最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 経済ベースボール。 | トップページ | プロポーズ大作戦。 »

2019年10月 4日 (金)

ワキガ・多汗症さらにはクラミジアについて。

ワキガについては「ニンジン」(カロティン)を食べれば改善するし、多汗症については「夕方四時ごろに、今日は晩飯を抜いてサプリにするか」と考えるだけでもかなり改善するが、その道はそんなに単純ではない。
本稿ではそのことを掘り下げて行きたい。
田中角栄


体温というものは「血液の温度」のことであるが、体温が急激に変化した時に人間は汗をかくものだ。
また、子供の頃に「大きな子供」で、運動した時などに汗をかきやすかった人が、大人になって「汗かき」になることがある。
「睡眠を十分に取ること」「人間の身体能力には限界があること」をよく指導しなければならない。
また、「過剰な水分の体内蓄積」は、NaClと水の交換を行うために、血液量が減少し、汗をかく。
「からだに一番近い水」以外の飲み物の過剰摂取も汗をかく原因だ。
ポカリスエット


大量にポカリスエットを飲んでものすごい運動をしたら腎臓を悪くする。
「カリウムがなあ」という奴は運動量が桁違いだから気をつけたほうがいい。
汗をかきやすくても腎臓さえよければいいという割り切りも必要だ。
筒香嘉智 記者会見


減量に失敗した時などは、水分だけで一キロはさらに減らすことは可能だが、200グラム当たり体温が一度上がると考えたほうがいい。
300グラムオーバーのハーンズ


汗をかきやすく、魚のような体臭がする人は「コリン」というビタミンが足りない。
マルチビタミン剤を飲めばいい。
汗と魚のような体臭は「心臓への警告」であり、背中が痛いなどの症状があるのならばビタミン剤が必要だ。


汗と頭痛が同時に出るのならば亜鉛が必要だ。
仕事をしていない人でたんぱく質が足りない人も汗をかきやすい。
毛深い人が太ると「汗をかくのう胞」が毛のまわりにできる。
額に汗する人は禿げていないことを感謝するしかない。
汗をかくと「リンパの働き」はきわめて良くなる。
「汗をかきたい」というアスリートはこのことから生まれているのだ。
「胸のレントゲン写真」で異常のある人も汗をかく。
上半身裸で日光浴をするしかない。
寒いか汗をかくかのどちらかだという人は食中毒を疑ったほうがいい。
衛生面でしっかりと食器を洗うようにしよう。
汗をかきやすい人は、これから運動しようという時に落ち込んだ表情をしているので分かる。
低血圧なんだよ。


汗というのはカトマンズなどでは「熱の兆候」とされているが、日本人にはあまり関係ないだろう。
しかし、古い表現で「風土病」と呼ばれる汗が田舎では知られている。
自分だけならば問題はないだろう。


感情を失ったら「食べない」「痩せる」という結果をもたらす。このときにも人間は汗をかいている。
食べられるのならば問題はない。
肥満体で酒が好きならば汗をかく典型だ。
手術痕のある人も汗をかくね。
私は翻訳家であり作家であるが、「人の業績を乗っ取る」ことは結核につながり、咳と汗が特徴となる。
食事に毒物が混入している時も汗をかく。
差別に敏感になるしかない。
それでも汗の原因が分からない人は感染症だ。
寝汗はまったく別の議論であり、ここでは論じていない。


クラミジアというのは、セックスの習慣のある人が「ビタミンA不足」を引き起こした時に、「窓を開けたらやたらと蜘蛛が入ってくる」という病気だ。
抗生物質あるいはビタミン剤を飲むしかない。
「窓から入ってくる蜘蛛への恐怖心」から、母親が娘に厳しい教育をし、娘がマイコプラズマという風邪を引くことになる。
「貧乏セックス」=犯罪というのが私の持論であるが、ある意味医学的にも「命に関わる問題」として犯罪は位置づけられる。
「セックスにともなう、若さと貧しさ」
それが、クラミジアにつながり、リューマチ熱まで引き起こす。
神田川


資金繰りの悪さはインフルエンザにもつながる。
カネがないのに妻を孕ますというのが、クラミジアの原因であり、窓から蜘蛛が入って来ることをはじめとし、「毒親」と呼ばれる存在となり、家庭内に風邪が蔓延するのだ。
酒井法子 風邪


さらに、クラミジアは「肝炎」の原因となる。
急ぎすぎたキスに「いいことはない」とも言われている。


テレビのない家庭に、どれほどひどいインフルエンザが襲いかかるであろうか?
蜘蛛をポストや窓から家に放り込んでいるのはNHKだったのだ。
NHK職員をあしらうように扱ったあとに、家に巨大蜘蛛が出なかっただろうか?
はたしてクラミジアとは「性病」なのだろうか?
貧しいアパート暮らしならば誰でもクラミジアなのではないだろうか?


