最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« オーストラリアのきれいな手。 | トップページ | ロシアについて。 »

2019年5月12日 (日)

税制について。

詩篇139:7-8 どこに行けば/あなたの霊から離れることができよう。どこに逃れれば、御顔を避けることができよう。
天に登ろうとも、あなたはそこにいまし/陰府に身を横たえようとも/見よ、あなたはそこにいます。
松田聖子 蛍の草原

詩篇のこの箇所によって、神は存在する、神は男である、という二つが確定した。
みるみる勃っていくおちんちんに女は自分の美しさを感じた。
男は「全知」ではなかったが「全能」であるとされた。
そこには筋力(地)と水があった。
地と水によって女の美しさは快楽へと変わり、その瞬間、今がすべてであると考えた。
神には「場所も時間もない」ことを女は知った。
男は「こんな汚くて狭い部屋ならば女も連れ込めない」と考えるところであるが、女はそうは思っていなかったのだ。
すべての知性は白い液体となって出た。
女をこの場所に連れてきたものは「言葉」であろうか?「3つ」であろうか?
「言葉」であるのならば、税金など安いものだ。
そのために私は哲学を書いているのだ。
女は「直感」で男の「先生」を悟る。
アメリカ人?日本人?中国人?
小泉今日子 迷宮のアンドローラ

音符でできた彼の言葉も知性も、私の体ですべて搾り取ってやるわ。
射精した男は、果てたあとに、女とともに話しをした。
あなたの先生はアメリカ人?日本人?中国人?
その答えが聞ける時間だった。
松田聖子 四月は風の旅人

女の肉体が「神」によって汚され、そのことから、男は「仕事の楽しさ」を女に伝えた。
誰によって女が汚されたのかを男は説明しなければならなかった。
これをやらないと女は、翌朝、起きようともせずに、のちに「私にお似合いの病院があるの」などという手紙をよこしかねない。
中森明菜 リフレイン

さて、男が「税金を払っていい」と考える瞬間とは、女が「言葉だけで」家についてきてセックスさせてくれた時だけだ。
「3つ」払うのならば税金など払うわけがない。
しかも、女を欝にさせずに、満足させるためには、性的快楽だけではなく、そのあとに「自分の先生から教わったこと」を話して聞かせなければならない。

本来、口説き文句は「イエスキリストを処刑するとき」に、「エリエリレマサバタクニ」と口走ったこの「言葉の意味」の研究からなされたものである。
つまり、「エリエリレマサバタクニ」という言葉の「ファインエモーション」が研究されたのだ。
イエスキリストは、処刑される時に「女たち」にメッセージを発しているはずであるとし、「男らしさ」「いじめられた経験の重さ」そして「女たちの熱い眼差し」の三つに分けて研究した。
「国家が」「法にもとづいて」ひとりの男を処刑しようとしたのだ。
「エリエリレマサバタクニってどういう意味?」
女たちは語り合った。
マスコミは「このイエスキリストはいずれ皇帝になるんだろうな」と思いながら「受け入れるって大事っすよ」と軽口を叩いた。
モーニング娘。 ファインエモーション

快楽、欲望、そして諦めと恐怖を経験したイエスキリストのおかげで、「国に税収というものが生まれた」のだ。
イエスは女たちを「妹のように」愛するんだろうな。
そして、歌をたくさん作るんだろうな。
まるで、殺されそうになった時の恐怖を思い出すかのように「ユニークな」音楽作品が女の子たちによって歌われたし、女の子たちはそんなことは知る由もなく「ポップでキュート」などと言っていた。
満員電車を必死でこらえた「大人たち」の言うことは聞くものだ。
満員電車こそが大人にとって、そして学生にとっても「聖書」だったし、「世の中は人気商売だよな」ということを悟る場所であった。
アブー・アルアッバースを初代カリフとしたアッバース朝(750~1258)の誕生だった。
イエスキリストって誰?と思うだろうが、いつの時代にも「国家」と「法律」によって殺されそうになる男はいたのだ。
モーニング娘。 愛の炎

喜びと諦めは遅く、怒りと恐怖は速かった。
喜びだけをじわじわと肌で感じて曲を作った。
満員電車でスコアを自在に操ることも才能であっただろうが、家族のことや親戚のことを考える家庭環境に恵まれることも才能だった。

音楽作品こそが、「税収の根拠である」ということに気が付いたのだ。
キャップスモデル、ビッグファイブ、VIAの三つの流派に分かれた。
キャップスモデルは1973年に考えられたものであり、講義で聞いた「女心」を満員電車で瞑想して、音楽作品を完成させるものである。
ビッグファイブは、それを「五人組の女の子」に割り当てるものである。
1980年にビッグファイブは考えられている。
VIAは、それを「オリコンヒットチャート」というものでランキングをつけることを意味した。
CoCo ささやかな誘惑

税金なんてものは、音楽作品の印税からとるものではないんだ。
テレビのオンエアを見て「空気」を作ることができれば税収は跳ね上がる。
1990年の「異様な空気」はキャップスモデルとビッグファイブとVIAによって生み出された。

さらに、税収の根拠に「強すぎる皇帝」に対抗する「生物多様性」の存在が指摘できる。
いろいろと、「なぜ、横浜DeNAベイスターズは勝てないのか?」を分析したが、最終的には「生物多様性」に根拠を見出すしかない。

