最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月26日 (水)

訴訟。

訴訟の背景には、「他者への憧れ」がある。
憧れの人の真似をすることを「モンキーシー・モンキードゥ」というが、それを「請求し、確認し、形成する」という「請求」「確認」「形成」という三つの「訴訟」がある。
女子高生の支持が根強かったために芸能人生命を長らえたアーティストは多い。
すべて、みんなが自分のまねをすればいいのにという「請求」「確認」「形成」を踏まえたものだ。
アムラー


「分かりやすい」「モテる」
これが、訴訟の背景にあり、人間活動は常に「訴訟」である。
本当の「裁判沙汰」になるのは「私の真似をしなさい」という「請求」「確認」「形成」が失敗した時である。
人間は「賢く」なりたがっている。
なにしろ、電車やバスの中で泡を吹いて倒れたくないからだ。
このことが訴訟の背景にあり、「モンキーシー、モンキードゥ」こそが、暮らしを快適にするのだ。
行政法においては、「アイドルの人気」を背景に下される「処分」を争う「抗告訴訟」が知られており、アイドルの人気を批判する訴訟として知られている。
また、アイドルの人気を基盤にしていないとする(処分性がない)のならば、形式的当事者訴訟を用いて、「あなたはアイドルの物真似をしていたのか?」を職権証拠調べまで用いて判断することもある。
土地区画整理事業の「青写真論」というのがあるが、行政官の「処分性」が安室奈美恵以降、認められるようになり、抗告訴訟が起こせるようになった。
しかし、これを「荷が重い」と判断し、形式的に「当事者訴訟」にしようという動きもあった。
アイドルの影響力を背景にしていたのは同じであるが、「影響力を用いたのか」(抗告訴訟)、「物真似をしたのか」(当事者訴訟)の違いが学説に生じた。
判例は、抗告訴訟に含めるようになっている。
偶像崇拝がなければ、そもそも、訴訟というものは生まれなかった。
真似をされると右腕の力が落ち、字が汚くなり、パーキンソン病の恐れがあるとも言われる。
大事なことは「マンガのように分かりやすい」ことであった。
民事訴訟の世界では「男女の出会いの場を増やす」「性病の治療をする」「子供に職を与える」などの世界で「私がモデル」であることを求めて訴訟というものは行われるが、行政法は「偶像崇拝」の世界である。
民間人同士で真似をしあうことを「民事」と呼び、偶像崇拝を背景にしたものを「行政訴訟」と呼ぶのだ。
アイドルの真似をさせることを「行政訴訟」と呼び、姉妹や自分についてきた女を東大生が利用する「処分」と「抗告訴訟」や、抗告訴訟は負担が重いとし「真似をしていたかどうか」を判断する当事者訴訟などは、すべて偶像崇拝を背景にしているのだ。
芸能界との深い関わりが行政官には存在し、そうでないのならば、民間人同士の民事訴訟の世界を生きることになる。
「読モ」というのは民事訴訟の世界だと思われる。
上からマリコ


プロスポーツ選手が用いる「技術」はつねに「真似をする対象」とされ、行政訴訟である。
アイドルの影響力を用いた「処分」でも、物真似をしたかどうかを判断する方向に誘導する形式的当事者訴訟でもなく、プロスポーツ選手の物真似をしたかどうかは「実質的当事者訴訟」である。
オンエアされるかどうかで「行政訴訟」と「民事訴訟」は区別され、いまだに地上波の影響力はもっとも強い。
訴訟(他人の物真似)は、みんなを賢くさせるためにあるものだ。
女子高生でも「セブンティーン」「ポップティーン」「ランズキ」などを読んでいる。
ノーマン・マルコム(マルコムX・1968年)が黒人に与えた影響は強かったし、チャールズ・テイラーなども「映像の世紀」を存分に活用した(1964年)。
真似をするだけで目的が達成できることが必要であったし、その業界は「物真似」「影響力」で作られていた。
みんなが賢くなるのが「訴訟」の目的であり、「裁判沙汰」とは異なる学問なのである。
特に、女性やマイノリティを「賢くさせる」政策を、アファーマティブアクションと呼ぶ。
部落民をどのようにしたら「テレビを見ただけで、賢くさせる」ことができるのだろうか?
「母ちゃんが男を作った」
このような子供をどのように賢く出来るのかは非常に難しい。
アファーマティブアクションというのは非常に難しい学問なのだ。
2003年や2016年にアメリカ連邦最高裁が問題にしているが、つい3年前にも「難しい問題」として議論されていた。
読モのように、アイドルや芸能人といった「行政訴訟」ではなく、民事訴訟における「選定当事者」にとどまるものもあるし、訴訟進行で足並みを揃える、訴訟資料で足並みを揃える、つまり、「みんなでオンエアを見る」という具合に、固有必要的共同訴訟として行政訴訟を、民事の側で問題にするものもある。
また、証拠資料では足並みが揃えられても、訴訟資料では「担当」の問題でもめて足並みがそろわない通常共同訴訟もある。
まあ、民事訴訟なんてものはジャニオタに聞くべき問題だ。
1965年にジョンソン大統領が「執行命令11246」によって、アファーマティブアクションつまり、「母ちゃんに男が出来た」などという同和の子供たちをいかに賢くさせるかを明確にするように命令を出している。
最終目標は「就職」にあった。
1972年には「博士号を取る人数」を見ることにした。
ジャービス・トンプソンは「足長おじさん」などを考えた。
人種差別はアメリカ合衆国におけるきわめて難しい問題だった。
ジャービス・トンプソンは「つづけることにお金を払えばいいのではないか?」とした。
彼ら(彼女ら)には、固有必要的共同訴訟つまり、同じ番組を見る(訴訟進行で足並みをそろえ、訴訟資料で足並みを揃える)ことを経験しながら、通常共同訴訟、つまり「担当」の問題で喧嘩する(訴訟資料で足並みがそろわない)などの必要性があり、インターネット上では常に通常共同訴訟であり、オンエアにおいてのみ固有必要的共同訴訟であった。
「つづけることにお金を払う」つまり、根強いファンというものがそれぞれ「自分を賢く」させており、就職が保障された。
行政(芸能界)と民事(市民)の関係は密接に結びついていたのだ。
立法とは、選挙の時に市民にお金を流す役割を果たしていたし、行政は芸能界との関係を示していたし、司法というのは「恋愛論」「パラダイム」を握っていた。
芸能界は、市民にお金を流す必要があったし、恋愛論を語らなければ存続は出来なかった。
貴島サリオ 芸能界でよかった


立法は、選挙のたびに「ファンを続けなさい」と言って市民にお金をばら撒いたし、司法は、恋愛論を行政に提供した。
三権分立とはこのようなものであり、芸能界を中心とした「行政」さらには、行政法と民事訴訟法から成り立っていた。
同和対策事業もこのような「政府のマシーン」に精通していなければ行えないし、医学博士にでもならないとその力量は身につかないだろう。
一方で、司法は、民事のみならず刑事(なぜモテないのか?)を議論するものでもある。
いわば「査問」であり、「論告」(なぜ優しくなれないのか)を「弁論」によって検討・評価する世界である。
いずれにせよ、芸能界(行政)とはこのような理論資源とお金の分配機能をもっており、いるいろな組織が三権分立を持っているのだ。
うしろゆびさされ組 私は知恵の輪


そもそも、ルイ16世とカントが作った「ゲルマン法・大陸法」の世界があり、このような世界が構築されたが、
イギリスとアメリカは、イエスキリストと憲法によって「ローマ法・英米法」の世界を作った。
また、行政訴訟には、「世界に一つだけの花」購入運動やビラまきなどの「民衆訴訟」もあれば、セクトごとの役割分担を争う「機関訴訟」もある。
機関訴訟を経た上で「世界に一つだけの花」という選曲がなされたものと思われる。
なにしろ「フェティシズム」の世界の争いが「行政」であるため、スリーボールツーストライク(三審制・破棄差し戻しを含む)はビルトインしておかなければならないし、日本では「球審の判定」にまで「リクエスト」を持ち込もうという「再審」というものもある。
もっとも、再審というのは「開かずの門」とされている。
フェティシズムの世界なんだよ。
精神科医になって、わたしの文章を読めば、「法律学のすべて」が体感できるため、メディカルスクールとロースクールは「学ぶことは同じ」という側面が指摘され、メディカルスクールは部落民の入学を拒否してしまった。
同和対策事業をやるのはロースクールであるという意味では「法学部と医学部は同格」とされている。
心を病んでしまえば「弁護士に相談しても医者に相談しても同じ」ということが言える。
つまり、「牧師に相談しても同じ」ということなのだ。
「大人たちの権威がいやでも、自分たちでルールを作る」若者に、法律学は介入したし、そのアファーマティブアクションの世界でも勝てないのならば、「諦めてもらうしかない」とビル・クリントンは1995年に語っている。
この法律学は、テレビやステレオ、イヤホンを聴きながら、いろんな仕組みが勉強できる環境を作り出すというメリットがある。
インターネットや現実社会でいろんな人から尊敬されるのが気持ちいいという人もいるし、「社会に出る準備である」という人もいる。
立法・司法・行政が分からなかった時代は確実にあったし、訴訟というのが他人に自分の真似をさせることである、ということも分からなかった。
それでも、「世界に一つだけの花」を買おうという運動は起きるし、その組織運営の能力は賞賛に値する。
ファンの組織内部で何があったのかは、行政法や民事訴訟法を学ばなければ明らかにはならないだろう。
しかし、いろんな「担当」が機関訴訟をやった結果、妥協点として選ばれた曲であった。
SMAP 世界に一つだけの花


また、自分の「担当」を決めるためには、DVDを「81時間」観なければならないとされている。
音楽作品でもそうであるが、その世界で「予言」が出来るようになるためにはこれだけの時間が必要となる。
また、目の前で握手した時の感激も「担当」にしか分からないとされる。
二次元と三次元の「適度なキャッチボール」が必要であるとされ、たまには、実物を見たほうがいいとされる。
そもそも、AKBグループや坂道シリーズを「81時間」観た、というのも驚きである。
しかし、法律学を肌で感じる才能とはそのようなものを基盤にしている。


初めて性に目覚めたとき、私は悲しみを覚えた。
親の命が永遠でないことを考えて泣いた夜もあった。
男らしい「父」、女らしい「母」男は賢いほうがいい、女は美しいほうがいい。
父には母がいたので、私はクラスメートの男子に思いを寄せた。
しかし、ちょっと待って。
マスターベーションの方法が他の女子と違うのよ。
私の初めての男、イエスキリスト。
教会はイエスの肉体。
教会の鐘を鳴らすのはあなた(イエスキリスト)。
あの鐘を鳴らすのはあなた 和田アキ子


どの母親も、産後は、可愛い赤ちゃんのために家にこもりっきりで、旦那も、家庭内に縛り付けられる。
夫婦ともに「赤ちゃん」のために社会から隔離されるのだ。
可愛いけど殺したい。
そんな思いが母の脳裏をよぎる。
首を絞めようかと思ったわ。
兄弟に語ったら、心ないおじは「お前の首を絞めたらしいぜ」と姪に告げた。
私は、おじのおかげですさんだ生活を送った。
私の古い日記。
古い日記 和田アキ子


人々に影響を与えるのが「訴訟」であるとしたが、なにしろ「女性たちの支持」をみんなが必要としているため、商売女でも「女友達を増やすために」「哀しい方の嘘」をついた。
家庭内で、女姉妹の支持が磐石だった私は、家庭内では嘘はつかなかったが、社会では「大うそつき」として知られていた。
女たちの人気が必要な者は「哀しい方の嘘」をつかなければならない。
ribbon 哀しい方の嘘


処女たちは「同調行動」をとったため、「正直を伝えない」「処女である」ことがいい女の子だと思った。
しかし、初体験を経た時に「まっすぐ恋する」ことを知った。
「女たちと」「同調行動をとりたい」
これが「嘘」の起源である。
愛の炎 田中れいな


「女たちに囲まれた俺(私)」というのは夢であったし、そのため、なんで嘘をついてしまうのかすら自分でも分からなくなっていた。
第三者の証言と言っても、この「女たちに囲まれた俺(私)」というのを目指している人なのか、それとも、そのような野心もすでにないモテる男なのかの見極めが裁判官には必要になってくる。
なにしろ、女というものは「セックス一回で2万円になる存在」だったから、お金の問題が「嘘」と関わっていた。


「嘘」というのは、法規裁量(一見さんお断り・クラスメート)の世界特有のものであり、便宜裁量(喫茶店・親戚)の世界にはなかった。
親戚に「嘘」をついても、すぐに本当のことが伝わるし、そのあたりは、便宜裁量の世界に「嘘は通じない」という理解が必要になってくる。
一見さんお断りの世界なのか、率直に話が出来る喫茶店なのかは割りきりが必要だ。
店のオーナーに「嘘をついて当たり前」と思われる風俗店か、「うそつきならば出入り禁止」と思われる喫茶店なのかは区別が存在する。
喫茶店のマスターは「次やったら出入り禁止にしますよ」という警告を発する権限があった。
私も「身なりをウェイターにせせら笑われながら、喫茶店で他人に話しかけた」ら、マスターに警告された。
Ramblingman complex


オテローは、ホームランキングだったため、周囲の人間の「嘘」に取り囲まれた。
周囲の女が「オテローは結婚しています」と言うだけで彼氏が出来たのだ。
オテローは「ホームランさえ打てば俺は多くのカップルを誕生させられる」と割り切り、周囲の「嘘」に耳を貸すことをやめた。
しかし、「妻が自分が買ってあげたハンカチではないハンカチ」を自分に手渡した時に、「妻まで女たちの支持を求めていたのか」と激怒する。
これが「ホームランさえ打てばいいオテロー」と、周囲の男女の思惑と嘘、そして、妻の存在であった。
オテロー ハンカチのシーン


君主の周りは「嘘とセックスとビデオテープ」に満ち溢れていたため、君主は、論文以外に友達はいなかった。
ホームランを打てば打つほど孤立感を高めた。
人間には「868本」が限界なのだろうか?
アメリカでも、王貞治は「ひたすらバットを振り続けた人物」として知られている。
嘘とセックスとビデオテープ


みんなが自分の真似をするという「実質的当事者訴訟」とはこのようなものであり、みんな君主を「当事者として」真似をしたが、君主のブログ以外に信用できるものはなかった。
「国家の中枢に嘘を抱えてはならない」
しかし、「孤独なホームランキング」「論文だけが友達」でなければ務まらなかった。
君主の周りには「高速の計算」だけが取り巻いたため、君主を避けるようにみんなが街を歩いた。
オテローの哲学は、確かに影響力があったし、実質的当事者訴訟として「真似をする男たち」が多かったが、しかし、オテロー本人の周りには「嘘とセックスとビデオテープ」が満ち溢れていたため、彼が部屋に入ってくるだけで、部屋の空気がピーンと張り詰めたのだ。
オテローはスランプに陥るわけには行かなかった。
オテローがスランプに陥ると「今がすべて、死んでもいい、首つる覚悟がある」などという男たちが群がった。
神は妬まないというのは「今がすべて」という意味であり、「これで嘘から自由になれる」ということから語られているものだ。
CoCo お願いHold me tight.


「嘘から自由になりたい」
これが周囲のイエスへのサディズムの理由であった。
この周囲の「流れ」に乗らないと「868本」は無理であったし、君主になるのも無理だっただろう。
社長の悪口さえ「口頭で」言っていればいい「常務会」も、「修羅場を経験しなければ」次はないといわれ、社長本人が修羅場の渦中にいたのならば「ボロボロと」脱落者を出していった。
アブラハム宗教というものはそのように出来ているし、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教だけでなく、令和の時代には日本国の「神道」もアブラハム宗教となっている。
周囲は余裕を持って彼を見ていても、本人が「生き急ぐ」理由もこのあたりにある。
ブラックレイン


仕事だけではなく、日常を楽しむ必要がある。
周囲がどれほど憧れのまなざしを向けているのかを体感しなければ、かなり生き急ぐだろう。
通常の男は「三人の女を意識して街を歩いている」とされるが、君主だけは「三人の男」に囲まれていた。
ホームランを打ち続けることをやめなければ、「磔」はずっと続いただろう。
イエスキリストが「時計回りのスピン」の回転数を増しているのならば、子供たちには「反時計回りのスピン」を与えたほうがいい。
つまり、適切な距離感を維持しなければならないのだ。
アインシュタイン・ペドロフスキー・ローゼン(EPR)というメンバーが「里子」というものを考えた。
人身保護請求というのは「強度な違法性」「補充性(他にとるべき手段がない場合)」が存在する時に認められるが、親がイエスキリストであるのに、子供たちが果たして「一緒に住みたい」というであろうか?
樋口一葉の「たけくらべ」とは、子供たちの背を比べることが出来ない「イエスキリスト」の悲しみを歌ったものだ。
お父さんがイエスキリスト?
娘たちが「愛人」になるのは目に見えているではないか?
そのため、人身保護請求は「マグダラのマリアから」の請求にのみ有効なのだ。
民事訴訟法(他人に影響を与える民間人の法則)の最初の方に「人身保護請求」は出てくる。
この「人身保護請求」は、「場の量子論」とも深く関わり、イエスキリストの子育ての議論が「相対的場の量子論」である。
子供たちが住んでいる場所が「関東地方」ならばいいんじゃないか?
どうせ、イエスキリストは関東御分国を作るんだから、という割りきりがあった。
侍従さんたちは「イエスキリストが何を考えているのか?」を子供たちに知らせるためにスマートフォンは必ず買い与えていたからね。
中年世代になっても「回転数」を維持することは、子供たちが周りにいたのでは不可能だったし、エネルギーを奪い合う「家庭内」においては、イエスキリストは子供たちのわがままにほとほと手を焼いて、キリスト教・神道は壊滅するだろう。
大人になって「イエスキリスト」に激突してくる子供とそうでない子供はいるが、イエスキリストは少なくとも「家庭的な人間」ではなかった。
樋口一葉 たけくらべ


「訴訟」というものが「他人に影響を与える方法」であるとするのならば、小林よしのりのように「マンガを描く」というのはひとつの方法だ。
しかし、「結婚」によって女たちを誘う少女マンガと、そうではないマンガは厳密に区別しなければならない。
「結婚」を目的とするか、そうではないかという区別だったはずが、少女マンガとそうではないマンガというジャンル分けになっている。
カントが「結婚」というものを考えたし、それはルイ16世にとっては「想定外」のことであったが、女たちが「影響力を増す有力な方法」が結婚にまつわる議論であった。
そこには、男と女しかおらず、友人すら結婚式では「他人」になってしまったのだ。
結婚式での胴上げも「他人」に身を委ねるのはけっこう危険だ。
ウェディングベル シュガー


別の表現をするならば「今までのしがらみ」とすべての縁を切れるのが結婚でもあった。
芸能人のような「行政」と関わる王子やお姫さまのまわりには、結婚にすら「嘘」がまとわりついた。
周囲が「嘘」をつきつづけたのだ。
オンエアを用いた「行政訴訟」においては、みんな多数派工作しか頭になかった。
行政のもとに「結婚しました」と報告するのならば、当然、「周囲の嘘」は覚悟しなければならず、また、多数派工作のために「熱愛報道」「不倫報道」「離婚の危機」などが報じられる。
行政のもとで行っていることであることを理解しなければならず、「興味ない」などという弁護士はいてはならない。
行政法にしたがって「結婚とは今までのしがらみと縁を切りたいということである」あるいは、いろんな人が多数派工作に関与しているものである、ことを理解しなければならない。
どの視聴者も、カントが考えた「結婚」というものを想定している。
いわば、FA宣言として用いられており、男女ともにメリットがあるから行政が利用されているし、どちらかの側に組しなければ、自分が損をするだけである。弁護士もこのことを理解すべきであるし、芸能事情通ほど行政法に詳しい連中はいない。


特に「社長」としては「常務会と縁を切りたい」時に、結婚という報道に応じることがある。
しかし、それは今までの「マンガ」としての活動実態の「失敗」をも意味した。
我々は、永遠にその人の「マンガ」を見ていたいのであり、キムタク結婚という報道に業界をよく知る女子アナの落胆は大きかった。
キムタクが「SMAPは失敗したビジネスである」という意思表示をしたからだ。
これで「担当」の多数派工作は崩壊するという思いがあった。
キムタクの工藤静香との結婚の時に、「結婚とは今までのしがらみと縁を切ることを意味する」と悟った業界人は多かった。


もう、「行政」(オンエア)さらには「訴訟」(人に影響を与えること)が自分には出来ない(トリクルダウンは起きないのではないか?)と悟った人は「死んだ」という報道を行政で行うこともある。
それはつまり「保護観察処分から自由になった」「健常者に近くなった」ことを意味する。
あるいは、作家としての道や、病院の職員としての道が見つかったことであったりするのだ。
ガンガンオンエアが流されている時は、病院も職員への採用は行っていない。


カントが「結婚」というものを考えた時に、それは民法上の身分関係のみならず、行政法にまで波及することは理解しなければならなかった。
ウィキペディアという「デタラメ」を入念に調査して、「業界事情通」となる行政法専門家は確実に存在するし、それを「事実ではない」などと大人気ないことを言ってはならないだろう。
「行政」(芸能界)はもはや、犯罪撲滅にしか興味がなかった。
そこで、「私は処女です」と公言する女たちに「構成要件論」を委ねた。
AKB48の誕生だった。
「母に欠けていたものは純潔であった」
そのような同和対策事業でもあった。
しかし、大人たち(行政)の思惑とは裏腹に「文春砲」は飛ばされたし、日経平均株価を暴落させてまで、自分の劣悪な環境をよくさせようと考えるものはいた。
多くの不合理が日経平均株価を下げる要因となった。
社長を立てれば常務会が立たず、そのような各人の構図からも日経平均株価は上げるだけのものではなかった。
社長を立てれば株価は上がるが、常務会を立てれば株価は下がる。
しかし、組織で生き残っていくということはそういうことだった。
「処女性」までもが社長と常務会の間で利用された。
とにかく、女の子は「大人の事情」を知らなすぎた。
「アイドルにもいろいろあるんだよ!」
それは、真面目な女の子の「社長と常務会の対立」への苦言であった。
AKB48 恋するフォーチュンクッキー


若者に「犯罪」を犯して欲しくない、これがユダヤ教であり、オヤジ狩りさえなくせば、年寄りは長生きできた。
「可能性」を考えて、男女の「カップリングの可能性」を提示したのがユダヤ教であり、それなりに大人たちは楽しかったが、ユダヤ人が想定していない「メシア」が生まれる「ニューエイジ」は確実に到来した。
ニーチェは、ニューエイジに「音楽の評論」を行う哲学者として「千年王国」をもたらした。
行政(芸能界)は、実績のない哲学者よりもニーチェを優遇した。
本来、カントが「口説き文句」として考えていた言葉を、ワーグナーの音楽作品の評論に用いたのがニーチェであった。
「大蔵省であっという間に出世した」などというのもこのような才能によるものだ。
なにしろ「戸田先生の前で詩を詠んだ」だけで出世してしまう世の中なのだ。
いずれにせよ、「私は処女です」と女をセールスにかけることそのものが社長と常務会の対立に巻き込まれ、民間人では、社長=お父さん、常務=娘、専務=母親という構図すら出来上がる問題なのである。
国生さゆり キスした跡は残さないで


宮内庁(インペリアルエージェンシー)という組織は、王子や天皇が「面白い文章」を提出してくる限り人気があった。
王子や天皇が「常務会」の存在に不満を語ることはあったが、「どの組織にも言えること」と各省庁は考えていたようだ。
通常の社会人が「心の痛み」として感じるものが「肉体的痛み」として出てくるのが「宮」(特別な乗り物)という存在であったし、イタイイタイと言いながら、論文を読めばいい存在として宮は生きていた。
神聖ローマ帝国を滅ぼした「分かりやすい言語」である英語の論文さえ読めればよかったし、中国古典は「シルクロード」のおかげで見た「夢」を語っているに過ぎなかった。
人物相関図は中国古典の方が詳しかったかもしれないが、英語の「切れ味」の方が明らかに日本人には人気があった。
人物相関図を書くなら北京大学、自分の力や人気に直結するのはスタンフォード大学、そして、日本国内に「同じ言語として」持ち込むためには東京大学が必要だった。
「法律学の正体」「コツ」さえ分かれば、東京大学で勉強すればいろんなことが分かる。
お金の悩みや「組織人としての痛み」さえ分かれば、よかったのだ。
英語・中国語・日本語を一人の朝鮮人の少女に叩き込んだ。戦うボディが出来上がった。
世界中のどこにも「そんなもの」はなかった。
BoA VALENTI


よく制御された男、真面目な男、自由な男の三名の「宮」が必要であり、しかし、真面目なだけでも自由なだけでも「痛みには耐えられないだろうな」とエージェンシーは考えていた。
この歴史は「ヒエログリフ」に精通していなければ生まれない発想だった。
真面目な男は「発言のブレ」が指摘されたし、自由な男は「タイミング」を見て失脚させるだけだ。
ヒエログリフにしたがった歌だったため、大ブレイクした音楽作品もある。
だんご三兄弟


カントやニーチェなどの哲学者はいたが、ヒエログリフの存在を知っていたのはキルケゴールだけであり「持ちつもたれつ」と言って、事典の構築に努めた。
本来、ユダヤ教の論客であったキルケゴールが「世界中のどこにもそんなものはなかった」というブロックに介入したのだ。


【解説】男の数は多かれど、みんな「家庭」があり、よく制御された男、真面目な男、自由な男がいる。
よく制御された男こそが、私の「常務会」の存在を自分の痛みから指摘してくれるし、男たちを「愛するのを頑張らないと」女社会のドロドロした関係は分からないでしょう。
女のほうが男よりも「背が低い」って誰が決めたのかしら?
駆け引きが得意なだけで「背が低く」なったのではないだろうか。
人間社会はよく分からないのが「デカイ女」であるが、その「鈍さ」で得したこともある。
私も、レイプされた時に「男になろう」と決めたし、それ以降は敵がいなかった。
男たちを「愛するのを頑張った」のだ。
和田アキ子 愛を頑張って


「許し」とは、多数派工作に成功した男が行うものであり、「サルベーション」と呼ばれる。
女に見捨てられた男が「なにくそ」と多数派工作を成功させたら、「笑って許して」ほしい。
許しとは「関係の再構築」であり、私はあなたの自尊心を満たすだけ。
和田アキ子 笑って許して


「女二人に男一人」これを名目と呼び、イエスキリストではなくアマテラス(女神)に祈ることだった。
私は、イエスキリストを信じていた。
女神さまに祈っていれば美しくなれたのに、「だってしょうがないじゃない」
和田アキ子 だってしょうがないじゃない


私の彼は「神さま」だった。
雨にはかなわない人だったけどイエスキリストなの。
雨を避けるように歩くイエスキリスト。
人生の負の側面を見ても「私は信じる」だけ。
信じるとは「その人のいい側面を見る」ことだった。
和田アキ子 どしゃぶりの雨の中で


彼は私めあてで「嘘」をついてまで私に接近してきた。
私は女だから、女友達をなくしたくないために「嘘」をついていた。
「たった一度きり」抱擁が成立した。
夢のようでした。
和田アキ子 抱擁


彼の「音符で出来た言葉」を聞いていると、私はうなずくことしかできない。
女の沈黙はセックスOKという意味。
黙っている私も歌を歌っていました。
和田アキ子 もう一度ふたりで歌いたい


毎日、同じ道を歩いていると安心感がある。
しかし、「あなたとは違うんです!」という人は毎日違う道を選んで歩いている。
常人にはない政治感覚である。
和田アキ子 さあ冒険だ


私を落としたいのならば男社会で勝つことね。
女の子は、茶色とともに生き、緑とともに真面目になろうと決め、赤とともに男と向き合うことを知る。
真っ赤なロードスターはイエスキリストの乗り物。
コーナーでオーバーテイクするためには、前の車を挑発して、コーナーに入る前のブレーキング(速度設定)を狂わすのが秘訣。
スローイン・ファストアウトなんてのは教習所で教わったでしょ?
直線で相手を抜くほどエンジンの性能はよくはなかったけど、テールを振って走る車は、大工(技術に満ちた男)のすることかしら。
コーナーで「五速・四速・三速」というギアチェンジをしているうちはアマチュアね。
「ヒールアンドトゥ」は「四速から三速」がプロの証。
パッシングも上等じゃない?海に着いたらキスも許すかもよ?
松田聖子 真っ赤なロードスター


フォークォータースリービート(3/4)というワルツは、踊りの基本ね。
どのアーティストも(3/4)がからだに染み付いている。
ワルツが分かっただけで「教授」と呼ばれる人もいるわ。
愛を歌う音楽作品を作る先生の「神秘」はここにある。
松田聖子 アクエリアス


「プレゼン」の基本は、「子供を使って結婚に誘導する」「女を使って男を誘う」従姉妹のような無料の女ではなく、クラスメートに誘導するかのどれかにコンセプトを絞らなければならない。
高視聴率番組そのものが「見事なプレゼン」なのだ。
松田聖子 プレゼント