また、NHKの「タバコ嫌い」も有名であり、タバコがガンに直結するのもNHKがやっていることだ。
NHKは「双方向で」画面を見ており、タバコを吸う人をガンに誘導する番組を放送するのはたやすい。
タバコほど「家計を直撃」するものはなく、それならば我々に払えという旧約聖書にも似た発想をNHKは取っている。
タバコを吸う人=クラミジアと呼ぶのならば、もはやクラミジアは「性病」とは呼べないだろう。
40歳を過ぎて、「NHKとは何か?」を悟るドクターならばまだ優秀だ。
そうでないドクターは「激務で」早死にしている。
40前に「タバコをやめられる」人はほとんどいない。
朝鮮人の「うんこ煮」なんて大して効かないよ。
NHKの影響力に朝鮮人が便乗しているのだ。
先日、井上尚弥がドネアにかましたボディへの左アッパーのように、NHKは、「左アッパークオドラント」と呼ばれる人間の右側の腎臓から肝臓までを映像で掌握している。
「N国を支持することがどれほど人体にとって危険なことだろうか?」
今年の参院選以降の健康状態を振り返ってみてほしい。


「芸能人は歯が命」と呼ばれるように、NHKは基本的に「歯のきれいな人」しかテレビに出さない。
私は、「台風19号騒動」の時に、前歯が二箇所欠けている。
NHKは、「左アッパークオドラント」を通じて、背骨から「歯」を攻撃するのはたやすい。
NHKと、私の「遠き落日」が今後、どのように共存していったらいいのか?
クラミジア専門医にでもならなければ、私もとっくに死んでいただろう。
NHKが「人体の右側」(左アッパークオドラント)を掌握したのならば、神道はJーPOPを通じて、「人体の左側」「左腕」を掌握している。
NHKは、信者公称9500万人の神道と、「左右の関係」にあるではないか?
アルツハイマーの予防は神道が握っているが、パーキンソン病の予防はNHKが握っている。
それでも「N国に投票してしまった」「いや、それでもN国を支持する」というのならば、ビタミン剤・ビタミンドリンクを飲みまくるしかない。
足がほてって夜眠れなかったことはなかったか?
「左アッパークオドラント」の胆石が原因だ。
溶かすための薬を飲むか、2センチ以上になってしまったら衝撃波で破壊するしかない。
NHKの、負の側面としては、NHKに出演したら、翌日の尿検査で覚醒剤反応と同じ結果が出る、ということだろう。
このことから「人体の左側」「左腕」を掌握した神道の方が穏健であるとも言われ、「自分を呪った人が地獄に落ちる」とは簡単には言えない現状がある。


