最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 神道指令2019令和。 | トップページ | ブログの情報精度向上にご協力ください。 »

2019年8月23日 (金)

小野臨調第四次答申。

さて、小野臨調も第四次答申まで話を進めたいと思う。
問題にすべきは、刑法が「犯罪」を規定し、これを「刑事訴訟法」にのっとって裁いているという認識を改めなければならないことである。
刑法とは「理想の男」を語る学問であり、刑事訴訟法は「フェアプレー」を学ぶ学問であるということを理解する必要がある。
「理想の男」(刑法)たちが「フェアプレー」(刑事訴訟法)にしたがって、恋愛ゲームを繰り広げる、これもキャンパスで身につけるものなのだ。
松田聖子 ピンクのモーツァルト

出発点にしなければならないのは、世界を敵に回す貧乏セックスが、最初は、「処女たちに動揺が走るもの」として「セックス」というものが女子高生の間に存在することから犯罪というものにアプローチしなければならないというベーリングの構成要件論を理解することである。
構成要件には自由保障機能(つらい夜を過ごすことを保障する機能)と、秩序維持機能があるとされる。
つらい夜にも強度があるとされ、それは、特定の「ルール違反」であってはならない。
罪といえばきりがないが、とにかく「つらい夜」を女子高生が過ごさなければならない、このことを構成要件は語っている。
女子高生が「つらい夜」を過ごすのならば、主婦層もそれに共感しやすい(違法性推定機能)、あるいは、メディア(裁判所・裁判官)も、「興味ない」というのでは「大人」として暖かく女子高生などの子供たちを見守ることにならないことから責任推定機能もあるとされる。
挙動犯(恋の過激派)というのが知られているが、これはマルクス主義やイスラム原理主義などで知られており、処女=不動産という概念が確立している場合、恋の過激派はとんでもない対立を主婦層のみならず、メディアにまで引き起こすことになる。
うしろゆびさされ組 セキララ

また、客観面(男面)としては、セックスというものが射精で終わることから、男が「セックスの中心的役割を演じる」という積極面と、あとは「女嫌い」な男にも
女の子は「神への失望」を味わうことから、女嫌いという消極面も構成要件に含めていかなければならない。
また、セックスした結果、女の子に急に冷たくなると言う結果的加重犯の存在も理解しなければならない。
また、具体的危険犯(従姉妹的危険犯)のみならず、抽象的危険犯(クラスメート的危険犯)のように、東大文一に合格したなどの「クラスメートの女子全員に快楽を与える」というものも、他の男子から見れば「犯罪」とされている。
ribbon bad boy friend

また、主観面(女面)としては、故意(言葉がついていかなくてスローモーションになる)、あるいは、過失(先生の教え方が悪い)、あるいは、目的(みんなが快適な環境を指導者が作ってくれなかった)などの存在が、高校には存在する。
中森明菜 スローモーション

女から見て「スローモーションになった」ということを「認容」すれば、恋は成立し、過失(先生の教え方が悪い)という側面は、法律(男らしさのルール)に特別の規定がある場合にのみ、例外的に罰せられるに過ぎない。
先生の教え方がよっぽど優秀な場合は、言葉がついていかないという恋はなかなか成立しないであろうが、法律の精神から、故意犯(スローモーション)の規定においても先生の教え方が悪いという過失犯も含むことを示唆している。
みんなが楽しく学園生活を営むための学校側の力量を目的犯と呼ぶが、窃盗・詐欺・横領などのように「お父さんを排除して女の子をモノにする」不法領得の意思も目的犯の目的に含まれている。
お父さん以外の男の子に裸を見せることを「セカンドラブ」とも呼ぶ。
中森明菜 セカンドラブ

