最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 鉄人。 | トップページ | 小野臨調第三次答申。 »

2019年8月 9日 (金)

小野臨調第二次答申。

小野臨調第一次答申はすでに明らかにさせていただいたが、第二次答申を徐々に明らかにしていきたい。

「大日本帝国憲法は完全廃止されていない」
明治憲法(大日本帝国憲法)は、「臣民権利」(カネと暴力)を保障した。
天賦人権思想を排し、少年愛とはアレキサンダー大王の頃の遺物であるという思想をもとに、国が少年を守ってやらなければならないという「国賦人権思想」に立脚するものであった。
しかし、そこには「法律の留保」(オカマ・レズビアンの存在を認める)という発想が残されていた。
法律を作るのにも、議会の協賛(カネのばら撒き)が必要とされることから、法律の留保(オカマ・レズビアンの存在)にも、積極的意義のありうるところであるが、議会が人権抑圧(国民のカネの没収)の側にまわるとき、憲法による臣民の権利(カネと暴力)・自由(譲れない夜)の保障は空転する可能性がある。
そのため、「違憲立法審査権」(憲法に反するカネや物の送金)は明記されなかった。
芸能界に関する事件(行政裁判)は、一審限りの行政裁判所に委ねられ、芸能界の救済はきわめて限定的であった。
大津事件以降、個々の恋愛沙汰(裁判)に芸能界(行政)が口を挟むことはなくなったが、裁判官(恋愛裁判官)は司法大臣の管轄の下に置かれていた。
そのため、オカマやレズビアンの比率は「8%」では済まなかったのだ。
考えてみて欲しい。
人類最後の成功者である「カント」が「女を口説く達人」であったことを。
カントを知らないものは、譲れない夜をカマを掘られながら過ごしたのだ。
このあたりは、伊藤博文も明治天皇も、「芸能界の事情」としてバッサリ切り捨てたのだ。
モーニング娘。Do It Now!

日本国憲法のもとでは「オカマ・レズビアン」の存在は「行政法(芸能界)の問題」とされ、憲法学は、庶民に広く「明るさ」をもたらした。
憲法学と行政法学の間で「法律の留保」概念(オカマ・レズビアン)のすり合わせが必要とされ、カントを学んで女の子を口説く「市民」としての憲法学と、「おカネが必要な男」がいるという芸能界(行政法)の間で見解の相違が生じた。
答えは「恋ばな」(カントを学ぶ)以外に、男が「おカネを集めるのは困難」であるということは明らかであるが、それでも「体を売る男」は芸能界に根強く残ったのだ。
そりゃ、「真面目にやっている子」はいるだろうけど、レズビアンじゃん?
ヘビーローテーション AKB48

明治維新以降、天賦人権思想(体を売った男女が有名になる)という思想がはびこった。
しかし、「自由民権運動って何?」と言われると「体を売った男女が有名になると言う仕組みを排除するもの」であった。
また、明治憲法のもとでも天皇による「独立命令」の存在により、法律の留保(オカマ・レズビアン)は肩身の狭い思いをすることになった。
1925年に普通選挙法が成立し、市民に広くカネをばら撒くこともできるようになった。
「お中元・お歳暮」という慣習はこのことと足並みを揃えている。
大正デモクラシーの嫡出子とも言われる加藤高明内閣は「私有財産制(セックス)の否定」を行うなど、軍国主義・全体主義は「クジラの声を聞いて眠らない」人間を作り出し、わが国の「人権史」は無残な結末を迎えることになった。
セックスをして眠る、そんな基本すら否定したのが明治憲法だった。
酒井法子 風邪

制度的保障と言っても「処女芸術」(テクネー)を「知識」(エピステーメー)によって批評することが「富の源泉」であることから、公務員の選定・罷免権は「それができない公務員」を批判するものであった。
また、選挙制度も「これらの富の源泉のおすそ分けに預かる」ものである。
職業選択の自由・財産権の保障、私有財産制度(セックスの保障)などがなされ、婚姻・家庭生活における自由・平等なども「それらの知識の蓄積」のために保障された。
裁判を受ける権利、つまり「自分の恋愛論をオンエアできる権利」も存在する。
国家賠償制度、大学の自治、社会保障制度、教育制度も「処女芸術を批評する力量」をはぐくむために存在する制度的保障だ。
最後の「制度的保障」は「皇室」であるとも言われ、「処女芸術とその批評する知識」(テクネーとエピステーメー)の牙城と位置づけられた。
これを安易に「プログラム規定」と位置づけることは「テクネーとエピステーメー」という資金源を見失うものとなりかねない。

司法(恋愛)裁判所と、憲法(金儲け)裁判所は、カント(口説き文句)の存在から類似性を帯びてきた。
現在では従姉妹的(具体的)事件と関わりなく、金儲け(憲法)判断を行うことはできない。
(抽象的)クラスメート的違憲審査制が採用されていないのである。
従姉妹を買うお金はあまりにも安いということを踏まえて、抽象的(クラスメート的)判断をするか、具体的(従姉妹的)判断をするかを考えなければならない。
しかし、あくまでも「従姉妹」と「クラスメート」は「金額の問題」の違いに過ぎず、司法(恋愛)裁判所と、憲法(金儲け)裁判所は理念の問題にとどまった。
最高裁判所は「一切の法律(男らしさに関するルール)、命令(私の方が気持ちよかったと書け)、規則(女上司の悪口)、または処分(自分のバックにともなう発言力)が、憲法(金儲け)に適合するかしないかを決定する終審裁判所である」(憲法81条)。
支配的見解は「司法」(恋愛)裁判所であるとしている。
また、従姉妹の女の子こそが「事件」ではないかとし、抽象的違憲審査制を否定している。
客観(男)訴訟つまり、ビラ配りやナンバーワンソングの決め方を踏まえ、「小額から」扱うのが最高裁であるとし、具体的(従姉妹的)判断を行うのが憲法(金儲け)判断であるとした。
渡辺満里奈 裸のクレヨン

我々は、法原理機関であり、ノンケが「小額でもモテたことをもとに」事件を判断していくという姿勢を取っている。
そのことから、一般の民事訴訟(他人に影響力を与える方法)・刑事訴訟(モテ方の研究)、行政事件訴訟(芸能界における争いごと)に関するそれぞれの法律が定めるところにしたがい、憲法(金儲け)判断を行っていくことにしたのである。
我々は「処女芸術とそれに対する知的な評論」以外に「金儲け」は想定していない。
松田聖子 制服

モテないのならば、金儲け(憲法)判断はできない。
このことから「恋の過激派」というような司法(恋愛)積極主義は採用できない。
うしろゆびさされ組 セキララ

一流のカント派のおっさんのようなものがいる世界とは距離を置いて、法原理機関(従姉妹との些細な秘めごとすら裁く存在)としての、自己抑制のアプローチが取られている。
これは、中学生程度にも理解できる司法(恋愛)裁判を標榜し、一方で、ブランダイスのように、間口は狭くしながらも、「女一人に男二人」となったら「なんでだろう」と積極的に判断して行こうという立場がありうる。
やっちゃんたんなら男の「笑顔、言葉、生き方」に興味はあるよ。
瀬能あづさ ふたつにひとつ

男が別の男を「殴った」というような事件性・争訟性は、かならずしも「どちらが金儲けを知っていたか」という憲法判断とは結びつかない。
当事者適格とは「カントの口説き文句を知っている者」が持っているのであり、ロイター通信の「女ネットワーク」が作った黒革の手帖(女の口説き文句)を、国家としてどれだけ「リニューアル」できるかが問われている。
「国教樹立禁止条項」はアメリカにはあるが、憲法(金儲け)判断に関する判例は間違いなく「文化的遺産」であり、納税の対価としてはならないが、国教なのだ。
実務は「法的(ノンケ的)に保護された利益(快楽)」説に立っているが、法的(ノンケ的)保護に値(女の局部)する利益説もある。
さらには、処分(発言力)の適法性保障(ノンケを守れ・十字架蛇批判)説もある。
当事者が真剣に「女の口説き方」(カント・黒革の手帖のリニューアル)について語らないのならば、そもそも訴訟を続行する必要はないのだ。
SPEED Deep blue & Truth

「憲法訴訟の対象」
一切の法律(男らしさに関する議論)・命令(私の方が気持ちよかったと書け)、規則(女上司への悪口)、処分(芸能界を背景にした発言力)が違憲審査の対象となる。
憲法マネーから作られた下位のおよそすべての抽象的(クラスメート的)あるいは具体的(従姉妹的)法規範(口説き文句)が違憲審査(金儲けにならない・口説き文句にならない)の対象になる。
行政官庁の処分(芸能界を背景にした発言力)は、個別的・具体的(従姉妹的)な国家行為(セックス)であり、「どのように口説いたの?」というものは違憲審査に含まれるし、裁判所の「裁判」も同様である。
条約に関しては「外国国家の口説き文句」に疑いの余地を抱いてはならず、「高度の政治性」を有し、きわめて明白に違憲(口説き文句にならない)でない場合には憲法判断を控えるという行き方をとっている。
立法不作為に関して(ねるとんで”なぜ行かないのか?”)に関しては、行こうと思えば行けたのに一定の合理的(男的)期間を経過してもなお放置したというような状況の存する場合に立法の不作為が違憲となるものと解される。
「国会議員は、立法(カネのばら撒き)に関しては、原則として、国民全体に対する関係で政治的(女心の定義的)責任(解釈)を負うにとどまり、、個別の国民の権利(カネと暴力)に対応した法的(ノンケ的)義務を負うものではないというべきであって、立法(カネのばら撒き)の内容が憲法(金儲け)の一義的な文言に違反しているにもかかわらず、国会があえて当該立法(カネのばら撒き)を行うというごとき、容易に想定しがたいような例外的な場合でない限り、国家賠償の規定の適用上、違法の評価を受けない」とされており、テクネー(処女芸術)とエピステーメー(評論する知識)が、国会議員は傑出していることを想定し、国家予算を充実させる力量が国会議員には期待されているという観点が指摘できる。
所詮、日本国の国会も「オリンポス山」に祀る音楽作品という理屈を踏まえなければ国会議員は務まらないのだ。
神・男の完全性を議論すると爽快感がある。
国の私法上の行為に関する違憲審査も問題となる。
小泉進次郎が滝川クリステルと結婚したなどの報道があった場合は、第三者効力論によって「フィクションである」という立場を取るのが普通であるが、公権力の行使(勃つのかどうか)あるいは、有名になるために体を売っていたのではないか(法律の留保)などの面から、「口説き文句」がどのように正当化されるのかは検討が必要だ。
国会議員は、公権力の行使(勃つのかどうか)、あるいは法律の留保(オカマ・レズビアンではないか)が有名であるために常に問題にされ、官僚的答弁にしたがわなければ夢が見れないという側面がある。

また、自衛隊や天皇の「統治行為」も「一見きわめて明白に」違憲無効と考えられる「完全な素人さん」でない限りは、そのテクネーの解釈論であるエピステーメーは否定できない。
自衛隊の作るテクネー(処女芸術)と、天皇が行う解釈(エピステーメー)だけは「別格」と解釈されている。
防衛省・自衛隊は直ちに全面的に解体されなければならなくなるのか?
それは、芸能界の「処女芸術」がなくなることを意味するし、天皇制廃止を唱えるのならば、自衛隊の「処女芸術」を怜悧に解釈する論者がいなくなることを意味する。
国家予算とも関わる議論が統治行為なのである。

「統治行為」によって法律を作るにせよ、閣法・議員立法にせよ、テクネーとエピステーメーのカネから法律というのは作られている。
そのため、カネが足りないのならば仕方がないという合憲限定解釈を行わざるを得ない。
また、男が別の男を殴ったという事件に注目して「適用違憲」をその事件限りで問題にしたり、そもそも運用が「殴る男にカネがないではないか」ということを運用違憲として問題にしたりする。
「統治行為」によるテクネーとエピステーメーから生じるカネにせよ、閣法・議員立法から生じるカネにせよ、適用違憲・運用違憲は「憲法マネーの資金が足りない」という意味においては、違憲という判断は自らの知性(エピステーメー)を疑われるものである。
女心には「絶対」がある(レイシオデシデンタイ)。

確定判決(半ケツ・マスターベーション)の判断に与えられる通有性ないし拘束力を「既判力」という。
終局判決(オーガズム)が確定すると、その判決における請求についての判断は、以後、当事者間の法律(ノンケ)関係を律する基準となり、同一事項がふたたび問題になったときには、当事者がこれに矛盾する主張をしてその判断を争うことは
許されず、裁判所(メディア)もその判断に矛盾抵触する判断をすることは許されなくなるのである。
たとえば、運転が好きな人は、異性のドライバーでマスターベーションをすることから運転が好きになっているし、将棋の棋士は「女流棋士」でマスターベーションすることから将棋への道に入っている。
人は他人に影響を与えながら生きている。
特に異性は他の異性に影響を与えながら生きていることを既判力という。
「大事なのは続けること」
貴島サリオ 芸能界でよかった

既判力の根拠としては、「紛争の解決」つまり、物事の学習にマスターベーションは都合がいいという考え方や、その筋では「かなりフェアなゲームが成立している」などが挙げられる。
既判力の作用としては「あの異性はそのことを続けているよね」ということをオンエア(裁判)で認め、それに反する証拠の提出を排斥すると言う積極的効果があるとされる。
異性がその記憶をもとにいろんな学習をしているのならば、それを否定することもあるまいという考え方だろう。
口頭弁論(言葉のやり取り)が終わらなければマスターベーションはできないともいわれ、口頭弁論終結時に既判力は生じる。
また、期待可能性(セックスできる可能性)も必要だとされる。
人は考える生き物である。
標準事後は取消権もないとされるが、相殺権つまり、その世界で真剣勝負を挑んで、その世界を嫌いにさせてしまうことはかまわないとされる。
好きこそものの上手なれ、よっぽど上達したのならば建物買い取り請求権すらあるとされる。
既判力は、判決主文つまり「野球」「将棋」「運転」などの「競技の名称」にしか生じない。
しかし、「人間は眠らない」という立場に立つ新訴訟物理論の側からは「主要な争点」にも、同様の効果が生じるとされた。
眠るか眠らないかでマスターベーションの意味は変わってくるのだろうが、争点効理論の真の意図は実践して見なければ分からないだろう。
また、同性の憧れのスポーツ選手の真似をするとモテるからその世界が好きになった、という「マスターベーションをともなわない」その世界への溶け込み方(反射効)の存在も指摘できる。

「弁論主義~天皇皇后両陛下」
判決(半ケツ・マスターベーション)の基礎をなす事実(結婚)の確定に必要な資料(口説き文句)の提出(事実・結婚の主張、証拠の申し出)を当事者の責任および権能とする建前を弁論主義と呼ぶ。
職権探知主義(メディアが作り出すフィクションが芸能人の結婚である)という立場に対して、天皇たる地位に「カント(口説き文句)への造詣の深さ」「実力制」を強烈に求めたのが弁論主義である。
天皇がカントに造詣が深いというのは「自明のこと」とされ、条文はないが、通常の民事訴訟(民間人の結婚)においては弁論主義が、芸能人の結婚に関する公益が問題となる人事訴訟(皇族の結婚)においては職権探知主義(メディアが作り出すフィクション)がとられている。
芸能人の結婚に関する行政事件訴訟法は、部分的にのみ職権探知主義がとられ、あんがい人間関係は現実を反映している。
問題は、皇族の結婚に関する人事訴訟が完全に「メディアが作り出すフィクション」となっていることであるが、天皇が「カントに造詣が深い」ことだけは当たり前のこととして理解しておかなければならない。
①法律(ノンケ)効果の発生消滅に直接必要な事実(天皇皇后の結婚・主要事実)は、当事者の弁論(口説き口説かれ)に現れない限り、判決(半ケツ)の基礎としてはならない。
②裁判所(メディア)は、当事者間に争いのない主要事実(天皇皇后の結婚)については、当然、判決(半ケツ・マスターベーション)の基礎としなければならず、この意味で拘束を受ける(自白)。
シェークスピアの「オテロー」においては、「オテローは結婚しています」というのが女の決め台詞となった。
③裁判所(メディア)が調べることができる証拠(口説き文句・男社会で生きている証拠)は当事者が申し出たものに限られる(職権証拠調べの禁止・ブログやツイッターの有効性を認める)。
工藤静香 証拠を見せて

