最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 東大生の人生。 | トップページ | 団塊は死なない。 »

2019年9月 9日 (月)

小野光太郎の禁煙物語。

禁煙などの禁断症状。
初日は、気持ちだけで何とかなるものだ。
しかし、頭痛が起き始めると厄介だ。
甘いものなど「痛みに効く」ものを摂取すると頭痛は3時間程度は治るし、あるいは「横になる」だけでも頭痛は治る。
しかし、12時間後には男は「仁王立ち」を始めるだろう。ここからが禁断症状との戦いである。
コーヒーなども一時的な救済にはなる。
カフェには女もいるしね。
「どんな時に頭痛がする?」
これを克明に記録に残すのだ。
お風呂はいったとき?メシを食った後?
案外、「腰痛」と深く関わっていることがMRIのデータから明らかになっている。
500mlのコーヒー、2Lのスポーツドリンクが有効であることが明らかになっている。
MRIを撮ってみると脳の水分が少なくなってきたからだ。
採血をしてみることも、検査目的ではなく、「自分の血液を肌に当てる」という意味で有効性が見られる。
適当に苦しんだ後に「お米」が食卓に出てくる。
何がトラウマで頭痛になったかは必ず記録に残しておかなければならない。
頭痛が「風邪」に変わったら禁断症状はかなり困難な問題になる。
逆に、コーヒーやスポーツドリンクで「頭痛」を乗り越えるごとに自信になっていく。
女の「頭痛の種」は男よりも多い。
タバコなどまだ軽い。
覚せい剤や酒にも応用が効くため、私は「禁煙」に施設で取り組むことにしたのだ。

不安や不眠をタバコや酒でうまく緩和させている人がいる。
このような場合は、タバコをやめろと言っても難しい。
睡眠誘導剤を飲む習慣のある人は、「2Lのスポーツドリンク、500mlのコーヒー」を最大限に生かして、さらに睡眠に支障をきたさない。
逆に言うと、睡眠誘導剤を飲んでいない人ならば禁煙は無理、という側面もある。
医療費が生活費の40%を越えると、貧困層であることを意味する。
そのような層には必ず睡眠導入剤が処方されている。
スポーツドリンクやコーヒーを買っても割に合うのがタバコの値段だ。
医療費が生活費の40%を越えると、「医者がメスを入れる」行為すら「死んじまえ」と言われているような気がする。
医療費が生活費の20%~30%が穏当かなと思うが、それでもタバコをやめたら儲けが出る。
医療費が生活費の10%ならば「酒、タバコ、覚せい剤をやめる理由はない」とされる。
スポーツドリンクやコーヒーという理論が確立している場合、タバコを吸う行為は「私は生活保護です」「医療費無料です」と言っているに等しい。
睡眠導入剤が処方されているのならば「なぜ、都合よく利用しないのか?」「タバコをやめても眠れるんだろう?」という方向で考えなければならない。
芸能人などの「突然の死」を研究してみると、「いつも同じ服を着ていることをバカにされた」という理由があんがい重要だ。
ここで、「生活保護」=芸能人もようやく「タバコをやめる理由」が見つかったのだ。
スポーツドリンクにコーヒーというのは当然の前提であるが、いろんな「可能性」を研究しなければならない。
介護の場合は、実費は四分の一しか負担していないのが家族であるが、老いた人は「死ぬ前は霊的・スピリチュアル的に生きたい」と考えており、タバコをやめるぐらいならば知的に生きたいと考えタバコを吸ってしまう。
落ち込むこと、心配、痛みの多い老後だ。
宗教を語りながらタバコをふかしたり酒を飲みたいのだろう。
「死」「宗教」に狂った人間から税金を取るのがタバコであるとも言え、若者や中年世代には「関係ないだろう」と言われても仕方がない。

睡眠導入剤と、スポーツドリンク・コーヒーがあればタバコはやめられる。
しかし、年寄りの「霊的・スピリチュアル的」余生の友がタバコであり、酒である。
ハンフリー・ボガートのような「タバコを吸わない中年がカッコいい」という提示がなされないと、なかなかタバコをやめようとは思わないものだ。
成年後見人がつくようになると、年寄りの楽しみへの配慮と、子供たちへの影響、年寄りの自殺の予防、医者の考えを聞くことなどの要素から、なかなか、年寄りに「財布は握ったからタバコ代は出さない」とは言いづらいものがある。
これらの研究から、成年・中年でも「生きるか死ぬか」という連中がタバコを吸っていることが分かる。
「生きるか死ぬかならば命が危ないじゃないか」というのがタバコのリスクのことであり、お金の問題が問われ、人体には直接の悪影響はないに近い。
私はまだ経験していないが、人工呼吸器で気道を確保した人は、タバコを吸わなくなるとされる。
呼吸のありがたみを誰よりも痛感するからだとされる。
「呼吸ができなければ人間は死ぬものだ」
それを骨の髄まで叩き込まれたら人間はタバコを吸わなくなる。
自分の「脳」「知性」が何よりも大事だと思っている人はそうなるとされる。
ガンや心臓病を経験した人は、タバコを吸う人に「あっち行って」というがそのような理由がある。
私は人工呼吸器など経験しようとは思っていない。
スポーツドリンクやコーヒーでやめられるのが一番楽でいい。
人工呼吸器で気道を確保したことがあることから、呼吸の大切さを知り、タバコをやめたという話を聞いて、それならば、「お風呂にこれでもかというぐらい潜り」「呼吸の大切さを知る」という新たな方法を私は考えた。
