最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 小野光太郎の禁煙物語。 | トップページ | どこでもドア。 »

2019年9月16日 (月)

団塊は死なない。

昔、エホバの証人の人に「永遠の命」とか言われてどっちらけになったことがあるのだが、最近、「復活」の研究を始めた。
人間は肉体が変わっても「記憶が同じ」であるのならば、同一人物といえるわけだ。
永遠の命を手にしたらどの人間も「皇帝」「天皇」であるとも言われる。
そこで「復活」について調査を始めると、真っ先に出てくるのが「アルガザーリ」というイスラム法学者だ。
イスラム教スンニ派は「コンサートさえ見ていれば人生が分かる」という教えであるが、日本の団塊の世代をそのまま日本国が失うのはあまりにももったいない。
記憶が同じであることは「同一人物」であることを意味するが、赤ん坊にそのまま記憶を乗せることはできないだろう。
他の人間にあなたの記憶をそのまま乗せたら、まるで灯りがついたように目を覚ましたように感じるはずだ。
そこで出てくる概念が「贖罪」である。
「贖罪」を経た結果としての「記憶」「脳」を赤ん坊に乗せることは可能ではないか?
1978年にアフガニスタンの大統領が暗殺されたのだが、殺した連中が大統領の亡骸を「頭をメッカの方向に向けて埋葬した」というのだ。なんという信仰心だろう。
それとも、「贖罪」を経させた上で、赤ん坊として生まれ変わらせようとしたのだろうか?
イスラム教というのは世界三大宗教のひとつであるが、アルガザーリ(アッラー)はこのようなことを考えていた。
そもそも、2024年にタイムマシーンが日本国によって作られる。
イスラム教は「贖罪」を経た上で、人間が赤ん坊として生まれ変わっているのではないか?
アルガザーリはバグダッドの人物であるが、スペインのマラガやコルドバという「乾いた地図」しか、日本国は実効支配できないだろうと考え、日本国の団塊の世代を12~13世紀の「乾いた地図」に生まれ変わらせることにした。
河合その子 乾いた地図

イスラム圏に「有名な大学が存在しない」のは周知かもしれないが、イスラムの教えは「学校へ行け」「体を鍛えろ」「神学を勉強しろ」その上で「世の中に出ろ」というものである。
このような教えに「贖罪」を経た日本人を「乾いた地図」に生まれ変わらせていたのだ。
日本人を祖先とするイスラムは「肉体はいただきもの」と考えて鍛えることから人生をはじめる。
タイムマシーンを開発する日本IBMが、次に「贖罪」を経た上で、すでに歳を取った人たちを赤ん坊として12~13世紀の「乾いた地図」に生まれ変わらせようというのは技術的には「もはや必然」ではないだろうか。
白人は「ユダヤ人」として、バビロン捕囚などがあった時代へと戻ることになるだろうが、日本人とは領土やお金が違う。
これらの教えは「死んでざまあみろ」という意識が民族にあるうちは実現しない。
説得力があり、奇跡を多く起こした「医者」「法律家」「哲学者」でなければ「アッラー」として実現することはできないのだ。
このような「死生観」は、その人が高校時代に最も愛した曲を、全国ネットでオンエアし、病気の治療に貢献するなど、「死生観」というものが「高校時代」に存在することを理解することから始まり、アラーとしては「タイムマシーンや復活には女性たちの支持が必要」と考え、女たちを口説くことを「哲学」と呼ぶことになった。
民族全員が経験する朝8時から9時までの「目の覚める時間帯」を経験し、民族と同じ「水道水」を少なくとも、沸かしたお茶などで48時間に一度は口にする、そのような「集団主義」こそが、復活を実現させるものと思われる。
「贖罪」ってどのように日本IBMがプログラミングするんだ?と考えるだろうが、それは「天文学」と深く関わる概念だ。
また、これを実現するためには「男のコになりたい」という女の子の考えをいかに抑え込んでいくかという研究が必要となる。
酒井法子 男のコになりたい

天文学さえ分かれば「贖罪」という意味も自ずから明らかになる。
それよりも大事なのが、今を生きている令和天皇がどれほど「医学的奇跡」を起こすかに「説得力」は委ねられているし、「作るのは簡単」「信じるのは難しい」ものが「贖罪」を踏まえた「乾いた地図」への復活なのだ。

天文学は私も深くは知らないが、細木数子の「六占星術」でいいんじゃないか?
それよりも、私は医学をより深めていく活動が求められている。

人間が「星の下で」復活して何があるの?と思うだろうが、「詩の体系」を学習し、快楽を味わい、「もっとも知的で」「たった一つの」「よい存在」になろうとしているだけである。
このような存在を「皇帝」「天皇」と呼んでいるだけである。
何度も生まれ変わっているうちに、令和天皇の人生も経験するだろうし、最後には、私もアルガザーリの人生を経験するのだろう。
「詩の体系」「タイムマシーン」「気象コントロール」「プロ野球必勝法」などを考えた人生を一度は経験するだろうし、私も皆さんの人生を経験する。
自分以外に「女好き」な男はいないというアダムからそれは始まっているのだ。
「たった一つの」とはそのような意味であり、世界中の命の「論理」は理解できるはずだという人類学的な考えでもある。
神は自分に似せて人間を作った、だからアドニスのために泣ける。
人間とは「泣く生き物」なのだろうか。
しかし、「いじめる側の論理」だけは誰も「経験したくない」「意味がない」と考えている。
「ただ生きているだけ」ならば、経験するだけ時間の無駄だからだ。
「太い便をしたいだけ」
そんな人生にも快楽があるとするのならば「肉」と呼ばれるいじめる側の人生にも意味はあるのだろうが、「おことば」「肉声」がなんら「もっとも知的な」ものとはならない。
暗闇から見えるのは「明かり」だけである。
「いじめる側」の人間から見えるのは「いじめられる側」(魂)の明るい、輝かしい人生だけだ。
結局、「魂」「いじめられる側」の「明かり」だけしか何度生まれ変わっても記憶に残らないだろう。
医者として死と何度も直面しても、東大病院には「命」が送られてくる。
自分の体のようなレントゲン写真を見たり、自分の老後みたいなMRIをみたり、血液検査表を見たりする。
「宗教は男らしいほうがいい」
このような開き直りも必要である。
人は死なない 東大病院の医者

女一人に男二人がいたら何が起きるか?
人気とは何か?
頭をつかうとは何か?
マスターベーションしてその世界に溶け込みたいとはどのような時か?
すべて「未成熟な耳」から情報が入ってくる。
小学生の時に、聖子ちゃん明菜ちゃんの歌の意味が理解できただろうか?
チョムスキーは「経験がなければ物事を学習することはできない」と語っている。
それならば、「贖罪」を経た結果の「赤ん坊への生まれ変わり」はどのような意味を持つのだろうか。
日本国は、タイムマシーン開発の予定(2024年)の前の1999年に「女心の真実」をすべて網羅したとされる。
「女はパートナーがいても知恵や知識を生み出すために異なる男の声を聞きたがっている」
「しかし、男よりも女のほうが、問題の少ない愛を知っている」
1999年にこの曲がリリースされた。
SPEED DEEP BLUE & TRUTH

「詩の体系」を理解するにとどめるストア派と、何でもやってやろうというエピクロス派、さらに「プラトン派」が生まれた。
プラトン派は「もっと新しいものを」と頭を悩ませたのだ。
ストア派は令和天皇がすでに体系をまとめている。
今、テレビでオンエアされているのはプラトン派の音楽作品である。
「民族の新しい経験」に常に耳を澄ませていたのはプラトン派だった。
しかし、1999年の「ロイター通信による純粋理性批判の完成」は、世界の指導者の口説き文句をカントの意思により集めることで確実に達成された。
「女にも分かること」「心が理解できること」「女が真理であると認めること」
このことは、「贖罪」を経た上で乾いた地図に生まれ変わりたいという人たちに「今を生きる」ことを教えた。
各自が「全員の命を経験する」という日本IBMの計画は「強度なナショナリズム」に結びつきかねない。
1999年に、反ナショナリズムは勝利をおさめたのではないかといわれた。
今を生きる、それが楽しい。
それが反ナショナリズムである。
しかし、確実に日本IBMの「ナショナリズム運動」は、団塊の世代の心をつかんでいった。