カントが「口説き文句」を完成させたが、ヨーロッパ本国ではしがらみがあって自由に女の子を口説けない。
そのため、オルテガ・イガゼットは、「南の島」に繰り出して女の子を口説いた。
グアム・サイパン・タヒチ、いろんなパイナップルアイランドがあった。
カントを知らない「日本軍」なんて殺されて当たり前だわ。
平成天皇の「慰霊の旅」の共通認識はここにある。
中国はともかく「パイナップルアイランド」に対しては侵略性があったのかな?
松田聖子 パイナップルアイランド


「ラブソング」
愛って何?
親子の関係は「セックスしない」「個性に注目する」という意味では「国を愛する気持ち」と区別がつかない。
「妹への愛」は、セックスしないから個性も見ない。
その代わり「長続きする」というメリットがある。
妻や恋人への愛は「セックスするから個性まで見る」とされ、個性を見続けると長続きしないものだ。
セックスしないけど個性を見る「子供」「国」への愛は、セックス類似の「税金を取る」「教育費用をかける」などしなければならないのかもしれない。
松田聖子 ラブソング


女には「漁り漁られの18時」(オーストラリア派)と「真剣な恋愛をする23時」(ロシア派)が存在する。
労働者階級の18時と、インテリ階級の23時は理解しておかなければならない。
イエスさまは大工だった。
しかし、インテリだった。
イエスと待ち合わせするのはいつも23時。
和田アキ子 真夏の夜の23時


松田聖子や和田アキ子について語らせてもらったが、なぜ、女は「影響力を増さなければ」ならないのだろうか(訴訟)。
それは、「女二人に男一人」という名目の構図であり、「彼女のことならはじめから百も承知よ」という女がカップルに登場した時に、今カノも必死で「多数派工作」(訴訟)をおこなうことに起源がある。
新しい女も多数派工作を行うため、訴訟という「他人に影響を与える方法」は研究が進んだ。
ジョン・ロックが「彼女のことははじめから百も承知よ」という女の間の「訴訟」の存在を明らかにした。
Wink 愛が止まらない


男の「心変わり」とは、女の「訴訟」の行方次第であった。
女たちの多数派工作はもはや「本能」だったため、そもそも「男のこと」すらどうでもよくなり、勝つことが目的にすらなった。
民事訴訟が行政に格上げされたのはこのためであり、芸能界という難しい存在が生まれた。
民事訴訟の裁判予測が行政(芸能界)であるとも言われたのだ。
訴訟である以上、「大人」でなければならず、とんだ茶番を演じたら行政(芸能界)から去らなければならなくなる。


男には「一匹狼」というモデルが存在したが、女にはそれはあってはならなかった。
そのため「男心と秋の空」というのは存在するが「女心と秋の空」というものはなかなか想定しづらいものがある。
男は「一匹狼でも耐える力がある」とされたが、女にはそのようなことは求められていない。
「訴訟終了宣言」として、多数派工作に成功した女が「今カノ」に電話することもあった。
悲しみがとまらない 杏里


女の側としては、必死だった告白すら「多数派工作が及ばなかった」とまるで選挙のように再起を期す女もいた。
女によっては「私の顔とからだ」を責める女もいたが、「力及ばず」の方があっけらかんとしていた。
酒井法子 トライagain


そもそも、「恋愛総選挙に出馬するための仲間がいない」として「顔とからだ」にすべてを委ねる女もいた。
こわれかけたピアノ 高井麻巳子


なんだか、女としては「その男が好きで」告白したのか、多数派工作を成功させたくて告白したのか分からない世界であるが、みんな「恋に恋して」いたようだった。
男に一匹狼が多い理由は、女たちには「訴訟」が存在すると言う側面が強く、男は「世の中をよく知った」女と結ばれればよかった。
訴訟をともに経験した女同士は「永遠に友達」とも呼ばれた。
瀬能あづさ 永遠に友達


男が「歩く」のをやめたら女たちの動きも止まるだろう。
男は「机に向かっていても」歩いている。
頭をつかえば「勃つから」である。
「勃つ男」は「面白さ」に敏感であり、仕事ぶりも人気がある。
男は「意地」で歩き続ければ、周りの女たちの多数派工作も進むのだ。


この、男の「歩き」と、女の「多数派工作」がうまく波長が合った時に、「お前は俺のもの」という発想は生まれる。
松田聖子 ハートのイヤリング


イエスはひたすら「歩いた」のだ。
とことん歩いたあとに、休養した。
女たちはイエスキリストに翻弄されたし、女たちの多数派工作(訴訟)はいたるところで起きた。
しかし、イエスが休養したのだ。
女たちはイエスが止まったため、いろんな混乱を治めることにした。
イースター(復活祭)の時に、マグダラのマリアがイエスのもとを訪れている。
「マリアには罪がなかった」
とされる理由はここにある。


「故意」というものは、男にとっては「これ以上歩けない」時に生じるし、女にとっては「これ以上仲間が増えない」時に生じる。
これ以上歩けないことを行為無価値論と言い、これ以上仲間が増えないことを結果無価値論と呼ぶ。
女だって「歩いている」し、男だって「仲間を作って」いるため、どちらの理論が勝っているかは優劣はつかないだろう。
「男は勉強するもの」「女は仲間を作るもの」という固定概念が現在の行為無価値論という
判例につながっているし、それを「女の魅力で」挑発し続ける「学説」が結果無価値論であろう。


イエスキリストが歩くのをやめたら、女たちの多数派工作も止まる。
そんな時に、イエスは「汝自身を知れ」と言って、政権が交代した。
政権交代といっても、そもそも「イエスが歩いていなかった」のならば、野党との政権交代が起きるだろう。
ハロウィンで出会ったカップルに「1月の月を見せる」のが政治であるが、イースターに政権の「危機」が存在する。
「卒業」という季節に音楽作品がオンエアされ、イエスが「歩いていなかった」のならば、野党との政権交代もおきかねない。
1月からイースターまで政権が続いたのならばお祝いしなければならないし、通常国会は閉会し、夏休みを迎える。
秋の臨時国会の頃には、またハロウィンで出会いがある。
イエスキリストと国会、そして男女たちは、イエスキリストの「歩き」とともにあった。
ハロウィンナイト AKB48


女たちが「失恋したくない」という願いは強く、このことによって引き起こされる多数派工作(道徳)・他者に影響を与えること(訴訟)・芸能人になること(行政)はそのまま「約因」と呼ばれ、約因とは「契約の拘束力を高めるもの」とされている。
約因の背景には、道徳・訴訟・行政があり、かなり深い学問となっている。
最近は、銀行も、芸能界進出をする芸能人女性が多く、「テレビに出ている」というだけでお金は貸さなくなった。
また、ローンを組むのに「一人で」銀行に行っても相手にされない。
他者に影響を与えることが出来ること、そして、仲間がいることを示さなければならないのだ。
銀行に示す「約因」として「女連れ」であることは必須の条件となっている。
銀行は「地域に溶け込みたい」と考えており、「失恋したくない女の多数派工作」には大いに期待しているのだ。
その上で、カップルの「信仰」を銀行に告白しなければならない。
了見の狭いカルト宗教を告白したのでは、銀行のイメージもよくないし「約因」として機能しない。
宗教家としては、より世俗的な、広い視野を持った「約因」を提供しなければならないのだ。
すみれ色の涙 岩崎宏美


私が考えた「オールジャパン」という技術は、プロスポーツ選手への罵声を封じ込めるものであった。
いくらお金がもらえても、トップアスリートというものは「罵声を浴びせられると何にもする気がなくなる」ものだ。
そこで、リードしているときは「貴島サリオの未来の思い出に」を聴き、ビハインドの時は「瀬戸朝香のマイホームタウン」を聴く、という具合に、罵声を浴びせたいファンの「痛み」の部分にまで立ち入って音楽作品を流すことにしたのだ。
すでに、多くの男たちの野心がぶつかり合っている世界で、「ファンの女々しい側面」を狙って音楽作品を打ち込んでいる。
これも、現時点では「訴訟」(自分の影響力を増す方法)として機能している。
瀬戸朝香 マイホームタウン
貴島サリオ 未来の思い出に 追う展開とリードする展開の当事者についてはこの動画を見てもらいたい。


多くのファンが「全員参加型」の、音楽作品のフォーラムを作ったとしても、消したいのは「ファンからの罵声」であり、それは、まるで野球選手のように「勝ってきた信頼感」が求められる。
全員が、影響力を持てるわけではないという意味では「訴訟」であり、耳学問である。
罵声を浴びている選手は「女にモテなくなる」から「何にもやる気がおきなくなる」という側面もある。
「社長」と「常務会」という概念はどの世界でも有効であるし、チームやファンが一丸となることはなかなか想定できない。
選手に罵声を浴びせるファンの心理は「選手から女を奪ってやろう」というものであり、なかなか「止めろ」といっても思うようにはいかない。


月は女。
男たちにとっては恋人であり、女たちにとっては友達だった。
月が出ていると、星は「太陽の十倍」輝くことはない。
東に月が「出星」すれば、真夜中には満天の星空が見える。
男女への最高の贈り物だ。
太陽の十倍輝いた星(スター)も、明日になれば男たちの恋人、女たちの友達である月の影響でその輝きは永続しない。
星空って孤独ね。
和田アキ子 星空の孤独


大人になったら「夢」を語ってはいけないの。
夢を語ると周りがビックリしちゃうほどの争いの世界だから。
しかし、子供たちは「男の子は男になるため」「女の子は女になるため」に「夢」を持たなければならない。
あくまでも「夢を持たなければならない」というのは子供たちへのメッセージよ。
大人になっても夢を語っていると足元をすくわれるわ。
和田アキ子 夢


太陽は男。
男たちにとっては友人で、女たちにとっては恋人だった。
神は天地創造の6日目に「光よあれ」と言ったために、女たちは動物ではなくなった。
昼間の日常生活が女たちに生まれたためである。
月と太陽がなければ、地球に「時間」という概念が生まれなかった。
時間がなければ、待ち合わせもできない。
練習も出来ない。勉強もできない。
つまり、「人間に個性が生まれない」のだ。
月と太陽、光があってこその愛なのかもしれない。
和田アキ子 愛の光


追う展開ではこの曲。
瀬戸朝香 マイホームタウン
リードしている展開ではこの曲。
貴島サリオ 未来の思い出に
同点の場合はこの曲。
高井麻巳子 こわれかけたピアノ
大逆転を狙うときはこの曲。
Qlair 君住む街


高い技術の裏づけのあるタイガー・ウッズが「思想が抜群だ」と言われたゆえんはこのことを理解していたことにある。
高い技術の裏づけがなければ、音楽作品があっても意味がないし、高い技術の裏づけがあっても、音楽作品がなければ意味がない。
これが「運命は変えられる」という「技術の裏づけのある人」か、そうでない人かの違いだ。
言論能力・集中力がないのならば「歌っても意味がない」とされる。
己の不毛さに「暴力」に訴えて女たちの顰蹙を買うだけだ。
暴力に訴えて何か得るものはあったのか?
髪の毛を失ったり、片目を失ったりした人を知っている。
「思想が抜群」でなければ運命は変えられない。
逆転満塁ホームランなどという「夢」をかたるのであれば、高い技術力と音楽作品(君住む街)の研究をしなければならない。
そうでなければ、髪の毛を失うか、片目を失うかするだろう。
私も、ガタイのいい体に多少の薬という「哲学の才能の基本」に恵まれたが、運も味方につけたら音楽作品を聴くしかあるまい。


「男は勉強していればいい」「女は多数派工作をしていればいい」となると、女の多数派工作(訴訟)に、すべてを委ねて、勉強を怠ける男は当然、いるだろう。
これは、目的手段論と同じ議論であり「一度手に入れたら冷たくなる男」の存在を指摘している。
女は別れたくないために必死で多数派工作(訴訟)を行うが、男の「神学的側面」を、女が多数派工作に成功しているうちは歌われる。
高橋由美子 あと5分


しかし、大学で訴訟に慣れた女ではなく、もっと若い女の子の場合は目的手段論、つまり、一度手に入れた途端冷たくなるというのはあんがい冷酷な男として描かれざるを得ない。
女が訴訟に慣れるかどうかによって明るさが異なる。
冷たくしないで


目的手段論ではなく、「女の訴訟への丸投げ」はなぜこのように明るいのだろうか?
女は仲間作りが好きだし、意志が弱いのであれば、セックス崇拝も強いであろうと割り切って、彼は私のもとを離れていかないという見通しが女にはあるからである。
仲間が多い女は「恋でもしませんか?」という強い立場に立つのだ。
あの女とどちらが地盤が固いのか?
そのような問題が、大学進学あるいは社会人となってからは生じる。
ごまっとう Shall we love?


「女二人に男一人」でなければ、つまり、イエスキリストではなくアマテラスを拝むのでなければ政治(女心の定義・ルサンチマン)は成立しない。
イエスキリストにお祈りするのは政治ではなく宗教である。
イエスキリストを崇拝する女たちがいるのであれば、その背景には「ローマ法」が存在しなければならない。
ローマ帝国にはギリシャ哲学・キリスト教・ローマ法の三つの川が流れ込んだ。
聖書を共有する女たちを基盤に、ギリシャ哲学を存分に生かしてローマ法を作ったのだ。
ゲルマン法とは、「法規裁量から便宜裁量へ」つまり、風俗営業から喫茶店へ、クラスメートから親戚へ、つまり、「親戚の多い男が選挙で当選したり、会社で出世したりする」ことを意味しているのに対し、ローマ法は、もっと「セックスへの愛」が存在した。


多数派工作(道徳・訴訟)をやっている女は、メイクを覚えたりするため、「恋する女は綺麗さ」と呼ばれる。
昔の男の「勉強の度合い」を、別の男に気がつかされることがあり、そんな時にも綺麗になる。
付き合っているうちは「知っている」ではなく「信じている」ため、当たり前だと思ったことが他の男を知るうちに「信じている」ものが異なることがある。
「別れて綺麗になるのは復讐ではない。昔の男への賞賛である」
お嫁サンバ 郷ひろみ


社会の「女の地盤」はもはやシームレス(縫い目がない)な状態であるし、そこに、男がどのように絡んでいくのか、それはローマ法に頼った「女の訴訟」でも、「女たちが従姉妹である」「愛のないセックス」の世界のゲルマン法の方が政治学に向いている。
東京大学法学部も、私法(性病の治療・男女の出会いの場を与える)・公法(朝鮮の行政調査・行政指導)、そして、政治にコースが分かれている。


マックス・ウェーバーは「訴訟の一般理論」において、女たちの多数派工作(道徳・訴訟)は、大学に入ることには「地盤がシームレス」になっているとし、かなり男は個人主義的に、訴訟法を勉強した方がいいとした。
女たちの「多数派工作」に加勢してやれる学問が訴訟法であり、それを身につけることは、女たちが「生活がかかった」恋をすることを意味したのだ。
男は「法規裁量から便宜裁量へ」「風俗営業から喫茶店へ」「クラスメートから従姉妹へ」という構図を用いて、結婚はしたものの「従姉妹」を増やさなければ政治家にはなれないと考えたのだ。
夏目漱石は「私の個人主義」において、この「親戚の女たちを大勢作る」ことの重要性を指摘している。
女たちの「地盤」という表現はかなりマクロ的な表現であり、各自がそれぞれの恋をしていることを見ていくのを「ミクロ」と呼んだ。
「地盤・看板・カバン」というのがマクロであり、日常の人生相談がミクロである。
ミクロに弱い政治家はいなかった。
女たちは、「個人主義的政治家」に恋をしても、最後には「友情」を選んでいた。
なにしろ、政治家にとって一番大事だったのは、自分に嘘をつかない「妻」だったからだ。
Jokeにもならない恋 三浦理恵子


日経平均株価も、喫茶店やファミリーレストランなどの外食産業の動向に強く影響を受け、女の値段が2万円だとするのならば、そのうち3千円は外食産業に落ちる。
カウンター席が「ミクロ」政策を打つ場だとすると、テーブル席は「マクロ」の動向を見る場所だ。
カール・ポパーは「オープンソサエティとその敵」という本によって、各自が「社長」だとするのならば、それぞれが身内に敵(常務)を抱えており、社長会で常務会への善後策を練ることや、あるいは、常務会の密談の場所として外食産業は有効だとされた。
いかなるプロスポーツも、ゲームがこう着状態になることがある。
そんな時に「囚人のディレンマ」をテーマにした音楽作品をファンの間で流して、事態を突破したりするのも、「勉強の度合い」が試され、「多数派工作」につながるという意味では「訴訟」である。
同点の美学とでもいえるものであり、薬を飲んでいる東大教授にはなんのことだかさっぱり分からないであろう。
女性の「思春期に見た夢」を利用するという意味ではマルクス主義であり、男も「昔を思い出して」いたのだ。
時には「スクールカースト」まで思い出して、現在の、ゲームのこう着状態を見守った。
スマートフォンがあればこのネタだけでヒッチハイクも可能であろうと思われる。
マックス・ウェーバーは喫茶店でこの技を用いて楽しんでいた。
仏教の側から「勝つことだけがすべてではない」と批判されたが、シッダールタの境地に至るための「組織の頂点」としての経験談はあいにく私も持ち合わせてはいない。
女は「多数派工作」(道徳・訴訟)さえうまく行っていれば失恋はしないというのが大学や社会人であるが、中学・高校時代の「囚人」(学校)のディレンマだけは衝撃的であり、大人が「思春期の頃の記憶」を利用して、同点の時のこう着状態を打開しようとしたのは、世界に「驚き」をもって迎えられた。
こわれかけたピアノ 高井麻巳子


日本国が、国際捕鯨委員会を脱退し、調査捕鯨を再開する。
しかし、「国際社会の理解を求める」というのはとんだお門違いであり、「目的を持った生き物(子育て)を殺すとはどういうことか?」を考えることは、外科手術を受けて「一晩に四回目を覚ます」人にとっては重大な問題であり、ましてや、多少の睡眠障害に悩む人、あるいは睡眠薬に頼っている人にとっては、「クジラの生態」に関する映像は最高の睡眠薬なのである。
食べ物のために人を殺すのは「口が聞けない人」の特徴であり、日本人は外国に行ったら「口が聞けない人」かもしれないが、それでも、「言葉さえ話せたら供給は尽きることはない」ことは証明されており、食糧不足は起きないとされている。
クジラの生態の映像を寝る前に見てよく眠ろう。
外国語を勉強し、食料の供給を維持しよう。
我々は「口の聞けないチンパンジー」ではないのだ。
クジラの生態


クジラの「声」で「8時間眠れる」という企画も知られている。


国際捕鯨委員会からの日本国の脱退の翌日であるが、そもそも、ハンナ・アーレントは「全体主義の起源」において、「君主の真似をして生きていればいい」というハイデガーやヤスパースの指導にしたがい、「君主はクジラの声を聞きながら寝ているらしい」ということに全体主義の起源を求めている。
私が「クジラの声に気が付くのは明らか」として、日本国が全体主義との決別をしたのであれば、それもひとつの見識であろうが、かなり、白人国家と対等な「捕鯨」論争が出来る基盤も作られた。
浦上ふとん店 CM


しかし、眠らない政治家としての君主という存在は、昼間、労働して、自由恋愛をして眠るというリベラルへの挑戦でもあった。
なにしろ、眠らないというのは肉体労働にはさほどメリットはなかったからだ。
また、男女でともに「眠る」というのは恋愛の象徴でもあった。
酒井法子 風邪


ユダヤ人家庭に生まれたアーレントが「人間は眠らない」ということと「タイムマシーン」を合わせる形で「人間は200歳まで生きる」とした可能性は否定できない。
フランス革命もアメリカ独立も「眠り」を制することから達成されているが、アーレントは「近代」つまり「恋の時代」を、「夜は静まり返るもの」「夫婦や恋人だけの時間」とすることや、眠らなければ昼間、活動できない程度の労働を与えることにより、全体主義(人間は眠らない)を克服しようとしたとも考えられる。
駅前までの徒歩何分などの条件がそもそも「眠らない」ことを拒絶したのだ。
アーレントはこのことを「人間の条件」で明らかにしている。
また、眠るのは美容の秘訣などと主張しては、全体主義を克服しようとしたのだ。
眠らないというのは「地球を騙す行為」とも言われ、寿命とどのように関わるのか、あるいは、眠ることによって「人間は譲ることを知ったのではないか?」などと議論を進めた。
しかし、「クジラは人間の叡智を超えた存在である」という反捕鯨運動の信者はとどまることを知らなかった。
なにしろ、「精神病が治る」のである。
芸能界(行政)に「クジラの声」が広まるのはあまりにも早かった。
「紛争の一回的解決」(新訴訟物理論)は、眠らないことにより、問題を一回で解決しようという議論であり、民法の構成要件が異なれば、複数回の訴訟が提起可能であるという日本の議論につながっている。
判例は、旧訴訟物理論を支持し、「人間は眠るべきだ」としている。
瀬能あづさ 永遠に友達


譲れない夜と新しい朝、これを旧訴訟物理論は頑なに守った。
新訴訟物理論は、一度忘れ去られた後に「ニュータイプ」と呼ばれて現在に至っている。
旧訴訟物理論こそが「新しい朝」を支持したのであり、日本国の主流となった。
当然、「クジラなんて食ってしまえ」「東条英機嫌い」という議論にはなるだろう。
また、人間は「眠らないと議論がまとまってしまうために」「みんな似てくる」とも言われる。
クジラの声を聞きながら徹夜で議論するのが外交の現場だったのだ。
「何でも溶かしてしまう壷」と外務省では知られている。
「小野光太郎はどこまで話すつもりだ?」「すべてなのか?」
これを探りながら「クジラ」の問題は外交筋で詰められていった。
プロスポーツ選手になりたくはないか?
このような問いかけが子供たちに投げかけられた。
みんな、手を挙げた。
そのこと自体が、「人間の条件」であり、「全体主義の克服」であった。
旧訴訟物理論、新しい朝は、このことから日本国の通説になったのだ。
うしろ髪ひかれ隊 今日はサイコー


三ヶ月章が「新訴訟物理論」(ニュータイプ)を学会で公表した時に、場内に緊張感が走った。
一番前に座っていた新堂幸司だけが「ガハハ」と笑っていたとされる。
新堂は後にこの事実を否定している。
三ヶ月の「真の意図」が全体主義を目指していたことを悟ったのだ。
三ヶ月章は、のちに法務大臣になっているが、「極端な軍国主義思想を持つもの」がひそかに日本国憲法の下で入閣していたことが、今になって明らかになっている。
女の「多数派工作」「影響力の行使」(訴訟)といっても、その女は「マンガ」として世の中に出ているし、女同士が相互に「約束」と「許し」の世界に身を置いている。
なかには「この女からは撤退」しなければならないこともあるために、「地盤」というのもなかなか難しい概念だ。
聖書などの経典に「過去の許し」「将来の約束」を委ねる女もいる。
神さまの絵巻物があれば「社会との関係」「他の女との関係」が決まる。
アーレントは「そんな空間で女はセックスをしている」としている。
高橋由美子 バスルームでキャッチホン


男が有名だったから。男が口説くのがうまかったから。
「罪から自由であることって何?」
女は他の女の影響力が縮んでいくのを観測するしかなかった。
アーレントは「エルサレムのアイヒマン」からそのような回答を得た。
「あなたは幻を愛した」と逃げ出したくなることもあった。
rebecca trouble of love.


街で会った(キルケゴール)イケメン(ヘーゲル)口説くのがうまい(カント)。
哲学者は縦横無尽に「従姉妹」「親戚」の女の子を作り続けた。
哲学者、その名を「オナン」と呼ぶ。
受験のコツはズバリ「オナニー」だよ。
そう公言するツワモノもいた。
「従姉妹」「親戚」の女を増やす男はそのようなものだ。
「有名」「きっと恋をする」男の正体はどの女も見抜けなかった。
どこで勉強したの?それも分からなかった。
哲学者、その名は「オナン」、彼は自分の時代を謳歌したのだ。
なぜなら、どの女も「恋は盲目」だったからだ。
訴訟が得意なストイシズムはどの女も持っていた。
婦人公論のモデルさんを必要とする女もいた。
パブリックフォーラムでこのような社会ネットワークの弱い「子供」は早く家に帰りましょう。


 


 

2019年6月24日 (月)

法規裁量と便宜裁量。

法規裁量というものは、いわば「クラスメートの女の子」と向き合う時に存在する「摩擦」のことであり、便宜裁量というものは「従姉妹の女の子」と向き合う時に存在する摩擦を意味する。
便宜裁量という「従姉妹」と向き合うのは「季節」に限定されており、社会契約論とも関わりがあるが、法規裁量という「クラスメート」と向き合うのは毎日のようなものである。
二つの頭を持った人間が目の前に登場した時などは、もはや裁量の問題ではないとされ「裁量権ゼロ収縮論」というものもある。
二つの頭を持った人間と言っても「ムチャクチャ頭がいい」という意味であり、そのあたりは「行政指導と行政調査」に精通しているなどの事例が考えられる。
電話の窓口が「奥」までつなげるしかないのが裁量権ゼロ収縮論であり、それ以外は「従姉妹」か「クラスメート」かの違いを感覚で判断していくしかない。
いつも電話してくるためよく知っている人ならば「便宜裁量」で応じることが可能であるが、初めて電話で話した人は「法規裁量」で応じる。
よく知らない人ならば、金目当てだと分かると「警察呼ぶぞ!」などと口走りかねないのが法規裁量であるが、便宜裁量では「警察」という言葉はもはや出てこなくなる。
身長180センチの男はピグミーでは背が高い(従兄弟)ほうであるが、マサイでは大して背が高くない(クラスメート)などと言われ、クラスメートは法規裁量であり、従姉妹は便宜裁量という時の尺度となる。
法規裁量(クラスメート)とは日常的に接しているし、便宜裁量とは季節ごとに接している。
法規裁量には「警察呼ぶぞ!」という言葉が登場し、便宜裁量では「警察」は存在せず、裁量権ゼロ収縮論においては電話を上席のものに変わる、これは覚えておいていい。
松田聖子 制服

もし従兄弟が「歴史上の人物になったら」、もし従姉妹が「きれいな女優さんだったら」「簡単な関係」「無料でセックスさせてくれる存在」が、きわめて難しい問題になる。
季節ごとの関係であったはずなのに「毎日会いたい」ということになり、便宜裁量は法規裁量に限りなく近づくだろう。
おニャン子クラブ 夏休みは終わらない

市民としては、毎日事務的に処理される「クラスメート」(法規裁量)よりは「従兄弟」(便宜裁量)の対象になりたいと考え、役人や医者に「親戚のように」扱われたいと考えるだろう。
ジョージ・プレハーノフがこの区別を行ったとされる。
事務的に処理される他人よりも親戚のような関係でありたい(法規裁量から便宜裁量へ)というのはどの市民や患者も考えることである。
便宜裁量になってしまえばもはや「警察」(比例原則)は立ち入ることはないからである。
よく知らない関係(クラスメート)、それでいて日常的に接するという法規裁量と、よく知っている(従姉妹)、それでいて季節ものの便宜裁量という議論の「感覚」は磨いておく必要がある。
また、やたら頭のいい男(裁量権ゼロ収縮論)ならば、あっという間に相手の懐に入ることができることも知っておく必要がある。
相手の懐に入ろうとして(裁量権ゼロ収縮論)失敗すると、法規裁量の世界においては「警察呼ぶぞ!」(比例原則)ということになる。
片思いの終わりに

みんな、医者や役人、あるいは女の子とは「親戚」のような関係でありたいため、やたら頭のいいふりをして接するが、まちがえると「警察呼ぶぞ!」ということになる。
この議論の感覚は知っておかなければならない。
役人や医者など、たまにしか用がない人たちをいかに「親戚」にするか(便宜裁量)の力量が市民には求められるのだ。
しかも、警察すら立ち入れないものにする必要がある。
世の中をいかに快適にするかというテーマが「法規裁量から便宜裁量へ」というものである。

たまにしか会わない親戚(便宜裁量)を目指すのが政治家の目的であり、しかも、そこには警察はいなかった。
そのためには「女心」にムチャクチャ詳しくなければならない。
裁判所も「よく話を聞かせてくれないか?」というのは「たまにしか会わない親戚」との関係であり、便宜裁量は「自由裁量」とも呼ばれた。
「女心」について知りたかったのだろう。
なぜ、女心に詳しい男が「プロレス」の世界で噂になっているのか?
なぜ、女二人が男を奪い合ったのか?
なぜ、行政・立法・司法は分かれたのか?
結局、どの男も、親戚のような役人や医者を増やしたかったからであり、警察のお世話にはなりたくはなかったからである(法規裁量から便宜裁量へ)。
女心に詳しかったり、朝鮮に詳しいとそのような結論になるのだ。

家族で初詣に行って、誰が一番「知り合いに声をかけられるか」で政治家への適性が分かる。
しかし、深い男女の関係だけは異なる論理があるだろう。
工藤静香 FUJITSU

「今日はじめて来た男性客」を女二人が奪い合えるのが便宜裁量であり、男性の自尊心を満たさなければならないのは法規裁量(一見さんお断り)となんら変わりはない。
経営の「コンセプト」(人気)は「ノンケ」を狙うべきだとされ、はじめてきた男性客の自尊心を満たせばあっという間に「人々に知られた喫茶店」になる。
このへんはスターバックスもエクセルシオールも理解しているものと思われる。
「経営戦争」においては「はじめて来た男性客」を立てるのは基本であり、「一見さんお断り」との違いや強さが喫茶店にはある。
この国は中国ではない。
国営企業のない「自然淘汰の国」なのだ。
一見さんお断りならば「女性優位」になるが、喫茶店ならば「はじめて来た男」を立てなければならない。
男の「欲望」をうまく利用しなければお金にならないのは「一見さんお断り」の店でも、喫茶店でも同じなのだ。