もちろん、人工呼吸器は「6週間余計に生きるため」「1%の生存率に賭ける」ために用いられるものであるため、「お風呂での修行」もそれなりの厳しさは求められるだろう。
もっとも、人工呼吸器を用いる場合は、モルヒネを投与されているため、患者は「酸素以外に求めていない」というかなり過酷な修行なのだ。
あくまでも、禁断症状である以上、睡眠導入剤を用いている人が、コーヒー500mlかスポーツドリンク2Lを飲むということを踏まえたほうがいいのだが、たとえば、「他人の手のぬくもりに飢えている」などの特徴が禁断症状にはともない、自分で自分の手を握ってみるということなども可能性としては考えられる。
お祈りしてお賽銭を投げるというのは、それなりの根拠があるのだろう。
入院というのは「自分の社会的評価の出口」という側面があり、日常疎遠だった人も「病気になった」と聞いたらお見舞いに来る。
自分の社会的評価の再確認ができるのが入院であり、病院では「構内全面禁煙」にしてもさほど抵抗がないという現状がある。
「自分の社会活動が不当な評価を受けている」(せん妄状態)が喫煙の原因であることがある。
周囲の「ご苦労さまでした」という愛情に囲まれながら眠るだけでもタバコは吸おうとは思わないのだ。
周囲はその人の「前向きな発言」が嫌いだっただけであり、一万円から百万円という五桁から七桁の数字の勘定が「百円」などの三桁に変わるだけで愛情を取り戻せる。
時には、「タバコを吸って仕事をした」ことから失神して病院に来る人もいるが、ICUに入ったら、入院に必要な備品が一通り、家族によって用意されていることに気が付く。
時には「体ひとつで」救急車に乗る必要もある。
このような効果が「入院」に存在するならば、家で「入院ごっこ」をすることも時には有意義だろう。
自宅療養である。
タバコの吸いすぎによる血中酸素不足や、血中二酸化炭素上昇は「どこかで無理が来る」ものである以上、適当に怠ける以外に方法はない。
タバコ代も高いし、お金や銀行口座と相談しながら、自分で対処するしかない。
基本に戻るが、「頻尿の気」を「痛み」と認識し、タバコがやめられない人もいる。
これも「ゆったりとした生活」を送ることから治るものだ。
頻尿の気からタバコがやめられないのならば、そのうち前立腺にトラブルを抱えかねない。
いろんな意味で「休んだ方がいい」のだ。
タバコ代がなくなればそれは「食べ物」「交通費」に変わる。
これが「脳」にどれほどいい影響を与えるであろうか。
家にいても「太陽の見え方」が変わってくるのだ。
太陽が変われば神経や心臓の痛みも変わる。
子供の頃の「日曜日の太陽」は特別ではなかっただろうか?
禁断症状の克服にはこのような「いい効果」があるのだ。
さらに、禁断症状がなくなれば、「おしっこのコントロール」もうまくなり、やたらトイレを探して落ち着かないというようなこともなくなる。
「太陽の見え方」とどのような関係にあるかは分からないが、「栄養」「交通」の二つの意味を変えると「トイレ」の意味も変わってくるのだ。
「不規則なおしっこ」は、人間の意識レベルを下げ、私はそのために司法試験に受からなかった。
この「太陽の見え方」「栄養」「交通」「トイレ」をうまくコントロールできないことは結局は「心臓」に悪影響を与える。
「タバコの有害性」の正体はここにあるのだ。
「心臓の手術は24時間かかる」
これを聞いただけでも、喫煙者は「トイレはどうするんだ?」と聞いてくる。
タバコを吸わない人にとっては「まったく考えていない質問」だったのだ。
「どうにかなるだろう」
これがタバコを吸わない人の考え方だった。
「トイレの心配」は、長い人生をトータルで見ると「どこかの体の痛み」になって表現される。
グラウンドに夕方までいることは少なくともなくなるわけだ。
さらに、喫煙者は「呼吸」のタイミングの取り方が下手になり、「間の取り方」が何もかも下手になる。
少なくとも、私は、世界を飛び回るほど活発なタイプではなくなっていた。
ribbon deep breath

このように、喫煙者は「糖尿病になる素質が十分」な人間として出来上がる。
糖尿病・心臓病・脳卒中のような「感染症ではない病気」はいまや、「医学界のロックスター」と呼ばれるほど注目を浴びている。
10月のタバコの値上げの前に私は、是非とも「禁断症状と向き合う」という経験談を記さなければならないのだ。
40歳になると、無料健康診断の案内が届く。
しかし、レントゲン撮影は「胸だけ」なのだ。
「胸だけ?」
それでもこれほど多くのことが分かるし、そろそろかなという時期に差し掛かったら、タバコというものをもう一度考え直さなければならない。
肺のレントゲンは「肺がんの早期発見」のために撮るのではない。
タバコを吸う人かどうかの区別をしたいだけなのだ。
なにしろ、3~4時間の麻酔でも「肺にダメージを与える」ことになるからだ。
麻酔している間も肺は「タバコが欲しくて仕方がない」のである。
麻酔をしているにもかかわらず咳をしたりする。
寝ている間の咳は好きにすればいいが、手術中は危険だ。
タバコを吸う人に、目を閉じさせて、足をピンで軽く刺してみると、その反応はタバコを吸わない人よりも鈍い。
さらに、常温のフォークを体に当ててみても、「お湯で温めたほうが分かりやすい」と言う。
つまり、手にせよ足にせよ「肉体で触られたがっている」のが喫煙者だ。
128BPMのマッサージが有効であるし、性的関係を日常的にもてるだけのお金とパートナーがなければ、タバコは有害性ばかりが強調されざるを得ない。