人間は「復活」した後にも「仕事」をしなければならない。
仕事とはつまり「問題を解決する」ものであるが、どうしてもその人の能力は「兄弟」の制約を受けざるを得ない。
兄貴にカマを掘られただけで「カント」(口説き文句・黒革の手帖)に興味が持てなくなる。
そこで、デューデュカインドは「贖罪」に「少年期」「少女期」も含めてしまった。
また、フレッジは、男でも失恋することがあるとし、女を寝取られた時に「知性で負けた」とし、ビックルやヨービックのような「オリゴ糖」を男の失恋のために考えた。
ビックルCM

ラッセルはそれを踏まえて、いつか誰かが経験する「自分の人生」を火が燃え尽きるまで生きてみることの必要性を訴えた。
「贖罪」の条件がたまたま揃ったために「この命は激しく燃やしてみようかな」と考えたものをたまたま「王者」と呼んでいるだけだと考えたのだ。
命の順番に序列はないが、「激しく燃やした命」が、別の命を感化させ、「トリクルダウン」を引き起こすのは明らかではないか。
他人を感化させる右翼としての「激しく燃やした命」が、次の人生で「のんびり生きてみよう」という左翼になってもおかしくはない。
つまり、命には「順番」「序列」のようなものはなく、右か左かを行ったりきたりしているのだ。
大事なのは「イエスキリスト」(カエサル)の人生を誰もが一度は経験するという「心をひとつにする」(感化される)ことであり、しかも、10万人の女とセックスした結果そのような生き方を選択した、ということを知ることだ。
カエサルといえば自由民主党だが、その他の政党支持者も当然いるだろう。
その他の政党支持者は「のんびり生きたい」と思っているだけだろう。
それはそれでうまく成り立っているのではないだろうか。
「もっとも知的で」「たった一つの」「よい存在」になろうとしている人間たちが、「命を熱く燃やした」「燃やしている」人に感化されて、それをからかう立場になるのも自由だ。
長州小力

1960年代には「コンビニ」というものが日本にはなかった。
しかし、1990年代には「人間はより知的に」という舵を切り、夜まで勉強する男にその環境を整えた。
世界史は「女をクリエイトし、男はあと」という順序をたどったが、男をより知的にしたことは「女をクリエイト」し、日本の夏は確実に暑くなった。
IPCCに「南極の氷が解けている」などという映像を見せられ、日本の男が「知的」になっていくのを妨害されたこともある。
女たちが「理想の男」を語り合うのであって、世界史は「女作りが先、男作りはあと」という順番をたどらざるを得ない。
移民問題だけは「男作りが先、女作りがあと」という高度な政治意思が働かないと、フィリピンパブや朝鮮パブができるだけだ。
政治意思を働かせるのも「激しく燃やした命」のすることである。
フィリピン人の男の子や朝鮮人の男の子が「日本の大学」に入学する機会があるだろうか?
外国人女性を日本国がどのように扱ってきたのか。
それは、「大学のあり方」という問題になるのだ。
中世ヨーロッパは、カトリック(ラテンウェスト)と、ユダヤイスラム(ギリシャイースト)の二つに分かれた。
日本国のタイムマシーンがギリシャイーストを作ったのであり、「死なないイスラム」に十字軍を送ったカトリック教徒の中には「俺も死にたくない」と言ってユダヤ教に改宗するものが多かった。
ユダヤ神秘主義思想は天文学を信じることでもあり、自分の「来世」を「贖罪」に求めた。
1494年にイタリア戦争が起き、貴族とは何かという論争がなされた。
1517年にはルターによる宗教改革が起きた。
1519年にはカール5世が選挙で「貴族の中の貴族」として王になった。
最初の「貴族」はカール5世であり、偶像崇拝をルターを味方につけることで巧みに利用することから生まれている。

エロビデオを見て「女が嫌がっているではないか」と考える政治的弱者がいる。
それに悩む女の子がいる。
CoCo メロディ

「もっとも知的で」(神)「たった一つの」(男)「よい存在」(聖霊)という、神・男・聖霊という三位一体が「贖罪と復活」を繰り返すギリシャイーストで信じられるようになった。
ラテンウェストのカトリックは「初体験はイエスキリスト」「教会はイエスの肉体」「処女マリア」などを用いて、影響力を維持したが、東ローマ帝国よりも先に、西ローマ帝国は滅亡してしまった。
「イエスキリスト」といった時点で、ギリシャイーストの「三位一体」「贖罪と復活」を教義として引き込んだ形となり、「神・男・聖霊」を認めた。
松田聖子 赤いスイートピー

2024年に日本IBMがタイムマシーンを作ったらどうなるのか?
日本国は12世紀のヨーロッパに戻るのだ。
「大学で何を教えるのか?」が明らかになる。
女たちは「文字曼荼羅」を欲しがって熱狂するのだ。
ロックミーアマデウス

アブラハム、つまり地球で最も重い命とは「贖罪と復活」を考えた令和天皇のことであり、ユダヤイスラムの世界で語られていた「神・男・聖霊」の世界を「大学があるかないか」でラテンウェストとギリシャイーストは区別されることになる。
太陽などで肌の色は決まるが、日本IBMが、中世ヨーロッパを構築するだろう。
2024年以降も世界は続いていくが、そのありようは、12世紀の中世ヨーロッパとして語られることになる。
移民の問題は常に「大学」が解消している。
その「移民」の問題が生じるかどうかがカトリック(ラテンウェスト)と、ユダヤイスラム(ギリシャイースト)の違いでもあった。
恋のカレッジリング 河合その子

日本人は、洋画を見ることで「アメリカ女はいつも裸」という考えに至っていた。
しかし、アメリカ合衆国は「日本人女だっていつも裸」という戦略を取ってきたのだ。
そこで、日本人女としては「できるだけ局部を隠す」ファッションやヘアースタイル、そして雰囲気を重視した。
なぜ、「王子は何を見ても面白くなかった」のか?
そして「組織の頂点の役割を担うための旅に出たのか?」(アヒンサー)
城の中で「次期国王」というFA権を取得したら、あとは「女」を探求する旅だけが待っていた。
あの王子の前ではどんな女も取って食われるらしい。
そういう王子が旅に出るだけで、女たちは「局部」を隠す行動に出た。
図書館には「王子の知恵」がたくさん書棚にあったため、女たちは慎ましやかな服装やヘアースタイル、雰囲気をもっていたのだ。
「図書館にある本を全部読んだら、簡単に女を取って食える」
そのように女たちは考えていたため、図書館にはもっとも魅力的な姿で出かけた。
「大学」の女も当然、そのような行動に出たため、カトリック(ラテンウェスト)は、「女の魅力」という意味においてユダヤイスラムに勝っていた。
「大学とは何か?」それをカトリックは考えていたのだ。
ロマンスは偶然のしわざ

日本国の方が中国よりも「注目に値する」というのであれば、それは「国学」にまで遡らなければならない。
本居宣長や平田篤胤などだ。
「美しい顔」を作る仏教や、「勉学に励む」という儒学をうまく取り入れながらも、契沖は「50音」を作ったし、契沖の作った「50音」に何を乗せるかを本居宣長は考えていた。
荷田春満(かだのあずまろ)は、それを伏見稲荷神社の教えとして「天皇を敬え、政府にしたがえ」という教えに取り込んでいった。
「和歌」というものは「31音」からなるアジアでも類まれな文化であったが、これも所詮はJ-POPに奉仕するものに過ぎなかった。
「ここで一句お願いします」などという人間は卑怯者にしか見えなかった。
現実の「パフォーマンス」ほど優れたものはなかったのだ。
「若さと親しむ」
これがJ-POPの奥義であり、腰痛にきわめていい効果を与えた。
若さと親しむのならば「男子高校生よりも女子高生」が良かった。
日本国の神社はことごとく「その地域の神聖な場所」は押さえていたし、神社に参拝する人は足腰が強かった。
歳をとった天皇から見れば「若者が腰さえ強ければ戦争に勝てるんだよ」という思いがあった。
仏教の「美しい顔」にせよ、儒学の「勉学」にせよ、最後はみんな「腰」をやられていたからだ。
腰を強くするためには、契沖の「50音」に「若い文化」を混ぜ込み、荷田春満はそれに「韻」を踏ませた。
河合その子 不思議バカンス