トンタン茶房

スキュデリーは、フランス王室ソサエティの人物であるが、読み、書き、絵画、音楽、ダンスなどを覚えた。
さらにはイタリア語とスペイン語の勉強をしている。
このスキュデリーこそが、日本の喫茶店にクラシック音楽やジャズを持ち込んだものと考えられている。
マダムラファイエットや、マダムシャロン、マダムメイテノンなどと喫茶店を営んでいた。
あくまでも「王室ソサエティ」のメンバーだったため、「一見さんお断り」の店とは一線を画し、カントが考えた「風俗営業と飲食店」の明確な区別にしたがうのであれば、飲食店の側に立った。
つまり、「警察のお世話になるつもりはない」という意思表示であった。
このようにして、喫茶店というものは「高級サロン」として発展したのであり、缶コーヒーとは異なる趣がもたらされた。
スキュデリーの時代は、アンシャンレジーム(旧体制)と呼ばれるだけのことはあって、かなり専制主義的な体制が存在し、そのことを話し合うサロンというだけでも喫茶店は人気があった。
専制主義的な王の母が喫茶店を営むという意味では、やらせみたいな側面はあった。
喫茶店の女性たちは美しかった。
カントのような「一見さんお断り」などという店が汚らわしく思えたのだ。
アンシャンレジームの残骸が現在の風俗営業法として残されているし、それを支持するかどうかでフランス寄りかドイツ寄りかが決まった。
ドイツ寄りの連中が、店の前に塩をまいているのを眺めていた。
「アンシャンレジームは体制打倒までが楽しかったのよ?」
マダムのひとりはそう語った。
アンシャンレジーム打倒のためのエネルギーが喫茶店には満ち溢れていた。
「ドイツのカントも汚らわしかったし、アンシャンレジームもカントを参考にしている」
そのように、風俗営業法はフランスで批判された。

「どの政治家が、もっとも”私たちの問題”に詳しかったかしら?」
女たちは情報を持ち寄っていた。
健康問題から、女心、子育て、そして芸術論まで話し合った。
「汚らわしいものはみんなドイツのカントが考えたのよ?」
女は「女が嫌がっているじゃないか」と考える男の存在に悩んだ。
CoCo メロディー

女にとっては芸術論はうってつけの話題だった。
ルイ16世はユニークな側面があり、実母がスキュデリーだったようだ。
ルイ16世の「女性観」はそのまま、喫茶店に持ち込まれたし、ルイ16世のシンパは「進歩主義者」と呼ばれた。
子育て論でラファイエットに敗北するまではなかなか体制は崩壊しなかった。
マックス・ウェーバーやダークハイムもルイ16世を支持していたし、20世紀中頃まで「フランス革命とはなんだったんだ?」という用語が知られていた。
なぜ、あんな面白い人を殺したんだ?という批判の意味がこめられていて、「もっと面白い人が出てくるぞ?」と思ったフランス人を批判していたのだ。
「男女の出会いの機会を増やす」というフランス民法典と、「性病の治療をする」というドイツ民法典も、フランス王室ソサエティで話題になった。
ハンス・ケルゼンは「風俗営業支持・性病の治療支持」という熱烈なカント信者であった。
しかし、ケルゼンは「フランス女にモテたかっただけ」と言われた。
ケルゼンは、「風俗営業支持・性病の治療支持」を訴えた上で「規範」という「守るべきルール」を定めている。
この瞬間、「法律学はドイツのもの」となったのだ。
「ごめんで済めば警察はいらないよ」
これがケルゼンのキャッチフレーズだった。
アメリカ合衆国も、フランスとドイツの対立は「面白い」と考えてみていた。
繁華街をパトロールする自警団を作るフランス寄りの連中もアメリカやイギリスにはいた。
相変わらず、喫茶店というものは「ルイ16世」について語り合うサロンであった。
ドゥオーキンが「人間というものは、家族と言えば金を払い、水と言えば金を払う」という露骨な議論をアメリカでけしかけてくるまでは、ルイ16世の時代は続いた。
ドゥオーキンのおかげで「ファミリーレストラン」が誕生した。
モーニング娘。男友達

商人の道ならばデラウェア州に聞けよ。あいつらはドイツに詳しい、とされた。
「風俗営業支持?性病の治療?」
ドイツの勢いは止まらないね。
ケルゼンは世界でそのように語られた。
赤線の「痴話喧嘩」は警察に高度な司法官であることを求めたし、黒人を警防でぶったたくアメリカのロサンゼルス市警は「勉強不足」が批判された。
「想定内」
それはルイ16世のセリフだった。
ホリエモン 想定内

「ファミリーだ?水だ?」なにもかも想定内だ。
これがルイ16世であり、はたして「男女の出会いの場を与える」「王室サロン」が「ファミリー、水」を想定していたかは明らかではない。
しかし、ドゥオーキンは公然と、ルイ16世を攻撃し始めたのだ。
王室サロンではコーヒーを飲んだよ?
ファミリー?
ファミリーの問題ぐらい話し合っただろ。
スマホ?
それはなかった。
ドゥオーキンの「アンシャンレジーム打破」の悲願は部分的には達成された。
「でも、それでも想定内と言ってはいけないのか?」
ルイ16世の系譜を引き継ぐ連中はそのように語った。
アンシャンレジームと王室サロンに関する議論は1980年代までは「フランス革命とは何だったのか?」と問われ続けたが、コンピューターやスマホの普及により、「想定内だったかどうか」が問題になった。

回転寿司?
それもなかった。
しかし、ITの時代は常に「想定内」かどうかが問われたのだ。
「男女の出会いの場を与える」「王室サロン」
これですべてを説明できるのだろうか?
ルイ16世の系譜には考えがあった。
「想定外の中の想定外はカントだろうが!」
コンピューターやITすら上回るのが「風俗営業と性病の治療であるはずだ」とし、ITの時代を「我らの時代」に含めようとしたのだ。
小野光太郎による、ルイ16世とカントの拡散は?
それはドゥオーキンのせいだ。
ドゥオーキンは「アンシャンレジーム打破」のために「スピードは速めた」がはたして、それでルイ16世に勝ったかどうかは人間活動である以上、明らかではない。
IBMは「Think」(エクスタシーを感じろ)と言って、ドゥオーキンの側についた。
それはカントの側ではないのか?
「カントが想定外なのであって、お前らではない」
これがルイ16世の系譜の考えだった。
これが「我らの時代」と呼ばれる議論だった。
あのな、人間、何をしようがかまわないが、ルイ16世が「最後の王」だったとみとめろよ。
これが「天皇制支持」の議論の基盤となっている。
ルイ16世にとって想定外だったのはカントだけであり、それでフランスとドイツは世界から体制保障がもらえるだろ。
日本の天皇制もドイツとフランスが続く限りは存続できるだろう。
天皇制廃止論はドイツとフランスを滅ぼしてから言え。

人工知能?
ああ、北朝鮮か。
自分をわざと低く見せて情報を集める連中ならアンシャンレジームにもいたよ。
朝起き会?
地方自治を優先させる奴ならオーストラリアを作っただろう。
ルイ16世は、「結論として、処女を大事にした王であった」という結論だけは出ているようだ。
フランスの最後の王である。
AKB48 恋するフォーチュンクッキー

ドゥオーキンほど「フランス革命」を正当化するために尽力した哲学者はいなかったが、どこまで「我らの時代」「天皇制打破」に成功したかは明らかではない。

お上が決めた「卒業」はあまりにも悲しくないですか?
いじめから自由になるために必要なものだろ。お前だって逃げるように卒業しただろ?
福山雅治 桜坂

「夏休み」の終わりは悲しくないですか?
成長ってもの、約束ってものが分かるようになるだろ?
ribbon 避暑地の風

「法規裁量」(風俗営業支持・性病の治療支持)から「便宜裁量」(男女の出会いの場を作る・王室サロン)へ、という政治学とも行政法ともつかぬものが、朱子学においては「四つの書」という形で、「季節ごとに経営戦略が異なる」とされ、顔の美しさを作った仏教や、音楽作品を作った道教を合わせる形で、朱子学は「喫茶店経営の司令塔」として寺院に資金を集めた。
仏教が作った「美しい男女」や、道教が作った「音楽作品」がなければ朱子学は夢が見れなかった。
あとは「季節」に溶かし込むだけだったのだ。
星座占いで瞳を閉じて おニャン子クラブ

朝鮮、ベトナム、日本にまで「季節の問題」は持ち込まれ、それはつまり「星座占い」であった。
テトラビブロスのことを「四つの書」というのではない。
朱子学と喫茶店の学問をそのように語ったのだ。
「階級社会の象徴」
それが喫茶店であり、星座占いによって女たちはその店に入るかを決めていた。
酒井法子 20歳のバレンタイン

誕生日が近いと「みんなが祝ってくれる」という現実的な理由も「星座占い」には存在した。
みんなが祝ってくれるということは「お金がある」という意味であり、女子高生にはあんがい喫茶店の敷居は高い。
ブルジョア男は「季節などお構いなし」「誕生日などお構いなし」に喫茶店に行っていた。
松浦亜弥 S君

「血のつながったもの」しか誕生日にお金をくれなかったため、儒学においては「ファミリーライン」というものが重要であるとされた。
誕生日の前後とはそれほど女子高生には縁起のいいものだったのだ。
女子高生は誕生日の前後しか「出会いの場」を広げる機会がなかった。
誕生日をお祝いする習慣と喫茶店を結びつけた音楽作品はけっこう多い。
からだを売らない女子高生という意味合いもこめられていたのだ。
「意味が分かるか分からないか」
それは、女子高生によって異なるだろう。

法律を作るのには仲間が必要であるし、議会構成を作る投票というのも「誕生日」以上に、お金になるときである。
お金のある存在が法律を作るのであって、それは「政府提出法案」の場合は各省庁の予算請求が通るかどうかにかかっている。
各省庁は「仲間作り」を成功させたら予算の請求が認められる。
ローマ法とは「イエスキリストの仲間作り」「お金」によって作られたものだ。
イエスキリストの仲間作り・お金によって作られたのではない「ゲルマン法」とはこのように区別される。
選挙の日は「外食できる」というのはローマ法の立場である。
モーニング娘。ザ・ピース

コモンローはすべて、ローマ法の系譜に属するものである。
ドゥオーキンは「憲法マネーを柱として法律を作った」とし、コモンローの「マネーによる階層化」を提示した。
ドゥオーキンは「ファミリーと水とさえいえばどんな法律でもできる」としており、憲法マネーの源を「ファミリーと水」に求めた。
さらには、ファミリーには女子高生になる女の子もいた。
ドゥオーキンの「ルイ16世批判」は、「憲法を作った」ということからもアプローチ可能だ。
三浦理恵子 日曜はダメよ

専制主義的に作ったゲルマン法は、ルイ16世やカントによるものであったが、イエスキリストと憲法にその根拠を見出したのがローマ法である。
大陸法と英米法は、ゲルマン法とローマ法の対立であり、専制君主と、イエスキリスト・憲法の対立だった。
当然、大陸法にも憲法というのはあるが、憲法マネーという発想がなく、なかなか「選挙の日に外食する」という英米法的な発想は身につかなかった。
日本の「押し付け憲法」というのもそのような側面が見られる。
「憲法は法律を作るためのマネーの柱」という発想は英米法特有のものだ。
「胸」「セックス」「女」
これらをイエスキリストは巧みに用いた。
ドイツでは「結婚」という言葉が、「風俗営業支持・性病の治療支持」を背景に人気を集めた。
ルイ16世にとって「想定外だったのはカントだけ」とされており、「結婚」という言葉と「ファミリーと水」という言葉がどのように関わっているかは「想定内」「想定外」の議論となる余地はあるだろう。
日本でも「結婚は憧れ」とされているが、ルイ16世の想定外であり、「ファミリーと水」と、「結婚」の関係も、「男女の出会いの場を作る」「王室サロン」とどのような関係にあるかは「ルイ16世のアンシャンレジーム」「天皇制支持」の立場から、おのずと、ルイ16世とカントという二名の王の顔を立てながら詰めていかなければならないだろう。

もっと「噛み砕いて」表現しなければ理解できないかもしれない。
ルイ16世の立場は「男女の出会いの機会を与えるのが民法」であり、「王室サロン」において「便宜裁量」(痴話喧嘩の自由な判断)が行政法においては可能であるとした。
また、ルイ16世は「ITなどというものはすべて想定内、カントだけが想定外であった」としている。
ここで、カントは「結婚」という制度を構築した。
「結婚に愛がともなった」とされるラブレボリューションはカントが作ったものだ。
ラブレボリューションに対して、ルイ16世は「想定外」として、フランスとドイツの共存と戦争の歴史を繰り返した。
ドゥオーキンは「ファミリーと水さえあればいかなる富も生み出せる」とし、ルイ16世の系譜・天皇制を打倒しようとした。
カントもルイ16世も「専制君主」であり、大陸法・ゲルマン法を作った。
ドゥオーキンなどの英米法・コモンロー・ローマ法は、「選挙の日に外食する」ほど選挙は市民にとってはお金であるとした。
ドゥオーキンの「ファミリーと水」は、カントが作った「結婚」の中に含まれるのか(ルイ16世にとって想定内)だったのか、それとも「天皇制打倒に一部成功したのか?」が問われる。
「ファミリーと水」が必ずしも「結婚」だけでは説明できず、同性婚や「小室ファミリー」などというものが成立するのであれば天皇制打倒は一部成功したことになる。

なお、所有(セックス)というものが、ローマ法においては「ポッセシオ」(愛の下にあるもの)とし、ゲルマン法においては「ゲヴェーレ」とされ、「愛がなくても」とされていたのが印象的だ。

フランスのラカンなんてのは「愛がなくてもそもそも気持ちいい方法」を探求している。
不思議の国のアリスのように、お母さんのもとを離れて「猫に見守られながら」穴に落ちるアリスという「一連のシーケンス」をアニメにしたものだ。

また、ドイツのゴッホは「掘る」という絵画において「女にとってはこう見えるよね」ということを探求している。
ラカンにせよゴッホにせよ「愛のないセックス」を探求した節がある。

「法規裁量」つまり「クラスメート」「一見さんお断り」の世界がまず存在し、この世界においては、「お店のルール」がすべてという側面がある。
一方、「便宜裁量」つまり「従姉妹」「喫茶店」の世界においては、「男を立てることを知り、みんなが親戚のような存在」であり、街で見かけたら挨拶できるというものである。
この、ゲルマン法・大陸法の世界は、カントとルイ16世が作ったものであり、「法規裁量から便宜裁量へ」というキャッチフレーズは、すべての女が「猫に見守られながら穴に落ち、穴を掘る人を想像する」という政治活動を意味している。
みんなが「親戚」であり、「ファミリー」であるという意味では、君主の力量次第で「天皇制打倒は困難」だと考えられる側面がある。

 

2019年6月18日 (火)

行政指導と行政調査。

民法において、売買というものは「性病を治す」「男女の出会いの場を与える」ためにあるし、委任というものは「子供に職を与える」ためにある。
しかし、行政法には異なる論理があるだろう。
行政処分というものは「アイドルの姉妹を持った男」が「判断を下す」ものであるが、処分が下せなくても、「指導」というものはできる。
行政指導の根拠は「朝鮮人の排除」にあり、行政調査というものは「朝鮮人の研究」のことを言う。
公法私法峻別論というものがあるとするのならば、それは朝鮮人の差別を認めるものである。
「性病の治療にならないのに犬は買う」
これが、行政指導というものである。
清水章吾 CM

朝鮮人は犬を食う。
このことに端的に表現されたものが公法であり、行政指導はこのことの排除をし、行政調査とはその人類学的側面を研究するものだ。
犬を「殺処分」にするという「処分」の問題の背景には芸能界が存在し、行政指導と行政調査がこれを取り巻いた。
朝鮮半島には韓国と北朝鮮が存在するが、北朝鮮が存在しなければ日本国の公法つまり「憲法・行政法・税法・刑法・刑事訴訟法・道路交通法など」の研究が進まないのだ。
韓国は日本の「パートナーシップ関係」としながらも、北朝鮮の存在は必要だ。
「女たちの怒り(憲法)・朝鮮人の指導や調査、芸能界を背景にした処分・セックスを理由とした税法、犯罪、交通マナー」などの研究は北朝鮮が存在しなければ発達しない。
日本政府は、行政組織からの朝鮮人の締め出しと、参政権を与えないことなどから公法私法峻別論を堅持している。
つまり、「誰も北朝鮮の崩壊など望んでいない」のである。
日本が南北朝鮮の分断を行ったのであり、韓国側の「北朝鮮は潜在的に韓国の領土」という立場を否定し、「独立政府」の存在を認めている。
日本という国が一番大事であったし、日本国の東京大学は世界ランキングに名を連ねた。
東京大学は公法私法峻別論の立場に立つだけで世界ランキング入りを果たしたのだ。
灘・開成などの原理研究会・キリスト教・自由民主党の系譜とは異なる、中堅校出身の民青・仏教・共産党という系譜は存在し、原理研究会が朝鮮人の研究を行った(公法)が、民青は、仏教の立場から私法に与した。
私も東大法学部私法学科である。

朝鮮人は「自分で自分を選んだ」という強烈なスローガンをもっていた。
上からマリコPV

日本の仏教社会は、この「人類学」を排除する形となり、キリスト教社会が1883年に「プロテスタント伝道者会議」を開催するまでは、仏教と芸能界の強烈な結びつきはなかった。
細川ガラシャみたいな芸能人は皆、キリスト教徒だったのだ。
1860年代に「宗教」という用語が日本で生まれ、それは芸能界とともに「絶対世界」と呼ばれるに至った。
清沢満之(きよざわまんし)という東京帝国大学の哲学者が、「東大生は美男美女が条件」とし、仏教=民青の立場を主流とさせた。
曽我量深(そがりょうじん)という東京帝国大学の学者は「新世界」という概念を打ちたて、原理研究会とメシアというものを確立したのだ。
20世紀はじめの頃の話である。
この頃に、原理研究会と民青という軸は明確になっている。

行政調査とは「朝鮮人の研究」であるが、21世紀に入ってから、「2ちゃんねる」(5ちゃんねる)という巨大掲示板が作られ、「朝鮮人の本音」を日本政府が探り始めた。
これが、5チャンネルの正体であり、朝鮮人の本音が分かったため、外国人登録証の携帯義務を外した。
また、朝鮮人の「人間らしさ」を「基地のアンテナとFENのニュース」への反応で感じることもできた。
Qlair パジャマでドライブ

アメリカ合衆国は、パックスアメリカーナの到来を実現させたが、日本国も、インターネットにより「行政調査」を終えてしまった。
第二次世界大戦のときの「日本国の悲願、アメリカ合衆国の悲願」が2011年には実現したとされる。
「何を考えているのか分からない朝鮮人」像が、明確になったし、アメリカ合衆国との力関係も明らかになった。
トマス神学とは「小野光太郎の2ちゃんねるにおける経験談」に過ぎなかった。
「肉親ってこんなことを考えているのか」
トマス神学の裏づけが取れたため、小野光太郎はいかなる賞にも恵まれた。
小野光太郎は「生きろ、言葉を残せ」としか言われていなかったが、確実に「家族って何?」というデータはアメリカ合衆国も取っていた。
また、日本政府は「朝鮮人は何を考えているのか?」という行政調査を終了させた。
「基地のアンテナとFENのニュース」
それだけがインターネットで重要であるとされた。
FENを聴かせて おニャン子クラブ

証券会社は、氏名と生年月日を聞いてくるが、病気など問題にしていない。
犯罪歴を見ているのだ。
プライベートを語ることは「女を表舞台に出すこと」を意味した。
そのため、皇族などはあんがい真面目な人が多かった。
些細なことでも「離婚だ!」と大騒ぎする連中だったため、意外と皇族は人気がある。
「軽井沢篭城」「外でやると気持ちいいよ」など、すべて離婚につながっている。
ローソンは2004年に「芸能人になるといまだに恋愛は自由ではないよ?」というメッセージを出している。
些細な出来事で離婚、あんがい真面目などの特徴が見られた。
これも「行政調査」で明らかになったため、精神障害者の待遇はけっこういい。
訪問看護やヘルパーなどのレベルにまで周知徹底されているのだ。

1992年にジェームズ・ムーアは、北朝鮮に「どうなっても知らないよ?」というメッセージは出していた。
しかし、日本国の東京大学が公法私法峻別論に立脚しており、北朝鮮の体制崩壊を望んでいなかった。

親は、子供が大学に入って友達とつるむようになるのが悲願なのである。
自分の「子育て論」を体系化する時間を与えてくれるからである。
子育て論は親にとっては「お金」であり、それは生活のためにも必要なものだ。
ジャニーズになくて韓国にある発想は「学歴も人種である」という発想であり、大学に入ってダチとつるむようになるということは、親に豊かさを約束する。
ビッグバン バンバンバン

子供のイメージというものは10歳か11歳の頃のまま親の中では固まっている。
私は、ハンサムで、勉強はできなかったけど、友達が多いというイメージを親にもたれている。
あとは、「宇宙の中心ではない地球に住んでいる感想」を親に電話するだけで親はお金に困らなくなるのだ。

私の歴史は、母にとっては文学であり、母が東京女子大学文学部である以上、母の「作家としての才能」につながる。
丸山真男研究会のリーダーも務まるだろうし、母は永遠の東京女子大学の女学生であった。
婦道一途というのは1960年代には98ページのパンフレットに過ぎなかったが、オーストラリア、オーストリア、ブラジル、英国、メキシコ、スペイン、台湾がこの道を競い合った。
私の母は「東京女子大学」「文学」と言っているだけで創価学会インターナショナルと同じ影響力を持った。

清原和博(読売ジャイアンツ)は、見たこと聴いたことを母親に報告し、父親から金をもらっていた。
しかし、「219回」「自分は宇宙の中心だ」と言ったら、生活保護になる。
「会長(父親)からカネを引っ張ってこれなくなったら終いや」とはこのことを言っており、「219回」「自分は世界の中心だ」と母に言うことから「父がカネをくれなくなる」ことをカノッサの屈辱と呼ぶ。

「俺はアンドロメダの大王だ」と男が言うのならば、医療によって「生活保護から自由にする」作業が必要になる。
ときには「モルモットの実験」を元に治療することが必要になる。
いや、そもそも「モルモットにする」必要があるのだろう。
将来の「モルモット」をなくすためにも、朝鮮の芸能界を「行政調査」する必要があった。
国民的英雄が家庭内で偉いのではない、カノッサの屈辱を知って欲しいというメッセージを明確にするまでは、芸能界の研究はどうしても必要だったのだ。

「ヒーローではなく側ではにかむ」
この、カノッサの屈辱の研究にたどり着く、全米の「富裕層」はわずか1%だとされている。
CoCoなぜ?

理由は心臓病でも糖尿病でもよかった。
「俺はアンドロメダの大王だ」と219回、言って、カノッサの屈辱を受ける前に医療の側としては何とかしないといけなかった。
病院は常に「カノッサの屈辱」を理解していたし、「モルモット」の意味も知っていた。
病気以前の話であるとされ、早めにお医者様に相談を、などと言われた。

行政指導というものは「朝鮮人に犬を食うなというもの」であるが、その背景にあるのは日本国の大学に朝鮮学校が接続しておらず、大学進学時期を前に「セックス」をしていたことから、ようするに「大学でダチとつるんで、”セックスを”批評する精神」を身につけてもらいたいというところにあった。
1970年代にはすでに「オールドカマー」と呼ばれていた特別永住者であったが、関東大震災のトラウマだけは日本国も克服しなければならなかった。
オールドカマーと喧嘩に明け暮れている連中を治めることが「行政指導」の基本だったのだ。
「大学受験から逃げた」と朝鮮人は公言していた。
朝鮮人は寂しかったのだ。
東大生を見つけたら、スランプに陥った時を狙って潰すことにしていた。
しかし、やがて「裁かれる側」にまわった。
音楽作品を聴く才能にせよ、とにかく「セックスを」批評する精神という才能が違った。
Bigbang Haruharu

また、朝鮮人を「行政調査」しているうちに、日本国の落ちこぼれ(細胞)の分析もできるようになった。
発作を起こしたことがあり、ハンサムではない、つまりは「癲癇」の患者が細胞となっていた。
行政調査を経験することは「帝王学」とも呼ばれた。
300人で夕方に気勢を上げたら「革命が起こせると確信した」と細胞は語った。
革命というのは「女性の思春期」の記憶(夢)を味方につけることだったが、細胞は、とにかく癲癇で「勃たなく」なっていたのだ。
勃たなくなった「細胞」は、胚のように細胞分裂して国を形成していくことはない。
このへんの見極めも重要だった。
なぜ「細胞」は低学歴だったのかという割り切りも行政調査を経験すると分かるようになる。
警察もなぜか「細胞」が、胚のように人体を作り上げるのを恐れていたが、行政調査を終えてみて「その可能性はない」ことが分かった。

学歴社会を構築してみた結果、日本人の脱落者(細胞)は、女性たちの思春期の夢を理解しておらず、細胞分裂のようにうまくは行かなかった。
朝、勃たない自分のものを見て「俺のような劣等遺伝子」と考えていたのだ。
民青にもこのような男はいなかったし、ひたすら「勃つ」ために「お金、友人の死」を望んでいた。
なぜ、このような細胞は生まれたのか?
やはり「子供の頃の発作」という「突然変異」を見極めなければならない。
顔を見ただけで、警察は「お前か!」と言ったが、セレニカやデパゲンを飲んでいた。
どうせ感性が鈍っているのだから「他人同士で分かり合えない」人生なのだ。
万能細胞は、春に御殿下の階段を上ってくる東大生のことであり、後の人生の苦労はこれらの行政調査を終えないと察するに余りあるが、将来があった。
「頭をつかわないと勃たない」ということと、薬物の関係や、音楽作品への理解度が問われた。

元ボクサーで「言葉が話せなくなった者」は、キメラ(チンパンジー)としての扱いを受けた。
とにかく「他人を憎んでいた」ことは、私が食べているものと同じものを食べようとしないことから分かった。
ライオンの頭にヤギの胴体などと表現され、王室に仕える忠実さもあった。
王子に仕えないと、退院できないという現実もあったのだろう。
ギリシャやエジプトの神話とされている。
彼らの王室への忠実さをかんがみると、決して彼らを「チンパンジー」と呼んではならないことが分かる。
二十歳前障害として、年金暮らしをするあんがい裕福なものもいた。
しかし、自分を低く見せることで、みんなが彼の前で「情報」を公然と語った。
このような、キメラの危険性を理解している経験値の高い女もいた。
王子とともに命を賭けることもあったが、「それは筋が悪い」と思ったら目の前でうなだれたので非常にありがたい存在だった。
とにかく「言葉が話せない」ために、コンビニでタバコを注文することすらできない。
そのために、一生、病院で「王子に」お仕えするのだろう。

食料が限られている時に、他人を殺してまで食事にありつこうとするのがこのようなキメラでもあった。
カネのにおいに敏感だった。
「王子の資金力は十分」と判断したら笑うこともあったし、それではお金が足りないと考えたらうなだれた。
食べ物を与えてくれる人が主人、と考える犬とどう違うのだろうか?
誰がどの女目当てであるのか?などの計画性が優れていた。
王子にとってもありがたい存在だったのだ。
文字を書くことはできたが、肉声はインターネットには出てこない。
人間として認めてもらうことだけを望んでいたようだ。
そのため、チンパンジーのカマを掘った両刀遣いだけを実際は愛していた。
ロイヤル小林対アルゲリョ

「朝鮮人とは何か?」を調べるのが行政調査だとしたが、いかんせん、朝鮮学校は日本の大学との接続を行っていないため、朝鮮学校でも、日本の恋愛ソングは広く知られていた。
これも「行政指導」と言っていいであろう。
日本政府に仕事を与えるのが北朝鮮であり、北朝鮮の調査をしたり、在日朝鮮人の考え方を知るのが行政調査であった。
プロレスラーは「体制崩壊」などと北朝鮮を揶揄する仕事ができたし、しかし、日本政府は、誰もそのようなことは望んでいなかった。
このような日本政府とメディアやプロレスの関係が、80年後には朝鮮半島をふたたび日本の領土とするものと思われる。
なにしろ、2011年には「第二次世界大戦のときの悲願」であった行政調査を終えていたのだ。
日本政府は北朝鮮の体制崩壊など誰も望んでいないというメッセージを明確にする必要があった。
そうでなければ、メディアとの「朝鮮プロレス」の富は成立しなかった。
中国やロシアは、北朝鮮のような権威主義的な国に国連安保理で拒否権を用いて批判的な態度をとり始めた。
日本政府が「公法私法峻別論」の真の意図を明らかにする必要があったし、それは「誰も北朝鮮の崩壊を望んでいない」とすることにあった。
「行政のスリム化」は、行政調査の進捗状況を見定めて行わなければならない。
東大生には「カノッサの屈辱」を回避するために仕事が必要なのだ。
そのために官庁というものは存在した。