クラミジアは、「NHKの問題」であり、「N国」のようにそれをライフワークとする者もいる。
しかし、梅毒は、歳を取った後に「若い頃の力を過信する」(高コレステロール)ことや、セックスの時の呼吸を日常にまで持ち込めないという問題などから、「腹痛」を引き起こすものだ。
あまりにも腹が痛くて救急車に乗っても、CTなどの長時間の検査に耐えられずに死んでしまう人もいる。
「そんな検査をするぐらいならば好きな飲み物を飲ませた方が良かったんじゃないかな?」と思うこともある。
いずれにせよ、歳を取った後は、無理な運動の後に腹痛を引き起こしたら飲み物でも飲んだ方がいい。
女性の場合は、運動に慣れていないということから「大陰唇」というものが形成されていく。
正体はヘルペス(かゆみをともなったできもの)である。
男でも「無理な運動」の後に好きな飲み物を飲まないと「十字架を担いだ後に」尻の周りが痒くなったイエスキリストみたいに、「青銅の蛇」に肛門が性感帯にされかねない。
腹痛と肛門のかゆみ、これは歳を取った男の「若い頃の体力を過信しすぎた」ことから起きるものだ。
女性の大陰唇は、そもそもが「青銅の蛇」によって作られている。
梅毒も「若い頃の体力を過信しすぎた上での運動」から起きる腹痛や肛門の痒みであるとするのならば、必ずしも「性病」とは言えない。
ちんちんが痛いのならばペニシリンを飲むしかない。
それよりも怖いのは「腹痛による死亡」であり、イエスキリストが「十字架を担ぐ」様は、女の子が生理痛を引き起こすプロセスをかつての屈強な男に経験させるようなものだ。
「大好きなワインも飲めない」
これが、十字架を背負ったあとのイエスの苦しみであり、無理な運動をした後は好きな飲み物を飲むしかない。
いずれにせよ、女の子は「生理痛」を経験することで大陰唇を形成していくし、好きな飲み物を飲むしかない。
キャメル(タバコ)は、イエスも知的労働に必要と考えてかなりの長期間吸ったものと思われる。
しかし「ミネラル豊富な」飲み物(ワイン?)以外に受け付けなくなっている。
私も、水道水が飲めずに、ナトリウムが含まれた「買った飲み物」しか飲めない。
これで「無理な運動」をしたら、梅毒(腹痛や尻の痒み)に襲われるであろう。
歳を取ったら「話術」を磨くしかないという教えがキリスト教でもある。
女の子が「女」になるためには「仕事・勉強・いじめ」から自由でなければならない。
しかし、イエスキリストほど「仕事・勉強・いじめ」に耐えた男ならば、ちんちんもデカくなるし、「ひどいいじめで肛門が性感帯になる」ぐらいならば、女の子が女らしくあるためにもっとも簡単な方法である「歌って踊る」ことも必要だったのではないだろうか?
男でも、「仕事・勉強・いじめ」から束の間の休息を得られる方法が「歌って踊る」ことであった。
これらを理解して、「男らしい父親」「女らしい母親」として自らのありようを考えていく方法をマスターしないと、生まれてきた息子に「彼には強さが約束されている、彼を恐れる者に祝福を」(ルカ1:46)という具合にはいかないだろう。
アイドルとの出会いは、フィリポ(フジテレビ)や、アンデレ(テレビ朝日)、ユダ(日本テレビ)に頼る部分が大きい。
しかし、バルトロマイ(NHK)が、最終的には「収益になる」興行を行っている。
梅毒というものは、「腹痛やケツが性感帯になる」というものであるが、NHKは、受信料を払わない家庭の中学生に39度から40度の熱を出させ、その後、どんな難解な教科書でも読めるようにしている。
次世代に受信料未払いを引き起こさないためである。
クラミジアだけにとどまらず、梅毒つまり「オカマ」になることを予防し、適切な性概念の確立を行っている。
しかし、あくまでも次世代の受信料未払いを防ぐためである。
子供が成績優秀なのが受信料未払いの家庭であるが、中学二年生ぐらいで39度や40度の熱を出してまで成績優秀になりたいだろうか?
私は、両親が元左翼活動家であったことから、NHKにはひどい目に遭わされている。
「蜘蛛が怖い」「成績優秀」「アイドルが好き」などの後遺症は残ったが、富が保障された。
梅毒にならないで研究生活を送るためには「ウォークマンが手放せない」状態になっている。
イヤホンの故障でウォークマンを聞かなかっただけで、「ケツがかゆい、ヘルペスができる」という経験をしている。
しかし、ウォークマンさえあれば、「どんな難解な本でも読める」「NHKに受信料が払える」という状況になっている。
イエスキリストの「青銅の蛇」とは、NHKとの関わり方を語っており、「王の歌」(詩篇)を聞かなければ、いつでも梅毒にさせられるというものであった。
大御所クラスならば「紅白に出てた?」と聞いてもなんとも思わないだろうが、子供の場合、NHKの影響力にびっくりしてしまい、何度もVTRを見直して、肌が火傷を負ったみたいになることがある。
子供に「NHKに出てた?」というのは年寄りの「千年殺し」のような発言であり、肌が火傷を負うだけでなく、MRSAと呼ばれる「友達への感染」を引き起こす。
「病気がうつった!」と大騒ぎする友達もいて、芸能人同士の交友関係以外に心を閉ざすことがある。
このような子供は髪の毛の繊維も細くなり、なんだかひどいパーマをかけたみたいになるが、ビタミンDを取ると「単なる太った女性」になり、髪質も良くなる。
しかし、いかんせん「VTR」だけは残っているのだ。
そこで「顔色や髪質のいい太った女性」も、もとの「顔を火傷した痩せた女性」に戻ってしまう。
これも「NHK梅毒」と表現することは可能であるが、なにしろ「ビタミン剤」で治るからだ。
なぜ、「映像」を見てしまうのだろうか?
音声だけをウォークマンに入れればいいだけの話なのだ。
この、顔が火傷したみたいになるという「NHK梅毒」は、子供のしかも女の子特有の病気であり、「美しさって何?」という問題と向き合うから生じるものであるが、「女形」の役者や、昔の歌手の中には普通に「黒いね」と言ってもいい人もいた。
しかし、MRSAによる周囲への感染が嫌われて、隔離施設にいることもある。
一番にならなければ気が済まない、という孫正義のような人は、NHK梅毒にはかからないが、いつも順番は下の方、という女性はNHK梅毒にかかってしまう。
なかには、ナンバー5でも、色白の女性芸能人もいる。
しかし、「あなたは女として最高の存在」と言われただけで泣き出してしまった。
CoCo 夢だけ見てる