アメリカ合衆国が初めて日本国に興味を持ったのが「黒船来航」であったが、「白い女」は日本人の足腰をダメにする可能性があった。
中国・オランダまではまだ良かったが、アメリカ合衆国まで相手にするのならば、「痛風」を覚悟しなければならない。
日本人の「美白」は黒船来航で想像できたし、薩摩藩の女・良子(ながこ)が色が白かったことから来る昭和天皇の「痛風の恐れ」も、山県有朋は「お前は色盲か?」とその軍務を心配した。
日本国の方が中国よりも「注目に値する」というのが国学であり、ましてや、タイムマシーンや「贖罪と復活」の理論などにより、人間が時間を越えるようになると、日本国は「イスラムのみならず、ユダヤ、中世ヨーロッパが領土として見えた」のである。
領土確定の問題は日本銀行とも相談しなければならないが、時間を越えるという発想は国学の立場から令和天皇が初めて考えたものだ。

ISISは、四年間のキャンペーンを終えた。
イギリス程度の領土を誇った時代を終え、現在では「1.5キロ程度の東シリアの村」となっている。
私の、「イスラムの祖先は日本人」論が勝利をおさめた格好となった。
現在、ISISは、東南アジアの「暗殺グループ」と結びつこうとしている。
かつて、ISISの「夢」に同調したカティバーナサントラという千名の人がいたのだ。
2002年から2005年、そして2009年にはフィリピンやインドネシアの自爆テロは「アルカイダの仕業だろう」と言われていたが、2018年にはISISの仕業だろうと言われるに至った。
ISISにも500名の死者を出したが、「お前らの死生観はどうなってるんだ?」という問題を令和天皇が明らかにしたことから、まず、アルガザーリの末裔のバグダッドが「ISISの話はしない」ことにしたのだ。
イラクから相手にされなくなったISISは、すでに「ひとつの村のチンピラ」扱いであり、バグダッドなどの首脳は日本国と「もっと大きな話がしたい」と考え始めている。

日本国民は「国連」とさえ言っておけば逆らわない。
このことから、ロシアが国連を持ち出し、中国が国連の邪魔をし、アメリカが日本を国連から外そうとする、というオバマ政権の時の図式に変化が見られる。
中国は「15」の国連担当部署があるが、アメリカは「1つ」である。
しかも、気候変動や移民の問題は「国連総会ではなく個別に」話し合おうと提案したのだ。
アメリカは「鄧小平の方が習近平よりも令和天皇に似ている」としている。
1974年に鄧小平は「世界のハンドルを握りたい」と国連で表明しているが、令和天皇の方が、習近平よりもその姿が似ているのだ。
アメリカはユネスコに80億円を毎年拠出し、世界の教育の「アメリカ化」を行ってきたが、令和天皇の方が「勉強熱心」だったのだ。
ピューリサーチでも19%の全米国民しか習近平を支持していない。
ユネスコの利用の方法が「天気」「プロ野球」「臨時行政調査会」「医学」にまで及んだ令和天皇はアメリカでも人気があり、習近平とは「人気が違う」「ユネスコへの理解が違う」という格の違いを見せつけた格好だ。
習近平をこのように評したアメリカ合衆国であるが、習近平の「令和憎し」は2032年まで続こうとしている。

プラトンは「詩の体系」を構築したが、プラトンの妹と結婚したスペウシップスは、キセノクラテスとともに「詩の体系の克服」を目指していた。
「君」「あなた」には必ず一人の敵がいて、その敵と「三人の男の支持を争っている」としたのだ。
「君」「あなた」に敵を作ったのは、まさに傑作であったし、「三人の男の支持を争わせた」のもブレイクするための基本となった。
AKB48 river

音楽シーンは「一神教ではダメである」「多神教でなければならない」としたのがスペウシップスであった。
「男には敵がいて、三人の男の支持を争う」
これは、男社会の基本であったし、女心を歌う理由であった。
なぜ、プラトンは女心の詩を体系化したのか?
アカデメイアではそのように教科書は変わっていた。
敵がいて三人のジャッジがいるというのではまるで「詩のボクシング」だった。
元プロ野球選手が「俺はおっぱい星人」というので、私が「不幸な男ほど気持ちいいですよね」というと、「三人の男」がいなかったため、その元プロ野球選手とは口も聞かない関係になった。
「三人の男・ジャッジ」がいなければ争っても意味がないのだ。
「何か気持ちのいいもの」
それが「女」であり「女心」であった。
三人の男・ジャッジに「敵」はおカネを与えるだろう。
買収させればいいではないか。詩のボクシングにはそのような規定はない。
生涯のライバルとみなされたら「買収」もないし、プレイファイティング(脅かし行為)をやられるだけだ。
さいわい、三人の男がまわりにいなかったため、「こんなことをジャッジの前でやられたら大変だ」という思いが元プロ野球選手にはあったのだろう。
さすが「男社会の住人」である。
「詩のボクシング」とは男が男社会で生きていくための秘訣であり、それが、アカデメイアでスペウシップスによって教えられた。
敵がいて、三人の男・ジャッジがいるときは「戦え」よ。
女・女心は気持ちいい。気持ちよさこそが、出エジプト記の物語だからである。

ショーペンハウエルは「ストーブリーグ」つまり、シーズンオフに女と関わる機会を保障したし、ニーチェは「父と息子」の関係を明らかにした。
キルケゴールは「街」を作った。
土曜の夜にレインボー 瀬能あづさ

京都学派の西田幾多郎は、「芸能人や皇族の女は処女」と強烈に主張した。
新渡戸稲造は「武士道」において「詩のボクシングは紳士のスポーツ」とし、耳学問(音楽作品を聞く)を勧めた。
夏目漱石は「私の個人主義」において「詩のボクシング」を「男社会の原理」として認め、「空」(みんな仲良く)という日本社会を「前近代的なもの」と位置づけた。
和辻哲郎は「男同士の猥談でも、男たちは喧嘩している」とした。
曹洞宗の寺はその修行にもっともふさわしいと正法眼蔵にも記されている。
いちばん「多数派工作」がうまい男を敬うことを「神道」と呼んだ。
ラミレス解任のあとは「石井琢朗か?」という声もあるほどなので、喧嘩しても仕方のない時期だったのだろう。
「古寺巡礼」の時だけ、男たちは「万葉集、古事記」の時代に戻れる。
男社会の争いごとから自由になれるとされた。
「詩のボクシング」の最高の権威の前ではみんなしか爪らしい態度をしていた。

神社仏閣においては「間」(げん)というものの概念が異なったし、「空」(くう)だけがあった。
日本人の心の故郷であったが、社会では容赦なく「詩のボクシング」が待っていた。
お坊さんたちは毎日「詩のボクシング」に明け暮れていたが、その最高の権威が天皇であり、私は石井琢朗の前で「マザーテレサの言葉」を引用したのだ。
「不幸な男の方が胸を揉むと気持ちいい」
メジャーの力量を見抜く石井の眼力も優れていたのだろう。
世の中は「天皇の前でみんな仲良く」(君が代)という動き方はしていない。
女は「欲望と交換の対象」であり、通貨の起源でもある。
そのような「近代社会」からつかの間の自由を味わいたければ神社仏閣で癒されるのもいいことだろう。
君が代

ユダヤイスラム、あるいは「中世ヨーロッパ」が日本国の領土だというのであれば、当然のごとく「プラトン」「アカデメイア」を理解しなければならない。
プロ野球の世界の「人事」は「詩のボクシング」で動いている。
それならば「新体制発足」という形で休戦協定を結ばなければならない。
「治める」=「人事」であり、安倍内閣も内閣改造をしたばかりだ。
多数派工作よりも「結果がすべて」なのがプロ野球である。
アメリカの連中は自信があるから「率直さこそが最高の武器」と考えているだろうが、日本人はメディアも含めてそうは考えていない。
「国家の中枢が最大の嘘」というのが平成という時代だった。

「常識を知ってくれ。我々は有効かつ正直なメッセージを出そう」
これをアメリカ合衆国は建国史上最長のアフガニスタンでの戦争で学んだ。
しかし、「率直なメッセージ」に自信の持てる人がいるだろうか。
ずっと同じことを続けている人は卑怯な真似をしない。
卓袱台をひっくり返すものは、とにかく「キャリアが浅い」のである。
処女の女は「正々堂々」を教わったし、そうでなければ物事がおさまらなかった。
「罰」それは「女にモテなくなる」ことであった。
卑怯者ぶりを自慢していると「処女にモテなくなる」「病気になる」という罰を受ける。
「この人はお金になるわ」
そんなことは処女でも分かった。
おカネになれば人事もついてくる。
幸福とは「認められる」ことにある。
平成天皇皇后は、決して民から認められることはなかった。
これがあなたの人間観なのか?
一杯のかけそば

