最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« アジアの安定感とメールの記録。 | トップページ | 行政指導と行政調査。 »

2019年6月13日 (木)

背広組と制服組。

「バアル信仰」
基本的には、「コンピューターによってプロスポーツをコントロールしようとする」世界を崇拝することをバアル信仰と呼ぶ。
みんなの「心に響く」強烈な「詩心」を必要とし、その道はそう簡単というわけではない。
「頭をつかったことがある男」が、そのような「詩心」を有しているとされ、その人生経験から「プロスポーツの結果まで左右してしまう」ことから「面白い男だね」ということがバアル信仰の背景にあるとされる。
本来、「数学」によって野球やサッカーは「完璧なゲーム」として出来上がっているため、「野球の神様」「サッカーの神様」を信じることにもつながるものでもある。
多くの野心がぶつかり合い、利権が固まっていて、それでもなお「詩心」「人生経験」から、プロスポーツの結果を左右してしまうことから、「教祖」というものが誕生しやすい。
これが、「バアル信仰」である。
その「教祖」の語ることは、プロスポーツの親会社の社員ですら熱心にメモを取った。
球団は都市ごとに存在するため「地方自治に影響を与えるに過ぎない」とも言われた。
古くは、中曽根康弘の阪神とナベツネさんの巨人という「伝統の一戦」が知られていたが、「人生経験と詩心」からこれを確立したのは小野光太郎だとされ、2019年の横浜DeNAベイスターズが初めてそれを採用した。
しかし、読売ジャイアンツだけが「その動きを察知するのが速かった」とされる。
きわめて「女性的」な世界を、男社会全体が「崇拝」したため、バアル信仰の女性信者は多かったし、修羅場を救ってくれたことから、教祖への男性信者も多かった。
なにしろ、各球団のスレでは「野球について」語り合うのが現在の主流であるが、本当に「ワールドシリーズを」制覇する球団は「女の人生」について語り合うことになるのは明らかであるとされ、そのためにバアル信仰は「過去に例がない。
将来どうなるか分からない。想像もつかない」という現状があるのだ。
プロ野球やJリーグを「女たちのもの」にする可能性があるため、今後の動向が注目されている。
株式会社DeNAの南場オーナーは「勝率を5割程度で調整しておいて」と発言したという噂もある。
モバゲーで「音楽作品を投稿しあい、プロ野球を女の人生ゲームにしてしまおう」という発想が伝わっているのだろう。
プロ野球チームの親会社が「スマホゲーム会社」だということがどのようなことを意味するかは末恐ろしい問題だ。
いずれにせよ、鍵を握るのは「女の思春期の経験談」を熟知することだった。
「俺たちの球団を救ってくれたのは女神さま」
このように考える男たちもいた。
あるいは「ノンケの男として」生きていることそのものがうれしいという男たちもいた。
女の思春期の心理を利用するのであれば、バアル信仰はマルクス主義(唯物論)ではないかという指摘もあった。
女の思春期の記憶への理解度を革命の原動力にしようとしたマルクスと、女の子の思春期の欝などを研究したフロイトの二名が、この世界の論客だとするのならば、「バアル信仰というのはポストモダニズムのことだよ」と言う人もいた。
ポストモダニズムとは「マルクス・フロイト以降に面白いことをやろう」という哲学であり、しかし、「ゼロ年代」には「面白いことってオタクカルチャーのことか?」とバカにされていたものだった。
しかし、その破壊力をバアル信仰に見出したのだ。
フロイトは、女の子がかなり暴力的に去勢されいる、とし、このことからくる欝を指摘した。
そもそも、女の子のほうが「思春期の障害物が多い」のである。
そのあと、お母さんが嫌いになり痩せるなどの法則が見られる。
哲学者は「女にも分かる話」をしなければ、真剣勝負には使えない。
お父さんに犯されないように「女言葉」も覚えた。
「ホンネー」とか言っている山形で当たり前のことは横浜では当たり前ではない。
檸檬の年頃 AKB48

バアル信仰は、地元においては「強烈な一神教」を志向するものであり、
私はこの情報を産経新聞社とNHKに情報提供している。
NHKと産経新聞社の「経験値」は、もはや私をはるかに上回っており、今日の、ジャイアンツ戦で横浜DeNAベイスターズは大敗してしまった。
メディアは神だ、という威信が新聞社やテレビ局に存在する以上、私個人の研究の範疇をもはや超えているのが「バアル信仰」なのだろう。
酒井法子 今夜もニュースホリック

