最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« インドについて。 | トップページ | 売買。 »

2019年5月24日 (金)

雇用。

雇用の問題は、「必ず面接には女がいる」ということから、女に「採用すべきかどうか?」つまり、背が高いとか、駆け引きをしなさそうだなど、あるいは「セックスサークルに受け売れられるかどうか?」などを「面接に立ち会う女」が判断している。
あるいは、女の雇用の場合は、逆に、男の側が「セックスサークルのメンバーとして想定できるのかどうか?」を判断して、採用されている。
酒井法子 すごすぎる

家庭のある男の再就職は難しい判断になるが、それは「年の功」と呼べる見識や人脈があるだろう。
若い男には「セックスサークルのメンバー」として以外に、戦力とみなせる要素がない。
近所の嫌われ者だ、あるいは、職場を愛するつもりがなさそうだ、あるいは、いじめられるだろう、ヘンタイだろう、障害を隠してそうなどの要素を女が判断している。
日頃から「哲学ジャーナル」「哲学教室」をよく読んで、心の健全性や女の扱いを心得ておかなければならない。
採用は真剣勝負だといわれるが、「女が神を信じる」がごとくの真剣さがあるのだ。
酒井法子 涙が止まらない

13時に面接の時間が設定されたのならば、「女が同席する」ことは当然想定しなければならず、昼食の時間に早めに会社を訪問したら「残念ながら」ということは常識のごとく覚悟しておかなければならない。
一緒に仕事をするということは、アナボリック(女にとって)やカタボリック(男にとって)などの概念があり、セックスを気持ちよくするし、あるいは「職場そのものの人気」を変えてしまうのが雇用の問題だ。
「雇用」というものは当然、お金が背景になければならないが、それ以前に「男磨き」の研究が雇用政策として問題になる。
民の人気のある君主は、自分のなんらかの政策が失敗しても「あの人の真似さえしていれば」ということから失敗から立ち直ることがあり、雇用問題というのは時には君主を助けるものだ。
「職場の女たちが何を欲しているのか?」を判断できる力量が求められる。
「難しい女」がその日のうちに「電話番号でも・・」と電話番号の交換を求めてきたのならばその場で採用されることを意味する。
Complex Be my baby

職場の女たちは「動揺」は望んでいない。
なにもかも「現状維持」したまま「男らしさを語り合う論壇」(宗教)を豊かにしたいのだ。
レイプが起きれば組織は崩壊する。
ここは病院ではなく職場なのだ。
レイプをする可能性のある男はお引取り願うしかない。

職場の女の「妊娠」は、男女の対等を女たちが主張する絶好の機会であり、みんなで祝福した。
「女である」ことを排除しなければならない「仕事のルール」は確かにあった。
これらをクリアーした上でようやく「お給料」が出るのだ。
マイノリティグループの女ほど「採用する際の自分の権力」を主張する。
自分が朝鮮人ならば「朝鮮人女が採用を決める」企業にしか就職できない。
「君主の真似さえすれば」雇用が約束されるというのは、君主の政治生命を守るのは事実なのだ。
その辺は、「どの教科書を使ってんの?」という質問に「くだらない本」を答えることで「女のカン」は排除を決める。

「女を知らない」ことは就職にとっていいことでもなんでもなかった。
女を知らないこともレイプの危険があったのだ。
松田聖子 マラケシュ

「職場とはセックスサークルである」ということをインフラとしながら、「みんな市民でなければならない」という約束は守らなければならなかった。
女が「堕ろしたいんですけど」ということは、女性が優位に立つことを意味した。
しかも、法律はそれを認めている。
横浜市民の雇用を保障しなければ、横浜DeNAベイスターズの勝利はないし、「女を輝かせなければ」同様に勝利はない。

いくら「差別」をアイデンティティに在日朝鮮人や部落民が職場形成をしようとしても「職場とはセックスサークル」というインフラや、カント(口説き文句)を知らないような低学歴であるのならば、当然、就職などおぼつかない。
カンサスとネブラスカで、黒人の雇用が明暗を分けた。
知性の問題だった。
あなたの子供もどうせ似たような教育水準なのでしょう?
子供にどんな知性を授ける男なのかまで考えて雇用というものは行われる。
南部にまで知性が十分行き渡るのを待って、ジムクロウ法は作られた。
平気で「文字が読めない」という在日朝鮮人や部落民がいる限り、運よく雇用されたものすら「同和利権」などと呼ばれるだろう。
採用は真剣勝負なのだ。
レイプがあれば職場が崩壊する。
事件を起こすから「利権」という噂になるのだ。
空気に溶け込んでくれるのならばなんら問題はない。
酒に逃げる人間(ルーマニア人)も差別された。
酒を飲んでも周囲を「オーディエンス」とみなして話が出来ないのならば、試用期間で解雇されるだろう。
試用期間での解雇も解雇権濫用法理はあるが、酒癖が悪いというのは十分な理由だ。
試用期間では酒に誘われることしか仕事はない。
酒井法子 エアー~サラダデイズ

雇用者としては、バーテンに話を聞いたりもする。
それが「ルーマニア人ジプシー差別」だった。
「差別は金にならない」
それは事実だ。
しかし、文字の読めない者、酒癖の悪い者を、「セックスサークル」としてのインフラを持った「市民としての職場」に採用することは出来ない。
「雇用を保障し、女たちを輝かせる」ためには差別は悪である。
しかし、教育の問題や、酒や薬物だけはどうしょうもない。
差別があるのならば解消しなければならない。
しかし、権力闘争の敗者は確実に存在する。
しかも、勝者を殺そうとまでしたのだからその確執はなくなることはない。
文字も読めず、盲目的に、権力者を殺そうと動いたのだから、雇用においても「子供たちもそのような教育水準なのでしょ?」と思われるのは仕方がない。
部落民を優先的に雇用しようという「心ある」人がいるのならば「セックスサークル」としての「市民」は「籍は置いておくからこないでよ」ということになる。
チューリップのアップリケ 岡林信康

酒や薬物使用はバーテンに聞けば分かる。
尿検査をする職場もある。
差別とは雇用の問題であり、教育や、酒、薬物の問題である。
「セックスサークル」としての本質を持った「市民」である社会人になることは、君主にとっても都合のいいことであるが、差別があると「勝負事に弱くなる」「困った問題だ」という扱いを受けざるを得ない。
長い目で付き合っていかなければならないだろう。
病院で生涯を過ごす人もいるだろうが、君主としては「恐れることなく」病院に入っていかなければならない。

職場というものが「結婚と恋愛は違うスポーツ」という発想を生み出した。
地方自治の基盤になり、夜は他人に迷惑をかけないように早く寝る習慣もついた。
翌朝、仕事があると生活習慣が変わった。
そのため、朝、出勤する女は地域住民に人気があった。
新垣結衣 十六茶CM

女が寝てしまえば「男は寝ている女とはセックスできない」のが基本だ。
暴力から自由になることが「よく眠れる秘訣」であるし、男に襲われたことがあるのならば不眠症になる。
どの家庭も「不眠症の女」など必要としていない。
地方自治というものの背景に「朝、出勤する女は地域住民に人気がある」という事実がある。
男が「暴力を使って女をたたき起こした」ということは、きわめて評判が悪い。
地域住民に根ざした男というものにも人気がある。
男の「優しさ」の表現だったからだ。
朝、出勤する女は、国の繁栄を示していた。
女性・若者・お年寄りの労働市場参加もあんがい、寝ている女に暴力を振るわないことだけで達成できるものだ。

朝、起きて定時に出勤できる女はそのまま「家庭に入る」こともできる。
女にとって「眠れないのが問題」「起きれないのが問題」だったのだ。
怠けているのではない。
「男が原因」ではないか。
朝、9時に企業に電話して、電話に出る女は「子育てができる」「地方自治に人気がある」存在だ。
「一神教家族」は地方自治に人気がなければならない。
「職業選択の自由」も「地方自治」と同じく「寝ている女に暴力を振るわない」ことから実現する。

結婚するまで処女だった女で、昼まで寝ている人を知っている。
男と同じ「生活習慣」を身につけるってあんがい難しいのだ。
徹夜して、タバコをバカバカ吸って、目の下にくまを作る羽目になりかねない。
寝ている女を暴力でたたき起こすことにはそのような影響があった。男が健康だから女も健康なのだ。
新垣結衣 十六茶CM

「採用の時には面接に必ず女がいる」
という基本に立ち返ろう。
寝ている女に暴力を振るう男がいない、からそのような生活習慣になるのだ。
あるいは、毎朝、出勤しなければならないから早く寝る、というのは地域住民の人気者なのだ。

東大だけがすべてではないからな、英語だけがすべてではないからな、という奴は、まあその通りかもしれないが、「お金がかかった子」にはなれない。
国家レベルでの投資を男の子が受けるとはどのようなことかを理解しなければならないのだ。
「オールナイトニッポン」はエリートのためにあったのではないか?
勉強する以外に、夜中まで起きている理由はない。
東大に受かったのを「まぐれ」と呼ぶ奥さんがいるとするのならば「認識があまい」としか言いようがない。
夜中まで勉強する文化(パワフルトランスミッション)や、国からの投資など何もかもが違うから東大に受かるのだ。

両親の「地方自治」と、子供の「政府首脳入り」の両立にはお金がかかる。
気が付いたら東大には金持ちの子供しかいない。
福利厚生、家族サービスなどが充実した職場には国のお金が入っている。
お金のかかった子は、おのずとそのような企業に勤め、国の恩恵をこうむる。
「教育の機会の平等」は、自然と、多数派と少数派を作り出し、金持ちと貧乏人などをふるいわけし、「オールナイトニッポン」などの金のかかったものと接する機会を持ちながら、大学受験を頂点とする学校知はその出口を作る。
グループで「オールナイトニッポン」の話題を共有する「ブルジョア子女」もいる。
障害物は何度か用意されているが、両親の「地方自治」と子供の「政府首脳入り」を両立できるだけのお金がなければ障害物はクリアーできず、言い訳だけの人生になるだろう。

ふんだんにお金を投資された男は、英語や中国語から、ほとんどコストがかからずに金儲けが出来る。
中国の「科挙第二問」はこの境地のことを言っていたのだ。
しかし、19世紀のマルクスは、このような「ブルジョア男」から、金をふんだくり、それでいて、その男の才能に依存してしまう「フェアではない」搾取というものを指摘している。
もらった金を、次世代の才能を育てるために用いるのならばいいが、競馬や競艇などで消費するのならば世界を敵に回す。
宮内庁の「身内だけの」「宗教なるもの」は間違いなくマルクス主義であり、もらったお金を、競馬、競艇、風俗に用いるのならば、もはやそのような者は「ブルジョアの奴隷」である。
「革命」とは、彼らの子供たちが「オールナイトニッポン」を聞きながら勉強するなどの問題であったが、最終消費することが彼らを奴隷としていたのだ。
ある意味、マルクス主義者は「未熟練工」であり、山本信一郎長官や西村泰彦次長ですら、未熟練工である。
官僚として実績があるからつれてきたのに、マルクス主義の世界ではまるで未熟練の側面を見せる。
そもそも、宮内庁長官というものは、未熟練工でありながら、背広組としての報酬を欲しがるから、「象徴としてのお務めにお仕えした」などという、一切の言論価値のない発言をしてしまうのだ。
ブルジョア男に金銭的に依存するのをやめて、「革命」つまり「次世代の育成のためにお金を使う」ということをやらない限り、ベーシックインカム、つまり、熟練工と同じ金額の給料をもらうということは成立しないし、講座派として「革命」つまり「令和天皇に金銭的に依存してしまうことをやめる」ことは宮内庁には難しいだろう。

「子供に投資する」それが「革命」そんな基本すら知らない連中は多い。
未熟練工(プロレタリアート)とはそのようなものだ。
The Beatles revolution

なんで「子供への投資」つまり「革命」ができないのだろうか?
それだけで、寿命は15.4歳延びるのだ。
目の前の金をつかむことで、寿命を縮めている。
医者に頼ってみても、医者の腕などたかが知れている。

子供が「政府首脳」になるだけでも、医者の扱いは違ってくる。
長生きとはそのようなものだ。
地方自治つまり、寝ている女に暴力を振るわないことから、夜中の静けさがもたらされ、それでいて、子供には夜更かしを認める(政府首脳入り)。
そこに職業選択の自由もあるし、「革命」を意味する。
そのためにはお金がかかる。
競馬、競艇、風俗などと言っていると、一生、未熟練工として、寿命が15.4歳短くなるのだ。

悪いことをすると「処女」がセックスさせてくれなくなる。
嫉妬に狂うと「税金」が高くなる。
子供に投資するという「革命」が出来ないと寿命が縮む。
ブルジョアへの「搾取」には結局「いいことはない」ということがが明らかになる。

女性にとって、「胸を見せた場所が私の居場所」という側面があり、男は面接で「女が同席して」「セックスサークルに」「市民として」受け入れられるかどうかを判断するが、女の場合は面接で「見せちゃうのは平気で」「あげちゃうのは恐い」という姿勢が秘密として知られている。 浅香唯 恋愛ヤンチャ娘。

« インドについて。 | トップページ | 売買。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« インドについて。 | トップページ | 売買。 »