男は「人事」によって認められることで「治まる」ものである。
その背景には「詩のボクシング」があり、敵がいて、三人のジャッジがいる。
ヒュームは「英語からアプローチしなければなかなか指導者は務まらないのではないか?」としていた。
大谷翔平を認めない日本人はいないだろう。
貧しい兄弟がいたのならばなぜ兄は弟のカマを掘らなかったんだ?
弟はよりによって銀行マン?
カマを掘られたら「女心」に興味がもてないだろう。
社会の病理面を怜悧に見つめることのできない「心の貧しさ」こそが「貧しさ」の理由だろう。
1960年代から1970年代にかけて「私は処女です」という女性芸能人がテレビに出るようになり「治める」ことを日本国は学習した。
さらには、多くの音楽作品が残ったため、日本国は成熟経済を迎えた。
BIS規制が導入されても、日本の銀行の信用力を疑うものはいなかった。
すべて「女心」に詳しい「詩のボクシング」の愛好家がいたからである。
医者も銀行マンもそれからは逃れられない。
貧しさから自由であること、宝石の大きさなどすべては「詩のボクシング」の強さから生まれている。

ユダヤイスラムや、中世ヨーロッパが日本国には見えた。
しかし、「南米」までは領土として見えなかったのだ。
20世紀中頃に、「詩のボクシング」を行うリベラルな空気はコロンビアだけになってしまった。
アルゼンチンではアルベルディが、メキシコではホセマリア・ルイスモラが、チリではラスタリアが権力を握ったが、アルベルディやラスタリアは「政治学」の教科書で明らかに「詩のボクシング」の手ほどきを行っていた。
女たちは「この人奥さんいるの」と笑ってリベラルな政治を見ていた。
奥さんとの赤裸々な体験談を語っているように見えたのだろう。
アルベルディや、モラ、ラスタリアなどのような「リベラルな」指導者が日本人の風土になじむのは事実である。
ユダヤイスラムや中世ヨーロッパは見えても、南米が見えるのは「19世紀以降」という現状がある。
1812年に「リベラルカデット」という政党ができてからである。
「詩のボクシング」という出世の方法が明らかにならないと、日本人が来たとは言えないわけである。
とにかく「リベラル」「詩のボクシング」「出世の方法」が確立していないと、「お前らの死生観はどうなっているんだ?」ということになるのは南米のスパニッシュアイも同じことである。
マドンナ スパニッシュアイ

時期的には、フランス革命以降、南米がリベラルに呼応している。
キューバとプエルトリコ、ブラジル以外の全土が「ナポレオンによって」イデオロギー的侵略を受けていた。
ナポレオンとは小野光右衛門であろうと考えられている。
令和の時代は、平成天皇のような「保身だけで頭がいっぱい」な天皇では
なかったため「パワフルチャーチ」と呼ばれる、教会法=政治学が浸透した。
「政治家になりたければなにをすればいいの?」
平成にはすべてを見失っていた。
「詩のボクシング」で、敵の男と戦い、三名の男を笑わせることだった。
ロールズもドゥオーキンもラズも、ロースクールでそのことを教えていたが、日本国の法律も「小野臨調」の登場を待たなければ学習しなかった。
フランスでは1812年の憲法が作られた。
1812年の憲法は「カトリックを守るため」に作られている。
妻が貞淑で、政治学が確立されている、これを「パワフルチャーチ」と呼んだのだ。
全人類平等主義が、「知っているもの」を高い位置に跳ね上げた。
ブラジルは「専制主義」を知っていたため、ナポレオンとは異なる立場を取った。
フランスにしたがうということは、ルソーの教育学や、モンテスキューの「芸能界理論」にしたがうことを意味した。
「恋ばな」(司法)が得意で、「お金をばら撒き」(立法)、「テレビに出る」(行政)という芸能界理論はモンテスキューが考えた。
芸能界理論とは異なり、男社会では「詩のボクシング」があった。
1812年のフランス憲法が「理解できる」かどうかはいまだに重要な問題である。
ボリビアにせよ、南米が「脱植民地化」したのは、日本国の明治維新と同じ時期であり、「日本国の影響」は明確に受けている。
ナポレオン(小野光右衛門)が用意し、ビスマルク(小野慎一郎)が、実現させたのが「南米の日本領土化」であった。
現時点では、「日本国は南米の1812年前後を狙った」としかいえない資料しか出てこない。
南米の連中も最終的には「アメリカ合衆国進出」を目指し始め、いろんな問題を引き起こしているのは周知だろうが、トランプ大統領の怒りを「日本国の問題でもある」と考えるのは非常にいい効果がある。
芸能界理論や「詩のボクシング」が確立していれば、処女アイドルを「株式買取請求権」を行使して嫁にするだけのお金も若者にはあった。
カトリックの「パワフルチャーチ」はこのことから生まれている。
教会のお金をお借りすることもあっただろうが、勉強の度合いが問われるだろう。
メキシコのモラはそれで権力を維持したし、「私はカトリック」と言う人が多かった。
AKB48 サステナブル

「おカネを得ることは安全につながる」
このように考えられている。
なにしろ「死生観」が違うし、そもそも「日本人が贖罪を経て復活した」姿で生きているため、学ばなければ命が危ない連中と化していた。
チリのラスタリアにせよ、日本の明治維新、王政復古を熱烈に支持していた。
「日系人が多い」だけでは済まない問題が「タイムマシーン」や「復活」にはあった。
苦労という苦労なんてなかった。
外務省のバックには財務省があったからだ。

16世紀から17世紀に、サラマンカ学派というのがスペインとポルトガルにあり、スペインはオランダも支配していたため、徳川幕府もサラマンカ学派の影響を受けたことになる。
マネタリスト経済学を標榜し、偉いおじがいると「家庭内で話題に出ると不愉快だ」ということから「お中元・お歳暮」などの贈り物をする習慣があった。
二人のドミニコ会修道院のメンバーつまり、フランシスコ・デ・ビットリーアとドミンゴ・デ・ソトと、二人のキリスト教徒つまり、ルイス・デ・モリナとフランシスコ・スアレスがサラマンカ学派を作った。
このメンバーが「徳川幕府の将軍の地位の継承」を日本に教えたと考えて差し支えない。
バーゼル委員会において「聖母マリアには罪はなかった」という概念が固まっていたため、自然と「詩のボクシング」も明らかになっていたし、それでいて、カネをもうけて、「おじ、おばに贈り物をする」という習慣を身につけたのだ。
文法や仕事、そして「神」について議論をまとめていったため、日本の大学入試の「古文」において江戸時代の文章が出題されることはない。
自分の「パーソナルディテール」を親族に至るまで明らかにしなければ将軍にはなれなかった。
そういう意味においてはフランシスコ・デ・ビットリーアは「トマス神学」の影響を受けていた。
将軍はみんな「告白」を行っていた。
沈みかけた太陽を元に戻す力を持ったものは万物をつかさどる、これは神道であり、将軍や天皇への愛を歌った曲もある。
hiro confession

カルヴァン派および「処女」というものはサラマンカ学派によって江戸幕府に紹介されていたものと思われる。
処女がグループにいなければ治まるものも治まらない、伊豆の踊子でもそのことが描かれている。
「古い因習」と川端康成は語っている。
帝国大学の「新法」に対して、処女が治めるというのは「旧法」と呼ばれた。
「天子さま」にいずれ生まれ変わる、東京の人間はそのようにして天皇を尊敬した(谷崎潤一郎の細雪にある)。
法律に関しては「小野臨調」で出させてもらったが、とにかく「友情とパートナーの分離」(所有と経営の分離)がなされている。
ribbon 君ならば大丈夫

サラマンカ学派の指導のもとで日本にも「藩」ごとに「体制」というものはあったが、時限法という概念が浸透しないと「告白」をした後継者により「殉死」させられるものもいた。
先代の意を借り、後継者を虐待したものが殉死させられていたのだ。
女たちの適正な分配を行わない場合に、「殿様」の地位を望むものは虐待の対象となった。
この、サラマンカ学派はスペイン・ポルトガル・オランダにその影響力は及んだが、アフリカやインドを支配してしまった。
「告白」をした天皇や将軍、殿様はその後「知性」を発揮するのが簡単だった。
皇帝「カント」ですらのちに「懺悔」「告白」を行っている。
「大奥」と呼ばれる政治犯収容所・施設の女たちとよく話をしなければなかなか指導者にはなれなかっただろう。
「行政」というものが芸能界を背景に行われたため、カトリック国も「偶像崇拝」を容認している。
1930年に、サラマンカ学派の「告白により指導者を選ぶこと」が国際法となっている。

