最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 売買。 | トップページ | 説明・適合。 »

2019年5月26日 (日)

貸借。

貸借といっても民法には「消費貸借」「賃貸借」「使用貸借」がある。
すべての人間による世の中の支配と、神との関係に関する議論だ。
男は「女心に詳しい」方がいい。
しかも、いい先生がいて、多くの舎弟を持っていたほうがいい。
教会においては、いい先生と多くの舎弟にまつわる「お金のやり取り」には関知しないとされる。
しかし、国は、裁判所が「いい先生と多くの舎弟」がいるかどうかを問わず、金の貸し借りに関与している。
神、すなわち「全能の神」は、今後自分にセックスが約束されるかどうかを問うものだ。
イギリスでは獅子心王や、アンリ8世を経て、チューダー朝で「貸借」の論点がまとまってきた。
「貸し借りあるけど有耶無耶のまま」
これは、今後のセックスが約束されているからこそ成り立つものだ。
「女心に詳しい」「いい先生と多くの舎弟がいる」場合には「貸借」というものはビジネスとして成り立つのだ。
金を返さないのならば、セックスを封じ込めればいい。
酒井法子 昨日の今日なのに


裁判所が、小額訴訟や督促手続きをとっても、教会が「女に詳しくなる方法」「いい先生と多くの舎弟」をもっていて「セックスを封じ込めて」も、どちらの方法がいいかは明らかではない。
しかし、カノッサの屈辱においては「教会が裁判所に勝った」と位置づけられている。
女の胸や尻の前には「貸した金を返さなければならない」という教会の論法が、国王を退けたのだ。


たとえば、三浦市観光商工課や、宮内庁、株式会社ヴァティー、江成藤吉郎が、私の金を返さなかった。


「天皇を中心とする神の国」とは、「貸借」の問題を念頭に語られているものだ。
アダムとエヴァの「楽園の追放」とは「金なら返せん」という世界に追い出されたことを意味する。
土地に縛り付けられた地主ほど、人間関係が限られていたので、不動産が事実上の担保になった。
法律上の担保にするかどうかとは異なる理由が教会にはある。
物的担保であろうと人的担保であろうと、教会にとっては「どれほど人間関係に制約を受けるか」という問題であった。


男が「割り勘にしましょう」と言ってきたり「貸した金」を返してきた時ほど「神の優美さ」を感じたことはなかった。
一方、人に裏切られた時は「自分の世界レベルの先生と多くの舎弟」の力を疑った。


法律上の担保を取っているうちは、銀行マンも「ホットショット」と呼ばれるほどモテるわけではない。
消費貸借・使用貸借・賃貸借のすべてに「神」「天皇」という概念は用いられる。
天皇が「金を返さなかった奴」をブログで名指しすれば、名指しされた者は心を病む。
金の問題が「天皇を中心とする神の国」を作り上げているのだ。


「金を食いやがった。コイツは終わったな」
という現象は「世界レベルの先生を持っていることと多くの舎弟がいること」「女心に詳しいこと」から、金を借りた者が「セックスから遠ざけられること」「心を病むこと」を想定しないと成り立たない議論だ。
金を食って逃げればいいだけなのは常識だろう。
私は宮内庁の山本信一郎長官も、西村泰彦次長も認証していない。また、上皇・上皇后には市井に戻ってもらいたい。


一方、金を借りた側も、自分の家に閉じこもったりして「世界が狭くなる」ことを感じた。
「世界レベルの先生と多くの舎弟」を持った男から金を借りた以上、自分もその信者にならなければ外に出られなくなったのだ。
そのようにして「令和」の時代の「天皇制」は作られていったし、そのかかった金額はもはや「天文学的数字」と呼ばれている。


「いくときは一緒よ?」(テロリズム)、ポルノ、代理母、すべては「用が済んだら男が冷たくなる」ものである。
女を目的ではなく手段として扱う、ここに「貸借」の秘密がある。
冷たくしないで Eriko with crunch