行政指導に関しては、李氏朝鮮の方が徳川幕府よりも「面白かった」ことに起源を持つものだ。
「おまい、面白いな」ということを調査し、指導することも政府の役割となった。
少女時代 gee

「学歴も人種」「出生の秘密」「財閥とのつながり」など面白いテーマが韓国にはあったし、細胞やチンパンジーは「学歴」で排除されていた。
「ソウル大学卒、アメリカ留学歴あり」「ひどいいじめ」などは「大統領になる条件」とも言われ、韓国大統領は「皇帝」とも呼ばれた。
前大統領が逮捕される習慣があるというのは正確ではない。
「異性が遠のく」ことを「収監」と呼んでいるのだ。
朝鮮人は「日本人にとって面白い存在であろう」としたし、あくまでも日本の潜在的領土であった。
「大学への愛着」が尋常ではなく、それはまるで日本の天皇のようであった。
大学では語学を勉強するが、大学への愛着とあいまって「面白さ」を身に着けていた。
このような朝鮮人の文化を「調査し」「指導する」のが日本の行政の役割でもあった。
Twice Wake me up

また、朝鮮人の間での「女の抑圧」は日本をはるかにしのぎ、貯蓄も多かった。
そこで、普天間基地移設の問題や、公的資金の政策的縮小(郵政民営化)もおのずと、朝鮮人の研究は避けては通れなくなっていた。

すべての問題が「G7ではない」韓国や北朝鮮という隣国に解決のヒントを求めることが可能であったため、「隣人の学習」は政府の仕事とならざるを得ない。
「G20の議長国を、G7ではない国が努めた」のは韓国が初めてであったし、そのあたりは日本国の政府のあり方と関わる問題だった。
日経平均株価も、朝鮮人がその「抑圧」を引き受ける形で日本の芸能界に多く存在したため、朝鮮人に強く依存した。
1965年に日韓基本条約が締結され、「戦時賠償の問題は終局的に解決した」と日本政府は声明を出したが、「そろそろ戦争の話しをするのはやめよう」と考え始めたのは、日本政府の「行政調査」「行政指導」というものがまとまってきた1979年のことであった。
1984年に全斗煥が来日している。
ハーバードもMITも、日本政府の考え方に脅威を感じたし、私は1987年にアメリカ留学が許されている。

「日本人や日本国政府にとって面白いことをやろう」というのは統一教会(世界統一家庭連合)の共通認識となったし、かなりの影響力を持った。
なにしろ、自由民主党と一体化したのだ。

行政調査や行政指導の存在が、朝鮮人を日本国の「政府宗教」とする理由だった。
「いかなる問題も朝鮮を学べば斬ることができる」
「韓国の男はランボウダヨ」
このあたりに、日本国政府の問題の解決の糸口は見つかりそうだ。
我々は決して、韓流ドラマから朝鮮を学ぼうとは思っていない。
家を借りるのにも家の値段の半分を大家さんに預けなければならないという伝貰(でんせん)金の存在などを丹念に洗い出してきた。
日本国は、すでに「家賃なんて大家の女将さんと電話で仲良くなれば安くなる」という賃貸の理論を学習したが、韓国では「学歴から排除されたもの」の存在をクローズアップしなければならない。
日本国の「部落民」の問題が「在日」と結びつきやすい理由もここにある。

日韓併合条約が締結され、しかし、朝鮮半島では戸籍法は施行されず、日本国国籍は慣例上のものとされた。
日本国が、第二次世界大戦で終戦を迎え、朝鮮人たちは「朝鮮学校設立運動」を起こした。
しかし、彼らは「日本人にとって面白い存在」であろうとしたのだ。
だが、日本政府は「法126」を経て、サンフランシスコ平和条約で、彼らの日本国籍の一斉剥奪を行っている。
のちの行政法の発展を省みると「別の判断もあったのではないか」とされている。
「良かれと思ってやったのに」という人類学は成立するし、一方で、関東大震災のトラウマつまり「何を考えているか分からない連中」という問題も存在していた。
これが「特別な歴史的背景」をもつ「在日朝鮮人」となっている。

1997年に、クローンである羊のドリーが誕生した。
つまり、自分は家で執筆活動を行いながら「テレビに出ている」ということが可能になったのだ。
2005年には国連が「人間も羊と同じようにクローンであることが可能だ」という宣言を出し、国際レベルでこのことを容認した。
羊で実験したことが人間でも可能になった。
そのため、ドリーはスコットランドの国立博物館で保存された。
ずっと閉鎖病棟にいる人がテレビに出ている、このようなことを理解しないと朝鮮人および芸能界が理解できない。
「訂正記事を出したいけど出せない」発言を俺が(私が)テレビでしている。
このことだけでも病気になったし、治療が必要となった。
すべてに「きっかけ」(胚)が存在した。
あのとき有名にさえならなければ、そのようなことからスターというものは生まれている。

木村拓哉は「練馬で無茶をやらかした」と語っているし、渡哲也は「明大中野で無茶をやらかした」と発言したのを私は聞いている。

自分が独り歩きを始めた。
俺は殺されるのかもしれない。
これが「クローン人間」の問題であり、朝鮮人を行政調査しなければ分からない問題だった。
行政指導は「ひたすら面白く」を追求していた。

精神科医も、メディア論には通じていなかった。
「私は有名芸能人よ!」とわめいて「殺されたくない」という意思表示をしても、精神病院は、平気で電撃療法を用いてきたのだ。

行政は「この面白さを理解してよ」「殺さないからさ」という行政指導をしてきた。
けっこう、非人道的な側面が朝鮮人にはあったが、精神科医療の扱いはあんがい良かった。
みんな「伝説」の方を見ていたのだ。

いずれにせよ「朝鮮人の論理」は2005年に日本国のロビー活動もあって国連が認知したのだ。
「ただ暴れただけ」という患者の証言とは裏腹に「芸能界のスター」であり続けた。
渡哲也は「西部警察ナメんなよ」といって泡を吹いていた。

彼らは「ビッグデータ」として「いろんなことを知っていた」し、国を治めるのに役に立った。
テレビの最初からそのようなことは行われていたが、朝鮮人がその真の意図を日本国に伝えたのが1997年であり、日本政府が国連に認知させたのが2005年であった。
真の意図を朝鮮が伝えたというよりも「治療法の確立」について日本国に泣きついたと言ったほうがいいかもしれない。
総務省と厚生労働省はいまだにこの「クローン」の問題に関して意思の疎通はできていない。
プロデューサーといっても、制服を着た自衛官であったし、プロデューサーになりたければ「自衛官募集」に応募したほうが早かった。
社会全体がどこに向かっているのかは「テレビの中の自分」に聞くしかなかった。
それを理解しているのならば、「テレビの中の自分」を見る必要すらなかった。
そのあたりに国連は治療法を求めたようだった。

プラトンは音楽作品を作ったし、それでいて「詩」を世界に拡散させるだけであった。
実際に、プラトンは「音楽作品に評論を加える人」(キュレーター)の命を最優先にしろ(カルネアデスの板)としたし、この「音楽作品」と「キュレーター」のコンビをゴルギアスと呼んだ。
朝鮮の芸能界も、日本国の行政指導のあり方(キュレーション)を参考にしないわけにはいかなかった。
朝鮮の芸能界は、そうとう人気を「偶然」にいそんしており、狙ってできるわけではないという現状から「キュレーションが出来る人」の命をもっとも尊いものと考えたのだ。
このあたりに「学歴も人種である」と考える根拠がある。

「女性は”できない”ことから、彼氏と付き合っているうちに、この人と結婚しても子供に興味を持ってくれるのかな?家庭に縛られるのかな?と態度決定を迫れれていく。夜明けまで眠れないこともある」
BoA Is this love

キュレーターにも「二次著作権が存在する」(日経新聞事件)ことが認められている。
また、いろんな人間のデタラメぶりから学んだ音楽作品を「ストイックに」学ぶ立場は確実に存在し、暴君ネロなどもそのおかげで処刑を免れている。
ルネッサンス以前のローマ帝国においては、皇帝になるというのは当然「処刑を覚悟」しなければならなかったため、カルネアデスという発想が生まれた。
つまり、「キュレーションが得意」「この人しかできない」という二次著作権に由来する権力がローマ皇帝にはあった。
朝鮮芸能界も、「二次著作権」に関しては、日本国から学ぶことが大きいと考えており、そこに、「キュレーションも行政指導である」という発想が生まれた。
死せる詩人の会がキュレーションによって蘇るのだ。
私は5年ほど前に、中森明菜さんのゴールデンベストを10万枚売っている。
その時に、中森明菜さんと一緒にタバコを吸っていた。

「女性は”できない”ことから、彼氏と付き合っているうちに、この人と結婚しても子供に興味を持ってくれるのかな?家庭に縛られるのかな?と態度決定を迫れれていく。夜明けまで眠れないこともある」
中森明菜 禁区

人と話すことが好きという才能から行政調査は進み、論文を読む才能に恵まれ行政指導(キュレーション)ができるようになる。
あるいは、不品行を行う若者が好きという才能から、保護司はレコード会社や芸能界、そして自衛隊と人脈ができた。
ストイックな人間ほどデタラメな人を「真似できない」と考えたため話しをしたかったのだ。
そのことから、保護司という仕事も生まれている。
テレビに出ているタレントさんが、クローン人間であり、本人はクローン人間の活躍ぶりを見て襟を正した。
クローン人間がいるのならば私は殺される、と大騒ぎすることもあったが、そんな時は、いろんな人に電話をかけまくっていた。
総務省系の芸能界と、厚生労働省系の医療の現場の意思疎通は必ずしもうまくは行っていない。
全体像を理解しているのは、私とその読者の皆さんぐらいだろう。

鈴木亜美も、「鶴見に写真をたくさん貼られて写真をパシャパシャ撮られた」というのがデビューのきっかけであり、矢部浩之によって「リベンジポルノ」が横浜市鶴見区でばら撒かれて「無茶をやらかした」だけだと思われる。

「女性は”できない”ことから、彼氏と付き合っているうちに、この人と結婚しても子供に興味を持ってくれるのかな?家庭に縛られるのかな?と態度決定を迫れれていく。夜明けまで眠れないこともある」
鈴木亜美 ねがいごと

当然、芸能人は「キュレーション」ができなければ、そのキャリアは斜陽に向かうわけであるが、それを防ぐのが「ケンブリッジ大学」の役割であった。
オックスフォード大学とはカラーが異なる。

このような行政指導の研究を深めていったところ、結婚を前にした女はそんなに深刻なの?という認識が広まった。
平成生まれの男女は40%が子供がいない、50%が孫がいない時代になった。
つまり、「人生のすべてを経験したい」と考える女が増えたのだ。
「どのようにして女の子は女になるか?」ということは私も明らかにしてきたが、それだけではつまらなすぎる、ときには涙も流したい、なにしろ「女の涙は媚薬」だからと考える女が増えたのだ。
イエスさまがくれた時代には「千年の媚薬」を流すものよ?
三浦理恵子 千年の媚薬

女の子は、茶色とともに成長して、緑とともに真面目になり、赤とともに男と向き合う。
三原色がそろって世界が明るくなると同時に、おちんちんがないことを悟り、明るい世界に、鬱な存在としていきなければならなくなる。
この「難しい年頃」を理解してくれる大人はいるのかしら。
男は賢い方がいい、女は美しい方がいい。
それならば「父と娘」はその条件を満たしてしまう。
しかし、お父さんにはお母さんがいたから、クラスメートの男子に助けを求めた。
こんぺいとう せつない童話

別れた男は「友達よりも遠い人」だった。
しかし、彼の「心の風景」が忘れられないことがある。
私のからだは他の女とどう違うのかしら?
大して顔もからだも変わらない。
彼が愛したのは「幻」というしかない。
少年のようにもっと素直なら。
穴井夕子 フェアリーデイズ

女は他の女と「顔とからだ」が大して変わらないため、
「なぜ彼が私とセックスしたがったのか」を自分なりに説明している。
男に比べて女は「問題の少ない愛」を知っている。
すべてを「過去形に変えてみたいだけ」
それは「幻を愛した」「少年のようにもっと素直なら」などの、「言葉の豊かさ」
と関わるものだ。
女の失恋は男ほど尾を引かないのだ。
小泉今日子 トゥデイズガール

雨の日は、男女ともに傘をさしたり雨に降られない場所に身を置いたり、男が女と同調行動をとってくれる。
つまり、雨とは女の勝利だった。
でも、梅雨時ってどう思う?
女くさくて仕方がないわ。
神・男の完全性を議論すると爽快感がある。
梅雨の晴れ間の爽快感は男がくれるものね。
國府田マリ子 長雨

「女性は子供を産む装置」という発想は厚生労働省が政府見解で否定した。
「いろんな経験をしても良いのではないだろうか?」
51.4歳までは生理はくるものだ。
男には「知性派」と「肉体派」がある。
どちらが自分にふさわしいのかは経験したほうがいいという立場だ。
朝鮮人にも理解できる話、を探求した結果、このような結論になった。
2009年にシュテファン・シュミットがこのような調査結果を明らかにしたところ、クレジットクライシスは起きたのだ。
「イエスさまが存在するということは少子化を意味する」
男は別れたら「友達より遠い人」かと思ったが、「心の風景」が忘れられない人もいた。
簡単な方程式では解けない問題だった。
別れた男を忘れさせてくれるのがイエスさまだったのかもしれない。
友達より遠い人 三浦理恵子

「渡る世間は鬼ばかり」の、幸楽と岡倉の「女将さん」のいっている言葉の意味が分かるようになるまでは結婚しないと決めた女もいた。
これは、朝鮮を行政調査した結果、彼ら彼女らにも「分かる話」をしようと考えた結果だった。
このような女を「EPS」細胞と呼んだ。
いわば、独身女性活動家だった。
普通の女は「世の中の真理の11%しか経験できない」という考えをもっていたのだ。
なにしろ、少年院に入るほどの間抜けな女ではなかったからだ。
酒井法子 放課後のヒロイン

だいたい、人生の経験値を36%から39%の間に納めると、女は結婚するとされた。
「イエスさまが経験したこと全部」などという女もこのあたりで妥協したのだ。
女性は子供を産む装置ではない、しかし「塀の向こう側」までは誰も経験したくはなかった。
ステージの上に上がる最短距離だということも朝鮮人が明らかにしていた。

打率が「一分」上がるかどうかしか人生に影響を与えない話であるが、とにかく「女性は子供を産む装置ではない」という見解を厚生労働省は採用したのだ。
それは、「イエスさま」の到来を予測したものでもあった。
逆に「モーツァルトを聴くと打率が一分上がる」とも言われ、モーツァルトのセールス次第で婚期は早まるし、少子化も解消される。
モーツァルトは、つまりは「イエスさま」だった。
モーツァルト 交響曲第25番

アメリカ合衆国は「令和天皇」が少子化を解消させるだろうという見通しを、「モーツァルト」と言って認めたのだ。
偉い「おじ」がいたらカネを払わなければ結婚できないというマネタリズムの結論は、「平成生まれは40%が子供がいない、50%は孫がいない」というアメリカの予測を覆すほどの「同調行動」を神道の世界にもたらした。

「渡る世間は鬼ばかり」の幸楽と岡倉の女将さんの言っている意味が分かればよかった。
かなり経験値が拡散していた女たちが「集約」されてきたのだ。
米・中・韓・露・北朝鮮の五角形がなければ日本でこれは確立しなかったし、この日本政府の行政調査のあり方しだいではアジアの地図は変わっていく可能性がある。

女の自己批判(昔のことを思い出す)という作業だけでも合計特殊出生率は上がった。
スマートフォンも、ハードコアから後退しつつあり、アメリカと台湾の戦術は失敗に終わりそうだ。
人間は、知性に飢えると「パンの夢を見る」とされる。
イエスさまの肉体は「パン」であり、ここを押さえるだけで、アメリカ合衆国は日本国をキリスト教国化する自信があった。
私は、キリスト教を真理であると認めながらも「神道」の側でそれを吸収しようとしている。
プロ野球選手が一番嫌ったのは「野次」「罵声」であったが、それをも封じ込める力が音楽作品にはあった。
朝鮮人を行政調査し、行政指導をしているうちに、「プロ野球が強くなった」ことを私は実感した。
メジャースポーツの勝敗は「どちらが優れているのか?」を決することだ。
それは「ファンの詩心」が決めるという側面もあった。
「野次」「罵声」さえ兵士が受けなければ、どれほど兵士は勇敢であるかを思い知った。
将来の結果を左右するのは「詩心」「音楽作品」であり、「あのおっさんを黙らせろ」と言っていた選手たちの考えどおりに、「野次」「罵声」が消えてなくなった。
松田聖子 上海倶楽部

行政処分というものが、自分の身内や周辺のアイドルの力を背景に下されるものであるとするのならば、
行政指導というのは「人気を得るために」下すものである。
しかも、それは国民全体の支持につながらなければならず、行政規則(訓令・通達)のような「内向き」なものとは異なるものだ。
行政規則は「組織の頂点」をいじめてさえいれば成り立つものだが、国民全体の支持にはつながらない。
ましてや、特定の国民に迷惑をかける行政規則ならば国家賠償の対象になる。
組織の頂点をいじめることで中堅幹部は人気を維持するが、組織の頂点は「それでは国民にご迷惑をおかけする」と指摘することがあり、このことを行政規則に「法規性がある」と表現する。
法規性もお構いなしに、自分の人気を維持しようとする中堅幹部がいるとするのならば、それは「行政法とは何か?」を頂点が明らかにして、組織から去っていってもらうしかない。

行政規則の「法規性」というものは、組織の頂点にとってはありがたいものであり、県知事は「行政規則への賠償義務を負わない」(判例)とされている。
なにしろ、県知事が中堅幹部にいじめられた結果県民に迷惑をかけたのだ。
プロレスのように「組織の外で」「世論の支持を得るために」組織の頂点をバカにしたりするのは行政指導の範疇であり、問題はないが、組織内部で「プロレスの論理」をやられると、それは行政規則として国民にご迷惑をおかけすることがある。
あくまでも組織の人間であって、人気があるのは悪いことではないが、法規性(国民にご迷惑をおかけする)のある行政規則だけは容認できない。
行政規則(訓令・通達)というのは、中堅幹部が組織の頂点をバカにして人気を誇るものであるが、訓令というのは口頭でなされるものであり、通達というのは書面でなされるものである。
通達というのは書面でなされるために、組織の頂点の目に留まる可能性があり、まだ紳士的なものだろうが、訓令だけはときには強度な法規性をもち、国民にご迷惑をおかけすることがある。
これも、日本の在日朝鮮人のような低学歴がいなければ分からなかっただろう。
この行政規則すら行政調査し、国民に知らせる(行政指導)必要があった。
あるいは、組織の頂点をバカにすることを「家族の楽しみ」にとどめておく分には問題はない。
しかし、国民に広く影響を与える、組織の頂点の行政指導だけは、しっかり理解しておかなければならないし、組織の行政指導に精通している家庭ならば、そもそも、組織の頂点をバカにしようという発想すら生まれないのだ。
組織の頂点が何を言っているのかに興味がないのであれば、有機的一体性を持っている組織のメンバーとしても受け入れることはできないし、トップが交代しても組織は変わらないということの保障はできない。
組織の頂点は、組織の人気を高めるために、音楽作品に解説を与え続けた。
しかし、中堅幹部は「頂点をいじめるのに一生懸命で、話を聴いていなかった」というのである。
訓令の危険性はここにあるし、通達行政が推奨される理由もここにある。
我々は基本的には、組織内部で自由に活動していいが、それでも「行政組織や企業の利益になる自由」を仕組みにビルトインしていかなければならない。

このような、行政調査や行政指導、さらには行政規則について語ってきたが、行政組織においては、各自が「おカネ、時間、競争」にさらされているため、組織の頂点だけの論理で組織が動いていくわけではない。
各メンバーが「譲れない夜」を過ごし、多数派工作や勉強などをしているのだ。
瀬能あづさ 永遠に友達

「譲れない夜」には、多数派工作か勉強以外にすることはなく、そこで、うまい具合にテキストを作っていかなければならないのが組織のリーダーだ。
テキストは当然、文字でなければならず、通達という形をとる。
組織の頂点が出す通達と、中堅幹部が出す通達は意味が異なる。
組織の頂点は「仲間作りや勉強のためのテキスト」を書いているのであって、中堅幹部の「上司への悪口」である訓令とは意味が異なる。
下手な訓令を出すと、中堅幹部は孤立することになりかねない。
しかし、在日朝鮮人は「文字が読めない」のである。
そのような組織では「中堅幹部の訓令」が幅を利かせ、組織の頂点はときには人事権を行使しなければならなくなる。
行政法を書き上げた君主の「逆鱗」に触れたら通常は失脚だろう。
しかし、組織の頂点ですら「つらい夜」は存在したのだ。
文字が読めない部下がいる、さらには、人事権の行使を間違えたら「指導の誤り」と看做される。
最後には「誰がもっとも耐えたのか?」という宗教に解決法を求めなければならなくなる。
誰が「神」を見たのか?誰がイージーな人間なのか?
縁結びや商売繁盛の問題に持ち込むしか解決法はない。
「あなたは神さまを信じていますか?」などという安っぽいものではなかった。
「傷ついた」などという言い訳は君主や組織のリーダーには存在しない。
最後には「女たちの信仰心」に解決をゆだねなければならないのだ。
ブッダは「苦しみから自由になるためにはお金が必要」(資金力は挑戦者の資格)であるとし、株主利益最大化論ではなく、ステークホルダー論を採用している。
つまり、企業や行政組織の外にまで支持基盤を広げることを求めたのだ。
ブッダのおかげで、釈迦族は世界に知られるまでになっている。
組織の頂点の「通達」は公表してもなんら問題はない。
文字の読めない在日朝鮮人も「世論の支持のある君主」にしたがわざるを得なかったし、君主をいじめることで影響力を増した中堅幹部はこのことから「一部のグループ」にとどまった。
株主利益最大化論ではおさまりのつかない問題が、組織には存在したのだ。
自分の企業の利益だけを考え、クライアントを騙し、笑いものにする組織においては組織の頂点が「苦しむ」だけであった。
「組織の頂点に立つことが苦しみなのだ」
シッダールタは世の中に出ることを選択している。
組織の頂点が世の中に出る(ステークホルダー論)ことこそが宗教の起源であり、さすがは君主とあって、若い女の子にも人気があった。
河合その子 Please tell me Mr.朱。

ブッダは、組織の頂点を抜け出して世の中に出たが、「ソクラテスを全部暗記していた」(自我をなくした)
ことから「伝説からの教え」(カルマ)と呼ばれ、教えを受けた人々は「輪廻転生」を否定した。
「今を生きるか死後の世界を信じるか」は「四つのパターン」が想定されるだろう。
「煩悩」とは「今を生きる」という意味であり、組織の頂点の人間にとっては「当然の苦しみ」として引き受けなければならない。
「財界二世」「二世議員」などと言うのであれば、「無常」だけが待っている。
渡辺満里奈 月の裏側

「常務会」だけは、他の企業や社会との交流を禁止されていたが、組織の頂点としては、内部に「どんな訓令を出しているのか分からない連中」を抱え込むことになった。
しかし、「常務会」がなければ、企業のトップは企業の外に目を向けようとはしなかっただろう。
「常務会」とは、シッダールタを世の中に送り出したメンバーのことを指している。
すべては「無常」であってはならず、企業の永続のためであった。

営業部長が常務会に名を連ねることはあるが、たとえば、小泉首相が「二階俊博を国対委員長に」と名簿を見せられた時に「これでいいのか?」と言った理由は、常務会のメンバーに代表権を与えるという問題だった。
今となっては、私が「常務会」に苦しめられているが、皇太子殿下(2004年当時)の人格否定発言の背景には、私が「常務会のメンバーだった」ことがあり、私も常務会のおかげで得をしてきた経歴がある。
企業の頂点の通達(世論に訴えかける方法)を間違えると失脚につながりかねない。
人格否定発言。

007のタイトルは忘れたが、女上司がボンドに「書け!私からの方があの女よりも快楽を与えられたと!」とボンドに銃を向けるが、こんな内容の「訓令」も、文字に書かせないと(通達行政)、国民にご迷惑をおかけする(法規性がある)のだ。

皇太子の人格否定発言(2004年当時)の時、私は「常務会」にいたと言ったが、秋篠宮は「陛下とひとこと相談があってもよかったのではないか」と語っている。
つまり、秋篠宮は常務会にはおらず、専務として振舞っていたことが分かる。
のちに、「天皇入院」というニュースが流れ、主婦たちは「どうしよう、どうしよう」と言っていた。
「常務に代表権を与えるわけには行かない」
という問題と主婦たちは向き合っており、私の応援団の多さを物語っている。
この時、私は「政官要覧と携帯電話」を主婦たちに示し、動揺を抑え込もうとしたが、このことによって常務会とは決別し「自覚が芽生えた」と主婦たちは判断している。
どうしても、頂点になるためには「有事」というものが必要なのである。

私は、横浜DeNAベイスターズの日本シリーズ進出や、サッカーのワールドカップのような「有事」を経験し、天皇の生前退位を実現させている。
「アメリカが十年に一度戦争をしなければならない国」ということの背景には常務会の存在があることは指摘していい。
サッカー女子ワールドカップは、「世界の常務会同士の戦い」という側面があるが、
日本の常務会は「トランプ再選を目ざす」などの報道があり、少なくとも、アメリカ合衆国の常務会の前には日本国の常務会は「敵前逃亡」する有様である。

常務会から出世する方法を「ジャンセニズム」と呼び、パスカルがこれを研究した。
「神学的な問題」つまり「男らしさ」が問われることがあり、代表権を得るためにはなんらかの神学的な問題をクリアーしなければならなかった。
パスカルは、24歳の時に、「父が雪の上で滑って骨折した」時に、家庭内で影響力を増したとされる。
ヨハネ1 2:16 贅沢な食事や女は父からもたらされるのではなく、世界の悩みからもたらされる。
ジャンセニズムはとにかく「修羅場に強い」ことを志向し、父からの世襲や禅譲を否定した。
私も、そもそも「平成天皇からの禅譲」を受ける立場になかったことから常務会にいたのだ。
秋篠宮が専務であることはジャンセニズムの立場に立っておらず、「無常」「企業の永遠」の立場からは「我々には禅譲などない」という常務会の方が「神学と向き合う覚悟」があったのだ。
「勉強とはすばらしいものだ」という信仰が常務会にはあった。
それに対して「勉強への憧れ」は女たちも持っていた。
禅譲を期待する専務に対して、より「神学的」「学問的」「女性たちの憧れ」が常務(ジャンセニズム)には存在したのだ。
ローマカトリックは、ジャンセニズムの論客から多くを学んだし、クロムウェルも、王家の血筋にないものとしてジャンセニズムに多大な貢献をした。
うしろゆびさされ組 偏差値BOY 常務の中には、社長に「俺、そんなこと言っていないよ」と言わせるものもあり、あんがい卑怯者が多かったが、企業とは「修羅場」を経験するものであったし、その覚悟さえあれば「神学的側面」はクリアーできる。
美智子皇后の「週刊誌の訂正」は、当然、メディアの側に「修羅場に立ち向かう覚悟」があったから、あんがい卑怯な記事を書くことが許されたのだ。
週刊誌などのメディアこそが、修羅場を覚悟し「神学的問題」をクリアーできるからこそそのような週刊誌の訂正が宮内庁ホームページに掲載されたし、一方で、美智子皇后に「修羅場」を覚悟するつもりはさらさらなかった。
「SMAPもライブパフォーマンスがなければ忘れ去られていくだろう」
これが大人の見方というものだった。

行政規則の「法規性」とはあんがい「書け!私からの方があの女よりも快楽をもらったと!」という女の争いから生じている以上、アタナシウス派は、君主と器として「どの女も射精の快楽は皆同じ」とした。
しかし、現実は「違う」のである。
あくまでも、アタナシウス派は「治める側の論理」として「皆同じ」としているのであり、実際は、小学校・中学校で「自分よりもスポーツが得意で勉強ができる男子がいた」というところに根ざした「女の感度のよさ」が存在し、それはいろんな女で異なった。
幼稚園・保育園では「女の子が数字が数えられなくなる」から女子校は禁止されたが、小学校では「感度の違いが生じるから」女子校が禁止された。
しかし、中学校に入ると「勉強をするために」女子校に進学する女の子は出てきた。
さよなら失恋ピエロくん

女子校に進学して、出世する女と、地元の公立中学に進学して、感度のいい女の二つに流派が分かれたことから、行政規則の「訓令」は男たちの間で噂になったし、それを「書面で」訂正させる(通達行政)必要が生じた。
出世する女ほど感度が悪いということを意味したのだ。
アダルトビデオでも「君、相性がいいね」と男は公然と語るが、そのアリウス派は「異端だぞ」とキリスト教社会では言われかねないものだった。

アタナシウス派は、女の子にも学ぶ機会を与えることを選択し、感度の良さはどの女も同じとしたが、「感度が悪い」と噂された女上司は、その後、男たちの取り巻きがいなくなることを意味したため、アリウス派は「言論弾圧」という形でキリスト教社会には「訓令」というものはあってはならないものとされた。
ribbon ポイズンの退屈

