最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 名誉職。 | トップページ | お引越し。 »

2019年7月12日 (金)

ケネス・ヘーゲン。

ケネス・ヘーゲンという人物は哲学史にはないのだが、おそらく本名は「ジョン・ロールズ」だと私は考えている。
リベラルとして自由恋愛を探求したロールズは、「夜、早く眠る」「自由恋愛」「地方自治」などを探求しているうちに、「夜23時派」が存在することに気が付き、夜18時派と夜23時派をぶつけるだけでいろんな問題が斬れることに気が付いている。
夜18時と夜23時のギャップをぶつけるだけでいろんな「欲望」「涙」が生まれる。
肉体労働やノンケの「18時」と、インテリやオカマの「23時」は、各人の時間の重要性が異なる。
オカマかインテリしか「23時」にはおらず、社長会(ノンケ)は18時には仕事を打ち切っていたが、常務会(オカマ・インテリ)は23時まで密談をしている。
常務会の特徴は「社長会の悪口を言う、ということだけでなく、いざとなったら逃げ出す」という特徴がある。
OLさんや平社員の女性のように「社長会の悪口を言わない」ひともいたが、権力志向の女は「社長の悪口を言う悪だくみの座に加わり、そして、いざとなったら逃げ出した」男を目の当たりにしたのだ。
韓国では日本製の商品不買運動やオリンピックボイコットのように「23時の悪だくみ」は行われるが、18時派のムンジェインは事態を静観している。
「ムンジェインの悪口を言う、いざとなったら逃げ出す」のが韓国の反日ムーブメントだったのだ。
ヘーゲン(ジョン・ロールズ)は、フォードがメルセデスに化けるわけではない、とし、「常務会の悪だくみの座」を批判している。
しかし、日本製のビールを叩き割る映像を売るだけで「フォードがメルセデスに」化けるのだ。
「いざとなったら逃げ出す」「愛が死ぬ」連中だったが、ビジネスにはなってしまうし、韓国の66.8%の支持を得ることができる。
だが、来年のオリンピックという戦場を迎えるときには「愛が死ぬ」連中なのだ。
和田アキ子 真夏の夜の23時

問題は、「人の悪口を言ってメシが食えるのならば、人口も増えるし問題ないのではないか?」という見解が存在することだ。
「悪だくみの座に加わる」
こんな簡単な仕事があるのだ。
ナイジェリアでは7回の出産で1人の乳児が死産に終わるが、カナダでは11000人に一人だ。
このような「命」に仕事を与えなければならない。
「悪口を言う常務会」は確かに社長会にとっては「迷惑」であったが、仕事ではないか?という観点から、おのずと「人道的介入」による食料救援物資に
混ぜる毒物も人道的なものにとどまった。
世界の「命」のすべてが必ずしも職業を見つけるわけではないからだ。
松田聖子 瑠璃色の地球

一億総中流と呼ばれる社会が実現したのも、「悪口」があるからである。
「いざとなったら逃げ出す?」
それは普通の人間ならばみんなそうではないかとも言われた。
よっぽどの責任者であり、物事の解釈の力量が傑出していなければ、そもそも「夢」など見ないものだ。
「夢」を語ったら税金を課した。
税金を課すといっても「手元に残るお金がない」という意識しか残らないだろうが、シャウプ勧告は巧みにそれを国家財政に引き込んでいたのだ。
「根拠のない夢」を語るものは貧しい。
貧しいものほど夢を言いたい放題語っていたのだ。
そのへんは自覚をして豊かになっていくしかない。

アフリカにおいては、アカン(インテリ)と、ヨルバ(地方自治派)という区別がなされ、アカンが「23時」が好きだとするなら、ヨルバは「18時」が好きだとされる。
先進国で言う「常務会」がアカンとなってしまい、本来、「治める側」の人間が悪口を言う立場に立ってしまう。
一方、ヨルバ(地方自治派)は、肉体労働派であり、なかなか国家統治には向いていないだろうが、多数派を形成した。
アフリカでは「オカマ」「ノンケ」つまり「肉」と「魂」という区別はあまり明確ではない。
先進国のように「オカマは8%の男」という割りきりが困難だからだろう。
選挙が多数決で決まるのならば、肉体派が勝利せざるを得ず、インテリは「常務会」にとどまった。
このことから、「男がリーダーになると殺される」というナイジェリアの慣習が存在し、女性が県知事を務めざるを得ないとされる。
男が肉体を競い合うのであれば、なかなか、男のナンバーワンは決まらず、殺し合いになるだろう。
国際連合は「戦国時代によくあった話」をいまだにアフリカが国連に持ち込んでくると嘆いた。
まず、「オカマ」の比率を限りなく減らす必要があること、つまり、「肉」と「魂」という概念を明確にする必要がある。
男がアナルを開発するのは当然、と考えている限り、男が男を崇拝する宗教が根付くことは困難だ。
さらに、アカン(インテリ)ならば、もっと「周囲にお金になる考え方を広めてもいいのではないか?」という指摘がなされている。
これも、高等教育が広まらなければ困難な話である。
「悪口を言うだけ」
これがインテリだと考えるものがいる限り、「ナイスガイ」という発想は根付かないだろう。
「オカマ」と「ノンケ」の区別を明確にすることと、お金になる話しをもっと広めること、この二つがなければ、「女性が県知事にならなければ殺される」という習慣はなくならない。
子沢山で、兄弟同士カマを掘りあっているのだから、兄弟愛に満ちた文化ができるのは当然だ。
「兄弟は他人の始まり」というのは先進国の論理に過ぎない。
本当の「自由」はアフリカにあった。
男全員がオカマで、兄弟愛に満ち、肉体労働派が出世する世界だ。
アフリカは宗教の起源であり、しかし、人類の起源であるかは明らかではない。
We are the world

トマス神学においても、「社長会の間でのセックス」は世界を敵に回すが、「常務会の間でのセックス」はそうではない、という二重効果論が語られた。
これは、のちに「バラ戦争」を引き起こし、「貴族とは何か?」という議論につながっている。
国生さゆり ノーブルレッドの瞬間

トマス・アクィナスという「処刑を免れた社長さん」のおかげで「カトリック」というものは生まれたのだ。
女のほうからキスをしても「社長会」では大問題になるから気をつけよう。
ribbon 太陽に火をつけて

さて、トマス神学においては、当然、「肉」(オカマ)と「魂」(ノンケ)という区別はなされている。
「仲間が多いのが政治や」という声は確かにあった。
常務会の間でのセックスは音楽作品としての価値が、社長会よりも安いとも言われる。
瀬能あづさ 愛になりたい

大勢の女が「恋に落ちる」ような「爆発」を引き起こすことは、問題ないだろう。
貴族になるために必要なことだ。
だんだん力を落としていくようなセックスを高校時代に繰り返していたのならばカトリックとは言えないだろう。
女が「触らないで」というような男もカトリックとは言えないだろう。
マスターベーションは問題ないんじゃないか?
ドッジボールで女にぶつけなかった男はいい線行っているだろう。
「女たちにモテる」しかし「世界を敵に回さない」
これが、カトリック国の社長さんだった。

女が「問題の少ない愛」を知らなければそもそも、社長さんにはなれない。
女は「パートナーがいても知恵や力を生み出すために他の男の声を聞きたがっている」(キューリー夫人)。
このキューリー夫人の発言はキリスト教社会に衝撃を与えた。
SPEED Deep blue& tueth

しかし、キューリー夫人は「女性初のノーベル賞複数受賞者だった」ということを割り引いて考えなければならない。
普通の女性はそんなに知恵や力を持ってはいないのだ。

弱いほうの男が、女に、アイツ(強いほうの男)はすでに結婚している、と言ってモノにしたのならば、強い方の男はカトリックである。
中学校の頃に、体育の先生は「男女混合で」ドッジボールをやらせて進路を決めた(トローリーの問題)。
トローリーの問題はプロスポーツの起源であった。
この問題が解けるようであれば、高校で男女共学に進ませても問題はないわけであるし、分からないのならば男子校に行かせてオカマにした。

社長会(社長と専務)と、常務会(社長の悪口を言う連中)について書いてきたが、「主権」というものが「国内最高の権威」であり、誰が主権を有しているのか?
そして、主権がなぜ「絶対」なのか?さらには、感じている時と日常への洞察力が傑出していることなどが主権論争となる。
1957年にカントロヴィッツが「キングズ・トゥー・ボディ」という著作において、勉強し、人と話す「王」と、伝説の王の二つが存在するとした。
王者になると「伝説」と「実物」の二つが生まれることを指摘したのだ。
中世には存在しなかったものが「伝説」と「実物」の区別であり、防衛戦は常に「主権者が有利」とされている。
平成の主権論争は「主権は多元的に存在する、どこにあるかは分からない」とされ、平成天皇の「伝説」と「実物」の存在は否定されていた。
大事なのは「スタンフォード大学の講義を、女子高生にも分かるように話す」ということであり、私も、「実物」として街を歩いていると、女子高生に写真を撮られたりする。
イエスキリストを想像してマスターベーションしたことがある、これがどれほど重要なことであろうか?
イギリスとフランスには14世紀ごろから「主権」が存在したようだ。
1514年に宗教改革が起き、アウグスブルグの和議によってドイツにも主権が生まれた。
その後、30年戦争が起き、女性たちの支持を受ける音楽作品が量産され、1648年のウェストファリア条約において、ヨーロッパの国境線が定まり、各国国王の「伝説」性が承認された。
芸能界を背景に神聖ローマ帝国が、強烈な「主権」つまり、「伝説」と「実物」の区別の存在を主張したため、カトリックのローマ法王イノセント十世は不満ばかり言っていた。
カトリックは、「社長会にとってのセックス」に意味を与え、結婚する方法を教え、進路指導にすら影響を与えたが、ルターが「伝説」と「実物」というものを考えて、各国が広大な領土を治めやすくしたことは、カトリックの勢力を後退させたのだ。
BoA ネコラブ

日本国においては、主権とは「対外的独立性を持ち、対内的自律性を有し、領土を持っている」ものと説明されているが、その「コンテンツ」を語るならばこのような理解が必要だ。

主権を語る上で、1948年の「普遍的な人権宣言」に各国が署名したことを理解しなければならない。
そこにおいては、「30種類の金儲けの方法」(人権)が明らかにされており、
ユダヤ人虐殺の反省の上に、ユダヤ金融資本を世界にオープンにするものとなっている。
ユダヤ金融資本=憲法だとするのならば、その秘密は「処女」と「神学」(男らしさ)となっていた。
軍の裏づけのある人権(金儲け)と、警察の裏づけのある人権は、まるで、主権の「対外的独立性と、対内的自律性」を意味しているようであり、「国民主権」を意味していた。
イラクや、ユーゴスラビア、ボスニア、コソボ、ソマリア、ルワンダ、ハイチ、カンボジア、リベリア、リビアにおいて「処女概念の確立」を「個別的介入」として行った。
AKB48 teacher teacher

第二次世界大戦の時に、西田幾多郎は「トポロジー」として「処女」の重要性を理解していたし、川端康成の「伊豆の踊子」や、マドンナのライクアヴァージン、AKBグループなどでそのことは浸透していた。
トローリーの問題などがあって「処女のいる国は攻撃するのをやめよう」と各国は考えていた。
カトリックとは「勃つ男」(神学)と「処女」から成り立つ主権を背景に金儲けが行われる(人権)ものであり、令和の時代になりAKB総選挙は取りやめになってしまった。
これは、令和天皇に「個別的介入を行う必要はない」という判断があったり、中国側のロビー活動があったなどの周辺国の思惑があったものと思われる。
平成天皇には少なくとも「個別的介入」が行われ、周辺国の指導のもとに国家統治はなされていたのだ。

個別的介入(処女概念の定着)を行わないと、「セックスはカネになる」という発想が女子たちの間に広まらず、「私有財産」=セックスという発想が否定されてしまう。
そのような意味では「他国が豊かになる」ことにまったく文句はないわけであり、日本国も率先して「個別的介入」を外国国家に対して行わなければならない。
インドネシアAKB

インドネシアは「将来のアメリカ合衆国の若き友人」として期待されているが、日本国が「個別的介入」を行っている。
「処女」と「神学」(男らしさ・勃つ男)こそがユダヤ金融資本の秘密だったからだ。
マルクス主義は「若い頃の恋はいい思い出」と教えていたが、ユダヤ金融資本はこれと明確に対立し、「処女」と「神学」こそが「私有財産」につながるとしていた。

吉永小百合の「伊豆の踊子」は、宇野重吉が演じる学者の講義から始まる。
「古い因習と道徳とを対立させ、カントはそれが各人の幸福にとって良いものである、甘美なるものである、と考えたことに反対したいと思います」という趣旨の講義であった。
この講義の一節に、川端康成が関与していたのは明らかであり、なにしろ、撮影現場にまで川端は顔を出していたことからそれは推測できる。
川端は、「処女」と「神学」(ユダヤ金融資本)の立場を明確にし、私有財産制度(セックス崇拝)を日本国において確立した。
思春期の恋を「いい思い出」とするマルクス主義とは明らかに異なる反共ムーブメントでもあった。
伊豆の踊子

劇場やテレビのスクリーンに「処女」を映し出しただけで、本当に所得が倍増した、人々は池田勇人の「所得倍増計画」をそのように語り合ったし、川端康成はノーベル文学賞を受賞している。
「恋はいい思い出」とするマルクス主義と、「処女と神学」を語るユダヤ金融資本は女子高生をめぐって熾烈な戦いを現在も繰り広げている。
女子高生が親に与える影響は強く、マルクス主義とユダヤ金融資本は永久戦争に突入している。

「処女」と「神学」がカントやキルケゴール(ユダヤ金融資本)によって根付いたことにより、ロールズ(ケネス・ヘーゲン)は、「過去の男よりも賢くなってやれ」という哲学を構築した。
「過去の男よりも賢くなる」
この動機だけでも巨大ビジネスが誕生した。
清朝や李氏朝鮮を見ても、「処女」と「神学」(ユダヤ金融資本)によって、そのアジアの序列を逆転させてしまうチャンスは明治維新が唯一のチャンスであったし、日本国はこのチャンスをものにした。
アジア初の近代帝国とは「処女」と「神学」を理解したことから成り立ったのだ。

「恋はいい思い出」と考える「左」と、「処女と神学」(私有財産)を重視する「右」は社会人としては共存していた。
しかし、「過去の男よりも賢くなってやれ」というのが「右」の立場であった。
左の女、つまり「仏教+左翼」の女のほうが美しかったかもしれない。
酒井法子 恋と愛のニュアンス

カナダという国は「アメリカ大統領選挙への投票ができないアメリカ」という意味であった。
つまり「恋はいい思い出」(マルクス主義)の立場に立ち、ユダヤ金融資本を否定したというお国柄がある。
しかし、アメリカ大統領選挙への投票ができないと言うこと以外は、豊かさが約束された。
アメリカ大統領の「処女と神学」の主権の傘下にあるからである。
アメリカ合衆国が本当に「グレートパワー」と呼ばれたのは1956年にスエズ動乱で覇権国家となってから半世紀も経過した2007年のことだった。
「処女と神学」(ユダヤ金融資本)が、マルクス主義よりも優れているということがイデオロギー的に証明されるまでに時間がかかったのだ。
WTOはもはや、日本国の民主党政権が何をやっても味方しようとは考えていなかった。
ユダヤ金融資本は、かなり強引な「女子高生をめぐる永久戦争」に打ち勝って、世界から貧困をなくすヒントを得たのだ。

「処女概念の確立」(私有財産制)という個別的介入を行ったのならば、国には豊かさがもたらされ、食料や医療、薬などを国民に行き渡らせる「集団的介入」というものが行われる。
年金や生活保護、あるいは賃金の上昇もすべて集団的介入によってなされるものであり、
「処女」と「神学」(勃つ男・男らしさ)の二つを車の両輪として、国に豊かさをもたらすのだ。
女子高生たちは、大人たちの注目度の高さに「女子高生最強」などと言っていたが、「処女概念の確立」が国の豊かさ(集団的介入)をもたらすものであるからである。
「恋は19歳になるまで待って」
これがエジプトの言い伝えである。
Melody シルバーリングに口づけを

教科書は男言葉で書いてあったし、教科書そのものが「男」であった。
女子高生が「恋はいい思い出」(マルクス主義)が主流なのか、「処女と神学」(ユダヤ金融資本)が主流なのかは、彼女たちが「どちらが多数派なのか?」に敏感であることから、その動きを見ていかなければならないし、しかし、世界史においては2007年にユダヤ金融資本が勝利をおさめたことも理解する必要がある。
およしになってねティーチャー

マルクス主義(恋はいい思い出)という立場に立つか、ユダヤ金融資本(処女と神学)という立場に立つかは、女子高生にとっては統計的な問題となるが、マルクス主義は仏教の道につながり、ユダヤ金融資本はキリスト教につながる。
学校における政策が国の政策となってしまう現状がある。
天皇は君主として、「国を豊かにする方法」を明確にしなければならないし、「ユダヤ金融資本がマルクス主義に2007年に勝った」ということをメッセージとして示さなければならない。
平成の時代の「パンツ見えちゃう」という時代には明らかに国は貧しくなっていた。

「公」とは女子高生の制服のことであり、「人々」とは、女子高生の文化に大きく依存した、国民全体の「食料、医療、薬」などのことであった。
高校授業料無償化などの政策は、ユダヤ金融資本の勝利を目の当たりにした日本政府の態度決定であった。
松田聖子 制服

仏教の宗教法人は7万あるが、キリスト教は四千である。
今のままでは、マルクス主義(恋はいい思い出)という論理が、ユダヤ金融資本(処女と神学)よりも勝った現状が続いていしまう。
そこで、8万存在する「神道の宗教法人」をユダヤ金融資本の側に立たせることにしたのだ。
恋をしない高校時代はあまりにも「さびしい」しかし、お寺の住職の嫁になっていいのかな?
そんな映画もあった。
さびしんぼう

女の子の思春期の欝、つまり、キャストレーション(去勢)を暴力的に受けることからくる「異性に助けを求める、ファッションや体の健康、母の実践を覚える」などの時期を深く理解することが、国民全体の豊かさにつながる。
厚生労働省全体のあり方にも関わる問題となっている。
国民全体に豊かさが行き渡らないと出生率も上がらない。
7万の仏教の宗教法人と四千のキリスト教の宗教法人のバランスを考えると、8万の宗教法人を有する神道はキリスト教(ユダヤ金融資本)の側につかざるを得ない。
国民の健康や豊かさに極めて有効な介入を神道の側が行わなければならない。
檸檬の年頃

女子高生に「恋はいい思い出」(マルクス主義)を教えるのは国家としては失敗に終わった。
「処女と神学」(ユダヤ金融資本)がより、国家を豊かにすることが明らかになった。
女子高生の踊り

タバコが値上げ続きだったが、国家としては「親の真似」をしてタバコを吸うことを女子高生に禁じたのだ。
これは、パターナリズム(父親的観点)から行われたものだとされている。
タバコを買うぐらいならば、肉まんやカフェオレを勝ったほうが割りにあうという政策だ。
旧約聖書は「タバコをやめて教会に献金しなさい」という教えに大部分を割いている(レベッカがキャメルを吸った)が、タバコが「女子高生には手が出せない値段」になることは、国を豊かにし、国民を健康にした。
タバコの値上げは「集団的介入」(国民を豊かにする)のための「集団的効率性」と呼ばれた。
酒井法子 100%の雨が降る

なぜ、女子高生を「大人」の世界から排除したのだろうか?
それは、小さな赤ん坊にワクチンを与えるためである。
1962年から1994年まで、日本国では「インフルエンザの予防接種」が義務付けられていた。
しかし、孤立した妊婦さんが風邪を引いたり、そもそも、女子高生が平成の時代に「ルールを見失った(1994年)」ことから、この制度は廃止されている。
原動機付き自転車のヘルメット着用義務付けなどは、集中治療室(ICU)の空きを増やすために作られたルールである。
自分を害することが、他人に迷惑をかけることがあるというメッセージであった。
「男の人を喜ばせて何がいけないの?」
それは国全体の豊かさとつながるきわめて政治性の高い決断のもとに答えがあるため、「タバコ」「ヘルメット」などからメッセージを送るしかないと言う現状がある。
17時の門限と22時の門限があるが、17時の門限は「ノンケと肉体労働者」対策であり、22時の門限は「オカマとインテリ」対策だった。
17時は「ソフト」と呼ばれ、22時は「弱い」と言われるパターナリズムである。
女子高生はほとんどが「ソフト」ではないだろうか。
あるいは、学習塾などがあって「弱い」対策がなされることもある。
国道渋滞8km おニャン子クラブ

「肉体労働者やノンケ」の18時と、「オカマとインテリ」の23時は、階段のようなものであり、だんだんとそのような人が街から閑散としていくという意味である。
19時に、中華料理屋で食事を食べていても、もう、そこには女の子はいない。
なんとも言えぬ「さびしい食事」になるだろう。
しかし、「国の豊かさ」とはそういうところからもたらされている。
西アフリカでエボラ熱が問題になったが、「処女と神学」が成立している日本国では朝鮮人が「うんこ煮」を食事に混ぜる問題として知られており、二週間寝込むだけで済んでいる。
豊かさとは教育からもたらされる。
「穴があったら入りたい」というような扱いを女の子に与えているようでは、とうてい豊かさは約束されない。
南アフリカでは、女の子は「掛け算を覚えるより先にレイプを経験している」とされ、「処女と神学」が成立しようのない教育水準がある限り、貧しさからの脱却はできないのだ。
野口五郎 19時の街

19世紀に、ウィリアム・ヘボンが、「恋はいい思い出」と考えるマルクス主義に対して、女子高生の「処女と神学(男らしさ)」というものを考えている。
それは大陸横断鉄道を作ると言う目的から、お金を必要としたからである。
アメリカでは、1割の私立高校からしか、ハーバードやスタンフォードには進学できない。
残りの9割の高校には「バンキット」「ハロウィーン」などがあり、わりと自由な恋愛が許されていたが、「経済政策の柱」である「処女と神学」を守る高校生に進路は常に味方し、優遇されたのだ。
ヘボンは「勉強する男のおちんちんは、女に侮辱されて勃たなくなることはない」
としていた。
ハーバードやスタンフォード、日本では東京大学などがあるが、学歴社会を構築したことは、「勉強する男を侮辱する女はいない」あるいは「勉強する男は女というものを知り尽くしている」という二つの側面から「勃たなくなることはない」とされたのだ。
東京帝国大学法科の学生として三島由紀夫は名門女子校の周りをうろついていた。
それは、文学のためでもあった。
「処女と神学」というテーマからは川端康成のみならず、三島由紀夫も自由ではなかった。
愛国心と経済発展が女子高生にかかっているということを、一流作家は知っていたのだ。
しかし、三島由紀夫には「男色」という性癖があり、いくら頑張ってもつまらない文学しか書けなかったのだ。
日比谷高校の物語を描いた庄司薫の「赤頭巾ちゃん気をつけて」という小説を三島由紀夫は「類まれなる才能」として絶賛したが、三島本人は「男色」「肉」(オカマ)として、その後の「悲劇的結末」を人生の最後に迎えている。

映画「さびしんぼう」

 

ゴーギャンや、オルテガ・イガゼットは、カント(口説き文句)を学んで、南の島へ進出したが、日本軍は「ムラサキ」(醤油)を持っていった。
ムラサキ(醤油)は、乳首や女性の局部をピンク色にする効果があり、卵子の研究、つまり「限られた卵子に、厳しい暗闇を生き残った精子の王が攻撃を続ける、眠れる卵子の眠りを覚ます精子」という、ポリペプチドからなるに過ぎない、「精子と卵子」から研究を行い、乳首がピンク色の女を作り上げることにしたのだ。
酒井法子 イヴの卵

時をかける少女も、大林宣彦監督による尾道三部作のひとつであるが、「女の卵子」そして、パープル(醤油)の関係がヒントになっている。
醤油こそが「魅力的な女の卵子」を作るとしたのだ。
パープル(醤油)の研究をするために未来からやってきた学者の物語である。
女性たちの快楽の記憶の回路をつなげて、上空にF-15戦闘機を飛ばしてタイムトラベルをするためには、パープル(醤油)の研究が必要であり、宇宙で醤油を摂取するとラベンダーの香りがするとされる。
時をかける少女

また、男も乳首がピンク色(パープルアイ)の方がモテたため、胚が四つに分裂するときに、二つの細胞が「紫色」になることが確認されている。
父親の「乳首の色」が娘に遺伝するのであって、それは「ディープパープル」とも呼ばれた。
パープルアイは「豊かな食生活」からもたらされていたし、醤油が適度に用いられた、
高貴な血筋の男特有のものであった。
鍛え上げられた肉体に綺麗な乳首(パープルアイ)がなければ、とっくに死んでいたかもしれない。
いかなる試練にも耐えられる秘密はここにあった。
「結局、高貴といっても権力闘争なんだよね」
スカーレットのお坊ちゃんお嬢ちゃんたちの黒い乳首を見てそう思った。
男は乳首をさらしても放送コードには引っかからない。
それは、コードネーム「ムラサキ」と呼ばれるルールだった。
Deep purple black night

脳の聡明さは乳首を見れば分かる。
自分の裸を鏡で見ることをひそかな楽しみにしているものは、何か特別な才能に恵まれていた。
高橋由美子 バスルームでキャッチホン

口では「家柄が違う」などと言っていても、本当の「お育ちの良さ」は乳首に出る。
女たちは、シャー・アズナブルのシャワーシーンを見てそう思った。
「脳は肉体である」
つまり、鍛え上げられた体と、パープルアイがあれば、聡明な頭脳になるのだ。
私は、高校時代に留学し、海兵隊の軍事トレーニングまがいのレスリングをやらされ、欧米の食生活に慣れ親しんだ。
カツ丼だけが恋しかった。
「ピンク色」とは言わないのだ。
「黄色がかったオレンジ色」と欧米では表現する。
夏の海岸は、女のからだの品評会だけではない。
男のからだも見られているのだ。
河合その子 不思議バカンス

令和天皇の虎の穴生活時代。写真

「脳を使わないと勃たなくなる」
「脳は肉体である」
などを踏まえると、男の「パープルアイ」こそがその男のポテンシャルを示すことになる。
よくも勉強が楽しかったなんていえたわね、もう許すけど。
シドニーからメルボルンへの往復チケットが買えるかどうかは、お父さんの乳首の色=自分の乳首の色しだいなのが女、そこで女は乳首を隠した。
「付き合うまではね」
ribbon be my diamond

美しい乳首というのは「いじめられた男女」が必要としているものだ。
いじめとは「お前の脳は50オンスしかない」と言われるような行為であり、周囲から与えられる「アイデンティティ」に自分の立場が依存してしまう。
「痛みや悲しみを決して人に見せたりしない人」
そのようなアイデンティティを与えられる女の子もいる。
嵐 ギフト

 

そこで、自分の乳首に恋をしてくれる人、を男女ともに必要とするわけであるが、男は「パープル」によって乳首を公にさらすことができるが、女の子はブラジャーというものをするようになる。
つまり、ブラジャーというものが「恋の秘訣」なのであり、自分の乳首に恋してくれる異性なり、自分自身なりの存在から、アイデンティティというものを見つけていくのだ。
男たちの「脳」は激しく激突する。
受験戦争でいやおうなしにそれは行われるのだ。
しかし、女の子だけは「脳の激しいぶつかり合い」から避けなければならない。

男が「脳の激しい激突」を引き起こす大学受験や選挙や政権交代で、あなたの「お姫さま」は無傷でいられるかしら?
強く儚い者たち

極端な話をするならば、女が「恋」をするのは、男社会で「脳の激突」が起きたときだけだとも言われる。
参議院通常選挙もそうであろうが、原因と効果が存在し、原因としては、男社会の「脳の激突」であったであろうが、女たちは、男の肌や唇やぬくもりを楽しんでおり、その効果としてはかなり悲劇的な終わり方があるとしたのだ。
SPEED サヨナラは雨の日

男同士の「脳の激突」で、完全な「日本製」は、敗北を悟り、周囲の妻や娘を「信じていること」「欲望」のために体を売らせていたのだ。
敗北したら容赦なく請求書は届くし、「輝いている男の目」をみると、自分が「犬の目」をしているように思われたため、くだらない奴(犬)の目をしながらしばらく生きて断念するんだろう。
戦争宣言した以上、完全な「日本製」の男は「犬の目」を周囲の女たちから罵倒されるのだ。
もう何も努力はできない、それでも「信じること」「欲望」だけはあったため、「スタンフォードと同格のふり」をするためには、周囲の女に体を売らせていた。
「犬の目」から火が消えるのにもさほど時間はかからないだろう。

将棋の世界では「勃たなくなる」ことを「壊れる」といい、すでに恐るるに足らぬ存在となっていた。
国家レベルの戦争で勝った国の言語(英語)を丹念に洗っていくのは当然の作業だったし、「壊れた」男の目を見れば、もはや目はうつろであり、金、女、そして運に見放されたことは明らかであった。

「攻撃を否定」できない、「ダメージはダメージとして記録に残す」これだけでゲームというものは作れる。
「サヨナラ逆転満塁ホームランがある」などと言っていても、すでに、目はうつろであり、くだらない犬の目を周囲の女から罵倒され、金や運気に見放されていた。
民法にせよ会社法にせよ国家行政組織法にせよ、ヨーロッパ化が終えていたため、「攻撃を否定」しながら生きていても、どこかで「くだらない犬の目」をする羽目になる。

我々の人間社会は、常に「白黒をはっきりつける」ものではない。
「攻撃を否定」し、ダメージをカウントしないのが世の中なのだ。
さらには、「いざ」というときに、「逃げ出す」か「わざと敗北する方向に誘導する」(敗北主義)かの二つが存在する。
ニクソンのような「ひきこもりがちの」指導者(ポイントソース)が、何を考えているのかをしきりに探った。
ましてや、朝鮮人は「ポイントソース」の日記を調べたり、食卓を握ったりしたのだ。
「いざというとき」に負けてさえくれれば、今までの「攻撃の否定」は正当化される。
そういう「不利な戦いをしている男」への崇拝(宗教)は成立しえた。
ミスターXのように「他に代わりがいない。一方的に譲歩をせまられる」北朝鮮のやり方に対して、「不利な戦い、ハンディキャップレース以外にしたことがない」男への信仰心というものは存在した。
しかも、国民の金融資産は1500兆円に及ぶ。
「卑怯者」「万馬券を当てただけのもの」の発言はとにかくインテリジェントではなかった。
メディアや主婦層も「ラッキーイディオト」を潰すのは簡単だった。
私が、横浜市立南高校から、アメリカ留学を経て、大検から「飛び級」で東大文Ⅰを受験した頃から、地元の主婦層は「ハンディキャップレース以外しない」私への信仰心を持っていたようだ。
地元といっても、芸能界の中枢のような街であり、私のメンタリティへの支持を得ることは非常に重要なことであった。
地元の主婦層は「世の中の簡単さ」を知っていた。
「ポイントソース」が「勉強ばかりしている」のは心にいい影響をもたらしていた。
ニクソンはいつ核兵器のボタンを押すのか?ポイントソースはいつ世界デビューするのだろうか?
ハーバード大学は「1999年3月」にその日時を定めた。
ホリフィールド対レノックス・ルイス第一戦が行われた。
司法試験に受かったぐらいでは「つまらない男」になるだけだ。
より「ハイカラな」指導者作りを、ハーバードは志向したのだ。

ビリヤードでも、キューボールが、1ボールをコーナーポケットに沈める時に「知性」を感じる。
さらに、2ボールを沈める時に、どれだけ洗練されているかを感じる。
3ボールを沈めるときには「どれだけ人生の課題が多いか」を感じる。
ポイントソースが、1ボールも沈められずに、相手に攻撃権が移った時には、1ボールでポイントソースの人生の悔いを感じ、2ボールでポイントソースの存在意義を疑い、3ボールでどちらのバックが強いのかを考え直した。
ビリヤードの世界には「攻撃の否定」という発想はなく、とにかく「ネットの発言」から淡々と「玉を落としていく」作業である。
ポイントソースが「確実に玉を落としていく」のに対し、卑怯者、万馬券を当てただけのものはまったく玉を落とせないではないか?
インターネット上の発言でも「玉を落としていく作業」はフェアなゲームとして信仰心を集めた。

誰もがキャリアのはじめは「挑戦者」から始まる。
時代の「カエサル」が胡散臭ければ、「ブルータス」としてカエサルを倒すことからキャリアをはじめるのだ。
カエサルを倒すことは、カエサルの母・マリアを悲しませることである。
それでも、男の「脳と脳のぶつかり合い」は確実に起きるのだ。
いきなり王者になることはできない。
9ボールをコーナーポケットに沈めるまでは世論が認めないだろう。
フェアなゲームとしてのビリヤードはその後の人生も続くものだ。
9ボールまで沈めていけば、プロ野球チームまで優勝するかもしれない。
淡々と、世の中の「ボール」を1から順にコーナーポケットに落として行ける力量がないのならば王者にはなれない。
イエスキリストの仕事とはそのようなものである。

127名の天皇のうち、大嘗祭をやるお金がある天皇は42名だけだった。
禅譲が行われず、「クーデターがあった証し」として大嘗祭は行われる。
ブルータスは挑戦者としてカエサルを倒した。
カエサルの母・マリアの悲しみからすら資金集めは行われた。
息子が「繁栄するとはどういうことか、生きるとはどういうことか?」を証明できないことすら母の喜びだったのだ。
浜崎あゆみ M

 

« 名誉職。 | トップページ | お引越し。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 名誉職。 | トップページ | お引越し。 »