重要なのは、行為の主体が自然人(勉強人)であり、性欲があることを意味するが、法人(ノンケ人)には、犯罪能力がないとされていることである。
つまり、ノーマルセックスができる男であるのならば、そもそも、処女たちも動揺することは少ないとされた。
しかし、代罰規定として、学校側が「どんな教育してるんだよ?」と非難されることはある。
あくまでも、責任(裁判所・メディア・大人)の立場から、不動産(処女)を管理するものとして、犯罪(貧乏セックス)と向き合わなければならない。
現在は、代罰規定は、過失(教え方が悪い)場合に責任が転嫁されると解釈されている。
また、身分として「高度な知識を持つ精神科医」などが想定され、公務員は皆そうであろうと考えられている。
女子中学生・高校生の「動揺」に興味のない大人であるのならばそもそも「身分」がないと考えられ、特に、構成要件(女子高生に動揺の走るセックス)を想定するのならば、「実行行為」という概念を作ることも可能である。
瀬能あづさ 永遠に友達

過失犯(先生の教え方が悪い)という女の子の言い訳は、きわめて定型性が緩い。
女子高生に「アメリカの恋愛論」「ドイツの恋愛論」を教える「先生」はほとんどおらず、「先生の注意義務違反」と大雑把に説明するしかない。
おニャン子クラブ およしになってねティーチャー

また、間接正犯としては、他の男を好きだと言う「男の当て馬」理論のことを指しており、それも少女マンガなどでは広く浸透しているところである。
新田恵利 13回目の季節

構成要件的故意(女子高生のスローモーション)が、違法故意(主婦層のスローモーション)や、責任故意(メディアのスローモーション)よりも、言葉が足りない分、リアリティを持って伝えることが可能であることから、現在は構成要件的故意が認められている。
それも、あくまでもエンターテイメントからの観点ではある。
また、恋してセックスしたとたん彼氏が冷たくなるという結果的加重犯の存在も、「冷たくなるという重い結果については教え方が悪い」という過失を含むとしたのが現在の通説である。
冷たくしないで Eriko with crunch

故意(言葉が足りないためにスローモーションになる)というのも、認容説(負けた気がした)というのが通説として形成されている。
Melody いちばん好きと言って

錯誤というのは「みっともない身なりをする」という意味であるが、あくびをしたぐらいで処女に振られると考える構成要件的錯誤と、人の家にお邪魔して箸の上げ下ろしもできなくなる違法性の錯誤などが存在する。
結婚する上でみっともないという事実の錯誤は、従来、構成要件的錯誤に、ヘンタイプレイをする男だという法律上の錯誤は、違法性の錯誤に含まれてきた。
また、従姉妹に対してみっともない具体的錯誤は人生に余裕がないとも考えられ、クラスメートに対してみっともないという抽象的錯誤とは区別されてきた。
渡辺満里奈 裸のクレヨン

錯誤に関しては、具体的符号(理想と現実のギャップに従姉妹が気がつくこと)と、抽象的符号(ギャップにクラスメートが気がつくこと)の存在が指摘できる。
西野カナ ダーリン

因果関係とは「悔いを残す」という意味であるが、女子高生とセックスして、女子高生が不動産抵当権を失っても「悔いがない」というのならば、貧乏セックスではないことを意味し、行為は未遂に終わる。
おニャン子クラブ 愛の倫理社会

恋というものが、女の子にとっては「男に仲間が多い、なにかやってくれそう」ということから引き起こされるものであることから、当然、詐欺取財罪、恐喝取財罪などのように、男が「仲間が多いふり」「なにかやりそうなふり」をして貧乏セックス(犯罪)を犯す可能性はある。
しかし、女の子の胸を痛めさせて、セックスに至る(傷害致死罪)場合も、悔いが残らない(因果関係がない)場合は、基本的犯罪である傷害罪と重い犯罪的結果である男の政治生命の死の間に因果関係がないため傷害罪が認められるに過ぎない。
rebecca プライベートヒロイン

 