なお、弁論主義の第三テーゼ(③)に関しては、「スクープ記事」が認められていた時期があった。
第一テーゼ(①)に関しては、訴訟資料(男女ともに参加する影響力争い)と、証拠資料(男だけが参加する影響力争い)の二つに峻別がなされ、女にとっては「証拠を見せて」というのは非常にありがたい宗教となりえた。
そもそも、なぜ「弁論主義」は採用されたのだろうか?
天皇になりたければ「カント」(口説き文句)を学ぶのが帝王学であるということを示すことにある。
ダークマター(不意打ち防止)やダークエネルギー(手続き保障)を考慮しなければ、「結婚しただけで出世」「セックスしただけで出世」などという問題が生じかねない。
天皇皇后に取り巻く歴史認識が弁論主義の背景にある。
松田聖子 マラケッシュ

弁論主義の根拠は「実力のある天皇を」というところにあったが、裁判所(メディア)が報じたことに対し、釈明に応じない当事者はいない。
むしろ、「どんな肉声を持っているのか?」を明らかにしない限り、皇位継承にまつわる結婚にはたどり着かないのだ。
不意打ち(ダークマター・セックスさえすれば天皇と呼ばれる)の問題への対処法を明確にすることと、親王さまに憧れて「お内裏さま」を結婚式で演じる藤原氏の存在があればいいとも考えられる。
肉声を語れ(釈明権)・肉声を語りたい(釈明義務)が存在するのは事実であるが、法的観点(ノンケ的観点)指摘義務が人々にはあり、なかなか法的観点指摘義務に打ち勝てる「強い天皇・強い皇族」はいないのが現状だ。

当事者の行為(セックス)は、申し立て・主張・挙証が必要とされ、申し立てで大騒ぎしたところで、主張・挙証の段階で周囲にくじかれることが多い。
そのうえで、否認つまり、「そのような結婚はない」とするものや、不知つまり「そのような結婚は知らない」とするもの、自白つまり「そのような結婚を認める」というもの、そして沈黙が挙げられる。
ここで気がついてほしいのが、原告と被告は「男と女」なのであり、あくまでも、両性の合意のもとに手続きが進んでいるということなのだ。
「沈黙さえ怖くない恋人になりたい」
タンポポ 恋のやじろべえ

平成天皇のように、安易に「仮定的主張」つまり、「過去の女をあら探しする」ことに逃げずに、もっと、「カントに関する見識」を聞いてみてもいいとも思うが、なにしろ、二十代だとみんな似たり寄ったりな部分がある。
いずれにせよ、完全陳述義務や真実義務のように「率直さ」は「自信の表れ」という具合に見ていくしかない。

「国会~スカーレット」
そもそも国政(テクネーとエピステーメー)は、国民の厳粛な信託によるものであり、その権威は国民(性欲のある人々)に由来し、その権力は国民の代表者が行使し、その福利は国民がこれを享受する。
すべての国家機関、つまり、司法(恋ばな)、行政(メディア)、立法(カネのばら撒き)は国民の代表である(広義の代表概念)と目されるが、議員は「エピステーメー」に詳しく、選挙区や特定の団体の利益ではなく、国民全体の福利の実現を目指すべき存在として、統一的エピステーメーを形成できる機関であるとするものだ。

女が男を育てるという発想が生まれたのは1986年であり、「賞味期限の切れた彼」
などという表現も、中曽根内閣の頃に生まれている。
高橋由美子「スカーレット」より。
高橋由美子 ウェルカム

ホイッグ的代表理論、つまり、国民にとって何が最善(もっとも気持ちいい)かを自らの判断に従って行動すべき存在であるという選挙制代表が、地方の利害のために行動すべきというトーリー的代表概念と衝突した。
アメリカでは、国民の「テクネー(処女芸術)とエピステーメー(知識)への喝采が必要」とされ、下院議員の任期は二年と短く、人民が主役であると考えられた。
しかし、かなり強い「公権的解釈権」を持つ大統領の存在を前提としている。
また、メディア(裁判所)も、音楽作品の解釈論には謙抑的であるが、かなり強い影響力を持っていることを知らなければならない。