生物多様性も税収の根拠であるが、令和天皇が「王子」として生きた平成の時代にその分析はさかのぼらなければならない。
ひたすら「強さ」を探求した男と「税収」の関係が示されており、周囲の女たちの「潰してやろう」という気持ちが財源不足につながっていたのだ。
平成天皇は「国家」と「法律」にしたがって「王子」と向き合うしかなかったが、王子は「税収の全責任」を負う形で「強さ」を求めたし、第二次ベビーブーム世代は「生物多様性」という行動原理を見せていた。
瀬能あづさ ジェネレーションX

「生物多様性ターゲット」として、令和天皇は平成の時代に煽られたし、周囲も「潰してやろう」と動いた。
財源不足を引き起こしたこともある。
しかし、「もう止められない」という状況になり、天皇となっている。
今後も「生物多様性ターゲット」として生きる宿命にある。

「批評する精神」というのは教育の目的である。
しかし、「論評に値しない」王子が多かったのだ。
1987年に「令和プロジェクト」は動き出していた。
名称はのちにつけたものである。
アーパと呼ばれるプロジェクトだ。
アメリカ合衆国と自由民主党の内部で進められた。
平成は平成でいいだろう。
家族構成、そして、アメリカ合衆国との関係、さらには十代での実績を見た。
激流を遡る実力が王子にはあった。
あいつはダイヤモンドだ。
ribbon be my diamond

ダイヤモンドレーンというものは、なぜ、自動車で遠く離れていても見えるんだろう?
時代の起点をまるで示しているように丸見えなんだよ。
見えない運転手はいないし、見えなければみんなが困る。
事故を起こす奴はみんなであざ笑った。
「ハイウェイアクシデントだな」

論文を書いたら「17種類のレポート」がまとめ上げられ、どれかがウケる。
これが「批評する精神」である。
ウケるんだからやるんだよ。
「税金やって50年」(山中貞則)
とはよくも政治家としての力量を表現したものだ。

記憶という研究も、税収につながる。
「音楽を聴きながら勉強しろっていったよね」
しかし、アルバムの中にいい曲は2~3曲しかなかった。
女ー男ー女ー男という連鎖を巧みに表現するのが困難だったのだ。
デート注意報 後藤真希

男の記憶は「女の名前を聞く」というところにあるが、女の記憶は「男の笑顔、言葉、生き方」まで覚えているというところにある。
瀬能あづさ ふたつにひとつ

女の「記憶」に残るために、男は「言葉」を学習するし、「3つ」で家まで来るのと「言葉」で家まで来るのとでは、税金のかかり方が異なる。
「生き方」まで分かってくると、イメージが固まり、何度もシミュレーションを行って、女は自分を慰めることが可能になる。
日常生活からどのように「音符でできた言葉」を作り上げて、快楽を最大化するかが女の力量だった。
恥ずかしい夢 中嶋美智代

女の子は男の子と同じ時期にマスターベーションを覚えている。
「私の初体験の相手はイエスさま」
これがカトリックの教えであり、「初めての男って忘れられないらしいね」ということから、「教会はイエスキリストの肉体」とされた。
「嫉妬」
それはカトリックの七つの罪の最も重大な罪とされた。
人間の弱さが「俺も、俺も」と言わせていた。
「俺も」といっているうちは、政治コミュニティーでなんら得るものはない。
より「制御された男性」でなければ手元には何も残らないのだ。
そのため、イエスキリストへの嫉妬が最も重大な罪であるとされた。
新垣結衣 赤い糸

令和天皇は、王子の時代に「新垣結衣と話しただけで立てなくさせた」ことから、イエスキリストとなり、嫉妬に狂った連中を無力化させた。
とにかく、いちばん可愛い女の子に「知恵」を語ることだよ。
そして、食事をすることかな?
嫉妬に狂った連中は勉強する気すら失った。
「狂った」連中に担税力を見出すことも重要なことだ。
人間の嫉妬だけはどうにも止まらないものであり、税金がいくらでも取れたのだ。
イエスキリスト、新垣結衣の「初めての男」。
それだけでも税金は十分に取れる。
新垣結衣 小さな恋のうた

「初夜権は村長に?」
そんな話ではないのだ。
税収効果を上げ、すべての男たちの嫉妬の対象になるために、「女のマスターベーション」を「初めての男」とみなしたのがイエスキリストの存在であり、カトリック教会である。
新垣結衣は、王子の言葉に、自分の指で激しくあえいだあとに「他の男に感じなくなった」のである。
嫉妬とイエスキリストの関係は、国に税収というものをもたらしたが、「政府首脳」にならなければイエスキリストは「命が危ない」とされる。
社会現象として放置しておくわけにはいかないという側面がイエスキリストにはあるのだ。
「理由のない議論はない」
女の側から男に議論を吹っかけておいて、水掛け論になり、女が泣き出すことがある。
この議論にも「神を感じるため」という理由がある。
「喧嘩をしたあとは燃えるよね」とも言われる。
デカルトはこれを「第五の内省」と呼び、カントのような「口説く文句の達人」とのちに対立することになった。
デカルト的な「喧嘩をしたあとは燃えるよね」という立場と、男に高度な学習を求めたカントは明確に立場が分かれた。
「たくさん女の子を泣かせてそう」というのはデカルト的な考え方にもとづくものである。
「女を泣かせない神がいる」とカントは指摘した。
女の子を口説いて、その日のうちにお持ち帰りできる力量を持っている「神」に、デカルトは激しく嫉妬した。
街や交通網は整備したが、「女の子を泣かす」のは学校や職場などの「いつものメンバー」でなければできないことだった。
女の子が泣いたら「お金を払わなければならない」とされ、その上でセックスに至る。
神様なんて信じない!
女の子が言うのでセックスしなければならなくなる。
CoCo ミスロンリー