セックスにもお金がかかるし、「勉強するのにタバコが必要」と考えるのならば、当然、東京大学とのつながり(国内最高の先生)を想定しなければならない。
そうでなければ、体のあちらこちらに不自由を抱えた老後しか見えない。
東京大学やスタンフォード大学の先生の本を読んでいるのならばまだタバコを吸う理由が見当たるが、そうではなく、「作家志望」でタバコを吸っているのであれば、「性的パートナーに不自由し」「体の神経が鈍る」という結果しか人生においてはもたらさない。
それならば、少なくとも128BPMでマッサージを受けられるだけのお金だけは捻出しなければならないだろう。
逆に言うと、東大出身者、スタンフォード出身者、ハーバード出身者を解雇する「タバコを吸う」上司が通常いるとは想定できない。
大学で真面目に勉強し、その後も大学の情報に敏感であり続ける男が、「組織で必要とされる」のも、タバコを吸う上司が「女を必要としている」「お金を必要としている」からであるという側面がある。
このことから、むしろ「揉まれる喜び」から禁断症状克服が可能なのではないか?と私は考えた。
「マッサージ禁煙法」である。
「目、肩、腰にエスファイト」というビートたけしのCMが昔あったが、嫌煙ムーブメントが進むとともに消滅している。
ビタミンB12が「マッサージと同じ」効果が認められたのだ。
ビートたけし エスファイト

タバコを吸う人の手の感覚は「軍手」とも皮肉られ、敏感に手を使う仕事ができない。
また、女子高生のスカートの短さは「タバコを吸う人」のためにあるようなものであり、嫌煙ムーブメントが広まると、女子高生も「スカートの短さにニーズがない」ことを悟る。
また、英語で「サラミ」と言うのだが、食生活で「食わず嫌い」を直していく作業も禁煙の禁断症状にはいい効果がある。
「食い物で冒険しない奴」はタバコがやめられないという側面がある。
年寄りになると、「モルヒネを使えばどのみちタバコはやめてしまう」ことから、精神科医療とは異なり、外科病棟などはおのずと「入院のハードル」は高くならざるを得ない。
精神科医療は極端な話、「疲れた」というだけで入院してくる人がいる。
あるいは「家族に怒られた」なども理由のひとつだ。
その分、喫煙所を設ける病院もある。
しかし、モルヒネを用いる意思を固めている病院は、構内全面禁煙となっている。
モルヒネを用いる病院においては、「将来にわたって治すつもりがない」という医者の意思表示と同じ意味であるとされ、従来の刑法では殺人罪と呼ばれていたが、最後には医者が「自殺」を勧めているというのが終末期医療なのである。
そのことを考えるのならば、タバコを吸ってもいい精神科医療の対象の患者も襟を正さなければならないことを「病院」においては知っておいてもらいたい。
アメリカのオレゴン州では7割以上の人が「医者の手で」命を断たれている。
つまり、安楽死である。
私は高校時代にオレゴン州にホームステイしたが、レスリングで突き指した時に、コーチに「スプレインド」(突き指)したと言ったら、「お前は医者か?」と言われた。
医学用語を用いるものは「死」に直結する、そんな州がアメリカ合衆国にはあるのだ。
オレゴン州は「もっとも権力から遠い州」と呼ばれている。
タバコを吸って、ノー天気に精神科医療のお世話になっているうちは「権力」はまだ目に見える範囲内に残っているはずだ。

おさらい。
①コーヒーとスポーツドリンクを飲む。
②ゆっくりと横になる。
③マッサージをする。
④女子高生の足を眺める。
⑤食わず嫌いを治す旅をする。
⑥エリートの部下を大事にする。
⑦お風呂で素潜りをして呼吸というものを考え直してみる。
いろんな逃げ道が禁煙の禁断症状にはある。

オレゴン州では、モルヒネを投与された患者が「痛い」「疲れた」と言い始め、さらには「食べない」「飲まない」挙句の果てに「ベッドの上でバウンドし始めた」ら医者も家族も「そろそろだね」と考えることになる。
モルヒネを用いると、「最初の入院の理由」以外の、悪くなった部分が見えなくなる。
私は「腰が痛い」と医者に言ったが、「入院する以前の問題」として門前払いになっている。
世の中の「元気な人」「はつらつとした若者」ばかりに目が行って、社会の病理面を知らないと、自分が多少不自由があっても恵まれていることに気が付かないのだ。
私も作家をやっていると「女性の感性」「痛みを感じる側面」の重要性を感じることが多い。
しかし、アナボリックステロイドを用いて筋肉・筋力をつけると、このような「感性」を失うことがある。
このことから、アナボリックステロイドの禁断症状というものはなくても、「感性を身につけたい」と考えて使用した覚せい剤やコカインへの禁断症状は存在するのだ。
みんな「筋肉はつけたい」と考えていても「バカにはなりたくない」と思っていた。
資金集めのために「小説」を書こうと思ったら「女心」を理解しなければならない。
そのために、筋肉がげっそり落ちる、アスリートとしての末路を、資金不足とともに迎える人もいる。
かつての名声も地に落ちて、場末で戦っているボクサーも多い。
資金集めをするためには「女心を知る」「感性」が必要だ。
しかし、覚せい剤やコカインへの禁断症状が筋力の低下に直結してしまう。
覚せい剤やコカインへの禁断症状とは「勃たなくなる」ことであり、パートナーと喧嘩して修復不能になったら、筋力は落ち始める。
このことから「ポルノを見て勃つかぎり、タバコを吸う必要はないんじゃないか?」というアプローチは可能であろう。