「総合職に女はいらないのか?」「一般職の女のほうがモテていいのか?」
分かったふりのできる女がいい女だと思った。
田中れいな 愛の炎

しかし、アタナシウス派は「女は生き物である」というアリウス派の見解を否定し、神は6日目に光を作り、「昼間の女」を生み出したと考えたのだ。
「女性の社会進出」に文句を言う人は誰もいなかった。
アタナシウス派は「男の口説き方ひとつで女の感度は変わってくる」としている。
つまり、あの女は感度が悪い、という噂(訓令)を「男のせい」にしたのだ。
口説き方ならば組織の頂点の通達で出されていたし、訓令の法規性を否定するのが君主の役割となった。
感度のいい女のほうが得をするという立場は、フェミニズムの側からも批判され、卵子の方が精子よりもはるかに大きいとし、「男が競争すべきだ」と考えた。
いずれにせよ、組織の頂点の通達を「読めない」というのでは出世できるわけがない。
女たちもその考えを支持したのだ。
在日朝鮮人を行政調査した結果、「政府で働くのは無理だろう」という決断がなされた。

「ルサンチマン」
人間が恐れられる条件とは何だろうか?
「他人の心の定義が正確であること」(ルサンチマン)。
これだけである。
ワーグナーの音楽作品にはもちろん「詩」が存在したが、ニーチェは「ワーグナーを激怒させながら」哲学の腕を磨いた。
ルサンチマン(人間の心の定義の正確性)が他人を恐れさせる。
ワーグナーのサウンドは純粋そのものだったし、詩も純粋だった。
しかし、純粋な音楽作品ほど「罪深い記憶」を歌っていた。
「人間、あまりにも人間的過ぎる」
これが、ルサンチマン(他人の心の定義の正確性)の正体である。
「どうやって女になったのか?」
これを「純粋な」サウンドで、正確に理解する必要がある。
「知らぬは男ばかりなり」
そう信じていたのに、あまりにも切ないサウンドでワーグナーは女の人生を歌った。
「女の人生を知ることが必要」である。
「いい女」は嘘をつかない。
男が、その女の考え方を解説する限りにおいては。
ワーグナーのサウンドは女たちをひきつけるのに十分すぎるほど切なかったし、カントが「口説き文句」のために考えた言葉は、ニーチェにとっては「ルサンチマン」(他人の心の定義の正確性)のために用いられた。
ニーチェは、「他人の心の定義の正確性」から、他人に恐れられた。
カントのように「女を口説く」のか、デカルトのように「恋の対象になる」のか、それとも、ニーチェのように「ルサンチマンが恐れられるのか」の三つのパターンがあった。
ただ「純粋な音楽作品」を提供したかったワーグナーの逆鱗に触れたのがニーチェだった。
ニーチェは女たちと話すことを「アフォリズム」と呼んだ。
女たちが泣くこともあった。
ルサンチマンをアフォリズムによって、女の「涙」に変えた時に、「女の涙は千年の媚薬」と呼ばれ、ニーチェ以降、千年王国の到来が高らかに謳いあげられた。
ニーチェが「権力への意思」を誕生させたのは、他人の心の定義の正確性と女たちとよく話したことによるものだ。
CoCo 千年の媚薬

 

フェミニズム第一の波(ブルジョアと結婚したい)のときはまだルサンチマンの真の意図は知られておらず、ニーチェは「あいつも誤解している」と語っていたが、フェミニズム第二の波(私たちも仕事がしたい)の時に、女性の社会進出が進み、ルサンチマン(女心の正確な定義をすること)が、男にとっても職場で恐れられる秘密であったことが明らかになった。
パートナーに寝ている間に暴行されたことがあるため夜眠れないことや、家庭に縛り付けられ、夫が子育てにも無関心であること(搾取)、朝、起きたら二時間でとった行動で自分のフェティシズムが分かること、など、本来、デカルトが「恋する条件」に女心に詳しいことを挙げていて、カントが「女を口説く」方法として考えた言葉を、「女心の定義」(政治)に用いたのがニーチェだった。
ニーチェは「ルサンチマン」(女心の正確な定義)を「アフォリズム」(女たちと話し合う)によって、女が涙(千年の媚薬)を流したことがあることから、権力への意思というものを思い知った。
ニーチェによって「政治」は誕生したのであり、また、「文学」も誕生した。
「イエスと言えば”たぶん”、たぶんと言えば”ノー”」これが外交官であり、マルかバツかというのは外交官ではない。
ribbon 哀しい方の嘘

マルクスは「思春期の女心」を女性たちに語って、しかも、それをいかに「精緻化」するかを考えた。
「十代で人生は決まる」「今となっては”そういう夢を見た”というお話」を狙ったのだ。
音楽作品ならば山ほどあった。
ようするに、寝る前に「バイブル」を読むとよく眠れた。
「女になれた喜び」をネットで語る人もいれば、ゲイやレズビアンなどの性倒錯もいた。
「抑圧」を受けているから、一日中ネットをやっている人が多く、胸を大きく開けた服を着ていたり、男ならパンツ一丁という人もいた。
夜、よく眠るためにネットをやっていたのであり、それはつまり自由恋愛をも意味した。
なかなか異性が「釣れ」なかったときは夜中までネットをやった。
「私の心を教えて?夜、よく眠れないの」
それだけが女の目的であり、抑圧というものであった。

十代の頃の恋愛論のことを「パラダイム」と呼び、それを知ることは「マルクス主義者である条件」であるとされた。
女性たちは「今となっては夢のよう」な経験談であり、それに詳しいマルクス主義者にシンパシーを感じた。
ニーチェの言う「ルサンチマン」(女心の正確な定義)を「十代の頃の記憶」に限定したのがマルクスであり、音楽作品は常に「若者の世界」を歌った。

1970年代に、昭和天皇が書いた「源氏物語」が、自由民主党だけではなく若者にまで広く知られるようになった。
この時に「新左翼」(自由民主党の犬)は生まれた。
三島由紀夫は、新左翼に「天皇とさえいってくれれば君たちとも組める」と言って源氏物語の境地を「生涯の憧れ」としていた。

人生に「抑圧」がなければそもそもネットなどやらない。
さらに、作家すらやらないだろう。
「創作意欲」というものはここから来るし、組織のリーダーが受ける抑圧は「常務会」に由来するものだ。
常務会のない「ああ無常」という世界ではなんら創作意欲は湧かないのだ。
天皇がなぜ「源氏物語」を書くことが出来るのか?
自由民主党および新左翼に影響を与えることが出来るのか。
それは「日本丸」という巨大組織の頂点に立ってみなければ分からないだろう。
作家としての「生命の連続性」がなければ、昨日来た人に「天皇」も「首相」も務まらない。
この作家としての才能に抑圧を与えてやれと言って「日本丸の舵取り」を委ねるのだ。
つまり、文学という名の「通達」を出させると言う意味である。

三島由紀夫は「金閣寺」を書いた時に、天皇は金閣寺、しかし、その影にある銀閣寺こそが美しいとし、自衛隊(銀閣寺)の支持を得るために市ヶ谷に向かった。 自らが天皇に即位するのが目的だった。 強烈な「常務会」の存在を持ったり、ルサンチマン(女心の正確な定義)を身につけるため、そして、アフォリズム(女たちと話をする)の環境に恵まれたかったのだろう。

2019年6月13日 (木)

背広組と制服組。

「バアル信仰」
基本的には、「コンピューターによってプロスポーツをコントロールしようとする」世界を崇拝することをバアル信仰と呼ぶ。
みんなの「心に響く」強烈な「詩心」を必要とし、その道はそう簡単というわけではない。
「頭をつかったことがある男」が、そのような「詩心」を有しているとされ、その人生経験から「プロスポーツの結果まで左右してしまう」ことから「面白い男だね」ということがバアル信仰の背景にあるとされる。
本来、「数学」によって野球やサッカーは「完璧なゲーム」として出来上がっているため、「野球の神様」「サッカーの神様」を信じることにもつながるものでもある。
多くの野心がぶつかり合い、利権が固まっていて、それでもなお「詩心」「人生経験」から、プロスポーツの結果を左右してしまうことから、「教祖」というものが誕生しやすい。
これが、「バアル信仰」である。
その「教祖」の語ることは、プロスポーツの親会社の社員ですら熱心にメモを取った。
球団は都市ごとに存在するため「地方自治に影響を与えるに過ぎない」とも言われた。
古くは、中曽根康弘の阪神とナベツネさんの巨人という「伝統の一戦」が知られていたが、「人生経験と詩心」からこれを確立したのは小野光太郎だとされ、2019年の横浜DeNAベイスターズが初めてそれを採用した。
しかし、読売ジャイアンツだけが「その動きを察知するのが速かった」とされる。
きわめて「女性的」な世界を、男社会全体が「崇拝」したため、バアル信仰の女性信者は多かったし、修羅場を救ってくれたことから、教祖への男性信者も多かった。
なにしろ、各球団のスレでは「野球について」語り合うのが現在の主流であるが、本当に「ワールドシリーズを」制覇する球団は「女の人生」について語り合うことになるのは明らかであるとされ、そのためにバアル信仰は「過去に例がない。
将来どうなるか分からない。想像もつかない」という現状があるのだ。
プロ野球やJリーグを「女たちのもの」にする可能性があるため、今後の動向が注目されている。
株式会社DeNAの南場オーナーは「勝率を5割程度で調整しておいて」と発言したという噂もある。
モバゲーで「音楽作品を投稿しあい、プロ野球を女の人生ゲームにしてしまおう」という発想が伝わっているのだろう。
プロ野球チームの親会社が「スマホゲーム会社」だということがどのようなことを意味するかは末恐ろしい問題だ。
いずれにせよ、鍵を握るのは「女の思春期の経験談」を熟知することだった。
「俺たちの球団を救ってくれたのは女神さま」
このように考える男たちもいた。
あるいは「ノンケの男として」生きていることそのものがうれしいという男たちもいた。
女の思春期の心理を利用するのであれば、バアル信仰はマルクス主義(唯物論)ではないかという指摘もあった。
女の思春期の記憶への理解度を革命の原動力にしようとしたマルクスと、女の子の思春期の欝などを研究したフロイトの二名が、この世界の論客だとするのならば、「バアル信仰というのはポストモダニズムのことだよ」と言う人もいた。
ポストモダニズムとは「マルクス・フロイト以降に面白いことをやろう」という哲学であり、しかし、「ゼロ年代」には「面白いことってオタクカルチャーのことか?」とバカにされていたものだった。
しかし、その破壊力をバアル信仰に見出したのだ。
フロイトは、女の子がかなり暴力的に去勢されいる、とし、このことからくる欝を指摘した。
そもそも、女の子のほうが「思春期の障害物が多い」のである。
そのあと、お母さんが嫌いになり痩せるなどの法則が見られる。
哲学者は「女にも分かる話」をしなければ、真剣勝負には使えない。
お父さんに犯されないように「女言葉」も覚えた。
「ホンネー」とか言っている山形で当たり前のことは横浜では当たり前ではない。
檸檬の年頃 AKB48

バアル信仰は、地元においては「強烈な一神教」を志向するものであり、
私はこの情報を産経新聞社とNHKに情報提供している。
NHKと産経新聞社の「経験値」は、もはや私をはるかに上回っており、今日の、ジャイアンツ戦で横浜DeNAベイスターズは大敗してしまった。
メディアは神だ、という威信が新聞社やテレビ局に存在する以上、私個人の研究の範疇をもはや超えているのが「バアル信仰」なのだろう。
酒井法子 今夜もニュースホリック

また、「肉」と「魂」の違いを明らかにしたが、バアル信仰はいわば「人間」の研究の部類に属し、「肉」が女心に「興味ない」「理解できない」ことから、
筋肉質な男でなくても、インテリに「肉」が「織田信長公」などと敬意を払うことも当然、想定しなければならない。
肉と魂の間の「神」の存在は「女の子の思春期が理解できるかどうか?」にかかっており、「茶事」「喫茶店デート」を知っているのならば、肉は「織田信長公」に神を感じるだろう。
しかし、喫茶店デートで「モーツァルトが必要」「彼のホワイトノイズはデートに必要」と考えるのは常識に近く、喫茶店デートに「音楽作品」を持ち込まない男はいない。
メディアは「第四の権力」である。
取材の謝礼と称するお金の分配(立法)、芸能事情通(行政)、恋愛論への詳しさ(司法)のすべてを兼ね備えている。
民間人の「他人に影響を与える方法」(訴訟)にも介入することがある。
メディアが一番興味あるのが「人類学」であり、「さまざまな生き方」である。
「噴火」「地震」「事故」など「別世界の話」(特殊)を民間人(一般)に持ち込むのを得意とし、特殊が自分の身に降りかかる(終末思想・権力批判)と思うのであれば、もっと、メディア論を理解する必要がある。
役に立たない権力者を放逐するのはメディアにとってはあまりにもたやすい。
「バアル信仰」を考えた者は、メディアにとってもありがたい権力者であり、メディアが「神性」を増したという意味においては、最後の晩餐でイエスは「バアル信仰」について各メディアと話し合っていたものと考えてもいい。
バアル信仰についてイエスが「自分だけのもの」と考えて、最後の晩餐をやらなければイエスは処刑されていたであろう。
実際は「磔」で済んでいる。
プロスポーツの結果を左右するというバアル信仰を作った者は、一度、「観客の数の多さ」をよく見てみる必要がある。
自分が何をやったのか分かっているのだろうか?
まあ、「言葉」を「モーツァルト」に乗せるだけなのだが、それでも「人生経験」と「耳」は必要となってくるだろう。
「ゲームならルール決めましょう」
松田聖子 ピンクのモーツァルト

日本国の「セックス崇拝」の強烈さは素晴らしい。
李氏朝鮮の頃の「試し腹」など、行政調査・行政指導を徹底して行い、日本国を世界第三位の経済大国として君臨させている。
これは「モーツァルト」がなければ成り立たなかったし、滝廉太郎などの影響もあるのだろう。
小林麻美 雨音はショパンの調べ

1995年まで、日本国においては「ゲイ」の存在は秘密とされていた。
新宿二丁目とかさぶなどは「上流階級の噂話」の域を出なかった。
しかし、「笑えるかどうか」で、男社会の「8%」のゲイ・オカマ(肉)を公にするかを判断した。
中国の台頭や、オウム真理教事件を経て、「オリンポス山を汚すな」という制止を振り切る形でメディアで公表された。
しかし、そのおかげで「いじめ対策」が明確になったのだ。
ステーキ CM

詩篇2:2-5 君主は静かに暮らしていたが、王が無能な君主に「たくらみ」を行った。
 君主は王たちの「たくらみ」に笑うこともあったが、怒ることもあった。
 「オカマ」であるから無能な君主なのだ。
 無能さをののしられることは「オカマ」をバカにされることだ。
 無能な君主がいては何をやっても栄えない。

列王記1 18:21-27 エリヤとバールは神の無能さを罵った。

列王記2 2:23 少年たちは「禿げ頭」にすら笑うオカマであった。

ホッブスのリヴァイアサンで1651年に指摘されていた「オカマ」の問題であるが、欽定訳聖書では1982年に「世界でオカマの受容」が行われた。
アメリカ合衆国は、日本国の1995年よりもはるか前に、ソビエト連邦との戦いに悲鳴を上げていたのだ。
しかし、このことから、冷戦は終結している。
CoCo NEWSな未来

カントは「アダムがオカマでなくて助かった」とため息をついた。
男社会の8%はオカマだ。
しかし、そんなものは「国家の存続の危機」の時のためにとっておけよ。
アメリカ合衆国は1982年に、日本国は1995年に、「その時」を迎えたのだ。

ノイマンとモーゲンスターンは1944年に「ゲーム理論」を考え、プロスポーツの勝敗の行方を左右する音楽作品として、それを提示している。
それは、バアル信仰の核心部分を構成した。
高井麻巳子 こわれかけたピアノ

ゲーム理論のコンセプトは「女でも死ぬか重症を負うかの勝負を思春期に行っている」というところにあった。
メキシコを征服したスペインのコルテスもアステカ相手にこれを行っていたとされる。
コルテスは、船を燃やして、本国にはもはや帰るつもりはないという意思表示をし、戦いへの自信を示した。
「バロック音楽があるから、我々は最後の審判を恐れていない」
そのようにヨーロッパ人は考え、裁きの場(戦場)に向かった。
シェークスピアの「ヘンリー五世」にもゲーム理論は登場する。
ホッブスのリヴァイアサンにおいては、「イエスはメディア王」とされ、バアル信仰とイエスキリスト信仰は同じ意味であるとしていた。
裁きの場(戦場)の王であったからだ。
あくまでも「ゲーム理論」は中学生の恋を意味し、「多数派工作」(道徳)・「他人に影響を与えること」(訴訟)を考え始める女子大生や社会人にはないものだった。
しかし、「思春期」「十代」ほど大事なものはなかった。
バアル信仰を背景にしたイエスキリストは、メディアの王であり、芸能界(行政)の長であった。
男の子に「勉強やスポーツ」を学習させたのも、イエスキリストの都合であった。
「告白したい男子がいる」
これが重要だったのだ。
道徳や訴訟を覚えるたびに、女の子は「純粋さ」を失っていく気がした。
もう、制服じゃないの。私はもう純粋ではない。
女たちの「恋愛ゲーム」はどんどん複雑化したが、戦場で使える音楽作品ははたしてどれほどあるかは明らかではない。
酒井法子 100%の雨が降る

エリートの存在は「原罪」に由来するとされている。
背広組は、夜更かしをして力をつけ、いわば、ロシアの立場に立っている。
一方、制服組は「命令されてから動く」ことをポリシーとし、夜早く眠り、いわば、オーストラリアの立場に立っている。
事件は現場で起きているんだよ

しかし、「夜更かしをしない」「コンビニを真夜中に利用しない」方が「性に奔放」なのだ。
地方自治と仲が良く、オーストラリアの立場に立ち、性に奔放である、これが「リベラル」と呼ばれる立場だ。
地方自治と仲がいい方が就職しやすいし、「俺より先に寝てはいけない、俺より後に起きてはいけない」という男も自ずから、制服組となっていた。
当然、制服組にはそれ相応の豊かさが約束された。
レベッカ コットンタイム

ひとりで責任を負うリバタリアンの立場に関しては改めて詳細に述べたいと思うが、性概念も含めて「女同士認め合っている」リベラルの連中に命令する立場にリバタリアンの連中はいたのだ。
オーストラリア派のリベラルな連中はポルノにすら出演していたし、オーストラリアの圧力がなければ、堕胎すら日本では認められなかっただろう。
つまり、女が男に「さわらないで」と言えるのもオーストラリアのおかげなのだ。
米光美保 YADA

地方自治において人気がなければ集票マシーンも務まらなかった。
彼氏に満足させられるなり、月9を見たらさっさと眠ってしまった。
日経平均株価の時間外先物取引も同様の時間帯に取引は事実上終えてしまった。
深夜に株価を釣り上げる要素は何もない。
深夜の株価の動きならばリバタリアン(背広組)の動向の研究が必要だった。
夜6時過ぎはオーストラリア派の動きが重要であり、深夜にはロシア派の動向が重要だった。

背広組には彼らなりの論理があった。
「譲れない夜」「つらい夜」が背広組のアイデンティティであったのだ。
瀬能あづさ 永遠に友達

女の場合は、結婚に関する悩みや、寝ている間に男に暴行されたなどの理由から眠れなくなるが、男の背広組の場合は「譲れない夜」「つらい夜」が背景にあった。
ロシアのコンビニもそれに同調した。
ロックやヒューム、アダム・スミスやカントなども「地域住民の嫌われ者」として夜更かししなければ歴史に残る哲学者にはなれなかっただろう。
もう制服ではない、という女子高生も、夜更かしが可能となっていた。
酒井法子 100%の雨が降る

木星の力を背景に、深夜に株価を動かすのは背広組であったし、女同士が「黒革の手帖」(純粋理性批判)を奪い合ったので、深夜のロシア派の動向がこの時間帯の日経平均株価先物の主導権を奪った。
国生さゆり 雨のニューオリンズ

夕方六時の「株価の釣り上げ」を仕掛ける女が「リベラル」「オーストラリア派」の女であるとするのならば、深夜11時に株価の釣り上げを仕掛けるのは「リバタリアン」「ロシア派」の女であった。
当然、言論の世界も「夕方六時」に株価先物に介入するのか、深夜11時に介入するのかは「コンテンツ」の違いを理解しなければならないだろう。
夕方六時はかなりフリーセックスが横行しており、深夜11時には「真剣な恋愛」が幅を利かせているのだ。
ribbon 愛してジャスティス

お寺や神社のある街で「地方自治」は人気があった。
伊勢神宮の外宮の「たちんぼ」も、「勝負を仕掛けるのは早い」とされ、「女のすべてを知っている人」の前では、外宮のたちんぼすら地方自治にしたがっていた。
「美しい罰」も、からだを売るという悪も、女に目がくらむという罪も、一晩過ぎたら昔話だった。
そこで、「夜間先物」の安定化のために全国に神社仏閣を作った。
新橋の「深夜の11時の仕掛け」は地方自治とは異なる、「背広組」の論理があった。
受験戦争、モーレツ社員という東京の現状が新橋にはあったが、夕方六時の地方自治とどちらが人気があるかは、日経平均株価先物チャートをにらめっこするしかない。
日経平均株価リアルタイムチャート

「女のからだは男にとっては気持ちがいい」という共通認識があり、すべての男が必ずしも勃つわけではないが、気持ちよさ(善)とからだを売ること(悪)も、一晩眠ってしまえば善悪の彼岸であった。
酒井法子 今夜もニュースホリック

受験戦争、モーレツ社員の「モーレツ勃起」を支持する「深夜11時説」もある。
「譲れない夜」「つらい夜」を支持する声は根強い。
地方自治への人気とそれは匹敵するものがあった。
SPEED All my true live,

また「地方自治に人気があるなんて嘘だ」という人もいる。
あくまでも、受験であり仕事であり、深夜の帰宅が男であるとし、「夕方六時説」は「外国国家による作家の才能への投資」に過ぎないとしたのだ。

そこで、「夕方六時説」も、モーレツ社員=背広組が仕掛けているのであって、制服組の現金によって動いているのではないとし、
リバタリアンという概念が「背広組」としての「深夜11時説」を支えているのではなく、「夕方六時説」にすら介入する「自分を持っている人」のことであると言われるようになった。
地方自治は、夕暮れ時の逢瀬を想定し、夜早く眠り、朝早く起きることを念頭に自由恋愛を模索したが、これが「夕方六時説」を支えるリベラルでもあった(オーストラリア派)。
しかし、「深夜11時説」を支える受験戦争・モーレツ社員というモデルはロシアを背景に、仕事で「夕方六時説」すら、「先物」として仕掛けていたのだ。
酒井法子 サンクチュアリ

そもそも「警部」って何?とも言われた。
巡査、巡査長、巡査部長しか庶民は見たことがないほど、警部というのは偉いとされ、街で恋人たちに声をかけるほど身近な存在ではないという現状がある。
青島警部も実は、受験戦争・モーレツ社員というロシア派であり、オーストラリア派のカネを集めるために設定されたキャラだとも言われる。
モーニング娘。ペッパー警部

そこで、ロシアはオーストラリアを凌駕することができても、オーストラリアがロシアを凌駕することはないという指摘が可能になった。
「暑い国」「夜早く眠る国」「地方自治」「そもそもコンビニがあまりない」というオーストラリアは日本人の私の問い合わせにすら大使館員が心を閉ざしてしまった。

「地方自治」といっても「国」「中央省庁」には敵わないよね、と言われた所以である。
エリートは三世帯同居の孫や、公団住宅からは生まれないとも言われる。
松浦亜弥 The last night.

ツー・プラス・ツーが「4」になるのは、背広組と制服組の会談だけだった。
神だけが「夕方六時」派と「深夜11時」派の仲介役を務めるとした。
つまり、昼間の立会い取引は「夕方六時」派(オーストラリア派)と「深夜11時」派(ロシア派)の仲介をしていると位置づけたのだ。

ローマ人への手紙9:10-24 はたしてどちらが世の中の多数派なのだろうか。
マタイ26:24 ルカ10:20 昼間の間にイエスが答えるのを我々は待った。
これが昼間の立会い取引であった。
イエスの答えは「ベートーベンが流れるだけで双方が和解するだろう」というものであり、テレビ東京でベートーベンを流すことは基本的には行わない。
ベートーベン 月光

これらの対立に「仏教」が介入した。
誰が、キリスト教圏の「オーストラリア派」と「ロシア派」の関係を取り持つのだろうか。
そこに仏教圏が大きく広がった。
仏教の教えは、地方自治と「受験戦争・モーレツ社員」の仲介役を果たすことにその主眼があり、ただ「何もせず、何も考えず」に生きているだけでもありがたい人というのは確実にいるのだ。
株価が下がっても悲観することはない。
「もっと肩の力を抜けよ」というオーストラリア派のメッセージが支持を集めただけなのだ。
仏教やベートーベンは「働こうぜ」というロシア派と「肩の力を抜け」というオーストラリア派の仲介をすることしかできない。
私も、平成の「日経平均株価7千円台」のころが一番がむしゃらだったのだ。
酒井法子 ダイヤモンドブルー

この計算でいくと「オーストラリア派」「地方自治派」「ごみの分別派」を増やせば株価が上がることになる。
バブル再到来のためのテーマソングはズバりこれだ!!
瀬戸朝香 マイホームタウン

日経平均株価が上昇している局面ではこの曲を聴く。
貴島サリオ 未来の思い出に

下がっている局面ではこの曲を聴く。
瀬戸朝香 マイホームタウン

理論上は、プロ野球のBGMでこれを採用すれば全勝優勝も可能なのだ。

原油がジャブジャブ出たロシアでは「勝っている男」に謙虚さを持たせることが女性たちの支持につながった。
それもまた「繁栄教」と呼ばれ、アメリカニューヨークダウは青天井になって行った。
「未来の思い出に」
この曲を骨の髄まで思い知るとはどのような栄光に満ちた人生なのだろう?
しかし「将軍」はためらうことなく民にそれを歌わせた。
「勝って冑の緒を締めよ」ではなかった。
「ソーシャルミニマム」(社会の最小単位)とは「原油がジャブジャブ出る勝者」にだけ許されたものだった。
なぜ「未来の思い出に」なのか?
それは観客や投資家全員が「君主」であるからだ。
そういう球団・国と契約を結んだのが女たちであった。
つまりは「勝ち組」である。
女二人で男一人を奪い合うこともある。
つまりは「名目経済」とも呼べる現象が起き、常勝軍団を取り巻く女たちは常に美しい。
夜の街に落ちていく「美しい女」もいた。
負けているときは「マイホームタウン」、勝っているときは「未来の思い出に」という外角ギリギリのコースはあったが、それ以外は曲作りは自由である。
経済政策と「特殊」「結婚や芸能人」は異なるものだ。
SPEED Another sweet field.

