最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 背広組と制服組。 | トップページ | 法規裁量と便宜裁量。 »

2019年6月18日 (火)

行政指導と行政調査。

民法において、売買というものは「性病を治す」「男女の出会いの場を与える」ためにあるし、委任というものは「子供に職を与える」ためにある。
しかし、行政法には異なる論理があるだろう。
行政処分というものは「アイドルの姉妹を持った男」が「判断を下す」ものであるが、処分が下せなくても、「指導」というものはできる。
行政指導の根拠は「朝鮮人の排除」にあり、行政調査というものは「朝鮮人の研究」のことを言う。
公法私法峻別論というものがあるとするのならば、それは朝鮮人の差別を認めるものである。
「性病の治療にならないのに犬は買う」
これが、行政指導というものである。
清水章吾 CM

朝鮮人は犬を食う。
このことに端的に表現されたものが公法であり、行政指導はこのことの排除をし、行政調査とはその人類学的側面を研究するものだ。
犬を「殺処分」にするという「処分」の問題の背景には芸能界が存在し、行政指導と行政調査がこれを取り巻いた。
朝鮮半島には韓国と北朝鮮が存在するが、北朝鮮が存在しなければ日本国の公法つまり「憲法・行政法・税法・刑法・刑事訴訟法・道路交通法など」の研究が進まないのだ。
韓国は日本の「パートナーシップ関係」としながらも、北朝鮮の存在は必要だ。
「女たちの怒り(憲法)・朝鮮人の指導や調査、芸能界を背景にした処分・セックスを理由とした税法、犯罪、交通マナー」などの研究は北朝鮮が存在しなければ発達しない。
日本政府は、行政組織からの朝鮮人の締め出しと、参政権を与えないことなどから公法私法峻別論を堅持している。
つまり、「誰も北朝鮮の崩壊など望んでいない」のである。
日本が南北朝鮮の分断を行ったのであり、韓国側の「北朝鮮は潜在的に韓国の領土」という立場を否定し、「独立政府」の存在を認めている。
日本という国が一番大事であったし、日本国の東京大学は世界ランキングに名を連ねた。
東京大学は公法私法峻別論の立場に立つだけで世界ランキング入りを果たしたのだ。
灘・開成などの原理研究会・キリスト教・自由民主党の系譜とは異なる、中堅校出身の民青・仏教・共産党という系譜は存在し、原理研究会が朝鮮人の研究を行った(公法)が、民青は、仏教の立場から私法に与した。
私も東大法学部私法学科である。

朝鮮人は「自分で自分を選んだ」という強烈なスローガンをもっていた。
上からマリコPV

日本の仏教社会は、この「人類学」を排除する形となり、キリスト教社会が1883年に「プロテスタント伝道者会議」を開催するまでは、仏教と芸能界の強烈な結びつきはなかった。
細川ガラシャみたいな芸能人は皆、キリスト教徒だったのだ。
1860年代に「宗教」という用語が日本で生まれ、それは芸能界とともに「絶対世界」と呼ばれるに至った。
清沢満之(きよざわまんし)という東京帝国大学の哲学者が、「東大生は美男美女が条件」とし、仏教=民青の立場を主流とさせた。
曽我量深(そがりょうじん)という東京帝国大学の学者は「新世界」という概念を打ちたて、原理研究会とメシアというものを確立したのだ。
20世紀はじめの頃の話である。
この頃に、原理研究会と民青という軸は明確になっている。

行政調査とは「朝鮮人の研究」であるが、21世紀に入ってから、「2ちゃんねる」(5ちゃんねる)という巨大掲示板が作られ、「朝鮮人の本音」を日本政府が探り始めた。
これが、5チャンネルの正体であり、朝鮮人の本音が分かったため、外国人登録証の携帯義務を外した。
また、朝鮮人の「人間らしさ」を「基地のアンテナとFENのニュース」への反応で感じることもできた。
Qlair パジャマでドライブ

アメリカ合衆国は、パックスアメリカーナの到来を実現させたが、日本国も、インターネットにより「行政調査」を終えてしまった。
第二次世界大戦のときの「日本国の悲願、アメリカ合衆国の悲願」が2011年には実現したとされる。
「何を考えているのか分からない朝鮮人」像が、明確になったし、アメリカ合衆国との力関係も明らかになった。
トマス神学とは「小野光太郎の2ちゃんねるにおける経験談」に過ぎなかった。
「肉親ってこんなことを考えているのか」
トマス神学の裏づけが取れたため、小野光太郎はいかなる賞にも恵まれた。
小野光太郎は「生きろ、言葉を残せ」としか言われていなかったが、確実に「家族って何?」というデータはアメリカ合衆国も取っていた。
また、日本政府は「朝鮮人は何を考えているのか?」という行政調査を終了させた。
「基地のアンテナとFENのニュース」
それだけがインターネットで重要であるとされた。
FENを聴かせて おニャン子クラブ

証券会社は、氏名と生年月日を聞いてくるが、病気など問題にしていない。
犯罪歴を見ているのだ。
プライベートを語ることは「女を表舞台に出すこと」を意味した。
そのため、皇族などはあんがい真面目な人が多かった。
些細なことでも「離婚だ!」と大騒ぎする連中だったため、意外と皇族は人気がある。
「軽井沢篭城」「外でやると気持ちいいよ」など、すべて離婚につながっている。
ローソンは2004年に「芸能人になるといまだに恋愛は自由ではないよ?」というメッセージを出している。
些細な出来事で離婚、あんがい真面目などの特徴が見られた。
これも「行政調査」で明らかになったため、精神障害者の待遇はけっこういい。
訪問看護やヘルパーなどのレベルにまで周知徹底されているのだ。

1992年にジェームズ・ムーアは、北朝鮮に「どうなっても知らないよ?」というメッセージは出していた。
しかし、日本国の東京大学が公法私法峻別論に立脚しており、北朝鮮の体制崩壊を望んでいなかった。

親は、子供が大学に入って友達とつるむようになるのが悲願なのである。
自分の「子育て論」を体系化する時間を与えてくれるからである。
子育て論は親にとっては「お金」であり、それは生活のためにも必要なものだ。
ジャニーズになくて韓国にある発想は「学歴も人種である」という発想であり、大学に入ってダチとつるむようになるということは、親に豊かさを約束する。
ビッグバン バンバンバン

子供のイメージというものは10歳か11歳の頃のまま親の中では固まっている。
私は、ハンサムで、勉強はできなかったけど、友達が多いというイメージを親にもたれている。
あとは、「宇宙の中心ではない地球に住んでいる感想」を親に電話するだけで親はお金に困らなくなるのだ。