アイコスなどのようなものは、タバコの「プラセボ」であり、4週間後に心臓の手術をします、大量の輸血をしますので覚悟してください、などと言われると、自然と「自己流の健康管理」を断念してアイコスのようなものを吸い始める。
赤の他人と健康状態を合わせなければならないのは「4週間後の輸血」であり、そのような事情がないのならばタバコの方がいいと考えてしまう。
他人の血液を自分に輸血することを予告されたら、心臓や肺を「人並みに」しようと考えるし、しかもそれが「命にかかわる」手術だったらなおさらだろう。
それでもタバコではなくアイコスで妥協しようとするのだ。
自分に合った血液を100L用意し、3~4時間の手術で「咳をしないため」に深呼吸を繰り返す訓練を始めてようやく「その時」を覚悟するのだ。
深呼吸を繰り返すというのも禁煙の禁断症状に有効であることがここから分かる。
禁煙の禁断症状と戦ってみて、とにかく最初は「疲れる」「やつれる」という現象が見られる。
しかし、悪性腫瘍でもない限り、体重の減少はないし、「タバコを吸う人だ」という偏見から、食べ物に毒物を盛られて、音楽作品の歌詞にやたら詳しくなることもなくなる。
「疲れる」「やつれる」と昼間の眠気が生じるが、禁断症状とは本来「頭痛」との戦いであり、昼間に眠気が生じるのならば、一服吸ってもいいのではないだろうか。
禁断症状と向き合ってみて「疲れる」「やつれる」というのは、タバコが心臓や肝臓、リンパなどかなり根の深い問題となっていたことを教えてくれる。
禁煙してみて「疲れる」「やつれる」というのは、自分にとってタバコがどのような存在と化していたのかを理解する上で必要なことなのだ。
「疲れる」「やつれる」というのは慢性疾患特有の症状であり、タバコが心臓や肝臓、リンパなどにもはや「慢性的な」悪影響を与えていることから、禁煙が疲れるのだ。
体に痛いところも出てるかもしれないが、湿布を貼ってゆっくり休むしかない。
「あの人の部屋はタバコ臭い」
それだけで、料理を担当する女は「差別」を行っている。
タバコの有害性というよりも「食事の有害性」が心臓や肝臓、リンパに慢性的な病気を引き起こしていることがある。
「タバコをやめました」というメッセージを周囲に広めることは決して悪いことではない。
食事はもはや「脳幹反射」の問題であり、心臓、呼吸、瞳孔反応に影響を与える。
喫煙者にとってもっとも怖いのは「タバコの有害性」を信じる主婦であった。
両手を合わせてお祈りする習慣を身につけたら、タバコから遠ざかり運気が上がることは当然あるだろう。
医者に「呼吸が荒い」と言われたり「パーキンソン病」だと言われたりするのはすべて、料理を担当する主婦の「差別」が原因だ。
女たちは常に「多数派工作」を行っている。
「タバコを吸う人は悪だ」という口実で料理に何をやっているか分からない。
行政の監督の下にある喫茶店やレストランでもそれは同じなのだ。
ズボンを履く時によろけるなどの症状は、すべて脳幹反射の問題であり、食生活を疑ったほうがいい。
男は常に「食事」に対しては受け身なのだ。
「タバコの有害性を信じる主婦」の信仰心だけはどうすることもできない。
「美味しんぼ」で「タバコを吸う料理人」が究極からも至高からも批判されていたが、料理を握る人は、タバコを吸う人の命を預かっている。
心臓、肝臓、リンパのみならず脳幹反射までそれは及ぶ。
食事が「筋肉」にまで影響を与えるのはもはや言うまでもない。
筋骨隆々としていた若い頃があっても、「引退」した時にタバコを吸って涙を流したという話はよくあるが、タバコがのちの人生にあなたに何をするかまでは責任が取れない。
女たちは「タバコ一箱分のお金でどんなにおいしい料理が作れるのか?」を熟知している。
そのあたりも、「音楽作品の歌詞に詳しい自分」という現実を踏まえて、「食事に混ぜられている毒物」を疑ってみたほうがいい。
タバコを吸ったおかげで「文化人」としての夢がかなうことはもちろんあるのだ。
政治家としても成功するかもしれない。
しかし、「薬四錠程度」を飲む理由はタバコが原因だと考えたほうがいい。
私は寝る前に「薬五錠」飲んでいるが、そのうちの四錠はタバコが原因だろう。
夢を見るのは性概念が定着していない少年少女の問題だ。
大人になっても「夢が見たい」のならばそれは病気だ。
文化人・政治家として「夢が見たい」というのは、眠っている時に見る「夢」と深く関わっている。
夢枕に立つ人のメッセージに根ざした行動であり、精神分析(夢判断)の問題だ。
朝、起きた後の「一服」もその人の人生である以上、誰も介入することはできない。
自分の夢がかなうことにとにかく「興奮」しているのだ。
世の中には大臣もいれば平社員もいる。
ピラミッド構造がある以上、その「興奮」を止めるのはもはやタバコしかなかったのだ。
男が「タバコを吸う構造」は明らかにできるし、薬を四錠飲むことにつながるが、それならば「睡眠導入剤を利用した禁煙」は当然、可能であることを意味する。
ゆっくりと横になったり、コーヒー・スポーツドリンクを飲むことは、内臓疾患や脳幹反射にいい影響を与えることは明らかである。
眠る・起きる・上達するというカレンダーには常に「興奮」がつきまとう。
そこで眠れなくなったりして「上達をやめてしまう」方向に人体が作用したりする。
それならば、「薬四錠」とうまく付き合っていくしかない。
タバコを吸うのをやめるのならば、ピラミッド構造の世の中の現実を理解するしかないのだ。