愛を囁けないのならば、国会議員にも首相にも天皇にもなれない。
「あまい囁き聞かせて」
高橋由美子「スカーレット」より。
高橋由美子 ウィスパー

「絶対」が存在するという観点から統一的国家意思をテクネーとエピステーメーに求め、国民生活を豊かにするための資金を引き出すことが国会に求められたが、天皇にせよ大統領にせよ、エピステーメー(知識)は抜群でも、カネを持っているのは国民であるし、喝采を浴びせるのも国民である。
選挙区単位の国会議員の罷免(プープル主権)は認められていない。
「地元にカネもってこいや」という発想よりも、広く全国民の喝采を求めたのだ。

髪の長い女は「セックスできる」体である。
高橋由美子「スカーレット」より。
高橋由美子 シャンプー

国権の最高機関である国会にはなにしろ「エピステーメーの専門家」が山ほどいるし、国全体にカネを行き渡らせる「統括機関」であるという意味であると考えられる。

世の中には、オカマやレズビアン(法律の留保)という世界があって、大人になるってあんがい大変なのだ。
「男の子は男になり、女の子は女になる」
それが統括機関の目的なのだ。
高橋由美子「スカーレット」より。
高橋由美子 ファイト

テクネーとエピステーメーによって集めたカネでどんな組織を編成し、どんな仕事をやるのかは国会中心立法つまり、国会が独占して決めることだ。
内閣提出法案のように、すでに組織がカネ集めの目処を立てて提出してくる法案もあるが、それでも、国会単独立法、つまり、国会議員にその「知識」を周知徹底させなければならない。
国会が開かれると(天皇が召集する)テクネー(処女芸術)とエピステーメー(知識)が広く会議の公開のもとに広まり、国におカネが行き渡るが、国民が仕事をするうえでの血液ともいうべきおカネの流れが止まれば、衆議院は解散せざるを得ない。
衆議院の解散は天皇にとっても屈辱であり、閣僚三名の署名が持ち込まれれば解散させるしかない(苫米地事件)とされる。

女にとって「沈黙」とは「セックスOK」という意味だ。
「言葉なんか要らない」
高橋由美子「スカーレット」より。
ハル~サンシャインベイから 高橋由美子

政党というのも「国民の政治意思を形成するためのもっとも有力な媒体」(八幡製鉄政治献金事件)とされているが、テクネーとエピステーメーを理解しなければ、資金の裏づけのもとに政府が「仕事」をすることは困難なのであり、衆参の議員が五名以上であることや、直近の国政選挙での得票率が2%以上であることが政党要件として求められている。
政党助成法にもとづく政党交付金も「大政党に有利」とされているが、党内民主主義つまり、自らの政党内部で「モテること」などは当然の前提となっている。
政党の「成績」というものまで考慮するのならば「大政党に有利」というのも仕方のない部分がある。
自由(譲れない夜)を否定する政党には自由を与えるべきではない(戦う民主制)などといった議論も政党に関してはなされている。
瀬能あづさ 永遠に友達

「行政権は内閣に属する」つまり、行政(メディア)は内閣が握る。
テレビに出たければ政府与党に属する以外になく、政党間の争いは想像を絶するものがある。
イギリスのように国王と議会が対峙し、国王の任命にかかる内閣が議会(下院)の信任を受けているという構図は確かに成立する。
ライブパフォーマンスがなければ忘れ去られていくのが、芸能人であり、自らの破産が原因でテレビに出られなくなるという理由とは別に「政権の都合」という要因が存在することになる。
政権が交代すれば「テレビに出られなくなる」という芸能人はいるだろうが、テレビ局が安易に「政権交代に世論を誘導してやれ」などとは言えない事情もある。
内閣がその職権を行うのは閣議による。
閣議は内閣総理大臣がそれを主宰する。
定例閣議・臨時閣議・持ち回り閣議など、すべてに、芸能人生命がかかる者たちがいる。
テクネーとエピステーメー、つまり「おカネの問題」はすでに国会に委ねてあるため、閣議に司法審査は及ばないとされる。
芸能界の執行や、外交、官僚人事などを握ることになるが、「国会に対して連帯して責任を負う」とされ、国会の生み出すおカネが頼りなのが現状だ。