NHKのおかげで有名になれた、という「心の傷」を癒す必要があり、友達の有名芸能人に「顔の火傷」を移されても、「友達だから移った」というMRSAの感染経路を理解するだけでいい。
顔の火傷も「梅毒である」というアプローチをするのであれば、ウォークマンを聴くだけで治る、という分類が医学上なされていることを意味している。


「痛み」
痛みとは「何か新しいことをやらなければならない」と考える「男」特有の病気である。
「何にもしなくていい」「寝ていればいい」という男女には「痛み」という概念はない。
痛みを治すためには「聞く、見る、触る」という対処法が知られている。
あるいは、痛みというのは常に「女性的」なものであり、女性同士は「色、匂い、誰々に似ている」などの話題以外はすべて「不愉快」なものであり、恋すら「痛み」であると言える。
SPEED I remember


ペインクリニックと言っても「何も目的を持たせずに寝かす」「聞く、見る、触る」場合によっては「痛み止め」を飲ませるしかできない。
骨盤の脱臼、肘の脱臼のように、「投手として来シーズンも目的を持たなければならない」のならば、痛みをなくすよりも「別の治療法」を考えなければならない。
「強烈な目的意識」は、おカネの都合もあるだろうが、痛みと常に向き合わなければならない。
「彼氏が仕事をしている」という女は基本的には痛みからは自由である。
あるいは、アイドルの「担当」をやらなければ痛みを感じることもない。
結局、ペインクリニックとは、目的を持った人に「ノーペイン、ノーゲイン」(痛みをともなうからお金を得ることができる)を教える役割があることも指摘できる。
「酔え」ば痛みはなくなるだろう、という指摘もあるが、「自分に酔うタイプ」のアスリートは多い。
あるいは、ステージで歌う前はガタガタ震えていても、歌ってしまえば、痛みや恐怖を忘れる人もいる。
ウォークマンやビタミン剤は「梅毒」の薬であるが、「目的を持たずに寝てればいい」「見る、聞く、触る」が痛みの治療法だとするのならば、「梅毒アプローチ」からのみによって痛みを取り除くことはできないが、カラオケを歌ったりすることは痛みに有効であろう。
また、痛みというものが「何も目的を持たずに生きる」という入院生活で消えてなくなるのと同様、痛みというものは「自己愛、人間関係の一貫性を維持したい、己の女性的側面」からもたらされている。
酒井法子 オールライト

「自己愛のない男性」たとえばリングの上のボクサーなどは「痛みを感じない」とも言われる。
井上尚弥がドネア戦の第9ラウンド終了時に、流血しながらガッツポーズをしたのが印象的である。
真剣勝負になればなるほど「痛みを感じない」とされ、プロ野球選手でも故障者が出たりする。
「痛い!」
それは人気のある概念であり、女性が出産するときの感覚をどの男も経験するものとして、それを「幻」にしてしまうことは当然、可能である。
「目的を持たせないように眠らせる」だけでは麻酔にはならないだろう。
「自己愛をなくさせる、己の女性的側面をなくさせる、人間関係を忘れるつまり夢すら見ない」などが麻酔の条件となる。
また、局部麻酔でも「これは出産ではない、真剣勝負である」あたりを狙って痛みを緩和させるしかない。
「勉強している自分が好き」というのは、たとえ背中であっても異変があれば痛みに気がつくというように、自分を大事にする方向に作用するが、「なんともないのに痛い」という経験を引き起こすこともある。
「出産を経験したことがある、妻が出産した、しかし、子供は目の前にいない」などの淋病の側面が痛みにはある。
また、真剣勝負に介入する「ファイナンス係」も、「なんともないのに痛い」という経験をすることがある。
腰痛の患者の7割が検査結果で異常がない。運が良ければ治ると言われる理由は、「勉強している自分が好き、自己愛、横浜スタジアムの熱狂を自分がコントロールした」あたりに見出すことができる。
「そのような大それた人物ならば痛みも喜びなのではないか?」というイエスキリストのマゾヒズム理論もある。
イエスキリストのマゾヒズム理論は、当然、痛みは本人も望んでいないであろうが、横浜スタジアムの熱狂をコントロールした張本人である、あるいは即位の礼、大嘗祭の資金の裏付けを得たのは自分であるとし、街に出て人々の愛情と接することで痛みが和らぐことがある。
痛い痛いと言って家に閉じこもっていても仕方がない。
機会を見つけて「自分を愛してくれる人」がいる場所に出るしかない。
なぜ痛みはコントロールできないのか?
それは、まるで「周囲の異性の心がコントロールできない」ようなものだ。
「おかしい!世の中が何を考えているかが分からない!」
これも痛みの原因となる。
有名になったら積極的に街に出ないと、とんでもない激痛に襲われたりする。

« 経済ベースボール。 | トップページ | プロポーズ大作戦。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 経済ベースボール。 | トップページ | プロポーズ大作戦。 »