男たち全員が「君主」であり、女たち全員が「美しい」ことを、常勝軍団は結果としてもたらした。
女子高生たちも続々と「契約」に参加してきた。
なぜなら「信頼できる大人たち」だったからである。
酒井法子 放課後のヒロイン

女子高生やそのほかの女たちが「政治参加」「球場に足を運ぶ」ためには、日経平均株価が強くなければならなかったし、球団は負けてはならなかった。
政治参加には「おカネという誘惑が必要」とされたのだ。
イギリス連邦やアメリカ合衆国で、このような「ロシアはなぜ原油がジャブジャブ出るんだ?」という研究が進んだ。
オーストラリアの「地方自治」「ごみの分別」などは当然、念頭にあったし、それはいかなる国においても前提であった。
しかし、「アウトコースギリギリのボールがマイホームタウンと未来の思い出にでは、飽きないだろうか?」という指摘があった。
そのへんはいろいろとボールの使い分けが必要であろうが、決めるべき時は決めに行かなければならない。

ファンに「勝ち方」「金の儲け方」「豊かさ」を学習させなければならなかった。
原油がジャブジャブ出ても謙虚であることが必要なのだ。
ロシアとオーストラリアは「口もきかない関係」であったが、その関係は「中国すらその緩衝地帯に過ぎない」とも言われている。

【予習復習】
日経平均株価が上昇している局面ではこの曲を聴く。
DeNAが勝っている時はこの曲をトランペットで鳴らす。
貴島サリオ 未来の思い出に

下がっている局面ではこの曲を聴く。
DeNAが負けているときはこの曲をトランペットで鳴らす。
瀬戸朝香 マイホームタウン

理論上は、プロ野球のBGMでこれを採用すれば全勝優勝も可能なのだ。

児童虐待の問題も、「女のノイローゼが原因」という割り切りはできても、夫としては「女子高生にモテる政府でなければしたがいたくない」と考えている。
つまり、日経平均株価の常勝軍団でなければ、女子高生が政治参加しないため、「俺の方がモテる」と考える夫は児童相談所を無視してしまうのだ。
児童相談所の職員であれ、児童虐待夫であれ、「男の器」が問われる。
パチンコで儲けるのも株で儲けるのも同じことだ。
「儲けさせてくれた方たち」にしたがわない男はいない。
株価はパチンコの出球に関わる問題なのである。
すべては、女子高生が「大人の論理って面白い」と思えるような経済政策を打つことにかかっている。
訳の分からない難しい資料は「仕事をしたくない」と言っているようにしか見えなかった。
もっと自信を持ったボールを女子高生も受けたがっていたのだ。
株価の上昇と女子高生の支持を背景に児童相談所は児童虐待夫に介入できるようになる。
「これが大人のアウトローいっぱい?」
マイホームタウンと未来の思い出にを聞いて女子高生は政府や児童相談所への支持を決めた。

守るべきルール(規範)は、女子高生にモテる男が作る。
女子高生にモテる男が「そりゃねえんじゃねえのか?」と言えばみんながしたがった。
しかも、「どのようにモテるのか」まで本に書いてあれば(純粋理性批判)みんな当然のごとくにルールにしたがうのだ。
日経平均株価が7千円台の頃はみんながむしゃらだった。
しかし、人格否定発言の頃は、犯罪が最多を記録し、日本国はアノミー状態に陥っていた。
児童虐待などの問題を「誰のせいに」すべきかが分かれば「父」という概念も明らかになるし、当然、「誰のせい?」が分かれば、誰が日経平均をコントロールすべきかも明らかになる。
なにしろ、「女子高生にもモテる」日本政府という前代未聞の作業だったのだ。
おニャン子クラブ 愛の倫理社会

ロシアの長い夜について語るのであれば、「譲れない夜」「運命」について語らなければならない。
私も、東大受験生だった頃は、家族が寝静まったあとに、台所でコーヒーを沸かして、静かに「運命」について考えたことがあった。
「今までどんな出来事があったのか?」はもはや誰にもコントロールはできない。
そして「何を信じているのか?」をお互いに攻撃しあう、そこに運命というものはある。
瀬能あづさ 永遠に友達

その「運命」の答えを知っているのは、周囲を取り巻く「女神たち」「天使たち」だけだろう。
モーニングコールをしてくれる女の子はいなくても、確実に「周囲を取り巻く女たち」にその「運命」の行方を左右されるのが男というものだ。
私も、瀬能あづささんの家庭教師をやって、彼女を泣かせたこともあった。
ひとつだけ「あっちゃん」に言うことがあるとするのならば「神は絶対に崩壊しない」ということだけだろう。
あの時あなたが夜中に何を考えていたかを後で知った。
うん、世の中は男性社会では必ずしもなかったよ。
女たちの支持がなければ男の「運命」すら実現しなかったのだろう。
「神は絶対に崩壊しない」ということの意味は、自分がからだで感じたことを文字にするしかない。
自分の体験談が支持を得られるのならば「マイホームタウン」「未来の思い出に」という二つの曲にみんなが興味を持つだろう。
女に見向きもされなかった青春時代でなければいいのだ。
瀬能あづさ クリスタルアイズ

過去は変えられない。
しかし、未来の日経平均株価やプロ野球の結果はコントロールできる。
私は「勝っているとき、日経平均株価が上昇したときは未来の思い出にを」「負けているとき、日経平均株価が下落に転じたときはマイホームタウンを」という人生経験だけは持っているのだ。

「運命」とは「決定」するものである。
運命論者は、何かが決定されるたびに暴れたり暴力を使ったりするしかできないが、決定論者は、自分の自由を制約して何かに没頭する。
「どのように?」を知っているか知らないかの違いが運命論と決定論の間に存在する。
「マイホームタウン」で医者に愛される感情を味わい、「未来の思い出に」で栄光に包まれた時に自分が何を考えたかを語らせてもらった。
「神は絶対に崩壊しない」
なぜならば、記憶があるからである。
「沈んでいく太陽を元に戻す力」
それは苦しみの結果身につけたものだった。
運命論者よりも決定論者の方が苦しみを知っている。
その分、未来をコントロールする力量がある。
長官の一面トップを「読む側」か「書かれる側」かの違いもある。
「長い夜」を経験しなければ無理だっただろう。
なにか得るものはあったのか?と聞かれると「音楽作品との出会い」「英語力」「法律の知識」などがあった。
今でもその才能は活用している。
「日経平均株価」と「プロ野球の結果」の二つしか今は見れないけど、それ以外にも論文は書き続けられる。
研究生活は難しい論文に満ちていたが、「難しさの嘘」も見破れるようになった。
さて、あとは人々が「結果」を見て「運命」というものを共有してくれればいいのだ。
自分ひとりの人生ではないのが作家というものだ。

作家は思ったことを文字にすればいいし、時にはテレビ局に番組を作ってもらえばいい。
しかし、ノートに何かを隠し持っているのならば、かならず、女が「話を聞かせて」と言って体を売ってくる。
それが「黒革の手帖」(純粋理性批判)である。
「猥談」だけで影響力というものは案外身につくし、それでいて、自分の好きな音楽作品を語る資格も得る。
「従姉妹」は決してからだを売っては来ない。
安すぎるのだ。無料の時もある。
しかし、「クラスメート」は高くつく。
クラスメートの女の子、職場の女と結婚するのならば、バックにいる「おじ」にまでカネを払う覚悟が必要だ。
結婚の障害物を一つ一つなくしていくとはそのような作業を言う。
おカネを稼ぐ力量を身につけることと、それでいて「ノートを見せてくれ」という女が出てこないように執筆活動をすることが必要だ。
亀井絵里 片思いの終わりに

執筆活動と言っても、国内最高の法学者の書いた論文のレポートをまとめるだけだよ。
上層部が読む「部下の用意したレポート」という奴だな。
国内最高の法学者に飽きたら、世界最高の哲学者の論文をレポートにしたらいい。
これが「執筆活動」の真実であり、これをやっているうちは女が「からだを使って」情報を聞き出そうとすることはない。
人間の「ものの考え方」には限界があるのだろうか?
どんな問題も「例の方法」で解くのならば信者も増えるだろう。
また、「テーマ」を選んで「例の方法」で解くことが必要であり、テーマはワイドショーなどをこまめに見ておく必要がある。
仲間が多い(プット)、女に優しい(コール)という二つはすべての基本だったけど、
どうやってその答えを導き出したの?という謎だけは残った。
それは「超勉強法」と言って、なかなか女には理解できないかもしれないね。
私の魅力に気が付かない鈍感な人

結局、世界最高の先生に指導を仰ぎ、予言し、笑いながら勝つ男というのが「抱かれたい男ナンバーワン」なのかもしれないね。

 
試合開始直前に流すBGM。ビジターの場合。
天国と地獄が見れること自体「勝っている」と言っていい。
そこで、ジョン・ロールズによると、これが良いとされている。
中盤に入ったら周知のとおりであるが、「入りの研究」は天国と地獄の研究が必要だった。
貴島サリオ 未来の思い出に

一番の神里がアウトになったら、地獄と位置づけこの曲を鳴らす。
攻撃権があるときしか鳴り物は鳴らせない。
そのあたりは、職業人としてのトランペット奏者の腕と経験次第だろう。
瀬戸朝香 マイホームタウン

 

デッドヒートと音楽(未来の思い出に、マイホームタウン)の関係はこの動画を見てもらいたい。
都道府県女子駅伝

トラック競技は音楽作品(未来の思い出に、マイホームタウン)を使うのならば、「クローズアップ、ナレーション、スローモーション、フラッシュバック」をもっと活用しなければならないね。
金栗記念選抜陸上

東京オリンピックでは、誰が強いのか、誰が人気があるのか、誰を勝たせるのか、誰のために日程を組むのか?まで考えて、映像を作る必要がある。

これは、パーソナルベストなどの予備知識がなければ映像が作れないが、興味深い。
ボルト世界新

「スターという勝ちゲーム」 「結婚という勝ちゲーム」 ドラマでは勝ちゲーム以外、誰も望んでいない。
無名独身役でブレイクすることは、「誰がスポンサーなのか、誰を勝たせるのか、誰のために日程を組むのか?」を明確にしなければならない。
朝ドラヒロイン抜擢は常にマイホームタウンと共にある。
昨日は、9回の選曲はマイホームタウンで正解だったが、6回、7回、8回と、無名独身や、既婚者、スター選手などの「ドラマの研究」がなされておらず、選曲は極めて難しかった。
「やっぱり、野球というものがわからん」(江夏豊)と言われるゆえんである。

一点ビハインドでも「攻撃権は権利である」とし未来の思い出にを流したら有効だった。
未来の思い出に 貴島サリオ

三時間もやるんだからな。
勝っていても空気を変える必要を痛感した。
記録に残しておこう。
瀬戸朝香 マイホームタウン

日経平均株価の高さや、国のスポーツの強さは、医療や食品、薬品、環境問題に影響を与える。
普天間基地の辺野古沖移設というのは「全国の女性たちの抑圧をなくす」ことから解決していかなければならないが、そもそも、それらの問題は「日経平均株価」「スポーツの強さ」で測定されるものだ。
児童虐待を防ぐためにスポーツや株は勝たなければならない。
女性たちの抑圧をなくすためにスポーツや株は勝たなければならない。
そのような趣旨から「アウトローいっぱい」のボール(音楽作品)はおのずと絞られてくる。
「夫が地域住民と仲良くしてくれる」(マイホームタウン
「夫が豊かで謙虚でいてくれる」(未来の思い出に
の二つはそのために選択されたものでもある。
「どーしてもって部分がある」
それは個人的な理由からくるものであってはならない。
児童虐待をなくすため、女性たちの抑圧をなくすため、つまりは「株やスポーツで強いこと」を必要条件とするものだ。
それ以外の「個人的理由」に国民の支持などない。

男が地域住民に溶け込み、豊かで謙虚であるという結論を株価やスポーツがもたらしたため、政府としては、株価やスポーツのおかげで政策が打ちやすくなる。
そのために、応援してやろうという気持ちが起きるのだ。
医療、食品、薬品、環境、この四つが主な政策の背景にある。
なでしこジャパンのワールドカップは、ただ国民の「夢」では済まされないものがある。
結果を「予言」するカリスマをもてはやすのは、医療、食品、薬品、環境の問題が解決してからだ。
女たちは「マイホームタウン」「未来の思い出に」だけで勝負に勝って国の問題を解決するカリスマに「面白かった」と言ったし、日常の悩みの解決にもつながった。
大勢の男たちの命運を「マイホームタウン」「未来の思い出に」つまり、地域住民に溶け込む、豊かで謙虚になると言う歌詞をイヤと言うほど聞かせて、結果につなげたのだ。
歌詞は男たちの「ソネット」(教科書)になったし、社会は健康になった。
これらの条件が整ってから、犯罪や戦争、自然災害と向き合えるようになる。
政府にも優先順位というものはあった。
タリバン(ギャンブルが好きなシーア派)はこれらの条件を満たしていたため女たちが軍門に下った。
花粉症対策、おいしい水道水、嫌煙ムーブメント、自転車のヘルメット着用義務付けはさらに優先順位が下がる。
株やスポーツに強い指導者というのは政府のすべての仕事を円滑に進めるのだ。
「男の条件」をソネットにする必要があったし、それで人生のピンチを救う必要があった。

スポーツ観戦が嫌いな男はほとんどいない。
さらには、「地域住民に溶け込む」「豊かで謙虚」な男を作ってくれるのならば、株もスポーツも政府として応援してくれたし、女たちもプライベートで「抱いて?」と言える男がたくさんいた。
松田聖子 抱いて

病気のない社会、食品や薬が行き渡った社会、環境が整備された社会というのは、たとえば、環境という問題が「勉強する環境」を意味することから、同和対策事業ともいえるものである。
「マイホームタウン」「未来の思い出に」の二曲に人生が制約されることに男たちはどうしても「飽きる」ことがある。
勝利を求める意味はこの二つにあっても、どうしても「勝つことにすら飽きる」ことがあるのだ。
それでも、結果は出さなければならない。
ゲームが終わったら、自由に音楽を聴けばいいが「スポーツ界からのメッセージ」や「常勝軍団」はこのようなところからしかもたらされない。
株高やスポーツに強いことは「指導者が父親として振舞う」ことから来るものだ。
多くのメリットの存在を知っているからなのだ。

国内だけでこのような「地域住民に溶け込む」「豊かで謙虚」な男作りを行うわけではない。
時には「国際試合」も行わなければならない。
世界レベルで戦う「メリット」も世界の指導者に見出してもらいたいし、ハーバードやオックスフォード、スタンフォードと関わったことのある指導者が多いことから、当然、理解しているものと思われる。

意思の自由は誰もが持っているよ。
でも、スポーツから逃げていたのでは、中国やインドの労働市場に「そもそも勝てない」のではないだろうか?
簡単なことではないか。
マイホームタウンや未来の思い出にを、三時間程度聞けと言っているだけだろう。
それで、勝ち組にはなれるし、社会というものを知ることができる。
そもそも野球とはなにか?サッカーとはなにか?を理解することもできる。
埼玉西部ライオンズや北海道日本ハムファイターズに喧嘩が売れないのに、小野光太郎に喧嘩を売るというのは見当違いなものだよ。

ローマ帝国では、王位継承で処刑が横行していたが、インドの「ゼロの発見」つまり「ゲームセット」の発見があったから、ヨーロッパでも、フェアプレー(デュープロセス)が成立したし、ビッグマネーが生まれたし、そもそも「王位継承がフェアなものになった」とされ、トマス・アクィナスは自分の時代を謳歌したのだ。
プラトンがどんなに音楽作品を書いても、アリストテレスがどれほど「有名なプロレスラー」になろうと、「フェアプレー(デュープロセス)」がなければ、王位継承と関与する資格はなかった。
perfume zero gravity

しかし、20世紀のアメリカ合衆国はすごかった。
メジャースポーツを続々と誕生させたのだ。
男には「メジャースポーツで戦う意思」と「アウトローを気取る意思」の二つがある。
アウトロー男というモデルは女の子たちの間でも確立していたが、シビアな局面で「あのときお前はどこにいた」と怒られた。
つまり、ノー天気な会社でなければ出世できなかったのだ。
また、アウトローな男は実際に喧嘩も弱かった。
かつてそのスポーツに親しみ、現在でもファンであり続ける、これがスポーツの世界を豊かにした。
アクィナスの才能は「その筋の人」にしか破壊力は理解できなかったと思う。

女の子が恋する理由は「仲間が多い、なにかやってくれそう」というところにあったが、今は、「適度なノイズ」も重視されている。
マイホームタウンと未来の思い出にを聞いたあとは、とにかく「ノイズ」が聞きたかった。
そこで「アウトロー気取り」も適当に必要とされたのだ。
「あのときお前はどこにいた」という言葉には怯えていたけどね。
会社やチームがシビアな場面を経験するたびに「アウトロー気取り」は排除されていった。
このあたりに「普段はモテる」男の扱いに苦労する理由がある。
私の「アメリカの行政学」にある「クリークの人事」とはこのことを言っている。
世界の「リバタリアン」(ロシア派)が「マイホームタウンと未来の思い出に、はどこから出たものだ?」と不思議がった。
私の祖母の遊佐道子(香淳皇后)らしい。

我々に意思の自由はあるのだろうか?
野球の話で喧嘩したり、そもそも勝負から逃げているうちはあまい。
「勝ち方」を語り合う分には喧嘩にはならない。
上司が「サッカーの決定力不足」を口にするたびに失望感を味わった。
「勝ち方」を知らないのだ。
いずれにせよ、プロ野球やサッカーのような「その筋」の人間がいなければ、アクィナスの偉大さも適当に誤魔化して終わっていただろう。

昨日、プロ野球で痛感したのだが、二曲のどちらかの選択になると、「7回」に戦況がこう着状態になる。
「7イニングストレッチ」として、「好きな曲を聴く」時間を作ったほうがいいかもしれないね。

今日みたいにゲームメイクができていると「7回」は非常に長くなる。
どうせすぐに「マイホームタウン」に戻っていく時間帯は来る。
7回に雰囲気がよくなるようであれば、すぐに「未来の思い出に」に戻ったほうがいい。
あくまでも「仕事」なのだ。

7回の確変が終わり、勝ちパターンに持ってくれば8回9回は勝負が見えているのだろうか。

9回はとにかく「ブレない」「焦らない」ことが重要だ。
未来の思い出にとマイホームタウンを的確に使い分ける必要がある。
マイホームタウンだけに逃げてはいけない。

最後の出来高はものすごいね。
わずか「7円」の勝利。
クローザーを発見するのに百年かかる。
ヒントは「最後の瞬間は光よりはやい」ということから、明日は「相対性理論 恋は百年戦争」を使わせてもらいます。
最後の瞬間だけは相対性理論にしたがいます。
3分ぐらいしか「跳ね返す」力はないため、何度も連発するものではないけどね。
相対性理論 (恋は)百年戦争

三浦コーチが出た場合に「マイホームタウン」にスイッチするが、ラミレス監督が出た場合は「相対性理論 (恋は)百年戦争」を使う。
継投の難しさもこれでクリアーできるだろう。

いい内容できているのに、ベンチがガタついてはならない。
多少のビハインドでも、先発投手に五回までは責任を負わせたほうがいいことがある。
今日は「4回で山崎康晃を使う」という実験を行い試合を台無しにした。

大量ビハインドの時は「チーム全体の利益を考えろ」と言われる。
AKB48 ティーチャーティーチャー

大量日ハンドの時に流行した「AKBグループ」。
AKB48 ヘビーローテーション

当然、この局面においてはAKBグループや坂道シリーズなど、皆さんの方が詳しい音楽作品を聴いてもいいことになる。

あるいは「ゲームに均衡が取れているのが現状である」としてオーディエンスを逃がさないという方法もある。
二人の女が「一人の男」に振られたことで認め合えたという曲だ。
酒井法子 平気!平気!

 

予算においても、補正予算は「二次補正は違憲の疑いがある」「三次補正以降は戦争を意味する」とされているが、株式市場で、未来の思い出にとマイホームタウン以外の、「継投策」をやってみれば、それが国全体の空気にどれだけネガティブな効果を与えるかが分かるようになる。

単一の発信源が「音楽作品の継投策」をやるのはあまりにも危険だ。

私は、この論文をNHKと産経新聞社に提出したが、それでも「単一の発信源」には変わりはない。

野球でいうと七回(ラッキーセブン)に、両陣営は膠着状態になる。
そんなときに「セブンイニングストレッチ」として「何でも聞いていい」と言ったが、ゲーム理論の王道はこの曲だ。
こわれかけたピアノ 高井麻巳子

相対性理論というものは、時間の同時性(特殊相対論)と慣性の相対性(一般相対論)の二つを意味する。
とにかくリアルタイムに発信しなければ意味がないことと、状況の常に逆を張っていなければならないことを意味する。
ジャパネットたかた キン肉マン

日経平均株価ならば常に「テレビ東京」と相対性理論を成立させるテレビ東京の「カウンターチャンネル」が必要になってくる。

ドゥォーキンは、「美人と障害者」の関係も指摘している。
障害者 美人

世界の主流は、ニュートン物理学に「光速」というものがローレンツ変換に入ってしまったことから、相対性理論、そして「相対的場の量子論」が主流になっている。
量子論というのは「子供の研究」であるが、それが芸能界では「子供たちの逆張り」というものがウケるようになっているのだ。
光速というものは「ゼロの発見」からもたらされたものだと思われる。
「子供たちの逆張り」(相対的場の量子論)が芸能界であると言っていい。

アキレスと亀という問題は「女は男を追い抜けない」ことをテーマにしている。
男同士、女同士で「コノヤロー!」と追い越しあっていることに迫力を持たせた。
Qlair 君住む街

この技術を私は「オールジャパン」と名づけたい。
憲法学会の「日本語が出来る人が日本人」という発想も、オールジャパンがなければ成り立たないし、行政指導と行政調査が明らかにならなければ「オールジャパン」は生まれなかったのである。

 

2019年6月12日 (水)

アジアの安定感とメールの記録。

ロシア大使館宛てメール。

こんにちは。
神奈川県に住んでいる小野光太郎と申します。
実は。私はロシアの研究をさせていただき、非常に興味深いことが明らかになりました。
注目すべきことは「ロシアのコンビニエンスストアのクオリティの高さ」だったのです。
エリートほど夜遅くまで起きていて、ラジオを聞いたりしながら勉強します。
そのために24時間営業のコンビニエンスストアが発展します。
この背景にはウォルマートの存在が指摘できます。
一方で、ロシアにはもちろん大学もありますが、一流大学に合格しても18歳ぐらいでは「誰を排除したらいいのか」「異性を遠ざけたらいいのか」が明らかではなく、29歳ぐらいで司法試験に合格する頃にはこのことがわかるようになっている、つまり、そのためにウォルマートというものはあり、一方で、ロイター通信が「エリートの政治生命を奪う女たち」のネットワークを持っています。
カントの純粋理性批判は、世界の指導者層の「口説き文句」を集めたものであり、ロイター通信によって作られたものです。
ロイター通信は、エリートに女をあてがうというネットワークであり、黒革の手帖(純粋理性批判)を作り上げるためにあります。

さて、ウォルマートとロイター通信は、原油価格を背景に、世界レベルで巨大な車輪を回していますが、北方領土問題に関しては、「日本の暴力が嫌い」「暴力をつかったものが歴史に名を残すという発想の否定」(東京裁判史観の否定)を行わなければなりません。

つまり、子供たちに歴史を教える時には「資金力は挑戦者の資格」ということを踏まえて、「お金を集めるのがうまかった人」が歴史に名を残していることを教えなければなりません。
北方領土問題というのは、ヨーロッパではない日本国に、そのことを理解してもらうまでは解決できないものと思われます。
つまり、文部科学省にそのことを周知徹底できる力量を持ったものにしか解決できないのです。
女の子は「幼い頃のセックス」でも髪が短くなりますが、「お金に酔う」ことでも髪が短くなります。
つまり、北欧ショートボブなどの女の子の髪型は、歴史を正確に教わったからこそ出来上がったものです。
是非、「暴力の否定」(東京裁判史観の否定)と子供にヨーロッパの歴史をしっかりと理解してもらうことを日本国内に周知徹底することで、北方領土問題の解決の方法として提案させていただきます。
今回は以上です。

 

中国大使館宛てメール。

こんにちは。
神奈川県に住んでいる小野光太郎と申します。
台湾という島は中国にとっては「おばさん」でありまして、しかもかなりその力は強いのです。
ただの婚約者とは異なり、「中華人民共和国が日本国やアメリカ合衆国と結婚するために天文学的数字の金額を支払わなければならない」おばさんなのです。
台湾がある限り、日本国もアメリカ合衆国も、中華人民共和国と結婚することはあり得ないし、もはやその金額は値段がつかない状態です。
それが日本国とアメリカ合衆国の魅力でもあるのです。
中国は南シナ海に進出した結論は「台湾を支配する」ことにありましたが、アメリカと中国が戦争になれば、中国は非核化された上で、日本やアメリカ合衆国と仲良くなれますが、習近平国家主席が「中国の歴代皇帝と同格」とされることはありません。
中国は台湾を先制攻撃してはならないし、あくまでもその解決法は平和的なものでなければなりません。
しかし、台湾に天文学的数字のお金を支払うということの目的は「日本やアメリカ合衆国と結婚するため」であることを理解しなければなりません。
今回は、台湾についてメッセージを送らせていただきました。

 

韓国大使館宛てメール。

こんにちは。
今回は竹島についてお話しさせていただきます。
アフリカに「バケツとはソクラテスの叡智である」という言い伝えがありまして、バケツをいろんな職場が奪い合うと、その見識の深さにバケツを奪い取った男は女たちの奪い合いになります。
そこで、竹島というものは、日本国と韓国の間にある「バケツ」と位置づけ、そこにはソクラテスの叡智が詰まっているものと考えなければなりません。
タワシなどは奪い合いの対象にはなりません。
竹島は日本国はタワシと考えているかもしれませんが、両国の共通認識として「バケツである」と位置付けなければなりません。
そこから、「お金になる竹島問題」というものが生まれます。
現在は、日本国は「国際司法裁判所に委ねる」「そうすれば日本国のものになる」と考えていますが、この考えを捨て、韓国と日本の間に存在する「バケツ」「ソクラテスの叡智の奪い合い」という認識に改めなければなりません。
つまりは、実効支配の問題ではなく、「お金で争う」という認識が必要になってきます。
現在の日本国の経済規模と韓国(アジアの虎)の経済規模を考えると、韓国は「日本国に挑戦する資格」を竹島に求めています。
この問題は、ソクラテスの叡智、バケツの問題であるということを両国の国民に理解してもらい、日本国の最も信頼できる友人としての韓国の経済発展に役立てなければなりません。
このことを今回はお伝えして終わりたいと思います。

 

インド大使館宛てメール。

こんにちは。神奈川県に住んでいる小野光太郎です。

インドは「アメリカの核兵器によってすべてが変わった」とされており、美男美女を生む仏教にしたがいながらも、「経済制裁のない核クラブ入り」をするための宗教であるヒンドゥ教を生み出しています。現在、私は日本とインドの関係を以下の論文で書かせていただきました。是非、読んでみてください。

インドについて

 

小野光太郎

 

現在、アメリカ合衆国は「2019年のはずだったのに2040年が来てしまった」と考えており、日本という友人は「もはや古すぎる友人」となるだろうと考えている。 本当の、2040年には、アメリカは「若い国」となっているため、「69歳の小野光太郎とは組めない」と考えており、インドネシアやフィリピンを「将来の友人」として期待している。 平成生まれの「40%が子供がいない、50%が孫がいない」状態になるとされ、アメリカ合衆国は「若きアメリカには若き友人を」と考えている。 一方、中国は、「小野光太郎の真似をする奴」を政府から排除し、草の根で日本批判をしていた人間を政府に引き込む作戦に出た。 中国が民主主義を否定したことから、世界の発展途上国から民主主義が失われた。 人間の半数は女性であるとする小野光太郎包囲網がアメリカと中国でこのように敷かれたのだ。 私は、中国には「台湾を買うのはあまりにもコストが高い」と中国にメッセージを送ったし、韓国には「竹島を国際司法裁判所に持っていくつもりはない。バケツを争うつもりで韓国を豊かにしてくれ」とし、従軍慰安婦問題を謝罪した。 一方、北朝鮮には「日本国は戦争のやり方を首相官邸が理解している。北朝鮮の核の半分は不愉快だ」というメッセージを出している。 日本の周りを見回すと「韓国とヨーロッパしか見えない」現状がある。 河合その子 青いスタスィオン

2019年6月 6日 (木)

矛盾と実践。

矛盾とは、男だけの社会で何の結果も出せず、堂々巡りすることを言う。
実践とは「処女の役割」という意味である。
結果の出せる連中ならば、処女などいなくてもギスギスはしないが、結果がでないと(矛盾)処女が必要になってくる。
成績の向上などの結果が出せると、「処女なんて必要ない」という雰囲気になるが、結果がでないと、「処女が寄ってくる」のだ。
毛沢東の、キャリアの推進力と言われる「矛盾と実践」とはこのような趣旨の論文である。
ビートルズ レボリューション

結果の出せない男に「男らしさ」などあるのだろうか?
松任や由美 ノーサイド

この毛沢東の論文は「中国という巨大な社会」の階層化を進めた。
高橋由美子 負けてもいいよ


クラスの上位の連中の中にも「結果を出せなくなる」男は確実にいたので、処女が虎視眈々と狙っていた。
下位の連中は簡単に女が落としていたので、中堅クラスが冷静に自分の時代が来るのを待った。
女の子たちは本当は「中堅クラスの冷静な男」が好きだったのだ。
そのため、上位陣の中の脱落者に「敗北の文学」を送り続けた。
下克上があったために、上位の中の上位と中堅クラスが東大で合流した。
高橋由美子 こんなにそばに居る

上位の中の上位は「大学に研究者として残る」という意味では優遇されている。
しかし、毛沢東や宮本顕治が考えていた「社会のダイナミズム」を「理解する立場にない」という意味では、金融には向いていない。
毛沢東、宮本顕治、さらには、チェ・ゲバラと言えば逆らわないのが年寄りだったからだ。

「男らしい」のは、負けた男ではなかった。
最終的には、「勝った男」が「負けた男と女の事情」を理解することが必要だった。
中堅校出身の男は「ベースライン」の存在によって人事で辛酸を舐めるだろうが、毛沢東や宮本顕治が味方ではないか?
子供の世界と大人の世界では「ベースライン」の扱いが違う。
社会人になってもそれは同様である。
何が男らしいのか?
それは「敗因を知っている勝者」であろう。
「女心を理解しつつ、中堅クラスから下克上を果たした」男の方が金融に向いている。
放課後に落ち込んだ少女 おニャン子クラブ

アメリカ合衆国では、共産党が非合法化された。
中堅クラスの高校からハーバードやスタンフォードに入ることが禁止されたも同然だったのだ。
毛沢東や宮本顕治、チェ・ゲバラの金融を禁止したのだ。
そこで、一流私立高校以外にアメリカ高等教育は門を閉ざしてしまった。

とにかく思春期の女の子はメランコリーに陥るのだ。
クラスメートの上位陣から負け犬が出てくると容赦なく狙った。
私のメランコリーをどの男子のせいにするかを考えた。
結婚する気なんてさらさらなかったわ。
なにしろ、私と同じように落ち込んでいる男の子と波長が合うだけだから。
思春期を通り抜ければ、そのような男子には用はなくなった。
高校というのはニューヨークのアッティカ刑務所ね。
出所(卒業)してしまえば事情は変わるのよ。
毛沢東や宮本顕治は、ベッカリーアやミシェル・フーコーを参考にしていた。
フーコーの「監獄の誕生」という監獄という意味は「高校」ということなの。
檸檬の年頃 AKB48

思春期の女の子の「メランコリー」に「罰の起源」があった。
「恋愛と結婚は違うゲーム」
それは、毛沢東や宮本顕治を起源とするものであり、思春期の女の子たちの「弱い男を罰する力」を背景に強烈な支持を得た。
どの年寄りも、毛沢東や宮本顕治といえば「若かりし日の自分」を思い出したし、逆らおうともしなかった。
あのゲームの勝者があなたなの?
中堅校出身の男を見てそう思ったのだ。
河合その子 緑のポインセチア

ほろ苦い「恋の思い出」を持たない年寄りはいなかったため、毛沢東や宮本顕治、チェ・ゲバラはその心理を巧みに利用した。

マザー・テレサは、自身の自伝において「とてもミステリアスな経験だったわ?」と、自分が思春期にメランコリーになって、男の子を「罰した」記憶を赤裸々に語った。
なにしろ「そういう夢を見た」としか覚えていなかったからだ。
雪が降りしきる中を神さまに盗み見されたみたいよ。
「愛とは奪うもの」と信じていたの。
私が好きになった男の子の人生がダメになっていくのも見た。
でも、もしあの時、私の方から行かなければ、男の子たちの争いは治まらなかったと思う。
毛沢東や、宮本顕治、チェ・ゲバラの噂を聞いたのもその頃かしら?
工藤静香 ミステリアス

この、ミステリアスな経験を知っているのならば、あなたは私たちの仲間ね。
年寄りはみんなそう考えた。
上位の中の上位ではない、中堅校出身の革命家が「高校という名の監獄」で何を見たのかを知っているのならばね。
マザー・テレサの証言を元に、ミステリアスな女の子の思春期を資金に変えた革命家は、彼ら自身がミステリアスな存在となった。
今となっては楽しかった思い出だったから、理解してくれる男性はみんなミステリアスな革命家となっていた。

アリストテレスは「偏差値」の計算方法を考えたし、どの男の子も偏差値をもっていた。
しかし、それと同時に「愛Qテスト」も考えていた。
偏差値だけではどうにもならないのが「女心」だった。
偏差値が高ければ、当然、「女心」にも詳しいはずである。
なにしろ、時代の教科書が変わってきたのだ。
毛沢東も、文化大革命において、「時代の教科書」を書きたかったのだ。
「女心に詳しいソクラテス」以来、世界の政治家で違うやり方をするものはいなくなっていた。
クラスの上位陣から脱落者をなくすのが、アリストテレスのやり方であり、中堅校の冷静な連中が、上位の中の上位と東大で合流することはアリストテレスは想定していなかった。
敗北の文学にせよ、矛盾と実践にせよ、共産主義というものはのちの時代の発明だったのだ。
うしろゆびさされ組 偏差値BOY

もはや、令和の時代は、平成の「失われた20年」の時代とは違ったのだ。
偏差値の高いものは当然、小野光太郎を読んでいたし、脱落者を出さなかった。
毛沢東や宮本顕治という「中堅校から東大に入る」ことをアリストテレスは想定しておらず、ヨーロッパの古典に回帰するか、共産主義を選択するかのどちらかだった。
イートン校などは完全にヨーロッパの古典にのっとっていた。
アメリカ合衆国も、毛沢東や宮本顕治、チェ・ゲバラを否定した。
ニューヨーカーも「カストロのすべてが許せるわけではない」と語った。
音楽作品を聞き、プロレスを見ながらも、偏差値の高い連中は誰も脱落しないのが反共ムーブメントだった。

D.T.スズキは、日本の主婦層に「美少女の写真」を大量にばら撒いて、日本人の女の子の顔と、朝鮮人の女の子の顔を明確に区別した。
日本の「処女マーケット」は明らかに変わったし、毛沢東や宮本顕治の立場から中堅校に東大に入ろうが、上位の中の上位の連中と東大に合流しようが、アリストテレスの立場から「女心」に詳しくなろうが、自由民主党(原理研究会)と共産党(民青)が東大で共存し始めたのだ。
ロマンスかくれんぼ

本来、灘や開成ではなく、横浜市立南高校出身の私は、原理研究会(自由民主党)ではなく、民青(共産党)つまり、キリスト教ではなく仏教の側に属すべきであろうが、スタンフォード大学にはそのような区別はない。
共産党系の私でも、政府与党に入ることが許されるのがスタンフォード留学である。

私も高校時代のアメリカ留学がなければ、キリスト教(自由民主党系)ではなく、仏教(共産党系)に位置づけられていただろう。
留学のおかげで、横浜市立南高校でも「灘・開成と同格」という地位を得ていたのだ。
酒井法子 エアメール

法然や親鸞、日蓮は、「可愛らしいジャパニーズビューティー」を生み出しており、灘・開成出身の東大生という「キリスト教系」のかなり暴力的な存在とは距離を置き、協調性と、学歴はなくても可愛らしい女の子に恵まれるという仏教を考えたのだ。
中堅校出身か、上位の中の上位かというのは、毛沢東や宮本顕治、アリストテレスの対立であり、アメリカを知っているのならばそのような軸はそもそも存在しない。
もっとも、「東大ではない」のならば各教団の指導者にはそもそもなれないのだ。

仏教は「集団指導体制」を好み、キリスト教は「君主制」を好んだ。君主制が民の支持を得たら共和制だった。
キリスト教と仏教を巧みに操る君主が共和制の背景に存在し、多くの懸案を解決して民の喝采を浴びた。
仏教の世界は「キスとスキ」が多く存在し、人気があったし、偏差値だけではない、英語だけがすべてではないという連中が仏教に集まった。
キリスト教とはエリートのものであったし、原理研究会というだけで、恋愛から排除されてしまう。
民青(仏教)の方が駒場では人気があったし、上位の中の上位の連中が中堅校出身者に一歩譲る慣習があった。
「キスとスキ」を知らない者は世の中を知らないと思われたのだろう。
高橋由美子 ウェルカム

仏教の世界では「法」というものはあるが、キリスト教においては「法」とは呼ばないだろう。
あくまでも「キスとスキ」の世界にこそ「法」というものは存在しえたのだ。
男女でみんなでワイワイやったほうが「査問」も行えるし、いろいろと勉強にはなる。
査問の時に「法」は生きるし、実務家としての才能も育まれた。
しかし、その世界を離れて「研究者として大学に残りたい」と考えたら、原理研究会に所属したことを明らかにして、「みんなでワイワイ」の世界からハブられた。

「行政処分」というものは学生時代に「査問」を行ってきた経験から下されるものである。
つまり、「みんなでワイワイ」やってきたものが国家一種試験に合格していた。
一方、大学の研究者は原理研究会から昇格するものである。
キャンパスでの「みんなでワイワイ」は女子たちにも人気があったし、その人気がなければ行政も実効性が担保できなかった。
自分は民青なのか原理研究会なのかの判断を明確にしないと、学生としては居場所がなくなるものだ。
学生のサバイバルは、そのようにしてなされたし、「親のカネ」もそれを背景にして大量に流すか、資金を引き上げるかが決まった。
子供なりの判断が学生には求められる。

仏教の世界には男女が満ちていて、「みんなでワイワイ」やり「法」にのっとって「査問」というものを行う。
私の叔父の一人に、「豊臣秀吉の末裔」という人がいて、豊臣秀吉が「刀狩を行う前の横綱」であったことから、平成天皇との関わりをそのように語っているものと思われる。
その叔父が「酒井法子の実父」であったことから、「男社会の堂々巡り」の世界に「処女が近づいてくる」というよりも「娘がトップアイドルである」ことから、飲み友達を増やしていく実態があった。
また、酒井法子の妹は、ribbonの松野有里巳であった。
私は、東大に受かった時に、酒井法子と松野有里巳の二人が家に遊びに来るというなんとも贅沢な経験をしている。
とにかく、私の叔父(豊臣秀吉の末裔)は、娘をアイドルにするということから仕事を成立させていたのだ。
自らの発言に「教科書レベルの」精密さを求め、それはつまり「処分性」となっていた。
また、娘二人が「処女ではない」という噂を立てられることは、自らの権力と関わったために、非常に敏感になっていた。
酒井法子、松野有里巳、そして私の妻がどのような血縁関係にあるかは明らかではないが、「娘こそが権力基盤」ということをもっともよく理解していた平成天皇の戦友だったようだ。
私も、3人の娘のうち上の二人を芸能界に送り出そうとしているが、すでに皆さんがCMクイーンとして知っている女の子が私の娘かもしれない。
酒井法子 涙が止まらない

年寄りの女性にとっては「ミステリアス」な経験であった、男社会の上位の中の上位と中堅校つまり、原理研究会と民青の関係であったが、高校時代が「ミステリアス」なのであり、原理研究会と民青はすでに大学であり、大人の入り口をくぐっていた。
アメリカ合衆国が原理研究会のバックにあり、中華人民共和国が民青のバックにある。
財界をバックにした男子校・女子校、そして男女共学はこのような関係にある。
私は、横浜市立南高校出身であり、お受験の事情を踏まえると、中国と結びつかざるを得ない。
しかし、高校一年の時に夏休みを返上して英語の勉強をしたらアメリカ留学が許可されている。
つまり、アメリカ合衆国と中華人民共和国の両方を見据えることが可能になったのだ。
英語の次の第二外国語は中国語であった。
民青の中から「大学に残る」と言い出した者は「民科」と呼ばれて差別された。
日本共産党や中国共産党は、年寄りの「思春期のミステリアスな経験」を資金源としている。
毛沢東の「矛盾と実践」、宮本顕治の「敗北の文学」からそれは明らかであった。
「娘がアイドルをやっている」「処女なのかどうかは重要な問題」と考える大人の事情とは別に、毛沢東や宮本顕治は「処女を失ったときの思い出」を資金源にしていた。
ribbon リトルデイト

 

余談ではあるが、「小野光太郎をいじめている」と自慢する者(山本信一郎宮内庁長官、西村泰彦次長、その他の宮内庁全職員、参議院議員の山谷えり子など)は医者が治療拒否をする必要がある。

男の子は「上位の中の上位」から脱落してくることがある。
女の子がだんだんキレイになってくるからだろうという側面があると思われる。
女の子よ、どんどんキレイになれ。
中堅校の冷静な連中はそのおかげで、東大で「上位の中の上位」と合流できるのだ。
しかし、上位の中の上位が原理研究会で、中堅校が民青であるという違いが東大で生まれた。
民青の連中が「大学に残りたい」と言ったら「民科」というレッテルが貼られる。
通常は、原理研究会=キリスト教=君主として大学に研究者として残るのが王道だった。
しかし、民青=仏教=衆愚制として研究者に残る方法もあったのだ。
赤い靴のバレリーナ 松田聖子

100メートル走、200メートル走など、メートルが数学できっちりと決まっていなければ、「男らしさ」を語る基盤がない。
「会期の延長」なんてものは本来想定されていないゲームなのだ。
ゴールの切り方に不満のあるものが会期の延長を主張するものだ。
カール・ルイスは、レースの途中でベン・ジョンソンを二度三度ふり向いた。
このような時に「首相の解散権」が抜かれる。
家庭内で「弟」が生まれると、長男は弟を二度三度ふり向かなければならない。
しかし、そもそも、原理研究会だの民青だのいうのは長男だろう。
社会から多くのものを家庭に持ち帰ってくる必要が長男にはある。
家庭内における「堂々巡り」もそれによって変わってくるのだ。
「バーモントのコミューン」のようなものを民青は持っていて、仲間も多い。
所属すれば、親も喜ぶだろうが、「不潔な連中」と言われても仕方がない。
なにしろ衆愚制なのだ。
君主制ほど高貴なものではなかった。
ハウスバーモントカレーCM

処女にとって、男らしい男とは「何かに傷ついている」男であった。
それは女の子が去勢をかなり暴力的に受けることから、同調行動が取れるからである。
学者として「君主制」の立場に立つか「衆愚制」の立場に立つかがキリスト教と仏教の違いであったが、どちらも「国民の人気」を必要としていた。
君主制が国民の支持を得られるのならば共和制であり、何か大きな仕事をして民を「アッ」と言わせなければふたたび君主制に逆戻りであるし、衆愚制ならば民に「考えるヒマを与えない」という側面がある。
いずれにせよ、君主へのハニトラとしての処女がいなければ、民青も成り立たないのだ。
鈴木亜美 Our days

上位の中の上位から脱落した男は、頭をつかってきた以上、「勃起した」のである。
そのようにして処女と、上位の中の上位から脱落した男は「ブルーな恋人同士」となったのだ。
すみれ色の涙 岩崎宏美

上位の中の上位の連中に、成績が思うように伸びずにギスギスしている男がいたら、ゲームの世界が巧妙に入り込み、女との出会いの場を与えた。
「女の口説き方ならば知っているよ」と考えた男の子は「ニンテンドー」の「インテンドー」(思う壺)にはまる仕組みになっていた。
高校時代から付き合っている女というのはそのようにして生まれたし、下手な別れ方をするよりも、ずっと付き合っていたほうが、成績は伸びるだろう。
一浪、二浪というのはそのようにして生まれたし、東大にも普通にそういう人はいた。
「二浪以上は信用できない」というのが企業の考えであり、原理研究会でも民青でもない就職組はそのようにして存在した。
彼女がすでにいるから、就職において「セックスサークス」に加われない、しかも、「仕事をする能力がまだ身についていない」のであり、それが「二浪以上は信用できない」という意味であった。
原理研究会は学者に向いており、民青は司法試験や国家一種試験に向いていた。
教会法を書く学者か、法を書く実務家かの違いがあるが、「彼女がいるのに新卒?」という扱いを二浪以上の男は受けざるを得ず、どのみち別れざるを得ないだろう。
いちご白書をもう一度 バンバン

上位の中の上位からこぼれおちた男は、それなりに有名だった時期がその筋ではあったため、女にとっても「気持ちがいいもの」だったのだ。
挿入だけが気持ちいいのではない。
とにかく、空気が気持ちよかった。
男にとっては「有名で女らしい」女への挿入は気持ちいいが「射精の時の感覚は同じ」であるとアタナシウス派は結論付けている。
もっと、「女の側から」「神=男を信じる」とはどのようなことかを理解しなければならない。
蛍の草原 松田聖子。

有名男ならば「ひとり上手」すら気持ちいいものなのだ。
世界一有名な男って誰?
それはイエスキリストだった。
イエスキリストでのひとり上手は気持ちがいい、これがカトリックであり、教会はイエスの肉体と呼ばれた。
ribbon さよなら

イエスキリストはとにかく強い政治家だったが、磔にされた時に、実況が「悪魔が倒れた!」と叫んだ。
こんなに気持ちのいい男は他にはいなかった。
世界の政治家が女の子をどのように口説いているのかを集めた「純粋理性批判」は、ロイター通信によって作られた「悪魔の書」であった。
カントは、ヒンドゥー教・仏教・ジャイナ教などの指導者の言葉すら網羅したのだ。
儒学もなかなかの強さを見せた。
女は、男の言葉を思い出しながら、ヨーガ(セクシャルポーズ)をやるだけで濡れ濡れになった。

東大生も、上位の中の上位だと、先生に進路を決めてもらっていたため、面白くない部分があった。
「そんなことを言っていると先生の印象が悪くなりますよ?」
そんな東大生がいるのは事実だったのだ。
それよりも「世界は広い。こんな小さい先生の言うことなんて聞いてられるか」という男の方が気持ちが良かった。
司法試験委員に逆らえないのでは、なかなか気持ちのいいセックスは難しいかな?
法律事務所の女の子は、そのような東大生を容赦なく不採用にした。
もっと「世界」を見てもらわないと、カントという「聞いたことのある名前」は「欧米の憧れのセックス」にとどまる。
普通にカントを理解していて欲しかったし、司法試験委員などという堅物に人生の命運を握られているうちは、欧米に劣等感を感じるしかなかった。
浅香唯 ピンクの結晶

さて、民青=仏教=中堅校の世界に、「可愛らしい女の子」がいるのは事実であるし、原理研究会=キリスト教=上位の中の上位の連中から脱落者が出ると、可愛らしい女の子がよってくるのは事実である。
なぜ、日本の女の子が可愛らしいのかは「禅」を理解しなければならない。
禅とは、中国語で「チャン」と言い、日本語で「ゼン」と言い、朝鮮語で「ソン」と言い、ベトナム語で「ティエン」と言う。
中国・日本・朝鮮・ベトナムの女の子が、「より可愛い」ことになる。
その秘訣は、妊婦さんが「美少女」の写真や映像を見て瞑想することにあるのだ。
「禅」にまで遡らなければ、上位の中の上位の連中がたとえ脱落しても「女の子に落とされる」という文化は生じないはずである。
松浦亜弥 絶対解ける問題

妻が「美少女の写真や映像」をまじまじと見て瞑想する背景には、パートナーの男の「苦しみ」がなければならない。
苦しみぬいた人生の中で癒しを求めていた男について、妻が「彼は何を考えていたのかしら?」と興味を持つことに「禅」の起源がある。
歳をとって出来た子供はブサイクだというが、周囲から「美少女」がいなくなっていただけであり、普通に、パートナーの男が「美少女」に癒しを求めていたのならば、妻も興味を持つだろう。
人生の若い時期には苦しみが必要であると仏教は考えており、それは、「美しい娘」の存在につながった。
男が苦しんだのならば、妻は「女の子が欲しい」と思うだろう(性)し、おのずと女の子が生まれる(自然)。
さらには、いずれは歌を歌うようになるほど可愛がられるだろう(道)。
苦しむがいい、苦しめ、いずれは「苦しみなんてものには意味がない」(ヘトロドクス)という境地になる。
ナガールジュナは、そのような「苦」の研究をする仏教の世界において「女の子の美しさ」というものを発見したし、それを踏まえて「エルサレムを尊敬しろ」とし、原理研究会と民青の共存を志向した。
娘が可愛ければ、自らの「処分性」「発言の重さ」につながる。
広瀬すず CM

中国の仏教も、いろいろ面倒な漢字がたくさん書かれているが、要するに、「苦しみの中に癒しを求めた男には必ず、いいパートナーが現れ、可愛らしい娘を授かる」ということだろう。
息子も案外ハンサムにはなると思われる。
普通に「禅」の世界を知らない大人たちからは「可愛らしい」「男前だね」といわれて済む問題であるが、父の苦しみが美につながったということは哲学者ならば理解しておかなければならない。

モニターに映し出される映像を撮っているカメラはモニターを写してはならない。
女の子に聴衆の視線を集めるためである。
片思いの終わりに

紀元前四世紀ごろには「マスターベーションの方法」は確立されていた。
とにかく異性を、イメージではなく「ガン見」する必要があるとされたのだ。
そのような習慣がないと、なかなか射精できなくなるし、成績が落ちてくると女の子に逃避しやすくなるのだ。

そもそも、「テンプレ」というのも、「女のルール」である。
テンプレにこだわる男の意味は明らかではない。
「くだらない男を取り合いしないように」
テンプレにこだわる男かどうかでくだらない男かどうかが分かった。
Anytime somokin' cigarett

「この条文に目をつけて」などと言われる男は、大所高所からの政治家にはかなわないし、宮本顕治勇退勧告の排除に成功した志位和夫は、宮本顕治には到底及ばない。
女の子のメランコリーの記憶と初体験(夢)を資金の出所にした宮本顕治に対して、条文に目をつけて勇退勧告を跳ね除けた志位和夫は「くだらない男」の仲間入りであった。

宮本顕治ほどの毛沢東に並ぶ政治家に「指導の誤り」が見え始めた。
組織に対して医学的にアプローチできなかった時代には「不必要な部分すら切除した」とした表現できない。
とにかく、勇退勧告が出たのは事実なのだ。

指導の誤りが見え始めたのならば、志位和夫は「組織の必要な部分とガンの区別」がつくだろうと考えたものと思われる。
宮本顕治勇退勧告を「条文」に目をつけて排除した志位和夫は、そのことが期待されていたのであり、今となっては「宮本顕治とは何者か?」が明らかにされており、日本共産党を豊かにした人物であることには変わりはない。

苦しみのない世界に身を置く者はガンになる。
これが医学であり、組織論も同じである。
しかも、苦しみのない人生には「美しい娘」がいないではないか?
仏教と民青、中堅校はこのあたりで非常に仲がいい。
キリスト教と原理研究会、上位の中の上位とは異なる論理があり、まるで職業人のように「受かった~!」と叫んでいた連中もいれば、私のように「生きるか死ぬか」の場面であったこともある。
それが東大合格者の発表であった。

原理研究会=キリスト教=上位の中の上位の連中と、民青=仏教=中堅校出身者という図式はあくまでも東京大学において想定されているものである。
自由民主党か共産党かという軸しかそこにはなく、また、研究者か国家公務員か弁護士しか想定されていない。
しかし、通常は「就職する」という道を歩むのではないだろうか。
そうなれば、立憲民主党なり国民民主党が存在する意義が見出せる。
あるいは社民党であろうが、とにかく「ブレないものが勝つ」のが労働の世界である。
恋も仕事も、これをより快適に保障する政党が強いのだ。
恋も仕事も

どんな仕事でも、続けていれば「ブレない」政党の政治家から情報が入ってきて儲かる仕組みになっていた。
離合集散とか野党共闘などというものは本来、「恋も仕事も」を選んだ人間には必要のないものだった。
「続けていれば仕事も儲かり、政党も大きくなる」
研究者としての私もそれは同じ気持ちであるが、読者である労働者も「何かいいビジネスモデル」は見つかるものなのだ。
「仲間を増やす可能性」(プット)と「女の子に優しくなる可能性」(コール)の存在や、「男女の出会いの機会を増やす」仕事か、「性病の治療をする」仕事かしか存在しない「恋も仕事も」の世界が、立憲民主党や国民民主党、社民党から「有効なメッセージ」を必要としていた。

お金を持っている男は、仕事というものをよく知っていたし、おのずと女もついてきた。
自分の会社の何が「男女の出会いの機会を増やす」あるいは「性病の治療につながる」のかをよく理解するようになっていたし、
テレビだけ見ていればいいから、という自由民主党=アカデミズムの都合とは別の「企業の富」というものが生まれていた。
離合集散・野党共闘など誰も望んではいない。
どの政党が「企業を豊かにするのか?」「労働者にお金を行き渡らせるのか?」が問われた。
ビジネスの研究や雇用の研究が雇うには求められ、自由民主党と共産党という軸は、東大生も社会に出てからいろんな政党に拡散していった。
「ビジネスの共通項は何か?」
これを探求する姿勢が大事だった。

テレビ番組の「スポンサー様」は企業であったし、芸能界も企業の富がなければ成り立たなかった。
しかし、自分の顔の美しさの起源は仏教にあったし、音楽の評論なども「宗教」の領域に入っていった。
ドラマは私は専門外であるが、ヒューマニズム(人間の瞬間のショット)は5分間のパフォーマンスを聞けば十分だった。
30分のアニメはメンデルスゾーンを聞きながら山場を作ったし、映画はバッハのブランデンブルグを聞きながら山場を作った。
45分のドラマは人それぞれだろう。
山場と言っても「女」か「障害者」が山場を作るものだ。
そのようにして、音楽を聴きながら編集したら、最後まで飽きない番組ができる。

ドラマにおいては「いじめられた者が」「肉声を語る」ことが許されている。
これは「三密」と言って、「歴史に残る名ゼリフ」が残るとされる。
ドラマを活用する理由はこのあたりであろうか。

仏教における、集団指導体制は、案外評判が悪い。
かつて日本軍が採用したのが「会議」であったが、今では世界に知られている。
しかし、「仲間を集める力量」だけが重視され、あとは「個人のプレゼン」を聞くというスタイルが確立している。
プレゼンにおいては「名目」(女の美しさ)が「実質」(男の労働)を引っ張るということと、「具体」(従姉妹の女の子)の方が「抽象」(クラスの女の子)よりも安く上がるということ、「特殊」(結婚生活)が「一般」(独身男女)を引っ張るということ、
などを理解する必要があり、それだけで、仲間を集めて、プレゼンをやると喝采を浴びる。
集団指導体制はあくまでも、個人のプレゼンの感想を語り合うにとどまり、みんなで堂々巡りをしながら何かを決定するものではないのだ。
大勢の人間が集まったのならば「映像を見てもらう」のが正解であり、集団指導体制というものは、その映像に関する議論を行うものに過ぎない。
「名目と実質」「具体と抽象」「特殊と一般」などの理解力を議論するのだ。
それが「ニアサイド」であり、何か言いたいことがあればトイレなどのファーサイドで囁く以外にない。
発言力のないものの話はトイレでも聞こうとは思わない。
プレゼンの機会を多く経験した者は、そのままテレビ局のプロデューサーにエントリーすることもある。
プランナー(審議官)というのはそのような仕事である。
一方、調査官と参事官は常に会議に参加している者だった。
これが「処女も憧れる」会議の実態だった。
いちばん、「事案の核心に迫る」映像を見ているのが企業や政府の幹部であったため、機密情報を知っていると言うのは一概に「心理学」とは言い切れないものがあった。
「会議は楽しい」
それがプレゼンをやる審議官や企業幹部の才能であり、社会人というものだった。
愛の倫理社会 おニャン子クラブ

マルクス主義は、民青=仏教=中堅校を基盤に広まったが、キリスト教=原理研究会=上位の中の上位の連中が「国際レベルで、階段を降りてくる」のを待った。
エリートがいつ芸能界をふり向くのか?に注目したのだ。
やわなイケメンではない、あくまでも「女の子の欝」を知っているマルクス主義者が必要とされていた。
とにかく、女の子は「欝」なの!
「名目と実質」「具体と抽象」「特殊と一般」などをフルに活用して楽しませてよ。
女の子の欝が晴れるのならば、男だって楽しいと思うね。
ジャニーズの「愛の対象」になるか「アイデンティティを要求されて愛される」というシンプルな作りだけは面白くないから。
河合その子 緑の少女

ソニーハンディカムのようなものはそのために作られたのだ。

「痛みや悲しみを人に見せない」そんなアイデンティティを嵐はギフトにおいて「愛する条件」に与えている。
女の子の教育にはいいだろうが、単純すぎる映像の作り方に男の側からの批判は大きい。
嵐 ギフト

余談であるが、男がギターなどの楽器が上達する条件に「エンザイム」の存在が指摘されている。
つまり、「喧嘩が弱い」ということなのだ。
私も元ボクサーであり、ギターを買ってみたものの、どうも「喧嘩上等」のメンタリティが抜けないため、ギターを放り投げてしまった。
「喧嘩が弱い」ということを骨の髄まで染み込ませないと、ギターは上達しない。
医学の見地から「楽器の才能」を指摘するのならばそのようなことから適性を判断していかなければならない。

また、筋肉に「薬のカクテル」を与えると哲学の才能に満ち溢れる。 私は、筋肉質な肉体に「寝る前だけの薬」を飲んでいる。

2019年6月 3日 (月)

具体・抽象。

もし、二元論(デュアリズム)というのが正解であるとするのならば「具体と抽象」という斬り方も出来るだろう。
具体とは「彼女」であり、抽象とは「おばさん」であるとも言われる。
セックスする関係、エロスつまり「個性に注目する」関係が彼女であり、おばさんとは「心ない存在」である。
しかし、なぜ、マルクスは「従姉妹と結婚しろ」などと言ったのだろうか?
渡辺満里奈 裸のクレヨン

ダンテは、インフェルノにおいて、従姉妹と結婚したら「心ないおじさんが優しくなった」としている。
「何が勃起か?何が芸術か?」と言われると、当然、「おばさん」という存在を想定しなければならない。
従姉妹の女の子とセックスすると「俺が17という数字を考えていたのが分かるか?」と聞くと、「分かるわけがない」と従姉妹は答えるだろう。
しかし、おばさんは「17よ?」と答えるだろう。
ここに、マルクスが王位継承において想定していた、「楽な勝ち方」が存在する。
私の父方の伯父は、令和を迎える前日に亡くなっている。
その真の意図は「娘への愛」から来ているのだろう。
「娘以外の女を選んだ」という「名誉と侮辱」本がジェーン・オースティンによって書かれた。
つまり、「心ない」おじさん、おばさんというのは「娘をふった男」を想定して描かれている。
「息子をふった女」というのも当然、可能性としては考えなければならない。
みみかきをしていると

一方、具体、つまり「セックスした従姉妹」とはお金のやり取りが生じる。
仮に別の女と結婚した場合でも、「従姉妹の女の子にお金をやる」必要があり、それがなければ「空気が悪くなる」とされる。
「うちの従兄弟が東大卒でね」という世間話でもお金には違いない。
それがないのならば多額のお金が必要になってくる。

木曜まで「心なくて」も、土曜には優しい男になっている。
それが娘とセックスした男の親父の態度だった。
しかし、それは良くその人柄を知っている従兄弟に限ってのことだ。
それ以外の「赤の他人」とはいろんな葛藤が多すぎる。
Strange kind of woman Deep purple

「従姉妹と結婚する」という発想は7世紀のペルシャでよく知られていた。
「具体と抽象」「彼女とおば」という概念、あるいは「心ないおじさん」が優しくなるという現象が知られてきたのだ。
「具体的なかたちじゃなく、もっと抽象的な気持ち」
それはつまり、「従兄弟」ではなく、もっと家族構成からその人の人柄から明らかではない「感性の弱い強烈な恋」という意味である。

エッチな話をたくさんして「おじからのいじめ」から逃げたのはイエスではなくパウロであった。
「オナニーの鉄人」とパウロは自分を自称し、いじめから逃れた。
イエスが「より高度なエロエロ話」を覚えなければ、キリスト教はパウロ教となっていたであろう。
あるいは、四つの福音書という形で、すでにイエスは「故人」となっていて、パウロの「オナニー列伝」しか残されていないかもしれない。

「具体」の関係だと「世界に通用する男かどうか分からない」という指摘があった。
しかし、「東大に受かったのなら」話は別だ。
おじの過酷ないじめの温床はここにある。

わずかな金じゃないんだ。お前が必要なんだ。特に娘にとっては、とおじはアクィナスに対して考えていた。
お金とはそのためにあるようなものだった。
「金額が数えられる、女を買える、どの女にも通用する」というのがお金だとケインズは考えていたが、マネタリストは「娘をふった代わりにおじに叩きつける」ものがお金の起源だと考えていた。
つまり、マネタリストはケインジアンよりも「お金の規模が違う」のである。
浜田省吾 money

娘はまだ子供だったため、「男というものはそういうもの」と考えてしまい、彼氏に高望みをした。
そのため、おじは甥を潰そうとしたのだ。

「ただのクラスメイト」とは異なる論理が「東大に入った男」にはあったし、親戚めぐりをしないのならば決して政治家など夢見てはならないと考えられている。
松田聖子 制服

従兄弟のカミソリ・オッカムはこのアクィナスの「おじにいじめられる」論理を利用して、アクィナスとともに出世した。
もちろん、アクィナスの熱心な読者であった。
アクィナスの弟のスコトゥスは、徐々に居場所を失っていったのだ。

おそらく「従兄弟」が具体的な恋であり、「クラスメイト」ならば抽象的な恋だと思われる。
どちらが危険なのかはよく吟味しなければならない。
具体的危険犯と抽象的危険犯の違いである。
抽象的なほうが危険性が高いのではないだろうか。
狼なんか怖くない 石野真子

抽象の場合は「ゲーム」「ルール」などが想定されている。
しかし、具体にはそのようなものはない。
どっちが危険だったかは「王朝の証言」がなければ分からないだろうが、少なくとも、私は従姉妹(具体)よりも、今の妻(抽象)により「危険性」を感じた。
ピンクのモーツァルト 松田聖子

抽象には「マネタリズム的お金」がかかるし、具体には「ケインズ的お金」しかかからない。
東大・王朝でなくても「原理は同じ」と言っていい。
「偉いおじにお金を払いきれなかった」44歳無職を責めるわけにもいかないだろう。

夢を語るのは「一人の女に二人の男」(実質経済)においてだけ存在するのではない。
抽象の世界にも「男の夢」は存在するのだ。
具体を清算しなければ「クラスメイト」「同級生」とも結婚できないだろう。
リゾナントブルー モーニング娘。

「恋に恋する」というのも女の子にとっては楽な仕事ではない。
「結婚に何の障害物もないだろう?」などと安易に東大生がいうものではない。
庶民には苦労が絶えないのだ。

マルクスは「生涯にわたって貧しかった」とされており、マネタリズム的お金よりも、ケインズ的お金のほうが「楽でいい」と考えたのだろう。
「眞子さまはなんで結婚できないの?」という一定の答えがここにある。
私はお金など要求しないが、「空気」というものは確実に存在するのだ。

台湾という国は「中国のおばさん」だとされているが、アメリカ合衆国が構築した戦術であり、「おばさんは来るかもしれない」と端的に表現される。
そこには、ケインズ的お金ではなく、マネタリズム的お金という金額の桁の違いが存在し、中国に与えられた「窓」は案外狭いとされる。
中国が台湾を手にしたら「習近平は歴代皇帝と同格」とされているが、問題は非常に難しい。

男の子が東大に入ったら、真っ先に手を上げるのは「娘がいるおじ」であり、ある意味、バカげたことではあるが、なにしろ、男の子が「勃つようになったのは」従姉妹のおかげという側面があり、東大生としても不当利得のようなものとなってしまう。
これが「具体」の世界であり、「ワクワクさせて」という抽象の世界へと男の子は導かれていく。
不当利得があるから、クラスメイトなどは「案外高くつく」ものであり、従姉妹と結婚してしまえば、不当利得の問題は生じないため、ケインズ的お金で解決できる。
片思いの終わりに 亀井絵里

名目(女の美しさ)と実質(男の才能)の問題もあり、具体(いとこ同士)の世界でも必ずしもカップルが成立するわけではない。
むしろ、「高くてもいいから」可能性を求めたいという抽象(クラスメート・街でのナンパ)などに魅力を感じる男もいる。
いずれにせよ、名目(女の美しさ)にこだわるのならば、お金(実質)が必要となり、しかし、実質賃金の値上げは抽象(クラスメート・街でのナンパ・ワクワク)につながる。
ワクワクする代わりに「どんなおじ」が女のバックにいるかは明らかではない。
Wakuwakuさせて 中山美穂

まるで、ブルドーザー事件のように、男は「従姉妹がいたから勃つようになり」「不当利得をし」そしてそれを「どのように吐き出すか?」という問題が、巷のカップルの間には存在し、ケインズ的お金(金額が数えられる、女が買える、どの女にも通用する)にとどまらず、マネタリズム的お金(おじに叩きつけるお金)という「利得が存在するものがお金を払う」という仕組みが出来上がった。

なぜ、巷のカップルは「高くつく」のだろうか?
家庭内で「その話は聞きたくない」という「偉いおじ」の話題が出てくるため、「お金を払わないとカップルの空気が悪い」からである。
あくまでも、「夫婦円満」「家庭内の雰囲気」の問題であるが、街で出会ったカップルにはそのような問題がつきまとう。
マルクスはこのことを「共産党宣言」において指摘したのだ。
松田聖子 真冬の恋人たち

私は東大文一に受かった時に、親戚中の話題を独り占めしたが、「男の子しかいない家庭」においては、私のことは一切話題になっておらず、「娘のいるおじ」が大騒ぎしていたことをうかがわせる。

独身男女(一般)が恋をして、セックスするのとは異なる論理が結婚した男女(特殊)には存在すると表現することも可能である。
「一般・抽象・名目」ばかりをアピールしているのが歌謡曲であった。
しかし、「大人たち」は「特殊・実質」の世界からメッセージを送っており、具体への不当利得を返そうとしていた。

なぜ、歌謡曲は、独身男女(一般)・街で会った恋人(抽象)・美しい女(名目)ばかり歌っているのだろうか?
結婚している男(特殊)・働く男(実質)が、おじに不当利得を返そうとしているという(具体)「若者にあまえ、女にあまえる」というあまえの構造が見られるのだ。
ね~え 松浦亜弥

音楽作品を公表する機会が減ったり、CDが売れなくなったことは、作品力が成熟経済の時期よりも下がったことを意味するのかもしれないし、「大人があまえられなくなった」(実質賃金の低下・株価の下落)という形で表現される。
あくまでも、芸能界が、行政の「処分」のエネルギーの背景にある以上、行政力の低下として表現される。
「歌が売れなくなった、テレビで見れなくなった」ことは国力に関わる問題なのだ。
「旧作としてすでに充実している」というのであれば、もっとキュレーターが成熟経済の時期の音楽作品を評論しなければならない。
「完成度の高い”あまえの構造”がバブル経済を支えた」
石井明美 Cha cha cha

 

「プットとコール」
経済学においては「プット」と「コール」の存在が知られている。
プットというのは「男の仲間作り」「多数派工作」を意味し、コールというのは「男が女のレベルに自分を下げる」ことを意味する。
仲間が多い男(プット)に、女のレベルにまで降りてくれると(コール)女としては非常にありがたいものなのだ。
篠原涼子 ムーンライトコール

プットに関してはすでに述べたし、男が多数派工作に成功するかを「オプション」にかけることをプットオプションと呼ぶ。
堅物の東大生にはプットオプション(将来仲間を作る可能性)も、コールオプション(女に詳しくなる可能性)もあるので各省庁から引っ張りだこだ。
道徳(多数派工作)

仲間の多い男(プット)でなければ、女は男がレベルを女の水準まで下げてきて(コール)も「身分が違う」などといって相手にしないだろう。
夜中の、カップルの成立を「オーバーナイトコール」と呼ぶのだ。
松田聖子 秘密の花園

「仲間が多い、何かやってくれそう」というのが恋の秘密ならば「プット」が成功したあとに「コール」が必要となる。
コール(女の水準まで下げる)ことと、プット(男の多数派工作)が常に共存している。

貯蓄、国民の金融資産というものは「国が女性に優しくない」(コールの問題)から引き起こされるものだ。
国が女性に優しければ、もし女の抑圧というものがなくなるのであれば、珊瑚の破壊すら許せるし、普天間基地の辺野古沖移設も実現するだろうし、国民の金融資産が市場に出回ることになる。
女に優しくない国というと、中国のほうが日本よりもひどい。
普通は貯蓄率は40%ぐらいであり、どの先進国でも「女の抑圧」の問題はあるが、普天間基地の辺野古移設が実現するようであれば、女の抑圧の問題はかなり緩和されることになり、日本という国が「女に優しくなる」ことを意味する。
コールオプションがかかっているのが、普天間基地の辺野古移設問題なのだ。

仲間作り、多数派工作(プット)は税収と関わる概念である。
小学校や中学校の「集合写真」をはじめ、大人になっても「集合写真」から税収が生じる。
学業や仕事が終わったあとは、しっかりと集合写真を撮って、税金を緩和(節税)する必要がある。

エンドロール 夏代孝明

本来、税金のために用いなければならなかったお金を、仕事に使えるということはいろんな「業績見通し」「勝敗の予測」に利用できる。
ジョン・コック・ウィルソンは、仲間を作る(プット)ために、18.44メートルなどの「プロ野球などのゲーム」をたくさん作った。
観客はもちろん勝負を楽しんだが、「本物のクレイジー」をファンは歓迎しておらず、「女の話ひとつ」できないファンは「家族に病人でもいるのかね」と思われた。
男は「女目当てで」ファンをやっていたため、モバゲータウンなどは非常にプロ野球チームの親会社として適していた。
野球ファンでることを口実に多くの女性たちが球団を取り巻いていた。
メジャースポーツの登場で、イギリスではポップな音楽作品が発達した。
勝負に勝つために音楽を売ったのだ。
勝敗が決したあとは、みんな、各自が「裁判官」としてのSNSに戻っていったし、勝負の「戦犯」を議論するなんてナンセンスだった。
ローリングストーンズ スタート・ミー・アップ

今後も、モバゲータウンは、男たちの「仲間づくり」に活用されるであろうし、男さえ「女性に優しけれ」ばコールも伸びる。
現時点では、仲間作りに活用されているのがモバゲータウンであり、女性に優しいかどうかは「通報」という仕組みはあるが、プットの強さが目立ち、コールは改善の余地があるだろう。
勝負事と音楽作品は常に手を携えて歩いており、また、女を口説く学問が発達しなければ「18.44メートル」という定義すらなされなかったであろう。
現在は、巨大掲示板では「家庭に病人がいるクレイジー」たちが球団の議論をしているが、別の「球団を問わない」サークルは確実にある。
楽天やソフトバンクも同じ考えから成り立っている。

セックスしても「男の体」「女の体」は何も変わらないだろう?
しかし、「性病の治療」のためにいろんなものを売買する。
売買契約の基本は性病の治療にある。
このことさえ分かれば、「女にお金をあげる」理由が明らかになる。
性病になったらノイローゼになり、男をほとほと困らせるだろう。
そのために、お金をあげる必要がある。
お金がなければ、女のノイローゼは治らず、DVや児童虐待の温床になる。
高橋由美子 ぼくをぶたないで

性病の治療のためにさまざまな製品を売って、男と女はセックスしお金のやり取りをする。
仲間を作る(プット)、女に優しくする(コール)という以外に学問の目的はあるだろうか?

うまくいくビジネスとうまくいかないビジネスがあるが、「性病の治療とどのように関わるのか?」という説明がうまくいくかいかないかを「見よう見まねで」仕事をしているからだろう。
男女の出会いの機会を増やすか、性病の治療をするか、どちらかを明確にしなければならない。
トンタン茶房

世の中には「ブランド物」というものがあるだろう。
「男女の出会いの場を与える」「性病を治療する」以外にビジネスの可能性はないということを理解したものが「カップ」ではなく「Tカップ」を作っている。
資金メカニズムの組み方がまったく異なる「職人」がいて、「Tカップ」が作られている。
モーニング娘。レモン色とミルクティー

そして、「ビジネスとは何か?」が分かっている金持ちが「Tカップ」を彼女にあげて女が喜ぶのだ。
ビジネスが分かっていない「凡人」がどんだけいるんだよ?と思いながら彼女は「Tカップ」でミルクティーを飲んだ。

隣の部屋の「昨年買ったテーブル」と、「自分が思い描くテーブル」が同じなのかどうか?
はたして自分はビジネスというものが分かっているのかどうか?
「男女の出会いの場を与える」「性病の治療をする」という二つがビジネスであるのならば、企業は「男女の出会いの場を与える」のに32兆円儲けて、医療は「性病の治療をする」のに八千億円儲けていることになる。
そのようにして、企業と医療は常にキャッチボールをしている。

欧米で「ビジネスの基本」が明らかになったため、「この甲斐性なし!」という憲法が日本国はかなり世界から遅れをとることになった。
女の怒りは実に103条にまで及んだ。
ヴィトゲンシュタインは「俺はお金のかかった男以外に写真は撮らないんだ」と言った。
プロスポーツの写真はこのことから生まれている。
ニュートンは「多数派工作」「仲間作り」(プット)と言っても難しいよ?俺は60年間誤解されてきた、と語った。
聖書を「錬金術」(精神医学)から分析することをその手法としていた。
ニュートン物理学というものは、日本でも高校の教科書になっているが、ニュートンは、錬金術(精神医学)から、聖書の分析をし、英国国教会で有名になった人物だった。
ニュートンを知りたければ、それは高校の教科書にはなかった。
「人々は誤解しあう重力に囲まれている」
新田恵利 Only lonely boy.

1642年にニュートンは生まれているが、1642年に英国で内戦が始まり、1649年にチャールズ王が勝利している。
1653年に、クロムウェルが「王からの自立」を果たし、1658年に死んでいる。
クロムウェルの息子のリチャードが1658年から1659年に統治したが、1660年にチャールズ二世が統治権を確立している。
この時代の指導者は「姉妹にアイドルがいた」ことから「いかにアイドルの発信力を高めていくか?」で統治権が決まった。
このあたりは「処分性」の研究を知らないと分からないだろう。
ニュートンは、そのような「文系権力闘争」とは距離を置いていた。
ケプラーが「惑星は太陽との距離の三乗、衛星は二乗(面積)」としていたが、物理学はそのように動いていても、化学は「女の研究」をしていた。
ニュートンは、アイドルを背景にしたときの権力者を想像して、リンゴが落ちるのを眺めた。
原罪、これが男と女をぶつけている。
1689年にオレンジ公ウィリアムが名誉革命を起こした。
ニュートンに共鳴したオレンジ公ウィリアムがオランダ美人をロンドンに売り込んできたのだ。
小泉今日子 和蘭美人

リンゴが落ちるのを見て、ニュートンは「俺はアイドルの姉妹がいないから数式を書かなければならない」と悟ったのだ。

アインシュタインが「一般」相対性理論において、独身男女は「高さ一インチの正三角形も底辺は二マイルある」とするまでは、ニュートン物理学ですべてが説明できると思った。
アインシュタインが「特殊」相対性理論、つまり「結婚した男女」と一般を区別するまでは、ニュートン物理学で宇宙を目指しては失敗していた。
ニュートンは、リンゴが落ちるのを見て「男の側と女の側がぶつかり合っている」つまり、原罪を悟り、数式を書いたが、精神科医として「権力者の姉妹の評論」を錬金術として行っていた。
しかし、自分にはアイドルの姉妹がいなかったため「数式」「ニュートン物理学」しかのちの世に残っていない。
「浅香唯だろ?」」「倉木麻衣だろ?」これがないのならば「60年間の誤解」に私も耐えなければならなかっただろう。

ニュートンは旧約聖書の精神分析を錬金術として行い、「F=ma」つまり、凡人は、人々の誤解という重力を理系学問で突破しなければならないとした。
姉妹にアイドルがいるのならば文系に進めばいい。
しかし、「処分」が下せなければ文系も意味がない。
東大に入れば、女たちがついてくるだろうが、それ以外は旧帝以外に意味がないと考え、理系ならば何でもできると位置づけたのだ。
本ブログの「処分と弁護」という記事を「仲間作り」(プット)と位置づけたのだ。

ニュートンは、リンゴが落ちるのを見て、「文系が向いているか理系が向いているか」を明らかにしたが、そもそも「仲間作り」「多数派工作」(プット)をする上で、文系と理系の適性を論じたのであり、コール(女に優しくなる)という意味においては文系も理系も関係ない。
「男女の出会いの場を増やす」「性病の治療をする」というビジネスの世界では「どっちも同じ」だったのだ。
「適当に気分よくなったら帰ってよ」というのが医学の実態だった。
文系男と酒を飲んだだけでも「気分がいい」し、理系の知識は本当に気分が良くなった。
コールというのが「性病を治す」「女に優しい」という意味でもあった。
コールというのは「セールス」という意味であり、企業内部の「プット」とは異なる。
株主利益最大化論がプット(企業内部の多数派工作)であり、セールスがコールでもある。
総売上高は「コールオプション」にかけるし、株主利益最大化(企業内部の多数派工作)は「プットオプション」にかけた。
大規模プロジェクトが公表されたらプットオプションを使うし、景気がよければコールオプションを使う。
オンエアして女たちが笑うまでは「大規模プロジェクト」の成功とはいえない。
中島みゆき 地上の星

「いいよな。会長はオプションを握っていて」(輪島功一)。 試合に負ければ「仲間を失う」、しかし「女に優しくなる」。 試合に勝てば「仲間が多い」、しかし「女に冷たい」。 ボクシングの世界では「プット」と「コール」は「同じこと」と考えられ「オプション」と呼んでいる。 「勝った選手の興行権」と言ってもそんなに儲かるだろうか? それよりも、「勝っても負けても」会長は取引で損をしない、と考えたほうがいい。

2019年6月 2日 (日)

特殊・一般。

特殊相対性理論と、一般相対性理論が知られているが、「特殊」というのは「婚姻関係にある男女」という意味であり、「一般」というのは独身男女のことを意味する。
そのため、「合計特殊出生率」という数字、つまり、嫡出子に関する数字は出ても、「一般出生」という非嫡出子に関する数字は出てこない。
一般には特殊とは異なる「男女の論理」がある。
「男も女も自由に動く」のが一般相対論であり、男だけが動き、女が動かないのが特殊相対論だとも言われる。
ガリレオは「それでも私は他の女に動いている」と言ってローマ教皇を激怒させたが、一般では問題にならないものが、特殊では問題にされる。
特殊相対論はその後、「量子論」という「子供の研究」にまで発展している。
杏里 悲しみが止まらない

アインシュタインは、正三角形も宇宙では、高さ一インチでも底辺は2マイルになるとし、これを「一般相対論」としている。
独身の男女の空間はそれほど歪んでおり広かった。
ニッカ オールモルト

独身男女の研究を世界を深めたアインシュタインは、間違いなく歴史に残る物理学者であったし、「音速」というものも「マッハの原則」として生まれた。
プランク定数もヒルベルト空間もそのおかげで生まれたのだ。
一方で、「一般もだいたい23歳ぐらいで限界かな?」という年齢、時間の問題も生じた。
CoCo 君の歌、僕の歌

自由な独身生活も、広い空間も、特殊(結婚)という重力の前に、あるいは時間とともに「いろんなものが歪められる」ものでもあった。
量子論(子供の可能性の研究)は、間違いなく一般を特殊の世界に導いた。
松田聖子 抱いて

男女の相対性が、一般においてはあまりにも歪んでいるし広かった、また、特殊においても男女は「女は問題の少ない愛を知っていた」が、男は「子孫を残す喜び」は女よりも強かったが、一般と特殊では多くのものが異なることは理解してもらえると思う。
新カント派は「結婚しているアイドル」が「他の男の声を聞きたがっている」ことを利用し、女性芸能人と話しをしたが、特殊の世界で発展を遂げたのが新カント派であり、一般という「広くて歪んだ」空間で女を口説いたらかなり危険な火遊びになりかねなかった。

「一般」人男性、「一般」人女性との結婚は、芸能人が地域社会に溶け込むために必要なものであったが、特殊という重力や子供、多くの契約などがある世界においては結婚することと「芸能界入り」することは同じ意味だったのだろう。

独身女(一般)の値段はテレビ東京が映し出す画面に応じて日経平均株価が動いた。
若ければ若いほど良かったし、美しいほど良かった。
日経平均株価が上がるのが分かった。
そのあたりは、名目経済から生み出されるものであった。
実質賃金値上げを誘うように、名目経済は動いた。
テレ東の「美しい女、若い女」でも誘いきれないのならば実質賃金を上げるしかない。
一般(独身男女)のエネルギーが日経平均株価であり、特殊(芸能人女性)を使って株価は操作したし、外国為替市場の円の動きは芸能人男性を使ってテレ東がコントロールした。
ここで、名目経済が実質経済を誘い、特殊が一般を誘うという現象が見られた。
相対性理論 テレ東

ここで、トリクルダウンとは「東大生から市民へ、皇室から市民へ、金持ちから貧しい人へ、名目から実質へ、特殊から一般へ」という五つのパターンが出来上がった。
トリクルダウンは一部では確実におきているのだ。
特殊な芸能人女性でも知らない「口説き文句」を新カント派は考えた。
新カント派は「結婚している女性」「芸能人女性」を狙ったのだ。
結婚や芸能界は、間違いなく「一般」を引き付ける効果が当たっため、一般を引き付ける「特殊」を狙うことにしたのだ。
perfume zero gravity

特殊の世界(結婚・芸能界)においては「義務」「約束」を守らなければ、友人を失い、家族を失い、同僚を失い、仲間の市民を失った。
「一般」においてはこれがあまりにも自由だったのだ。

名目が実質を誘い、特殊が一般を誘う、これがテレビの世界であるが、すべて、「女一人に男二人」という構図ができている実質(残業すらいとわない大人たち)が構築している世界である。
「女の美しさにも限界がある」「特殊であることにも限界がある」ことから、義務というものは生まれていたし、背後に巨大な実質経済が動いていた。

大人たちは淡々と「特殊と一般」「名目と実質」を利用している。
トリクルダウンとは日常的に起きているものなのだ。
渡る世間は鬼ばかり

世の中には「特殊」への敵が多い。
「別れさせ屋」もいたし、芸能人への悪口の手法は確立していた。
よっぽど「約束」に詳しくないと「オンエア」にはこぎつけられないため、芸能人は一般とは異なる哲学の見識を持っていたし、宗教に属する人が多い。

頭のキレる婿が家に来ると大企業すら「特殊から一般へ」「名目から実質へ」を存分に活用した。
ミツカンお家騒動

結婚している人・芸能人を「特殊」といい、独身男女・一般人を「一般」というのが相対論であるが、18:00プレイボールのプロ野球など、「時間通りに」特殊が一般のために動いてくれることにお金が支払われる。
あるいは、勉強をする男そのものが「特殊」であるという側面があり、勉強をしない二人組(一般)が、わざと一時間半遅れてきて、「お金を儲けた気」になることもある。
特殊と一般の交友関係は「約束」がお金となってしまうため、芸能人女性の中には、「同じ業界の人」と結婚したがる人が多い。
わざと「一般」の人間が遅刻してきて「お金を儲けた気」になることが多いのだ。
高橋由美子 Will you marry me.

そんな連中はどうせ、財布の中の金すら盗むから関わらないほうがいい。
「時間」ですら金に変えたい連中なのだ。
これが「特殊」と「一般」の関係であるが、逆に、「特殊」の側が「席を立つ」「用があるときはこちらから連絡する」というメッセージを出すだけで、慌てふためいて駆けつけるのが「一般」というものだ。
特殊と一般、つまり、「結婚している男女・芸能人・勉強している男」(特殊)と、「独身男女・一般人・勉強していない男」(一般)は、「時間」という概念だけでお金のやり取りをしているのだ。
「沖縄政策は失敗だったのか?」
AKB48 #好きなんだ

あるいは、「気持ちよさはどの女も同じ」というアタナシウス派の立場に立つならば、「女性芸能人も一般に含まれる」と判断することも可能であり、結局、「勉強する男が特殊」と割り切ることもできる。
つまり、官僚などの「エリート」を「特殊」とし、それ以外の、「女子供」は全員「一般」とし、女が「一般人男性」をけしかけて、官僚などのエリートをいじめることに人気があるというのが相対性理論の結論だとしたのだ。
すべての政党が「官僚叩き」に人気の秘訣を見出している以上、政治の側も「一般」と自らを位置づけており、天皇と官僚の関係は今のところ「天皇が官僚を補佐している」現状もある。
「お役所」の前にはどの芸能人も「特別ではない」という判断も可能であるが、「処分」という概念の用い方次第で彼女たちは「省庁横断」する力もある。
そのあたりは、各人の可能性に委ねられている。

また、特殊というものを「官僚」「東大生」などの「結果」だけをみて「プロセス」を知らない者は、子育てを覚えたりする過程で「結果主義」の立場に立ってしまったことから孤立することもあるとされる。
また、特殊な者も「約束を反故にする」ことから自らの影響力を失うこともある。
書面にまでして空手形をばら撒いて、失敗に終わってみると、あとは「孤立」だけが待っているのは「特殊」なものも同じである。
特殊相対性理論と、一般相対性理論は、ともに共存しながら、「結婚・芸能界・勉強する男」を特殊とし、そうでない者を「一般」とすることから切れ味を増してきた議論であるが、特殊と一般という概念そのものが「相対性」を見せるというあたりで議論は落ち着くのだろうか。
相対性理論 恋は百年戦争

地球が宇宙の中心ではないことをプトレマイオスが発見している。
月は「女」であるとされ、太陽は「男」であるとされた。
コペルニクスは「自分の顔」をまじまじと見た人物であり、コペルニクス的転回と呼ばれた。
「他人のことはよく分かる人」というのが普通の人間なのだ。
ガリレオは「それでも私は他の女に動いている」と語った人物であり、自分が作った望遠鏡で女子部屋をのぞくことをやめようとしなかった。
地球は男もいれば女もいるだろう。
太陽を崇拝しようが、月を崇拝しようが人間の勝手だった。
特殊というものは「太陽」「月」と「強烈なご縁」を結ぶことであり、一般というものはコペルニクスの立場に立とうがガリレオの立場に立とうが自由であった。
地球に小惑星が接近する?
月が許可するわけないだろう。
特殊とはそういうものだ。
相対性理論 おはようオーパーツ

男女の「反発」「違い」そして、エリートを特殊とし、女を一般としただけで鉄の塊も空を飛べるようになった。
コンセプトはそのようなものだろう。
中国は、ギリシャがデフォルトを起こした時に「エアロスペース技術が欲しい」と言って、ギリシャ国債の買取を申し出ている。
ようするに、「女」について知りたかったのだ。
相対性理論 Loveずっきゅん

射精の気持ちよさはどの女も同じ(アタナシウス派)だとすると、「気になるあの娘」というのは、もはや男の「感性の弱さ」の研究だろう。
「県大会で準優勝」「髪をなびかせる」このようなあたりに「男の感性の弱さ」はあり、結局、太陽と月がなければ「時間」という概念が生まれなかったことから、時間が存在しなければ「練習も努力も」できないし、髪が伸びることもない。
時間が存在しなければ「男も恋ができなかった」のである。
一般(独身男女)の方が特殊(結婚した男女)よりも難しいと、私の大学時代の物理学の先生は言っていた。
相対性理論 気になるあの娘

太陽が男、水星は中性、金星と火星が女、土星と木星が男、とも言われる。
フロムA CM

ハレー彗星は、76年に一度、これらの惑星の隙間を縫うようにしてやってくるが、決して、「楕円」を軌道が描いているわけではなく、本当に「隙間を縫う」ように動いている。
月は「女」であるが、46億年前から太陽と月で地球は時間を刻み続けてきた。
地球上に「女」「メス」が満ち溢れた時に、隕石が地球にぶつかってきているという仮説は十分に成り立つものだ。
瀬能あづさ 何かが道をやってくる

「男の子欲しい」=涼しくなる。
「女の子欲しい」=暑くなる。
しかし、地球に終わりが来てしまえばいいのに、と考える女は確実にいる。
さっきから暑くなったり涼しくなったりしているね。
瀬能あづさ 愛になりたい

余談であるが、「小野光太郎をいじめた」と言って自慢するような者、(宮内庁の山本信一郎長官や西村泰彦次長などの社会人)は、全国の医者が見離す必要があるし、職場で上司が解雇する必要がある。
社会人としての強さは誰もが必要としているのだ。

憲法第九条の問題点としては「戦争を終わらせるためには、思い出話をしなければならない」という指摘がある(プーフェンドルフ)。
渡辺満里奈 秋服のボートに乗れば

 

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »