最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« ケネス・ヘーゲン。 | トップページ | 孫子の兵法~火の手の巻。 »

2019年7月17日 (水)

お引越し。

引越しというのは、引越し業者にもコミュニケーション能力が求められる「リサーチトラディション」(伝統)と呼ばれるものである。
夜逃げ・電話番号を変えるなどは、あんがい「娘が告白に失敗した」などの理由がある。
娘の「生き恥」を家族全体が共有する、それが引越しである。
こわれかけたピアノ 高井麻巳子

娘の失恋という「光の速さ」が、ニュートン物理学に入り込んでしまった。
引越し業者も慣れたもので、依頼人家族に「年頃の女の子がいるか」を確かめている。
娘の人間関係を断ち切りたいだけであり、親は取引先などの存続を考えている。
これが「夜逃げ」「引越し」の正体である。
そのため、新天地での住民登録も「娘の追跡」さえできなくすればいくらでも可能なのだ。
娘が生き恥をさらした恋愛ゲームを引っ越し業界では「ラウンド」と呼んでいる。
自分の「局部」が値段を失うことを意味した。
多数派工作(道徳・訴訟)や、テレビに出ること(行政)ができない年頃(小学生)の女の子の親は、引越しするリスクが高い。
まっすぐに生きている息子(男兄弟)のおかげで引っ越さなくて済むこともある。
松浦亜弥 元彼

財政投融資というものは、このような「小学生の娘が失恋した」ことを「仕事の起源」と位置づけ、いろんな身の回りの整理のために融資をすることを意味する。
総務省の管轄となっているのが現在の財投債である。
夜逃げ屋本舗

多数派工作(道徳)や、他人に影響を与えること(訴訟)を知らない年頃の娘がいると引越しを余儀なくされると言う現象に、プレイヤーがどのように関わっているかは、一件扱えば総務官僚も分かるようになるとされ、「娘の責任」をどのように家庭内で拡散させていくかが問われた。
民間に「娘の失恋」の問題を任せたらどのような「問題」が生じるのか?
古い因習を総務省は高らかに宣伝した。
夜逃げ屋本舗

そもそも「引越し」というものが、デカルトの「恋の発見」と同時にアウグスブルグの和議において認められたものであるということを理解する必要がある。
太陽は男であり、月は女である。
月は東に日は西に、男の方が女よりも「速い」つまり、男だか女だかわからないような女が、「恋」を知るようになったのがパリジェンヌの起源であり、「期待されていないことができない」というのが女らしさであるとされ、小学校では、男の子と女の子を一緒に走らせたりしている。
家族に普通にいる「娘」が、クラスの足の速い男の子に「恋」をして失恋をする、このことがどれほど「大人たち」を巻き込んだ「引越し騒動」になるかを総務官僚は撮影していたのである。
Qlair お引越し

私の記憶では、小学校高学年の時に3人の女子児童が引っ越して行き、一人の女子児童が転入してきたが、中学生になったら、そのような事例はなくなっている。
髪の長い女の子もいたため、未成熟なセックスが原因というわけでもないようだ。
いずれにせよ、はた迷惑な女である。

仏教=マルクス主義は「高校時代の恋はいい思い出」という立場に立ち、キリスト教=ユダヤ金融資本の「処女と神学(男らしさ)」という概念と対立した。
それは「肉」をめぐって戦われた論争でもあった。
野菜と魚(マグロやうなぎなどあんがい贅沢である)を食べると、体がスリムになり、しかも、部落民が絞めた家畜を食べない。
家畜は大量の水と餌を消費し、糞尿垂れ流しであるため、肉を食べることは哲学的に「恋から遠ざかる」ことを意味した。
魚を食べることは、菜食主義にもつながり、多数派工作(道徳)・他人に影響を与える(訴訟)という二つが非常にうまく行くため、失恋しにくい。
肉が好きな女の子よりも、むしろ、地盤があるため、女として強い立場で恋ができるのだ。
親は娘と同じ食生活をしているため、「肉を食べると引越しを余儀なくされる」という側面がある。
うしろゆびさされ組 あぶないサカナ

牧場と言えばアウトドアのイメージがあるが、夜はインドアで家畜を監禁している。
そのため、感染症にかからないために抗生物質を投与せざるを得ない。
オーガニックとか言っていると簡単に豚コレラで全滅してしまうのだ。
また、魚のように勝手に海で育ったものではなく、人間が育てている以上、牧草の上で男女が合体したりする経済的側面も家畜にはともなう。
女はその「値段」を家畜の肉の値段に転嫁するだろう。
産業(政治・女心の定義、宗教・男らしさを語り合う論壇)が家畜にともなう以上それは当然のことであった。
家畜は群れの主だろうがなんだろうが絞められてしまうため、多数派工作などやろうとは考えていない。
カントリー娘。 Sexy baby

里田まいやあさみをテレビに出して、マスターベーションの対象にし、肉に高い金を払うという仕組みはまだ良心的だ。
牧場の女が、肉の値段を釣り上げている。
それで、鳥<豚<牛の肉という値段になっている。
産業とはそういうものだ。
野菜と魚がメインの食事を食べていると、失恋しにくい。
総務官僚は、「食卓」「娘たち」を撮影していたのだ。
栄養を摂らないと力が出ないが、太った人と痩せた人のどちらが「預言者に見える」かと言われたら「太った豚よりも痩せたソクラテス」であろう。
そのため、生魚を食べて、適当に虫を飼っていたほうが、栄養が摂れてしかも痩せる。
「魚とは預言者の食べ物」と言われている。
私も、ウォークマンを聞いたり、お茶を飲んだりしたが、激務がたたって太ってしまった。
最後にメタボの治療法の答えとしてたどりついたのが「生魚を食べる」ということだった。
「太った人間は自制がきかないから社長になれない」などとアメリカでは語られているが、「魚」を知らない人間のことを意味する。
教養の問題なのだ。
「生魚にともなう虫」の話題はなかなか言論の自由の中でも扱いに困るが、それでも、モデルさんの間で寿司は重宝されている。
フランスの国王は禿げているというのは言論の自由には含まれない。
国王で浮気をするものはいないからだ。
フランスは六角形であるというのは言論の自由に含まれる。
生魚が食べられる国であるという意味である。
国王が浮気をするというネタよりは、「生魚にともなう虫」の話は許容限度内にある。
マンガでは「昨夜のマグロがたたった」と表現するにとどまり、「寄生虫」「下痢」の存在はギリギリの扱いを受けている。
高橋由美子 スッピンdeキッチン

ケプラーは貧困の中で死んだというのは言論の自由に含まれるだろうか?
生魚でモデル体形になれるという発言を行い、大金持ちになっている。
モデル体形の男を松田聖子は歌っていただろう。
つまり、生魚のセールスマンがケプラーであり、信者はヨハネとして歌のモデルになった。
歌のモデルになっている男の言うことを女たちは信じるだろう。
「六本木で遊んでいるらしい」
などという噂にもなる。
モデル体形に損するものはない。
うまく「生魚」と付き合って生きているのが預言者なのだ。
1960年代だろう。
「モデル体形の人には寄生虫がいる」という言論が聖域になったのは。
2003年に、寄生虫疾患は「モデル体形」ではあるが、度が過ぎると肝性脳症を引き起こすことが指摘された。
「リバーフルーク」という病気ともつかぬ病名があるが、適度に排泄と付き合って体形を維持していくしかない。
あなたはデブでもいい人だから

勉強に熱中しすぎて排泄を忘れたカントが一番危険な男だと噂された。
政治家養成塾に顔を出しても、誰も「生魚」の存在を指摘できなかった。
肝臓が悪そうな顔色をしていたため「何があったの?」とは言ったが、「生魚による体重コントロール」を日本国の若者は知らなかったのだ。
政治家は医者よりも偏差値が高くなければならないだろう。
電話口で相手が息をハアハア言わせていたら、「WHOルールにしたがった食生活を」薦めるしかない。
なにしろ、トリカブトを盛られているからだ。
「預言者」と話すだけで体調がよくなるのならば、みんな喜んで電話に出るようになる。
釣った魚をさばいて食う「男気」というものは確実に存在する。
月が地球から「37万4千キロ離れている」という定義を行ったものは「松田聖子の歌のモデル」でなければならない。
カッコいい男でなければ「あまり根拠のない定義」は行えないのだ。
「女心の定義」(政治)というのも、それと同じぐらい「根拠がない」という側面がある。
渡辺満里奈 月の裏側

「痩せるために寄生虫というのはひどすぎる」と考える人も多いだろうが、ゼロコーラには「スクラロース」「アセスルファムK」などという便利な薬が入っているようだ。

「医学とは何かね?」ときかれたら、医学部の学生はどう答えるべきか?
「朝鮮に処女を発見する学問です」
これが、その問題の困難さや、韓非子の沿革を踏まえると、正解だろうと思われる。
Twice

紀宮は釜山、公表してねえ。
これが医学の奥義であり、何がどのように不愉快だったかの知識を処女は持っている。
「小柄な体形に従順さ、そして頭痛」を他の女たちは持っていた。
勉強や男らしさ、そして「説明」に屈服するのが病気なのだ。
体調が悪いのが良くなるという「生物学的贅沢」に屈服することを意味する。
この「生物学的贅沢」に、勉強や男らしさ、そして「説明」の三つから医者や看護師に屈服する人を「患者」と呼ぶ。
ましてや、「精神疾患」の患者を治療するためには「人気」が必要となってくる。
結局、医者は「読まなければ」意味がないという側面がある。
さらには、医者の中には何でも「遺伝」のせいにする「遺伝君」と、動物実験を背景にしていると言う「モルモット君」がいることも理解しなければならない。
さらには、メカニックや写真にこだわった「ラジエーションハウス君」がいることを知らないといけない。
「病名ごとに医学の世界にピラミッドができている」
そのため、病名がつけられるとみんな安心する。
しかし、これも「金を搾り取るための口実」に過ぎない。
日本の医学の限界は、日本の経済学の限界、法学の限界、文学の限界、日本の野球の限界などから感じ取るしかない。
医者に見捨てられて宗教に来た。
この時こそ、本当に患者と呼ばれた人を救うチャンスかもしれない。
医者は「嫌いな患者」は簡単に「医者から見離された人」というレッテルを貼る。

私の医学観。

腰痛大全。

誰がどの男に屈服したか?
これが「医学のプライバシーの問題」だとされるのは明らかであろう。
医療機関としては「プライバシーさえ守れば金儲けが約束される」という側面がある。
どの人間も「勉強で誰かに負けたことがある」からである。
命とお金のやり取りなのだ。
偏差値がもっとも高い連中を医学の世界に放り込むのは当然だった。
ヒポクラテスは「法学部の方がいい勉強をしているのに、医学部の偏差値を高めた」とされる。
金儲けをするのならそれは法学部だろう。
しかし、命とお金のやり取りをする現場があるのだ。
誰がどの男に勉強で屈服したかの秘密を守るぐらいしか実際はできないことを、見抜く必要がある。
平成天皇は「誰も自分に屈服しない」「医者に屈服した」として、阪神淡路大震災や東日本大震災を引き起こしたが、私は違う。
患者は家族に相談することによって医者にかかっている。
そうでないのならば、「家族によって」病気にさせられたことを意味する。
相談する家族のメンバーがいないのに同居している人を「アダルトチルドレン」と呼ぶ。
X線、MRI、CTなどを撮影したら、「男が勉強で負ける」準備が整う。
ましてや、脳のBITなど誰にも解読することなどできない。
開頭手術などバカげている。
脳腫瘍ならば風呂に入ればいいし、脳梗塞ならば、野菜ジュースを飲めばいい。
脳卒中ならば「課題を自分で与えながら、仕事とタバコの区別をつけるようにする」しかない。
HIVならば、誰にも言わずに、黙って生きていくしかない。
脳内出血したのならばスポーツドリンクを飲んで寝るしかない。
HIVというものは、いじめ撲滅のために考えられた病気で、世界で差別が進んだだけだ。
勉強不足の人間を「屈服させる」口実は、SARSでも何でも次から次に出てくる。
機内食が原因でも抹殺する方法はいくらでもあるのだ。

医学の世界は、結局は「堕胎について」という議論に焦点が定まった。
私が産みたい人の子供を産むという事は、女に「触らないで!」という権限を持たせた。
国の法律学の発展次第なのだ。
法学部が一番優秀なのだから。
米光美保 YADA

東大法学部?
ライバル不在だとレイプだって許されてしまうのかしら。
そのことから平成の「旧神道」(ヘンテコ派)は作られていった。
令和の「新神道」は国家世俗性説から始まり、王子に昇格してからは「宗教非抑圧論」の立場に立つことで、縦横無尽に宗教界を駆け巡った。

國學院大學と皇學館大学が神社への人材を供給しているため、「天皇を敬え、政府にしたがえ」という神道の教えは、令和のかみさんの都合で一時期、ヘンテコ派が登場した。
しかし、令和はしっかり書いただろう。
フロイトからマルクスまで参考にして。
令和のかみさんの「ヤダ」から始まったことなのだ。

藤原道長も源頼朝も「聖徳太子の化身」を名乗り、「恋はいい思い出」派の支持を集めたが、藤原道長は「キケ」という記録係(信者)に丹念に発言を読まれ、「ロウノミコ」(スパイ)に殺害されてしまった。
そこから、新神道は「処女と神学」という立場を選択し、ユダヤ金融資本の立場に立った。

お父さんと娘の楽しいお風呂のひと時を「倫理」と呼ぶのならば、令和の時代はお父さんと娘の微笑ましいひとコマすら「娘の髪が短くなる」「痛くなる」「16歳で生理が止まる」と指摘した。
「ロックンローラーにはお風呂はいらないの」という噂が出た。
母親たちの「金融への自覚」が新神道に味方した。
「幻が壊れていくのが嫌だった」というアイドルの握手会での事件もあった。
将来の子供ってどうなるのかね。
「お父さんの乳首」と「お母さんのお酒」さえ見ていれば女の子の予測は立つのだろうか。
「優れた子供を作ろうという発想そのものがタイサッチ病と呼ばれている」
女ネットワークにはあんがい自由がない。
出会った男との「偶然」に頼ってセックスしている現状がある。
しかも、セックスすることにより、今までの多数派工作(道徳)・他人に影響力を与える方法(訴訟)・さらには、芸能人生命(行政)にダメージを与えかねない。
「偶然」の中から「優れた子供を作ろう」などと考えるのはタイサッチ病だ。
新田恵利 ロマンスは偶然のしわざ

昔は、「国のお金に頼らないでもらいたい」という意味をこめて文部科学省は「国家教育権説」の立場に立っていたが、今は「国民教育権説」が復権してきた。
どちらも両極端な説(旭学テ訴訟)とされているが、君主の「方程式」は自然に有名になった。
トップダウンとボトムアップがぶつかり合い、「オカマは男の8%」という「切れてるよ」という信仰心はなくなるかもしれない。
しかし、「タイサッチ病は人間の寿命を縮める」という指摘もある。
適当に周囲に「しくじり先生」がいなければ「笑え」ないのだ。
笑うというのが一番寿命を永らえさせる。
乳児の頃に水分が不足すれば小児麻痺になる。
しかし、小児麻痺の人は「そもそもまともに歩く気がないのか?」などのネタが今でも医学の世界には存在する。
また、中国は清朝末期に「一人っ子政策」を打ち出し、儒学との決別を行ったが、日本国まで「楊貴妃の牛乳風呂」(お父さんと娘のお風呂での楽しいひと時)を否定していいかは明らかではない。
江戸時代に「恋はいい思い出」という仏教を圧倒して行ったのは儒学(楊貴妃の牛乳風呂)だった。
徳川将軍は、思春期に「黒い下痢」(胃からの出血)をしながら学問に励んだ。
そのような「過酷ないじめ」の存在を過去のものにしていいのかも明らかではない。
カントは現代を生きている。
カントは私と同様に「女たちのバベルの塔」を作ろうとした。
しかし、「皇帝カント」の崩御とともに、バベルの塔は雷によって打ち砕かれた。
子供たちを孤立からは守らなければならない。
誰もが「おばあちゃん」を崇拝できるわけではない。
おばあちゃんの生き方を真似していればガンにはならない。
私は、両親に「父方の祖母と母方の祖母のどちらが印象的だったか?」を聞いたら、父も母も「母方」と答えている。
私は父方の祖母にも母方の祖母にも可愛がられた。
しかし、そのためには「黒い下痢」をした経験(儒学・学校での激しいいじめ)が必要だった。
年寄りの「人間観」というものは若者とは違うのだ。
母がお酒を飲めば、娘は巨乳になる。
しかし、乳がんになる恐れがあるためにカルシウムを好んでいるだけなのだ。
私は日本国の文化の「アメリカ化」を行った。
その結果を予測すると、「子供たちのホルモンパターンが複雑化し、準白人国家になる」ということは指摘していい。
単純な、「子育て理論」は、子供たちのホルモンパターンを複雑化させ、色を白くさせる。
かつて、イギリスが日英同盟を破棄したのもこれが理由であったし、日米同盟もどうなるかは明らかではない。
アメリカはイギリスよりも「ダーウィン」に寛大な国であるが、大して変わらないという人もいるだろう。
ダパンプ USA

漢方医は、「勉強と男に説明で従属してしまう」という患者に対して、医者として「陰陽五行説」の理解が求められた。
貧乳ならばレズビアン、髪が短かければフェラ専などということに通じていなければならないとしたのだ。
巨乳・貧乳・髪が長い・短い・そして普通の女という「五行」を理解していなければ偏差値以前に「何かが欠けている」とされた。
また、天の気、地の気、それぞれの季節の気の「六つの気」にも通じていなければならない。
天気や失恋ソングに歌われた植物に通じるという意味だと思われる。
すみれ色の涙 岩崎宏美

抱撲子や本草経集注などに通じていることが、医者の条件となり、私は、「自動販売機」があれば、適当に内科的処置はできるが、「神人」と呼ばれる漢方医は「植物」さえあれば、外科・内科的処置ができるのだ。
この「養生の道」は、科挙においても必要な素養であるとされていた。

「恋はいい思い出」
これが仏教の教えだった。
しかし、恋とは「高校生だけのもの」ではなかった。
恋わずらい、それは病気だった。
まるで認知症のような症状を引き起こすのだ。
イエスに恋をした女たちは「病気を治すために」聖書を読んだ。
「いい男だね。死んだら結婚してあげる」
これが女たちの公約数的見解であった。
モーニング娘。ミスタームーンライト

 

天皇制支持はキリスト教のものではなく、神道のものであった。
「これは通常の人間の”勉強”ではもはやない」
これが神道の天皇制支持の根拠であり、しかし、キリスト教の世界の女たちには「聖書」があった。
恋の治療をするためのテキストであったため、聖書はいつもベッドサイドにあった。
「有名だから恋をした」という幼い恋ではもはやなかった。
彼の発言を熱心に読み、豊かさも手にした。
藤本美貴 銀色の永遠

川端康成は「処女と神学」を柱とするユダヤ金融資本を確立したが、三島由紀夫はオカマであり、「ダイヤング」(夭逝)しイエスキリストになることしか頭になかった。
同じく「女子高生」を相手にしていても、ノーベル賞を取れるか取れないかは天と地の差があった。
天皇制支持者は通常は「改革論者」であった。
「どっちらけ」の皇室をどうにかしようとして支持していたのだ。
イエスに恋をするというのも、イエスの境遇への改革を支持するものであった。
イエスの境遇を改革することは、自分の家庭環境をもよくするものだ。
ホモは病気ではない。
イエスにカマを掘られることができるからだ。
貧乳は病気ではない。
イエスの言葉が理解できるからだ。

牧師はオカマで、信者の女は貧乳であることがキリスト教の特徴だ。
それ以外に「神=イエスに愛される」理由がない。
神道の側は「これはもはや通常の”勉強”ではない」と考えていた。
キリスト教の側においては「天皇が死ぬのは悲願」であるとされていた。
しかし、神道においては「政府にしたがえ」という教えがあり、女子たちの真理は「いい男だね、死んでくれたら結婚してあげる」というものであっても、神道には別の「仕事」があった。
「いい男」が「死ぬ」とはなんともサディスティックでマゾヒズムに満ちた素晴らしい世界に思われた。
沢田知可子 会いたい

織田信長が、ガラシャの兄に殺された時に、秀吉は震え上がった。
豊国大明神は関西における神道の起源であり、東照大権現は関東地方における神道の起源である。
「いくら権力者に恋しても殺すことはない」
これが日本国内最大の宗教である神道の姿である。

豊臣秀吉を豊国大明神として祀り、徳川家康を東照大権現として祀っているのだ。
国内最大の宗教である理由はこのあたりにある。
明智光秀とその妹・ガラシャ、そして織田信長の関係から生まれたのだろう。

踏み絵。

2024年に日本国が、私と日本IBMの手によってタイムマシーンを開発します。
私は、平安時代に戻り、最澄(伝教大師)と名乗って、今でも比叡山延暦寺で生きています。
1200年の歳月を経て、人生に飽きもせず、千日間の修行を経たお坊さんが妖怪みたいに年老いた私の世話をしてくれています。
同じように、日光東照宮には、徳川家康が400歳以上の年齢を重ねて生きています。
日光東照宮には、お参りする通路とは別に、地下通路があり、徳川家康の「見解」を聞きに来る人もいます。
関西の阿弥陀山には豊臣秀吉がご存命です。
これが、神道の「キー」となっています。
「お天道様はお見通し」というのが日本国の神道となっています。
徳川家康を日光東照宮に導いたのは、天台宗の天海であるとされ、私の側近だったものと思われます。
いずれにせよ、2024年のタイムマシーン開発を前に、すでに「死の概念」が若干混乱してきたのは事実なのです。

秀吉と家康、陣羽織。

そもそも、私が伝教大師(最澄)として平安時代にタイムマシーンで戻り、私の実弟が豊臣秀吉になり、実子が徳川家康になるということの根拠は、「祖母・曾祖母」である遊佐道子が「恋に詳しかった」ことから、「ガンにはならない」ということが指摘できる。
外科手術というのは、昔は床屋の「施術」に起源があり、はさみでチョキチョキやるものであり、外科手術だけはターヘルアナトミアがなければできない。
おばあちゃん崇拝がなければガンになるし、早死にする。
遊佐道子が、松田聖子や酒井法子の音楽作品体系を構築したのだ。
2024年にタイムマシーンがでるが、日本の芸能界は、保護観察処分になった人たちの「先生」として、「自分によく似た人」がテレビに出ている。今後は、時代劇や大河ドラマまでが「自分の先生」つまり、自分が歳をとったときの姿となるもとも考えられる。
伝教大師(最澄)は、関が原の戦いで家康に「あのときは金がかかったな」と言うかもしれないし、豊臣秀吉の天正大判にも同じことを言うと思う。
松田聖子や酒井法子は「長生きの秘訣」であり、それ以外の歌謡曲は「ファイナンス」に用いたものと思われる。
「神・男・聖霊の完全性を議論すると爽快感がある」
松田聖子 赤いスイートピー

比叡山延暦寺の伝教大師(最澄)は、日枝神社(日吉大社)を作っているが、比叡山の「ヒエ」から、その神社の名前ができている。
天皇が死にそうになると「シジョウコウホウ」という通達を系列の神社に出したりするが、日吉大社の方の証言によると、「今は延暦寺の問題」とされているそうだ。
まあ、昔の、朝廷にせよ、将軍家にせよ、今の日本国の日本銀行や財務省からの「タイムマシーンによる送金」がなければ夢が見れない。
「京に上れ」と言いますが、伝教大師に会いに行かなければ、昔の人はお金がなかった。
ウマヤードなどというイスラムのアラーが知られているが、金融ビッグバン(フェア・フリー・グローバル)によって、フェアプレーで勝敗を決する(お金の勝負)ことがなされるようになったり、いろんなキャラクターを空気の中に泳がせることができるようになったり、21世紀世界最高峰の知識が日本史に引き込まれた。

医療の資金はどこから出ているだろうか?
行政(芸能界)である。
つまり、エピステーメー(知識)とテクネー(処女芸術)から、医療の資金は捻出されている。
多数派工作(道徳)や、他人に影響を与える方法(訴訟)が分かる年齢になると、女のほうが先に「好き」だと気付くようになる。
太陽に火をつけて ribbon

なぜ、女は男を「好き」になるのだろうか?
「仲間が多い」「何かやってくれそう」という観点と、「ルックスとノイズ」という説がある。
ルックスがよくて「ワイワイ」と騒いでいれば好きになるという立場が存在するのだ。
いずれにせよ、エピステーメー(知識)とテクネー(処女芸術)は、ユダヤ金融資本の起源であり、「人は死なない」「医療費の資金捻出」の方法となっている。
テクネー(処女芸術)が広まったのはエピステーメー(知識)よりも前であり、カルヴァン派やツヴィングリ派がカルト的人気を誇った。
しかし、日本国ではかなり「受け身」でみんなが楽しんでいたテクネー(処女芸術)が覇権国家の哲学(エピステーメー)で解読されるまでに20年かからなかった。
あくまでも「処女と神学(男らしさ)」と足並みをそろえたのが、ユダヤ金融資本におけるエピステーメーとテクネーであった。
マルクス主義は、仏教と意気投合し、「恋はいい思い出」という立場に立つことで、支持を集めたが、千人の女と浮名を流した聖徳太子(観音)すら、処女芸術はためらうことなく「千手観音」として採用した。
この曲のオープニングの振り付けは千手観音をかたどったものである。
ribbon サイレントサマー

ソクラテスは、人々が楽しんでいたテクネー(処女芸術)を、エピステーメー(知識)によって、明快に斬っていき、聴衆を大爆笑させたり感動させた。
このことを「パトス」と呼ぶ。
ソクラテスの弁明は、判事や聴衆などの大興奮の中で終わったが、裁判が終わった後に、監獄で、隣の男が「あなたほどの知恵があれば」(ソフィア・知性への愛)とソクラテスに語った。
「ソクラテスの弁明」は今から入手するとかなり薄い本であることが分かる。
つまり、現代の哲学(エピステーメー)は、ソクラテスの時代よりもはるかに複雑化しており、医療のみならず、競馬、狩り、農業、計算、戦争、操縦、予言、絵画、彫刻などの世界に広く広まっている。
とにかく「人を育てるのにお金がかかる」世界がある以上、医療にとどまらぬものがユダヤ金融資本にはあったのだ。
処女芸術に親しみ「勃つようになる」ことは、モーゼ五書にしたがうことを意味する。
私も、「モーゼ五書を覚えるまでは家に帰ってくるな」と言われ、横浜の城の外(東京)に追い出されている。
テクネー(処女芸術)にはマスターベーションがともなったため、親に嫌われたというのがユダヤ人が城の外に住まわされた理由であろう。
ヒトラーは、ユダヤ人差別を行ったが、他にも、マルクス主義者(恋はいい思い出という立場に立つもの)を差別し、さらには、ルーマニア人ジプシー(大酒のみ)、心の弱い女性などを差別している。
しかし、ヒトラー自身がエピステーメー(知識)とテクネー(処女芸術)というユダヤ金融資本から自由ではなかった。
ヒトラーは「若者にあまえ、女にあまえる」というあまえの構造を排したのだろう。
そのような意味では、私は「若者にも女にも」あまえているが。
「政治とは結果責任である」というのならば、あまえの構造は排さなければならない。
しかし、若者に知識を教え、女たちの芸術を活用したり、女性たちの支持を得ることを目的とする「プロセス責任」(プロセス的憲法観)にたつのならば、あまえても一向に問題はない。
プロセス的憲法観は、「若者に分かりやすく、女性たちの支持も得られる」学問を志向したのだ。
哲学者は、テクネー(処女芸術)から「女心」(プロネーシス)を学ぶのだ。
たとえば、カップルがいるとすると、女の側はより「問題の少ない愛」を知っている。
しかし、カップルには「二人の女」が取り巻いており、「男と浮気する女」と「カップルを守るかどうか決める女」の二人がいる。
二人はライバル関係にもある。
「男と浮気をする女」が、「カップルを守るかどうか決める女」に「彼とセックスした」といった場合本当かどうかは「簡単に」見抜けるとされ、本当だと判断したら、カップルを「見離す」ことになる。
時には「私が男と浮気した」とすら「守るかどうか決める女」は証言するのだ。
男の側は、自分の意に反する形で彼女に「愛してたって言わないで」と言われる羽目になる。
松田聖子 瞳はダイアモンド

若者に分かりやすく、女性たちの支持のあるプロセス的憲法観に対して、妻が貞淑であることをフルに生かして高度な体系化をする実体的憲法観というものもある。
私も、たまにいろんな複雑な仕組みを一刀両断に動かすために佐藤幸治の教科書を紐解いたりする。
一長一短であるし優劣はつけがたいものがある。
「男と浮気をする女」と「カップルを守るかどうか決める女」の二人に常にカップルが見張られているとなると、なんだかカップルをやるのも落ち着かないだろう。
そのために、「女に金を払う」という資金力のことを「美徳」(ヴァーチュー)と呼ぶ。
瞳はダイアモンドというテクネー(処女芸術)は、「女に金を払う資金力」(美徳)の起源となった。
美徳のことは「アレテー」とも言う。
瞳はダイアモンドというテクネーは「神曲」とも呼ばれ、その解説を20年以上待った。
男たちは、その解説(エピステーメー)に怯え、殺伐としたが、「金さえ払えばいい」(アレテー)という答えにようやく落ち着きを取り戻した。
ヨーロッパ中世の恋愛論を研究しなければ生まれないテクネーであり、まさに神曲であった。

もう一度別の映像を見てもらおう。
瞳はダイアモンド 松田聖子

この作品は、男が「仕事をする」理由ともなっている。
また、勇敢さを必要とされる理由ともなっている。
ステークホルダー論、つまり、会社の外にも恋愛対象の人を作ろうという古典的通説に対して、「クライアントを笑いものにしてまで儲けて自分のパートナーを守る」という株主利益最大化論は「後発組」として現在の日本国の通説の地位を占めた。
無知なクライアントを見ながらニヤニヤしている男はあんがい保守的な男なのかもしれない。
NTTドコモにそういう営業マンがいた。
ステークホルダー論は「組織の頂点が世の中に出る」という宗教の起源ではあっても、仕事の起源ではなかった。
テクネー(処女芸術)は、決してストイックなものたちが作り上げたものではなかった。
芸能界には20回も離婚するものがいるのは事実なのだ。
しかし、エピステーメー(知識)としてもっておく分には問題はないだろう。

 

« ケネス・ヘーゲン。 | トップページ | 孫子の兵法~火の手の巻。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ケネス・ヘーゲン。 | トップページ | 孫子の兵法~火の手の巻。 »