが「リーガルマインド」「完全探求者」「普遍的な見方」を持っているのです。
これをしっかりと確認しなければ、「わが社との契約」には何のメリットもなければ、株式の持合いもキャッシュレス化にはつながりません。
永田町の「政党」がいちばんこれらの「組織論」に強く、「柔らかいおじさん」「芸能人の別名を持っている人」が多いのです。
エリートのように見える人よりも、「柔らかいおじさん」「柔らかいお兄さん」が文学者であり、芸能人です。
そうでなければ、気がついたら病院でカリカリと怒っているおじさんになってしまうだけです。
「彼女を守りたい」
それは分かります。
しかし、しっかりと「アメリカ合衆国」を理解しないと、ネクタイと背広だけ着た嫌われ者になるだけなのです。
引越しのサカイCM
全体主義とは何か?そして、ニューミュージックを主体としたスターリニズムとは何かを理解していなければ、了見の狭い「企業の屍」となります。
アウトローの連中は確かに出世はします。
しかし、「修羅場に弱い」「いざとなったら逃げ出す」存在なのです。
いざとなったら「正しい神を信じている」「恋に詳しい」というこの二つしか役に立ちません。
そのような時にまで「了見の狭さ」を見せたのでは、人間を語ったことにはならないでしょう。
男が転職する際に頼りになるのは「正しい神」「恋に詳しい」の二つ以外に公約数的存在はありません。
本来、「社会の序列が組織の序列」とも言われ、そこには「神」と「恋」以外にありませんでした。
これがキャッシュレス化の強烈な武器になります。
人間は本来どこに属していたか?
それは中学校であり高校です。
その時に、「何を見たのか?学んだのか?」がのちの人生に役に立ちます。
出世して今までの写真をすべて燃やしてしまっても、「正しい神」「恋に詳しい」という二つの財産だけはすべての人が記憶に残しています。
ジョン・ロールズが「株と為替の値動き」の仕組みを構築しましたが、その「見果てぬ夢」が「正しい神」「恋に詳しい」柔らかい社会人(無知のヴェール)を生み出すことを目的としたものなのです。
インディゴブルーラブ モーニング娘。

女は「パンとセックス、男の邪魔」のためならばとことん己を犠牲にする。
1971年に、ロールズは「ゲームならルール決めましょう」と高らかに宣言した。
ピンクのモーツァルト 松田聖子

組織というものが「男社会」であるため、女は「言いたいこと」をたくさん抱えており、話を聞いてもらえるだけで優しくなれた。
しかし、サブドメイン(女心を率直に表現したもの)は、男(神学)がなければ芸術にはならないではないかと指摘された。
女が「イエスさま」を語る理由もここにある。
レインボーピンク

「パンとセックス、男の邪魔」のためならばとことん己を犠牲にするというのが女だとするのならば、奴隷制や「裁判を経ていない収監」がどれほど権力者の地位を危うくするであろうか?
女性職員は普通に外に出ているのだ。
奴隷扱いされている男や、収監されている男に「イエスの陰」が見えた瞬間、権力者はその地位を奪われるだろう。
サブドメインは「理想の男」を常に求めている。
奴隷であろうと収監された男であろうとだ。
老人も若者も「男らしくある」のがサブドメインのニーズであり、これを理解しない法律は社会を混乱させるだろう。
社会が「刑務所」であるのならば社会の混乱は収まらないのだ。
サブドメインを持った女性職員が「社会の多数派」でないと思うだろうか?
「社会が彼の声を聞きたがっている」時に女性職員は何を語るであろうか?
イエスさまへの女性たちの声援は尋常ではない。
ましてや、「イエスさまに似た境遇」に当てはまってしまうと女たちは止まらないのだ。
聖書は世界一のベストセラーを誇る本だ。
当然、奴隷扱いされた男、裁判を経ずに収監された男の魅力を最大限に描いている。
サブドメインのモジュールはたちまち「処女ネットワーク」に伝わるだろう。
私が「収監」されている間に、「何を考えているのか?」が憶測を呼び、日経平均株価は9千円台から1万6千円台にまで達している。
私が解放されてから、肉声を公表し、さらに金額を積み上げたことは「人々の期待をはるかに上回った」ということに胸を張りたい。
リベラルというのは決して「性に奔放」という意味ではない。
奴隷扱いされている男、裁判を経ずに収監されている男に「女性職員が直に接する機会のある社会」という意味である。
最初に「女心の探求」(政治)を行うこと、そして次に、「女を愛すること」(経済)がなければ、女性職員は男を「イエスさま」とは考えないだろう。
ロールズは「リベラルな社会こそが貧困層をなくす」と考えていた。
それも、サブドメインのモジュールと処女ネットワークを念頭においていたからだ。
高橋由美子 だけどI Love you

どの女性職員も、サブドメインのモジュールは女子高生のままだったため、処女たちに「イエスさまとはどんな人か?」が伝わった。
「政治から入れ、経済はその次」
これは理解しておいたほうがいい。
どの女も見ていない場所でかっこつけたがる男はいない。
かならず、リベラルな国においては「政治から入れ、経済はその次」があなたの政治生命を救うだろう。
さらに「処女ネットワークは国境を越える」ということも理解しておかなければならない。
イエスさまとは「寛大な人」という意味である。
エリエリレマサバタクニ。
とにかく「寛大さ」がなければいかなる国の指導者も務まらないだろう。

令和天皇が即位して、即位の礼の翌日には「彼は足腰が立たなくなるほどの熾烈な権力闘争を終えていた」ことを家を訪問した女性が目の当たりにした。
この時に、男たちは「権力闘争とは何か?」を自分のこととして引き受け、民族の象徴としてのキャリアを令和天皇は始めた。
とにかく「即位の礼」に至るプロセスをみんなが振り返ったのだ。
この日、この時、令和天皇は足腰が立たなくなり、女性に支えられるようにして歩いた。
彼の業績の数々が報道されたが、その「実態」の方に人々の関心は集まっていた。
これが、権力闘争にともなう「善悪の彼岸」と呼ばれるものであり、華々しい業績を見るのか、その実態に迫ろうという立場に立つのかの見解が分かれた。
国内史上稀に見る権力闘争の実態を目の当たりにしたのがモルモン教である。
どの男も「仕事とは何か?頂点に登り詰めるとは何か?」を学習したし、足腰の立たなくなったおっさんの話しを鹿爪らしく話していた。
即位の礼を経験し、華々しい業績のオンエアとは裏腹に、磔になっていた男は、もはや「仕事をする上での男たちの友人」であった。
わが国にはまだ「宗教」は到来していなかったのか?
足腰の立たなくなった令和天皇は、「大腿骨を骨折していた」などと尾ひれがついて伝わったが、偉大な業績とその実像は、人々を「恋の原点」に回帰させるのに十分すぎた。
Duran Duran the reflex

即位の礼の実態に調査団を派遣した医療施設(モルモン教)と、その華々しい業績に恐れをなして「こんなに雨が降ったのは前代未聞だ」と令和天皇を批判するメディアには温度差があった。
しかし、いずれにせよ、男女が「中学高校時代の恋の原点」に回帰して行ったことは、令和天皇が今後執筆活動を行うための巨大な資産となった。
モルモン教は「権力闘争とは何か?」を今後の仕事のエネルギーにしていたし、「磔とは何か?」に詳しかった。
イエスキリストの影響力を封じ込めようというメディアは、もっと将来を見ていたし、そのあたりが「善悪の悲願」(ニーチェ)に記されている。
少なくとも、モルモン教は「俺たちはイエスの友達」を標榜していた。
ドクターノオ 007

「王子とは何か?」はホッブスが明らかにしていたし、「女の口説き方」はカントが語っていた。教育学はルソーの専門だった。
それらを全部読んでみても「女に詳しい王子」ができるだけであるし、その王子が、権力闘争に打ち勝った物語が「善悪の彼岸」である。
「俺たちはどこに向かおうとしているのか?」
それは新天皇が即位してみなければ「どこに向かおうとしているのか?」は明らかにはならないし、その実態が「足腰が立たなくなった」のならば男たちは深刻な表情をした。
ジェラルド・ガウスは「新天皇のその後の人生は人々を惹きつけたよ」と楽観論を示した。
MI6(メディア)は今後、ドクターノオ(小野)への攻撃を強めるだろうが、その牙城は確実に築かれていた。

政府は純粋に「権力とはどこから来るのか」が明らかになったことを喜んでいた。
男たちも「イエスの友達」ならば「女の子に優しくすればモテる」ことを学習した。
恋のパズルが解けたのだ。
私は知恵の輪 うしろゆびさされ組

「イエスの友達は紳士が多い」と噂になった。
女たちも「イエスの友達は情報が違う」と考えたし、女を知ることと権力闘争の真実を知ることは最高の教育だった。
世の中のみんなが「納得できないこと」ばかりだった。
その中で「即位の礼」を強行することは、このような「善悪の彼岸」を生み出していたのだ。
どこでもドアだかタケコプターだか知らないが、人々に「物事を強制する」というのはそのようなものだった。
いずれにせよ、即位の礼の日は祝日になったし、どっち側につこうがみんながそれなりに仲間ができた。
ガウスは「こういうことは実は男ならばみんなやってみたいんだよ」と語った。
「人に物事を強制するとはどのようなことか」
それを悟った権力者の気持ちを知ったのだ。
どの男も「押し通したい主張」があった。
それでも、「イエスの友達」であることしかできないのだ。
「俺の主張を押し通したら、俺は大腿骨をへし折られるのかな?」
それをまず理解した。
「今の俺ならばなんでもできる」などとはもはや誰も思っていなかった。
かつての「タンポポ」のメンバーも、昔歌った「王子さま」のその後を目の当たりにして、もはや遠い目をしていた。
王子様と雪の夜 タンポポ

とにかく、日本国が「キャッシュレス化」されたのならば、一ドル=107円あたりの円高で「円がドルやポンドに勝った」とされていることも踏まえ、外国に行ったら「あいつの懐には円がうなってやがる」と言われるようになる。
つまりは「膨張圧力が高まる」のである。
日本国内における「宗教」が外国に通用するようになれば、日本国で十字を切る外国人に怯えるという外国の「膨張圧力」に勝てるようになるのだ。
チャーチやチャペルに行くほうがファッショナブルなのか、神社仏閣に行くほうがファッショナブルなのかが膨張圧力の問題だ。
少なくとも、私は1980年代に「神道」というものはアメリカでも知られていたが、「初詣に行く程度」と説明していた。
「敬虔さ」において劣るのならば膨張圧力はないといっていい。
日本国は対外的に膨張を始めるのは北方領土からである。
それもすべて、国内における宗教のあり方を見ていくしかないのだ。

中国残留孤児援護基金へのメール。 
こんにちは、神奈川県に住んでいる小野光太郎と申します。
米中貿易摩擦についてですが、私が思い出すのは1980年代の日米貿易摩擦の問題でした。
あの時、レーガン大統領は「日本人の女の子を交換留学生としてよこせ」と言い、私を含めた男子メンバー5名と、女の子16名がアメリカに交換留学生として送られています。
アメリカに行った日本人の女の子は「たったの16名」でありながら、アメリカ人男性とセックスすることによって、日米貿易摩擦の問題を解消しています。
そこで、現在の米中貿易摩擦についてですが、中国人の女の子がアメリカの大学に留学する事例は知られているものの、なぜ、アメリカ合衆国は、中国に交換留学生の女の子を送らないのかが問題になります。
アメリカ合衆国のメジャースポーツは陽明学であるし、高校は朱子学にもとづいて運営されています。
ニューオリンズのハリケーンをなくすのも儒学にしたがうしかありません。
中国としても、もっと「アメリカ人の女の子の中国の高校への受け入れ」を進める方向を模索したほうがいいのではないでしょうか。
今、中国の政府首脳は「日本派」を遠ざけようとしていますが、日本派の中国人ほど「大きな仕事」をしたがっています。
「日米貿易摩擦は、日本がアメリカに女の子を交換留学生として送ることで解決した」ということを米中でよく話し合わなければなりません。
アメリカ人の女子高生にとって「中国の高校」とはそれほど魅力のないものなのでしょうか?
これが私の考えです。
10月26日
鈴木亜美 Our days

 

さて、ロールズは「アメリカ人の女の子にいちから中国語を教える」というあまりにも面倒な「いつもの方法」を提示してきた。
「国際」というものをよく理解していたからである。
「恋をしたい年頃のアメリカ人の女の子」が果たしてそのような時期に中国に来るだろうか?
アメリカの恋愛論や、資金のばら撒き方、芸能界に慣れた女の子に「中国」はどのように映るだろうか。
中国は「近代化」において日本に多くのことを学んだ。
中国には「5G」があるではないか?
しかし、「貧困」があれば交換留学生など受け入れる土台はない。
「香港は治安が悪いらしい」という情報もはいってきた。
せめて香港ならば溶け込めそうという女の子の考えはここで封じ込められた。
WTOの考えはとにかく「国境の壁を高く」することだった。
中国国内で強権的な政治がまかり通っていても、外国には波及しない。
どの女の子も「この空気ならば全米と同じね」と考えている。
どの国も、国内に部落問題などの「負の側面」は抱えている。
習近平は、自らを「新毛沢東主義」と称し、あらゆる問題をクリアーしようとしているのだ。
「恋に富の起源を求める」
これが毛沢東の考えであるのならば、そこに「アメリカ人の女の子」を受け入れる土壌はあるのだろうか?
どの国も「アメリカ合衆国に対して心を開きたい」とは考えていた。
ヨーロッパが、アメリカ合衆国に「太平洋ではなく大西洋を見てくれ」と主張してくることもある。
「関税の問題ではない」
それはアメリカ合衆国の政府首脳はみな同じ考えだった。
アメリカの文化に慣れ親しんだ女の子を、中国に高校の交換留学生として送り出せるのか?体を中国人に委ねることはできるのか?
人権の「アメリカ並み」が達成できるのかが問われているのだ。
Woman from Tokyo

そうは言っても、アメリカ人の女の子は、中国の高校に交換留学生としてやってきて「体を売りにきました」とは言えないだろう。
中国には中国の「プロポーズを頂点とする全体主義」が存在するのだ。
政治(女心を語ること)はいつも「女の子に押し付ける」ものである。
つまりは、「自分の心」を学習するものだ。
中国の「政治」を学習する前にどのアメリカ人の女の子もセックスすることになるだろう。
言語により口説かれて「祝福」に脳がアクセスすることは高校生には無理だろうとロールズは考えていた。
ようするに「私を中国に導いた指導者・言語」と社会契約を結んで欲しいだけなのだ。
アメリカ合衆国に「女性の対中専門家」は果たしているのだろうか?
「言語」ができないのにその国の専門家になることはできない。
中国の「プロポーズを頂点とした全体主義」を理解しなければならないのだ。
中国に多く存在する「イエスキリストのような奴隷男」を見てくるだけでも意味がある。
アメリカ人の女の子は「中国男の熱気」を見にきただけだった。
しかし、高校生ならば「通常の外国人が見ることはできないもの」を見ることが許された。
なにしろ「就学ビザ」だったからだ。
「女であること」「口説かれること」は当然であるが、清華大学に「27名のアメリカ政府高官」を受け入れた中国が、高校という草の根までアメリカに明らかにすることを意味する。
また、アメリカ人女子高生の「文化」をよく理解したアメリカ人男子高校生が何人かついてくるが、後にどんな役に立つかは分からない。
少なくとも「一党独裁」=ポピュリズムとは何か?は男の子の方が学習するだろう。
「パンとセックスと男の邪魔」という女の子の楽しみは理解するはずだ。
高校時代に中国人の女の子でマスターベーションしなければ、本当の「対中専門家」にはなれない。
むしろ、寡黙なアメリカ人の男の子(奴隷)こそが、トランプレガシー、習近平レガシーを引き継ぐのかもしれない。
貿易摩擦というものは「何を言っているんだこいつは?」という問題に過ぎないことがある。
長い目で「何を言っているんだ」という問題をなくしていくしかない。
今現在、米中貿易摩擦がおきているのだから、「何を言っているんだこいつは?」という問題を仕切りなおすしかないだろう。
それは、米中貿易摩擦に限らず、日本国も外交においては「若者にあまえ、女の子にあまえる」(甘えの構造)しかない。
外国国家と摩擦を起こすようであればの話であるが。
男の子が「あの女の子は中国語がうまかったな」と言ってマスターベーションしてもいいだろう。
上達というものはそういうものだからだ。
才能とはそのように育てるものであるし、「何を言っているんだこいつは?」という問題が今あるのであれば、甘えの構造を用いるしかない。
揉めるのならば「長い付き合い」を意味する。
そのための布石をまくだけでも「いいメッセージ」にはなるだろう。
中国女 YMO

二人の女に一人の男というのは、「名目」とも「アイデア」とも呼ばれる構図であり、アメリカ人の女子高生が中国の教室に来るとなると、男の子は「トランプの真似をするか」「習近平の真似をするか」が問われ、また、米中のどちらの国とも社会契約が結べ、さらには米中が対等となる。
「人が育つのを待つ」という悠長な話ではなく、あんがい即効性が認められるのが交換留学なのである。
アリストテレスはこのことをよく理解していたため、ギリシャのポリスを統一している。
子供は家庭の入り口である。
息子が、中国女とアメリカ女の二人を愛したのならば、父としてはアメリカという国とも社会契約を結ばざるを得ない。
山口百恵 絶体絶命

中国側の親としても、息子がアメリカ人の女の子にフラれないために「アメリカ式の食生活」を一度は考えるだろう。
少なくとも「アメリカ人よりも金持ち」であることはアピールしようとする。
また、親はプライベートの話を職場に持ち込む。
アメリカ人女子高生もバカにはならない話題だ。
中国語がままならないアメリカ人女子高生も、言葉が追いつかなくてもセックスしてしまう(前規範的人格態度)ということになり、「ベッドの上で中国語のレッスンか」という噂は法律まで変えてしまうのだ。
アメリカ人女子高生と中国人男子の「セックス」はそれほどまでに「人気のある」ものだ。
また、米中の異なる原則を持っている国営企業や政府の「お父さん」の存在は必ず貿易摩擦の解消に役に立つ。
また、中国人男子のタフネスさ次第では、中国人女とアメリカ人女が喧嘩を始める。
私は、日米貿易摩擦の時にアメリカにおり、「円高が止まらない」という情報と接していた。
日本にいた男子にも「アメリカ女をモノにしてやろう」という考えが生まれていたのだ。
プライベートヒロイン レベッカ

一人の男の子が動けば、他の男子にも同調行動がおきる。
芸術作品にもなる。
「何が男らしいのか?」(法律)が変われば、通貨にも影響を与える。
中国人の男子の「キックオフ」をひたすら待った。
おニャン子クラブ シーッ愛はお静かに

米中貿易摩擦のような「大きな問題」を解決したら、大人たちもとにかく「セックスが気持ちよく」なるものだ。
しかし、大きな問題を解決した人物として、セックスはあくまでもロマンティックなものであった。
アメリカ人女子高生を中国の高校に送ればいいというソリューションを考えるだけで、関係者はセックスが気持ちよくなる。
このあたりも、「解決した問題の大きさ」を考えると、子供たちの問題のみにとどまらないものがあった。
「米中貿易摩擦は交換留学生の問題である」という指摘は、かなり個人の原体験に依存したものであり、それを組織に持ち込むのは難しい。
私はこの企画をアユサインターナショナルの津久井さんに持ち込んでいる。
また、中国側のメリットのみならず、アメリカの女子高生および親御さんに「金銭的メリット」がなければこの企画は通らないだろう。
「習近平の新毛沢東主義って何?」などの興味がなければならないし、新毛沢東主義も「プロポーズを頂点とする全体主義」に立脚するものである以上、子供たちに対して非常にオープンなものである。
毛沢東ならばマイク・タイソンも刺青にしているだろう。
アメリカ合衆国の、子供を持つ親たちが「私たちの家はローマ帝国の王室」と考えているのならば、とてもではないが、娘を中国に送ることはできない。
しかし、中には「毛沢東ってものを知るのはいいことだよ?」と考える人もいるだろう。
アメリカのような食生活をしていたら世界の人口は26億人しか養えないとされるが、中国だけでも14億人いる。
私がアメリカに留学した時は「カツ丼」が食べたくて仕方がなかったが、アメリカ人が中国に行くのならばそんなものではすまないかもしれない。
日米間では大して問題にならなかったことが、米中間では問題になることもあるだろう。
今後もこの問題には注目していきたい。

そもそも、「群れのボス」とはどのように決まるか?
答えは「暴力を使うこと」にある。
しかし、「なにか大きな力」が作用する大きな政府においては「女の子を口説くのがうまい」人がリーダーになっている。
電話でね 高橋愛

何かあったら「殴る」といっているやつが貧しいことが分かるようになるのだ。
処女は暴力男が「10円やおせんべいのやり取り」をするのを見て幻滅していた。
「なにか大きな力」を学習する年頃になると「あいつの電話での危険性」をみんなが噂するようになる。
「暴力だけではない」
これを「電話での危険性」が示していた。
中国はもはや「セックスポピュリズム」の段階にある。
しかも、習近平は、ニューミュージックなどの大人の音楽作品ではなく、「プロポーズを頂点とした全体主義」の立場を取った。
さらに「見た目じゃないのよ」という新古典派の立場を取り、「見た目」だけを見る新派と共存しているのだ。
藤本美貴 大切

体は金で買うものだ。「見た目」ばかり気にしていると「9000人の障害者の村」に送られるだけだということが分かってきた。
鄧小平の「南巡講和」(1992年)も、すでに「中国人の高校生」に着目している。
「なにか大きな力」(大きな政府)は中国のお家芸ではなかったか。
共産党といっても、ニューミュージックのような大人が聞くもの(スターリニズム)か、「プロポーズを頂点とする全体主義」(毛沢東主義)の二つがある。

リベラルな社会とは「男はどんな生き方をしようが自由(フリーダム)であるが、比べられる宿命にある」社会である。
生きるとはどういうことか?繁栄するとはどのようなことか?の立証責任の放棄は、きわめて厳しい制約を人生にもたらす。
これを「基礎的リベラル原則」と呼ぶ。
自由民主党が政権の座にとどまる限り、男は母親の「サクリファイス」(生贄)の問題と直面し、無職なのに「しばき隊」を構成するのは党派を間違えているとしかいいようがないものだ。
「王子のように」というのが教育の基本であるが、これはよろしくない。
人格否定発言

1215年のマグナカルタ以降、「王子さえ見ておけばいい」という法律ができたのだ。
周囲は王子を指差して「こういう奴をいじめとけばいいの」と言っていたが、そのような「負の側面」を克服するだけでも「前向きな比べられ方」がなされるようになる。
「お前がてっぺんならばなんとかしてくれよ!」と怒鳴られることもあった。
発言力はきわめて重いものがあった。
卑怯者はカントリークラブからは永久追放された。
リベラルという用語そのものが「仕える」という意味合いを持ち、「こういう奴をいじめとけばいいの」「お前がてっぺんならばなんとかしてくれよ!」という負の側面と明るい側面があった。
共和党は「なにか大きな力」を働かせるのが好きだったが、民主党はそのようなものは信じてはいなかった。
主権論争(国家のピンチを乗り越える力の所在)の内容がそもそも異なった。
古典的リベラルは「王子からの電話」をいろんな女たちが噂するものだった。
学歴社会が到来していなかったからだろう。
王子や国王の肉声が聞こえてくることと、学歴社会が合流する形で「新時代のリベラリズム」が形成されていった。
「福祉国家」の誕生だった。
「朝から晩まで勉強して・・」そんな王子の肉声が広まるのは早かった。
アメリカの女子高生も「行きたい場所は北京か上海」なのではないだろうか。
1960年代にロールズは「株と為替の値動き」を公表し始めた。
「女の値段」「男の値段」を平日は毎日公表したのだ。
王子や国王は電話をするたびに、周囲の男たちがどのように自分と連動しているかが分かるようになった。
自分が電話をして、為替が円安になるようならば「他の男はノイズである」と判断できた。
怖いのは、自分不在で円高になることだった。
王子や国王がまったく電話に関与していないのに円高になるのならば「俺がいなくてもやっていけるんだな」と判断するしかない。
シャワールームから電話

ドゥオーキンは「女子高生」を用い、ロールズは「株と為替の値動き」を考え、サンデルは「王子の言葉の意味が分かるような教育制度」を考えた。 アメリカの株価は一気に跳ね上がったのだ。 カントは「上海株価」にアメリカ人女子高生が「きわめて危険な存在」「中国人とは対等ではない」と考えていた節があり、中国政府も「アメリカ人女子高生を中国は歓迎していない」と考えていたようだ。 しかし、JSミルは「開放してかまわない」としている。 中国においてもすでに「貴族の誕生」を上海で経験しており、お父さんは痛風だった。 色の白さをトラウマにしてはならないという心がけが必要だ。 肌の白い女とセックスしたらトラウマで痛風になる。 しかし、トラウマとは「心がけ次第」でどうにでもなるものだ。 世界が「複雑化」し「大人」にならなければならなかった。 「痛風」という中国の神話(冷えを拾う)という問題を解決するだけで世界は豊かになるのだ。 中国人の支持が根強い色白・酒井法子

« アメリカの行政学(最新版)。 | トップページ | 宮内庁廃止について。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アメリカの行政学(最新版)。 | トップページ | 宮内庁廃止について。 »