デカルトの「第五の内省」は神を証明するひとつの手段ではあった。
しかし、21世紀に「女を泣かす」男がいるのだとするのならば、それは、時代の叡智というものを理解しないものであるといえる。
神様なんて信じない!
と女が言ったら、男はいくらでも税金を払うだろう。
「抱いてください」というメッセージだったからだ。
まあ、21世紀のカントを理解しない男が適当にいたほうが税収は上がる。

「約束」
これも税金の研究だ。
仲間の多い人との約束を破ったら、周囲が「あ~あ」といって約束を破った人を非難するだろう。
消費者金融と銀行は「異なるブラックリスト」を持っているが、「あ~あ」の仕組みが二種類存在することになる。
銀行でやられたら「仕事ができなくなる」のである。
個人レベルでも「スイス銀行並み」の仲間の多さを誇る人はいるだろう。
安心というよりは「あ~あ」という仕組みが異なるのだ。
銀行の側も一円たりとも約束を破ってはならない。
男の側の仲間と女の側の仲間の調和が取れてくると「約束は今夜はいらない」ということになる。
渡辺満里奈 月の裏側

仲間のいない男は「はい!はい!」といって振舞わなければならない。
しかし、その社会と「契約」を結ぶようになると三下のような振る舞いはしなくなる。
銀行といえば「外形標準課税」(仕事がしたくなること)だろう。
仲間を増やしていく作業にも税金はかかっていたのだ。
社長が社員にモノを贈るのではない。
社員が同僚にモノを贈ることを外形標準課税と呼ぶ。
仕事がしたいのだ。
いつまでも「はい!はい!」では困るだろう。

大物感を漂わせて入ってくる新入りにも税金がかかっている。
他の場所に仲間がいるのだ。
すべては、アブラハムの知恵から由来するものかもしれない。

「性の経験が異なる女たちの住み分け」を考えたグロティウスが銀行ネットワークを考え、「戦争の終わらせ方、思い出話をすること」を考えたプーフェンドルフが消費者金融ネットワークを考えた。

トマス・クーンは、イエスキリストの生涯を「勉強や研究をする時は下痢をする、周囲の女の子に優しくなれるときが来るのに時間がかかる」とし、これを「知恵の輪」と呼んだ。
私は知恵の輪 うしろゆびさされ組

イエスキリストも、成熟すると「誰も真似のできない境地」になるのである。
下痢の記憶、すさんだ経験などもいつしか「女の子への優しさ」に変わる。
こうなった時に、「生物多様性ターゲット」としてのイエスキリストは完成する。
トマス・クーンは「科学革命」において、「女の子を口説く研究を科学と呼ぼう」とし、イエスキリストの完成の方向性を示した。
年とってまで頑固で気難しい男であるよりは、中年世代で丸くなったほうがいい。
研究すればするほど丸くなるのがクーン以降の学問であり、気難しい年寄りなどどの女の子も期待していなかった。
クーンは「知恵の輪」を解いた男であると位置づけられた。
パラダイム(恋ばな)というものは「アカンとヨルバ」「ダーティハンズとクリーンハンズ」「男女」などのキーワードを頭に入れておけば自然と口に出るようになっている。
女の子たちも時代の学問のおかげで「変わり始めて」いた。
SPEED Steady

女の子たちは「彼(イエスキリスト)に関しては何も言うことはない」と言っていた。
本来、毀誉褒貶の激しかった育ちであったが、「知恵の輪」を解いた時に女の子たちはそのように語ったのだ。
「本物のインテリが私たちに優しい」
それだけで、「何も言うことは」なかったのだ。
医学相談にも法律相談にも乗ってくれる男だった。
河合その子 Please tell me Mr.朱

アメリカ合衆国で1980年に「宗教」(男らしさを語り合う論壇)が変わった(パラダイムシフト)と言われた。
日本国においては令和天皇の登場を待った。

イエスキリストは、下痢をするたびに、射精の感度が悪くなっていくのを感じた。
つまり、笑わなくなったのだ。
周囲の女の子たちには優しかったが、決して激しく燃え上がるようなことはなかった。
宗教(男らしさを語り合う論壇)も、恋ばな(パラダイム)も変わったが、女の子と喧嘩した後に激しく燃えるセックスをするというデカルト的考えにも一理あった。
天使たちでマスターベーションしている頃は、伸び盛りで、感度もいいだろうが、実際に天使たちに囲まれるようになると、優しくて、いい相談役ではあったが、激しく恋に落ちることもなくなっていた。
知性のバケツに水があったらあとは回転させるだけだった。
デカルト的な恋に落ちようが、カント的な愛の世界を生きようが各人の自由である。
勉強したあとの下痢というものも、射精の快感のようなものであり、感度を悪くする。
小保方晴子さんの感度の悪さは有名である。
いつも豹柄の服を着ているから分かる。
小保方さんは抑圧を受けていたため「胸」も感じない。
下痢をしながら研究生活を送った優秀な研究者であることを物語っている。
ガリレオは、小さなボール(デカルト的生き方)と大きなボール(カント的生き方)を同時にピサの斜塔から落としたが、「測定することができないほど速かった」として両者ともに同じことだろうと考えた。
頭の悪そうな男が女と喧嘩して気持ちのいい射精をしようが、頭のいい男が妻と平穏な生活を送ろうが、「同じこと」だとしたのだ。
しかし、宗教界はそうは思っていなかった。
女の子たちも「頭のいい男」の「言葉」を聞きたがった。
勉強しようがしまいが、人生は同じであろうが、宗教界だけが「勉強・研究」を待ち望んでいたのだ。
両陣営を敵に回したら「宗教・アカデミズムへの貢献」を考えるしかない現状がある。
SPEED Deep blue&Truth

ここで、「アカンとヨルバ」「ダーティハンズとクリーンハンズ」「男と女」「感じない側と感じる側」という「軸」が出来上がった。
「大きな政府か小さな政府か」という軸よりは切れ味がよさそうだ。

天使たちに囲まれた「感じないイエスキリスト」に、「感じる側」の男たちが激しく嫉妬する、ここにも税収を上げる秘訣がある。
「ソフィア」(知性への憧れ)にも税金が生じるのだ。

くびれというのが若い女の子の腰にはあるが、そもそも「愛されたい」からサラダしか食べないのか、それとも「食べても飲んでも太らない」(下痢をしている)のかという違いがある。
くびれがあるから感度がいいとは一概には言えないことが明らかになったのだ。
ribbon ゆるせない

今年は、AKB総選挙は取りやめになったが、そもそも「カルヴァン派」が、「女の感度」の論評を行っていた。
トイレが家にいくつもあり、みんなが知性に憧れ、感度の悪い者同士が平穏に暮らす建物のことを「ゴシック」と呼んだのであり、家の文化とトイレの数以外に建築様式のようなものはない。
ゲーテの家がそうだったから「ゴシック」と呼んだのだ。
家庭内がセックスに満ち溢れていないという意味でもあった。
リビングでマスターベーションしたことがバレたら「一緒に住めないことは分かってるな?」と親は容赦なく息子を家から追い出した。
親が「セックス」を口にしないほど仲が良かったのだ。
息子も影響を受けざるを得ない。
性衝動が知性を形作るが、マスターベーションは絶対の秘密という文化がここで出来上がる。

知性への憧れ(ソフィア)のある、ゴシックの家は高額納税者の証であったが、女の子の「くびれ」をどっちに区別するかは難しい問題だ。
木村拓哉 CM

中川翔子さんは「感じないタイプのくびれ」をもっていたが、「人間は考える葦である」という境地に到達し、激太りしている。
私もけっこう太ったが、女性にとって「勉強・学問」にともなう下痢というものはこれほど簡単に引き起こされるものかと思うし、また、「いい先生」にめぐり合ったら簡単に太るものなのだ。

家のソファーに寝そべって「幸せ!」という生活を送っているのならばなかなか税金というものはかけられないものだ。
また、生まれたときから財務省にいるような気分になっている財務官僚にも「税収効果の上げ方」はあんがい分からないのだ。
職場や学校で常に男女が共存し、音楽作品の意味を間近に感じることができる環境ではなかなか税収効果が上がらない。
ニーチェは「怒りの哲学」を書き記して、人間が怒った瞬間にも税金をかけることにした。
危険球による投手の退場も国のお金がなければ実現しなかっただろう。
危険球退場シーン

捕手による、走者のブロックも「怒り」「国のお金」がなければルール変更はなかった。
コリジョンルールも「怒りの哲学」を背景に人々から税金を取り、行政需要に応じた。
コリジョンルール

他にも、ランナーがいる場合は投手は「静止状態になるのは三秒」とされているのがメジャーであるが、ルール変更するための「怒り」「税金」「お金」が足りない。
今までその業界で食べてきた連中に政治生命を失う人が出るため、お金が必要になるのだ。
西 牽制

法改正には、一般補償、特別補償が必要になってくる。
人々の怒りに対処するためのものだ。
国会での法案成立にはこのような背景があるのだ。

オーストラリアのきれいな手という論文を書かせてもらったが、移民受け入れなどで割を食うのはFランなどの大学を出たひきこもりであり、「怒りは十分」にあると言っていい。

男の「考え方」や「知性」が、「女と似ている」というところ、つまり「女にも分かる」話でないとなかなか共感は得られない。
「知らないの?」と言って不安にさせてもならない。
国を治めるのに「専門用語」など必要ではなかった。
世間話みたいな「入り方」に政府首脳も怯えた。
その影響力を知っていたからである。
「知識って何だろう?」
能書きたれの能書きを知ることなのだ。
法人登記とかは確かに存在するが、「女の忠誠心」を試しただけのゲームではないか。
「そんなものにまで付き合ってられるか?」と思うのならばそのとおりはなした方がいい。
強く儚い者たち

妻の忠誠心を維持した上で、団藤重光は「刑法」「刑事訴訟法」を作り上げた。
そのとおりに警察組織も構築されていった。
ついていけない巡査部長などは、とにかく「事件」を欲しがった。
青島警部は「女の忠実さ」と「勉強不足の部下」の狭間で「事件は現場で起きているんだよ!」と言ったのだ。
青島警部

団藤重光にしたがっている警察組織は、貞淑な妻を持つ上層部と、勉強についていけない巡査部長の確執のもとに「事件」を解決していき、時には「一件照会」を願ったりしながら、団藤システムのもとに成立していた。
団藤システムが理解できること(ソフィア・知性への憧れ)にも税金が生まれた。
警察組織には団藤重光がいたが、官僚組織には、現在、小野光太郎がいる。
貞淑な妻を最大限に生かした体系だったため、奥さんを褒めるのは業界の常識となっていた。

クーンの「科学革命」は、人間というのは中年ぐらいになると丸くなって、若い女の子たちに「恋ばな」をするようになるというものであり、妻が貞淑であることをいいことに「業界ルール」を体系化するものがいたり、低学歴が意味不明な翻訳を持ち出す「プロレタリア革命」の二つを見抜いて、「英語から」私たちと向き合ってくれるのならば「彼には何も言うことはないわ」と女の子たちが言うことを意味した。
「妻が貞淑だから作ることができたに過ぎない業界ルール」
「プロレタリア革命」
の二つは、すでにアメリカ合衆国で克服されていた。
DAPUMP USA

「業界ルール」「プロレタリア革命」そのものが「租税法」とも呼ばれ、「仕事」を生み出した。
また、人々の「怒り」の理由ともなりえた。
「法律学の正体」とも「バカの壁」とも呼ばれたものだ。
クーンは、ウルフガング・コーラーにこのことを早い時期に教わった。
日米安全保障条約の「再定義」が何度も求められたが、その「メンタルモジュール」が日本国に広まるのに時間がかかった。
行政書士や司法書士が「貧乏人」となるまで待ったのだ。
政治家・宗教家・サラリーマンの動きを見ながら、日米安保の再定義はなされる。
日米同盟というものは「我々は決して友人ではなかったが、少なくとも率直だったよね」というあたりに再定義が見出せるのではないだろうか。
1950年代にボーアが「ルート2」つまり、「1.41421356」を発見し、私の父はそれを暗記することで日比谷高校に合格しているようだ。
アインシュタインも「空間を広く広く」と、キャッチャーでも知っていることを明らかにしたに過ぎない。
そのあたりの見極めも重要になってくるだろう。

アフリカ、アジア、ヨーロッパ、北アメリカ、南アメリカにおいて「ビスマルクから伝わる血」というのは人気がある。
ビスマルク(小野光右衛門=福沢諭吉=明治天皇)の血に興味がないのは、皮肉なことに「オーストラリアのきれいな手」だけだった。
夜中まで起きて勉強したり、仕事をしたりするのは「イギリス連邦」の人間だったからだろう。
本人は「人種なんてものはキスするためのアルバイトだよ」ということを理解しておかなければならず、勘違いをやらかしたら、大変なものを失うだろう。
国生さゆり キスした跡は残さないで

女の子の祝福がなければ、男は「自分のアイデンティティ」を見つけられないものだ。
ムーア人(日本人の末裔?)によるレコンキスタが、スペインのイベリア半島で13世紀に展開されたが、ユダヤキリストと争ったのは「女の子の祝福」を受けるためだった。
アンダルシアに憧れて 近藤真彦

アンダルシアやグラナダなんて、エジプト・ペルシャ・インドがなければ、第二の中東だな。
キリスト教とイスラム教がぶつかり合うところには必ず「死にたくないユダヤ人」がいた。
そもそも、医学というものがユダヤ人のためにあるような気すらする。
なにしろ、巨大宗教がぶつかり合うという「富」があるのだ。
しかし、サハラ砂漠は容赦なく「黒人」という人種を生み出していた。
ウズベキスタンを中央アジアとする、中国、シベリア、東ロシア、日本なども生み出した。
北ヨーロッパの「ノーブルブロンド」、アメリカや東アジアの「銅赤」、アフリカの「ブラック」、インドの「オリーブイエロー」を「サハラ砂漠」が生み出した。
サンドベージュ 中森明菜

カントは「暑さと湿気以外に人種を分けた理由なんてないよ」と語った。
グルジアのコーカサスがヨーロッパを席巻したあとに、モンゴル人の世界征服が行われている。
そのようなムーブメントも「暑さと湿気」にはかなわないのだ。
日本国のように「創世記と神話」が共存している国もあれば、単一起源論に立つ国もある。
ダーウィンは「暑さと湿気」をコントロールできる理論を持っていたため、カントの「暑さと湿気以外に人種を分けた理由はない」という理論には沈黙していた。
しかし、「国の生い立ち」をそれぞれの人種が持っていることに興味を示したようだ。
「暑さと湿気」をコントロールしたダーウィンが人種を作れることを悟った。
「ノーブルブロンドがいちばん優れた人種」としたヒトラーは、当然、ダーウィンの立場に立っており、「暑さと湿気」をもっとも好ましい方向にコントロールしようとした。
イギリスは「連邦制」をとっており、「ダーティハンズとクリーンハンズ」という人種概念を持っていたため、ヒトラーに強烈に反発した。
四当五落がある限り、夜更かしがある限り、イギリスは落ちないことをヒトラーは悟った。
「暑さと湿気」以外に人種を分けた理由はないと達観しても、少数派は間違いなく破廉恥な行動をとった。
世界の多数派形成をカトリックは常に行っていたし、ムーア人はそれを容赦なく攻撃した。
ユダヤ金融資本はそれで生まれたのだ。
ゴールドマンは、世界の多数派形成を常に行っているカトリックと、ムーア人(日本人の末裔)の妥協は困難であるとし、「それでも死にたくないのではないか?」として医学の知識から金融を行った。
Dr.コトー診療所

いずれにせよ、ローマカトリックが「女には分からない法律」というものを作り上げ、「業界ルール」を作り上げた。
プロレタリア革命の側も「意味の分からない外国の本」を量産した。
「世の中何もかもが難しくない?」
女の側の言い分はそのようなものだった。
人種というものがそれをさらに複雑化させ、「税金」というものは取られているのだ。
人間が「狂う瞬間」を狙って税金というものは取る。
嫉妬に狂う瞬間、女に狂う瞬間、人種という怒りに狂う瞬間などだろう。

ダーウィンは「男の子は勉強する存在、女の子はそうではない存在」としていた。
暑さ寒さに弱いのは「勉強する男の子」であり、女の子は季節を楽しんでいた。
自民党総裁選は「10月革命」を避ける形で行われている。
風立ちぬ 松田聖子

アリストテレス以降、男だけが戦争の役に立つわけではない、ということが明確にされ、女も戦争の役に立つ、つまり「政治」(女心の定義)がハト派によってなされるから戦争が可能になるということが分かったため、「男女がだいたい同じ人数」生まれるようになった。
女の子は「男の子の勉強」に対して終始受け身であったし、秋=10月革命の失恋への怒りは大きかった。
秋というのは男の季節であり、勉強をする男の子がもっとも歓迎するものだ。
松浦亜弥 絶対解ける問題

2月革命。
キャンディーズ 春一番 3月革命。
福山雅治 桜坂 8月革命。
おニャン子クラブ 夏休みは終わらない などが、考えられ、永田町にもそれに応じた「危機」が存在するが、いくら週刊誌が「危機」を煽っても、現在はそれに応じる力を持った政治家はいない。
10月革命ほど「女の怒り」を表現した「危機」は存在しない。
瀬能あづさ 秋

女は、男に「ガンガン」突かれていると相当認知がゆがむものだ。
そこに、「男の側からの考え」を指摘する必要がある。
「こいつが俺の子孫を残すのかと思うと緊張する」という意味でしょう?
B'z 恋じゃなくなる日 と言ったら、大粒の涙を流して「ああ、スッキリした」と言った女もいた。
あるいは、「あなたは女として最高の存在」という言葉を欲しがっているだけの女もいる。
「それでも聞きたい言葉はあるの」
CoCo なぜ?

女を水掛け論で泣かすのではなく、「知恵」によって泣かせたのなら、男同士の競争の始まりだ。
金融ビッグバン(フェア・フリー・グローバル)は、このことから始まった。
メガバンクの三万人のリストラも始まったのだ。
ここにも税金は生じる。
女の子がサンタクロースを信じるかどうか?に銀行はもっと敏感にならなければならなかった。
ヨーロッパやアメリカ合衆国から容赦なく「言葉」が持ち込まれたのだ。

今見ている風景がすべてではない。
そのためには、空を見上げる必要もあったし、レベルの上げ下げ(男の世界と女の世界)を行う必要があった。
男の世界だけを生きていると限界を感じることがあっても、「女たちの支持」があれば突破できることもあった。
「女の心は空でできている」
それが、男社会の「今見ている風景」の突破口を開いた。
河合その子 空を見上げて

「君主の真似をする」
これにも税金がかかる。
「イエス」と言ったら「たぶん」
「たぶん」と言ったら「ノー」
「ノー」というのは君主の意を汲んだ外交官ではない。
Melody I Say Yes!

「イエスかノーか答えよ」などという無礼な人間は君主とは通じていない。
どのみち、あとでお上に報告する、という意味を含んでいなければならないし、実際に、君主は外交官と同じラインで物事を見ている。
逆に、相手の外交官が「イエス」といったら「たぶん」、「たぶん」と言ったら「ノー」、「ノー」というのならトランプやキムジョンウン
とはつながっていないことを意味する。
外交官と話すことは「君主と話すことと同じ」であるが、しかし、それでいて、君主ではない。
外交官はそうでなければ「エッチな話」ができないのだ。
君主がエッチだと思われたのでは外交にはならない。
大島や白鳥はヒトラーやムッソリーニの前ではエッチな話すらできなかった。
外交の基本を知らなかったのだ。
君主の真似をするのであっても「I Say Yes!」の意味ぐらい知らないといけない。

私のお父さんは君主よ。答えは「ノー」
これが「たぶん」といったら「ノー」という外交官だ。
いわば、権力とは「ニアサイド」にいることを意味する。
AKB48 言い訳maybe

「イエス」と言ったら「たぶん」
「たぶん」と言ったら「ノー」
「ノー」と言ったら外交官ではない。
しかし、世の中の女が必ずしも「君主の娘」「外交官」だとは限らない。
こんな「ファーサイド」もある。
哀しい方の嘘 ribbon

ファーサイドの女は「今、お父さん(お上)が見ていないの」という意思表示をしている。
お父さんが見ていなければセックスもしていい。
「I Say Yes!」
「言い訳maybe」
はセックスは無理という意味だが、
「哀しい方の嘘」
はセックス可能という意味だ。

ファーサイドの人間はトイレの立ち話などでつかまえるしかない。
率直な話し合いができるチャンスはそこにしかないのだ。
会議場で下ネタでどっと沸いても「国家無答責」であるが、有意義な話し合いはできない。
君主の代理人同士の親睦会みたいなものだ。
トイレや時には「風呂」を狙う外交官は常にいる。
「これじゃ話が進まないよ」
ファーサイドを狙わないと、ニアサイドには常に君主がいるのだ。
お父さんに見張られている女の子の方が可愛いという人もいた。
そのため、親睦会は必要だった。

ニアサイドで君主の存在を見せ付けながら、ファーサイドに出るという秘伝が存在する。
恋の秘伝 河合その子

「ニアサイドとファーサイド」という面倒な仕事にも税金はかかる。
「ダーティハンズとクリーンハンズ」
「アカンとヨルバ」
「男と女」
「感じない側か感じる側か」
という軸は税法においても見つかった。

君主は君主でエッチな話をして政治力をつけ、外交官は君主の政治力を背景に活動するという「国家法人格」というものを概念することは可能だろう。
国家全体が進化をし続けている局面では国家法人格説は有効に機能する。
瀬戸際外交では「ニアサイドとファーサイド」を巧みに用いているようだ。

そもそも、「いじめ」というものの存在自体、「いじめられる側」にも怒りはある。
足がそわそわしたり、腕を上げてみたり、背中が痛かったり、のどが渇いたりする。
権力の側にある人間は「眠って分析する」という発想が肉体にもたらされた痛みなどから必要になってくる。
キーボードを叩く時に「コンテンツに興味がもてない」のならばそもそも権力者ではない。
コンテンツ力を磨き上げたから権力者なのであり、体に痛みが走る。
しかし、手足が二本以上あるという夢を見るのであれば「エイリアンと契約を結んだ」という意味であり、外国で孤立した時にそのような経験をする。
また、少女は「天井まで届く背丈」を夢に見たりする。
外国に行くことや少女であることも「いじめ」なのだろうが、普通の男はそこまでひどくはないはずだ。
手足が二本ずつ、普通の背丈で夢を見るのならば、「いじめを体で感じろ」というしかない。病的なものではないからだ。
アメリカ合衆国にはどの高校にもレスリング部がある。
外国人の「肋骨」を折るためにあるのだ。
この時に、男は「肋骨」「女」の探求のための人生を国で送ることになる。
フッサールが「レスリング部を作れ」と言ったのであり、ガーウィッチは1985年にこれを広めている。
私は、クラマスユニオンハイスクールの1987年のレスリング部創部一期生だった。
留学生の肋骨をへし折る、それはアメリカ合衆国の悲願であり、しかし、それに応じる根性のあるやつはいなかった。
東京に「垂加神道」ができる25年前の話である。
日本国内の「いじめ」など小さい小さい。
留学生の肋骨さえへし折れば、食べて寝て、英語の論文を読むだけで金持ちになれた。
心ない伯父が令和を迎える前日に亡くなった。
五体満足で夢に出てくるだけでいいから。
痛みで眠れなければ薬を飲むしかないだろう。
夢が「心地よく」なるのをひたすら待つしかない。
これも税法だろう。
時間の国のアリス 松田聖子

精神科医療にも税金が生じる。
目的を持った人間が統合失調症になっているため、その「目的」と「現実」の狭間で怒りを感じているからだ。
「目的と現実」
という切り口がはたしてどれほど切れ味のいいものかは明らかではないが、私の場合は、「あなたは男として最高の存在」という言葉を必要としており、若い時期は、怒りを抱えていたが、東京大学に復帰することが決まってから、メンタルクリニックの職員が私のことを「小野先生」と呼ぶようになったり、医者が、通常3時間待ちのところを、「来たら最優先で通す」という扱いに変えたりしたことから、思考力は上がり、病気は寛解した。
「あなたは男(女)として最高の存在」
このことは、男同士ではいえるわけがない言葉であり、「カネと女」を明け渡すような発言である。
それを踏まえて、「先生」と呼ぶことの重要性を知らなければならない。
また、本人も「目的と現実」が少しでも溝が埋まった時に「先生」と呼ばれることが必要である。
あるいは、周囲の見る目が変わり「小野さ~ん」と挨拶されることなどが、思考力をぐんぐん高めることも知らないといけない。
「10年かかって治るかどうか」
これが私の関与している病院の薬剤師の見解であるが、「目的と現実」のギャップを埋められるかどうかは本人次第であり、税制としても「目的と現実」にともなう怒りに税金を課す必要がある。
努力のともなわない「目的と現実」のギャップがあるのならば、あっという間に生活保護になることも覚悟しなければならない。
長年の努力が実って東大文一に合格しても、父親がつらくあたって辛酸を舐めたなどの経験から「目的と現実」のギャップを私は抱えることとなった。
いくら栄光を手にしても父親がつらくあたる、これが統合失調症の原因だ。
家庭内の殻に閉じこもらずに、社交性を持って「先生」「小野さ~ん」などと言われることが重要だった。
Complex Rambling man

結論を先延ばしにして、延々と通年国会を繰り広げることにも税金がかかる。
税金がかかるということは「貧しくなる」という意味である。
どこかで「会期の満了」「ゲームセット」を作らないと、意味のある議論ができずにみんなが貧しくなる。
大学受験生ならば3月10日がどれほど重要であろうか?
この「最後の審判」は、音楽作品があれば「恐くはなくなった」とされている。
しかし、音楽作品を聞かない者は、最後の審判など望んではいない。
つまり、「勝負事に弱い」人間になっていたのだ。
勝負事に弱いから延々と小田原評定を繰り返しているのだろう。
そんな者は貧しくなればいい。税金をとってやればいい。
クローザーがいるのならば、ゲームセットがあるという意味であり、みんなが豊かになると言うことである。
すがすがしいというのはこのようなことだ。
山崎康晃ジャンプ

スペインの王位継承において、人間は目的を持つから貧しくなる(税金を取られる)、さらに「ゲームセットがないから貧しくなる」(税金を取られる)という仕組みが構築された。
すべては国王が税制というものを作ったのだからそのようになる。

平成天皇が「御中座事件」などと、大して重要ではないことを「事件」としていた時は、「ダメだこりゃ」「生活保護だな」という判断が下されていた。
大して国にとって重要ではないことを「事件」とすることにも税金を課した(貧しくさせた)。
国にとって重要なことと君主にとって重要なことを合わせていかなければならない。
オウム真理教事件を、自分のものとして引き受けた者は豊かになった。
国にとって重要な事件を自分の事件としたからである。
「O157」「サッカーワールドカップ日韓共催」「中央省庁再編」などにも同様のことがいえる。
「御中座?」
隙間風が吹き抜けるのが分かった。
「外国人地方参政権問題」「対中政策」にかかわらなければ豊かさは約束されない。
君主でなくても、どのような人もそうであった。
Hotel テーマ

ホームズ判事は「夢を語る」「目的を持つ」ことと「現実のギャップ」を、おのずと、夜、起きていることへの周囲の反発や、異性にモテなくなることからの言論能力の限界などから、限界が生じる問題であるとしていた。
あるいは、努力もしないで「夢を語る」「目的を持つ」のならば「嫌われ者」として、貧しくなる(税金を取られる)だろうと考えていた。
つまり「現実の裏づけのある」「理想、夢、目的」ならば語ってもいいだろうと考えたのだ。
論文が「好きで好きでしょうがない」というのならば君主になってもらえばいい。
私のブログも「エロ本と区別がつかない」のであれば、あなたにとって非常にいい「夢へのポジション」となるだろう。
宮前真樹 夢へのポジション

なにしろ、「天気の話」すら「令和天皇は何を考えているのかね?」というような時代だ。
「論文がエロ本に見える?」「分からない、分からない」
この時に、君主制の支持を決断するか、怒り、嫉妬に狂うかは人それぞれだろうが、令和天皇は確実に毎日のようにブログで分かりやすく解説を加えている。

「予言」
これにも税金はかかる。
税金というよりも「お金」が予言を実現させてやろうという方向でお金がたくさん集まるのだ。
イベンダー・ホリフィールドが、メジャースポーツでこれを実践した。
レノックス・ルイスにはかなわない。
そのために、「お金を集める」ことで、3ラウンドですべてを出し切る覚悟でお金を集めた。
「3ラウンドノックアウト宣言」の真実がここにある。
予言が外れたあとに、容赦なく税金の請求は届く。
そのため、予言を外すと貧しくなる。
第5ラウンドにはホリフィールドは「45秒間打たれまくる」シーンもあった。
メジャースポーツにおける「予言」の効果はいまだ明確ではない。
予言が外れたあとに「王様は裸だ」と言われ、税金を取られながら戦える者はいない。
しかし、ルイス陣営は「3ラウンドで起きることが、なぜ1ラウンドや2ラウンドではないんだ?」とその資金集めの方法の真の意図はつかんでいなかった。
毎日「ご馳走」を食べることを「フィジカル面の強化」と呼ぶが、それを引き起こすことができるのが「予言」であった。
今のところ「予言」を禁止する法律はない。
しかも、富士山が噴火する、南海トラフ、などという「お金」とはまるで関係のない予言がなされているのが現状だ。
予言をしている間は「醤油とって」と言ったら取ってはくれるだろうが、「お金で結果を左右してやろう」というホリフィールドの真の意図までは知られていない。
「予言」を行ったのならば、「本人が何を意図していたのか?」まで知る必要がある。
3ラウンドノックアウト宣言にみんなが興奮するのは事実であるし、富士山噴火、南海トラフなどにも興奮するのも同様である。
しかし、「令和天皇の人心掌握術もここまでだろう」と考えた読者が、令和天皇の「やけくそ」を予言したという説明が後になされるのなら分かるし、令和天皇を潰してやろうという「お金」を集めるためにやったという説明も理解できる。
予言というものは「お金の勝負」を仕掛けることを意味する。
裸の王様として税金をふんだくられて生活保護になりたくなければ「予言」などしてはならない。
現在は、地震などの「警報」は気象庁の専権とされている。
予言をしたい人がいるのならば、別のことを予言しなければならない。
ホリフィールド対ルイス第一戦

さて、面倒な「税金の話」をしてきたが、世の中には「寝たきり、介護を受けている」人がいることを知らないといけない。
極端な話、「歩いてる」だけで税金というものはかかる。
モーニング娘。 歩いてる

1960年代に「歩いてる」ことの意味が再評価され、医学にも税金がかけられた。
歩いている人の医学

だいたい「税制について」明らかにすることができたので本稿はここで終わりにしたい。

« オーストラリアのきれいな手。 | トップページ | ロシアについて。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オーストラリアのきれいな手。 | トップページ | ロシアについて。 »