もしも、この「寝て・起きて・上達する」ということから成り立つピラミッド構造が、年齢による「階級別」ではなく、「無差別級」ならばとてもではないがタバコはやめられない。
天皇から内閣総理大臣、そして大臣、下級行政機関という「心理学」において、自分の「役割」が「階級別」に評価されなければならないし、周囲もその「心理学」に敬意を払わなければならない。
いずれにせよ、この「階級別」の「心理学」で自分がもっとも祝福され評価される居場所を見つけなければならないし、
「その若さで無差別級?」という無謀なことは行わないほうがいい。
社会のピラミッドは「心理学」によって、自分なりに居場所ができるようになっている。
彼女や家族が「今のあなたはすべてうまく行っている」と言ってくれることも重要となる。
脳のネジがぶっ飛んだり、脳の神経がぶち切れそうな、無差別級が有害であり、若くして無差別級に身を置くと、20年もすれば適応してしまうかもしれないが、寿命は保障できない。
おしっこ、呼吸、感染症、歯の痛みなどの問題を引き起こさない場所をスウィートホームと呼ぶのであれば、常に家族から愛されなければならない。
出された食事を大事にし、ナージングホーム(手厚いもてなしのある家庭)として、常に、崩壊を恐れ、よく眠らなければならない。
社会から受ける「評価」と、自分の「夢」の調和を取らないといけないし、パートナーがいて、子供たちがいて「気がついたらみんなが楽に暮らしている」という状態を「ベースライン」と呼ぶのであれば、
ルカ1:46 マリアは言った。彼には強さが約束されている。彼を恐れるものに祝福を。
という聖書の一節は、タバコを吸わない夫・ヨゼフとの間に出来た子供のことを言っている。
当然、その子供とは「イエスキリスト」である。
旧約聖書が「タバコをやめさせて献金させる書物」だとするのならば、新約聖書はその子供が実際にどのように「強さ」を見せたかという物語であろう。
ヨゼフとマリアが「夫婦仲がよかった」「イエスの誕生をアブラハムも祝福してくれた」というのであれば、当然、ヨゼフは「勃った」ことを意味するし、LSDやMDMAのような薬物とは無縁だっただろう。
大工という職業は、「技術に満ちた男」という意味であり、現在では、ハイテク産業の技術者であるのと同じ意味である。
堅実な職業を持つ父・ヨゼフと、結婚するまで処女だったマリアの間にできた息子の「環境」はきわめて恵まれていた。
私は、イエスキリストとは、「ワクチン」を考えた野口英世ではないかと疑っている。
また、個人的には、私の曽祖父の小野達郎と同一人物だろうと推測している。
腰痛の記事でも述べたが、エジプト王朝を滅ぼした「ワクチン」であるが、日本国は野口英世のおかげで「日韓併合」「台湾割譲」などを受けている。
中国がアジア地域に戻ってくるまでに「200年」の歳月が費やされたのだ。
「勃起」というものが、「見て、聞いて、触って」「想像して」そのうえで、ペニスに血液が
流れ込むものであることから、薬物は「想像する」という部分に致命的な影響を与え、勃たなくなるのだ。
しかし、タバコにはそのような側面は存在しない。
それでも、タバコは「栄養」「交通」の費用を食ってしまうし、「太陽の見え方が変わってくる」「おしっこが気になって仕方がない」などの悪影響がある。
端的に言うと「マラソンができなくなる」とも言われる。
腰痛の議論とワンセットで禁煙の問題を提起させてもらったが、似たような議論なのだ。
私もそうであるが、せん妄状態(カネか夢か分からぬ暮らし)に陥ると、「時計とカレンダーを身近な場所に置かない」という状態になる。
時計とカレンダーを目に見える場所に置くことから入らなければ禁煙は成り立たない。
時計とカレンダーを常に見える場所に置くということは「心配事を最小化する」とされている。
私は、2~3年分の心配事を、ドカンと経験したようなものであり、腰に負担は来るわ、タバコは吸うわで、大変な思いをした。
また、目覚ましで目を覚ますことが、どれほど健康にいいだろうか?
歳をとって、仕事を引退しても、なかなか「悠々自適」とはいかない現状がここにある。
「カネか夢か分からぬ暮らし」(せん妄状態)において、時計とカレンダーも見ずにタバコを吹かし続ける、眠る起きるのサイクルを繰り返す、そんなことをしていたら、視力や聴力にまでタバコは悪影響を与えかねないのだ。
私はたまたま「腰と財布」が悲鳴を上げたが、それがなければ集中治療室(ICU)に送られるまで働いたであろう。
いわゆる「老醜」というものが「せん妄状態」であり、通常は「85歳以上」の人がカネか夢か分からぬ暮らしをするが、作家である私は立場を守るためという理由もあるが48歳でそれを経験したのだ。
さいわいにして、私は英語のあらゆる文献を読む才能に恵まれたため、英語の医学書を読んでいる。
「老醜」にとって必要なのは、薬物に頼らずにドーパミン・セロトニンなどの快楽物質を脳に流すことである。
「栄養」「交通費」「太陽の見え方」「おしっこのコントロール」にともなう「思考力の低下」も起きる。
病気になっても、子供たちは財産目当てなのが明らかであり、入院して周囲に「ご苦労さまでした」と言われることもない。
そのような「年寄りの悩み」が本来、禁煙にともなう禁断症状の研究だったのだ。
50歳を越えると、いよいよ人生そのものが「ヘビー級」「無差別級」となっていくことになる。
ここから「カネか夢か分からぬ暮らし」(せん妄状態)とタバコの関係が直結してくる。
「高血圧」の声もここから聞こえるようになるのだ。