日本の令和天皇も「自分が何をやったのか?」の認識があまかった。
「永遠の命」
それは、仲間作り(道徳)であり、男らしさ(宗教)にも影響を与えた。
キリスト教のみならず、ユダヤイスラム、さらには、インド・チベット仏教にまで影響を与えたのだ。
仲間作り(道徳)と宗教の区別が最近まで困難だった。
仲間とは違うサインで呼び合う、それが「宗教」だったし、そこにはなんら説得力のある教義のようなものはなかった。
仲間作り(道徳)と宗教は同じともいえたのだ。
すべては、アブラハムから始まった。
タイムマシーンと復活が現実のものとなってから宗教は始まったのだ。
SPEED White Love

「君たちはどのように生きるべきか?」
そんなものにはなんら人間としての説得力がなかった。
「死を超越した」
それがなければ宗教ではない。
ホメーロスが詩を作る時に、「死を超越する」ことを理解していないと思うか?
キリスト教・ギリシャ哲学・ローマ法が令和天皇の肉体に流れ込むのを感じた。
混乱を治めた経験が「誰一人として」なかったのだ。
「死を超越する」ことが「治める」ということであり、そうでなければ宗教は生まれなかった。
仲間とは違うサインで呼び合うことなどばかげたことだ。
イエスキリストは「復活」したあとにどうなったんだろう?
死んだという報告はない。
つまりは「復活」を考えたのだ。
ソクラテスは「女たちの支持」を取り付ける学問をやった。
アリストテレスは、「アレキサンダー大王の家庭教師」でありながらプロレスラーだった。
面白い連中ばかりが哲学史に残っているが、すべては「永遠の命」のためであった。
今まで雑談していた連中が、急に「秘密のサインで呼び合おう」と宗教を持ち出してきた。
そんなものは道徳(仲間作り)に過ぎない。
永遠の命の意味も知らない。
山上の垂訓(マタイ5~7)は、このことを言っており、ユダヤの敵・サマリア人にせよ、「隣人とは来世のあなたである」ということを明らかにできなかった。
くだらない「仲間とは違うサインで呼び合う」連中が歴史上確実にいたことを聖書は刻印したかったのだ。
トマス・アクィナスは、「告白」というものを「人類学を理解する力量」と考えた。
東京大学に入った自分はたしかに偉かった。
しかし、「心ないおじ」を含めて「彼らの論理」を明らかにすることを告白と呼んだのだ。
自分の弱味を握られることを「告白」と考えるような了見の狭い輩を一蹴した。
さらに、男社会のゲーム(プロ野球)を「女たちの支持」を得ることで結果を予言したこともある。
人類学はその予言のための入門であったし、女たちの支持を得ることも最終的には「永遠の命」「復活」に向けられた。
「タイムマシーンに何ができるのか」「贖罪を経た上で永遠の命を手にできるのではないか?」
令和天皇に日曜日などなかった。
しかし、永遠の命を確立したらおそらく満足して休むであろう。
中世にルネッサンスが起きたというが、日本国では平成天皇は後継者の最有力候補に「自殺」を命じている。
王位継承で磔も行ったし、処刑まがいのことも行った。
21世紀になっても宮内庁にルネッサンスは到来していなかった。
最高に知的な者以外はアフリカ人と何ら変わることはなかった。
ルネッサンスとは「王位継承の際にも処刑のない時代」という意味だ。
カントは、「男性にこんなことを言われたら嬉しい」という女性たちの研究をしたクリスチャン・ウルフの影響を強く受けた。
平成天皇にとって「純粋理性批判」とは「なにか高尚な書物」にすぎず、それが「仲間とは違うサイン」で書かれていたことが後継者が処刑をまぬがれた原因となった。
ヨハネの黙示録は、「女たちの支持を得ろ」と教えていたし、タイムマシーンもそれがなければ成り立たないことからそのような教えとなっている。
「詩のボクシング」も女や女心を知らなければ成り立たないものだ。
男社会で生きていくのが嫌ならば、女として「復活」するか?
あるいは「熱く命を燃やす」のが嫌ならば、暗闇から「明るく輝いているいじめられっ子」を憧れの眼差しで見るか?

「永遠の命」を探求していくうちに、十字架蛇説が分かるようになった。
イエスキリストは、十字架にかけられて、「青銅の蛇」をケツにぶち込まれたといい始めたのだ。
しかし、実際は「長生きを約束する兆候であるヘルペス」が尻にできたのだ。
「外国に行ったから」「ネズミに噛まれたから」などの原因はヘルペスに存在するが、ようするに「外国に通じていた」「ネズミ(年寄りの婆さん)に人気があった」から、ヘルペスというものはできるのであり、マダムキラーでなければかからない病気だ。
イエスキリスト=マダムキラーであるというのが「青銅の蛇」をケツにぶち込まれたと大騒ぎしたイエスキリストの正体であり、十字架蛇説とは「イエスはマダムキラーだった」「外国に通じていた」というものであり、尻のまわりにかゆみができたものと思われる。

アフロディシアスのアレキサンダーは、紀元前1世紀には、アリストテレスの教えを受けて、プロレスのマイクパフォーマンスで「詩のボクシング」をやっていた。
かなりの下ネタが含まれていたため、ヨーロッパ中世はアウグスティヌス以降という通説が、「セックスを神聖化したのはアスグスティヌスであっても、アレキサンダーの面白さはもはや中世である」という論陣に対抗される形となった。
天国について、いじめられることについて、記憶について、などの論文を書き、いかに「詩のボクシング」というプロレスのマイクパフォーマンスで強くなるかを探求した。
「お前、俺がまぶしいか?俺が輝いて見えるか?いじめなんてのは固い糞がしたいだけの人間のすることだ。ただ生きているだけ?暗闇からは光しか見えない。歴史に残るのは光だけだ」このようなマイクパフォーマンスを行い、あとは「叩いているふり」をすればプロレスラーになれた。
マイクパフォーマンスで勝ったほうがプロレスに負けるのも基本である。
アレキサンダーの台詞は週刊プロレスにも載ったし、聴衆はもちろん覚えていた。
彼の「思考形態」さえ覚えれば、現実社会でも出世できたのだ。
アレキサンダーのマイクパフォーマンスはそれほど人気があった。
団塊の世代の皆さんも、アフロディシアスのアレキサンダーというプロレスラーを見たいと思うのならば、中世ヨーロッパは「アウグスティヌス以降」ではなく、紀元前1世紀からということになる。
日本国のニーズにこたえて「ヨーロッパ中世」という概念は決まっているからだ。
「考え方が同じ」
それがプロレスラーの周りにファンが群がる秘訣である。
しかも、社会人としても偉いのだ。
本もよく売れた。
これがプロレスだった。
天国について、いじめられることについて、そして記憶について、という三つの論文だけでアレキサンダーはその肉体美で女性たちを魅了することができた。
さらに、アレキサンダーは、運命についてという論文を書き、「俺が何を言ってもこいつにはかないません」という哲学の奥義を示した。
人々は「偉大な哲学者が何を言うか」を聞きに来ていたし、しかし、彼が負けるのを見に来ていたのだ。
研究に研究を重ねるごとに、人々が敗北を望むようになっていた。
CoCo 優しさに帰れない

アメリカ合衆国にとって、日本国の「贖罪と復活」という概念の確立や、「タイムマシーン」の完成は「嬉しい知らせ」だったようだ。
日本国の段階の世代の「移住先」は日英同盟のもとにあった「20世紀のイギリス」まで紹介された。
ホワイトヘッド(1861~1947)が、女の子は「男の子がいなければ数字が覚えられない」とし、幼児教育における「女子校」は禁止されていることを紹介している。
女性アイドルの「好きな数字」を調べてみたが、乃木坂46の与田祐希の「9」が出てきたにとどまる。
普通は「1」か、過去から逃げ出す前の「7」だろうが、「ジェラシーを見た」男がいたのだろうか。
globe joy to the love