また、「肉」と「魂」の違いを明らかにしたが、バアル信仰はいわば「人間」の研究の部類に属し、「肉」が女心に「興味ない」「理解できない」ことから、
筋肉質な男でなくても、インテリに「肉」が「織田信長公」などと敬意を払うことも当然、想定しなければならない。
肉と魂の間の「神」の存在は「女の子の思春期が理解できるかどうか?」にかかっており、「茶事」「喫茶店デート」を知っているのならば、肉は「織田信長公」に神を感じるだろう。
しかし、喫茶店デートで「モーツァルトが必要」「彼のホワイトノイズはデートに必要」と考えるのは常識に近く、喫茶店デートに「音楽作品」を持ち込まない男はいない。
メディアは「第四の権力」である。
取材の謝礼と称するお金の分配(立法)、芸能事情通(行政)、恋愛論への詳しさ(司法)のすべてを兼ね備えている。
民間人の「他人に影響を与える方法」(訴訟)にも介入することがある。
メディアが一番興味あるのが「人類学」であり、「さまざまな生き方」である。
「噴火」「地震」「事故」など「別世界の話」(特殊)を民間人(一般)に持ち込むのを得意とし、特殊が自分の身に降りかかる(終末思想・権力批判)と思うのであれば、もっと、メディア論を理解する必要がある。
役に立たない権力者を放逐するのはメディアにとってはあまりにもたやすい。
「バアル信仰」を考えた者は、メディアにとってもありがたい権力者であり、メディアが「神性」を増したという意味においては、最後の晩餐でイエスは「バアル信仰」について各メディアと話し合っていたものと考えてもいい。
バアル信仰についてイエスが「自分だけのもの」と考えて、最後の晩餐をやらなければイエスは処刑されていたであろう。
実際は「磔」で済んでいる。
プロスポーツの結果を左右するというバアル信仰を作った者は、一度、「観客の数の多さ」をよく見てみる必要がある。
自分が何をやったのか分かっているのだろうか?
まあ、「言葉」を「モーツァルト」に乗せるだけなのだが、それでも「人生経験」と「耳」は必要となってくるだろう。
「ゲームならルール決めましょう」
松田聖子 ピンクのモーツァルト

日本国の「セックス崇拝」の強烈さは素晴らしい。
李氏朝鮮の頃の「試し腹」など、行政調査・行政指導を徹底して行い、日本国を世界第三位の経済大国として君臨させている。
これは「モーツァルト」がなければ成り立たなかったし、滝廉太郎などの影響もあるのだろう。
小林麻美 雨音はショパンの調べ

1995年まで、日本国においては「ゲイ」の存在は秘密とされていた。
新宿二丁目とかさぶなどは「上流階級の噂話」の域を出なかった。
しかし、「笑えるかどうか」で、男社会の「8%」のゲイ・オカマ(肉)を公にするかを判断した。
中国の台頭や、オウム真理教事件を経て、「オリンポス山を汚すな」という制止を振り切る形でメディアで公表された。
しかし、そのおかげで「いじめ対策」が明確になったのだ。
ステーキ CM

詩篇2:2-5 君主は静かに暮らしていたが、王が無能な君主に「たくらみ」を行った。
 君主は王たちの「たくらみ」に笑うこともあったが、怒ることもあった。
 「オカマ」であるから無能な君主なのだ。
 無能さをののしられることは「オカマ」をバカにされることだ。
 無能な君主がいては何をやっても栄えない。

列王記1 18:21-27 エリヤとバールは神の無能さを罵った。

列王記2 2:23 少年たちは「禿げ頭」にすら笑うオカマであった。

ホッブスのリヴァイアサンで1651年に指摘されていた「オカマ」の問題であるが、欽定訳聖書では1982年に「世界でオカマの受容」が行われた。
アメリカ合衆国は、日本国の1995年よりもはるか前に、ソビエト連邦との戦いに悲鳴を上げていたのだ。
しかし、このことから、冷戦は終結している。
CoCo NEWSな未来

カントは「アダムがオカマでなくて助かった」とため息をついた。
男社会の8%はオカマだ。
しかし、そんなものは「国家の存続の危機」の時のためにとっておけよ。
アメリカ合衆国は1982年に、日本国は1995年に、「その時」を迎えたのだ。

ノイマンとモーゲンスターンは1944年に「ゲーム理論」を考え、プロスポーツの勝敗の行方を左右する音楽作品として、それを提示している。
それは、バアル信仰の核心部分を構成した。
高井麻巳子 こわれかけたピアノ

ゲーム理論のコンセプトは「女でも死ぬか重症を負うかの勝負を思春期に行っている」というところにあった。
メキシコを征服したスペインのコルテスもアステカ相手にこれを行っていたとされる。
コルテスは、船を燃やして、本国にはもはや帰るつもりはないという意思表示をし、戦いへの自信を示した。
「バロック音楽があるから、我々は最後の審判を恐れていない」
そのようにヨーロッパ人は考え、裁きの場(戦場)に向かった。
シェークスピアの「ヘンリー五世」にもゲーム理論は登場する。
ホッブスのリヴァイアサンにおいては、「イエスはメディア王」とされ、バアル信仰とイエスキリスト信仰は同じ意味であるとしていた。
裁きの場(戦場)の王であったからだ。
あくまでも「ゲーム理論」は中学生の恋を意味し、「多数派工作」(道徳)・「他人に影響を与えること」(訴訟)を考え始める女子大生や社会人にはないものだった。
しかし、「思春期」「十代」ほど大事なものはなかった。
バアル信仰を背景にしたイエスキリストは、メディアの王であり、芸能界(行政)の長であった。
男の子に「勉強やスポーツ」を学習させたのも、イエスキリストの都合であった。
「告白したい男子がいる」
これが重要だったのだ。
道徳や訴訟を覚えるたびに、女の子は「純粋さ」を失っていく気がした。
もう、制服じゃないの。私はもう純粋ではない。
女たちの「恋愛ゲーム」はどんどん複雑化したが、戦場で使える音楽作品ははたしてどれほどあるかは明らかではない。
酒井法子 100%の雨が降る

エリートの存在は「原罪」に由来するとされている。
背広組は、夜更かしをして力をつけ、いわば、ロシアの立場に立っている。
一方、制服組は「命令されてから動く」ことをポリシーとし、夜早く眠り、いわば、オーストラリアの立場に立っている。
事件は現場で起きているんだよ

しかし、「夜更かしをしない」「コンビニを真夜中に利用しない」方が「性に奔放」なのだ。
地方自治と仲が良く、オーストラリアの立場に立ち、性に奔放である、これが「リベラル」と呼ばれる立場だ。
地方自治と仲がいい方が就職しやすいし、「俺より先に寝てはいけない、俺より後に起きてはいけない」という男も自ずから、制服組となっていた。
当然、制服組にはそれ相応の豊かさが約束された。
レベッカ コットンタイム

ひとりで責任を負うリバタリアンの立場に関しては改めて詳細に述べたいと思うが、性概念も含めて「女同士認め合っている」リベラルの連中に命令する立場にリバタリアンの連中はいたのだ。
オーストラリア派のリベラルな連中はポルノにすら出演していたし、オーストラリアの圧力がなければ、堕胎すら日本では認められなかっただろう。
つまり、女が男に「さわらないで」と言えるのもオーストラリアのおかげなのだ。
米光美保 YADA

地方自治において人気がなければ集票マシーンも務まらなかった。
彼氏に満足させられるなり、月9を見たらさっさと眠ってしまった。
日経平均株価の時間外先物取引も同様の時間帯に取引は事実上終えてしまった。
深夜に株価を釣り上げる要素は何もない。
深夜の株価の動きならばリバタリアン(背広組)の動向の研究が必要だった。
夜6時過ぎはオーストラリア派の動きが重要であり、深夜にはロシア派の動向が重要だった。

背広組には彼らなりの論理があった。
「譲れない夜」「つらい夜」が背広組のアイデンティティであったのだ。
瀬能あづさ 永遠に友達

女の場合は、結婚に関する悩みや、寝ている間に男に暴行されたなどの理由から眠れなくなるが、男の背広組の場合は「譲れない夜」「つらい夜」が背景にあった。
ロシアのコンビニもそれに同調した。
ロックやヒューム、アダム・スミスやカントなども「地域住民の嫌われ者」として夜更かししなければ歴史に残る哲学者にはなれなかっただろう。
もう制服ではない、という女子高生も、夜更かしが可能となっていた。
酒井法子 100%の雨が降る

木星の力を背景に、深夜に株価を動かすのは背広組であったし、女同士が「黒革の手帖」(純粋理性批判)を奪い合ったので、深夜のロシア派の動向がこの時間帯の日経平均株価先物の主導権を奪った。
国生さゆり 雨のニューオリンズ

夕方六時の「株価の釣り上げ」を仕掛ける女が「リベラル」「オーストラリア派」の女であるとするのならば、深夜11時に株価の釣り上げを仕掛けるのは「リバタリアン」「ロシア派」の女であった。
当然、言論の世界も「夕方六時」に株価先物に介入するのか、深夜11時に介入するのかは「コンテンツ」の違いを理解しなければならないだろう。
夕方六時はかなりフリーセックスが横行しており、深夜11時には「真剣な恋愛」が幅を利かせているのだ。
ribbon 愛してジャスティス

お寺や神社のある街で「地方自治」は人気があった。
伊勢神宮の外宮の「たちんぼ」も、「勝負を仕掛けるのは早い」とされ、「女のすべてを知っている人」の前では、外宮のたちんぼすら地方自治にしたがっていた。
「美しい罰」も、からだを売るという悪も、女に目がくらむという罪も、一晩過ぎたら昔話だった。
そこで、「夜間先物」の安定化のために全国に神社仏閣を作った。
新橋の「深夜の11時の仕掛け」は地方自治とは異なる、「背広組」の論理があった。
受験戦争、モーレツ社員という東京の現状が新橋にはあったが、夕方六時の地方自治とどちらが人気があるかは、日経平均株価先物チャートをにらめっこするしかない。
日経平均株価リアルタイムチャート

「女のからだは男にとっては気持ちがいい」という共通認識があり、すべての男が必ずしも勃つわけではないが、気持ちよさ(善)とからだを売ること(悪)も、一晩眠ってしまえば善悪の彼岸であった。
酒井法子 今夜もニュースホリック

受験戦争、モーレツ社員の「モーレツ勃起」を支持する「深夜11時説」もある。
「譲れない夜」「つらい夜」を支持する声は根強い。
地方自治への人気とそれは匹敵するものがあった。
SPEED All my true live,

また「地方自治に人気があるなんて嘘だ」という人もいる。
あくまでも、受験であり仕事であり、深夜の帰宅が男であるとし、「夕方六時説」は「外国国家による作家の才能への投資」に過ぎないとしたのだ。

そこで、「夕方六時説」も、モーレツ社員=背広組が仕掛けているのであって、制服組の現金によって動いているのではないとし、
リバタリアンという概念が「背広組」としての「深夜11時説」を支えているのではなく、「夕方六時説」にすら介入する「自分を持っている人」のことであると言われるようになった。
地方自治は、夕暮れ時の逢瀬を想定し、夜早く眠り、朝早く起きることを念頭に自由恋愛を模索したが、これが「夕方六時説」を支えるリベラルでもあった(オーストラリア派)。
しかし、「深夜11時説」を支える受験戦争・モーレツ社員というモデルはロシアを背景に、仕事で「夕方六時説」すら、「先物」として仕掛けていたのだ。
酒井法子 サンクチュアリ

そもそも「警部」って何?とも言われた。
巡査、巡査長、巡査部長しか庶民は見たことがないほど、警部というのは偉いとされ、街で恋人たちに声をかけるほど身近な存在ではないという現状がある。
青島警部も実は、受験戦争・モーレツ社員というロシア派であり、オーストラリア派のカネを集めるために設定されたキャラだとも言われる。
モーニング娘。ペッパー警部

そこで、ロシアはオーストラリアを凌駕することができても、オーストラリアがロシアを凌駕することはないという指摘が可能になった。
「暑い国」「夜早く眠る国」「地方自治」「そもそもコンビニがあまりない」というオーストラリアは日本人の私の問い合わせにすら大使館員が心を閉ざしてしまった。

「地方自治」といっても「国」「中央省庁」には敵わないよね、と言われた所以である。
エリートは三世帯同居の孫や、公団住宅からは生まれないとも言われる。
松浦亜弥 The last night.

ツー・プラス・ツーが「4」になるのは、背広組と制服組の会談だけだった。
神だけが「夕方六時」派と「深夜11時」派の仲介役を務めるとした。
つまり、昼間の立会い取引は「夕方六時」派(オーストラリア派)と「深夜11時」派(ロシア派)の仲介をしていると位置づけたのだ。

ローマ人への手紙9:10-24 はたしてどちらが世の中の多数派なのだろうか。
マタイ26:24 ルカ10:20 昼間の間にイエスが答えるのを我々は待った。
これが昼間の立会い取引であった。
イエスの答えは「ベートーベンが流れるだけで双方が和解するだろう」というものであり、テレビ東京でベートーベンを流すことは基本的には行わない。
ベートーベン 月光

これらの対立に「仏教」が介入した。
誰が、キリスト教圏の「オーストラリア派」と「ロシア派」の関係を取り持つのだろうか。
そこに仏教圏が大きく広がった。
仏教の教えは、地方自治と「受験戦争・モーレツ社員」の仲介役を果たすことにその主眼があり、ただ「何もせず、何も考えず」に生きているだけでもありがたい人というのは確実にいるのだ。
株価が下がっても悲観することはない。
「もっと肩の力を抜けよ」というオーストラリア派のメッセージが支持を集めただけなのだ。
仏教やベートーベンは「働こうぜ」というロシア派と「肩の力を抜け」というオーストラリア派の仲介をすることしかできない。
私も、平成の「日経平均株価7千円台」のころが一番がむしゃらだったのだ。
酒井法子 ダイヤモンドブルー

この計算でいくと「オーストラリア派」「地方自治派」「ごみの分別派」を増やせば株価が上がることになる。
バブル再到来のためのテーマソングはズバりこれだ!!
瀬戸朝香 マイホームタウン

日経平均株価が上昇している局面ではこの曲を聴く。
貴島サリオ 未来の思い出に

下がっている局面ではこの曲を聴く。
瀬戸朝香 マイホームタウン

理論上は、プロ野球のBGMでこれを採用すれば全勝優勝も可能なのだ。

原油がジャブジャブ出たロシアでは「勝っている男」に謙虚さを持たせることが女性たちの支持につながった。
それもまた「繁栄教」と呼ばれ、アメリカニューヨークダウは青天井になって行った。
「未来の思い出に」
この曲を骨の髄まで思い知るとはどのような栄光に満ちた人生なのだろう?
しかし「将軍」はためらうことなく民にそれを歌わせた。
「勝って冑の緒を締めよ」ではなかった。
「ソーシャルミニマム」(社会の最小単位)とは「原油がジャブジャブ出る勝者」にだけ許されたものだった。
なぜ「未来の思い出に」なのか?
それは観客や投資家全員が「君主」であるからだ。
そういう球団・国と契約を結んだのが女たちであった。
つまりは「勝ち組」である。
女二人で男一人を奪い合うこともある。
つまりは「名目経済」とも呼べる現象が起き、常勝軍団を取り巻く女たちは常に美しい。
夜の街に落ちていく「美しい女」もいた。
負けているときは「マイホームタウン」、勝っているときは「未来の思い出に」という外角ギリギリのコースはあったが、それ以外は曲作りは自由である。
経済政策と「特殊」「結婚や芸能人」は異なるものだ。
SPEED Another sweet field.

男たち全員が「君主」であり、女たち全員が「美しい」ことを、常勝軍団は結果としてもたらした。
女子高生たちも続々と「契約」に参加してきた。
なぜなら「信頼できる大人たち」だったからである。
酒井法子 放課後のヒロイン

女子高生やそのほかの女たちが「政治参加」「球場に足を運ぶ」ためには、日経平均株価が強くなければならなかったし、球団は負けてはならなかった。
政治参加には「おカネという誘惑が必要」とされたのだ。
イギリス連邦やアメリカ合衆国で、このような「ロシアはなぜ原油がジャブジャブ出るんだ?」という研究が進んだ。
オーストラリアの「地方自治」「ごみの分別」などは当然、念頭にあったし、それはいかなる国においても前提であった。
しかし、「アウトコースギリギリのボールがマイホームタウンと未来の思い出にでは、飽きないだろうか?」という指摘があった。
そのへんはいろいろとボールの使い分けが必要であろうが、決めるべき時は決めに行かなければならない。

ファンに「勝ち方」「金の儲け方」「豊かさ」を学習させなければならなかった。
原油がジャブジャブ出ても謙虚であることが必要なのだ。
ロシアとオーストラリアは「口もきかない関係」であったが、その関係は「中国すらその緩衝地帯に過ぎない」とも言われている。

【予習復習】
日経平均株価が上昇している局面ではこの曲を聴く。
DeNAが勝っている時はこの曲をトランペットで鳴らす。
貴島サリオ 未来の思い出に

下がっている局面ではこの曲を聴く。
DeNAが負けているときはこの曲をトランペットで鳴らす。
瀬戸朝香 マイホームタウン

理論上は、プロ野球のBGMでこれを採用すれば全勝優勝も可能なのだ。

児童虐待の問題も、「女のノイローゼが原因」という割り切りはできても、夫としては「女子高生にモテる政府でなければしたがいたくない」と考えている。
つまり、日経平均株価の常勝軍団でなければ、女子高生が政治参加しないため、「俺の方がモテる」と考える夫は児童相談所を無視してしまうのだ。
児童相談所の職員であれ、児童虐待夫であれ、「男の器」が問われる。
パチンコで儲けるのも株で儲けるのも同じことだ。
「儲けさせてくれた方たち」にしたがわない男はいない。
株価はパチンコの出球に関わる問題なのである。
すべては、女子高生が「大人の論理って面白い」と思えるような経済政策を打つことにかかっている。
訳の分からない難しい資料は「仕事をしたくない」と言っているようにしか見えなかった。
もっと自信を持ったボールを女子高生も受けたがっていたのだ。
株価の上昇と女子高生の支持を背景に児童相談所は児童虐待夫に介入できるようになる。
「これが大人のアウトローいっぱい?」
マイホームタウンと未来の思い出にを聞いて女子高生は政府や児童相談所への支持を決めた。

守るべきルール(規範)は、女子高生にモテる男が作る。
女子高生にモテる男が「そりゃねえんじゃねえのか?」と言えばみんながしたがった。
しかも、「どのようにモテるのか」まで本に書いてあれば(純粋理性批判)みんな当然のごとくにルールにしたがうのだ。
日経平均株価が7千円台の頃はみんながむしゃらだった。
しかし、人格否定発言の頃は、犯罪が最多を記録し、日本国はアノミー状態に陥っていた。
児童虐待などの問題を「誰のせいに」すべきかが分かれば「父」という概念も明らかになるし、当然、「誰のせい?」が分かれば、誰が日経平均をコントロールすべきかも明らかになる。
なにしろ、「女子高生にもモテる」日本政府という前代未聞の作業だったのだ。
おニャン子クラブ 愛の倫理社会

ロシアの長い夜について語るのであれば、「譲れない夜」「運命」について語らなければならない。
私も、東大受験生だった頃は、家族が寝静まったあとに、台所でコーヒーを沸かして、静かに「運命」について考えたことがあった。
「今までどんな出来事があったのか?」はもはや誰にもコントロールはできない。
そして「何を信じているのか?」をお互いに攻撃しあう、そこに運命というものはある。
瀬能あづさ 永遠に友達

その「運命」の答えを知っているのは、周囲を取り巻く「女神たち」「天使たち」だけだろう。
モーニングコールをしてくれる女の子はいなくても、確実に「周囲を取り巻く女たち」にその「運命」の行方を左右されるのが男というものだ。
私も、瀬能あづささんの家庭教師をやって、彼女を泣かせたこともあった。
ひとつだけ「あっちゃん」に言うことがあるとするのならば「神は絶対に崩壊しない」ということだけだろう。
あの時あなたが夜中に何を考えていたかを後で知った。
うん、世の中は男性社会では必ずしもなかったよ。
女たちの支持がなければ男の「運命」すら実現しなかったのだろう。
「神は絶対に崩壊しない」ということの意味は、自分がからだで感じたことを文字にするしかない。
自分の体験談が支持を得られるのならば「マイホームタウン」「未来の思い出に」という二つの曲にみんなが興味を持つだろう。
女に見向きもされなかった青春時代でなければいいのだ。
瀬能あづさ クリスタルアイズ

過去は変えられない。
しかし、未来の日経平均株価やプロ野球の結果はコントロールできる。
私は「勝っているとき、日経平均株価が上昇したときは未来の思い出にを」「負けているとき、日経平均株価が下落に転じたときはマイホームタウンを」という人生経験だけは持っているのだ。

「運命」とは「決定」するものである。
運命論者は、何かが決定されるたびに暴れたり暴力を使ったりするしかできないが、決定論者は、自分の自由を制約して何かに没頭する。
「どのように?」を知っているか知らないかの違いが運命論と決定論の間に存在する。
「マイホームタウン」で医者に愛される感情を味わい、「未来の思い出に」で栄光に包まれた時に自分が何を考えたかを語らせてもらった。
「神は絶対に崩壊しない」
なぜならば、記憶があるからである。
「沈んでいく太陽を元に戻す力」
それは苦しみの結果身につけたものだった。
運命論者よりも決定論者の方が苦しみを知っている。
その分、未来をコントロールする力量がある。
長官の一面トップを「読む側」か「書かれる側」かの違いもある。
「長い夜」を経験しなければ無理だっただろう。
なにか得るものはあったのか?と聞かれると「音楽作品との出会い」「英語力」「法律の知識」などがあった。
今でもその才能は活用している。
「日経平均株価」と「プロ野球の結果」の二つしか今は見れないけど、それ以外にも論文は書き続けられる。
研究生活は難しい論文に満ちていたが、「難しさの嘘」も見破れるようになった。
さて、あとは人々が「結果」を見て「運命」というものを共有してくれればいいのだ。
自分ひとりの人生ではないのが作家というものだ。

作家は思ったことを文字にすればいいし、時にはテレビ局に番組を作ってもらえばいい。
しかし、ノートに何かを隠し持っているのならば、かならず、女が「話を聞かせて」と言って体を売ってくる。
それが「黒革の手帖」(純粋理性批判)である。
「猥談」だけで影響力というものは案外身につくし、それでいて、自分の好きな音楽作品を語る資格も得る。
「従姉妹」は決してからだを売っては来ない。
安すぎるのだ。無料の時もある。
しかし、「クラスメート」は高くつく。
クラスメートの女の子、職場の女と結婚するのならば、バックにいる「おじ」にまでカネを払う覚悟が必要だ。
結婚の障害物を一つ一つなくしていくとはそのような作業を言う。
おカネを稼ぐ力量を身につけることと、それでいて「ノートを見せてくれ」という女が出てこないように執筆活動をすることが必要だ。
亀井絵里 片思いの終わりに

執筆活動と言っても、国内最高の法学者の書いた論文のレポートをまとめるだけだよ。
上層部が読む「部下の用意したレポート」という奴だな。
国内最高の法学者に飽きたら、世界最高の哲学者の論文をレポートにしたらいい。
これが「執筆活動」の真実であり、これをやっているうちは女が「からだを使って」情報を聞き出そうとすることはない。
人間の「ものの考え方」には限界があるのだろうか?
どんな問題も「例の方法」で解くのならば信者も増えるだろう。
また、「テーマ」を選んで「例の方法」で解くことが必要であり、テーマはワイドショーなどをこまめに見ておく必要がある。
仲間が多い(プット)、女に優しい(コール)という二つはすべての基本だったけど、
どうやってその答えを導き出したの?という謎だけは残った。
それは「超勉強法」と言って、なかなか女には理解できないかもしれないね。
私の魅力に気が付かない鈍感な人

結局、世界最高の先生に指導を仰ぎ、予言し、笑いながら勝つ男というのが「抱かれたい男ナンバーワン」なのかもしれないね。

 
試合開始直前に流すBGM。ビジターの場合。
天国と地獄が見れること自体「勝っている」と言っていい。
そこで、ジョン・ロールズによると、これが良いとされている。
中盤に入ったら周知のとおりであるが、「入りの研究」は天国と地獄の研究が必要だった。
貴島サリオ 未来の思い出に

一番の神里がアウトになったら、地獄と位置づけこの曲を鳴らす。
攻撃権があるときしか鳴り物は鳴らせない。
そのあたりは、職業人としてのトランペット奏者の腕と経験次第だろう。
瀬戸朝香 マイホームタウン

 

デッドヒートと音楽(未来の思い出に、マイホームタウン)の関係はこの動画を見てもらいたい。
都道府県女子駅伝

トラック競技は音楽作品(未来の思い出に、マイホームタウン)を使うのならば、「クローズアップ、ナレーション、スローモーション、フラッシュバック」をもっと活用しなければならないね。
金栗記念選抜陸上

東京オリンピックでは、誰が強いのか、誰が人気があるのか、誰を勝たせるのか、誰のために日程を組むのか?まで考えて、映像を作る必要がある。

これは、パーソナルベストなどの予備知識がなければ映像が作れないが、興味深い。
ボルト世界新

「スターという勝ちゲーム」 「結婚という勝ちゲーム」 ドラマでは勝ちゲーム以外、誰も望んでいない。
無名独身役でブレイクすることは、「誰がスポンサーなのか、誰を勝たせるのか、誰のために日程を組むのか?」を明確にしなければならない。
朝ドラヒロイン抜擢は常にマイホームタウンと共にある。
昨日は、9回の選曲はマイホームタウンで正解だったが、6回、7回、8回と、無名独身や、既婚者、スター選手などの「ドラマの研究」がなされておらず、選曲は極めて難しかった。
「やっぱり、野球というものがわからん」(江夏豊)と言われるゆえんである。

一点ビハインドでも「攻撃権は権利である」とし未来の思い出にを流したら有効だった。
未来の思い出に 貴島サリオ

三時間もやるんだからな。
勝っていても空気を変える必要を痛感した。
記録に残しておこう。
瀬戸朝香 マイホームタウン

日経平均株価の高さや、国のスポーツの強さは、医療や食品、薬品、環境問題に影響を与える。
普天間基地の辺野古沖移設というのは「全国の女性たちの抑圧をなくす」ことから解決していかなければならないが、そもそも、それらの問題は「日経平均株価」「スポーツの強さ」で測定されるものだ。
児童虐待を防ぐためにスポーツや株は勝たなければならない。
女性たちの抑圧をなくすためにスポーツや株は勝たなければならない。
そのような趣旨から「アウトローいっぱい」のボール(音楽作品)はおのずと絞られてくる。
「夫が地域住民と仲良くしてくれる」(マイホームタウン
「夫が豊かで謙虚でいてくれる」(未来の思い出に
の二つはそのために選択されたものでもある。
「どーしてもって部分がある」
それは個人的な理由からくるものであってはならない。
児童虐待をなくすため、女性たちの抑圧をなくすため、つまりは「株やスポーツで強いこと」を必要条件とするものだ。
それ以外の「個人的理由」に国民の支持などない。

男が地域住民に溶け込み、豊かで謙虚であるという結論を株価やスポーツがもたらしたため、政府としては、株価やスポーツのおかげで政策が打ちやすくなる。
そのために、応援してやろうという気持ちが起きるのだ。
医療、食品、薬品、環境、この四つが主な政策の背景にある。
なでしこジャパンのワールドカップは、ただ国民の「夢」では済まされないものがある。
結果を「予言」するカリスマをもてはやすのは、医療、食品、薬品、環境の問題が解決してからだ。
女たちは「マイホームタウン」「未来の思い出に」だけで勝負に勝って国の問題を解決するカリスマに「面白かった」と言ったし、日常の悩みの解決にもつながった。
大勢の男たちの命運を「マイホームタウン」「未来の思い出に」つまり、地域住民に溶け込む、豊かで謙虚になると言う歌詞をイヤと言うほど聞かせて、結果につなげたのだ。
歌詞は男たちの「ソネット」(教科書)になったし、社会は健康になった。
これらの条件が整ってから、犯罪や戦争、自然災害と向き合えるようになる。
政府にも優先順位というものはあった。
タリバン(ギャンブルが好きなシーア派)はこれらの条件を満たしていたため女たちが軍門に下った。
花粉症対策、おいしい水道水、嫌煙ムーブメント、自転車のヘルメット着用義務付けはさらに優先順位が下がる。
株やスポーツに強い指導者というのは政府のすべての仕事を円滑に進めるのだ。
「男の条件」をソネットにする必要があったし、それで人生のピンチを救う必要があった。

スポーツ観戦が嫌いな男はほとんどいない。
さらには、「地域住民に溶け込む」「豊かで謙虚」な男を作ってくれるのならば、株もスポーツも政府として応援してくれたし、女たちもプライベートで「抱いて?」と言える男がたくさんいた。
松田聖子 抱いて

病気のない社会、食品や薬が行き渡った社会、環境が整備された社会というのは、たとえば、環境という問題が「勉強する環境」を意味することから、同和対策事業ともいえるものである。
「マイホームタウン」「未来の思い出に」の二曲に人生が制約されることに男たちはどうしても「飽きる」ことがある。
勝利を求める意味はこの二つにあっても、どうしても「勝つことにすら飽きる」ことがあるのだ。
それでも、結果は出さなければならない。
ゲームが終わったら、自由に音楽を聴けばいいが「スポーツ界からのメッセージ」や「常勝軍団」はこのようなところからしかもたらされない。
株高やスポーツに強いことは「指導者が父親として振舞う」ことから来るものだ。
多くのメリットの存在を知っているからなのだ。

国内だけでこのような「地域住民に溶け込む」「豊かで謙虚」な男作りを行うわけではない。
時には「国際試合」も行わなければならない。
世界レベルで戦う「メリット」も世界の指導者に見出してもらいたいし、ハーバードやオックスフォード、スタンフォードと関わったことのある指導者が多いことから、当然、理解しているものと思われる。

意思の自由は誰もが持っているよ。
でも、スポーツから逃げていたのでは、中国やインドの労働市場に「そもそも勝てない」のではないだろうか?
簡単なことではないか。
マイホームタウンや未来の思い出にを、三時間程度聞けと言っているだけだろう。
それで、勝ち組にはなれるし、社会というものを知ることができる。
そもそも野球とはなにか?サッカーとはなにか?を理解することもできる。
埼玉西部ライオンズや北海道日本ハムファイターズに喧嘩が売れないのに、小野光太郎に喧嘩を売るというのは見当違いなものだよ。

ローマ帝国では、王位継承で処刑が横行していたが、インドの「ゼロの発見」つまり「ゲームセット」の発見があったから、ヨーロッパでも、フェアプレー(デュープロセス)が成立したし、ビッグマネーが生まれたし、そもそも「王位継承がフェアなものになった」とされ、トマス・アクィナスは自分の時代を謳歌したのだ。
プラトンがどんなに音楽作品を書いても、アリストテレスがどれほど「有名なプロレスラー」になろうと、「フェアプレー(デュープロセス)」がなければ、王位継承と関与する資格はなかった。
perfume zero gravity

しかし、20世紀のアメリカ合衆国はすごかった。
メジャースポーツを続々と誕生させたのだ。
男には「メジャースポーツで戦う意思」と「アウトローを気取る意思」の二つがある。
アウトロー男というモデルは女の子たちの間でも確立していたが、シビアな局面で「あのときお前はどこにいた」と怒られた。
つまり、ノー天気な会社でなければ出世できなかったのだ。
また、アウトローな男は実際に喧嘩も弱かった。
かつてそのスポーツに親しみ、現在でもファンであり続ける、これがスポーツの世界を豊かにした。
アクィナスの才能は「その筋の人」にしか破壊力は理解できなかったと思う。

女の子が恋する理由は「仲間が多い、なにかやってくれそう」というところにあったが、今は、「適度なノイズ」も重視されている。
マイホームタウンと未来の思い出にを聞いたあとは、とにかく「ノイズ」が聞きたかった。
そこで「アウトロー気取り」も適当に必要とされたのだ。
「あのときお前はどこにいた」という言葉には怯えていたけどね。
会社やチームがシビアな場面を経験するたびに「アウトロー気取り」は排除されていった。
このあたりに「普段はモテる」男の扱いに苦労する理由がある。
私の「アメリカの行政学」にある「クリークの人事」とはこのことを言っている。
世界の「リバタリアン」(ロシア派)が「マイホームタウンと未来の思い出に、はどこから出たものだ?」と不思議がった。
私の祖母の遊佐道子(香淳皇后)らしい。

我々に意思の自由はあるのだろうか?
野球の話で喧嘩したり、そもそも勝負から逃げているうちはあまい。
「勝ち方」を語り合う分には喧嘩にはならない。
上司が「サッカーの決定力不足」を口にするたびに失望感を味わった。
「勝ち方」を知らないのだ。
いずれにせよ、プロ野球やサッカーのような「その筋」の人間がいなければ、アクィナスの偉大さも適当に誤魔化して終わっていただろう。

昨日、プロ野球で痛感したのだが、二曲のどちらかの選択になると、「7回」に戦況がこう着状態になる。
「7イニングストレッチ」として、「好きな曲を聴く」時間を作ったほうがいいかもしれないね。

今日みたいにゲームメイクができていると「7回」は非常に長くなる。
どうせすぐに「マイホームタウン」に戻っていく時間帯は来る。
7回に雰囲気がよくなるようであれば、すぐに「未来の思い出に」に戻ったほうがいい。
あくまでも「仕事」なのだ。

7回の確変が終わり、勝ちパターンに持ってくれば8回9回は勝負が見えているのだろうか。

9回はとにかく「ブレない」「焦らない」ことが重要だ。
未来の思い出にとマイホームタウンを的確に使い分ける必要がある。
マイホームタウンだけに逃げてはいけない。

最後の出来高はものすごいね。
わずか「7円」の勝利。
クローザーを発見するのに百年かかる。
ヒントは「最後の瞬間は光よりはやい」ということから、明日は「相対性理論 恋は百年戦争」を使わせてもらいます。
最後の瞬間だけは相対性理論にしたがいます。
3分ぐらいしか「跳ね返す」力はないため、何度も連発するものではないけどね。
相対性理論 (恋は)百年戦争

三浦コーチが出た場合に「マイホームタウン」にスイッチするが、ラミレス監督が出た場合は「相対性理論 (恋は)百年戦争」を使う。
継投の難しさもこれでクリアーできるだろう。

いい内容できているのに、ベンチがガタついてはならない。
多少のビハインドでも、先発投手に五回までは責任を負わせたほうがいいことがある。
今日は「4回で山崎康晃を使う」という実験を行い試合を台無しにした。

大量ビハインドの時は「チーム全体の利益を考えろ」と言われる。
AKB48 ティーチャーティーチャー

大量日ハンドの時に流行した「AKBグループ」。
AKB48 ヘビーローテーション

当然、この局面においてはAKBグループや坂道シリーズなど、皆さんの方が詳しい音楽作品を聴いてもいいことになる。

あるいは「ゲームに均衡が取れているのが現状である」としてオーディエンスを逃がさないという方法もある。
二人の女が「一人の男」に振られたことで認め合えたという曲だ。
酒井法子 平気!平気!

 

予算においても、補正予算は「二次補正は違憲の疑いがある」「三次補正以降は戦争を意味する」とされているが、株式市場で、未来の思い出にとマイホームタウン以外の、「継投策」をやってみれば、それが国全体の空気にどれだけネガティブな効果を与えるかが分かるようになる。

単一の発信源が「音楽作品の継投策」をやるのはあまりにも危険だ。

私は、この論文をNHKと産経新聞社に提出したが、それでも「単一の発信源」には変わりはない。

野球でいうと七回(ラッキーセブン)に、両陣営は膠着状態になる。
そんなときに「セブンイニングストレッチ」として「何でも聞いていい」と言ったが、ゲーム理論の王道はこの曲だ。
こわれかけたピアノ 高井麻巳子

相対性理論というものは、時間の同時性(特殊相対論)と慣性の相対性(一般相対論)の二つを意味する。
とにかくリアルタイムに発信しなければ意味がないことと、状況の常に逆を張っていなければならないことを意味する。
ジャパネットたかた キン肉マン

日経平均株価ならば常に「テレビ東京」と相対性理論を成立させるテレビ東京の「カウンターチャンネル」が必要になってくる。

ドゥォーキンは、「美人と障害者」の関係も指摘している。
障害者 美人

世界の主流は、ニュートン物理学に「光速」というものがローレンツ変換に入ってしまったことから、相対性理論、そして「相対的場の量子論」が主流になっている。
量子論というのは「子供の研究」であるが、それが芸能界では「子供たちの逆張り」というものがウケるようになっているのだ。
光速というものは「ゼロの発見」からもたらされたものだと思われる。
「子供たちの逆張り」(相対的場の量子論)が芸能界であると言っていい。

アキレスと亀という問題は「女は男を追い抜けない」ことをテーマにしている。
男同士、女同士で「コノヤロー!」と追い越しあっていることに迫力を持たせた。
Qlair 君住む街

この技術を私は「オールジャパン」と名づけたい。
憲法学会の「日本語が出来る人が日本人」という発想も、オールジャパンがなければ成り立たないし、行政指導と行政調査が明らかにならなければ「オールジャパン」は生まれなかったのである。

 

« アジアの安定感とメールの記録。 | トップページ | 行政指導と行政調査。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アジアの安定感とメールの記録。 | トップページ | 行政指導と行政調査。 »