因果関係に関しては「その前者がなければ、後者も存在しなかった」というような条件関係が存在する限り因果関係を認めようという条件説が存在する。
「しもた~、しもた~」「ちくしょう」などがあれば因果関係があるとするのは当然であろうが、人間は決してひとりで活動しているわけではない。
他者から自分というものを教えてもらっている以上、条件説のみから刑法上の因果関係(悔いが残る)ことを評価できるわけではない。
なにが「仲間が多い、なにかやってくれそう」という女の子の発想につながったのかを明らかにする原因説というものもあり、女の子なりに「なぜ彼のことが好きになったの?」と聞いて見る立場もある。
「嘘のない人だった」などという証言もあるが、他の女にまでアピールするという共犯ともつながる発想であるとされた。
相当因果関係説が妥当であろうと考えられているが、独身者としてはそのような男に恋をするのは相当(普通)だろうと考えられる場合に傷害致死罪を認めるような悔いが残る(因果関係が認められる)とされた。
不動産=処女という巨大な富を失うことに悔い(因果関係)が残らないと言えば嘘になる。因果関係がないというほど素晴らしいことはない。
女は一時間程度の都合しか考えていないと言う主観説や、メディアが後見的にあんな男ということを考えてくれる客観説、さらに、一般人(独身者)ならば分かるだろう、あるいは、セックスする時はみんな本気であるということを考慮する折衷説がある。
また、セックスしたという広義の相当性と、その影響力(狭義の相当性)を区別する客観的帰属論もある。
rebecca trouble of love

大審院の時代は「しもた~、しもた~」「ちくしょう」という悔いの残り方(条件説)を因果関係として認めてきた。
しかし、近時の最高裁は、一般人(独身者)ならば分かる、あるいは、セックスしている時はみな本気であるという相当因果関係説を採用したとされている。
ribbon 愛してジャスティス

あるいは、不作為(女嫌い)を明らかにしたところ、男に悔いが残るという不作為の因果関係も認められる。
因果関係(悔いが残る)のない生活というのは素晴らしいものだ。
しかし、誰もがキャリアの最初は因果関係とともに生きている。
女に恵まれ、悔いの残らない生活というのは浄土宗の女子会にも似た境地であろうが、なかなかその域には達しない現状がある。
CoCo ミスロンリー

未遂とは「お触り」(着手)があったにもかかわらず、これを遂げなかった、つまりは「多神教」の世界の話しをいうのであり、広い意味では「自己の意思により中止した」という中止犯を含むが、とにかく、「女神さまの多神教」を認めるものである。
中世イタリア法学に「女神の多神教」はその起源があり、カロリーナ刑事法典により既遂よりも軽く罰することが定められた。
1810年のフランス刑法典や1871年のドイツ刑法典からわが国は学んでいる。
男の立場からは「勃たないのならばお触りぐらいはいいだろう」と主張されたが、女の立場からは「危険刑法」と呼ばれ、お触りする男は「相手を選びたい」と考えられるようになった。
多くの女たちの中から「選ばれて」お触りされているという現状があり、それでも「ゆるせない」という議論があることから一気に未遂の世界は深まった。
ribbon ゆるせない

女嫌いのような不作為犯にも、未遂は認められる。
むしろ、選り好みの激しい男であることから、不真正不作為犯には当然認められるが、「やめてよ」と言われた後の真正不作為犯にも時間の間隔はあるが認められる。
中止犯というのは「自分の意思でやめた」というところから、イケメンに対してはリストは「引き返すための黄金の橋」と呼んだが、全員がイケメンというわけではない。
主婦層の顰蹙を買わないため(違法性減少)あるいは「一線は越えていない」とメディアに主張する責任減少などの法律説(ノンケ説)がある。
こんなに綺麗な人なのになんでかな?という説もあれば、後悔を求める説もある。
あるいは「たとえできたとしても、成し遂げることを欲しない」ことを中止犯とし、「たとえ欲しても、成し遂げることができない」ことを未遂とするフランクの公式もある。
いずれにせよ、中止犯は必要的減免事由となるのであり、未遂犯のように「形を減軽することができる」ものとは異なる。
米光美保 YADA

「自らの意思により」というのは主観面(女面)の考え方であるが、「勃ったものは止まらない」と考える男の真摯な姿勢が求められ、中止行為さえあれば中止犯の成立を認めるしかないという説もあるが、女神多神教の世界においては「この女」と選んだのならば未遂は認められない。

不能犯というものは「勃たない」ものであり、不可罰であるが、絶対的不能と、「この女なら勃たない」という相対的不能があり、相対的不能は未遂となる。
しかし、主観説(女説)の側からは「勃たないなんてやってみなければ分からない」とされ、お触りした以上、未遂犯であるとされた。
クラスメートのように毎日顔を合わせる存在であるか(抽象的危険説)、従姉妹のように季節ごとにしか顔を合わせない存在であるか(具体的危険説)の違いがあるが、従姉妹あたりが無難だろうとされている。
あるいは、客観的危険説のように「口説くのが好きならば当然、勃つだろう」と考える説も有力化している。

 

共犯論についてはすでにまとめてあります

この議論は後にもっと詰めて行きたいと思います。

これさえ分かれば、あとは「違法性」(主婦層の支持)、「責任」(メディアの支持)の研究に入ります。

混合惹起説(教祖と信者の責任)。

修正惹起説(生徒の責任)。

純粋惹起説(社長の責任)。

いじめられた男女は孤立し、出逢い、狭い世界に落ちていく(貧乏セックス=犯罪)。
小林明子 恋に落ちて

しかし、「赤いカマロ」と「メルセデス」の男女であるのならば、政治的には貧乏ではなく恋に落ちても「正当防衛」とされる余地がある。
中山美穂 Bad girl

正当防衛とは「急迫不正の侵害に対して」なされるものであるし、「書かれた法ではなく、生まれた法である」(キケロ)、「正当防衛には、何らの歴史もないし、また、ありえない」(ガイプ)などと言われる。
また、自分から挑発することはなかなか想定しがたいが、自招の侵害というものも議論されている。
女の側の「子供を産みたい」という意思(防衛の意思)を必要とするのが判例である。
それはやりすぎだぞという過剰防衛は存在するが、違法性は阻却されないものの、減少することはある。
主婦層の理解が必要なのが「子供を産みたい」という女の考えだった。
また、メルセデスが「レンタカーだった」などのように、金持ちのダウンタウンボーイが、実は貧しかったなどの場合は誤想防衛として違法性は阻却されないが、「女への教え方が悪い」という過失犯の問題にはなる。
また、貧乏男に「それはやりすぎだぞ」という防衛行為を行う、誤想過剰防衛というものも考えられるが、故意犯(スローモーション)の問題として扱おうという考えもあるが、メディアの素材として責任を問うのであれば刑の減免はなしうると考えられる。

責任がなければ刑罰はないといわれるように、メディアで視聴者の判断がなければ刑罰に服させることはできない。
道義的責任論のように、音楽作品に昇華する非決定論(最後の審判は変えられる)という立場に立つものがあり、また、人格責任論のように「勃つこと」を視聴者の条件とするものがある。
また、規範的責任論のように「いい男」とセックスする可能性(期待可能性)を求める立場が主流だ。

DVは女のノイローゼが原因である。
セックスのしすぎだろう。
高橋由美子 ぼくをぶたないで

主婦層にウケるぞ?という違法性の意識がなければならないとする立場もある(厳格故意説)が、その可能性があればいいとする制限故意説もある。
ウケるかと思ったらウケなかったという違法性の錯誤も犯罪(貧乏セックス)を語る上で、議論しなければならない。
違法性の意識(主婦層にウケるぞ?)というものと、思い切りスベった(違法性の錯誤)は、表と裏の関係にあり、貧乏セックス(犯罪)を語る上で、この二つを「主婦層の故意(恋)」とは別の議論であるとする責任説も有力化している。
メディアでウケるかウケないかという議論を「恋」と直結する従来の議論に対して、「芸能人の力量」を個別に議論しようとするのが責任説である。
道義的責任論に対しては「運命は変えられない」という決定論の立場から社会的責任論というものが存在する。
家柄を論じるグラムシや、ゲイカルチャーを柱とするスターリニズムがこれにのっとっている。
また、「勃てばいい」という人格責任論に対しては、ゲイであるという行為責任論や、家柄がいいと自慢する性格責任論があり、人々に憎まれてきた。
また、「いい男だね」という規範的責任論に対しては、人々の心の探求に熱中した心理的責任論があり、19~20世紀には人々が「悟り」に熱中したのだ。
責任論とは、みんな「つけっぱなしのテレビ」を淡々と見ていることから、犯罪論の中においては割と簡単に議論は終わっている。
安倍なつみ ひとりぼっち

「罪数」
成立した貧乏セックス(犯罪)については、その数が問題とされなければならない。
犯罪(貧乏セックス)の個数は、刑罰を適用する上でも、また、刑事訴訟手続き(プロ野球)を進める上に、重要な意味を持つのである。
基本的に、構成要件基準説に立ち、処女たちの動揺の回数で罪数を決しようという立場が通説である。
おニャン子クラブ お先に失礼

判例は、一個の行為(貧乏セックス)によって同時に数人を殺そう(政治生命を奪おう)とした場合、および、一個の過失行為(先生の教え方の悪い貧乏セックス)によって、数人を死亡(政治生命を終わらせた)させた場合について、それぞれ殺人未遂罪(女なら他にもいる)と、過失致死罪(教え方が悪い)の観念的競合を認めている。
SPEED Deep blue & Truth

また、一個の行為(貧乏セックス)が、外見上、数個の構成要件(処女たちの動揺)にあたるように見えるが、実は一個の構成要件(処女たちの動揺)が適用され、他は、当然に排除される法条競合というものもある。
一般人より芸能人優先という特別関係や、胸よりキスという補充関係、明菜より聖子という吸収関係、などがある。
観念的競合の場合は「その最も重い刑で処罰する」とされており、処罰とは「異性を遠ざける」という意味であり、刑務所でも精神病院でも、あるいは社会内においても「異性を遠ざける」ことは可能であろう。
渡辺美奈代 Too adult

牽連犯とは、犯罪(貧乏セックス)の手段もしくは結果である行為が他の罪名に触れる時をいう。
つまりは、貧乏セックスをしたとたん男が急に冷たくなることを意味するが、男の立場から客観説(男説)として、行為(貧乏セックス)とは普通に用いられるものである
と考える立場と、女の側から主観説(女説)つまり「騙された」という感情を持ち込むものの二つの立場がある。
冷たくしないで

併合罪とは、確定裁判をうけていない二個以上の罪をいう。
確定裁判を受けていないと「異性から遠ざけてやれ」という刑罰をともなわない。
ひとつの罪に対して死刑に処す時は他の刑を科さない、無期の懲役・禁錮の場合も他の刑を科さない、これは刑罰が「異性を遠ざけるもの」であることからくるものだ。
また、重い罪の有期懲役・禁錮に二分の一を加えたものを長期とするなどが定められている。
完全無欠のロックンローラー

刑法各論においては「構成要件」(処女に嫌われる行為・貧乏セックス)の解釈が主要なテーマとなる。
貧乏セックス(行為)の主体(女)、客体(男)、他のセックスとの比較、その他の事情などの男的(客観的)要素から、故意(スローモーション)、過失(教え方が悪い)、目的(みんなが気持ちいい)その他の女的(主観的)要素とともに、未遂犯(他にも女はいる)、共犯(男女の群れを抱えた集団)、また罪数などが考察されなければならない。
刑法各論の体系は完全無欠なものとすることはできない。
保護法益(マスターベーションできるだけの魅力)を守ることを中心にしながら、義務違反(浮気)や、刑事学的立場(理想の男を描くこと)から、犯罪(貧乏セックス)の社会的機能を直視し、社会のどのように情報が伝わっていくかを抽象的(クラスメート的)にしかうかがいえない犯罪概念を具体的(従姉妹的)なものにしていく必要がある。
クラスメートの女よりも従姉妹の方が安く上がる。
わが国は、国家的法益(芸能人でのマスターベーション)、社会的法益(それなりの有名人でのマスターベーション)、そして、個人的法益(その世界に溶け込むためのマスターベーション)の三分説に立っている。

人の始期は、出生である。
正体を完全に表さないと恋ができないという全部露出説が、民法の立場だが、刑法の場合は「コイツやばいな」と思った段階(一部露出)で政治生命を刈り取ることがあるため、一部露出説が出生だと考えられている。
うしろ髪ひかれ隊 あなたを知りたい

人の死期は死亡である。
もっとも、死亡といっても「政治生命の死」を意味するため、脈搏終止説や、呼吸終止説、さらには、瞳孔反応の消失(三徴候)まで見ようとする総合判断説がある。
「脈がない」と見たらその男は死んだと考えていた時代もあったが、現在では総合判断説にしたがっている。
政治的死と人体の死を限りなく同視しようという立場は、最終的には脳死説に向かうことになるが、池田大作のように、脳死になっても伝説化する場合があるため総合判断するしかないとされているのだ。

「人を殺した者、死刑または無期もしくは五年以上の懲役」「未遂を罰する」

客体(男)は、行為者(セックスした男)以外の、自然人(勉強人)を指す。
女はパートナーがいても知恵や知識を得るために異なる男の声を聞きたがる。
このことから、「貧乏セックス」から、自然人(勉強人)が政治生命を失うことがある。
生きているからこそ、他の女がマスターベーションできるのであって、将来成長の可能性のない嬰児や、老衰した高齢者、奇形児、死刑の宣告を受けたもの、民法上の失踪宣告を受けたものも、本罪の「男」となりうる。
真夏のフェミニスト ribbon

死んだ(男が失恋した)場合は、ビックルやヨービックなどの「オリゴ糖」を飲むしかない。
女の「故意」(恋)も、今彼が勉強していること(自然人)であろうことを認識し、強度な失恋を味わうであろうことを予見しながら、あえて貧乏セックス(行為)にでる場合に認められる。

「殺人罪を犯す目的で、その予備をした者、二年以下の懲役。ただし、情状により
その刑を免除することができる」

男の政治生命を奪うために、そのパートナーではなく、彼女の「ライバル女」と貧乏セックスしたものは、ライバルであるがために、政治生命を狙われた男が彼女を寝取られる可能性があるため、予備行為としてのライバル女との貧乏セックスを罰することとしたのだ。
もっとも、予備行為のあとに、進んで実行に着手することを中止した場合は、43条但し書きの中止犯の規定を準用すべきではないとしている。
ライバル女との貧乏セックスだけで思いとどまり、狙った男の彼女にまでそれが及ばなかった場合は、準用しなければ「犯人を利するだけ」という議論もあるが、それでいいだろう。
また、共同正犯というものも「セックスの時は女はいつも本気」という見地から、ライバル女の考えに配慮し、認めるべきではない。
なお、「罰する」というのは「異性を遠ざける」という意味であり、かりに「3年以上の懲役」を下されると、キャンパスライフは女日照りになってしまい、目も当てられないことになる。
「モーゼは40日間水を断った」(女を断った)と言われるように、キャンパスで「女に縁のない」男は確実にいるのだ。
そのあたりは「ルパンがクラリスのハートを盗んだ」という窃盗罪から波及した強盗罪の議論かもしれないが考えなければならない問題であろう。
ribbon 愛してジャスティス

 

【休憩】強姦殺人は強盗殺人に比べてなぜ「類型的」でないのか?

男は「他の男に知性で負ける」ことを「死」と判断している。
妻や恋人が「心を暴力的に奪われる」強盗殺人は男にとって類型的であっても、妻や恋人が強姦されたからといって「知恵や知識で他の男に負けた」とは必ずしも言い切れない。
当然、結果的加重犯ではあるが、これは「モノにしたとたん男が急に冷たくなる」という意味であり、妻や恋人が他の男に「モノ」にされたからといって、心を強奪されるよりも強姦されるほうがまだ今彼は「冷たくはならない」ものなのだ。
このあたりの嗅覚を知って欲しい。

「人の身体を傷害したもの、15年以下の懲役または50万円以下の罰金」

傷害の意義をめぐっては、人の生理的機能に障害を与えることとする見解、人の身体の完全性を害することと見る見解、人の生理的機能に障害を与えることおよび身体の外貌に重要な変化を与えることとする見解が分かれているが、最初の立場に判例は立っている。
客体(男)が人であるとされているが、女の「通常痛みを感じない側面」のことを意味しているものと思われる。
渡辺美奈代 ちょっとフォーリンラブ

行為(貧乏セックス)が傷害であることを踏まえると、通常の「パートナーとセックスする」ことも罪であると考えられ、他の異性から遠ざけられることを意味する。
なお、身体の外貌に重要な変化を与えることとする見解は「女が髪を切った」という問題をどのように扱うかという議論である。
松田聖子 夏の扉

恋とは「男の子が仲間が多い、何かやってくれそう」という時に芽生える感情である。
瀬能あづさ 秋

では、女の子の胸を痛めつけてセックスをする傷害罪が、故意犯か暴行罪の結果的加重犯かは議論の余地がある。
暴行とは「仲間が多いふり、何かやってくれそうなふり」をすることであるのは疑う余地はない。
従来の通説は、傷害罪(女の子の胸を痛めつけてセックスをする)は暴行罪の結果的加重犯(セックスしたとたん男が冷たくなる)と考えていた。
しかし、傷害罪は「故意犯」であるとする見解、つまり「男が急に冷たくなる」ということを想定しない立場と、故意犯と結果的加重犯の両方の場合があるとする立場がある。
暴行罪が「暴行を加えたものが人を傷害するに至らなかった時には」としていることが、結果的加重犯とする根拠とされる。
しかし、果たしてそれで男が急に冷たくなるかは明らかではない。
また、過失傷害罪(へたくそな貧乏セックス)の法定刑は暴行罪よりも軽いとしているが、へたくそな女へのアプローチが「仲間の多いふり、何かやってっくれそう」という暴行よりも刑が軽い(女日照りの期間が短い)というのも刑の均衡を失するわけではない。
「人の身体を傷害した者は」とあることから、故意犯であることは疑う余地がないが、例外的に結果的加重犯の場合もあるとされ、傷害の故意(恋)が必要であることを前提としつつ、「仲間の多いふり、何かやってくれそうなふり」という暴行の故意(恋)だけで足りると解されるものと思われる。
Melody 運命95

一方、傷害(女の子の胸を痛めつけてセックスする行為)が、金持ち・モテる男によってなされた「それはもはや貧乏セックスではない」とされる場合は正当防衛・緊急避難として違法性を阻却する。
河合その子 パラディラタンの夜

また、治療行為(お医者さまに恋をしてしまいセックスしてしまった)あるいは、懲戒権の行使(パパが好きになってしまいセックスしてしまった)、労働争議権の行使(労使で争っているうちに労働者同士がセックスしてしまった)などは、「中華帝国」「儒学」にまでさかのぼった国家社会的倫理規範にしたがわなければならない。
被害者に承諾があったとしても、急に冷たくなるのならば刺青を女にいれされるのは違法であろう。