イギリスにおいてはこのことは常識であり、英国国教会の王子が書くタブロイド誌によく取り上げられている。
喧嘩したあとは激しく燃えるよね、などの理由から「9」が好きだという人がいてもいいだろう。
いちばん「イコール」が成立したのが「好きな数字」であり、イコールは「両想い」という意味でもある。
家庭内の「豊かさ」も分かるとされ、「男の数を数える」のは「王子の仕事」と呼ばれ、海外のアイドルや女性芸能人をタブロイド誌で笑いものにしていた。
本当にウケた「ボーアモデル」とも言われる。
騎上位を経験すると「私は歴史になった」と考えるとも言われる。
また、「胸から先に行った」のも記憶に残りやすい。
このように、私は現在この記事を書いているが、「イギリスしかこのことを知らなかった楽しい時代」が日英同盟を支えたのだ。
20世紀の英国紳士になるのも「復活」先として挙げていいとされる。
逆に「好きな数字は特にない」という女性には性欲減退の兆候が見られる。
また、翌朝に、女が「レタス」を出してきたら、男はかなり高感度が高い。
自分が「好きな番号って俺のことだったのか」とあとで思うことになる。
ドリカム あなたにサラダ

また、16世紀のフランスもお勧めだ。
タキトゥスの「ローマ史」にしたがって国づくりをしたルイ14世の時代だからだ。
タキトゥスの「ローマ史」から「好きな人物を見つけて欲しい」という気持ちもこめて勧められている。
たとえ、現在の東京大学法学部が認めなくても、司法=恋ばなをする場所というのがマクシミリアン裁判所で認められていたのだ。
30年戦争で「フランスはカトリック国」ということが確立したのもマクシミリアン裁判所によるものだ。
タキトゥスは「裁判記録の残し方」を示したし、明治維新以降の「東大法科」を批判するのにちょうどいい書物だ。
恋の喜びと痛みを民に公表したルイ14世は「私の時代」と言ったし、日本の美智子皇后だの何だのがあほらしく思える。
賢い男はこんなバカはやらかさないよな。
それを証明するのに100年かかって「カトリック国」は出来上がった。
日本という島国が嫌になることは誰でもあるだろう。
そのためにアメリカ合衆国も「日本人の心」を歓迎したのだ。
ribbon 真夏のフェミニスト

与田祐希の話しをしたが、あながち名誉毀損ではない。
人間は「心の目で見て頭で聞く」さらに「イメージを感じる」とされ、気持ちよかった経験をみんなで共有しようとする。
しかし、「分かってくれなかったか」といって私生活に戻っていく。
誰も「私も(俺も)感じた!」などとは告白しないのだ。
マスターベーションは罪深いかもしれない。
しかし、人間の「負」の側面を用いている。
20世紀に「名誉毀損という議論は簡単ではない」とされ、やたらと「名誉毀損」を口にする弁護士は落第点を押され始めた。
人間には「個」と「公」がある。
「公」「イメージダウン」と言っているうちは「女性の社会参加」は成立しない。
ボクシングの試合も本当にあったのかは覚えていない。
写真だけが残る。
「真似して生きよう」
それだけが「写真」の意味である。
「異性に愛されたい」
これも「写真」の意味である。
あとは「心の風景」はいくらでも本で出版できる。
写真家の仕事は「生々しさ」を撮影することだ。
象を見たことがない人にも「象」をわかるようにすること。
「あ、あの人だ」
これさえ分かれば写真の役割は終わりだ。
すでに「情報のある」人物の写真は格別の意味を持っている。
「どこを目指している人なのか?」
これを明確にしなければならない。
アリストテレスの肖像は「ファンタスマ」と呼ばれた。
SPEED DEEP BLUE & TRUTH

「女を口説くのが仕事」である現状があるが、そのことから「気象コントロール」「プロ野球必勝法」「タイムマシーン」などが作れる。
「恋の秘密は写真にある」とも言われた。
写真は「右から左へ」と見ていくが、両目が「50度」の角度で人物を捕らえるのは「センター」だけだ。
もし、私も、かつての中川翔子さんの卒業写真が「端っこ」にあったら「かわいい」とは思わなかったかもしれない。
みんな勝手なもんでね。
自分の目が楽で「いい保養」になればいいと思っている。
最初に「センター」に抜擢されるだけで「不動のセンター」になってしまうのだ。
敵の多い人は「感じにくく」なっている。
王子が「何を見ても面白くない」と考えるようになったのはそのためだ。
「女」そのものに飽きる人はいない。
あるいは「男」だろうか。
自分の「敵」が多くなっただけなのだ。
1960年代に「写真集」というものが考えられたが、敵の多い人への精神治療が目的だった。
女の子が「仲間が多い、何かやってくれそう」な男に恋をする理由もこのあたりにある。
Melody 運命95

「写真のある時代」つまり、明治維新以降に世界の人口が爆発的に増えたというのは不思議ではないだろうか?
「復活するのならば写真のある時代に」
これも一理あるほど魅力的なものだ。
その人の「情報」さえあれば、あんがい、写真というのは修正が必要ないものだ。
性欲が刺激された時に人は笑うものだからね。
写真があってようやく人は「共感する」ということを覚える。
人間社会の発展は「写真」とともにあったのだ。
日本人が「復活するのならば20世紀がいい」と考えたことから人口爆発が生じたと考えられる。

女は皆同じ、それはアタナシウス派の考えであり、「ミクロ」に注目したことから主張されたものだ。
一方、「女の子にもいろいろタイプがある」というアリウス派の主張は異端とされたものの、「マクロ」として残った。
子供たちは、マクロから学ばされ、「ミクロを知るとマクロにも興味を持てなくなる」ことがある。
おニャン子クラブ 乙女心の自由形

 

「女の子にもいろいろタイプがある」
この「マクロ」を追求したのがシュンペーターである。
エロビデオを見ていると、どうしても「女は皆同じ」というアタナシウス派の境地に至ってしまうが、
おニャン子クラブの時代の「マクロ」は、ベビーブームの世代が上がるとともに「ミクロ」で激しく燃え上がり、そしてバブルは崩壊した。
「女の子にもいろいろタイプがある」
これは「女たちだけが知っている」ものであり、しかし、アタナシウス派は、「そのことをベールの向こうに」押しやってしまうためにミクロつまり女は皆同じという立場を正統とした。
まるで「マクロに興味があるのであればどうぞ興味を持ってください」と言いたげだったが、実際に「女の多様性」を研究したシュンペーターも、私の「女シリーズ」も「アリウス派異端」という指摘は受けていない。
アタナシウス派は、セックス(ミクロ)を正統とし、マクロ(女の多様性・ファッション・ヘアスタイル)などに対してはオープンな態度をとった。
「社会学」とは紳士の学問であるとされ、ズボンのチャックは子供の頃から「社会の窓」と大人たちが教えた。
女たちを「皆同じ」としてしまう窓がちんちんであり、マックス・ウェーバーにせよ、シュンペーターにせよ「女の子にもいろいろタイプがある」ということを探求した。
これを「社会学」と呼ぶ。
ミクロが「セックス」であり、マクロが社会学の縄張りとなる。
国が豊かになるのであれば「使える方を使う」という発想は必要となるだろう。
野菜シスターズ AKB48

「男が女を愛する気持ちを利用するのが経済」だとするのならば、マクロとミクロ、アリウス派とアタナシウス派の区別の仕方は「もはや明らか」と思われる。
1880年代のオーストリアで発展した議論であり、1880年代のオーストリアの「バブル経済」を経験したい人はアメリカも容赦なく「1880年代のオーストリア」を紹介してきた。

どの専門家も「ミクロ経済学からは入れ」と言うだろう。
大学時代に彼女ができることを想定しているからだ。
そのあと「金儲け」を始めたら、時計でもなんでもブランド物を身に付ければいい。
ヘミングウェイも「マクロ」にし興味がなかったであろう。
ribbon 出逢えてよかった

ハイエクは、マクロにせよミクロにせよ「みんな居心地のいい配置についている」とし、そこからはぐれた者が精神科に通院しているとした。
「叶わぬ夢」「混乱」だけはどの女もノーサンキューだったからである。
「私の体が目当てなんでしょう?」
この女の言葉は常にマクロからミクロへと男が目指していることを端的に表現し、「利上げ圧力」「インフレ圧力」「失業率の増加」の三つがこの言葉だけで実現してしまう。
田中れいな 愛の炎

「私の体が目当てなんでしょう?」
この「利上げ圧力」「インフレ圧力」「失業率の増加」は、「転がる石」とも呼ばれ、ローリングストーンズの永遠のテーマとなった。
ローリングストーンズ 悪魔を憐れむ歌

この「私の体が目当てなんでしょう?」ということを邪魔する「インフレ阻害要因」は、囚人のジレンマがまず挙げられる。
高井麻巳子 こわれかけたピアノ

あるいは「歴史上の人物になりたい」という集合無意識が指摘できる。
この二つしか想定できないが、有名人とネットで日常的に接することができる時代には、強烈な「インフレ阻害要因」が存在することになる。

さて、「地獄の沙汰もカネ次第」と言われるが、マルクスは「贖罪と復活」の行き先も「階級社会である」ことを指摘している。
20世紀のイギリスや、19世紀のオーストリアのような「写真のある時代」は人気があるだろうが、ルイ14世の時代も人気がありそうだ。
そのあとに、ユダヤイスラム圏が庶民に開放され、中世ヨーロッパなどが広まっている。
「どうだ、お前が吸っているのは酸素だ」
そのように「映画マトリックス」では言われている。
マトリックス

さて、私が今まで語ってきた「贖罪と復活」および「タイムマシーン」の話が「シオニズムのことではないか」と思わないだろうか?
これはシオニズムである。
シオニズム

アメリカ合衆国が、なぜ、令和天皇に好意的な情報を提供してきたのだろうか?
アメリカとイスラエルが同盟国だからであろう。
日本国が「法律先進国」となったからであり、世界最大の国家になることを見越して、日本国を「シオニズム発祥の地」とすることにしたのだ。
もちろん、太陽のもとでみんな一緒に死ぬのならば怖くはない、などという「強がり」にも似た批判はある。
しかし、伊勢神宮には「五亡星」が刻印されているのは周知であろう。

「転がる石」に対しては、女の子の「何度目かの失恋の準備」がともなうことも指摘できる。
「お兄さん目当ての弟との付き合い」「妹目当てのお兄さんとの友情」などが存在するのだ。
恋するフォーチュンクッキー AKB48

「お兄さん目当ての弟との付き合い」「妹目当てのお兄さんとの友情」は、障害物があるため決して叶わないとされ「0=2」とも呼ばれた。
しかし、そのような形で「女の子」「男友達」に恵まれた「お兄さん」は、ヒルベルト空間と呼ばれ、非常に優秀な男になるとされる。
ヒルベルト空間を壊したくないというのは「メシア信仰」でもあり、女の子にとっては「もっと耳を澄ませて」「さよならの逆説」とも言われた。
工藤静香 さよならの逆説

「お兄さん目当ての弟との付き合い」「妹目当てのお兄さんとの友情」は、「男だけが気持ちいい」「女だけが気持ちいい」という構図が出来上がり「何度目かの失恋の準備」「もっと耳を澄ませて」という「処女」を多く生み出す。
私も弟と妹がいるが、周囲に女は確実にいたし、友達にも困らなかった。
「兄弟」「兄と妹」などを理解しないと、幼少期の経験も「贖罪である」とされるため、「復活」の議論は深まらないだろう。

また、19世紀中頃に、フリードリヒ・アルベルト・ランゲによって「体育館」というものが考えられた。
子供の教育の研究を行ったのがランゲである。
1848年の共産党宣言なども「体育館」とともに生まれている。
マルクスもエンゲルスも「体育館」の裏を「左翼活動の基盤」と考えていたのだ。
放課後の体育館にはクラスのマドンナがいた。
その女の子を口説くための言葉が「体育館の裏」で飛び交った。
新カント派はランゲが作った。
美女(アイドル)をモノにできる新カント派と、そうではないマルクス主義はここで二つの流派に分かれた。
子供たちは体育館の裏でそれを学んだのだ。
美女をモノにできるのであれば体制を破壊しようという動機がない。
「社会への怒り」なんて女次第だった。
知的に生きるか、活動家として生きるか、それが新カント派とマルクス主義の違いだ。
女の子にモテなかったというだけで、男の子は左翼活動にのめりこんでいった。
19世紀中頃の「革命騒動」と出くわしたければドイツも「復活」の行く先としてあげることが可能である。
おニャン子クラブ 体育館はダンステリア

キリスト教圏が「初めて非キリスト教圏を相手に戦争した」のが第一次世界大戦であり、皇帝オットー・ノイラーの「情報源」を断ち切ったことから、ヨーロッパ全土が宣戦布告を行った。
ノイラー真似さえしていればいいという新カント派は、ノイラーの怒りに同調したのだ。
バルカンはヨーロッパの火薬庫と呼ばれ、哲学の情報源となっていたが、その情報源を断った奴がいたのだ。
西部戦線で死んだものは皆、日本人であった。
西部戦線異状なし

オスマン帝国およびハプスブルグ家は、第一次世界大戦終結をもって解体された。
オーストリアという国は、このことから「ハプスブルグ家の国」とされ、ヒトラーすら輩出している。
ベルサイユの薔薇の伝統を守れ、これがオーストリアという国になっていた。
男が「勃つ」かぎりカップルは分かれない。男は敵が少ないと勃つ。
世界が「芸術の都」と呼ぶ以上、女たちは「薔薇」のような存在だったし、男は「勃たなければ」ならなかった。
ベルサイユの薔薇

男が女に惹かれる。木からリンゴが落ちるのを見てニュートンはそのように見ていた。
ニュートンはそのことに「原罪」を見いだし、それが「月」までリンゴの高さが到達したらどうなるかを考えた。
重力とは「地球のローテーション」が原因で生じていた。
しかし、「月をキーステーションにして」人間を地球のローテーションから自由にすることは可能なのではないか?
これがつまり「タケコプター」である。
perfume zero gravity

私が「イスラエルをキーステーションにして」日本人にタイムマシーンを提供しようという考えも、「月をキーステーションにして」タケコプターを日本人に提供しようという考えも「6G」と表現することが可能である。
なにしろ、令和天皇は生きているものだから、タイムマシーンにせよ「贖罪と復活」にせよ、タケコプターにせよ、「俺も使いたい」というのならば、令和天皇と「笑顔、言葉、生き方」を比べられざるを得ない。
瀬能あづさ ふたつにひとつ

タイムマシーンと「贖罪と復活」そしてタケコプターを利用するときに初めて人々は「祈り」を知ったのだ。

「6Gとは何か?」を明らかにしたら、いったん我々は「その影響」について語らなければならない。
少なくとも、天皇制は安定するだろうが、子供たちは体を鍛えるのをやめてしまうだろうか?
肉体を競い合わない子供たちはいない。
そのことから「民の支持のある君主制」は、部活動や体育会などの「奴隷制」をきわめて「高感度の高い」指導者のもとで存続させるものと考えられる。
タケコプターがあるだけで、メジャースポーツは衰退しかねない。
ましてや、肉体労働や土建国家、鉄道にまでその影響は及ぶ。
Queen of Venus rebecca

「君臨すれども統治せず」
この言葉の意味を、支配のない自由恋愛と解することも可能であるし、介入のない、と解することも可能であるが、誰もタケコプターの登場によって「激しいセックス」を失おうとは考えていなかった。
「奴隷扱いとトレーニング」は人類の歴史だったはずだ。
「素晴らしい、しかし予測できない」これが各企業の率直な反応だろう。

「6G」を作るとなると、それが令和天皇が発案したものであることから、「体制論議」に発展せざるを得ない。
ドラえもんを知らない人や家庭はないが、インテリほどタケコプターに頼るだろうとか、激しいセックスを求めるリベラルな民主党と、タケコプターを使う共和党に政党がいよいよ二分化するだろうとか、家族は娘を「しずかちゃん」のように大事に扱うだろうとか、令和天皇は「あれが6Gを考えた人よ?」と言われて街を歩くだろうが、「君臨すれども統治せず」という言葉の意味をよく考えなければならない。
タケコプターなんていらないよ、というリベラルな連中に寛大であることや、すでに整備された鉄道網・道路網などとうまく共存していこうとするものと思われる。
自動車に数百万円のお金がかかっても、タケコプターは「スマホ代だけ」なのだ。
自分の足で立つ連中とタケコプターを使う連中という政党の分かれ方をするであろう。
天皇を支持するものは共和主義者である。
「王の真似」をして生きるのが共和主義だとされていたが、王がタケコプターまで考えてしまうのだ。
令和天皇は、自民党や公明党と親しく、時に支えてきたが、それでも、その存在は「扱いが難しい」ものとされていた。
ここで「6G」の登場から自民党と公明党が「共和党」として「令和天皇の軍門に下る」方向を見ている。
一方の野党は「民主党の復活」という方向を見ている。
「転がる石」は、「女の子にもいろいろタイプがあるでしょう?」というマクロと「女は皆同じ」というミクロの両方を見ながら経済政策を打っている。
タケコプターは、マクロを見ているし、リベラルはミクロを見ている。
「私の体が目当てなんでしょう?」という転がる石は利上げ圧力・インフレ圧力・失業率の増加の3つを意味する。
インフレ退治を得意とする共和党と、雇用対策を得意とする民主党の二大政党制が日本国でもいずれ実現するだろう。
「6G」「タケコプター」を使うかどうか?
それだけでも強烈な対立軸にならざるを得ない。
令和天皇の真似をして生きる、それが共和党であり、タケコプターである。
一方、「贖罪と復活」に関してはすべての人にオープンであるが、「復活先」に階級格差があることから、これも政党に分かれなければならない。

なにしろ「強靭な肉体」は、多数派工作には欠かせないものとなっていたため、タケコプターをスマホ代だけで用いることができると言われても、タケコプターと用いるという「ジーザスサークル」に入ったおかげで「失ったものの方が多かった」という証言がのちに得られることになる。
「学ぶ力」「資金力」のどちらをとっても「4G」は「6G」に引けを取らなかったし、歳をとって「6G」を選択したおかげで、満足に恋もできなかったという人もいた。
4Gの方が男らしい(デディクト)と言われ、6Gは「女々しい男」という意味を込めてデレと呼ばれた。
松田聖子 マリオネットの涙

アラブイスラム神秘主義思想は、「光」をテーマにしている。
天地創造の6日目に神が「光よあれ」と言ったことから女性は動物ではなくなった。
しかし、そもそも「光」がなければ男は「勃たない」のである。
「見て」聞いて触って想像して、血液がペニスに流れ込むことを勃起と呼ぶが、光がなければ男は勃起しないことになる。
性に目覚めないと子供は「悲しみを知らない」とも言われ、親の命が永遠ではないことに枕を濡らしたりするのだ。
神は光であった。光はランプにあった。
ランプはガラスでできていた。
これが「アラブイスラム神秘主義思想の奥義」であり、太陽が沈んでも「ランプがある」ことを性欲の起源に求めた。
rebecca cotton time

このことから、スーフィズムにおいては、「照明で女の子を照らす」ということがコンサートで行われるようになった。
男を照明で照らしても、それは「社債権者集会」に過ぎず、大した権限は与えられていない。
しかし、女を照明で照らしたらそれは「株主総会」であり、3分の2の同意で取締役(興行主)を解任できる。
つまり、「ハコ」が3分の1しか埋まらなかったら、経営権を失ったのだ。
「照明で照らされた女」そして「音楽作品」にニーズがないということは、マクロとミクロの「何かを間違えた」ことを意味し、経営権の問題となった。
取締役は「女の子にもいろいろタイプがあるでしょう?」ということと「女は皆同じ」ということのどちらに支持が集まるかを観客席を見て判断した。
それは、財務省や日銀にまで伝わった。
愛の炎 田中れいな

処女たちは、照明に照らされ、音楽作品を歌った。
コンサートの3週間前までにはアルバムを出し、その1%あるいは300枚を購入したものの言う通りにセトリを作った。
時には「大株主さまに処女を買い取ってもらう」「嫁にする」という「株式買取請求権」を行使するものもいた。
イスラム法学者のアル・ガザーリが、人々に経済政策を知ってほしいという趣旨からこのような仕組みは生まれた。
セルジューク朝になって、民間人同士の結婚が進み、この「オークション方式」は廃れたが、シラス学派が研究を深めていた。
日本国においても「株式買取請求権」は一度は忘れ去られていたし、一部の芸能プロダクションが「美女」を抱える形となったという意味ではシラス学派となんら変わりはない。
片思いの終わりに 亀井絵里

「歌唱」の権利をより高い値がつけられると思うのであれば、「株式買取請求権」を行使すればいい。
マクロ(AKBグループ・坂道シリーズ)がいいのかミクロ(ソロ)がいいのかは時代によりけりだ。
音楽作品の意味は、哲学書を紐解く必要があるだろう。
しかし、プラトンが作った音楽作品は、アラブイスラム神秘主義思想の世界では「花嫁探し」に用いられたし、「歌唱」の値段を跳ね上げるほどの学のあるものは、花嫁には困らなかったのだ。

令和最初の夏休み。
僕と君は令和天皇がどんな世界を作ろうと、その社会と契約することを誓った。
「タケコプター」「タイムマシーン」「贖罪と復活」「気象コントロール」など、かなり時代は進むだろうけど、僕と君は2019年という時代に「体制側」に立つことを決めたんだ。
AKB48 サステナブル

このように、「作品の価値」をもっと高度な評論を加える力量のあるものは、
AKB48のメンバーに「株式買取請求権」を行使することができる。
つまり、東大生とAKB48のカップルの誕生が可能となるのだ。

リチャード・フィッツラルフは、平成天皇がいて、長男次男連合と三男アブラハムという「死のブロック」ができてしまった以上、アブラハムは「永遠の命」「贖罪と復活」に到達せざるを得ないと考えていた。
信仰というものは、アブラハム以降に生まれたのであり、人は他人を尊敬していない。
しかし、アブラハム(令和天皇)が構築した「道」を歩まないというほど人間は自由ではなかった。
人間はお互いの夢と夢がぶつかり合っていて、自ずと令和天皇が作った道を歩むだろうと考えたのがフィッツラルフだった。
信仰というものが日本国で生まれるのはもはや必然であった。
令和天皇が自らの命を「地球よりも重い」と考えていた以上、それによって作られた「道」に人々はついてこざるを得ないとしたのだ。
瀬能あづさ 永遠に友達

令和天皇も、自分が一人で強くなったとは思ってはならない。
まず、ユネスコが世界レベルで「学問のアメリカ化」を推進し、80億円のお金を出してくれたこと、さらにはイタリアのミラノの「職人の富」が、常に「ナチスへのレジスタンス運動」にお金を出していたことを理解しなければならない。
シオニズムなどという発想は「ナチスへのレジスタンス運動」だということを知らないといけないのだ。
ヒトラーは、父親を早くに亡くしたこともあり、「永遠の命」など信じてはいなかった。
自身の生い立ちだけでも「アブラハムへの怒り」は生じるものだ。
常に、父親と雑談しながら、部屋に戻ってとんでもない仕事を成し遂げるアブラハムをヒトラーは憎んでいた。
また、ユネスコやミラノに育てられた男に「妻がいるのに」恋をしてしまう女もいた(バカげた恋)。
パジャマでドライブ

また、フローレンタイン教育(ユネスコやミラノによるもの)は、「弱すぎるものを強くしたいだけ」とも言われており、令和天皇は「王子の頃は弱すぎた」ということは謙虚に認めてほしい。
エロビデオを見て「女が嫌がっているじゃないか?」と考えてしまう政治的弱者がいて、それに悩む女がいる。
十戒 中森明菜

詩や舞台、歴史、戦争マニュアルを知らないものならそもそもマキャベリは「王子」にはしなかった。
人気のあるものを「なんで人気があるの?」と思って研究しないのならば、自分は人気者にはなれない。
しかし、そのような探求をしていると「人気者ほど病んでいる」ことにも直面する。
その「病んだ側面」すら愛せないのならば、これもまた王子ではないわけだ。
高貴な側面と病理面を知らなければならなかった。
「美しいものだけを見て生きていきたい」というのでは、高度なエンターテイメントを演出するのは不可能だった。
破滅したヨブの前には「病人」だけがいた。
そうだ。
あれほどまでに憧れたスターたちの姿なのだ。
ノーブルレッドの瞬間 国生さゆり

月の次に地球に近い惑星をご存知だろうか?
ホーキング博士は「水星である」としているのだ。
月の利用の仕方すら分からかったのだ。
「月と水星のムーブメント」「2つの天体の異なる動き」を利用して「どこでもドア」を私は考えた。
しかし、この研究はかなり時間をかけなければならないだろう。
項目を改めたい。

月の次に地球に近い惑星をご存知だろうか?
ホーキング博士は「水星である」としているのだ。
月の利用の仕方すら分からかったのだ。
「月と水星のムーブメント」「2つの天体の異なる動き」を利用して「どこでもドア」を私は考えた。
しかし、この研究はかなり時間をかけなければならないだろう。
項目を改めたい。

 

« 小野光太郎の禁煙物語。 | トップページ | どこでもドア。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 小野光太郎の禁煙物語。 | トップページ | どこでもドア。 »