最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 雇用。 | トップページ | 貸借。 »

2019年5月25日 (土)

売買。

たとえば、結婚式に招待されたとする。
自分の理想や可能性と現実のギャップを感じるだろう。
ここに「人がモノを買う理由」が存在する。
横浜DeNAベイスターズが、横浜スタジアムで阪神に負けていたほうがビールの売れ行きがいい、などのデータがあり、選手は家庭内の問題を球場に持ち込み、あるいは、「横浜大洋銀行」と呼ばれる「弱い横浜ファン」から金を借りた阪神ファンが球場にいる。
応援しているチームが弱いと、仲間も少なく、借金の催促もできない。
「阪神と横浜スタジアムで戦う難しい側面」
それは、消費貸借や「売買」の論文が書けるネタなのだ。
ウェディングベル シュガー


願いが叶ったとき、人は「売買」をやめてしまう。
そのようなデータは、横浜スタジアムの売り子を2~3日やれば分かるようになる。
「どのように売買成約率を上げていくか?」という問題がある。
「その日の売り上げ」しか頭にない連中にうまく資金・心理・誘導の三つの手法を用いて、「売り上げが伸びなかった」ことをうまく填補しなければならない。
勝ったのならお金を、売り上げが伸びなかったのならば説明を、そして、細かな「ルール作り」を行っていかなければならない。
少なくとも、ビールの売り子は「負けている側に移動する」などの空気ぐらいは読まないといけない。


あるいは、人間は「性病」になった時にも、医者にかかる(準委任契約)のみならず、いろんなものを「試す」(売買)とされる。
「セックスできなくなったらどうなるんだろう?」
このことからいろんなものを買うのだ。
韓国や台湾が、医療のユニヴァーサルアクセスを達成した。
しかし、タイやメキシコは「消費を伸ばすために」保険会社により半数の医療保険を実現したに過ぎない。
他の、豊かな国はユニヴァーサルアクセスを達成していない。
性病になったらセックスできなくなるため、人々は強い購買意欲を持つということを狙ったものだ。
日本国は当然「国民皆保険」を実現しているが、豊かな国としては例外的なものであり、「売買・消費を冷え込ませる」効果を知っていたかどうかは明らかではない。
「爆買い」は性病が原因である。
自分の理想や可能性と現実のギャップから、人々は「売買・消費」という行動をとる。
西野カナ トリセツ(替え歌)


ホストに大金を払う女はみんな病気持ちだ。
性病・乳がんなど、病気を持っている女、セックスできない女の金払いのよさは何だ?
自分の理想や可能性と現実のギャップを埋めるのが国民皆保険であり、給料の12%ほどを社会保険料として取られている。なりたい自分になれる。
このことから「喫茶店」というのは営まれている。
元有名人、有名人の母が営んでいるのが喫茶店だ。


性病といっても、セックスできない以外、からだの調子は悪くはない。
そのような「セックスできない以外健康」な男女が金払いがいい。
マスターベーションでの発散すら出来ない男女が、金を周囲にばら撒くのだ。
自分の理想や可能性と現実のギャップが「売買」というものを成立させている。


私の母が「性病に効く食材満載の喫茶店」を営んでいます。
性病にはジンジャーエール。クーラーも効いています。
トンタン茶房


児童虐待は、女のノイローゼが原因だ。男には罪はない。
セックスによるノイローゼ対策が急がれる。
ぼくをぶたないで 高橋由美子


このような仕事をしている企業は「債権の買取」をしていい。
つまり、債権の売買が行われる。
債権譲渡法は「ヤクザへの債権の譲渡」を禁止したのであり、日本赤十字社のような、「児童虐待」と向き合う企業への譲渡は禁止していない。
焦げ付いた債権は、日本赤十字社に譲渡しよう(債権の売買)。
日本赤十字社は、やすく債権を譲り受けて、日銀に「60億6ヶ月ローン」などを組んでもらい、債権を充当し、代わりに論文を日銀に提出するのだ。取り立てもやるかもしれないが、論文を書くのが仕事である。おつむのないパチンカスの代わりに論文を書くだけだろう。
日本赤十字社


