最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« プロポーズ大作戦。 | トップページ | キャッシュレス化の本当の意味。 »

2019年10月16日 (水)

アメリカの行政学(最新版)。

本稿は、安倍内閣の「三本の矢」のひとつである「構造改革」を探求するものである。


リーダーは「正しい神を信じ、恋に詳しくなければならない」とされる。
いろんな部署と交渉をするときには、現在はコンピューターやスマートホンが利用できる時代だ。
他の部署と話をするときは、スマートホンを使おう。
なんで今井絵里子は泣いているんですか?島袋寛子ほど高い声が出ないからだ。
欲望が深刻で出口がなくなる時に人は泣いている。
この動画をみんなで見て笑うことから交渉が始まる。
SPEED Starting over


この大都会や街・ビルはこのおカネで成り立っているんだよね。
さらに、子供は家庭の入り口である。
また、岩崎宏美は「心と」という歌詞を「心が」と間違えたことから、欲望が深刻になり出口がなくなって泣いている。
すみれ色の涙 岩崎宏美


大事なのは、「他人との距離を縮めるための動画」をゴミ箱から拾ってきて集めておくことだ(コストベネフィット)。
天皇は「涙のわけ」を「欲望が深刻で出口がない」ことに求めている。
これをフーバーコミッションは「天皇が何に興味を持っているのか?」を下部組織にまで伝える心理学が存在するとしている。
仕事をするためにはスポンサーが必要だ。
そのために「天皇が言っていること」を利用するのだ。
アメリカ合衆国は、マーシャルプランの実施の時に「仕事ってのはようするに仲良くすることだろう」ということを悟った。
第二次世界大戦の時に、ハリウッドで「生涯結婚しない宣言」(赤)が続出した。
戦後、マッカーシズムが、彼(彼女)らを、庶民の人生を知らないと批判し、赤狩りを行った。
「生涯結婚しない宣言」(赤)は、女は「凡人になりたくない」という宣言であり、男は「悪口を言われたくない」という宣言であった。
「プロポーズの意味」を語り合うのも有効なコストベネフィット(仲良くなる方法)である。
平家みちよ プロポーズ


「プライベートを仕事に使うことの有効性」はベトナム戦争の時に明らかになっている。
官僚の言語と永田町の言語を巧みに使い分けるとはこのことである。
適当に仲良くしながら、自分の信念を持ち続けることが公的組織においては必要とされる。
「女たちを豊かな存在にする」
これが仕事だと割り切ることが重要だ。
「女性が輝ける」ではない、「女性が豊かになる」社会を作ることだ。
真剣勝負への強さは「音楽作品」への造詣の深さから生まれる。
「天皇が興味を持っていること」にはみんな関心があったし、首相・大臣・上司・院長・看護士までの序列が、「上層部は何を考えているのか?」に興味があった。
血の通った人間として、なぜ序列が生まれるのか?
それは人々のため息にあった。
組織とは、生物学的・医学的にアプローチしたほうがいい。
「病気のガンの人は組織のガン」「痛風の人は組織でも痛い風」「肋間神経痛の人はとにかく譲らない」
ガンの人は「おばあちゃんが嫌い」、痛風の人は「白い女とセックスした」、肋間神経痛の人は交通事故ばかり起こしている、などが指摘できる。
とにかく、組織というのは「知恵」と「心理学」から成り立っているのだ。
市民としての訓練は職業訓練である。


「マクロからミクロへ」と声援が飛ぶ限り、行政機関は必要となる。
プロモーターをやってみれば、「正しい神」「恋に詳しい」とは何かが分かるようになる。
人々の声援はいろんなものをぶっ壊しかねないため、いろんな組織が介入するのだ。
田中れいな 愛の炎


人々の声援(転がる石)に対してはいろんな人が協力する。
雇用というものも生まれるし、職場には異性もいるだろう。
節税対策のためにスタッフの記念撮影は忘れないようにしよう。
処女は株式買取請求権で買い取るものだ。
工場はそのおカネで作られる。
教会や政党・学校で教わったことはそのまま社会で役に立つ。
司法とは恋愛を語ることであり、立法とはおカネをばら撒くことであり、行政とはテレビに出ることである。
1000の病床がある病院ならば、50の病床は「特別室」なのが民間の病院であり、国公立の病院にはそのような区別はない。
このことも日本国の判例は「特別な差異はない」と判示している。
職場には上司がいて、ファイナンス係以外は「変わる」ことが求められていない。
しかし、「誰が殺したクックロビン」という問題には公的機関が介入するだろう。
パタリロ


第二次世界大戦の時に、炭鉱を占拠したものが、施設の運営を陸軍に任せた。
しかし、「実態は何も変わらなかった」のだ。
同じ上司に同じ部下、仲良しサークルはどの運営主体であろうが同じだった。
アメリカ国旗が施設に飾られただけだ。
天皇は「神の見えざる手」を持っている。
なかには、「台風を儒学で撃退できる」とされる鬼神である天皇に反発し、鉄道を爆破するものもいただろう。
河川、道路、労働組合、大企業、下水、電話、電気、飛行機、自動車、映画館、原子爆弾などが「人々の声援」を発信源にして作られた。
三権分立を背景にした芸能界が国を作ったのだ。
55人のメンバーがフィラデルフィアに集まったことからアメリカ合衆国は始まった。
「結婚」「男女の人生の交差」はアメリカ合衆国建国当初からあった。
しかし、オカマや両刀遣い、貧乳レズビアン、髪の短い女などがどうしても「反アメリカ」の立場に立ってしまう。
政府がカネを使う理由が「野党の存在」にあった。
十人に一人が政府に勤めていたし、国民の所得の23%は税金となっていた(1948年)。
いろんな「エンジニア」が、政府に「いくら出せるか?」と聞いてきた。
すべては「リボンをほどく」ための音楽作品や芸能界から生まれた富だった。
ribbon リトルデイト


ガーフィールド大統領の暗殺をきっかけに、1883年にペンデルトン法ができ、大統領が何を考えているのか?をオープンにした。
トランプ大統領のツイッターもペンデルトン法によるものである。
ホワイトカラーの仕事の目的は「仲良くすること」(効率性・コストベネフィット)にあったが、仕事をしているうちに憧れの芸能人とも会えるだろう。
これらの基本を踏まえて、組織の「編成」の方法を探究するのが行政学であるが、これは、ギャルサーにも言えることであり、組織を作るとみんなが「ルール」を作り始める。
ルールや条文の世界が日本の役所の世界であるが、それでも「仲良くすること」(効率性・コストベネフィット)が基本であることは忘れないで欲しい。
人々をコントロールするのはあくまでも「文学」であり「音楽作品」であり、芸能界である。
ribbon サイレントサマー


組織の起源は共同体にある。
「その問題は考えるのが疲れる」「情報発信源が欲しい」これだけで組織は作られるのだ。
カネは立法府に出させるしかないだろう。
なにしろみんなが注目しているからね。
そこには「自己責任という名の宗教」を超えた理屈がある。
天皇の見えざる手(神の見えざる手)は常に「問題」を音楽作品で提示していた。
「男女の人生が交差する瞬間」にすべての文学や音楽作品は集中している。
しかし、感染症などの熱で死人が出たときは組織を作ろうとみんなが考えるだろう。
人々の支持のない企画(エスペラント語、13ヶ月カレンダー)にはおカネは出なかった。
それが立法というものだ。
日本国は「予算法律説」を採用している。
戦時中に、膨張した組織がそのまま残ることも多い。
「その問題は考えるのが疲れる」「情報発信源が欲しい」
この「組織を作る理由」は戦争を経験していない国には、いざとなったら組織がないということになりかねない。
農業や住宅の問題はその典型だ。
台風の被害が出ても何とかなる理由は日本国が戦争を経験しているからだろう。
台風19号 被害


トルーマンなんて「マクロとミクロ」「グロスとネット」の「ポイントフォー」を発信し続けただけだよ。
「その問題は考えると疲れる」「情報の発信源が欲しい」これが組織を作る理由なのであるから、役人も「考えると疲れる」「情報発信」の仕事が専門分化されることになる。
あとは、「いざ」というときの訓練を戦争の記憶を思い出しながら行うだけなのだ。

« プロポーズ大作戦。 | トップページ | キャッシュレス化の本当の意味。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« プロポーズ大作戦。 | トップページ | キャッシュレス化の本当の意味。 »