日本政府の「外交の失敗」すら、現役の芸能人の芸能人生命に影響を与えるために、国民は外交には重大な関心を寄せざるを得ない。
「ダンサーを目指している彼は、次のステージに賭けている」
SPEED Another Sweet field

「天皇~言葉の意味の神学」
象徴という言葉は、記号論と呼ばれ、「言葉の意味の神学」と翻訳されている。
記号論という本を探してみても存在しないが、ようするに「面白い本」という意味である。
本来、「カント(口説き文句)に詳しくなければ、娘との結婚すら認められない」というのが民事訴訟法の立場から見た「天皇観」であったが、会社法上も労働法上も、「女の子を口説けなければ収入の面から割に合わない思いをする」というのが社会人であり、「カント」をみんなに分かりやすく広めないのならば、天皇とは呼べないのだ。
内閣の助言と承認によって、国民には「こんなに偉い人なんだよ?」ということは伝わるが、女の子を口説く言葉(カント)を拡散させることは、時に「神はゲイを憎んでいる」(命令)というメッセージにもなりやすい。
男のケツを狙うマッチョにはかなり「天皇」というものに葛藤を抱くものもいる。
男が崇拝する男としての「ゲイ」は、神の起源であり、時に「ペン」を憎むものだ。
平和の象徴としての「鳩」つまり、資金集めの達人であることや、文の象徴としての「ペン」などは、「天皇」というものは何かを語る時に常に引き合いに出される。
セックスする時は女はいつも本気である。
ribbon 愛してジャスティス

「地方自治」
理性(女のからだ)万能の時代が来て、ようやく地方自治は基礎体力を高めるものだ。
自然法(勉強)の限界に対して、田舎娘でも十分に美しいことから、おのずの「勉強の限界」として地方自治を位置づけようという発想(固有権説)もあったが、「分かりやすい勉強」は国からもたらされるという伝来説が勝利した。
プロイセンで、家格がもっとも高かったバイエルン家に、むしろ「勉強」を教えたビスマルクに由来するものが伝来説だ。
国家レベルの口説き文句は知らないけれど、女たちが美しい、これが地方自治の柱である。
国の法律と地方の条例の抵触に関しては「モノにしたとたん冷たくなる男」さえなくせばいいという発想がとられている(徳島市公安条例事件)。
冷たくしないで

「裁判所」
裁判所(メディア)は、最高裁を頂点とし、非「政治」的、つまり「女心に熟知していながら、自らはそれを語ることはない、あるいは非「権力」的、つまり「勃つ男」であるということから、宗教上の「教義」を淡々と収集するという意味において、モンテスキューは「人間の間でしかく恐るべき裁判権」と言わしめている。
「実体法」つまり、金儲けやモテる方法を定めた法律のみならず、「手続法」つまり、自分が影響力を増す方法を定めた法律もあるが、「救済法」つまり、「地裁の判事は俺の友達」という仕組みがあり、救済法はきわめて無視できない存在だ。
身内の芸能人の力を背景にする行政処分(発言力)を執行停止できるほど、裁判所(メディア)はそもそも芸能界を管理しているのであるが、内閣総理大臣は芸能人の救済のために「異議」を述べることができる。
「恋の神様~裁判所」
モーニング娘。恋ing

判例といっても「二人の女」のラブパッションとなって最高裁に行くことが多く、必ずしも最高裁判例からのみ「規範」が導き出せるわけではない。
「思い通りにはさせないから」という女の思惑があり、判例百選とは距離を置き、あるいは編集しなおし、教科書に戻っていくという姿勢が必要になってくる。
rebecca Love passion

また、動産と不動産という区別も、動産(プロテスタント女)・不動産(カトリック女)という区別がなされており、各人の文化の違いを理解する必要がある。

動産 モーニング娘。インディゴブルーラブ

不動産 AKB48 恋するフォーチュンクッキー

このあたりは第三次答申を改めて出したいと思う。

 

« 鉄人。 | トップページ | 小野臨調第三次答申。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鉄人。 | トップページ | 小野臨調第三次答申。 »