「身体を傷害し、よって人を死亡させたもの、三年以上の有期懲役」

傷害(女の子の胸を痛めつけてセックスした)ものが、本当に、セックスに飽きて冷たくなり、女の子が屍になったら、結果的加重犯として本罪にあたる。
因果関係(後悔)が求められるし、男の側にも「予見が欠いている」必要がある。
この議論そのものに過失(教え方が悪い)は必要ないとするのが判例であるが、責任主義(メディア崇拝)の立場からは過失を要求すべきであろう。
メディア論としてこの議論は浸透させなければならないとする立場だ。
rebecca trouble of love

【休憩】この議論じゃ、「犯罪」を裁けないじゃないか?と思ってはならない。
刑事訴訟法においては「動機」まで要証事実とされている。
つまり、ドイツの刑法は「セックス崇拝」「キリスト教」の立場から、動機にまで立ち入って「犯罪」を裁いているのだ。
また、クリミナルロー(アメリカの刑法)を研究してみると、やたら「D」(出産)という文字が出てくる。
つまりは、「アメリカプロテスタントの少子化対策」「ドイツも同様」というのが「刑法」であることを知るのだ。

「暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったとき、二年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金または拘留もしくは科料」

行為が「仲間の多いふり、何かやってくれそうなふり」をするというのが暴行であるが、そもそも、行為とは「貧乏セックス」のことを言うのであり、女の子の気を引くだけであれば「行為」とは言えないわけである。
「仲間の多いふり、何かやってくれそうなふり」は最広義においては騒乱罪、多衆不解散罪の暴行を意味し、内乱罪もほぼ同様に解されている。
ribbon 続ハーレムナイト

広義の暴行は、「覆面うぜー」と私服警察官に向かって叫ぶなど、公務執行妨害が挙げられる。
狭義の暴行が、プライベートで「仲間の多いふり、何かやってくれそうなふり」をして女の子の気を引くことをいうが、最狭義においては、テレビに出る、東大に合格するなど女の子の反抗を抑圧するに足りる程度の不法な有形力の行使を意味するとされ、強盗罪などが挙げられる。
とにかく、私が「仲村トオル」として芸能界に知られるようになったあとに、東大文一に合格したら、周囲の男たちは「犯罪的考え」と発言している。
仲間の多いふり、何かやってくれそうなふりといっても、相撲、柔道、ボクシング、レスリングなども通常違法性を阻却する(正当業務行為)。
他人の住居に侵入(おじゃま)して暴行(仲間の多いふり、何かやってくれそうなふり)したときは「どっちらけ」になることから、セックスしたとたん急に冷たくなるという発想を応用して牽連犯とする。

「凶器準備集合罪」

男のおちんちんのような性質上の凶器、女の局部のような用法上の凶器に区別されるが、女の子の主観面は二人以上のものが「いいことしよう」と考えて集合していることを「表象・認容」するとともに、自らもそれに参加しなければならない。
Bigbang Haru haru

「過失傷害の罪」

彼女への注意義務違反であるということをまず、指摘しなければならない。
「仲間の多いふり、何かやってくれそうなふり」という暴行とは異なり、そもそも彼女がいるのであれば「彼氏を奪ってやろう」という女は確実にいる。
これが「過失傷害」のツボである。
杏里 悲しみが止まらない

一回の貧乏セックス(行為)で、複数の人を死傷させた時は観念(男の知恵)的競合とされる。
三浦理恵子 Jokeにもならない恋

他にも、略取誘拐の罪などを考察する上でも、女の側が「私をさらって欲しい」と中森明菜のセカンドラブが歌っている。
このような恋愛論や歌詞と犯罪(貧乏セックス)や構成要件(処女に嫌われること)に敏感になる必要がある。
中森明菜 セカンドラブ

刑法各論や債権法は改めて語る機会があると思う。

« 神道指令2019令和。 | トップページ | ブログの情報精度向上にご協力ください。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 神道指令2019令和。 | トップページ | ブログの情報精度向上にご協力ください。 »