認知症というのは、たしかに「メモリーロス」(記憶を失っていくもの)であるが、50歳を過ぎて「時計もカレンダーも見ない」「そもそもこのあたりの記憶がない」ということから波及して、配偶者の下の名前すら忘れていくものだ。
30代~40代ならば「子供の頃の記憶」もあるし、20代の頃の「奴隷経験」も記憶に残っている。
しかし、85歳を過ぎたら、50歳以降の無我夢中な時期と、それ以外の記憶があまり区別がつかず、そのことを結果的に「応援」してしまうのがタバコだった。
このような年寄りは、いろんな意味で「感染しやすい」ため、オレオレ詐欺などの標的になる。
アメフトやボクシングなどの「コンタクトスポーツ」は若者の特権であるが、年寄りは「コンタクト」「人間同士のふれあい」を求めている。
300万円など「ガンの治療代」としか思っていない節がある。
騙す側も「ガンの治療代」と割り切らなければ罪悪感に苦しむだろう。
私も、48歳で「腰が痛い」ことから、腰痛と禁煙の研究を始めたが、放置していたらALS(筋萎縮性側索硬化症)になっていただろう。
痛いのが腰だけだったのでまだマシだった。
ホーキング博士は、物理学は分かっても、医学は分からなかった。
専門分化とは恐ろしいものだ。
17歳で自然気胸の治療で入院した時は、季節、日にち、月、年、病棟、病院、街、県、国は当然のように覚えているが、30代以降はこれらの記憶は残っていない。
これが、そのまま「喫煙の歴史」であり、その根の深さは心臓や肝臓、脳幹にまで及んでいる。
一日一日の「喫煙インパクト」はこれほど「記憶に残らない」ものなのだ。
この「記憶のメカニズム」はそのまま、アルツハイマー病につながりかねない。
せん妄状態が「早発性痴呆症」などと呼ばれた時代もあったのだ。
とにかく「無我夢中で覚えていないだけ」だった。
タバコを吸うと、仕事がはかどる、知的な労働ができる。
しかし、「無我夢中で何も覚えていない」という本人の言い分も、周囲から見れば「ボケてる」としか思えない。
気がついたら子供たちが「財産の取り分」で揉めていたというのはなんとも不幸な話だ。
その前に、一度、横になったらどうだろうか。
叶わぬ夢、守ってくれる人がいない、これは不眠につながる。
私は、東大に合格し、東京に出たが、実家に帰った時には熟睡していた。
祖父母の願いをかなえ、親の愛情のもとに、当面の目標もなかったときには、タバコも吸わず、熟睡していたのだ。
これは「禁煙の原点」ではないだろうか?
叶わぬ夢に寝るタイミングに迷い、親の庇護のもとにもいない、眠れぬ夜にタバコを大量に吹かす。
自分なりの「熟睡できた頃の原体験」と、「どんな条件がそろっていたのか?」は当然、研究室でも問題にしなければならない。
叶わぬ夢、守ってくれる人がいないというのは、結論としては「心拍数の問題」とされている。
オリエンタルラジオは「ピコ太郎の登場に眠れない日々が続いた」とされている。
眠れない、タバコを吸う、これも「心拍数の問題」と表現することが可能だ。
「無我夢中で何も覚えていない」
これを、早発性痴呆症と呼ぶのならば、脳のMRIは、心拍数の高い人は「脳がむしろ活発に動いている」ことを示している。
「何も考えない」「くよくよしない」
年寄りは「長生きの秘訣」としてそのように言うしかない。
受験や就職で願いが叶い、親の愛情のもとで熟睡した、この「心拍数の問題」を禁煙に生かさない手はない。
目の下にくまを作っている人は「眠れないから」ではなく「一晩中タバコを吸ったから」そのようになっている。
だったら、眠る前にプリンでも食べてみようか?
叶わぬ夢、そのために引き起こされる混乱はこのように「不眠」「タバコ」に直結する。
でも、「夢」「混乱」をどの医者が相手にするだろうか?
心療内科か精神科だろう。
タバコを吸うことを覚えると同時に「四錠の薬」がおのずと用意される。
それ以外の「遊び気分」のタバコならば議論する必要はない。
落ち着かないでバカバカタバコを吸っている人は「心拍数が高い」のである。
深呼吸させたり、あまいものを与えたり、時には精神安定剤も必要となる。
親がもういない、人生がうまく行かないなど、「誰にでもあること」からそうなっている。
「おいしいものを食べて、お風呂に入ればいやなことすべて忘れられる」そんな境地になることも必要だ。
子供の頃、喘息だった人は、大人になって「太ってタバコを吸う」ようになっている。
喘息で眠れない経験を持っているだろう。
だったら、なぜ、今、静かな夜を楽しまないのだろうか。
いつ寝るかの決断が必要?
それならば、寝る30分前に「ワインドダウン」と呼ばれる入浴をしよう。
一度ワインドダウンをしたらもう何の作業もしない。
それでもよく眠れるようになる。
寝室に入ったら、テレビもラジオもスマートフォンも、ビデオゲームもタブレットもない方がいい。
20分経っても「眠れない」「ダメだな」と思ったら「ウォークマン」「iPod」だけは許可しよう。
睡眠導入剤を飲んだあとの一服がうまいんじゃないか?と思うだろうが、ワインドダウンのあとにそれをやるのならば、夜中の一時頃までは眠れないだろう。
貧乏ゆすりが止まらないという人もいる。
特に、夕方からゴールデンタイムにかけてがひどい。
しかし「ストレッチとマッサージの時だけ止まる」のだ。
だったら、そのような病気ではない人も「ストレッチとマッサージ」をやったらどうだろうか。
子供が夜泣きをすることがある。
体のデカイ先生が怖くて泣いているのだ。
あなたは大人になっても「体のデカイ先生」のおかげで眠れないだろうか?
子供の頃、父親が「相撲」を取ってくれなかったんだろう。
朝8時から9時に、頭がだんだんスッキリしてくるのが分かる。
これは宇宙の神秘と呼ぶしかない。
世界共通の経験なのだ。
この時間にも寝てる?
だったら、理解する必要がある。
日本人全員が「8時から9時の神秘体験」を経験しているのだ。
ハブられたら大変だ。
睡眠が規則正しく取れれば、タバコの本数は減る。
眠りのつき方はすでに述べたが、女の子の中には朝4時から学校や仕事の準備をしている人もいるし、普通は7時頃からだろう。
遅刻しないようにし、鉄道でけっこうな距離を移動し、レクリエーションやスポーツでの競争などをする。
なぜ、子供たちは学校へ行くのか?
それは「睡眠」というものを知ってもらいたいからであり、カッコつけでタバコを吸っても一日三箱というわけではない。
睡眠さえしっかり取れれば、脳幹反射は正常化し、「成績優秀スポーツ万能」などともてはやされる。
学校や仕事に普通に通っているだけでそのようにいわれるのだ。
脳幹反射がうまく機能することはこれほどのメリットがあり、運転がうまくなり、高速道路での致命的な事故もなくなる。
教習所で「運転の適正」を検査するが、このような生活習慣を調べているのだ。
5~15%の人は「夜勤」をやらなければならないが、不規則シフトワークというものは睡眠でのトラブルが多くなる。
不規則シフトワークが「タバコを吸うきっかけ」になる人もいる。
夜勤のある仕事をやっている人はモディオダールのような精神刺激薬を服用する。
割増賃金があってもあんがい割に合わない。
精神科医療の現場では、夜勤の看護師やヘルパーがいるが、当然、「薬の処方」がなされている。
「夜勤明けでつらそうだな」と思ってみていたが、薬は確実にあるのだ。
2~14時間の飛行機での旅は時差ボケというものを引き起こすが、時間がそのままずれるのではなく、4~8時間程度「眠くなる時間がズレる」とされている。
とにかく、到着したら「まぶしい」のである。
このような時も、飛行場でタバコを立て続けに四本吸ったりする。
飛行機に乗るのが仕事という人もいるが、タバコを吸う習慣がついてしまう。
このような「時差ボケ」のストレスをなくすためにはブドウ糖が必要となり、機内で酔っぱらったり、ジュースを飲む必要がある。
なかなか「ノート型パソコンで仕事」というわけにはいかないのだ。
叶わぬ夢、そして混乱が喫煙の原因となるという話しをしたが、タバコとジュースが「知性を跳ね上げる」のは事実なのだ。
「知性を跳ね上げる?」
それが、やがて、叶わぬ夢と混乱につながるのだろう。
しかし、一時的にでもそれが必要な人はいる。
だが、タバコとジュースで知性を跳ね上げたいのであればアクタミンやメタボリンのようなビタミン製剤や、ビタミンB12を飲まなければならない。
「知性ドーピング」というものがもしあるとするのならば、タバコとジュース、そしてこれらの薬であろう。
そうでなければ、いずれ、ひどい腰痛に悩まされることになる。
おしっこが気になって思考力が下がるのがタバコであるが、アクタミンやメタボリン、そしてエスファイトがあれば、一時的には「知性ドーピング」は可能である。
しかし、たとえ司法試験に受かったところで、世の中の現実は「だったら何?」という反応が返ってくるだけなのだ。
叶わぬ夢、そして混乱のある人は、時に「先生」と呼ぶ人が出てきたりして、周囲は「熱病だ」「洗脳されている」と考えてしまう。
そのような時は、看護スタッフを総入れ替えして、窓側に面した病床に入院させるしかない。
とにかく「混乱」しているからだ。
栄養を与えることも必要だ。
栄養を与えてくれる人が「先生」であるとみなされるからだ。
「マインドコントロールの恐怖」という前に、医学的にアプローチしなければならない問題だ。
定年になり仕事をリタイヤした人が、「24時間温泉気分」と言って、一日中お風呂につかることがある。
高校を中退して無職の若者もそのようになることがあるのだ。
そのような男の子・女の子は、「目」にコンプレックスを感じ始め、目の美容整形をするとされている。
なぜなら、「24時間温泉気分」というのは目を腫れぼったくさせるからだ。
夜中に汗だくになっておきたりもするが、どのみち風呂に向かってしまうだろう。
高校中退したものは「芸能人の温床」とされるが、同時に「タバコを吸う」ようになっている。
タバコを吸うと「おしっこが気になって思考力が下がる」と言ったが、車の車内などで「息を止めている」ことからそのようなことになると考えられている。
あるいは試験中にも息を止めているのだろうか。
息を止めているからおしっこが気になるのであって、水分を控えるのは逆効果だ。
むしろ、スポーツドリンクを飲んだほうがおしっこは出ない。
あるいは、車内で「塩飴」を舐めるのも有効であるし、試験中に口に塩飴を含んでいてもバレることはないだろう。
塩飴はおしっこを止めてしまうのだから驚きだ。
普通にスポーツドリンクを飲み、塩飴を舐めているだけで2~4時間はおしっこが止まる。
3時間30分の司法試験の短答式試験で、このことを指摘できない医者がいるのであれば、「アメリカの医学には無知」であると考えたほうがいい。
試験で、呼吸を乱さないことが重要であり、「う~ん、う~ん」ならば分かるが、「ハァハァ」言うのであれば、トイレに立つことは決して禁止ではない。
おしっこのおかげで司法試験に受からないとどうしても考えるのであれば、ピトレシンという薬もある。
高血糖がおしっこを近くさせるのは事実であるが、腎臓が原因であり、スポーツドリンクはまったく問題ない。
トイレが近くなるから水分を控えようという考えは、意識レベルを確実に下げる。
叶わぬ夢、そして混乱が、タバコを吸うことにつながるが、頻尿がそれにともなう以上、頻尿の問題をクリアーしなければならない。
睡眠のとり方や、「朝の感じ方」はすでに述べたとおりであるが、おしっこに関しては「48時間、水道水を飲まない」ということも非常に有害なのだ。
「民族と同じ生き方」をしていれば、腰痛にもならないし、タバコも普通は吸わない。
水道水で沸かしたお茶などを飲む習慣を失ってはならないだろう。
水道水を飲むと「だるい」「口がべたつく」などという人もいるが、本来「タバコとジュース」は「知性ドーピング」であり、水道水を48時間口にしないほうが有害なのだ。
知性ドーピングをやると、高血糖、カリウム過多、カルシウム過多になるが、水道水で沸かしたお茶を飲んで尿意を催す必要がある。
水道水を飲まないから、腎臓病だの糖尿病だの言い出すのだ。
病気だからタバコを吸うという側面を考えると、水道水で沸かしたお茶ぐらい飲んだほうがいいだろう。
「ジュースとタバコ」による「知性ドーピング」をやっている人は、それが日常化するととんでもない「方向音痴」ぶりを発揮したりする。
日本人なのだから、朝8時から9時までの「目が覚めていく瞬間」を民族と共有したり、水道水を飲むぐらいの同調行動はとってもいいのではないだろうか。
叶わぬ夢、そして混乱は、とにかく「譲ることを知らない人」は肋間神経痛になるし、他人の業績すら「私がやった」と言っていると結核になる。
「いつ、誰が、何を、どのように」取ったのかを明確にすることを「政策の合致」と呼ぶが、政党同士が連立を組むときには大量の病人を出すことになりかねない。
タバコは皮膚にも悪影響を与える。
通常の「お肌に悪い」程度では済まないのが「将軍さま」のように「お城に住んで大奥の女をとっかえひっかえして、マスターベーションをしない」ことと、それを踏まえてタバコを吸うことから、体中に水ぶくれがたくさんできるのだ。
人生というのはあんがい平等にできているものだ。
昔の、「お城」というのは、本当に住むのならば、一日か二日で「体がかゆい」と言って逃げ出すだろう。
それほど、「大奥」というのは危険なものだ。
「24時間温泉気分」というのも、目を腫れぼったくさせるだけでなく、タバコを吸うと「耳がかゆくて仕方がない」と言って耳かきばかりするようになる。
タバコを吸うと、とにかく「鉄分が足りない」状態になる。
当然、「偏食」がともなうことは覚悟しなければならない。
自分でメニューを決めるとかなり偏食になるだろう。
このことから、料理を作ってくれる女性がいるスィートホームは必要であるが、なにしろ、女性の中には「喫煙者を憎んでいる」人がいるのだ。
WHOルールにしたがった食事を取らないといけないが、「食い物で冒険してみる」「食わず嫌いをなくす旅に出る」必要性はすでに述べたとおりである。
なお、子供がタバコを吸うと、乳首の下の両脇に赤い斑点が出る。
タバコを吸うなと言うまでもなく、両脇にかゆみが出るため、自然と吸わないものなのだ。
また、禁煙の問題は「ホルモンの問題」というアプローチを取ることも可能性としては考えられる。
男が「ジャスミンティーで私らしく一日を終えたい」という生活を送ることも考えられる。
「そもそも血液検査の結果に問題がある」場合は、ホルモンの問題ととらえることが必要になってくる。
血液検査で問題がなくても、「簡単に禁煙する方法」として念頭においておいたほうがいい。
オリビアを聴きながら 杏里

また、「異性への免疫がない」とタバコというものは「吹かすだけ」ということになる。
「女」というものが分かってくると、ようやく深く吸い込むことになるのだ。
異性への免疫がついたことからタバコを吸っているため、いっそのこと「心理的」性転換してしまえという発想があるのだ。
私も、父親の書斎のタバコの匂いに「文化の香り」を感じていたが、子供にとって「親の匂い」というものは権威であり、受動喫煙すら「親の匂い」として懐いてしまう。
この子供の受動喫煙の禁断症状がマイコプラズマであり、熱は39度を超える。
子供のことを思うとタバコは吸えないし、頭の位置にあるから歩きタバコ禁止というものを越えた理由がある。
マイコプラズマで高熱を出したことのある子供は、そののちの人生できわめて成績優秀となり、わざわざ「一番分厚い参考書」を選んで読むようになる。
マイコプラズマに関してはその因果関係は現在も研究途中である。
しかし、「シャーロックホームズが好き」と思春期に言うような子供はみんなマイコプラズマを経験している。
このことから、親が子供の「マイコプラズマって何?」という研究を始めてしまうとそれはもはや「非人道的医学実験」とされ、731部隊やナチスのたどった道を親が知ることになる。
「ラジオが腰にいい」という研究をしたことがあるが、「タバコが原因」であり、しかも、自分が好きな音楽を公共の電波で放送しているというのは「タバコが原因のすべての病気にいい影響を与える」とされている。
アンディ・フグが、白血病で死の病床にいた時に、仲間がみんなで歌を歌ったとされているが、「タバコが原因」である時にはこのような行為は有効性を見せるだろう。
電話リクエスト(電リク)などというものは、「自分のCDを聞け」というものにとどまらない健康への「いい影響」があるのだ。
タバコが原因のガンのすべてに有効性を見せるとされている。

 

 

« 東大生の人生。 | トップページ | 団塊は死なない。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東大生の人生。 | トップページ | 団塊は死なない。 »