カントの答えは「女とよく話をしなければならない」というものであった。
女の側としても「行きずりの女」ではなく、男を「もっと活用しなければならない」とされる。
「自分の理想や可能性と現実のギャップ」を埋めるための売買や、「セックスサークルとしてのインフラを持った市民」としての雇用などについて、話をするだけでも「消費貸借」「使用貸借」「賃貸借」につながるものだ。
賃貸物件には必ず「女将さん」がいる。
毎日のようにカントの話しをしているだけで、無料で賃貸物件に住めるだろう。
私は今まで述べてきた哲学において「雇用」のみならず「賃貸借」も読者に保障した。


浮いた家賃でいろんなものが買えるであろうし、哲学を知っているのならばあなたの同意なく銃口をあなたに向ける人はいない。
地元の地方自治に詳しいのが女将さんだからだ。
カントは「貸借」全体にそれはいえることであるとし、賃貸借に限らず、消費貸借(借金)、そして使用貸借すべてに「カント」つまり、女将さんと毎日話しをすることが、どれほどお金になるかを語った。


女将さんと同時にNHKを見ながら、「女の子が欲しい」=暑くなる、「男の子が欲しい」=寒くなる、「女性がテレビに出ていると」=涼しい、「男がテレビに出ていると」=暑苦しい、の四つを見分ける眼力をつけ、たちまち、雨が降って涼しくなったりすると、女将さんの支持は根強いものとなる。
女将さんと同時にNHKを見るのであれば、このような才覚が必要になるし、また、カントの「口説き文句」にも詳しくならなければならない。
気象予報はダーウィンが考えたことであるが、NHKと天気の関係はお金以外の何物でもない。
NHKと天気の関係を理解する必要があり、それを、電話で話題にする必要がある。
NHKには「気象ロビー」の団体が出来るようになり、受信料は無料になるし、哲学(ダーウィン)を理解すれば、「消費貸借」(借金)、「賃貸借」(家)も無料になる。
天気という「大きなテーマ」はNHKを見るしかない。
これが「ファイナンス」の基本である。
女性に電話して「NHKを見てごらん?」というのはファイナンスの基本なのだ。


お金は「女→男→女」あるいは「男→女→男」という具合にしか流れていかない。
女性店員に女性の客が、男性店員に男性の客がお金を払うことは、「メリット」がなければ想定できない。
「女→男→女」あるいは「男→女→男」というモノの移動があるのならば「お金のない社会」が実現する。
これも「哲学」を背景に、マルクスが考えた理想である。


このマルクス主義が分かるようになるのであれば、外国語でも勉強したほうがいい。
貸借対照表というものをよく見て、「この女性とよく話さなければいけないな」ということは考えたほうがいいだろう。


「委任」
委任というのも典型契約である。
「典型」というのはノンケという意味であり、「非典型」というのはLGBTと関わる契約だ。
「準消費貸借契約」も「男が好きな男」「女が好きな女」の存在が消費貸借契約の撹乱要素となることから作られたものだ。
委任において重要なのは「勃つこと」であり、広い空間が国に広がり、さらに、「各家庭の海で作られた性概念」が存在することから必要となる。
「海で作られたパンチラの美学」
真っ赤な女の子 小泉今日子


「海で作られた、隠れて着替えるという美学」
渚のハイカラ人魚 小泉今日子


「あちこちに”被写体”がいるから」委任契約というものがある。
代理と異なるのは、みんな「勃つため」委任状というものが書かれるというところだ。
「猫がマットレスで寝ているよ」
そのたびに「委任状」は書かれる。
各人のフェティシズムが異なり、委任者と受任者のフェティシズムも違う。
世の中の「一神教」は、委任によって、いろんな「フェティシズムの可能性」が広がり、視聴者の「委任」を受ける形でいろいろな映像がインターネット上に流れた。
「好きな映像を見ていいよ」
受任者は、委任者を射精させたら、「委任契約の成立」を主張した。
「どのようなシチュエーションだったか?」を委任者はこと細かく覚えており、今後はそのように自分で「委任」を用いずに行動しようと決めた。
「委任状を書きまくったら危ないじゃないか?」と思うだろう。
しかし、世の中の何が気持ちいいのかは「委任状」を書かなければ明らかにはならず、特に「自分に向いた仕事」を見つけるためには「委任状」がなければならない。
就職する時に「この会社をなぜ選んだのか?」と聞かれて、「ここが気持ちいい」ということは「委任」がなければ分からない。
未成年者や学生で「委任状」を書かない人はいない。
パチンコが好きだからと言って、パチンコ会社で「モチベーションが維持できる」とは限らない。
「業界の現状」は委任状がなければ分からないのだ。
「典型契約」である以上、ノンケでなければならない。
性倒錯があるのならば、非典型契約としてこれに準ずる契約が必要になる。
「ヘンタイ行為」は法律行為ではない。
準委任契約も典型契約に含めてしまった。
「世の中を知るのにいいものだよ?」
そのような意味で、性倒錯も社会から排除しなかった。


親としては「子供にお金を伝えたい」ものである。
そのために仕事というものはある。
しかし、ノンケ(委任)であっても、ヘンタイ(準委任)であっても、向き不向きがあり、子供が「向いていない」と言って放り出すのならば、また新たな「委任」「準委任」を作り直さなければならなくなる。
親が子供の「委任」を受けることそのものが「精子と卵子の合体」だとも言われる。


親は「法定代理人」であり、子供が「ノンケかヘンタイか」が分かっていない。
そのため、代理権を根拠として「委任」を繰り返すしかない。
親でない人の「委任」は「よく知らないのではずれが多い」ということが指摘できる。
親でもないのに仕事を押し付けるのであれば「いつでもやめていい」ことを意味する。
よく知らない業界にいきなり放り込まれるのが「親ではない人による委任」だからだ。
「職を転々とする」というのはこのような事例である。
メディカルレコードもろくに知らない他人による委任は失敗することが多い。
「またいつでも相談に乗ります」という赤の他人の年賀状に子供は怒るだけだろう。
うまく「委任」が成立したのならば「有償」に切り替えてもいい。


 


「寄託」
典型契約には、寄託というものもある。
「私がミュージシャンだと知らずに私にプロポーズしたの?」
私のことをどれほど知っているのか?あるいはそんなことも知らないのか?という世界が寄託の議論だ。
「テレビで見た」ではプロポーズの問題は済まないのよ?
ヒラリー・クリントンは、ビル・クリントンの全財産を使って大統領選挙に出馬した。
ビルが「寄託」した瞬間だった。
「テレビでみんなが知っていること以外にもいろんなことを知っていた」からである。
その人のことをよく知っていなければ財産がどこに飛んでいくか分からない。
ビルは、自分の「マシーン」を妻のために動員するのに十分な知識があった。
たとえ結果がどうであれ。
「女心をを語るのは男」「人脈を持っているのも男」
よく知っているのならば、親ですら口座にお金を振り込んでくれるしVISAカードも使えるよ。
そのためには、自分のことをよく説明しなければならない。
それが「寄託」であり、商法の「為替」(口座の送金)の一般法であった。
娘たちの「哀しい方の嘘」も「全部分かっているよ」と父親は言った。
ribbon 哀しい方の嘘


「請負」
請負というのは、社会契約論における「契約」と同じ意味であり、たとえば、卒業・夏休み
などの「社会とのつながり」を言う。
夏休みは終わらない おニャン子クラブ


子供が「請負」をやってくれるだけで、親や文化が豊かになる。
「男らしくなってくれ」「女らしく育ってくれ」それが目的で「請負」というものはある。
請負にどれほど感受性が強いかどうかで「親の富」も変わってくる。
カントを知っている子と知らない子がいるが、「請負」だけは学校や社会が強制できるものだ。
男女共学と男女別学があるが、そのくらいの区別は子供にも分かるため、「子供の同意」が必要なのが請負である。
親が芸術に昇華したいから子供の同意を得るのであり、それ以外は子供との「取引」がお小遣いなどの形でなされるだろう。
まあ、どの典型契約も「息子が東大法学部に受かった」のならば杞憂に終わるだろう。


請負というのは、「卒業」「夏休み」などの社会契約論から始まり、「男の子は男になり」「女の子は女になる」ものである。
女目線から見た男(デレ)、男目線から見た男(デディクト)というのであれば、デディクトを知って欲しいと言うのが請負である。
「ここで床に倒れたボクサーになるとモテるぞ?」という男を見たことがあるが、それは、請負という観点からは好ましくない。
松田聖子 マリオネットの涙


優勝請負人、ビッグマッチ請負人など、ひたすら「デディクト」(男目線から見た男)を求めるのが請負である。
「女々しい男は修羅場では使い物にならない」
ここに「請負」のツボがある。
オレオレ詐欺をやったことがある者が競輪選手になれるだろうか?
「男らしさ」を純粋に求める世界では詐欺師など必要とされていない。
「卑怯者」は職業が制限されるという制裁が与えられる。
「女々しい男が高貴な証か?」
仕事がなくなるんだよ。
準消費者契約でも、準委任契約でも、準契約はいろいろあるが、ノンケなのに「女々しい」となると、仕事を与えようがない。
このあたりに、「デレ」=貧しいという理由がある。
学ぶつもりもなければ、仕事をするつもりもない、それが「女々しい男」であり、それが「高貴」だというのであれば、家業は傾くし、社会の誰も歓迎していない。
請負(卒業・夏休み)というものは「男の子は男に」「女の子は女に」なることを求めているのであり、「女々しい男」に向いている職業などない。
オカマであるのならば「準契約」で救済できるが、「女々しい男」に与える仕事はない。


「学ぶ」という営みは「神聖な意思」につらぬかれたものだ。
デレとでデディクトという、ふたつの「ポテンシャル戦術」は、男をふるいにかけるのにちょうどいい。
そのために、フェアプレーというものはあるし、フェアプレーの世界で弱いのならば去ってもらうしかない。
私が東大ボクシング部にいた頃、他人の飲み物に毒物を混ぜる習慣のある人が何人かいたが、皆、就職した企業を解雇されている。
フェアプレーというものはそれほど重要であるし、請負というものは「イズム」と言っていいほど、メンタル部分からの教育が必要なものなのだ。
フェアプレーを知らない男や、女々しい男はどうせ「多数派工作で失敗する」であろうし、「卑怯な野郎だな」と思う男がいたとしても、社会人としては解雇だけが待っているのだ。


神聖な意思に貫かれた「学び」は「治めること」につながる。
いきなり「反則」を使うような者が修羅場で信頼できるわけがない。
企業戦士といえども、プロ野球と変わらない修羅場はある。
そんな時に「女々しい男」は必要ないし、仲間もいなくなる。
「請負」とは、その一瞬にチャンスを与えられるものだ。
チャンスをものにすれば、仲間が増えるし、その後、組織で重要な役割を果たす。
まず「ルールを守る」ことと「何が期待されているか」を理解することだ。
それ以外に「修羅場」には要素がない。
女々しい男には、社会人として生きていくうえでのこのような現実に何も期待することはない。
つまり、「仕事がない」のである。
「象徴たる務めを立派に果たす」人間にそもそも銀行などない。
仕事がないのならば銀行など必要ないだろう。
仕事があるから銀行が動く。
「ルールを守る」ことと「期待されていることを果たす」ことに銀行がお金を流すのだ。
江夏の21球


横浜DeNAベイスターズは、大洋ホエールズ以来の「スパイ野球をしない」などの独自のルールをもっていたが、自分の企業特有の「フェアなルール」をもっと銀行に説明して、「期待された結果」につなげても良かったのではないだろうか。
はんぶん不思議 CoCo

« 売買。 | トップページ | 説明・適合。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 売買。 | トップページ | 説明・適合。 »