最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 法規裁量と便宜裁量。 | トップページ | ボディ&ソウル。 »

2019年6月26日 (水)

訴訟。

訴訟の背景には、「他者への憧れ」がある。
憧れの人の真似をすることを「モンキーシー・モンキードゥ」というが、それを「請求し、確認し、形成する」という「請求」「確認」「形成」という三つの「訴訟」がある。
女子高生の支持が根強かったために芸能人生命を長らえたアーティストは多い。
すべて、みんなが自分のまねをすればいいのにという「請求」「確認」「形成」を踏まえたものだ。
アムラー


「分かりやすい」「モテる」
これが、訴訟の背景にあり、人間活動は常に「訴訟」である。
本当の「裁判沙汰」になるのは「私の真似をしなさい」という「請求」「確認」「形成」が失敗した時である。
人間は「賢く」なりたがっている。
なにしろ、電車やバスの中で泡を吹いて倒れたくないからだ。
このことが訴訟の背景にあり、「モンキーシー、モンキードゥ」こそが、暮らしを快適にするのだ。
行政法においては、「アイドルの人気」を背景に下される「処分」を争う「抗告訴訟」が知られており、アイドルの人気を批判する訴訟として知られている。
また、アイドルの人気を基盤にしていないとする(処分性がない)のならば、形式的当事者訴訟を用いて、「あなたはアイドルの物真似をしていたのか?」を職権証拠調べまで用いて判断することもある。
土地区画整理事業の「青写真論」というのがあるが、行政官の「処分性」が安室奈美恵以降、認められるようになり、抗告訴訟が起こせるようになった。
しかし、これを「荷が重い」と判断し、形式的に「当事者訴訟」にしようという動きもあった。
アイドルの影響力を背景にしていたのは同じであるが、「影響力を用いたのか」(抗告訴訟)、「物真似をしたのか」(当事者訴訟)の違いが学説に生じた。
判例は、抗告訴訟に含めるようになっている。
偶像崇拝がなければ、そもそも、訴訟というものは生まれなかった。
真似をされると右腕の力が落ち、字が汚くなり、パーキンソン病の恐れがあるとも言われる。
大事なことは「マンガのように分かりやすい」ことであった。
民事訴訟の世界では「男女の出会いの場を増やす」「性病の治療をする」「子供に職を与える」などの世界で「私がモデル」であることを求めて訴訟というものは行われるが、行政法は「偶像崇拝」の世界である。
民間人同士で真似をしあうことを「民事」と呼び、偶像崇拝を背景にしたものを「行政訴訟」と呼ぶのだ。
アイドルの真似をさせることを「行政訴訟」と呼び、姉妹や自分についてきた女を東大生が利用する「処分」と「抗告訴訟」や、抗告訴訟は負担が重いとし「真似をしていたかどうか」を判断する当事者訴訟などは、すべて偶像崇拝を背景にしているのだ。
芸能界との深い関わりが行政官には存在し、そうでないのならば、民間人同士の民事訴訟の世界を生きることになる。
「読モ」というのは民事訴訟の世界だと思われる。
上からマリコ


プロスポーツ選手が用いる「技術」はつねに「真似をする対象」とされ、行政訴訟である。
アイドルの影響力を用いた「処分」でも、物真似をしたかどうかを判断する方向に誘導する形式的当事者訴訟でもなく、プロスポーツ選手の物真似をしたかどうかは「実質的当事者訴訟」である。
オンエアされるかどうかで「行政訴訟」と「民事訴訟」は区別され、いまだに地上波の影響力はもっとも強い。
訴訟(他人の物真似)は、みんなを賢くさせるためにあるものだ。
女子高生でも「セブンティーン」「ポップティーン」「ランズキ」などを読んでいる。
ノーマン・マルコム(マルコムX・1968年)が黒人に与えた影響は強かったし、チャールズ・テイラーなども「映像の世紀」を存分に活用した(1964年)。
真似をするだけで目的が達成できることが必要であったし、その業界は「物真似」「影響力」で作られていた。
みんなが賢くなるのが「訴訟」の目的であり、「裁判沙汰」とは異なる学問なのである。
特に、女性やマイノリティを「賢くさせる」政策を、アファーマティブアクションと呼ぶ。
部落民をどのようにしたら「テレビを見ただけで、賢くさせる」ことができるのだろうか?
「母ちゃんが男を作った」
このような子供をどのように賢く出来るのかは非常に難しい。
アファーマティブアクションというのは非常に難しい学問なのだ。
2003年や2016年にアメリカ連邦最高裁が問題にしているが、つい3年前にも「難しい問題」として議論されていた。
読モのように、アイドルや芸能人といった「行政訴訟」ではなく、民事訴訟における「選定当事者」にとどまるものもあるし、訴訟進行で足並みを揃える、訴訟資料で足並みを揃える、つまり、「みんなでオンエアを見る」という具合に、固有必要的共同訴訟として行政訴訟を、民事の側で問題にするものもある。
また、証拠資料では足並みが揃えられても、訴訟資料では「担当」の問題でもめて足並みがそろわない通常共同訴訟もある。
まあ、民事訴訟なんてものはジャニオタに聞くべき問題だ。
1965年にジョンソン大統領が「執行命令11246」によって、アファーマティブアクションつまり、「母ちゃんに男が出来た」などという同和の子供たちをいかに賢くさせるかを明確にするように命令を出している。
最終目標は「就職」にあった。
1972年には「博士号を取る人数」を見ることにした。
ジャービス・トンプソンは「足長おじさん」などを考えた。
人種差別はアメリカ合衆国におけるきわめて難しい問題だった。
ジャービス・トンプソンは「つづけることにお金を払えばいいのではないか?」とした。
彼ら(彼女ら)には、固有必要的共同訴訟つまり、同じ番組を見る(訴訟進行で足並みをそろえ、訴訟資料で足並みを揃える)ことを経験しながら、通常共同訴訟、つまり「担当」の問題で喧嘩する(訴訟資料で足並みがそろわない)などの必要性があり、インターネット上では常に通常共同訴訟であり、オンエアにおいてのみ固有必要的共同訴訟であった。
「つづけることにお金を払う」つまり、根強いファンというものがそれぞれ「自分を賢く」させており、就職が保障された。
行政(芸能界)と民事(市民)の関係は密接に結びついていたのだ。
立法とは、選挙の時に市民にお金を流す役割を果たしていたし、行政は芸能界との関係を示していたし、司法というのは「恋愛論」「パラダイム」を握っていた。
芸能界は、市民にお金を流す必要があったし、恋愛論を語らなければ存続は出来なかった。
貴島サリオ 芸能界でよかった


立法は、選挙のたびに「ファンを続けなさい」と言って市民にお金をばら撒いたし、司法は、恋愛論を行政に提供した。
三権分立とはこのようなものであり、芸能界を中心とした「行政」さらには、行政法と民事訴訟法から成り立っていた。
同和対策事業もこのような「政府のマシーン」に精通していなければ行えないし、医学博士にでもならないとその力量は身につかないだろう。
一方で、司法は、民事のみならず刑事(なぜモテないのか?)を議論するものでもある。
いわば「査問」であり、「論告」(なぜ優しくなれないのか)を「弁論」によって検討・評価する世界である。
いずれにせよ、芸能界(行政)とはこのような理論資源とお金の分配機能をもっており、いるいろな組織が三権分立を持っているのだ。
うしろゆびさされ組 私は知恵の輪


そもそも、ルイ16世とカントが作った「ゲルマン法・大陸法」の世界があり、このような世界が構築されたが、
イギリスとアメリカは、イエスキリストと憲法によって「ローマ法・英米法」の世界を作った。
また、行政訴訟には、「世界に一つだけの花」購入運動やビラまきなどの「民衆訴訟」もあれば、セクトごとの役割分担を争う「機関訴訟」もある。
機関訴訟を経た上で「世界に一つだけの花」という選曲がなされたものと思われる。
なにしろ「フェティシズム」の世界の争いが「行政」であるため、スリーボールツーストライク(三審制・破棄差し戻しを含む)はビルトインしておかなければならないし、日本では「球審の判定」にまで「リクエスト」を持ち込もうという「再審」というものもある。
もっとも、再審というのは「開かずの門」とされている。
フェティシズムの世界なんだよ。
精神科医になって、わたしの文章を読めば、「法律学のすべて」が体感できるため、メディカルスクールとロースクールは「学ぶことは同じ」という側面が指摘され、メディカルスクールは部落民の入学を拒否してしまった。
同和対策事業をやるのはロースクールであるという意味では「法学部と医学部は同格」とされている。
心を病んでしまえば「弁護士に相談しても医者に相談しても同じ」ということが言える。
つまり、「牧師に相談しても同じ」ということなのだ。
「大人たちの権威がいやでも、自分たちでルールを作る」若者に、法律学は介入したし、そのアファーマティブアクションの世界でも勝てないのならば、「諦めてもらうしかない」とビル・クリントンは1995年に語っている。
この法律学は、テレビやステレオ、イヤホンを聴きながら、いろんな仕組みが勉強できる環境を作り出すというメリットがある。
インターネットや現実社会でいろんな人から尊敬されるのが気持ちいいという人もいるし、「社会に出る準備である」という人もいる。
立法・司法・行政が分からなかった時代は確実にあったし、訴訟というのが他人に自分の真似をさせることである、ということも分からなかった。
それでも、「世界に一つだけの花」を買おうという運動は起きるし、その組織運営の能力は賞賛に値する。
ファンの組織内部で何があったのかは、行政法や民事訴訟法を学ばなければ明らかにはならないだろう。
しかし、いろんな「担当」が機関訴訟をやった結果、妥協点として選ばれた曲であった。
SMAP 世界に一つだけの花


また、自分の「担当」を決めるためには、DVDを「81時間」観なければならないとされている。
音楽作品でもそうであるが、その世界で「予言」が出来るようになるためにはこれだけの時間が必要となる。
また、目の前で握手した時の感激も「担当」にしか分からないとされる。
二次元と三次元の「適度なキャッチボール」が必要であるとされ、たまには、実物を見たほうがいいとされる。
そもそも、AKBグループや坂道シリーズを「81時間」観た、というのも驚きである。
しかし、法律学を肌で感じる才能とはそのようなものを基盤にしている。


初めて性に目覚めたとき、私は悲しみを覚えた。
親の命が永遠でないことを考えて泣いた夜もあった。
男らしい「父」、女らしい「母」男は賢いほうがいい、女は美しいほうがいい。
父には母がいたので、私はクラスメートの男子に思いを寄せた。
しかし、ちょっと待って。
マスターベーションの方法が他の女子と違うのよ。
私の初めての男、イエスキリスト。
教会はイエスの肉体。
教会の鐘を鳴らすのはあなた(イエスキリスト)。
あの鐘を鳴らすのはあなた 和田アキ子


どの母親も、産後は、可愛い赤ちゃんのために家にこもりっきりで、旦那も、家庭内に縛り付けられる。
夫婦ともに「赤ちゃん」のために社会から隔離されるのだ。
可愛いけど殺したい。
そんな思いが母の脳裏をよぎる。
首を絞めようかと思ったわ。
兄弟に語ったら、心ないおじは「お前の首を絞めたらしいぜ」と姪に告げた。
私は、おじのおかげですさんだ生活を送った。
私の古い日記。
古い日記 和田アキ子


人々に影響を与えるのが「訴訟」であるとしたが、なにしろ「女性たちの支持」をみんなが必要としているため、商売女でも「女友達を増やすために」「哀しい方の嘘」をついた。
家庭内で、女姉妹の支持が磐石だった私は、家庭内では嘘はつかなかったが、社会では「大うそつき」として知られていた。
女たちの人気が必要な者は「哀しい方の嘘」をつかなければならない。
ribbon 哀しい方の嘘


処女たちは「同調行動」をとったため、「正直を伝えない」「処女である」ことがいい女の子だと思った。
しかし、初体験を経た時に「まっすぐ恋する」ことを知った。
「女たちと」「同調行動をとりたい」
これが「嘘」の起源である。
愛の炎 田中れいな


「女たちに囲まれた俺(私)」というのは夢であったし、そのため、なんで嘘をついてしまうのかすら自分でも分からなくなっていた。
第三者の証言と言っても、この「女たちに囲まれた俺(私)」というのを目指している人なのか、それとも、そのような野心もすでにないモテる男なのかの見極めが裁判官には必要になってくる。
なにしろ、女というものは「セックス一回で2万円になる存在」だったから、お金の問題が「嘘」と関わっていた。


「嘘」というのは、法規裁量(一見さんお断り・クラスメート)の世界特有のものであり、便宜裁量(喫茶店・親戚)の世界にはなかった。
親戚に「嘘」をついても、すぐに本当のことが伝わるし、そのあたりは、便宜裁量の世界に「嘘は通じない」という理解が必要になってくる。
一見さんお断りの世界なのか、率直に話が出来る喫茶店なのかは割りきりが必要だ。
店のオーナーに「嘘をついて当たり前」と思われる風俗店か、「うそつきならば出入り禁止」と思われる喫茶店なのかは区別が存在する。
喫茶店のマスターは「次やったら出入り禁止にしますよ」という警告を発する権限があった。
私も「身なりをウェイターにせせら笑われながら、喫茶店で他人に話しかけた」ら、マスターに警告された。
Ramblingman complex


オテローは、ホームランキングだったため、周囲の人間の「嘘」に取り囲まれた。
周囲の女が「オテローは結婚しています」と言うだけで彼氏が出来たのだ。
オテローは「ホームランさえ打てば俺は多くのカップルを誕生させられる」と割り切り、周囲の「嘘」に耳を貸すことをやめた。
しかし、「妻が自分が買ってあげたハンカチではないハンカチ」を自分に手渡した時に、「妻まで女たちの支持を求めていたのか」と激怒する。
これが「ホームランさえ打てばいいオテロー」と、周囲の男女の思惑と嘘、そして、妻の存在であった。
オテロー ハンカチのシーン


君主の周りは「嘘とセックスとビデオテープ」に満ち溢れていたため、君主は、論文以外に友達はいなかった。
ホームランを打てば打つほど孤立感を高めた。
人間には「868本」が限界なのだろうか?
アメリカでも、王貞治は「ひたすらバットを振り続けた人物」として知られている。
嘘とセックスとビデオテープ


みんなが自分の真似をするという「実質的当事者訴訟」とはこのようなものであり、みんな君主を「当事者として」真似をしたが、君主のブログ以外に信用できるものはなかった。
「国家の中枢に嘘を抱えてはならない」
しかし、「孤独なホームランキング」「論文だけが友達」でなければ務まらなかった。
君主の周りには「高速の計算」だけが取り巻いたため、君主を避けるようにみんなが街を歩いた。
オテローの哲学は、確かに影響力があったし、実質的当事者訴訟として「真似をする男たち」が多かったが、しかし、オテロー本人の周りには「嘘とセックスとビデオテープ」が満ち溢れていたため、彼が部屋に入ってくるだけで、部屋の空気がピーンと張り詰めたのだ。
オテローはスランプに陥るわけには行かなかった。
オテローがスランプに陥ると「今がすべて、死んでもいい、首つる覚悟がある」などという男たちが群がった。
神は妬まないというのは「今がすべて」という意味であり、「これで嘘から自由になれる」ということから語られているものだ。
CoCo お願いHold me tight.


「嘘から自由になりたい」
これが周囲のイエスへのサディズムの理由であった。
この周囲の「流れ」に乗らないと「868本」は無理であったし、君主になるのも無理だっただろう。
社長の悪口さえ「口頭で」言っていればいい「常務会」も、「修羅場を経験しなければ」次はないといわれ、社長本人が修羅場の渦中にいたのならば「ボロボロと」脱落者を出していった。
アブラハム宗教というものはそのように出来ているし、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教だけでなく、令和の時代には日本国の「神道」もアブラハム宗教となっている。
周囲は余裕を持って彼を見ていても、本人が「生き急ぐ」理由もこのあたりにある。
ブラックレイン


仕事だけではなく、日常を楽しむ必要がある。
周囲がどれほど憧れのまなざしを向けているのかを体感しなければ、かなり生き急ぐだろう。
通常の男は「三人の女を意識して街を歩いている」とされるが、君主だけは「三人の男」に囲まれていた。
ホームランを打ち続けることをやめなければ、「磔」はずっと続いただろう。
イエスキリストが「時計回りのスピン」の回転数を増しているのならば、子供たちには「反時計回りのスピン」を与えたほうがいい。
つまり、適切な距離感を維持しなければならないのだ。
アインシュタイン・ペドロフスキー・ローゼン(EPR)というメンバーが「里子」というものを考えた。
人身保護請求というのは「強度な違法性」「補充性(他にとるべき手段がない場合)」が存在する時に認められるが、親がイエスキリストであるのに、子供たちが果たして「一緒に住みたい」というであろうか?
樋口一葉の「たけくらべ」とは、子供たちの背を比べることが出来ない「イエスキリスト」の悲しみを歌ったものだ。
お父さんがイエスキリスト?
娘たちが「愛人」になるのは目に見えているではないか?
そのため、人身保護請求は「マグダラのマリアから」の請求にのみ有効なのだ。
民事訴訟法(他人に影響を与える民間人の法則)の最初の方に「人身保護請求」は出てくる。
この「人身保護請求」は、「場の量子論」とも深く関わり、イエスキリストの子育ての議論が「相対的場の量子論」である。
子供たちが住んでいる場所が「関東地方」ならばいいんじゃないか?
どうせ、イエスキリストは関東御分国を作るんだから、という割りきりがあった。
侍従さんたちは「イエスキリストが何を考えているのか?」を子供たちに知らせるためにスマートフォンは必ず買い与えていたからね。
中年世代になっても「回転数」を維持することは、子供たちが周りにいたのでは不可能だったし、エネルギーを奪い合う「家庭内」においては、イエスキリストは子供たちのわがままにほとほと手を焼いて、キリスト教・神道は壊滅するだろう。
大人になって「イエスキリスト」に激突してくる子供とそうでない子供はいるが、イエスキリストは少なくとも「家庭的な人間」ではなかった。
樋口一葉 たけくらべ


「訴訟」というものが「他人に影響を与える方法」であるとするのならば、小林よしのりのように「マンガを描く」というのはひとつの方法だ。
しかし、「結婚」によって女たちを誘う少女マンガと、そうではないマンガは厳密に区別しなければならない。
「結婚」を目的とするか、そうではないかという区別だったはずが、少女マンガとそうではないマンガというジャンル分けになっている。
カントが「結婚」というものを考えたし、それはルイ16世にとっては「想定外」のことであったが、女たちが「影響力を増す有力な方法」が結婚にまつわる議論であった。
そこには、男と女しかおらず、友人すら結婚式では「他人」になってしまったのだ。
結婚式での胴上げも「他人」に身を委ねるのはけっこう危険だ。
ウェディングベル シュガー


別の表現をするならば「今までのしがらみ」とすべての縁を切れるのが結婚でもあった。
芸能人のような「行政」と関わる王子やお姫さまのまわりには、結婚にすら「嘘」がまとわりついた。
周囲が「嘘」をつきつづけたのだ。
オンエアを用いた「行政訴訟」においては、みんな多数派工作しか頭になかった。
行政のもとに「結婚しました」と報告するのならば、当然、「周囲の嘘」は覚悟しなければならず、また、多数派工作のために「熱愛報道」「不倫報道」「離婚の危機」などが報じられる。
行政のもとで行っていることであることを理解しなければならず、「興味ない」などという弁護士はいてはならない。
行政法にしたがって「結婚とは今までのしがらみと縁を切りたいということである」あるいは、いろんな人が多数派工作に関与しているものである、ことを理解しなければならない。
どの視聴者も、カントが考えた「結婚」というものを想定している。
いわば、FA宣言として用いられており、男女ともにメリットがあるから行政が利用されているし、どちらかの側に組しなければ、自分が損をするだけである。弁護士もこのことを理解すべきであるし、芸能事情通ほど行政法に詳しい連中はいない。


特に「社長」としては「常務会と縁を切りたい」時に、結婚という報道に応じることがある。
しかし、それは今までの「マンガ」としての活動実態の「失敗」をも意味した。
我々は、永遠にその人の「マンガ」を見ていたいのであり、キムタク結婚という報道に業界をよく知る女子アナの落胆は大きかった。
キムタクが「SMAPは失敗したビジネスである」という意思表示をしたからだ。
これで「担当」の多数派工作は崩壊するという思いがあった。
キムタクの工藤静香との結婚の時に、「結婚とは今までのしがらみと縁を切ることを意味する」と悟った業界人は多かった。


もう、「行政」(オンエア)さらには「訴訟」(人に影響を与えること)が自分には出来ない(トリクルダウンは起きないのではないか?)と悟った人は「死んだ」という報道を行政で行うこともある。
それはつまり「保護観察処分から自由になった」「健常者に近くなった」ことを意味する。
あるいは、作家としての道や、病院の職員としての道が見つかったことであったりするのだ。
ガンガンオンエアが流されている時は、病院も職員への採用は行っていない。


カントが「結婚」というものを考えた時に、それは民法上の身分関係のみならず、行政法にまで波及することは理解しなければならなかった。
ウィキペディアという「デタラメ」を入念に調査して、「業界事情通」となる行政法専門家は確実に存在するし、それを「事実ではない」などと大人気ないことを言ってはならないだろう。
「行政」(芸能界)はもはや、犯罪撲滅にしか興味がなかった。
そこで、「私は処女です」と公言する女たちに「構成要件論」を委ねた。
AKB48の誕生だった。
「母に欠けていたものは純潔であった」
そのような同和対策事業でもあった。
しかし、大人たち(行政)の思惑とは裏腹に「文春砲」は飛ばされたし、日経平均株価を暴落させてまで、自分の劣悪な環境をよくさせようと考えるものはいた。
多くの不合理が日経平均株価を下げる要因となった。
社長を立てれば常務会が立たず、そのような各人の構図からも日経平均株価は上げるだけのものではなかった。
社長を立てれば株価は上がるが、常務会を立てれば株価は下がる。
しかし、組織で生き残っていくということはそういうことだった。
「処女性」までもが社長と常務会の間で利用された。
とにかく、女の子は「大人の事情」を知らなすぎた。
「アイドルにもいろいろあるんだよ!」
それは、真面目な女の子の「社長と常務会の対立」への苦言であった。
AKB48 恋するフォーチュンクッキー


若者に「犯罪」を犯して欲しくない、これがユダヤ教であり、オヤジ狩りさえなくせば、年寄りは長生きできた。
「可能性」を考えて、男女の「カップリングの可能性」を提示したのがユダヤ教であり、それなりに大人たちは楽しかったが、ユダヤ人が想定していない「メシア」が生まれる「ニューエイジ」は確実に到来した。
ニーチェは、ニューエイジに「音楽の評論」を行う哲学者として「千年王国」をもたらした。
行政(芸能界)は、実績のない哲学者よりもニーチェを優遇した。
本来、カントが「口説き文句」として考えていた言葉を、ワーグナーの音楽作品の評論に用いたのがニーチェであった。
「大蔵省であっという間に出世した」などというのもこのような才能によるものだ。
なにしろ「戸田先生の前で詩を詠んだ」だけで出世してしまう世の中なのだ。
いずれにせよ、「私は処女です」と女をセールスにかけることそのものが社長と常務会の対立に巻き込まれ、民間人では、社長=お父さん、常務=娘、専務=母親という構図すら出来上がる問題なのである。
国生さゆり キスした跡は残さないで


宮内庁(インペリアルエージェンシー)という組織は、王子や天皇が「面白い文章」を提出してくる限り人気があった。
王子や天皇が「常務会」の存在に不満を語ることはあったが、「どの組織にも言えること」と各省庁は考えていたようだ。
通常の社会人が「心の痛み」として感じるものが「肉体的痛み」として出てくるのが「宮」(特別な乗り物)という存在であったし、イタイイタイと言いながら、論文を読めばいい存在として宮は生きていた。
神聖ローマ帝国を滅ぼした「分かりやすい言語」である英語の論文さえ読めればよかったし、中国古典は「シルクロード」のおかげで見た「夢」を語っているに過ぎなかった。
人物相関図は中国古典の方が詳しかったかもしれないが、英語の「切れ味」の方が明らかに日本人には人気があった。
人物相関図を書くなら北京大学、自分の力や人気に直結するのはスタンフォード大学、そして、日本国内に「同じ言語として」持ち込むためには東京大学が必要だった。
「法律学の正体」「コツ」さえ分かれば、東京大学で勉強すればいろんなことが分かる。
お金の悩みや「組織人としての痛み」さえ分かれば、よかったのだ。
英語・中国語・日本語を一人の朝鮮人の少女に叩き込んだ。戦うボディが出来上がった。
世界中のどこにも「そんなもの」はなかった。
BoA VALENTI


よく制御された男、真面目な男、自由な男の三名の「宮」が必要であり、しかし、真面目なだけでも自由なだけでも「痛みには耐えられないだろうな」とエージェンシーは考えていた。
この歴史は「ヒエログリフ」に精通していなければ生まれない発想だった。
真面目な男は「発言のブレ」が指摘されたし、自由な男は「タイミング」を見て失脚させるだけだ。
ヒエログリフにしたがった歌だったため、大ブレイクした音楽作品もある。
だんご三兄弟


カントやニーチェなどの哲学者はいたが、ヒエログリフの存在を知っていたのはキルケゴールだけであり「持ちつもたれつ」と言って、事典の構築に努めた。
本来、ユダヤ教の論客であったキルケゴールが「世界中のどこにもそんなものはなかった」というブロックに介入したのだ。


【解説】男の数は多かれど、みんな「家庭」があり、よく制御された男、真面目な男、自由な男がいる。
よく制御された男こそが、私の「常務会」の存在を自分の痛みから指摘してくれるし、男たちを「愛するのを頑張らないと」女社会のドロドロした関係は分からないでしょう。
女のほうが男よりも「背が低い」って誰が決めたのかしら?
駆け引きが得意なだけで「背が低く」なったのではないだろうか。
人間社会はよく分からないのが「デカイ女」であるが、その「鈍さ」で得したこともある。
私も、レイプされた時に「男になろう」と決めたし、それ以降は敵がいなかった。
男たちを「愛するのを頑張った」のだ。
和田アキ子 愛を頑張って


「許し」とは、多数派工作に成功した男が行うものであり、「サルベーション」と呼ばれる。
女に見捨てられた男が「なにくそ」と多数派工作を成功させたら、「笑って許して」ほしい。
許しとは「関係の再構築」であり、私はあなたの自尊心を満たすだけ。
和田アキ子 笑って許して


「女二人に男一人」これを名目と呼び、イエスキリストではなくアマテラス(女神)に祈ることだった。
私は、イエスキリストを信じていた。
女神さまに祈っていれば美しくなれたのに、「だってしょうがないじゃない」
和田アキ子 だってしょうがないじゃない


私の彼は「神さま」だった。
雨にはかなわない人だったけどイエスキリストなの。
雨を避けるように歩くイエスキリスト。
人生の負の側面を見ても「私は信じる」だけ。
信じるとは「その人のいい側面を見る」ことだった。
和田アキ子 どしゃぶりの雨の中で


彼は私めあてで「嘘」をついてまで私に接近してきた。
私は女だから、女友達をなくしたくないために「嘘」をついていた。
「たった一度きり」抱擁が成立した。
夢のようでした。
和田アキ子 抱擁


彼の「音符で出来た言葉」を聞いていると、私はうなずくことしかできない。
女の沈黙はセックスOKという意味。
黙っている私も歌を歌っていました。
和田アキ子 もう一度ふたりで歌いたい


毎日、同じ道を歩いていると安心感がある。
しかし、「あなたとは違うんです!」という人は毎日違う道を選んで歩いている。
常人にはない政治感覚である。
和田アキ子 さあ冒険だ


私を落としたいのならば男社会で勝つことね。
女の子は、茶色とともに生き、緑とともに真面目になろうと決め、赤とともに男と向き合うことを知る。
真っ赤なロードスターはイエスキリストの乗り物。
コーナーでオーバーテイクするためには、前の車を挑発して、コーナーに入る前のブレーキング(速度設定)を狂わすのが秘訣。
スローイン・ファストアウトなんてのは教習所で教わったでしょ?
直線で相手を抜くほどエンジンの性能はよくはなかったけど、テールを振って走る車は、大工(技術に満ちた男)のすることかしら。
コーナーで「五速・四速・三速」というギアチェンジをしているうちはアマチュアね。
「ヒールアンドトゥ」は「四速から三速」がプロの証。
パッシングも上等じゃない?海に着いたらキスも許すかもよ?
松田聖子 真っ赤なロードスター


フォークォータースリービート(3/4)というワルツは、踊りの基本ね。
どのアーティストも(3/4)がからだに染み付いている。
ワルツが分かっただけで「教授」と呼ばれる人もいるわ。
愛を歌う音楽作品を作る先生の「神秘」はここにある。
松田聖子 アクエリアス


「プレゼン」の基本は、「子供を使って結婚に誘導する」「女を使って男を誘う」従姉妹のような無料の女ではなく、クラスメートに誘導するかのどれかにコンセプトを絞らなければならない。
高視聴率番組そのものが「見事なプレゼン」なのだ。
松田聖子 プレゼント


カントが「口説き文句」を完成させたが、ヨーロッパ本国ではしがらみがあって自由に女の子を口説けない。
そのため、オルテガ・イガゼットは、「南の島」に繰り出して女の子を口説いた。
グアム・サイパン・タヒチ、いろんなパイナップルアイランドがあった。
カントを知らない「日本軍」なんて殺されて当たり前だわ。
平成天皇の「慰霊の旅」の共通認識はここにある。
中国はともかく「パイナップルアイランド」に対しては侵略性があったのかな?
松田聖子 パイナップルアイランド


「ラブソング」
愛って何?
親子の関係は「セックスしない」「個性に注目する」という意味では「国を愛する気持ち」と区別がつかない。
「妹への愛」は、セックスしないから個性も見ない。
その代わり「長続きする」というメリットがある。
妻や恋人への愛は「セックスするから個性まで見る」とされ、個性を見続けると長続きしないものだ。
セックスしないけど個性を見る「子供」「国」への愛は、セックス類似の「税金を取る」「教育費用をかける」などしなければならないのかもしれない。
松田聖子 ラブソング


女には「漁り漁られの18時」(オーストラリア派)と「真剣な恋愛をする23時」(ロシア派)が存在する。
労働者階級の18時と、インテリ階級の23時は理解しておかなければならない。
イエスさまは大工だった。
しかし、インテリだった。
イエスと待ち合わせするのはいつも23時。
和田アキ子 真夏の夜の23時


松田聖子や和田アキ子について語らせてもらったが、なぜ、女は「影響力を増さなければ」ならないのだろうか(訴訟)。
それは、「女二人に男一人」という名目の構図であり、「彼女のことならはじめから百も承知よ」という女がカップルに登場した時に、今カノも必死で「多数派工作」(訴訟)をおこなうことに起源がある。
新しい女も多数派工作を行うため、訴訟という「他人に影響を与える方法」は研究が進んだ。
ジョン・ロックが「彼女のことははじめから百も承知よ」という女の間の「訴訟」の存在を明らかにした。
Wink 愛が止まらない


男の「心変わり」とは、女の「訴訟」の行方次第であった。
女たちの多数派工作はもはや「本能」だったため、そもそも「男のこと」すらどうでもよくなり、勝つことが目的にすらなった。
民事訴訟が行政に格上げされたのはこのためであり、芸能界という難しい存在が生まれた。
民事訴訟の裁判予測が行政(芸能界)であるとも言われたのだ。
訴訟である以上、「大人」でなければならず、とんだ茶番を演じたら行政(芸能界)から去らなければならなくなる。


男には「一匹狼」というモデルが存在したが、女にはそれはあってはならなかった。
そのため「男心と秋の空」というのは存在するが「女心と秋の空」というものはなかなか想定しづらいものがある。
男は「一匹狼でも耐える力がある」とされたが、女にはそのようなことは求められていない。
「訴訟終了宣言」として、多数派工作に成功した女が「今カノ」に電話することもあった。
悲しみがとまらない 杏里


女の側としては、必死だった告白すら「多数派工作が及ばなかった」とまるで選挙のように再起を期す女もいた。
女によっては「私の顔とからだ」を責める女もいたが、「力及ばず」の方があっけらかんとしていた。
酒井法子 トライagain


そもそも、「恋愛総選挙に出馬するための仲間がいない」として「顔とからだ」にすべてを委ねる女もいた。
こわれかけたピアノ 高井麻巳子


なんだか、女としては「その男が好きで」告白したのか、多数派工作を成功させたくて告白したのか分からない世界であるが、みんな「恋に恋して」いたようだった。
男に一匹狼が多い理由は、女たちには「訴訟」が存在すると言う側面が強く、男は「世の中をよく知った」女と結ばれればよかった。
訴訟をともに経験した女同士は「永遠に友達」とも呼ばれた。
瀬能あづさ 永遠に友達


男が「歩く」のをやめたら女たちの動きも止まるだろう。
男は「机に向かっていても」歩いている。
頭をつかえば「勃つから」である。
「勃つ男」は「面白さ」に敏感であり、仕事ぶりも人気がある。
男は「意地」で歩き続ければ、周りの女たちの多数派工作も進むのだ。


この、男の「歩き」と、女の「多数派工作」がうまく波長が合った時に、「お前は俺のもの」という発想は生まれる。
松田聖子 ハートのイヤリング


イエスはひたすら「歩いた」のだ。
とことん歩いたあとに、休養した。
女たちはイエスキリストに翻弄されたし、女たちの多数派工作(訴訟)はいたるところで起きた。
しかし、イエスが休養したのだ。
女たちはイエスが止まったため、いろんな混乱を治めることにした。
イースター(復活祭)の時に、マグダラのマリアがイエスのもとを訪れている。
「マリアには罪がなかった」
とされる理由はここにある。


「故意」というものは、男にとっては「これ以上歩けない」時に生じるし、女にとっては「これ以上仲間が増えない」時に生じる。
これ以上歩けないことを行為無価値論と言い、これ以上仲間が増えないことを結果無価値論と呼ぶ。
女だって「歩いている」し、男だって「仲間を作って」いるため、どちらの理論が勝っているかは優劣はつかないだろう。
「男は勉強するもの」「女は仲間を作るもの」という固定概念が現在の行為無価値論という
判例につながっているし、それを「女の魅力で」挑発し続ける「学説」が結果無価値論であろう。


イエスキリストが歩くのをやめたら、女たちの多数派工作も止まる。
そんな時に、イエスは「汝自身を知れ」と言って、政権が交代した。
政権交代といっても、そもそも「イエスが歩いていなかった」のならば、野党との政権交代が起きるだろう。
ハロウィンで出会ったカップルに「1月の月を見せる」のが政治であるが、イースターに政権の「危機」が存在する。
「卒業」という季節に音楽作品がオンエアされ、イエスが「歩いていなかった」のならば、野党との政権交代もおきかねない。
1月からイースターまで政権が続いたのならばお祝いしなければならないし、通常国会は閉会し、夏休みを迎える。
秋の臨時国会の頃には、またハロウィンで出会いがある。
イエスキリストと国会、そして男女たちは、イエスキリストの「歩き」とともにあった。
ハロウィンナイト AKB48


女たちが「失恋したくない」という願いは強く、このことによって引き起こされる多数派工作(道徳)・他者に影響を与えること(訴訟)・芸能人になること(行政)はそのまま「約因」と呼ばれ、約因とは「契約の拘束力を高めるもの」とされている。
約因の背景には、道徳・訴訟・行政があり、かなり深い学問となっている。
最近は、銀行も、芸能界進出をする芸能人女性が多く、「テレビに出ている」というだけでお金は貸さなくなった。
また、ローンを組むのに「一人で」銀行に行っても相手にされない。
他者に影響を与えることが出来ること、そして、仲間がいることを示さなければならないのだ。
銀行に示す「約因」として「女連れ」であることは必須の条件となっている。
銀行は「地域に溶け込みたい」と考えており、「失恋したくない女の多数派工作」には大いに期待しているのだ。
その上で、カップルの「信仰」を銀行に告白しなければならない。
了見の狭いカルト宗教を告白したのでは、銀行のイメージもよくないし「約因」として機能しない。
宗教家としては、より世俗的な、広い視野を持った「約因」を提供しなければならないのだ。
すみれ色の涙 岩崎宏美


私が考えた「オールジャパン」という技術は、プロスポーツ選手への罵声を封じ込めるものであった。
いくらお金がもらえても、トップアスリートというものは「罵声を浴びせられると何にもする気がなくなる」ものだ。
そこで、リードしているときは「貴島サリオの未来の思い出に」を聴き、ビハインドの時は「瀬戸朝香のマイホームタウン」を聴く、という具合に、罵声を浴びせたいファンの「痛み」の部分にまで立ち入って音楽作品を流すことにしたのだ。
すでに、多くの男たちの野心がぶつかり合っている世界で、「ファンの女々しい側面」を狙って音楽作品を打ち込んでいる。
これも、現時点では「訴訟」(自分の影響力を増す方法)として機能している。
瀬戸朝香 マイホームタウン
貴島サリオ 未来の思い出に 追う展開とリードする展開の当事者についてはこの動画を見てもらいたい。


多くのファンが「全員参加型」の、音楽作品のフォーラムを作ったとしても、消したいのは「ファンからの罵声」であり、それは、まるで野球選手のように「勝ってきた信頼感」が求められる。
全員が、影響力を持てるわけではないという意味では「訴訟」であり、耳学問である。
罵声を浴びている選手は「女にモテなくなる」から「何にもやる気がおきなくなる」という側面もある。
「社長」と「常務会」という概念はどの世界でも有効であるし、チームやファンが一丸となることはなかなか想定できない。
選手に罵声を浴びせるファンの心理は「選手から女を奪ってやろう」というものであり、なかなか「止めろ」といっても思うようにはいかない。


月は女。
男たちにとっては恋人であり、女たちにとっては友達だった。
月が出ていると、星は「太陽の十倍」輝くことはない。
東に月が「出星」すれば、真夜中には満天の星空が見える。
男女への最高の贈り物だ。
太陽の十倍輝いた星(スター)も、明日になれば男たちの恋人、女たちの友達である月の影響でその輝きは永続しない。
星空って孤独ね。
和田アキ子 星空の孤独


大人になったら「夢」を語ってはいけないの。
夢を語ると周りがビックリしちゃうほどの争いの世界だから。
しかし、子供たちは「男の子は男になるため」「女の子は女になるため」に「夢」を持たなければならない。
あくまでも「夢を持たなければならない」というのは子供たちへのメッセージよ。
大人になっても夢を語っていると足元をすくわれるわ。
和田アキ子 夢


太陽は男。
男たちにとっては友人で、女たちにとっては恋人だった。
神は天地創造の6日目に「光よあれ」と言ったために、女たちは動物ではなくなった。
昼間の日常生活が女たちに生まれたためである。
月と太陽がなければ、地球に「時間」という概念が生まれなかった。
時間がなければ、待ち合わせもできない。
練習も出来ない。勉強もできない。
つまり、「人間に個性が生まれない」のだ。
月と太陽、光があってこその愛なのかもしれない。
和田アキ子 愛の光


追う展開ではこの曲。
瀬戸朝香 マイホームタウン
リードしている展開ではこの曲。
貴島サリオ 未来の思い出に
同点の場合はこの曲。
高井麻巳子 こわれかけたピアノ
大逆転を狙うときはこの曲。
Qlair 君住む街


高い技術の裏づけのあるタイガー・ウッズが「思想が抜群だ」と言われたゆえんはこのことを理解していたことにある。
高い技術の裏づけがなければ、音楽作品があっても意味がないし、高い技術の裏づけがあっても、音楽作品がなければ意味がない。
これが「運命は変えられる」という「技術の裏づけのある人」か、そうでない人かの違いだ。
言論能力・集中力がないのならば「歌っても意味がない」とされる。
己の不毛さに「暴力」に訴えて女たちの顰蹙を買うだけだ。
暴力に訴えて何か得るものはあったのか?
髪の毛を失ったり、片目を失ったりした人を知っている。
「思想が抜群」でなければ運命は変えられない。
逆転満塁ホームランなどという「夢」をかたるのであれば、高い技術力と音楽作品(君住む街)の研究をしなければならない。
そうでなければ、髪の毛を失うか、片目を失うかするだろう。
私も、ガタイのいい体に多少の薬という「哲学の才能の基本」に恵まれたが、運も味方につけたら音楽作品を聴くしかあるまい。


「男は勉強していればいい」「女は多数派工作をしていればいい」となると、女の多数派工作(訴訟)に、すべてを委ねて、勉強を怠ける男は当然、いるだろう。
これは、目的手段論と同じ議論であり「一度手に入れたら冷たくなる男」の存在を指摘している。
女は別れたくないために必死で多数派工作(訴訟)を行うが、男の「神学的側面」を、女が多数派工作に成功しているうちは歌われる。
高橋由美子 あと5分


しかし、大学で訴訟に慣れた女ではなく、もっと若い女の子の場合は目的手段論、つまり、一度手に入れた途端冷たくなるというのはあんがい冷酷な男として描かれざるを得ない。
女が訴訟に慣れるかどうかによって明るさが異なる。
冷たくしないで


目的手段論ではなく、「女の訴訟への丸投げ」はなぜこのように明るいのだろうか?
女は仲間作りが好きだし、意志が弱いのであれば、セックス崇拝も強いであろうと割り切って、彼は私のもとを離れていかないという見通しが女にはあるからである。
仲間が多い女は「恋でもしませんか?」という強い立場に立つのだ。
あの女とどちらが地盤が固いのか?
そのような問題が、大学進学あるいは社会人となってからは生じる。
ごまっとう Shall we love?


「女二人に男一人」でなければ、つまり、イエスキリストではなくアマテラスを拝むのでなければ政治(女心の定義・ルサンチマン)は成立しない。
イエスキリストにお祈りするのは政治ではなく宗教である。
イエスキリストを崇拝する女たちがいるのであれば、その背景には「ローマ法」が存在しなければならない。
ローマ帝国にはギリシャ哲学・キリスト教・ローマ法の三つの川が流れ込んだ。
聖書を共有する女たちを基盤に、ギリシャ哲学を存分に生かしてローマ法を作ったのだ。
ゲルマン法とは、「法規裁量から便宜裁量へ」つまり、風俗営業から喫茶店へ、クラスメートから親戚へ、つまり、「親戚の多い男が選挙で当選したり、会社で出世したりする」ことを意味しているのに対し、ローマ法は、もっと「セックスへの愛」が存在した。


多数派工作(道徳・訴訟)をやっている女は、メイクを覚えたりするため、「恋する女は綺麗さ」と呼ばれる。
昔の男の「勉強の度合い」を、別の男に気がつかされることがあり、そんな時にも綺麗になる。
付き合っているうちは「知っている」ではなく「信じている」ため、当たり前だと思ったことが他の男を知るうちに「信じている」ものが異なることがある。
「別れて綺麗になるのは復讐ではない。昔の男への賞賛である」
お嫁サンバ 郷ひろみ


社会の「女の地盤」はもはやシームレス(縫い目がない)な状態であるし、そこに、男がどのように絡んでいくのか、それはローマ法に頼った「女の訴訟」でも、「女たちが従姉妹である」「愛のないセックス」の世界のゲルマン法の方が政治学に向いている。
東京大学法学部も、私法(性病の治療・男女の出会いの場を与える)・公法(朝鮮の行政調査・行政指導)、そして、政治にコースが分かれている。


マックス・ウェーバーは「訴訟の一般理論」において、女たちの多数派工作(道徳・訴訟)は、大学に入ることには「地盤がシームレス」になっているとし、かなり男は個人主義的に、訴訟法を勉強した方がいいとした。
女たちの「多数派工作」に加勢してやれる学問が訴訟法であり、それを身につけることは、女たちが「生活がかかった」恋をすることを意味したのだ。
男は「法規裁量から便宜裁量へ」「風俗営業から喫茶店へ」「クラスメートから従姉妹へ」という構図を用いて、結婚はしたものの「従姉妹」を増やさなければ政治家にはなれないと考えたのだ。
夏目漱石は「私の個人主義」において、この「親戚の女たちを大勢作る」ことの重要性を指摘している。
女たちの「地盤」という表現はかなりマクロ的な表現であり、各自がそれぞれの恋をしていることを見ていくのを「ミクロ」と呼んだ。
「地盤・看板・カバン」というのがマクロであり、日常の人生相談がミクロである。
ミクロに弱い政治家はいなかった。
女たちは、「個人主義的政治家」に恋をしても、最後には「友情」を選んでいた。
なにしろ、政治家にとって一番大事だったのは、自分に嘘をつかない「妻」だったからだ。
Jokeにもならない恋 三浦理恵子


日経平均株価も、喫茶店やファミリーレストランなどの外食産業の動向に強く影響を受け、女の値段が2万円だとするのならば、そのうち3千円は外食産業に落ちる。
カウンター席が「ミクロ」政策を打つ場だとすると、テーブル席は「マクロ」の動向を見る場所だ。
カール・ポパーは「オープンソサエティとその敵」という本によって、各自が「社長」だとするのならば、それぞれが身内に敵(常務)を抱えており、社長会で常務会への善後策を練ることや、あるいは、常務会の密談の場所として外食産業は有効だとされた。
いかなるプロスポーツも、ゲームがこう着状態になることがある。
そんな時に「囚人のディレンマ」をテーマにした音楽作品をファンの間で流して、事態を突破したりするのも、「勉強の度合い」が試され、「多数派工作」につながるという意味では「訴訟」である。
同点の美学とでもいえるものであり、薬を飲んでいる東大教授にはなんのことだかさっぱり分からないであろう。
女性の「思春期に見た夢」を利用するという意味ではマルクス主義であり、男も「昔を思い出して」いたのだ。
時には「スクールカースト」まで思い出して、現在の、ゲームのこう着状態を見守った。
スマートフォンがあればこのネタだけでヒッチハイクも可能であろうと思われる。
マックス・ウェーバーは喫茶店でこの技を用いて楽しんでいた。
仏教の側から「勝つことだけがすべてではない」と批判されたが、シッダールタの境地に至るための「組織の頂点」としての経験談はあいにく私も持ち合わせてはいない。
女は「多数派工作」(道徳・訴訟)さえうまく行っていれば失恋はしないというのが大学や社会人であるが、中学・高校時代の「囚人」(学校)のディレンマだけは衝撃的であり、大人が「思春期の頃の記憶」を利用して、同点の時のこう着状態を打開しようとしたのは、世界に「驚き」をもって迎えられた。
こわれかけたピアノ 高井麻巳子


日本国が、国際捕鯨委員会を脱退し、調査捕鯨を再開する。
しかし、「国際社会の理解を求める」というのはとんだお門違いであり、「目的を持った生き物(子育て)を殺すとはどういうことか?」を考えることは、外科手術を受けて「一晩に四回目を覚ます」人にとっては重大な問題であり、ましてや、多少の睡眠障害に悩む人、あるいは睡眠薬に頼っている人にとっては、「クジラの生態」に関する映像は最高の睡眠薬なのである。
食べ物のために人を殺すのは「口が聞けない人」の特徴であり、日本人は外国に行ったら「口が聞けない人」かもしれないが、それでも、「言葉さえ話せたら供給は尽きることはない」ことは証明されており、食糧不足は起きないとされている。
クジラの生態の映像を寝る前に見てよく眠ろう。
外国語を勉強し、食料の供給を維持しよう。
我々は「口の聞けないチンパンジー」ではないのだ。
クジラの生態


クジラの「声」で「8時間眠れる」という企画も知られている。


国際捕鯨委員会からの日本国の脱退の翌日であるが、そもそも、ハンナ・アーレントは「全体主義の起源」において、「君主の真似をして生きていればいい」というハイデガーやヤスパースの指導にしたがい、「君主はクジラの声を聞きながら寝ているらしい」ということに全体主義の起源を求めている。
私が「クジラの声に気が付くのは明らか」として、日本国が全体主義との決別をしたのであれば、それもひとつの見識であろうが、かなり、白人国家と対等な「捕鯨」論争が出来る基盤も作られた。
浦上ふとん店 CM


しかし、眠らない政治家としての君主という存在は、昼間、労働して、自由恋愛をして眠るというリベラルへの挑戦でもあった。
なにしろ、眠らないというのは肉体労働にはさほどメリットはなかったからだ。
また、男女でともに「眠る」というのは恋愛の象徴でもあった。
酒井法子 風邪


ユダヤ人家庭に生まれたアーレントが「人間は眠らない」ということと「タイムマシーン」を合わせる形で「人間は200歳まで生きる」とした可能性は否定できない。
フランス革命もアメリカ独立も「眠り」を制することから達成されているが、アーレントは「近代」つまり「恋の時代」を、「夜は静まり返るもの」「夫婦や恋人だけの時間」とすることや、眠らなければ昼間、活動できない程度の労働を与えることにより、全体主義(人間は眠らない)を克服しようとしたとも考えられる。
駅前までの徒歩何分などの条件がそもそも「眠らない」ことを拒絶したのだ。
アーレントはこのことを「人間の条件」で明らかにしている。
また、眠るのは美容の秘訣などと主張しては、全体主義を克服しようとしたのだ。
眠らないというのは「地球を騙す行為」とも言われ、寿命とどのように関わるのか、あるいは、眠ることによって「人間は譲ることを知ったのではないか?」などと議論を進めた。
しかし、「クジラは人間の叡智を超えた存在である」という反捕鯨運動の信者はとどまることを知らなかった。
なにしろ、「精神病が治る」のである。
芸能界(行政)に「クジラの声」が広まるのはあまりにも早かった。
「紛争の一回的解決」(新訴訟物理論)は、眠らないことにより、問題を一回で解決しようという議論であり、民法の構成要件が異なれば、複数回の訴訟が提起可能であるという日本の議論につながっている。
判例は、旧訴訟物理論を支持し、「人間は眠るべきだ」としている。
瀬能あづさ 永遠に友達


譲れない夜と新しい朝、これを旧訴訟物理論は頑なに守った。
新訴訟物理論は、一度忘れ去られた後に「ニュータイプ」と呼ばれて現在に至っている。
旧訴訟物理論こそが「新しい朝」を支持したのであり、日本国の主流となった。
当然、「クジラなんて食ってしまえ」「東条英機嫌い」という議論にはなるだろう。
また、人間は「眠らないと議論がまとまってしまうために」「みんな似てくる」とも言われる。
クジラの声を聞きながら徹夜で議論するのが外交の現場だったのだ。
「何でも溶かしてしまう壷」と外務省では知られている。
「小野光太郎はどこまで話すつもりだ?」「すべてなのか?」
これを探りながら「クジラ」の問題は外交筋で詰められていった。
プロスポーツ選手になりたくはないか?
このような問いかけが子供たちに投げかけられた。
みんな、手を挙げた。
そのこと自体が、「人間の条件」であり、「全体主義の克服」であった。
旧訴訟物理論、新しい朝は、このことから日本国の通説になったのだ。
うしろ髪ひかれ隊 今日はサイコー


三ヶ月章が「新訴訟物理論」(ニュータイプ)を学会で公表した時に、場内に緊張感が走った。
一番前に座っていた新堂幸司だけが「ガハハ」と笑っていたとされる。
新堂は後にこの事実を否定している。
三ヶ月の「真の意図」が全体主義を目指していたことを悟ったのだ。
三ヶ月章は、のちに法務大臣になっているが、「極端な軍国主義思想を持つもの」がひそかに日本国憲法の下で入閣していたことが、今になって明らかになっている。
女の「多数派工作」「影響力の行使」(訴訟)といっても、その女は「マンガ」として世の中に出ているし、女同士が相互に「約束」と「許し」の世界に身を置いている。
なかには「この女からは撤退」しなければならないこともあるために、「地盤」というのもなかなか難しい概念だ。
聖書などの経典に「過去の許し」「将来の約束」を委ねる女もいる。
神さまの絵巻物があれば「社会との関係」「他の女との関係」が決まる。
アーレントは「そんな空間で女はセックスをしている」としている。
高橋由美子 バスルームでキャッチホン


男が有名だったから。男が口説くのがうまかったから。
「罪から自由であることって何?」
女は他の女の影響力が縮んでいくのを観測するしかなかった。
アーレントは「エルサレムのアイヒマン」からそのような回答を得た。
「あなたは幻を愛した」と逃げ出したくなることもあった。
rebecca trouble of love.


街で会った(キルケゴール)イケメン(ヘーゲル)口説くのがうまい(カント)。
哲学者は縦横無尽に「従姉妹」「親戚」の女の子を作り続けた。
哲学者、その名を「オナン」と呼ぶ。
受験のコツはズバリ「オナニー」だよ。
そう公言するツワモノもいた。
「従姉妹」「親戚」の女を増やす男はそのようなものだ。
「有名」「きっと恋をする」男の正体はどの女も見抜けなかった。
どこで勉強したの?それも分からなかった。
哲学者、その名は「オナン」、彼は自分の時代を謳歌したのだ。
なぜなら、どの女も「恋は盲目」だったからだ。
訴訟が得意なストイシズムはどの女も持っていた。
婦人公論のモデルさんを必要とする女もいた。
パブリックフォーラムでこのような社会ネットワークの弱い「子供」は早く家に帰りましょう。


「機関訴訟」
スマップのナンバーワンソングを決める上での、メンバー相互間のお金の存否またはその行使における紛争についての訴訟である。
スマップとファンの対立、そして、スマップとその関係者との区別、という二元的思考にたつ伝統的芸能事情通理論においては、純粋に「スマップ内部の問題」であって、ファンのお金とは無関係だということになる。
その意味では、これは「女の影響力争い」ではなく、駅前での署名の問題と同様、芸能活動の、クラスでの話題の男子の支持の有無について裁断をする「男の影響力争い」の一種だと言うことになる。
また、男として発言力が認められたものにのみ許されるという意味においては署名活動と変わらない。
はたして、スマップとファンの間に対立はあったのか、あるいは、関係者のみならず、スマップの身内の人間の発言力(処分性)が昭和61年に認められた。
業界の関係者やファンとスマップの対立のみにとどまらず、スマップの身内の発言力に大きく依存したことが最高裁で認められたのだ。
世界で一つだけの花は、なぜ、スマップのナンバーワンソングなのか?
これは、スマップの身内の都合が大きく反映されていることが明らかになり、一方、かつてのCoCoのナンバーワンソングが「夢だけ見てる」であるとされたのも、CoCoの身内である私の考えが大きく影響を与えたのだ。


行政行為→芸能人セックス。
私人→ファン。
権利義務→お金。


「行政代執行手続」
法律とは何かを知ってもらうために、たとえば、新宿のホームレスを排除するような行政代執行手続について語りたい。
比較的「独身的」なものであり、適用範囲には限界がある。
単純な一個の「実力行使セックス」(キモノビート)にとどまらず、「芸能界セックス」「結婚目的セックス」によって構成される、一連の恋愛ゲーム・口説く行為をなしていると言うことに留意が必要であり、「理想の男モデル」(赤いスイートピー)は、現行法上そのままに実現されているわけではない。


実力行使セックスが必要な事例。
松田聖子 キモノビート


三段階構造モデル。
松田聖子 赤いスイートピー


行政代執行法二条による、「他人が代わってなすことができるセックス」に限定されていることに注目され、代替的作為(どんなヘンタイプレイも問わない)義務を命ずる場合にのみ行政代執行は行われる。
かなり公益性が求められることから、娘や息子がそれなりに「親にとって重要」な存在でなければならない。
「いい人を見つけなよ。うるさく言うけど」
酒井法子 風邪


他人よりも目立ったため(伝染病に罹った、公衆の場で暴れたなど)、周囲の女にモテるようになった男を隔離することを「即時強制」と呼び、非代替的つまり「特定の女」との関係を排除する「直接強制」と即時強制は区別されている。


即時強制。
松田聖子 スター


 


街やコンサートホールで「スター」が生まれるたびに、警察官職務執行法二条から七条において、質問、保護、避難などの指示、犯罪の予防および制止、立ち入り、武器の使用などの要件が定められている。
警察行政として位置づけられ、しかし、「人間が狂った」瞬間に税金を課すというシャウプ勧告の沿革から税務行政における、質問、検査、住居などの捜査も認められている。
メディアスクラムが組まれると、運が悪ければ「脱税容疑で逮捕」などと報じられるが、周囲の人たちが「狂ってしまう」ことから、おのずと「脱税」が問題になってくる。


青林書院・行政法Ⅰ 藤田宙靖という、わりと古い権威を用いさせてもらったが、教科書をこのように読めないのであれば、自分なりに「ドイツ語的日本語」を「翻訳」する才能を磨くために一定程度の社会経験が必要となる。
どのみち、他の弁護士も意味など分かっていないからだ。


民事訴訟法(他人に影響を与える方法)を少しやってみよう。
物証に絞って「裁判官に8割の確信を与えるのが証拠である」という観点から「写真の被写体」=「当事者」を論じてみよう。
限界事例では、氏名冒用訴訟、死者名義訴訟(他人に影響力を与える方法)が議論されてきた。
意思説においては「内心に考えられている人が当事者だとするものだ」とされる。
行動説においては「当事者らしく行動した、また、当事者らしく遇せられた」人を当事者とする。
表示説は、写真のコメントに「氏名、職業、住所などを用いて当事者として表示されたもの」が当事者であるとする。
適格説は「解決を与える上でもっともふさわしいもの」が当事者だとする。
併用説においては「写真を飾るものについては当事者らしく行動した(行動説)、被写体については第一に飾るものの意思、第二に解決を与える上でもっともふさわしい、第三に写真のコメントの順番で判断していく」のがいいとする。
規範分類説においては「セックスルールとしては写真のコメント」を(表示説)、思い出としては「解決するのに一番いい、あるいは、十分口説くのに関与した」ものを当事者とするという議論がなされる。
本当にこれが足利尊氏?などという議論がなされるが、このような料史学・文献学が存在することになる。
また、主観的予備的併合(女的前彼的理想の男)、主観的追加的併合(女的元彼的理想の男)、当事者の変更(首の今彼へのすげ替え)、などから「セックスルールを固めよう」という立場もある。(紛争主体責任説)。
このように、民事訴訟法とは「他人に影響力を与える方法」としてドイツで理論化が進んだものだ。
続・赤いスイートピー 松田聖子


「公訴事実対象説」
刑事訴訟法とは「どうしたら女にモテるか?」という学問であり、「他人に影響を与える」民事訴訟法とは区別される。
裁判官が「電話を片手にバットマンみたいに活動すること」を糾問主義と呼び、しかし、それでは警察官が集めた資料(公訴事実)の扱いに困ることになる。
糾問主義の下では「公訴事実を法律的に再構成した」訴因を事実として争うことになるが、裁判官が電話を片手に最新技術を駆使したバットマンのように活動することは現在では期待されておらず、弾劾主義、つまり、「おまわりや検察こそがバットマンである」とし、科警研や科捜研などが構築されている。
つまりは、審判の対象とは「訴因」なのか「公訴事実」なのかと言われると、「公訴事実である」とされるのである。
誰に電話を持たせ、裁判官と警察官のどちらがモテるのか?という議論が糾問主義と弾劾主義の議論であり、現在では、科警研や科捜研に裁判官が一歩譲る形で弾劾主義が採用されている。
ミニモニ ミニモニテレフォン


弾劾主義の採用によって、「捜査」の議論が一気に花開いたのは事実である。
また、刑事訴訟とは「論告を弁論によって検討評価する」ものであることから、審判の対象が「事実」であることに鑑み、訴因が「事実」ではなく、公訴事実が「事実」となることになった。
もちろん、裁判官面前調書は、警察官面前調書や検察官面前調書に比べると高い証拠力をもつのは基本的な認識であるが、
刑事訴訟の花形は「警察である」ということが認められ、沢口靖子などの「オンエア」のニーズにこたえる形となった。
あくまでも「芸能界」を頭においているのが日本の行政であり、刑事裁判もそのことからは決して例外ではなかった。


科捜研の女(長い)。


「自白(告白)法則」
女の方から「告白」して付き合うことは、女に「有罪の自認」をさせることでもあり、その観点から、たとえば「同じ学校内にいた、同じ病院内にいた」などの思考力の下がった状態での「虚偽排除」を永遠の愛の誓いの根拠としなければならない。
hiro confession


また、彼氏が子供に興味を持ってくれるのかな?家庭に縛れるのかな?などの観点から女の側の告白(自白)は問題が多く、朝まで眠れない問題となるため、供述義務を否定している。
つまり、犬(おまわり)のもとで、刺青を入れるなどの行為は「任意性説」(総合説)の立場に立ち、女の「愛というものへの理解度」を求めることになった。
BoA Is this love?


経験豊富な主婦層たちの納得を得られる「自白法則」でなければならないという意味では違法排除法則を展開することと同じになる。
また、逮捕・監禁(箱の中)での愛の告白には相手がイケメン(毒樹の果実・腐ったミカン)であるという理由は考慮されないが、「恋ばなをしようよ」という女たちの側からの話の持ちかけ(ミランダ警告)を守らない場合は、「イケメンだった」という理由は排除される。
松田聖子 制服


刑事訴訟法(女にモテる方法) 新版・渥美東洋


準法律行為(オカマのヘンタイプレイ)にも、行政(芸能界)の行政庁(芸能人)が一度行ったセックス(行為)を取り消すことはできないという不可変更力がある。
オカマかどうか、結婚するのかどうかという問題は、不可争力や公定力と違い、女の側も「大人」であることを念頭に、不可変更力が生じるとされる。
Wink 愛が止まらない


オカマであろうと女を愛することができるということを、公の権威のもとに確認するものである。
不可変更力は時に「実質的確定力」とも呼ばれ、女が略奪愛をする理由を根拠とし、たまたま出くわしたオカマのヘンタイプレイをわが国法上なんらかの芸能界セックスとして認められるか否かは疑問視されている。
「何のための略奪愛か?」という観点からは、オカマのヘンタイプレイと出くわして、「結婚します」「熱愛報道」などは職権取り消しの制限がなされている。
女のケツの穴を守るためのすぐれた法政策的なものであり、違法(オカマ)なセックスがはたしてノンケ国家のもとにおいて取り消しがそもそも許されるか、ノーマルセックスによる芸能界という観点からは、原則としての取り消しと、例外としての取り消し制限、という理論的なけじめは明確につけておく必要がある。
ガブちゃんのように、結婚の後にカミングアウトした場合は取り消してもその効果は将来に向かってのみ及ぶ場合があるとすると、撤回と近いものになる。
格抜きの不一致(瑕疵ある行政行為)についても、「有名なカップルである」などの公益性が必要となる。
いずれにせよ、確認(確かめ合う)ことの必要性は指摘できる。
藤本美貴 ボーイフレンド


もうヘンタイプレイはしませんという「瑕疵の治癒」にかんしては「事情判決」の存在が知られている。
しかし「彼はオカマである」ということを宣言しなければならない。
結婚した時などの「事情判決」によってカミングアウトする男は多い。
事情判決も「彼に憧れをもっていた女たち」(公共の福祉)のために必要となるものだ。
朝鮮を指導することを考えると、オカマに寛大にならざるを得ないともいわれ、行政指導にたよると、オカマにとっては都合のいいストーリーも組める。


「法規命令」(行政立法・芸能界による金のばら撒き)
法規命令とは、独身的・クラスメート的なものであって、個別的・従姉妹的なものではない。
そのため、芸能界セックス(行政行為)には含まれない。
公定力、つまり、姉や妹がアイドルであるということから来る発言力は法規命令には存在しない。
姉や妹でマスターベーションできる男はいないのだ。
一般的・抽象的(独身的・クラスメート的)というのは、ズリネタを芸能界が私人に提供することで、本来ならば「お金を取るよ?」ということを私人に与えることを意味する。
なお、あまりにもファンが多い行政機関(アイドル)のセックスであっても、それは、ズリネタを提供するという行政立法ではなく、一般処分(独身者の間の発言力)にあたるものがある。
一般処分というのは「セックスそのもので抜ける」というものであり、つまりは「脱ぐ」ことを意味するが、姉や妹が「脱いだ」ときに、はたして兄や弟が「発言力」(処分)を維持できるかは明らかではない。
下級審にはその発言力(処分性)を認めるものもあるが、最高裁は概ねこれらに否定的である。
行政処分とは、たとえば、私が浅香唯(実姉)の音楽作品を評論し、影響力を持つことを言うが、脱がれた時の一般処分とは異なる扱いがなされる。
浅香唯 恋愛ヤンチャ娘


「窃盗および、観念的競合」
物(女・有体物)を管理可能性の立場に立つと「心を盗む」のも窃盗である。
しかも、「他の男と賢さを比べあう」(観念的競合)を意味するのであれば、日経平均株価相当の「女の局部」は盗めることになる。
本権説にたつならば「愛情」(所有権)を意味することになり、本当にお熱になってしまうことを意味するが、占有説に立つと「やり逃げ」まで含まれることになってしまう。
本当にロマンティック(ローマ法的)なのは本権説である。
カリオストロの城


占有だとするのならば、女が自分の局部を「しっかりとした”愛”の理論のもとに」事実上の支配をしていなければならない。
パワハラ(上下主従の関係に立つものの間の占有)や、入院や学校生活のように「委託された包装物の占有」などが議論されている。
既遂時期は「接触」説、射精した「取得」説、心が移った「移転」説、さらには「このことは誰にも言うなよ」といった隠匿説がある。
日経平均株価程度の満足を得た取得説が妥当だとされる。
「お父さんを排除する」という不法領得の意思を必要とするというのが判例である。
お父さん以外の男に裸を見せることを「セカンドラブ」と呼び、不法領得の意思を要求する強烈な論陣を成立させた。
中森明菜 セカンドラブ


「背任罪」
他人のために事務を処理するものが、セックスの邪魔をすることがある。
「彼女からの探りの電話でした」
高橋由美子 バスルームでキャッチホン


 


他人とは、勉強人(自然人・学生・社会人)の他、法人(ノンケ集団)や法人格のない団体(ヘンタイグループ)も含む。
必ずしも法律行為(ノーマルセックス)に関するものであることを要しない。
他人の事務(恋愛)を処理するについては、行為者(恋愛当事者)と他人の間に信任関係が必要である。
親権者、後見人のように法令の規定によるものであるものでも、職の斡旋者(委任)、雇用、夏休みのみの関係(請負)、慣習としてまたは事務管理(恋愛管理)として行われたセックスによるものでもいい。
任務にそむく「行為」(セックス)である以上、「探りの電話」のみにとどまらず、友達も恋人も奪わせるものでなければならない。
二重抵当などは詐欺ではなく背任とされている。
杏里 悲しみが止まらない


「軽い気持ちの」冒険的取引は背任には当たらないとされている。
法律行為(ノーマルセックス)ではなく、結婚行為(事実行為)でも同じである。
酒井法子 軽い気持ちのジュリア


背任罪は、目的犯(快感犯)である。
「優越感ハンパない」
財産価値(局部の値段)を減少させることが損害となる。
損害があったかどうかは、法律的(ノンケ的)判断ではなく経済的(他の男に愛されなくなる)判断になる。
一方、男を奪ったほうの女にも「後悔」(因果関係)が求められるとされる。愛というものの複雑さを表現している。
ノーカン


刑法という学問は「聖母マリアに罪はなかった」ということから生じた学問であるという理解が必要である。


「労働組合に関する法(ノンケ)政策」
労働力(売春女)の取引における、労働者の団結体である労働組合に関しては、
四つの政策が成立してきた。
①禁圧 女の取引をもっとオープンにしよう、口説くのも自由にしよう、浮気の自由という個人的自由(譲れない夜)が基本原則として強調され、女の「譲れない夜」を当然のものとしてストライキやピケッティングを禁圧する法律(ノンケ)政策が取られた。
瀬能あづさ 永遠に友達


②放任 浮気をしない男はいないという認識が強まると、法(ノンケ)の世界でも公認された。


③助成 浮気をしたいために仕事をする男たちに、使用者からの妨害干渉からの保護を与えることにした。


④現代的規制 クローズドショップ、つまり、企業内にのみ浮気相手を制限することの禁止や、巨大な組織体となった労働組合による、女の大規模動員であるストライキや二次的ストライキの禁止、組合幹部の「伝説化」の禁止などがなされた。
女のストックを大量に持つことへの警戒感が指摘されたのだ。


吉本興業に労働組合をといっても、女性芸人にどれほどの魅力があるのか?
背任の多発によって「局部」の値段は安すぎないのか?
「売れたから他に女を探します」というのが歴史だったのではないかなどが問われる。
労働とは「浮気をした女に金を払う」ために行われるものであり、労働組合というのは「女を探す場所である」という認識が求められる。


職人が企業の枠をこえて組織する職能別組合があるが、はたしてその熟練や技能に女たちを抱え込む力があるのかどうか、排他的閉鎖的、縄張り争いの紛争を起こしやすいことが指摘されている。
「男らしさに関する論壇」(宗教)・「女心の定義」(宗教)という政治と宗教をあわせて「産業」と呼ぶのであれば、組織の大きさから産業別組合は巨大な団体交渉力を持つ。
しかし、職場における女たちの「願望」「理想の男」が十分に行き渡るかは「弱点」とされる。
西野カナ ダーリン


一般組合(独身限定組合)はアメリカのUAW(自動車産業組織)やチームスターなどの産業別組合が勢力を伸ばし、一般労組化している。
企業別組合は、女と一緒に仕事をしているため組合員意識が弱く、また、分裂しやすいこと、団体交渉も企業防衛の意識や宣伝に支配されやすいこと、しかし、技術革新に対応しやすく、女たちの不満を反映しやすいという長所がある。
日本では合同労組というのがあり、中小企業が特定の地域で、お祭りをやったりして団結する神道的労組も存在する。
いずれにせよ、官公労(芸能界男女の割り当て部門)が労働組合をリードしてきたのであり、日蓮宗でいう「ヤマ」での人間模様をよく理解することが労働組合のキーとなることは芸能界が、行政を構築し、官との結びつきが強い以上当然のことである。
熱愛報道・結婚報道などは、すべての組合の「目的の出口」となっており、官公労なくして労働組合は語れないのだ。


「解雇」
客観的(男性的)に合理性(男性性)を欠き、社会通念上相当でない(聖霊)場合、つまり、読んでいる本(エル)・男性らしさ(ヤーヴェ)・さらには総合的な男らしさ(エロヒム)という三位一体を欠く場合は、解雇権濫用法理に当てはまらず、解雇される。
実際に、官公労(芸能界)はホモが多く、通常の会社では解雇されることが多い。
「ナポレオンはそうでも私はいやです」といわなければ解雇されるのだ。
解雇権濫用法理は三位一体のことであるという割りきりが必要であり、「男らしさ」をかなり理論的に詰めていかなければならない。
松田聖子 赤いスイートピー


ピーコのいう「うちの組合」とは官公労のことであり、戦後の労働争議をリードしてきた存在であるという理解が必要である。


「資本と株式」
会社法は、マルクス主義の立場から「恋はいい思い出」というスタンスを取り、高校時代の「男の子の値段」(資本)と、女子高生の値段(株式)の関係は常に問題となっていた。
発行価額の全額を資本の額とする、つまり、周囲の女子高生のクォリティを男の子の値段とするのを基本にしている。
しかし、株式の発行価額の二分の一を資本に組み入れない資本準備金とすることが認められている。
昭和25年改正までは、株金総額(周囲の女の子の値段)は資本の額と常に一致していた。
昭和25年改正は無額面株式を採用し、女子高生の値段を「もはや値段がつかない」ということを認め、昭和56年改正は、資本(男の子)の額は「発行済み株式(処女を失った女の子)の発行価額の総額」とすることを認めた。
その結果、資本(男の子の値段)は、株金総額(周囲の女子高生の値段)を超える場合が原則となった。
資本の額(男の子の値段)は定款には記載しないが、登記と貸借対照表には常に記載される。
男充実の原則、男維持の原則、男不変の原則、男確定の原則などが存在し、男の子の受験に必要なだけ女の子が群がるという授権株式というものもある。
女の子でファンクラブ予備軍がいれば資本準備金に組み入れ、大学に合格した時のために周囲は利益準備金を積み立てる。
法定準備金は、受験戦争がヒートアップした時には、資本(男の子の値段)の四分の一になるまでは使い切ることができる。
一人が東大に合格するために動くお金は10億円とも言われ、会社法のすべてがうまく機能した時に「受かったー」という男の子が生まれる。
男女共学の場合は、女の子たち(株式)の調達が容易であり、学費も安い。
河合その子 不思議バカンス


「社債~男ファイナンス」
社債というものは「男をお金に変える」ものであり、株式が「女」であるのとは対象的である。
資本(男)の部に対して、負債の部に「銀行からの借り入れ」「社債」「株式」による資金調達が念頭に置かれているが、企業は通常、この順番に資金調達を行っている。
銀行からの借り入れを事実上の資本(男)とみなしてしまう中小企業の社長もいる。
社債はその次の手段であり、たとえば、ジャニーズを見てみても「女の子の欝の解消」などを目的とし、女の子を「愛の対象にする」「愛してその上でアイデンティティを求める」という二つのパターンが想定できる。
あんがい社債のゾーンは狭く、会社法上も定義らしきものしか設けていない。
株式による資金調達は、いわば最終的な手段となるが、新株の発行などは、むしろ企業の信用情報にすらなってしまう。
しかし、「女心」(株式)の方が、社債(男に愛されること)よりもより複雑性があり興味深い。
担保付社債のように「女にモテる男」をお金に変えることがあるし、ジャニーズはジュニアの時からの「担当」でもない限り、担保付社債を買っている。
また、「女にも分かる話をしてくれる男」(ワラント・新株予約権付き社債)の人気はズバ抜けている。
政治(女心の定義・株式)といえば集まらない金も、宗教(男に愛されること・社債)と言えば集まるともされ、その影響力は無視できない。
社債が「会社の金で」発行し、割り当てられるかどうかは、プットオプション(仲間を増やす可能性)ではなく、コールオプション(女に優しくなる可能性)から判断すべきだと考えるべきである。
女に優しくなる可能性、あるいは、男が「女にも分かる話をする」(ワラント)ことから、会社のメンバーに加えてもメリットがあると考えられ、社債権者集会制度はまるでジャニーズやB'zのライブのような様相を呈する。
社債権者集会制度は、期限の利益の喪失(そろそろ時間切れね)などの判断がなされたり、資本減少(処女を失う)・法定準備金の減少(大学に受かった時の取り分を減らす)、合併・分割に関する異議(三位一体の存続か否定か)の議論がなされるが、裁判所を通さなければならない。
スマップ解散も裁判所を通しているはずである。
スマップ ありがとう


スマップ解散の裁判で何が話し合われたか興味のある人もいるだろうが、木村拓哉が「来週モデルの仕事があるから一万五千円貸してくれといった」などというバカバカしい裁判なので、どこかの通常の裁判に含まれているものと思われる。
各自、誰も知らない「本名」を持っているので、TKCローライブラリーで、検索してもヒットしないと思われる。


昔から行われている「男ファイナンス」
日蓮。


具体例。
本日は吉本興業の社債権者集会にお集まりいただきまことにありがとうございます。
前説はまだ担保付ではありませんが今後期待の持てる社債であり、そこから社債権者がぼちぼち集まり始め、とにかく松本さんにせよ加藤さんにせよワラントがズバ抜けていなければMCは務まらないことも明らかになりました。
ワラントというのは「女にも分かる話」という意味でありまして、これが分からなければそもそもお笑い芸人ではないわけですが。
期限の利益の喪失つまり、賞味期限切れと、資本減少つまり、客の女の処女を奪う行為、勝ち残った時の取り分(法定準備金)の議論が各週刊誌を賑わわせています。
合併・分割つまり「三位一体・男の完全性」に関しては、岡村さんが松本さんと話したがっているとか、松本さんが加藤さんと頻繁に連絡を取り合っているとか、まあ、人気商売ですからね。
合併・分割つまり「三位一体・男の完全性」がなければこれもまたお笑い芸人ではないわけです。
最後には裁判所「オンエア」という形で皆様にお伝えすることになると思います。


「株主総会」
女のアイドルのライブこそが本当の株主総会である。
現行商法は、男的運営の方が豊かになるとし、所有と経営の分離を認め、女のアイドルのライブは基本的事項だけを決定する機関であるとしている。
株主総会は「春はCoCoから」のような定時または臨時に召集手続きを経て開催される。
会社の意思決定に限られ、執行行為はできない。
取締役の選任・解任が「女のアイドルのライブ」の場合は可能であることは驚くべきことだ。
また、定款の変更や、合併・分離(三位一体・男の完全性に関する議論)、解散も突然、ライブで公表できるのは「女ならでは」であろう。
利益処分や、株式併合(処女であることの暴露)、取締役の報酬の決定なども、女のライブで決定される。
女のアイドルのライブは「社債~男ファイナンス」よりも、山師的側面が強い。
CoCo EQUALロマンス


「株主総会~女のアイドルのライブ」
かなりの力とわがままが通用する、女のアイドルのライブ(株主総会)であるが、取締役会が開催の日時・場所・議題(セトリ)などを決定し、代表取締役がこれを執行して召集する。
少数株主(CDセールスの3%以上を買っている者や団体)は株主総会(ライブ)の召集を取締役会に請求し、それでもライブが行われない場合は裁判所(オンエア)に許可を求め自らライブの召集を行うことができる。
取締役会は、ファンの総会出席の機会を与えるために、二週間前にはアルバムを公表しておかなければならない。
ライブで、メンバーの脱退(定款の変更)・事務所の移籍(営業譲渡)なども「ファンの喝采により」その有効性を確認しなければならない。
少数株主(CDの1%以上を購入したものや300枚以上のCDを購入したもの)は、セトリ(議題)として採用することをライブの8週間前までに書面で請求することができる。
名簿の閉鎖中(女性アイドルの海外での撮影など)の場合はファンは「喝采」(追っかけ)を禁止される。
ライブで四文字を叫んだものは「議長」が退席を命じることができる。
取締役や監査役の解任などは、三分の二の聴衆の喝采が必要である特別決議であり、簡単というわけではない。
株式併合(処女であることの告白)・株式交換(新メンバーの加入)・株式移転(メンバーのシャッフル)などのエネルギーの裏づけのもとに取締役や監査役の解任を行っている。
女性アイドルのメンバーを「嫁として」買い取る、株式買い取り請求権などという夢のような制度もある。
ライブ運営で多少のトラブルがあっても、裁量棄却という運用が認められている。
株式買取請求権の存在を考えると、やはり「美しいお嫁さん」の人身売買的側面が女性アイドルにはともなうことが指摘でき、それでいて「資金の裏づけ」という近代化がアイドルにとってもなされていることが分かる。


「株式~女」
男はカマを掘られなければセールスに出せないが、女の場合はその「女心」「美しさ」も含めて広くセールスに出せる。
その女のオンエアやライブでの流通や、レイプ・出産を経て女でなくなること(消却)・併合(処女の告白)、分割(女を貫くこと)に関する規定が会社法にはある。
これを踏まえて、ライブや各雑誌にまつわるカネのやり取りを規定したものが株式に関する記述である。
とにかく、できるだけ多くの男たちに参加してもらいたいというのが第一の趣旨である。
さらに、君主としての地位を守るために「どの女も同じ」(均一性)というものが指摘できる。
均一性はキリスト教アタナシウス派の通説である。
均一性を踏まえて、昔は、額面株式というのがあり、一株いくらというのが決められていたが、平成13年に「女子高生には値段がつかない」という立場から無額面株式が採用された。
株式(女)を複数のものが共有することは可能であるが、会社に代表者を届け出なければならない。
SPEED Deep Blue & Truth


 


株主の権利(お金)に関しては、利益配当請求権(マスカキ権)と、残余財産分配請求権(人気がなくなったら脱げと言う権利)が存在する(自益権)。
自益権には他にも、新株引受権(新しい女の参加歓迎)や、株式買取請求権(嫁として買い取る)などがある。
共益権に関しては、株主総会における議決権(ライブで歓声を浴びせる)や、株主総会決議取り消し訴権(あの空気にのまれただけだ)や、取締役の違法行為(ひんしゅく行為)の差し止め請求権がある。
自益権と共益権の区別に関しては、特定の女の子で抜いているだけであり、女の子は野球選手の移籍とは異なり、チームの個性ではなく女の子の個性が見られているとし、株式(女の子)が譲渡されると、自益権や共益権も移転するという株式社員権説が判例通説である。
他人の名義による株式(女)の保有に関しては、引き受け行為をしたものが株主であると言う「女一人に男二人」(実質説)と、名義貸与者が名義人であるという「女二人に男一人」(実質説)がある。
女にとっての女よりも、男にとっての女のほうが重要であると言うことに根ざした対立である。
杏里 悲しみが止まらない


「株式の併合・分割」
株式(女)が、併合(処女の公表)を行う場合は、株主(お客さん)の利益(マスカキ)に重大な影響を与えるため、株主総会(ライブ)の特別決議(三分の二の喝采)を必要とする。
代表取締役は、総会で併合を必要とする理由を開示しなければならない。
総会の召集通知にはそのような議案を記載する。
ファンが一気に増えるため、利害関係人の異議申述の機会を与えている。
端株(ファン・株主の友達)も、マスをかくだろうが、端株原簿に記載する。
高橋由美子 ときめき


株式の分割とは、女がセックスをすることを言う。
その女のおかげで存在感を高めてた男(資本)の額は変更しない。
新しい女のメンバー(新株)が無償で発行されることになるため、既存株主の利益(マスカキ)には影響を与えないため、取締役会決議で公表を行うことができる。
人気のヒートアップを冷却させる目的が指摘され、新メンバーを加えたり(新株発行)、株式配当(ズリネタの提供)などの経営判断があるとされる。
globe many classic moment


平成13年改正以前は、額面株式制度との関係で、株式分割(女の子のセックス)によって資本(男の値段)の額は変動しないが、資本の額が株金総額(周囲の女子高生の値段)を下回る場合つまり、男気が足りない場合は、女の子もセックスが許されなかった(分割できない)。
そのために、株主総会(女のアイドルのライブ)が必要だったのだ。
取締役会で株式分割を決める場合は、なんらかの形で資本(男の値段)が増加している場合であった。
新株発行(新しい女のメンバーの加入)などが資本の増加の要因となる。
しかし、平成13年改正以降は、このような心配がなくなった。
お先に失礼 おニャン子クラブ


「取締役会~大人の事情」
YouTubeは、9割がテレビ局によって作られたものであり、「大人の事情」というものも、会社というものが「社債権者集会」「株主総会」を花形にして構成される以上、取締役会のメンバーである取締役も、「勉強人」(自然人)であればよく、法人(ノンケ)であってはならないとすら位置づけられる。
勉強さえできればホモだろうと何だろうとかまわないというのが自然人であるという意味だ。
株主(ファン)を取締役にすることはもちろん可能である。
事務所の人間(使用人)を「テレビ番組」を制作する上での取締役にすることも可能だ。
三人以上必要であるとされ、「大人の事情」には必ず三人以上、定足数三分の一が関与している。
取締役の任期は二年をこえてはならず、それでもなお、女のアイドルのライブでは三分の二の喝采でクビが飛ばされる。
さらには、CDの3%を購入したものは、取締役の不正のセックス、法令定款に違反する結婚などがあった場合は、取締役の解任の訴えをオンエアすることができる。
「大人の事情」とは、現場のアイドルに「そそってはならない」ということだけなのだろう。
岡本社長だろうが大崎会長だろうが「女芸人へのお手つき」がなければ辞めさせる理由はない。


取締役会と言っても「お手つきがあったかどうか」をお互いに監視し、面白い人材を使ったりクビにしたりするのが仕事である。
取締役会の下部組織として、代表権のある社長・専務取締役・常務取締役を代表取締役とし、取締役会は、業界関係者を排除する(取締役を解任する)ことはできないが、代表権を失わせることは可能だ。
なにしろ「お手つき」が一番の禁じ手なのだ。
それ以外は、表見取締役と呼ばれるテリー伊藤みたいな「自称プロデューサー」が面白ければ「こっちゃ来い」という世界であるのが現状である。
美しい女性芸能人目当てならば、イベントのリーダーは務まらない。
ファンの「マスカキ」よりも自分を優先させてはならないことを理解しなければならない。
また、同じ時間に別の会場で行われているイベントを同時に企画してはならない。
取締役の同意がなければ「試合が別の会場に移る」こともないわけである。


取締役は報酬を受け取るが、その額を取締役会に任せると「お手盛り」(女)がまとわりついてくるため、「女のライブの収益」にゆだねているのが現状だ。
つまり、社債権者集会制度(吉本の劇場)だけだと、無料奉仕で働かざるを得ない。
男社会は「株主総会」(女のアイドルのライブ)で、複雑な女心を歌わせることにより、しかも、「お手つきをしない大人の事情」を踏まえ、はじめてお金になる。
芸人よりも貧しいのが岡本社長や大崎会長であることになりかねず、そのために、幅広いビジネスにその経験と才能を生かしている。


監査役は、取締役による女性芸能人への「お手つき」や、著しく不当なセクハラを見張っているのであり、会計監査役は「セトリの作り方」のお金の流れをチェックするものだ。


「労働」
企業経営も楽じゃねえな、と思った人もいるだろう。
しかし、労働も「セックスする能力を買い取る」という個別的労働関係と、セックス集団である男女を扱う集団的労働関係が存在する。
これらを全体的にコントロールすることを「法規整」と呼ぶ。
私的所有権(セックスパートナーを持つこと)の保障と、契約(お盆休み・お正月休み・卒業)自由の原則、つまり、桜坂などを経験すること、みんな「言葉が足りない」(過失責任主義)ことを自覚することが基本原理である。
これらの「労働」を見てみると、街で気軽に女の子をナンパできるデカルトや、特に「口説き文句」を考えたカントがどれほど人生を楽しんでいたのかが分かる。
女の子を口説ける、お金を払わなくてもモテる、皇帝カントこそが「人類最後の成功者」と呼ばれる現実を知って欲しい。
「自由」というものはすでに「人々の夢がぶつかり合っていて進路がすでに決まっている」ものである。
低賃金・長時間労働への対処が求められた。
しかも、何かの災難に出遭っても「労働者は言葉が足りない」という側面があった。
また、使用者の側も「女たちの意見に縛られて採否を決めている」という側面がある。
あるいは、団結権といっても、すでに家庭のあるものもいて女を必要としていない人もいる。
ストライキは、「独身連中のわがまま」として主婦層の間で「違法」とされている。
工場法・労災保険制度・就職活動を援助する制度・失業保険制度などが整備された。
要するに「高学歴・高身長」が「高収入」につながるという現実は早くから女たちの噂になっていた。
横山源之助の「日本の下層社会」などが知られているが、戦後になって「女たちを口説くのが労働だよ」ということがGHQによって紹介されている。
最低基準を定めた労働基準法や、男女混合を進めた労働組合法、男女を念頭に置いた労働関係調整法などが定められた。
不況にやたら強い地方公務員法や国家公務員法も定められた。
それでも、「カント」つまり「女を口説ける男」は人類最後の成功者なのだ。
その後、労働市場は、サービス化・女子化・高学歴化・多様化・高齢化を経験した。
現在は、口説き文句すら知っていればどこに行ってもいいとされている。
松田聖子 ハートをロック


会社法 神田秀樹


「経費」
経費とは、材料費(女を育てるお金)・労務費(女を買うお金)以外の原価要素であり、支払い経費つまり、外注加工賃(お姉ちゃんを口説く腕を磨くためのお金)・福利施設負担額(料亭の支払い費用)、運賃、通信費、修繕料など「お姉ちゃんとコミュニケーションをとるお金」のことである。
測定経費とは、電力量・ガス代・水道料のように「お姉ちゃんを囲うためのお金」である。
月割経費とは、減価償却費(おねえちゃんの商品価値がなくなっていくために生じるお金)、賃貸料、保険料、公租公課などを指す。
支払いをともなわないが現実に発生している経費、たとえば棚卸減耗費(おねえちゃんをリクルートメントするためのお金)を発生経費と呼ぶ。
企業が、利益、つまり「社債権者集会」「株主総会」によって社債権者(女性ファン)・株主(男性ファン)にマスターベーションを与えるために必要なものが経費であり、これがなければ「お手つき」が生じかねないし、しっかりと従業員全体に「身内同士では女性タレントへのお手つきがない」という仕組みを構築しなければならない。
実際に、動画で公表されている女性タレントのエッチな動画は「株式買取請求権」にしたがって作られているものであり、たとえ女性タレントの本人の意思から来る自由恋愛であっても、会社の「材料」である以上、株式買取請求権とみなしてお金を要求する必要がある。
CoCoの三浦理恵子と羽田恵理香は現役時代は処女であったし、あんがい近代的に運営されているのが日本の芸能界なのかもしれない。
三浦理恵子 ジョークにもならない恋


「株式移転」
株式移転とは、女性アイドルが、株式併合(処女の告白)や株式分割(セックスの告白)をして、特定の取締役の「完全子会社になりたい」と準備を進め、株主総会(ライブ)での喝采を経た上で、一番うまく行っているビジネスの傘下におさまることを意味する。
日本国においては神社にその可能性はあるだろう。
「女心のセールスマン」を日本国の神社は行っており、そのことから、株式移転を行い、「御朱印集めが趣味」などと公表するのだ。
株式交換(女性芸能人の男性芸能人とのセックス)や、株式移転(女性芸能人の神社への帰依)などは、株主(ファン)・取締役(大人)・監査役(お手つきの見張り役)が取り消すことができる。
すべては「本当に神社でいいのか?」という信仰や教義上の問題からくるものである。


「刑事政策」
刑事政策(東京大学では刑事法と呼ばれている)は、「モテる方法」という意味である。
処女や奥様方が嫌う行為(セックス)を「犯罪」と位置づけ、すべてを敵に回すセックス(犯罪)を防止することによって、社会秩序(知識の伝達過程)の維持を図る国家的機関の一切の施策をいう。
立法(カネのばら撒き)・司法(恋愛裁判)・行政(芸能界)における諸施策を含む。
知識が伝達する社会において、個人が「譲ることのできない」状態で、人格を形成し、いいことを探していくことができるようにするためには、なによりも、周囲が動揺するようなセックスを防止しなければならない。
「すべてを敵にしてもあなたがいい」
これを端的に「犯罪」と位置づけた。
工藤静香 奇跡の肖像


セックスしすぎて孤立したもの(心神喪失者)や少年のセックスは「犯罪」とは呼ばない。
予防は事前的なものであり、抑止とは時には死刑すら用いてしまう事後的なものである。
自警団のようなものも国から予算が割り当てられるのならば刑事政策に含めていい。
「国がその力量を認める」=「予算を割り当てる」のであれば、有効な刑事政策(モテる方法)を打てることを意味する。
最良の社会政策(知識の伝達過程)は最良の刑事政策(モテる方法を広め・世界を敵に回すセックス・犯罪をなくす)であるといわれることもある。
瀬能あづさ 愛になりたい


とにかく「犯罪」(世界を敵に回すセックス)が行われると、地震や火事・隕石にまで喜ぶ女が出てくるために迷惑なのである。


親がお金をくれない貧困が「世界を敵に回すセックス」(犯罪)につながるのか、それとも「お金儲け」を知らない人が犯罪を犯すのか、それとも、生物学的な素質(ルックス)・社会的要因(学歴)が影響を与えるのか、それとも環境(勉強ができない家庭)が世界を敵に回すセックスにつながるのかは、複雑に絡み合っているため、選挙やメディアの取材でばら撒けるカネ(立法)の限界も配慮しつつ、テレビ(行政)や恋愛裁判(司法)を巧みに利用しなければならない。
最終的には法律家(ノンケの男)ことに刑事法学者(モテまくっている男)を中心に世界を敵に回すセックス(犯罪)をなくしていかなければならない。
「親が決めるのが一番葛藤が少ない」とも言われる。
松田聖子 キモノビート


とにかく「セックスの相手」を間違えただけで、ドヤ街やアパート暮らしになるためそのあたりは女のほうが詳しいという側面がある。
このことから、刑事政策は「若い頃はイケメンならバカでもいい」と考えていた女たちを、より現実的な「いい男選び」に誘導するという夢のある研究となった。
松田聖子 赤いスイートピー


とにかく、刑事政策(モテる方法)の研究が、いい男選びに向かったことは、日本では嵯峨天皇の818年から後白河天皇1156年にかけて議論されたことであったし、美男美女を生む研究である仏教や、インテリを育てる儒学の影響もあり、
徳川吉宗の御定書百か条や、明治時代の新律綱領・改定律令などでも「いい男とは何か?」は議論されてきた。
現代においては「いい男選び」が、科学主義の立場にしたがって「口説くのがうまい」ということや、法治主義(ノンケである)ということ、人道主義つまり「敵を排除するのがうまい」などの観点や、「外国語ができる」という国際主義にまで至っている。
おのずから、刑事法学者(モテる男)は外国人との交流をするようになっている。
一方で、外国に行くと人間は思考力が下がるという側面もあり、日本国内の外国人が「世界を敵に回すセックス」(犯罪)を犯すことが知られている。
中森明菜 北ウィング


春日大社に「サルメ」と呼ばれる女性芸能人がいる。
この女と性的関係(株式交換・女の交換)をしてしまうと、取締役が自由民主党大阪の代議士になってしまい、自由民主党代議士は、「学歴のない子供たち」を大勢傘下に抱えているものだから、「仕事で」そのようなやんちゃな連中と関わらざるを得ない。
大阪維新の会や公明党はもっとクリーンだろうが、自民党にはそのようなマルクス主義的なダーティーな側面がある。
宮迫君も、そのような会社法の現実を踏まえて、見てあげた方がいい。
家庭のある宮迫君は、浮気をしたら「芸で返さなければならない」という側面があり、しかし、「その場を奪われた」ことからかなり憔悴しきっていたね。


藤原紀香の穴兄弟。
宮迫・田村謝罪会見


「破産法」
企業(芸能人)や消費者(一般人)が、それぞれの解釈において、経済活動(異性を愛する)を行う社会(知識の拡散していく世の中)においては、なんらかのかたちで従来の活動を続けていくことが困難になることがある。
「男の取り巻きを大勢はべらせながら処女でいたい」「一夫多妻制の男」などがこれらにあたる。
社会全体としては、この事態を契機として、当事者に対して、不健全な経済活動(異性の愛し方)を止めさせた上で、健全なかたちで再出発を促し、関係者の損害を食い止める必要がある。
企業(芸能人)の場合は特に「この人と見込んだのに」という盲目さが周囲についてまわる。
芸能人(企業)の場合はそのため、損害があまりにも大きくなりすぎる。
異性の取り巻き(担保権者)と、独身の異性(一般債権者)とでは扱いが異なる。
担保権者(ファン)は大事にしなければならないし、セックスしただけの独身の異性(一般債権者)とは再出発する上での扱いが自ずから異なってくるのだ。
企業倒産(芸能人が表から姿を消す)のと、消費者破産(一般人が遊べなくなる)を問わず、私的整理(就職の斡旋・夏休みや卒業ソングの提供・性病の治療・男女の出会いの場を与える)から始まるが、思い出の写真をばら撒かれたり(代物弁済)、私だけはこの男についていくという抜け駆け(差し押さえ)がなされた時に問題が生じる。
別れさせ屋(債権者の個別的権利行使)は制限しなければならないし、債務者(芸能人や一般人の破産者)の隠れたセックス(このことは誰にも言うなよという隠匿)は防止しなければならない。
整理屋のように「女を横取りしてやろう」という不正な目的を持つものも排除しなければならない。
あまりも有名な芸能人(企業)であっても、儲からないということはすでに述べたが、取り巻きの女やセックスした女の数がケタが違うため、破産管財人の報酬の決め方はきわめて難しい。
①公平の理念 愛し合いたければ対等であることは理解しような、ということの教育の徹底。
②手続き保障の理念 テレビから姿を消すだけであり、芸能人が恥をさらすようなことはしない。
この二つが理念として挙げられる。
一度(10年程度)表舞台から去る清算型(忘れた頃に出て来る)、再建型(現役続行型)の二つが想定される。
愛し合いたければ対等であることを理解させ、そのうえで、恥をさらすことのないようにしながら、「ファンを大事にする」ことを「別除権」と呼ぶ。
典型担保(ノーマルフェティシズム型)と非典型担保(ヘンタイ型)があるが、ファンには違いない。
ファンが、表から姿を消した芸能人に、「ライブパフォーマンスがなければ興味をなくす」のが本来の姿であろうが、ファンに「新しい芸能人につぎ込むお金がない」などの理由から、いつまでも思いを寄せていることがある。
そのようなものは基本的に大事にする方向を見ている。
米光美保 YADA


清算型は「忘れた頃に出てくればいい」ことになるが、再建型は「それでも芸能活動を続けられる」ほどあまくはない。
芸名を変えて、オンエアでのデジタルイメージも変えなければならない。
つまり、担保権(ファン)の実行を止めたり、異性(債権者)の協力を得て彼(彼女)を今後も見守ってもらうという必要がある。
デジタルイメージを変えたらファンも切り替わるし、それでもプライベートは続いていくからである。
再建型というのは、忘れた頃に出てくればいいという清算型と異なり、きわめて芸能界というものに通じていなければできないのだ。


私的整理の長所は、法的整理(ノンケ的整理)と異なり、一定程度、本人のフェティシズムを維持しながら、テレビの視聴者に悟られることなく、異性を愛する方法を見直すことができることだ。
一方、詐害債権者の「リベンジポルノ」の存在が一番の脅威となる。
リベンジポルノがあまりにも目立つようであれば、債権者委員長(彼・彼女を愛した異性のリーダー)が、いったん「債権者会議」(女たちの恋ばな)を通じて、孤立した彼を救うための三分の二の喝采を受ける必要がある。
SPEED Deep blue & truth


ここで、破産法全体の見通しを良くする必要がある。
破産債権というものは「女にセックスの対価としてまだ払ってない金がある」ということを意味し、破産財団というものは、そのための原資となる「ファンの存在」を意味する。
さらに、破産財団(ファン)を維持するために、「そういうことはないということで」という否認を行う必要がある。
おもに「セックス」(行為)を否認するのであるが、みかじめ料の存在を否認する事例もある。
将来の請求権として「女関係をすべて知る立場にあるもの」(保証人)が挙げられるが、これらの「情報」も、週刊誌暴露などを通じてエンターテイメントに変える必要がある。
しかし、家屋敷を失うような「隣人の妻」との姦通に関する情報だけはばらしてはならない。
そこで、破産宣告して「表舞台から姿を消す」(清算型)にせよ、「芸名を変えてデジタルイメージを変える」という再建型にせよ、セックスに関してはかなりストイックにならざるを得ない。
破産債権(女に支払うカネ)の対価に「私と結婚して?」などという女もいるだろうが、それはいろんな都合を考えた「執行」(認めるかどうか)の判断が求められる。
弱みに付け込んで憧れの彼氏をゲットするという側面が生じるからだ。
ファンに手をつけていたとなると優先的にカネは払わなければならないだろう。
また、保証人(担当・ファン)といっても「強度」が認められ、区別がなされている。
また、ファンを維持するための財団債権の支払いも必要となる。
また、週刊誌報道(登記)も、仮登記から取材を経て本登記になっていくため、何らかの対応が必要になってくる。
「こんな親でごめんね」ということから、芸名とどのように関与するか(相続)も問題になる。
また、賃貸物件に住んでいる男があまりにもバカだったらオーナーの女将さんは怒るだろうし、季節ものの音楽作品やドラマを演じることから女将さんの支持を取り付ける必要もある。
また、家族をもとの姿にしてあげてという子供の考えも「取戻権」と呼ばれて尊重される。
また、「今ならコイツは怖くない」という相殺権も問題になる。
金をまだ受け取っていない女が周囲の男に相殺権の存在を指摘することができる。
いずれにせよ、すべてのファンがマスターベーションできる環境を整える必要がある。


労働法は、教科書によってはきわめて複雑に書かれているが、労働契約によって「休み・女たちが男らしさを語り合う時間」を設ける。
三浦理恵子 日曜はダメよ


就業規則は、経営者が「You! やっちゃいな」「暴れろよ」などと経営者が言うものである。
就業規則は、労働契約の内容を定めるほとんど唯一の準則となっている。
使用者は、就業規則を監督官庁(芸能界のドラマなどのコンテンツ)に届け出なければならない。
労働組合の意見も聞いて、「暴れろは良くないんじゃない?」などという女たちがいるため、また、テレビドラマも暴力をどう思っているかをみんなが見ているため、労働契約に対して強行的直律的効力を有する。
つまり、外形標準課税・テレビ番組のことを就業規則と呼ぶのだ。
朝ドラを見てみんな仕事をする気になっている
長渕剛 とんぼ


労働協約・労使協定は、労働組合の男女が「理想の男」を提示するものである。
労働組合と使用者が書面によって労働者の待遇を決め(労働条件規制機能)、労働組合と使用者との関係に関するルールを決める(労使関係統治機能)。
さらには経営に多少なりとも関与できる(経営規整的機能)。
なにしろ、職場の男女が書面によって経営者と締結するものであるため、それに反する労働契約は規範的効力に服するが、なにしろ景気などを背景に労働組合は書面を作っているため、ギブアンドテイクの観点から、労働契約を不利益に変更することも認められるとする考えが根強い。
また、数の力で職場の空気を作ってしまう一般的(独身的)拘束力も認められ、非組合員も影響を受ける。
松田聖子 赤いスイートピー


テレビ番組(就業規則)の強行的直律的効力と、労働協約の規範的効力に労働契約は影響を受けるのだ。


日本国は、戦時賠償問題を1965年に5億ドルのお金を支払うことで韓国と「終局的に解決」したと声明を出している。
しかし、昨年に、徴用工判決により12名にそれぞれ9万ドル支払うように命じている。
このことは、あらたに1300名が日本国の20の会社に訴えを提起する「血のしたたる肉」と呼ばれ、日本国の企業を震え上がらせた。
9万ドルが「一千万円」だとしたら、1300名にもなると130億円になる。
このことを「徴用工判決」を理解する上で認識する必要がある。
日本国の企業の富の「130億円」の行方に関する議論であるが、韓国が嫌いと言う日本人は7割に及ぶ。
しかし、韓国の裁判所の「徴用工判決」は、「日本の法律学のあまさ」を指摘するものであり、国際私法においてケイヴァースが「アメリカの法律学こそが一番正しい」としたのに対して、韓国が日本の「法律学」を批判したものと考えられる。
そのあたりは、冷静に、日本国の「法学部」も、自らの正義に関して考えなおさなければならないだろう。
「130億円なんて、いい授業料ではないか?」


「和解」
皆さんは「同窓会」で不愉快な思いをしたことはないだろうか?
同窓会を円滑に進めるためには「和解」の研究が欠かせない。
女二人が同じ男に振られたとか(以下の動画)、肝臓ガンになって棺おけに片足突っ込んだとか、選挙に当選した(サルベーション)などのことがない限り、同窓会というものは開けない。
みんなが熾烈な多数派工作を止めてしまい、その上で、女性たちの心がひとつになる、これが「和解」の秘訣である。
強い者が勝つのではなく、勝った者が強い、と言われるように、勝った人間は自分の党派の結束を強める。
神学(男らしさ)論争で一致を見ることはないだろう。
しかし、同じ男に女二人が振られたら神学論争は二人だけで一致はする。
また、肝臓ガンになっても「死に直面した」という意味では神学論争は一致する。
選挙で選ばれても仕方がないから一致するだろう。
すべての神学が「朝から晩まで勉強や仕事をしている男」(ロシア派)を支持しているではないか。
つまりは、インテリかオカマのどちらかだ。
肉体派か社長会は夜中までは働かないものだ。
ようするに、「お金がドカンと入ってくる」以外に、人間が和解する理由はないのだ。
酒井法子 平気!平気!


戦争の途中でジオン公国はパーティーを開いていた。
しかし、フェニックス貸切のパーティーも、ライバルにとっては「内向きのリップサービス」にしか見えない。
「もう、多数派工作はしません」と当事者たちが考えなければ和解は不可能なのだ。
まず、従姉妹とみなされる女たちがどんどん流れ込んでくること。
それにくらべて、別の派閥が何もできないことが明らかになること。
何もできないどころか「憎まれる」ことをしてしまうこと。
星野仙一(故人)は、1998年に横浜ベイスターズに5ゲーム差をつけられた時点で、二位であるにもかかわらず「ギブアップ」を宣言している。
マジックもまだ残っているのに「憎まれる」ことをしてしまったのだ。
女たちを口説くのは「カントの王国」であるが、星野仙一が「世界を敵に回す」行為を行ったのは明らかであろう。
工藤静香 奇跡の肖像


同じ人を奪い合っているうちは「和解」などない。
信頼と愛と親密さのトライアングルが存在し、愛と親密さのどちらかを選ばなければ信頼など存在しない。
カントは「独身であるうちは男たちと和解する理由がない」としている。
カントは「クラスメート・風俗店・法規裁量」を語った人物であるが、ルイ16世は「従姉妹、喫茶店・便宜裁量」を語った人物である。
ヨーロッパの政治学は「カフェ・喫茶店」を強烈に支持した。
喫茶店は、食事の写真はともかく、「風景」を撮影することは基本的に禁じていた。
誕生日が近い季節でなければカフェに行けない女の子もいた。
松浦亜弥 S君


カントは「風俗店・クラスメート・法規裁量」つまり「闇営業の写真」を暴露された時のように人々は「和解」を知らなかった。
「裸にお金」の写真がばら撒かれたら人々は妥協の余地はなかった。
今となってはそれも「芸人の芸」であるとされ、「仕事」であるとされているが、政府も大学もメディアも「裸にお金」だけは許せなかったのだ。
ドカンと笑いが取れれば、自民党代議士もお金ぐらいはくれるだろうが、当然、生活のために用いなければならない。
芸人の持ちネタの最高傑作が「裸にお金」だということぐらい、政府も大学もメディアも理解しなければならない。
写真をセールスにかける写真週刊誌であるフライデーなどは、特に写真への怒りを持っていたようだ。
これが「ネタに困った時の一発芸」であることぐらい知っておかなければならない。
芸人はそんなに豊かではないのだ。


« 法規裁量と便宜裁量。 | トップページ | ボディ&ソウル。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 法規裁量と便宜裁量。 | トップページ | ボディ&ソウル。 »