私の歴史は、母にとっては文学であり、母が東京女子大学文学部である以上、母の「作家としての才能」につながる。
丸山真男研究会のリーダーも務まるだろうし、母は永遠の東京女子大学の女学生であった。
婦道一途というのは1960年代には98ページのパンフレットに過ぎなかったが、オーストラリア、オーストリア、ブラジル、英国、メキシコ、スペイン、台湾がこの道を競い合った。
私の母は「東京女子大学」「文学」と言っているだけで創価学会インターナショナルと同じ影響力を持った。

清原和博(読売ジャイアンツ)は、見たこと聴いたことを母親に報告し、父親から金をもらっていた。
しかし、「219回」「自分は宇宙の中心だ」と言ったら、生活保護になる。
「会長(父親)からカネを引っ張ってこれなくなったら終いや」とはこのことを言っており、「219回」「自分は世界の中心だ」と母に言うことから「父がカネをくれなくなる」ことをカノッサの屈辱と呼ぶ。

「俺はアンドロメダの大王だ」と男が言うのならば、医療によって「生活保護から自由にする」作業が必要になる。
ときには「モルモットの実験」を元に治療することが必要になる。
いや、そもそも「モルモットにする」必要があるのだろう。
将来の「モルモット」をなくすためにも、朝鮮の芸能界を「行政調査」する必要があった。
国民的英雄が家庭内で偉いのではない、カノッサの屈辱を知って欲しいというメッセージを明確にするまでは、芸能界の研究はどうしても必要だったのだ。

「ヒーローではなく側ではにかむ」
この、カノッサの屈辱の研究にたどり着く、全米の「富裕層」はわずか1%だとされている。
CoCoなぜ?

理由は心臓病でも糖尿病でもよかった。
「俺はアンドロメダの大王だ」と219回、言って、カノッサの屈辱を受ける前に医療の側としては何とかしないといけなかった。
病院は常に「カノッサの屈辱」を理解していたし、「モルモット」の意味も知っていた。
病気以前の話であるとされ、早めにお医者様に相談を、などと言われた。

行政指導というものは「朝鮮人に犬を食うなというもの」であるが、その背景にあるのは日本国の大学に朝鮮学校が接続しておらず、大学進学時期を前に「セックス」をしていたことから、ようするに「大学でダチとつるんで、”セックスを”批評する精神」を身につけてもらいたいというところにあった。
1970年代にはすでに「オールドカマー」と呼ばれていた特別永住者であったが、関東大震災のトラウマだけは日本国も克服しなければならなかった。
オールドカマーと喧嘩に明け暮れている連中を治めることが「行政指導」の基本だったのだ。
「大学受験から逃げた」と朝鮮人は公言していた。
朝鮮人は寂しかったのだ。
東大生を見つけたら、スランプに陥った時を狙って潰すことにしていた。
しかし、やがて「裁かれる側」にまわった。
音楽作品を聴く才能にせよ、とにかく「セックスを」批評する精神という才能が違った。
Bigbang Haruharu

また、朝鮮人を「行政調査」しているうちに、日本国の落ちこぼれ(細胞)の分析もできるようになった。
発作を起こしたことがあり、ハンサムではない、つまりは「癲癇」の患者が細胞となっていた。
行政調査を経験することは「帝王学」とも呼ばれた。
300人で夕方に気勢を上げたら「革命が起こせると確信した」と細胞は語った。
革命というのは「女性の思春期」の記憶(夢)を味方につけることだったが、細胞は、とにかく癲癇で「勃たなく」なっていたのだ。
勃たなくなった「細胞」は、胚のように細胞分裂して国を形成していくことはない。
このへんの見極めも重要だった。
なぜ「細胞」は低学歴だったのかという割り切りも行政調査を経験すると分かるようになる。
警察もなぜか「細胞」が、胚のように人体を作り上げるのを恐れていたが、行政調査を終えてみて「その可能性はない」ことが分かった。

学歴社会を構築してみた結果、日本人の脱落者(細胞)は、女性たちの思春期の夢を理解しておらず、細胞分裂のようにうまくは行かなかった。
朝、勃たない自分のものを見て「俺のような劣等遺伝子」と考えていたのだ。
民青にもこのような男はいなかったし、ひたすら「勃つ」ために「お金、友人の死」を望んでいた。
なぜ、このような細胞は生まれたのか?
やはり「子供の頃の発作」という「突然変異」を見極めなければならない。
顔を見ただけで、警察は「お前か!」と言ったが、セレニカやデパゲンを飲んでいた。
どうせ感性が鈍っているのだから「他人同士で分かり合えない」人生なのだ。
万能細胞は、春に御殿下の階段を上ってくる東大生のことであり、後の人生の苦労はこれらの行政調査を終えないと察するに余りあるが、将来があった。
「頭をつかわないと勃たない」ということと、薬物の関係や、音楽作品への理解度が問われた。

元ボクサーで「言葉が話せなくなった者」は、キメラ(チンパンジー)としての扱いを受けた。
とにかく「他人を憎んでいた」ことは、私が食べているものと同じものを食べようとしないことから分かった。
ライオンの頭にヤギの胴体などと表現され、王室に仕える忠実さもあった。
王子に仕えないと、退院できないという現実もあったのだろう。
ギリシャやエジプトの神話とされている。
彼らの王室への忠実さをかんがみると、決して彼らを「チンパンジー」と呼んではならないことが分かる。
二十歳前障害として、年金暮らしをするあんがい裕福なものもいた。
しかし、自分を低く見せることで、みんなが彼の前で「情報」を公然と語った。
このような、キメラの危険性を理解している経験値の高い女もいた。
王子とともに命を賭けることもあったが、「それは筋が悪い」と思ったら目の前でうなだれたので非常にありがたい存在だった。
とにかく「言葉が話せない」ために、コンビニでタバコを注文することすらできない。
そのために、一生、病院で「王子に」お仕えするのだろう。

食料が限られている時に、他人を殺してまで食事にありつこうとするのがこのようなキメラでもあった。
カネのにおいに敏感だった。
「王子の資金力は十分」と判断したら笑うこともあったし、それではお金が足りないと考えたらうなだれた。
食べ物を与えてくれる人が主人、と考える犬とどう違うのだろうか?
誰がどの女目当てであるのか?などの計画性が優れていた。
王子にとってもありがたい存在だったのだ。
文字を書くことはできたが、肉声はインターネットには出てこない。
人間として認めてもらうことだけを望んでいたようだ。
そのため、チンパンジーのカマを掘った両刀遣いだけを実際は愛していた。
ロイヤル小林対アルゲリョ

「朝鮮人とは何か?」を調べるのが行政調査だとしたが、いかんせん、朝鮮学校は日本の大学との接続を行っていないため、朝鮮学校でも、日本の恋愛ソングは広く知られていた。
これも「行政指導」と言っていいであろう。
日本政府に仕事を与えるのが北朝鮮であり、北朝鮮の調査をしたり、在日朝鮮人の考え方を知るのが行政調査であった。
プロレスラーは「体制崩壊」などと北朝鮮を揶揄する仕事ができたし、しかし、日本政府は、誰もそのようなことは望んでいなかった。
このような日本政府とメディアやプロレスの関係が、80年後には朝鮮半島をふたたび日本の領土とするものと思われる。
なにしろ、2011年には「第二次世界大戦のときの悲願」であった行政調査を終えていたのだ。
日本政府は北朝鮮の体制崩壊など誰も望んでいないというメッセージを明確にする必要があった。
そうでなければ、メディアとの「朝鮮プロレス」の富は成立しなかった。
中国やロシアは、北朝鮮のような権威主義的な国に国連安保理で拒否権を用いて批判的な態度をとり始めた。
日本政府が「公法私法峻別論」の真の意図を明らかにする必要があったし、それは「誰も北朝鮮の崩壊を望んでいない」とすることにあった。
「行政のスリム化」は、行政調査の進捗状況を見定めて行わなければならない。
東大生には「カノッサの屈辱」を回避するために仕事が必要なのだ。
そのために官庁というものは存在した。

行政指導に関しては、李氏朝鮮の方が徳川幕府よりも「面白かった」ことに起源を持つものだ。
「おまい、面白いな」ということを調査し、指導することも政府の役割となった。
少女時代 gee

「学歴も人種」「出生の秘密」「財閥とのつながり」など面白いテーマが韓国にはあったし、細胞やチンパンジーは「学歴」で排除されていた。
「ソウル大学卒、アメリカ留学歴あり」「ひどいいじめ」などは「大統領になる条件」とも言われ、韓国大統領は「皇帝」とも呼ばれた。
前大統領が逮捕される習慣があるというのは正確ではない。
「異性が遠のく」ことを「収監」と呼んでいるのだ。
朝鮮人は「日本人にとって面白い存在であろう」としたし、あくまでも日本の潜在的領土であった。
「大学への愛着」が尋常ではなく、それはまるで日本の天皇のようであった。
大学では語学を勉強するが、大学への愛着とあいまって「面白さ」を身に着けていた。
このような朝鮮人の文化を「調査し」「指導する」のが日本の行政の役割でもあった。
Twice Wake me up

また、朝鮮人の間での「女の抑圧」は日本をはるかにしのぎ、貯蓄も多かった。
そこで、普天間基地移設の問題や、公的資金の政策的縮小(郵政民営化)もおのずと、朝鮮人の研究は避けては通れなくなっていた。

すべての問題が「G7ではない」韓国や北朝鮮という隣国に解決のヒントを求めることが可能であったため、「隣人の学習」は政府の仕事とならざるを得ない。
「G20の議長国を、G7ではない国が努めた」のは韓国が初めてであったし、そのあたりは日本国の政府のあり方と関わる問題だった。
日経平均株価も、朝鮮人がその「抑圧」を引き受ける形で日本の芸能界に多く存在したため、朝鮮人に強く依存した。
1965年に日韓基本条約が締結され、「戦時賠償の問題は終局的に解決した」と日本政府は声明を出したが、「そろそろ戦争の話しをするのはやめよう」と考え始めたのは、日本政府の「行政調査」「行政指導」というものがまとまってきた1979年のことであった。
1984年に全斗煥が来日している。
ハーバードもMITも、日本政府の考え方に脅威を感じたし、私は1987年にアメリカ留学が許されている。

「日本人や日本国政府にとって面白いことをやろう」というのは統一教会(世界統一家庭連合)の共通認識となったし、かなりの影響力を持った。
なにしろ、自由民主党と一体化したのだ。

行政調査や行政指導の存在が、朝鮮人を日本国の「政府宗教」とする理由だった。
「いかなる問題も朝鮮を学べば斬ることができる」
「韓国の男はランボウダヨ」
このあたりに、日本国政府の問題の解決の糸口は見つかりそうだ。
我々は決して、韓流ドラマから朝鮮を学ぼうとは思っていない。
家を借りるのにも家の値段の半分を大家さんに預けなければならないという伝貰(でんせん)金の存在などを丹念に洗い出してきた。
日本国は、すでに「家賃なんて大家の女将さんと電話で仲良くなれば安くなる」という賃貸の理論を学習したが、韓国では「学歴から排除されたもの」の存在をクローズアップしなければならない。
日本国の「部落民」の問題が「在日」と結びつきやすい理由もここにある。

日韓併合条約が締結され、しかし、朝鮮半島では戸籍法は施行されず、日本国国籍は慣例上のものとされた。
日本国が、第二次世界大戦で終戦を迎え、朝鮮人たちは「朝鮮学校設立運動」を起こした。
しかし、彼らは「日本人にとって面白い存在」であろうとしたのだ。
だが、日本政府は「法126」を経て、サンフランシスコ平和条約で、彼らの日本国籍の一斉剥奪を行っている。
のちの行政法の発展を省みると「別の判断もあったのではないか」とされている。
「良かれと思ってやったのに」という人類学は成立するし、一方で、関東大震災のトラウマつまり「何を考えているか分からない連中」という問題も存在していた。
これが「特別な歴史的背景」をもつ「在日朝鮮人」となっている。

1997年に、クローンである羊のドリーが誕生した。
つまり、自分は家で執筆活動を行いながら「テレビに出ている」ということが可能になったのだ。
2005年には国連が「人間も羊と同じようにクローンであることが可能だ」という宣言を出し、国際レベルでこのことを容認した。
羊で実験したことが人間でも可能になった。
そのため、ドリーはスコットランドの国立博物館で保存された。
ずっと閉鎖病棟にいる人がテレビに出ている、このようなことを理解しないと朝鮮人および芸能界が理解できない。
「訂正記事を出したいけど出せない」発言を俺が(私が)テレビでしている。
このことだけでも病気になったし、治療が必要となった。
すべてに「きっかけ」(胚)が存在した。
あのとき有名にさえならなければ、そのようなことからスターというものは生まれている。

木村拓哉は「練馬で無茶をやらかした」と語っているし、渡哲也は「明大中野で無茶をやらかした」と発言したのを私は聞いている。

自分が独り歩きを始めた。
俺は殺されるのかもしれない。
これが「クローン人間」の問題であり、朝鮮人を行政調査しなければ分からない問題だった。
行政指導は「ひたすら面白く」を追求していた。

精神科医も、メディア論には通じていなかった。
「私は有名芸能人よ!」とわめいて「殺されたくない」という意思表示をしても、精神病院は、平気で電撃療法を用いてきたのだ。

行政は「この面白さを理解してよ」「殺さないからさ」という行政指導をしてきた。
けっこう、非人道的な側面が朝鮮人にはあったが、精神科医療の扱いはあんがい良かった。
みんな「伝説」の方を見ていたのだ。

いずれにせよ「朝鮮人の論理」は2005年に日本国のロビー活動もあって国連が認知したのだ。
「ただ暴れただけ」という患者の証言とは裏腹に「芸能界のスター」であり続けた。
渡哲也は「西部警察ナメんなよ」といって泡を吹いていた。

彼らは「ビッグデータ」として「いろんなことを知っていた」し、国を治めるのに役に立った。
テレビの最初からそのようなことは行われていたが、朝鮮人がその真の意図を日本国に伝えたのが1997年であり、日本政府が国連に認知させたのが2005年であった。
真の意図を朝鮮が伝えたというよりも「治療法の確立」について日本国に泣きついたと言ったほうがいいかもしれない。
総務省と厚生労働省はいまだにこの「クローン」の問題に関して意思の疎通はできていない。
プロデューサーといっても、制服を着た自衛官であったし、プロデューサーになりたければ「自衛官募集」に応募したほうが早かった。
社会全体がどこに向かっているのかは「テレビの中の自分」に聞くしかなかった。
それを理解しているのならば、「テレビの中の自分」を見る必要すらなかった。
そのあたりに国連は治療法を求めたようだった。

プラトンは音楽作品を作ったし、それでいて「詩」を世界に拡散させるだけであった。
実際に、プラトンは「音楽作品に評論を加える人」(キュレーター)の命を最優先にしろ(カルネアデスの板)としたし、この「音楽作品」と「キュレーター」のコンビをゴルギアスと呼んだ。
朝鮮の芸能界も、日本国の行政指導のあり方(キュレーション)を参考にしないわけにはいかなかった。
朝鮮の芸能界は、そうとう人気を「偶然」にいそんしており、狙ってできるわけではないという現状から「キュレーションが出来る人」の命をもっとも尊いものと考えたのだ。
このあたりに「学歴も人種である」と考える根拠がある。

「女性は”できない”ことから、彼氏と付き合っているうちに、この人と結婚しても子供に興味を持ってくれるのかな?家庭に縛られるのかな?と態度決定を迫れれていく。夜明けまで眠れないこともある」
BoA Is this love

キュレーターにも「二次著作権が存在する」(日経新聞事件)ことが認められている。
また、いろんな人間のデタラメぶりから学んだ音楽作品を「ストイックに」学ぶ立場は確実に存在し、暴君ネロなどもそのおかげで処刑を免れている。
ルネッサンス以前のローマ帝国においては、皇帝になるというのは当然「処刑を覚悟」しなければならなかったため、カルネアデスという発想が生まれた。
つまり、「キュレーションが得意」「この人しかできない」という二次著作権に由来する権力がローマ皇帝にはあった。
朝鮮芸能界も、「二次著作権」に関しては、日本国から学ぶことが大きいと考えており、そこに、「キュレーションも行政指導である」という発想が生まれた。
死せる詩人の会がキュレーションによって蘇るのだ。
私は5年ほど前に、中森明菜さんのゴールデンベストを10万枚売っている。
その時に、中森明菜さんと一緒にタバコを吸っていた。

「女性は”できない”ことから、彼氏と付き合っているうちに、この人と結婚しても子供に興味を持ってくれるのかな?家庭に縛られるのかな?と態度決定を迫れれていく。夜明けまで眠れないこともある」
中森明菜 禁区

人と話すことが好きという才能から行政調査は進み、論文を読む才能に恵まれ行政指導(キュレーション)ができるようになる。
あるいは、不品行を行う若者が好きという才能から、保護司はレコード会社や芸能界、そして自衛隊と人脈ができた。
ストイックな人間ほどデタラメな人を「真似できない」と考えたため話しをしたかったのだ。
そのことから、保護司という仕事も生まれている。
テレビに出ているタレントさんが、クローン人間であり、本人はクローン人間の活躍ぶりを見て襟を正した。
クローン人間がいるのならば私は殺される、と大騒ぎすることもあったが、そんな時は、いろんな人に電話をかけまくっていた。
総務省系の芸能界と、厚生労働省系の医療の現場の意思疎通は必ずしもうまくは行っていない。
全体像を理解しているのは、私とその読者の皆さんぐらいだろう。

鈴木亜美も、「鶴見に写真をたくさん貼られて写真をパシャパシャ撮られた」というのがデビューのきっかけであり、矢部浩之によって「リベンジポルノ」が横浜市鶴見区でばら撒かれて「無茶をやらかした」だけだと思われる。

「女性は”できない”ことから、彼氏と付き合っているうちに、この人と結婚しても子供に興味を持ってくれるのかな?家庭に縛られるのかな?と態度決定を迫れれていく。夜明けまで眠れないこともある」
鈴木亜美 ねがいごと

当然、芸能人は「キュレーション」ができなければ、そのキャリアは斜陽に向かうわけであるが、それを防ぐのが「ケンブリッジ大学」の役割であった。
オックスフォード大学とはカラーが異なる。

このような行政指導の研究を深めていったところ、結婚を前にした女はそんなに深刻なの?という認識が広まった。
平成生まれの男女は40%が子供がいない、50%が孫がいない時代になった。
つまり、「人生のすべてを経験したい」と考える女が増えたのだ。
「どのようにして女の子は女になるか?」ということは私も明らかにしてきたが、それだけではつまらなすぎる、ときには涙も流したい、なにしろ「女の涙は媚薬」だからと考える女が増えたのだ。
イエスさまがくれた時代には「千年の媚薬」を流すものよ?
三浦理恵子 千年の媚薬

女の子は、茶色とともに成長して、緑とともに真面目になり、赤とともに男と向き合う。
三原色がそろって世界が明るくなると同時に、おちんちんがないことを悟り、明るい世界に、鬱な存在としていきなければならなくなる。
この「難しい年頃」を理解してくれる大人はいるのかしら。
男は賢い方がいい、女は美しい方がいい。
それならば「父と娘」はその条件を満たしてしまう。
しかし、お父さんにはお母さんがいたから、クラスメートの男子に助けを求めた。
こんぺいとう せつない童話

別れた男は「友達よりも遠い人」だった。
しかし、彼の「心の風景」が忘れられないことがある。
私のからだは他の女とどう違うのかしら?
大して顔もからだも変わらない。
彼が愛したのは「幻」というしかない。
少年のようにもっと素直なら。
穴井夕子 フェアリーデイズ

女は他の女と「顔とからだ」が大して変わらないため、
「なぜ彼が私とセックスしたがったのか」を自分なりに説明している。
男に比べて女は「問題の少ない愛」を知っている。
すべてを「過去形に変えてみたいだけ」
それは「幻を愛した」「少年のようにもっと素直なら」などの、「言葉の豊かさ」
と関わるものだ。
女の失恋は男ほど尾を引かないのだ。
小泉今日子 トゥデイズガール

雨の日は、男女ともに傘をさしたり雨に降られない場所に身を置いたり、男が女と同調行動をとってくれる。
つまり、雨とは女の勝利だった。
でも、梅雨時ってどう思う?
女くさくて仕方がないわ。
神・男の完全性を議論すると爽快感がある。
梅雨の晴れ間の爽快感は男がくれるものね。
國府田マリ子 長雨

「女性は子供を産む装置」という発想は厚生労働省が政府見解で否定した。
「いろんな経験をしても良いのではないだろうか?」
51.4歳までは生理はくるものだ。
男には「知性派」と「肉体派」がある。
どちらが自分にふさわしいのかは経験したほうがいいという立場だ。
朝鮮人にも理解できる話、を探求した結果、このような結論になった。
2009年にシュテファン・シュミットがこのような調査結果を明らかにしたところ、クレジットクライシスは起きたのだ。
「イエスさまが存在するということは少子化を意味する」
男は別れたら「友達より遠い人」かと思ったが、「心の風景」が忘れられない人もいた。
簡単な方程式では解けない問題だった。
別れた男を忘れさせてくれるのがイエスさまだったのかもしれない。
友達より遠い人 三浦理恵子

「渡る世間は鬼ばかり」の、幸楽と岡倉の「女将さん」のいっている言葉の意味が分かるようになるまでは結婚しないと決めた女もいた。
これは、朝鮮を行政調査した結果、彼ら彼女らにも「分かる話」をしようと考えた結果だった。
このような女を「EPS」細胞と呼んだ。
いわば、独身女性活動家だった。
普通の女は「世の中の真理の11%しか経験できない」という考えをもっていたのだ。
なにしろ、少年院に入るほどの間抜けな女ではなかったからだ。
酒井法子 放課後のヒロイン

だいたい、人生の経験値を36%から39%の間に納めると、女は結婚するとされた。
「イエスさまが経験したこと全部」などという女もこのあたりで妥協したのだ。
女性は子供を産む装置ではない、しかし「塀の向こう側」までは誰も経験したくはなかった。
ステージの上に上がる最短距離だということも朝鮮人が明らかにしていた。

打率が「一分」上がるかどうかしか人生に影響を与えない話であるが、とにかく「女性は子供を産む装置ではない」という見解を厚生労働省は採用したのだ。
それは、「イエスさま」の到来を予測したものでもあった。
逆に「モーツァルトを聴くと打率が一分上がる」とも言われ、モーツァルトのセールス次第で婚期は早まるし、少子化も解消される。
モーツァルトは、つまりは「イエスさま」だった。
モーツァルト 交響曲第25番

アメリカ合衆国は「令和天皇」が少子化を解消させるだろうという見通しを、「モーツァルト」と言って認めたのだ。
偉い「おじ」がいたらカネを払わなければ結婚できないというマネタリズムの結論は、「平成生まれは40%が子供がいない、50%は孫がいない」というアメリカの予測を覆すほどの「同調行動」を神道の世界にもたらした。

「渡る世間は鬼ばかり」の幸楽と岡倉の女将さんの言っている意味が分かればよかった。
かなり経験値が拡散していた女たちが「集約」されてきたのだ。
米・中・韓・露・北朝鮮の五角形がなければ日本でこれは確立しなかったし、この日本政府の行政調査のあり方しだいではアジアの地図は変わっていく可能性がある。

女の自己批判(昔のことを思い出す)という作業だけでも合計特殊出生率は上がった。
スマートフォンも、ハードコアから後退しつつあり、アメリカと台湾の戦術は失敗に終わりそうだ。
人間は、知性に飢えると「パンの夢を見る」とされる。
イエスさまの肉体は「パン」であり、ここを押さえるだけで、アメリカ合衆国は日本国をキリスト教国化する自信があった。
私は、キリスト教を真理であると認めながらも「神道」の側でそれを吸収しようとしている。
プロ野球選手が一番嫌ったのは「野次」「罵声」であったが、それをも封じ込める力が音楽作品にはあった。
朝鮮人を行政調査し、行政指導をしているうちに、「プロ野球が強くなった」ことを私は実感した。
メジャースポーツの勝敗は「どちらが優れているのか?」を決することだ。
それは「ファンの詩心」が決めるという側面もあった。
「野次」「罵声」さえ兵士が受けなければ、どれほど兵士は勇敢であるかを思い知った。
将来の結果を左右するのは「詩心」「音楽作品」であり、「あのおっさんを黙らせろ」と言っていた選手たちの考えどおりに、「野次」「罵声」が消えてなくなった。
松田聖子 上海倶楽部

行政処分というものが、自分の身内や周辺のアイドルの力を背景に下されるものであるとするのならば、
行政指導というのは「人気を得るために」下すものである。
しかも、それは国民全体の支持につながらなければならず、行政規則(訓令・通達)のような「内向き」なものとは異なるものだ。
行政規則は「組織の頂点」をいじめてさえいれば成り立つものだが、国民全体の支持にはつながらない。
ましてや、特定の国民に迷惑をかける行政規則ならば国家賠償の対象になる。
組織の頂点をいじめることで中堅幹部は人気を維持するが、組織の頂点は「それでは国民にご迷惑をおかけする」と指摘することがあり、このことを行政規則に「法規性がある」と表現する。
法規性もお構いなしに、自分の人気を維持しようとする中堅幹部がいるとするのならば、それは「行政法とは何か?」を頂点が明らかにして、組織から去っていってもらうしかない。

行政規則の「法規性」というものは、組織の頂点にとってはありがたいものであり、県知事は「行政規則への賠償義務を負わない」(判例)とされている。
なにしろ、県知事が中堅幹部にいじめられた結果県民に迷惑をかけたのだ。
プロレスのように「組織の外で」「世論の支持を得るために」組織の頂点をバカにしたりするのは行政指導の範疇であり、問題はないが、組織内部で「プロレスの論理」をやられると、それは行政規則として国民にご迷惑をおかけすることがある。
あくまでも組織の人間であって、人気があるのは悪いことではないが、法規性(国民にご迷惑をおかけする)のある行政規則だけは容認できない。
行政規則(訓令・通達)というのは、中堅幹部が組織の頂点をバカにして人気を誇るものであるが、訓令というのは口頭でなされるものであり、通達というのは書面でなされるものである。
通達というのは書面でなされるために、組織の頂点の目に留まる可能性があり、まだ紳士的なものだろうが、訓令だけはときには強度な法規性をもち、国民にご迷惑をおかけすることがある。
これも、日本の在日朝鮮人のような低学歴がいなければ分からなかっただろう。
この行政規則すら行政調査し、国民に知らせる(行政指導)必要があった。
あるいは、組織の頂点をバカにすることを「家族の楽しみ」にとどめておく分には問題はない。
しかし、国民に広く影響を与える、組織の頂点の行政指導だけは、しっかり理解しておかなければならないし、組織の行政指導に精通している家庭ならば、そもそも、組織の頂点をバカにしようという発想すら生まれないのだ。
組織の頂点が何を言っているのかに興味がないのであれば、有機的一体性を持っている組織のメンバーとしても受け入れることはできないし、トップが交代しても組織は変わらないということの保障はできない。
組織の頂点は、組織の人気を高めるために、音楽作品に解説を与え続けた。
しかし、中堅幹部は「頂点をいじめるのに一生懸命で、話を聴いていなかった」というのである。
訓令の危険性はここにあるし、通達行政が推奨される理由もここにある。
我々は基本的には、組織内部で自由に活動していいが、それでも「行政組織や企業の利益になる自由」を仕組みにビルトインしていかなければならない。

このような、行政調査や行政指導、さらには行政規則について語ってきたが、行政組織においては、各自が「おカネ、時間、競争」にさらされているため、組織の頂点だけの論理で組織が動いていくわけではない。
各メンバーが「譲れない夜」を過ごし、多数派工作や勉強などをしているのだ。
瀬能あづさ 永遠に友達

「譲れない夜」には、多数派工作か勉強以外にすることはなく、そこで、うまい具合にテキストを作っていかなければならないのが組織のリーダーだ。
テキストは当然、文字でなければならず、通達という形をとる。
組織の頂点が出す通達と、中堅幹部が出す通達は意味が異なる。
組織の頂点は「仲間作りや勉強のためのテキスト」を書いているのであって、中堅幹部の「上司への悪口」である訓令とは意味が異なる。
下手な訓令を出すと、中堅幹部は孤立することになりかねない。
しかし、在日朝鮮人は「文字が読めない」のである。
そのような組織では「中堅幹部の訓令」が幅を利かせ、組織の頂点はときには人事権を行使しなければならなくなる。
行政法を書き上げた君主の「逆鱗」に触れたら通常は失脚だろう。
しかし、組織の頂点ですら「つらい夜」は存在したのだ。
文字が読めない部下がいる、さらには、人事権の行使を間違えたら「指導の誤り」と看做される。
最後には「誰がもっとも耐えたのか?」という宗教に解決法を求めなければならなくなる。
誰が「神」を見たのか?誰がイージーな人間なのか?
縁結びや商売繁盛の問題に持ち込むしか解決法はない。
「あなたは神さまを信じていますか?」などという安っぽいものではなかった。
「傷ついた」などという言い訳は君主や組織のリーダーには存在しない。
最後には「女たちの信仰心」に解決をゆだねなければならないのだ。
ブッダは「苦しみから自由になるためにはお金が必要」(資金力は挑戦者の資格)であるとし、株主利益最大化論ではなく、ステークホルダー論を採用している。
つまり、企業や行政組織の外にまで支持基盤を広げることを求めたのだ。
ブッダのおかげで、釈迦族は世界に知られるまでになっている。
組織の頂点の「通達」は公表してもなんら問題はない。
文字の読めない在日朝鮮人も「世論の支持のある君主」にしたがわざるを得なかったし、君主をいじめることで影響力を増した中堅幹部はこのことから「一部のグループ」にとどまった。
株主利益最大化論ではおさまりのつかない問題が、組織には存在したのだ。
自分の企業の利益だけを考え、クライアントを騙し、笑いものにする組織においては組織の頂点が「苦しむ」だけであった。
「組織の頂点に立つことが苦しみなのだ」
シッダールタは世の中に出ることを選択している。
組織の頂点が世の中に出る(ステークホルダー論)ことこそが宗教の起源であり、さすがは君主とあって、若い女の子にも人気があった。
河合その子 Please tell me Mr.朱。

ブッダは、組織の頂点を抜け出して世の中に出たが、「ソクラテスを全部暗記していた」(自我をなくした)
ことから「伝説からの教え」(カルマ)と呼ばれ、教えを受けた人々は「輪廻転生」を否定した。
「今を生きるか死後の世界を信じるか」は「四つのパターン」が想定されるだろう。
「煩悩」とは「今を生きる」という意味であり、組織の頂点の人間にとっては「当然の苦しみ」として引き受けなければならない。
「財界二世」「二世議員」などと言うのであれば、「無常」だけが待っている。
渡辺満里奈 月の裏側

「常務会」だけは、他の企業や社会との交流を禁止されていたが、組織の頂点としては、内部に「どんな訓令を出しているのか分からない連中」を抱え込むことになった。
しかし、「常務会」がなければ、企業のトップは企業の外に目を向けようとはしなかっただろう。
「常務会」とは、シッダールタを世の中に送り出したメンバーのことを指している。
すべては「無常」であってはならず、企業の永続のためであった。

営業部長が常務会に名を連ねることはあるが、たとえば、小泉首相が「二階俊博を国対委員長に」と名簿を見せられた時に「これでいいのか?」と言った理由は、常務会のメンバーに代表権を与えるという問題だった。
今となっては、私が「常務会」に苦しめられているが、皇太子殿下(2004年当時)の人格否定発言の背景には、私が「常務会のメンバーだった」ことがあり、私も常務会のおかげで得をしてきた経歴がある。
企業の頂点の通達(世論に訴えかける方法)を間違えると失脚につながりかねない。
人格否定発言。

007のタイトルは忘れたが、女上司がボンドに「書け!私からの方があの女よりも快楽を与えられたと!」とボンドに銃を向けるが、こんな内容の「訓令」も、文字に書かせないと(通達行政)、国民にご迷惑をおかけする(法規性がある)のだ。

皇太子の人格否定発言(2004年当時)の時、私は「常務会」にいたと言ったが、秋篠宮は「陛下とひとこと相談があってもよかったのではないか」と語っている。
つまり、秋篠宮は常務会にはおらず、専務として振舞っていたことが分かる。
のちに、「天皇入院」というニュースが流れ、主婦たちは「どうしよう、どうしよう」と言っていた。
「常務に代表権を与えるわけには行かない」
という問題と主婦たちは向き合っており、私の応援団の多さを物語っている。
この時、私は「政官要覧と携帯電話」を主婦たちに示し、動揺を抑え込もうとしたが、このことによって常務会とは決別し「自覚が芽生えた」と主婦たちは判断している。
どうしても、頂点になるためには「有事」というものが必要なのである。

私は、横浜DeNAベイスターズの日本シリーズ進出や、サッカーのワールドカップのような「有事」を経験し、天皇の生前退位を実現させている。
「アメリカが十年に一度戦争をしなければならない国」ということの背景には常務会の存在があることは指摘していい。
サッカー女子ワールドカップは、「世界の常務会同士の戦い」という側面があるが、
日本の常務会は「トランプ再選を目ざす」などの報道があり、少なくとも、アメリカ合衆国の常務会の前には日本国の常務会は「敵前逃亡」する有様である。

常務会から出世する方法を「ジャンセニズム」と呼び、パスカルがこれを研究した。
「神学的な問題」つまり「男らしさ」が問われることがあり、代表権を得るためにはなんらかの神学的な問題をクリアーしなければならなかった。
パスカルは、24歳の時に、「父が雪の上で滑って骨折した」時に、家庭内で影響力を増したとされる。
ヨハネ1 2:16 贅沢な食事や女は父からもたらされるのではなく、世界の悩みからもたらされる。
ジャンセニズムはとにかく「修羅場に強い」ことを志向し、父からの世襲や禅譲を否定した。
私も、そもそも「平成天皇からの禅譲」を受ける立場になかったことから常務会にいたのだ。
秋篠宮が専務であることはジャンセニズムの立場に立っておらず、「無常」「企業の永遠」の立場からは「我々には禅譲などない」という常務会の方が「神学と向き合う覚悟」があったのだ。
「勉強とはすばらしいものだ」という信仰が常務会にはあった。
それに対して「勉強への憧れ」は女たちも持っていた。
禅譲を期待する専務に対して、より「神学的」「学問的」「女性たちの憧れ」が常務(ジャンセニズム)には存在したのだ。
ローマカトリックは、ジャンセニズムの論客から多くを学んだし、クロムウェルも、王家の血筋にないものとしてジャンセニズムに多大な貢献をした。
うしろゆびさされ組 偏差値BOY 常務の中には、社長に「俺、そんなこと言っていないよ」と言わせるものもあり、あんがい卑怯者が多かったが、企業とは「修羅場」を経験するものであったし、その覚悟さえあれば「神学的側面」はクリアーできる。
美智子皇后の「週刊誌の訂正」は、当然、メディアの側に「修羅場に立ち向かう覚悟」があったから、あんがい卑怯な記事を書くことが許されたのだ。
週刊誌などのメディアこそが、修羅場を覚悟し「神学的問題」をクリアーできるからこそそのような週刊誌の訂正が宮内庁ホームページに掲載されたし、一方で、美智子皇后に「修羅場」を覚悟するつもりはさらさらなかった。
「SMAPもライブパフォーマンスがなければ忘れ去られていくだろう」
これが大人の見方というものだった。

行政規則の「法規性」とはあんがい「書け!私からの方があの女よりも快楽をもらったと!」という女の争いから生じている以上、アタナシウス派は、君主と器として「どの女も射精の快楽は皆同じ」とした。
しかし、現実は「違う」のである。
あくまでも、アタナシウス派は「治める側の論理」として「皆同じ」としているのであり、実際は、小学校・中学校で「自分よりもスポーツが得意で勉強ができる男子がいた」というところに根ざした「女の感度のよさ」が存在し、それはいろんな女で異なった。
幼稚園・保育園では「女の子が数字が数えられなくなる」から女子校は禁止されたが、小学校では「感度の違いが生じるから」女子校が禁止された。
しかし、中学校に入ると「勉強をするために」女子校に進学する女の子は出てきた。
さよなら失恋ピエロくん

女子校に進学して、出世する女と、地元の公立中学に進学して、感度のいい女の二つに流派が分かれたことから、行政規則の「訓令」は男たちの間で噂になったし、それを「書面で」訂正させる(通達行政)必要が生じた。
出世する女ほど感度が悪いということを意味したのだ。
アダルトビデオでも「君、相性がいいね」と男は公然と語るが、そのアリウス派は「異端だぞ」とキリスト教社会では言われかねないものだった。

アタナシウス派は、女の子にも学ぶ機会を与えることを選択し、感度の良さはどの女も同じとしたが、「感度が悪い」と噂された女上司は、その後、男たちの取り巻きがいなくなることを意味したため、アリウス派は「言論弾圧」という形でキリスト教社会には「訓令」というものはあってはならないものとされた。
ribbon ポイズンの退屈

「総合職に女はいらないのか?」「一般職の女のほうがモテていいのか?」
分かったふりのできる女がいい女だと思った。
田中れいな 愛の炎

しかし、アタナシウス派は「女は生き物である」というアリウス派の見解を否定し、神は6日目に光を作り、「昼間の女」を生み出したと考えたのだ。
「女性の社会進出」に文句を言う人は誰もいなかった。
アタナシウス派は「男の口説き方ひとつで女の感度は変わってくる」としている。
つまり、あの女は感度が悪い、という噂(訓令)を「男のせい」にしたのだ。
口説き方ならば組織の頂点の通達で出されていたし、訓令の法規性を否定するのが君主の役割となった。
感度のいい女のほうが得をするという立場は、フェミニズムの側からも批判され、卵子の方が精子よりもはるかに大きいとし、「男が競争すべきだ」と考えた。
いずれにせよ、組織の頂点の通達を「読めない」というのでは出世できるわけがない。
女たちもその考えを支持したのだ。
在日朝鮮人を行政調査した結果、「政府で働くのは無理だろう」という決断がなされた。

「ルサンチマン」
人間が恐れられる条件とは何だろうか?
「他人の心の定義が正確であること」(ルサンチマン)。
これだけである。
ワーグナーの音楽作品にはもちろん「詩」が存在したが、ニーチェは「ワーグナーを激怒させながら」哲学の腕を磨いた。
ルサンチマン(人間の心の定義の正確性)が他人を恐れさせる。
ワーグナーのサウンドは純粋そのものだったし、詩も純粋だった。
しかし、純粋な音楽作品ほど「罪深い記憶」を歌っていた。
「人間、あまりにも人間的過ぎる」
これが、ルサンチマン(他人の心の定義の正確性)の正体である。
「どうやって女になったのか?」
これを「純粋な」サウンドで、正確に理解する必要がある。
「知らぬは男ばかりなり」
そう信じていたのに、あまりにも切ないサウンドでワーグナーは女の人生を歌った。
「女の人生を知ることが必要」である。
「いい女」は嘘をつかない。
男が、その女の考え方を解説する限りにおいては。
ワーグナーのサウンドは女たちをひきつけるのに十分すぎるほど切なかったし、カントが「口説き文句」のために考えた言葉は、ニーチェにとっては「ルサンチマン」(他人の心の定義の正確性)のために用いられた。
ニーチェは、「他人の心の定義の正確性」から、他人に恐れられた。
カントのように「女を口説く」のか、デカルトのように「恋の対象になる」のか、それとも、ニーチェのように「ルサンチマンが恐れられるのか」の三つのパターンがあった。
ただ「純粋な音楽作品」を提供したかったワーグナーの逆鱗に触れたのがニーチェだった。
ニーチェは女たちと話すことを「アフォリズム」と呼んだ。
女たちが泣くこともあった。
ルサンチマンをアフォリズムによって、女の「涙」に変えた時に、「女の涙は千年の媚薬」と呼ばれ、ニーチェ以降、千年王国の到来が高らかに謳いあげられた。
ニーチェが「権力への意思」を誕生させたのは、他人の心の定義の正確性と女たちとよく話したことによるものだ。
CoCo 千年の媚薬

 

フェミニズム第一の波(ブルジョアと結婚したい)のときはまだルサンチマンの真の意図は知られておらず、ニーチェは「あいつも誤解している」と語っていたが、フェミニズム第二の波(私たちも仕事がしたい)の時に、女性の社会進出が進み、ルサンチマン(女心の正確な定義をすること)が、男にとっても職場で恐れられる秘密であったことが明らかになった。
パートナーに寝ている間に暴行されたことがあるため夜眠れないことや、家庭に縛り付けられ、夫が子育てにも無関心であること(搾取)、朝、起きたら二時間でとった行動で自分のフェティシズムが分かること、など、本来、デカルトが「恋する条件」に女心に詳しいことを挙げていて、カントが「女を口説く」方法として考えた言葉を、「女心の定義」(政治)に用いたのがニーチェだった。
ニーチェは「ルサンチマン」(女心の正確な定義)を「アフォリズム」(女たちと話し合う)によって、女が涙(千年の媚薬)を流したことがあることから、権力への意思というものを思い知った。
ニーチェによって「政治」は誕生したのであり、また、「文学」も誕生した。
「イエスと言えば”たぶん”、たぶんと言えば”ノー”」これが外交官であり、マルかバツかというのは外交官ではない。
ribbon 哀しい方の嘘

マルクスは「思春期の女心」を女性たちに語って、しかも、それをいかに「精緻化」するかを考えた。
「十代で人生は決まる」「今となっては”そういう夢を見た”というお話」を狙ったのだ。
音楽作品ならば山ほどあった。
ようするに、寝る前に「バイブル」を読むとよく眠れた。
「女になれた喜び」をネットで語る人もいれば、ゲイやレズビアンなどの性倒錯もいた。
「抑圧」を受けているから、一日中ネットをやっている人が多く、胸を大きく開けた服を着ていたり、男ならパンツ一丁という人もいた。
夜、よく眠るためにネットをやっていたのであり、それはつまり自由恋愛をも意味した。
なかなか異性が「釣れ」なかったときは夜中までネットをやった。
「私の心を教えて?夜、よく眠れないの」
それだけが女の目的であり、抑圧というものであった。

十代の頃の恋愛論のことを「パラダイム」と呼び、それを知ることは「マルクス主義者である条件」であるとされた。
女性たちは「今となっては夢のよう」な経験談であり、それに詳しいマルクス主義者にシンパシーを感じた。
ニーチェの言う「ルサンチマン」(女心の正確な定義)を「十代の頃の記憶」に限定したのがマルクスであり、音楽作品は常に「若者の世界」を歌った。

1970年代に、昭和天皇が書いた「源氏物語」が、自由民主党だけではなく若者にまで広く知られるようになった。
この時に「新左翼」(自由民主党の犬)は生まれた。
三島由紀夫は、新左翼に「天皇とさえいってくれれば君たちとも組める」と言って源氏物語の境地を「生涯の憧れ」としていた。

人生に「抑圧」がなければそもそもネットなどやらない。
さらに、作家すらやらないだろう。
「創作意欲」というものはここから来るし、組織のリーダーが受ける抑圧は「常務会」に由来するものだ。
常務会のない「ああ無常」という世界ではなんら創作意欲は湧かないのだ。
天皇がなぜ「源氏物語」を書くことが出来るのか?
自由民主党および新左翼に影響を与えることが出来るのか。
それは「日本丸」という巨大組織の頂点に立ってみなければ分からないだろう。
作家としての「生命の連続性」がなければ、昨日来た人に「天皇」も「首相」も務まらない。
この作家としての才能に抑圧を与えてやれと言って「日本丸の舵取り」を委ねるのだ。
つまり、文学という名の「通達」を出させると言う意味である。

三島由紀夫は「金閣寺」を書いた時に、天皇は金閣寺、しかし、その影にある銀閣寺こそが美しいとし、自衛隊(銀閣寺)の支持を得るために市ヶ谷に向かった。 自らが天皇に即位するのが目的だった。 強烈な「常務会」の存在を持ったり、ルサンチマン(女心の正確な定義)を身につけるため、そして、アフォリズム(女たちと話をする)の環境に恵まれたかったのだろう。

« 背広組と制服組。 | トップページ | 法規裁量と便宜裁量。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 背広組と制服組。 | トップページ | 法規裁量と便宜裁量。 »