「債権譲渡」という「儲かるビジネス」がなければ、公的機関はあんがい「子供のSOSの見落とし」を平気でやらかすのだ。


また、高齢者虐待は、児童虐待ほど論点は明確ではなく、「家族の50年の歴史」まで遡ったり、奥さんが「歴史の総括」をしていることなどから、簡単に「債権譲渡ビジネスとのバーター」としては成立しない複雑さを持っていることも知らないといけない。


児童虐待に関する通報も受け付けています。
トンタン茶房


税金による資金の裏づけであるならば、国会まで上程されて責任の所在が問われなければならない。
しかし、「債権譲渡ビジネス」という資金の裏づけのある日本赤十字社と行政の側が、「どちらが有効なのか?」「どちらが多数派なのか?」をテーマに扱う問題が「児童虐待」という問題であるとするのならば、きわめて有効に事案に対処することが出来る。
特殊法人・認可法人も用い方ひとつで行政が変わってくる。


ヒンドゥー教は「有名で女らしい」女のほうが挿入は気持ちいいとしたが、キリスト教にもとづく「アタナシウス派」は、どの女でも「射精の気持ちよさは同じ」とした。
「手に入れた途端冷たくなる男は悟りが足りない」
冷たくしないで Eriko with crunch


政府高官はこのことを知っていたから、休日は喫茶店にいたし、人々の話に新聞を読みながら耳を傾けていた。
「すべての女は射精をするときの気持ちよさは同じ」としたアタナシウス派は君主の支持基盤となったし、喫茶店に奥様方が集まれるようになった。


「どの女も射精の気持ちよさは同じ」としたジョン・ロックは、大金持ちになったが、マルクスはそれを認めながらも、「歳をとると医学が難しい」と指摘した。
「医学が難しい分、金は持っているけどね」とも指摘した。
女が「希少資源」というのならば、「難しい女」ほど金にはなるだろう。
51.4歳を過ぎて生理が止まったメタボの女性はみんな更年期障害だった。
痩せている女性に更年期障害はない。
それさえ理解しておけば「お嬢さん」と呼ぶのは正解なのだ。
後頭部が禿げているB型肝炎の女性は「合体したまま運ばれる」危険はある。
そういう女性には「フラジール」を与えるしかない。
フラジール Every Little Thing


「難しい女から医学を学んだんじゃないか」
そのような割りきりが、マルクス主義にはあり、ジョン・ロックの「ユダヤ教」と合流したのだ。
キリスト教アタナシウス派の立場に立ったことが人間の寿命を延ばし、ユダヤ教やマルクス主義を生み出したのだ。


機会の平等というものも「売買」につながる。
外国国家の知識をバックにしてもいい「キャストソサエティ」で言えることであり、韓国のように「結果の平等」つまり「学歴も人種」というのとは一線を画し、アメリカ合衆国、ヨーロッパ、中国、日本、朝鮮などの知識が共存した今の日本国はかなり機会の平等に近いものとなっている。
どの国の「血」にも「高貴なもの」が混ざっており、どの立場に立つかは自由であるが、日本語しか出来ずに、日本で生きていくことが宿命づけられていることは決して自慢にはならない。
ノーブルレッドの瞬間 国生さゆり


「フェア・フリー・グローバル」と呼ばれる金融ビッグバン以来、「自分はどの国から金融を受ける立場にいるのか?」を明らかにしなければならなくなった。
私は、中国・アメリカ・日本の三つを睨んでいるが、「男はどのように育つか?」という国際関係論からこの立場は決定される。
また、語学が「スライダーのように」キレが増すのを静かに待たなければならない。
これが分かるようにならなければ「社長さん」にはなれないだろう。
金融ビッグバンを日本国で主導したのはユダヤ人だ。
医学の遅れを感じたのは、プロ野球で外国人に頼っている現状があるからだ。
小さな喫茶店を家族で営んでいても、メンバーの「才能」次第で大きく変わってくる。
本来ならば、ヒスパニック・黒人・それ以外のいろんな国の人の「入店お断り」をしてもいいのが「国際関係論」であるが、それほどのこだわりのある社長はいないだろう。
「フェア・フリー・グローバル」というのであれば、朝鮮人の扱いは決してよくはない。
「人脈に配慮しなければならない」という側面がビジネスにはある。
私もアパート暮らしの頃は、外にある韓国製洗濯機を蹴飛ばされたりしたが、金融ビッグバン以降の話だろう。
金融ビッグバン以降、子供たちは「どの国をバックにしようが自由だ」とされた。雇用もそれに応じる形となった。
ウォールストリートが、「対中政策」として日本国にそれを求めたのだ。


韓国人だって「ホテルビジネス」をアメリカ合衆国では得意としているので、朝鮮人と呼ばれて差別される存在では必ずしもない。
いちばん好ましい国際関係論の立場に立って、ハングル語も東大文一の学生の1.3%の学生が第二外国語として選択している。
「君と君の彼女が喧嘩せずに生活できるのならばそれでいい」
しかし、日本語も適当にしか出来ないのならば、企業としては「金融ビッグバン以降」の何かを見直さなければならない。
少なくとも、東大生に想定されていることではないのだ。
語学が一向にキレてこないのならば、キャッチャーとしての企業も首を傾げなければならない。
「語学力」というものも「買うもの」である。
しかも、大学に入ったら「国のお金」の助けが得られる。
BoA Is This love?


「高貴な血」がどの国にもある以上、機会は平等である。
しかし、女の子たちはおじさんに「口説いてごらん」と容赦なく金融ビッグバン以降の「高貴な血」とは何か?を聞きたがるだろう。
愛の倫理社会 おニャン子クラブ


ビールのセールスを、マーケティングする、売る、消費する、気分がいい、なぜこのようなことを野球場で行うのだろうか?
最終的には「子供を産むため」である。
松田聖子 抱いて


 


どの男も「自分に忠実な妻」がいるため、業界ルールを作り上げている。
みんなが「統制」がとれていて、ゲームセットを目指す。
審判も選手も、フロントもベンチも、そして、それぞれの業者も、スポンサーも、ビールの売り子もそうである。
「なぜ野球をやらなければならないんだ?」
と言われたら「子供を産むため」としか答えられない。
小野光太郎氏が「夜中まで考えた理論」が、ゲームで通用するのか?
それは、コンビニ(ウォルマート)の存在意義にも関わるし、「宵っ張りの朝寝坊」が、プロ野球の世界に「仕掛け」を行っている。
妻も子供もいるのに、なぜ他の女性に「子供を産んで」もらいたいんだ?と聞かれたら、「出生率は私の仲間作りにつながる」と答えるしかない。
とにかく、「負けている側が、自分の理想や可能性と現実のギャップからビールを欲している」という理論が真理であることを証明して、みんなで笑いたいのだ。
そりゃ、負けることもあるだろう。
しかし、その時は「真剣勝負だよね」と言うしかない。
イギリス石油(BP)なんてそれでメシを食っているんだ。
油田なんて海底だけにあるのではない。
スタジアムに油田を見つけるのがBPの仕事となっている。
有効な企画でみんなが笑えるうちは、企業内だけに恋愛はとどまるだろう(株主利益最大化論)。
しかし、有効な企画を企業が見失ったら、会社の女は企業の外に男を探すだろう(ステークホルダー論)。
すべて、企業の企画の有効性次第なのだ。
「会社は株主のもの?」
だったら、雇用について、給料の出し方について指導しなければ、企業の女は「会社の外に」男を見つけてくるだろう。
「もの言う株主」と言うけれど、人生相談から、企業経営から、いろんな意味で株主の指導を仰がなければ、現経営陣だけでは何もできない。
株主さまにも「勝負に参加してもらう」必要があるし、企業経営の責任を分かち合った上で、後に株式の比率を考え直すのが株式会社だ。


 

« 雇用。 | トップページ | 貸借。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雇用。 | トップページ | 貸借。 »