最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月25日 (木)

孫子の兵法~火の手の巻。

梅雨が明けると火の手はおさまらない。
風が逆風の時は火を攻めてはならない。
いて座、からす座、ペガサス座、コップ座に月が囲まれていたら風が吹き始める。
火の手が敵陣で上がったらちょっと観察しろ。
敵陣の人々が散り散りにならなければ攻めるな。
火が高く高くなる兆候が見えなくても攻めるな。
火を攻めるのは昼間にしろ。
夜の風はすぐにおさまる。
火は攻撃に味方する。
水は攻撃を助けてくれる。
水のような存在は孤立させることはできてもどけることはできない。
完全勝利する将軍は深く考えている。
有効な将軍はそれにしたがう。
得るものがなければ動くな。
勝利以外のために展開するな。
危機的状況でなければ戦うな。
怒ってはならない。唾を吐かれてはならない。
得るものがあるのなら動け。なければ止まれ。
怒りは快楽になるし、唾を吐いても喜びに変わる。
しかし、国の崩壊は元には戻らないし、死人が復活することはない。
誠実に、注意深く、ひたすら国を平和に、そして兵士は止まったままに。
國府田マリ子 長雨

後漢の煬帝のコメント。
中国は三つの方向から野蛮人に囲まれていて、どうしても夜中に火をつける連中が出てくるんだ。

隋の文帝のコメント。
火をつけるといっても、たいてい穀物に火をつけている。
食が満たされる頃を見計らって野蛮人が火をつけているのかね。

曹操のコメント。

とにかく、野蛮人に対しても、食べ物に対しても「怒ってはならない」というのが鉄則だろう。

 

サル山の研究では、ナンバーワンがまだ完全に死に体ではないのに、ナンバーツーが前に出ると、ナンバースリーとナンバーワンが手を組んでナンバーツーが屍になる。
会長がまだ完全に死に体ではないのに、会長と手を組んだナンバースリーは松本だ。
岡本社長はそれで死に体になっている。
問題は、今後、松本が誰を「ナンバーツー」に指名するかであり、あるいはこの松本の「サル山作戦」が進行していくうちに、会長が本当の死に体になるかもしれないということなのだ。
そこでようやく加藤の出番が来る。
今は松本の生い立ちから来る才覚に敬意を払いたい。
決して尊敬することはできない「ナンバーワン」でも「死に体」でなければ利用するのだ。
松本の「ナンバーツートラップ」がどこまで機能するのか?
ナンバーワンが死に体になったら自分のやり方は終わるということも、知らなければならない。 2018年にアメリカ合衆国で「北朝鮮は嫌い」と言っていた人は51%いた。
しかし、2019年には16%になっている。
これは、ニューヨークタイムズとオープンAIが所有しているGPT-2と呼ばれる「人工的フェイクニュース拡散技術」によるものである。
フェイクニュースの内容は、一般人には分かりづらいものがあるが、ノイジーマイノリティが一番大騒ぎしそうなネタを拡散させているものと思われる。
たとえば、関係者の中の女の「昔の男」の存在を指摘したり(ボーダーライン)、あるいは、関係者の男の「浮気」を指摘したり(瞳はダイアモンド)、あるいは、横浜DeNAベイスターズの勝敗ももはや、私が開発した「オールジャパン」を基盤に、GPT-2が「オートマチックに」勝敗が委ねられた可能性もある。
このことは、NHKよりもニューヨークタイムズの方が「文民統制技術は上である」ということを私に見せ付けることで、日米の今後の「戦争の可能性」を封じ込めることになった。
版権は私にある「オールジャパン」であるが、すでにメジャースポーツで実践しているのがGPT-2であり、安倍政権の支持率を80%にすることもニューヨークタイムズには可能なのだ。
特にアメリカの政界では「あの男の方があなたよりも賢い」という情報にきわめて敏感であり、フェイクニュースは主にこれを狙っているようだ。
理論化したのは私であるが、ニューヨークタイムズとオープンAI、そしてGPT-2に命を狙われたらひとたまりもないのは日本国も同じである。
ribbon 真夏のフェミニスト

 

2019年7月17日 (水)

お引越し。

引越しというのは、引越し業者にもコミュニケーション能力が求められる「リサーチトラディション」(伝統)と呼ばれるものである。
夜逃げ・電話番号を変えるなどは、あんがい「娘が告白に失敗した」などの理由がある。
娘の「生き恥」を家族全体が共有する、それが引越しである。
こわれかけたピアノ 高井麻巳子

娘の失恋という「光の速さ」が、ニュートン物理学に入り込んでしまった。
引越し業者も慣れたもので、依頼人家族に「年頃の女の子がいるか」を確かめている。
娘の人間関係を断ち切りたいだけであり、親は取引先などの存続を考えている。
これが「夜逃げ」「引越し」の正体である。
そのため、新天地での住民登録も「娘の追跡」さえできなくすればいくらでも可能なのだ。
娘が生き恥をさらした恋愛ゲームを引っ越し業界では「ラウンド」と呼んでいる。
自分の「局部」が値段を失うことを意味した。
多数派工作(道徳・訴訟)や、テレビに出ること(行政)ができない年頃(小学生)の女の子の親は、引越しするリスクが高い。
まっすぐに生きている息子(男兄弟)のおかげで引っ越さなくて済むこともある。
松浦亜弥 元彼

財政投融資というものは、このような「小学生の娘が失恋した」ことを「仕事の起源」と位置づけ、いろんな身の回りの整理のために融資をすることを意味する。
総務省の管轄となっているのが現在の財投債である。
夜逃げ屋本舗

多数派工作(道徳)や、他人に影響を与えること(訴訟)を知らない年頃の娘がいると引越しを余儀なくされると言う現象に、プレイヤーがどのように関わっているかは、一件扱えば総務官僚も分かるようになるとされ、「娘の責任」をどのように家庭内で拡散させていくかが問われた。
民間に「娘の失恋」の問題を任せたらどのような「問題」が生じるのか?
古い因習を総務省は高らかに宣伝した。
夜逃げ屋本舗

そもそも「引越し」というものが、デカルトの「恋の発見」と同時にアウグスブルグの和議において認められたものであるということを理解する必要がある。
太陽は男であり、月は女である。
月は東に日は西に、男の方が女よりも「速い」つまり、男だか女だかわからないような女が、「恋」を知るようになったのがパリジェンヌの起源であり、「期待されていないことができない」というのが女らしさであるとされ、小学校では、男の子と女の子を一緒に走らせたりしている。
家族に普通にいる「娘」が、クラスの足の速い男の子に「恋」をして失恋をする、このことがどれほど「大人たち」を巻き込んだ「引越し騒動」になるかを総務官僚は撮影していたのである。
Qlair お引越し

私の記憶では、小学校高学年の時に3人の女子児童が引っ越して行き、一人の女子児童が転入してきたが、中学生になったら、そのような事例はなくなっている。
髪の長い女の子もいたため、未成熟なセックスが原因というわけでもないようだ。
いずれにせよ、はた迷惑な女である。

仏教=マルクス主義は「高校時代の恋はいい思い出」という立場に立ち、キリスト教=ユダヤ金融資本の「処女と神学(男らしさ)」という概念と対立した。
それは「肉」をめぐって戦われた論争でもあった。
野菜と魚(マグロやうなぎなどあんがい贅沢である)を食べると、体がスリムになり、しかも、部落民が絞めた家畜を食べない。
家畜は大量の水と餌を消費し、糞尿垂れ流しであるため、肉を食べることは哲学的に「恋から遠ざかる」ことを意味した。
魚を食べることは、菜食主義にもつながり、多数派工作(道徳)・他人に影響を与える(訴訟)という二つが非常にうまく行くため、失恋しにくい。
肉が好きな女の子よりも、むしろ、地盤があるため、女として強い立場で恋ができるのだ。
親は娘と同じ食生活をしているため、「肉を食べると引越しを余儀なくされる」という側面がある。
うしろゆびさされ組 あぶないサカナ

牧場と言えばアウトドアのイメージがあるが、夜はインドアで家畜を監禁している。
そのため、感染症にかからないために抗生物質を投与せざるを得ない。
オーガニックとか言っていると簡単に豚コレラで全滅してしまうのだ。
また、魚のように勝手に海で育ったものではなく、人間が育てている以上、牧草の上で男女が合体したりする経済的側面も家畜にはともなう。
女はその「値段」を家畜の肉の値段に転嫁するだろう。
産業(政治・女心の定義、宗教・男らしさを語り合う論壇)が家畜にともなう以上それは当然のことであった。
家畜は群れの主だろうがなんだろうが絞められてしまうため、多数派工作などやろうとは考えていない。
カントリー娘。 Sexy baby

里田まいやあさみをテレビに出して、マスターベーションの対象にし、肉に高い金を払うという仕組みはまだ良心的だ。
牧場の女が、肉の値段を釣り上げている。
それで、鳥<豚<牛の肉という値段になっている。
産業とはそういうものだ。
野菜と魚がメインの食事を食べていると、失恋しにくい。
総務官僚は、「食卓」「娘たち」を撮影していたのだ。
栄養を摂らないと力が出ないが、太った人と痩せた人のどちらが「預言者に見える」かと言われたら「太った豚よりも痩せたソクラテス」であろう。
そのため、生魚を食べて、適当に虫を飼っていたほうが、栄養が摂れてしかも痩せる。
「魚とは預言者の食べ物」と言われている。
私も、ウォークマンを聞いたり、お茶を飲んだりしたが、激務がたたって太ってしまった。
最後にメタボの治療法の答えとしてたどりついたのが「生魚を食べる」ということだった。
「太った人間は自制がきかないから社長になれない」などとアメリカでは語られているが、「魚」を知らない人間のことを意味する。
教養の問題なのだ。
「生魚にともなう虫」の話題はなかなか言論の自由の中でも扱いに困るが、それでも、モデルさんの間で寿司は重宝されている。
フランスの国王は禿げているというのは言論の自由には含まれない。
国王で浮気をするものはいないからだ。
フランスは六角形であるというのは言論の自由に含まれる。
生魚が食べられる国であるという意味である。
国王が浮気をするというネタよりは、「生魚にともなう虫」の話は許容限度内にある。
マンガでは「昨夜のマグロがたたった」と表現するにとどまり、「寄生虫」「下痢」の存在はギリギリの扱いを受けている。
高橋由美子 スッピンdeキッチン

ケプラーは貧困の中で死んだというのは言論の自由に含まれるだろうか?
生魚でモデル体形になれるという発言を行い、大金持ちになっている。
モデル体形の男を松田聖子は歌っていただろう。
つまり、生魚のセールスマンがケプラーであり、信者はヨハネとして歌のモデルになった。
歌のモデルになっている男の言うことを女たちは信じるだろう。
「六本木で遊んでいるらしい」
などという噂にもなる。
モデル体形に損するものはない。
うまく「生魚」と付き合って生きているのが預言者なのだ。
1960年代だろう。
「モデル体形の人には寄生虫がいる」という言論が聖域になったのは。
2003年に、寄生虫疾患は「モデル体形」ではあるが、度が過ぎると肝性脳症を引き起こすことが指摘された。
「リバーフルーク」という病気ともつかぬ病名があるが、適度に排泄と付き合って体形を維持していくしかない。
あなたはデブでもいい人だから

勉強に熱中しすぎて排泄を忘れたカントが一番危険な男だと噂された。
政治家養成塾に顔を出しても、誰も「生魚」の存在を指摘できなかった。
肝臓が悪そうな顔色をしていたため「何があったの?」とは言ったが、「生魚による体重コントロール」を日本国の若者は知らなかったのだ。
政治家は医者よりも偏差値が高くなければならないだろう。
電話口で相手が息をハアハア言わせていたら、「WHOルールにしたがった食生活を」薦めるしかない。
なにしろ、トリカブトを盛られているからだ。
「預言者」と話すだけで体調がよくなるのならば、みんな喜んで電話に出るようになる。
釣った魚をさばいて食う「男気」というものは確実に存在する。
月が地球から「37万4千キロ離れている」という定義を行ったものは「松田聖子の歌のモデル」でなければならない。
カッコいい男でなければ「あまり根拠のない定義」は行えないのだ。
「女心の定義」(政治)というのも、それと同じぐらい「根拠がない」という側面がある。
渡辺満里奈 月の裏側

「痩せるために寄生虫というのはひどすぎる」と考える人も多いだろうが、ゼロコーラには「スクラロース」「アセスルファムK」などという便利な薬が入っているようだ。

「医学とは何かね?」ときかれたら、医学部の学生はどう答えるべきか?
「朝鮮に処女を発見する学問です」
これが、その問題の困難さや、韓非子の沿革を踏まえると、正解だろうと思われる。
Twice

紀宮は釜山、公表してねえ。
これが医学の奥義であり、何がどのように不愉快だったかの知識を処女は持っている。
「小柄な体形に従順さ、そして頭痛」を他の女たちは持っていた。
勉強や男らしさ、そして「説明」に屈服するのが病気なのだ。
体調が悪いのが良くなるという「生物学的贅沢」に屈服することを意味する。
この「生物学的贅沢」に、勉強や男らしさ、そして「説明」の三つから医者や看護師に屈服する人を「患者」と呼ぶ。
ましてや、「精神疾患」の患者を治療するためには「人気」が必要となってくる。
結局、医者は「読まなければ」意味がないという側面がある。
さらには、医者の中には何でも「遺伝」のせいにする「遺伝君」と、動物実験を背景にしていると言う「モルモット君」がいることも理解しなければならない。
さらには、メカニックや写真にこだわった「ラジエーションハウス君」がいることを知らないといけない。
「病名ごとに医学の世界にピラミッドができている」
そのため、病名がつけられるとみんな安心する。
しかし、これも「金を搾り取るための口実」に過ぎない。
日本の医学の限界は、日本の経済学の限界、法学の限界、文学の限界、日本の野球の限界などから感じ取るしかない。
医者に見捨てられて宗教に来た。
この時こそ、本当に患者と呼ばれた人を救うチャンスかもしれない。
医者は「嫌いな患者」は簡単に「医者から見離された人」というレッテルを貼る。

私の医学観。

腰痛大全。

誰がどの男に屈服したか?
これが「医学のプライバシーの問題」だとされるのは明らかであろう。
医療機関としては「プライバシーさえ守れば金儲けが約束される」という側面がある。
どの人間も「勉強で誰かに負けたことがある」からである。
命とお金のやり取りなのだ。
偏差値がもっとも高い連中を医学の世界に放り込むのは当然だった。
ヒポクラテスは「法学部の方がいい勉強をしているのに、医学部の偏差値を高めた」とされる。
金儲けをするのならそれは法学部だろう。
しかし、命とお金のやり取りをする現場があるのだ。
誰がどの男に勉強で屈服したかの秘密を守るぐらいしか実際はできないことを、見抜く必要がある。
平成天皇は「誰も自分に屈服しない」「医者に屈服した」として、阪神淡路大震災や東日本大震災を引き起こしたが、私は違う。
患者は家族に相談することによって医者にかかっている。
そうでないのならば、「家族によって」病気にさせられたことを意味する。
相談する家族のメンバーがいないのに同居している人を「アダルトチルドレン」と呼ぶ。
X線、MRI、CTなどを撮影したら、「男が勉強で負ける」準備が整う。
ましてや、脳のBITなど誰にも解読することなどできない。
開頭手術などバカげている。
脳腫瘍ならば風呂に入ればいいし、脳梗塞ならば、野菜ジュースを飲めばいい。
脳卒中ならば「課題を自分で与えながら、仕事とタバコの区別をつけるようにする」しかない。
HIVならば、誰にも言わずに、黙って生きていくしかない。
脳内出血したのならばスポーツドリンクを飲んで寝るしかない。
HIVというものは、いじめ撲滅のために考えられた病気で、世界で差別が進んだだけだ。
勉強不足の人間を「屈服させる」口実は、SARSでも何でも次から次に出てくる。
機内食が原因でも抹殺する方法はいくらでもあるのだ。

医学の世界は、結局は「堕胎について」という議論に焦点が定まった。
私が産みたい人の子供を産むという事は、女に「触らないで!」という権限を持たせた。
国の法律学の発展次第なのだ。
法学部が一番優秀なのだから。
米光美保 YADA

東大法学部?
ライバル不在だとレイプだって許されてしまうのかしら。
そのことから平成の「旧神道」(ヘンテコ派)は作られていった。
令和の「新神道」は国家世俗性説から始まり、王子に昇格してからは「宗教非抑圧論」の立場に立つことで、縦横無尽に宗教界を駆け巡った。

國學院大學と皇學館大学が神社への人材を供給しているため、「天皇を敬え、政府にしたがえ」という神道の教えは、令和のかみさんの都合で一時期、ヘンテコ派が登場した。
しかし、令和はしっかり書いただろう。
フロイトからマルクスまで参考にして。
令和のかみさんの「ヤダ」から始まったことなのだ。

藤原道長も源頼朝も「聖徳太子の化身」を名乗り、「恋はいい思い出」派の支持を集めたが、藤原道長は「キケ」という記録係(信者)に丹念に発言を読まれ、「ロウノミコ」(スパイ)に殺害されてしまった。
そこから、新神道は「処女と神学」という立場を選択し、ユダヤ金融資本の立場に立った。

お父さんと娘の楽しいお風呂のひと時を「倫理」と呼ぶのならば、令和の時代はお父さんと娘の微笑ましいひとコマすら「娘の髪が短くなる」「痛くなる」「16歳で生理が止まる」と指摘した。
「ロックンローラーにはお風呂はいらないの」という噂が出た。
母親たちの「金融への自覚」が新神道に味方した。
「幻が壊れていくのが嫌だった」というアイドルの握手会での事件もあった。
将来の子供ってどうなるのかね。
「お父さんの乳首」と「お母さんのお酒」さえ見ていれば女の子の予測は立つのだろうか。
「優れた子供を作ろうという発想そのものがタイサッチ病と呼ばれている」
女ネットワークにはあんがい自由がない。
出会った男との「偶然」に頼ってセックスしている現状がある。
しかも、セックスすることにより、今までの多数派工作(道徳)・他人に影響力を与える方法(訴訟)・さらには、芸能人生命(行政)にダメージを与えかねない。
「偶然」の中から「優れた子供を作ろう」などと考えるのはタイサッチ病だ。
新田恵利 ロマンスは偶然のしわざ

昔は、「国のお金に頼らないでもらいたい」という意味をこめて文部科学省は「国家教育権説」の立場に立っていたが、今は「国民教育権説」が復権してきた。
どちらも両極端な説(旭学テ訴訟)とされているが、君主の「方程式」は自然に有名になった。
トップダウンとボトムアップがぶつかり合い、「オカマは男の8%」という「切れてるよ」という信仰心はなくなるかもしれない。
しかし、「タイサッチ病は人間の寿命を縮める」という指摘もある。
適当に周囲に「しくじり先生」がいなければ「笑え」ないのだ。
笑うというのが一番寿命を永らえさせる。
乳児の頃に水分が不足すれば小児麻痺になる。
しかし、小児麻痺の人は「そもそもまともに歩く気がないのか?」などのネタが今でも医学の世界には存在する。
また、中国は清朝末期に「一人っ子政策」を打ち出し、儒学との決別を行ったが、日本国まで「楊貴妃の牛乳風呂」(お父さんと娘のお風呂での楽しいひと時)を否定していいかは明らかではない。
江戸時代に「恋はいい思い出」という仏教を圧倒して行ったのは儒学(楊貴妃の牛乳風呂)だった。
徳川将軍は、思春期に「黒い下痢」(胃からの出血)をしながら学問に励んだ。
そのような「過酷ないじめ」の存在を過去のものにしていいのかも明らかではない。
カントは現代を生きている。
カントは私と同様に「女たちのバベルの塔」を作ろうとした。
しかし、「皇帝カント」の崩御とともに、バベルの塔は雷によって打ち砕かれた。
子供たちを孤立からは守らなければならない。
誰もが「おばあちゃん」を崇拝できるわけではない。
おばあちゃんの生き方を真似していればガンにはならない。
私は、両親に「父方の祖母と母方の祖母のどちらが印象的だったか?」を聞いたら、父も母も「母方」と答えている。
私は父方の祖母にも母方の祖母にも可愛がられた。
しかし、そのためには「黒い下痢」をした経験(儒学・学校での激しいいじめ)が必要だった。
年寄りの「人間観」というものは若者とは違うのだ。
母がお酒を飲めば、娘は巨乳になる。
しかし、乳がんになる恐れがあるためにカルシウムを好んでいるだけなのだ。
私は日本国の文化の「アメリカ化」を行った。
その結果を予測すると、「子供たちのホルモンパターンが複雑化し、準白人国家になる」ということは指摘していい。
単純な、「子育て理論」は、子供たちのホルモンパターンを複雑化させ、色を白くさせる。
かつて、イギリスが日英同盟を破棄したのもこれが理由であったし、日米同盟もどうなるかは明らかではない。
アメリカはイギリスよりも「ダーウィン」に寛大な国であるが、大して変わらないという人もいるだろう。
ダパンプ USA

漢方医は、「勉強と男に説明で従属してしまう」という患者に対して、医者として「陰陽五行説」の理解が求められた。
貧乳ならばレズビアン、髪が短かければフェラ専などということに通じていなければならないとしたのだ。
巨乳・貧乳・髪が長い・短い・そして普通の女という「五行」を理解していなければ偏差値以前に「何かが欠けている」とされた。
また、天の気、地の気、それぞれの季節の気の「六つの気」にも通じていなければならない。
天気や失恋ソングに歌われた植物に通じるという意味だと思われる。
すみれ色の涙 岩崎宏美

抱撲子や本草経集注などに通じていることが、医者の条件となり、私は、「自動販売機」があれば、適当に内科的処置はできるが、「神人」と呼ばれる漢方医は「植物」さえあれば、外科・内科的処置ができるのだ。
この「養生の道」は、科挙においても必要な素養であるとされていた。

「恋はいい思い出」
これが仏教の教えだった。
しかし、恋とは「高校生だけのもの」ではなかった。
恋わずらい、それは病気だった。
まるで認知症のような症状を引き起こすのだ。
イエスに恋をした女たちは「病気を治すために」聖書を読んだ。
「いい男だね。死んだら結婚してあげる」
これが女たちの公約数的見解であった。
モーニング娘。ミスタームーンライト

 

天皇制支持はキリスト教のものではなく、神道のものであった。
「これは通常の人間の”勉強”ではもはやない」
これが神道の天皇制支持の根拠であり、しかし、キリスト教の世界の女たちには「聖書」があった。
恋の治療をするためのテキストであったため、聖書はいつもベッドサイドにあった。
「有名だから恋をした」という幼い恋ではもはやなかった。
彼の発言を熱心に読み、豊かさも手にした。
藤本美貴 銀色の永遠

川端康成は「処女と神学」を柱とするユダヤ金融資本を確立したが、三島由紀夫はオカマであり、「ダイヤング」(夭逝)しイエスキリストになることしか頭になかった。
同じく「女子高生」を相手にしていても、ノーベル賞を取れるか取れないかは天と地の差があった。
天皇制支持者は通常は「改革論者」であった。
「どっちらけ」の皇室をどうにかしようとして支持していたのだ。
イエスに恋をするというのも、イエスの境遇への改革を支持するものであった。
イエスの境遇を改革することは、自分の家庭環境をもよくするものだ。
ホモは病気ではない。
イエスにカマを掘られることができるからだ。
貧乳は病気ではない。
イエスの言葉が理解できるからだ。

牧師はオカマで、信者の女は貧乳であることがキリスト教の特徴だ。
それ以外に「神=イエスに愛される」理由がない。
神道の側は「これはもはや通常の”勉強”ではない」と考えていた。
キリスト教の側においては「天皇が死ぬのは悲願」であるとされていた。
しかし、神道においては「政府にしたがえ」という教えがあり、女子たちの真理は「いい男だね、死んでくれたら結婚してあげる」というものであっても、神道には別の「仕事」があった。
「いい男」が「死ぬ」とはなんともサディスティックでマゾヒズムに満ちた素晴らしい世界に思われた。
沢田知可子 会いたい

織田信長が、ガラシャの兄に殺された時に、秀吉は震え上がった。
豊国大明神は関西における神道の起源であり、東照大権現は関東地方における神道の起源である。
「いくら権力者に恋しても殺すことはない」
これが日本国内最大の宗教である神道の姿である。

豊臣秀吉を豊国大明神として祀り、徳川家康を東照大権現として祀っているのだ。
国内最大の宗教である理由はこのあたりにある。
明智光秀とその妹・ガラシャ、そして織田信長の関係から生まれたのだろう。

踏み絵。

2024年に日本国が、私と日本IBMの手によってタイムマシーンを開発します。
私は、平安時代に戻り、最澄(伝教大師)と名乗って、今でも比叡山延暦寺で生きています。
1200年の歳月を経て、人生に飽きもせず、千日間の修行を経たお坊さんが妖怪みたいに年老いた私の世話をしてくれています。
同じように、日光東照宮には、徳川家康が400歳以上の年齢を重ねて生きています。
日光東照宮には、お参りする通路とは別に、地下通路があり、徳川家康の「見解」を聞きに来る人もいます。
関西の阿弥陀山には豊臣秀吉がご存命です。
これが、神道の「キー」となっています。
「お天道様はお見通し」というのが日本国の神道となっています。
徳川家康を日光東照宮に導いたのは、天台宗の天海であるとされ、私の側近だったものと思われます。
いずれにせよ、2024年のタイムマシーン開発を前に、すでに「死の概念」が若干混乱してきたのは事実なのです。

秀吉と家康、陣羽織。

そもそも、私が伝教大師(最澄)として平安時代にタイムマシーンで戻り、私の実弟が豊臣秀吉になり、実子が徳川家康になるということの根拠は、「祖母・曾祖母」である遊佐道子が「恋に詳しかった」ことから、「ガンにはならない」ということが指摘できる。
外科手術というのは、昔は床屋の「施術」に起源があり、はさみでチョキチョキやるものであり、外科手術だけはターヘルアナトミアがなければできない。
おばあちゃん崇拝がなければガンになるし、早死にする。
遊佐道子が、松田聖子や酒井法子の音楽作品体系を構築したのだ。
2024年にタイムマシーンがでるが、日本の芸能界は、保護観察処分になった人たちの「先生」として、「自分によく似た人」がテレビに出ている。今後は、時代劇や大河ドラマまでが「自分の先生」つまり、自分が歳をとったときの姿となるもとも考えられる。
伝教大師(最澄)は、関が原の戦いで家康に「あのときは金がかかったな」と言うかもしれないし、豊臣秀吉の天正大判にも同じことを言うと思う。
松田聖子や酒井法子は「長生きの秘訣」であり、それ以外の歌謡曲は「ファイナンス」に用いたものと思われる。
「神・男・聖霊の完全性を議論すると爽快感がある」
松田聖子 赤いスイートピー

比叡山延暦寺の伝教大師(最澄)は、日枝神社(日吉大社)を作っているが、比叡山の「ヒエ」から、その神社の名前ができている。
天皇が死にそうになると「シジョウコウホウ」という通達を系列の神社に出したりするが、日吉大社の方の証言によると、「今は延暦寺の問題」とされているそうだ。
まあ、昔の、朝廷にせよ、将軍家にせよ、今の日本国の日本銀行や財務省からの「タイムマシーンによる送金」がなければ夢が見れない。
「京に上れ」と言いますが、伝教大師に会いに行かなければ、昔の人はお金がなかった。
ウマヤードなどというイスラムのアラーが知られているが、金融ビッグバン(フェア・フリー・グローバル)によって、フェアプレーで勝敗を決する(お金の勝負)ことがなされるようになったり、いろんなキャラクターを空気の中に泳がせることができるようになったり、21世紀世界最高峰の知識が日本史に引き込まれた。

医療の資金はどこから出ているだろうか?
行政(芸能界)である。
つまり、エピステーメー(知識)とテクネー(処女芸術)から、医療の資金は捻出されている。
多数派工作(道徳)や、他人に影響を与える方法(訴訟)が分かる年齢になると、女のほうが先に「好き」だと気付くようになる。
太陽に火をつけて ribbon

なぜ、女は男を「好き」になるのだろうか?
「仲間が多い」「何かやってくれそう」という観点と、「ルックスとノイズ」という説がある。
ルックスがよくて「ワイワイ」と騒いでいれば好きになるという立場が存在するのだ。
いずれにせよ、エピステーメー(知識)とテクネー(処女芸術)は、ユダヤ金融資本の起源であり、「人は死なない」「医療費の資金捻出」の方法となっている。
テクネー(処女芸術)が広まったのはエピステーメー(知識)よりも前であり、カルヴァン派やツヴィングリ派がカルト的人気を誇った。
しかし、日本国ではかなり「受け身」でみんなが楽しんでいたテクネー(処女芸術)が覇権国家の哲学(エピステーメー)で解読されるまでに20年かからなかった。
あくまでも「処女と神学(男らしさ)」と足並みをそろえたのが、ユダヤ金融資本におけるエピステーメーとテクネーであった。
マルクス主義は、仏教と意気投合し、「恋はいい思い出」という立場に立つことで、支持を集めたが、千人の女と浮名を流した聖徳太子(観音)すら、処女芸術はためらうことなく「千手観音」として採用した。
この曲のオープニングの振り付けは千手観音をかたどったものである。
ribbon サイレントサマー

ソクラテスは、人々が楽しんでいたテクネー(処女芸術)を、エピステーメー(知識)によって、明快に斬っていき、聴衆を大爆笑させたり感動させた。
このことを「パトス」と呼ぶ。
ソクラテスの弁明は、判事や聴衆などの大興奮の中で終わったが、裁判が終わった後に、監獄で、隣の男が「あなたほどの知恵があれば」(ソフィア・知性への愛)とソクラテスに語った。
「ソクラテスの弁明」は今から入手するとかなり薄い本であることが分かる。
つまり、現代の哲学(エピステーメー)は、ソクラテスの時代よりもはるかに複雑化しており、医療のみならず、競馬、狩り、農業、計算、戦争、操縦、予言、絵画、彫刻などの世界に広く広まっている。
とにかく「人を育てるのにお金がかかる」世界がある以上、医療にとどまらぬものがユダヤ金融資本にはあったのだ。
処女芸術に親しみ「勃つようになる」ことは、モーゼ五書にしたがうことを意味する。
私も、「モーゼ五書を覚えるまでは家に帰ってくるな」と言われ、横浜の城の外(東京)に追い出されている。
テクネー(処女芸術)にはマスターベーションがともなったため、親に嫌われたというのがユダヤ人が城の外に住まわされた理由であろう。
ヒトラーは、ユダヤ人差別を行ったが、他にも、マルクス主義者(恋はいい思い出という立場に立つもの)を差別し、さらには、ルーマニア人ジプシー(大酒のみ)、心の弱い女性などを差別している。
しかし、ヒトラー自身がエピステーメー(知識)とテクネー(処女芸術)というユダヤ金融資本から自由ではなかった。
ヒトラーは「若者にあまえ、女にあまえる」というあまえの構造を排したのだろう。
そのような意味では、私は「若者にも女にも」あまえているが。
「政治とは結果責任である」というのならば、あまえの構造は排さなければならない。
しかし、若者に知識を教え、女たちの芸術を活用したり、女性たちの支持を得ることを目的とする「プロセス責任」(プロセス的憲法観)にたつのならば、あまえても一向に問題はない。
プロセス的憲法観は、「若者に分かりやすく、女性たちの支持も得られる」学問を志向したのだ。
哲学者は、テクネー(処女芸術)から「女心」(プロネーシス)を学ぶのだ。
たとえば、カップルがいるとすると、女の側はより「問題の少ない愛」を知っている。
しかし、カップルには「二人の女」が取り巻いており、「男と浮気する女」と「カップルを守るかどうか決める女」の二人がいる。
二人はライバル関係にもある。
「男と浮気をする女」が、「カップルを守るかどうか決める女」に「彼とセックスした」といった場合本当かどうかは「簡単に」見抜けるとされ、本当だと判断したら、カップルを「見離す」ことになる。
時には「私が男と浮気した」とすら「守るかどうか決める女」は証言するのだ。
男の側は、自分の意に反する形で彼女に「愛してたって言わないで」と言われる羽目になる。
松田聖子 瞳はダイアモンド

若者に分かりやすく、女性たちの支持のあるプロセス的憲法観に対して、妻が貞淑であることをフルに生かして高度な体系化をする実体的憲法観というものもある。
私も、たまにいろんな複雑な仕組みを一刀両断に動かすために佐藤幸治の教科書を紐解いたりする。
一長一短であるし優劣はつけがたいものがある。
「男と浮気をする女」と「カップルを守るかどうか決める女」の二人に常にカップルが見張られているとなると、なんだかカップルをやるのも落ち着かないだろう。
そのために、「女に金を払う」という資金力のことを「美徳」(ヴァーチュー)と呼ぶ。
瞳はダイアモンドというテクネー(処女芸術)は、「女に金を払う資金力」(美徳)の起源となった。
美徳のことは「アレテー」とも言う。
瞳はダイアモンドというテクネーは「神曲」とも呼ばれ、その解説を20年以上待った。
男たちは、その解説(エピステーメー)に怯え、殺伐としたが、「金さえ払えばいい」(アレテー)という答えにようやく落ち着きを取り戻した。
ヨーロッパ中世の恋愛論を研究しなければ生まれないテクネーであり、まさに神曲であった。

もう一度別の映像を見てもらおう。
瞳はダイアモンド 松田聖子

この作品は、男が「仕事をする」理由ともなっている。
また、勇敢さを必要とされる理由ともなっている。
ステークホルダー論、つまり、会社の外にも恋愛対象の人を作ろうという古典的通説に対して、「クライアントを笑いものにしてまで儲けて自分のパートナーを守る」という株主利益最大化論は「後発組」として現在の日本国の通説の地位を占めた。
無知なクライアントを見ながらニヤニヤしている男はあんがい保守的な男なのかもしれない。
NTTドコモにそういう営業マンがいた。
ステークホルダー論は「組織の頂点が世の中に出る」という宗教の起源ではあっても、仕事の起源ではなかった。
テクネー(処女芸術)は、決してストイックなものたちが作り上げたものではなかった。
芸能界には20回も離婚するものがいるのは事実なのだ。
しかし、エピステーメー(知識)としてもっておく分には問題はないだろう。

 

2019年7月12日 (金)

ケネス・ヘーゲン。

ケネス・ヘーゲンという人物は哲学史にはないのだが、おそらく本名は「ジョン・ロールズ」だと私は考えている。
リベラルとして自由恋愛を探求したロールズは、「夜、早く眠る」「自由恋愛」「地方自治」などを探求しているうちに、「夜23時派」が存在することに気が付き、夜18時派と夜23時派をぶつけるだけでいろんな問題が斬れることに気が付いている。
夜18時と夜23時のギャップをぶつけるだけでいろんな「欲望」「涙」が生まれる。
肉体労働やノンケの「18時」と、インテリやオカマの「23時」は、各人の時間の重要性が異なる。
オカマかインテリしか「23時」にはおらず、社長会(ノンケ)は18時には仕事を打ち切っていたが、常務会(オカマ・インテリ)は23時まで密談をしている。
常務会の特徴は「社長会の悪口を言う、ということだけでなく、いざとなったら逃げ出す」という特徴がある。
OLさんや平社員の女性のように「社長会の悪口を言わない」ひともいたが、権力志向の女は「社長の悪口を言う悪だくみの座に加わり、そして、いざとなったら逃げ出した」男を目の当たりにしたのだ。
韓国では日本製の商品不買運動やオリンピックボイコットのように「23時の悪だくみ」は行われるが、18時派のムンジェインは事態を静観している。
「ムンジェインの悪口を言う、いざとなったら逃げ出す」のが韓国の反日ムーブメントだったのだ。
ヘーゲン(ジョン・ロールズ)は、フォードがメルセデスに化けるわけではない、とし、「常務会の悪だくみの座」を批判している。
しかし、日本製のビールを叩き割る映像を売るだけで「フォードがメルセデスに」化けるのだ。
「いざとなったら逃げ出す」「愛が死ぬ」連中だったが、ビジネスにはなってしまうし、韓国の66.8%の支持を得ることができる。
だが、来年のオリンピックという戦場を迎えるときには「愛が死ぬ」連中なのだ。
和田アキ子 真夏の夜の23時

問題は、「人の悪口を言ってメシが食えるのならば、人口も増えるし問題ないのではないか?」という見解が存在することだ。
「悪だくみの座に加わる」
こんな簡単な仕事があるのだ。
ナイジェリアでは7回の出産で1人の乳児が死産に終わるが、カナダでは11000人に一人だ。
このような「命」に仕事を与えなければならない。
「悪口を言う常務会」は確かに社長会にとっては「迷惑」であったが、仕事ではないか?という観点から、おのずと「人道的介入」による食料救援物資に
混ぜる毒物も人道的なものにとどまった。
世界の「命」のすべてが必ずしも職業を見つけるわけではないからだ。
松田聖子 瑠璃色の地球

一億総中流と呼ばれる社会が実現したのも、「悪口」があるからである。
「いざとなったら逃げ出す?」
それは普通の人間ならばみんなそうではないかとも言われた。
よっぽどの責任者であり、物事の解釈の力量が傑出していなければ、そもそも「夢」など見ないものだ。
「夢」を語ったら税金を課した。
税金を課すといっても「手元に残るお金がない」という意識しか残らないだろうが、シャウプ勧告は巧みにそれを国家財政に引き込んでいたのだ。
「根拠のない夢」を語るものは貧しい。
貧しいものほど夢を言いたい放題語っていたのだ。
そのへんは自覚をして豊かになっていくしかない。

アフリカにおいては、アカン(インテリ)と、ヨルバ(地方自治派)という区別がなされ、アカンが「23時」が好きだとするなら、ヨルバは「18時」が好きだとされる。
先進国で言う「常務会」がアカンとなってしまい、本来、「治める側」の人間が悪口を言う立場に立ってしまう。
一方、ヨルバ(地方自治派)は、肉体労働派であり、なかなか国家統治には向いていないだろうが、多数派を形成した。
アフリカでは「オカマ」「ノンケ」つまり「肉」と「魂」という区別はあまり明確ではない。
先進国のように「オカマは8%の男」という割りきりが困難だからだろう。
選挙が多数決で決まるのならば、肉体派が勝利せざるを得ず、インテリは「常務会」にとどまった。
このことから、「男がリーダーになると殺される」というナイジェリアの慣習が存在し、女性が県知事を務めざるを得ないとされる。
男が肉体を競い合うのであれば、なかなか、男のナンバーワンは決まらず、殺し合いになるだろう。
国際連合は「戦国時代によくあった話」をいまだにアフリカが国連に持ち込んでくると嘆いた。
まず、「オカマ」の比率を限りなく減らす必要があること、つまり、「肉」と「魂」という概念を明確にする必要がある。
男がアナルを開発するのは当然、と考えている限り、男が男を崇拝する宗教が根付くことは困難だ。
さらに、アカン(インテリ)ならば、もっと「周囲にお金になる考え方を広めてもいいのではないか?」という指摘がなされている。
これも、高等教育が広まらなければ困難な話である。
「悪口を言うだけ」
これがインテリだと考えるものがいる限り、「ナイスガイ」という発想は根付かないだろう。
「オカマ」と「ノンケ」の区別を明確にすることと、お金になる話しをもっと広めること、この二つがなければ、「女性が県知事にならなければ殺される」という習慣はなくならない。
子沢山で、兄弟同士カマを掘りあっているのだから、兄弟愛に満ちた文化ができるのは当然だ。
「兄弟は他人の始まり」というのは先進国の論理に過ぎない。
本当の「自由」はアフリカにあった。
男全員がオカマで、兄弟愛に満ち、肉体労働派が出世する世界だ。
アフリカは宗教の起源であり、しかし、人類の起源であるかは明らかではない。
We are the world

トマス神学においても、「社長会の間でのセックス」は世界を敵に回すが、「常務会の間でのセックス」はそうではない、という二重効果論が語られた。
これは、のちに「バラ戦争」を引き起こし、「貴族とは何か?」という議論につながっている。
国生さゆり ノーブルレッドの瞬間

トマス・アクィナスという「処刑を免れた社長さん」のおかげで「カトリック」というものは生まれたのだ。
女のほうからキスをしても「社長会」では大問題になるから気をつけよう。
ribbon 太陽に火をつけて

さて、トマス神学においては、当然、「肉」(オカマ)と「魂」(ノンケ)という区別はなされている。
「仲間が多いのが政治や」という声は確かにあった。
常務会の間でのセックスは音楽作品としての価値が、社長会よりも安いとも言われる。
瀬能あづさ 愛になりたい

大勢の女が「恋に落ちる」ような「爆発」を引き起こすことは、問題ないだろう。
貴族になるために必要なことだ。
だんだん力を落としていくようなセックスを高校時代に繰り返していたのならばカトリックとは言えないだろう。
女が「触らないで」というような男もカトリックとは言えないだろう。
マスターベーションは問題ないんじゃないか?
ドッジボールで女にぶつけなかった男はいい線行っているだろう。
「女たちにモテる」しかし「世界を敵に回さない」
これが、カトリック国の社長さんだった。

女が「問題の少ない愛」を知らなければそもそも、社長さんにはなれない。
女は「パートナーがいても知恵や力を生み出すために他の男の声を聞きたがっている」(キューリー夫人)。
このキューリー夫人の発言はキリスト教社会に衝撃を与えた。
SPEED Deep blue& tueth

しかし、キューリー夫人は「女性初のノーベル賞複数受賞者だった」ということを割り引いて考えなければならない。
普通の女性はそんなに知恵や力を持ってはいないのだ。

弱いほうの男が、女に、アイツ(強いほうの男)はすでに結婚している、と言ってモノにしたのならば、強い方の男はカトリックである。
中学校の頃に、体育の先生は「男女混合で」ドッジボールをやらせて進路を決めた(トローリーの問題)。
トローリーの問題はプロスポーツの起源であった。
この問題が解けるようであれば、高校で男女共学に進ませても問題はないわけであるし、分からないのならば男子校に行かせてオカマにした。

社長会(社長と専務)と、常務会(社長の悪口を言う連中)について書いてきたが、「主権」というものが「国内最高の権威」であり、誰が主権を有しているのか?
そして、主権がなぜ「絶対」なのか?さらには、感じている時と日常への洞察力が傑出していることなどが主権論争となる。
1957年にカントロヴィッツが「キングズ・トゥー・ボディ」という著作において、勉強し、人と話す「王」と、伝説の王の二つが存在するとした。
王者になると「伝説」と「実物」の二つが生まれることを指摘したのだ。
中世には存在しなかったものが「伝説」と「実物」の区別であり、防衛戦は常に「主権者が有利」とされている。
平成の主権論争は「主権は多元的に存在する、どこにあるかは分からない」とされ、平成天皇の「伝説」と「実物」の存在は否定されていた。
大事なのは「スタンフォード大学の講義を、女子高生にも分かるように話す」ということであり、私も、「実物」として街を歩いていると、女子高生に写真を撮られたりする。
イエスキリストを想像してマスターベーションしたことがある、これがどれほど重要なことであろうか?
イギリスとフランスには14世紀ごろから「主権」が存在したようだ。
1514年に宗教改革が起き、アウグスブルグの和議によってドイツにも主権が生まれた。
その後、30年戦争が起き、女性たちの支持を受ける音楽作品が量産され、1648年のウェストファリア条約において、ヨーロッパの国境線が定まり、各国国王の「伝説」性が承認された。
芸能界を背景に神聖ローマ帝国が、強烈な「主権」つまり、「伝説」と「実物」の区別の存在を主張したため、カトリックのローマ法王イノセント十世は不満ばかり言っていた。
カトリックは、「社長会にとってのセックス」に意味を与え、結婚する方法を教え、進路指導にすら影響を与えたが、ルターが「伝説」と「実物」というものを考えて、各国が広大な領土を治めやすくしたことは、カトリックの勢力を後退させたのだ。
BoA ネコラブ

日本国においては、主権とは「対外的独立性を持ち、対内的自律性を有し、領土を持っている」ものと説明されているが、その「コンテンツ」を語るならばこのような理解が必要だ。

主権を語る上で、1948年の「普遍的な人権宣言」に各国が署名したことを理解しなければならない。
そこにおいては、「30種類の金儲けの方法」(人権)が明らかにされており、
ユダヤ人虐殺の反省の上に、ユダヤ金融資本を世界にオープンにするものとなっている。
ユダヤ金融資本=憲法だとするのならば、その秘密は「処女」と「神学」(男らしさ)となっていた。
軍の裏づけのある人権(金儲け)と、警察の裏づけのある人権は、まるで、主権の「対外的独立性と、対内的自律性」を意味しているようであり、「国民主権」を意味していた。
イラクや、ユーゴスラビア、ボスニア、コソボ、ソマリア、ルワンダ、ハイチ、カンボジア、リベリア、リビアにおいて「処女概念の確立」を「個別的介入」として行った。
AKB48 teacher teacher

第二次世界大戦の時に、西田幾多郎は「トポロジー」として「処女」の重要性を理解していたし、川端康成の「伊豆の踊子」や、マドンナのライクアヴァージン、AKBグループなどでそのことは浸透していた。
トローリーの問題などがあって「処女のいる国は攻撃するのをやめよう」と各国は考えていた。
カトリックとは「勃つ男」(神学)と「処女」から成り立つ主権を背景に金儲けが行われる(人権)ものであり、令和の時代になりAKB総選挙は取りやめになってしまった。
これは、令和天皇に「個別的介入を行う必要はない」という判断があったり、中国側のロビー活動があったなどの周辺国の思惑があったものと思われる。
平成天皇には少なくとも「個別的介入」が行われ、周辺国の指導のもとに国家統治はなされていたのだ。

個別的介入(処女概念の定着)を行わないと、「セックスはカネになる」という発想が女子たちの間に広まらず、「私有財産」=セックスという発想が否定されてしまう。
そのような意味では「他国が豊かになる」ことにまったく文句はないわけであり、日本国も率先して「個別的介入」を外国国家に対して行わなければならない。
インドネシアAKB

インドネシアは「将来のアメリカ合衆国の若き友人」として期待されているが、日本国が「個別的介入」を行っている。
「処女」と「神学」(男らしさ・勃つ男)こそがユダヤ金融資本の秘密だったからだ。
マルクス主義は「若い頃の恋はいい思い出」と教えていたが、ユダヤ金融資本はこれと明確に対立し、「処女」と「神学」こそが「私有財産」につながるとしていた。

吉永小百合の「伊豆の踊子」は、宇野重吉が演じる学者の講義から始まる。
「古い因習と道徳とを対立させ、カントはそれが各人の幸福にとって良いものである、甘美なるものである、と考えたことに反対したいと思います」という趣旨の講義であった。
この講義の一節に、川端康成が関与していたのは明らかであり、なにしろ、撮影現場にまで川端は顔を出していたことからそれは推測できる。
川端は、「処女」と「神学」(ユダヤ金融資本)の立場を明確にし、私有財産制度(セックス崇拝)を日本国において確立した。
思春期の恋を「いい思い出」とするマルクス主義とは明らかに異なる反共ムーブメントでもあった。
伊豆の踊子

劇場やテレビのスクリーンに「処女」を映し出しただけで、本当に所得が倍増した、人々は池田勇人の「所得倍増計画」をそのように語り合ったし、川端康成はノーベル文学賞を受賞している。
「恋はいい思い出」とするマルクス主義と、「処女と神学」を語るユダヤ金融資本は女子高生をめぐって熾烈な戦いを現在も繰り広げている。
女子高生が親に与える影響は強く、マルクス主義とユダヤ金融資本は永久戦争に突入している。

「処女」と「神学」がカントやキルケゴール(ユダヤ金融資本)によって根付いたことにより、ロールズ(ケネス・ヘーゲン)は、「過去の男よりも賢くなってやれ」という哲学を構築した。
「過去の男よりも賢くなる」
この動機だけでも巨大ビジネスが誕生した。
清朝や李氏朝鮮を見ても、「処女」と「神学」(ユダヤ金融資本)によって、そのアジアの序列を逆転させてしまうチャンスは明治維新が唯一のチャンスであったし、日本国はこのチャンスをものにした。
アジア初の近代帝国とは「処女」と「神学」を理解したことから成り立ったのだ。

「恋はいい思い出」と考える「左」と、「処女と神学」(私有財産)を重視する「右」は社会人としては共存していた。
しかし、「過去の男よりも賢くなってやれ」というのが「右」の立場であった。
左の女、つまり「仏教+左翼」の女のほうが美しかったかもしれない。
酒井法子 恋と愛のニュアンス

カナダという国は「アメリカ大統領選挙への投票ができないアメリカ」という意味であった。
つまり「恋はいい思い出」(マルクス主義)の立場に立ち、ユダヤ金融資本を否定したというお国柄がある。
しかし、アメリカ大統領選挙への投票ができないと言うこと以外は、豊かさが約束された。
アメリカ大統領の「処女と神学」の主権の傘下にあるからである。
アメリカ合衆国が本当に「グレートパワー」と呼ばれたのは1956年にスエズ動乱で覇権国家となってから半世紀も経過した2007年のことだった。
「処女と神学」(ユダヤ金融資本)が、マルクス主義よりも優れているということがイデオロギー的に証明されるまでに時間がかかったのだ。
WTOはもはや、日本国の民主党政権が何をやっても味方しようとは考えていなかった。
ユダヤ金融資本は、かなり強引な「女子高生をめぐる永久戦争」に打ち勝って、世界から貧困をなくすヒントを得たのだ。

「処女概念の確立」(私有財産制)という個別的介入を行ったのならば、国には豊かさがもたらされ、食料や医療、薬などを国民に行き渡らせる「集団的介入」というものが行われる。
年金や生活保護、あるいは賃金の上昇もすべて集団的介入によってなされるものであり、
「処女」と「神学」(勃つ男・男らしさ)の二つを車の両輪として、国に豊かさをもたらすのだ。
女子高生たちは、大人たちの注目度の高さに「女子高生最強」などと言っていたが、「処女概念の確立」が国の豊かさ(集団的介入)をもたらすものであるからである。
「恋は19歳になるまで待って」
これがエジプトの言い伝えである。
Melody シルバーリングに口づけを

教科書は男言葉で書いてあったし、教科書そのものが「男」であった。
女子高生が「恋はいい思い出」(マルクス主義)が主流なのか、「処女と神学」(ユダヤ金融資本)が主流なのかは、彼女たちが「どちらが多数派なのか?」に敏感であることから、その動きを見ていかなければならないし、しかし、世界史においては2007年にユダヤ金融資本が勝利をおさめたことも理解する必要がある。
およしになってねティーチャー

マルクス主義(恋はいい思い出)という立場に立つか、ユダヤ金融資本(処女と神学)という立場に立つかは、女子高生にとっては統計的な問題となるが、マルクス主義は仏教の道につながり、ユダヤ金融資本はキリスト教につながる。
学校における政策が国の政策となってしまう現状がある。
天皇は君主として、「国を豊かにする方法」を明確にしなければならないし、「ユダヤ金融資本がマルクス主義に2007年に勝った」ということをメッセージとして示さなければならない。
平成の時代の「パンツ見えちゃう」という時代には明らかに国は貧しくなっていた。

「公」とは女子高生の制服のことであり、「人々」とは、女子高生の文化に大きく依存した、国民全体の「食料、医療、薬」などのことであった。
高校授業料無償化などの政策は、ユダヤ金融資本の勝利を目の当たりにした日本政府の態度決定であった。
松田聖子 制服

仏教の宗教法人は7万あるが、キリスト教は四千である。
今のままでは、マルクス主義(恋はいい思い出)という論理が、ユダヤ金融資本(処女と神学)よりも勝った現状が続いていしまう。
そこで、8万存在する「神道の宗教法人」をユダヤ金融資本の側に立たせることにしたのだ。
恋をしない高校時代はあまりにも「さびしい」しかし、お寺の住職の嫁になっていいのかな?
そんな映画もあった。
さびしんぼう

女の子の思春期の欝、つまり、キャストレーション(去勢)を暴力的に受けることからくる「異性に助けを求める、ファッションや体の健康、母の実践を覚える」などの時期を深く理解することが、国民全体の豊かさにつながる。
厚生労働省全体のあり方にも関わる問題となっている。
国民全体に豊かさが行き渡らないと出生率も上がらない。
7万の仏教の宗教法人と四千のキリスト教の宗教法人のバランスを考えると、8万の宗教法人を有する神道はキリスト教(ユダヤ金融資本)の側につかざるを得ない。
国民の健康や豊かさに極めて有効な介入を神道の側が行わなければならない。
檸檬の年頃

女子高生に「恋はいい思い出」(マルクス主義)を教えるのは国家としては失敗に終わった。
「処女と神学」(ユダヤ金融資本)がより、国家を豊かにすることが明らかになった。
女子高生の踊り

タバコが値上げ続きだったが、国家としては「親の真似」をしてタバコを吸うことを女子高生に禁じたのだ。
これは、パターナリズム(父親的観点)から行われたものだとされている。
タバコを買うぐらいならば、肉まんやカフェオレを勝ったほうが割りにあうという政策だ。
旧約聖書は「タバコをやめて教会に献金しなさい」という教えに大部分を割いている(レベッカがキャメルを吸った)が、タバコが「女子高生には手が出せない値段」になることは、国を豊かにし、国民を健康にした。
タバコの値上げは「集団的介入」(国民を豊かにする)のための「集団的効率性」と呼ばれた。
酒井法子 100%の雨が降る

なぜ、女子高生を「大人」の世界から排除したのだろうか?
それは、小さな赤ん坊にワクチンを与えるためである。
1962年から1994年まで、日本国では「インフルエンザの予防接種」が義務付けられていた。
しかし、孤立した妊婦さんが風邪を引いたり、そもそも、女子高生が平成の時代に「ルールを見失った(1994年)」ことから、この制度は廃止されている。
原動機付き自転車のヘルメット着用義務付けなどは、集中治療室(ICU)の空きを増やすために作られたルールである。
自分を害することが、他人に迷惑をかけることがあるというメッセージであった。
「男の人を喜ばせて何がいけないの?」
それは国全体の豊かさとつながるきわめて政治性の高い決断のもとに答えがあるため、「タバコ」「ヘルメット」などからメッセージを送るしかないと言う現状がある。
17時の門限と22時の門限があるが、17時の門限は「ノンケと肉体労働者」対策であり、22時の門限は「オカマとインテリ」対策だった。
17時は「ソフト」と呼ばれ、22時は「弱い」と言われるパターナリズムである。
女子高生はほとんどが「ソフト」ではないだろうか。
あるいは、学習塾などがあって「弱い」対策がなされることもある。
国道渋滞8km おニャン子クラブ

「肉体労働者やノンケ」の18時と、「オカマとインテリ」の23時は、階段のようなものであり、だんだんとそのような人が街から閑散としていくという意味である。
19時に、中華料理屋で食事を食べていても、もう、そこには女の子はいない。
なんとも言えぬ「さびしい食事」になるだろう。
しかし、「国の豊かさ」とはそういうところからもたらされている。
西アフリカでエボラ熱が問題になったが、「処女と神学」が成立している日本国では朝鮮人が「うんこ煮」を食事に混ぜる問題として知られており、二週間寝込むだけで済んでいる。
豊かさとは教育からもたらされる。
「穴があったら入りたい」というような扱いを女の子に与えているようでは、とうてい豊かさは約束されない。
南アフリカでは、女の子は「掛け算を覚えるより先にレイプを経験している」とされ、「処女と神学」が成立しようのない教育水準がある限り、貧しさからの脱却はできないのだ。
野口五郎 19時の街

19世紀に、ウィリアム・ヘボンが、「恋はいい思い出」と考えるマルクス主義に対して、女子高生の「処女と神学(男らしさ)」というものを考えている。
それは大陸横断鉄道を作ると言う目的から、お金を必要としたからである。
アメリカでは、1割の私立高校からしか、ハーバードやスタンフォードには進学できない。
残りの9割の高校には「バンキット」「ハロウィーン」などがあり、わりと自由な恋愛が許されていたが、「経済政策の柱」である「処女と神学」を守る高校生に進路は常に味方し、優遇されたのだ。
ヘボンは「勉強する男のおちんちんは、女に侮辱されて勃たなくなることはない」
としていた。
ハーバードやスタンフォード、日本では東京大学などがあるが、学歴社会を構築したことは、「勉強する男を侮辱する女はいない」あるいは「勉強する男は女というものを知り尽くしている」という二つの側面から「勃たなくなることはない」とされたのだ。
東京帝国大学法科の学生として三島由紀夫は名門女子校の周りをうろついていた。
それは、文学のためでもあった。
「処女と神学」というテーマからは川端康成のみならず、三島由紀夫も自由ではなかった。
愛国心と経済発展が女子高生にかかっているということを、一流作家は知っていたのだ。
しかし、三島由紀夫には「男色」という性癖があり、いくら頑張ってもつまらない文学しか書けなかったのだ。
日比谷高校の物語を描いた庄司薫の「赤頭巾ちゃん気をつけて」という小説を三島由紀夫は「類まれなる才能」として絶賛したが、三島本人は「男色」「肉」(オカマ)として、その後の「悲劇的結末」を人生の最後に迎えている。

映画「さびしんぼう」

 

ゴーギャンや、オルテガ・イガゼットは、カント(口説き文句)を学んで、南の島へ進出したが、日本軍は「ムラサキ」(醤油)を持っていった。
ムラサキ(醤油)は、乳首や女性の局部をピンク色にする効果があり、卵子の研究、つまり「限られた卵子に、厳しい暗闇を生き残った精子の王が攻撃を続ける、眠れる卵子の眠りを覚ます精子」という、ポリペプチドからなるに過ぎない、「精子と卵子」から研究を行い、乳首がピンク色の女を作り上げることにしたのだ。
酒井法子 イヴの卵

時をかける少女も、大林宣彦監督による尾道三部作のひとつであるが、「女の卵子」そして、パープル(醤油)の関係がヒントになっている。
醤油こそが「魅力的な女の卵子」を作るとしたのだ。
パープル(醤油)の研究をするために未来からやってきた学者の物語である。
女性たちの快楽の記憶の回路をつなげて、上空にF-15戦闘機を飛ばしてタイムトラベルをするためには、パープル(醤油)の研究が必要であり、宇宙で醤油を摂取するとラベンダーの香りがするとされる。
時をかける少女

また、男も乳首がピンク色(パープルアイ)の方がモテたため、胚が四つに分裂するときに、二つの細胞が「紫色」になることが確認されている。
父親の「乳首の色」が娘に遺伝するのであって、それは「ディープパープル」とも呼ばれた。
パープルアイは「豊かな食生活」からもたらされていたし、醤油が適度に用いられた、
高貴な血筋の男特有のものであった。
鍛え上げられた肉体に綺麗な乳首(パープルアイ)がなければ、とっくに死んでいたかもしれない。
いかなる試練にも耐えられる秘密はここにあった。
「結局、高貴といっても権力闘争なんだよね」
スカーレットのお坊ちゃんお嬢ちゃんたちの黒い乳首を見てそう思った。
男は乳首をさらしても放送コードには引っかからない。
それは、コードネーム「ムラサキ」と呼ばれるルールだった。
Deep purple black night

脳の聡明さは乳首を見れば分かる。
自分の裸を鏡で見ることをひそかな楽しみにしているものは、何か特別な才能に恵まれていた。
高橋由美子 バスルームでキャッチホン

口では「家柄が違う」などと言っていても、本当の「お育ちの良さ」は乳首に出る。
女たちは、シャー・アズナブルのシャワーシーンを見てそう思った。
「脳は肉体である」
つまり、鍛え上げられた体と、パープルアイがあれば、聡明な頭脳になるのだ。
私は、高校時代に留学し、海兵隊の軍事トレーニングまがいのレスリングをやらされ、欧米の食生活に慣れ親しんだ。
カツ丼だけが恋しかった。
「ピンク色」とは言わないのだ。
「黄色がかったオレンジ色」と欧米では表現する。
夏の海岸は、女のからだの品評会だけではない。
男のからだも見られているのだ。
河合その子 不思議バカンス

令和天皇の虎の穴生活時代。写真

「脳を使わないと勃たなくなる」
「脳は肉体である」
などを踏まえると、男の「パープルアイ」こそがその男のポテンシャルを示すことになる。
よくも勉強が楽しかったなんていえたわね、もう許すけど。
シドニーからメルボルンへの往復チケットが買えるかどうかは、お父さんの乳首の色=自分の乳首の色しだいなのが女、そこで女は乳首を隠した。
「付き合うまではね」
ribbon be my diamond

美しい乳首というのは「いじめられた男女」が必要としているものだ。
いじめとは「お前の脳は50オンスしかない」と言われるような行為であり、周囲から与えられる「アイデンティティ」に自分の立場が依存してしまう。
「痛みや悲しみを決して人に見せたりしない人」
そのようなアイデンティティを与えられる女の子もいる。
嵐 ギフト

 

そこで、自分の乳首に恋をしてくれる人、を男女ともに必要とするわけであるが、男は「パープル」によって乳首を公にさらすことができるが、女の子はブラジャーというものをするようになる。
つまり、ブラジャーというものが「恋の秘訣」なのであり、自分の乳首に恋してくれる異性なり、自分自身なりの存在から、アイデンティティというものを見つけていくのだ。
男たちの「脳」は激しく激突する。
受験戦争でいやおうなしにそれは行われるのだ。
しかし、女の子だけは「脳の激しいぶつかり合い」から避けなければならない。

男が「脳の激しい激突」を引き起こす大学受験や選挙や政権交代で、あなたの「お姫さま」は無傷でいられるかしら?
強く儚い者たち

極端な話をするならば、女が「恋」をするのは、男社会で「脳の激突」が起きたときだけだとも言われる。
参議院通常選挙もそうであろうが、原因と効果が存在し、原因としては、男社会の「脳の激突」であったであろうが、女たちは、男の肌や唇やぬくもりを楽しんでおり、その効果としてはかなり悲劇的な終わり方があるとしたのだ。
SPEED サヨナラは雨の日

男同士の「脳の激突」で、完全な「日本製」は、敗北を悟り、周囲の妻や娘を「信じていること」「欲望」のために体を売らせていたのだ。
敗北したら容赦なく請求書は届くし、「輝いている男の目」をみると、自分が「犬の目」をしているように思われたため、くだらない奴(犬)の目をしながらしばらく生きて断念するんだろう。
戦争宣言した以上、完全な「日本製」の男は「犬の目」を周囲の女たちから罵倒されるのだ。
もう何も努力はできない、それでも「信じること」「欲望」だけはあったため、「スタンフォードと同格のふり」をするためには、周囲の女に体を売らせていた。
「犬の目」から火が消えるのにもさほど時間はかからないだろう。

将棋の世界では「勃たなくなる」ことを「壊れる」といい、すでに恐るるに足らぬ存在となっていた。
国家レベルの戦争で勝った国の言語(英語)を丹念に洗っていくのは当然の作業だったし、「壊れた」男の目を見れば、もはや目はうつろであり、金、女、そして運に見放されたことは明らかであった。

「攻撃を否定」できない、「ダメージはダメージとして記録に残す」これだけでゲームというものは作れる。
「サヨナラ逆転満塁ホームランがある」などと言っていても、すでに、目はうつろであり、くだらない犬の目を周囲の女から罵倒され、金や運気に見放されていた。
民法にせよ会社法にせよ国家行政組織法にせよ、ヨーロッパ化が終えていたため、「攻撃を否定」しながら生きていても、どこかで「くだらない犬の目」をする羽目になる。

我々の人間社会は、常に「白黒をはっきりつける」ものではない。
「攻撃を否定」し、ダメージをカウントしないのが世の中なのだ。
さらには、「いざ」というときに、「逃げ出す」か「わざと敗北する方向に誘導する」(敗北主義)かの二つが存在する。
ニクソンのような「ひきこもりがちの」指導者(ポイントソース)が、何を考えているのかをしきりに探った。
ましてや、朝鮮人は「ポイントソース」の日記を調べたり、食卓を握ったりしたのだ。
「いざというとき」に負けてさえくれれば、今までの「攻撃の否定」は正当化される。
そういう「不利な戦いをしている男」への崇拝(宗教)は成立しえた。
ミスターXのように「他に代わりがいない。一方的に譲歩をせまられる」北朝鮮のやり方に対して、「不利な戦い、ハンディキャップレース以外にしたことがない」男への信仰心というものは存在した。
しかも、国民の金融資産は1500兆円に及ぶ。
「卑怯者」「万馬券を当てただけのもの」の発言はとにかくインテリジェントではなかった。
メディアや主婦層も「ラッキーイディオト」を潰すのは簡単だった。
私が、横浜市立南高校から、アメリカ留学を経て、大検から「飛び級」で東大文Ⅰを受験した頃から、地元の主婦層は「ハンディキャップレース以外しない」私への信仰心を持っていたようだ。
地元といっても、芸能界の中枢のような街であり、私のメンタリティへの支持を得ることは非常に重要なことであった。
地元の主婦層は「世の中の簡単さ」を知っていた。
「ポイントソース」が「勉強ばかりしている」のは心にいい影響をもたらしていた。
ニクソンはいつ核兵器のボタンを押すのか?ポイントソースはいつ世界デビューするのだろうか?
ハーバード大学は「1999年3月」にその日時を定めた。
ホリフィールド対レノックス・ルイス第一戦が行われた。
司法試験に受かったぐらいでは「つまらない男」になるだけだ。
より「ハイカラな」指導者作りを、ハーバードは志向したのだ。

ビリヤードでも、キューボールが、1ボールをコーナーポケットに沈める時に「知性」を感じる。
さらに、2ボールを沈める時に、どれだけ洗練されているかを感じる。
3ボールを沈めるときには「どれだけ人生の課題が多いか」を感じる。
ポイントソースが、1ボールも沈められずに、相手に攻撃権が移った時には、1ボールでポイントソースの人生の悔いを感じ、2ボールでポイントソースの存在意義を疑い、3ボールでどちらのバックが強いのかを考え直した。
ビリヤードの世界には「攻撃の否定」という発想はなく、とにかく「ネットの発言」から淡々と「玉を落としていく」作業である。
ポイントソースが「確実に玉を落としていく」のに対し、卑怯者、万馬券を当てただけのものはまったく玉を落とせないではないか?
インターネット上の発言でも「玉を落としていく作業」はフェアなゲームとして信仰心を集めた。

誰もがキャリアのはじめは「挑戦者」から始まる。
時代の「カエサル」が胡散臭ければ、「ブルータス」としてカエサルを倒すことからキャリアをはじめるのだ。
カエサルを倒すことは、カエサルの母・マリアを悲しませることである。
それでも、男の「脳と脳のぶつかり合い」は確実に起きるのだ。
いきなり王者になることはできない。
9ボールをコーナーポケットに沈めるまでは世論が認めないだろう。
フェアなゲームとしてのビリヤードはその後の人生も続くものだ。
9ボールまで沈めていけば、プロ野球チームまで優勝するかもしれない。
淡々と、世の中の「ボール」を1から順にコーナーポケットに落として行ける力量がないのならば王者にはなれない。
イエスキリストの仕事とはそのようなものである。

127名の天皇のうち、大嘗祭をやるお金がある天皇は42名だけだった。
禅譲が行われず、「クーデターがあった証し」として大嘗祭は行われる。
ブルータスは挑戦者としてカエサルを倒した。
カエサルの母・マリアの悲しみからすら資金集めは行われた。
息子が「繁栄するとはどういうことか、生きるとはどういうことか?」を証明できないことすら母の喜びだったのだ。
浜崎あゆみ M

 

2019年7月 6日 (土)

名誉職。

我々も、令和の新体制がスタートして、二ヶ月が経過するが、強烈なストレスがどれほど新体制に安定感をもたらすかを経験したところである。
しかし、そこで、上皇・上皇后の役割について指摘したい。
まず、今まで「テレビ」(行政)でよく知られていたこと、立法つまり、周囲にカネをばら撒いたこと、そして、司法つまり、音楽作品によって恋愛に詳しかったことが名誉職の存在意義だ。
あるいは、今の天皇・皇后の「実像」をよく知る立場にある。
バロン・ド・モンテスキューは「天皇がオカマについて語っても株価が暴落しないのは名誉職があるおかげである」とし、上皇・上皇后の存在意義を語った。
以前、私がジョゼフ・バトラーの「ヘンタイ」の研究を公表したら、日経平均株価は千円以上の大暴落をしている。
つまり、「肉」と「魂」の研究を深めることが出来たのも名誉職が存在するおかげである。
「ペルシャ人からの手紙」とは「ペルシャ人」つまり「肉」(オカマ・いじめっ子・ジャニーズ系)の研究のことであるが、国に混乱を引き起こさないで「いじめ撲滅」をやることは名誉職が存在しなければ「天皇には不可能」と考えられている。
ステーキ CM

ペルシャは「イラン」と名称を変え、オカマを「ウズベキスタンへ」と追放し始めた。
ウズベキスタンとは、ヨーロッパで言う「オランダ」であった。
ウズベキスタン(肉)の、イラン(魂)崇拝は強烈なものがある。
肉は「恋愛論が理解できない」という特徴があった。
ハメネイ師を崇拝しながら、恋愛論を理解できない、イランのスター(永ちゃん)に声援を送るのがウズベキスタン人の役割であった。
組織内部の「いじめ撲滅」を、若い指導者が自由に行うために名誉職(上皇・上皇后)という役割が存在するのであり、もし、名誉職の立場の人間が「人を殺せ」と言うのであれば追放するしかない。
「人事に口出しできない名誉職」というのは基本なのだ。
それさえ守れば、王朝はかなり力を持つ存在となるだろう。
いじめさえなければ「仕事は定時で終わる」とも言われる。
なぜ、「肉」は「魂」をいじめるのかは「そういう奴がいると下痢をしてしまうから」という観点を指摘したが、ようするに「太か~!」という便を経験したいからだ。
カントの「口説き文句」はオカマには理解できなかったし、高貴なものにしか分からなかったため、恋とはそもそもが「高貴な」(ノーブル)ものとされた。
国生さゆり ノーブルレッドの瞬間

このようなことは、民の支持のある君主制においては必ずしも君主は書けるものではない。
むしろ、名誉職(上皇・上皇后)の存在を踏まえた専制主義において書かれるものだ。
「太い便をしたいだけのために人をいじめる」ことを明らかにすることは、確実に「8%の男」を敵に回すからである。

オカマは常に「解雇」「放校」を恐れながら人をいじめていた。
カント(口説き文句)やニーチェ(女心の定義・ルサンチマン・政治)を知らないまま、組織に属していたからだ。
太い便さえできれば人生に目的などなかった。
「つぶしがきかない仕事」とも言われた。
行政(芸能界)・立法(周囲にカネをばら撒く世界)・司法(恋愛論)の三権分立はノンケの男にとっては区別は明確ではなかったが、オカマにとっては「テレビにしか居場所がない」という男を確実に生み出したのだ。
三権の長(天皇)に声援を送ってさえいれば、下痢はしなかっただろうが、非力な皇族は「下痢をするために」容赦なくいじめた。
このような「肉」の論理は処女たちに人気があったし、普通の女たちも興味を持った。
肉はとにかく「社長の悪口を言う常務会」にしか居場所がなかったし、そもそも社長にはなれなかった。
しかし、女たちに人気があった。
このことを理解することは、「外国国家の常務会」「肉」と手を組むという基本が存在することを意味するため、やわらかな「戦争論」とも呼ばれた。
また、留学生は「体つき」で選抜しろとも言われ、貧弱な体をした男はカマを掘られた。
このことを理解しないと、どれほど今までのキャリアを台無しにされるだろうか?
「金がない」「受験に失敗した」という二つが、男がカマを掘られる理由であるが、このような「肉が食べたい」というメッセージは、パガニーニのカプリースにこめらているとされ、パガニーニのカプリースを流すと為替にいい影響があった。
パガニーニ カプリース

オカマが統計的に多いプロテスタントにおいては「民の支持のある君主制」がいいとされ、オカマが少ないカトリックにおいては「専制主義」がいいとされる。
私は、現在、芸能界(行政・プロテスタント)と密接に関わっているため、オカマの話しをしなければならない。
横浜市民(カトリック)にはふさわしくない話題かもしれないが、「都市伝説」の域を出ないとされながらも、専制主義の救いとなるのが「オカマ」の話題なのだろう。

イエスキリストが「オカマの論理」「太か~!」を本当に理解した時に、そもそもが「民の支持のある君主」であったために、イエスは「悪魔の性質」と人々に噂された。
民の支持のある君主制が、もし民の支持を失うことがあっても、専制主義に堕することなく、いつでも人気を復活させることが出来るようになったのだ。
それのみにとどまらず、外国国家もイエスキリストの「主権」の範囲に含まれることを望んだ。
カント(口説き文句)も、ニーチェ(女心の定義・ルサンチマン・政治)も知らないのに、その場を仕切りたがるオカマは、犯されることに怯えていて、それでいて、声が太く、外見も男だったため、とにかく「ファッションにこだわる」というルールをもっていた。
ファッションを知らない男を「秘密の暗号」でいじめることにしたのだ。
とにかく、カントやニーチェにはついていけなかった。
アナルセックスという快感を知っている以上、もはや、「女を口説く」「女心」などには興味がなかったのだ。
このことから、幼い恋(みんなが噂しているから好きになる)というものも生まれている。
藤本美貴 銀色の永遠

イエスは「磔」にならなければ、尻に「青銅の蛇」をぶち込まれることもなかったし、「悪魔の性質」を知ることもなかっただろう。
「民の支持のある君主」が、ヨゼフとマリア(上皇と上皇后)という名誉職の存在のおかげで、専制主義に堕する(人気を失う)ことがあっても、いつでも人気を復活させることが可能になったのだ。
プロテスタントは、オカマの多い世界であり、「常識」というリアクションや「下品」という反応をしたが、カトリックは、「青銅の蛇」の話しを「都市伝説の域を出ない」「面白いね」と話し合った。
青銅の蛇という言葉がキリスト教社会に突如として登場したのが1981年のことであり、今まで、哲学者が、「女心」について研究していたところ、「理解できない」「面白くない」と言っていた「オカマ」=「肉」を、笑いの対象としてさらに深めることにつながった。
カントやニーチェなどに通じている男に「青銅の蛇」をぶち込むことは、「クジラによる睡眠」と同様に、全体主義につながる恐れがあるとされた。
プロテスタントの世界では、「男が体を売るのは当たり前」と言われて、まったくウケなかった話に過ぎない「青銅の蛇」であるが、カトリックではウケた。
イエスの尻に「青銅の蛇」をぶち込んだのかどうか?
これは当然、各宗派の解釈次第であろうが、「ウケない、笑われたくない」男はプロテスタントの世界では「8%」ではすまない人数がいた。
このあたりの、「肉」と「魂」のバランスを「人間」という議論でどのように受け止めるべきなのか?
それも含めて、天皇・皇后は「上皇・上皇后」という名誉職の存在がなければ、
「青銅の蛇とは何か?」という議論は明らかにはできなかっただろう。

2004年に、シュトローソンは、「日本国でこれがウケるのならば、日本国はカトリック国である」としている。
芸能界(行政・プロテスタント)の世界では「青銅の蛇」は「何が面白いのか?」というリアクションであり、狙いが絞りきれなかったのだ。
レイザーラモンHG

そもそも、シュトローソンは1982年に「怒りを歌え」というテーマソングで「カマを掘られる男をなくそう」という運動を起こしていた。
2006年までこのムーブメントは続き、日本国はカトリック国としてのアイデンティティを確立していたようだ。
2009年にはアメリカの「陣営」が、その効果を確認して撤退している。
「これで日本国も法律(男らしさ)が分かるようになるね」
キス派(カトリック)か、胸派(プロテスタント)の違いも生じた。
渡辺美奈代 Too Adult

胸派(プロテスタント)の「肉」(オカマ・いじめっ子・貧弱な体)に女たちが「吐き気」を感じたため、発言の節々に「芸能人生命」を削ぐ言葉があった。
「おっ○いも禁止」の意味が分かるようになればいいのだ。なぜ禁止なのか?
胸は女にとって「私とは何か?」という問題だからである。
なぜ、吐き気がするのかは「計算が面倒になる」という仮説が考えられる。
男でも、非常に面倒な計算には吐き気がするし、受験時代に「吐いて」簡単な軍師官兵衛として生きようと決めたものも多い。
学問は「やるかやらないか」という側面があり、「やらない」と決めたのならば簡単な人生が待っているだろう。

ツイッターなどのSNSの使い方は「女を漁る男がいる」ことを想定して作られている。
結婚している男が「使い方」に詳しいのならばむしろ恥ずかしいよね。
外に出れば普通にすれ違う「女」目当てにツイッターかよ。
文字だけだと、どこで女が怒ったのかの見極めが困難だ。
人間は「100回発言すれば7回は相手を怒らせている」とされ、その「ポイント」から人物像を特定していく。
言葉の数が男よりも少ない「女」を相手に「お金」=「音符でできた言葉」=「哲学」を語る男は、なかなかおらず、閉鎖的空間だけが待っているのだろう。
松田聖子 四月は風の旅人

「文字だけならどんな学者もどんな有名芸能人も対等」であるとされ、暖簾はほとんど通用しない分析哲学(女の嘘)の世界だとも言われる。
「ヒステリーを起こす女ほど美しい」という見解も存在する。
いずれにせよ、「肉」「魂」「人間」という三部作は「上皇・上皇后」という名誉職がいなければ総括しきれなかったし、君主が「オカマ」について語るだけで体制不安が引き起こされる。
その代わり、名誉職をうまく利用して「肉」「魂」「人間」という三部作をまとめきったらかなり永続的な体制が保障されるだろう。

1959年に西ドイツのブラントが、「男は男であり、女は女であることに気が付いた」とし、これを「文化の時代」と呼んだ。
ブラントは、ワルシャワのユダヤ人ゲットーにひざまずいている。
私も、同じ論法で、従軍慰安婦像にひざまずいたことがある。
ブラントの頭には「ノンケのイエスキリスト」があり、「女の子が女になるのは当たり前ではない」ということのみならず「男の子が男になるのも当たり前ではない」という理解があった。
ノンケのイエスキリストとしては、ユダヤ人ゲットーにひざまずくのは「発想が自由でいい」とされた。
家事審判法には「公益性の高い甲類」と「紛争性の高い乙類」があり、紛争性が高いのならば「女たちにモテる」「アカデミズムに貢献する」結論が求められている。
ニスベットは、1996年に「ノンケのイエスキリスト」が主流であるかどうかで地球の「北と南」を区別した。

ribbon 愛してジャスティス

「美しい経験だと思った」という南半球の論理を、プロテスタントも一部にもつことになったため、「偶像崇拝の否定」を行う論客も存在する。
紀元前540年~537年のオリンピックにおいてはキセノファネスが活躍した。
旅をする「ラプソディ」(狂詩曲)の歌い手として知られた。
ラプソディが登場した時にオリンピックは始まっているため、バアル信仰はオリンピックとともに、そしてキリスト教とともにあったことになる。
「男性的観点から女心を語らないとバアル信仰は成り立たない」
このことから、イエスキリストの尻に「青銅の蛇」をぶち込めという「磔」は行われたのだ。
想定外だったのは、イエスキリストはすでに哲学をマスターしており、「肉」「魂」「人間」という三部作を完成させることに「青銅の蛇」はつながってしまい、悪魔の性質を身につけたとされたことだ。
バアル信仰(プロスポーツの勝敗をコントロールする信仰)以外にも、エンターテイメントが青銅の蛇から生まれた。

2006年に日本国はカトリック国としてのアイデンティティを確立しており、イエスキリストは「スポーツとエンターテイメント」の二つの方面から祝福された。
ファッションや花言葉を用いて男性社会に優位に立つという発想以外にオカマにはなかなか音楽作品は根付かなかった。
小泉今日子 私の16歳 「私の16歳」は、パガニーニのカプリースを参考にしたとされる。

皇室は海から来た。
ノクターンを聴きながら男女で合体すること。
ショパン ノクターン

クジラの声を聴きながら眠ること。
クジラの声

神は天地創造の6日目に「光よあれ」といって、女性を動物ではなくした。
つまり、「昼間」を作ったのだ。
それ以前の、皇室は明らかに「海から来た」のである。

夜、熟睡したら、昼間は「音楽作品とオリンピック」があった。
それで人生が成り立っているのだ。
応援する側も「音楽作品」の耳学問をやって、オリンピックに参加できることになった。

医学の世界で「インフォームドコンセント」というものがあるが、従来の「医者の力量」に頼るのではなく、「カトリックからプロテスタントへの改宗」つまり、芸能界デビューを、自らが「イエスキリスト」として「青銅の蛇をケツにぶち込まれる」ことを「覚悟する」という意味であるとし、それに「同意するのか」「覚悟するのは簡単なのか」を論ずるものとなっている。
なにしろ、医学といっても、医学の宗教的側面は精神科医療が支えている以上、「覚悟」というものは「青銅の蛇」に対するものであり、プロテスタントの世界でそのことをよく「説明」する必要があるとされた。
モーニング娘。Do It Now!

芸能人になるとはどのようなことか?東大に入るとはどのようなものなのか?
彼ら(彼女ら)に「拒否権」を用いることができるのは庶民である。
エホバの証人は「他人の命を用いてまで自分の命を長らえさせようとは思わない」とし、輸血を拒否した。
他人(芸能人)はカマを掘られているとし、その「血」を拒絶したのだ。
1970年代以降、芸能人が「徹夜」して遊ぶのが常識となっていたことも背景にあった。
市民に「血」が差別される、このことにも「覚悟」「インフォームドコンセント」が必要だった。
行政府(芸能界)の「プロスポーツとエンターテイメント」の二つの方面から祝福されたイエスキリスト(天皇制)の「血」をエホバの証人は拒絶したのだ。
「地方自治に溶け込みたい」
これがエホバの証人の主張でもあった。
東大や官僚批判・芸能人の悪口を言っている以上、輸血拒否は当然ともいえた。
「芸能界デビューの覚悟をするのは簡単だった」
本当だろうか?エホバは少なくとも「思いとどまるように」というメッセージを送っていた。
青銅の蛇でカマを掘られたイエスの血すら「避ける」のがエホバの証人であった。
児童虐待の防止と、両親への信頼をエホバの証人は主張したのであり、リーマンとして、権力者から自立し、支配されず、精神病患者に「だから言わんこっちゃない」というのがエホバの証人のアイデンティティとなった。
「肉」(オカマ)にはHIV陽性が多かったが、それは「いじめっ子」であったため、オカマといじめのどちらがHIVの原因なのかは普通は明らかではなかった。
「前に出るかでないかのどちらかだ」と会長や親が子供に決断を迫ることもあったが、エホバの証人は少なくとも「子供」の側に立った。
「名誉職」というのは常に、勝利を求める「会長や親、庶民」に対して、「勝つ必要はない」と言うのが仕事であった。

ユダヤ人もキリスト教徒も、イエスキリストの「青銅の蛇」を使う側と使われる側として、「神の本当の意思」を探ることになった。
エルサレムに近い東方教会の方が、西方教会よりも「青銅の蛇」に詳しかったとされる。
ローマ帝国においては、本当に「処刑」を行うこともあったし、東方教会の方が青銅の蛇をよく理解していた。
ルネッサンスとは「処刑のない世界」のことを言うが、1453年にコンスタンチノープルが陥落して、イスラム圏にも「セカンドルネッサンス」が訪れていた。
女たちは「バアル信仰」を持っていて、音楽作品への理解力を競い合ったし、ヨハネの黙示録は「哲学(女を口説く学問)」こそが「政治学」になるだろうと語っていた。
「犯すなかれ」という戒律を守ったユダヤ教も、イエスがカマを掘られたと衝撃を受けたキリスト教も、現代に至るまで存続している。
【隣人とは街を行きかう人々のことだよ】
Mr.Children Tomorrow never knows

青銅の蛇というのは「女に詳しい」「哲学を知っている」男のケツにぶち込んだものであり、そもそも、大学進学以前に、オカマになっていたら「女に詳しくなる機会が与えられない」「男の自信を刈り取られる」ものであった。
このことから、「青銅の蛇」をめぐる、「論点の土俵を変えてしまえ」というディベート術が発達した。
しかし、心ある女性が「青銅の蛇」の議論に痛く心を打たれたため、日本国のディベート術はまだ発展段階にある。
また、ゴスペルが子供たちによって歌われ、まだカマを掘られていない男の子たちは、「男らしい男」「女らしい女」が存在するだけで国が豊かになるという発展が国連の手によってなされた。
ゴスペルというのは歌謡曲と異なり、なんだか退屈であるが、アイデンティティは「まだカマを掘られていない男の子」が歌う歌として「富の象徴」とみなされたものだ。
松田聖子 雪のファンタジー

「青銅の蛇」の議論を必死でもみ消そうとするオカマ(男の自信を刈り取られた者)のディベート術に対抗する形で「女神崇拝」「アマテラス」「聖母マリア崇拝」というものは生まれたのだ。
聖母マリアとは「美智子上皇后」かもしれないし、イエスキリストの「青銅の蛇」体験にたいそう心を打たれた存在だった。
哲学は哲学として「女心」の探求を続けていたが、カント(口説き文句)、ニーチェ(女心の定義・政治・ルサンチマン)にせよ、ヘーゲル(イケメン)にせよ、JSミル(思春期の女の子の欝)にせよ、詳しかった男が「青銅の蛇にやられた」のならば「それはもはや宗教ではないか?」と位置づけた。
マルクス(女の子の思春期の思い出)は、「青銅の蛇にやられたのならば、もはやそれは、女たちのフェティシズムの対象」であるとし「物象化論」と呼んだ。
宗教と物象化論はどのように異なるのかは明らかではないが、宗教は「男女問わず」支持を得るものであるのに対して、物象化論とは「女性限定」であるとされた。
つまり、マルクスは「唯物論」の立場に立ち、「女たちの支持だけを狙った」のである。
檸檬の年頃を書いた男がカマを掘られたようなものだった。
貴重な論客が「男の自信が刈り取られた」のである。
檸檬の年頃

20世紀になって、ミシェル・フーコーが「真実と力」という論文を書いた。
プロレスラーは弱いなんて議論はナンセンスだとしたのだ。
「簡単な技」で人間というのは落ちてしまうとし、「技」に興味があればカマを掘られないとした。
1960年代から1970年代にかけて、ブーバーやレヴィナスが「プロレス」再評価を行い、力道山の「空手チョップ」でもいいから覚えてくれとした。
バックドロップにせよ「人間を壊すってのはあんがい簡単なんだ」としている。
努力をしないで人間を壊す方法をプロレスが見つけ出したため、イエスキリストの「青銅の蛇」に恐れをなしたプロレスの世界は「ルシファー」と呼ばれた。
イエスキリストがルシファーなのではない。イエスが影響を与えた連中のことを言う。
体形が小柄だ、しかし、男の自信を刈り取られてたまるか、このような連中のことだ。
キムヨナ 007

プラトン(音楽作品を作った人)は、「国家」において、音楽作品さえ満ち溢れていれば「民の支持のある君主制」ができるはずであり、「青銅の蛇」など必要ないと考えていた。
緊急事態条項としては、今まで「最も哲学に詳しい男の顔写真を日本中にさらす」ことが想定できたが、「青銅の蛇」をケツにぶち込むという事例も想定可能となった。
①顔写真を国中にさらす。
②青銅の蛇をケツにぶち込む。
これを、プラトンは「やらない方がいい」と考えていたのだ。
これをやってしまうのは「上皇」「ヨゼフ」の老害だと考えられる。
金も人気もない「上皇」「ヨゼフ」が青銅の蛇を持ち出したのであり、実際にイエスの父・ヨゼフってどんな人?と言われるとかなり議論の可能性が残される。
歳をとるとはどういうことか?豊かになるとはどういうことか?
それは「ヨゼフの研究」をやらなければ年金制度も作れないのだ。

マルクスも、思春期の女心に詳しければいいと考えた哲学者に過ぎなかったが、思春期の頃の記憶は、歳をとったら「そういう夢を見た」としか覚えておらず、そこで、「敗者に寄り添った記憶」などを「恋の思い出」として指摘した。
松任谷由美 ノーサイド

ところが、「世界最高の哲学者に、青銅の蛇をケツにぶち込む」ことそのものが、弱き者が強き者に仕えるという社会の序列を覆してしまう「プロレタリア革命」であると考えた。
カントまでは「青銅の蛇など必要ない」という考えが主流であったし、そうでなければ哲学が発展しないと考えられていたが、マルクスこそが「青銅の蛇」を用いた近代政治学の父であった。

ギリシャのポリスにおいても「恋愛のない街は、恋愛のある街より不幸である」ということは明らかであったし、そのためには、上皇・ヨゼフは不幸しか撒き散らさなかった。
イエスだけではない。
ヨゼフは、国民全体の恋愛を不愉快に思っていたのだ。
ヨゼフ・平成天皇がいるから、「なんでこんな問題で無期限謹慎?」という報道がなされている。
堅物でなければ上皇にはなれない。
このことは、エルサレムのアイヒマンが明らかにしている。
しかし、人生を楽しんでおらず、貧しければ、間違いなく国を誤った方向に導く。
「男らしい男」「女らしい女」がいるのは当たり前のことではない。
しかし、性倒錯に詳しくない名誉職ならば「老害」と言われても仕方がない。
「そんなに偉いのならば医学の知識は当然あるんだろう?」と言うしかない現状がある。
結婚した人間にとって正三角形のものでも、独身男女には高さ一センチで底辺は二マイルとされるのが正三角形であり、これがアインシュタインによって指摘された。
独身男女にとってどれほど迷惑な存在であろうか?
平成の時代は破廉恥が横行した。
しかし、少子化も急激に進んだだろう。
瀬能あづさ 秋

スマートフォンは売れに売れた。
それは素晴らしい。
みんな「不健康からの脱却」を行いたかったからだ。
ヨゼフがいなくなることはどのSNSもスマートフォンビジネスも望んでいなかった。
みんなが、現実よりもインターネットを大事にしていると言う意味ではイエスも得をした。
「文字の筋肉」を見ていれば「恋人がたくさんいる」という女など大勢いた。
文字を読めばお金になったし、ヨゼフ・平成天皇の支持者は根強かった。

子育てに「アメリカの理論」など必要なかった。
古い言葉、高校の便覧こそが必要だった。
痛みさえ取り除けばよく眠れる。
そのためには「古風な」親の存在が必要だった。
私も、アメリカにホームステイしてから不眠症が始まっている。
家庭には「古い言葉」が必要だったのだ。

そもそも、銀行と証券会社は「同じ組織が運営してはならない」(銀証分離)という仕組みがあったのだが、この仕組みが廃止され、しかし、「常務会だけは分離を堅持する」とされている。
つまり、社長の悪口を言うのは「常務会」であり、社内の女子たちに非常に人気があった。
一方、社長や専務(社長会)の悪口を言うのならば、「カマを掘られるのは覚悟しなければならない」とされている。
「親を敬わない、先生を敬わない、国を愛さない、人々の意見の違いを認めない」のならば、他の男(ゲイ)にカマを掘られることは覚悟しなければならない。
「尊敬の気持ちを持つ」ことが、カマを掘られることから自由になる秘訣であり、神社仏閣はそのためにあると言ってもいい。
代々木ゼミナールも、秋には「東大合格祈願」という札を配っている。
男の自信を刈り取られないようにするためだ。
カントは「目上の者を敬ってくれ。そうでなければ私の本が読めなくなるだろう」とし、純粋理性批判(黒革の手帖)に書いてある「世界の指導者の口説き文句」への理解力を持ってもらおうとした。
ここで、カマを掘られる理由が「お金がない」「受験に失敗した」「尊敬の気持ちがない」という三つが存在することが明らかになった。
高校で、いじめっ子が「なんだか人生楽しくなってきちゃった」と言ったら、周囲の男子は容赦なくカマを掘った。
いじめっ子(肉)がオカマであることは、「尊敬を知らない」というところにも理由がある。
「女にも分かる話」(ワラント)を話さない哲学者はみんなカマを掘られた。
法学者に「君はまだそんな低俗な学問をやっているのか」という文学部教授はみんなカマを掘られていた。
自分の「ケツ」が気になっているうちは学問がはかどらなかった。
「尊敬」
それだけで、男は「女たちが必要としている言葉」(純粋理性批判・黒革の手帖)を学ぶ力が与えられた。
カントは、「便をすることにしか使わないケツ」のことを「最高善」と呼んだ。
ケツの心配をしながら生きていたのでは、「口説き文句」すら覚えないだろう。
ましてや、女心の定義(政治)などできる訳がない。
「卑屈・負け犬・骨折り損」「無駄足」と言われていた男が、急激に「化ける」のをひたすら待った。
舞祭組

「筋肉質な文章」「自尊心」からも、ノンケかオカマかの区別はついたし、その「肉体美」まで想像できた。
世代から世代に伝わる「進化の秘密」「帝王学」の答えは「最高善」に存在したし、ケツなんてものは「便」をすること以外に用はないという姿勢が求められた。
最高善というものは「哲学の才能」のことであり、これを身につける方法を「絶対的魂」とも呼んだ。
ケツが気になって仕方がないのならば、復活(イースター)を待つしかない。
ケツが性感帯でなくなることを待つのだ。
高橋由美子 三年過ぎた頃には

デカルトが「恋」の研究に熱中していたフランスで、アンソニー・アーノルドは「デ・グランド」アーノルドとして、知られたオカマであった。
アンソニー(ジャニーズ系)とは何かを明らかにしたのだ。
Duran Duran Rio

初恋は実らないって言うじゃない?
アンソニーはオカマだからでしょう。
キャンディキャンディ アンソニー

思春期の「初恋」の研究をしたのはアーノルドであり、デカルトとも実際は親しかった。
アンソニーのことを「マイトレーヤ」と呼ぶのだ。
グランドキャニオンにせよ、リオデグランドにせよ「グランド」と呼ばれる場所はその金で作ったのだ。
そもそも、アメリカの医学のことを「グランドキャニオン」と呼ぶ人もいる。
アンソニーは「ジャンセニズム」と呼ばれる「ジャニーズ」的資金集めを行ったのだ。
今日も「便」をすることだけが楽しみ、勉強するつもりがない、勉強する男をいじめる、下痢をしないようにする、メンズノンノを読んで、ノンケを差別する、それがジャンセニズムだった。
恋を追い越していく男が許せなかったし、メンズノンノ派に興味のない女などいないという考えをもっていた。
酒井法子 恋と愛のニュアンス

男らしい男が「第一世界」ならば、女らしい女が「第二世界」であり、それを踏まえて予言を行うのが「第三世界」であり、「恋」というのは第四世界と言われた。
女子中学生や女子高生の「神さま」は我々とは違うという理解が必要である。

生活保護に関しては、厚生大臣の保護基準の設定は「き束行為」(妹との関係)であるとし、国民所得ないし所得の反映である国の財政状態、国民の一般的生活水準、都市と農村における生活の格差、低所得者の生活程度とこの層に属するものの全人口に占める割合、保護を受けていない多数貧困者の生活より優遇されているのは不当であるとの一部の国民感情および予算配分の事情」
(朝日訴訟上告審判決)
が考慮されて金額が決まる。
き束行為であるという判決は、「クラスメートや従姉妹から」恋をされたという側面を排除し、あくまでも「妹」にその対象を絞ることを意味する。
これを「法規裁量」(クラスメートの女の子)にまで広げることは可能であるのかが重要な論点となる。
アンソニーに恋をしたクラスメート(法規裁量)にまで、範囲を広げると、アンソニー(ジャンセニズム)のあり方は極端に変わる。
思春期に「ジャニオタ」とバカにされながら、いつしかそれもいい思い出に変わり、アンソニー自身は生活保護を余儀なくされる、それが「裁く側」(東大生)の考えであることは事実であるが、き束行為(妹の都合)にとどめている現在の判例から、クラスメート(法規裁量)あるいは従姉妹(便宜裁量)にまで広げるだけで、のちの人生の福祉(パートナー)は変わってくる。
ジャニーズを「クラスで話題にしたことがある」以上、き束行為にはとどまらず、法規裁量であると位置づけ、アンソニーののちの人生まで一定程度、保障する必要がある。
今のままでは「恋を追い越した東大生」の論理がまかり通り、ジャンセニズム(グランド)はかなり冷遇されざるを得ない。
私は、田原俊彦も近藤真彦も知っているが、もっと、女の子のクラスの話題(法規裁量)に配慮してもいいのではないかと考えている。
どれだけ、政治の側が「女の子の思春期の記憶」を政治フォーラムで活用するかにそれはかかっており、政治が動けば行政も動く、あるいは芸能界も動くと考えるしかない。
近藤真彦 愚か者

マリアとヨゼフは、子を宿した時に、アブラハムに祝福された。
「彼には強さが約束されている。彼を恐れるものに祝福を」
ヨゼフがノンケだったため、イエスは、「いじめのない組織においてはみんなが定時に帰ることができる」ということを証明し、オカマだけが「残業、夜勤」を繰り返すだろうとしたのだ。
世代にわたって「人生のフラストレーションや怒りのない」人生が約束されるとした。
オカマは「太い便」をするのが人生の目的だったが、イエスには目的があったし、それを呆然と見送るのがオカマの仕事だった。
「赤いスイートピー」
それだけで男は世代を越えて繁栄が約束されるのだ。
オカマはパートナーから中森明菜の話を聞かされたが、世代を越えることはできなかった。
赤いスイートピー 松田聖子

アフターファイブに「お金と自由恋愛」があるのがイエスの世界であったし、オカマのように太い便をすることだけを楽しみにし、貧困層の人間とは異なった。
中年を過ぎて、「いじめの問題の決着」がつくのを静かに待った。
いじめっ子は「肉」(オカマ・貧困層・ジャニーズ・メンズノンノ)であり、「魂」は世代を越えた豊かさを約束されたため、「人間」として生活保護の問題に助け舟を出した。
「肉」「魂」「人間」の三部作が出揃わない限り、「いじめる側」が、のちの人生で辛酸を舐め続けることになった。
「お金がない」「受験に失敗した」「尊敬というものを知らない」という理由からカマを掘られた「いじめっ子」であったが、生まれつきのものではなかった。

18時の男(オーストラリア派・リベラル)か、23時の男(ロシア派・リバタリアン)かの違いは「便」の都合があった。
「肉」は23時が好きだったし、「魂」は18時が好きだった。
肉体労働者が18時が好きで、知的労働者が23時が好きだというのも側面としては指摘できるが、ノンケが18時が好きで、オカマが23時が好きであるという側面もある。
いずれにせよ、ワークライフバランスの立場からも、いじめのない職場というのは理想であったし、定時に切り上げる男が、残業・夜勤をする男を追い越すのは見ていて心地よかった。
ロールズは、オカマを正社員からどんどん外していき、バーテンや寿司職人にしていた。
そのほうが、ノンケの正社員も快適に働けたからである。
これがイエスキリストの教えでもあった。

「肉」(オカマ・ジャニーズ・いじめっ子)が、のちの人生で生活保護になるとするのならば、芸能界(行政)と、市民、つまり「向こう側とこっち側」を、「肉」と「魂」で区別することになる。
芸能界(行政)には独特の「多数派工作」(道徳)、「他人に影響を与える方法」(訴訟)の論理があったが、あくまでも「肉」であり、「魂」(ノンケ)との共存は部分的なものにとどまらざるを得ない。
芸能界(行政)特有の道徳や訴訟に慣れた女性は、今となっては一般人と結婚することは難しかったし、芸能事情通という名の「行政法学者」と縁を切ることも難しかった。
男の二元論とは「会社」「経費」の世界(一般)と、芸能界・行政という特殊の世界に区別されている。
芸能事情通(行政法学者)とは、東大で心を病んだノンケ(101匹目のワンちゃん)のことであり、母親に見たこと聞いたことを話し、父親(会長)からカネを引っ張ってくることにより生活しているもののことだ。
「肉」(いじめっ子・オカマ・ジャニーズ・メンズノンノ)と「魂」(ノンケ・いじめられっ子)は特別な施設で共存していたが、魂は「鍛えられた肉体と少しの薬」さえあれば才能があるとされた。
物理学や化学はともかく、医学(精神医学)、経済学(男が女を愛することの研究)、法学(男らしさの研究)、文学(いろんなキャラクターの研究)などは当然身につくのが魂であった。
生活保護の世界こそが「肉」であり「芸能界」であり「行政」であることから、「これが苦手」という世論は確かにある。
私も、有名歌手に財布から六千円引っこ抜かれて、奪い返したらお金が破れてしまうと思い諦めたことがあるが、このような文化が愛せないのならば「芸能事情通」は務まらない。

女をいかに「マンガ」にするかが芸能界であり、男ですら「マンガ」だった。
「写メ」と「映画」のようなセックスを想像しなければ、カップルは性生活も営めなかった。
「噂」はYouTubeでいやおうなしに入ってくるが、それも「芸能人のプライベートのため」という側面があった。
実物は「目の大きさ」で判断できる程度である。
政治(女心の定義・ルサンチマン)の側が、積極的に、彼女たちの「渦中」に入っていかなければ、なかなか、生活保護がき束行為から、法規裁量に切り替わることはない。
実物は実際に「兄弟のみの愛」(き束行為)にとどまり、クラスの話題にはなったが、実物との乖離(クローン)の見極めが難しい。
「目が大きい」のが特徴である女たちの「裏表絶対」がある限り、法規裁量に切り替わるのは国の判断としてはなされていない。
この「き束行為から法規裁量への切り替え」つまり「国会の判断のみにとどまらず、行政や裁判所の判断の余地」を認めることは、王がその世界で生き残っていくための高度統治行為に含まれる。
片思いの終わりに 亀井絵里

私は、1996年に東大法学部を去っているが、この時に、マクノートンルールが明確になっている。
「頭のねじがぶっ飛んだ奴には、ケツのねじがぶっ飛んだ奴の記録を書かせよう」

刑法学においては「他行為可能性」(他に選ぶべきパートナーはいたのかな?)という要件を外したとされる。
つまり、どの芸能人女も「グルーニン」と呼ばれる「美しく見える薬」を使用していたため、「王子さま」というものを本気で信じるようになっていたのだ。
グルーニンを試してみれば分かるが、肌は信じられないぐらい真っ白になり、ステージ度胸もつく薬だ。
さんま 深田恭子

男は「オープン」で「速く」なければならない。
女をいかに「美しく」描くかが問われた。
この「男」の実像とも接していなければならない。
明石屋さんま=小沢一郎
という信じられない答えを導き出さなければならないのだ。
この「解」を導き出せなければ、なかなか、生活保護の問題も解決しないだろう。

教育勅語においては「汝臣民、父母に孝に」「兄弟に友に夫婦相和し」とあり、父母を裏切る真似、兄弟を裏切る真似、離婚などは生活保護になる原因となるし、ヨゼフ(父)の年金に対しては、生活保護は「補完的なもの」とされ、障害年金受給者は、年金を補う形で「ヨゼフとマリアが最優先」「妹、クラスメート、親戚は補完的なもの」とされている。
つまり、どれほど政治活動をして「親戚」(便宜裁量)を増やしても、あるいは、クラスの話題になっても(法規裁量)、兄弟(妹)が優先順位が高く(き束行為)、親と仲が悪ければ、どれほど影響力があっても面倒見切れません、というメッセージが、「生活保護は年金制度の補完的なもの」とされる理由だと思われる。
①親
②兄弟
③友
④夫・妻
という哲学が表現されている。
「年金制度は政治家に対して不親切である」というのが麻生大臣の真の意図であり、庶民の問題ではないのだ。

「肉」(いじめっ子・オカマ・ジャニーズ)はグループの中心にいた。
「魂」(いじめられっ子・ノンケ)が、何かを成し遂げる時期になり、オーバーニュのウィリアムはそれが「35歳ぐらいだった」としている。
私は43歳ぐらいだっただろうか。
「肉」から、グループの輪からのけものにされ、それでいて、垂加神道を書き始めた。
「肉」と女たちが、「みんなでワイワイ」やっている時に、「マーケットからの進退を考えたい」と言い始めた女もいた。
本来ならば、「魂」(いじめられっ子・ノンケ)と女は「すれ違うだけの人」となる予定だった。
hiro confession

 

ウィリアムは、「男が立証責任をおっている」として、多くの「証し」を明らかにし始めた。
「神の住む場所」
そこには「群れからはぐれた女」が次々と顔を出した。
女の「くびれのある腰」をみながら「お母さんと仲悪そうだな」などと眺めていたのだ。
ヨーロッパのルネッサンスに影響を与えたのは間違いなく「イスラム」であり、ラテン語だった。
私の文章もいずれ、すべてラテン語になって過去に戻るのだろう。
「肉」が二人に「魂」が一人という三位一体は、芸能界では当たり前だった。
群れからはぐれなければカップルは成立しなかった。
群れにとどまりながら、「マーケットからの進退を考えたい」という女は、孤立した女に「探りの電話」をいれて、決断をするかどうかを判断したのだ。
「いじめられたご褒美に美女が現れる」
これもまた、三位一体の真理とされた。
思春期に自殺を考える男女は四人に一人といわれるが、実際にこれを行動に移すのは13万人に四人程度とされている。
それは「いい出会いがあった」からだとしか考えられない。
よっぽどの面食いが死ぬのだろう。
高橋由美子 バスルームでキャッチホン

 

「いじめられていることに鈍い」「モテることに敏感」な「魂」をウルトラソウルと呼ぶ。
男女共学の高校から東大に受かるために必要な「魂」であるとされる。
鍛え上げられた肉体が条件となるだろう。
また、「恐怖」を感じた時に、いじめてくる男の人生相談に乗ることから学問が身につく。
ウルトラソウル

ウルトラソウルかどうかは、あんがい若い時期に明らかになる。
周囲は、彼が「35歳を過ぎるのを」待った。

ワシらどうせ30までしか生きられんけ。
イギリスの内戦(17世紀)は、子供たちの争いだった。
成績がすべてであったため、「肉」と「魂」の対立の決着の方法は、「成績を貼り出す」「夏休みや卒業を作り出す」という社会契約論から行うしかなかった。
「男らしさを語り合う論壇」(宗教)も、「女心の定義」(政治)も、社会契約論がなければ成立しなかっただろう。
宗教と政治をあわせて「産業」と呼んだ。
男が女を愛することを「経済」と呼び、そこにいろんなキャラクターが生まれることを文学と呼んだ。
美しい女が王室にいたら戦争になったのだ。
その戦争をいかに「受験戦争」にするかが問われた。
受験戦争はゲームとして成立させることが重要であったし、勉強が「学問」と名を変えたら、カント(口説き文句)も学べたし、芸能界の多数派工作(行政法)も学べたし、市民として影響力を増す方法(民事訴訟法)も学べた。
カント(口説き文句)が分かればそもそも影響力を増すため、法律が分かるようになる。
権威は「単位」というものを考えたし、学年末試験もやった。
国内最高の権威は東京大学法学部だったし、その後の人生の「多数派工作」を約束した。
法律は「男らしさ」(宗教)とほぼ同じ意味であったが、女でも法律に詳しいものはいた。
そのようにして、「太い便」をするのが人生の目的であるとする「肉」と、ノンケの「魂」は共存していたし、ウルトラソウルと呼ばれる人物は「魂」の中から選別した。
ribbon 卒業旅行

野球、サッカー、ラグビー、バスケットボール、いろんなスポーツをカントは数学者として作った。
すべてのスポーツに「女心の理解力」が問われた。
将棋も、囲碁も、チェスもカントが考えた。
「どうしても訓練が必要となる」ゲームはカントが考えたものだ。
「純粋数学」と呼ばれ、アキレスと亀のように「女は男を追い越せない」などから、大量ビハインドを追いかけたり、同点の場面ではゲーム理論を使ったり、リードした場面では「自分をいかに小さく見せるか」などを研究したりした。
「7+5=12」とも呼ばれ、プロフェッショナルでも「ファンの声援」は「5」の意味を持った。
ずば抜けた力量は、「7」の意味を持ち、ファンの側ではどうすることもできなかったが、「5」だけはコントロールすることができる。

カントは数学的「処女」と、数学的「セックス」に、仲間が多いことを証明した。
人数は問わず(数学的)に、「処女」と「セックス」はとにかく人気があり、これを音楽作品で用いることは、他の「いかなる人気をも」凌駕したのだ。
「女心」と、その「考え方」を明らかにする必要があり、数学とは「処女」「セックス」「女心」そして「その考え方」のあわせ技であった。
しかも、目の前に「女」がいなければならなかった。
円をどの線で切っても、二つの「コード」は同じである。
女の頭を「言葉」という「線」で切る必要があり、カントは「女の頭にかすりもしない」言葉を排除し、ひたすら「女の頭」を「線」で切り続けた。
「処女」「セックス」「女心」そして「その考え方」の人気を探求したという意味においてカントは生涯にわたって数学者であった。
Qlair 泣かないでエンジェル

女の「頭」は、絶対空間であり、線で切った時の「量」と「外延」をひたすら観察した。
女は「線」の切り方次第では、マスターベーションもしたのだ。
経験豊富な女(純粋理性)は、「お前はコウモリか?」というほどカンが冴えていたため、男もそのカンを参考にすることがあった。
「返信するな」といわれたらしないほうがいい、「ハァ?」と言われたら、自分の「線」の切り方を間違えたと思ったほうがいい。
「処女」「セックス」「女心」そして「その考え方」それはとにかく人気がモノを言う世界であった。

窓の外を見ている女は「哲学」をしていた。
つまり、「質」と「量」の世界である。
しかし、男の言葉は「女の頭」を「線」で切るという数学であり、その「量」と「外延」を見ていくという数学の世界であった。
「質」が問われるのは、その「切り方」の問題であり、「かすりもしない」時に質が問題とされる。
酒井法子 窓際の恋飛行

女の「頭」を線で切っていったところ、結局、女たちは「真理」を求めていたわけではないことが分かった。
自分の考えていることに「人気」があればいいことが分かったのだ。
そのあたりは、かなり「分析的」(女の嘘を考慮した)アプローチが必要になる。
バートランド・ラッセルなどは、女たちは「自分の考えていることに人気を求めている」とし、音楽作品というものはその「宝庫」であると位置づけている。

その「自分が考えていること」が、世界レベルで「基地のアンテナとFENのニュース」で共有されているということが重要なのであり、御言葉から始まり、英語なまりの日本語で「頭を線で切られる」ことを喜んでいた。
Qlair パジャマでドライブ

カントの考えにしたがうのならば、音楽作品は「女が考えていることの人気の宝庫」であることから、女を相手にすることも重要であるが、音楽作品をとにかく英語で「切って、切りまくる」作業の経験値が重要であることになる。

戦争というものは、資金集めをするハト派(ジャストウォー)と、戦闘の現場(タカ派)とな女性たちの三本柱から成り立っている。
ジャストウォーは、女性たちの支持を集め、タカ派の戦闘を優位に進める。
これが古典的な図式であり、カントのように「女性の頭を線で切る」「音楽作品の解釈をする」のがハト派の仕事となる。
しかし、組織には「社長会(社長と専務)」と「常務会」(社長会の悪口を言う存在)があり、常務会は組織内部において、社長会に「戦争」を仕掛けていることが明らかになった。
社長会が、プロ野球などの戦闘を優位に進め、女性たちの支持も磐石である場合に、常務会が、社長会に「戦争」を吹っ掛けることが明らかになった。
この時に、常務会は、戦闘を優位に進め、女性たちの支持も磐石な社長会のおかげで、孤立感を高め、貧しくなっていき、食うものにも困ることになる。
この、「新たな戦争論」は、人道的介入という発想をもたらし、「誰もが人気のある指導者になりたいからね」ということから、食料や救援物資を送られる対象となった。
仲間が多く、女性にモテる、それは男たちの夢であり、何の才能もなくその地位にあこがれるものへの食料や救援物資には「多少の外交儀礼」が含まれていた。
「大量破壊兵器はなかった」と言われたイラク戦争においては、アメリカの社長会は常務会の激しい攻撃にさらされ、アメリカ軍に食料や救援物資を送るとした「イラク特措法」は違憲であるとされた。
社長会は常に戦闘を優位に進め、女性たちの支持を集めなければならない。
現在、私は横浜DeNAベイスターズを柱に戦闘状態であるが、戦闘は常に優位にあり、女性たちの支持も根強い。
これに、宮内庁の西村次長が嫉妬して「その地位を取って代わろう」と考え、常務会を形成したが、暮らしぶりは貧しく、うどんも食べられない。
首相官邸は「西村次長などの常務会」に、食料や救援物資を送ろうという人道的介入を違憲だとは考えていない。
そのまま、うどん一か月分を送ったようだ。
もちろん、食料や救援物資に「ひがみ根性に満ちた人間」への毒物(外交儀礼)が入っていることは確実とされる。
仲間の多い社長会には必ず「常務会」が存在する。
誰もが人気者になりたく、しかもモテたがっている。
Madonna Spanish eyes

社長会としては、「戦闘が優位に進み」「女性たちの支持がある」「お金がある」のであれば、
常務会からの攻撃に「首相官邸と相談する」ことをためらってはならない。
「戦局が芳しくなく」「女性たちの支持もなく」「お金がない」のならば、社長は交代するしかない。
首相官邸の「人道的介入」が合憲であるのか違憲であるのかは常に問題になるが、首相官邸はこのような問題に「慣れている」のである。
人道的介入が合憲である場合に、食料や救援物資に含まれる青酸カリで常務が窒息死しようが知ったことではない。
食い物にも困る、嫉妬心に狂った人間に、首相官邸が「贈り物」をしなければならないのだ。
社長会の「カントの解釈」に支持が根強ければ、男女を問わず支持したし、それでも、常務会は嫉妬に狂った。

実際は、人道的介入の食料や救援物資には青酸カリなど入ってはおらず、「窒息死を予感させる」よくできた薬が入っているだけである。
外交とは奥の深いものである。

よく本を読む個人主義者でもいい社長になることがあるし、仲間を糾合し自分は特別だと考える常務は存在する。
それでも、組織全体は「人気」を見ていたし、争いを静観していた。
あの社長に喧嘩を売るなんて、常務は殺されるんじゃね?と考える人が多かったが、とにかく、常務の嫉妬心は尋常ではなかった。
首相官邸は国際社会でイラク特措法の違憲判決などを経験し、この問題に詳しくなっていたため、国内の、いかなる「人気のある社長」も首相官邸の人道的介入を利用してもいいことになった。

そもそも、女性たちの支持とはマタイ第五章の「山上の垂訓」のことであり、端的に言うと「喧嘩ならば向こうでやってよ」というのが山上の垂訓の意味である。
それが、パシフィズムと呼ばれ、それを「反戦運動」と翻訳していいから明らかではない。
反戦運動と翻訳することは、日本国を「二度と戦争のできない国にしてやろう」というアメリカ合衆国の思惑が見え隠れする。
実際は、パシフィズムとは「パシフィック」(太平洋)から派生した言葉であり、「記憶のない海」とも呼ばれたものだ。
平成天皇の「慰霊の旅」などは知られているが、ガンディーは「アヒンサー」(非暴力)という意味だとしており、山上の垂訓(マタイ第五章)とはようするに「向こうでやってよ」という女性たちの気持ちを語ったものだとしている。
そんなことを言うのならば、哲学の研究など、かなり高度な学問も「向こうでやってよ」ということになり、ヨハネの黙示録ともつながるものとなる。
記憶のない海においてはそもそも「勝負事」は存在しなかった。
パシフィックリーグは、セントラルリーグと異なり、「ベンチに三億円流れる」ようなことはない。
パトリック・ヘンリーは「私に自由恋愛を与えるか、それとも臨終の言葉を述べさせるかのどちらかにしてくれ」(自由か死か)とし、パシフィックを「平和の海」「記憶のない海」としていた。
マタイ5:39 5:44 ルカ6:27-30 悪を行うものに逆らうな。敵を愛せ、あなたを起訴するもののために祈れ
つまり、「力のあるものが勝つ」「勝負事をお金で買収することはない」というパシフィックリーグの基本を示した。
【しかし、太平洋戦争は起きた】
つまり、勝負事をお金で買収することのない「殺し合い」だけが、日米・米中・日中・日露などに存在したのだ。
これは「暴力を振るったものが歴史に名を残す」という東京裁判史観と呼ばれ、日本の大河ドラマの伝統ともなった。
「日本人にカントを学ばせるな」
これが、パシフィズムであり、山上の垂訓であり、イエスキリストの考えであった。
「記憶のない海」とは、日ユ同祖論でもあり、イエスキリストが日本国というものを「戦争のない国」「女心の分からない国」にしようとしたものと考えられる。

1980年代に、日本国で「パシフィズム」「記憶のない海」「女心が分からない国」というイエスキリストの教えが花開いた。
松田聖子 ロックンルージュ

その「神・男・聖霊の完全性を議論すると爽快感がある」というイエスキリストの教えは、21世紀になるまで「真の意図」の分析はなされていない。
セントラルリーグは、「スパイ野球、八百長」が横行していたが、1980年代1990年代の音楽作品の分析によって、「お金がモノを言う」世界となっている。
平成天皇の「慰霊の旅」による「太平洋の記憶」は、令和天皇が呼び覚ました。
「女心」「記憶」を知った以上、令和天皇が「慰霊の旅」をする必要はもうないだろう。

そこで、ガンディーの「アヒンサー」(非暴力)も、あくまでも日本国へのメッセージであったことが明らかになっている。
「怖い国」「イエスキリストが王国の到来に指名した国」
それが怖かったのだ。

こんなにカネがポンポン飛び交う国だと、大変な宗教ができかねない。
平成天皇は太平洋で「女心」を感じたし、令和天皇は論文からそれを感じた。
ルサンチマン(女心の定義の正確性・政治)は、太平洋戦争のときは日本国は知らなかった。
サンフランシスコ(スタンフォード大学)と、神奈川県の海でキャッチボールが成立するまでは、「南の島」の秘密とされていた。
ヨーロッパでは自由に女の子を口説けないと考えたオルテガ・イガゼットがゴーギャンなどとともに「カント」(口説き文句)を南の島に持ち込んでいたが、日本軍はそんな「南の島」に進出したのだ。
パールハーバーを叩いたら、イギリス軍・オランダ軍が一気に南の島から撤退した。
「殺し合いはごめんだ」
しかし、日本国に「カント」はいなかった。
イエスキリストは「1980年代まで」日本国において沈黙を守ったのだ。
アメリカ合衆国は、日本国との戦争を、必ずしも「過去のもの」とは考えていない。
日本国にイエスキリストが現れれば、アメリカ合衆国は、日本国との友情を「もはや古いもの」と考え、フィリピンやインドネシアなどに「若いアメリカには若い友人を」探し始めるだろう。
アメリカが日本国の令和天皇の老化とは逆に「若返る」のは事実なのだ。
Qlair タヒチアンラブ

「目立ちたい?」それが罪深い。 日本国は、「殺すのならば罪人を」をキャッチフレーズに、防衛省を芸能界の発信源にし始めた。 芸能界にデビューしたければ「自衛官募集」に応募するしかない。 プロデューサーも制服組だった。 「肉」(オカマ・ジャニーズ・いじめっ子)と「魂」(ノンケ・いじめられっ子)という構図を超えた、より高貴な動機から「女心に恋をする」人間が必要とされた。 それでも、「目立つのは罪深い」「今度こそ天皇は戦争責任は免れまい」という考えが、芸能界やアカデミズムの主流となった。

2019年7月 2日 (火)

ボディ&ソウル。

肉とは単なる男であった。他の男と区別がつく程度の男だった。
いじめられる側が男だとするならば、いじめる側(肉)は女だった。
しかし、本当の「女」は仲間作りが好きだったし、勉強をする男を愛したが、肉(いじめる側)は、そのことから下層階級となっていた。
女たちにとって、仲間のいない、勉強も嫌いな「男」(肉)は、女の側の立場に受け入れるのが困難だったが、性別的には女だった。
歳をとり、病気になり、射精が出来なくなると、女たちからの「尊敬」も失った。
肉は「女」のご機嫌をとった。
そこには「宗教」がなかった。
「信じる」ことが出来ないのだから付き合うことも出来なかった。
「病気」というものが存在する限り、【魂】(いじめられる側)とは異なり、生きることが許されなかった。
やがて、肉は介護を必要とするようになるだろう。
オハイオ会議で、「肉とは下層階級の男である」という定義がなされた。
国への義務もなく、人種的純粋さもなく、女に「触らないで」と言われた。
「私は女」
これが強烈に推進されたフェミニズムの時代に、肉(いじめる側の男)は居場所を失った。
歳をとると重いものも持ち上げられない、子供も産めない、つまり「女」だった。
そのように産んだつもりはなかった、しかし、「肉は女となった」のだ。
精子と卵子の世界も卒業した。
女を高い場所に引き上げられなかった時点で、イエスキリストではなかった。
昔は「男の子」だった。
しかし、教育と周囲の影響が異なった。
身体能力が弱かったのが致命傷だった。
身体能力が弱かったために「受け身」になることを知った。
力が弱かったから「女」として生きることに決めた。
女としての生殖能力はなかった。
子育ては「最悪の苦しみ」だった。
「肉」は生殖機能の違いから「女」との違和感を感じ始めた。
「世界に背を向け始めた」
「おちんちんついてるんでしょ?」とよく言われた。
カマを掘られることを覚えた。
肉体で性別は区別される。
勘違いしないほうがいい。もし、マッチョな男のカマを掘れると思うのならば。
学歴がなかった。仲間がいなかった。
女のようにグラマーでもなかった。
しかし、「女の子」と呼ばれたがった。
どのように社会が受け入れろというのだろうか?
Fランキモヒキニートの正体がこれだった。
いじめっ子の末路だった。
「男であることへの違和感」を感じ始めた。
座っておしっこをするようになった。
医学の世界は「性倒錯」という言葉を用意し始めた。
「女のように」彼女に捨てられた。
顔を鏡で見ると醜かった。
電車の中で泡を吹いて倒れた。
より「女らしい」体形を目指した。
いじめっ子、その人生の末路がこれだ。
そこには宗教(男らしさを語り合う論壇)はもはやなく、母であることも出来ない。
いじめる側の論理の「結論」がこのようなものだった。
SPEED Body&Soul

肉(いじめっ子・オカマ・ボディ)は、やがて「現象学」を発見した。
現象学というのは「自分の世界の広さ」という意味であり、それはファッションであったり、多数派工作であったりする。
ファッションを口実に「魂」(いじめられっこ・ソウル)をいじめたりした。
「色あせたTシャツ」
これが宗教として成立したのだ。
新田恵利 恋のミスマッチ

メンズノンノは「いじめの法廷である」とされた。
いじめの法廷があまりにも巨大化し、しかも、カマさえ掘らせれば金に困らないことを知った。
肉は子孫が残せなかったため、心を病んだ。
手足が二本以上あるように感じたり、不思議の国のアリスのように身長を間違える妄想に駆られたりした。
「大ぼら吹き」になったりするのはそのためだ。
「心の風景」といっても「メンズノンノやブランド物」のことばかりだったりする。
自分の体が「タコ」のように思えるのだから仕方がない側面がある。
「肉」の人生に救いがないと思ったら大間違いだ。
「メンズノンノやブランド物」という女の夢が多くつまっているのだ。
いじめっ子として、そしてオカマとして、「現象学の発見」は行ったが、
彼らの「いじめる側の人生」は税金が高かったのだ。
親に面倒を見てもらっているうちは、生活ぶりも豊かであるし、「なで肩」でもそれなりに、女にモテたし、おシャレであったが、社会に出て最貧困層に落ちる宿命にある。
二十歳過ぎたらただの人とも言われる。
なで肩の長い夜

メルロ・ポンティは、「肉」の「現象学」つまり、十代の頃のファッションや仲間作りに自分の哲学者としての人生の活路を見出している。
大人になったら最貧困層に落ちる連中であったが、ジャニーズ系として、若い頃はモテることになったし、親からも税金が取れたからだ。
いじめる側からどのように税金をふんだくり、最貧困層に落とすかの力量が国に求められた。
CoCoが「魂」の青春と歌ったとするのならば、ribbonは「肉」の青春を歌っている。
CoCoは「木綿のパンツ」と言われ、ribbonは「シルクのパンツ」と言われていた。
「肉」「シルクのパンツ」の音楽作品の基盤はすべてメルロ・ポンティが書いている。
JC(日本青年会議所)は、「肉」であり、「シルクのパンツ」であり、財界二世は親のビジネスを一人で傾けた。
年寄りたちが、「肉」は最貧困層に落ちるということを熟知していたため、社会として「虚弱体質」「いじめっ子」「オカマ」をどのように受け入れるかという議論がなされたのだ。
どんな人生にも「人権」というものはあったし、メルロ・ポンティは「いじめる側の論理」の末路に痛く同情し、理論を提供したのだ。

「魂」
さて、魂とは「いじめられっこの論理」のことであるが、そもそも哲学者の歴史が魂の歴史であり、エピクロス派(暴君)にせよ、ストア派(ストイシズム)にせよ、哲学者はいじめられてきたのであり、しかし、筋骨隆々としており、ノンケで大人になっても女たちの「信仰心」の対象となった。
ノンケでなければ、そもそも「政治」(女心の定義・ルサンチマン)は不可能であり、音楽作品を愛することもなかっただろう。
筋骨隆々という「体」をみなければ、男の才能というものは分からないのだ。
宗教というものが「男らしさを語り合う論壇」であるとするのならば、親がいなければ最貧困層に落ちる「肉」とは一線を画したものが「魂」にはある。
「彼には強さが約束されている。彼を恐れるものに祝福を」(ルカ1:46)
松田聖子 赤いスイートピー

ホメーロスも「魂」についてしか詩を残していないし、ヘロドトスやトゥキディデスも魂を持った人物しか歴史書に残していない。
「肉」がなぜ貧困層に落ちるかというと、「女心」(政治・ルサンチマン)に疎いからだ。
いじめっ子(肉)は、凡庸な男でありながら「女」としての側面を有し、「女のマイルール」に話しをあわせてしまうため、「勉強が好きな男が好き」という女にとっては、「飼う」分には問題はなかったが、信仰の対象にはなりえなかった。
「魂」は、大人になったら豊かになる。
なにしろ「女心」に詳しかったため、女たちに人気があったのだ。
ノンケの「魂」にとって、「肉」とは研究対象に過ぎなかったし、肉は肉で何も研究しようとは思っていなかった。
「肉」「魂」「人間」とは、魂の男のための学問であった。
世の中では「いじめの存在は真理」(三位一体)とされていたため、「肉」の存在、「魂」の存在は真理であったが、神は自分に似せて「人間」をつくったとされるように、肉と魂が、死んだあとに「人間」という概念が世の中で継承されていったのだ。
歴史の教科書を見ても「魂」の男しかかかれていない。
そのため、のちの「人間」は、あらためて「肉」の勉強をしなおさなければならない。
肉の研究なくして魂は存在しなかったし、肉(いじめっ子・オカマ・大人になったら最貧困層)の研究は常に歴史上の人物のテーマだった。
「魂」に詳しい「肉」は存在し得なかったが、肉に詳しい魂は不朽の存在として尊敬された。
ミクロでは「肉と魂」、マクロでは「社長会と常務会」で国家というのもは成り立っている。
肉は魂をいじめ、常務会は社長会の悪口を言う。
肉は「若い時期だけ女の子にモテる」し、常務会は「修羅場さえなければ影響力を維持できる」ものだ。
肉に詳しくなった魂は、常務会や専務から社長になるだろうが、そんなときにも「常に二つの顔」を使い分けなければならない。
プロレスラーとしての自分と社会人としての自分である。
それが「組織の頂点」の役割なのだ。
アーティストは「喧嘩をするという発想を捨てなければならない」とされ、つまりは、虚弱体質でなければ向いていないが、つまりは「肉」という意味であり、シンガーソングライターのように「魂」を歌うことは本来は想定されていない。
そのあたりは「喧嘩上等」の男(魂)に、いかに「教育」をするかが重要であり、オカマ、いじめっ子・最貧困層としての「肉」は本能のおもむくままに「駄曲」を作るだろうが、スコアを書く魂のいうとおりに演奏していれば問題はない。
喧嘩上等の男に、いかに「自覚」してもらって、魂を表現させるかは教育次第であり、若さだけに必ずしも依存するものではないのが音楽というものだ。
若い女の子は、肉(メンズノンノ)の男に恋をしがちで、魂(色あせたTシャツ)の男に恋をするためには教育が必要になってくる。
この、「教育」は、音楽作品でなされるものであり、女の子は「歌を歌いながら」生活しているため、彼女の人生をより豊かにするためには、そのような脳の領域にそのような音楽作品を流し込まなければならない。
そうでなければ、「くだらない男」(肉)を取り合うことになりかねない。
うしろゆびさされ組

一定程度年齢を重ねた女が「ビビビ」と来るのは「男が豊かだから」であり、「肉」と「魂」が、明暗を分けるような年齢になってからであろう。
しかし、歳を重ねた女の「ビビビ」を若い女の子にも引き起こさなければ、すぐに別れるか、それとも貧しい生活を余儀なくされるかのどちらかだ。
脳の中の意思の伝達を遮断してしまうことを「ビビビ」と呼び、若い時期にしかないことが多い。
あるいは、くだらない男(肉)とセックスして、自分の影響力が損なわれたあとに、ストイックな「多数派」「なにかやってくれそう」という男に脳の意思の伝達が遮断され「ビビビ」と来ることがある。
おニャン子クラブ ショーミキゲン

肉(メンズノンノ)に女の子が恋しても、社会人になって、その「肉」がどうなったかはほとんど知られていない。
みんな、オカマ・いじめっ子・最貧困層に落ちているのだ。
ジャニーズに恋をする女の子は誰も止められない。
しかし、歴史に残る人物は「ジャニーズ」(肉)から目を背けることはなかった。

「肉」(ジャニーズ系・オカマ・いじめっ子)でも、理論的指導者ならば歴史に名が残る。
ジェラード・コーデモイであろう。
ヨーロッパの「ペルシャ人差別」とは、「肉」差別のことであり、ジャニーズ差別のことだとしたのだ。
ヒトラーはペルシャ人差別は行っていない。
ペルシャ人差別は決して「権力者への道」にはつながらないのだ。
「いじめる側の論理」を知り、彼らが最貧困層であることを見抜かなければならない。
ペルシャ人になるのは「生まれつき」ではない。
体を鍛える環境になかった、親に食事を抜かれたなどの経験から来るものだ。
それでも「若い頃」は適当にモテた。
「騙せる女」がいなくなったらバイトを始めた。
「肉」として生きるのは「風まかせ」の人生だった。
たまたま人気が出るときもあるが「防衛戦」などできなかった。
「心を語れ」
といわれても、女に興味がもてないのだ。
ようするに「カマを掘られて、男の自身を刈られる」とは「女に興味が持てなくなる」ことだった。
セックスは出来たが、「女が何を考えているかに興味がない」ため、むしろ、セックスは気持ちがよかった。
肉のセックスへの執着は「女心に興味がない」ことから生じていたし、頭がイカれていても、貧しくても、とにかく「モテる男」への嫉妬心は尋常ではなかった。
ペルシャ人差別とはこのようなことが背景に行われたものだ。

そもそも、「肉」はなぜ「魂」をいじめるのだろうか?
「太らないため」とも言われるし「こういう奴がいると俺、下痢しちゃうの」という理由も指摘できる。
しかも、学問は女の子たちに人気があった。
「肉」は、貧しく、オカマで、昔、ジャニーズみたいだったが、今となってはただの貧乏人だ。
なんの教養もない。
とにかく「目的を持った奴」がいると下痢しちゃうんだよね。
デカルトは「幾何学・光学・目的的行為論」において、「望遠鏡で女子部屋を覗くことを邪魔してもらいたくない」という議論を行い、1996年には「クスコ」というものがポルノで知られるようになっていた。
デカルトは「女の子を口説くために勉強をするよりも、ポルノを見たほうが下痢をしない」ということを、明らかにしたのだ。
「肉」はしかし、女心に興味ないために「セックス」は気持ちよかったが、クスコにも女のマスターベーションにも興味がなかった。
和式のトイレで下痢をするたびに、「目的を持った奴」をいじめようと誓った。
運動量保存の法則はこのことから明らかになったのだ。
ストッパ下痢止め CM

「目的を持った奴(魂)をいじめて、コントロールすることによって下痢を止めたい」これが、肉の本音だった。
デカルトが「いじめられないため」にポルノを考えたのであり、デカルト以降に「裸の女の絵」が多く描かれるようになった。
一度動いたものは動き続ける、すべての動きが一直線である。
多くの「肉」が私をいじめてきたが、私は社会から心を閉ざしてまで「一直線」に進んだ時期もあった。
とにかく、私の「左フック」を受けた橋本真也は、その後、下痢が止まらなかった。
「他人の目的」をコントロールしなければならなかったのだ。
目的といっても「女目当て」なのが学問だった。
橋本真也とは抜き差しならぬ状況になり、私はとにかく殴ったのだ。
下痢を止めるために「やんわりと」いじめというものは行われるが、それに「力で」反撃したところ、橋本は延々と下痢をしていた。
5キロぐらい痩せたともいっていた。
いじめられない秘訣は「目的を持たないこと」「カマを掘ると暴言を吐くこと」などが考えられる。
カーマは気まぐれ

「肉」は、肛門も性感帯であるため、カマを掘るといっても殴ってなど来ない。
力を弱めるだけだ。

デカルトは、30年戦争の終わらせ方について考えた(1648年)。
オランダのグロティウスが「性の経験の違いでヨーロッパを分けよう」とデカルトに話したことを受け、だったらヨーロッパの「肉」(いじめっ子・オカマ・ジャニーズ系)も何とかならないか?と考えたのだ。
グロティウスは「デカルトと会ったことは覚えていない」と言っていたが、デカルトは「オランダの天才と会った」と語っていた。
デカルトにとって「肉」の行き着く先が見つかったのだ。
オランダに「肉」(いじめっ子・オカマ・ジャニーズ系・虚弱体質)を送ることにした。
30年戦争の結論であることは明らかであり、カルヴァン派の誕生の秘密だ。
「処女アイドル」と「肉」はともに同じ国で育った。
オレンジ公ウィリアムが名誉革命(1688年)でのちに「オランダ美人」をイギリスに売りつけている。
虚弱体質は、環境や栄養とともに変わるであろうが、国の生い立ちとはそのようなものだった。
小泉今日子 和蘭美人

「肉」と呼ばれる男は「下痢をする」つまり、「自分よりも優れた男の存在を認める」ことから「神」を信じている。
「魂」の存在から、魂(ノンケ・哲学を理解できる者・成績優秀)をいじめるのが「肉」であるが、「下痢」という事実から、神を信じることを覚える。
自分よりも優れたものがいることを「体」が認めているのだ。
男が男を崇拝する世界が「神」であるが、「肉」の存在が「神の存在の証明」となるのは皮肉なものだ。
パスカルは「人間は考える葦である」とし、哲学者にとって学問はなんら苦痛ではないとしたが、他人の「「心」に恐怖を感じる限り、下痢はするし、神を信じていることになる。
動物の内臓を摂取すると「人の顔色が分からなくなる」とされているが、ストッパにホルモンが入っているかどうかは明らかではない。

とにかく「肉」は、カント(口説き文句)が理解できなかったのである。
「鏡」を見る(ピタゴラス的展開)習慣が必要になってくるし、しっかり鏡を見て、顔を作らないと、神経に悪影響を与える。
高橋由美子 あと5分

私も、野球をやっていた頃は、ユニホームに帽子をかぶり、帽子をかぶって鏡を見ると顔が分からなくなるために、「トイレに行こう」という発想をなくした。
「なりたい自分」によって我々は「生かされている」ものだ。
「肉」が、ファッションにこだわる理由も「なりたい自分」になれば下痢をしなくなることが指摘可能である。
他人のおしゃれにも常に関心があるのが「肉」というものだ。
ピーコのファッションチェック

小学校にも中学校にも「制帽」というのは存在し、男子が「大きいほうの」トイレを使用することはほとんど想定されていない。
「肉」が神という概念を「下痢」「自分よりも優れた人」から生み出したため、「帽子」というものが考えられている。
自分よりも優れた者を相手にするときは常に「帽子」というものが必要になってくる。
難しい判断や考えをするときの「鉢巻」もあんがい有効だろう。
帽子や鉢巻のコンセプトは「いかに自分を小さく見せるか」というところにある。
BoA ネコラブ

ニットなどは嫌いな人(魂)もいるだろうが、肉(オカマ・ジャニーズ系・いじめっ子)は好んで被っている。
糖尿病の人は、パトロールキャップを好む人もいる。
いずれにせよ「帽子が似合う」というのが「肉」の特徴であり、ホモである。
肉の発想は当然、魂も積極的に活用しなければならない。
お相撲さんも、自分よりも強いものを相手にするために「まげ」を結うだろう。
下痢が止まる、頻尿がとまるという意味では非常に「帽子を被る」というのは人気がある。
次元大介

「肉」は「魂」に声援を送ることもある。
ボディビル 掛け声

中森明菜のほうが、松田聖子よりも「筋肉質な男」をモデルにしており、肉(オカマ)たちは、アニキ(魂)の受け売りとして、中森明菜を応援していた。
「神・男・聖霊」を歌った松田聖子よりも、より複雑な女心を歌った中森明菜は松田聖子よりもより複雑に「女心」を理解している「魂」にしか理解できないものであり、肉(オカマ)は、そもそも「アニキの受け売り」としてファンであるとしているのだ。

エロビデオを見て「女が嫌がっているじゃないか」と考える情報弱者に悩む女がいる。
中森明菜 十戒

友情の18度と呼ばれるギリシャとローマの関係があり、彼氏が旅に出た時に初めて、彼氏と「認め合う」「対等である」ことに気が付き、ふたたびエロスの世界に戻れた。
中森明菜 北ウィング

ギリシャとローマの関係(グレコローマン)を歌ったのが北ウィングなのだ。
レスリング グレコローマン

そもそも、「肉」(オカマ・メンズノンノ・ジャニーズ系)に深い音楽作品の意味は分からないのであるが、「魂」(ノンケ)の側にも「ストア派」(政治家)と「エピクロス派」(庶民)の違いがあり、ストア派は松田聖子を支持し、エピクロス派は中森明菜を支持した。

男が男を崇拝するという「神」概念は、「肉」と「魂」の関係でもあり、「魂」こそが「神」になる資格があった。
君主が「神はゲイを憎んでいる」つまり、「魂」(ノンケ・いじめられっ子)が「肉」(オカマ・いじめっ子)を憎んでいると発言することは「神聖な罰」と呼ばれ、いじめを憎むことは「肉」にとって強烈なフラストレーションとなる。

アメリカの人間行動学によると、「肉」と呼ばれる「10代でアナルセックスを経験する男の子」は全体の8%だとされ、残りは「魂」として、聖子ちゃん派か明菜ちゃん派かのどちらかに属している。
そのような数字の存在は指摘しておきたい。

男の子は「陰毛が生える前には精通している」とされるが、「快感」が先行し、そのあとに「精通」を経験する。
問題は、「快感」が先行した時に「セックスしてしまう」という問題が指摘できる。
この問題に、デリダは「セックスとはその女の”子供の気持ち”を味わう行為である」とし、母子家庭における「マザーファック」が原因ではないかとしている。
とにかく「精子が薄い」「出ない」ことへのトラウマから、中学校に上がって周囲が「カルピス」などと噂し始めることに、やけくそになって「両刀遣い」になる男の子がいるのだ。
神という概念を議論する「肉」と「魂」とは異なる論理が、両刀遣いには存在する。
「攻撃に等しい大きさの反撃を」というのが正当防衛の理論だとするのならば当然、「肉」の範疇に含まれてしまうだろうが、母子家庭ならば通常は「体を鍛えない」ということは指摘が可能であり、しかし、両刀遣いの「攻撃性」というものが存在する。
中年以降も子供がおらず、攻撃的な性格をしているのならば「両刀遣い」である。
しかし、私の知り合いの両刀遣い(王子)は、「松田聖子が好き」と発言している。
「肉」と「魂」という議論だけでは必ずしも「いい男選び」の議論は完結せず、そのために「人間」という議論が残されたものと考えられる。

男の子が「カマを掘られる」理由としては「お金がない」ということが男子同士では想定でき、父と息子の間では「受験に失敗した」ということが指摘できる。
神学上は、両刀遣いというものは「お金がない」「受験に失敗した」のどちらかは必ず存在し、そのため「肉」に過ぎない、という議論が「人間」というテーマで語られている。

結局、神(天皇)の見えざる手というのは、「お金の裏づけを国民に与え」、「肉」の「魂」崇拝、つまり「有神論」国家から、エイシスト国家にするのが目的であるとも考えられる。
つまり、「男の子を男にする」「女の子を女にする」ということを明確に達成すると、おのずと、無神論(エイシズム)が成立すると考えられたのだ。
「肉」を自分の都合のいい方向に導くためならば、「魂」ですら「神」という概念を都合のいいように用いるだろう。
そのあたりに、エイシストの善良性および理想が表現されている。

また、女にとっては「肉」と「魂」という男の区別よりも「勃つか勃たないか」しか興味ないという指摘もある。
「肉」と「魂」という議論は、組織論であり、帝王学ではあるが、「女の都合」とはあまり関係ないのではないかとされたのだ。
しかし、「男は頭をつかわなければ勃たなくなる」ということから「デカいよデカいよ」という声援が「肉」から「魂」へと飛ばされている。

人間社会を導くために「神」という概念は必要なのではないか?
そのために「肉」(ホモ)の「魂」崇拝をなくそうと考えた国はニュージーランドぐらいしかないとされる。
「神」それは巨大ビジネスであった。
「肉」「魂」の二つの論点を消化しないと「人間」という三つ目のテーマには移れない。

「神」が生み出すビッグマネーを「肉」(オカマ・ジャニーズ系・貧困層)の撲滅のために用いていいのだろうか?
神(天皇)の見えざる手は、ひたすらこの問題と向き合わなければ「宗教官僚」を有する君主とはいえないのだ。
「お金がない」「受験の失敗」にカマを掘られる理由は絞られる。
また、それは、国の問題ではなく「地方自治」の問題ではないかとも言われた。
男社会に「神」が存在するかどうかは、「肉」の「魂」崇拝が基盤になっており、女性たちが神を信じることには変わりはない。
人間社会で「神」と言えばお金が動くことから、どうしても「男社会の論理」を議論する必要がある。

私法(男女の出会いの場を作る・性病の治療をする)、
公法(朝鮮の行政調査・朝鮮への行政指導)、
政治(クラスメートから親戚へ)、
という、法学部のアプローチとは異なる、神学部のビジネスモデルはこのようにして作られた。
市民の「同調行動」が存在する限り、国の富は永続的なものとなる。
8%の「肉」はデータそのものが消える気配はない。
しかし、文部科学省も宮内庁も「恒久的に」政策を打たなければならない問題である。
「お金がない」「受験に失敗した」という二つに男の子がカマを掘られる理由は限定されている。
「お上からのお金」の使い道は明らかではないだろうか。
また、「肉」「魂」「人間」という議論を明確にすると「女性たちからのお金」に頼ることが可能となる。
どの女も「口説かれたい」ものだからだ。

体を鍛えた「魂」に「肉」が「切れてるよ!」と祈る。
サングラスをかけた「魂」に「肉」が「健さん!」と祈る。
音楽のレッスンを受けた「魂」に「肉」が「永ちゃん!」と祈る。
男たちの「祈り」に、処女たちは巻き込まれていかざるを得ない。
処女たちは、学校で「だって彼女はマリアだから」というような「病んだ」世界にいたため、男の「祈り」は健康によかった。
「肉」が「魂」に祈るということを撲滅しようとしたのは、ニュージーランドだけであり、それ以外のどの国でも「肉」(オカマ)の存在を否定しようとは考えていなかった。
男性社会のオカマという、全体の8%、つまり、マッキントッシュやフェラーリみたいな存在をどのようにコントロールするつもりなのか?
カマを掘られる理由が「お金がない」「受験に失敗した」という二つに絞られるのであれば、国や地方自治体が「介入」できるのは明らかではないか。
結局、「肉」の「魂」への祈りというのは「処女たちの健康にいい」ことも踏まえて、神(天皇)の見えざる手は常に全体の宗教界の動きを見ていかなければならない。
矢沢永吉 ライブ

男の美容整形とは、男が「女」になるために行われるものだ。
血液ドーピングや、ステロイドは、男が力を増すために用いるものだ。
いい雰囲気のレストランとは、そのような男たちのサロンだ。
「肉」の「魂」崇拝、つまり「神」の集金力は人間の寿命を延ばす。
男の8%のオカマは、国にとってメリットしかない。
しかし、オカマになった原因はあまりにも気の毒ではないか。
また、「魂」も、「そこまで絞るのには眠れぬ夜もあっただろう」と言われるような肉体が「電気とメカニック」だけの状態になることがあった。
「処女が健康になる」
以外に、「祈り」には苦しみがともなうことが分かった。

どの男も得をしない「皇室は祈りでありたい」(美智子)という立場は、しかし、男たちに「多数派工作」の方法を教えた。
しかし、「もっと楽な人生はないのかね」という立場は当然、存在したし、「俺の才能を後の世代に伝えたい」という遺伝子プールというものもあった。
男にも「サクリファイス」(カマを掘られる)、「サヴァイブ」(死んでも私のことを覚えておいてもらいたい)という発想が「祈り」の世界に存在した。
「祈り」の背景に何が存在するのかの説明は今まで十分なされてはいなかった。
普天間かおり 祈り

祈りの世界は男の苦しみが多い、として、「神」の集金力で医学を発展させるよりも、多少苦しんで医者になったほうが早いとも言われた(皇室は祈りではない)。
しかし、美智子が「皇室は祈りでありたい」といった背景には「男たちは勃たなければならない」という考えがあり、男はそもそも「勃つために苦労する」ものだという認識があった。
男たちが「勃てば」処女を愛する可能性も生まれた。
神(天皇)の見えざる手は、祈りのど真ん中にいる必要はない。
テレビでの報道を見ていればいいのだ。
障害者の「スペシャルオリンピック」(パラリンピック)や、そもそも練習する環境がない国同士の「スーパーオリンピック」が知られており、ルール作りも整備されている。
これは「祈り」を否定するものだ。
祈りを否定しても、何しろ世界は広い。
面白いゲームなどいくらでも作れるのだ。
そのため、「皇室は祈りでありたい」という立場は世界では否定する動きが出てきた。
オリンピックの金メダリストだけが人生の目標ではなくなったのだ。
オリンピックを「スペシャルオリンピック」「スーパーオリンピック」が笑いにかえるという発想をとり始めた。
「ルール作りだけで何でも面白くなるし、お金が集まる」
コンピューターを使えば、世界で盛り上がる企画などいくらでも作れたのだ。
「皇室は祈りでありたい」(美智子)という発想はすでに世界から見放されたのだ。
コンピューターの時代のなせる技だったのだろう。

世界の「母・恋人・友人」であるためには、女の側から「抱いて」と言えることだとしたが、そもそも「セックスされる側」としての女は、自分から「女心」を詩にすることは極めて困難な作業である。
私の祖母も「バイロン」の詩の翻訳家であるに過ぎなかった。
私と松田聖子の共通の祖母である遊佐道子はバイロンの詩がなければ「抱いて」も書けなかっただろう。
薩摩から昭和天皇に嫁いだ理由は、「どの女も言えなかったことを言った」からである。
「抱いて」という詩を書ける女性シンガーソングライターはまったくといっていいほどいない。
それほど、世界の「母・恋人・友人」になるのは困難な道なのだ。
松田聖子 抱いて

「肉」というのは「いじめっ子・虚弱体質・オカマ・ジャニーズ系」を意味する。
歴史に残る「魂」と反対の概念である。
肉は「女に興味がもてない」ものである。
ステーキ CM

女にとっての「肉」とは何か?
クラスの輪に加わってワイワイやっていると、どうしてもいじめっ子(肉)の方がいじめられっ子(魂)よりも魅力的に思える。
魂は歴史には残るだろうが、それでも、女の側としては「ついてはいけない修練」があり、楽して仲間を作るためには、「肉」の側につかざるを得ないのが女というものである。
この女の心理を「心」と呼ぶ。
それにしても、「肉」はいきなりフェラチオを強要するオカマであった。
「魂」の鍛え上げられた肉体を見ろ。
鍛え上げられた肉体を持ったノンケの男(いじめられっ子・魂)と、付き合えない女はまるで中国の「纏足」のように女たちが「肉」(クラスの輪・いじめっ子・オカマ)に縛られて「恋」ができない現状を示している。
女がフェラチオを強要されるのは「当たり前」ではないのだ。
ある意味不幸な「男への従属」であった。
鍛え上げられた肉体で相手を寄り切った時に女たちの「心」に感謝した。
怪獣のバラード

ヘンタイプレイをする男の「子供を産む」と、一生そのプレイに付き合わなければならない。
そのあたりは、ロー対ウェイドでも議論した(触らないで)。
米光美保 YADA

受験を「力で押し切る」のならば「学歴も人種」であるということになるが、日本国では機会の平等も含まれており、「高学歴」=ノンケとは必ずしもなっていない。
韓国で「学歴も人種」と言われるのならば「ソウル大学」=ノンケというものがかなりの精度で成立しているものと思われる。
何しろ韓国の乱暴な男たちの間で生き残っているからだ。
2~3人ぶっ飛ばさなければソウル大学には入れない。
東京大学にも似たような側面はあるのだ。

女性は子供を産む装置ではない(厚生労働省見解)。
いろんな経験をしないといい男とはめぐり逢わない。
いじめっ子のことを平気で「彼氏」と呼ぶ女がいるとするのならば、
間違いなく「深い仲」でもないしフェラチオもされていない。
髪が短い女ならば、そもそも「痛い」ために、フェラチオしかできないだろうが。
いじめに加わる女というのは、お父さんに子供の頃いたずらをされている。
「いじめっ子の彼氏」というのはそもそもセックスが出来る体ではないのだ。
いじめっ子の男(肉)はオカマで、その彼女は子供が産めない体なのだ。
「魂」(いじめられっ子)がそのような連中を「親の愛情が足りなかったのだろう」と考える背景には「カマを掘られていた」「いたずらをされていた」などが存在する。
結局、お相撲さんの懸賞(心)とは大人たちの子供への愛情から来るのだろう。

「体とは鍛えるためにある」 そのように考える男の子が多数派であるが、母子家庭ではそのような発想は生まれない。 また、貧しくても「性的虐待」だけが待っているだろう。 中産階級を増やすことが「いじめ撲滅」の秘密なのだ。 日本国は、機会の平等を標榜し、下層階級でも東京大学に入る機会を与えている。 このことから、「高学歴」=ノンケという図式が成立しがたくなっているのだ。 韓国のような「学歴も人種である」という立場は、貧困層を学歴から排除したことが背景にある。 ケツが気になって勉強ができないというのが普通であろうが、女のように投げる、女のように走る男がエリートと呼ばれたりもする。 フェラチオというのは「貧困の証明」である。 人格形成責任というものは、このような「肉」「魂」「心」について法律家が通じていることを意味し、本人にはなんら責任はない。

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »